5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆武内絵美Lv.77★☆IKKOさんの靴下の匂い

439 :名無しがお伝えします:2012/08/14(火) 14:43:24.34 ID:az129+GV0
韓国サッカー選手の竹島領有プロパガンダ問題について韓国サッカー選手の竹島領有
プロパガンダ問題について
http://blogos.com/article/44786/
韓国サッカー代表のパク・チョンウ選手が「独島(竹島)は韓国のもの」とかかれた
メッセージを掲げた問題で、IOCは政治的行為を禁じた五輪憲章に違反するのではな
いかとし、調査に乗り出している。
この問題は少し奇妙な論点を含んでいるので観察してみる。
そもそも、オリンピックにおける政治問題の要点は、国家による参加・不参加を巡る
政治的介入や国家による選手のマネージメント(国籍問題、脱走問題)など国家権力
(→選手)の問題だったはずだ。
選手がオリンピックの舞台で自主的に国家への奉仕を志し、政治的活動を表面化する
というケースは珍しいのではないか。
(旧ユーゴのような国際紛争の結果としての個人的怨恨や民族差別は別物とする。)
パク選手は競技そのものの勝負以外に、対戦国日本が象徴する意味にからめとられて
いるように見える。
高い注目度をもつオリンピックという舞台と「日本」という意味が関係した時、彼は
ソレを実行することが抑えられなくなった。
彼がソレを行ったとき、彼の中では、競技そのものよりも相手国(日本)と自国(韓国)
との関係性が優位を占めていた。したがって、パク選手は競技がサッカーでなくとも、
ボクシングでもバレーボールでもカヤックでも、高いステージで日本に勝利したときは、
政治的理由によるカタルシスを味わうことだろう。

これがルールに従った競技の勝負のみを名目とする五輪憲章に違反するのは自然に思える。
対照的な事例として、サッカー女子日本代表を挙げればわかりやすい。
彼女たちにとっては、競技による勝負がすべてであって、だからこそ、競技が終わった後
は、勝負に関わらず、同じ競技を戦った相手国をリスペクトすることができる。
無論、彼女たちの喜びや悔しさは、100%サッカーという競技を前提と
している。
これをスポーツマンシップと言うことにためらう人は、あまりいないのではないだろうか。

277 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)