5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い18【食べなんし】

1 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:53:59.22 ID:DX3lr3B60
いい娘だよ
あの娘いい娘だよ!

どこまでも空気の読める吉原最強の番人、月詠さんに萌えるスレです

       w
     ,ー(从)-、
     (ノ/++ヽリ)
     リ(゚ - ゚キW    ・他キャラ叩き・カップリング話は厳禁
 ~~・━フハ∨/^ヽ    ・荒らし、厨、煽り、アンチは徹底的にスルー
     ヽ[三ノ :.、    ・次スレは>>980でスレタイは基本的には統一
       |*く;  ノ
       |:!: :.'T~
       ハ、*_|

銀魂の月詠ファンスレ 避難所
ttp://jbbs.livedoor.jp/comic/6301/



2 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:54:46.24 ID:DX3lr3B60
前スレ
【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い17【食べなんし】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1329048275/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い16【食べなんし】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1328783531/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い15【食べなんし】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1328580274/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い14【網スト】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1328580274/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い13【網スト】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1325030472/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い12【網スト】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1323465452/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い11【網スト】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1321881532/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い10【網スト】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1317980017/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い9【桃ツナギ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1303134092/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い8【黒ビキニ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1293853741/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い7【黒ビキニ】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1284732404/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い6【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1275813091/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い5【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1261928072/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い4【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1256565724/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い3【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1246542586/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い2【網スト】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1236504143/

【死神太夫】銀魂の月詠はわっち可愛い【網スト】
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1212888943/


3 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:55:03.78 ID:DX3lr3B60
{: 〃: : : :/:\: : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : :/   `^ヽノ////´        ハ
 ',: {: : : ::/: : : :\: : : : ': : : : : : : : ; : : : : : : : :./           }: : : :i      !
  ゝ,: : : ; : : : : : : \:.;': : : : : : : : :i: : : : : ;': : :,               |: : : |      }
.     ¨{: : : : : : : : : ; : : : : : : :i: :.!: : : :./,l: : ;                i: :!: :!      !
...    |: : : : : : : : : i: : : : : : :.i: : !: : : / ! i: :i         ─|─|‐|: !: :|         !
      !: : : : : : : : : !: : : : : : :|: : !: : :,' | .l:..|                i:.!|: :!      |
...    {\: : : : : : : |: : : : : : :i: : |: : ;.` T ト:!、               |:!.!: !: : :i:     !
      ;、: : : : : : : : :!: : : :i: : :{: : !: :.{__!__!:| `  、          i:! |:.l: : :.!: : : : : .|
     ト:\: : : :/丶!: : : :|: : :': : !: :|=-=≡ニ_、  ` 、        リ. l:.!: : :i: : : : : :.i
     .',: : :\/ ヘ !: : : :!: : :',: :!|: ト,j::::しい  ¨ヽ,       " ̄ ̄ |i`!: :|: : : :!: :.|
       ';\:.,' ./  .|: : !: !: : : ',:.!i: !´ヘ、::ノ_,,.         'ィ==≡リ_!: :!: : : :|: :.i
.      ヘ: :.{ .{ .⌒.!: :.!: !: : : ハ:!|:i                  {:::し:::ノ  |: :!: : : :|!: :!
       ヘ: ヘ ` (.|: :.l: |: : : ; .!| !                ゝ、イ_ノ`!: |: : : :i !: !
        \:ヽ   !: :!: !: : :i                    ┼  |: :!: : : :! |:.|      
.           \ヘ_,,!: :!: !: : |                    ',    .Τ ': : !: : : | !:|
              `"、!: :!: !: :|              、  ノ    .ナ ':.!: |: : : i .!:!
                 l !: l: i: :!                    ‐/‐/: :|: |: : :.|  |:!
              i  l: :|: !:.!          <  _ j    ‐/‐/!: :.!: i: : :.!  .!l
             ,'  i: :!:.!:|\            ,     イ }:./|: !: : .'  ノ
              /   ; :!:|:.!           ´ ̄    イ  ,'/ .l:ノ: : ;'
.             /      ;.!:!:.!    > 、          /    ノ  .ノ!: :./
           ノ      ;:!:.!     >      /           ,: :/
-‐=≡二三 ̄ ̄::¨::><    ヘ:!       /> 、/             ,:./
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>< \      ,'               ,.:/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、    ,             ,.ノ


4 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:55:25.01 ID:DX3lr3B60
ー=/                ,'.   :.                            ' ,
    ,           ,       .:i:..   i: ..                               、 _ ノ
.   /, !         .:'   :   :i: :.  !: :.. :! .:.!                       }
  // .!   .i:   . :!   . :l  .:.i: : : . .!: : : :i:. : ',                       !
. 〃  !    :i: : .: : ! : .: :!: ..: :i : : : :.! : : :. .i : : :.ヘ: : .        : : : . .     }
 /   i   .:.i: :. ..: : ! : : : :! : : : !.!: : : : !: : : : :i,: : : :.ヘ : : . .       : : : : : . .  .!
     i  . : :i: : : : : ! : : : :!: : : :! !: : : : ': : : !: :!_, :_:_:!_' ,: : : : . .     i: : : : . . . . l
.     i . : : :.i: : : : : ', : : :ム :_:_! ',: : : :.', : :r':´',. ' ; : ',: :.' ; : : : : : . . ..  iへ: : : : : : ..!
       ,: : : : : : : : : :ヘ: : : ト: :..!` .∨: : : ト、! \ \:',: : :.\: : : : : : : . .|ヽ ∨:.!: : : '、
      ,: : : : ':,: : : : :..'、: :i-\!、  \: : ! γ',二二\≡=ァ\: : : : : : .i ` .〉:i: : : :、丶
.      ': : : : : : 、: : : :.|\!=ェ、、   \{  ノ ∨::n:::::} ノ !: : : : i: : : :.|`. /: :.!: : : :' \:.、
        ヘ: : :.i: :〈\: :.i",乂:n:::レ         'ゝ-一〈´ i: : : : :!: : : :i ./: : :.!: : : i: ' .` ー.'
        \八: ヘ: :\', `¨ ̄                イ .i: : : : :|: : : :!': : : : !: : : :!: :',
           \:'; : :ヘ                     ┼ }: i: : : !: : : i: : : : :|: : : : !: : .,
            /| : : :.∧        ,             ┼ ,':.ノ: : : :!: : :.|: : : : :!: : : : !: : :.',
              //l .: : : : ヘ.      〈   _         `ト// !: : : :!: : :.!: : : : :!: : : : : : :ト: ',
           〃 !  : : : :i : '. ,    `            ノ  !: : : |: : :.i: : : : :l: : : : :ト: :| .',:}
            /   !  : : :l: : : :へ    ー‐ -         / |: : : i: : : !: : : : :!i: :i: : | }:.! .il
            |  : : :ト: : :i: : : :>.,  ー        イ   !: : :.!: : : : : : : :' |: |: : ! i:l  !
                {  : : | .',: :!|: : :ト: : :ヘ       <      !: :i: !: : : !!: : :.:' .!: !: :.} .!|
             i  .: : l  i: !.!: : | '; :八:,`i'ヽ´       |: :i|:i:.!: :.' !: :./ }: ': :,' .!
               ! .: : |  .!:! l: : !. レ'/ |ノ ハ         !: i.!:!:! :,'. !:./  .!/!:/
             l i: : !.. リ .ヘ: |,r'´   .{   }      |: :!.!i: :/ |/  / .|'
                l .l: : !   , .<´|    i  i      i: ;' l: /
              i人:.:!r ' ´    .|      !      /.レ' ./



5 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:55:38.64 ID:DX3lr3B60
                               {ヽ、
                        , . . -──-. .ヘ: : ヽ
                ◎、ヘ  /´: : : : : : : : : : : : ヽ: : :∨|
                 /ハ`>、Y: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :.|
               レ'|ノ´: : : ヘ : : : : : : : : : _>──‐‐: : :{
               /..: : : : :./^ヘノ、_: :/\: : : : : : : :∨ヽ
                 /:./ : : : : /      ´}: \ \: : : : : : ∨:ヽ
             /:./:/: :.{:.X       _l_l」:..:i: \__}、: : : : : ',: : ',
             ,':.,ィ: {..:..:|/ ヽ     l l !: :| : : : !`◎: : : : }: : :}
               |/ |│: :f抔ミ    ´ ̄ ̄l:.7 : : : |: 〈 |〉: : : !_:ノ
                |│:i:.| r':::}     rz≠ェ|/|: : : : !: :.∨ : : ;′
                |∧ N `¨        r':::`ア}: : : : |: : : : : :/
             {⌒!   | ヘ|   '       `┬' /:/: : : :}ヽ: : /
 ___      /⌒.‐┴‐ァ|: : ヘ       _7ニ/イ: : ://.ノ/
. {三;;}ニコ===//⌒ <===⊂フ' , ^     /  /: :.///
.  ̄     /  ´ ̄`ヽ  |: :||   ヽ _.  </: :./イ____
       {    ´ ̄`Y │:|!      ヽ   /:./イ::::::::::::::/
.         |     イノノ   |:.|!        _}__//:::::::::::::::::::::::〉
.         |     ノ/    .N!    /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::\


6 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:55:52.62 ID:DX3lr3B60
             / .|  | | / / /  〉  ヽ
            /i  |  | |  / /  / ` ヽ、 ヽ
        ≡===三≡ヽ   i | i / /  /` ヽ 、  ヽ i
.         /i   /     \\〈 | i/ / /≡三三≡==≡、
       i i /        ハ;;;;;;;;;;;;イ          \| | ゝ
        |. |/       |  /   ̄  |          |. |/i ヽ
        凵   i   .|  / u    |   | i  i    凵/ i .}
        |.  i   メ、 |       十i   | i  i    i// i/
         |   i  ! i .|         i  ト、i   i    i / |
        |   i  |‐-i |、,__   、  `、 |,,,i i、 i     i.//
          i   i. |  V      `"~ _N__レ._\!    i /
        i   i ゞ"てなメ,     /"了7んゝi    i/
           i   i |廴ヘ;;;;ム         ,,_込汐 |   .i、
            i   N                ┼  .|   i }
         \i .i               ┼ u |   /, ′
          |  、 u    、, ,       ┼  .!  /
              i  i ヽ    _           /.i. /
            i  i  ヽ、 //  ̄`   , '| i /
              i .i  .//、     ,/  | .i ./
           i i//  |` -  "    | .i./
           // /ヽ|        | i/
          //N /: : ::::::|        |/   /ヽ
          /ヘ'   /: :/::::::::i         ヽ/: : : : :ヽ
        //   ./: : :i,-‐'゛         /: : : : : : : : :|
.     __ //    /: : : |ヽ-、   _,, -‐ /: : : : : : : : : : : :|
.   乂/  / ̄: : : : |   `  '´  /: : : : : : : : : : : : : : :‐-

7 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:57:09.58 ID:DX3lr3B60

     _.ィ'´|:|,/´_   /   |:|    `ヽ ̄ヽ.
    /,  ..:/、 ヽ.  `゙ / ,'  .!」     、\ ヽ
    (.l!.::::::: i ヽ ヽ、 / /       , ,、.:i!. 〉ノ
    ゙、:/.:i:. l  ヾ.  ,' ,'       /i / ゙ヾリ,'ヽ.
     i::i::l::. !:.  ヾ.、.i .!       /、l!ハ  "i  ゙.
     |::l:::!::::!:::.  ,ヘ!.|      ,': !ト、  ーl:  i
     l:::!:::l!:::゙:::::::/,ヘ|:l i   .:  .l!テ=ミ、ヾ、  !  .!
       !:::!:::l!:::::::::{ l.ハl:| ! .: .::i :ll!゙ヘ.i゚j゙`  ._j: i !
      ゙::::ヽ:ヾ::::::ヘ':(.|:!.::!:.:: i::! .:|l  "`   ト':i: ハ| , -=⌒ ´`...:ヽ
      ゙、::::ヽ::ヽ:::;メ,、!l::|!:.:: :i:ハ.::||.      ∨!:i ノ (::::      :ノ
         ヾ.、::ヽ::l! `'´ヘ:l!::::::!:| i::|!     、 ,.イi::i  .ノ_::::    ::r'
        ヾ、::::|   ヘ!l:::::l::| l::|    ,-,>:::!.リー=(:...:  :...:::ノ
            ヽ!    ヽ!:::l::| |::!   ..`!:i::::!   ゝー=、_ノ´                     ,.ゝ,
             !     l::l::| ヘ!   /´:l!::l       ,、___________(\__|__.|____ _r=j
          丿     l:l::|/` ̄ ̄i::::::ハ::!     ゙ー―――┴―――――‐、 `i―,┴,――――'
  /\     , '       ヘ::!!    l::::i リ                ヽ._ ,_`ヽ{ ∨ /
. /;;;;;;;;\_,,.’   :.     ヘl!\   |:::iイ;;;ヽ.           ,ゝ'´ ̄/ 、_ ゙! .|  〉_/
_ト、:;;;;;;;;;;;;\       ::、     `  >'jノ;;;;;;;;;;;ヽ          /  ..:::::`¨´,イ ! .!/´
;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;\__..::::::.、...:::::.._,--/;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/;;`ヽ.、         / / ̄ ̄ ̄  __ノ
;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;\  `ヽ:::/´ ̄ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ.    l.     .' ´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;\     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.   .|    .i´


8 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:57:30.82 ID:DX3lr3B60
           _,イ.i:...i.:|.ノ、_
              _/ィ´〉"¨`く`ヾ、
          ィ===/, _ { i | ゙ i.} 、 ヽ=‐z
          ハ ,イ′' , 弋::!::::ソ  ヽ ヽ |l!
          " { /イ ,   ̄  、 ヽ ヽ l!
           i! ´ / / ,' i  i ヽ ヾ.、 l!
             |ハ .,' .i  i |   !  i l!i ! ハ
             |!iヘ!:..:! .|.:.|:::i::::::!:....i:i:!:..ノ!.!
             |、V、:::|:::i:!:::!:::!:::::l::::::!l:!::;!'イ
           ! `i.゛、::::l!::::!::l::::::!:::::!:::,'/´!
           l:.:i:!ヘ ヽ.;ゝ-'''''‐、:_;ィ'/!:.:l!
               l!:::! ヽi      i, ' ji::/
            ハ::!   !       ! 'イ'
             ヽ. 丿      弋'´
          ,ヘ. /         \_,ィ:、
            /;;;;;;;;\             /;;;;;;;\
      _,ノ`ヽ、;;;;;;;;;;\       /;;;;;;;;;;;;/`ヽ、_
    ,;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;ー―――';;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、
   ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! ヽ


9 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:57:43.87 ID:DX3lr3B60
     /.:::::::;ィ`ヽ`ヽ`ヽ\゙!`ヽ.
      ,iゞキ__ `ヽ_、ヽ 、゙. 〉,'ノノ、
    /! ! 、 `A¨¨`ーヾ、:.、.!'/.://,,-`ヽ__
    ,'、\ / 〈;;;〉   ゙ゝ、.:.!'.:/ノ ̄`⌒「i
    /、 \ ,'    i  イ./   ̄ i:.     L!
   ,ヘ   i  i l.|! /|,'   _,_,_i:i.i i i  |
  {ヽ.   |  l !i! i__!_     リ!l.ハl  .ト、
   ',、 ヽ .| i  l: lィリ´ ! ̄:.   イ´リ`i!  ! \
   、ヽ. _| |.  !:!i_ィ==、   ィ二.,, l! .ト、   \_
    ゙、 /,ィ!:.! :i .i、!弋zノ_     i゚.:j ,./! i l! ヽ.   \
    ゙、! 、|::|:.:| .!ヽ´¨¨     `¨! !j:.i i!_ ー、   \
     \|::|:::| .! `     _ > チ.!::i ノ  `ヽ.      \
       ゙!:l:::l: |       __  ' ノ::i,'     \     丶
       |!!::l: !、      '‐、\'::i::/       ヽ       ヽ
       |ヾト、! > .   ´ ,ヾ.\′        ゙、      \
       | ヽヽ   ` テ‐-' ノ'\\        ヽ       ヽ.
        .ノ   .       !   ´′ \\          丶       ヽ
 ,ヘ.   /         ト、  ハ`ヽ.__ ヾ,ゝ、_,、    ∧        ゙.
./;;;;;;\'             ` ̄ |;;;;;;;;;i;;;;;ヽ. .ゝ、;;´ー‐,/;;;ヘ
ヾ、;;;;;;;;;\             ,!;;;;;;;;;|;;;;;;;;;`ゝ.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;iヽ.

10 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:58:36.53 ID:DX3lr3B60
::: |:: |:::  |         ―┼―┼―┼|:: i:: ト、::. 、::: i::  i::::   .:l:: i:::ノ:::}
::: |:: |::: i: |                    |:: |:: | ヽ:.、ヽ .|::  i:::    :!:: .l:'::::::l!
::: |:: |::: ハ:!            i      ヽ::i:: i  ヽ:. ヽ!:: .|::: i  :!: l::::::::l!
::: |:: |::: ! l!―==-、__      ij    u   ヽ:. i  __ヾ:: !:. l:::  l  !. !:::::i::!
::: ト、.!:: ! l     `¨`ヾ.、_,ノ       , ,_,,ィ、:!=''´¨ヽ::、 !:::i .l  l .i .::::!:l
::: ト、ヽ.ト、!ィ=====、-、::::::::::´        .::::::::::ヽ、___ \:.l:::::l .l .! ./.::i::l::!
::: |ミ、ヽメ´ ̄,ィ==.、`ヾ、ヽ::::.       .:::: ,.'ィチ=ニニ¨¨゙ヾ、:::| l i / .:イ::l::!
::、 ト-イ〃 /,' ,ィニ、ヾ.、 ヾ.           /' /,ィニ、ヽヽ  ヾ、! :! ,'/ :::/!::!:l
:::、 !゙《.   {::{::、(@)ノ.:}                {::{::(@))::}  ,_ ! j/'  i' !:l:!
、::ヽ! ´ゝ,__乂ゝニニ--'‐.:       ..      :..┴ー=ニ、.'ノ__ィミ !ノ.:  i  !:/
::\:.!  ´´¨¨´///////    .:::::::::.  、  ////////|¨¨``   l!:.:::i i  !'i
:::::;ヘ、  /////////////  .::::::::::::::.  ∨/////// ┼///   l!:::::i l  ! l
:::::!  ヽ ///////////   :::::::::::::::::   ∨/////// |//   l!!::::i /  ! l
::: |   ヽ     U      ::::::::::::_::::::::::::ノ      ┼ u  l!:!::/′,' ! l
、: |                :::::::::::::::          |    ,'::::!/  ,' ! l
ヽ:|   i                              ┼   ,:::::ノ  ' ノ/
 ヽ  |j                             |   /|::/|  i /
                ______     ナ  / !' .|  | /
\                /」::::::::::::::::::::::::::::::)ヽ      /   |  l,'
::::::\               ゝ.`二二二二二ン′    .イ     .!  /


11 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 19:58:58.03 ID:DX3lr3B60
        _レッ´i∨   . .:,.: .:   `ヽ.
       〃{,::人(゙!ノ.: .: .:.:;i'.::. .::.     丶
      ゚゚〃j´  V.:::/.::::::/|:::::.:::::. :. . 、  ヽ
      〃/ ,'  .:::::/.:::;:ィ! l::i、::::、::. :i:. :. ヽ  ゙.
      ゚゚.,′! .: ::i::/!::イ/l! |::!ヽ::i、::、:l::.、:. i:.  l
         ゚ i ハ!:.::::!トl:トメ'、!__,!:!, ヽト、::、、::、:.|:.  !
        。..:ヾ::i:ハ厶=ォミ、:.ヾ、`゙トl-ヾヽ:.:|:::.  |
        ∨!:、:l:!ーゞ-'‐`>  ヽ ィテ‐ァ、!|::::.i !
        ,^ヾリソ //////   ///`チ",,i:::i:::!. !
       〈 ハi!′       ,       +"l::i:!::!: !
          ヽヘ!          ′   ナ !::|:!::!:.!
           ゝヘ    -=ニニヽ   ,' ノ:ノ::!::!ノ
              ヽ    ー‐ '    ,イ:/!:::!:リ′
              iヽ        /.ノ' ノ;/ソ
              |  \   . イ ! ´ /;'/,′
              |    `¨.´   !  ソ/
       ,、    /          !  ノ'   _
       /:.:.\. ノ          ト、 ,.イ´.:.:.:.:.i
  ,、  /.:.:.:.:.:.:.\   、       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/ヽ
. / .\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヽ.     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   \

12 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 20:06:09.69 ID:DX3lr3B60
::/  |:::|:::|:/  |::::|     |:| ヽ::::::i:::::::::::::i:::| ヽ::::::::::::|!、::::::::::::|:!::::::::
::!   |:::|:::!′ |::::!    ,|:|,,ノ'ヽ::::ト、:::::::::l:::|  ヽ::::::::l! ヽ:::::::::i:|::::::::
::ト―--!:l::l――!:::!―='"|:!   ヾヽヽ::::::l::|==-ヽ:::|―ヽ:::::::l:!、:::::
::!   __!:!:!-―‐!::l‐-、.  !|    ヽ:.、ヽ:::!:|  ,ィ´ヽ::!―-\:::l:! ヽ::
::!,/´ ヾ!   |::!     !!     ヾ、ヽ::l!     ヽ!   \:!`ヽ
:|ミ====ァ=======,=‐-、  l!       ヽヾ:!,ィ==ァ=======,==ヽ=彡
:|ゝ,、⊂⊃、゚_z_:ノ′_,,..   !         ヽ ..、_⊂⊃゚_z_ノ′ __,,ィ、゙
:|o "`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´/////        ///////`¨¨¨¨¨¨¨|¨´//o
:|///////////////////        /////////////////|//////
ヽ./////////////////      /////////////////┼/////
.  //////////////          /////////////////|////
                                     ┼
、                                |
:ヽ.                               ┼
`ヽ              、   _,             |      



13 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 20:06:21.25 ID:DX3lr3B60
           _/   -ー─-
         / yイ   ヽ\\ヾヽ
        {  イ.| !          \
        /              ヽ ヽ
       /               }  ヽ
       |   /    |  i  | i .i }   |      
      |   G=<三二|  | | | / /二三>=G   、         ,
      |   i:i       ゝ | ,|//./     |  i:i    (   ̄ ⌒ ̄⌒ \
      |   |;|       /゙ ゛ " }      |  |;|   (-‐ー──ヽ::::   )
       |  |        /    |  |   |            /  /
       /`|   |  /  /  +十| .//   |          /  /
       { |   |〃/!/        |〃|   /       _ (⌒  )    Nヾ
       `|  木セ.フゞ    〆 テノ  //       (   イー⌒ナ ̄"  )
      //| |  .|  ̄        ̄キ /レ       ( __   __ ..:::)
    /..::f  | | .|           / /\         / ) `´    `‐'
  /..:::::::::|   |.| |\       '   / /:::::::|       (   ..:::)
 ::::::::::::::::::|  .|| |  \   ⊂´ /i /::::::::|      / ヽ/
::::::::::::::::::::::|    |N    ヽ  / \レ/ |:::::::|     (    \
:::::::::::::::::::::||    | ーヽ、     } .\\|:::::::|      (:::.     ヽ
:::::::::::::::::::|::|    ヽ       |./ ̄\\|      入:.   ..::::::)
:::::::::::::::::|:::|  /`\ヽ      .| \::::::::\ ゙y⌒ ) ノ    ー一
::::::::::::::::|:://:::::::/ .ヽ  {   /  /     {   ⌒  ノ!ー‐´
::::::::::::::::::: ̄:::/..:‐- 、 \ i  / /      (     (


14 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 20:20:34.34 ID:wrC+o7ea0
>>1乙!

15 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 20:36:23.97 ID:7oWVNzHa0
>>1
これは乙じゃなくて月詠のポニーテールなんたら

今の長編もツッキー可愛い
今後も一杯活躍しますように!


16 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 21:23:24.76 ID:2S88hAif0
おつ

17 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:16:57.14 ID:Bf/8qaS40
>>1 乙

        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ:::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノ       ヽ.::::::::::::ヽ:::::|
      |:::::::/ ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄|:::::::|
      |=ロ   -=・=-     -=・=-  ロ=| アーッ!いいっ、いいっ!
      |::::::|       ノ           |:::::::| イベントノアトハ、ドウジンシデオナニーダッ!
      |::::::|       (● ●)       .|:::::::|
      |::::::|*∵∴    l l    ∴∴*.|::::::|
      |::::::|  ∵∴\______/∵∴ |::::::|
      |::::::|\     \____/    ./.|::::::|
      |::::::|  \________/  .|:::::::| 
        ̄   /`   ゜     ´\     ̄
          / ,へ    丶   ヽ \
          〈 〈 ( ・  .| ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|
          \ \|    |同人誌| |18禁|
            \ \  .|__.m| |____|
              ヽ \| | l|  |ヽ_ノ
              |\ |l| l|.| |l  |
            / ,巛 ~~\ クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ
           /  /      ヽ ヽ
           〈  〈       〉  〉
           \  \    / /
            (__)  (__)
月詠豚ふじょし(♀)
しゅうあくポケモン
タイプ:どく/ゴースト
たいちょう:1.39〜1.77m おもさ:50〜150kg
にんげんのくず。
キモ月詠関連の妄想を垂れ流すことを非常にこのむ。

18 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:17:14.75 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

19 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:17:47.91 ID:gU+xXm0H0
月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ふーん つまり@seijo4533がウンコ月詠腐飴の友達の自爆で 飴はそれをながしたくて暴れてるわけか 納得


これが自爆の正体@seijo4533

↓自爆のツイッター 飴の元フォロワー

http://twitter.com/seijo4533



20 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:18:38.74 ID:Bf/8qaS40
::: |:: |:::  |         ―┼―┼―┼|:: i:: ト、::. 、::: i::  i::::   .:l:: i:::ノ:::}
::: |:: |::: i: |                    |:: |:: | ヽ:.、ヽ .|::  i:::    :!:: .l:'::::::l!
::: |:: |::: ハ:!    @        i      ヽ::i:: i  ヽ:. ヽ!:: .|::: i  :!: l::::::::l!
::: |:: |::: ! l!―==-、__      ij    u   ヽ:. i  __ヾ:: !:. l:::  l  !. !:::::i::!
::: ト、.!:: ! l     `¨`ヾ.、_,ノ       , ,_,,ィ、:!=''´¨ヽ::、 !:::i .l  l .i .::::!:l
::: ト、ヽ.ト、!ィ=====、-、::::::::::´        .::::::::::ヽ、___ \:.l:::::l .l .! ./.::i::l::!
::: |ミ、ヽメ´ ̄,ィ==.、`ヾ、ヽ::::. @      .:::: ,.'ィチ=ニニ¨¨゙ヾ、:::| l i / .:イ::l::!
::、 ト-イ〃 /,' ,ィニ、ヾ.、 ヾ.           /' /,ィ:::::ニ、ヽヽ  ヾ、! :! ,'/ :::/!::!:l
:::、 !゙《.   {::{::+++++、(@)ノ.:}    @            {::{::(@))::}  ,_ ! j/'  i' !:l:!
、::ヽ! ´ゝ,__乂ゝニニ--'‐.:      :::: ..      :..┴ー=ニ、.'ノ__ィミ !ノ.:  i  !:/
::\:.!  ´´¨¨´///////    .:::::::::.  、  ////////|¨¨``   l!:.:::i i  !'i
:::::;ヘ、  /////////////  .::::::::::::::.  ∨/////// ┼///   l!:::::i l  ! l
:::::!  ヽ ///////////   :::::::::::::::::   ∨/////// |//   l!!::::i /  ! l
::: |   ヽ     U      ::;;;;;:::ノ      ┼ u  l!:!::/′,' ! l
、: |    ++++            :::::::::::::::          |    ,'::::!/  ,' ! l
ヽ:|   i                              ┼   ,:::::ノ  ' ノ/
 ヽ  |j    88888                         |   /|::/|  i /
                _」」」」」」」」」_____     ナ  / !' .|  | /
\     」」」           /」::::::::::::::::::::::::::::::)ヽ      /   |  l,'
::::::\               ゝ.`二二二二二ン′    .イ     .!  /

このスレは月詠婆さんに監視されています


21 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:18:42.92 ID:4RSymjuRO
月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。

22 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:19:17.04 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

23 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:19:29.72 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

24 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:20:06.30 ID:gU+xXm0H0
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

25 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:21:20.52 ID:Bf/8qaS40
::: |:: |:::  |         ―┼―┼―┼|:: i:: ト、::. 、::: i::  i::::   .:l:: i:::ノ:::}
::: |:: |::: i: |                    |:: |:: | ヽ:.、ヽ .|::  i:::    :!:: .l:'::::::l!
::: |:: |::: ハ:!    @        i      ヽ::i:: i  ヽ:. ヽ!:: .|::: i  :!: l::::::::l!
::: |:: |::: ! l!―==-、__      ij    u   ヽ:. i  __ヾ:: !:. l:::  l  !. !:::::i::!
::: ト、.!:: ! l     `¨`ヾ.、_,ノ       , ,_,,ィ、:!=''´¨ヽ::、 !:::i .l  l .i .::::!:l
::: ト、ヽ.ト、!ィ=====、-、::::::::::´        .::::::::::ヽ、___ \:.l:::::l .l .! ./.::i::l::!
::: |ミ、ヽメ´ ̄,ィ==.、`ヾ、ヽ::::. @      .:::: ,.'ィチ=ニニ¨¨゙ヾ、:::| l i / .:イ::l::!
::、 ト-イ〃 /,' ,ィニ、ヾ.、 ヾ.           /' /,ィ:::::ニ、ヽヽ  ヾ、! :! ,'/ :::/!::!:l
:::、 !゙《.   {::{::+++++、(@)ノ.:}    @            {::{::(@))::}  ,_ ! j/'  i' !:l:!
、::ヽ! ´ゝ,__乂ゝニニ--'‐.:      :::: ..      :..┴ー=ニ、.'ノ__ィミ !ノ.:  i  !:/
::\:.!  ´´¨¨´///////    .:::::::::.  、  ////////|¨¨``   l!:.:::i i  !'i
:::::;ヘ、  /////////////  .::::::::::::::.  ∨/////// ┼///   l!:::::i l  ! l
:::::!  ヽ ///////////   :::::::::::::::::   ∨/////// |//   l!!::::i /  ! l
::: |   ヽ     U      ::;;;;;:::ノ      ┼ u  l!:!::/′,' ! l
、: |    ++++            :::::::::::::::          |    ,'::::!/  ,' ! l
ヽ:|   i                              ┼   ,:::::ノ  ' ノ/
 ヽ  |j    88888                         |   /|::/|  i /
                _」」」」」」」」」_____     ナ  / !' .|  | /
\     」」」           /」::::::::::::::::::::::::::::::)ヽ      /   |  l,'
::::::\               ゝ.`二二二二二ン′    .イ     .!  /

このスレは月詠婆さんに監視されています



26 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:21:33.34 ID:gU+xXm0H0
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

27 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:21:41.56 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

28 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:22:06.88 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

29 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:22:48.83 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

30 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:23:03.27 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

31 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:23:18.44 ID:Bf/8qaS40
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ:::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノ       ヽ.::::::::::::ヽ:::::|
      |:::::::/ ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄|:::::::|
      |=ロ   -=・=-     -=・=-  ロ=| アーッ!いいっ、いいっ!
      |::::::|       ノ           |:::::::| イベントノアトハ、ドウジンシデオナニーダッ!
      |::::::|       (● ●)       .|:::::::|
      |::::::|*∵∴    l l    ∴∴*.|::::::|
      |::::::|  ∵∴\______/∵∴ |::::::|
      |::::::|\     \____/    ./.|::::::|
      |::::::|  \________/  .|:::::::| 
        ̄   /`   ゜     ´\     ̄
          / ,へ    丶   ヽ \
          〈 〈 ( ・  .| ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|
          \ \|    |同人誌| |18禁|
            \ \  .|__.m| |____|
              ヽ \| | l|  |ヽ_ノ
              |\ |l| l|.| |l  |
            / ,巛 ~~\ クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ
           /  /      ヽ ヽ
           〈  〈       〉  〉
           \  \    / /
            (__)  (__)
月詠豚ふじょし(♀)
しゅうあくポケモン
タイプ:どく/ゴースト
たいちょう:1.39〜1.77m おもさ:50〜150kg
にんげんのくず。
キモ月詠関連の妄想を垂れ流すことを非常にこのむ。

32 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:24:13.53 ID:4RSymjuRO
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

33 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:24:16.61 ID:Bf/8qaS40
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

34 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:25:04.68 ID:Bf/8qaS40
{: 〃: : : :/:\: : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : :/   `^ヽノ////´        ハ
 ',: {: : : ::/: : : :\: : : : ': : : : : : : : ; : : : : : : : :./           }: : : :i      !
  ゝ,: : : ; : : : : : : \:.;': : : : : : : : :i: : : : : ;': : :,     ;          |: : : |      }
.     ¨{: : : : : : : : : ; : : : : : : :i: :.!: : : :./,l: : ;         +     i: :!: :!      !
...    |: : : : : : : : : i: : : : : : :.i: : !: : : / ! i: :i  」       ─|─|‐|: !: :|         !
      !: : : : : : : : : !: : : : : : :|: : !: : :,' | .l:..|                i:.!|: :!      |
...    {\: : : : : : : |: : : : : : :i: : |: : ;.` T ト:!、    …           |:!.!: !: : :i:     !
      ;、: : : : : : : : :!: : : :i: : :{: : !: :.{__!__!:| `  、       :   i:! |:.l: : :.!: : : : : .|
     ト:\: : : :/丶!: : : :|: : :': : !: :|=-=≡ニ_、  ` 、        リ. l:.!: : :i: : : : : :.i
     .',: : :\/ ヘ !: : : :!: : :',: :!|: ト,j::::@ ・ ∴  " ̄ ̄ |i`!: :|: : : :!: :.|
       ';\:.,' ./  .|: : !: !: : : ',:.!i: !´ヘ、::ノ_,,.      'ィ==≡リ_!: :!: : : :|: :.i
.      ヘ: :.{ .{ .⌒.!: :.!: !: : : ハ:!|:i    ;    ゜…    ;      @{::::∴・し:::ノ  |: :!: : : :|!: :!
       ヘ: ヘ ` (.|: :.l: |: : : ; .!| !  。              ゝ、イ_ノ`!: |: : : :i !: !
        \:ヽ   !: :!: !: : :i       …  :   :        ┼  |: :!: : : :! |:.|      
.           \ヘ_,,!: :!: !: : |                    ',    .Τ ': : !: : : | !:|
              `"、!: :!: !: :| ゜  ・   :     8  、 ゜ ノ    .ナ ':.!: |: : : i .!:!
                 l !: l: i: :!                ゜    ‐/‐/: :|: |: : :.|  |:!
              i  l: :|: !:.!       8   <  _ j    ‐/‐/!: :.!: i: : :.!  .!l
             ,'  i: :!:.!:|\    :        3,     イ }:./|: !: : .'  ノ
              /   ; :!:|:.!           ´ ̄    イ  ,'/ .l:ノ: : ;'
.             /      ;.!:!:.!    > 、   ・   …    /    ノ  .ノ!: :./
           ノ      ;:!:.!     >      /           ,: :/
-‐=≡二三 ̄ ̄::¨::><    ヘ:!       /> 、/             ,:./
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>< \      ,'               ,.:/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、    ,             ,.ノ

の・・・・・・・・ぶ・・・・たすっ・・・・・・・・・・負・・・けた


35 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:25:12.42 ID:4RSymjuRO
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

36 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:25:30.32 ID:gU+xXm0H0
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

37 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:26:06.50 ID:gU+xXm0H0
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

38 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:26:29.74 ID:4RSymjuRO
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

39 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:27:00.14 ID:Bf/8qaS40
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

来る日も来る日も、朝から晩まで休憩無しで輪姦調教。
出てくる飯は、生臭いドロドロのザー汁ぶっかけ飯で、お風呂は臭いのが消えちゃうから無し。排泄はヅラの恥ずかしい所が見たいから必ず人目のある所で。
うーん、こりゃ1ヶ月もしない内に、フィストからスカトロまで、それこそ馬姦でも何でもこなせちゃう立派な淫乱雌豚の公衆マゾ肉便器奴隷ヅラ君の出来上がりだろーな。
それこそ、朝起きたら自分から1番近くにあるチンポにチューチュー吸い付きにいく、ザーメン中毒の頭おかしーヅラ君。

「あっ、ああ、んほぉっ、ひぁ、んっ…いっ、嫌だぁ!嫌だ嫌だ嫌だそんなのっ…!?嫌だぁあ…!り、輪姦やだぁあああっ……!!!」
銀時は薄く微笑んでは、最低最悪の「もしも」の話、身の毛がよだつ程に淫靡で堕落したシチュエーションを桂に語る。
聞かされた桂は、嫌々と首を左右に振って反応した。
屈辱に塗れながら、好いてもいない男達に身体を弄り回される事。「嫌だ」「怖い」「気持ち悪い」。「銀時以外とは絶対に嫌だ」。叫んで答える。
「おっ、『銀さん以外とはイヤ〜』だなんて、可愛い事言ってくれんじゃん。
だよなー。俺も嫌だぜ、こんなに綺麗で気持ちイイヅラの身体、ポッと湧いたどこぞのジジィにカッ攫われて公衆便所にされちまうの。
だからさぁ、解ったらマジで反省しとけよ、今回の事。



40 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:27:07.56 ID:2S88hAif0
たべなんしかわいいっすね

41 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:27:07.95 ID:4RSymjuRO
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

42 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:27:21.43 ID:gU+xXm0H0
希望を持った醜い月詠と月詠腐は美しい桂様と銀時様の靴を舐めて媚び始めた。
豚より醜い二人を見て銀時様と桂様が吐き気を堪える。
そして美しく長い足で顔面を蹴飛ばした。
不細工月詠と月詠腐が奇声を上げて倒れたので灯油をまいて火をつけた。

43 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:27:59.77 ID:Bf/8qaS40
>>40
::: |:: |:::  |         ―┼―┼―┼|:: i:: ト、::. 、::: i::  i::::   .:l:: i:::ノ:::}
::: |:: |::: i: |                    |:: |:: | ヽ:.、ヽ .|::  i:::    :!:: .l:'::::::l!
::: |:: |::: ハ:!    @        i      ヽ::i:: i  ヽ:. ヽ!:: .|::: i  :!: l::::::::l!
::: |:: |::: ! l!―==-、__      ij    u   ヽ:. i  __ヾ:: !:. l:::  l  !. !:::::i::!
::: ト、.!:: ! l     `¨`ヾ.、_,ノ       , ,_,,ィ、:!=''´¨ヽ::、 !:::i .l  l .i .::::!:l
::: ト、ヽ.ト、!ィ=====、-、::::::::::´        .::::::::::ヽ、___ \:.l:::::l .l .! ./.::i::l::!
::: |ミ、ヽメ´ ̄,ィ==.、`ヾ、ヽ::::. @      .:::: ,.'ィチ=ニニ¨¨゙ヾ、:::| l i / .:イ::l::!
::、 ト-イ〃 /,' ,ィニ、ヾ.、 ヾ.           /' /,ィ:::::ニ、ヽヽ  ヾ、! :! ,'/ :::/!::!:l
:::、 !゙《.   {::{::+++++、(@)ノ.:}    @            {::{::(@))::}  ,_ ! j/'  i' !:l:!
、::ヽ! ´ゝ,__乂ゝニニ--'‐.:      :::: ..      :..┴ー=ニ、.'ノ__ィミ !ノ.:  i  !:/
::\:.!  ´´¨¨´///////    .:::::::::.  、  ////////|¨¨``   l!:.:::i i  !'i
:::::;ヘ、  /////////////  .::::::::::::::.  ∨/////// ┼///   l!:::::i l  ! l
:::::!  ヽ ///////////   :::::::::::::::::   ∨/////// |//   l!!::::i /  ! l
::: |   ヽ     U      ::;;;;;:::ノ      ┼ u  l!:!::/′,' ! l
、: |    ++++            :::::::::::::::          |    ,'::::!/  ,' ! l
ヽ:|   i                              ┼   ,:::::ノ  ' ノ/
 ヽ  |j    88888                         |   /|::/|  i /
                _」」」」」」」」」_____     ナ  / !' .|  | /
\     」」」           /」::::::::::::::::::::::::::::::)ヽ      /   |  l,'
::::::\               ゝ.`二二二二二ン′    .イ     .!  /

たべなんし



44 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:28:21.00 ID:gU+xXm0H0
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

45 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:29:35.52 ID:gU+xXm0H0
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

46 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:29:47.66 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

47 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:30:17.01 ID:Bf/8qaS40
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。


48 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:30:48.72 ID:4RSymjuRO
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

49 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:31:08.50 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

50 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:31:28.15 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

51 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:32:14.00 ID:Bf/8qaS40
「あっ、ああ、んほぉっ、ひぁ、んっ…いっ、嫌だぁ!嫌だ嫌だ嫌だそんなのっ…!?嫌だぁあ…!り、輪姦やだぁあああっ……!!!」
銀時は薄く微笑んでは、最低最悪の「もしも」の話、身の毛がよだつ程に淫靡で堕落したシチュエーションを桂に語る。
聞かされた桂は、嫌々と首を左右に振って反応した。
屈辱に塗れながら、好いてもいない男達に身体を弄り回される事。「嫌だ」「怖い」「気持ち悪い」。「銀時以外とは絶対に嫌だ」。叫んで答える。
「おっ、『銀さん以外とはイヤ〜』だなんて、可愛い事言ってくれんじゃん。
だよなー。俺も嫌だぜ、こんなに綺麗で気持ちイイヅラの身体、ポッと湧いたどこぞのジジィにカッ攫われて公衆便所にされちまうの。
だからさぁ、解ったらマジで反省しとけよ、今回の事。
攘夷も結構、世直しも結構、それに熱心なのも尚更結構だけどよ?……あんま心配かけさすンじゃねーぞ、馬鹿」
「!!…ぎん…っ…」
最後に付けられた『馬鹿』の2文字には、銀時から桂へ、言い知れようの無い様々な感情が含まれていた。

それを受けて、桂はギュッと硬く両目をつむる。
御免、とその日何度目になるか分からない詫びの単語を、その日1番の想いを込めて呟いた。相手の背に追い縋る腕の力を一層強くする。
桂はそうやって閉じた目蓋の裏、電話を受けてから桂の元へかけ参じる間、銀時が心中で渦巻かせただろう想いの全てを推し量って、心の底から申し訳無いと思った。
あの時、自分が銀時に感じさせてしまった不安と悲しみは、如何ばかりか。
御免。心配させて御免、銀時。
繰り返す桂に、銀時は少しの間を挟んでから、
「ホント馬鹿」
囁き声で返した。
何となく、髪を斬り落とされたいつかの桂の姿を胸中に過ぎらせて。


「ふぁ〜ぁあ」
何でこんな日に限って仕事が入っているのだろう。
銀時は朝焼けに向かってどでかい欠伸を1発噛ましながら、これからの予定を酷く億劫に感じた。
万事屋に帰る道をダラダラと歩く。まだ大分早い時間な所為か、辺りには車も人も殆ど通らない。
明け方特有の深々とした静寂だけが、道行く銀時の供だった。
出て来る際、一応隣で寝ていた桂を起こして、『帰る』と一言断りの旨を入れたが……、昨夜あれだけ身体を酷使した後だ。
起こしてもすぐにまた寝入ってしまったし、恐らくアレは耳に入って無いだろうなと、銀時は歩を進めながら思った。
コツン。フと、足先にぶつかった小石。
銀時はアスファルトに転がっている灰色のソレを、何の気なしに片足を振り上げ思い切り蹴っ飛ばす。
カツンッ!
結構な力を込めて蹴り上げた小石は、少し離れた電柱に当たると硬質な音を立て…そこから先、銀時の視界から消えた。
「……よぉ」
『おはようございます』 
何故ならその電柱のすぐ横に、今や桂にとって長髪と同じくらいの強い意味合いを持つ彼の象徴的存在、ペットであり従者である、白い巨大なお化けペンギンのエリザベスがそこに立っていたからだ。
今日も今日とて、いつ文字を書き記しているのか仕組みが全くに不思議な、手に持った巨大なプラカードで意思の疎通を図る。
「アイツ多分昼過ぎまで寝ると思うから。起こさないでやって」
『解りました』
「俺、今日仕事あるから起きんの待たずに帰るって、目ェ覚ましたら伝えておいて」
『解りました』
「……」
『……』
それだけを言って、1人と1匹のやり取りは途切れた。
微妙な空気が流れる。
銀時がエリザベスを見つめ、エリザベスが銀時を見つめる。
―――ハァ。
銀時が勿体振った溜め息を吐いた。
「お前、あんまアイツから目ェ放すなよ。1人にして放っておくと、すぐに馬鹿なムチャ仕出かすんだからさ。……ちゃんと傍にいて、見とけよ」
嗚呼、朝焼けが目に沁みるぜ。
銀時は胸の内で燻る毒を吐くようにエリザベスに言う。
するとエリザベスは即座に、
『その台詞、フルスイングで打ち返してもいいですか?』
ブンッ、と。
掲げたプラカードに言葉通りの動作を加え、その意味を強調しながら銀時に伝える。
「チッ」
舌打ちすると共に首を振って、銀時は異次元へと誘われそうな2つの真ん丸から向けていた視線を引きちぎった。
次に蹴る小石を探す為、足元に目をやる。



52 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:32:45.71 ID:gU+xXm0H0
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

53 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:33:09.16 ID:4RSymjuRO
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

54 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:34:05.45 ID:Bf/8qaS40
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。



55 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:34:35.19 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

56 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:35:24.81 ID:Bf/8qaS40
「乳首コリコリ。もうこんなに硬くなってる」
「んっ! あ、やっ、…つ、摘まむ、なあっ…ンぁ、…ぁ、ン…っっ」
 手のひらで簡単にすっぽりと包み込めてしまう小ぶりな桂の乳房。重さはないが、形は良い。銀時が戯れで揉み込めば、手に吸い付くふくよかな柔肉の感触がとても心地好い。
 桂の胸は子供に乳を与える時のみを除いて銀時のモノだ。殆ど性器と化して銀時の愛撫へ従順に反応を示し、弄れば勃ち上がり、先に甘いしこりを帯びる。触れる男に対し、その時自身が如何に悦びを覚えているか、感じているか、心を許しているかを素直に伝える。
 下半身が揺さぶられるに合わせて、透けそうに白く美しい桂の裸身、胸に実るその2つがプルプルと切なげに揺れ動く。眼下に覗く最愛のその艶姿に、銀時は全身の血が沸騰するように沸き立ち、自身に益々熱が集中するのを感じた。
「あンっ、…っ…ぎん、ときぃっ…ふぁ、ぁあっ、んぁあっ」
 女の身体の一番奥深い、繊細な場所を銀時の雄でみっしりと1部の隙間なく埋められる事に、桂が切なげに唇を戦慄かしては「ぎんとき」「ぎんとき」と舌足らずに名前を呼ぶ。
(あ〜っ! 俺の奥さん超可愛い…っ! 最高! こんなに可愛い生き物に俺の子供産んで貰えるとかやべーマジでか超ありえねぇぇー、信じらんねぇぇぇー既に2人産ませてるけどさぁぁぁーーー)
 銀時は「可愛い」「可愛い」「好き」「大好き」の言葉を、頭で想うだけで特に何も口には出さないが、変わりに窮屈な体勢からキスの雨を降らせたり、触れる肌そこかしこを舐めて甘噛みしたり、下半身の律動を速く強くと勢いを増す事によって、そんな桂へ答えを返した。

〜産み分け:その弐〜
『女性の性感が高まってオルガスムに達すると、子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌され、アルカリ性に傾きます。これは男の子になるY精子が好む環境なので、女性がオルガスムに達してから射精すると男の子が生まれやすいと云う説があります。
反対に、女の子が欲しい場合はX精子が受精しやすいように、オルガスムに達する前に射精すると良いと言われています。』
 銀時の硬く膨れ上がった亀頭が暴力的に叩きつける勢いで、ゴツゴツ。ガツガツ。最奥を何度も何度も執拗に突き上げにくる事に、桂が口の端から大量の涎を垂らし悶える。目を白黒させながら、普段とは違う、
本当に「ソコ」ばかりを狙って責め続ける銀時の動きに嫌々と首を左右に振る。
「ひは、っあ、んぁ、…やぁっ! ぎ、銀時っ、駄目ぇ…っ…奥ばっかり突くのはぁっ、…奥っ、そんな風に突くのはぁっ、駄目、だっ…! 声っ、出ちゃう、からぁっ」
「んっ、だって、しょーがねーだろっ。男の子作るには、なるべく深くでセックスしろって本にっ…お前の子宮口を、俺のチンポ先で、こうやって…何度も何度も…っ…するんだよっっ」
 グリグリグリッ!
 銀時がくっつけた先端で文字を描くように小突き回せば、生理としてぽっかり口を開きながら下がってきている桂の子宮口にグイグイと己が突き刺さる。
「ふぁう、ぉほっ!? 奥うぅっ!! 先っぽグリグリらめえええぇっ!!!」
 苛烈なポルチオ刺激に桂の意識は恍惚の沼底へと叩き落される。目の端からは涙が、突き潰される蜜壺からは愛液がとめどなく溢れ、抑えたくとも抑えきれない悲鳴を上げながら全身を淫感に痺れさせ、激しく痙攣させる。
 まるで強力な電撃を引っ切りなしに浴びせられているが如くにビクビク身悶える桂のそんな様子に、銀時は桂の頂点が近い事を察し満足げに口角を持ち上げた。そのまま一気に突き落とすべく、ラストスパートをかける。
ズッ、ズン! グチュ、ズチュヌリュ! プチュプチュッ!
 桂が呼吸を求めて口をパクパクさせるのを無視し、幾重にも綾織る媚肉をこれでもかとかき回して突きまくる。結合部からカウパーと愛液の入り混じった透明な体液が溢れ、繋がった2人の下半身をビショビショに濡らしていく。
 亀頭を子宮の中にのめり込ませる勢いで一際深く突き上げた瞬間、銀時はそれと同時に手を伸ばして、桂の肉芽をギュッと指の腹で強く摘まんだ。



57 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:35:39.57 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

58 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:35:58.57 ID:Bf/8qaS40
「んぅ、だから貴様っ、此処の所一切何もしてこなかったのか…っ」
「おうよ! お前排卵日で、俺もここ暫く禁欲誓ってマスかきも封印して今日の為に溜めるに溜めたからな! お互い準備ばっちり! 銀さんさぁ、お前の排卵日に合わせてすっげー濃いの出せるよーにしといたんだぜ。褒めて?」
「褒めっ、ないっ…! なんで私はこんなのと籍入れてしまったのだろうと、今心底後悔している所だからなっ…っんあ、ぁ、…ふぁ、ぅ…っ」
 灯りを薄くし、服を脱ぎ、抱き合って。キスをして。いざ、3人目の子作り開始。
 夜具の上に膝を立てる銀時は仰向けに押し倒した桂の腰の下、枕を1つ挟んで律動しやすいよう細工をしてから、大きく開かせた両脚の間に身体を滑りこます。桂の張りのある太腿に両指をのめり込ませて掴み、胸につくまで持ち上げる。そうして露わにした秘裂に、
体重をかけて屹立した自身をズブズプと飲み込ませる。
 本に書いてあったおすすめの体位。男の子が欲しい場合は、「屈曲位」、或いは「後背位」が良いとあったから、銀時はそうした。
「…っあ、ん、…っふっ……んんぁあっ」
「んー、今日もとろっとろに柔らけーなァ、ヅラの膣内(なか)は。旦那様チンポにしっかりご奉仕する極上の奥さんマンコ。挿入てる根本からチンポ溶けちまいそうにあったかくて超気持ちぃ」
 己が内側に挿入ってくる銀時の存在を感じ、桂が全身をピクンと緊張に強張らせる。
 狭い膣穴は男の巧みな前戯によって愛液でしとどに濡れそぼっており、苦痛は一切無いどころか、むしろ積極的に引き込んで迎えた肉棒に絡みつく動きをする。
 自身が肉厚のヒダに包まれ、そのうねりにギュウギュウと情熱的に扱かれる感触に銀時は鼻息荒く興奮を高めるが、桂は奥深くまでいとも簡単に飲み込んで悦びを見せる己の身体に羞恥を覚えて顔を赤くする。
 肉先で滑らかにヌルつく温かさを感じる事に、銀時はジッと動かずに馴染ませる必要がない事を知る。貫いてすぐさま、密着させた腰を揺さぶり動かし、小刻みな律動を開始した。ズチュヌチュと卑猥な水音が室内に響く。次いで、ムワッとこもり始める淫臭。
 結合部から上がる濡れた粘っこい音を耳にし、桂は真っ赤な顔で唇を噛み締める。耐える。敏感な器官を雄肉で擦られる刺激に反応し喉奥からせり上がってきてしまう、嬌声を。襖何枚かを隔てたすぐ向こうに子供がいる事を配慮し、なるべく声を漏らさぬようにしているのだ。
 銀時はそんな桂の様子をイヤらしい顔で笑い、近いうちまた預けるか、ご休憩するか、それとも昼間いない時狙うかで、好きなだけ声出せる環境でしよーな。桂に向かって低い声で囁く。小さくだが、桂がコクンと頷いて返す。




59 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:36:26.66 ID:gU+xXm0H0
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

60 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:37:13.00 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

61 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:37:26.17 ID:Bf/8qaS40
 部屋に入ると風呂上りの象徴として湿った銀毛の上にフェイスタオルを乗せた銀時が、甚平の前を止めていないだらしない恰好で寝具の準備をしていた。
 畳の上に布団を広げる銀時に倣い、桂は壁の隅に立てかけてある突っかい棒を手に取る。襖に取り付け、今しがた開けて入ってきた扉が外から開かぬようになった事を確認する。万が一を配慮しての、子供の情操教育に悪影響を与えぬ為の装置だ。
「あのさ、ヅラ。物は相談なんだけど」
「ヅラじゃない、坂田だ。なんだ」
 敷き終えた布団の上に腰を下ろし、胡座をかきながら男が言う。どこかソワソワと相手の顔色を窺った態度。何か伝えたい事があるらしい。
 桂はそんな銀時を突っ立ったまま腕を組んで見下ろした。何を持ちかけようとしているのだ、と続きを促す。
 ゴホン。ワザとらしい咳払いが室内に響く。
「最初に言っとくが、俺ァ間違っても男女差別はしねーからな。絶対。これは絶対だ。欲しい気持ちがあるのは確かだけど、けど、違ったからって残念がるとか、冷たい態度を取るとか、
そんなんはぜってーしねぇ。結野アナに誓って宣言する。1番に望む事は、体が丈夫で元気である事だ」
「?」
 言いたい事が何となく解るようで、解らない。
 桂が小首を傾げて続く台詞を待つ。サラリと、その整った顔の右半分を覆う長い前髪が揺れる。
 言えば叱られると思っているのか、気まずいのか、銀時は視線を下にずらしながら口を動かす。
「あのさぁ、俺さぁ…俺、3人目は男の子が欲しいんだけど」
「…なんだ、そんな事か」
 妙に改まって訴えるものだから桂はなんだどうしたと身構えたが、最後まで聞いて拍子抜けする。同じ目線で向かい合う為に、桂も布団の上に腰を下ろした。


「私も男の子がいたら楽しいと思うし、欲しいなァとも思う。だが、子は授かり物だ。こればかりは天の采配に任せるしかあるまい。
新しく宿る赤子が男児か女児か、気になる気持ちは理解出来るが、かと云って私に言ってどうこうなる事では、」
「分かってるよ、んなこたァ。や、だからさ…俺達2人でその天にちょっくら願掛けしてみねー?」
「願掛け?」
そう、願掛け。―――♪チャラララララァ〜チャラララララァ〜ラ〜
 不意に銀時がオリーブの首飾りを口ずさみ始める。それと同時に、いつの間に布団の下に忍ばせていたのやら。ホッチキスでまとめられた数枚のA4紙を取り出し、スッと桂に披露しにくる。
 いきなりなんだ、この男(バカ)は? 急な展開に桂の口がへの字に曲がった。
「じゃじゃじゃーん。図書館で調べてきました〜男女の産み分け方。本、読んでコピッてきた。勿論100%じゃねーけど、科学的根拠にそった『作り方』を実行する事で、ある程度の産み分けが出来ンだってさ。な? 知ってた? コレ凄くね?」
「……」
 産み分けが出来る、『作り方』。聞かされた桂は、真顔と無言で押し黙る。はぁ。溜息を1つ。
 それとは正反対に、銀時の顔はキラキラに輝く。
「な、頼むよヅラ。物は試しで…別にマジでガチでムキになってやるんじゃなくて、『出来たら良いな〜』程度の軽い気持ちで良いからよぅ。本にもそー書いてあるし。ちょっとしたチャレンジで! 男の子! 坂田家の長男狙うの!」
「…まぁ、貴様がそこまで真剣に男児が欲しくて…そうしたいのであれば、私は構わないが……」
「! よっしゃ、よく言ってくれた。それでこそ俺の嫁。3歩下がって俺の影を踏まずに歩け、とは言わねーが、旦那のたまの我が儘ぐれーは通させてくれよな」
「だからと云って『作り方』、変な事はしないからな。絶対に付き合わないからな」
「ギクッ。ああ、だいじょーぶ。変な事は一切ねーし、しねーから」
「『ギクッ』?―――銀時、私この週末実家に帰ろうと思うのだが。それか、緑の紙召喚」



62 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:37:44.17 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

63 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:37:58.66 ID:4RSymjuRO
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

64 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:38:43.05 ID:Bf/8qaS40
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


65 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:39:05.99 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

66 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:39:36.12 ID:4RSymjuRO
月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。

67 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:41:48.35 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

68 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:42:11.83 ID:gU+xXm0H0
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

69 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:42:35.40 ID:Bf/8qaS40
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

来る日も来る日も、朝から晩まで休憩無しで輪姦調教。
出てくる飯は、生臭いドロドロのザー汁ぶっかけ飯で、お風呂は臭いのが消えちゃうから無し。排泄はヅラの恥ずかしい所が見たいから必ず人目のある所で。
うーん、こりゃ1ヶ月もしない内に、フィストからスカトロまで、それこそ馬姦でも何でもこなせちゃう立派な淫乱雌豚の公衆マゾ肉便器奴隷ヅラ君の出来上がりだろーな。
それこそ、朝起きたら自分から1番近くにあるチンポにチューチュー吸い付きにいく、ザーメン中毒の頭おかしーヅラ君。

「あっ、ああ、んほぉっ、ひぁ、んっ…いっ、嫌だぁ!嫌だ嫌だ嫌だそんなのっ…!?嫌だぁあ…!り、輪姦やだぁあああっ……!!!」
銀時は薄く微笑んでは、最低最悪の「もしも」の話、身の毛がよだつ程に淫靡で堕落したシチュエーションを桂に語る。
聞かされた桂は、嫌々と首を左右に振って反応した。
屈辱に塗れながら、好いてもいない男達に身体を弄り回される事。「嫌だ」「怖い」「気持ち悪い」。「銀時以外とは絶対に嫌だ」。叫んで答える。
「おっ、『銀さん以外とはイヤ〜』だなんて、可愛い事言ってくれんじゃん。
だよなー。俺も嫌だぜ、こんなに綺麗で気持ちイイヅラの身体、ポッと湧いたどこぞのジジィにカッ攫われて公衆便所にされちまうの。
だからさぁ、解ったらマジで反省しとけよ、今回の事。


70 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:43:21.68 ID:4RSymjuRO
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

71 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:43:41.90 ID:Bf/8qaS40
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」
「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!


72 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:43:57.96 ID:4RSymjuRO
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

73 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:44:07.63 ID:gU+xXm0H0
泣いてる桂たん慰めちゃった銀ちゃん
桂たんテラヒロイン
桂たんは本当に優しくて強い子
「こんな想いをするのは俺だけで・・・」とか「ひっ、一人UNOだ・・・」とか
桂たんのそういう自分ひとりで抱え込んで耐えるところが
銀ちゃんにはたまらず愛おしい気持にさせるんだろうな
女顔美形細身なだけじゃなくて
桂たんが銀ちゃんに愛されてる理由がわかるよ

74 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:44:21.00 ID:4RSymjuRO
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

75 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:44:33.73 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

76 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:44:42.19 ID:4RSymjuRO
銀桂萌える(*´Д`)ハアハア
もうマジで結婚しちゃえよ!
誰も突っ込まないよそれどころかまだして無かったの?とか言われちゃうよ

77 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:44:55.37 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

78 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:45:28.69 ID:Bf/8qaS40
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」


79 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:45:40.40 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

80 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:45:51.49 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

81 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:46:20.39 ID:Bf/8qaS40
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。
積極的な口淫奉仕から潤いと興奮を得ている銀時の陰茎の上、桂がゆっくりと腰を下ろした。
とっくに蕩けている肉穴は、硬い雄の先端がソコに触れるだけで、まるで捕らえたモノを逃すまいと言わんばかりの淫猥さですぐさまパクリと捕らえる。
がっついて、奥底へと引き込むように轟く桂の直腸。
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」


82 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:46:39.94 ID:gU+xXm0H0
月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ふーん つまり@seijo4533がウンコ月詠腐飴の友達の自爆で 飴はそれをながしたくて暴れてるわけか 納得


これが自爆の正体@seijo4533

↓自爆のツイッター 飴の元フォロワー

http://twitter.com/seijo4533



83 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:46:45.22 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

84 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:47:15.94 ID:gU+xXm0H0
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

85 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:47:30.04 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

86 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:48:14.74 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



87 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:48:36.66 ID:4RSymjuRO
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

88 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:48:47.44 ID:gU+xXm0H0
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

89 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:49:02.64 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

90 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:49:16.08 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

91 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:49:25.29 ID:4RSymjuRO
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

92 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:49:45.59 ID:Bf/8qaS40
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。


93 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:50:10.12 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

94 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:50:19.09 ID:4RSymjuRO
希望を持った醜い月詠と月詠腐は美しい桂様と銀時様の靴を舐めて媚び始めた。
豚より醜い二人を見て銀時様と桂様が吐き気を堪える。
そして美しく長い足で顔面を蹴飛ばした。
不細工月詠と月詠腐が奇声を上げて倒れたので灯油をまいて火をつけた。

95 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:50:38.29 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



96 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:51:06.29 ID:gU+xXm0H0
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

97 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:51:23.16 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

98 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:52:02.55 ID:Bf/8qaS40
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ




99 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:52:28.97 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

100 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:53:02.70 ID:Bf/8qaS40
100なら銀桂公式すぎて月詠脳味噌ぶちまけ

101 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:53:20.52 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

102 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:53:42.61 ID:gU+xXm0H0
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

103 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:53:47.10 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

104 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:54:04.19 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。



105 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:54:06.37 ID:gz89dJ/40
>>1
来週も月詠が可愛いので何よりです

106 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:54:20.74 ID:4RSymjuRO
泣いてる桂たん慰めちゃった銀ちゃん
桂たんテラヒロイン
桂たんは本当に優しくて強い子
「こんな想いをするのは俺だけで・・・」とか「ひっ、一人UNOだ・・・」とか
桂たんのそういう自分ひとりで抱え込んで耐えるところが
銀ちゃんにはたまらず愛おしい気持にさせるんだろうな
女顔美形細身なだけじゃなくて
桂たんが銀ちゃんに愛されてる理由がわかるよ

107 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:54:52.05 ID:Bf/8qaS40
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」
「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。


108 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:55:11.11 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

109 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:55:42.85 ID:Bf/8qaS40
>>105
::: |:: |:::  |         ―┼―┼―┼|:: i:: ト、::. 、::: i::  i::::   .:l:: i:::ノ:::}
::: |:: |::: i: |                    |:: |:: | ヽ:.、ヽ .|::  i:::    :!:: .l:'::::::l!
::: |:: |::: ハ:!    @        i      ヽ::i:: i  ヽ:. ヽ!:: .|::: i  :!: l::::::::l!
::: |:: |::: ! l!―==-、__      ij    u   ヽ:. i  __ヾ:: !:. l:::  l  !. !:::::i::!
::: ト、.!:: ! l     `¨`ヾ.、_,ノ       , ,_,,ィ、:!=''´¨ヽ::、 !:::i .l  l .i .::::!:l
::: ト、ヽ.ト、!ィ=====、-、::::::::::´        .::::::::::ヽ、___ \:.l:::::l .l .! ./.::i::l::!
::: |ミ、ヽメ´ ̄,ィ==.、`ヾ、ヽ::::. @      .:::: ,.'ィチ=ニニ¨¨゙ヾ、:::| l i / .:イ::l::!
::、 ト-イ〃 /,' ,ィニ、ヾ.、 ヾ.           /' /,ィ:::::ニ、ヽヽ  ヾ、! :! ,'/ :::/!::!:l
:::、 !゙《.   {::{::+++++、(@)ノ.:}    @            {::{::(@))::}  ,_ ! j/'  i' !:l:!
、::ヽ! ´ゝ,__乂ゝニニ--'‐.:      :::: ..      :..┴ー=ニ、.'ノ__ィミ !ノ.:  i  !:/
::\:.!  ´´¨¨´///////    .:::::::::.  、  ////////|¨¨``   l!:.:::i i  !'i
:::::;ヘ、  /////////////  .::::::::::::::.  ∨/////// ┼///   l!:::::i l  ! l
:::::!  ヽ ///////////   :::::::::::::::::   ∨/////// |//   l!!::::i /  ! l
::: |   ヽ     U      ::;;;;;:::ノ      ┼ u  l!:!::/′,' ! l
、: |    ++++            :::::::::::::::          |    ,'::::!/  ,' ! l
ヽ:|   i                              ┼   ,:::::ノ  ' ノ/
 ヽ  |j    88888                         |   /|::/|  i /
                _」」」」」」」」」_____     ナ  / !' .|  | /
\     」」」           /」::::::::::::::::::::::::::::::)ヽ      /   |  l,'
::::::\               ゝ.`二二二二二ン′    .イ     .!  /

このスレは月詠婆さんに監視されています



110 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:56:01.52 ID:gU+xXm0H0
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

111 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:56:11.62 ID:4RSymjuRO
銀桂萌える(*´Д`)ハアハア
もうマジで結婚しちゃえよ!
誰も突っ込まないよそれどころかまだして無かったの?とか言われちゃうよ

112 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:56:24.40 ID:gU+xXm0H0
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

113 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:56:48.45 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。


114 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:57:21.73 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

115 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:57:40.97 ID:4RSymjuRO
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

116 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:57:45.57 ID:Bf/8qaS40
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ:::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノ       ヽ.::::::::::::ヽ:::::|
      |:::::::/ ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄|:::::::|
      |=ロ   -=・=-     -=・=-  ロ=| アーッ!いいっ、いいっ!
      |::::::|       ノ           |:::::::| イベントノアトハ、ドウジンシデオナニーダッ!
      |::::::|       (● ●)       .|:::::::|
      |::::::|*∵∴    l l    ∴∴*.|::::::|
      |::::::|  ∵∴\______/∵∴ |::::::|
      |::::::|\     \____/    ./.|::::::|
      |::::::|  \________/  .|:::::::| 
        ̄   /`   ゜     ´\     ̄
          / ,へ    丶   ヽ \
          〈 〈 ( ・  .| ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|
          \ \|    |同人誌| |18禁|
            \ \  .|__.m| |____|
              ヽ \| | l|  |ヽ_ノ
              |\ |l| l|.| |l  |
            / ,巛 ~~\ クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ
           /  /      ヽ ヽ
           〈  〈       〉  〉
           \  \    / /
            (__)  (__)
月詠豚ふじょし(♀)
しゅうあくポケモン
タイプ:どく/ゴースト
たいちょう:1.39〜1.77m おもさ:50〜150kg
にんげんのくず。
キモ月詠関連の妄想を垂れ流すことを非常にこのむ。



117 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:58:34.09 ID:gU+xXm0H0
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

118 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:58:35.62 ID:Bf/8qaS40
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。
「ンーーーッ!?ンンーーーッッ!!!ヒ、あ、ぁ、んっ、フぁ、くひぃ!んあっ!あっ!ああっ!ヒゃ、んはぁっ!!ンぁあああんっ!!!」
覆い被さる銀時の皮膚に爪先が食い込む程強く抱き縋って、桂は間断無い喜悦の声を部屋中に響かせる。
獣そのものが出す、気違い染みた艶声。
官能を呼ぶ薬によって極限まで高められ、増長させられた肉の快感が急速に満たされていく事に、陸に上げられた魚を演じるが如くビクビク派手に身悶えする。
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


119 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:58:47.99 ID:4RSymjuRO
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

120 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:59:10.30 ID:Bf/8qaS40
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

来る日も来る日も、朝から晩まで休憩無しで輪姦調教。
出てくる飯は、生臭いドロドロのザー汁ぶっかけ飯で、お風呂は臭いのが消えちゃうから無し。排泄はヅラの恥ずかしい所が見たいから必ず人目のある所で。
うーん、こりゃ1ヶ月もしない内に、フィストからスカトロまで、それこそ馬姦でも何でもこなせちゃう立派な淫乱雌豚の公衆マゾ肉便器奴隷ヅラ君の出来上がりだろーな。
それこそ、朝起きたら自分から1番近くにあるチンポにチューチュー吸い付きにいく、ザーメン中毒の頭おかしーヅラ君。

「あっ、ああ、んほぉっ、ひぁ、んっ…いっ、嫌だぁ!嫌だ嫌だ嫌だそんなのっ…!?嫌だぁあ…!り、輪姦やだぁあああっ……!!!」
銀時は薄く微笑んでは、最低最悪の「もしも」の話、身の毛がよだつ程に淫靡で堕落したシチュエーションを桂に語る。
聞かされた桂は、嫌々と首を左右に振って反応した。
屈辱に塗れながら、好いてもいない男達に身体を弄り回される事。「嫌だ」「怖い」「気持ち悪い」。「銀時以外とは絶対に嫌だ」。叫んで答える。
「おっ、『銀さん以外とはイヤ〜』だなんて、可愛い事言ってくれんじゃん。
だよなー。俺も嫌だぜ、こんなに綺麗で気持ちイイヅラの身体、ポッと湧いたどこぞのジジィにカッ攫われて公衆便所にされちまうの。
だからさぁ、解ったらマジで反省しとけよ、今回の事。
攘夷も結構、世直しも結構、それに熱心なのも尚更結構だけどよ?……あんま心配かけさすンじゃねーぞ、馬鹿」
「!!…ぎん…っ…」
最後に付けられた『馬鹿』の2文字には、銀時から桂へ、言い知れようの無い様々な感情が含まれていた。

それを受けて、桂はギュッと硬く両目をつむる。
御免、とその日何度目になるか分からない詫びの単語を、その日1番の想いを込めて呟いた。相手の背に追い縋る腕の力を一層強くする。
桂はそうやって閉じた目蓋の裏、電話を受けてから桂の元へかけ参じる間、銀時が心中で渦巻かせただろう想いの全てを推し量って、心の底から申し訳無いと思った。
あの時、自分が銀時に感じさせてしまった不安と悲しみは、如何ばかりか。
御免。心配させて御免、銀時。
繰り返す桂に、銀時は少しの間を挟んでから、
「ホント馬鹿」
囁き声で返した。
何となく、髪を斬り落とされたいつかの桂の姿を胸中に過ぎらせて。


121 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:59:33.00 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

122 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:59:47.48 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

123 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 22:59:58.92 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

124 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:00:13.61 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

125 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:00:31.75 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

126 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:00:46.18 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

127 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:00:56.73 ID:gU+xXm0H0
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

128 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:01:14.43 ID:gU+xXm0H0
希望を持った醜い月詠と月詠腐は美しい桂様と銀時様の靴を舐めて媚び始めた。
豚より醜い二人を見て銀時様と桂様が吐き気を堪える。
そして美しく長い足で顔面を蹴飛ばした。
不細工月詠と月詠腐が奇声を上げて倒れたので灯油をまいて火をつけた。

129 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:01:27.22 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

130 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:01:40.37 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

131 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:02:30.44 ID:Bf/8qaS40
「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」
「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。
「ンーーーッ!?ンンーーーッッ!!!ヒ、あ、ぁ、んっ、フぁ、くひぃ!んあっ!あっ!ああっ!ヒゃ、んはぁっ!!ンぁあああんっ!!!」
覆い被さる銀時の皮膚に爪先が食い込む程強く抱き縋って、桂は間断無い喜悦の声を部屋中に響かせる。
獣そのものが出す、気違い染みた艶声。
官能を呼ぶ薬によって極限まで高められ、増長させられた肉の快感が急速に満たされていく事に、陸に上げられた魚を演じるが如くビクビク派手に身悶えする。
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。


132 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:02:39.22 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

133 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:02:43.30 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

134 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:03:19.33 ID:4RSymjuRO
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

135 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:03:23.61 ID:Bf/8qaS40
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。


136 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:03:42.04 ID:gU+xXm0H0
泣いてる桂たん慰めちゃった銀ちゃん
桂たんテラヒロイン
桂たんは本当に優しくて強い子
「こんな想いをするのは俺だけで・・・」とか「ひっ、一人UNOだ・・・」とか
桂たんのそういう自分ひとりで抱え込んで耐えるところが
銀ちゃんにはたまらず愛おしい気持にさせるんだろうな
女顔美形細身なだけじゃなくて
桂たんが銀ちゃんに愛されてる理由がわかるよ

137 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:03:54.30 ID:4RSymjuRO
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

138 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:04:31.26 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

139 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:05:06.86 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

140 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:05:20.83 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

141 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:07:09.83 ID:4RSymjuRO
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

142 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:08:55.98 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

143 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:09:07.05 ID:4RSymjuRO
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

144 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:10:01.03 ID:4RSymjuRO
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

145 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:10:19.00 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

146 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:10:46.96 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

147 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:10:59.51 ID:gU+xXm0H0
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

148 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:11:11.01 ID:4RSymjuRO
銀桂萌える(*´Д`)ハアハア
もうマジで結婚しちゃえよ!
誰も突っ込まないよそれどころかまだして無かったの?とか言われちゃうよ

149 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:11:32.14 ID:gU+xXm0H0
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

150 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:11:41.23 ID:4RSymjuRO
希望を持った醜い月詠と月詠腐は美しい桂様と銀時様の靴を舐めて媚び始めた。
豚より醜い二人を見て銀時様と桂様が吐き気を堪える。
そして美しく長い足で顔面を蹴飛ばした。
不細工月詠と月詠腐が奇声を上げて倒れたので灯油をまいて火をつけた。

151 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:12:10.01 ID:4RSymjuRO
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

152 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:13:25.20 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

153 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:14:58.81 ID:Bf/8qaS40
映画第二弾も決定

これのメインヒロインも桂たんだし

銀さんと桂の濃いエロシーンと子作り描写もあるらしい

http://decojiro.net/page/12811/ http://gazo.melga.jp/img/01b0e_135767/%E9%8A%80%E6%A1%82_bg.jpeg



154 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:15:27.04 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

155 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:15:45.42 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

156 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:16:55.56 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

157 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:17:16.14 ID:Bf/8qaS40
月詠婆の雑魚キャラ化が進んでいてざまぁああああwwww

やはり真のヒロインは美しい桂様しかありえない

これが証明している

http://gazo.melga.jp/img/01b0e_135767/%E9%8A%80%E6%A1%82_bg.jpeg


158 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:18:05.08 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

159 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:18:12.67 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

160 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:18:18.83 ID:Bf/8qaS40
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

161 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:18:58.51 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

162 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:19:12.75 ID:4RSymjuRO
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

163 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:19:36.60 ID:4RSymjuRO
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

164 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:19:42.55 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

165 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:19:59.20 ID:gU+xXm0H0
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

166 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:20:15.89 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

167 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:20:50.04 ID:4RSymjuRO
泣いてる桂たん慰めちゃった銀ちゃん
桂たんテラヒロイン
桂たんは本当に優しくて強い子
「こんな想いをするのは俺だけで・・・」とか「ひっ、一人UNOだ・・・」とか
桂たんのそういう自分ひとりで抱え込んで耐えるところが
銀ちゃんにはたまらず愛おしい気持にさせるんだろうな
女顔美形細身なだけじゃなくて
桂たんが銀ちゃんに愛されてる理由がわかるよ

168 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:20:57.77 ID:4RSymjuRO
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

169 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:20:59.47 ID:Bf/8qaS40
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。



170 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:21:21.76 ID:4RSymjuRO
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

171 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:21:39.93 ID:gU+xXm0H0
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

172 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:22:19.60 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

173 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:22:32.03 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

174 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:22:55.28 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

175 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:23:21.13 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

176 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:23:50.93 ID:4RSymjuRO
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

177 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:24:07.70 ID:Bf/8qaS40
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」
「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!


178 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:24:27.91 ID:4RSymjuRO
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

179 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:24:51.95 ID:gU+xXm0H0
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

180 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:25:02.36 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

181 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:25:20.27 ID:Bf/8qaS40
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。
「ンーーーッ!?ンンーーーッッ!!!ヒ、あ、ぁ、んっ、フぁ、くひぃ!んあっ!あっ!ああっ!ヒゃ、んはぁっ!!ンぁあああんっ!!!」
覆い被さる銀時の皮膚に爪先が食い込む程強く抱き縋って、桂は間断無い喜悦の声を部屋中に響かせる。
獣そのものが出す、気違い染みた艶声。
官能を呼ぶ薬によって極限まで高められ、増長させられた肉の快感が急速に満たされていく事に、陸に上げられた魚を演じるが如くビクビク派手に身悶えする。
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。



182 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:25:40.06 ID:gU+xXm0H0
希望を持った醜い月詠と月詠腐は美しい桂様と銀時様の靴を舐めて媚び始めた。
豚より醜い二人を見て銀時様と桂様が吐き気を堪える。
そして美しく長い足で顔面を蹴飛ばした。
不細工月詠と月詠腐が奇声を上げて倒れたので灯油をまいて火をつけた。

183 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:25:44.99 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

184 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:25:56.86 ID:gU+xXm0H0
銀桂萌える(*´Д`)ハアハア
もうマジで結婚しちゃえよ!
誰も突っ込まないよそれどころかまだして無かったの?とか言われちゃうよ

185 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:26:06.80 ID:gU+xXm0H0
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

186 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:26:16.81 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

187 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:27:01.68 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

188 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:27:28.47 ID:Bf/8qaS40
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」
「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!

189 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:27:50.66 ID:4RSymjuRO
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

190 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:28:13.18 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

191 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:29:57.21 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐


192 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:33:16.32 ID:Bf/8qaS40
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。

193 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:33:46.99 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐


194 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:34:13.95 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

195 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:35:09.78 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐


196 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:35:13.84 ID:Bf/8qaS40
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

197 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:35:40.41 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

198 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:35:52.25 ID:gU+xXm0H0
泣いてる桂たん慰めちゃった銀ちゃん
桂たんテラヒロイン
桂たんは本当に優しくて強い子
「こんな想いをするのは俺だけで・・・」とか「ひっ、一人UNOだ・・・」とか
桂たんのそういう自分ひとりで抱え込んで耐えるところが
銀ちゃんにはたまらず愛おしい気持にさせるんだろうな
女顔美形細身なだけじゃなくて
桂たんが銀ちゃんに愛されてる理由がわかるよ

199 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:36:02.15 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

200 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:36:12.74 ID:4RSymjuRO
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

201 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:36:26.92 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

202 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:36:37.07 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

203 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:36:49.90 ID:gU+xXm0H0
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

204 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:36:54.80 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

205 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:37:26.48 ID:gU+xXm0H0
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

206 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:37:43.62 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

207 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:38:11.51 ID:Bf/8qaS40
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」
「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!

208 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:38:43.79 ID:gU+xXm0H0
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

209 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:38:48.73 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

210 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:39:00.37 ID:gU+xXm0H0
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

211 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:39:11.46 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

212 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:39:14.45 ID:Bf/8qaS40
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。
「ンーーーッ!?ンンーーーッッ!!!ヒ、あ、ぁ、んっ、フぁ、くひぃ!んあっ!あっ!ああっ!ヒゃ、んはぁっ!!ンぁあああんっ!!!」
覆い被さる銀時の皮膚に爪先が食い込む程強く抱き縋って、桂は間断無い喜悦の声を部屋中に響かせる。
獣そのものが出す、気違い染みた艶声。
官能を呼ぶ薬によって極限まで高められ、増長させられた肉の快感が急速に満たされていく事に、陸に上げられた魚を演じるが如くビクビク派手に身悶えする。
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。

213 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:39:37.64 ID:gU+xXm0H0
銀桂萌える(*´Д`)ハアハア
もうマジで結婚しちゃえよ!
誰も突っ込まないよそれどころかまだして無かったの?とか言われちゃうよ

214 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:39:47.04 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

215 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:39:55.19 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

216 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:40:12.22 ID:gU+xXm0H0
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

217 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:40:27.47 ID:Bf/8qaS40
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。

218 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:40:46.46 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

219 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:41:37.63 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

220 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:41:37.64 ID:Bf/8qaS40
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

221 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:42:05.31 ID:gU+xXm0H0
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

222 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:42:30.87 ID:Bf/8qaS40
「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」
「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。
「ンーーーッ!?ンンーーーッッ!!!ヒ、あ、ぁ、んっ、フぁ、くひぃ!んあっ!あっ!ああっ!ヒゃ、んはぁっ!!ンぁあああんっ!!!」
覆い被さる銀時の皮膚に爪先が食い込む程強く抱き縋って、桂は間断無い喜悦の声を部屋中に響かせる。
獣そのものが出す、気違い染みた艶声。
官能を呼ぶ薬によって極限まで高められ、増長させられた肉の快感が急速に満たされていく事に、陸に上げられた魚を演じるが如くビクビク派手に身悶えする。
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。

223 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:42:45.35 ID:4RSymjuRO
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

224 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:43:04.78 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

225 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:43:18.31 ID:Bf/8qaS40
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

226 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:43:34.67 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

227 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:44:06.79 ID:Bf/8qaS40
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

来る日も来る日も、朝から晩まで休憩無しで輪姦調教。
出てくる飯は、生臭いドロドロのザー汁ぶっかけ飯で、お風呂は臭いのが消えちゃうから無し。排泄はヅラの恥ずかしい所が見たいから必ず人目のある所で。
うーん、こりゃ1ヶ月もしない内に、フィストからスカトロまで、それこそ馬姦でも何でもこなせちゃう立派な淫乱雌豚の公衆マゾ肉便器奴隷ヅラ君の出来上がりだろーな。
それこそ、朝起きたら自分から1番近くにあるチンポにチューチュー吸い付きにいく、ザーメン中毒の頭おかしーヅラ君。

「あっ、ああ、んほぉっ、ひぁ、んっ…いっ、嫌だぁ!嫌だ嫌だ嫌だそんなのっ…!?嫌だぁあ…!り、輪姦やだぁあああっ……!!!」
銀時は薄く微笑んでは、最低最悪の「もしも」の話、身の毛がよだつ程に淫靡で堕落したシチュエーションを桂に語る。
聞かされた桂は、嫌々と首を左右に振って反応した。
屈辱に塗れながら、好いてもいない男達に身体を弄り回される事。「嫌だ」「怖い」「気持ち悪い」。「銀時以外とは絶対に嫌だ」。叫んで答える。
「おっ、『銀さん以外とはイヤ〜』だなんて、可愛い事言ってくれんじゃん。
だよなー。俺も嫌だぜ、こんなに綺麗で気持ちイイヅラの身体、ポッと湧いたどこぞのジジィにカッ攫われて公衆便所にされちまうの。
だからさぁ、解ったらマジで反省しとけよ、今回の事。
攘夷も結構、世直しも結構、それに熱心なのも尚更結構だけどよ?……あんま心配かけさすンじゃねーぞ、馬鹿」
「!!…ぎん…っ…」
最後に付けられた『馬鹿』の2文字には、銀時から桂へ、言い知れようの無い様々な感情が含まれていた。

それを受けて、桂はギュッと硬く両目をつむる。
御免、とその日何度目になるか分からない詫びの単語を、その日1番の想いを込めて呟いた。相手の背に追い縋る腕の力を一層強くする。
桂はそうやって閉じた目蓋の裏、電話を受けてから桂の元へかけ参じる間、銀時が心中で渦巻かせただろう想いの全てを推し量って、心の底から申し訳無いと思った。
あの時、自分が銀時に感じさせてしまった不安と悲しみは、如何ばかりか。
御免。心配させて御免、銀時。
繰り返す桂に、銀時は少しの間を挟んでから、

228 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:44:19.93 ID:gU+xXm0H0
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

229 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:44:29.09 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

230 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:44:37.91 ID:4RSymjuRO
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

231 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:45:24.93 ID:4RSymjuRO
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

232 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:45:46.45 ID:gU+xXm0H0
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

233 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:46:31.05 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

234 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:46:45.04 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

235 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:47:24.43 ID:4RSymjuRO
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

236 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:47:51.71 ID:4RSymjuRO
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

237 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:48:48.78 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

238 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:49:04.01 ID:gU+xXm0H0
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

239 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:49:16.03 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

240 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:49:23.80 ID:4RSymjuRO
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

241 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:49:40.11 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

242 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:49:54.70 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

243 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:50:11.73 ID:gU+xXm0H0
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

244 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:50:24.78 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

245 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:50:37.89 ID:gU+xXm0H0
再来週から桂たんヒロイン銀木犀編か
月詠とさっちゃん自殺

銀時&桂
俺たち子供ができました



【銀木犀編ネタバレ】
ふたりの唇が糸を引いて名残惜しそうに離れる。
夏の濃密な夜の空気。
息継ぎをする桂の吐息を呑み込むように、再び銀時は桂の唇を貪る。
「銀時・・・ッ こんなのいやっ」
口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。
銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。
「あう・・・ん」
思わず甘い声を漏らす桂。
何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

246 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:51:12.89 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

247 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:51:26.20 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

248 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:51:54.32 ID:gU+xXm0H0
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

249 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:52:28.59 ID:gU+xXm0H0
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

250 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:52:47.29 ID:gU+xXm0H0
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

251 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:52:58.66 ID:gU+xXm0H0
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

252 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:53:13.76 ID:4RSymjuRO
銀桂萌える(*´Д`)ハアハア
もうマジで結婚しちゃえよ!
誰も突っ込まないよそれどころかまだして無かったの?とか言われちゃうよ

253 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:53:26.47 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

254 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:53:43.47 ID:gU+xXm0H0
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

255 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:54:03.21 ID:4RSymjuRO
泣いてる桂たん慰めちゃった銀ちゃん
桂たんテラヒロイン
桂たんは本当に優しくて強い子
「こんな想いをするのは俺だけで・・・」とか「ひっ、一人UNOだ・・・」とか
桂たんのそういう自分ひとりで抱え込んで耐えるところが
銀ちゃんにはたまらず愛おしい気持にさせるんだろうな
女顔美形細身なだけじゃなくて
桂たんが銀ちゃんに愛されてる理由がわかるよ

256 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:55:02.26 ID:4RSymjuRO
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

257 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:55:33.76 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

258 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:55:51.87 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

259 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:56:23.21 ID:Bf/8qaS40
銀時「ヅラァ、おまえさァ、他人からどういう風に見られてるのかわかってんの?
自覚なさそうだから身体に教え込んでやるよ、股ひらけ」


260 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:57:00.01 ID:gU+xXm0H0
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

261 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:57:06.88 ID:4RSymjuRO
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

262 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:57:28.25 ID:gU+xXm0H0
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

263 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:57:40.51 ID:4RSymjuRO
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

264 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:57:56.53 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

265 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:58:31.53 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

266 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:58:40.87 ID:gU+xXm0H0
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。

267 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:58:43.70 ID:Bf/8qaS40
銀さんは常に自問自答し続けてるよ
自分探しの旅だよ
セクロス中いきなりヅラたんが妄想始めて
何でこんなウザいの抱いてんだ…とか思うけどやっぱりチンチンは萎えないんだよ


268 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/18(土) 23:59:44.59 ID:Bf/8qaS40
紅桜編ラストの銀桂パラシュート、
あれ、下からの潮風だの爆風だの上着脱いだ薄着状態だったりだので
銀さんがヅラたんのケツに抱きついてなかったら
確実に袂がパラシュート並みに風に煽られて拡がって
ヅラたんの生足拝めたハズなんだよな

ヅラたんの下半身の感触は独り占めだわ絶対領域は死守するわで
何この銀さんの抜け目ない攻守一体っぷり


269 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:00:22.91 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

270 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:00:31.92 ID:4RSymjuRO
美しい桂様はその腐臭に耐えながらも奇形月詠腐飴を
雁字搦めにして全身の骨をバキバキに粉砕して絶命させた。
噴き出した血が実に汚らわしかったので森の奥の湖で念入りに洗った。


美しい桂様はその豪腕で月詠のなけなしの誇りでもある頭髪を毟りとった。
裏側のもろい頭蓋までパックリ割れたが、臭いが酷かったので手間が省けて好都合だった。
重力を伴った急降下ボディプレスでとどめを刺すと
月詠は軟体動物のごとくグニャグニャに歪んで潰れた。
体に付着した臭いが実に汚らわしかったので殺菌した。


美しい桂様は不細工月詠腐飴を斬りつけた。
直撃を受けた不細工月詠腐飴はどうなったかというと、跡形も無く消えていた。
かろうじて、不細工月詠腐飴の肉片がいくつか確認できる程度だった。

271 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:01:00.33 ID:XEs96Nw1O
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

272 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:01:01.57 ID:TeAcF58T0
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」


273 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:01:28.63 ID:4RSymjuRO
銀時の腹上、馬乗りになった桂が、それまで辛うじて身体に引っ掛けていた最後の1枚、薄い肌襦袢から両腕を抜く。
パサリ。軽い布が落ちる音に合わせて、惜しげも無く晒される桂の裸身。白磁の肌は茹った如くに赤く色づき、無数の汗が浮かんでいた。
露になった桂の全身を頭からつま先まで、銀時はあくまで平静な眼差しで見回す。
「ふーん。上も下も完全にビンビンじゃん。……へぇ何、お漏らしもしてんだ?」
「っ!?」
全体が僅かに膨らんだ薄い胸板の先端で硬くしこりを帯びる、2つの小さな尖り。
股座の中心、性器は見る者の目に痛い程パンパンに勃起した状態で、腹に刺さる勢いで反り返っていて……、そして薬の影響なのか、完全に開ききって閉じる事を忘れた鈴口から、濁った透明色をした水のような粘液がトクトクと止まる事知らずで噴き出ていた。
粗相では無いが、ソレに近かった。
盛りのついた自身の身体を銀時の視線がジロジロと撫で回し、次いでからかわれる事に、桂は益々カーッと全身の血を沸かせる。
羞恥と、それによる被虐の快感。ブルリと一度、肢体を大きく震わせた。
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。

274 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:03:00.05 ID:Bf/8qaS40
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

来る日も来る日も、朝から晩まで休憩無しで輪姦調教。
出てくる飯は、生臭いドロドロのザー汁ぶっかけ飯で、お風呂は臭いのが消えちゃうから無し。排泄はヅラの恥ずかしい所が見たいから必ず人目のある所で。
うーん、こりゃ1ヶ月もしない内に、フィストからスカトロまで、それこそ馬姦でも何でもこなせちゃう立派な淫乱雌豚の公衆マゾ肉便器奴隷ヅラ君の出来上がりだろーな。
それこそ、朝起きたら自分から1番近くにあるチンポにチューチュー吸い付きにいく、ザーメン中毒の頭おかしーヅラ君。

「あっ、ああ、んほぉっ、ひぁ、んっ…いっ、嫌だぁ!嫌だ嫌だ嫌だそんなのっ…!?嫌だぁあ…!り、輪姦やだぁあああっ……!!!」
銀時は薄く微笑んでは、最低最悪の「もしも」の話、身の毛がよだつ程に淫靡で堕落したシチュエーションを桂に語る。
聞かされた桂は、嫌々と首を左右に振って反応した。
屈辱に塗れながら、好いてもいない男達に身体を弄り回される事。「嫌だ」「怖い」「気持ち悪い」。「銀時以外とは絶対に嫌だ」。叫んで答える。
「おっ、『銀さん以外とはイヤ〜』だなんて、可愛い事言ってくれんじゃん。
だよなー。俺も嫌だぜ、こんなに綺麗で気持ちイイヅラの身体、ポッと湧いたどこぞのジジィにカッ攫われて公衆便所にされちまうの。
だからさぁ、解ったらマジで反省しとけよ、今回の事。
攘夷も結構、世直しも結構、それに熱心なのも尚更結構だけどよ?……あんま心配かけさすンじゃねーぞ、馬鹿」
「!!…ぎん…っ…」
最後に付けられた『馬鹿』の2文字には、銀時から桂へ、言い知れようの無い様々な感情が含まれていた。

それを受けて、桂はギュッと硬く両目をつむる。
御免、とその日何度目になるか分からない詫びの単語を、その日1番の想いを込めて呟いた。相手の背に追い縋る腕の力を一層強くする。
桂はそうやって閉じた目蓋の裏、電話を受けてから桂の元へかけ参じる間、銀時が心中で渦巻かせただろう想いの全てを推し量って、心の底から申し訳無いと思った。
あの時、自分が銀時に感じさせてしまった不安と悲しみは、如何ばかりか。
御免。心配させて御免、銀時。


275 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:03:57.13 ID:TeAcF58T0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

276 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:04:16.89 ID:XEs96Nw1O
希望を持った醜い月詠と月詠腐は美しい桂様と銀時様の靴を舐めて媚び始めた。
豚より醜い二人を見て銀時様と桂様が吐き気を堪える。
そして美しく長い足で顔面を蹴飛ばした。
不細工月詠と月詠腐が奇声を上げて倒れたので灯油をまいて火をつけた。

277 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:05:04.38 ID:TeAcF58T0
「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」
「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。
「ンーーーッ!?ンンーーーッッ!!!ヒ、あ、ぁ、んっ、フぁ、くひぃ!んあっ!あっ!ああっ!ヒゃ、んはぁっ!!ンぁあああんっ!!!」
覆い被さる銀時の皮膚に爪先が食い込む程強く抱き縋って、桂は間断無い喜悦の声を部屋中に響かせる。
獣そのものが出す、気違い染みた艶声。
官能を呼ぶ薬によって極限まで高められ、増長させられた肉の快感が急速に満たされていく事に、陸に上げられた魚を演じるが如くビクビク派手に身悶えする。
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。

278 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:05:18.33 ID:XEs96Nw1O
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

279 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:06:21.15 ID:XEs96Nw1O
[54]風と木の名無しさん [] 2012/02/10(金) 06:54:48.03 ID:gVWS3V200
AAS
桂たん超美形だよ桂たん。髪切っちゃった時は女神かと思っちまった。
どうでもいいが腐女子は本当に美形キャラ桂たん叩くよな。
幼馴染がカップルになるって設定気にしてるんだなやはり空知の公式幼馴染ヒロイン設定GJと言わざるを得ない。
私の友達にババア月詠腐みたいなのいなくて心底良かったぜ。

280 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:06:28.28 ID:TeAcF58T0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

281 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:07:13.94 ID:TeAcF58T0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

282 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:07:50.06 ID:XEs96Nw1O
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

283 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:08:39.54 ID:XEs96Nw1O
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

284 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:09:47.66 ID:TeAcF58T0
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

来る日も来る日も、朝から晩まで休憩無しで輪姦調教。
出てくる飯は、生臭いドロドロのザー汁ぶっかけ飯で、お風呂は臭いのが消えちゃうから無し。排泄はヅラの恥ずかしい所が見たいから必ず人目のある所で。
うーん、こりゃ1ヶ月もしない内に、フィストからスカトロまで、それこそ馬姦でも何でもこなせちゃう立派な淫乱雌豚の公衆マゾ肉便器奴隷ヅラ君の出来上がりだろーな。
それこそ、朝起きたら自分から1番近くにあるチンポにチューチュー吸い付きにいく、ザーメン中毒の頭おかしーヅラ君。

「あっ、ああ、んほぉっ、ひぁ、んっ…いっ、嫌だぁ!嫌だ嫌だ嫌だそんなのっ…!?嫌だぁあ…!り、輪姦やだぁあああっ……!!!」
銀時は薄く微笑んでは、最低最悪の「もしも」の話、身の毛がよだつ程に淫靡で堕落したシチュエーションを桂に語る。
聞かされた桂は、嫌々と首を左右に振って反応した。
屈辱に塗れながら、好いてもいない男達に身体を弄り回される事。「嫌だ」「怖い」「気持ち悪い」。「銀時以外とは絶対に嫌だ」。叫んで答える。
「おっ、『銀さん以外とはイヤ〜』だなんて、可愛い事言ってくれんじゃん。
だよなー。俺も嫌だぜ、こんなに綺麗で気持ちイイヅラの身体、ポッと湧いたどこぞのジジィにカッ攫われて公衆便所にされちまうの。
だからさぁ、解ったらマジで反省しとけよ、今回の事。
攘夷も結構、世直しも結構、それに熱心なのも尚更結構だけどよ?……あんま心配かけさすンじゃねーぞ、馬鹿」
「!!…ぎん…っ…」
最後に付けられた『馬鹿』の2文字には、銀時から桂へ、言い知れようの無い様々な感情が含まれていた。

それを受けて、桂はギュッと硬く両目をつむる。
御免、とその日何度目になるか分からない詫びの単語を、その日1番の想いを込めて呟いた。相手の背に追い縋る腕の力を一層強くする。
桂はそうやって閉じた目蓋の裏、電話を受けてから桂の元へかけ参じる間、銀時が心中で渦巻かせただろう想いの全てを推し量って、心の底から申し訳無いと思った。
あの時、自分が銀時に感じさせてしまった不安と悲しみは、如何ばかりか。
御免。心配させて御免、銀時。

285 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:10:07.66 ID:XEs96Nw1O
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

286 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:10:22.05 ID:TeAcF58T0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ:::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノ       ヽ.::::::::::::ヽ:::::|
      |:::::::/ ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄|:::::::|
      |=ロ   -=・=-     -=・=-  ロ=| アーッ!いいっ、いいっ!
      |::::::|       ノ           |:::::::| イベントノアトハ、ドウジンシデオナニーダッ!
      |::::::|       (● ●)       .|:::::::|
      |::::::|*∵∴    l l    ∴∴*.|::::::|
      |::::::|  ∵∴\______/∵∴ |::::::|
      |::::::|\     \____/    ./.|::::::|
      |::::::|  \________/  .|:::::::| 
        ̄   /`   ゜     ´\     ̄
          / ,へ    丶   ヽ \
          〈 〈 ( ・  .| ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|
          \ \|    |同人誌| |18禁|
            \ \  .|__.m| |____|
              ヽ \| | l|  |ヽ_ノ
              |\ |l| l|.| |l  |
            / ,巛 ~~\ クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ
           /  /      ヽ ヽ
           〈  〈       〉  〉
           \  \    / /
            (__)  (__)
月詠豚ふじょし(♀)
しゅうあくポケモン
タイプ:どく/ゴースト
たいちょう:1.39〜1.77m おもさ:50〜150kg
にんげんのくず。
キモ月詠関連の妄想を垂れ流すことを非常にこのむ。

287 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:11:04.27 ID:XEs96Nw1O
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

288 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:11:13.60 ID:TeAcF58T0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。


289 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:11:45.43 ID:TeAcF58T0
::: |:: |:::  |         ―┼―┼―┼|:: i:: ト、::. 、::: i::  i::::   .:l:: i:::ノ:::}
::: |:: |::: i: |                    |:: |:: | ヽ:.、ヽ .|::  i:::    :!:: .l:'::::::l!
::: |:: |::: ハ:!    @        i      ヽ::i:: i  ヽ:. ヽ!:: .|::: i  :!: l::::::::l!
::: |:: |::: ! l!―==-、__      ij    u   ヽ:. i  __ヾ:: !:. l:::  l  !. !:::::i::!
::: ト、.!:: ! l     `¨`ヾ.、_,ノ       , ,_,,ィ、:!=''´¨ヽ::、 !:::i .l  l .i .::::!:l
::: ト、ヽ.ト、!ィ=====、-、::::::::::´        .::::::::::ヽ、___ \:.l:::::l .l .! ./.::i::l::!
::: |ミ、ヽメ´ ̄,ィ==.、`ヾ、ヽ::::. @      .:::: ,.'ィチ=ニニ¨¨゙ヾ、:::| l i / .:イ::l::!
::、 ト-イ〃 /,' ,ィニ、ヾ.、 ヾ.           /' /,ィ:::::ニ、ヽヽ  ヾ、! :! ,'/ :::/!::!:l
:::、 !゙《.   {::{::+++++、(@)ノ.:}    @            {::{::(@))::}  ,_ ! j/'  i' !:l:!
、::ヽ! ´ゝ,__乂ゝニニ--'‐.:      :::: ..      :..┴ー=ニ、.'ノ__ィミ !ノ.:  i  !:/
::\:.!  ´´¨¨´///////    .:::::::::.  、  ////////|¨¨``   l!:.:::i i  !'i
:::::;ヘ、  /////////////  .::::::::::::::.  ∨/////// ┼///   l!:::::i l  ! l
:::::!  ヽ ///////////   :::::::::::::::::   ∨/////// |//   l!!::::i /  ! l
::: |   ヽ     U      ::;;;;;:::ノ      ┼ u  l!:!::/′,' ! l
、: |    ++++            :::::::::::::::          |    ,'::::!/  ,' ! l
ヽ:|   i                              ┼   ,:::::ノ  ' ノ/
 ヽ  |j    88888                         |   /|::/|  i /
                _」」」」」」」」」_____     ナ  / !' .|  | /
\     」」」           /」::::::::::::::::::::::::::::::)ヽ      /   |  l,'
::::::\               ゝ.`二二二二二ン′    .イ     .!  /

このスレは月詠婆さんに監視されています


290 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:12:01.40 ID:XEs96Nw1O
          /:::::::::::::::/ヘ::::::::::::::::::\
          /::::ノ (::::::://∩ヽ、:::::::::::::::ヽ
         /::::::::⌒::::::/./  ヽ l:::::::ノ (:::ヽ
        /:::::::/:::::::::ノ /、,l,t,y l ヽ:::::⌒:::::ヽ
        .l:::::::/ ̄ ̄ノ .ノヽilリ!ノ | ヘ ̄|::::::ヽ
        |=ロイ《:・:》シ )     イ《::・::》ロ=l
   /^ ̄ ̄|::::::|´';、 _ノ.ノ∴)o(∴:ヾ-ン゙`|:::::::| ̄ ̄^\
 /  __|::::::|  / ./  /  `i  ヽ ヽ |:::::::|__  \
 l  /   |::::::| .l  l   /j l|! .i\ } .| |:::::::|   \   l
.mmっ   |::::::|  l  /  |./_-.ー_/| | l .|:::::::|   ιmm
       |::::::|   | ヽ  |::::::::::::::::l./ / /|:::::::|
       |::::::|ヽ  ヽ .ゝ、|::::::::::::U /  .|:::::::|
       |::::::|/\ \ ヘ:::::::::://  /.|::::::::|
       |::::::|   \ `U`、//  /  |::::::::|
       /     /ヘ  \/  /\     ヽ、
       /    /   \   /   \    ヘ
      (    /      U、/      Υ    )
      |   l               l    |
      .|  |                .|   |
       | |               .|  |
      ccccC               Ccccc
           
                月詠腐の惨状

291 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:12:33.01 ID:TeAcF58T0
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」
「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。

292 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:12:49.72 ID:XEs96Nw1O
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

293 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:13:40.56 ID:TeAcF58T0
        /:::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ::::::::::::::::::::::::丶
      |::::::::::::::::::::::::::::/ 、,l,.,.t,y ヽ::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::/::::::::::::ノヽ il リ!ノノ ヽ.::::::::::::::::|       
      |:::::::/ ̄ ̄、、、ェ_ヘ ::::::::::テ、、、 ̄ ̄|:::::::|            はぁはぁ
      |=ロ  イ《:・:》シ l::::::::::::{イ《::・::》 ロ=|
      |::::::|  ´';、 _ノ  ノ  ヽ ヾーン゙` |:::::::|
      |::::::|       (_0,_,0_)、    .|:::::::|  
      |::::::|*∵∴ノ  Ul l  \ ∴*.|::::::| 
      |::::::| ∵∴i  トェェェェェェェイ ∵∴ |::::::|
      |::::::|    ││::.:.:.:.:.:.:.:.:││   |::::::|
      |::::::|   U ! ヾエエエエエE´    |::::::|   
      |::::::|\    ゝ、:::::::::::  '  U /|::::::|     はぁはぁ、ツッキーー!!
      |::::::|  \____U___/ |:::::::|  
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●
      (●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   (●)(●)(●)(●))(●)(●)(●),,r==、(●)(●)(●)
   __(●)(●)((●)((●))(●)(●)(●)ii● l(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●)(●゙'‐='"(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●,,r==、(●))(●)(◎)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)((ii ,●l)(●))(●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)
   __(●)(●゙'‐='"((●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)__
 /  (●)(●)(●)(●)(●))(●)(●,,r==、(●)(●)(●)(●)   \
   _ (●)(●)(●)(●)(●)(●)(●)ii ● ))(●)(●)(●)(●)_
 /  (●)(●)(丿"~"i i(●)(●)(●)゙'‐='"(●)(●)(●)(●)  \
    _(●)(●)(",, )(X)ヽヽ(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
      (●)(●)\ ヽXヽヽ(●))(●)(●)(≡)(≡)(●)(●)
   __(●)(●)((●\ヽ Xヽヽ(●)((●))(●)(●)(ミ)(●)__
 /  (●)(●),,r==、)( \,",",ソ●(●))(●),,r==、●)(●)   \
   _ (●)(●)ii ,●l)(●)(●)(●)(●)))(●ii● ;)(●)(●)_
 /  (●)(●)゙'‐='"(●)(●))(●)(●)(●))((゙'‐='"(●)(●)  \
    _(●)(●)●)(●)(●))(●)(●)(●))(●)(●)(●)(●)_
  /  (l●)(●)(●),,r==、)(●)(●)(●)(,,r==、)(●)(●l;)  \
  | .  (l;●)(●)(● ,● ))(●))(●)(●)ii ● l)(●)(●)    |
  |  . (0●)(●)(●゙'‐='"●))(●)(●)(゙'‐='"(●))(●)O)    |
  ,;;    (:●)●)(●)(●)(●)(●)(●)(●))(●))(●;)      。
       (о●)(●))(●)(●))(●)(●)(●)(●)●》)
         ( ;●ξ巛:)( ;●ξ(●)(●,--'""ヽ●:( ;)
           巛巛ミ巛ミミミ//二二ノ""^ソ彡
             巛((ミミ((巛ヘ`\┼┼┼ ,!ヽ
                 巛王 \"ヽ-;:,,,,,,ノ /'    
                       \,,,,,__,,,ノ


294 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:14:14.54 ID:TeAcF58T0
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。


295 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:14:21.41 ID:XEs96Nw1O
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

296 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:15:05.18 ID:TeAcF58T0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。


297 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:15:09.32 ID:XEs96Nw1O
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

298 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:16:12.52 ID:XEs96Nw1O
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

299 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:16:30.13 ID:TeAcF58T0
「ハァ、…ぁハァ、っ…っ……ぎ、銀時っ」
柳眉をひそめながらに哀願する、切なげな瞳。
男の名を呼ぶと、桂が意を決したように膝を曲げて身を低くした。
「……んっ、…っ」
ムニュ。…クパァ。
真っ赤な顔で歯を食い縛り、両手を背後に伸ばす。
その動きで弾力のある滑らかな自身の尻たぶを掴み、割り開いて開帳させる。
たちまち、外気に晒される淡く色付いた蕾。
ヒクリヒクリと小刻みに動くのは、当たる冷えた空気の所為か。それとも。
積極的な口淫奉仕から潤いと興奮を得ている銀時の陰茎の上、桂がゆっくりと腰を下ろした。
とっくに蕩けている肉穴は、硬い雄の先端がソコに触れるだけで、まるで捕らえたモノを逃すまいと言わんばかりの淫猥さですぐさまパクリと捕らえる。
がっついて、奥底へと引き込むように轟く桂の直腸。
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」



300 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:17:14.32 ID:XEs96Nw1O
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

301 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:17:16.47 ID:TeAcF58T0
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」

302 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:17:59.74 ID:XEs96Nw1O
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

303 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:18:28.79 ID:TeAcF58T0
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。
そんな桂を前に、銀時はその日何度目になるか分からない、斜に構えた笑い顔を浮かべた。
そ知らぬ振りをして答える。
「『御免』って……何ヅラ?それ俺に?何で?」
「っ!?だ、だってお前っ、…何か、お、怒ってるんだろっ!?…俺に怒ってるからっ…、ちゃんとセックスしてくれないのだろうっ!?」
後から後から湧き上がり、そして決して散る事無く体内に留まり続ける性衝動に切羽詰った桂。
見下ろす銀時を睨みながら、眉根を寄せた涙に潤む瞳と共にあらん限りの声音で叫ぶ。
「あ、謝るっ!俺が、何か貴様の気に食わない事をしたならっ…っ!
……へ、変な薬を飲まされた事に、怒っているならっ、…この通り、謝る、から!……だから銀時っ!!頼む、今はっ、」
「別に怒ってねーよ、俺」
「嘘だ!では、では何故っ…!?」
「超、呆れてはいるけど。オメーの馬鹿さと迂闊さと危機感の無さ加減に」
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」
「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!


304 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:18:48.47 ID:XEs96Nw1O
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

305 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:19:22.48 ID:TeAcF58T0
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。

306 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:19:50.36 ID:RNsObTo80
希望を持った醜い月詠と月詠腐は美しい桂様と銀時様の靴を舐めて媚び始めた。
豚より醜い二人を見て銀時様と桂様が吐き気を堪える。
そして美しく長い足で顔面を蹴飛ばした。
不細工月詠と月詠腐が奇声を上げて倒れたので灯油をまいて火をつけた。

307 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:19:55.61 ID:XEs96Nw1O
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::|
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::| 
   |:::ノ。* ・:・‘。c (●_●);”・u。*@・:、|::|
   |::|:。・;%:・。.   l l   ; 8@ ・。:%.|::|
   |::|.;・0”*・o;__-- ̄`´ ̄--__ :。・;%:|::|
   |::|;8@・。:   -二二二二-  ”・ : 。; |::|
   |::::\ 0”*・ o        0”*・o:)*/::::|
   \::::::\・:%,:)._- ̄ ̄ ̄-_ :(:%”・/::::::/
     |Ξ|~ \; 8@・      ;8@ / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\./:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  .|::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /   .|:::::::::::::|
           
              月詠腐

308 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:20:29.20 ID:XEs96Nw1O
[83]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:11:48.08 ID:dL/ioGDB0
さっちゃん「月詠ってほんとウザいわよね。銀さちの邪魔!」
銀時「ストーカーきたよ。銀さちよりは月…いや、ねーよww」
さっちゃん「私、月詠腐って大嫌いなの!月詠も大嫌い!」
妙「月詠自体も汚物だしね」
桂「その点については同意だ。銀桂に嫉妬した不人気キャラの腐の好きなキャラだからな」

[84]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:14:54.41 ID:dL/ioGDB0
AAS
沖田「姉上の遺書に意味深なことが書いてあったんだけど見てくだせェ」
土方「月…詠…?月詠腐気持ち悪い…?なんでミツバが…」
沖田「姉上が亡くなるちょっと前に月詠死ねとか月詠腐死ねとか言っててそのときは意味わかんなかったんですけど」
銀時「無関係な人間にまで嫌われるとは…ww」

[85]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:16:55.48 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八(お通ちゃんに呼び出されるなんて!告白かも)
お通「新八くん…相談なんだけど」
新八「どうしたの?」
お通「実は私…月詠腐から嫌がらせを受けているの」
新八「月詠腐って…ウンコ月詠の腐から?確か姉上も月詠腐ウザいって言ってたな」

[86]名無しかわいいよ名無し [] 2012/02/08(水) 03:19:19.54 ID:dL/ioGDB0
AAS
新八「姉上!お通ちゃんが月詠腐から嫌がらせを受けてるって」
妙「まあ…!最低ね、月詠腐は」
桂「銀桂に嫉妬しすぎだしな」
近藤「話はわかった。月詠腐、月詠はみんなから嫌われてるんだろ?」

309 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:20:39.20 ID:TeAcF58T0
 部屋に入ると風呂上りの象徴として湿った銀毛の上にフェイスタオルを乗せた銀時が、甚平の前を止めていないだらしない恰好で寝具の準備をしていた。
 畳の上に布団を広げる銀時に倣い、桂は壁の隅に立てかけてある突っかい棒を手に取る。襖に取り付け、今しがた開けて入ってきた扉が外から開かぬようになった事を確認する。万が一を配慮しての、子供の情操教育に悪影響を与えぬ為の装置だ。
「あのさ、ヅラ。物は相談なんだけど」
「ヅラじゃない、坂田だ。なんだ」
 敷き終えた布団の上に腰を下ろし、胡座をかきながら男が言う。どこかソワソワと相手の顔色を窺った態度。何か伝えたい事があるらしい。
 桂はそんな銀時を突っ立ったまま腕を組んで見下ろした。何を持ちかけようとしているのだ、と続きを促す。
 ゴホン。ワザとらしい咳払いが室内に響く。
「最初に言っとくが、俺ァ間違っても男女差別はしねーからな。絶対。これは絶対だ。欲しい気持ちがあるのは確かだけど、けど、違ったからって残念がるとか、冷たい態度を取るとか、
そんなんはぜってーしねぇ。結野アナに誓って宣言する。1番に望む事は、体が丈夫で元気である事だ」
「?」
 言いたい事が何となく解るようで、解らない。
 桂が小首を傾げて続く台詞を待つ。サラリと、その整った顔の右半分を覆う長い前髪が揺れる。
 言えば叱られると思っているのか、気まずいのか、銀時は視線を下にずらしながら口を動かす。
「あのさぁ、俺さぁ…俺、3人目は男の子が欲しいんだけど」
「…なんだ、そんな事か」
 妙に改まって訴えるものだから桂はなんだどうしたと身構えたが、最後まで聞いて拍子抜けする。同じ目線で向かい合う為に、桂も布団の上に腰を下ろした。


「私も男の子がいたら楽しいと思うし、欲しいなァとも思う。だが、子は授かり物だ。こればかりは天の采配に任せるしかあるまい。
新しく宿る赤子が男児か女児か、気になる気持ちは理解出来るが、かと云って私に言ってどうこうなる事では、」
「分かってるよ、んなこたァ。や、だからさ…俺達2人でその天にちょっくら願掛けしてみねー?」
「願掛け?」
そう、願掛け。―――♪チャラララララァ〜チャラララララァ〜ラ〜
 不意に銀時がオリーブの首飾りを口ずさみ始める。それと同時に、いつの間に布団の下に忍ばせていたのやら。ホッチキスでまとめられた数枚のA4紙を取り出し、スッと桂に披露しにくる。
 いきなりなんだ、この男(バカ)は? 急な展開に桂の口がへの字に曲がった。
「じゃじゃじゃーん。図書館で調べてきました〜男女の産み分け方。本、読んでコピッてきた。勿論100%じゃねーけど、科学的根拠にそった『作り方』を実行する事で、ある程度の産み分けが出来ンだってさ。な? 知ってた? コレ凄くね?」
「……」
 産み分けが出来る、『作り方』。聞かされた桂は、真顔と無言で押し黙る。はぁ。溜息を1つ。
 それとは正反対に、銀時の顔はキラキラに輝く。
「な、頼むよヅラ。物は試しで…別にマジでガチでムキになってやるんじゃなくて、『出来たら良いな〜』程度の軽い気持ちで良いからよぅ。本にもそー書いてあるし。ちょっとしたチャレンジで! 男の子! 坂田家の長男狙うの!」
「…まぁ、貴様がそこまで真剣に男児が欲しくて…そうしたいのであれば、私は構わないが……」
「! よっしゃ、よく言ってくれた。それでこそ俺の嫁。3歩下がって俺の影を踏まずに歩け、とは言わねーが、旦那のたまの我が儘ぐれーは通させてくれよな」
「だからと云って『作り方』、変な事はしないからな。絶対に付き合わないからな」
「ギクッ。ああ、だいじょーぶ。変な事は一切ねーし、しねーから」
「『ギクッ』?―――銀時、私この週末実家に帰ろうと思うのだが。それか、緑の紙召喚」

310 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:21:09.38 ID:XEs96Nw1O
お仲間のツイッター流したいみたいなんではりますね^^


月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 ウンコ月詠飴の友達の高杉腐っておまえかよwwwwwwwきっめえwwwwwwwお前自爆?wwwww原作でディスられざまあwwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 臭いキモい死ね公式は銀桂ウンコ月詠は死ね

月詠下痢 @unkotukuyo
@toumeicandy ウンコ月詠腐飴ちゃん寝ちゃったの?wwwwまたスレボロボロ銀桂大勝利だけどwwwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 「こんだけ濡れてりゃ、前戯はいらねぇな。挿れるぜ」 「い、いやぁああっ」 (あんなモノを挿れられたら、壊れてしまう!)
桂は最後の抵抗を試みたが、あっけなく両手を高杉に押さえつけられた。

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 同人のきめえオナニー絵でしか妄想できないウンコ月詠腐プゲラwwww銀桂公式だからって嫉妬すんなカスwww

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn ヅラたんを驚かそうと庭の縁側から入ったら、 ヅラたんの頭押さえてチンチン舐めさせてる銀さんがいたから泣きながら帰宅した

月詠下痢 @unkotukuyo
@tukuyonn 口内をねぶられながら桂が抗議の声を上げる。 銀時はその声さえ舐め取るように桂の口を支配する。 「あう・・・ん」 思わず甘い声を漏らす桂。 何時もより敏感になっていて、ぞくぞくするほど感じているのだ。

月詠下痢 @unkotukuyo
@seijo4533 閉じようとした両足にも、簡単に腰を入れられてしまう。 銀時のものとは似ても似つかぬ、高杉の兇悪なペニスの先端が、つん、つん、と桂 の濡れぼそった秘肉をノックした。

311 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:21:20.91 ID:TeAcF58T0
「乳首コリコリ。もうこんなに硬くなってる」
「んっ! あ、やっ、…つ、摘まむ、なあっ…ンぁ、…ぁ、ン…っっ」
 手のひらで簡単にすっぽりと包み込めてしまう小ぶりな桂の乳房。重さはないが、形は良い。銀時が戯れで揉み込めば、手に吸い付くふくよかな柔肉の感触がとても心地好い。
 桂の胸は子供に乳を与える時のみを除いて銀時のモノだ。殆ど性器と化して銀時の愛撫へ従順に反応を示し、弄れば勃ち上がり、先に甘いしこりを帯びる。触れる男に対し、その時自身が如何に悦びを覚えているか、感じているか、心を許しているかを素直に伝える。
 下半身が揺さぶられるに合わせて、透けそうに白く美しい桂の裸身、胸に実るその2つがプルプルと切なげに揺れ動く。眼下に覗く最愛のその艶姿に、銀時は全身の血が沸騰するように沸き立ち、自身に益々熱が集中するのを感じた。
「あンっ、…っ…ぎん、ときぃっ…ふぁ、ぁあっ、んぁあっ」
 女の身体の一番奥深い、繊細な場所を銀時の雄でみっしりと1部の隙間なく埋められる事に、桂が切なげに唇を戦慄かしては「ぎんとき」「ぎんとき」と舌足らずに名前を呼ぶ。
(あ〜っ! 俺の奥さん超可愛い…っ! 最高! こんなに可愛い生き物に俺の子供産んで貰えるとかやべーマジでか超ありえねぇぇー、信じらんねぇぇぇー既に2人産ませてるけどさぁぁぁーーー)
 銀時は「可愛い」「可愛い」「好き」「大好き」の言葉を、頭で想うだけで特に何も口には出さないが、変わりに窮屈な体勢からキスの雨を降らせたり、触れる肌そこかしこを舐めて甘噛みしたり、下半身の律動を速く強くと勢いを増す事によって、そんな桂へ答えを返した。

〜産み分け:その弐〜
『女性の性感が高まってオルガスムに達すると、子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌され、アルカリ性に傾きます。これは男の子になるY精子が好む環境なので、女性がオルガスムに達してから射精すると男の子が生まれやすいと云う説があります。
反対に、女の子が欲しい場合はX精子が受精しやすいように、オルガスムに達する前に射精すると良いと言われています。』
 銀時の硬く膨れ上がった亀頭が暴力的に叩きつける勢いで、ゴツゴツ。ガツガツ。最奥を何度も何度も執拗に突き上げにくる事に、桂が口の端から大量の涎を垂らし悶える。目を白黒させながら、普段とは違う、
本当に「ソコ」ばかりを狙って責め続ける銀時の動きに嫌々と首を左右に振る。
「ひは、っあ、んぁ、…やぁっ! ぎ、銀時っ、駄目ぇ…っ…奥ばっかり突くのはぁっ、…奥っ、そんな風に突くのはぁっ、駄目、だっ…! 声っ、出ちゃう、からぁっ」
「んっ、だって、しょーがねーだろっ。男の子作るには、なるべく深くでセックスしろって本にっ…お前の子宮口を、俺のチンポ先で、こうやって…何度も何度も…っ…するんだよっっ」
 グリグリグリッ!
 銀時がくっつけた先端で文字を描くように小突き回せば、生理としてぽっかり口を開きながら下がってきている桂の子宮口にグイグイと己が突き刺さる。
「ふぁう、ぉほっ!? 奥うぅっ!! 先っぽグリグリらめえええぇっ!!!」
 苛烈なポルチオ刺激に桂の意識は恍惚の沼底へと叩き落される。目の端からは涙が、突き潰される蜜壺からは愛液がとめどなく溢れ、抑えたくとも抑えきれない悲鳴を上げながら全身を淫感に痺れさせ、激しく痙攣させる。
 まるで強力な電撃を引っ切りなしに浴びせられているが如くにビクビク身悶える桂のそんな様子に、銀時は桂の頂点が近い事を察し満足げに口角を持ち上げた。そのまま一気に突き落とすべく、ラストスパートをかける。
ズッ、ズン! グチュ、ズチュヌリュ! プチュプチュッ!
 桂が呼吸を求めて口をパクパクさせるのを無視し、幾重にも綾織る媚肉をこれでもかとかき回して突きまくる。結合部からカウパーと愛液の入り混じった透明な体液が溢れ、繋がった2人の下半身をビショビショに濡らしていく。
 亀頭を子宮の中にのめり込ませる勢いで一際深く突き上げた瞬間、銀時はそれと同時に手を伸ばして、桂の肉芽をギュッと指の腹で強く摘まんだ。

312 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:21:56.53 ID:RNsObTo80
泣いてる桂たん慰めちゃった銀ちゃん
桂たんテラヒロイン
桂たんは本当に優しくて強い子
「こんな想いをするのは俺だけで・・・」とか「ひっ、一人UNOだ・・・」とか
桂たんのそういう自分ひとりで抱え込んで耐えるところが
銀ちゃんにはたまらず愛おしい気持にさせるんだろうな
女顔美形細身なだけじゃなくて
桂たんが銀ちゃんに愛されてる理由がわかるよ

313 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:23:32.77 ID:TeAcF58T0
「!?―――あッ」
ガバッ!ドサリッ!!
そこにきて漸く、銀時は無機質な話し口調を止めた。自らアクションを取る。
繋がった部分はそのままに、身体を起こしてお互いの体勢を反転させた。暴力的なまでに強い力を持って、桂を床に押し付ける。
体重をかけられる痛みに、桂がううっと呻き声を漏らした。
今度は見下ろす側に回った銀時が、ゆっくりと桂の耳元に唇を寄せる。
「なぁヅラ。……その変態狸爺さんに何もされなかったのよ?」
吹き込まれる熱い吐息。地を這う如くの低い声が、桂を問い詰める。
桂の身体がビクリと震えた。
「……ひっ、…っ、さ、されて、なっ」
「正直に言えよ」
言いどもり、一瞬泳いだ相手の目の動きを男は見逃さない。
問いかけに対して首を振って答える桂に、銀時もまた更に首を振って否定を返す。
「言わねーンだったら、俺もう帰るよ?したら、お前どうすんだよコレ?」
ギュウッッ!
「あっ!?ひぃあっ!!?」
銀時の手が天を向いてそそり勃つ桂の陰茎を掴んだと思いきや、責めるようにギュッと握った。
予告の無い強い刺激に、桂は目を見開いて悲鳴を上げる。
そして、『帰る』と素っ気無く告げられた台詞に脅され、即座に声を張り上げた。
「かっ、身体に、力っ…は、入んなくなった俺に、近寄って、来てっ…っ!ほ、頬っ、をっ」
「頬を?」
「…な……、なっ、舐められ、たぁっ!!」
「へぇ、それで?」
『舐められた』。告白された頬部分に手を伸ばしながら、銀時が続きを促す。
「お、お、お腹っ、…撫でられ、たぁ…っ!…隙間っ、手、差し込まれてっ……」
「ふんふん。それから?」
「触り心地が良い、と…言われてっ……そっ…それだけ、だっ!……本当に、本当にそれだけだ銀時ッ!!
その後、すぐに殴り飛ばして逃げたんだッ!!それ以上は、何もされてないッッ!!!」

「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」
「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。

314 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:24:03.03 ID:XEs96Nw1O
ドSの銀さんは桂たんのオマンコと肛門を同時に責めて
桂たんに愛してると告白されたいって
ツッキーは死体まで臭そうだから
日輪と一緒にデカイゆでが魔の中の沸騰した油に飛び込んで断末魔の悲鳴を上げて死んでいくがオススメ

315 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:24:27.33 ID:TeAcF58T0
―――ヌヂュ!
「ん゛んっ!?」
―――グッ、ググッ!!ズプズプ、ズッ、ヌプププゥゥッ!!!
「んぁ、あぅっ!?ぁ、ひあ、あっ、ああああああーーーっっ!!!」
―――グチュン!!!
完全に沈んだ桂の腰。熱く張り詰めた剛直を飲み込んだ柔らかな尻たぶが、銀時の太腿と密着する。
一際高い嬌声で桂が吠えた。
自身の先端、緩んだ蛇口から出っ放しになっている薄まった白濁が、果たされた挿入に悦んで零すその蜜の量を増やす。
(っっ…ン!ふぁぁあっ!?…、…ぁ、あっ…ぅ、ぁあぁああっ……き、気持ちィィっ!気持ちイイ気持ちイイ気持ちイイっっ!!
銀時の…ふ、太くてっ、お尻、グチュって、ピッタリっ…は、挿入ってぇっ!!か、硬いの奥まで刺さってぇえっっ…!!
…あ、…ふはぁ、ン、…気持ちぃいっ…、…だ、駄目、駄目だ俺ぇっ……、こんなに気持ちぃオチンチン知らないッ…!お尻のウズウズ止まらないッ…!こ、こんなの感じ続けたらぁっ、…俺の身体っ、…頭っ、……おかしくなるううぅっ!!!)
あの茶器に口をつけた時より気が狂う程の熱に悩まされ、敏感に開いてしまっている身体。
どれ程水を取ろうと喉の乾きは癒えなかった。衣服が皮膚を擦れるだけで小さな電流がビリビリと走った。
奥まった部分がずっとずっとむず痒くて、欲しくて、熱い肉塊がメリメリと壁を割って中へ深くへ潜り込んでくる感触を心の底から渇望した。
「っひ、ひぁ、ンんっ…あっ、ああっ、ふぁあぁ、ぅうっ、…ヒ、あぁあっ…っく!!」
漸く叶った結合に過ぎる悦びを感じる桂。両目からボロボロと涙を零した。
泣きながら跨る銀時の腹に手を付いて、夢中になって腰を上下に激しく揺さぶり始める。
ユサユサ。ズッポズッポ。ヌプ、グリュグチュ。パンパン。
「ぁ、んぁ、ゃあ、あ、あぁっ!」
(やぁああああっ!こ、腰動くの、止まらないぃぃっ……!!)
暫くの間、途切れ途切れの喘ぎ声、擦れ合う粘膜とぶつかり合う肌の音、そして結合部から上がる透明な飛沫が、室内に流れる空気と2人の間を満たした。


っく、…ご、御免っ……!銀時、御免っ!!…あ、謝るから、もうっ……!!

「何が?」

薬に急かされた桂が一方的な腰の律動を開始して、どれだけが経っただろうか。
四半刻かも知れないし、もしかしたら5分と経っていなかったかも知れない。
そのどちらでも、桂にとっては永劫続くような長く耐え難い苦しみの時間に感じられた。
ッズッチュ!ズン、ズプッ、ズンッッ!!
(ひっう!!ぅあ、くぅうぅうっ…!?…どうして…っ、中っ、もうずっと擦れてっ…イイの、感じてるの、にっ…!!)
グチュッ!ズプ!ズププッ!!
(……っく、ぅあうっ、…イ、キたいのに、出したいのに、どうして、イけなッ…っあぁ!あ!ンひっ!!……っっ!?)
身も心もグチャグチャにする桂。背に流す漆黒の長髪を振り乱して、卑猥な上下運動を続ける。
端整な顔立ちは恍惚に染まる反面苦痛に歪められ、だらしなく開いた唇の隙間からは常に忙しない息遣いと喘ぎが発せられる。
「んぅ、…う、んふぅ…、う、あぁ…銀時ぃ…っ…」
確かに待ち望んだ行為に没頭しているのに。
必死に腰を揺らめかして、熱い雄の肉に腹の底を削られる快楽を感じているのに。
一向に兆しが訪れない、解放の瞬間。
これならば男を欲する飢餓感に身体を疼かせていた方が数倍もマシだったと、混濁する意識の中、桂は思った。
溜まるだけ溜まって体内をグルグルと巡るだけの放出されない熱と欲望は、ただ悪戯に身を苛むだけの毒で、拷問だった。
「ぁあ、…あ、うぅ…御免っ…銀時っ…御免、なさいっ…っ」
荒い呼吸の合間、桂が向き合う相手へ必死な声で告げた。
眉1つ動かさず。口1つ、手1つ出さずの状態に終始徹して自分を抱く銀時に、……否。
いつまでも頑なに態度を冷やしたまま一向に動こうとしない、自分を抱いてくれない銀時に、御免、御免なさいと、謝罪の言葉を紡いだ。

316 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:25:06.30 ID:XEs96Nw1O
奇声を上げて泣き叫ぶ糞月詠の顔面は前歯と鼻が圧し折れて更に醜くなったが
最初から醜いので大差は無い。糞月詠は額を床に擦り付け土下座しながら命乞いしたが
美しい銀時様と桂様は糞月詠の顔面を蹴飛ばして全体重をかけて美しく長い脚で踏みつけた。

317 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:25:22.41 ID:TeAcF58T0
桂はただ、目の前に広がる真っ白いスクリーンを真っ白い気持ちで追いかけた。何も見えない。何も映らない。
ただ脳髄が焼き切れる音だけが、チリチリ、バチバチ。鼓膜の奥で木霊する。
ップ!ドロォォッ!!ドロドプドプドピュルルルッッッ!!!
滾る雄に穿たれ、そして満たされる。
それこそが桂の身を蝕む、淫らな疼きを癒す決定的な刺激だった。
腹の奥底で染み渡る精液の感触を味わうと、桂の身体はいとも容易く頂点へ昇った。
詰まっていた何かが噴出される音。
それまでも散々に零し続けていたと云うのに、桂は自身の先端から凄まじい量の精液を凄まじい勢いで吐き出した。
大量の迸りが、桂の白い下腹は勿論の事、胸から顔、伏せる床上に広がる美しい黒の髪、そして絡み合う銀時のあちこちまでに散ってドロドロにする。
(…ひぁ、…ああぁ…っ……う、はぁ…、あぁぁぁぁっ……)
普段の絶頂とは比べ物にならない。濃縮に濃縮を重ね、極限まで煮詰まった快楽。
それがバチンと一気に弾けて大きく爆発する事に、桂の全身は感極まって大きく長々と痙攣し続けた。
―――チョロ、チョロロロロッ……。
「うわ、ホントのお漏らしだ。お前派手にイッたもんなぁ」
「あ、あぁああっ……!?ぁ、あ、……ふぁ、……ん、あぁあっ……ひぁ、やぁ、…お、おしっこぉ…っ!!
…やら、は、恥ずかしぃ…っ…ぅあ、ぁあ、やらぁあっっ!と、止まってぇ…っ…」
射精ついでに、失禁もしてしまう桂。
気の済むまで吐精し終えた尿道から、間髪入れずで黄ばんだ液体が漏れ出る事に、顔を両手で覆って恥じ入る。
精液とはまた別の生温かさで、2人の下半身が濡れた。


―――前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
「あ、やっ、銀時ぃっ!ひっ、いっ、ぁあ!?あ、ああっ、ふあ、ぁあ、いぁ、あああっ!!」
その夜は。
銀時と桂の2人にとって、とてもとても長い夜になった。
桂の身体から妖しい薬の効果が抜け落ちるまで。桂の身体から官能の疼きが消え失せるまで。
何度も何度も、繰り返しで熱を交わしては、果てる。
普段とはまた違う趣で甘く乱れる桂の姿を、口の端を持ち上げてジッと眺める銀時は、最中、それまでの分を取り戻すかのように饒舌に口を開いた。

前から思ってたんだけどさァ、ヅラはもっと周り見て気ィつけるべきなんじゃね?
じゃねーと、今回は偶々逃げられたとしても、次はマジにヤられちゃうかもよ?
お前嫌だろ、加齢臭のキッツ〜い、狒々ジジィのシワくちゃチンポにお腹ン中ツンツンされて、無理矢理イカされんの。
……ああ、それともアレかな?年寄りの金持ちジジィの中にはさ、寄る年波でテメーがあんま勃たないからって、ソレ用に若いの何人も雇って、そんでテメーの目の前でそいつらに代わりにハメさせて楽しむ奴がいるんだってよ。
したら、ヅラはいくつも味の違うチンポとザーメンを、それこそ胃に迫り上がって来るくらいお腹いっぱいに中出しされて穢されちゃうワケだ。
痛くて怖くて気持ち悪い強姦な上に、ソレが倍になって犯しに来る輪姦でヤラれちゃうワケだ。
輪姦、自分がされてるトコ想像出来るか、ヅラぁ?
ヅラ1人でマンコ役ヤらされて、向こうにいる何人もの、どことも知れぬチンポ役の男と交代交代でセックスさせられんだぜ。
ヅラの玉ン中空っぽになって、もう出すモン無くて痛いよぅ痛いよぅって泣いて嫌がっても、ヅラのココは良く締まるし擦れるヒダヒダも半端なく気持ちイイから、気絶するまで…、つーか気絶しても、ずーっと延々チンポで突きまくられちまうンだろーな。
そうなったら折角キツキツなヅラのココ、すぐにガバガバだな。
筋切れてユルユルになって、いつもチンポで塞いで貰ってないとクソとかが垂れ流しになるイカれた尻マンコになるな。
あ、そうだ。尻マンコと同時に口マンコも絶対されそー。
コリコリしたヅラの舌先がエラ部分ペロペロ舐めるの、アレすっげーイイから、下のお口に負けないくらい人気出ると思うぜ。
嫌がる顔が可愛いから、ソレ用にとびきりクッサい、汚ねーチンカスまみれの包茎チンポが用意されたりすっかも。

318 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/19(日) 00:26:09.71 ID:TeAcF58T0
「ぎ、……銀時、御免ッ!」「御免なさいッ!!」「俺が、俺が考えなしだったッ…!!」
「今後は、もっとっ、ちゃんとっ、気をつけるッ!!軽挙はしないッ!!」「もう2度と、変な薬飲まされたりは、しない、からッ……お、おっ、お願いだから、今、俺のこと、ちゃんと……ンひ!?あ、あっ、ふぁ!?ぃあっ!!!」
ズンッ!
とうとう子供のように咽び泣き始めた桂の身体を、不意に銀時が抱え直す。
ズブヌプと腰を2・3度軽く揺らめかして、交接する箇所の具合を確かめる動作。
それを終えるとすぐさまズシンと1度、抜け出るギリギリから最奥までを一気に突き上げて。そして。
「良いぜ。ちゃんと御免なさい出来た御褒美に、取り敢えず1発、オメーが欲しいのくれて、イカせてやるよ」
グッ!ズブッ!ズリュ!
ズプ、ヌプッ、グチュップゥウウッ!!
先程までとは打って変わった、積極的な激しい動きで桂を責め始めた。
のしかかる身体をグッと抱き寄せると、パンパンとリズミカルな肉の音を打ち鳴らしながら、己の腰を桂の臀部目がけて容赦無くぶつける。
乱暴に抜き挿しされる剛直が中の敏感な粘膜を擦り、抉り、そして最奥を力強く突き上げ続けてくる事に、桂の全身は瞬く間にバチバチと駆け走る快感の電流に支配された。
「ンーーーッ!?ンンーーーッッ!!!ヒ、あ、ぁ、んっ、フぁ、くひぃ!んあっ!あっ!ああっ!ヒゃ、んはぁっ!!ンぁあああんっ!!!」
覆い被さる銀時の皮膚に爪先が食い込む程強く抱き縋って、桂は間断無い喜悦の声を部屋中に響かせる。
獣そのものが出す、気違い染みた艶声。
官能を呼ぶ薬によって極限まで高められ、増長させられた肉の快感が急速に満たされていく事に、陸に上げられた魚を演じるが如くビクビク派手に身悶えする。
「ははっ、薬入ってンのあんま関係ねーな。
ヅラのココ、普段と少しも変わんねー、俺が慣らしたエロい尻マンコの顔してる。すげー美味そうにチンポチュパチュパ頬張ってる」
「あ、ぁ、ン、ふぅっ、ンはぁ!…ぁあっ、イイッ!しゅご、イイッ!ぎんっ…っ、ア、あ、ひィ、ぎん、と、きぃいっ!頼む、もっとっ!コレ、もっと、ずっと、続けてっ…!!!」
ズンズンと身体に食い込む雄の感触を、桂は白目を剥いて歓迎する。
薄い白濁を零し続ける桂自身が、揺さ振られるのに合わせてプルプルと跳ね動いた。
「ヅラぁっ…お前が何でさっき、いくらヤッてもイケなかった理由っ、…もう解ってんだろ?」
「っ!?」
「アレ、欲しーンだろ?…なら、ちゃんとおねだりしろよ…っ」
「!!……だ、だ、……てっ」
「うん?」
「……し、てっ!出し、てっ!中出し、してっ!!
銀時の精液を、俺の、お腹の中にっ、出して、くれっ……く、…下さいっ!!精液っ…、ザーメンっ、…注いで、下さいっ!!
俺の、…っ…、い、いっ、卑しい尻マンコにっ……どうかっ、どうか銀時のチンポ汁恵んで下さいいいいいっ!!!」
ドクン!
理性と羞恥の念をかなぐり捨てた桂の叫びに、銀時の肉棒が響かせる脈動を、一際強く、激しくさせた。
ビクビクと浮き立つ太い血管。盛んな鼓動。
直後、桂の身体の奥深く、白いマグマのようなソレが勢いよく放たれる。
ドクッ!ピュ、ピュクビュクッ、ビュクビュウビュルルルルーーーッッッ!!
「―――!!?―――!!!―――!!!!!!」
声にならない声。
嬌声や悲鳴と云った物は、最早出ない。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>10000
>>10000>>10000>>10000>>10000>>10000>>10000>>10000★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)