5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは角砂糖3個目可愛い

1 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/22(水) 11:08:52.82 ID:v6IZnmrk0

                      (⌒⌒)
             ___         \/      _,.. -- 、
          ., ::::´:::::::`::丶、   O   0    ./ ,      `ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::\ o     o r -- 、-_       ヽ
         .l:::::::::::::::::::i:::::::i:::::::::ヘヽ      Y,ィ   _  ヽ       }
         .l::::::::::::::::廾、::::l::i、::::::l゙、     {/    ヽ  }      /
         ゙、::::::::::::|=,キ、:liキ,7::::l       {     l /    /
          ゝ、::::::::l l;;l ゙ .l;;l|:::|,i       |/ /   ,リ--r=イ`ヽ、
        // `lヘ、|、, _−/l/i      /イ     /  /:::::\:.:.:.:,:\
       ./;;;;l ,|____|ヘY| レ-キ        / /'  /  /:::::::/:::\:.:.イ
       (;;;;;;乂i, ___|;;/..|'゙>‐7      / //, / r、/{::::/:::::::::::::|
       (ヘ;;;;;;;》乂 ゙、|...|/、/        {/{ //イ  `r-、./:::::---- ':\
        `゙ヘ/=ヘ__>-)-' r'        l/      ゝ \:::::::::::::::::::<
             /,,,,ノ、,,ノ                 ` ー-r-r-,-'´
                                    `'-'`´

『魔法少女まどか☆マギカ』のスピンアウト作品『魔法少女おりこ☆マギカ』に登場する、主人公の白い魔法少女美国織莉子と愛棒の黒い魔法少女呉キリカ

「私の世界を守るため よ」

「だって 愛は無限に有限だよ」

>>950を踏んだ人が次スレを建ててください
無理ならすぐに代役を指名すること

関連スレ
【かずみ】 魔法少女まどか☆マギカ シリーズ統合スレッド30 【おりこ】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/comic/1328965014/
魔法少女まどか☆マギカ 第2759話
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1329853709/
【おりこ☆マギカ】千歳ゆまは猫耳可愛い4匹目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1325490621/
まとめwiki
http://www22.atwiki.jp/madoka-magica/

過去スレ
【おりこ☆マギカ】美国織莉子は無限に有限可愛いに1呉キリカ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1315090743/
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは身長差可愛い2
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1322307171/

2 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/24(金) 19:08:49.72 ID:5v2JNJ5O0
              _,/     、                  \
           / ̄        ',                    \
          / ,       } l  ヽ      - 、        `ヽ、
        / ,イ        ハ 、   \         \         `丶、
    .   / / {       l-/--`\、  `ヽ、_     \           `丶、
       , / l  ,     |. {,.. -―`-\  ヽ  ̄`ヽ 、_  \               、
       { イ  ! ト, ヽ.     |リ´マr、_心 } ヽ,从    ト、\  \              \
       |ハ  、| ヽ \   ト、 弋z(ソ   j l/}     ! } ハ、 \\ ̄ `丶、          `ヽ
         } ヽ 从 ,ィ、`ヽ| \      /      { ./ /  \ ', リ     `丶、         \
         |  \ {〈マ心 i         /イ     l |〃´    `}         `丶、
         /   `ヽ `¨           l {     | 、                    ヽ
    .   /ィ  /   、 `       ,     ヽ、    !、`\                    \
    .     |  |.    ハ、    ー ´     ,.ヽ /イ ,                        、
        ヽ !`ヽ、 / 二ヽ、      /  /    '´:::::テハソヽ
              /  二ニヽ ` ー、´      〉::::::::::::_,. -‐:}
              /   , -、Y:じブ  },       /:,. -‐ '´..:..:::::::{
              /    ,二つ    /〉    ,.:'::::ヤ三ヲうヒミ、ミ、ヽ
               /    /ルヘi:::::/::::::::::::::::,. '´::{寸Zて)七ソ三シぐヽ     2獲ったわ!
          /    ノ.::::::じr-{.:::::::::::::::/::rぅ- 'レニソ-^ニー-<二::::ヽ
           /:}ヽ   /::::::::::::厶- 二、‐、/:rクFZームイト、/.:::/::::ト、ヽ:::::::::|

3 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/24(金) 20:18:40.24 ID:5V4NhjpD0
前スレ完走記念
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
│      これからも、ずっと一緒だよ(よ)!       │
 \____  _________ ._______/
         ∨            ∨
          __          |゙i───i`ヽ
        , '´:::::::::::ヽ.  (⌒⌒)   ,:lニニニニl、
       {:::i{ノハ从k.}  \/    て,ノ从_从)ソ
        ヽ!l|,ノヮ゚ノリ        ノ从゚ヮ ゚ リl〉
       /.了;ivi;ア        ⊂lソ^0^てoj
       く/{l∧ト!>__        ノ,ノl__lハヽ、
     //l し'`J l\ `       ` -tッァ- ´
     ´ ' .' `´   '  `

4 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/25(土) 00:27:38.30 ID:Za2PoRkm0
ムラ先生の新作読んだ。
ヒロインが陰口叩かれてるシーンは、織莉子のそれを思い浮かべた。

5 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/25(土) 00:45:16.20 ID:Za2PoRkm0
家主シリーズの新作、早速のアップGJであります。
絵師の方も、この前新作アップGJであります。



それに比べて、自分はどんどんまどマギ欲も執筆能力も落ちてる……
前々スレの頃と違って、もう殆どかけなくなってる……orz

6 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/25(土) 01:02:19.08 ID:E/EPDKn4O
創作意欲はまだまだあるんだけどネタが…
引き出しが少ないから似たようなシチュしか浮かばないし、似たようなシチュだと劣化二番煎じにしかならんし…

ちょっと過去ログ読み返してサルベージするか
かわいいかわいいおりキリを健全にも性的にも、もっともっと愛でたいなぁ

キリカちゃんのお尻もみもみ

7 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/25(土) 22:13:04.03 ID:vhY0lgNN0
スレがなくなってて焦った
いつの間にか新スレに移ってたのな

8 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/26(日) 01:26:41.62 ID:/17PfDiRO
>>7
新スレ立ってからしばらくは埋めの時間だったけどね
>>990くらいで立てて良いくらいの鈍行スレだからなかなか埋まらなくって…ww

「や、やぁ、部屋主!さ、さ、寒いからシャワーを貸してく、く、く、く、れぇ!」
びしょ濡れじゃねぇか!もしかして傘忘れたのか?
「イェー、イェー!」
威張るな!さっさと入れ、この時期じゃすぐに風邪を引く……
「……?ど、どうしたのさ部屋主?なにをフリーズして……」
↑雨で濡れてブラとか色々スケスケ
……良いから、とっとと浴びてこい!

まで想像した。

9 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/26(日) 06:04:48.19 ID:/tphZ4NoQ
新スレおめ
そしておやすみ織莉子さんキリカちゃん

10 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/26(日) 17:49:43.04 ID:PkRsag5v0
>>1

キリカちゃんの飲む予定だった紅茶は何ティーだったんだろうか…

11 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/26(日) 21:11:44.36 ID:/17PfDiRO
>>10
そりゃもちろん織莉子ちゃんのアバ茶……てのは冗談として、ミルクティーじゃないかね
ミルクに砂糖もジャムもバカスカ入れて、人の飲むモノじゃなくなった紅茶をさも美味そうに飲むキリカちゃん
織莉子ちゃんは微笑みながら、家主含むそれ以外の人はきっと凄くげんなりしながらそれを見てそう

織莉子ちゃんは薄めのやつをストレートで

12 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/26(日) 21:24:16.37 ID:5GFOg0/U0
ルイボスティーに一票

13 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/26(日) 22:31:17.44 ID:EPgowlg80
OTAKUより帰還。
円環31。期待していた「Family」は間に合わず、当日ブースでコピー誌作ってた。
内容も端折った結果、杏ゆまのみ。
思わぬ戦果だったのが、マミ09。去年7/10の本だが「マミさんちだよ全身集合!!」
8人全員がマミの家に集まってる話。

14 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/26(日) 22:50:46.91 ID:BQOD0w6L0
>>13
レポ乙です
思わぬところで出てきたりするのか、織莉子ちゃんキリカちゃん侮れねぇ

短いけどこんなの見っけた
http://www.youtube.com/watch?v=mZDLJr_CWxk

15 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/27(月) 21:37:16.38 ID:mPmWWXEW0
甜菜
http://uploader.sakura.ne.jp/src/up86071.jpg
http://uploader.sakura.ne.jp/src/up86070.jpg

海外のまどかwikiが凄い
久臣くんの紹介まであったww

16 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/27(月) 22:04:41.71 ID:056zRK8A0
あまり紹介する事はないような気もするがw

下のほうは見覚えのある絵柄だな

17 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/27(月) 22:42:41.27 ID:mPmWWXEW0
流れたようなので再びうp
ttp://nagamochi.info/src/up102809.jpg
ttp://nagamochi.info/src/up102810.jpg
ttp://nagamochi.info/src/up102811.png

例のwiki
ttp://wiki.puella-magi.net/

18 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/28(火) 00:49:35.40 ID:Qj3/NR5o0
渋に知らん人のおりキリが投下されてると思ったら、また対立路線か……
本編組と仲良くしてる話が読みたいのう……

そういうネタはあって書きたいんだが時間と気力が足りんし、何より一昨日の戦果がまだ殆ど手付かずだ。

19 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/28(火) 01:31:06.47 ID:W8cX+VR00
キリカちゃん織莉子ちゃんと一緒に温泉旅行へ行きたい
ひなびた旅館で、板一枚隔てた露天風呂に入って石鹸を投げ合いたい
夜は美味しい料理に舌鼓を打って、寝ようとするとキリカちゃんに枕を投げられ合戦に
で、なぜか織莉子ちゃんが異常に強い
朝起きたら額に肉って書いてあってキリカちゃんを追い掛け回したり、それを眺めて微笑んでる織莉子ちゃんに注意したり

なんでこいつらこんなに可愛いんだ
おやすみおりおりキリキリ

20 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/28(火) 14:02:24.61 ID:0RXqpfNG0
>>18
いくら「おりこ☆マギカの主役!」と主張した所でシリーズ全体から見れば悪役ポジションって事に変わりはないし、諦めるしかないんじゃね?

21 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/28(火) 20:26:11.26 ID:W8cX+VR00
現在進行中だが、共闘する……かも
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1330411729/

22 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/28(火) 21:42:25.79 ID:7oOz8Xvz0
おりおりキリキリ舞い

23 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/28(火) 22:06:34.31 ID:tRVq/3y90
織莉子スキーさん結果どうだったんだろうね

あのスレ民キャラ濃いから誰が誰だかすぐわかっちゃうw

24 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/28(火) 22:50:03.93 ID:/7CMdJKt0
たしかに濃いいなw

25 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 03:00:08.70 ID:K8eb2zwt0
おやすみキリカちゃん
お尻ペロペロ

26 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 17:56:47.88 ID:QuUwRgVC0
なんかすんげー減速したなあ

そんな俺も無気力症候群
話が思いつかない

27 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 19:06:27.89 ID:Bz58j1deQ
みんなss速報に行ってるんじゃないかね

28 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 19:37:03.31 ID:KqzjRBSeO
NIPのおりキリ登場SSてどんなのがあるの?
まっとうに活躍するの限定で
スレタイからじゃいまいち分からんし、下手に見ると故人にされてて精神衛生上宜しくない

人がいなくなったら、このスレは俺がおりキリにおはようとお休みを(セクハラしながら)言うだけのスレになるな

29 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 20:21:43.06 ID:QuUwRgVC0
まどゆまキリなら注目してるのが一本あるな
一週間程居ないけど

30 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 21:39:58.44 ID:xdyvUAg40
>21
マミが黄昏ロンリー歌ってて吹いた。そろそろ四半世紀経つぞ。

31 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 21:54:29.59 ID:KqzjRBSeO
>>29
まどゆまキリって事は、VIPで何回か書いてた人かな?
ちょっと探してみる

32 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 22:51:33.66 ID:J7udE1mU0
元々わいのわいのやってた人数自体そう多くもなかったと思う
まどマギの映画版がくるまでもつか…ッ

33 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 22:53:44.04 ID:QuUwRgVC0
ベストハウスの母乳噴射を織莉子ちゃんで想像したら興奮して寝れない

34 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 23:17:27.27 ID:xdyvUAg40
織莉子の契約を阻止するキリカ。
織莉子は落ち込んで無力なまま、ただひたすらキリカに依存する。
そうして織莉子を独占するキリカ、なんてのを考えた。

35 :名無しかわいいよ名無し:2012/02/29(水) 23:26:54.02 ID:J7udE1mU0
よぉ、お前…満足かぁ…?そんな世界(おりキリ)で―――俺は、嫌だねッ!

36 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/01(木) 00:13:31.55 ID:4/+ofMneQ
ほむら「この話に最初からハッピーエンドなんて、ない」
さっき見たSSだけどおりほむの関係が凄く良かった
キリカちゃん出てこないし織莉子さん死にそうだけど今後が楽しみ

37 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/01(木) 02:07:25.12 ID:3smLR/db0
おやすみキリカちゃん
お尻の穴ペロペロ

38 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/01(木) 02:41:56.33 ID:j8clWUhg0
>>32
劇場版がきた所で、ここに人がくるかは…

39 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/01(木) 06:34:27.11 ID:4/+ofMneQ
映画の本編総集編の2本は
焼き直しだから確実におりこ組の出番は無いし
完全新作すら最低3年後だから
万が一出番があってもその頃にはこのスレ自体消滅してるだろうね
それも一興だ・・・さてと、おやすみ織莉子さんキリカちゃん・・・チュッ

40 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/01(木) 23:04:58.52 ID:ZvJoQoHU0
>35
ハッ! つまらんな。
世間から迫害されて、気落ちしている弱弱しい織莉子ちゃんの萌えられんとはな。


織莉子「ねえ、キリカ。私も魔法少女になって、貴方のお手伝いをしたいの」
キリカ「そうか。そうすれば織莉子は、私なんて必要なくなって、一人で歩んでいけるだろうね」
織莉子「そんな! 私にとって貴方は総てよ。あなたを不要に思うなんて事あるわけないわ」
キリカ「いいや。君が魔法少女になれば、かつてのように自信を取り戻し、やがては昔みたいに私なんて不要になるだろうね。いや、むしろ私を疎ましく思うかもしれない」
織莉子「そんな事……」
キリカ「別にいいんだよ。織莉子のためになる事が私の願いだ。だから、かつてのような自身に満ち溢れた、私みたいなちっぽけな存在を気にもかけないような立派な君に戻ってくれても、一向に構わないよ」
織莉子「そんな事はないわ」
キリカ「でも、君は契約して魔法少女になりたいんだろう?」
織莉子「そうすれば、貴方のためになると……」
キリカ「ああ、そうなるさ。私の望み通り、私なんて歯牙にもかけない、立派なお嬢様に戻れるだろうね」
織莉子「違う。違うのよ、キリカ。ただ私は貴方のお手伝いを……」
キリカ「ああ、そうだろうね。でも、その行き着く先は私を不要とする、いや邪魔にすら感じる人生だろうね」
織莉子「そんなつもりじゃ……」
キリカ「君がどういうつもりだろうと、運命は残酷だよ。そういう結果にしかならない」
織莉子「……わかったわ。契約はしません。貴方を疎んじたり、失ったりする人生ならば、ない方がマシです」
キリカ「わかってくれてうれしいよ、織莉子。今夜はうんとサービスしてあげるよ」

41 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/02(金) 01:31:20.22 ID:izwmFgpQ0
風邪をひいた。
理由は分かっている。いつものペースで言うと、これまた例のアイツのせいだと思われるかもしれないが、実際にはそんな事はない。正真正銘、俺個人の不摂生のせいだ。
呉キリカと初めて出会ったあのスーパーは、店長の気まぐれなのか時折チラシには載っていない妙なセールをする。
たまたまその思いつきセール日に買い出しに出た俺は、そこで珍しい海外の酒――ラム酒だ――を手に入れひゃっほうとなって家に帰った。
で、喜び勇んでコーラで割って呑んだわけだが、これがあまり品質の良い代物ではなかったらしく、グラスに一杯で前後不覚となってしまったのだ。それはもう酷い酔い方で、まさに天地がひっくり返ったような心持だった、もちろん悪い意味で。
ぐでんぐでんになった俺は、火照った身体を冷ますために服を脱いでパンツ一丁になって夜風に当たり、そのままの体で布団に潜り込んで寝てしまったのだ。あんまりにもバカバカしい理由なせいで、自分自身に腹が立つ。
もっとも、そんな風に腹を立てたところで自らの状況に何ら変わりはないのだが。
俺は悪感情に侵されつつある脳髄を抱きながら、全身を支配する倦怠感、悪寒、喉の痛み、鼻水、に苛まれて身動き取れない状態でいる。
咳は出ないのでマイコプラズマの恐れはないだろうが、ここまで調子が悪いと他にも色々な合併症を発してしまいそうでおっかない。
体調の悪さはそのまま精神状態の悪化にも繋がる。
俺は今にも押し潰そうとしてくる言い知れぬ不安をはねのけるために、こんなんだから独り暮らしは不便なんだよ畜生と敢えて口に出してみるのだが、それは誰もいない室内に反響して却って寂弱の感をあおり立てる結果となっただけだった。
とても、心細い。
だから、周期的に来ることはないだろうと思っていたアイツが、呉キリカがひょっこりと顔を出した時は、俺の中でコイツが一番輝いていた瞬間だったと思う。もちろん、こっ恥ずかしくてそんな事を告白出来はしないが。
「戸締りもしてる、灯りもなし。けど微弱ながら気配があるから衰弱で孤独死寸前かと思いきや、まさか風邪とはねー。おにーさんは頑丈さだけが取り柄だと思ってたのに」
笑いをこらえているのが薄暗い部屋の中でも分かる。……前言撤回しようか。
「俺だって、体調不良で寝込んじまうことくらいは、ある……」
やっとの思いで口を開く。本当ならもっと憎まれ口を叩いてやりたい所だが、如何せんそれを為すだけの気力が、今の俺には存在しないのだ。
「……なぁ、キリカ。来てくれたのはありがたいが、今日は帰った方が、良い。伝染(うつ)すと不味いからな。そうなれば、お前を伝わって、織莉子ちゃんにも伝染しかねん」
なぁ、キリカ。お前は知らないだろうし知って欲しくもないが、俺はお前の事を――お前たちの事をかなり大事に思ってるんだぜ、年がいもなくな。
なんでまだ20歳過ぎたばかりの若造がこんな感情を抱いてんのかは分からんが、お前らは、俺にとっては娘や妹みたいな大事な存在なんだ。
だから、な?あまり今の俺の傍には居ないでくれよ。そんな大事な奴に病気を伝染すのは、俺の思うところじゃないんだから。

42 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/02(金) 01:32:21.94 ID:izwmFgpQ0
そんな俺の想いを知ってか知らずか。キリカの奴はまるで清涼飲料水のように爽快な面構えで言ってのけた。
「だいじょぶ、だいじょぶ!子供は風の子元気の子って言うじゃないか!おにーさんみたいに老けてないんだから、私や織莉子にうつりやしないよ」
しゃがみこんで、キリカは俺の顔をしげしげと覗き込む。この寒い時期にも関わらず根性で履いているミニスカートの隙間から、例によって白い布が覗いていて俺は目をキリカの顔へと向けた。
熱に冒されて漠然とした俺の頭が、鼻先10センチ程度の所まで接近したワインレッドの瞳に心配路色を感じ取った。
うんっ、と頷いて、その紅い瞳の主が言う。
「よし、決めた!看病する!今日は私をおねーさんだと思ってバンバン頼ってくれたまえ!」
普段だったら噴き出してるところだ、二重の意味で。驚きと、嘲笑と。お前が、他人を看病する?まさか!と。
「うっふふっふふ〜、この私の万能ぶりを見せつける時が、ついに来たぁ!」
ガッツポーズを決めつつなんだか漲っているキリカを見て、俺は不安しか抱く事が出来ない。
「いや、余計なことは、しなくて良いから……」
帰ってくれよと願う。俺はそれを口にする。聞き入れやしない事を確信しつつ、だが。
「それこそノーだね!こんな状態でいる大事な人をほっぽっておいてのうのうと出来るほどには、私は薄情者じゃぁないんだ!いつも良くしてくれるおにーさんに、私は、私たちは、報いるべきなのさ!」
どうやったって、嫌な未来しか見えない。いつも世紀末な具合にハッスルしているキリカに、果たしてまともな看病が可能なのだろうか。
そうは言っても帰らないだろう。自分と織莉子嬢以外には行動の拠り所を設定しない性質のキリカだからこそ、時としてコイツは恐ろしいほど頑固になる。絶対に譲れない一線があるのだと織莉子ちゃんは言っていた。
それは今においては俺を看病するという目標に発揮されているようで、いくら諭したところで徒労に終わるのは明白だった。
なんで分かるのかって?そりゃ、分かる。こんなに眼を真剣に輝かせているんだから、それはもう。
同時に俺は知ってもいるのだ。こんな眼をしたキリカには、何を言っても説き伏せる事は出来ないって事を。
しかしながら、今までの経緯から言ってキリカの看病は全く信用できないと言える。そもそも、何をしたら良いのかコイツは把握しているのだろうか。
だから俺は要望を飛ばす事にした。キリカから自発的にやるのではなく、水分補給や食べ物について、俺が望んだことをやってもらうのだ。家事関連について致命的に危ういキリカの奴だって、それくらいは出来るだろう。
「まずは、湯を、沸かしてくれ……」
風呂にも入らずに寝込んでいるもんだから、身体がべたついて気持ちが悪い。
なによりも、年ごろ――キリカと言う奴は認めるのも癪なくらいに俺を男扱いしないのだが、それでも"少女"の目の前で、こんな何日も風呂に入っていない男の臭いをまき散らすというのは、どうにも居た堪れない事だった。
あまり身だしなみに気を遣わない俺でも、その程度の分別くらいは、ある。
……色々と心労が増えて知恵熱が出てきたかもしれない。

43 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/02(金) 01:34:04.44 ID:izwmFgpQ0
ゴミだし用のビニール袋の上に置かれた洗面器には、丁度良い按配の温度になった湯が半分程度注がれている。案の定なみなみ注ごうとしたキリカを制止しなかったら、湯の飛沫が飛散し余計な手間が生まれてしまったことだろう。
「少し、後ろを向いていてくれ」
男の裸なんぞ見たくもないだろうし、こちらとしても見せたくはない。親しき仲にも、それくらいの仕切りは必要だ。あまり広くはないアパートだし、台所やトイレ風呂場は極寒の寒さなので別室に追いやる事も出来ない。
恐らく風邪菌だかビールスだかがうようよしてるこの状況下で、それを伝播させる確率は少しでも下げたいという理由もある。
「えー、何でさ?私が手伝ってあげるよぉ?」
……こいつは、知ってて言ってるんだろうか。
「いや、良いから。これは俺で出来る。湯は、ありがとな。だから後ろを向けよって」
「いんや、私がやるねっ。病人は、黙って看病されてれば良いのさ!だから、さぁ早く!」
どうやら俺は、コイツの中では完全に男扱いされてはいないようだ。とても、複雑な気分だが。何であれ、自分では身体を拭う必要がなくなったわけだ。
何と言っても身体を動かすのもおっくうで仕方がないので、ここはいっそのこと頼ってしまおうと思う。
「そうか、じゃあ、頼むわ……」
もぞもぞと服を脱ぐ。面倒なので、シャツと上着を一緒くたにして捲ってしまう。
「わ、わ、わ!何いきなり脱ぎだしてんのさ!」
突然に、上ずって甲高い声が飛んだ。
おい、お前がやるって言ったんだろうが。
「何って、身体を拭くためには服を脱がなきゃいかんだろうが?」
「へ!?おでこに載せるんじゃないの!?」
「はぁ?」
どうやら重大なミスコミュニケーションがあったようだ。
俺は身体を拭くために湯を沸かしてもらったわけだが、どうやらキリカの中ではこれを氷嚢と混同していたらしく、てっきり額に乗っけてどうこうするためのものだと思っていたようなのだ。
「お前……」
織莉子ちゃんが風邪ひいたらどうするつもりなんだ。
「う、う、う……!そんな目で見るなよぉ!少し間違えただけじゃないか!」
……少し?
「ぐ、ぬ、ぬ、ぬ、ぬ……!」
「まぁ、お前は俺を男扱いしてないわけだし、今更どうってことはないだろう?」
いつもの俺への態度から鑑みた、率直な意見を言う。
「それに、織莉子ちゃんので人肌は見慣れてるだろうし、気にする事でも――」
「それとこれとは話が別だよバカァッ!」
ぱしーん、という音とともに、俺は背中に痺れるような激痛を感じた。キリカの奴が平手を飛ばしたのだろう。病人の背中にもみじを作るなど、前代未聞だ。
「痛ぇっ!」
殆ど反射的に振り向くと、既にキリカは後ろを向いてしまっていた。両手で顔を覆っている上に、後頭部しか見えないから表情はうかがい知る事は出来ないが、耳がかなり赤く染まっているためにだいたいは把握出来た。
……キリカ、お前かなり"うぶ"だったんだな。
当然のことながら口には出さないが、俺はこれからのキリカとの付き合いかたについて、少し考えるものがあったのだった。

44 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/02(金) 01:35:25.07 ID:izwmFgpQ0
以上家主風邪ネタ前半
後半はまた今度
前スレでネタ出してくれた方に多謝

おやすみ、キリカちゃん織莉子ちゃん
チュッチュ

45 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/02(金) 07:46:32.82 ID:8mY+cx1t0
GJ、後半に期待

46 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/02(金) 16:28:02.26 ID:GQ9Q/5ox0
おりキリにはない、別のベクトルでの恥じらいを観測できるのがいい

47 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/02(金) 23:33:05.45 ID:izwmFgpQ0
おやすみキリカちゃん織莉子ちゃん
寝る前にアイス食べちゃダメだよチュッチュ

48 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/03(土) 00:32:42.90 ID:cfIsmEXA0
「そうそう部屋主、私と織莉子、3月3日は知り合いと雛祭り込みの女子会するから――」 ぶっ、から
「なんだい、そのリアクションは…?」 お前の口から女子会とか予想外過ぎておもわず吹いただけだ、まで想像した

49 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/03(土) 11:56:45.33 ID:GTC9yzJSO
>>48
2日くらいして、ひなあられとかたかりに来てあしらわれる姿しか見えない

「男やもめの独り暮らしで、そんなもの買うわけないだろーが!」
キリカ「えー!?買ってよ、買ってよー!」
織莉子「こらキリカ!あまり家主さんにご無理を言うんじゃありません!」

50 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/03(土) 22:33:13.61 ID:tq3qE44z0
白酒で酔っ払う二人なんて、どないや?
織莉子はお菓子なんかでアルコール経験があるものの、キリカにはないので速攻ぶっ倒れる。
もちろん、織莉子だって耐性が高いわけじゃない。酔って呂律だの行動だのがおかしくなり、理性が弱って幼児退行して超絶甘えん坊モードになる。
膝の上に酔いつぶれたキリカ。横には酔った織莉子のハグ。家主は般若心経&九九モードで堪えるしかない。

51 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/03(土) 23:42:13.96 ID:t14WyjlG0
キリカ「そんな事を言いつつ、きちんと用意しておいてくれる部屋主が大好きさ!」
「馬鹿、おふざけでそんな事を言うもんじゃない!」
キリカ「えー、もしかして本気にしちゃった?まぁ、部屋主だったら良いかなあぁ?冗談だけど」
「おいおいおいおい!冗談でもそういう事は……って冗談?」
織莉子「うふふ、キリカは私のものですものね!(はぁと)」
キリカ「うん!織莉子大好き!(はぁと)」
「こいつら……」

まで妄想した。
部屋主の前でも憚らずにいちゃいちゃしてれば良いと思うよ!

52 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 01:31:38.92 ID:PR+g341I0
 結局の所、俺は身体を自分で拭いた。後ろ向いて部屋の隅で丸くなってる奴に、無理にやらせることもないだろう。ちらりと視線を送れば、依然その耳は真っ赤なままだった。もちろん、下半身は自重した。
 それをするのは流石に常識がないというものだろう。
「お邪魔しますっ!」
 俺が丁度身体を拭き終えた頃、こちらはきちんと呼び鈴を鳴らして綿雲のような声が入ってきた。キリカの相棒だと言ってしまっても良いだろう、美国織莉子ちゃんだ。
 二人は凹と凸が見事に嵌まったようなコンビっぷりで、思わず砂糖を吐きそうになるくらいのいちゃつきようも、ここまで来ると逆に見ていて気持ち良い。互いに全幅の信を置いているというのは、やはり素晴らしい事だと思う。
 そうなると、彼女らが俺をどの程度信頼してくれているのかが気になるところだ。……が、正直言ってこの辺りは見当もつかない。男一人住まいの部屋に転がり込んで飯をたかる位だから、かなりの信頼を勝ち取れているとも言えるかもしれない。
 しかし実の所、キリカの場合には出会った即日から俺の家に上り込んで飯を喰らっていたので、単に警戒心が欠落しているだけとも取れなくもない。俺が悪党や変態野郎だったらどうするつもりだったのだろう。
 しかもその後には、恐らくはキリカにとっての唯一無二の親友をも連れだってやって来るのだから、どうやって形容したら良いのかまるで分からない。
 なぜ、キリカや織莉子ちゃんは、俺みたいなおっさん面した奴に対してこうまでフレンドリーに振る舞えるのだろうか。きっと教えちゃくれないだろうし、俺としても無理に訊き出すような無粋な真似はしない。
 人間関係には、多少の秘密があった方が面白いだろうし。
「お兄様がご病気だと聞いて、飛んで参りました!」
 息が上がっていることから、本当に急いでやって来たようだ。そんなに慌てるような事なのだろうか。俺の主観で言えば辛い病状だというのは事実だが、客観的にはただの風邪だろうに。

53 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 01:32:22.14 ID:PR+g341I0
「いやいやいや!風邪は万病の元だよ。軽く扱っちゃあ、あっ……という間に重病人さ!」
 キリカがしたり顔で言う。いやもっと正しく言えばドヤ顔とするべきか。悪意はないのに、どことなく神経を逆撫でする表情だと思う。
「そうですよ!それが元でお兄様に何か悪い事がありでもしたら、私たちに何が出来るか……!病気は早いうちに直してしまった方が後々のためです!」
 なにやら熱弁を振いながら、織莉子ちゃんは持ち物の、普段はサンドイッチを入れて持ってくる籐のバスケットから何かを取り出して机の上に並べだす。それは透明なガラス瓶に入った、とてもカラフルな色の液体群だった。
「私たちと親しい仲にある方に、調合して頂いたお薬です」
「何だとぉ……」
 濃緑色にハワイアン・ブルー、琥珀色、真っ赤な液体までもある。クリア・カラーのそれはまるで顔料を混ぜ込んだ水のようで、控えめに言っても健康にあまり良いとは思えない。
「それは、薬……なのか……?」
「はい。西洋医学、というよりは東洋系の体質改善薬――漢方薬みたいなもので、免疫機能を向上させて自己回復能力を増進させる作用があります」
 そうは言われても、この、どう見てもかき氷のシロップにしか見えない液体への不信感は拭いきれない。
「いや、だが市販の風邪薬の方が……」
 人間は人種によって眼の造りに微妙に差異があり、実際に見えている景色の色合いには相当の違いがあるらしい。よく話のタネとなるアメリカン・蛍光色ケーキも、彼らの見えている世界が東洋人とはまた異なったものだからだ、とか。
 そして純然たる東洋人の俺は、この怪しげな色の薬品を到底「おくすり」としては認識できないのだった。
「いいえ。お兄様にはぜひとも早く良くなってもらいたいので……キリカ」
「イエス、オリコ!」
 それはとても素早い動きだった。軍人じみた返事をしたキリカは、まるで狩りをするカマキリのような俊敏さで俺の背後へと回り、その細腕からは考えられないような強力で以て俺を羽交い絞めにしたのだった。
 背中に柔らかい脂肪の感触がするが、今はそれどころではない。
「ぐっ、何を……!」
「こう言ったらなんだけど、あの薬は相当に効果があると思うよ。……ま、食欲を減退させるような色ってのは否定しないけどね。だから、観念して飲んでくれないかい?」

54 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 01:32:46.40 ID:PR+g341I0
 俺は叫ぶ、嫌だと。そんな良く分からない液体なんぞ、口にしたくはないと。身体を拭いて幾分かはさっぱりとしてはいても、体調は未だ低空飛行を続けているためにそれほどの声は出ないが。
「おにーさん、以外と諦めが悪いんだね!往生際が、わ、る、い、ぞ〜!」
 羽交い絞めにしたまま、手で俺の顎を挟んで無理やり口を開けさせる。耳にキリカの吐息がかかる。湿り気を帯びたそれは、とても熱かった。
「ん、が、が、が……」
「味の方はどうか分かりませんけれど、そう悪いものではないと思いますので……では」
 キリカが押さえつけている間に、どうやら全ての液体を混ぜた混合物を作っていたようだ。……まったく、阿吽の呼吸で無駄がないことで。
 やめろ、と吠える。無駄と知りながら。
 まだ、それがカラフル溶液なままなら良かったのだ。今や混ぜ合わされたそれは絵具の洗い場の水のように濁っていて(そう、美術の授業の終わりにしばしば見られたような)、俺の脳は幾度も救難信号を発するまでになっている。
 あれは、まずいのだと。
 もちろん二人はそんな事を気に掛けることもなく、混合液の入ったグラスは俺の口へとどんどん近づいてくる。そして、
「んがぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」
 五臓六腑が捻転を起こして焼けつくような感覚。言うなれば、溶けた鉛を一度に飲まされたような。
 その痛苦は俺の意識を易々と手放させるに足るもので、事実として俺はそうなった。恐らくは白目を剥いて。
 薄れゆく意識の中で、俺は二人の声を聞いた。
「……とは言ったものの、ホントに大丈夫なの?」
「みんなから貰ったものだし、多分……」
 一体、何だったのだろうか、あの液体は。

55 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 01:34:16.01 ID:PR+g341I0
以上、中編
ラストはまた今度

おやすみ織莉子ちゃん
……キリカちゃん、コーヒー飲んで眠れないからって、こんな時間までゲームするのはやめようよ

56 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 13:58:52.27 ID:qFlxcvXl0
昼おりキリゆま

57 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 13:59:23.12 ID:qFlxcvXl0
ひさびさにPCからやると誤爆するね

ごめんよ

58 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 14:08:48.45 ID:PR+g341I0
お昼寝キリカちゃんのおでこぺろぺろ

59 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 14:42:21.67 ID:CUbMuCif0
誤爆じゃないと思ふ

60 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 18:16:19.29 ID:PR+g341I0
これは楽しみ
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=25535637

61 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 22:54:04.28 ID:yjW7HdW40
作風的にR-18本になるんだろうかなぁ

62 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/04(日) 23:57:51.93 ID:yjW7HdW40
なんにしてもおりキリの投稿がとまらないのはいいとこかな

63 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/05(月) 00:02:53.45 ID:gk9MJDF30
白酒ネタ。
酔って、家主の部屋にも関わらずいちゃつき始めるふたり。
家主「こらこら、こんなところでおっぱじめるな!」
それでも夢中で気づかないおりキリ。
家主は、犬猫の交尾を邪魔するときのように、コップの水を引っ掛ける。
織莉子「きゃっ、何ですか!?」
キリカ「ひどいよおにーさん。こんな事するなんて。混ぜて欲しければ、そう言えばいいのに」
家主「うるさい。今度は熱湯をぶっかけるぞ」
織莉子「すみません、お兄様。ほら、キリカ、帰りますよ」

アレをオカズにしたら、なんか負けたような気がする。一人取り残された家主は、そう悩む。

64 :ハナブクロ:2012/03/05(月) 00:07:59.58 ID:gk9MJDF30
勝手に家主モノ

大学卒業後、俺は実家に帰った。
就職難のこのご時勢、使えるつてを全部使った結果、親のコネで地元の企業になんとか就職できることになった。
別に仕事に夢とか理想を持つタイプではないので、そのまま就職し、以来仕事に忙殺される日々を送っていった。
地元なので必然的に実家暮らしになり、いわゆるシングルパラサイト状態だ。一応、ちゃんと両親に生活費は納めているが。
実家なので学生時代に磨いた料理の腕を振るうこともなく、学生時代のように友人と遊びに行くこともない。娯楽と言えばレンタルビデオや時折街で出会った幼馴染の連中と適当にしゃべったりするだけ。あとはひたすら仕事を覚える、そんな慌しい日々を送っていた。
気がつけば、季節は暑くなり、また涼しくなり、やがて寒くなっていった。
そんなある日、自室で暖を取ろうと自宅に帰って以来使ってなかったコタツを引っ張り出した。不意にあの賑やかではた迷惑な、それでいて楽しい二人を思い出し、懐かしい気分になった。
理由はこのコタツ布団だ。自宅に戻る引越しの際、慌てて仕舞ってそのままクリーニングも何もしなかったんで、二人のにおいがそのまま残っていたのだろう。
布団に匂いがつくまで入り浸っていたあの二人を思い出し、俺は無性に布団の匂いを嗅ぎたくなる。そしてそれを胸いっぱいに吸い込むと、訳もなくハラハラと涙がこぼれた。

65 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/05(月) 12:02:33.04 ID:TM3SHegHO
キリカちゃんの耳たぶはみはみ
織莉子ちゃんの首筋ぺろぺろ

66 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/05(月) 13:21:25.94 ID:W4dqnfXd0
外人さん作のアイコン集
http://jackandtink.livejournal.com/1767.html

漫画のコマに色塗っただけだけど、大分印象が変わるね

67 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/06(火) 02:25:09.17 ID:z2xeqao20
おやすみキリカちゃん
織莉子ちゃん、あったかくなってきたからって急に薄着になって寝ると風邪ひいちゃうよ?

68 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 00:39:05.23 ID:XSmb0SCM0
書きたいネタはあるのに、時間と気力が足りない……
マミおりとか書きたいのう……

69 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 00:56:41.22 ID:dSAVBpk+0
「一人暮らしの男ん家に調味料あると女の影が〜ていうよね」 なんだその古い時代の言い回しは…、から
「で、実際はどうなの 部屋主?」 ん?ああ本当なんじゃないか うちの場合は作りにでなく食いにきてるだけどなッ!まで想像した


内容は知らないけど、マミさんアイドルデビューらしいね
マギカの中だとマミさんが一番好きだわ…もちろんおっぱい以外の意味で

70 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 01:14:12.77 ID:zGoBsZsi0
織莉子ちゃん大好き
マギカシリーズでもかなりヘビィな経緯で魔法少女になる娘だし
守りたい世界と大義名分をはき違えてる少し残念な面もあるしww

やらかした事は大層アレだったけど、あの状況下でよく頑張ったと褒めてやりたい


世の悪意に曝されまくっているという共通点から共依存するおり杏というネタを受信したが
考えてみたら俺はおりキリ原理主義者で織莉子ちゃんが他の誰かに依存するのを耐えられない人だった

71 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 01:33:06.94 ID:dSAVBpk+0
私的には「最後には私のところに帰ってきてください」くらいまでなら許容範囲だわ
根源はおりキリ、でも友達作るくらいはいいよね…みたいな

72 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 01:35:12.34 ID:TdAQ8ige0
まぁその前には二人そろってほむら級のコミュ障っていう壁を乗り越える必要がある訳ですが

73 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 01:45:32.19 ID:zGoBsZsi0
前スレで少し出た、おり→マミ←キリをキリカちゃん視点で書いてる(VIPで書いてたけど落ちた)んだけど、
やっぱりおりキリが至上という固定観念からは逃れられそうにない

結果、マミさんが両手に華の大勝利な結末になりそう

74 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 01:51:57.12 ID:EHKFgcYN0
どうしてもまどキリゆまから離れられない自分
そして書き溜めの消える毎日
でもなんか楽しいそんな毎日

ゆまたんとたっくんがきゃいのきゃいのして
キリカちゃんがいやいや付き合ってたらマジになって
まどかちゃんがウェヒヒと傍観して
まどか「汗かいちゃったね、メ○ットしよっか?ウェヒ」
っていう一レスのネタを書こうとしてたんだ

キリカちゃんの泡立ちの良い頭に群がる年下組

うん、いいよね、ね
たっくんも大きくなったら一緒に入れなくなっちゃうし
そんな些細な日常がかけがえのない思い出になるんでしょうねえ

75 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 22:59:25.05 ID:2a03NaSH0
久しぶりにちょっと読んでみたら
退廃しているくせに服装には妙に拘りがありそうなキリカが可愛いと思った

76 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 23:36:47.38 ID:7vLtzjoL0
おりマギってどういう需要があるの?
おりキリか、キャラ単体か、それとも本編組との絡みか、平和なのか…
なんか描いてみたい

77 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 23:43:48.75 ID:dSAVBpk+0
とりあえず描きたいのでどうぞ

78 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 23:49:18.62 ID:zGoBsZsi0
>>76
描きたいの描いて欲しい……が、そもそも供給が少なすぎてどれでもカムヒア!なのが現状
本編組と違って公式からのフォローがないので、出来れば平和に過ごすおりキリが見たい、個人的には

ぶっちゃけ本編組の噛ませや踏み台になりさえしなければなんでも

79 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/07(水) 23:49:20.54 ID:2a03NaSH0
不足しているから何でも歓迎しますよ
個人的にはおりこちゃん単体需要が強いけど
これは一般的とは言い難い

80 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/08(木) 00:40:26.22 ID:Ka+wlb0G0
 意識を取り戻して先ず感じたのは、強い酒の臭いだった。日本酒のように甘もっくらとしたものでも、ワインのように芳醇な果実臭でもない。もっと別の、何かだ。
 そうだ、これは俺の買った、あの質の悪いラム酒の臭いじゃないか。
 俺が意識を失った後には、飲酒できる年齢の人物はいないはずだが、もしや――。
「おにーひゃーん……これ、ふぅごいねぇぇえぇぇぇぇ……」
 呂律の回っていない体のキリカがいた。膨らんだ赤風船のような顔は、とてもではないが健全な状態であるようには見えない。
「おにぃさまぁ……もうしわけありませぇん……こえ、のんでしまいましたぁ……」
 こちらも舌の回りは怪しいが、意識はそこまで混濁してはいないようだ。ただやはり顔は真っ赤っかで、眼も潤んでいるように見える。
「……なにが、あった?」
 部屋の向こう側でキャハキャハ言いながら酒瓶を振り回すキリカよりは、ずっと明瞭な思考でいるだろう織莉子ちゃんの方から話を聞く事にした。
 ともかく、今のろくでもない――部屋のアルコールの臭いと、真っ赤な顔をした女子中学生二人がいるという事態がいかにして生じたのかということを、俺は知る必要があった。

81 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/08(木) 00:43:13.72 ID:Ka+wlb0G0
 それは俺が気を失ってから10分ばかり後の出来事だった、とは言ったものの、俺が意識不明になっていた時間は精々が30分程度だったので、今の状況は実際起きてからそうは経っていないようだが。
 まず、二人は俺が気絶した事について話し合った。それは片方が片方を責めるというような安っぽい糾弾ではなく、なぜ俺が気絶したのかという事を論理的に究明するための場だったらしい。
 結論から言って、混ぜたのが良くなかった。と言うよりも、織莉子ちゃんに時々発動するドジっ娘属性が盛大に花開いて、薬の出所からの禁を無視する形での服用となったのだとか。なんでも「混ぜるな危険」と警告されたのを忘れていたのだとか。
 ご丁寧にも黄色の便せんに可愛らしい文字で"同時服用厳禁"とまで書いてあったのだから、彼女らがやらかしたのは相当に危険な行為だったのだと言える。
 これで俺に降りかかった悲劇の原因は分かったわけだが、まだもう一つ謎が残っている。むしろそちらの方が重要だ。
「あーっと……俺については分かった。んじゃ本題」
 なぜ、俺のラム酒をキリカが振り回していて、二人して酒の臭いをぷんぷんさせているのか。
「あの、えっと、それは……」
 とても言いにくそうだが、言ってもらわなければ事態が把握できない。となれば、もう殺し文句を使うしかないだろう。
「織莉子ちゃん、俺は別に怒ってるわけじゃない。叱ったりもしない、言わなくたって悔いて反省してるだろうしな。だが、俺はこの部屋の主で、この場で起こった全ての出来事の最終責任は俺にくるんだ。
だから、俺はこの場で起こったコレを知る必要があるんだよ。正直に言えば咎めはしないさ。でもな、自分のしでかしちまった事を隠匿してそのままにして置こうっていうのは、やっぱり卑怯だと俺は思うんだ。
俺は、そんな卑怯な人間と付き合いを持つ気はない。織莉子ちゃんは、そんな卑怯者じゃ、ないよな……?」
 織莉子ちゃんは俯いている。きっと、下唇を噛んでいるのだろう。両手が、スカートの裾を掴んで筋が浮かぶほどに握っている。
 そんな神妙な雰囲気の中、キリカが俺の知らないアップテンポの高らかに歌を唄っていて、それがひどく場違いに思えた。
「キリカが興味を持って、飲んでしまったんです……その、ラベルが外してあったから分からなくって……それで美味しいって言うものだから、私も口にしてみたんですが……」
 ああ、ちくしょうめ、そういうことか。
 俺は天井を仰ぎ見て大きく息を吐いた。つまり今の事態は、俺の癖が生んだ悲劇だったというわけだ。
 俺は飲み物や文房具、その他色々なものを購入した際には、まず貼ってあるラベルや値札といったタグシールを外してしまう癖がある。
 俺には少々神経質な部分があるのか、ガラスの瓶に貼ってあるシールやペットボトルのカバーなど、それが貼ってある、付いている状態がとても気に入らなく感じられるのだ。
 単一の物質に別の何かがくっついているという状態が気持ち悪いことだと思えてしまうせいなのだろうか、それは奥歯に繊維が引っかかっているという違和感にとても似ている。
 それはやるととても気持ちいい行為なのだが、反面、中の物質が何であるのか把握できなくなる欠点もあった。
 あの日、例のごとく俺は買い物袋を開けると、まずラム酒の表面に巻かれたビニールのタグを取った。すると一点のムラも無い綺麗な瓶が姿を現し、俺はこれを花瓶(ドライフラワー)として使う事に決めた。
 そして用途を決めたのちに封を開き…後は上述の通り、酔っぱらって風邪をひいたのだ。
 つまりキリカはアルコールを誤飲したのであって、彼女に落ち度はそれほどはないということだろう。
 俺の家に置いてあるものをろくすっぽ確認もせずに飲み食いするキリカだから、キャップを回した途端に漂う仄かなアルコールの臭気すらも気が付かなかった可能性がある。
 というか、気付かなかったからこそ今のこの現状があるのだろう。
 確信する、キリカは俺に対しては極めて無防備なのだと。まるで猫が腹を見せて寝っ転がるかのように、信頼――というよりはむしろ懐いているのだと。
 少し、いやかなり嬉しかった。
「分かった。委細承知したよ」
 気取られないようこっそりとにまにま笑いをしながら、手を伸ばす。殴られるとでも思ったのだろうが、織莉子ちゃんがビクッと肩を竦める。
 お構いなしに、頭を撫でた。

82 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/08(木) 00:43:44.78 ID:Ka+wlb0G0
「あ……」
「言いづらい事を、良く言ってくれたな」
 俺にも非はあるんだと告げた。
「俺の妙な癖でな、何かとラベルを剥がしたがるんだよ。それじゃ、中身が分からんのも仕方がない。……悪かったな」
 綿毛のような髪の感触を掌に感じながら、俺は彼女の頭を撫でた。眼を閉じて安心した顔をする織莉子ちゃんは、俺の風邪による悪感情や現状に対する行き場の解らない憤懣を解きほぐす、まさに天使を思わせるものだった。キャンキャンとしたキリカの唄声をバックに――。
 いつの間にか、止んでいた。
「おにーさん、私の頭も撫でてよぉ!」
 胡坐で座る俺の背後から、まるでガキンチョのような勢いで、黒くて小さい生き物が圧し掛かってきた。本日二度目となる、背中への柔らかな感触。擬音を付けるなら"くにゅっ"という調子で、それは形を変えて俺の背の肉に順じて形を変えた。
 もう、慣れた。
 それに、今の問題はそこではない。指摘するべきは、
「おい、キリカ!酒くさいぞ、お前!」
 口からぷぅんとアルコールの臭いを発散させながら人に絡む様は、この可憐な(と一応言っておく)少女を酔っ払いおやじのような姿に変貌させている。
 酷い絡み酒だと思う。将来はあまり酒を飲まない方が良い。
「おにーさんの手は二つあるんだから、私の頭だってなでなで出来るだろう!?早く、撫でてよぉ!」
 聞いちゃいない。しかし、こんな時でも織莉子ちゃんから愛撫権を奪おうとしない辺り、見上げた友情だと思う。深層心理に何か植えつけられてでもいるのだろうか。逆に心配になる。
 キリカは俺の首に回していた腕を解き、ネズミのようなはしっこさで俺と相対する。ちょうど、織莉子ちゃんと俺とで三角形を描くような位置関係だ。腰を曲げて、頭を下げる。さぁ撫でろと言わんばかりのポージングだった。
 俺は空いた左手をキリカの頭に伸ばす。ごわごわとして黒い、織莉子ちゃんとは対照的な髪の毛の感触。手を動かすと、もともと弛緩していたキリカの筋肉がますます緩んで、それはもうみっともない表情になった。
 腹を見せてごろごろと寝返りをうつ猫のようで、今にも喉をごろごろと鳴らしそうだ。
 しかし、どうも様子が変だ。キリカの脱力は止まる気配がない。挙句、そのままこくりと頭を下げて、
「う〜ん、むにゃむにゃむにゃ……」
 と漫画のような声を出して眠りだした。頭が床にぶっつけられて、こつんと音がした。
 俺と織莉子ちゃんは顔を見合わせて、溜息をついた。

83 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/08(木) 00:44:26.45 ID:Ka+wlb0G0
 布団には、中学生の女子二人が絡まりあって寝ている。風邪菌がたっぷりと染みたシーツやなんかを取り換えて、申し訳程度には清潔になった俺の布団だ。
 結果から言うと、騒ぐだけ騒いだ後になでなでを要求し、終いには寝てしまったキリカを起こすのは不可能だった。これは織莉子ちゃんの証言からも初めから期待していなかったが、耳に水をかけてみても起きなかったところを見ると、コイツの眠りは相当に深いようだ。
 その後、不可解な程に体調を回復していた俺は、キリカをどうするか織莉子ちゃんと話し合った。
 そして織莉子ちゃんは未だにアルコールが抜けず足腰が立たず、キリカの奴はどう足掻いても起こすことが出来ないという事が分かると、俺は腹を決めて二人を泊める事にしたのだった。
 当然、本来ならば齢15歳そこそこの少女を男の独り暮らしの家に留め置くなどあっちゃならないことだとは思うが、何と言うかコイツらに限ってはその辺りをあまり気しないようで、あまりにもすんなりと宿泊をオーケーするものだからむしろこちらの方が拍子抜けだった。
 ちなみに、飯は俺が作った。病み上がりだというのにまるで新生したかのように体調が良く、包丁を振う腕がやけに軽快だった。あの液体は、マジで何だったんだろうか?
 歓喜天(ガネーシャ)のように絡まりあって寝ている二人は、どこまでも幸せそうだった。この幸せがいつまでも続けば良いなと、俺は思う。
 もちろん、別れなどというものはいつでも訪れるもので、俺たちだっていつかは別れる事になるだろう。ただこいつ等は、美国織莉子と呉キリカというお似合いのコンビだけは、生涯の友でいさせてやって欲しいと、俺は願わずにはおられなかった。

84 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/08(木) 00:44:58.20 ID:Ka+wlb0G0
以上、家主の風邪編終わり
長々とすいませんでした

85 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/08(木) 01:45:18.15 ID:8I6Mw3K70
乙です
本編ではありえない日常との邂逅が見られるのはそれはとっても嬉しいなって思ってしまうのでした

86 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/08(木) 22:38:22.46 ID:rtQIQ+4sQ
あ〜キリカちゃんと織莉子さんのお尻舐めたい

87 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 00:01:13.27 ID:KcjJGvyG0
>80
乙であります。

>歓喜天(ガネーシャ)のように絡まりあって
比喩が無駄にエロい(w

88 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 01:13:00.42 ID:0ykz3o5k0
織莉子ちゃんキリカちゃんと一緒に室内プールへ行きたい
男衆の視線を集めて恥ずかしがる織莉子ちゃんと、野獣どもに威嚇を飛ばすキリカちゃん
そんなキリカちゃんを宥めつつ、売店でホットドッ買ってきて皆で食べたい

89 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 01:31:11.38 ID:Zy5B1YGT0
季節的に寒いからそうだ温水プールにいこうイベントいいよね…

90 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 07:39:36.55 ID:8Lo912z20
織莉子は海外リゾートやホテルのプールとか行った事あるだろうな。
でもって水着は透けない白ビキニ。
キリカは……少なくともビキニのイメージじゃない。ワンピースかセパレートといったところか?
個人的にはスク水とかよさそうなんだが。

91 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 11:58:34.12 ID:0ykz3o5k0
スク水キリカと言えばこれを思い出す
ttp://www.pixiv.net/novel/show.php?id=415484

>>75も言ってるけど、キリカちゃんは自分のファッション・服装には拘っているみたいだからスクール水着はないんじゃないか
水泳に行くことを想定していないせいでスク水しか持ってない、という事態はあり得そうだけど
似合うか否かで問われれば間違いなく似合いそうなんだけどね、キリカちゃんにスク水
個人的にはセパレートに一票

92 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 13:08:41.80 ID:SEXWZjdh0
キリカは特殊な形状の水中ゴーグルをつけてそうな気がする
左と右で色が違ったり、片方眼帯だったり

93 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 15:02:14.46 ID:PeeSlfar0
>>92
そんなゴーグル付けてる人が傍にいたら恥ずかしいなw

94 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 23:33:02.05 ID:8Lo912z20
海水浴場のスク水キリカちゃんか……
彼女を誘って近くの木陰にしけこむ。
口付けを交わしつつ、肩紐をずりおろしその豊満な胸をあらわにする。
その先端を口でいろいろといじりつつ、手で腹部の水抜きから手を入れてさらに下へと水着の中をまさぐる。
喘いだり、切なげな声を漏らしたり、そんなキリカちゃんをこの手で弄ってみたい。

95 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/09(金) 23:33:14.86 ID:yIvzHfJNO
織莉子ちゃんなら、キリカちゃんのそういう趣味も全肯定する筈
家主だったら漏れなくツッコミを入れるだろうけど

96 :95:2012/03/09(金) 23:37:31.00 ID:yIvzHfJNO
>>95>>93宛て

97 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/10(土) 11:53:39.76 ID:E1863KpOO
そう言えば、織莉子ちゃんも学校ではスクール水着なんだよな……
流石に学校の外では着ないだろうけど、

キリカ「織莉子のスクール水着が見たい見たい見たい見たいみーたーいー!」

なんて事になったら、恥を忍んで着るんたろうな
おりキリのスク水プレイ……ごくり

98 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/10(土) 21:21:56.70 ID:R8RJPiAI0
織莉子もマミも、規格外の胸にはちきれんばかりになるスク水が想像できる。

99 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/10(土) 22:05:01.64 ID:V034NJhA0
マイクラのメイドテクスチャで織莉子ちゃんフォルムでないかな

100 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 11:46:29.46 ID:peumiJ18O
キリカちゃんも身長との比ではなかなか豊満だとおも
根暗時代には殆ど見向きもされなかったけど、契約済みイケメンキリカさんになったら、授業でのハッスル具合に前屈みになる輩も増えるかも

実は泳げないキリカちゃんってのもありだけど

101 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 11:59:14.35 ID:3Y2gs5WJ0
おりキリの水着が弾け
男子の水着も弾けると

102 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 12:01:42.44 ID:9I0SSB330
おまわりさんこの学校です

103 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 12:26:16.71 ID:3Y2gs5WJ0
当然弾けない女子も男子も居ると

104 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 12:55:43.28 ID:9I0SSB330
普通水着は弾けないのが普通ですから…

105 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 13:58:01.91 ID:peumiJ18O
だが、待って欲しい
尋常ならざる双璧をなす双乳に、果たしてその「普通」なるものが適用されて良いのだろうか

実際には伸縮性素材なために破けたり避けたりは起こらないみたいだけど
熱には弱いかろウォータースライダーやって溶けるとかはあるみたいね

ウォータースライダーて水着が溶け、お尻が見えて半べそをかくキリカちゃんを受信した

106 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 14:18:39.32 ID:3Y2gs5WJ0
べそじゃすまない
水ぶくれできるよ

107 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 14:26:47.75 ID:peumiJ18O
ほら、キリカちゃん痛みには強いし
織莉子ちゃんが傍にいる限りは泣くのは堪えるでしょう

108 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 16:10:05.26 ID:XWy8qaTI0
織莉子さんアンソロ登場(但しモブ)おめでとう

109 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 16:17:06.72 ID:9I0SSB330
が、外伝キャラがアンソロに登場だとか……嘘をつくなァ――ッ!!

110 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 16:28:06.55 ID:9I0SSB330
と思っていた時期が俺にもありました、たしかにセリフなしエキストラだな…

111 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 18:05:08.85 ID:4raEu56t0
一応おめでとうと言っておくべきなのか

112 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 18:54:00.48 ID:72OUbIBd0
お…おめでとう…?
それにしてもオッパイが足りないな…

113 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 19:48:28.74 ID:4raEu56t0
アンソロにはどうせ出ないだろうと思ってノータッチだったわ
出てるんならポチってくるけど、ちっぱい織莉子ちゃんなんて認められん
ひんぬーマミさんくらいあってはならないことだ

114 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 19:55:28.46 ID:72OUbIBd0
試し読みで見たけどモブ+貧乳だったよ

115 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 20:03:47.07 ID:4raEu56t0
>>114
見てきた、かずみと一緒だったな
髪型と制服で確定みたいだし、原作よりはつつましやかとはいえ言うほど貧でなくて安心した
マミさんとの対比で考えると悲しいほど減量されてるけど
願わくばキリカとコンビで出してほしかったが……!

116 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 20:35:02.10 ID:0L6LPM2L0
よし、これで安らかに絶望できるな

117 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 20:54:57.92 ID:xEXVONgj0
真に絶望するのはあなたじゃない…このスレを見ずアンソロを購入したおりこファンよ

118 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 21:12:51.80 ID:9I0SSB330
ボリュームを減らすことによって版権の壁を潜り抜けたと考えるしかないのか…

119 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 21:44:56.78 ID:AqlRhNxh0
>願わくばキリカとコンビで出してほしかったが……!
激しく同意だ。おりキリの仲を引き裂くなんて許せん。
おりキリを殺しても、その仲を裂くことだけは絶対のタブーとしていたのに。

それより浜松町より帰還。今回も杏さやで諭吉さんがいなくなった。
おりキリに関しては、渋のはーどぼいるどゆましかなかった。ハートフルストーリーの人は、杏ゆましかなかった。
家主の方にでもご出馬願いたいものだ。

120 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 22:02:58.14 ID:K42DvzrT0
公式はストップかかってるみたいだけど同人ならおりこやかずみのやつは描いてもいいの?

121 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 22:02:59.40 ID:TFUQJpBV0
どこもかしこもネタバレとかホント勘弁してくんねえかな>アンソロ
ネタバレ注意の一言でも書けってんだ


>>119
ハートフルストーリーの人のはあった?

122 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 22:40:20.91 ID:MO2SOKni0
>>120
そもそも同人誌自体がグレーゾーンな行為なわけだし、構わないんじゃないでしょうか
ていうか描いてくださいお願いします

>>121
ごめん
芳文社当該サイトの試し読みからの情報だったから、話題に乗っかっても良いものだと

123 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 23:10:42.02 ID:rP4gfB2E0
ネットで見られる情報にネタバレも何もないと思うんだ

124 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 23:17:59.66 ID:AqlRhNxh0
>121
ハートフルストーリーの人は出てた、例によって作品のトレスを一枚貰った。
内容はマミさや&腹減らした杏ゆまが転がり込んでくる。

125 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 23:28:18.12 ID:TFUQJpBV0
>>122
一言書いてくれるだけでいい
喧嘩しにきてるわけじゃないからもうやめようこの話題

>>124
なるほど、もう手に入らない感じ?

126 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 23:35:33.95 ID:AqlRhNxh0
>もう手に入らない感じ?
知らん。コピー誌だから、次のイベントのときに渋経由でリクとかすれば持ってきてくれるかも。
ちなみに、11/27(9/4だったかも?)のイベントのときの再販は置いてなかった。

そうそう、イベント後のジャンケンゲームにさやかの色紙を一枚出してた。

127 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/11(日) 23:45:12.13 ID:TFUQJpBV0
ほほう。d
イベント今日だったのか。

128 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 00:49:00.17 ID:GWW3qXfJ0
>>119
残念だけれど、イベントに積極的に参加するようなアクティブな性格ではないので……
渋で好き放題におりキリの日常を描ければそれで良いかなって
外伝組の、それも文章での参加なんて、どれくらい需要があるかわからないし
わざわざお金を出す同人誌よりかは、VIPやなんかで地道かつコンスタントに布教していきたいな、と

129 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 00:58:00.27 ID:tBHeb+ymO
VIPにスレたててたなんて初耳だぞおいマジかよ
布教するつもりならここに宣伝してくれたって罰は当たらないじゃんか

130 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:09:50.95 ID:nJUJxP6N0
>>128
いえーい同志!まぁこっちはSS速報ですが
最近あそこは織莉子風が吹いている気がするのぜ

131 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:11:38.73 ID:F+fWBOoz0
織莉子風がどんなか想像しにくいな…初期に予言して死ぬタイプの展開じゃないだろうな…

132 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:13:22.23 ID:PvZmWUkP0
そいつぁとても残念だ。おりキリにおいて、現状ではおりキリで最高峰なんだがな。(別名、そもそも他には殆どない)

イベントで作家さんに会う度に思うんだが、自分も書いてるとかって名乗れたらいいのう。
2月末のイベントで昔のジャンルの知人に会って話が弾んだんで、最近殊更そう思った。

133 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:16:54.80 ID:nJUJxP6N0
>>131
あぁ……まぁ、うん。自分が書いたのはまさにそれだった……
でもキリさやったり、最終的には超展開で全員復活させたりしたよ!

134 :家主の人:2012/03/12(月) 01:18:59.34 ID:GWW3qXfJ0
だいたい人が来なくってdat行きになっちゃうけどw
書き溜めてない俺が悪いんだが

大抵はエロで釣ってるけど、>>73のネタで書いてた時にはあっというまに落ちてがっかり
初詣ネタもVIPで書いてたのが途中で落ちたので、プロットをもとに渋向けに書き直したもの
台本形式って苦手なので、どうしても地の分が多くなってしまってそれが原因かも
あとスレタイが外伝だと全然人が来ないね
他の人のSSでも、かずみ含む外伝組が出た途端に反応が悪くなるし

以上、チラ裏の愚痴

135 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:21:26.81 ID:PvZmWUkP0
>予言して死ぬタイプ
予言、死、そして巨乳……

人面ホルスタインの織莉子を想像した。
ネタが分からん奴は「件」でググってくれ。

136 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:24:17.37 ID:GWW3qXfJ0

ttp://fantasy.kakurezato.com/encyclopedia/kudan.html

137 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:29:31.66 ID:F+fWBOoz0
うん、まぁ前スレでそういった感じの話題があったからそれかなぁとは思ったわけで

>>134
外伝キャラは受けが悪いというか、そもそも知名度の部分で本編キャラと大きな差があるからねぇ

138 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 01:36:34.64 ID:nJUJxP6N0
かずみは受け悪いというか、完結するまで様子見勢もかなりいる気はする
おりこは昔よりかは知ってる人増えた気がする。あくまで昔よりかって程度でやっぱ本編組には負けちゃうわけだけどさ

139 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 02:11:16.89 ID:GWW3qXfJ0
今SS速報向けに織莉子ちゃん主役の本編組共闘SSのプロットを練ってるんだが、遅々として進まねぇ……
一か月間の戦いとして、その時系列処理が大変で大変で
見切り発車じゃあとあと大変な事になるのは目に見えてるから骨子はまとめておきたいが、急がないと書く気力そのものが萎えそうで怖い

書きたいSSは山ほどあるのに、遅筆なせいでとにかく書けずに時間だけが過ぎていく……

140 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 02:12:33.77 ID:F+fWBOoz0
ああうん、受けが悪いというのは読者側の反応の事だったんだ

かずみは毎回裏向いてるカードがひっくり返って、先月までの展開予想をはるか斜め上にいくから
現状題材にするのに向いてないなぁというのは同感ですが

141 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 06:47:43.80 ID:nJUJxP6N0
あぁいや、まぁ完結するまで様子見しちゃって購入を控えてる読者も多そうな今日この頃かずみネタは使っても読者に分かってもらえない事が多いというか何というかそういう意味
完結すればもまた反応も変るかなって。てかその時はSS投下しまくって布教しまくるがな!

てのはさておきおりこ知ってる人は増えてる気がするんだよ
例えば安価で1レスとかでちょくちょくおりこネタはさむ人や、おりこネタに投票してくれる人も以前に比べれば増えたし
SS速報でも織莉子キャラは出ないんですか?なんて聞かれたりとかするようになったし
以前の誰それ?って空気はだんだんなくなってきた気がする
……これは気がするだけかもしれないけどさw

142 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 10:09:25.68 ID:KTAGDQ9RO
それ、人が減って外伝まで触手を伸ばしてる人の比率が高くなっただけなんじゃ

143 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 12:05:44.07 ID:ST0QgKV50
人が減ってというか、ネタが無くなってきたからだと思ふ
だがSSが増える事はいいことだ

144 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/12(月) 22:25:41.09 ID:GWW3qXfJ0
キリカ「ホワイトデーだね!お返しちょうだいっ!」
織莉子「こら、キリカ!はしたないわよ。……コホン、それで家主さん」
わかったわかった、皆まで言うな。ほら、これだ。
キリカ「チーズケーキ!?凄い!」
既製品じゃ面白くないからな、腕によりをかけて作ったよ。菓子作りは初めてだから味は少し心配だが……
織莉子「でも、家主さんのお宅にはオーブンは無かったような……どうやって作ったんです?」
……圧力鍋って凄いねー
キリカ「これすごく美味しいよ!早く、織莉子も食べなよ!家主、ありがとー!」
織莉子「!もう、キリカったら!もうそんなに食べて!」

まで想像した

145 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 00:37:57.85 ID:HYkVtYwP0
アンソロゲット。モブとはいえ織莉子が出たのはうれしい。
肝心のムラ先生の方は今一だった気がする。
こんだけ大量に同人誌やネットで二次創作が出回ってるんだ、目も肥えようというものだ。

146 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 01:14:35.22 ID:mGsgjEUY0
あまり見ないタイプの二次だったけれど、ムラさんにギャグ系はあまり芸風っぽくないなぁと思ってしまうのでした

147 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 01:50:49.14 ID:mGsgjEUY0
某MMOでキリカそっくりを目指してみたけれど八重歯がないのが致命的だった
瞳の色は表紙と扉絵で違うから、好みの金目を選択、他に貼るところがないのでお借りします
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2740203.png


148 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 01:55:22.05 ID:yQEqGREy0
びっくりするほどキリカじゃん
速攻画像保存しちゃったよ

149 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 03:04:11.88 ID:azTInNcD0
>>147
キリカちゃんだ!紛うことなきキリカちゃんだ!
上手い事やったなぁ、すげぇ

この頭身のキリカちゃんはやばいな
なんかもう、頬ずりしてぺろぺろしてお持ち帰りしたくなる
織莉子ちゃんがこれ見たら、絶対暴走してそのままベッドインだな

150 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 07:00:37.60 ID:KFuDdCskQ
>>147
僕のSGが爆発しました
ありがとう、ありがとう

151 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 12:46:38.89 ID:01kUpR4S0
やべぇ、もう壊れた……
夢が織莉子とかキリカが出てくるものしか見れなくなった……

どうやったら普通に戻れる?

152 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 14:16:24.97 ID:sU5t65xs0
淫夢なら醒めないで

153 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 18:39:22.11 ID:YPpKByaWO
>>151
羨ましい
どうせいつか飽きが来るんだから、今はどっぷり浸かっておけば

ちなみにどんな夢だった?
キリカちゃんとシルクのベッドで、抱き合いながらゴロゴロする夢なら見た事あるけど

154 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 18:44:01.21 ID:KFuDdCskQ
おりキリが俺を守る為に魔女と戦って死ぬ夢と(俺号泣)
バニー+ブルマで3Pする夢なら見たな
基本、夢でもセットなんだなあ

155 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 18:57:34.96 ID:01kUpR4S0
>>153
7日前→織莉子と鬼ごっこ(なぜ?
6日前→織莉子と同級生
5日前→キリカと織莉子が同じクラス
4日前→俺は先生、キリカと織莉子が生徒
3日前→キリカが妹でイチャイチャ
2日前→織莉子が姉でイチャイチャ
1日前→織莉子とキリカが姉と妹。百合

こんな感じ

156 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 19:00:02.75 ID:yQEqGREy0
それは少し前の話
SS内でキリカを殺してしまった時
夢の中でフレディの格好をしたキリカさんが
「何故殺したぁ」
と……

157 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 19:05:24.46 ID:YPpKByaWO
>>155
良いなぁ
キリニーおりニーはやるけど、そんな風に仲睦まじくなれる夢はなかなか見れない

一番ユニークだったのは、俺がキリカになって織莉子ちゃんに性的にいろいろされる夢か
夢自体めったに見れないけど

158 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 19:15:32.45 ID:sU5t65xs0
おりニー→私服、制服、魔法少女、コスプレ
キリニー→制服、魔法少女、コスプレ
キリカちゃんの私服は想像しにくくて困る

159 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 22:15:05.52 ID:mGsgjEUY0
どちらかというと好評のようで良かった
とりあえず半魔女化っぽいのを投げて終了、満足した
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2742857.png

160 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 22:35:11.92 ID:azTInNcD0
>>159
なるほど、心に激しい愛を持ちながらも安らかに絶望した場合、魔法少女を超えた魔少女へと進化するわけだな
可愛いw

キリカちゃんの私服は、ハートフルの人のを参考に脳内構築してる
キリカちゃんにゴスロリ着せて致したい

161 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 22:52:33.11 ID:GHeESAcu0
124: 名前:名無しさん@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2012/03/13(火) 22:02:33.56 ID:65xXXsXt0 [1/4]
まどポタのネタバレスレより

美国織莉子:阿澄佳奈
呉キリカ:沢城みゆき
千歳ゆま:井口裕香


ktkrえええええええええええええっ!!!!!

162 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 23:12:25.50 ID:mGsgjEUY0
嘘だッ

>>160
いえ単に黒江さんのラフでそういうのがあったから着せてみるぜー!なだけで
擬人化マーゴットみたいな?そんな感じ

163 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 23:14:38.33 ID:01kUpR4S0
らきすたにそのキリカっぽいキャラいた気が(ry

164 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 23:22:43.40 ID:azTInNcD0
>>162
擬人化Margotと聞くと、渋にあった外人さん(?)の絵を思い出すな
両手が鎌になった、不敵に笑うキリカちゃん

結論:キリカちゃんにはなに着せても可愛い

165 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 23:24:57.03 ID:HYkVtYwP0
>161
な、なにぃぃぃぃぃぃぃ!


ところで、自分はおりキリに性欲は抱けない。
というか、まどマギの魔法少女全般に性欲は抱けない。ただひたすらに、彼女達の幸福を祈りたい。
ただ、悪役だったおりキリに関しては○欲は抱けるんだけどな。

そういや、家主シリーズの風邪ひきネタがアップされてたんだね。

166 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/13(火) 23:56:43.26 ID:azTInNcD0
そりゃ、彼女らの幸せを祈る事には変わりはないけれど、おりキリがあまりにも魅力的なせいでついつい性的な視点も入ってしまう
話によっちゃ頭を切り替えて臨んだりもするけど

まどポ出演に関しては、話半分にしておこう
過ぎた希望は絶望にしかならない……

167 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 00:04:17.15 ID:HYkVtYwP0
>まどポ出演に関しては、話半分にしておこう
>過ぎた希望は絶望にしかならない……
かもしれんな。
なんでこうも冷遇されなきゃならんのだ。

168 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 00:07:40.57 ID:hlukbQd40
必死に羞恥に堪えるキリカちゃんもいいじゃないか

169 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 00:31:44.65 ID:RHpps7K30
杏さやスレに投下されてたSSに、おりキリが登場してた模様。
誰か余裕のある方は確認してくれ、自分はもう就寝時間だ。

170 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 00:36:21.64 ID:OClReX6W0
うんまぁあれだ、いつも通りの敵役だな

171 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 00:42:15.92 ID:1lxbtWXy0
敵だったな
おりこ本編でも敵……主人公なのに最大の敵ってのも珍しいとは思うけど、そのせいで安易に敵対させとけばおkみたいな風潮が出来上がらなければ良いが
ほかのキャラの踏み台にはされてほしくないなぁ

だからこそ、後ろ指をさされないようほかのキャラを踏み台にしないよう、努めなければいけないんだけれどね

172 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 00:58:30.08 ID:OClReX6W0
個人的な話だけど敵役を「かたき」と読むか「てき」と読むかで受け取り方が変わってくるよね、などと
あまり期待はしてなかったけど、あちらは杏さやがメインのスレだからまぁ仕方ないね

173 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 01:07:13.31 ID:1lxbtWXy0
そこが外伝の辛い所
例えば、織莉子ちゃんがまどっちの優しさに触れて考えを改めたり、考えの違いから本編組と戦って負けることはあっても
逆におりキリが本編組を巧い事出しぬいて、一方的勝利を収めるという展開が許されるのかどうかというね

おりこ本編ではまどか殺害は成し遂げたとは言え二人とも死んじゃってるし、たまには外伝組が本編組を圧倒して勝利するという展開があっても良い
基本的に打倒される運命にあるおりキリを見ていると、たまにそういう黒い念がふつふつとわきあがって困る
自分も読み手も、双方が嫌な思いを抱くのは眼に見えてるから書かないとは思うけどね

174 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 01:38:40.04 ID:lZKUpnZx0
>>171
本編の段階で既に手遅れでござる
あの時変に本編アンチに持ち上げられなきゃもうちょっと、なぁ

175 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 06:17:18.57 ID:j5AwKC8YQ
本編アンチスレは変に持ち上げもせず
反応は普通だったけどなあ
愚痴やキャラアンチスレは完全に駄目だけど
おやすみおりこさんキリカちゃんちゅっちゅ

176 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 12:49:33.79 ID:e3UuDM4UO
おかしな方々の妙な持ち上げは捨て置いて、おりキリを愛でたい人は好きに愛でたいだけ愛でれば良いんだけどね
他のキャラの踏み台にされたって、自分がそれをやって良い理由にはならないし
ただやっぱりそういうのが増えると悲しくなるなぁ


ホワイトデーだし、おりキリに僕のホワイトソースをたっぷりプレゼントしたいです^^

177 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 12:50:12.38 ID:71YMZJKS0
へ、変態だァ―――ッ

178 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 14:11:30.06 ID:ouIZ2vSU0
織莉子ちゃんが留守にしている美国邸。
台所の辺から女の押し殺した声が聞こえてくる。
否、女ではない、少女の声だ。

「ほら、ここからだと外から丸見えになっちゃうねえ?」

能面のような表情で、ひたすらに羞恥に耐える少女を辱める男。

「ほらほら、我慢だよー我慢。窓開いてるから声出したらバレちゃうねえ?」
「んっ…!んぅ…っ!」
「どこまで我慢できるかなあ?ほら、4にあげちゃうぞー」

片手に握ったスイッチを押し、電動こけしの出力を上げる。
びぃ、びぃ、びぃ、と少女の股間で唸りを上げる玩具。
その唸りに比例して少女のくぐもった声が台所内で響く。

「そろそろ小学生達の登校時間だね?嘗ての同級生に恥ずかしい格好、ミられちゃうねえ?ゆまちゃん?」




必死に堪えるのはキリカちゃんにも似合うし、またゆまちゃんもしかりなのだ
文章力ほしいな

179 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 14:49:38.63 ID:L9yLR0Ps0
織莉子「人の家に勝手に入って変な事しないでください///!」

180 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 15:06:02.60 ID:VqXgU0OY0
夢で織莉子陵辱したよ、馬鹿野郎……

目が覚めてから自責し続け早10時間。

色々と手につかないorz

181 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 15:19:07.37 ID:VRR+h2AF0
>>180
さあ、今すぐ文章に起こすんだ

182 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 16:37:52.37 ID:VqXgU0OY0
>>181
夢だって事を忘れずに。


今回、夢の中の俺は、とある中学の文化祭実行委員らしく、

同じく実行委員の織莉子と、最終下校時刻ちょい過ぎまで作業してたみたいで、

すでに生徒は殆どいないし、外も暗い。

そんな中、用具倉庫に来た辺りから始まった。

183 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 16:38:33.32 ID:VqXgU0OY0
「これって、ここでしたっけ?」

「ん、確かそう」

ガムテープ等、備品を整理する簡単で地味な作業。

よって、会話するはずなんだけど、まぁ、学校のアイドル的存在の織莉子に、

ただの男子が普通に会話できるはずもないし、

ましてや、視線を向けるなんて出来ないらしく、

ダンボールの△△中学って文字がちょっと霞んでるのがあるなぁ。

なんて思考し始めるくらいのチキン。

そんな中、織莉子が話しかけてきた。

「○○君は、どんな出し物が好き?」

って、まぁ、普通の会話。


キター!! って内心はしゃぎつつ、

「基本的に全部好きだよ、遊ぶの好きだし」

なんて、あたかも嫌いなものが無いアピール。

「私は、怖いのは苦手なの。暗い部屋自体。苦手なんだけどね」

それで色々話してるうちに、気がつけばもう真っ暗で生徒も完全にいない状態。

「○○くん、ちょ、ちょっと待って」

暗いのが怖い。

そう言ってた織莉子は、離れるのが嫌だったのか、

慌てて追いかけてきて、教室まで一緒にって行くことになった。

それだけでも発狂ものだけど、

さらに、軽く袖を引く仕草がもうあれで、アレでareで……

184 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 16:39:32.30 ID:VqXgU0OY0
教室に入った途端、

後ろ手に扉を閉めて織莉子を押し倒した。

小さく悲鳴をあげて倒れた織莉子は、

自体が飲み込めずにただ呆然と正面の俺の顔を見つめて、呼吸を整えようとしてた。

でも、それさえも、欲情した夢の中の俺には艶かしく見えて、

上下に動く胸の部分を思いっきり引っ張ってはだけさせた。

「な、なに、するの……? や、止めて……お願い」

少しずつ理解し始めたのか、瞳には涙が溜まっては流れ、溜まっては流れ。

でも、そんな拒絶の言葉には耳も貸さずに、

露わになった胸を力強く揉んで、その感触で思わずにやけた。


「いや、いやっ。痛い。もう止めて、おねg……」

そう言って抵抗する織莉子の腕と足を押さえつけて口腔を蹂躙。

それを止めたら今度は、

スカートの下から割れ目に触れて、執拗に撫で回しながら、

織莉子の表情を見つめると、

泣いてるのに、唇は強く結ばれてて、

凄く辛そうにしてて、それが――物凄く興奮した。

学校で一番人気のある織莉子を支配してる。

そんな最低なことが、嬉しかったみたい。

強引に行ってる以上、織莉子には快楽のかの字もなく、

苦痛だけしかなくて、濡れても無いそこに挿入――……で、目が覚めた。

185 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 16:40:24.67 ID:VqXgU0OY0
まじで最低なやつだって自責してたら、

いつもの電車なのにホームを間違え、知り合いには様子がおかしいと言われ、

もう、ね。

本当にすいません。織莉子

186 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 17:00:54.43 ID:tbxkOIcA0
たまってる、ってやつなのかな…

187 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 18:08:30.09 ID:VRR+h2AF0
それは……ドンマイだったね
でも、まぁ、あれだ、織莉子ちゃんはとっても魅力的な女の子だから仕方がないよね!

夢じゃなかったらキリカちゃんにいの一番に刻まれそうだな

188 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 18:20:04.87 ID:ouIZ2vSU0
個人的にはおりキリというカップリング「前提」というものは
他の可能性を一切に消してしまうから個人的には好きでなかったりする
尤も、おりマギ時間軸では織莉子に出会わないキリカ
キリカに出会わない織莉子は間違いなく人間としてオワったからその時間軸では仕方ないけども

久臣さんが死なない、キリカちゃんが小学校の段階ではっちゃけられてる時間軸があれば、また別のカプもあり得たやも知れぬ
そう思うと胸が四季おりおりキリキリ舞い
おりマギの一連の事件は「そうなるしかない」状況と精神状態だったんだろうなあ

うわあ

うわあ…

189 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 19:11:48.97 ID:humcqbhHO
俺の中ではどうしてもおりキリ前提になってしまうなぁ
どちらかが他の誰かに依存したり身を預けたり、なんて想像しただけで虫唾がはしる

パズルのピースがはまるような自然な成り行きで出会って結ばれたのがおりキリで、他は考えられない
おりキリを無上として、別のカプは飽くまでもおりキリ前提になる
もちろん、他の人が考えるカプを否定するのは、それこそ愚の骨頂だからしないけどね

190 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 20:02:24.74 ID:VqXgU0OY0
ほむおりとか、ゆまおりとか、おりかずとか。
おりマミとか、まどおりとか、杏おりとか。
ほむおきとか、ゆまきりとか、きりかずとか。
きりマミとか、まどきりとか、杏きりとか。

さやおりとか、さやきりとか。

原作で不確定な接触部分が変わってれば、
別に不自然ではないし、別に良いかな。

幸せで在ってくれるなら、それでええ。

なのに……くそっ

191 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 21:00:05.51 ID:nd9LT7Ce0
気にスンナ
そういうのは頭の中でする分にはかまわねぇのさ
頭の中でなら俺だってするさ……時々な

192 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 21:04:08.09 ID:ouIZ2vSU0
だからこそまどキリゆまの人には癒しを頂いているというのに絶筆気味で濁りが加速する
oh...

193 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 21:20:43.17 ID:nd9LT7Ce0
そういえばついこの前までSS速報でさやきりっぽいのをやってたよ!(宣伝)

>>192
まぁまだ一ヶ月以内だし、それぐらいならぶっちゃけこの世界よくある事だし……

194 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 21:37:43.17 ID:L9yLR0Ps0
さやキリ終わっちゃったじゃないか!

195 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 22:02:10.09 ID:nd9LT7Ce0
>>194
バレたのが嬉しいよw
正直HTML申請出さずにもうちょっとおまけとかで粘っても良かったかなぁと後悔していたり
全然別のタイトルで続編とかいつかやっちゃうかもわからんね
今はマミキリ方面で模索中な感じ

196 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 22:49:39.05 ID:VRR+h2AF0
意外だなぁ
もっとおりキリ最高!な方々ばかりだと思っていたんだけど
マンネリから様々なカプを模索し始めたのか、初めから柔軟な頭の方々が集まっていたのか
俺はどこまで行ってもおりキリ至上主義だからなぁ……素直に他のカプを楽しめなくて、自分でも勿体ないと思うww

197 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 22:53:32.13 ID:tbxkOIcA0
おりキリは基本原則だけれど、仲良くする程度の付き合いならまったく問題ないな

ビスケット・おりこか…そっち系の絵のは久しぶりだな、微妙に評価がはいってるのにイラッとしてしまう大人気ない俺でした

198 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 23:19:14.42 ID:OD31b0xp0
>190
>きりかずとか。
他に追随者のいないオンリーワンなカップリングを取り上げてくれるとはうれしいねえ。

>170
報告ありがとう。そうか、敵役か。なんつーか、二次創作でやたらと敵にするのはやめてほしいな。
……はい、そこの人、ツッコミは不要だ。

よそで作品があったら教えてください。お願いします。

199 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 23:28:15.18 ID:OD31b0xp0
うひゃはははははっ、嫌がらせ評価キターーーーーーッ

200 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 23:35:56.83 ID:nd9LT7Ce0
>>196
おりキリが一番だしそれは揺るがないけど
二番目とか三番目があったっていいじゃないと思うのですよ

201 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/14(水) 23:54:21.49 ID:tbxkOIcA0
>>198
ID変わっちゃってるけど、元ネタがライアーゲームで「ナオちゃんって本当バカだよねぇぇぇ(承諾した振りして裏切る)」役でした
まぁ杏さやスレの出し物なんで扱いは仕方ない

PixivSSならアンタか…そっちはノータッチだ…

202 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 01:40:39.91 ID:J94iFgk10
>>195
多分アレだと思うのでここでも感謝を。
とってもさやキリだった。

203 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 03:19:24.34 ID:V12Ccxav0
おしおき!?三回目
ttp://www.pixiv.net/novel/show.php?id=890379
R-18注意

俺の中では、カップリングとしてのおりキリは若干閉じたカプであった方が良い
ほかの娘とも仲良くはなるけど、おりキリにだけ存在する、なんというか愛だのなんだのを超越したナニカがある感じ
……うん、完全に原理主義者だ、これ

というわけで、最近直球のおりキリが無くて辛い
そんな奇をてらわなくっても良いのよ

204 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 11:23:01.18 ID:1fooHsMfO
まどポ織莉子ルート確定らしい
VIPだから信用できないけど

205 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 11:45:41.10 ID:mcT1gv1u0
公式からの外伝との絡ませ情報は100%ガセだろな…

206 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 11:48:57.28 ID:aNQ0FreGO
携帯ゲーRPGのスレにもそんな書き込みがあったな
期待は膨らむが、デマだった事を考えるとまだ怖くては手がでない


キリカちゃんの八重歯ペロペロ

207 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 18:05:14.45 ID:20D+O7XWQ
まどポは死んだらまたイベントの最初からやり直し(会話スキップ不可)とか
いろいろ情報を聞くだけで物凄いクs・・・地雷臭がする
でも、いいよ・・・おりキリゆまが出るなら喋って動くなら・・・
あたし、まどポ買う!さあ、叶えてよバンナム!!

208 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 18:30:25.37 ID:27aiq9xW0
既読スキップはあるぞ
Qボタン使用箇所で止まらないという落とし穴があるけど

209 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 18:35:03.94 ID:20D+O7XWQ
>>208
もっと酷くないか?w

210 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 19:03:30.67 ID:aNQ0FreGO
おりキリが出ると確定するまでは様子見……
本編組は二次創作も各種後付けフォローも含めてお腹いっぱい

それよりも外伝組の充実を……!

211 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 21:55:38.48 ID:zL1yVu+A0
やっぱり出ないみたいね…

212 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 21:59:31.24 ID:V12Ccxav0
そうか、やっぱり駄目か……


     // 1  . {. . .ヽ. . ヽ. . ',. .ヽヽ
    / .:/ ハ: :!: :.:ト、:.:. :\:...l:.. :}: : |_⊥ 、
    j . {: .:{ :l、:l、: :.ト-ヽ、_:..`ヽ、j__イ_つノ
    l 1:ハ.::{ゝl=くヽ:.ヽ トィjr}Tァ┬ァ:.:´|
    |ハ :ヽlァ{トィrj \i ー_'っ /:.イ-、:。:|
     ヽ。ハ^rぅ' 丶 `   ノ', く } }:.ol゚ o
    。  `ハ 。  {ァ´ヽ     ,ー o':.へl お客様の中に
      ゚ ´ノi\  ー'   ィ:;:.ィ/|/゚ 。 ゲームを作れる方は
   。 o  。 ゚ハヘ;:>ー--<_rv〈、_     いらっしゃいませんか??
         / ̄ヽ \/ll  }l}`'^'ト、
          /   ::Y77l  j l    !_`7
        l, ---::、〉 jl  l   ハゝ-i
        ヽ    Vi    }  ,' ノ, ー_ヽ
          }  , -‐ァl  ノ  / レ´,.- j
        j イ   !l /   /  ハ -,.く!

213 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 23:26:56.36 ID:9Ru1OJRo0
>212
作れなくはないよ。
ところで、私の信仰する神の名前はゲイリー・ガイギャックスというんだ。

214 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 23:44:15.14 ID:mcT1gv1u0
おりこ☆マギカTRPGか…

215 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/15(木) 23:54:13.75 ID:V12Ccxav0
ファルコムのツヴァイ!!シリーズみたいなシステムのゲームを、おりキリに置き換えて脳内プレイする毎日……
近接のキリカちゃん、遠距離の織莉子ちゃん
二人がやいのやいのと掛け合いをしながらぽこぽこ敵を倒していく、そんなぼくのかんがえたさいこうのおりキリゲー

216 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 01:12:47.83 ID:+gZ3kzg50
あらかじめ覚悟を決めておいたおかげでそこまでショックではなかったが
むしろより強い諦観が生まれただけだった
アンソロ3が出るとしたら、少し、ほんの少しで良いから、喋って笑うおりキリゆまが見たい……!

そういうわけだよ、織莉子ちゃんキリカちゃん
おやすみ、お尻にちゅっちゅ

217 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 01:23:29.72 ID:SUI1YFsOQ
おやすみ織莉子さんキリカちゃん
おでこと八重歯にちゅっちゅ

218 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 12:44:13.47 ID:AMVrLgyjO
おりキリは、普段のお昼ご飯はどうしてるんだろうか
学食か購買か、愛妻弁当か

新妻属性搭載の織莉子ちゃんならお弁当を作るかも
そして少しずつ上達していく料理の腕前
でもお菓子作りだけは勘弁な!

219 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 14:22:07.84 ID:aXke64Xs0
たゆまゆまぬ努力で日々おりおりキリキリ舞い

220 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 16:00:49.41 ID:SUI1YFsOQ
とうとうペンタブ買っちゃったよ
これからおりキリを描きまくるぜ

221 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 17:50:47.12 ID:7kBZn/c70
>>216
多分同程度には「顔も見たくない、登場してるの知ったら買わない」と思ってる層も居る訳で

どうしてこうなった

222 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 18:10:15.83 ID:UjxrYorG0
でも、いざ混ぜて出してればその内みんな慣れるんじゃないかって気はする
昔あったドラクエ4コマ漫画劇場とかある意味カオスだったわけだし
ガンダムだっていろんな作品がセットになってるのあるし

223 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 20:14:08.00 ID:AMVrLgyjO
>>220
期待して舞ってます

224 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 20:56:57.11 ID:2vqZxgE50
見たくない夢って続くもんなんだね。

ごめんよ織莉子

225 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 22:34:09.72 ID:QTYS5Sxb0
続きをどうぞ

226 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 22:37:02.08 ID:xRJM4pdL0
>221
なんでそんなにおりキリが嫌われるんだ?
確かに悪役だし、虐殺犯だし、ラスボスだが、それでもあの百合っぷりは賞賛に値する。
だから自分は、二人の出会いや、くっつく様や、仲良く過ごす様を愛してやまない。
さらには、二人の恐怖も、苦痛も、絶望も、死も、毛の一筋も、骨の一本も、肉の一片も、血の一滴も、みんなみんな、美味しくいただけますよ。

>214
専用アップローダーには、ガープスまどか☆マギカなる代物があった。
あと、とある社会人のTRPGサークルには、メンバーの子供達の卓向けにマギウス魔法少女なんてシステムを作ったそうな。でもって、9話をやったところ阿鼻叫喚の地獄絵図になったそういな。
ttp://www6.atwiki.jp/kt108stars/?cmd=word&word=%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3&type=normal&page=%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E7%94%9F%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%81%AB%E5%85%A8%E5%8A%9B%E6%8A%95%E7%90%83

227 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 22:56:26.99 ID:2vqZxgE50
>>225

>>184の続きだよ……。

最終的には、

服は半分ぐらい破けてて、
虚ろな瞳で天井見ながら涙流してて、
恥部からは血と白濁液が流れてて、
そんな状態の織莉子を見下ろしてた。

勝ち誇ったような表情で。

目を覚ました後、壁に穴が開くほど頭突きしてたら倒れたらしい。

次に目を覚ましたら病院だった。

228 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 23:09:54.69 ID:aXke64Xs0
最後二行は面白くないネタ
マジだとしてもバカ

229 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 23:16:29.96 ID:+gZ3kzg50
一つのキャラやものにのめり込んだ人なんて、そんなものだろ
少しオーバーリアクション気味ではあるけれどww

おりキリ単体がオリ男の第三者に凌辱されるのって、どこらへんに需要があるんだろうな
薄い本ではありがちな展開ではあるが

230 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 23:25:39.23 ID:2vqZxgE50
>>228
冗談じゃないよ……。

元々、そういうキャラを云々って言うのは好きじゃなくてさ。

あまりにも酷かったからつい。


231 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 23:27:36.38 ID:aXke64Xs0
病院のくだり要らないってことな

232 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 23:41:44.53 ID:+gZ3kzg50
うおーい、せっかくおりキリにを存分に愛でられるスレ<サンクチュアリ>なのに、あまり空気を悪くしてくれないでくれぃ
この話題はここでやめやめ!

そんな事より、キリカちゃんの好きなご飯の献立を考える方がよっぽど有意義だ

233 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 23:55:04.14 ID:2vqZxgE50
>>231-232

すまんかった。


>>232
キリカは甘いの好きだし、甘い卵焼きとかじゃない?

234 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/16(金) 23:56:02.82 ID:QTYS5Sxb0
悪いな、興味があったから聞いてみたかったんだ

235 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 00:00:21.07 ID:+gZ3kzg50
>>233
みりんの入った、甘くてふっくらした卵焼きか……
卵料理は好きそうだな、キリカちゃんは
あとは、何故かチーズやヨーグルトといった乳製品を好んでそうなイメージが個人的に

236 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 00:00:46.12 ID:rKxhlgWXO
おりこ
「みっつか?甘いのみっつ欲しいのか?
このいやしんぼめ!」

237 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 00:28:08.67 ID:LcOAp53O0
織莉子ちゃんが死んだ後に、罵ってビデオカメラ握りつぶしそうなキリカちゃんが出そうで嫌だな

238 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 02:26:06.41 ID:F1QkSoPR0
原点に返ってクレープもいいのではないだろうか
甘味以外にもハムタマとかツナレタスとかあって結構美味しかった

239 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 12:17:19.85 ID:cqENSSPpO
おりニコというものが浮かんだ
ニコちゃんは織莉子ちゃんを姫さんとか呼びそうだ

240 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 13:24:31.89 ID:2zD8FGaK0
織莉子姫とメイドユウリとかいう妄想は見たことある

241 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 17:07:34.83 ID:fnRsDJuJ0
真ユウリちゃんはKYそう
織莉子ちゃん本人目の前に

ユウリ「キャー!あなた本物の織莉子さん!?ほんとに!?すっごーい!」
「おおー!おっぱいでっかー!!すごっ、重っ!?たぷたぷしてるたぷたぷ!!いいなー羨ましいなー憧れちゃうなー」
「普段何食べてらっしゃるんですか!?きょぬーの秘訣は!?ちなみに何カッpげへえ」

キリカ「さあ、散ね」

とかやらかしてくれそう
三巻の治外法権っぷりみてるとおかしくないと思う

242 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 17:19:05.24 ID:aSAqEGpl0
あれは憧れのスライス秋山様補正もはいってるだろう

243 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 17:33:06.87 ID:fnRsDJuJ0
だからこその「憧れの美国織莉子様」補正が入るんだよ

244 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 18:50:54.43 ID:M3vAFLcyO
となると、織莉子ちゃんの存在がどのようにあすなろへ伝播しているのか気になるところだな

憧れ……ふむ
まさかの織莉子ちゃんグラドルデビューとかか?ww

245 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 18:55:13.32 ID:fnRsDJuJ0
グラドル…その発想はなかった
他には久臣さん生存で、あすなろまで来た選挙カーガールの織莉子ちゃんを見て一目惚れとか
某動画配信サイトで占い配信してたり

考えればいろいろ有りそうな

246 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 19:09:01.19 ID:M3vAFLcyO
織莉子ちゃんも仁美っちと同じく色々なお稽古事に通っている(いた)可能性もあるしな
薙刀かフェンシングかなんかの大会で優勝→テレビでのインタビューで一目惚れ、とか

夢が広がるな

247 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 19:15:07.39 ID:fnRsDJuJ0
あと将棋とか数オリとかね
個人的に織莉子ちゃんは文系で、理系科目は数学以外てんでダメ
話がそれた

何が言いたいかって、もっと外伝カプ増えろ

248 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 19:39:03.41 ID:M3vAFLcyO
かずみ×キリカの甘食黒い魔法少女コンビとかな
二人に付き合って甘いものを口にするうち、少しずつふっくらしていく織莉子・サキの保護者コンビ

そうか、かずみ3巻出たんだったか買いにいかなくちゃ

249 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 19:45:05.83 ID:fnRsDJuJ0
だがだんだん胸に栄養がかたよる保護者コンビ
絶望するかずみ


止めないけどほのぼので止めときたいなら三巻以降は…うん。
二巻ラストでもう手遅れだけどさ

250 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 20:01:44.74 ID:M3vAFLcyO
>>248
大丈夫だよ!
最初からマギカシリーズにハートフルなんか期待してないから
どっちかって言うとhurtfulな事くらい知ってる

サキさんのおっぱい肥大化で歯軋りするかずみは容易に見えるけど、キリカは織莉子のおっぱいを誇るだろうな

251 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 20:13:41.15 ID:fnRsDJuJ0
キリカ自身もきょぬーだからなあ

252 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 21:21:49.32 ID:M3vAFLcyO
かずみ組は慎ましやかなおちちの方が多いから…

見滝原から遠征に来たおりキリを見て、
「無駄に大きいだけじゃないか、美乳の方が良いに決まってる」
と拗ねる組と
「わーい、デカメロンだー!わーい!」
と喜んで揉みしだきに行く組とで別れそうだな(除:みらいちゃん

253 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 21:58:52.02 ID:fnRsDJuJ0
前者 海香 みらい
後者 かずみ カオル

どちらでもない サキ ニコ 里美
サキさんは興味なさそうで
さとみんは自分も負けないくらいあるのにかまってもらえなくてちょっと妬いてて
んでニコちんが「あー私の能力忘れられてるなー再生成でちょちょいのちょいなんだけどなー」
て呟いて前者組が群がって
人気を取られリーダー失墜の危機を勝手に感じて一人ぐぬぬするサキさんに
おっぱいロイヤリティ喪失の危機に何故か血迷って
「ほら!おっぱいよ!おっぱいだから!」って謎アピールはじめるさとみん
んで前者組に白い目で視られ
カオル「…え?いや私はいいや…重そうだし…」


ここまで書いておりキリ全く出てこないことに気づいたごめんなさい織莉子ちゃんキリカちゃん

254 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 23:10:06.60 ID:M3vAFLcyO
織莉子「胸なんてあっても、ね……戦闘時には邪魔でしかないし、肩は凝るし、男の人の視線は厭らしいしで良いことないわよ?そうだ、神那さんの再構成魔法でサイズを……」
キリカ「ダ、ダメだよ織莉子!そんなことしたら、私が織莉子に埋もれる事が出来なくなってしまうじゃないか!」
織莉子「うふふ、冗談よ、キリカ。貴女、私のおっぱい大好きだものね。今夜も可愛がってあげるから、楽しみにしていつね」
キリカ「うん……//」

イチャコライチャコラ

かずみ組一同「……」イラッ


て事にしとけば大丈夫SA!

255 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/17(土) 23:11:54.78 ID:fnRsDJuJ0
ナチュラルに
ニコ「…言ってくれるね」が再生されてワロタ

256 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 00:05:00.06 ID:LcOAp53O0
かずみ「そうは言っても、キリカも結構おっぱい大きいよね。背は低いのに、どうしてかなぁ」
キリカ「そればっかりは私にもにんともかんとも。小さい頃から碌なものを食べてこなかったから、その他の発育は良くないし、ホントどうしでだろう……」
かずみ「いいなぁ、やっぱりお風呂上りにマッサージでもした方が良いのかな?」

サキ「……どうしてだと思う?」
織莉子「決まっているでしょう。私が育てたのよ」
ニコ「……」
織莉子「……冗談よ。こればっかりは体質でしょうね。私と出会う前からああだったもの。努力次第で底上げをすることはできるでしょうけれど、魔法少女と同じく、やはり素養の問題が大きいのでしょうね」
海香・みらい「」
さとみ「……」ニヤリ

257 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 00:07:24.62 ID:djDaZJB00
女はおっぱいを大きくする方法はいくらでもあるし、小さくても価値がある

男にはないんだぜ

258 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 00:37:28.18 ID:Ij5rFIws0
大胸筋を鍛えたり、女性ホルモンを打ったり、脂肪をつけたりすると、男でもおっぱいは大きくなるんだぜ?

259 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 00:38:54.95 ID:djDaZJB00
海香言うほど小さくなかった

260 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 00:52:06.69 ID:s89Yb/vg0
週末はいくつか絵もあがるからいいな、マギぽには出番がなかったようなのは残念だったけれど

261 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 10:51:16.17 ID:jAVr5Yst0
おはようキリカちゃん、織莉子ちゃん
もうこんにちはの時間かな?

キリカちゃんのおっぱいって結構大きくて、作中でも、こう、すごく揉み揉みしたくなる柔らかさが描写されてたな
キリカちゃんが安らかに絶望した時の椅子に倒れ込む時の下からのアングルとか、すごく煽情的だよね
しかもそれで戦闘時には飛んだり跳ねたりして、日常では織莉子ちゃんに抱きついたり飛び跳ねたりするもんだから、おっぱいがぽよんぽよん跳ねて道行く男はみんな中腰になっちゃうよね

262 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 23:43:13.24 ID:Ne3BtCsIQ
ぬああああ!
INTUOS4が届いたのに繋げても起動すらしねぇぇぇ!
ドライバ入れても反応しないし古いペンタブプログラムをアンインストールもできねぇぇ!何でなんだよぉ!
今日はバニー織莉子さんの絵を描こうとやる気満々だったのにぃぃぃ・・・
パソコン関係は本当に駄目だわ織莉子さんキリカちゃん・・・orz

263 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/18(日) 23:45:58.81 ID:+dPrtz0Z0
落ち着け、落ち着いて素数を数えながら説明書を読むんだ……

自分以外にもピクシブチェックしてるのがいるんだなーと思うと、ちょっとおかしくなって吹いてしまった

264 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 00:09:35.34 ID:oOAjdKjO0
>自分以外にもピクシブチェック
そんなに珍しい事かな? ちょくちょくチェックして、家主モノの絵師とかにタグつけたりしてるけど。

265 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 00:20:46.20 ID:INH/m8vH0
>>264
いやー、今回のはおりマギタグしかついてなかった上に投稿から20分くらいでいくつか評価ついてたからねぇ
外伝だけど同じく好きな人いるんだなーと思うとなんだかね、私一人ぼっちじゃないもの…ッのマミさんの心境みたいな?

266 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 00:22:45.48 ID:QTkAaCT0Q
トラブル関係は問い合わせろとしか説明書に書いてないよ!
ケーブルにしたってどっちが右利き用か左利き用か袋の外側に明記も無いし!
メーカーの返信が来てもすぐに直りそうもないし
休日が無駄になったよ織莉子さんキリカちゃんちゅっちゅっ

267 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 00:34:19.41 ID:1v4uECEw0
体育が終わった直後のキリカちゃんを呼び出して、お尻の割れ目に顔を押し当ててくんかくんかしたい
汗と熱気でムレムレになったブルマだから、きっとキリカちゃんの一番濃密な匂いが堪能できるはずグヘヘヘヘ

織莉子ちゃんは短パン希望

>>266
ご愁傷様です
早く貴方の絵が見られる日を、楽しみにしております事よ……!

268 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 13:33:59.45 ID:/+mgqEI+O
レパ・マチェカのメニューで、どれが一番美味しいかで激論を交わすキリカ・かずみ
結局最後はバケツパフェを二人して頬張って和解

ひいきの恋愛小説をサキに勧められては、どっぷりとハマる織莉子
お気に入り:初恋はミルキーウェイ

そんな妄想

269 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 20:31:26.36 ID:JYBi1Qoc0
ええやんええやん

270 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 23:39:44.00 ID:oOAjdKjO0
どこもかしこも、PSPの話題ばかりでいささかうんざりする。
ここはそのネタがなくてほっとするものの、それは同時にゲームに出てないって事なんだよな。

271 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/19(月) 23:54:43.43 ID:INH/m8vH0
まぁ久しぶりの公式の追加だししょうがないなぁと思わなくもない、携帯ゲーム機持ってないから購入予定はないけれど

かずみはちょっと前に3巻出て、これから終盤にさしかかるっぽいし
おりこは完結してるから動きがないのは当然としても、なんとも寂しいものだなぁと思ってしまうのでした

272 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 01:42:02.76 ID:vQZKE2Pb0
改めておりこちゃんは人も時間も足りなかったなと
あっちは仲間も時間もあった結果が大変なことになりそうだけどw

273 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 02:32:19.27 ID:zMSkDF43O
おりこ組なんて、公式からのフォローが一切無いじゃないか
本編主人公の一人に真っ向から喧嘩売った外伝キャラとは言え、もうちょっと何かあってもバチは当たらないと思うんだが…
だからこそ、ムラさんのクリスマスおりキリ絵は想定外過ぎて、凄く嬉しかったなぁ

>>272
味方はキリカだけで、さらに魔法少女の末路も正体も、自分かキリカの死、或いはクリームさん顕現を予知する形で把握済み
しかも繰り返し予知しいろんな手を講じても覆せず、見えるのはいつも世界終わる光景ばかりと言う絶望的な状況だもんな
初っ端から最悪な未来しか見えなくて、一応はそれをひっくり返したわけだから凄い
取った手段は褒められたもんじゃないし、それが本当に織莉子ちゃんの望んだ未来だったのかと言う点は置いておいて
よく頑張ったなぁ、と思うのでした

最近完結したSSだと、本編組の報われ具合と比べてあまりに悲惨な末路のままで胸が痛くなった
きちんと丁寧に二人の事を描写していたから余計に
マギカワールドのダークな部分を象徴する存在として敵役に徹してもらったみたいだけど、欲を言えばご都合主義で良いから生き返らせてほしかったなって

274 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 02:50:45.57 ID:lz0E3hZhQ
最近完結しておりキリだけ報われないSSと聞いて
すぐに○棒の事と解る自分が恐ろしいよキリカちゃん
ワコムから200行近い対策方法のメールが来てたよキリカちゃん
これ全部試せって軽く拷問だよねキリカちゃんちゅっちゅ

275 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 02:57:29.48 ID:KFwUxPl80
2人の墓の立ってたヤツの事だろか?SS速報はチェックしてないからなんとも言えないが

276 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 03:31:57.86 ID:zMSkDF43O
>>275
そうそれ
やっぱり本編組と比べて、報われる率が低いなぁ、と
おり☆マギで実際に敵対した以上は当然の帰結かもわからんが

こんな時間に目が覚めて寝られないよおりキリちゅっちゅ

277 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 11:20:38.46 ID:mjHGd4nU0
平和なやつならまどキリゆまならあるけど絶筆ってるな

278 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 11:24:10.92 ID:gSCvp7BD0
SS速報とかだと、流れが速くて直ぐ消えるんで後からだと読みづらいので、
できればタイトルやURLをお教え願えませんでしょうか?

279 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 11:30:05.02 ID:zMSkDF43O
>>279
ゆま「おねえちゃん!」まどか「キリカちゃん!」キリカ「わかったわかった」
http://ex14.vip2ch.com/test/mread.cgi/news4ssnip/1329346145/l20
コレかな?

280 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 12:29:37.97 ID:mjHGd4nU0
ああ、それだそれだ
キリカちゃんがギャグ担当かと思ったらシリアスってたりな
期待しているんだけどねえ

281 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 21:54:45.81 ID:gSCvp7BD0
どっかに、おりキリが本編組み+ゆまと仲良くしてるSSないでしょうか?
渋以外で。

282 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/20(火) 23:39:22.22 ID:jCHIAYee0
>>281
見たことないなぁ、俺は
俺の見てるSSだと、大抵は死別したり両方死んだりしてる
そもそも登場するSS自体の絶対量が少ないしね
たまに主人公補正のかかった本編組の誰かに救われたりもするけど、そういうのは俺は好かない
前に見たのだと、なぜか魔獣世界で魔法少女狩りなんてちんぷんかんぷんな事をしてたのもあったし

ギャグキャラとしてならまだ仲良くしてるのあるけどね、シリアスで本編組と仲良く、っていうのはとんと見かけない

283 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 00:30:28.33 ID:N2HWc5Nq0
ないのかよ!
>大抵は死別したり両方死んだりしてる
そりゃひでぇな。いや、自分もギネスに乗るくらい死なせまくってるけど。
本編組も全員生存で、おりキリゆまも一緒で、みんな仲良く過ごしてる世界を希望してるんだけどな。
家主の人に期待するしかないのか……


自給自足しようにも最近とんと書けないし、あるのは死ぬネタばっかだもんな。
四半世紀後にマミを筆頭に円環の理に導かれる話とか、その10年後にバトルロイヤルとか。

284 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 00:34:23.18 ID:aPSElYAs0
おりキリゆま三人揃い踏みしてるのがほしいよねえ

285 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 00:43:52.70 ID:6oY5Ut4a0
>>283
残念ながら。

286 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 00:53:15.19 ID:YV7si1dQ0
ピクssの方だと、定期的に供給をしてくれてる人達を除くと
改変後ので『生魔法少女に注意されてしまったわね』のが好きだなぁ、地の文も呼んでて面白い

287 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 00:56:14.92 ID:6oY5Ut4a0
>>286
良いよね、織莉子ちゃんの将来が心配になるけど
ほのぼのまったりとしていて、でも過去の悲しみも確かにあって、読んでいてとても心地よい

288 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 01:11:20.63 ID:/Waty10Q0
なんか、ふと
杏子×織莉子てな組み合わせが浮かんだ

289 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 01:17:14.59 ID:N2HWc5Nq0
>285
ええーーーっ
チョイ役でいいから、本編組とゆまを出してくださいよぉぉぉぉぉ。

290 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/03/21(水) 01:26:28.90 ID:6oY5Ut4a0
>>289
いや、渋ではね、大昔に書いたものの続編的なのでみんな出す予定
今別のに取り掛かっているからいつになるかは分からないけれど
NIP向けに構想練ってるのだと、みんな仲良く……とはいかないなぁって話

家主の人として書き込む時だけトリップ付けてみるテスト
鬱陶しいようならやめる

291 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 12:42:37.16 ID:wBaB55OJO
>>281
ほむら「今回は杏子に丸投げしよう」
おりキリゆまマミほむ杏かずみが共闘する話
まどさやは魔法少女にはノータッチだが

292 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/21(水) 14:56:40.24 ID:cxR9Hzvm0
>>281

それに似てるのは見たことあるが、
SSじゃないし、カプが聊か特殊すぎて、
受け付けない人もいそう。

おりゆま、ひとキリ、マミあん、さや恭、まどほむ

たしかこんなカプ



293 :Fate☆マギカ:2012/03/22(木) 00:34:42.54 ID:EXQsE6ou0
地の底の闇の中、横たわる者はまどろみの中で祈り願う。
既に準備は整った。必要な力も十分に溜まり、あとは彼女達を呼び出すだけ。
その者の願いに反応し、溜まった力が七つの姿を形作る。そして呼び出された存在がそれに宿り、輝きを放つ。輝きはそのまま七つの矢となって闇を抜け街中に飛び去る、強い願望を持つ者を求めて。
再び闇に没したそこに、ただ一人横たわる者の閉じた目から、一筋の涙がこぼれた。


「貴方が私のマスターですね?」
薄暗い部屋の中、床に描かれた魔法陣の中央には一人の少女。その身に纏うのは、闇の中でも浮かび上がる純白のドレス。
「私の名は、美国織莉子。キャスターのクラスのサーバントです」
ふわふわした髪をサイドテイルにしている優しげな顔立ちの少女は、凛とした高貴さで名乗った。さながら、それは小公女(リトル・プリンセス)
織莉子は周囲を見渡す。薄暗く細部は見えないものの、それなりに広く簡素だが高級品が使われた寝室。魔方陣の外周上には、幾つもの砕けた宝石。
目の前にいる眼鏡をかけた壮年の男は、それなりの資産を持つ魔術師。彼女はそう値踏みした。
男は恐怖の表情で膝を突いてうな垂れ、苦渋に満ちた声を漏らした。
「そんな、まさか、本当に聖杯戦争が始まってしまうなんて……、そんな、馬鹿な……」
「如何されたのですか、マスター?」
織莉子は彼に近づき、しゃがみ込む。
「聖杯戦争は、この街に災禍をもたらす。今までずっとな。
 万能の力を求め、サーヴァントを呼び出した魔術師達によって、罪もない人々の血がどれだけ流されたか……
 私はこの町を預かる者として、そのような事は断じて許せない、許すわけにはいかない」
織莉子はそんな男に一旦微笑むと、表情を引き締めて宣言する。
「ご安心下さい、マスター。この度この地に集ったサーヴァントに、無辜の人々を犠牲にしようなどと言う者、犠牲を許す者など、一人もおりません。
 この私が、天地神明にかけて誓いましょう。ですからマスター、決して嘆くことはありません」

294 :Fate☆マギカ:2012/03/22(木) 00:36:04.24 ID:EXQsE6ou0
血臭が漂う薄暗いコンクリート製の地下室。その床に鮮血で描かれた魔法陣の中央に、蹲る小柄な影が現れる。
「く、くはははははははっ。やった、やったぞ。サーバントを呼び出せたぞ」
その傍らに立つ灰色のローブに身を包んだ痩せぎすでギョロ目の男が、半ば仰け反りつつ歓喜の表情で叫んだ。
地下室の暗がりに溶け込むような黒衣に身を包んだその人影を、男は凝視する。マスターに与えられるサーバント鑑識の能力が発動した。
「ふーん、クラスはバーサーカーか。
 くは、くはははっ。このオレサマに相応しいぞ」
バーサーカー、それは理性と引き換えに強大な肉体的能力と闘争本能を得た狂乱の戦士。
サーバントを値踏みするようにジロジロと見ていた男は、やがてその人影に命じた。
「よし、立ち上がれ」
狂乱の戦士とは言え、マスターの言葉くらいはわかる。声に応じて、人影は立ち上がった。かなり小柄だ。
短い髪に、裾と袖が広い士官の軍服めいた黒い上着。右目には黒い眼帯。
一見少年のようにも見えたが、下半身には黒いミニスカと黒い二―ソックス、そして胸には明らかな丸い膨らみ。狂戦士のサーバントは少女であった。
「ほう、女か。まあ、そんな事はどうでも良い。
 では、最初の命令だ。まずは街に出ろ。そして人の多い場所で実体化して殺しまくれ」
「断る!」
間髪いれず、凛とした若い女の声。それは目の前のバーサーカーから発せられたもの。
「ん? バーサーカーが言葉を……?」
目の前のバーサーカーの瞳に宿るのは、血に飢えた狂気の光ではない。明瞭な知性を持つ者が放つ理性の光だ。
「まあ、良いや。マスターの命令だ。魂食いをしろ」
魂食い。それは他者の精気を啜り、サーバントにエネルギーを補給させる外道な行い。非道なマスターはしばしばこれを命ずる。
「だから、断ると言っている」
「なん……だと?」
男が眉をひそめ、その声に険呑さが含まれる。
「貴様、サーバントの分際でマスターに逆らうのか!」
「当り前だ。訳もなく人を殺められるわけがない!」
サーバントも負けじと言い返す。
「だから、魂食いをしろと……」
「それで、その結果手に入れた聖杯で、君は何を望むのだ?」
少女の問いに、男は怪訝な顔をする。
「んなもん、決まってる。力だ。
 オレサマは誰よりも強大な力を得て、魔術師協会からも聖堂教会からも束縛されずに、自由気ままに振舞いたいのだ」
前者は魔術師を統括する団体、後者は聖杯戦争の監督を任じられた魔を討つ機関。即ち、その両者は聖杯戦争でも日常でも、魔術師への抑止力となりうる二つの組織。
「自由気まま? それの目的がこれか?」
少女は不快そうに辺りを見回す。魔方陣の周囲には、儀式で生贄とされたのであろう幾人かの骸。そして部屋の四方の壁には、拷問装置に取り付けられたままのさらに多くの骸。
サーバントの召喚に、人の生贄は不要だ。ましてや、殺人部屋で儀式を行う必要もない。
「それが幾万幾億の人々を救う大儀のためならば、罪無き人の千や二千の犠牲を捧げ、私は殺戮者の汚名を甘んじて受けよう。
 だが、貴様の目的はどこまでも邪悪でどす黒い。この呉キリカ、そのような者の命令など受ける謂れはない!」
少女は胸を張り、騎士のような凛々しさでもって悪しき魔術師を拒む。

295 :Fate☆マギカ:2012/03/22(木) 00:37:30.29 ID:EXQsE6ou0
男は殺意の篭った視線でキリカを射抜き、憎悪を吐いた。
「くそっ、サーバントのくせにマスターに逆らいやがって……」
彼は左手の甲に浮かび上がる紋様を示す。それはマスターの証、自らのサーバントに三度の絶対命令を下せる令呪と呼ばれる紋様だ。その一部が力を行使して輝く。
「令呪の力もてマスターが命ずる。街に出て魂食いのために殺戮をしろ。オレサマが良いというまで何千人でもだ!」
「断る!」
魔術師の悪意を込めた、サーバントへの絶対の強制であるはずのそれを、キリカは毅然と拒絶する。彼は馬鹿のように口を開け、目の前でこちらを睨みつける少女をただ唖然と見つめた。
「な……、サーバントが令呪に逆らうだと……」
しばらく経って、ようやく男の口から混乱が漏れ出した。
「ちくしょう! 今後はオレサマの命令に従え! 二度と逆らうな!」
混乱したまま、直情的に再度の令呪の使用。貴重な三回のうち既に二つめの消耗だ。
「嫌だ。貴様のような外道に従うのは真っ平御免だ」
だがしかし、キリカはそれを平然と跳ね除ける。その顔に浮かぶのは醜い虫けらでも見るかのような嫌悪の表情。普通は意に沿わぬ命令に対して逆らおうとすれば、苦しみ或いは苛立ち、それでも最後には従わざるをえないはず。
だが彼女の顔は平静を崩さない。いや、その表情はますます侮蔑の色を深めていた。
男の顔に浮かぶのは、既に恐怖。その中でも最たると謳われる未知へのそれだ。
――こいつは一体、何なんだ――
――本当にサーバントなのか――
混乱し、彫像のように立ち尽くす男に、キリカは言い放つ
「吐き気を催すような邪悪にして短慮、加えて小心者。聖杯戦争のマスターに相応しい器でもないし、そもそも人間社会に居て良い奴じゃないね」
その両手の甲には、いつのまにか鎌のような漆黒の鉤爪が装着されている。彼女はそれを構えつつ、魔法陣から歩み出た。
「お、お前、本当にオレサマのサーバントか?」
儀式に何かの手違いがあって現われた別種の存在か、さもなくば別のマスターが送り込んだ刺客か。
「ああ。私は確かに貴様をマスターとするバーサーカーのサーバント、呉キリカだ」
キリカは男に近寄りつつ、鉤爪を持つ腕を振り上げる。後退りしようとした彼は、そのまま足をもつれさせ、ひっくり返った。
「や、やめろぉ」
上体を起こしつつ手で制そうとして三度目の令呪の使用、左手の紋様がくすむ。これでマスターとしての絶対の権限は失われた。
尤も、そんなもの最初っから通用してなかったわけなのだが。
「よ、止せ。オレを殺せばお前だって消えるんだぞ!」
ギョロ目をさらに大きく見開き、冷や汗を流しつつ男は叫ぶ。
サーバントは聖杯によって呼び出され、マスターの魔力で顕現している英霊――過去の英雄の亡霊――に過ぎない。マスターが死ねば魔力の供給は途絶え、消え去るのみ。

296 :Fate☆マギカ:2012/03/22(木) 00:38:37.76 ID:EXQsE6ou0
「聖杯戦争に参加する以上、お前にだって聖杯を使って叶えたい願いがあるんだろ? だったら……」
悪しき魔術師の必死の説得を、黒い少女は冷たく跳ね除ける。
「今回の参加者の中にはね、私と志を同じくする者がいるんだ。だから私が脱落してもその願いは達せられる。いや、むしろ私の死が聖杯の力の一助となる」
聖杯とは蠱毒。七人の魔術師によって呼び出された英霊の魂を以って強大な魔力を充填する器。聖杯戦争とは殺し合いによりそれに魔力を充填する儀式に他ならない。
「だから、私は安心して逝ける。
 そもそもマスター、バーサーカーに理を以って説こうというのか? それは愚かというものだよ」
男の口からは、既に意味不明の言葉の断片しか漏れ出さない。彼は恐怖に震えつつ、惨めに這うようにして逃げようとした。
「まあ外道ではあるけど、それでも私のマスターだ。この世に顕現させてくれた礼もある」
両手の鉤爪を構えたキリカの姿が、一瞬ぼやける。
次の瞬間、男のローブが弾け飛び、頭髪が束となって床に落ちる。そしてワンテンポ遅れて、下着姿の全身に灼熱感。手・足・胴に突如無数の傷口が開き、鮮血を滴らせる。
「ぐ、ぐあああああっ!」
血の勢いの弱さから、個々の傷は決して深くない事がわかる。だが、それでも全身に刻まれれば痛みの総量は大きい。
のた打ち回る魔術師を見下して、キリカは冷たく言い放つ。
「召喚してくれた礼だ、命まではとらない。だが、己が罪の深さを思い知るんだな」
こんなマスターに従うのは真っ平ごめんだ。キリカはマスターからの魔力の供給を自ら遮断する。
「さて、これで私も消え去るだけか」
彼女は寂しげにつぶやく。
所詮は本来は物質界にいないもの、現世にその身をとどめるための魔力の供給が途絶えれば、その身は早晩消え去るしかない。
「せめて、織莉子に会いたかったな……」
このまま魂食いを行っていけば、現世に永く留まる事も可能だろう。だが生憎とキリカには、対象を生かしたまま少しの生気を啜るような器用な真似はできない。かと言って、まさか最初に命じられたように無辜の人々を虐殺して生気を吸う訳にもいくまい。

297 :Fate☆マギカ:2012/03/22(木) 00:39:51.57 ID:EXQsE6ou0
「キリカ。そこにいるんですか、キリカ」
キリカの顔に、驚きの次いで歓喜の表情が浮かぶ。間違いない。これは織莉子の、キリカの最愛の人の思念。
「織莉子、近くにいるのか? 織莉子!」
「ええ、キリカ。貴方が“見え”ました」
織莉子の力は予知。そして愛するキリカに逢うためなら、その力を最大限にまで駆使するのは想像に難くない。
「多分、今あなたが居る建物の前に居ます。ただ、強力な結界が張ってあって私では簡単に入れません。
 中からならなんとかなるでしょうから、悪いけどそちらから出てきてくれないかしら?」
あの小心者の悪党の事だ。己が身を隠し、護るために念入りな防御を施してあるのだろう。
「いいとも。少し待ってて」
キリカは地下室から飛び出て、薄暗い家屋の中を駆け出しなんとか地上に出る。天には星空、月明かりに照らされた地上に建つのは小さな一戸建て。そしてその結界で覆われた敷地の外には、ウェディングドレスの花嫁のような白い人影。
バケツなどと揶揄される特徴的な帽子にふわふわの髪、穏やかでしかし強さを秘めた笑顔を浮かべた白いドレスの若き貴婦人。キリカの永遠の想い人、織莉子だ。
「織莉子!」
キリカは満面の笑みを浮かべて駆け出す。そして結界を力尽くで破るのではなく、いとも簡単にすり抜けて最愛の人へと飛びついた。
「ああ、キリカ。会いたかったわ」
キリカよりも幾分背の高い織莉子は、その魂の伴侶を受け止めてしっかりと抱きしめる。
「ああ、キリカ、キリカ……」
「織莉子、逢いたかったよ、織莉子」
二人はしっかりと抱擁し、世にも幸せそうな顔でしばしその温もりを感じあう。
しばらく経って、織莉子は口を開く。
「貴方のマスターは?」
「ああ、とんでもない外道だったんで、痛めつけて手を切ったよ」
事も無げに言うキリカに、織莉子はにっこりと笑う。
「そう、良かったわ。わざわざ面倒な協力体制を築かなくて済んだわね。
 これからは私のマスターのところに身を寄せなさい。それから、今後は私の魔力を分けてあげるわ」
月光に照らされた二人は、そっと口付けをした。

298 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/22(木) 01:21:52.59 ID:av1GGFp/0
乙です
百合スレあたりでも見掛けた開幕のだけど、ここを根城としている身としてはありがたい

299 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/22(木) 02:43:05.83 ID:dZRZpFf40
>>297
おつおつ
前スレにあったアレの前日譚か
そこまでできてるんなら、全部書いちゃえば良いのに……ww

ふと、みんなでバーベキューして肉奉行と化すキリカちゃんを受信した
「織莉子、これも食べてみてよ。ごま油に塩だけのタレだけど、これがまた美味しいんだ――良かった。喜んで貰えて、嬉しいよ」
「ほむらぁっ、肉ばかり食べてないで、野菜もちゃんと食べなきゃダメだ!」
「あー!もう、まどか!焦げ焦げじゃないかぁっ、勿体ない!」
「杏子、焼き途中でタレを付け直すと肉が硬くなっちゃうよ。それとこれ、ちょっと食べ比べてみなよ」
「さやかはさっきから野菜ばかりだね。遠慮しないで、お肉も食べて良いんだよ?」
「ちょ、マミそれまだ生だよ!?レアが良いからって、生食はダメだって!」
「ゆまちゃんは、お肉もお野菜もバランス良く食べて偉いね。保護者にも見習って欲しいなぁ(チラリ)」
「くぅぉら、誰が参加して良いって言った、インキュベーターァァァッ!」

で、皆の分を焼いてばかりで結局ほとんど食べれず、終わった後に織莉子ちゃんに慰められるところまで見えた

300 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/22(木) 13:05:54.76 ID:TmgykYQz0
まどキリゆま!まどキリゆま!

301 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/22(木) 16:36:55.87 ID:78wB/KgYO
>>300
NIPの続きはよ

302 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/22(木) 23:59:48.21 ID:EXQsE6ou0
書けないんで、昔に書いたものを引っ張りだしてきた。
百合スレでやるには、織莉子とマスターの関係がやりづらい。
実は、おりキリがメインじゃなくて、魔法少女8人+1人と脇役のものなんで、ここだと端折らざるをえない部分もある。
(前スレじゃ、おりキリvs杏さやの後の、杏子vsさやかを省略してたし)

303 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 00:16:15.00 ID:jry3qQ//0
>>274-275のタイトルがわからないのでお教え願えませんでしょうか?

304 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 00:34:56.50 ID:l7h1joOe0
>>303
さやか「よろしくね、相棒」まどか「うん!」 だと思ふ

305 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 00:35:26.39 ID:0BcPef550
>>303
さやか「よろしくね、相棒」 まどか「うん!」
思わず、おりキリに救いはないんですか!?と叫びそうになった

306 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 00:41:42.66 ID:hVpJP4sc0
まぁ本人たちは『納得』していったものの、救いはなかったわな…

307 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 01:04:21.08 ID:l7h1joOe0
納得して死ぬ事は本人にとっては救いであるが
取り残された人達にとっては救いではない

308 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 01:13:53.31 ID:0BcPef550
>>307
まぁ織莉子ちゃんの遺言のおかげで、ほむらが本編みたいにはならない=救世は成し遂げられた、ってことでもあるから、それで一応織莉子ちゃんの本懐達成になるのか
話としては面白いし綺麗にまとまってはいるけれど、どうしても、現世でよろしくやってる本編組と比べてしまってなぁ……

たまには、おりキリが八面六臂の大活躍でハッピーエンドを迎える話があったっていいじゃない

309 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 03:17:30.15 ID:TV9+TEb+0
只でさえメアリスーだなんだ言われてるのにそれをやるのは綱渡りに等しいギリギリの行為だと思う
個人的にゃおりキリはメアリ某呼ばわりされるほど酷くないとは思ってるけど。むしろゆまちゃんがヤベぇ

310 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 07:33:11.40 ID:yj9gTVwqO
そんなのあたしがゆるさない


「ぼくのかんがえたさいきょうの本編キャラ」が実在して、それが市民権を獲得している以上、やっちまっても良いんじゃないかという気もするけど
実際ほむらや杏子が書き手補正で美化されがちな中で、コイツらだけが常に「敵」として在らねばならないなんて、そんな馬鹿な、と思ってしまう

311 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 08:04:43.82 ID:GFjOtMt80
>>309-310
言いたいことはわかるんだけど他キャラの愚痴のようなものが混じってるのはいただけない。
キャラスレではキャラを愛して他キャラを憎まずで言って欲しいと思う。

312 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 10:09:02.19 ID:jry3qQ//0
>>304-305
>>303です。ありがとうございます。


313 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 12:13:09.84 ID:yj9gTVwqO
>>311
すまん
ついつい熱くなってしまったみたい

外伝キャラがごってり活躍する事の、何が悪いんだって、それだけは言いたい
そちらの方が話を作りやすいってのは分かるんだけどね、魔法少女どうしでドンパチさせるには一番手頃な存在なわけだし
だが、もう敵としての登場はお腹いっぱいだし、そのたび倒されて悲しくなるしで、憤懣遣る瀬方無くなってしまったんだ

314 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 12:29:37.44 ID:FAsR/uMI0
みんなキリカやんのおっぱいが割と大きいってこと忘れてないか

315 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 16:54:08.60 ID:0BcPef550
>>314
揉みしだいて、乳首くりくりしたくなる良いおっぱいだよね
身長との対比で考えると巨乳と言ってしまっても良いと思う

316 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 20:09:05.78 ID:YyAekLbF0
早海さんと呼ばれる日っていうドラマ観て、イノッチの奥さんと織莉子ちゃんがなんかダブった

…呉さんと呼ばれる日?○○(家主の苗字)さんと呼ばれる日?

317 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 20:09:45.87 ID:YyAekLbF0
>>315
トランジスタグラマーだっけか

Eはありそうだよね

318 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 21:44:23.38 ID:0BcPef550
>>317
そうそう、低身長の割に女性らしい身体つきになってる人
俺の脳内イメージだと、
キリカ→華奢な骨格に女性らしい肉体
織莉子→がっしりとした骨格に宿る、女性らしさの凝縮された豊満な肉体

キリカちゃんは織莉子ちゃんと頭一つ分小さいけど、肩幅とかもいろいろ一回り位小さくて、
抱きかかえられるとすっぽり収まる感じでいるとべネ

319 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/23(金) 23:19:26.63 ID:nQNPpZSY0
Pixivにて、家主の絵師がまた新作を発表なされた。
に、してもだ。「らくがき」以外のタグもつけて欲しいものだ。二日に一度は「おりキリ」で検索する自分ですら、絵師をマークして定期的に巡回せんと気づかないというのは、いささか困る。
あと、「25cpの一般人」といわれても、わからんだろうに。

320 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 01:49:30.08 ID:LdpHsr0L0
ガープスおりこ☆マギカか……

321 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 02:10:13.29 ID:iE6UGGttQ
キリカちゃんかあいいよ〜
お持ち帰りしたいよ〜ちゅっちゅ

322 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 02:35:34.94 ID:ty/0Gdgv0
システム的に妖魔夜行・夜翔あたりがマギカワールドには合わせやすそうかなぁと思ってしまうのでした

323 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 02:36:55.25 ID:wgtmzcvb0
>>321
織莉子ちゃんもキリカちゃんも、お持ち帰りして、自分からおねだりしてくるまで調教したいよね

「う〜、う〜、う〜……お腹減ったぁ、ご飯まだぁ……?何でラーメン作るのに、こんなに手間取ってるのさ……」
「キリカ……はしたないわよ……作っていただいている身で……そう催促するのは……」
「織莉子……机に突っ伏してお腹をぐぅぐぅ鳴らしてちゃぁ、説得力がないよ……」
もうじきできるから、黙って待ってろ、な。すきっ腹の方が、飯が美味く感じられるし、もうちょっと辛抱しろよな。
「「やったぁ!」」

みたいな

そういうわけだよ、織莉子ちゃんキリカちゃんおやすみチュッチュ

324 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 02:58:35.49 ID:ty/0Gdgv0
JCを餌付け(ちょうきょう)するだなんていやらしい…

なぜだかグルメMAP系を片手に食べ物めぐりするおりキリ+αが思い浮かんだ

325 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 12:31:27.50 ID:3m2voGLo0
素直にガープス・スーパー買ってくりゃいいのに

326 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 23:25:20.20 ID:wgtmzcvb0
>>324
食べ歩きくらいならやってそうだけどな、その二人なら
ただ大概めぐるのは甘食スウィーツなケーキ屋やカフェばかりで、同伴者によってはげんなりしそうだが

327 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/24(土) 23:38:49.48 ID:+39dRXIv0
>ガープス
魔女化を考えると、恐怖結社の方が向いてないか?

328 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 06:52:06.59 ID:WM0mzENP0
>>319の絵がわからないので誰か教えてください
Pixivで「家主」や「らくがき」で調べてもわからない....なぜだ

329 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 07:48:08.15 ID:k0+ykP9B0
とっくに「おりキリ」「魔法少女おりこ☆マギカ」「美国織莉子」「呉キリカ」等のタグをつけました。
ちなみに、件のシリーズには「家主」なんてタグは使われておりません。
某ハートフルストーリーみたいに独自タグを考えるべきか。

330 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 11:35:39.75 ID:hF4qB5Yz0
そういえばペンタブが起動できなくてバニー織莉子さん描けなかったと言ってた人は
無事コネクトできたのだろうか

331 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 16:47:32.43 ID:bOA1PBTH0
うまくいってると良いね
>ペンタブの人

バニー織莉子ちゃんとだけと言わず、看護婦さんや婦警さんの恰好した織莉子ちゃんや、
スク水やメイド服着たキリカちゃんもぜひ描いてほしい

332 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 18:29:52.38 ID:hF4qB5Yz0
>>331
それはそれでとても夢の拡がるお話ですわ、あと男装とかもいいよね

333 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 19:42:09.95 ID:bOA1PBTH0
>>332
キリカちゃんは初期稿からして短パン魔法少女だし、男装はすごい似合うだろうね、主に少年みたいな恰好が
織莉子ちゃんはパリッとしたの、白いタキシードとかが似合いそうだ

334 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 20:23:23.13 ID:e+cLKOfQ0
そんなキリカちゃんのおしりをもみゅもみゅしたい
顔が引きつるキリカちゃん可愛いよ

335 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 23:32:11.81 ID:bOA1PBTH0
>>334
まずはお尻に手を這わせ、その滑らかな丸みを思う存分堪能する
その後、徐々に指を前の方へと進ませ、薄布越しに割れ目に指をいrグチャ


「織莉子ぉぉぉぉ!怖かったよぉぉぉぉ……!」
「よしよし、もう大丈夫だから、家に帰って貴方の大好きな甘い紅茶を淹れましょうね」

336 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 23:35:14.28 ID:e+cLKOfQ0
そういう声があげられない、抵抗ができないときにやるんじゃないか

337 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/25(日) 23:49:40.29 ID:hF4qB5Yz0
>>333
織莉子さんが執事服を着てキリカっちがお嬢様みたいな格好で給仕されるとか
キリカっちが執事服(いつも通り?)着て織莉子さんがドレスきて給仕されるとか
おめかししたおりキリを給仕する執事スタイルの部屋主とか
「じゃあ最後はおにーさんがこれ(ドレス)着てね」をノーサンキューする部屋主とか

ネタはあるんだけれどねぇ

338 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/26(月) 00:57:28.28 ID:ax3hxy9g0
ふと思いついたネタ。

キリカ「おにーさん。このつくね美味しいね」
家主「そうだろう。名古屋コーチンに、とある鳥肉を秘密の配合で混ぜた、俺の特性つくねだからな」
織莉子「うーん、比内地鶏かしら? それとも薩摩地鶏? でも、鶏肉にしては濃厚な味わいですし……」
家主「はっはっは、それは秘密だよ」
キリカ「何であれ、美味しいは正義だよ。織莉子」

究極に金のなかったひところ、タダの食材にいろいろと手を出してみた事がある。
鳩、雀、キジバト、そしてカラス――ハシボソは草食メインなので食えたが、肉食メインのハシブトは臭かった――、そういう諸々の鳥を食って得た経験に基づくレシピだ。市販の材料しか使わない奴にはまねできないだろう。


JCをミンチにして食べたいとふと思い立って
JC=Japanese Chickin=地鶏、な。

339 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/26(月) 03:10:51.50 ID:oJ1LgMwf0
>>337
おりキリの仮装は、よほど突飛なのじゃない限り織莉子ちゃんの家にある礼服やメイド服を流用すれば割となんとかなりそうだな
家主は初見でキリカにおっさん呼ばわりされる老け顔なんで、きっちりとした礼服や執事服を着たら30-40代くらいに見えそう
それをキリカに指摘されて凹む家主に、フォローが裏目に出る織莉子ちゃん
「大丈夫ですよ!そういう方は、お年を召してから若く見られるらしいですから!」
「今、若くなけりゃ意味がないだろう……」

中学じゃ無理だけど、同じ高校に入ったら文化祭で仮装なんちゃらに揃って参加する事もあるかもだし
ちっちゃくて勇ましい黒騎士と、柔和な笑みを湛えるグラマラスな白姫の百合カップルとか、垂涎すぎる
チビ黒おてんば姫と、保護者的な白騎士でも良い

>>338
そんなビッグ・ボスみたいな家主は嫌だww

340 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/26(月) 22:13:16.19 ID:KMXzFxID0
織莉子の願いは生まれてきた意味を知りたいで、
そこで知ったのがワルプルギスの夜とクリームヒルトなら
その意味はまどかに正しい願いを示すことかもしれない
実際、素質が高いというゆまも織莉子の予知に従って契約して、
その素質以上の魔法少女になってるっぽいし、円環の理以上の結果を導けたかも

341 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/26(月) 23:23:27.24 ID:UptGLo9b0
生まれてきた意味の解釈でおりこの話も大分変わるよね
最初はキリカと出会う事が生まれてきた意味だと思ってた
今では色々ありなんじゃないかなーって思う

342 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/26(月) 23:52:16.26 ID:oJ1LgMwf0
生まれてきた意味なんてものは自分で定義するものであって、織莉子ちゃんが見たクリーム誕生の瞬間はそのきっかけに過ぎないんじゃないかって思う
契約の瞬間に見えた予知は、最近発生する最もセンセーショナルな事柄で、
「さぁ、ヤバいのが来るのが見えました!自分はどうしよう?どうしたいのだろう?」て事を提起するためのものだったのでは

で、おりこ本編では「クリーム誕生の阻止=まどか殺害」を生まれてきた意味として捉えてしまったけれど、
中には「キリカと一緒に生きるのが意味」だとか「皆を救うのが意味」とか、そういう風に考えた時間もあったんじゃないだろうか
良くあるネタみたいに過去時間軸の記憶を保持したままタイムリープに巻き込まれてたら、キリカを守るために東奔西走する織莉子ちゃんが見られたかもね

343 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/27(火) 00:08:51.85 ID:k8gbFCRi0
契約による願いってかなり厳密に叶えられるものみたいだから、「生きる意味が知りたい」っていうのは叶えられたんだと思う
それが契約時なのか死ぬ直前なのか、それとも全く別の時なのかは分からないけれど

344 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/27(火) 00:15:35.19 ID:92X91ZaY0
俺の中では、キリカの遺体を咄嗟に庇った直後だな
そこでようやく、織莉子ちゃん自身の守りたい世界がどんなものなのかという事に気付いた、と

最終的にはおりキリの相思偏愛に持ち込みたい俺はどうしようもない百合脳だな……

345 :Fate☆マギカ:2012/03/27(火) 00:57:47.53 ID:lg0+jCop0
市庁舎、午後五時。就業時間を終えた一人の女子職員が帰宅への片づけを終える。
帰宅前に軽くお茶でも飲もうと、彼女は給湯室へ向かう。薬缶を火にかけている間、スイッチを入れた換気扇の近くに立ってタバコを咥えて火をつけた。
市庁舎内でのAR(拡張現実)利用可能なバイザー型端末の使用は禁じられているので、旧式のスマートフォンを取り出す。メール、家の警備装置の状況、チェックしたお気に入りの番組の再生。そんな事をしていると、給湯室のもう一人入ってきた。
ふわふわの髪をサイドテールにした彼女は、少女と見まがうばかりの若々しい顔立ちの女性。ただし胸は成人女性としてもかなりのサイズであり、また漂わせる雰囲気も大人のそれだ。
ええっと、たしか……そうだ、市長の従姉妹だかまた従姉妹だかで、私設秘書をしている美国姉妹の姉の方だ。
「あ、ごめん」
そう言って女性職員はタバコをもみ消そうとした。ここは喫煙スペースではない。
「あ、いいえ。どうぞそのまま」
そういう秘書――織莉子――は笑顔で答える。その手にしているのは、スーパーの買い物袋。中身は生鮮食料品だ。
給湯室には一応の調理器具もある。それを利用して料理をつくろうとしているのだろう。
「また市長、泊り込むの?」
女子職員が尋ねる。
「ええ。伯父さん、忙しいからまたですって」
市の再開発計画のため、市長は最近ずっと多忙だ。
「もう半月も泊まり込みでしょ。家の方、大丈夫なの?」
市長は、何年も前に奥さんと死別していて、一人暮らしだ。
「大丈夫ですよ。そっちは今日、キリカ……妹が見に行ってますから」
そう言いつつ、彼女は調理を始める。
「楽しそうだね」
「ええ」
女子職員の問いかけに、織莉子はにっこりと微笑む。
「あんなにも立派な叔父ですもの。一族の誇りだって父も言ってました」
そう、彼女は我が事のように誇らしげに語った。

346 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/27(火) 01:03:29.43 ID:lg0+jCop0
しばらくおりキリ日常編をやってみるつもりです。
その後は前スレでやったVSさやか編ですので割愛。
それが終わったらVSマミ編。
その後のVS杏さや編は、前スレでやったのでこれも割愛。
あと、おりキリがからまないエピソードは全部割愛。

347 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/27(火) 01:11:37.49 ID:92X91ZaY0
>>346


なんかご宣託があってまどキリゆまなるものに手を出してみているんだが、全く話がすすまねぇ
ていうか、この面子だとキリカが強引に話を進めるせいでキリカ無双になってしまう

織莉子ちゃんの前ではあんなににゃんにゃん鳴いてるのにね

348 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/27(火) 03:04:13.60 ID:8V/0+DTtO
>>347
まどキリゆまではキリカちゃんがまどかちゃんに振り回され、、たまに反撃しつつ
ゆまちゃんがキリカちゃんいじりに追随する形式がやりやすいです
あのスレのキリカちゃんはアクティブで、まどかちゃんはアグレッシブです
まどキリに徹するとゆまちゃんは傍観の位置ですね
キリゆまはシチュが思いつかなくて…
で、まどゆまを重くするとキリカちゃんが保護者な立場になるんですがここだとスレチかな


よければネタの提供をば…

349 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/27(火) 03:10:35.93 ID:8V/0+DTtO
…ん、アクティブだと本編のそれを連想しちゃうよね
イメージ的には「声や身振り手振りの大きい遣り手の生徒会長」かな
契約前後をちょいとまとめつつ、悪いところをそぎ落とした感じ?
でもまどかにはたまに反撃するけど振り回されっぱなしという

350 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/27(火) 22:14:56.04 ID:92X91ZaY0
>>349
いや、まぁ、おりキリ前提の話だけど
多分まどかの中では、キリカは行動が突飛でスキスキ織莉子ちゃんな漢字の変な人、くらいの認識でしかないんじゃないかなぁ、と思って
そこから仲良くなるお話に……したいなぁ
ゆまちゃんも然りで、杏子に心的に依存しちゃってるのを、視野を広げる感じで、こう、どうにか

織莉子ちゃんに契約内容をカミングアウトしたキリカさんは、メンタルがタフすぎて扱いに困る

351 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 00:12:50.87 ID:dz2ftUBPO
あぁ、やっぱおりキリ前提かぁ…

352 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 00:49:22.39 ID:3QTmCq/h0
当然でしょう。
自分としては、織莉子とくっつかないキリカは想像できないし、キリカとくっつかない織莉子は想像できない。

353 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 00:50:59.24 ID:sAIegle00
>>351
スマヌ、おりキリ至上主義者なんだ
他の人が書く別キャラとの絡みには何も言わないけれど、俺が書くのはどこまで行ってもおりキリに行きついてしまう

織莉子ちゃんの体育の風景をじっくりと観察したい
跳び箱とかの器械体操や、陸上競技でもふつくしく優雅に動く織莉子ちゃんの姿を思う存分堪能したい

354 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 02:15:06.14 ID:dz2ftUBPO
カップリングを単一として見れないからなぁ
あくまでキャラありきで考えてるから、おりキリ固定のヒトがうらやましくもある


…書かなきゃ

355 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 02:26:33.91 ID:sAIegle00
そりゃキャラはキャラだけど、こいつらに一番お似合いなのはやっぱり織莉子⇔キリカなんじゃないか、と思うんさ
例えば、キリカの小銭を拾ったのがマミさんだったら、まどかだったら、さやかだったら、とか色々な可能性はあるよ?
時系列の前後次第、シチュエーション次第で、キリカが一目ぼれするのは必ずしも織莉子であるとは限らないし
織莉子ちゃんにしても、例えば習い事で仁美ちゃんと仲良くなってて頼る事ができていたらおり仁なんてカプ
も成立し得るわけだし

でも、この二人はおりキリでくっついているのが一番自然で、お似合いなんだと、俺は思う
この二人が(百合の有無は問わず)いちゃいちゃしてるのを考えただけで色々と滾ってしまう
いろんなカプも考えられるし、それはそれで良いものだと思うのだけれど、俺はおりキリが一番好きだなぁ

356 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 03:13:11.83 ID:khc5KF0iQ
おりキリは「あなたに会うために生まれてきた」みたいに
運命の相手同士でいてほしいねえ
タブレット直ったから絵の練習始めたよキリカちゃん
小学生みたいな画力だけどそのうち渋に上げるね織莉子さんちゅっちゅ

357 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 13:44:30.94 ID:kTq1VmJY0
割と真面目におりこちゃんの魔女妄想してるんだけど
しっくり来ない

容姿は本ってのは決まったんだけど

358 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 15:02:14.86 ID:zU4wqupc0
おりこさんの魔女の外見は紙の鎖で縛られた小さな本のイメージ
本の中身はこの世の「全て」が記されているが赤ちゃん以外が読むと
発狂or存在が消滅してしまう恐ろしい魔女
でも封印を解いた上で読まずにもう一度封印すると、勝手に燃え尽きる自分勝手な魔女
こんな脳内設定ならよくした

359 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 16:21:37.60 ID:Epes2FC/0
つ【ゲルト姐さん】

…雑魚とか言うな。マミさんの射撃を悉く躱す運動性、巨大な椅子をブン投げるパワー、
使い魔と仲良しで連携プレーができると十分強キャラだぞ。蝶イメージが無いのが難点だが

360 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 16:26:13.74 ID:b8PM3lS+0
というかゲルトルートは今更過ぎるだろう…

361 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 16:27:06.01 ID:kTq1VmJY0
いや織莉子ちゃんバラ嫌いだし

362 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 21:36:50.80 ID:3QTmCq/h0
嫌いじゃないよ。特に好き、というのではないだけだよ。

363 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 21:47:22.92 ID:kTq1VmJY0
かといってバラに執着するほどじゃないと思うのよね

364 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 22:17:35.25 ID:3QTmCq/h0
多忙でFate☆マギカが書けない。ネタはあるんだけどねえ……

市長「二人に私の宝物を見せよう」
キリカ「えっ、それって魔法の宝石か何か?」
市長「ははは、まあ、そういう呼び方もできるかな?」

市長「私がまだ子供の頃、この町で大火災があってね。後で知ったんだが、聖杯の魔力が暴走した結果だったらしい。
 それ以外でも、毎回、聖杯戦争の巻き添えで大勢の人が亡くなったんだ」

キリカ「織莉子、ちょっとしたニュースだ。実は今夜、市民ホールでチャリティーコンサートが開かれる。
 演奏者は、なんと世界的に有名なバイオリニストだ」
織莉子「バイオリニストというと、ひょっとして……」
キリカ「そうだよ、彼だよ。きっとさやかがいるに違いない。私たちも行ってみるかい?」
織莉子「やめておきましょう。そんな場所で戦うなんて無粋な事はしたくありません。
 それに会って話でもしてしまったら、きっと情が湧いて戦えなくなると思うの」

織莉子「ねえ、記者さん。今夜の事は忘れていただけないかしら?
記者「断る。こういう不正を許すべきではない」
織莉子「そう、残念ね。
 でもね、大好きなパパが不幸な目にあったら、きっとエリカちゃんは悲しむと思うわ。
 ゆかりさんだって、エリカちゃんを抱えて女手一つでやってくのはきっと大変だと思うの」

365 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 22:42:31.46 ID:e8aZIvze0
お父様スキー属性が強く残ってたら魔女化で薔薇育てちゃうよー!とかになる可能性もないこともないけど
まぁ織莉子さん→ゲルトさんはないかなぁと思ってしまうのでした

やだ、(無関係な人を遠ざける為か普通に脅してるのか状況はわからないけど)黒混じりの織莉子さん素敵…

366 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 22:44:25.14 ID:BRyMk0dh0
照れ屋なおりこちゃんとかぜったい可愛いよね

改変後世界ではきらカリのうめてんてー作品の京ちゃんみたいになりそう

367 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 23:21:50.92 ID:e+LjAZ2g0
>>365

キリカに出会わなければお父様スキー属性が強く残るんじゃねえ?
本編でもなんだかんだでお父様スキーだし

368 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 23:33:22.61 ID:e8aZIvze0
うむ、つまりないという結論で構いませんねッ!!

369 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/28(水) 23:34:01.16 ID:BRyMk0dh0
家主がパパになればいい

370 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 00:31:47.95 ID:Kwy5vyv+0
おりこマギカ外伝
パパ(家主)のいうこと聞きなさい!

371 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 00:51:36.98 ID:w7cg1gG00
おりこマギカ外伝
(家主の苗字)さんと呼ばれる日

372 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 02:10:59.92 ID:w7cg1gG00
同じ「美」始まりで俺はおりさやを推そう

373 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 04:57:26.20 ID:fbC0+opX0
書き終えたので宣伝
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1332942214/

前スレでアナウンスしろと言われた気がしたので

374 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 04:58:00.71 ID:fbC0+opX0
>>373
注)R-18

375 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 11:00:17.80 ID:w7cg1gG00
いなくなっちゃってたかと思ってびっくりしてた…!
乙!

376 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/03/29(木) 17:19:47.98 ID:fbC0+opX0
>>375
色々手を出した挙句みんな煮詰まっちゃって……
家主もネタが浮かばなくって手が出せず……
だが>>369-371という良ネタを出してくれたんで、これから着手します

始めは供給不足からくる飢餓感からSSを書き始めたんだけど、書いてるうちにマギカシリーズで一番好きな子らになってた
だからなかなか筆が進まなくて、ものすごく歯がゆかった
なもんで、こういう眼から鱗のネタは本当にありがたい

長風呂で逆上せた織莉子ちゃんを、団扇であおいで頭に氷嚢乗っけて看病したい

377 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 17:35:08.33 ID:w7cg1gG00
だとしたら俺もネタが供給できるよう頑張らなきゃなるまい
外伝組もっと流行れー!!

378 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/29(木) 21:54:48.19 ID:w7cg1gG00
…規制かな

379 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/30(金) 01:46:45.53 ID:WZ5YJLAY0
二人と一緒の布団に入って寝たい
朝起きると抱き枕にされてて、朝食が気まずいとなお良い

おやすみ織莉子ちゃんキリカちゃん、チュッチュ

380 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/30(金) 01:50:21.96 ID:WZ5YJLAY0
二人と一緒の布団に入って寝たい
朝起きると抱き枕にされてて、朝食が気まずいとなお良い

おやすみ織莉子ちゃんキリカちゃん、チュッチュ

381 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/30(金) 02:05:31.68 ID:sM8U88zc0
織莉子ちゃんもキリカちゃんもかわいいなあ
なんかもう、寝顔観てるだけでいいや

382 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/30(金) 22:14:14.24 ID:WZ5YJLAY0
織莉子ちゃんって携帯電話持ってたっけ?
キリカちゃんは持ってたけど、あれは家電から掛かって来てた可能性もあるわけだし

保護者不在で、果たして携帯電話は買えるものなのか

383 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/30(金) 22:16:37.54 ID:sM8U88zc0
>>382
つ家主

契約するだけで料金は当人持ち

384 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/30(金) 22:22:01.05 ID:WZ5YJLAY0
>>383
なんて汎用性の高い家主w

そうかー、まだ持っていないのだとしたら、キリカの勧めでスマートフォンを買って、操作が意味わかんなくってテンパっちゃう
そして挙句涙目になって、でも意地っ張りだから分かんないと言い出せなくって顔真っ赤にしてる織莉子ちゃんが見れるかもしれないわけだな

385 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/30(金) 23:12:27.52 ID:Rjh02inO0
なんという保護者

「うわーん、おにいさーん 甘いお酒を買いたいのにお店の人が売ってくれないよー」
「だまれ未成年」まで想像した

386 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 00:33:09.80 ID:+fH9Csqh0
たぶん碌な家庭環境じゃなかったキリカちゃんと、「政治家」っていう少し特異な環境にあった織莉子ちゃんにとって
ほんの少し肩を借りることが出来て、彼女らが「子供っぽく」いる事が許される、そんな家主だったら良いなぁと思うのでした

でもあんまり家主を出張らせちゃうと、今度はオリキャラとしてのアクが強くなりすぎちゃうから難しいところだな

387 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 00:44:39.61 ID:s9xyJCth0
魔法少女として戦うという側面に対して、日常の顔見知りのいくらか心を許せる異性、みたいな立ち位置が個人的にベターだねぇ

388 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 00:47:16.42 ID:GeYBNn7C0
女家主という妄想

織莉子ちゃん以上のふかふかおぱい
ほむらちゃん以下のペッタンコでもいい

389 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 01:38:19.65 ID:+fH9Csqh0
>>388
ネタとしては、ifモノとして考えてはみたんですけど、ちょっと無理があるかなと思いまして
自分の中では、織莉子ちゃんを「女性としての容姿の一つの臨界点」として描いているので、女家主だとそこら辺に対して色々と、ね……
なにより、私なんかにゃ女性の私生活なんて描けません

パッと思いついた女家主
・低身長貧乳、時折小学生と間違われる
・それを昔から馬鹿にされていたため、口が悪く反骨精神に溢れる
・微百合

誰か……

390 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 01:53:34.65 ID:s9xyJCth0
女家主という発想はなかった
しかしおりキリと絡むとなると詢子さんタイプでないと"キャラクター"が没っていきそうなのが難点になりそうだねぇ

2人じゃあれだけど、3人なら女子会とか開けそうだ

391 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 11:09:46.08 ID:GeYBNn7C0
個人的には「エリーが人間だったらこんなだろうなあ」という風に妄想してた
ちょうど俺の家主に対するイメージがそれだったから
おりキリに対してはあまり積極的に絡まないと言うか
ただ食べ物とPCと文字にはうるさい、みたいな

キリカ「おねーさん!ブラつけてないと垂れるよ!そんな大きさなんだもの!!」
女家主「うっせあんたらにゃ言われたくねぇ」
これじゃただの女体化だな


詢子さんねえ…

392 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 16:01:03.70 ID:Hx4SerWGQ
織莉子さんのお尻に発射したい

393 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 18:14:14.72 ID:O/Nzwgx10
そもそもおりキリで完成されてる分、オリじなる娘つくってイチャコラするようなイメージもないから
ちょい年上のお兄さんを観察者みたいな位置に置いておくのがいいかな、と思った次第で

394 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 19:17:14.04 ID:ThmmmkZlO
おりこって99%ブギーポップのパクリじゃねえか ふざけるな

395 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 23:31:55.97 ID:O/Nzwgx10
懐かしい名前すぎるな

396 :oriko :2012/03/31(土) 23:35:50.97 ID:F6fdLTwO0
お久しぶりです
ペンタブ買ったもののものの見事に挫折したのでとりあえず投下
ttp://www1.axfc.net/uploader/Img/so/139300

397 :名無しかわいいよ名無し:2012/03/31(土) 23:45:28.35 ID:GeYBNn7C0
おりまどやーん乙

398 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 00:21:48.73 ID:Do+aZlvO0
おかえりなさい、ペンタブいいなぁ、やはり時代はペンタブかなぁ

さて今日はあの日なんだが、なにかネタは来るのだろうか…

399 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 00:24:59.39 ID:kIYqnefR0
おりこ映画化しか考えられない

400 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 11:04:25.45 ID:Odu6/k1a0
四月馬鹿の日にそれやられてもな…
何であれ、おりキリを愛でる日々に変わりはないんだぜ

だが考えてしまうこともある
このスレがアニメ板に移転する日を…
キリカちゃんを処女のまま後ろの穴だけを徹底して開発したい

401 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 14:51:12.57 ID:e2zHTUAm0
キリカ「前は織莉子だけだから…後ろはおにーさんの好きにしていいよ…」

402 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 15:12:34.05 ID:Do+aZlvO0
トランジスタグラマァのJCに二本挿しだって?!

403 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 17:35:34.25 ID:Odu6/k1a0
織莉子ちゃんに前の穴を捧げる前に、後ろの穴にドハマりしちゃって
織莉子ちゃんにも後ろでするよう懇願する変態キリカちゃんはよ

404 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 18:14:37.70 ID:ESMag5Ia0
このスレには変態しかいないのかい
正直R18ネタは他のところでやってもらいたい
他のところがあるかどうかは別として

405 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 21:41:59.71 ID:Kt8RsI6kO
>>404
ゆまスレなんてもっとキチガイしかいないし、まだマシなほうだろ

406 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 22:01:05.23 ID:Odu6/k1a0
>>404
すまんすまん、調子に乗り過ぎたわ
だが話題がないのも事実でな…
そうなるとどうしてもエロネタに走ってしまうんだ

以後自重するわ

407 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 22:06:02.69 ID:kIYqnefR0
他のやるところがないからここでやるしか無いんだよ
それとも代わりの場所を提供してくれるのかい?

408 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 23:02:12.50 ID:e2zHTUAm0
エロ同人や催眠○○ニーで
盛り上がるキャラスレとかに比べたらこのスレは全然セーフだと思ふ

409 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 23:27:46.13 ID:Do+aZlvO0
完全なるペロペロスレになるのは困りモノだけれど、エロ描写も程度によるよね
しかしまどポ関連も充実してきたな…

410 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 23:31:38.03 ID:Z9Sztu9K0
このスレは完璧に蚊帳の外だけどなー

411 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/01(日) 23:36:34.03 ID:kIYqnefR0
それで盛り上がるなら…とも思ってしまう

412 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/02(月) 18:22:36.05 ID:n4V4ruAC0
伊達メガネかけてドヤァ…顔してるキリカっちの頭ワシャワシャしたい

413 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 00:12:28.13 ID:/wArnUOE0
オンの方はどうなるのかね
直接の登場は無理でもせめておりキリゆまっぽいアバターパーツとか期待したい所だけど

414 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 00:22:58.30 ID:10WerOlZO
今のところおりキリゆまかずみ達漫画キャラは自分の漫画以外では影も形も一切ないからなぁ
アンソロでプレイアデスの名前出た程度だろ
PSPのはやってないから知らないが当然出てないだろ?

415 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 00:26:54.74 ID:A4ho9ezx0
さやかちゃん・キリカアバターとか
まどっち・ゆまっちアバターとか
マミさん・織莉子さんアバターとかか…公式で、かずみ含めて外伝関係はあまり期待しないほうがいいな

>>414
当然のパーペキだ、哀しいことだけれど

416 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 01:05:00.74 ID:+wCdebbx0
>>414
アンソロではおりこさんがモブで登場したじゃないか
ムラてんてー喜んでたぞ

417 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 07:06:20.70 ID:10WerOlZO
>>416
……え?何巻のどこにいた?

418 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 11:38:04.72 ID:A0FuEABQ0
>>417
二巻の一話目にかずみーんと一緒に出てる
その話の作者はあいりぃとニコちんも別に描いてる
本スレでそのニコちんのAAが出回った
一縷の希望はまだある
二次創作があるだけでもまだマシだと思いたい>外伝

俺も絵が描ける様になりたいんだけどね

419 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 12:22:05.80 ID:/wArnUOE0
結局評論系アルファブロガー()には「アンチほむら」という観点でしか語られないおりこさんが
「美国議員の娘」という価値しか認められなかった劇中での扱いとダブって辛い

420 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 12:26:07.72 ID:njfPK9fFO
ほむら持ち上げないとほむら厨がブログ潰しに来るらしいじゃん
許してあげて



それよりもっとSSの普及をだな

421 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 17:29:39.59 ID:/wArnUOE0
逆、「ほむらの敵だから」持ち上げてるだけの奴が多いんだよ

422 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 18:11:21.80 ID:10WerOlZO
>>418
ああいたいた
牛木先生色々描いてるなぁ

423 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/03(火) 22:10:31.04 ID:A0FuEABQ0
>>373
読んだ
ひさびさにあなたのエロSSで心がほっこりした
またお願いします

424 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 16:43:28.21 ID:xS2rt+cr0
>>416
ムラてんてー、喜んでたのかw

425 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 16:48:31.59 ID:g3sYEbvT0
てんてーってwww

426 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 18:29:24.53 ID:3gAcCoAa0
余所で使うなよそれ

427 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 18:37:49.37 ID:04XJjF/k0
そもそも通じない呼び名だと思うが、アンソロ感想のやりとりはツイッターでやってたよ

ピクの話になるけど…いい織莉子さんだった、今年の夏には水着絵が増える!と期待していいのだろうかと淡い期待を抱いてしまうのでした

428 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 18:40:52.65 ID:IeJlRq580
>>427
kwsk

429 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 19:32:25.20 ID:rq9Clmt40
>>427
おっぱい!おっぱい!なイラストでいい絵だったな

430 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 19:33:38.51 ID:IeJlRq580
渋じゃないのか

431 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 20:10:16.33 ID:04XJjF/k0
ああ、まぁ略し方とか拘ってないからピクシブね、渋とも言うよね うん、すまない

432 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 20:28:20.93 ID:g3sYEbvT0
家主のアレか
水着だったか?

433 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 21:04:38.29 ID:04XJjF/k0
いえ、単に去年は水着絵が1枚もこなかったから今年はくるといいな〜という希望的観測です、はい

434 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 21:30:05.18 ID:g3sYEbvT0
メガネおっぱいやばいよな

435 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/04(水) 23:24:24.49 ID:04XJjF/k0
そういえばない事もなかったけれど、私がうわさの白い(ry のイメージが強くてそっちが頭に残ってたな…

436 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/05(木) 01:57:25.98 ID:RFMe21kZQ
織莉子さんのちょっとエロい絵が渋にきててハアハア

437 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/05(木) 15:56:18.74 ID:T7mMxshK0
検索ワードはいつも美国織莉子
さっそく至高の乳タグついててわろた

438 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/05(木) 16:50:09.45 ID:16gZiDRo0
設定的にはありえないだろうけれど、淫語を連想してヌいてしまった…

439 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/05(木) 18:28:35.40 ID:RFMe21kZQ
伏せ字でいいんで隠語オナシャス!

440 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/06(金) 00:36:41.17 ID:j98UHLa80
また規制か・・・
おやすみキリカちゃんちゅっちゅ

441 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/06(金) 16:28:48.97 ID:WXSK7UYJ0
久しぶりに本編を見てると動くおりキリも見たくなってしまって困る
まどポ見てると技名いいなとか思ってしまって困る

442 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/06(金) 18:31:55.63 ID:5f2UcbZS0
キリカちゃんは相手を鈍足にしながら倍速になってくれる
とか妄想してみる

443 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 04:14:13.74 ID:MwSOndYSQ
キリカちゃんちゅっちゅ

444 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 04:18:53.93 ID:NGkBCjfWO
VIPに織莉子ちゃん達の知名度あげたいってスレ立ってる

445 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 04:45:15.72 ID:MwSOndYSQ
おやすみ織莉子さんキリカちゃん

446 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 11:20:36.01 ID:0Ah8v2Qi0
たゆまぬ努力四季おりおりキリキリ舞い

447 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 14:22:06.38 ID:0Ah8v2Qi0
最初に視えたモノがあんなんだから、織莉子ちゃんはまどかちゃん殺すしか無くなったんだろうか
共闘の線だって在ったはずなんだ

448 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 19:35:41.97 ID:iybGhaXh0
願い事が「生きる意味を知りたい」だからねぇ
良くも悪くも生きる意味を見出してる本編組への嫉妬もあったんだろうね

449 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 20:32:04.55 ID:0Ah8v2Qi0
生まれと育ちがあんなだからねえ
物心ついた時から言われたとおりにやってればよかったり
大した失敗もなく好成績だったりおっぱいでかかったり

そこから生まれて初めて誰もが味わうことのなかった人生のどん底に突き落とされて
「敵は用意しました倒してください」と言わんばかりの未来
そらそうなるわなあと

450 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 20:46:08.83 ID:lZO8P5Th0
ラストシーンからも見るに、本当はごく普通の善良な子を殺すなんて選択肢は織莉子も選びたくなかったんじゃないかね
とはいえ共闘とまどか殺害を比較するなら、まどか殺害の方が確実に世界の滅亡を防げる
てか共闘はまどかさんの契約のしやすさを考えるとリスクが高すぎる
やりたくなくても、誰かがやらなければ世界が終わってしまう可能性が高い
ならばいっそ……ってところじゃないだろうか

451 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 20:52:28.35 ID:iybGhaXh0
「織莉子が守りたい世界」は父親が死んだ時にとっくに壊れて無くなってるのにね…

452 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 21:08:28.97 ID:lZO8P5Th0
いや、恐らくあの時点での織莉子の守りたかった世界は
「キリカと一緒の世界」だったんじゃないだろうか
まぁその解釈だと、どの道あの最終決戦開始段階でもう織莉子の世界を守りきれないのは確定してたんだろうけどさ

453 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 21:26:53.73 ID:0Ah8v2Qi0
もうどうあっても織莉子ちゃん死ぬ運命だったんだなと
予知して視えて、それで見て見ぬふりをしてるのが一番マシな終わり方だったろうな
織莉子ちゃん魔女化しそうだけど

454 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 22:24:15.53 ID:lZO8P5Th0
運命を結果で語るのは好きくないが
最初の段階で暁美ほむらに奇襲をかければ或いは二人とも助かる道があったかもなぁ

まぁもし守りたかった世界が「キリカと一緒の世界」だったとして
もう織莉子の目指す世界は手に入らないのだとしても
それでも前に進んだ二人の生き方はそれはそれでよかったんじゃないか?
ほら、『善でも悪でも最後まで貫き通せた信念に偽りなどは何一つない』って誰か言ってたし

455 :Fate☆マギカ:2012/04/07(土) 23:12:22.95 ID:ctXPQhph0
夕暮れ刻、黒っぽいスーツ姿の呉キリカは、街の雑踏の中を市庁舎への帰路についていた。
パンツルックの女性用スーツを身に着けてはいるものの、どう見ても中学生並の童顔と低い背丈。その手にはクリーニング屋のロゴ入り大きなビニール袋に、洗濯物の入った膨らんだ手提げ袋。
それが帰路に着く他の人々とは逆行して市の中心部へと向かっているのは、それなりに目立つ。
今日の彼女の仕事は無人の市長宅――子供に恵まれず妻と死別以来一人暮らし――の見回りと掃除、そこから日用品を幾つか持ってくる事。ついでにクリーニング屋から背広を持ち帰る事と、コインランドリーでの洗濯である。
「さーて、今日の晩御飯は何かなぁ〜」
市庁舎で織莉子が用意してくれる夕飯のメニューに思いを馳せると、自然に頬が緩む。
自らのマスターと決別して織莉子の元に身を寄せた彼女は、今は市長の私設秘書である親戚の姉妹――ちなみに織莉子が姉――という肩書きで普通の生活を送っている。
「皆は何をしているんだろう?」
ふと、思い出したように呟く。
ニ・三日前にサーヴァントとして呼ばれて以来、未だ織莉子以外とは遭遇せず、当然交戦もしていない。そのため現在キリカと織莉子は、おおよそサーヴァントらしからぬ平和な日常を謳歌していた。
尤も、それはある意味当然だろう。なぜなら、今回呼ばれたサーヴァント――七人の魔法少女――にとってここは未知の地、だから本格的に活動をするにはこの二人のように下調べが必要だ。
生前の彼女達がここへ“仕事”で来たことはない。それは、この地では魔獣は生まれないからだ。
ここは魔術の土地だ。元々あった天然の強力な霊力の流れを魔術師達が人工的に加工した影響で、魔獣の素となる瘴気は周辺に吹き散らされてしまう。だから魔法少女は寄り付かない。
それに、地球外生命であるキュゥべえと地球と魔術師は相互不干渉を旨とする。これはお互いに思想も目的も魔術体系も徹底的に異なるため、得るものよりもそもそもの交渉に費やす労力が遥かに大きいからである。
だからこの街は永年魔獣と魔法少女の空白地帯となっており、実際ここに呼び出されてからというもの、キリカも織莉子も魔獣や一般の魔法少女と出会った事は一度もない。
繁華街を歩くキリカは、ふと道端のポスターに目を留めた。それは市民ホールでのチャリティーコンサートの宣伝であり、そこには壮年から初老に掛かりつつある演奏家の写真と名前が掲載してあった。
「あ、これは……。だとすると、ひょっとしたら会えるかも」
立ち止まったキリカの顔がほころぶ。仮初とはいえ折角現世に戻って来れたのだ、殺し合いなんぞをする前に、一度くらいは昔のように皆でお茶を飲みつつ談笑をしたいものだ。
と、キリカの魔法感覚に引っかかるものがあった。
それは魔法少女の魔力。ただそれだけなら、何かの用事でたまたまこの都市を訪れただけの無関係な魔法少女かもしれない。
だが、今のキリカの身体に宿ったもう一種類の感覚が相手が、自分と同じ存在、即ちサーヴァントであると告げている。
――また、仲間に会える――
笑顔のまま振り向いた彼女は、すぐに雑踏の中に小柄な人影を見つけた。白と紫を基調とした衣装の長い黒髪の美少女、ほむらであった。
他の魔法少女と違って彼女の衣装はあまり奇抜ではない。だから変身後の姿であっても街中であまり違和感は感じない。そんな彼女は、買い物帰りらしく大きなビニール袋を両手に提げていた。
向うも同時にこちらに気づく。
「ほむら!」
「キリカ!?」
前者は歓喜、後者は困惑交じりの驚き。

456 :Fate☆マギカ:2012/04/07(土) 23:13:06.35 ID:ctXPQhph0
両手に荷物を抱えつつ、キリカは巧みに雑踏をすり抜けて旧友の元へと駆け寄る。別に会話だけならテレパシーで済むのだが、どうせならやはり間近で話したいものだ。
一方のほむらの方は、近寄るでもなく逃げるでもなく、クールな無表情のままその場で待っていた。
「やあ、久しぶり。元気にしてたかい……というのも変か」
「お久しぶりね」
情熱的な挨拶に対し、返って来たのは冷淡な反応。
「まあ立ち話もなんだし、時間があるならその辺でお茶でもしないか? おごるよ」
にこやかな顔の提案は、しかし冷淡に拒絶された。
「悪いけど、馴れ合うつもりは無いわ。今の私たちは敵同士なのよ?」
冷静な正論だが、その程度は織り込み済みだ。
「そう急いで殺しあうこともあるまい? 折角会ったんだし旧交を温めようではないか。
 別に、お互い情が湧いて矛先が鈍るようなタマじゃないだろう?」
必要とあれば躊躇無く人を殺せる。それはキリカとほむら、そして織莉子に共通する性質だ。
前の二人は愛する者以外の世界の全てを切り捨てる覚悟から、最後の一人は冷酷なまでに理性的で巨視的な観点から、ともに少数の人死になら大事の前の小事として捉える事ができる。
ちなみに他のメンバーはそうではない。杏子は悪ぶってはいるが、目の前の相手を見捨てる事はできないし、ましてや直接手を下すことも無理である。まどか・マミ・さやか・ゆまに至っては論外だ。錯乱でもしない限り、他人を手に掛けたり見殺しにする事は不可能だ。
「じゃ、悪いけど」
ほむらは髪をかき上げ、踵を返して立ち去ろうとする。慌ててキリカも追いかける。
「おいおい、十年ぶりの現世だ、もうしばらく楽しんでも罰はあたらないだろう。
 そうだ、君だってタツヤや子供たちに会ったりもしたいだろ?」
かつての伴侶の名に、さしもの氷の女も一瞬震えた。
鹿目タツヤ。それは四半世紀以上の付き合いであり、最後の十年を連れ添った、ほむらの生涯唯一の男性。
鹿目まどかの弟である彼は、魔法少女隊結成後に次第に八人全員の弟のような存在となり、そして当然の流れとして魔獣や魔法少女の存在を知る極めて珍しい男性となった。
魔法少女の活動に理解を示す男性、これは貴重な存在だ。加えて彼はなかなか整った顔立ちをしているうえ、八人もの"姉”の教育の賜物か女性との接し方にも卒が無い。だから魔法少女の間では絶大な人気を誇ったものだ。
まどかの無二の親友という立場で親密に交際していたほむらは、自然に彼と接する機会が多くなり、やがて多くのライバルを尻目にそのハートをゲットしていた。

457 :Fate☆マギカ:2012/04/07(土) 23:14:32.04 ID:ctXPQhph0
「逢える訳ないわ」
しばしの沈黙の後、ほむらはそう吐き出す。
「私は、別れも告げずに突然居なくなった薄情な女よ。タツヤや子供達に合わせる顔がないわ。
 それに、今更昔の女がしゃしゃり出てきてどうするって言うのよ」
「しかし、最愛の夫と子供じゃないか。君は気にはならないのか?」
ほむらの瞳に冷気が戻る。
「気にはなったわ。でももう、知ってるのよ」
「なんだ、もう調査済みか。すまないが、私も気になるので教えてもらえないだろうか?」
もう二十年程前になる結婚式の日、キリカも大勢の魔法少女とともに二人を祝福した一人だ。
「ええ」
ほむらは、召還後肌身離さず持ち歩いている一葉の写真――恐らくデジカメかスマフォで撮影してプリントアウトした物――を取り出した。
それはとある一家八人の写真。初老の夫婦はまどかとタツヤの両親。見覚えのある高校生の少年少女は、キリカが円環の理に導かれたときはまだ小学生だったほむらとタツヤの子供。
そして幾分か老けたタツヤの隣には、同年代の女性。そして二人の子供と思しき小学生くらいの少年少女。
ほむらがまどかと共に円環の理に導かれて十年、もう悲しみは薄れたのか写真の八人は幸せそうな微笑を浮かべている。
「そっか。今はそうなっているのか……」
「私が望んだことよ。タツヤはきっと、一人では辛いと思ってね。
 だから私は、現世で思い残す事なんてない。あとは聖杯を手にして、魔法少女を救済するだけよ」
ほむらは振り返った。
「だから、悪いけどここで消えてちょうだい」
気がつけば二人は人込みから離れ、人気のない区画に来ていた。左右は取り壊し予定の古びた廃ビル、正面には既に取り壊しの終わった空き地。どうやらほむらに誘導されてしまったようだ。
「悪いけど、また今度にしてもらえないだろうか? 今はお使いの最中なんだ。君だって、買い物帰りだろう?」
「かまわないわ、これは私が使うものよ。ほら」
ホームセンターのロゴのビニール袋を開けて、中身を見せる。針金にロープ、日常で手に入る化学薬品、その他DIY系の品々。ほむらお得意の爆弾やトラップの材料、つまりは戦闘準備の一環だ。
ちなみに生前にチームを組んでた際、キリカは織莉子とともにほむらからトラップについて叩き込まれた覚えがある。曰く、予知能力や時間停滞に力を裂かれすぎる場合は、近代兵器が有効だ、と。
「もし貴方が消えたら、荷物はちゃんと届けてあげるわ。ああ、安心して。貴方のマスターには危害は加えないわ。私達の目的は魔法少女の救済であって、人殺しじゃないもの」
ほむらは空き地に入り、荷物を置く。キリカもついては行くものの、困り顔だ。
「いやあ、それが、織莉子が晩御飯を作って待ってるんだ」
ほむらが目を細める。
「あら、やっぱり貴方達はつるんでいたのね」
「まあね」
「そう言う私も、まどかとコンビを組んでるんだけど」
「ああ、やっぱりね」
「でも、それなら益々、今ここで戦わなきゃいけないわ。織莉子の予知は厄介ですもの。
 で、お届け先はどちら?」
「どうしても、答えなきゃなんないかな?」
「別に答えなくてもいいわよ。その場合は交番に届けてあげるから」
キリカは肩をすくめると、空き地に入って荷物を置く。そして変身した。

458 :Fate☆マギカ:2012/04/07(土) 23:15:27.42 ID:ctXPQhph0
と、ほむらの左腕に見慣れない円形の小盾があるのに気づく。ほむらの武器は弓矢のはず、ではこれは一体?
「これが私の宝具よ」
宝具、それは本来はサーヴァントとなった英雄の持つ、強力なマジックアイテムのことである。例えば、必殺の武器や鉄壁の防具、あるいは千里を一瞬で駆け抜ける乗り物。どれもその英雄の伝説の一翼を担う、強大な道具である。
自分達元魔法少女の場合は少々異なり、得意の魔法の象徴だったり武器が強化された物になるはず。
だが、この盾は見覚えがない。少なくとも生前のほむらと四半世紀の付き合いがあるキリカの知識には、こんな物はない。
自分の知識にはない物、瞬時にキリカはその正体に思い当たる。
かつて穢れと呪いに満たされた魔法少女は、円環の理に導かれずに魔獣のような存在に成り下がったという。それを鹿目まどかが、自らの魔力を代償に世界を改変させて今の形にしたそうだ。
ちなみに自分と織莉子が彼女達と合流したのは改変後、だから以前から仲間だった五人と違い、自分達はその記憶は持っていない。
そしてその改変前の世界において、ほむらは時間操作の能力を持つ魔法少女だった。生前の彼女は時折そう語っていた。
ならば、これはその能力を象徴する宝具ではないか。
ほむらは速度・攻撃力・防御力に劣るので、近接戦闘は不得手のはず。だから戦闘スタイルは翼によって飛行し、魔獣の手の届かぬ上空から弓で遠距離攻撃をするというものだ。
それがキリカ相手に接近戦に持ち込もうとするという事は、その宝具が強力なものである裏づけだ。
キリカは咄嗟に魔力を集中して、ほむらの周囲に出来る限り強力な時間停滞領域を作り出す。が、ほむらは既に盾に手をかけている。最早、間に合わない。
世界が、停止した。
ほむらの魔法は、世界に干渉して時を止めるものではない。自分を世界の時間の流れから切り離すもの。言うなれば、自分にかける無限の速さの加速魔法。
止まったキリカに向けて、ほむらは盾内の四次元ポケットから取り出した幾本ものナイフを投じる。どれも魔力で強化され、鋼にも刺さる程の破壊力を持たせてある。防御に優れたさやかならいざ知らず、キリカの身体などは容易く貫けるであろう。
ほむらの手から離れたナイフは、すぐにあるべき時間の流れに巻き込まれて静止する。だがそれはキリカの極々至近距離、避ける間などはありはしない。
「ごめんなさい。あなたに恨みはないけど、サーヴァントとして呼ばれた以上、こうなるしかない運命だったのよ」
そしてほむらは消耗の激しい時間停止を解除した。時が、動き出す。
「おおっと、危ない危ない」
踵を返しかけたほむらに、慌てたキリカの声が届いた。見ればその身体には、刺さったナイフどころかかすり傷一つない。
勝利を確信していた彼女は、予想外の自体に硬直する。
「な……!」
反射的に盾に手を伸ばすほむらに、キリカはなだめるように言う。
「ねえほむら、考え直してくれないか? 私はもう少し織莉子とここで過ごしたいし、君だって現世でまどかとデートくらいはしたいだろう? それとももう済んだのかな?
 そうそう、マミやさやか……」
再び、世界が止まる。
ほむらは、以前に倍する必殺のナイフを投じた。またしてもほむらの魔力から外れ、キリカの眼前でナイフが静止する。
再びの魔法解除。
「……杏子とは会ったかい? まだだったなら、今夜市民ホールに行くといい。きっと誰かとは会えるはずだから」
この殺し合いの中、キリカの暢気な言葉が続く。

459 :Fate☆マギカ:2012/04/07(土) 23:19:48.22 ID:ctXPQhph0
投じられた必殺のナイフは、そこだけ時間停止が解除されなかったかのように、キリカの眼前で止まったまま。
キリカが事も無げに止まったナイフの進行方向から避けると、途端にナイフの時は動き出して遥か向うの廃ビルの外壁に刺さって大きな亀裂を作る。
「ふうん。時間停滞に、そんな使い方があるとはね」
ほむらが溜息混じりに呟く。
「ふっ。どうだ、すごいだろう。名づけて『凍てつきし時の鎧』!」
そう言い放ってキリカが駆け出す。だがそれは、攻撃でも逃亡でもない、強いて言えば攻撃の準備か。
キリカは、ほむらを中心にした数メートルの円周上を駆け巡る。それはさながら影の稲妻。黒衣の姿はあまりの速度に霞み、それが動きを読まれないようにジグザグと不規則に動く。
彼女にはここまでの高速運動の能力はなかったはず、となれば自分が停滞領域に捕らわれているせいだろう。だが、それでも、時間を止められるほむらには意味を成さない。
彼女は、既に盾に手をかけている。いかにキリカが高速であっても、この距離ならほむらの時間停止の方が早い。
しかし、時は止められなかった。
不意に、ほむらの背後から無数の打撃。苦痛で一瞬動きが止まり、さらには背後を気にしたせいでキリカの動きへの反応が一瞬遅れた。
今のキリカには、その二瞬で足りた。一跳びで距離を詰め、ほむらの両腕に掴みかかる。
魔法の弓矢を使うほむらに比べ、鉤爪を振るうキリカの方が若干運動能力は高い。だから振りほどけない。
「ほうら、捕まえた。昔、杏子から聞いたことがあるよ。これで君の時間停止は使えないんだろう?」
ほむらの時間停止能力では、彼女が干渉したものや密着しているものもまた、一緒に時間の流れから離れてしまう。だからこれでは時間停止を使う意味がない。
ちなみに、これが彼女は相手に直接打撃を与えず、まだるっこしくても飛び道具や爆弾を使わざるを得ない理由だ。
「安心すると良い。私には、これ以上君と戦うつもりはない」
ほむらの腕をしっかり握りつつ、キリカはそれ以上のことはしない。
「今のは、一体……?」
抗うのをやめたほむらの問いに、眼帯の魔法少女は得意げに笑う。
「なーに、蹴り飛ばした小石に時間停滞をかけた、即席トラップだよ」
すると、さっきの高速移動は相手の幻惑や撹乱ではなく、これが目的だったわけか。

460 :Fate☆マギカ:2012/04/07(土) 23:20:50.76 ID:ctXPQhph0
不意にキリカが、目にも留まらぬ速さでほむらの左手の甲からソウルジェムをひったくり、そのまま後ろに投じる。
ほむらの魂は空き地の端の方に転がり、その左腕から盾が消え失せた。彼女の目に、一瞬怯えが走る。
「悪いが、私がここを立ち去るまで、ちょっと大人しくしててくれないか?」
「……わかったわ」
不承不承の答えに、ようやくキリカはもう片方の手もほむらから放す。魔法が使えない以上、手の出しようがない。
「ただ、君もこのままじゃ不満だろう? リターンマッチというのはどうかな?」
「リターンマッチ?」
「そうさ。……そうだな、今から三日後、時刻は日没……じゃまだ人がいるかもしれないから、もっと遅くて24時、場所はここってのはどうだろう?」
「三日後?」
「ああ。今私は、織莉子と一緒にマスターの仕事の手伝いをしてるんだ。その頃なら、それも一段落着く。
 君も、それまで現世でやりたい事をやるといいよ。ここまで性急に事を進めたがってるんだ。きっとマスターの願いを叶えたいんだろう?」
それはある意味正しく、ある意味間違ってもいる。だが、わざわざそれを訂正する理由はない。
「その時、私は織莉子と一緒に来るから、君もまどかと一緒に来るといい」
「……この状況じゃ、呑むしかなさそうね」
ほむらが軽く溜息を吐く。
「わかってくれて嬉しいよ」
キリカは自分の荷物を拾い上げると、変身を解かずに大きく跳んで去っていった。
ほむらは空き地の端まで歩くと、自らのソウルジェムを拾う。
聡明な彼女は、既に凍てつきし時の鎧の対処方法を見出していた。あれは向こうからやってくるものを防ぐ技であって、キリカの方から接近した場合は無効だ。だから、時間を止めて彼女の進行方向から飛び道具を放てば済む。
ただ、問題は即席トラップの方だ。
機械的なトラップなら、ほむらの得意分野だ。タンクローリーや米軍基地の電子ロックのようにて自在に操れるし、存在の探知もお手の物だ。
だが、キリカの魔法によるそれはほむらが弄れないし、自分が停滞領域に包まれてしまってはそれに紛れて魔力の察知もできない。
加えて、今後織莉子の予知があれば、トラップの効果は格段に跳ね上がるだろう。
「簡単にはいかないってことね」
星の見え始めた空を見上げて、ほむらは呟いた。

461 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/07(土) 23:28:31.45 ID:ctXPQhph0
本日ようやく規制解除。
先日、SS職人さんと絵師さんの二大巨頭が、ほむらの能力はキリカの上位互換でキリカじゃほむらに勝てないとか言ってたんで、もやもやしたんで書いた。キリカがほむらに勝てれば何でもよかった。とくに反省はしてない。

462 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 00:26:33.79 ID:KFM+Cs1g0
ほむらの新技「クロックダウン」や「鈍足無効」に頭抱えたSS書きは多いだろうなーw
気にしなきゃいいだけの話だけど

463 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 01:14:25.68 ID:WzKpv3II0
空間に作用する遅延魔法と「鈍足無効」の関連性はないのでノーカンだ…ッ!ということにしておこう
ゲーム的にスキル増やしたいのはわかるけど、クロックアップ・ダウンはなんかもやっとする

464 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 01:40:52.44 ID:j2knJ9rXO
遅延結界を糸状に引けば遅延がかかってるところとそうでないところで差違が生じ切断が出来る
このスレで見たことだ
単純な話でほむらの上下位互換にはなり得ないと思うの

まどキリゆまちゅっちゅ

465 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 01:49:14.31 ID:T7RU/JL+0
ゲームスキル的に考えると、キリカちゃんは成長させると
『時間逆行』だの『倍速無効』だの『キリカワールド』だの『一手で百手』だの何か凄い技をガンガン覚える気はする


466 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 02:20:23.58 ID:j2knJ9rXO
そのうち一本の時間軸にとらわれない時間横移動とか始めちゃいそうなキリカちゃんキリキリ
時間軸を複数本に解き、それらを自身の運命と同調させ、世界に重ね合わされた結果、複数の自分が生まれるとか
キリカちゃん版ファンタズマが出きるようになったりして

467 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 17:57:59.68 ID:kH3Aywrr0
渋にて、新しい絵師のおりキリ絵があった。実に喜ばしい。

468 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 18:35:19.87 ID:0Ypg/L080
『時間逆行』や『一手で百手』とかいうとあの人かなーというのを勘繰ってしまう
ゲーム的に考えるとキリカっちの基本攻撃は「スラッシュ」とかになるのかな

渋しか見てないけど、絵の投稿にストップかからないのは嬉しいなって思ってしまうのでした

469 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 20:46:55.75 ID:T7RU/JL+0
さやかとキリカで『二手で百手』とかやってた人というなら正解である
渋に再編集してアップしてるからよろしくね!(宣伝)

さぁ今日もおりキリ絵を探す仕事に戻るか

470 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 20:57:36.80 ID:kH3Aywrr0
本来予定してなかった戦闘を盛り込んだが、いまいちだったようだね。

時間停滞を厳密に考えると、いろいろと面倒になってくる。光や空気一つをとってみてもそうだ。
・X線レンジ
 停滞により、領域内部で日光中最も多い可視光線をX線化して焼く。
・気圧プレス
 停滞領域内の気圧は、時間遅延率に比例して高まるので、それを利用してプレス。
・窒息
 領域で囲んで内部の気圧減。
・潜水病
 高気圧から一気に開放した際の潜水病。
・空気爆弾
 高気圧の領域を一気に解除して爆発。

いろいろ使いようはあるが、日頃からそんな描写すると面倒なんで割愛してる。

471 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 22:00:11.07 ID:T7RU/JL+0
>>470
自分の事なら、あの話は設定だけに存在していたけど
本筋に割り込ませるところがなかったのでカットしたシーン
まぁあの物語全体における補完的な意味合いの話だったし完全な自己満足だよ
蛇足と言ってもいいかもしれない
ただあの追加エピソードはSS内でのさやかVS杏子の件もあったのでどうしてもやりたかったのさ

キリカの時間停滞はそこまで深く考えたことないなぁw
いろんな応用が考えられそうな能力ではあるよね。そしてキリカなら人的被害以外のリスクが大きくなければ
平気でやばい手を打ってきそう

472 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/08(日) 22:58:43.71 ID:kH3Aywrr0
>471
ああ、すまん。自作のFateの事。

日常編の後にvsマミ編をやりたいが、マミのマスターの設定が確定しないんだよな……

473 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/09(月) 00:49:15.79 ID:wJVGOxsA0
決まった! マミのマスターが決まった。
これでvsマミ編が書ける!
やっぱ、Fate本編再開は強力なカンフル剤になるな。

さて、いかにして美しく欝くしい死を、壮絶で酸鼻なる悲劇を、吐き気を催す邪悪を書こうか……

474 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 15:06:36.53 ID:uPKbGna/0
その日、俺たちは飯を食っていた。
それ自体はいつもの事だ。何せ俺の借り家には、週に2、3回はアイツらがやって来て間食とも夕食ともつかない飯をたかって帰っていくのだから。
それが休日だったりすると、借りてきたDVDを一緒に鑑賞したりお茶会になったりもするのだが、残念ながら(?)その日はまっとうな平日で、二人は異なる中学の制服を纏い、いつものようにそれぞれのルートで侵入してきたのだった。
タッと窓から降り立ち、チェックのミニスカートをふんわりひらひらとはためかせて登場したアイツ――呉キリカの立ち姿は、もうこれ以上ないほど見事に「サマ」になっている。
つまりは、それだけ俺の窓からの侵入を数多くこなしたという事だ。何度言っても、コイツの悪癖は治りそうにない。
「こんばん――いや、まだこんにちは、かな?」
貞淑な笑みだった。誰もが知っている、かのモナリザをも思わせる美しい微笑み。だが次にその口から飛び出る科白のせいで、一切が台無しだ。
「今日のご飯は、なーにっかなっ?」
黙ってりゃ良いのに、勿体ない。見てくれは(多分、恐らく……)かなり良いのに、コイツは言動がアレなせいで本当に損をしていると思う。何と言ったか、残念美人?いやむしろ可愛い系統の顔立ちだから――
「なーに顔を覗き込んで難しい顔をしてるのさ、おにーさん?ただでさえ不機嫌そうな顔が、今にも幼女でも攫って来そうなくらいおっかない事になってるじゃないか」
ハッとした。自分の顔をじろじろ見られて気分の良い者は、そういないだろう。悪い事をしたと、一瞬だけ反省する。
だが聞き捨てならないのは、
「誰がするか、そんな事」
コイツはいつも俺をからかっては喜んでいる。もちろん、このおふざけは俺の殺し文句で幕を下ろすのだが。これもすべて、俺の家にキリカが来るたびに繰り返される一連の「流れ」という奴だった。
「あー、今日は疲れたなー、夕飯作るのしんどいなー。そうだ、今日はカップ麺で済ませてしまおう!」
こうなるとキリカは大慌てだ。コイツは俺の飯がたいそうお気に入りでいるらしく、例えば俺が材料を切らして振る舞えなくなった時など、まるで「望みが絶たれた」とでも言いたげな顔になるのだ。
キリカにしても互いの冗談だとは分かっているだろうが、それでもなおこの台詞は効果てきめんだったのだ。
「え、ちょ!それはない、ないないないよ!おにーさんのご飯を食べに来てるのに、何が悲しくって市販の、それも一個99円の激安カップ麺を食べなくちゃいけないって言うのさ!?」
「……俺がなんだって?」
反省を促す。いつものやり取りとは言え、少しは自重してもらいたい。俺だってちょっとは傷つくんだから。
「あ、うん……ごめんなさい!」
頭を下げて、同時に両手を膝から内股へとスライドさせる。そりゃもう見事な謝罪の仕方だった。つまり、窓の件と同じくそれだけの回数をこなしたという事だ。
「宜しい」
俺は腰に手を当て、ふんぞり返ってみる。怒ってるんだぞ、という風に。犬を躾ける飼い主じゃあるまいし。そんなボディ・ランゲージは必要ないとは思うのだが……
「それで、今日のご飯は何、何!?」
そんな俺の心境などつゆ知らず、キリカは目を爛々と輝かせつつ俺の周りを色んなポーズでくるくると回りだした。まるで猫がエサをねだって、脚に纏わり付くかのようだ。やっぱりコイツは、一度織莉子ちゃんにキツイお灸を据えてもらった方が良いんじゃないだろうか。
俺が呆れながら、さっきは反り返った背を今度は思いっきり猫背にして脱力していると、今度は玄関のチャイムが鳴った。
言わずとも分かるだろう。光あれば影あり、北斗あるところ乱あり……は違うか。まぁとにかく、キリカが来て、相方の織莉子ちゃんが来ないという事象は、よほどのことが無い限りあり得ない事なのだ。
「お邪魔します」
例によって柔和な笑みを浮かべてマイハウスに脚を踏み入れた織莉子ちゃんは、俺たちのいる部屋――台所に入るなりこう言った。
「今日の夕ご飯は、何を御馳走して頂けるのでしょうか?」
俺は今度こそ脱力しきって、思いっきり大きなため息を吐いた。

475 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 15:08:07.56 ID:uPKbGna/0
「お待ちどう」
今日、コイツら――美国織莉子と呉キリカの二人に作ってやったのは、俺謹製の味噌ラーメンだ。と言っても、何か特別なやり方をしている訳ではない。3食入り198円の生麺を買ってきて茹でるだけだ。
付属のたれでスープをつくり、適度に湯切をしてその中に麺を放り込む。その上に野菜炒めを乗っけて、それで出来上がりだ。いかにも美味さの鍵を握っていそうな野菜炒めにしても、何も特別な事はない。
熱したサラダ油にスライスしたにんにくを投入し、にんじん、キャベツ、玉ねぎ、豚肉の切り落としを程よく炒めるだけだ。味付けに塩胡椒を振り、最後に少しだけオイスターソースをかけて出来上がり。
後は、食べる前に野菜炒めと麺、スープを混ぜて各々の味を撹拌すればパーフェクトだ。特に具材を良くスープに浸しておくと、野菜と肉の旨味が滲みてより美味しくなる。
何も、特別なことなどありはしない。
「おぉ、ラーメン!」
身を乗り出して舌なめずりするキリカの前に、標準サイズのラーメンどんぶりをごとりと置く。次いで織莉子ちゃんの前に、最後に俺だ。
独り暮らしを始めた当初は当然の事ながら一人分の食器しか存在しなかった俺の部屋だが、コイツらが次々と食器を持ち込むものだから日増しに種類と量が増え、台所は所帯じみる一方だ。
少なくとも、しがない大学生の借り部屋にはあるまじき光景だと思う。
「じゃあキリカ、手を合わせて。……お兄様も宜しければ、ご一緒に」
織莉子ちゃんが言った。これから頂く食物と、それに携わった全てに感謝をするための挨拶をするために。俺だって、小さい頃は行儀よくやっていたものだが、齢を重ねるにつれて気恥ずかしさのせいか、そういった事はおざなりになり終いにはしなくなってしまっていた。
ところが、最近これに付き合い始めてから再び食前・食後の挨拶をはじめとした各種礼を復活させるようになったのだ。大学でいかつい顔のおっさん扱いされていた俺の好感度も鰻登り――とは言えないが、そこそこ改善されてはいるようだ。
これもまた、彼女らから貰ったプラスの影響の一つなのだろう。
俺は無言で手を合わせる。何であれ、して悪い事はないだろう。まだ未練がましく残っている炬燵の、左右に陣取る二人を見る。彼女らにとっては、その感謝の対象に俺も含まれているのだろうか。
「いただきます」
「いっただっきまぁっす!」
「……いただきます」
三者三様の挨拶をして始まった食事は、何と言うかいつも通りのものだった。
かつて俺が指示した通りに、二人は具材をスープに沈める。そして麺から食べ始める。
キリカはずぞぞぞぞ、と豪快に啜る。すぼめた口に次から次へと麺が呑み込まれていって、見ていて爽快に感じられるほどだった。……飛沫が飛んでしまっていて、少しだけばっちい気がする。
反対に、織莉子ちゃんはどこまでもお上品に、ちゅるちゅると吸うように食べる。長い髪がスープに入ってしまわないよう左の手で時々掻き上げながら、湯気の中額に汗を滲ませて食べる様子はどことなく官能的だった。
俺はと言えば、偶にコイツらにちらちらと視線を送りつつ、休み休み具と麺とを交互に食んでいた。実家に帰省して膨らんでしまった胃の腑を満たすには、少しずつ食べて麺を伸ばすのが良い。
後々空くだろう腹は、麦茶で抑える事になる。何と言っても、春休み空け早々キリカに「おにーさん、太った?」などと言われてしまったのだから、これは挽回する必要があるのだ。
俺は太ると余計に老けて見えるのだから、その重要度は極めて高いと言える。
問題はここからだった。
勢い良く麺を啜るキリカは、当然俺や織莉子ちゃんなんかよりもずっと早く完食する。そして織莉子ちゃんから少しばかり頂戴するのだ。彼女は食が細いのか、いつも一人前の7割くらいしか食べない。
それでどうやってそのグラマラスな身体が形成されたのだろうかと、俺は彼女らと食事の席を共にする度に頭を悩ませるのだが……
「ふぅ……食べた食べた、ごちそうさまでした!やっぱり、"おとーさん"の作るラーメンは絶品だね!」
俺はラーメンスープを盛大に噴き出しそうになった。折り悪くレンゲからスープを口に運んでいた俺にもう少しこらえ性が無ければ、炬燵板の上は間違いなく惨憺たる有り様に成り果てていただろう。
見れば、織莉子ちゃんも絶句していた。口からは麺が半分ばかり垂れ下がっていたが、そこは良家のお嬢様、はっと気が付くとちゅるちゅる啜り、何事も無かったかのようにティッシュで口元を拭っていた。
「こんなでかい娘を貰った覚えはない!」
当たり前だ。こっちはまだ20歳を過ぎたばかりの若造なのだ。それが、こんな14ないし15歳ほどの娘を儲けてなんとする。
キリカは顔を真っ赤にしてあたふたしている。

476 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 15:08:41.85 ID:uPKbGna/0
「ち、違うんだよこれは!そうだよ、おにーさんだってあるだろう!?学校で先生を"おかーさん"と呼んでしまった事とか、いただきますの号令でごちそうさまと言ってしまった事とかさぁ!!」
あるにはある。だがよりによって、俺を親父扱いすることはないじゃないか。やはり俺はそんなに老けているというのか。確かに、キリカや織莉子ちゃんを娘のようだと思ったことも、無いではない。
だがそれだって「俺に娘がいたらこんな風になるのだろうか」という将来への予見であって、決して俺の精神が老衰していることを意味はしないはずだ。それなのに、
「良いじゃない、キリカ。家では貴女、あんな父親が欲しかったなーって言っているものね。この際だから、呼び方を変えてみたらどうかしら?ね、"お父様"?」
織莉子ちゃんまで便乗してくる始末だ。やめてくれ、ただでさえ俺は老け込んでいるというのに、これ以上そういった要因を増やさないでくれ。
俺が頭を抱えていると、どうやらキリカが先の慌てっぷりからは打って変った口調で言う。
「ンー……そうだね。この際それでも良いか!そうさ、呼び方なんて些細な問題だよ!何と呼ぼうが、それがおにーさんを指すのは変わらないもんね!ね、"おとーさん"!」
傍から見れば、俺の周りにはどんよりとした暗雲が立ち込めているのが見えたかもしれない。しかし、この白黒女子中学生ズはそんな事を歯牙にも掛けはしない。
「ほうら、そんな風に頭を抱えていては、せっかく"お父様"がお作りになったラーメンが伸びてしまいますわよ?」
「そうそう!食は一期一会だって、"おとーさん"も良く言っているじゃないか。はやく食べなよぉ!」
まじで、止めてくれ。お願いします。
「お父様」
「おとーさん」

俺は、開き直る事にした。

477 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 15:10:28.55 ID:uPKbGna/0
「お前らぁ、あんまり親をからかうもんじゃないぞぉ……!」
いつのまにやら俺に向かい合い、肩を寄せ合って俺を囃し立てる二人。俺はその肩を掴んでぐいっと引き寄せる。
「きゃっ」
「ちょ、何すんのさ、おにーさん!」
俺の急変に、二人はいきなり狼狽えだした。当然だろう、本来ならば赤の他人に過ぎない成人男性(それも老け顔)に、いきなり肩を掴まれたのだから。
俺は考える。多分、この娘らは一般的なこの年代の少女と同じく、何人かの女子グループに属しているだろう。少なくとも、俺が中坊の頃はそうだった。そしてそういった女子たちは、得てして男子との接点が減る。
とりわけ、その仲良しグループの中でも特に中の良い二人でつるんでいるのだから、彼女らは普段、男性との付き合いは極端に少ないだろうと言える。もちろん、俺の存在を除けば、だが。
そして俺は、二人に絡まれる事はあっても、俺から積極的に絡んだことは一度も無かった。俺だって、最近の女子中学生とどんな風に接して良いのかが分かる筈はないのだ。

下手に動いてこの居心地の良い仲を壊したくもない。請われれば動くが、それ以外の過度な干渉はしない。それが俺のスタンスだったのだが――。
親としてなら話は別だ。
「俺が小さい頃には、なぁ」
基本的に――口の悪さを除けば温厚な俺にはそうそう起こり得ない、ドスの利いた声で語りかける。
「悪戯をするとぶん殴られて、押し入れの中に閉じ込められて、絶対に出しちゃもらえなかったもんだ」
じろり。キリカと織莉子ちゃんを睨みつける。俺の手が、二人の震えを感じ取った。
「真っ暗な中に入れられて、天井にはネズミの走る音がする。みしっ、みしっと柱が軋んで、ありゃあおっかなかった……」
あからさまにおびえ始めている風の二人に、俺の心は揺らぐ。冗談だと言って、笑って済ましてしまいたい衝動の駆られる。
だが俺がかなりの精神的苦痛を被ったのは事実で、こういた好ましからざる事態がもう生じる事が無いよう釘を刺して置く必要があったのだ。いつまでも仏頂面で気の良いあんちゃんではいられない、というわけだ。
俺は心を鬼にして言う。
「お前ら……出入り禁止」
二人とも、口をぽかんと開いて理解していない様子だった。それはつまり、俺が単位をごっそり落とした成績通知表を見た時と同様の、現実を受け入れられないといったような。
「え、ちょ、それってどうゆう――」
キリカが俺の言を問い質す前に、俺は二人の首根っこを掴んで玄関へと押しやった。そして家の外へと放って、勢いよくドアを閉めた。後で大屋から、間違いなく苦情が来るだろう。
「おにーさん、ごめんなさい!悪かったから、入れてよぉ!」
ドアを思い切り叩く音が部屋の中に響く。鉄板で出来た古い造りのドアだから、ごうんごうんと重々しい音が腹に伝わって苦しい。きっと苦しいのはそのせいだけではないのだろうが。
だが俺は、今この瞬間だけは鬼になろうと思う。親しき仲にも礼儀ありだということを、「やりすぎ」は何であれ良い事がないのだと、気付かせるためにも。
「お兄様、すみませんでした、すみませんでした……!ですから、どうかドアを――」

478 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 15:10:45.76 ID:uPKbGna/0
俺の良心が保たなかった。

俺はぴったりと閉じたドアを今度は思い切り開けると、満面の笑みで言った。
「冗談だ」
その時の二人の顔と言ったらなかった。驚きと、喜びと。そしてほっとしたようなその顔は、俺がいつも癒されている、大好きなそれだった。もちろん、そこに色恋沙汰等々の他意はない。

479 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/09(月) 16:21:58.55 ID:YQ2Qhwd40
おりこ。キリカみたいな性格だったら、父親の事件があっても魔法少女
にならなかったかもしれない。
ほとぼりが冷めるまで、家でおとなしくしておくか、外国に逃げていただろう。


480 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/09(月) 16:27:42.67 ID:YQ2Qhwd40
ループを繰り返すほむらが、パラレルワールドや歴史改変を受け入れる最近の
時間SFのシンボルであるならば、自分の時間律を守ろうとするおりこは、こうした
要素を絶対に認めない(歴史の流れは1つしか認めない)時代のSFのシンボル。
2人の対決は、新旧の価値観の衝突でもある。

481 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 16:41:02.03 ID:uPKbGna/0
「前々から不思議に思っていたんだ。何でお前らは、俺に対してそうまで馴れ馴れしく接する事が出来るのかってな」
俺は洗い物をしながら、背後で正座している二人に語りかける。心配そうな顔になっているのが、手に取るように分かった。
「別にそれが悪いってわけじゃない。要らぬ迷惑をかけてないか、っていうんなら、そもそも出会った当初から迷惑を掛けられっぱなしだしな」
どんぶり3つに、鍋、フライパン、包丁等の調理器具を水切りする。
「俺はお前らの事が気に入ってるし、こうまで俺の部屋に入り浸るんだから、お前らだって俺の事を……その、なんだ。そこそこは気に入って……いるよな?」
はい、うん、と二人分の返答。それを聞いた俺は安心し、話を進める。
「だが少なくとも出会った当初にはそんな感情は無かった筈だ。それなのに、お前らは躊躇なく俺のテリトリーに踏み込んできて、気が付けば俺の世界の一部にすらなっていた。
どうして、キリカ、織莉子ちゃん。お前らは出会って間もない頃から、そんなにも俺に親身に接することが出来たんだ?」
そうだ。初対面でおっさん呼ばわりされるような強面な俺の、一体どこにそんな馴れ馴れしくなる要素があったというんだ。
それが"むか男(=「むだに」「かっこいい」「男」)"なあんちゃんなら別として、どうして俺が。
「どうして俺なんかに、そう執着してくれるんだ」
ずっと謎だったのだ。俺は、そうやって親しげに接してくる女子中学生の存在をコイツら以外には知らない。というよりもむしろそちらの方が普通で、コイツらの存在こそがおかしいのだろうが、本来は。
その疑問は俺の頭の中にずっとあったものだったのだが――、
「私たちだって、分からなかったんだよ。そんな、大人の男の人との付き合い方なんて、さ。学校の先生とは事務的な事しか話さないし、私の親は――ってこれはどうでも良い事か。
とにかく私たちは、男の人と、どうやって向き合ったらいいか、分からなかったんだ」
「でも、キリカが言ったんです。あの人は、とても優しい。そして食べ物をとっても大事にする人なんだって。くすっ、笑っちゃいますよね。私の、別な友達の影響でキリカは言うんです。
食べ物を大事にする人に、悪い人はいないんだって。だから私たちは、あの人と一緒に楽しい時間を過ごすべきなんだって」
すさまじい論理の飛躍だと思った。良い人→having a good time の繋がりが理解できない。要は、一目惚れされたって事なんだろうか、もちろん恋愛とかそういうのは抜きで。
「最初は、キリカの行動がとても図々しいものだと思われました。けれど、キリカと私と、お兄様と過ごしているうちに、私自身も楽しくて仕方がなくなってしまって……」
「私たちは、おにーさんとどういう風に付き合うべきか、って事について物凄く悩んだんだ。そして得た結論っていうのが――」
二人は目配せした。せーの、という具合に。
「おもいっきり甘えちゃおう!」

482 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 16:41:19.61 ID:uPKbGna/0
それはそれは見事なハーモニーでとんでもない結論が飛び出したものだ。赤の他人にこうまで甘えられる神経というのは、いったいどういうものなのだろう。
「初めて出会った時に、おにーさんは私を甘えさせてくれた。ご飯を食べさせてくれて、部屋を貸してくれて、その上色々と細かい事にも気遣ってくれた。だから私は、私たちは、おにーさんには甘えても良いんだって思ったんだ。
……それはもちろん、私たちの都合の、一方的な押し付けだったんだけれど、ね」
「ご迷惑、でしたよね……」
きっと彼女らは、今回の一件は俺の堪忍袋の緒が切れてしまったせいだと思っているのだろう。ずっと自分らの行為に頭を悩ませていた俺が、ついに噴火したのだと、そう思っているのだろう。
違う。俺は、いよいよ増長してきたお前らにほんの少しだけお灸を据えようと思っただけなんだ。俺は、お前らのいる日常を、本当に楽しんでいるんだ。そりゃあ迷惑だって感じることもあるさ。
だがな、人間の関係なんてそんなもんだろう?そうやってお互いのこころをすり合わせて、自分らにとって一番居心地の良い場所を模索するのが人間関係なんだろう?
俺たちの関係がこうまで長く続いているってのは、今の俺たちの関係が、ひどく、いや無上に、居心地が良いからなんだろう?もし居心地良くなければ、袖が触れ合った程度の仲なんかそれこそ蝋燭の火みたいに無くなっちまうんだから。
「お前らは」
だから俺は、万感の想いを込めて言う。
「お前らは、迷惑な存在だ。エンゲル係数は駄々上がりだし、自分の貴重な時間は削られるし、部屋は散らかるしで。本当に、どうしようもない奴らだと思ってる」
息を呑む音が聞こえた。二人の顔が、これ以上無いくらいに悲しそうなものになる。
「だがなぁ……俺は、お前らの事が好きだ、大好きだ!いつだって、お前らと一緒に過ごす時間が待ち遠しくってたまらないくらいになぁ!一緒に飯を食う時間が、映画を観る時間が、茶を飲む時間が、楽しくって楽しくって仕方がないんだ!」
だから、
「だから、お前らは」
表情筋をフル活用させているのだろう、今度は打って変って呆然とした顔になっている二人の肩を、がしっと掴む。
「もっと、俺に甘えて良い」
「うん」と「はい」。二人分の返事がして、次の瞬間に俺は柔らかい感覚に包まれた。前方から二人に抱きつかれたんだから当然だ。
キリカも織莉子ちゃんも、甘えることに飢えていた。キリカの事は知らないし、無用な詮索もしない。織莉子ちゃんの家庭環境について問う事もまたタブーの領域だろう。だが彼女らが俺に甘えたがっているのなら、与えてやれば良い。
この二人に、可愛い、まるで妹みたいな二人に、どうしてそれを躊躇する必要があるだろうか。俺は彼女らを、甘えさせてやりたいんだ。
密着する二人の頭髪の匂いを感じながら、俺はそう思うのだった。
親父扱いは、マジで勘弁してほしいものだが。


483 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/09(月) 16:42:13.94 ID:uPKbGna/0
その日から、二人は俺に余計に甘えるようになった。"織莉子"もキリカと一緒に窓から入ってくるようになったし、なんだかスキンシップも増えた気がする。
その度に、俺は心の中で素数を数えたり念仏を唱えたりする羽目になるのだが。それでも、俺はこの素晴らしい時間がもっと続いて欲しかったのだ。
「おにーさーん!こっち、こっち!」
「もう、キリカは(背が低いせいで)あんまり目立たないんだから、一人で先に行ったらわかんなくなっちゃうでしょ?」
俺たちは今、民営の温水プールに来ている。流石にしがない大学生のこと、お高い入場料をさらに二人分払う事は出来なかったが、中の売店で昼飯を奢るくらいなら出来るだろう。
きゃいのきゃいのとした美少女二人をはべらせているせいだろうか、周りの視線がとても痛いが。なに、気にする事はない。むしろ誇れば良いのだ。良い子たちだろう、彼女らは、と。
「お前ら、何を食べたい?」
「んとね、ホットドッグは鉄板でしょ?あとは……そうだなぁ、カレーライスとかどうかなぁ?」
「カレーなんか食べて、泳いでいる最中に気持ち悪くならないかしら……」
「大丈夫だよ!そんなにがっつりと泳ぐわけじゃないんだし」
俺は想像する、二人がホットドッグを食べている姿を。周囲の男衆が軒並み中腰になる姿が見えた。これはイカン。
「ホットドッグはやめとけ、な……?」
「え〜、いいじゃないかぁ。せっかく来たんだし、食べようよ!」
どうやら聞く気は無いようだった。まぁ、実害はない事だし、そこまで神経質になる必要もないか。
と、そこで売店の主が言った。
「お父さん大変ですねえ〜。でも珍しいですねぇ、この年頃の娘さんと言えば、大抵は親父さんの事を嫌がるもんなのに。あたしの娘たちときたら――」
囁き声が聞こえる。
「なんだ、親父かよ」
「やっぱり、老けてるもんなぁ……苦労してんだよ、きっと」
「流石に保護者の前でナンパはできねぇなぁ……」
「なんて不機嫌そうな面なんだ……娘たちへの視線が気に入らねえに違いねぇ……こりゃ近づいたら血を見るぜ……」
歯ぎしりをして、周囲を睨みつけた。さっと、波が引くように人だかりが散った。
畜生め。
俺は背後で不思議そうな顔をしてソフトクリームを両手持ちしている二人を尻目に、天を大きく仰いだのだった。


[了]

484 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/09(月) 16:51:48.13 ID:uPKbGna/0
ちょっと前に出たネタの消化
規制が酷すぎておりキリへのリビドーが解放できなくて大変なことになってました

考えたんですけど、やっぱりほむらの能力との差別化(≠優位化)としては、やっぱり空間方面からのアプローチしかないですね
特定範囲の時間遅延=空間の限定的支配だとおけば、静止した時間の中でも意識を保ち続けることは可能になるかもしれませんし
あんまり強くしても無双になってしまうんでさじ加減が難しいところですが……
織莉子ちゃんは、あり得た未来、けれど起こらなかった未来を再現して相手に幻影を見せることくらいはできそう

なんだかここ数日、渋におりキリラッシュキテルネ……
外人さんのキャプションに「キリかわいい」ってww

485 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/09(月) 16:56:25.36 ID:eNpbfWG10
小学校の頃には誤って酒が買えるくらい老けてた俺と家主はめちゃくちゃ気が合う間違いない
思わず泣いたGJ

渋は小説以外にももっと変態織莉子さんタグが増えていいと思うの
双璧双乳増えろー至高乳増えろー

ともあれ乙でした

486 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/09(月) 23:12:47.30 ID:wJVGOxsA0
家主の方、ゴッド・ジョブであります!
保護者的立場が行き過ぎて、父化してしまうとは、うん、素晴らしい。
しかし、ファザコン織莉子としては、十分恋愛の対象ではないんでしょうかね。


最近読んだ一般文芸作品の主人公の男の一人が、ファザコン女と付き合ったところ、女が妻子持ちの年上と付き合ったため破局というエピソードがあった。
子供の頃に読んだ、四半世紀も続いた児童文学作品の主人公のその後がそんなだったとはな……

487 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/09(月) 23:36:10.21 ID:GfQhM8I30
「そうやって制服着てると、お前もふつーに中学生なんだなって実感できるな」
「……言ってる意味がよくわからないよ、おにーさん
私はいつだって縦横無尽に変幻自在な織莉子愛(らぶ)な至って真面目な中学生だよ」
「つっこまないからな……いまでこそお互い見知った仲になっているが
最初に見たときはバラエティとかにでてくる大人顔負け小学生か…だったんだよ、お前への第一印象は」
「…それって褒めてるのかな?」
「好きに解釈しろ…」とか想像した


家主おりキリ乙
目つきが悪いならサングラスをかけるといいよ…ッ!

488 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/10(火) 17:02:42.04 ID:ofeCqpH6O
ttp://blog-imgs-26.fc2.com/k/e/n/kenzya555/20120329155623cf3.jpg
美しい…

489 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/10(火) 17:07:37.33 ID:zqSb6rjN0
TASのか…と思ったけれど、新作がきたってわけではなかったか

490 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 00:24:55.03 ID:RMOmZKqQ0
ソフトクリームでも、十分前屈みになりますよ?

プールにて。
キリカ「おにーさん(後ろから抱きつく)」
キリカの過剰なスキンシップにも、既に慣れた。抱きついて来る彼女、その胸の柔らかな感触に最初はドギマギしていた。
だが、流石に最近は慣れっこになった、はずだった。家主の背中に当たっているのは布越しではない明らかな肌のふくらみと先端の突起。
家主「ぐ、ぐおぁ?」
キリカ「実はビキニの上が流されちゃったんだ。織莉子が探してくるまで、ちょっとかくまってよ」

491 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 00:37:52.32 ID:96OuB90y0
いやぁ、流れるプールは強敵でしたね

492 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 00:46:28.65 ID:+J4aA9Hm0
つかプールだと鳥肌が立つよね
もともとある突起も更に自己主張を始めますよね

つまりこれやばいな、俺ならやられた瞬間に発射しかねないよ

493 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 00:48:04.79 ID:RS0/KZtD0
手で匿いたい
ちょっと指ずらして中指と薬指の間からこんにちわちわさせたい
「ちょ、ちょっとおにーさん!」て言われたい
顔真っ赤で言われたい

494 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 01:06:27.12 ID:U6pVTkiEO
今日は定期買いに行ったね
織莉子ちゃんとキリカちゃんとマミちゃんは今日ガイダンスがあったのかな
いいなぁ高校生、僕も戻りたいなぁ

おやすみなさい、織莉子ちゃんキリカちゃんゆまちゃん
ちゅっ!

495 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 01:11:44.61 ID:RMOmZKqQ0
vsマミ編、難航中。
夫婦と幼い娘のに襲い掛かる悲劇とか、どんなのがいいんだろう……
子供と両親がいて、両親は動ける状況で子供を殺す方法となると、やっぱ射殺だろうか?
両親が動ける状況ってのは、どんなのがいいんだろうか?

496 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 01:22:13.33 ID:U6pVTkiEO
トラックなどの大型車両のタイヤが外れて、それが親子連れの子供だけをひいたってパターン
リアルにもある事故

497 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 01:28:47.74 ID:OSTSKAQg0
事故・はやり病・通り魔的犯行・天災などによる不可抗力の産物とかだろうか
家族でドライブ中に後ろからの追突で、子供のいる後部座席だけ潰れちゃった☆ミとかもあるんじゃないかな

498 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 21:18:30.74 ID:Vx7x9Mu30
あれだ、妄想するのは構わないが余所のスレに撒き散らさないようにな
先鋒にもここの住人にも迷惑がかかる

499 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 21:55:12.22 ID:U6pVTkiEO
渋におりほむ絵来てる
固有カプ名も来てる

500 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 22:01:11.98 ID:4SeJEUbo0
呉00

501 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 23:43:53.16 ID:nwJnruA/0
>>499
あれはちょっと長たらしく感じるな、固有の名称なのか、絵を見た印象でつけたのかはわからないけど
しかし本編だけでのネタ詰まりか、外伝の認知度が広まってきたのかわからないけどドンドン増えるね!いいことだ

502 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/11(水) 23:51:01.72 ID:U6pVTkiEO
タケシさんの編集が待たれるな

おりほむはいいものだ

503 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 00:44:14.02 ID:dnJo/FBX0
織莉子vsほむら、模擬戦。
とある話の流れから、予知能力が実践中にどれだけ有効か調べてみることにした。

第一ラウンド
距離をおき、対峙する二人。と、いきなり織莉子が笑い転げる。
「だって、暁美さん、あんな面白い顔をするんですもの」

第二ラウンド
距離をおき、対峙する二人。と、いきなり織莉子が真っ赤になって顔を覆って悲鳴を上げる。
「な、何を見せるんですか、暁美さん」
何事かと問う他の人に、実はエロ本を持ってると答えるほむら。

第三ラウンド
距離をおき、対峙する二人。と、いきなり織莉子が悲鳴とともに胸を押さえてしゃがみこむ。
「相手の胸を露出させるような攻撃をするつもりだったのよ」

504 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 02:14:15.30 ID:+ZXJYc4DO
胸を押さえてしゃがむとか織莉子ちゃんカワイイな
しゃがんだところを髪の毛わしわししたい

505 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 03:02:36.34 ID:/GozWJSxQ
わしゃわしゃした後はハグしたい

506 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 13:35:21.42 ID:PGRDglNl0
http://i.imgur.com/uYwt3.jpg
http://i.imgur.com/DzKVM.jpg
おすそ分け

507 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 15:56:37.69 ID:PGRDglNl0
耕作員がやってくれた
http://i.imgur.com/dxtgz.jpg

508 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 20:20:26.72 ID:bUKAno/N0
寺乙

509 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 22:46:43.44 ID:x7Kb7nQc0
正直、馬鹿がさんざん先方に迷惑かけた後で今更カプとか言われても歓迎して貰えるのかって気がする
未だ「アンチおりこ=ほむら厨」「おりこ厨=ほむらアンチ」って括りで語られる事多いし
愚痴スレアンチスレ辺りじゃ「虚淵死ねムラは天才」みたいなレス多いし

510 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 22:50:28.60 ID:ug3jdxj70
上のほうにも言ってる人いたけど、先方ってどこだよ…てか何処を指して何を言いたいのかちょっとよくわからなかったですね

511 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/12(木) 22:56:26.36 ID:LKQi42660
触れてはいけない人っぽいからほっときなさい

512 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/13(金) 01:33:33.48 ID:k6B08PBB0
「目玉焼きとは固焼きですか?それとも半熟ですか?はい おにーさん!」
「文句があるなら自分でやれ」まで想像した

513 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/14(土) 03:39:59.82 ID:O9oKctWe0
まどポに縁がないのが悔しいのは解るけど
「公式スピンアウトのキャラが出ない」を理由にクソゲーwikiに登録するのはやり過ぎだと思うぜ
結局ページごと削除されたけどさ

514 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/14(土) 07:48:52.98 ID:4wOHM16b0
またお前か、んなこたぁ【かずみ】 魔法少女まどか☆マギカ シリーズ統合スレッド32 【おりこ】で言え

515 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/14(土) 10:31:27.07 ID:PoAeoF4B0
まどポなんて存在すら忘れてたわ

516 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/14(土) 11:28:13.91 ID:AvffSg3J0
2コンマイクで叫べば隠しキャラとして出てくるんじゃなかったっけ?

517 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/14(土) 13:44:43.57 ID:CgfeF89h0
>>507
キリカちゃん、髪伸ばしたのかな?
きゃわわ

>>512
家主「俺がダブルの目玉焼きを焼くとだな、どういうわけか片方が固焼きでもう片方が半熟になるという」
キリカ「どういうことなの……」

某NHKの番組でやってた黄身ふんわりの目玉焼きをおりキリに食べさせたい
爪先立ちになって調理するキリカちゃんをからかいたい
包丁の握り方に難儀する織莉子ちゃんに、手取り足取り教えたい

518 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/14(土) 14:20:19.24 ID:CgfeF89h0
徹夜明けでテンションがおかしいよ織莉子ちゃんキリカちゃん

まどPは仕方がない
あくまでも「アニメ・魔法少女まどか☆マギカ」のゲームなんだから外伝組が出ないのも道理っちゃあ道理だ
公式からしてみれば外伝なんてのは枝葉末節に過ぎなくて、それで多少金が儲かれば良いってくらいの考えなんだろう
さらに、本編のキャラと全面的に対決し主人公を殺してしまった織莉子ちゃんは、一般のファンの視点からしてみれば許容できない存在ですらある
さらに版権問題まで絡まって、もう個人的には公式からの燃料供給はすっぱりと諦めてるよ
だからこそ二次創作で自家発電するしかないんだが、織莉子ちゃん主人公のかっこいい話って、どっかに転がってませんかね……

519 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 01:23:32.84 ID:GWxoaRXb0
キリカちゃんのお胸を後ろからぐわしぐわししたい

520 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 09:54:56.25 ID:/PIKLtnX0
>>506-507 見れない・・・(泣)
チクショ―!!

521 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 12:23:40.02 ID:p8kqMkte0
貼り直し
耕作員に感謝しといてくれ
http://i.imgur.com/OeKWS.jpg


522 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 12:44:56.94 ID:/hUpphHKO
たゆまぬ努力四季おりおりキリキリ舞い

523 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 17:04:28.74 ID:IUjIZROR0
>>521
感謝・・・圧倒的感謝・・・っ!!

524 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 22:44:03.16 ID:deHFuXfO0
やっぱ、「403 - Forbidden」と表示されるだけで見られませんな。
残念!!!!!

525 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 22:58:41.89 ID:bKUljHrA0
なら渋で私の最強の友達で検索をかけるといい、元絵が出てくる

526 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 23:14:56.71 ID:deHFuXfO0
>525
You are welcome
家主の方とともに、こう伝えておこう。

527 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 23:23:24.30 ID:deHFuXfO0
ゴメン、間違えた。
「どうもありがとう」だった。

528 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/15(日) 23:32:12.87 ID:deHFuXfO0
家主のアパートで粗相をしたキリカちゃん。
織莉子が下した「罰」とは、家主によるスパンキング、すなわち「おしりペンペン」であった。
ナイスバディのJCへの、むき出しの下半身を前にした、SMのS行為。
果たして家主は理性を保っていられるのだろうか?

529 :Fate☆マギカ:2012/04/16(月) 02:13:34.68 ID:VU4zWqFm0
夜、ビルの屋上にマミは立つ。広げた手には丸まったリボンの塊。十数条のリボンよりなるそれは、ほどけて伸びる。ある物は風にななびき、またあるものは風に逆らい、四方八方に広がり市街全域をカバーする。
そはアンテナ、思念を伝え広めるための道具。
「皆、聞こえる? 大変な事が起きたの。このままだと聖杯戦争の存続に関わることになるの。すぐに来て」
市街全域で、サーヴァント――元魔法少女――達が受信する。


とある家庭。夫婦の旦那が帰宅し、妻とともに「由貴」という女の子について心配する。
暗い自室でぬいぐるみを抱えて嘆いている小学校低学年の由貴、その想いを受けてマミが召喚される。
「お姉ちゃん、誰?」
「あたしは、魔法の国から来た魔法使い、巴マミよ。貴方の願いを叶えてあげるわ」
「じゃあ、ママとパパを生き返らせて!」
「ごめんなさい、それは無理なの。魔法の力でも、死んだ人を生き返らせることはできないの」
少し前のビル建築の現場、ビルの周囲に作られた足場が手抜き工事だったために崩落し、近くを通りかかった由貴とその両親が巻き込まれた。
両親は降り注ぐ無数の鉄管から幼い由貴をかばって死に、一人残された由貴は叔父夫婦が引き取ることになった。以来、由貴は学校へも行かずに引きこもっていた。
マミは夫婦の記憶を操作し、居候の親戚の少女と偽って居座る。そして心を閉ざしかけた少女に共感し、尽くそうとする。
魔法を使った手品――リボンを編んだ花やぬいぐるみをつくったり、リボンを編んだ翼で空の散歩――で楽しませようとする。
夜のピクニックでは、マスケット銃を使って花火を打ち上げたりもした。
(ちなみに、街を見下ろす高台から街中にいるさやかに水平に撃って、強制的に垂直に弾いてもらったりした)
やがて、由貴は次第に本来の明るさを取り戻す。
そして叔父夫婦と出かけた帰り道――マミは敢えて留守番をかって出た――のことだった。新たなる不幸が三人に襲い掛かった。

530 :Fate☆マギカ:2012/04/16(月) 02:14:05.68 ID:VU4zWqFm0
市の中心部に近い、再開発のためのゴーストタウン。そこのビルの屋上に、マミは立っていた。
「マミさん、どういうことですか?」
「よう、マミ。何が起きたんだ?」
「何が起きたというの? マミさん」
「皆がそろってから、訳を話すわ」
マミの前に集まる、さやか、杏子、ほむら。そこへ鋭い警告の声。
「マミさん、あなたがこんな卑怯な手を使うとは思いませんでした」
「皆、逃げろ。罠だ!」
織莉子とキリカの叫び、同時に地面からリボンの束が吹き出て五人を襲う。
咄嗟に逃げ出すさやかと杏子。が、ビルの壁面からもリボンは生えてきて襲いかかる。
ほむらは逃げる間もなくリボンで拘束される。
高速戦闘に特化した二人は、襲い来るリボンを切り裂き続ける。
おりキリは、リボンを完全に防ぎきっていた。停滞領域を中空の球体にして展開して二人を護るバリヤーにしていた。
さやかがほむらを拘束するリボンを切り裂いて助け、杏子はマミに肉薄し、その足を槍で薙ぐ。
しかし、マミの姿は一瞬でリボンの束へと変化し、解け、全方位から杏子に襲い掛かって拘束する。
さやかとほむらも、次々と遅い来るリボン――跳びはねた先の足元からも生えてくる――によって、やがては拘束される。
おりキリも、無数の空飛ぶマスケット銃――光弾発射準備済み――に全方位から囲まれる。停滞は障壁ではない。やがては光弾が突き抜けてしまう。
「ごめんなさ、皆。マスターのために、どうしても聖杯が必要なの」
マミがマスケット銃を構えた。

531 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/16(月) 10:25:02.73 ID:/GmQTk5k0
モンハンみたいな魔女狩りゲームとか出ないかなぁ
まどポの開発元ならゴッドイーターのエンジン使えばすぐ出せるだろうし

おりキリ出せなんて言いません、マイキャラ作成パーツの中に
バケツとか眼帯とかがあればそれだけで十分なんで…

532 :Fate☆マギカ:2012/04/16(月) 23:39:18.20 ID:VU4zWqFm0
その時、織莉子が叫ぶ。
「キリカ、上です!」
鈍い地響きと共に、周囲の廃ビルの外壁が爆ぜ、黒煙のような粉塵と爆炎がゆっくりと広がる。キリカの魔法が間に合った。
織莉子の咄嗟の予知がなければ、マミを除く全員の上に瓦礫が降り注いだはずだ。だが、さらに織莉子が叫ぶ。
「まだです、キリカ。ビルが崩れて……中に、中に子供達が居ます!」
「そんな……、聖杯さえ渡せば、子供達は助けるって……」
呆然とするマミ。拘束がゆるむ。その隙に、ほむらは咄嗟に盾を出して時間を止める。
ほむらはマミに触れてその時間を動かし、詰問する。
「一体、どういう訳なの?」


「クソぉ、あのバーサーカーめが、オレサマをバカにしやがって、殺してやる……」
死臭漂う地下室で男はうめく。キリカのマスターだった男だ。
以前殺人によって溜めた魔力を使い、治癒魔術でなんとかキズを癒した。それでも後遺症は残り、顔には両目の間を中心に大きく×型のキズ跡が残った。
男の魔力ではキリカには勝てない。ならば、他のサーヴァントを使うまで。男は聖杯戦争の復活のためにこの都市にきた。だから研究の一環でサーヴァントを奪う魔術も心得ている。
それに必要な膨大な魔力は、かつてそうしてきたように贄で賄うことにした。
魔術による催眠術で朦朧とさせた子供を掠う。そうして十数人を数えたところで、とある親子連れを見つけた。
幸せそうな他人を見ると無性に腹が立つ。両親と女児の三人ともに催眠に掛けて女児を誘拐しようとして、あるものを見つける。それは女児の左手の甲の令呪。そして左手首に巻き付く細く黄色いリボン。
「くははははっ、ツイてるぞ」
マスターを押さえれば、わざわざ探さなくてもサーヴァントの方からやってくる。
それにマスター無しのサーヴァントとサーヴァント無しのマスターが居た場合、聖杯システムが自動的に両者を組ませる。
つまりキリカを殺してこの女児を殺せば、魔術の儀式などせずとも自動的にこの女児のサーヴァントを入手できる。
「その子から手を離しなさい」
マスターの危機を察して駆け付けたマミが、マスケット銃を構えて叫ぶ。
「大人しく立ち去れば、危害は加えないわ。もし、危害を加えるようなら……」
男は拳銃を親子に突きつけ、膠着状態になる。
「聖杯を寄越せばこいつらを解放してやる。おっと、こっちには人質が三人もいるんだ。一人を見せしめに殺してもまだ二人残っているんだぜ?」
不承不承、条件を呑まされるマミ。
マミが善良である事に気づいた男は、掠った子供達――贄として殺すために各自爆弾をくくりつけ、ゴーストタウンに監禁――をも人質として使う。
かくしてその夜、マミは全員をおびき出して戦う羽目になったのだ。

533 :Fate☆マギカ:2012/04/16(月) 23:41:18.79 ID:VU4zWqFm0
子供達を助けるには、時間を止めて行動するしかない。しかし、ほむら一人では魔法の持続時間が足りず、かといって他人の手を借りようとしても、手を繋いで一緒に行動するのでは意味がない。
マミが自らの宝具であるリボンを使う。ほぼ無限に伸びる強靱なリボン、それは魔力をも伝える。
ほむらの手とマミの手をリボンで繋ぎ、マミの手から伸びた幾筋ものリボンで他の皆を繋ぐ。これで全員が止まったときの中を動ける。
事情を説明し、救出作戦が開始された。爆弾の位置は機械に強いほむらが感知できる。あとはそれを瞬時に破壊――悠長に解除しようとして触れると爆弾の時間が流れる――すればいい。
時間停止と、多人数をその中で動かすための魔力をマミはほむらに提供する。
全員で手分けして周囲の廃ビルに散らばり、ほむらの感知した爆弾を破壊する。
やがて時が動き出したときには、総ての爆弾が粉砕されていた。そして、爆弾の近くにいた子供達を救出する。
子供達は皆、死にやすいように怪我を負わされ、身体に儀式のための魔法文様が刺青されていた。
さやかが中心となり、不得手ながらも他の魔法少女達も手伝って子供達の怪我はじきに癒える。その後、忌まわしい記憶も消去する。


少し離れた廃ビルで隠形結界を張り、監視カメラで現場を見ていた男は焦った。最初の爆発はあったものの、続きの爆発はない。これでは贄を捧げられず、サーヴァント奪取の儀式が行えない。これではマミを支配下におけない。
とはいえ、これは予備の策。キリカさえ殺してしまえば、あとはすぐ後ろにいる由貴を殺せばマミは自動的にこちらのサーヴァントになる。反抗するだろうが、再契約時に新しい令呪が手に入るので、それで支配すればよい。
男が拳銃を手に振り向くと、動揺で魔術が緩んだのか由貴とその両親が正気に返ったところだった。

534 :Fate☆マギカ:2012/04/17(火) 00:23:13.58 ID:1nTw0nWE0
ちなみに初期設定
註:ネタバレ多数を含みます。
ttp://engawa.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1313860515/55-56

535 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 00:39:08.25 ID:1h2138j20
いろいろ乙です
本編は終了から1周年したけど、おりこは発売からまだ1年経ってないんだよねぇ

536 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 00:57:06.84 ID:4ctnXCnE0
風化する速度は本編以上だけどねぇ

537 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 01:10:57.23 ID:1h2138j20
そりゃまぁ追加のネタがないんだから仕方がない
でも自分の予想よりはまだ人がいるようなのでそれはとっても嬉しいなって思ってしまうのでした

538 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 08:06:13.88 ID:9BiWLsA6O
朝は辛いねえ織莉子ちゃんキリカちゃんゆまちゃん
今日もがんばるよ
たゆまぬ努力四季おりおりキリキリ舞い

539 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 09:14:50.86 ID:jSuZuvBq0
織莉子さん → 朝は弱そう
キリカっち → 意外と朝は弱そう
ゆまっち → 朝に強い子供なんていません!

みんなちがってみんないい

540 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 15:23:42.64 ID:J86kID130
Fate☆マギカの人、いつも燃える展開乙です

魔法少女おりこに☆生えた 第二話
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=982873
R-18、当然のようにふたなり

第一話
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=672731


>>539
結局みんな同じじゃないかw
個人的には織莉子ちゃんは、強いかどうかは置いといてきちんと起きる派
キリカちゃんは、織莉子が起こすまで起きない派
でも休日は、キリカちゃんが目覚めのキスをしに来るまで織莉子ちゃんはベッドの中から意地でも出てきません

541 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 15:32:11.52 ID:J86kID130
最近iphoneに変えたら延々規制でてんで書き込めねぇ
もっとスレに参加したいのに……

たとえば、織莉子ちゃんの名前にどんな祈りが込められてるのか、とか
織=未来を創っていく、他の人との円満な関係を築けるように
莉=ジャスミン、実直さ・可憐さ・妖艶さの象徴としての花
子=そんな子に育ってほしいなぁ、という望み

キリカちゃんはカタカナだからなぁ、どうしよう

542 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 15:58:29.66 ID:JkafRpKGQ
>>540
ふう・・・ありがとう、ありがとう・・・

543 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/17(火) 22:27:20.56 ID:4ctnXCnE0
でもその名前決めたのってあの親父だぜ

544 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/18(水) 00:18:38.46 ID:7A8qqCnT0
久臣ちんは魔女に中てられたに違いない

キリカちゃんは→桐香って想像で家主の人が言ってたような

545 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/18(水) 00:21:37.60 ID:I62AHqKK0
お前ら父親から生まれたのかよ…

546 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/18(水) 01:28:30.61 ID:/i9zUTbFO
おやすみ織莉子ちゃんキリカちゃんゆまちゃん
織莉子ちゃんたちとでおっぱいとナニのもみ合いっこしたい
もちろんいやらしいことは抜きで

547 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/18(水) 01:54:07.59 ID:I62AHqKK0
大丈夫、子供ができる行為でなければセーフだ――ッ!たぶん

548 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/18(水) 12:05:35.50 ID:hzFWUfRP0
汚職なんてそんなホイホイ出来るようなもんでも…

549 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/18(水) 12:45:05.31 ID:ZYmjNDiQ0
>>544
霧が香ると書いて「霧香」とか考えてた
さやかの当て字で「爽やかに香る」=「爽香」にしてちょっとしたお対になる感じで

>>547
セクロスの定義は(確か)性器が触れ合うかどうかだったと思うんで
お尻でするのとか、お口やおっぱいでモニョモニョするんだったらセーフなのだ!
性行為ではなくわいせつ行為になるけどな


そういや久臣くんの汚職に関しては、劇中の描写だけだと疑惑止まりだったな
もともと潔白なイメージでやってきたみたいだから、そういったレッテル張りやバッシングに耐え切れずに自死しただけで
実際には本当にクリーンだった可能性もあるのかね

まぁ、メディアやなんかで一度根付いたイメージってそう簡単には払拭できないから、織莉子ちゃんにはずっと汚職政治家の娘って扱いをされ続けるんだろうなぁ……
キリカちゃん、しっかり支えてやらなけりゃあかんよ
ほかの魔法少女仲間や家主にもね

550 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/19(木) 12:24:44.11 ID:aPaJn4h60
織莉子ちゃんキリカちゃんと一緒にお昼ご飯をたべたいなぁ

551 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/19(木) 14:52:17.78 ID:aPaJn4h60
桐=気高さ、高尚さの象徴
香=上の意の補足
で、気高さが滲み出てくるように、との願いだと見た

キリカ「あの親が、私にそんな気の利いた名前を付けるとは思えないけどね」
織莉子「なら私が、今から意味を付けるから、それで良いとしない?」
キリカ「うん!」

552 :Fate☆マギカ:2012/04/20(金) 00:58:39.07 ID:rLTLVZFD0
催眠に掛かっている間でも、マミのリボンの加護か由貴はぼんやりと事態を把握していた。
悪い奴が、マミさんを脅している。
マミさんは、あたしたちが人質だから、悪い奴に逆らえないんだ。
アイツがこっちを見て、あたしにピストルを向けている……

粉塵に隠れてわからないが、この状況ではキリカは瓦礫の直撃を受けて死んだはず。ならば、あとはこのガキを始末すれば、あの最強の金色のサーヴァントが手に入る。
「な、何をするんだ」
正気に返った叔父が、後ろ手に縛られたまま拳銃を構える男に声を掛けた。
「うるせえ!」
動揺した男は反射的に叔父を撃つ。悲鳴は三つ、叔父と叔母と由貴。
撃たれたのは脚。致命傷ではないが、体当たりなどはできそうもない。
「死ね、このガキ」
「や、やめろ!」
叔父は動けない。叔母は怯えつつも、由貴の盾になろうと立つ。
フラッシュバック。由貴の脳裏に焼き付いた、崩落する建築現場の足場から彼女を守ろうとする両親の姿と、叔父夫婦の姿が重なった。
「マミさん助けて、マミさん助けて、マミさん助けて!」
心から三度叫ぶ。手の甲が一瞬熱を持ち、記されている紋様が消滅した。
凶弾が放たれる。が、突如天井や床や壁から金色のリボンが伸び、それを絡め取る。
そして黄金の輝きと共に、三人を庇うように男の前にマミが立ちはだかった。
「あなただけは、絶対に許さない!」
さらに数発の銃声が響くが、それは総てリボンに絡め取られる。
男は戦慄する。マミは生前、四半世紀にもわたり最前戦を駆け続けた女司令官だ。弱者をいたぶるだけの男とは格が違いすぎる。
「マミさん、パパとママを助けて!」
マミが一瞬後ろに気を取られた瞬間、男は逃げ出した。
マミはそれを放っておき、倒れた叔父の傷を癒す。元々が致命傷ではないので、瞬く間に回復する。さらに、周囲を濡らす血潮や服の穴までキレイに消す。
そして説明を求めた叔父夫婦を魔法で眠らせる。
「ごめんなさい、由貴ちゃん。怖い目に遭わせて」
「ううん。マミさんが助けてくれたもん」
「それから、もう一つあやまらなくちゃならない事があるの」
マミの姿は透け始めてきた。
「もう、魔法の国に帰らなくちゃいけなくなったの」
かつてマミはこう語った。由貴ちゃんの大きな願いを叶えたり、由貴ちゃんが悪いお願いをすると、魔法の国に帰らなければいけない、と。
「ごめんね、由貴ちゃん。もっと側にいてあげたかったんだけど……」
「大丈夫だよ、マミさん。あたし、もう、大丈夫だよ。だって、新しいパパとママがいるもん。だから心配しないで」
涙を流しながら、由貴は微笑む。

553 :Fate☆マギカ:2012/04/20(金) 01:01:10.67 ID:rLTLVZFD0
マミ「みんな、迷惑をかけてごめんね」
杏子「気にすんなよ、マミ」
さやか「そうだよ。マミさん、あたしらは元々戦う運命なんだし」
キリカ「むしろ、謝らなければならないのは私の方だ」
ほむら「そうね。悪いのはキリカのマスターよ」
キリカ「せめて、元マスターと言って欲しいね」
織莉子「マミさん。もしよろしかったら、あたしたちのできる事で、あなたのマスターの願いを叶えてあげましょうか」
マミ「ううん、いいわ。だってもう、由貴ちゃんの願いは叶ったんだから。
 それより、ほむらさんの力になってあげて欲しいの」
ほむらの姿も薄れ始めてきた。長時間の時間停止により、存在を維持するための魔力すら足りなくなっている。
キリカ「すまない、ほむら。私のマスターのせいで……」
ほむら「気にすることはないわ。悪いのは貴方ではなくて、あなたのマスターなのだから」
キリカ「でも、あれだけ必死に私に勝負を挑んだんだ。よっぽどマスターの願いを叶えたかったんだろう?」
ほむら「それはそうだけど、でもね、私のマスターはまどかなのよ」
「ええっ」×5人
さやか「ちょ、サーヴァントでマスターってアリなの?」
織莉子「マスターから聞きましたが、過去にはあったそうですよ」
杏子「ったく、ブレねーよな、おめーはよぉ」
マミ「だから、問題なくコンビを組めたのね」
キリカ「ふっ、流石私と愛の強さを競うライバルだ」
二人の姿はすっかり薄れてきた。
「じゃあね、みんな。武運を祈ってるわ」
二人の姿は消え、僅かな光の粒子が天へと立ち上った。


無明の闇の中、横たわる人影が二粒の涙を流した。

554 :Fate☆マギカ:2012/04/20(金) 01:02:58.62 ID:rLTLVZFD0
夜、家路の途中で夫婦が気づく。
「あれ、もうこんな時間か?」
「夕暮れ時には家に着くつもりだったのに」
ふと、叔父は手にしていたはずのお土産がないことに気づく。
「おや、お土産を買ったはずなのに……」
「そうね、たしかケーキを……、あら、誰へのお土産だったのかしら」
二人には、もうマミの記憶はない。
「きっと、気のせいだよ。それより、パパ、ママ、早く帰ろうよ。もう、おなかペコペコだよ」
「そうね、早く帰りましょう」
「こんな事なら、駅前で晩御飯を食べれば良かったなあ」
先に駆けていって振り返る由貴の声に、二人は家へと急いだ。
後日、叔父夫婦はいつから由貴がパパ・ママと呼んでくれるようになったのかと、首をかしげる事になる。

555 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/20(金) 01:05:14.37 ID:rLTLVZFD0
>540
駄文なのに応援ありがとな。

エロい作品乙であります。でも、読んでて途中で挫折した……
おいちゃん、ふたなりとか男の子とかBLとか、生えてるのは全然駄目なんよ。

556 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/20(金) 14:19:07.77 ID:CRPgJ+/s0
>>555
ごめんね、次は生えてないのを書くから
ていうか、エロなんかに逃げないで普通にいちゃこらしてるの書けって話ですよね
ともあれ乙、そこまで出来てるんなら、もう纏めちゃえばいいのに……w

それはそうと、美国邸でのおりキリは、やっぱりダブルベッドで同衾しているのだろうか
冬場にはお互いを抱き枕にしてあったかいからいいけれど、夏場にそれやったら暑くて起きた時にあせぐっしょりになってそう
普段は別室で寝てて、なんとなくいちゃいちゃしたい時だけ一緒、というのもなかなか乙な話ではあると思うけどね

557 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/20(金) 21:21:28.14 ID:LUuaIlWT0
まぁ廃墟も同然なんだけどね、美国邸

558 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/20(金) 23:31:17.17 ID:rLTLVZFD0
>556
>ごめんね、次は生えてないのを書くから
>ていうか、エロなんかに逃げないで普通にいちゃこらしてるの書けって話ですよね
ノン、ノン、ノン! お好きなように書くが宜し。その方が、きっと良い作品を書けるはず。
実際にとある女流エロ漫画家が、趣味でデジモンだったかの801漫画を描いた時のことです。
彼女のお気に入りはA×Bなのに、B×Aのパターンも描いてみたそうだ。だが、実際に見たらそれはA×Bの方が圧倒的に良い作品であった。
だから、きっと気に入ったものを描くほうが、良い作品が作れるに違いないでしょう。
単に、私が個人的にふたなりやBLや男の娘が苦手というだけです。(ちなみに、苦手でも全く読み書きが出来ないわけじゃありませんが、何か?)
こちとら、自分が好き勝手書いている以上、他人の作品にそこまでどうこうは言いませんよ。

>そこまで出来てるんなら、もう纏めちゃえばいいのに
ト書きやプロットレベルでしかないし、そもそも8+αの魔法少女の物語なのに詳細の決まってないキャラも多いんで、残念ながらまだ無理です。

559 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/21(土) 00:32:19.62 ID:VVauG2Zo0
>彼女のお気に入りはA×Bなのに、B×Aのパターンも描いてみたそうだ。だが、実際に見たらそれはA×Bの方が圧倒的に良い作品であった。
>だから、きっと気に入ったものを描くほうが、良い作品が作れるに違いないでしょう。

要は書きたいもの書けってことじゃないの?

560 :Fate☆マギカ:2012/04/21(土) 01:15:37.66 ID:+cM0hBKC0
夜の市庁舎、最上階の市長の執務室。残業がひと段落した市長が織莉子とキリカに声をかける。
「そうだ、ついでに私の宝物を見せてあげえよう」
「え、それって、すごい魔法の宝石?」
キリカが声を上げる。市長は宝石魔術を得意とする一族の出だ。だからそれは、ある意味当然の発想。
「ははは。まあ、そう呼び方も出来るかな?」
市長は部屋の明かりを消し、窓のブラインドを上げる。そこには輝きの洪水があった。
「うわっ、すごい」
「きれい……」
市街地の無数の明かり――ネオンサインやビルの窓の明かり――が、輝きの洪水となって二人を圧倒する。
二人はしばし、地上の星とも宝石箱の中身をばら撒いたとも形容できる景色を眺めていた。
「これが、私の宝物だよ。
 光害とかエネルギーの無駄遣いとか言う人もいるが、私にとってはこれはとても尊いものなんだ。
 この光はね、多くの人々の営みの結果、つまりは繁栄の証なんだ」
かつて市長は語った。幼い頃に聖杯戦争でこの街で多数の死者が出た、と。その際、何人もの友達や知己を失ったとも。
その犠牲の否定と繁栄こそは、織莉子のマスターの望み。
この輝きは平和の証。人々が豊かに平和に暮らしている証。即ち、彼の望み。
「私の役目はね、この輝きを護ることなんだと思う」
おりキリのすぐ後ろに立ち、市長は語る。
――ああ、この人はやはり善き為政者なのだ――
――私が求めて止まなかった、存在なのだ――
――ならば、私がつかの間の命を授かったのは、きっとこの人のために違いない――
街の明かりを優しく見つめる市長の姿に、織莉子は改めて決意を固めた。


>559
>要は書きたいもの書けってことじゃないの?
サー・イエス・サー

561 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/21(土) 09:55:33.09 ID:u/oofshR0
>>557
かつて隆盛を誇った名門一族が住まう邸宅
もはや廃墟と成り果てたそこには、一族最後の子とその親友、二人の少女だけがひっそりと暮らしているという……

個人的に、おりキリは他の魔法少女と仲良くしたりしてても良いけれど、基本的には二人きりで完結した、ある程度閉鎖的な環境でいると思う
魔法少女と一般人みたいな、普通に仲良くしていても他の子には絶対に立ち入れない領域を確保していそうな

562 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/22(日) 11:32:13.03 ID:A0ZLFMNz0
ほむらが「クロックダウン」を使える所から逆に考えたんだが
キリカの本当の願いは「織莉子との出会いをやり直したい」だったんじゃないだろうか

因果の不足かスペルブックが足りなかったか(笑)で時間遡行まで習得できなかっただけで
無限の時間軸のどこかには時間遡行までたどり着いて織莉子の為に無限の時間を
戦い続けているキリカが居るのかも…

563 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/22(日) 14:16:39.50 ID:DeRRPbrJO
キリカのジェムの色が白いなんて設定あったっけ?

564 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/22(日) 14:34:53.89 ID:JyU1j2UK0
二人のジェムの色は実は不明。
モノクロの作中だからよくわからん。
表紙にしたって、キリカは後ろ側なんで不明。織莉子は灰色っぽいが、光や影の具合で白〜黒の可能性がある。
自分は他の魔法少女と同じく、服や髪の色と統一してるけどな。

565 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/22(日) 17:53:21.34 ID:/sYz/o0B0
ゆまちゃんも後頭部に真のジェムがある設定だから色が解らないよね

566 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/22(日) 18:14:57.76 ID:SXmDZ2AV0
まぁそういう時はムラさんにダイレクトクエスチョンだ

567 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/22(日) 19:01:32.16 ID:DeRRPbrJO
Twitter使えないんだなこれが。
ついでにおりこの私服の色も聞きたいところだが。

568 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/22(日) 23:46:08.56 ID:SXmDZ2AV0
まぁ自分も登録してないから聞けないけれど

569 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 00:15:33.71 ID:CMZ8q2Y10
ちなみに、爪のマークも謎。
織莉子とゆまは描写がないし、
キリカにいたっては爪のマークが+なのに、返信後のジェムは◇な。

570 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 00:19:37.90 ID:smC8U5DK0
お客様の中にツイッターを登録している方はいませんかー

571 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 00:22:52.35 ID:UOx9Yki40
>>569
すまないけれどもうちょっと詳しく

572 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 00:36:05.14 ID:oAKWQC4B0
というか本編の設定あんま踏襲してなゲフン
魔女文字も使ってなゲフンゲフン

573 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 00:38:57.44 ID:UOx9Yki40
次の方どうぞ

574 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 00:43:47.10 ID:smC8U5DK0
そういやかずみのユウリは服はワインレッドだけどジェムは黄色だな。
ジェムの色は髪の色と同じ説が有効か。

575 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 01:02:17.90 ID:QzJM8hAcQ
魔女文字は犬カレー設定だし、多少はね?

576 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 01:27:14.25 ID:oNcVw9nP0
ずっと前にキリカがワルプルさんと戦うような漫画を見たんだが見つからない

577 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 01:38:43.09 ID:QzJM8hAcQ
>>576
ムカイユーさんのしか知らないな

578 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 01:41:37.82 ID:UOx9Yki40
渋ならまどか零式(実際には戦ってない)とか、さやかハートフルの人で負け場面とかくらいしかないね
他の場所はわからないな

579 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 10:45:27.61 ID:aXN57dpu0
いつから魔女が魔女文字しか使わないと錯覚していた?

一応ムラ先生に聞いて見た
回答はいつになるか分からないけど

580 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/23(月) 23:57:59.04 ID:s3Q/nCxr0
>>577-578
見てきたけど違うみたいだ
なんだったかなあれ…

581 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 00:12:19.24 ID:S3fb1mD60
何ページくらいだったとか、色はついてたとか覚えてる情報を書いておいて貰えるとありがたい というか見たい

582 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 00:48:19.57 ID:zK82Fhk10
最近は投稿した絵を削除する人も多いからねえ

583 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 09:32:03.53 ID:/TkFNfKv0
> @toyphel: カラーで描く機会が無かったので「もしカラーで描くならこんな色だな」とゆうかんじのイメージですが織莉子白(パールっぽい光沢)、キリカ青紫、ゆまライムグリーンです。
> 実際に設定として描いて委員会に通したものではありませんので曖昧なお返事になってしまって申し訳ありません

ムラ先生曰く、こんな感じらしい

584 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 10:55:37.47 ID:IxjL0GxN0
なるほど。
GJ!

585 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 12:36:06.13 ID:/TkFNfKv0
今日は真夏日だね織莉子ちゃんキリカちゃん

キリカちゃんの頭に顔を埋めてすーはーすーはーしたい
織莉子ちゃんの胸に顔を(ry

586 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 14:37:16.79 ID:zK82Fhk10
僕はダイレクトにこ(ry

587 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 15:09:11.96 ID:/TkFNfKv0
確かに、キリカちゃんのこかんには思わず顔をうずめたくなるな
いっそ顔の上に跨ってもらうとか、どうでしょう

588 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 15:34:11.19 ID:S3fb1mD60
(圧迫祭り)きたか…

589 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 17:22:27.52 ID:S3fb1mD60
いつもお世話になってるお礼と10kg米袋を担いでやってくる織莉子さんが思い浮かんだけれど気の迷いだった

590 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 21:06:08.99 ID:WaWVzIkp0
キリカちゃんの股間のニオイは一日中嗅いでたい
キリカちゃんのパンツをマスクにしたい

591 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 22:21:31.09 ID:S3fb1mD60
さすがに ひく

592 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 22:49:54.80 ID:aTMNCnvD0
このスレ何度言われても下ネタやめない奴が常駐してるからな
気持ち悪いって言われなきゃ分からないの?

593 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 22:51:55.89 ID:vC4ty/lq0
>>581
ページは覚えてない、色は付いてなかった、あと「愛は無限に有限だ」って言ってた
戦闘シーンがあったかどうかはちょっと覚えてない
渋で検索したけどなかったんだよなあ…

594 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 23:12:21.80 ID:yuut3UMa0
>592
スルーしとけよ。
お互いにある程度好き勝手書けるような環境こそが、スレの繁栄につながるんだ。
「自分の気に入らない他人の書き込みを排除する」って事は
「他人が気に入らない自分の書き込みも排除される」って事につながるんだぜ。
お互いに寛容の精神でいこうや。


もっとも、
「ボクチンの気に入らない他人の書き込みは排除するけど、
 他人が気に入らないボクチンの書き込みの排除は許さないじょー」
なんて奴は、ダイorデスだけどな。

595 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/24(火) 23:50:29.44 ID:yuut3UMa0
>583
GJであります。


とは言え、今までどおりキリカのSGは黒って扱いにするけどな。
そうでなきゃ成り立たん話が幾つかあるもんでな。

596 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 03:34:55.73 ID:tmRdBoN2Q
本編組+ゆまがワルプルがくるよーって集会してるようなコマがあって
それを遠くから一人見てるキリカが
「愛は〜」から織莉子の邪魔をする奴はワルプルだろうがぶっ倒すみたいなセリフ言って
QBにタンカ切る漫画なら見たことあるけど、ワルプルと直接戦う描写は無かった

597 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 10:41:51.94 ID:IlxNjuc80
誰か渋の百科辞典の改訂はよ

あと、どういう訳かキリカちゃんが発達障害認定されてるんだが、それってどうなん?


598 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 11:58:35.09 ID:PsoUETe00
変な奴が○○遅れに改訂してから発達障害になってるのね
渋百科自体初めて見たけど、こりゃ酷いなw

599 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 11:59:47.41 ID:GjkpGzhF0
個人的には「二次創作における扱い」のところがちょっと何言ってるのかわからないですね…だわ

600 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 12:14:21.97 ID:/ANlMAEq0
渋百科には資料的価値なんて皆無だから来にしちゃ駄目よ
修正してもどうせ書き直されるし

601 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 12:35:30.24 ID:IlxNjuc80
せめて明らかな誤記だけは修正してほしいな
ジェムの色も作者お墨付きになった訳だし

このあからさまな悪意ある記述に関しては、>>600の言うとおりいたちごっこになるだろうな……
少し腹立たしいが、おりキリへの愛には何ら変わりはないぜ!

602 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 15:43:35.90 ID:Uzxlgoqh0
メインおりキリ本、なんと聞こえのいい言葉か――――ッ

603 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/25(水) 16:31:59.94 ID:IlxNjuc80
>>601
見てきた

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
????????????



604 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 00:19:20.95 ID:Mk+wv0ZU0
なんか勢いつけて飛び上がっていったようでw
動画だとか、俺の知ってる鉛筆と違う…絵の人だとかたまにくるサプライズがとても嬉しいなぁと思ってしまうのでした

605 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 07:28:42.78 ID:eLrmPxHeO
キィィィィィィリカちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁン

おっはよ

606 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 07:42:06.71 ID:eLrmPxHeO
本当だ、渋に発達障害って書いてある
そんなことあったっけか?

607 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 10:35:06.82 ID:oACFr73c0
>>606
ないです(半ギレ)

608 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 11:00:12.58 ID:u0wMU9Rc0
ものは試しで削除してみた

609 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 11:45:13.17 ID:bNBeXDqi0
あといじめられてたとかもないよね
根暗でいじけてただけで

610 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 12:44:14.62 ID:Tme2nybPO
ユウリ様の項も脳内設定炸裂してるからなー、
おれのかんがえたさいこうのせってい
を広めたくて仕方ない奴がいると見える

611 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 13:09:51.58 ID:fSdnyiTl0
契約後のあの表面の性格だけなら、発達障害としても良いんだけどねぇ
内部じゃ色々考えてるし、本当は記憶力だって悪いわけじゃない
改訂前に記述があったような基地外でも、当然ない

別の誰かを見てるとしか思えないなぁ

612 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 13:15:53.63 ID:eLrmPxHeO
そもそも記憶力があうあうだったらあんなにバラの品種覚えてられないよねぇ

613 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 13:17:36.47 ID:eLrmPxHeO
ちげえ、契約前の話か
契約前の記憶力に関する描写は無かったね


あえて言うなら織莉子ちゃんのこと覚えてたくらいのものか
少なくとも記憶力の無さを証明するに足るものではないな

614 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 16:49:36.88 ID:fSdnyiTl0
見滝原の魔法少女の中でも、珍しい事に自己分析出来てるしね、キリカちゃん
そのためか、二次創作だと常識人として描かれる事も多いって言う(除、織莉子ちゃん関連)
寧ろ、暴走しがちな織莉子ちゃんを制止する役

あ、ジェムの色の訂正よろ

615 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 18:30:46.83 ID:IvFj/N5X0
だが戦闘中におりこの名前出しちゃううっかりさん

キ「私に関する全ての…」
マ「事件は単独犯ではなく貴女の上にはおりこという女性がいる、そして愉快犯でもない。違う?」
キ「な、なぜわかった恩人!」

616 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/26(木) 19:21:45.40 ID:u0wMU9Rc0
キリカの独り言っぽいのはどれぐらいの声の大きさで言ったかわからないので何ともいえないところもあるが
仮に聞こえるように言ったとして
あの状況キリカがマミさんを殺した場合は問題なし
殺せなかった場合、その存在がキュゥべえにバレてそこから織莉子に辿られるので名前を言ってようと言わなかろうと織莉子の存在はバレる
と考えていくと、あそこで織莉子の名前がバレようとバレまいと殺すしかないという状況に違いはないので、言ってしまっても特に問題はないと思う

617 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 03:00:35.96 ID:5Z/Rivo/0
ネタニマジレス...

618 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 04:32:41.61 ID:IiwAPOQ80
ネタだったの!? すまんかった

619 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 08:35:44.80 ID:zLAJZwHkO
We are fightin' dreamer
高みを目指して
Ori Kiri Yuma Oh!
Just my wives Yeah!

おはよう織莉子ちゃんキリカちゃんゆまちゃん
なでなで
ちゅっ

620 :魔獣の世界の魔女の夜明け:2012/04/27(金) 09:01:43.36 ID:LjhqvbkR0
おはよう織莉子ちゃんキリカちゃん

5/3に新刊買いに行くよ

621 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 09:03:24.95 ID:zLAJZwHkO
なんかあったっけ

622 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 09:12:14.68 ID:1ks7GQlP0
メインじゃないのもいくつか見受けられるよ、作品名でなくキャラ名で検索すれば出てくる

623 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 09:14:53.37 ID:zLAJZwHkO
渋の話かな?
見てみるよ

624 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 09:18:14.37 ID:zLAJZwHkO
あーんどこでやるイベントだろ
行きたい

625 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 12:28:23.26 ID:poS16qau0
きららマギカでおりこの続編とか番外編やらないかなぁ

626 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 12:37:00.45 ID:HOz830fO0
おりキリは単行本2冊でしか出番ないしねえ
どうにかもうちょっと出番ができないものか

>>596
kwsk

627 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 16:03:28.52 ID:liuwx0kbQ
>>626
渋でプライドチキン(ちょっと曖昧)って人が投稿してた漫画だよ
大分前に削除されたからもう見れないっス

628 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 17:00:00.22 ID:1ks7GQlP0
本編組の足止めに来た〜みたいな曖昧な記憶のならあるなぁ
トライガンパロとさみだれのを見た記憶があってそれにつられてじんわり思い出した気になってきた、つまり曖昧

HDDが急に壊れなかったらデータがありそうなんだけど、あっても転載とかできないけど…つまり残念

629 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 17:53:25.76 ID:4DOXAD35O
キリカとおりこの馴れ初めってどんななんだろう?
あまり長い間一緒にいたわけじゃないだろうに大分依存しあってるよね。
キリカから接触したんだとは思うけど、未来予知でおりこから
接触した可能性もあるかな

630 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/27(金) 23:32:00.57 ID:7Eq7mekO0
>614
>あ、ジェムの色の訂正よろ
いつから変わってないと思った?

>625
難しいと思いますよ。
今のところ、公式においては外伝組は殆ど無視されてますから。

さて、自分も5/3に浜マッチョへ行きます。
主目的は杏さやでありますが、おりキリゆまがあれば漏れなく回収するつもりであります。

631 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/28(土) 12:07:51.43 ID:r156YsTn0
天杉先生書き下ろしのかずみ外伝とかやるんじゃねぇかな、きららマギカ
ムラ先生も今ならフォワードに連載持っているから、おりこ外伝の可能性も微レ存

632 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/28(土) 12:13:16.24 ID:qojK/H9p0
渋でおりキリメイン本出すって人は、30日のコミ1参加だったか
行きたいが、予定が……

>>629
時系列が明らかじゃないから、想像しがいがあるよね
おりキリ接触→久臣くん自殺→キリカ契約→織莉子契約→予知する間も無くキリカが美国邸にやって来る
と、個人的には思ってる
キリカのぬいぐるみがどういう経緯で織莉子ちゃんから与えられたのかも気になるところ
初めてのゲーセンでキリカの為に必死になって景品を入手しようとする織莉子ちゃんとか、どうでしょう

633 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/28(土) 16:42:15.16 ID:qojK/H9p0
 人間の思考ってのはたいそう面白いもんだと、最近の俺は思う。
 実際に頭の中で起こっている現象と言えば、単純な電気信号・脳内物質のやりとりに過ぎない。だというのに、どうしてこうも人格は千差万別で、とてもじゃないが類型化できないほどバラエティに富んでいるのだろうか。
 それはもちろん、日頃から俺の部屋にやって来ては飯をたかり、映画を鑑賞し茶を飲んでは帰っていくアイツらにも適用されることで、俺はアイツらの他にない愉快な言動に振り回されたり逆に振り回してやったりと、まぁ、楽しく日々を過ごしているわけだ。
 さて、そんなバラエティに富んだ人間の人格でも、やはりある程度はカテゴライズが出来てしまう事が、それなりにある。それは今の俺の現状を見れば明らかだろう。
「うわーぉ……すげぇな、あのねぇちゃん。あのおっぱい!」
「あっちのチビも、タッパの割にかなり出来上がった身体してやがるぜ」
「だが紐付きだろ?あんな不機嫌な面した親父と一緒にいるよりも、俺たちと遊んだ方が絶対に楽しいってのに……!」
 つまりは、俺の周りにいる男どもの反応が、あまりにも一様だという事だ。それはもう、腹立たしいほどに。
 奴らの共通認識はこうだ。俺は、何かの理由でせがまれて娘二人を民営の温水プールに連れてくる事になった親父だ。だがどういう訳かたいそう機嫌が悪く、恐らくは娘に近づいただけで血を見る様な騒ぎになる事は間違いないだろう。
 俺は子煩悩――親ばかで、娘二人を溺愛している。そして娘たちも、パパ大好き!と言った按配でいる。
 奴らはコイツら、二人のナイスバディな女子中学生(だとは認識していないだろうが。もちろん織莉子とキリカでは方向が異なる)をナンパしたいのだろうが、俺が関門となって立ちはだかっている、ちくしょうめ、と恐らくはこんなところだろう。
「はい、キリカ。たこ焼きよ。あーんして」
「あーん……あちゃちゃちゃちゃちゃちゃっ!あふいっ、あふいよおりほぉっ!」
「ごめんなさい、ごめんなさい!水、水、水……はい、ヌカ・コーラ(Nuke Cola)よ!」
「んくっ、んくっ、んくっ……あー、熱かったぁ……チルドを解凍しただけのくせに、どうしてこんなに熱いんだろうね……」

634 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/28(土) 16:43:40.75 ID:qojK/H9p0
 こんな一連のやり取りだけでも、周囲の奴らの反応が手に取るように分かる。
 何を思ったのか、キリカが大口を開けてたこ焼きを頬張るときごくりと喉を鳴らした。大慌てでキリカの口を冷やすものを探している織莉子の、胸が"たゆん"となっている様を見て中腰になった。
 ペットボトルからジュースをごくごく飲むキリカを見て、トイレに長蛇の列ができた。
 明らかに女性と思しき人物までがトイレに駆け込んで行ったのは、何かの偶然だと思いたいが。
 コイツらが無防備に――何と言ったら良いだろうか。そう、無防備に煽情的な行動を取るものだから、幸か不幸か今日このプールを訪れた年ごろの男性客は、軒並み性欲の増大に苦しむ事となってしまっている。
 まったく、この二人ときたら、自分の体躯がどれほど女性として恵まれたものであるのか自覚していないらしい。
「織莉子ー!ソフトクリーム買って来たよ!バニラと抹茶、どっちが良い?」
「そうね……じゃあバニラで!」
「おっけーい。はい、コレ!」
「……これ、抹茶じゃないの?」
「食べさせ合いっこしようよ!」
「グッド・アイディアね!じゃあ、あーんして?」
「うん!織莉子も」
「ええ!」
 少し詳しく述べよう。
 器用にも、零れ落ちんばかりにクリームが乗っかったコーンを両手に持って全力疾走してきた(プールサイドで走っちゃいけません!)キリカは、織莉子の向かいの席にぽすんと収まった。
 汎用サイズの簡易チェアには、コイツの小柄な体は「座る」でも「乗る」でもなく「収まる」という表現がぴったりと当て嵌まってしまう。そんなキリカの奴を微笑ましく見ながら、織莉子ちゃんは自身の身体を丸卓に預け上半身を乗り出した。
 卓板と織莉子自身との間に挟まった、その、豊満な胸が、擬音を宛てるなら「むにゅ」とたわんで形を変える。もちろん、キリカだって同じようなものだ。なにせキリカは、その体躯に似つかわしくないサイズのものをお持ちなのだ。
 たわんだ胸は胴体の幅から溢れて、きっと机には丸い湿りの跡が残っている事だろう。
 織莉子はキリカから抹茶ソフトを受け取って、相方へと向ける。キリカは既に、織莉子へとバニラアイスを向けていた。
 そうやって織莉子とキリカはほぼ同時に、
「むちゅぅ……ふむっ、むちゅぷっ」
「はむっ、はむっ、んむっ……」
 二人の女子中学生は互いの口に大きくて太いソフトクリームを咥えさせ、口の周りを濡らしながら"ぺろぺろ"と、こう、舌を這わせているわけだ。それはもう、狙っているんじゃないかというくらいに催淫的な光景だった。
 サングラスを付けて高台に居座る監視員が、恐らくは彼に出し得る最高速度を叩き出しながら厠へと駆けて行った。
 他方、俺はと言えばもう解脱したと言ってしまっても良いくらいの心境だった。俺は平静と何らも変わら事のない面持ち、つまりは仏頂面で、二人がソフトクリームを頬張る姿を眺めた。
 慣れた、と言うよりも寧ろ、俺がこの娘らに抱く感情が親族、より正確に言えば妹のような存在に対して抱く感情に近いものであるとした、俺の素直な自己分析の賜物だろう。欺瞞とか言わない。
 むしろ、俺としてはコイツらがとても幸せそうにしてアイスを食べている事の方が重要なのだ。傍から見たコイツらがいかに官能的な有様でアイスを舐め食べようと、そんなものは関係ない。
 やはりこの二人は、こうやって幸せに、楽しく暮らしていなきゃいけないと、俺は思うのだ。

635 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/28(土) 16:45:09.11 ID:qojK/H9p0
続きはまた今度
頭の中で想像した、おりキリの可愛らしさ美しさがなかなか文章に反映できないこの辛さ……

636 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/28(土) 21:27:02.36 ID:dOsiUQ7z0
GJであります。

637 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/28(土) 21:45:07.94 ID:uL56D+6e0
"おっぱい"のせいでどうしてもそっちに話が寄るのがもどかしいのう
女の子の魅力を語る上で、やっぱりおっぱいが欠かせないのだろうか…


僕は髪の毛がいいと思います
あとにおいとかもいいと思います
腋とか項とか最高だと思います
織莉子ちゃんの腋キリカちゃんの項ゆまちゃんの耳の裏とか特にしゃぶしゃぶしたいと思います

638 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/29(日) 19:45:07.06 ID:s9vUvPzHO
織莉子ちゃんとキリカちゃんのおっぱいが暴れるレベルだけどみなさん大丈夫でしたか

639 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/29(日) 19:56:44.05 ID:PYpv8MFk0
大丈夫だ、問題ない

640 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/29(日) 19:58:40.13 ID:XpbXig4J0
おりキリのおっぱいが暴れるのを眺めてたら頭を打ったけど問題ない

641 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/29(日) 20:03:48.57 ID:PYpv8MFk0
いえいえ、そこは病院に

642 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/29(日) 20:27:33.29 ID:rTWPLD/d0
>>640
おりこさんのおっぱいでぶん殴られたんだな

643 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 11:14:32.38 ID:AI5kY1eQ0
おりこさんのノーブラボイン打ちか……

644 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 11:43:54.83 ID:D1df1n8DO
搾りたいな

645 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 12:25:15.00 ID:auEn7c9Q0
手をうずめたらどんな感触なんだろうな
素晴らしいものであるのには違いないだろうが

646 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 12:49:45.95 ID:WA5IHmm90
おりぱいは柔らかくて沈んでいく感じ
キリぱいは弾力がある

647 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 13:05:28.75 ID:auEn7c9Q0
キリぱいもかなり柔らかそうではあるけれど
本編描写を見る限り、結構ぽよんぽよん跳ねてるし

何て言ったら良いか、適度な弾力と自然な柔らかさを兼ね備えた聖乳とでも表現すれば良いだろうか
織莉子ちゃんのひたすらボリューミィなぱいとは趣を異にする、それはそれは素晴らしいものだと思うのですよ

648 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/30(月) 16:49:21.23 ID:auEn7c9Q0
「しかし、あれだなぁ」
「何が、ですか?」
「いや。最近の中学生も、なかなか洒落た水着を着るもんなんだなぁ、と」
 少なくとも、俺の時代にはそれほど派手な見た目の水着を着ている輩はいなかったと思う。まぁ、田舎の事だから、周囲の女子たちの水着やなんかのセンスも田舎風の――悪い言い方をすれば芋っぽい見た目だったのだろう。
 夏場の市民プールがスクール水着の中学生で溢れていたのを思い出す。そのテの人が見たら大喜びすること間違いなしだ。
 今のコイツら、織莉子とキリカは、そんな俺の若かりし頃からはかけ離れた、何とも若々らしい出で立ちをしていた。
 織莉子は白いパレオを纏っていた。はちきれんばかりの胸を覆う三角形の布と、下半身の殆どを覆うスカートのような布。上下共に純白なその水着は、まさにこの娘の美しさの引き立て役だった。
 当然のことながら、俺は織莉子の裸体なんぞ見た事はない。あってたまるか。
 胸、とりわけ女性の乳房というのは、一般に知られている通り脂肪の塊だ。種の存続という観点から言って、女性に脂肪が蓄積されやすいというのもまた、広く知られているところだろう。
 つまるところ、おっぱいが大きい女性はそれと比例して、他の部位にも脂が乗ってしまっている可能性が、とても高い。だから俺は、言っちゃ悪いが織莉子は、まぁそれなりの体脂肪率を誇っているのだろうと、そう思っていたわけなのだ。
 ところがどうだろう。彼女の肢体には一変たりとも無駄な肉が付いていなかったのだ。肌の上からでも分かるしなやかな筋肉と、その上に乗った脂肪の層。その層というのがまた申し分のない分量で、女性のみが持つ特有の柔らかさが遺憾なく発揮されている。
 だというのに、脇腹、二の腕、うなじや背中。そういった部分に本来在って然るべき無駄な贅肉は、微塵も姿を見せてはいない。
 織莉子の胸というのは、それは豊満なものだ。それこそ、たわわに実った果実のような、という月並みな表現がパズルのように当て嵌まるほどの。
 だが、それはそれだけではなく、彼女のしっかりとした骨格、肉付きの良い、けれど決して無駄なものが無い肉体と調和して、まさに完璧なものとなっているのだ。
 ただの巨乳の女の子ならば、探せば見つかるだろう。だがこうまで全身の要素が理想的なハーモニーを描いている少女と言うのは、探したってそうは見つからないんじゃなかろうか。
 俺はまるで、「美」という概念がそのまま形を得て現れ出でたかのような存在を見た気がした。ややオーバーに過ぎる表現かもしれないが、それほどまでに、美国織莉子という少女は美しかったのだ。

649 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/30(月) 16:49:58.17 ID:auEn7c9Q0
「あまり……じろじろ見ないでください……あの、恥ずかしくて……」
「セークハラ!セークハラ!」
「あぁ、悪い悪い。いや、あまりにも織莉子が綺麗で、つい、な。似合ってるし。……キリカうるさい」
「私の扱いだけぞんざいじゃないかい!?」
「……どうしてか、胸に手を当てて考えてみろ」
 そうは言っても、キリカの奴もなかなかの身体つきをしている。
 何べんも繰り返すが、呉キリカという女子(女の子とは呼びたくない、あまり)は小柄だ。
 だからこそ、映画鑑賞では織莉子の膝の上に乗ったり俺の股の間に座り込んだりといろいろできてしまうわけだが、かと言って二次性徴の影響が貧弱だというわけではない。
 キリカは、身体のパーツ一つ一つが小さ目だ。一般の女子をそのままスケールダウンさせたならこうなる、といったものの見本で、殊更にプロポーションが悪いという訳ではない。
 それどころか、それと一目で分かる胸や、俺の膝の上に乗っかった時の柔らかさから察するに尻も、きちんと女性らしく出るべき部分は出ているのだ。それも、非常に高い領域で。
 さらに付け加えると、キリカは小顔で、そのおかげか眼が大きく童顔に見える。
 中学生相手に童顔と言うのもひどい話だが、まぁ、とにかく、キリカの顔立ちは実年齢と比べても少々幼く見えるのだ。当たり前のように小学生と間違えらる程度には。
 今日のキリカの水着は、ビキニだった。黒と紫の掛け合わさったような色で、デザイン自体もそこまで派手ではない。
 ワンポイントでピンクの柄がちょこっと入っている程度だ。いつもは左右でちぐはぐなデザインの衣類を着用しているものだから、今日のキリカのシックなデザインの水着には俺は驚きを禁じ得なかった(ゴーグルの色は左右非対称だった)。
 童顔で、小さい体躯。主張する女性としての膨らみと、それを覆う黒い布。
 端的に言うならば、呉キリカはいびつなのだ。織莉子の、極めてハイレベルに調和のとれた肉体とは違う。だがそのアンバランスさが、まるで禁忌に触れるかのような背徳性を生じさせ、見る者の脳を侵すのだ、美しい、と。
 もちろんそれは、織莉子とは違うベクトルの美しさだ。だがどうしようもなく心惹かれるものである事に違いはない。だからこそ、今もってプールのトイレは満員御礼の有様で、ガールフレンドにぶん殴られた彼氏が顔の横っ面に紅葉を生じさせているのだ。
 俺がそうなっていないのは、コイツらの度重なるセクハラに何度も何度も脳内で素数を数えそして経を唱えた、あの経験があってこそのものだ。
 いくら妹みたいに思っていると言っても、二人の美少女が間近にいて抱きつき攻撃など、健全な男子の心持ちとしてはこれ以上ないくらいに抗いがたいのだから。
 こうやって俺が二人の身体つきについて分析しているのも、いちいち煽情的な行動を取る織莉子とキリカに対し、邪まなものを抱かないよう自らの情動に蓋をしている、という面も無いではないのだった。

「本当は、この間まではスクール水着しか持っていなかったんです」
「はぁ……?」
 唐突に為されたカミングアウトに、俺は間抜けな声を出した。
「お兄様と一緒にお出かけという事で、新しく買ったんです。それに、以前私たちのお友達と一緒にプールに行った時にはずいぶん恥ずかしい思いもしましたし……」
「そ、そ。わざわざ買いに行ったんだよ。季節はずれな水着をね。だから、おしゃれだって褒めてくれたのは、その、少し、嬉しかったかな?」
 ふむ、と俺は思考する。
 恐らくは、今のこの二人と同様に、彼女らのお友達というのもたいそうおしゃれな水着を着ていたのだろう。そこに二人きり、野暮ったいスク水の少女が二人。しかも双方、素材はとても良いというのに。
 これは、ひどい。俺は素直に思った。

650 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/30(月) 16:50:20.17 ID:auEn7c9Q0
「それは……災難だったな」
「うん、まぁ……過ぎたことさ」
「そういった反省があったので、今回はきちんとした水着を買って参りましたの。水着を買うなんて初めての経験でしたから、似合うかどうか心配でしたけど……」
「織莉子だったら何でも似合うさ。私が保障するね!」
「ありがと、キリカ。貴女も、とっても素敵よ?」
「うー、うー、うー……!素敵、私が素敵だって、おにーさん!織莉子が、私は素敵だって!」
 そうか。良かったな。
 毎度のオーバーリアクションも、もう慣れっこだ。素直にここまで喜んでいるという事実を、ただ受け容れる方が大事だろう。ただ、いつもと比べてちょっとテンションがおかしい気もするが。
「所で、お兄様。泳ぎませんか?せっかく来たことですし」
「そ、そうだね。ちょうど私も顔が火照ってきちゃったことだし!」
 先に行ってくるよ、と言い残して、キリカは脱兎のように駆けて行った。
 俺は織莉子に問う。
「何だろうな、なんかいつもよりもキリカの奴、リアクションがオーバーじゃないか?」
「……お兄様の前で褒められたものだから、恥ずかしがっているんです。いつもだったら、あそこまで興奮しませんもの。キリカにとって――もちろん私にとっても、お兄様は私たちを無条件で受け入れてくれた、とても大事な方ですから」
「……面と向かってそう言われると、なかなかにこっ恥ずかしいもんだなぁ」
「ええ、そうですわね」
 くすり、と織莉子は笑った。
「それでは、私も泳いできますわ。お兄様もどうです、ご一緒に?」
 パレオのドレス部分を脱いで、ビキニ姿となった織莉子が言う。筋肉を伸屈させ、準備運動を始める。
「誘ってくれるのはありがたいが、俺はそれほど泳ぎが得手じゃない。流水プールでゆっくりと回ってるさ。悪いな」
「いえ!泳げないのなら仕方がありませんわ。キリカも流水の方に行ったようですし、何かあったらよろしくお願いします」
「……念のため言っとくぞ、俺はカナヅチじゃ――」
 そう言いかけた時には、既に織莉子は徒歩と疾走との中間くらいの速度で50メートルプールの方へと歩みを進めていた。スキップしているように見えるのは気のせいではないだろう。
 キリカの悪癖――俺をからかってははしゃいで逃げていく某ネズミのような習性が伝染ったのではないかと、俺は心配になって、今度はひどく嬉しくなった。
 織莉子は、少しづつ自分の殻を破っている。誰に言われる訳でもなく、自分の意志として。斯在るべき自分から、斯在りたい自分へと。初めて俺の出会った時の、あのがちがちに硬くなってしまっていたあの姿とはえらい違いだ。
 もちろん、俺のお蔭で、なんておこがましい説をぶち上げるつもりはさらさらない。
 むしろ影響としては、彼女らの仲間、友達の方がずっとでかいだろう。アイツらがその友達について語るときの表情といったら、本当にうれしそうなのだから、
 であるならば、彼女が年相応に今を生きている事実を肯定するのが、俺の役目ってもんだろう。等身大の彼女らを見てやるのが。
 水棲生物も斯やという美麗なフォームの泳ぎで衆人の目をくぎ付けにする織莉子を尻目に、俺は流水プールへと向かうのだった。

651 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/04/30(月) 16:52:44.46 ID:auEn7c9Q0
以上、中編でした
>>490の、家主対キリぱいはまた今度
では

652 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 19:56:19.08 ID:D1df1n8DO
おつんつん

653 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 22:01:29.49 ID:FJ9eJnD50
乙で
あとはオチがくるのか…なんだかオラわくわくしてきちまったぞ

654 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 22:29:12.22 ID:FJ9eJnD50
>>583
今更だけど委員会とかあるんだな、まどかマギカ製作委員会とかmagica quartetとかその辺りなんかな

655 :名無しかわいいよ名無し:2012/04/30(月) 23:20:36.35 ID:+fA52Lhb0
>648
非常に乙であります!!!!

>654
そういう「委員会」ってのは、アニメ製作の期間だけの暫定的なモンですぜ。

656 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 10:45:12.76 ID:ENjUELWk0
キリカちゃんはすごい甘い匂いがしそう
走ってきて、ジャンプして抱きついてきて、ふんわりと動く空気の中かすかに漂うえもいわれぬ甘ったるい匂い

家主「糖尿?」
キリカ「」

657 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 10:49:51.03 ID:5caN3okAO
魔法少女だし…

そろそろヤヌスもとい家主の本気エクスカリバーが暴れ回ってもいい頃合い

658 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 13:49:47.37 ID:7zmYQO8u0
きららマギカ、アラサーマミさんが連載されるくらいのノリの雑誌なら、
おりマギ関係の作品も読み切りでありそうな気がしてきた

659 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 16:19:12.13 ID:gnR93ioJQ
織莉子さん作・キリカちゃん着せ替え写真集を見る家主
メイドやゴスロリ、浴衣や短パンジーンズなど様々な格好のキリカ写真を見てる内に
ムラムラ悶々しちゃってキリカちゃんを女として意識し始める家主を受信した

660 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 20:11:08.01 ID:7zmYQO8u0
ビーチクィーンマミさん改造の織莉子フィギュアってあったな
あれはエロかった

661 :oriko:2012/05/01(火) 21:10:58.50 ID:D9KnUA++0
これか
ttp://www1.axfc.net/uploader/Img/so/141374

ついでにおまけ
ttp://www1.axfc.net/uploader/H/so/157954

662 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 21:50:09.93 ID:BNb9m6Je0
>>661
おつおつ
見た感じコラっぽいな
ガレキででも誰か出してくれるんなら、喜んで一も二も無く買うんだが


そういや、家主とおりキリでガチエロってどうなん
オリ男との性交って許容されざるものだと思うんだが

663 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 22:17:20.63 ID:+uoQ0qwV0
逆夜這いでどーよ

664 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 23:17:12.49 ID:oSz1sIqT0
逆夜這いで尺八くらいまでならなんとか

665 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 23:42:44.62 ID:J6PcZUC70
>家主とおりキリでガチエロ
ネタはあるぜ。ただ、自分、エロは書けないんだよな。

>658
アラサーどころか、自分にゃアラフォーマミさんの話だってあるぜ。

666 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 23:46:17.43 ID:I4mxSmiP0
昔のゆまスレで尺八キリカちゃんネタをよくしてた人は元気だろうか

667 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/01(火) 23:58:07.59 ID:BNb9m6Je0
いや、ごってりとしたヤヌおりキリを書いても良いんだけどさ、ヌケるお話になるかは置いといて
それで不快になる人がいたら嫌だな、と
嫌なら読むなったって読む人は絶対にいるわけだし

668 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 01:00:31.54 ID:+LRjTYen0
おやすみキリカちゃん、織莉子ちゃん
GWの真っただ中だっていっても、あんまり夜更かししちゃだめだよチュッチュ

669 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 01:12:06.64 ID:UnTVG/uZ0
最強の魔法少女チームとして活躍する一同、しかしある日全見滝原どころか、もっと大勢の魔法少女の死が予知される。
様々な作戦を立てて、回避手段を模索する織莉子が予知した未来。それは同時にマミの死を意味していた。
唯一人の先輩であり憧れの対象だったマミの死に苦しむ織莉子、しかしマミはそれを他に手段がないと知って受け入れる。
織莉子の苦悩を察知し、キリカは問う。キリカに隠し事は出来ず織莉子はマミの死を伝える。
当日、最強のチームを組んで大発生した数千の魔獣と戦う一同。辛くも撃退する。
キリカはマミの死を回避できたと思いほっとするが、それで事態は解決してなかった。
各地の魔法少女から、直接・或いはキュゥべえの中継で救助要請が来る。なんと、魔獣の大量発生は見滝原だけではなかった。
マミは無数のリボンを展開してGSを集めると、その中に自らのSGを置いて巨砲を
そして、巨砲を構えて救助対象のいる方角へ向かって、幾度も砲撃をする。
現地の魔法少女から直接、或いはキュゥべえの中継を経て現地の状況を見るマミ。やがて各地に彗星のように光弾が飛来し、それが弾けて無数の流星雨となる。
流星は魔獣を討ち滅ぼし、各地の魔法少女達は九死に一生を得た。だが、マミは魔力を総て使い果たし、円環の理に導かれて消滅する寸前。
追い討ちをかけるように、スマホの魔法少女専用アプリを通じて全国から救援要請が届いた。
日本地図の上に、幾つもの吹き出しのようなマーク。中に描かれているのは死の可能性を表す髑髏と、円環の理に導かれる可能性を表す天使の輪と羽。色はどちらも緊急を表す赤色。
もはや打つ手はない。そんな中、マミはまどかに濁りきったSJを渡す。
その瞬間、円環の理を作って以来魔力を失ったまどかが女神モードに変じる。
かつて魔法少女を見取ったとき、まどかは女神モードに変じたことがあった。魔法少女の消滅の瞬間、それは宇宙の法則となって失われたまどかのSJが束の間現界する瞬間。
そして、まどかは天空に矢を放ち、無数の矢が全国の魔法少女を救った。
織莉子はマミへの思いを胸に新たなリーダーとして魔法少女を率い、生き残った魔法少女達はマミの偉大さ気高さを胸に闘志を掻き立てて戦いへと赴く。

670 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 07:50:23.99 ID:VT8kJceGO
おはよう織莉子ちゃんキリカちゃんゆまちゃん
なでなで
ぎゅっぎゅっ

671 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 13:18:10.34 ID:ILHs3AK2O
今回まどTASがほぼおりこマギカだな
キリカかわいいよキリカ

672 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 16:23:05.25 ID:+LRjTYen0
織莉子ちゃんの水晶球って、本編じゃそのままぶつけてるだけだったけど、他に何か使い道って無いかなぁ
さやかの武器も蛇腹大剣に出来るみたいだし、マミさんのマスケットはサイズの調節・威力の面で相当使い分けができてる
杏子のパルチザンもばらけるし、他にも何かいろいろできそうではあるんだがなぁ……

球体の間に魔力の綱を張って切断するとか、爆破するとか
球体が4つに割れて、スクリーンに出来たりしたらカッコいいと思いませんかね?

673 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 16:40:00.65 ID:WXCQe2aXQ
水晶をキューで突いてビリヤードみたいに
戦うSSは男塾みたいで面白かったな

674 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 23:16:41.23 ID:3AIHUEla0
球状で打撃・円盤状で切ダメージ
人が入れる大きさにして回転させることにより推進方向を逸らす回転防御とか、おりこ球から魔力放出でバリア発生とか
空中でおりこ球発生させることで足場や方向転換に使ったりみたいな妄想はしています


>>671
無理です、出したいので。という返答には思わずニヤリとしてしまった

675 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 23:34:30.94 ID:+LRjTYen0
広範を予知してるせいで力使いすぎで、結局直接戦闘じゃ火力に欠けてるのかなぁ、と思うわけで
未来予知に掛かる魔力的負担を軽減させれば、たぶん素養ではマミさんにも劣らない程度ではあると思うからかなりの高火力が叩き出せると思うんだがなあ
水晶の魔法……はっ、まさか白竜シーs


キリカももうちょっと武器に変化を持たせても良いよね
爪を片方だけに展開して6連チェーンソーに変えるとか

676 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 23:48:33.29 ID:ps/mv3mi0
衝突するたびに半分の大きさに分割する織莉子玉
とか考えたけど上手く生かせそうになくてボツ

677 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/02(水) 23:57:26.11 ID:3AIHUEla0
まどポが出てから武装や技名の面で気分的にけっこー寂しくなる時もあるけれど、わたしは元気です

678 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 00:34:54.70 ID:yEJeXgoF0
>>677
逆に言うならば、それはつまり自分で好きに考えてしまっても良いのだということ……!
キリカちゃんの好きそうな、厨二心全開の必殺技名を考えてみようか

679 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 00:41:12.97 ID:mlj3Jo2K0
千手観音


680 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 00:48:02.45 ID:x+GpJBwz0
刃先が単分子の厚みしかないこの世で最も鋭利な刃、しかし相手の武器を下手な体勢で防御するとえらいことになってしまう諸刃の剣

681 :Fate☆マギカ:2012/05/03(木) 01:48:56.39 ID:k9EJ9Dk70
その晩、市長は残業を早々に切り上げ、市庁舎から出た。ただし表口や地下駐車場ではなく、裏口に横付けしたハイヤーに乗り込む。
行き先はとある料亭。表向きの予約は地元商工会の親睦会となっているが、実際は十年以上かけた市の再開発計画の関係者が極秘の話し合いをするための場所だ。

談合結果の、いささか高めの落札金額の工事代金の受諾と、引き換えとしての地元業者の下請け斡旋。
地元業者の下請けの引き換えとしての、特定系列からの資材購入。
計画の一部に反対する議員を大人しくさせるために、彼の塩漬けの土地を移転の代替用地名目で相場以上の値段での買い上げ。
及び彼の支持層へ向けての、バス路線の変更や市の各種サービスの提供に条件の良い移転先の決定。
幾多の話し合いが行われ、この場にいる者もそうでない者もおおむねそれなりに利益を得られるように調整する。ただし、市の財政的には決して少なくない不当な出費となる。

その料亭を少し離れたビルの屋上から、料亭の入り口を暗視機能つき望遠カメラで動画撮影している男がいた。
「大手ゼネコンの部長クラスに、地元土建組合の組合長、おまけに市長か……」
記憶にある大物関係者が、時間をずらして次々に入っていき、その総てがカメラに収められている。
彼の手にしているのは、昨今の主流であるデジカメ兼スマホ兼その他いろいろ機能つきのもの。もう新手が来そうもないので撮影を終える。あとはデータを出版社本社のサーバーに送れば今夜の仕事は完了だ。
と、突然彼の手からカメラが消えた。
「……え、あれ?」
間抜けな声を出す彼に、もう一つの間抜けな声に重なった。
「あら、これどう扱うのかしら?」
「画像とかなら、データフォルダじゃないかな?」
振り向けば、二人の若い女性が立っていた。一方は白いドレスにショールのついた円筒形の帽子。もう一方は軍の礼装チックな黒い服にミニスカートと、なぜか右目を覆う眼帯。
ちなみに、二人でなにやら覗き込んでいるのは彼のデジカメ。
「な、なんだテメェら。俺のカメラに何しやがる!」
「よし、消去完了!」
と、黒い眼帯の方。
「すみませんけど、今夜撮影したものは消去させていただきました」
白い方がカメラを差し出す。
「てめぇら、どっかに雇われた揉み消し屋か……」
手渡されたカメラをつい受け取りつつも、彼は内心不気味なものを感じていた。

682 :Fate☆マギカ:2012/05/03(木) 01:49:30.65 ID:k9EJ9Dk70
――なんだ、こいつら――
彼は仕事柄、ヤのつく相手やそれに近い相手とも何度か対峙した事がある。だが、彼女達はそんな連中とはあまりにも異質だ。
強面とか、屈強とか、鋭い目つきとか、一見そんなものとは無縁の、しかも若い女性二人。衣装もコスプレか何かのように妙だ。
「ねえ、記者さん。今夜の事は総て忘れていただけないかしら?」
白いほうが眉間に眉を寄せた困り顔で提案する。
「ふん、断る。こういう不正を許すべきでじゃあない。是非とも暴き立てて正さないとな」
彼女達を見つつ、ゆっくりと後ずさる。
――この二人、なにかヤバイ――
幸いにして未だ遭遇したことはないが、微笑みつつターゲットを処理できるような政治家子飼いのイカレた工作員の類――例えば暗殺者とか――かもしれない。
「そう、残念ね」
白い方が、心底悲しそうな表情をする。
「でもね、大好きなパパが不幸な目にあったら、きっとエリカちゃんは悲しむと思うわ。
 ゆかりさんだって、エリカちゃんを抱えて女手一つでやってくのはきっと大変だと思うの。
 どうかしら、大田信二さん」
彼の顔が一瞬引きつる。
「無論、こちらだってタダでお引取り願うつもりはないよ」
今まで無言だった黒い方が、封筒を取り出す。
「ここには、とある与党の大物政治家の汚職についての概要が書かれています」
白い方がそれを受け取って彼の眼前に差し出す。
「彼は今頃、主流派と決別している頃でしょうね。だから、政党の庇護も受けられませんし、貴方の身に危険を及ぼすこともありません。
 どうか、今夜はこれを手土産に、一旦引き下がっていただけないかしら?」
「スキャンダルのもみ消しついでに、政敵まで片付けようってのか?」
その国会議員には心当たりがある。
「そう受け取っていただいてかまいません」
しばしの逡巡の後、彼はその封筒を受け取ると撮影機材を抱えて立ち去った。
ビルの非常階段を下りきった頃には、彼の脳内には既に奇妙な女性二人や撮影した出来事への記憶はなく、グラサン黒服以外没個性の男との会話にすり替っていた。

「最初っから記憶を書き換えるんなら、わざわざ予知して脅したり情報を与えたりしなくてもいいんじゃないか?」
キリカがそう問いかける。織莉子は今晩のために、彼をこの場で突き落として病院送りにした未来と、納得して立ち去った彼が書くであろう週刊誌の記事の両方を予知していた。
「あら、納得している場合とそうでない場合とでは、精神操作や記憶改変の手間が大分違うんですよ。
 それに、なるべく穏便に事を済ませた方がいいでしょ? この市の安寧と発展がマスターの願いなんだから」
彼女は遠くを見つめるような表情で、そう嬉しげに呟いた。

683 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 02:09:30.43 ID:k9EJ9Dk70
自分でも混乱しそうなんで、時系列整理

・召喚(おりキリ以外は未執筆)
・市庁舎で女子職員と会話する織莉子
・キリカvsほむら
・市長の宝物
・記者撃退
・(未執筆)コンサート会場の近くで出会う、まどか・ほむら・杏子・さやか
・杏子vsさやかvsマミ、キリカvsさやか、(未執筆)まどかvs杏子
・vsマミ
・キリカvsさやか、織莉子vs杏子
・杏子vsさやか
・(未執筆)まどかvsさやか
・(未執筆)織莉子・キリカ・杏子・さやかの消滅
・(未執筆)聖杯戦争前夜
・(未執筆)聖杯の完成と各地の魔法少女の救済、その後

このスレで書くべきは、消滅と完成・救済か。前夜はスレ的には微妙な内容だ。

684 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 02:29:04.86 ID:yEJeXgoF0
消滅と完成・救済ならオッケイじゃないかな
あと、このスレにも投下している以上は全ての顛末としての終わりは書いた方が良いと思う、誰もが全部のキャラスレを巡回している訳でもないしね
その上で必要だとあなた自身が判断したのなら、前夜だって投下して良いのでは?


どうでも良いけど、キャシャーンのコスプレしてキリカっちに写真取られている織莉子ちゃんを想像した
長い髪を靡かせてタツノコプロなアクロバティックモーションをかます織莉子ちゃん……
……ふぅ

685 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 02:38:45.74 ID:V1JHAAiO0
俺もなんか執筆してみようかなぁ

686 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 14:50:54.72 ID:L13t96J2O
「おにーさん、気持ちいい?」
「がっちがちですね…」
「なんかとーめいなのでてきたー!」
おりキリゆま三人に上目遣いでしこしこされたい

687 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 15:17:07.29 ID:0lkgJiBs0
じゃあ俺はおりキリに挟まれてむにゅむにゅされてくるわ

688 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 15:44:48.17 ID:tPxG24gX0
涙目紅潮したキリカちゃんのおしりをもみもみしたい
最初は嫌がってたのにだんだん感じてきちゃうキリカちゃんマジ淫乱

689 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 16:08:49.05 ID:pY1SRbdKQ
キリカちゃんは跳んだり走ったりするから凄く臭そう
クンクンしながらお尻を(ry

690 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 16:34:58.38 ID:x+GpJBwz0
前に目測150cmちょっとくらいの学生さん見かけたけどやっぱりちっちゃいなぁと思ってしまうのでした、見た目はかわいくはなかったけど

691 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 16:59:15.57 ID:L13t96J2O
ちんちんびたーんびたーん

692 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 17:14:16.15 ID:yEJeXgoF0
渋にあったおりキリメイン本入手したよ!
顔面が緩みっぱなしになった反面、キリカの想いを考えて少しほろ苦い気持ちにもなりました

あれは良い品だ、間違いなく

693 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 18:57:00.92 ID:tPxG24gX0
>>689
頬から耳にかけてのあまり汗を拭かない場所をペロペロしていきたい

694 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 20:08:52.14 ID:x+GpJBwz0
表紙だけでも結構満足だったけれどいい品だった
TASの方も加えてキリカっち><顔ブームくるか…

695 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 20:40:30.28 ID:yEJeXgoF0
><顔キリカちゃん良いよね……
TASて良く知らないんだけど、どんなのなん?

696 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 20:48:32.43 ID:0lkgJiBs0
RPGツクールでほむら視点のまどマギRPGを作ってる感じ
今んとこおりキリの出番は多くはないかな、今回は多かったけど

697 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:00:33.60 ID:yEJeXgoF0
>>696
ほうほう、サンクス
そりゃ楽しみだ、敵としてだけの登場ではない事を祈るけれど

俺にゲーム作る能力があったらな……
脳内妄想では大活躍なんだけど

698 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:03:55.65 ID:V1JHAAiO0
>>692
よし、詳しく教えてくれ。
なんて名前の本だい?

699 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:22:09.48 ID:yEJeXgoF0
>>698
「黒い従者 白い預言者」
メロンの通販で売ってるよ

最初で最後のおりキリメイン本……なんてことになりませんように

700 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:23:24.44 ID:tPxG24gX0
予告だと勢ぞろいしてワルプルに挑むシーンがあったな

701 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:23:41.82 ID:tPxG24gX0
>>699
ちなみにそれ
えろいの?

702 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:24:10.01 ID:0lkgJiBs0
>>697
選択肢があるから分岐するんじゃないかな
敵だったり味方になったり

703 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:32:02.62 ID:x+GpJBwz0
>>701
健全本です

704 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 21:32:38.52 ID:yEJeXgoF0
>>701
エロはなし
二人の純粋な、でもちょっぴり歪んだ愛の話
キリカちゃんの動きがいちいちかわいい、織莉子ちゃんの動きがいちいち官能的
同人誌だから仕方がないけど、値段に対してページ数は少ない
が、俺としては何の問題もなかった、表紙も良いし

>>701
なら良いんだ
敵としてしか扱われない、というのなら、なんだかそれが「美国の娘」としか扱われなかった本編での織莉子ちゃんの境遇と被っちゃって、とても悲しくなるんだよ

705 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 22:50:28.07 ID:V1JHAAiO0
>>704
まぁなんだ。
とりあえず見てみれば早いよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17705583

706 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 23:05:13.75 ID:x+GpJBwz0
いつかやるDL版だといろいろ選択肢つけてそうだけど、とりあえずプレイ動画だと円満解決風に紹介するんじゃないかな
そういえばこれもワルプルで本編+おりこ揃い踏みのシーンあったっけか

707 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 23:19:25.79 ID:k9EJ9Dk70
浜松町のもう怖より帰還。
今回出費は二万ちょい。仕入れた本は50冊弱。いつものように杏さやメイン。
今のところ、おりキリは二冊のみ。
「PUELLA MAGI VS MAGICA」の1と2。それぞれ11.12/30と12.5/3発売。
1の表紙にキリカ、2の表紙に織莉子。内容は闘技場で魔法少女がバトる話で、2にさやかvsキリカがあるのみ。

708 :ミニキリカ:2012/05/03(木) 23:27:20.81 ID:k9EJ9Dk70
「織莉子さん、大丈夫?」
昏倒していた織莉子の治療をしていたさやかが尋ねる。
「え、ええ。……キリカ、キリカは?」
織莉子は辺りを見回す。
「大丈夫、死んじゃいねーよ」
「ソウルジェムが、川に流されちゃったのよ」
マミが補足する。
「あ、ほむらちゃんが帰ってきた」
ほむらが空から降りてきた。
「残念だけど、10km程下ったけど、キリカのソウルジェムは見つからなかったわ」
「もっと下流となると、厄介ね」
マミが考え込む。
「キュゥべえ、貴方達なら人海戦術でなんとかならないかしら?」
「できるとは思うけど、虱潰しに探すとなると時間は掛かるよ。僕たちだって、この近辺にそんなに沢山いるわけじゃないし」
「あ、そーだ、織莉子さん。キリカさんが、いつ、どんな風に戻ってくるか予知したらどうかな?」
「お、ナイスアイディアじゃん」
(あ、まずい)
万一に備えて、ほむらが慌てて織莉子の後ろに回って腕を振り上げる。キリカの死でも予知されたら大変だ。
しかし結果は良好。数日後に自分から帰ってくると出た。
なお、キリカの肉体はそれまでマミの家で預かる事になった。


キリカが目を覚ますとベッドの上。先程助けた女の子――ちなみに相対的に見て巨大――が心配そうに見ていた。
「あ、小人さん。目を覚ましたんだね」
「私の名前は呉キリカ。小人でも妖精でもなく、魔法使いだ。悪いお化けをやっつけてたら、やられて川に落ちて流されたんだ。しかもお化けにやられたから、こんなに小さくなってしまった」
女児の名前は新島亜季。隣の県に住む幼稚園児。
彼女はキリカの存在や、彼女の語る魔法やお化けの話に目を輝かせる。
キュゥべえの一体と連絡がとれたので、みんなに無事だとの伝言を頼み、亜季のリカちゃんハウスに泊まる事にした。
ちなみにキリカの食事は、亜季から分けてもらった彼女のお菓子である。自分よりも大きいクッキーだのケーキだのを腹一杯食べるのは、大の甘党であるキリカにとってはまさに夢のようなごちそう。
熱心に話を聞いてくれる亜季の態度も好ましいし、キリカは翌日も滞在する事に決めた。

709 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/03(木) 23:27:21.76 ID:yEJeXgoF0
>>705
愛が感じられて安心した
これなら無碍に扱われることもなさそうだな

710 :ミニキリカ:2012/05/03(木) 23:31:19.66 ID:k9EJ9Dk70
「呉、呉キリカ。ん、なんだ、今日は休みか?」
担任のベテラン教師木戸は、眉間にしわを寄せる。ようやく不登校が直って数ヶ月、またぶり返してしまったのだろうか。
「センセー、隣のクラスの巴さんが、呉さんは雨に濡れて風邪ひいたって言ってました」
「ん、そうか」
微かに安堵しつつ、出席簿には病欠とつけた。


ちなみに、今のキリカは魔力で擬似的な身体を創っているので消耗が大きく、かといって小さな身体では魔獣狩りができないのでじきに寝込む事になる。
「大丈夫? キリカちゃん」
「見滝原の仲間のところへ戻れれば、なんとかなるんだが」
「見滝原なら行けるよ」
亜季は両親にお願いする。
「ねえ、パパ、ママ、明日のお休み、おじいちゃんちに行きたい」
「どうしたの、亜季。急にお爺ちゃん家なんて。お爺ちゃんも、突然来られても困るんじゃないの?」
「まあまあ、しばらく顔を見てなかったんだし、電話して確認してみればいいじゃないか」
基本、孫とは可愛い物だ。例えかつては厳父や厳母であった者も、こと孫を相手にすると途端に爺バカ、婆バカっぷりを披露する。いや、ホントなんだな、これが。
「亜季ちゃん。いいですよ。いつでもいらっしゃい」
電話に出た初老の祖父は、妻とともに亜季と幼児言葉で話すと、眼鏡を掛けた髪の後退した獅子舞のようなゴツイ顔を綻ばせた。


翌日、亜季のポシェットの中に入ってキリカは見滝原市に帰還した。が、まだ誰ともテレパシーは通じない。多分、まだ離れすぎているのだろう。
夕方近くになって、亜季は近所の公園に行くと称して出かける。勝手知ったる生まれ故郷。キリカには周囲の景色や地形から、だいたいの現在地はわかる。
あとは誰かの家の近くまで行けば、テレパシーが通じるから迎えに来てくれるだろう。
と、周囲の景色がおかしくなる。暗くなり、歪み、そしてそこかしこから燐光を放つひょろ長い人影が姿を現す。魔獣だ。
走って逃げる亜季、しかし幼稚園児の足では逃げ切れるものではない。キリカはポシェットから飛び出し、魔獣の群に停滞魔法をかける。
「亜季、君はそのまま走って逃げるんだ」
「で、でもキリカちゃん。小さいままじゃお化けに勝てないんじゃ」
「大丈夫、少しなら持ちこたえられる。すぐに追いつくから」
そこへ、魔獣の気配を察知した魔法少女達が駆け付ける。キリカの帰還を予知した織莉子によって、その肉体も運ばれて来る。
そして、亜季の前で魔法少女達の活躍が始まる。美しく、強く、不思議な彼女達に、亜季は強く心を惹かれた。とくに、自分とさほど歳も変わらないだろう女児も、一緒になって戦っている。
やがて魔獣は退治され、キリカは織莉子や仲間達との再開を喜び、亜季にはねぎらいの言葉がかけられる。

711 :ミニキリカ:2012/05/03(木) 23:34:31.28 ID:k9EJ9Dk70
ま「あの子、魔獣とか見えてたんだよね」
き「そうだね。魔法少女の素質があるよ」
マ「キュゥべえ、言っておくけど……」
き「わかってる、契約はしないよ」
ほっとする一同。
き「だって、あんな小さな子じゃ、契約しても戦力にならないじゃないか。ゆまのケースはよっぽどの緊急事態で、特例だよ」
まさにキュゥべえ、宇宙人である。


元の身体に戻ったキリカは、亜季を祖父の家まで送っていくことにした。手を繋いで実の姉妹のように仲良く歩く二人。
やがてたどり着いたその家の表札には、見慣れた文字が。一抹の不安を覚えつつ、キリカが呼び鈴を押すと祖父が出てくる。
「おお、亜季ちゃん。ずいぶん遅かったじゃないか」
「ごめんなさい、おじいちゃん。ちょっと道に迷っちゃった。そしたらこのお姉ちゃんに送ってもらったの」
「……ん、呉じゃないか」
「き、木戸先生!」
「お前、風邪はもういいのか?」
「あ、はい。今朝直りました」
「え、キリカおねえちゃんとおじいちゃん、知り合いなの?」
「ああ、お爺ちゃんの生徒なんだ」
「へえ、キリカおねえちゃん。おじいちゃんの学校の生徒なんだ」

それから何年か後、亜季は祖父のガンを治すために契約した。
地元の魔法少女チームは既に見滝原のチームと同盟を結んでいたため、亜季のチーム編入はスムーズにすんだ。
やがて、その後設立された見滝原魔法少女協会において、亜季は初期メンバーの一人となるのだが、それはまた別の話である。

712 :Fate☆マギカ:2012/05/03(木) 23:36:36.13 ID:k9EJ9Dk70
亜季が契約してから、もう三十年以上経つ。祖父母はとうに他界し、自分は結婚して二児の母となり、魔法少女としての活動はめっきりと少なくなった。
変わったのは自分だけではない。魔法少女協会は十年くらいまえに相次いで創立メンバーの大半を失い、求心力を失って離脱者が増え、現在はずいぶんと縮小した。
それに伴って魔法少女の相互互助システムも機能しにくくなり、魔獣退治も以前程は楽勝とは言えなくなってきた。
今夜はハロウィンと呼ばれる魔獣の大量発生の夜だ。キュゥべえによれば広範囲のもののため、近隣からの援軍はたのめない。
今、公園にいる亜季の前には十人の魔法少女が居る。皆、自分の子供と同じくらいの年齢。
目の前の遊具の上に、予知能力者によって魔獣発生地点の書き込みのなされた地図がある。
「作戦開始は、一八三〇。この地点から順に、魔獣が集合する前に各個撃破する。処理しきれなくなった時点で、逃走に切り替えるわ。
 ルートは松林を抜けて無人の松之浜から、海上へ。
 いい、皆、第一目的は生き延びること。これが最優先よ。わかったわね」
「はい」
魔法少女協会の一員として、誰一人として死なせる訳にはいかない。かつてキリカさんが命を賭してそうしたように。
チームを率いて作戦地点へ移動する彼女の胸に、濃い不安の影が押し寄せる。亜季は思わず天を仰ぎ呟く。
「キリカさん。どうか私たちをお守り下さい」
尊敬する先輩に祈り、亜季はなおも走り続ける。

713 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/04(金) 00:01:00.88 ID:00dt503s0
俺も執筆しようかと思ったが
俺の忍法帳レベルだとあまり長文は書けないのか。
さて、どうしたものか。

714 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/04(金) 00:28:06.19 ID:KWoaCk2C0
少量ずつ、時間をあけて、投稿とかすればいいんじゃないのか?

715 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/04(金) 01:25:39.63 ID:kcRp03mm0
浜松町行ってみた。
改編後ベースで、おりほむメイン?のやつ買った。
キリカの出番はちょっと少なかったけど、個人的には面白かった。

716 :-TALE TO ORIKO MAGICA-:2012/05/04(金) 01:33:11.94 ID:00dt503s0
じゃあちょっとやってみようかな?
織莉子とキリカの出会いってどうなってるか分からないから、
出会いからおりこ☆マギカ本編のようになるまでを妄想してみた。

-TALE TO ORIKO MAGICA-

キリカ「………」
女A「マジやばいよねーあのドラマ」
女B「そうだよねー」
男「宿題どこだっけか?俺今日当てられるかもしんねー」

………くだらない。

久しぶりに学校に来てみたというのにこれだ。
耳に入るのは"そうなんだ"で全部返せるようなスカスカの会話ばかり。
バカ丸出しの友情ごっこや恋愛ごっご。
実にくだらない。

キリカ「…帰ろう」

どうして今朝の私は学校へ行ってみよう、などと思ったのか。
こうなることは分かっていたはずだ、今までに何度も経験しているのだから。

キリカ「まったく、貴重な時間を無駄にしたな…」

呟いて、そうでもないか、と思い直した。
家にいても面白おかしいことなどないし、熱中できるような趣味もない。
時間だけあってもその活用方法を私は知らないのだ。
であれば、時間に価値など見出せない。
私にとって別段時間は貴重なものではない。

キリカ「………」

嫌になって、考えるのを止めた。
静かに、逃げるように教室を出て家路につく。
途中、グラウンドから聞こえる笑い声に背中を押され、
家へと逃げる足はその動きを早めた。

717 :-TALE TO ORIKO MAGICA-:2012/05/04(金) 01:35:18.59 ID:00dt503s0
キリカ「………眩しい」
ふと気が付くと、斜めになった太陽が部屋を照らしていた。
どうやらベッドに横になって、そのまま眠ってしまったらしい。
キリカ「…お腹、空いたな」
昼寝というには長すぎる睡眠に痛む頭を押さえつつ、制服を脱ぎ、私服へと着替える。
白いシャツに黒いネクタイ、派手なピンクのスカート、左右非対称の長靴下。
…何の趣味も無い私だが、ファッションにはそれなりに気を使っている。
ファッション誌をいくつか読んで研究した結果がこの服装だ。
これは1つの趣味と言えるのかもしれない。
もっとも、せめて見栄えくらいは良くしたい…そんな劣等感の塊が
いくら着飾ったところで結局はハリボテなのだが。

キリカ「…よし」

ポケットに財布を入れて家を出る。
時刻は15時過ぎ。お昼を食べていないお腹はぐぅぐぅと音を立てている。

キリカ「…しまった」

家を出て、気が付いた。
15時と言えば、授業が終わる頃だ。
恐らくは帰宅部であろう見滝原の生徒がぽつぽつと道を歩いている。
…別に、どうということはない。
私の顔を覚えている人などそういないだろうし、堂々と歩けばいい。
いいのだが、なんとなく気後れし、いつもとは違うコンビニへと向かう。

キリカ(確かこのあたりに…あった)
青い看板が目印のそのコンビニへと入り、適当においしそうな弁当を手に取る。
店内は混んでいるがちょうどレジには誰もいない。
さっさと買ってしまうのが良いだろう。
そんな考えが、手元を狂わせた。

―――チャリン、チャリチャリン。

キリカ「あ…」
しまった、と思った時には既に小銭が床を転がっていた。

718 :-TALE TO ORIKO MAGICA-:2012/05/04(金) 01:36:42.87 ID:00dt503s0
男A「ち、うっぜえな、早く拾えよ」
女A「すげぇ待ってるんですけどぉー」

気が付けば、後ろには数名が並んでいた。
どうやらタッチの差だったらしい。

男A「とっととしろよなー」
女B「後ろつかえてますので早くお願いします」

―――うるさい。
分かってるから急いで拾ってるんだ。
文句を言うくらいなら拾うのを手伝った方が余程互いの為じゃないか。
そんな苛立ちを抑えてお金を拾っていると、不意に、1人の女性がしゃがみこんだ。

キリカ「あ…」

女性は無言でお金を集め、私に手渡してくれた。
銀色の綺麗な髪、透けるような緑の瞳。
育ちの良さそうなその風貌を、茶色の制服がより強めていた。

キリカ(白女の制服…)

あのお嬢様学校の生徒なら納得だ。
後ろで悪態をついているバカどもよりずっと理屈を分かっている。
早くレジに商品を通したいならこうやって手伝えば良い。

白女の女性「これで全部かしら?」
キリカ「う、うん」

ふんわりとした優しい笑みに言葉が詰まる。
―――優しくされることには、慣れていない。
お礼を言わなくちゃ…そう思ったが。

店員「ありがとうございました」
キリカ「あ…」

もじもじとしている間に、女性は行ってしまった。
…つくづく、自分が嫌になる。
結局、来た時よりも重い気分で家路につくことになったのだった。


とりあえずここまで。

719 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/04(金) 01:37:43.39 ID:C9XSBtIM0
>>715
おりほむ…だと…?

720 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/04(金) 18:42:48.41 ID:UjKVfqvN0
>>718

おりキリの出会いはいろんな可能性が考えられて妄想が加速するね!

>>719
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=26772966

721 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/04(金) 22:02:33.96 ID:KWoaCk2C0
>715
く、一生の不覚。
お願いします。タイトルとか教えてください。

722 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/04(金) 22:44:03.43 ID:kcRp03mm0
>>721
>>720のヤツだよ

723 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/04(金) 23:02:05.67 ID:UjKVfqvN0
 俺は簡単に筋肉をほぐして水の中に浸かる。我ながらタッパはそれなりにあると自負はしているものの、特段運動をこなしているわけでもない俺は言ってしまえばそれほど肉付きのよい身体をしているとは言えない。
 体脂肪が少ないせいで、水の中だとあっと言う間に唇が紫になってしまう。昔は水泳の授業がとても嫌だった。
 設置された階段から、ゆっくりと身体を水に入れていく。俺の身体に宿る貴重な熱を奪う、冷たい水の感触。屋内プールにつき、気温はあたたかめに置かれているので素っ裸の状態でも不快には感じなかったが、水の中では話が違う。
 他人のたっぷりと浸かった水は彼らの体温で少しは温められていてもよさそうなものなのだが、如何せんそうもいかないようだ。
 俺は全身の肉という肉が痙攣するのを感じた。奪われた体温を補うために、俺の身体が生み出した即席のホッカイロというわけだ。
 だがいつまでもそうしていては恰好がつかない。流水プールの中で水に流されながらぶるぶると震えている老け顔の男など、悪い冗談以外の何ものでもないだろう。
 そんなわけで俺は、筋が攣らない程度の緩慢さで遊泳を開始することにした。水の中で足を攣って監視員の――最悪キリカの奴の助けを借りねばならない事になるかもしれない事を考えると、動作の一つ一つに注意を払う必要がある。
 水中で悶絶してのた打ち回るなど、笑い話にもならない。いや、キリカにしてみれば極上の笑い話になるだろうか。だからこそ、俺はそんなざまになるわけにはいかなかったのだ。
 犬かきと平泳ぎの中間みたいなあまり上等ではない泳ぎ方で、俺は水の中に遊ぶ。なんだかんだ言って、泳ぐのは楽しい。
 たとえ現在進行の形で冷えゆく身体に悩まされていようとも、こうやって普段の重力とは異なった世界に遊ぶというのは、童心に還ったようでとても良いものだと思う。
 ……こんなことを言うものだから、俺は老けているだのなんだの言われてしまうのだろうか。


724 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/04(金) 23:02:30.92 ID:UjKVfqvN0
 そうやって、泳ぎ始めてしばらく経った頃だろうか。俺の身体は十二分に冷えてきていて、いい加減に水から上がり小休止を摂ろうと考えていた頃合いだった。
 むにゅ、と押し付けられた柔らかな肉の感触。
 肩甲骨の下あたりに感じるそれは、俺の良く慣れ親しんだ――と言ったら語弊があるかもしれない、キリカによる(無自覚な)セクハラによって幾度となく味わう羽目になった、あの二つの脂肪塊のものだった。
 その時、俺はまたキリカの悪戯だと思ったのだ。悲しい事に、俺はキリカの奴の胸が、どの程度の柔らかさでいるのかを知っている。というのも、奴は織莉子が指摘するまではブラジャーを着用していなかったからだ。
 あの時は俺もそれほど達観しておらず、それから数日は淫夢が続きキリカの顔をまともに見れなかったものだ。
 流石にキリカもその事を不味いと思ったのか、俺の痴態に関してあれこれ言う事はなかったが、もしあそこで何かが間違ってしまっていたらと考えると……恐ろしいことになっていたかも知れない。
「キリカか?こんな所に来てまでひっつくんじゃない」
 だが俺はここで、一つの疑問にぶち当たる。なんでキリカは、こうも震えているんだろうか?
「おにーさん……」
 蚊の鳴くような声だった。珍しい。明日はひょっとしたら、核弾頭の雨でも降るかもしれない。
「どうした?そんな、お前らしくもない」
「……」
 鼻をすする音。ぎゅう、とこれまた珍しい事に、キリカは腕に力を込めて俺の身体にしがみついてきた。いったい、何がどうしたというんだ。
「……ビキニ、流れちゃった……」
 俺は思考を停止した。

725 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/04(金) 23:02:51.04 ID:UjKVfqvN0
 意識の戻ってきた俺の脳裏が最初に喚起したのは、あろうことかキリカの肢体に関する詳細な考察だった。先まで邪念を抱かぬようにと行っていた織莉子やキリカの肉体への客観的な思索が、思いっきり裏目にでたという事だ。
 柔らかな、女性と少女の中間地点にあたる――そのくせやたらと特定の部分だけ発育が良い身体が、俺の背中に強く圧し当てられている。普段コイツがやってくる布越しからのものではなく、生肌どうしのふれあい。
 水の中なせいだろうか、キリカの表面はまるで吸い付いてくるようだった。
 そして何よりも、俺は気が付いてしまったのだ。俺の背中に当たる二つの山の山頂にやや硬い部位が、確かに存在することに。
「どう、しよう……ねぇ、どうしよう……」
 首の後ろにかかる、熱くも震える吐息。濡れた髪の塩素に混じった、キリカ自身の汗のにおい。いつもの不遜な態度とはかけ離れた、どこまでもか弱い少女の姿だけがそこにあった。
 俺の息子は、為す術も無く、そしてはち切れんばかりに膨張した。弁解をさせて欲しい、年ごろの女子中学生の胸を直当てにされて、生物の雄として当然に搭載された生理的機構が反応しない方がおかしい。そうだろう?
 だが俺にとって、それはまさに禁忌だった。彼女らへと向ける想いはあくまでも肉親のそれであって、股間が反応する事などあってはならないことなのだ。
 俺は自分を嫌悪した。嫌悪して、だがキリカの全身から伝わる柔らかさ熱さは如何ともしがたかった。
 もっちりと吸い付いてくるキリカの肌は、まるで雄たる俺を求めて来るかのようだ。もちろん、そんなものは俺の幻想に過ぎない。それは分かっている。だが俺は、確かに欲情してしまっていたのだ、この小さな少女に。
「助けて、おにーさん……」
 ああ、ちくしょう。そうじゃない、そうじゃないだろう、俺。
 俺は、コイツらの幸せを祈ってるんだ。こんな所で、猿みたいに発情してどうする。いきり立つのは仕方がない。だが俺が、そんなものに振り回されてどうするって言うんだ。
 俺はゆっくりと動き出す。もちろん、竿が立ってしまっている以上は中腰での移動となってしまっているが、それでもゆっくりと、派手な動きでキリカに注目が行かないよう細心の注意を払って動いた。
 流水プールである以上、当然のことながら水は動く。水の清潔さを維持するため排出と注水が為され、それがそのまま水の動きとなる。
 俺はその流れに身を任せ、極めてこっそりとプールサイド付近に身を寄せる。こんな時ばかりは、俺の無駄に高い身長が恨めしい。
「なんとかして織莉子と連絡が取れれば良いんだが……」
「……できるよ」
「なに、どうやって」
「テレ――」
「テレ……?」
「テレフォン、そう、防水性のケータイ、みたいなのがあるんだけど。でも織莉子に連絡を取って、いったいどうしようって言うんだい……?」
「……新しく水着を買って来てもらうしかないだろう。緊急事態だ……奢ってやるよ」
「でも……ここからじゃ更衣室には行けないよ?」
「そう弱気になるなお前らしくもない。ここで俺が盾になるから、織莉子に着替えさせてもらえ。流石に、俺が着替えさせえわけにもいかん」
「……分かった。やってみる」
「その意気だ」
 未だナニは膨らんだままだが、俺の理性は既に復帰していた。
 キリカへの父性(認めるのも腹立たしいが)が、俺の秘める動物的野性に打ち克った瞬間だろう。ただ、やはり中腰にならざるを得ない現状と言うのは、なんともみっともないものではあるのだが。

726 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/04(金) 23:03:38.16 ID:UjKVfqvN0
以上
オチは次回
細切れな投下でごめんなさいね

727 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 00:06:52.42 ID:YhqIWhSX0
>722
ああ、ありがとう。確認した。くそ、表紙にもうちっと大きく描いててくれれば気づいたものを……。いや、自分の捜索能力の未熟さだろう。
ついでに、絵師の人の新作にも気づいたんで、検索性を上昇させておいた。2枚目と3枚目、方向性の違う可愛さがあってええのう。

>723
GJであります。まさか本当にビキニ流れやっちゃうとはね。
続き期待しております。

それにしても、家主の人も絵師の人も、キリカを可愛く描けるのは羨ましいね。自分なんか、どうしてもナイト・オブ・織莉子としか描けない。
……そもそも、小説そのものが書けないんだけどね。

ところで、家主とおりキリがセクロスするネタがあるんだが、見たい人はいるだろうか?
内容は、家主の人が発狂して殴りかかってくるレベルだけど。

728 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/05(土) 00:26:22.60 ID:ndR0IBxz0
>>727
構いませんよ、私も陵辱とか書いちゃったことありますから
全てはifでカタがつく話ですし、並行世界って手もry

人を選ぶ内容であるのは確かなので、ろだか渋を用いて上げてくだされば幸いです
完成を心待ちにしております

729 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 00:43:15.62 ID:YhqIWhSX0
使ってたろだは消えちゃったし、渋には原則完成品を置きたいのだけど今は小説は書けない。
だからプロットやネタだけで、ここに投下しようかとも思う。

例:さっき即興で思いついたダミー企画。
織莉子「まあ、お兄様、女子中学生に欲情するなんてはしたない」(白いボンデージにマスカレード)
キリカ「そうだよ。おにーさんにはお仕置きが必要だね」(黒いボンデージにマスカレード)
家主(全裸・猿轡・拘束)
織莉子は乗馬用鞭でスパンキング、キリカはハイヒールでアレを踏んで刺激。

ちなみに、本当に思いついたのはもっと酷い代物だ。

730 :家主とおりキリ:2012/05/05(土) 01:17:26.05 ID:YhqIWhSX0
外伝、魔法少女おりこ☆マギカの二次創作「家主とおりキリ」の更に二次創作。
註「家主」:織莉子とキリカと親しい一人暮らしの大学生の青年。保護者的な立場。

いつものように家主のアパートに遊びに来るおりキリ。
織莉子「お兄様、今日はケーキを焼いてきました」
食べるとなかなかの出来。
家主「ブランデーを染み込ませたケーキか、うまいぞ」
キリカ「流石おにーさん、お酒に気づいたね」
織莉子「焼いたスポンジに、ブランデーをかけたんです」
家主「こら、ブランデーは焼く前にかけるんだぞ。でなきゃ、アルコールが飛ばないだろ」
織莉子&キリカ「ふにゃふにゃふにゃ」
家主「ああもう、やっぱ酔っ払っちまったか。しゃーない、今日は泊まってけ」

註:以前も二人が泊まった事はあったけど、家主は保護者的立場として決して手は出さない。

と、二人の股間がなぜか膨らんでいる。
「男の子の日」それは魔法少女の性欲が暴走して、淫乱になり、尚且つ生えてしまう日。
以上、織莉子が説明をする。

織莉子「お兄様、前々からお慕いしていました」
キリカ「私も、おにーさんの事は大好きだよ」
魔法で家主は拘束されてしまう。

織莉子「私は口でしてもらいます。キリカは後ろを」
キリカ「ずるい。私だって、おにーさんにしゃぶってもらいたいんだ。後ろで使ったものを口に入れるわけにはいかないだろう」
キリカがイマラチオをしている間、織莉子は家主のバックをスパンキングする。

註:このシリーズの織莉子はスパンキング好き。

その後、織莉子には口、キリカにはバックに散々突っ込まれる家主。
幾度も上下から苦い白濁液を注ぎ込まれる。
やがて家主のモノは、一度も使われることなく絶頂にいってしまう。

キリカ「今度はおにーさんが私の中に入る番だよ」
キリカのモノが巨大化し、成人男性よりもはるかに大きくなる。
カブトムシか何かの幼虫を巨大化したもの想起させるそれは、縦に開いた口で家主を飲み込む。
熱く暗く狭く息苦しい場所を通り抜ける。
キリカ「ああ、おにーさんが、私の中に……、おにーさんが動いてるのがわかるよ」
送り込まれた先は、多少は窮屈さが軽減されているものの、熱く狭く息苦しいことには変わりない。
やがて、家主は気絶してしまう。

翌朝、布団で目を覚ました家主の傍らに、土下座するおりキリの姿があったという。

731 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 01:20:24.02 ID:YhqIWhSX0
ごめんなさい。エロパロスレに投下しようとして間違えました。
本当に申し訳ありません。

732 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 01:30:21.81 ID:qm855+VJO
まあスレから人が少なくなる理由ってたくさんあるよね
まあだから?って話だけどね

733 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 14:18:57.84 ID:3/LWQBwN0
これはひどい

734 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 14:40:52.31 ID:ndR0IBxz0
こどもの日は男の子の日だって言って、家主に新聞紙で作った鉄兜プレゼントするおりキリを想像した
老けてると言われるのは嫌だけど、子供扱いされてるようで複雑な気分になる家主が見えた

735 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 15:20:43.83 ID:0SujizoP0
おにーさんのチマキおいしいという単語が思い浮かんだが一介の大学生が家でチマキなんか作るわけないだろ!いい加減にしろ!!

736 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 18:58:29.73 ID:m1aPdpr20
ん?チンマキがなんだって?(難聴

737 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 21:17:19.45 ID:ndR0IBxz0
>>735
食にうるさい世界の家主なら作るかもしれん
織莉子ちゃん歓喜キリカちゃん大歓喜
二人して家主に抱きかかって頭小突かれてると良い

やっぱなぁ、マミさんもそうだけど
本編で孤独だった子には、偶には大人に思いっきり甘えてほしいなって思うのでした

738 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/05(土) 22:22:23.17 ID:0SujizoP0
「なんで俺がサザエさんみてーに後の世代に日本の伝統行事を伝える役目になってるんだ!」
「誰に向かって叫んでるんだい、おにーさんは…ところでこどもの日のご馳走はどこにあるのかな?」
「ない」
「…え?」
「そもそもだ、こどもの日なんて名称で呼ばれてるが本来は端午の節句といって男の子の成長を祝う日であってだな
女の子を祝う日は雛祭りであって――」
「…ないの?(じわわ)」
「…食ってくなら何か作るぞ」
「わーい」みたいのは想像した


>>737
それはよくわかるから、だからみんな本編ではありえなかった願いを込めて二次創作してるんだなぁって思ってしまうのでした

739 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/06(日) 02:03:40.76 ID:KQUgPuUq0
ほむらちゃんがなるべく惨たらしく死にますように、とかね

740 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/06(日) 02:36:17.78 ID:gRFQieqy0
そうは思わないが、かといって特に思い入れもないけれど

741 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/06(日) 08:02:31.69 ID:S77/ooUP0
他所であんまりそんなこと言うなよ?

742 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/06(日) 10:03:10.40 ID:GM8Qi7P20
そういうレスはキャラアンチスレでやってくれ

743 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/06(日) 12:09:04.64 ID:GM8Qi7P20
>>739の事ね

744 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/06(日) 13:25:03.64 ID:JlLSJ9/k0
織莉子ちゃんは英語(米語)
キリカちゃんは中国語のイメージ
なんでだろうね

745 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 00:19:30.41 ID:mcUQEBgq0
キリカと家主が結婚してもいいじゃないか。
世界で一番好きなのは織莉子でも、男性で一番好きなのは家主ってことで。
某、長編百合小説の親の世代でそんな話があった。親友同士の少女が、それぞれ結婚しても隣家に住み、それぞれの娘がとても親密に過ごしている。

746 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 00:41:25.69 ID:dZ9qSWQm0
奥付みて5/27だったからまだ先だなと思ったら、おりマギ1巻発売は12日だったんだな
過ぎるのを待つとそうでもないけれど振り返ると1年は短いなと思ってしまうのでした

>>745
君には期待している、頑張ってくれ

747 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 00:42:34.91 ID:mcUQEBgq0
背中に「スキ」とか書いて告白って、まあ一つのパターンだ。
だが、これを自らの乳首でやるってのはどうだろう?

キリカ「おにーさん。何て書いたかわかる?」
家主「……バカ、だろ?」
キリカ「正解」
家主「おまえな、ふざけんならもう止めだ」
キリカ「ま、待ってよ、おにーさん。今度はちゃんと書くから」
家主(ええと、「ダ」……「イ」……ん? ちょっと待て、この感触は確か……)
家主「ちょっと待て、キリカ。お前、今、何て事をしてるんだ!」
キリカ「もうちょっと待ってよ。おにーさん。あと二文字なんだから」
家主(……「ス」、……「キ」)
キリカ「おにーさん。私の気持ち、伝わったかな?」

748 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 00:53:13.52 ID:mcUQEBgq0
>746
期待されても、その、何だ、困る。
なんせ、本気を出して思いついたのが、>730だからな。
発狂して殴りかかられるくらいは覚悟してたんだけど、まさか口もきいてくれんとはね。
うん、効果は抜群だ。予想の遥か上を行く反応だ。

749 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 01:15:26.84 ID:dZ9qSWQm0
角砂糖3個分かな…

こっちは>>738程度だから大丈夫だ、問題ない ご馳走様でした

750 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 01:33:37.83 ID:4nyEzmZj0
やばい某動画のキリカがかわいすぎる。
織莉子と仲良くなれるのを頬染めて喜んでる顔が
クリティカルヒットすぎる。
まさかここに来てキリカ熱が再発させられるとは。
なんか織莉子で新展開こないかなぁ。

751 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 06:55:22.73 ID:L/X+QVQFO
キリカ「にーはお!」


うむ。股間がマッハになるな

752 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 09:00:17.47 ID:dZ9qSWQm0
親方!窓からチャイナドレスの女の子がッ―――のカタチになるな…

753 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 13:30:40.31 ID:iAOdgLngO
>>750
きららで何かあって欲しいよね。
ドラマCD化とかしないかな。

754 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 14:13:52.32 ID:wswQS4wk0
>>748
誤爆だから敢えてレスしなかったんだが
全年齢板だし

>>752
織莉子ちゃんは、イカした柄のTシャツに、ぴっちりとしたジーンズが似合うと思う
で、皮のトートバッグ持ってサングラス掛ける

キリカちゃんと並べると親子になるな……
家主はガチで親父扱いされます

755 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 14:32:32.82 ID:3u/rVxJbQ
夫・家主
妻・織莉子
娘・キリカ
第三者から三人を見たらこんな感じか

756 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 15:01:27.82 ID:wswQS4wk0
普段なら、
おり・姉
キリ・妹
家主・父
ですが、織莉子ちゃんがふざけて「ねぇ、あなた」とか言い出すと、途端に>>755になります

757 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 15:40:45.71 ID:L/X+QVQFO
海パンからはみ出る家主自身

758 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 20:01:57.63 ID:OOhD7ySu0
赤面しながら注意する織莉子さんと
家主を罵倒しながら猛スピードで走り去っていくキリカさん

759 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 21:34:10.41 ID:6aeo12xv0
家主「仕方ない。見逃してくれ。じきに治まる。」

キリカ「お、おへそとキスしてる…///」

家主「実況すない」

760 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/07(月) 23:46:40.76 ID:mcUQEBgq0
>755
悪いが認められない。
>756はアリだと思うが、おりキリのうち、家主をより愛しているのは絶対キリカだ。
それゆえに、755は認めるわけにはいかない。

761 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 01:34:57.00 ID:3j3W35J00
落ち着きたまえ、単なる第三者的目線の話だろう

762 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 06:46:36.73 ID:Vub5NJucO
おはおりキリゆま!
たまにゆまちゃんが家主さんのとこに来ないかな

763 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 13:17:35.83 ID:w06yE5AZ0
家主がナニしてる最中にキリカが突然訪問して来て、赤面→罵倒して去って行く、というのは考えた事ある

織莉子ちゃんは、羞恥心よりも好奇心が先に立つタイプ

764 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 14:39:10.70 ID:BxJz9dJ40
いつ突然の来訪があるか知れないんじゃ、家主さんプライベートの時間がないなw
トイレか風呂で発散しなくちゃだわ

765 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 14:51:43.98 ID:V8zpPLYJ0
家主キリカちゃんは窓からするりと家に侵入してくるから対応に困るね
鍵かけたらかけたでドアを乱打しながら「おにーさーんいますかー」とか叫びそう

766 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 15:12:06.68 ID:w06yE5AZ0
家主「もう、諦めた」
キリカ「何がー?」
↑家主の背中におぶさりながら

ぶっちゃけムラムラするのは仕方ないよね
自分の身体のエロさを自覚しないでスキンシップしようとしてくる輩がいるし
やはり、深夜のトイレでこっそりと……
ただ、二人をネタにするのは絶対的に封印してるんだろうな


767 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 23:15:12.12 ID:fi27njFK0
>761
すまん。つい興奮してしまった。
それ程までに、家主シリーズの家主とキリカの関係は素晴らしい。

768 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/08(火) 23:39:45.98 ID:rU36Yz02O
仕事中に織莉子さんのコト考えていたら、どうにも昂ぶりが収まらなくなってきたから、
書き途中のSSブン投げてはだY織莉ほむ書き出したけど、エロだからこちらには投下出来そうにないや……。

769 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 00:28:43.63 ID:2/r/RWDV0
ゆま「おにーちゃーん!!」

家主「なぜメンツが増えた」

キリカ「拾った!」

家主「犬みたいに言うな」

ゆま「わんわんお!」

家主「キミも乗っかるんじゃない」


割とアリな気がしてきたぞ

770 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 00:31:14.19 ID:GwDsg4eB0
どっか、長期閲覧できる場所でたのむ。

771 :砂漠の天使:2012/05/09(水) 00:34:49.44 ID:GwDsg4eB0
「例の世界設定」

見滝原中学の校門を出ようとする、一年生鹿目タツヤ。
「タッ君、一緒に帰ろう」
三年の美樹ゆま――児童虐待により親戚に引き取られた――だった。すらりと背の伸びた彼女の髪は、その憧れの人を彷彿とさせるポニーテール。
「ゆまさん、ちょっと恥ずかしいんだけど……」
「いいじゃない。幼なじみなんだし。あと、ついでにまどかさんのところに行こう」
「え、大丈夫なの? だって最近、外国の人が沢山来てたじゃない」
「外国の魔法少女の研修なんて、とっくに終わったよ。今度は来れない人のために、逆に出張してるんだ。
 だから、ほむらさんも出かけたのよ」
「そうだったんだ。ほむらさん、がんばってるかな」
初恋かつ相思相愛の人の事を思い、タツヤの顔がほころぶ。
途中、下校途中の他の魔法少女に見つかる。
「あーっ、ゆまさん、いっけないんだー。タツヤ君と一緒に歩いてる。ほむらさんに言いつけちゃうよー」
「へーんだ。この位で、べつにほむらさんは怒んないもん」
郊外にある見滝原魔法少女協会。その鉄筋コンクリート製のビルは法的には美国織莉子の私邸であり、そこで暮らしているのは住み込みの使用人という事になっている。
だが実際は、そこは全国の魔法少女を統括する本部であり、住むのは十年の戦歴を持つ最強の精鋭達。
近年の魔法少女の死亡率を0にまでした手腕により、キュウべえも他の魔法少女に積極的に協会への勧誘をするくらいだ。
最近、これをモデルケースにして、各国の魔法少女達にも全国規模の互助会を作らせようという活動があり、その研修のために海外から大勢の魔法少女が訪れていた。
それがようやく終わり、今度は来られない国の魔法少女のために、主要メンバーが出向く事になった。
今、主要メンバーの中で国内に残ってるのは未成年のゆまと、魔力を失ったまどかだけである。
原則、魔法少女以外には内情を知らせてはいけないのだが、タツヤはその育った環境ゆえに特例とされていた。
「こんにちは、まどかさん」
「こんにちは、姉さん」
「いらっしゃい、ゆまちゃん。タツヤは久しぶりね」
「みんなはどうしてる?」
「うん、今朝のメールだと、今は北アフリカにいるみたいだよ」

772 :砂漠の天使:2012/05/09(水) 00:36:04.24 ID:GwDsg4eB0
砂埃を上げつつ、砂漠を大型ジープが走っていた。
「ちっくしょー、あっちいぜ」
頭上からは、灼熱の太陽が世界を焦がしていた。
「だからって、それを脱いではだめよ」
その座席や荷台にはフード付き外套をまとった六人。
「この日差しを浴び続けたら、火傷ができるし、消耗も大きくなります」
全員、スカーフやマフラーで口元を覆い、ゴーグルをかけている。
「蒸れないのが、救いよね」
「いや、まったく」
と、一人が声を上げる。
「ストップ。その先に地雷原があります」
声を掛けたのは、美国織莉子。すなわち予知能力者。
「んだよ、またかよ。今日で何度目だよ、いい加減にしろよな」
不平を言うのは佐倉杏子。
「この国が、未だ内戦を続けている証拠ね」
巴マミが悲しそうに呟く。
「また迂回か」
美樹さやかが地図を取り出す。
「あ、そうだ。良いこと考えた。マミかほむらが射撃して、進路上の地雷を全部吹っ飛ばしたらいいんじゃないか?」
呉キリカが提案する。
「射撃するよりも、いい手があるわ」
暁美ほむらが、左手中指にはまっているソウルジェムの指輪を輝かせる。と、進路上の地雷が次々に爆破される。
「ひょー、さっすがほむらだぜ」
「機械操作の魔法ね」
「に、しても、あんまり威力がないんだね。もっと穴ボコだらけになるのかと思った」
「そう言えば、そうだ」
「これは対人地雷よ。非致死性の」
「へえ、死なずにすむんだ」
「もっと悪いわ。被害にあった人は足を失い、一生不自由なまま過ごすことになるのよ」
「それに、ただ殺すのと違って、救助や治療するために人員を割かなきゃならない」
「ひっでえ。なんてモン作りやがるんだ」
「戦争なんてそんなものよ」
「こんなに地雷だらけじゃ、この先の村にすんでる人たちも大変だろうね」

地雷原を抜けた先の岩地の影でキャンプし、夜を待つ。
夜、無数の魔獣が現れる。長らく独裁政権と内戦が続くこの国では、人々の嘆きや怒り、絶望や呪いは日本より遙かに大きい。
ゆえに魔獣もまた、質・量ともに日本のそれを遙かに陵駕する。
が、六人ともに百戦錬磨の古強者である。瞬く間に魔獣は滅びる。
空を飛べるほむらなどは、地雷原に魔獣を誘い込んで一斉に爆破する。
「おお、すごい。地雷も片付いて、魔獣もやっつけられて一挙両得だ」

こうして魔獣を倒しつつ、目的地である村の側まで来る。
「この先の村に居る魔法少女には、話は付けておいたよ」
どこにでも現れるインキュベーター。
「それにしても、こんな僻地の村が、この国の魔法少女の中心地になるとはね。君の予知を否定するわけじゃないけど、現状から考えると到底考えられないよ」
「あら。これからそうなるんです」
織莉子は微笑んだ。

<以下、後日>

773 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 01:29:34.23 ID:IFbyCUJG0
乙です
また新しいのが増えるよ、やったねQB!

774 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 01:39:48.85 ID:yGoErfA1O
なんでこんなに文書けるんだろ
悔しいわ

書いても形にならない
好きなのに好きなのに形にならない
なんでだろう

775 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 11:12:42.33 ID:PoIqCXPI0
SS速報におりキリ出てくるSSを投下したので宣伝してみる

さやか「魔法少女狩り?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1336469372/

776 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 11:48:50.52 ID:TjFgxDE60
愛の仕掛け人に徹するキリカちゃんSS乙です

777 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 14:41:44.64 ID:IFbyCUJG0
乙で
関係なさげなタイトルだとスルーしてるんで誘導はありがたいかな

778 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/09(水) 22:10:06.64 ID:GwDsg4eB0
メロン行って、件のおりキリ本をゲット。
1巻2話ラストの続きっぽい感じの話だった。

779 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 00:23:05.44 ID:oUSmybVa0
まどゆまキリどうしてああなった

780 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 02:00:47.39 ID:bZnMf9AT0
面白かったのになぁ……

781 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 02:16:01.11 ID:/w8gQ4Lb0
よくわからんがダウナー系だったのか

782 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 07:07:00.17 ID:ICNkNlPTO
おはおりキリゆま
あの子はやっぱり離脱しちゃったか
キリカちゃんとまどかちゃんゆまちゃんの絡み大好きだったんだぜ

783 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 11:15:26.60 ID:w9emdQyt0
ログ読み返したらなんだかひどく荒んでいたみたいだな……
スレの存在を知ってたら支援したんだけど
残念至極

きらら☆マギカへのおりキリ進出を願って止まないデイズ
そろそろフォローが欲しいよぉ

784 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 13:58:15.77 ID:/w8gQ4Lb0
6/8 onseleだしもう内容はほぼ決まっちゃってるんだろうな
芳文社出版の雑誌ならあるいわ…

785 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 16:47:41.17 ID:w9emdQyt0
期待し過ぎず、でも期待せずにはおられない悲しい性よ

キリカちゃん、魔女化した時のおっぱいの跳ね具合からノーブラっぽいなぁ、と思った今日の雨上がりなのでした

786 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 17:17:28.20 ID:/w8gQ4Lb0
中3でノーブラだって!?こんなにも俺と785で意識の差があるとは思わなかった!

とはいえ日常生活動作を大きく上回る動きをすれば下着をつけてても揺れたりはするとは思うよ

787 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 20:39:13.10 ID:GJ6sM/8s0
ブラを買いに行くという概念が無いかもしれないだろう

コミュ障ぼっちのキリカちゃんのことだから、どういうタイミングで下着を買いに行くべきか分からなかった
で、買いに行くタイミングを逃して、あとはニップレスでズルズルと

織莉子ちゃんといっしに、めちゃめちゃ可愛い下着を買えば良いと思うよ!

788 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 23:32:08.59 ID:kETS78X60
嗚呼、織莉子ちゃんを愛したい、キリカちゃんを愛したい。
マルキ・ド・サドのように。ジル・ド・レェのように、エド・ゲインのように。
分かった人は、以下を見ないように。


・お酒を飲ませたい。ウォッカのスポーツドリンク割りを3リットル程。
・縁起物の禅僧。
・用意する物。手錠四つ、焼肉のタレと蜂蜜、飢えた野犬の群れの檻と飢えた鼠の穴倉。
・石川五右衛門式にお風呂に入れたい。
・「人類のために最大となる貢献をした人々に分配される」基金の元を、二人にディルドーとして使った挙句、最期に本来の使い方をする。
・縛り上げた二人の背中に大きなバルーンをくくりつけて、沖合いで海水浴。


間違いなく私はおりキリを愛していますよ。ねえ?

789 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 23:42:45.44 ID:/w8gQ4Lb0
執着や愛や憎悪は対象に関心があるという共通の点があるけれど、さすがにドン引きですわ

>>787
自分でオシャレ着揃えてそうなタイプなのにそんなワケが…と思う俺もあれば
そういうシチュもあるか…と考えてしまう俺がいたのもまた事実であり…

790 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/10(木) 23:49:01.83 ID:kETS78X60
家主の人のSS、プールで家主の背中にじかに接触したキリカちゃん。
以降は乳首を押される感覚に快感を覚え、乳首を刺激する形での一人遊びを行う。
やがては刺激の主たる家主に直接いじってもらうことを妄想しつつ、イケナイ一人遊びを繰り返す。

そんな展開があってもイイよな?

791 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 00:49:02.99 ID:78o8Ly180
某SS読んでて思ったけど、織莉子さんなら魔女や道具みたいな性質の変わらない相手に
FFのライブラみたいなステータスチェックとかも出来そうだなって思ってしまうのでした

かずみの方にもそれ系の方がいたけど、最近は記憶いじくり要員になりつつあるな…

792 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 01:57:12.89 ID:LGXjf/GzQ
記憶いじくれる方がライブラより実用性高そう
魔法少女も魔女もQBも記憶消してパーに出来るからその能力持ってる娘は無敵だね!
もう寝ようね織莉子さんキリカちゃんちゅっちゅ

793 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 09:55:34.51 ID:O/Cnh3eHO
ゆま「きれいなお花!」

まどか「ツツジだねー」

キリカ「うん、赤紫と緑のコントラストがきれいだ」

まどか「こっちの花数学の教科書で見たことあるー!」

ゆま「ツルニチニチソウー!」

キリカ「五角形だからか…?」


まどか「あ、そろそろ学校の時間じゃない?」

キリカ「おっと。電車を逃してしまうところだった、それじゃ、まどか」

まどか「いってらっしゃいキリカちゃん!」

まどか「私たちもそろそろ行こっか、ゆま」

ゆま「うん!」


つづかない

794 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 12:48:00.19 ID:fotzVIfe0
>>790
あんたどんだけ家主とキリカをくっ付けたいんだよww

>>793
乙、ほっこりしました

795 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 13:06:04.03 ID:fotzVIfe0
織莉子ちゃんに美味しい丼物を食べさせたい
普段お上品な織莉子ちゃんが我も忘れ、ご飯粒をほっぺにくっ付けてカッ込むのを、頬を緩ませながら観察したい

796 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 19:34:43.07 ID:A1eiRsmv0
戦艦大和最終改装の初期機銃及び高角砲のカバーを

797 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 19:51:56.51 ID:AG9KSFm1O
>>795
お忍びでなか卯で丼を食べていた所をキリカに見つかって結局二人で一緒に食べるとか

織莉子とキリカの丼とか一瞬いやらしい光景が浮かんでしまった

798 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 20:56:02.20 ID:vmkRPNK50
昼飯はにゃかうじゃにゃいのか

799 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 21:48:22.08 ID:A1eiRsmv0
本土決戦で勝利

800 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 23:11:50.91 ID:O/Cnh3eHO
汗っかきな家主はポケットから黒いバンダナと、それに加えてもう一つの布を取り出して
滝のように流れる汗を拭う

この季節になると、いつもこのザマだ。
出物腫れ物何とやらとはよく言ったものだが、においもさることながら、ここまでになると肌の荒れも気になってしまう。
勘弁してほしいとは思うが、今年は例年に輪をかけて暑い。
さらに今年は去年以上の節電を強いられているときた。
ああ、もうこればかりはどうにもならんな、そう一人ごちる。

と、そこに。

???「やぁ、おにーさん!今日もずいぶんな量だね!」

???「新陳代謝が良くあらせられるようで、うらやましい限りです」

またか。と
唐突な乱入者。いつもの事なので声に振り向かずにいなす。
今日の彼女らの声はいつもよりくぐもって聞こえた。

「しょうがないだろう。これも生理現象だ。しかも俺はこれが人並みでない。臭うから離れた方がいいぞ。」

キリカ?「何言ってるんだい、私たちは今おにーさんのそばに、そりゃもう恥ずかしいぐらいの距離でしゃべってるじゃないか!においの素だって今私が……」

織莉子?「お兄様がこんなに近く……よく見ると、お肌も綺麗だったのですね」


ん?
おかしい。
いや、こいつらがおかしいのは宇宙の真理だ。そんなことを言ってるわけじゃない。
……ん?
声が近い、くぐもった声……
いや、まさかそんなはずは……

黒と白のバンダナ。いつの間にか紛れ込んでいた一対の……

黒バンダナ「や、やだなぁ、そんなに見つめられたら照れるよ」
白バンダナ「あっけに取られていらっしゃいますね…」

「」
変わり果てた姿の二人を前に、俺はただただ、棒立ちになるだけだった。

801 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 23:14:32.12 ID:78o8Ly180
「おにーさん、ここ(なか卯)は親子丼がオススメなんだってね、麺類もあってセットとかも!」
「牛丼2つで」
「…えー」
「残念そうな声を出しても俺の残念な財布の中身はあいかわらず残念なままだ、諦めろ」とか想像した

802 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 23:18:51.12 ID:O/Cnh3eHO
織莉子ちゃんとキリカちゃんが、なんということでしょうバンダナに!
キリカ(バンダナ)「どうしたんだいおにーさん!使っておくれよ!」

「流石に気が引けるというか恥ずかしいというか」

織莉子(バンダナ)「お兄様の汗の処理。それが私たちの新たな務めですから。」

「いやいや……」



牛丼の流れを切ってしまって申し訳ない

803 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/11(金) 23:28:47.50 ID:RVzoM9yL0
>794
>あんたどんだけ家主とキリカをくっ付けたいんだよww
そもそも、家主シリーズの発端は「俺×キリカ」である。
よって、家主シリーズを拝読して男性とキリカのカップリングを好む者が現れたのは、布教が成功したということである。喜ぶべきことじゃないか。
(自分の作品にゃ、追随する者はいなかった。猟奇にせよ幸せな世界にせよ)
ぶっちゃけ父親的視点からでも、家主ならキリカを嫁に出してもOKである。
まあ、とかくそんな理由で家主×キリカは大変好ましい。もっと書いてください。お願いします。

804 :砂漠の天使:2012/05/11(金) 23:50:13.33 ID:RVzoM9yL0
「ほむらさん、悪いけどお願いします」
織莉子は昨夜集めたグリーフシードをまとめてほむらに手渡すと、ほむらは翼を広げて飛び去る。行く先は最寄の村、現地の魔法少女にグリーフシードを届けるのだ。
「近年のこの国は、悪意や絶望が多すぎて強大な魔獣が多数出現している。だから契約しても契約しても、損耗に補充が到底追いつかないよ」
さらっと恐ろしいことを口にする宇宙人。
「それに、投下資本を無駄にしないためには、魔獣に対抗できるだけの強力な素質の持ち主探さなくちゃいけない。正直手詰まりだったんだよ」
自力で餌を採れない雛の為には、親鳥が餌を運ばねばならない。そしてちょうどここに、魔獣に勝てるだけの魔法少女チームがある。

ほむらがしばらく飛ぶと、ちょっとした丘のふもとに小さな村があった。わずかばかりの畑と放牧で生活しているらしき村だ。村の魔法少女達は丘の上にいた。
ほむらが天より降り立つと、少女の一人がつぶやく。
「天使様……」
「いいえ、天使ではないわ。あなた方と同じ、魔法少女よ」
ほむらが差し出したグリーフシードの袋を、少女たちはうやうやしく受け取り、早速分配する。
青い魔法少女がその場で祈ると、天が曇り村に小雨が振り出す。緑の魔法少女が祈ると、村の畑で作物が一斉に芽吹く。そして白い魔法少女は、病人のいる家に向かって走っていく。

そんな風に数日が過ぎ、村の周辺の魔獣と地雷原はあらかた片付いた。
その後は弱めの魔獣を使って彼女らに実地での訓練をし、そして魔法少女の組織作りのノウハウを伝える。
六人は訓練中に、この国の現状を知らされる。
独裁政権下で軍部が強大な権力を持ち、一般市民は圧政に苦しんでいること。反政府ゲリラはタチの悪い強盗で、金目のものや食糧、時には兵士にするために子供までさらう。
「なあ、さやか。なんか、こう、ふつふつとこみ上げてくるものがないか?」
杏子が戦意をあらわにする。
「同感ね」
さやかもまた同じだ。
「それはきっと義憤ね」
とマミ。
「分かりやすく言うと、正義の怒りってことよ」
織莉子が補足する。
「義を見てせざるは勇無きなり。正義の鉄槌を下してやろうではないか」
キリカも乗り気だ。
「賛成」
ほむらも同意した。

805 :砂漠の天使:2012/05/12(土) 00:13:21.43 ID:cb1pSkqD0
見滝原魔法協会本部、食堂。
まどかがゆまとタツヤにおやつを振舞っていると、備え付けのテレビがニュースを流していた。
北アフリカのとある独裁国家でクーデターがおき、大統領は投獄、軍はその武装の大半を破壊されて壊滅状態だという。また、反政府ゲリラ等の武装勢力も、同様に壊滅状態だと伝えた。
「あれ、あそこキョーコ達がいるところじゃないの?」
「あ、ほんとだ」
ニュースでは、現地の証言として「女の魔物(ジンニヤー)」だの、「魔女」だの、「天使」だのと錯乱状態で叫んでいるとも伝え、なんらかの武装勢力の一斉攻撃があったのではないか、と締めくくった。


とある武装勢力のアジト。双眼鏡で砂漠を見張っていた男は、砂塵を上げ接近するモノを見つけた。
時速百数十キロで走る二体のそれは、どうみても人間、それも少女であった。
一体は純白のマントを翻した髪の短い青い服の少女。もう一体はノースリーブの赤い服を着たポニーテールの少女。どちらもゴーグルとマフラーで顔は判然としない。
オリンピック選手の四・五倍の速度で走り、手をかざしただけで銃弾を防ぎ、剣や槍で装甲車や砦の外壁を切り裂く存在。彼らはそれについて、ジンニヤー(女の魔物)以外に表現する言葉を知らなかった。

またある武装勢力の拠点に居た者たちは、やや西に傾きかけた日が一瞬にして地平線の下に暮れるのを目撃した。同時に、彼ら全員が針金や鎖でがんじがらめに縛られていた。

「貴様、ワシに逆らう気か!」
戦車の突撃を受けた官邸のホットラインで、大統領が怒鳴る。
「あれは、違うんです。待機中の戦車が何者かに奪われたのです」
将軍は困惑する。まさか、まったくの無人で戦車が動き出したなどとは、口が裂けても言えない。
市民の暴動の報を聞き、彼は続いて港に停泊している軍艦に指令を出した。
「市街地に砲撃しろ。反逆者に目にモノを見せてやれ」
しかし、反応はなかった。まさか彼も、軍艦の全乗員が床や壁や天井から生えてきた黄色いリボンによって身動きどころか声一つ出せないほど縛られているとは、思いもしなかった。
やがて、秘密の抜け穴から抜け出した大統領は、待ち伏せしていた者によって、いきなり水晶球で頭を強打されて昏倒した。

<続く>

806 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/12(土) 13:47:59.20 ID:fzGWpjSl0
>>805
乙です
魔法少女が政府とどんぱちやって良いのか?ww

明日は母の日か
織莉子ママンは死去してるし、キリカママンは分からんし、二人は特に祝う筋合いは無いな
強いて言えば織莉子ママンの墓参り位か

ゆまちゃんからカーネーション貰って、複雑な心境になる織莉子ちゃん
キリカに「よき親のような信頼を受ける……おにーさんと一緒だねっ!」と言われ、別の意味で複雑な心境に

807 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/12(土) 19:23:48.00 ID:fzGWpjSl0
 ほどなくして、織莉子はやって来た。
 俺は驚かざるを得なかった。あんなにも目立つ容貌の彼女に、こんな芸当ができるものなのかと。
 織莉子はまるで空気に溶け込むように動いていた。買ったばかりの水着を手に持って、しかも自らが転んでしまわない限界の程度の早歩きで移動しているというのに、まるで存在が滲んで掻き消えてしまっているかのようだった。
俺は、こんな風に気配を消すことが出来る人間を知らない。やはり生まれ、否、育ちが、彼女にこのような業(わざ)を与えたのだろうか。
 ともあれ、これでキリカは衆人の目の下、公開水着着替えショーなんぞをやる羽目にはならずに済みそうだ。俺も、この時ばかりは安堵の感情に心が満たされたものだった。
 奴らと知り合って以降一次方程式的な成長を見せる俺の精神力は、既に情欲を吹き飛ばしナニの制圧に成功していた。
「ご迷惑をおかけしまして……」
「気にするこっちゃない、不可抗力なんだ。……だから叱ってやるなよ?」
「心得ましたわ……さて、キリカ。ちょっとお兄様から身体を離して?そんなにくっついたままでいたら、胸当てを着けられないわ」
「……でも、離れたら見えちゃうよ?」
「大丈夫よ!……お兄様」
「ああ」
 俺はやや身体をずらし、キリカの肌が周囲に見えなくなるよう掩体となった。そして、織莉子がキリカにくっつきやすいようにして――。
「なんだとっ!?」
「しーっ!おにーさん声が大きいよ、ばれちゃう!」
「いや、すまん……だが、なんだ、これは!?」
 俺が置かれている状況について、少し説明する必要があるだろう。
 俺は織莉子とキリカの二人に正面から挟まれている、以上。

 俺は、なにがどうしてこうなった、と叫びたい気持ちでいっぱいになった。なぜ、どうして、と。

808 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/12(土) 19:24:36.88 ID:fzGWpjSl0
 キリカの水着を付け替えるのだったら、キリカの側に回り込んですれば良い。なぜ、よりによって俺の身体に正面から向き合って胸を圧し当ててくるのだろう。
息子は再び立ち上がり、俺は中腰にならざるを得ない状況になってしまっている。確かに俺は甘えて良いと言った、言ったが――これじゃあまりにも警戒心が無さ過ぎるだろう。
「お兄様、そんな風に身を捩らないでください。巧く紐が結べませんわ」
「わ、分かった、分かった……だが、そうやって身体をくっつけるのは、こう、いただけないな、俺としては。ほら、やっぱり目立つし――」
 織莉子はキリカと比べ、それほど俺にスキンシップを取ろうとはしない。
だから、俺は織莉子の身体というものに免疫が出来ていないのだ。仙人のように(枯れた)精神の持ちようを保とうとする俺にとっても、それはあまりにも強すぎる刺激だった。
 水着の布の上からだというのに、このボリューミーな感触。プリンのように濃密な、という表現が不遜に思えるほどの密度を誇る脂肪塊が、俺の胸に圧し当てられている。
腕を回してキリカの背中に紐を結んでいるわけだから、当然顔も俺の耳元に近く、湿った温やかなと息が耳の軟骨に吹きかけられ、忌々しいほどに情動が喚起される。
「でもそれでは、キリカばっかりずるいですわ……私にとっても、お兄様は本当の兄みたいに、大好きな人なんですもの」
 鈴の転がるような声。それがちょっとした不満を含んでいるのは、その口調以外からでも良く分かった。
「い、いや。だが今のキリカは不可抗力でだな」
「いつもキリカばっかりお兄様に張り付いて、私だって、偶にはお兄様とスキンシップを取りたくなることだって、ありますわ。……はい、キリカ、出来たわ」
 そうは言いつつも、仕事はきっちりとこなすのが織莉子らしい。ただ、きちんと水着を再装着したにも関わらず、キリカの奴は俺からへばりついて離れようとはしていないのだが。
「ありがとう、織莉子」
「良いのよ?だって、"私の"キリカの肌が、どこの馬の骨ともしれない人の目にさらされるなんて、絶対にあってはならないことだもの」
「えへへ、そっか、そうだね!心配してくれてありがとう、織莉子」
「……水着、残念だったわね」
「良いさ、だって水着はまた買えるけど、こうやって織莉子に助けてもらえるのなんて、一生ものだもん」
「キリカ……」
「織莉子……」
 こいつら、こともあろうに二人して俺の身体にへばりついたまま甘い雰囲気を出し始めやがった。見ろ、周りの連中がピンク・オーラを出してる二人に釘づけになり始めてるじゃないか。
 結果、コイツらのなかだちになってる俺は胃に穴が開くようなストレスを感じ始めてるわけだが、そんなのはお感じなく織莉子とキリカはラブい空気を発し続けている。注意を喚起させるべき監視員でさえ、間抜け面になって喉を鳴らしている始末だ。
 胃が、痛い。
 おかしいな、俺の精神力はかなり鍛えられているはずなのに。
「なぁ、お前ら、いちゃつくのは良いが――」
 言い切る前に、チャイムが鳴った。

『まもなく、午後6時、営業終了時間となります。本日は、クアハウス・見滝原にお越しいただきましてありがとうございます。またのご来場を――』


809 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/12(土) 19:25:20.00 ID:fzGWpjSl0
 肉声とも電子音声ともつかないボイスが、場内へと響き渡った。流水プールの水が揺らいで、多くの人々が名残惜しそうに、こちらに視線を投げかけながらドーナツ状の大桶から上がっていく。
最後には、俺と、それに張り付いている織莉子とキリカ、その3人だけが残った。
「……そろそろ離れてくれないか?水から出られん。見ろ、監視員がこっち見て睨んで――睨んで……?」
 彼の口元はいやらしくにやにやとしていた。そして股間をまさぐっている。突風が吹いて監視台が倒れてしまえば良いと、俺は思わずにはいられなかった。


 夕暮れの道を、俺たちは手を繋いで歩く。前方へと伸びる影は俺を真ん中とした山を描いていて、右がちっちゃいの、左がやや大きな少女の姿を象っている。
 織莉子は大股に歩くので問題ないが、キリカは歩幅が狭いせいで少し早歩きだ。
「今日は楽しかったねー」
「そうね、色々あったけれど……あんな風に思いっきり泳いだのも、随分久しぶり。とても、楽しかったわ」
 織莉子の言葉はまるで噛みしめるかのように発せられた。今、自分が幸せなのだという事実を、改めて確認しているかのような。
「喜んでもらえて何よりだ。キリカがあんな珍しい姿を見せるってのも分かったことだし、俺もかなり楽しんだなぁ」
 そう、本当に楽しかった。プールに来るのも大学に入って初めてのことだし、それに誰かと一緒、とくればそれはもう何年振りくらいになるだろうか。
誰かと一緒に遊ぶ、という事の楽しさを、久しぶりに味わった気がする。いつも飲み会ばかりだから、なおさらのことだ。
「それでね、おにーさん。お願いがあるんだけど……」
「今日一日お世話になって、大変恐縮なのですが……」
「分かってる、飯、だろう?」
 それは俺としても、とても楽しみなものだった。誰かと一緒に食べる食事と言うのは、何ものにも代え難い。それも、自分を慕ってくれる子らと一緒なのだ、断る道理が無い。
「それで!?今日のご飯は何、何!?」
「昨日タネをつくっといたハンバーグだ。少し作りすぎちまったから、たくさん食べて良いぞ」
「やったー!おにーさん、大好き!」
 ぴょんぴょん飛び跳ねて、キリカは俺の部屋の鍵をどこからともなく取り出して、疾走し始めた。
「あ、こら、俺の部屋の……!」
「先に行って待ってるー!早く来てねー!」
 あれだけ泳いで、どこにそんなスタミナが残っているのだろうか。大したもんだと、素直に感心せざるをえない。部屋の鍵に関しては、後で織莉子にしっかりと叱ってもらうことにしよう。

810 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/12(土) 19:25:38.30 ID:fzGWpjSl0
「本当に、楽しかった」
 また、あの口調だった。噛みしめる様な口調。どんな意味を持っているのか、それを知る術を俺は持っていない。
「ね、お兄様。少し、屈んでくださるかしら?伝えたい事が、ありますの」
 手を繋いだまま、此方を見入る若草色の瞳。春の小川、俺のふるさと、田舎の光景が、ありありと脳裏に映し出された。
 キリカもそうだが、どうして彼女らは、こうまで純粋な眼をしているのだろう。どうしてこうまで、生きるのに一生懸命なのだろう。惰眠を貪るように生きてきた自分には、理解の及ばない存在だった。
「なんだ、今じゃないと駄目か?」
「ええ、今日のお礼です。そして今日までの、これからの。私からの、心ばかりの贈り物ですわ」
 俺は言われるとおりに屈んだ。ちょうど、織莉子の顔と、俺の顔とが一致する程度の高さにまで。

 俺が握っていた織莉子の手が、俺の頬に添えられた。柔らかな感触。ただし、それはプールで味わった胸のものじゃない。皮膚の一番薄い部分が、俺の頬へと当てられる。
 ちゅ、という音がして、織莉子は、俺の頬に口づけた。
「な、な、何を……!」
 俺は全力で飛び退いた。突然の出来事に、俺の脳は情報を処理しきれていない。きっと俺の顔は真っ赤で、たいそうみっともないものになってしまっているだろう。
「うふ、お兄様も、意外と初心でいらっしゃるんですね」
 そう言う織莉子の頬も、夕焼けの橙の空が真っ青になるくらい真っ赤に染まっていた。
「何でこんなことを……?」
 俺は歯ぎしりしそうな顔で言った。当然だろう、ある程度心やすい仲になったとはいえ、接吻なんてそうそうするもんじゃない。その意味することだって、織莉子は良く知っているはずだ。
「お兄様は、前に仰いましたわ。家族みたいに、私たちを愛しているって。……家族なら、これくらい当然ですわよ」
「俺の家じゃそんな習慣はなかったぞ」
「私の家ではありました。キリカとだって、しょっちゅうキスをしてますのよ?」
「マジ、か……」
 マジなんだろうな、コイツらなら。
「……キリカは、私が甘えるのが下手だって言うんです。もちろん、それは私も自覚しているところで。だから、これは私なりの甘えの表現だと思ってやってください。……もしかして、お嫌だったでしょうか?」
 そんな訳がない。こんな可愛い子にキスされて嫌がるだなんて、そいつは同性愛者の男性か、どこか頭のネジが飛んで行ってしまっている奴らの二択に違いない。
「嫌な筈ないさ。ま、そういう事なら……ありがとな。お礼を言わなくちゃならんのは俺の方だ。こんなに素敵な経験を分かち合えるなんて、とんだ果報者だよ、俺は」
「そうそう、この事はキリカと示し合わせての事なので、多分お部屋に着いたら、キリカもキスしようとして来る筈ですわ」
「なんだとぉ……」

811 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/12(土) 19:25:55.92 ID:fzGWpjSl0
 この後俺は、部屋に変えるなり抱きついて来てほっぺたにチューをかましてきたキリカのせいで後頭部を玄関に床にぶつけ、意識を飛ばす羽目になった。
 真っ暗闇の意識の中で、何か柔らかなものを叩くような音と、悲痛な泣き声とが聞こえた気がするのは、いったいどういう事なのだろうか。
ハンバーグを食べてる間、キリカの奴は何やら座り心地悪そうにして、何度も座り方を変えていた。だいぶ泣いたのか、目じりは擦れ赤くなってしまっている。
「なぁ、織莉子。被害者の立場だからこそ言うが、あんまりキリカに厳しくしないでやってくれよ?悪気があってやったわけでもないんだし……」
「ええ、もちろんですわ。私が父から受けたものに比べ、私の躾はかなり優しいものですもの。まだ少し残ってますから、家で続きをする事にはなりますけど」
 その言葉を聞いてのキリカの消沈ぶりと言ったらなかった。尻を押さえてぐすんと泣く。叱られた小動物、という言い回しがぴったりと合う姿だった。
「……おにーさん」
「ん、なんだ。……その、織莉子は怒ってるようだが――」
「うん、それは大丈夫。私が悪いから、お仕置きは我慢するよ。――て、そうじゃなくて」
「他に?」
「うん。……あんな事になっちゃったけど、私もおにーさんのことが大好きだから。その事だけは伝えようと思って。こんな風に安心できる男の人って、初めてだから」
 俺はキリカの頭を撫でた。
「俺は、大丈夫さ。だから気に病むなよ?俺にとっても、お前――お前らってのは、とても大事な存在なんだからな」
「うん!」
 キリカははにかんだ。チャームポイントと言って良い、その八重歯を煌めかせて。
「お邪魔しました」
「お邪魔したよ!また今度」
「その前にお仕置きを済ませてしまわないと、ね?」
「……はーい」

 なんだかんだ言って、二人は仲睦まじそうに帰っていった。つつきあって、くすくすと笑いながら。
 家に帰った奴らがどんな事をしているのか極力考えないようにしつつ、俺は二人の幸せを祈って追加のラーメンを茹で始めるのだった。
 食べ盛りの中学生2人に、俺の作ったハンバーグの量ではいささか荷が勝ちすぎたようだったからだ。


[了]

812 : ◆dYJkK3WzQm8c :2012/05/12(土) 19:38:04.48 ID:fzGWpjSl0
以上、プール編でした
最近、このスレのSSの量が増えて嬉しい

おりキリチュッチュ

813 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/12(土) 19:40:09.17 ID:HRdsCoQE0
クラヒーエヴァでラストかな?
PS3とPSV

814 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/12(土) 23:39:01.81 ID:cb1pSkqD0
>812
乙であります。
親密度のましていくおりキリと家主、非常にいい。
SS増えてるとかいっても、半分くらいは貴殿の作でしょうに。

815 :砂漠の天使:2012/05/13(日) 11:24:13.66 ID:CYxMZbOB0
訓練がてら国境付近を見回っていた二機の戦闘機は、クーデターの報とともに突如空軍基地へと呼び戻された。
が、基地の近くまで到達したとき、司令部からの交信は途絶えた。
「司令部、応答せよ。司令部、応答せよ」
様子見の為に基地上空を旋回していた両機に、やがて返って来たのは若い女性による英語の返答。
「あーー、テステス。この基地は私が占拠した。君の同僚や上官達は既に拘束されている。君達も大人しく降伏したまえ」
ふざけたような内容の言葉。だが、パイロットがそれに対応する前に、それをはるかに上回る出来事が起きた。
両機のうち、不意に片方の機体が揺れた。見れば、戦闘機の上に人が立っていた。
いや、人なのだろうか? ゴーグルとマフラーで顔はわからない。長い黒髪の女性で、背中には大きな翼を持っていた。
「……! て、天使? うわぁぁぁぁぁぁぁっ」
突然、二機のコントロールは奪われ、急速に地面が近づいてくる。二人のパイロットは、コックピットの中でただ主への祈りと懺悔の言葉を叫び震えてるしかなかった。
そして、両機は砂原に強制着陸させられる。心身の衝撃が収まると、二人は外へと飛び出して聖地に向かってひたすら礼拝を続けた。

その天使は各地で目撃され、政府軍や武装勢力の抵抗力を奪い、市民の士気を高め、数十年続いた独裁政権と内乱はついに終焉を迎えた。
あとは国連軍だの、旧政府残党だの、各部族代表だのが平和的に暫定政府を制定して治安を維持する。やがては近いうちに普通選挙が行われ、民主国家へと生まれ変わる事になった。


砂漠を、三台の軍用ジープが走っていた。運転するのはほむら、さやか、そしてキリカ。それぞれの隣に一人ずつ同乗し、後ろには武装勢力や政府軍からかっぱらった幾多の銃器。今後の魔獣退治は、もっと楽になるだろう。
「いやー、あいつらの間抜けな顔ったらねーや」
杏子が笑いながら思い出す。
「ほんと、いい気味よ」
さやかも同意する。
「それにしても変だな。私達の魔力は、これ程までに強力だっただろうか? 村一つ分を時間停止レベルまで停滞させるなんて、私にはできなかったはずだ」
キリカが疑問をはさむ。
「そうね。明らかに、私達は強化されてたわね」
マミも首をかしげる。
「いくらグリーフシードが潤沢で、フルパワーでいたとしても、普通、ここまでの活躍はできなかったと思うわ」
ほむらも同意だ。
「えー、こっちに来てから強力な魔獣と連戦してたから、レベルアップしたんじゃないの?」
さやかの能天気に言い放つ。
「バカ。おめーは自分の実力くらい把握しろよ。いくら大量のグリーフシードがあったって、あたしらの最大出力がここまで上がるわけねーだろ?」
杏子が口を挟む。
「それについては、ちょっとした仮説があります」
織莉子は、キュゥべえを呼んだ。
「君達のパワーアップは、恐らくこの国の魔法少女の残留魔法によるものだね」
「残留魔法?」
「うん。ここ数十年のこの国の魔法少女の契約の祈りは、大抵は独裁政権や武装勢力の消滅を願ったものなんだよ。
 でも、これまで一向にその願いが叶う兆しはなかった。多分、社会を動かすには魔力が足りなかったんだろうね。
 今回、君達の活躍があったおかげで、ようやくその魔法が働いたんだろう」
「じゃあ、なにか? あたしらは武装勢力や独裁者を倒すために、強くなってたってわけか?」
「恐らくはそうだろうね。魔法がどう働くかは僕にも正確にはわからない。でも今回の事は、そう考えればつじつまは合うよ」
「民主政権への移行がスムーズだったのも、その魔法の影響かしら?」
「恐らくはね」
六人はしばし、この国の平和を願って契約して消えていった魔法少女達のために黙祷をした。

816 :砂漠の天使:2012/05/13(日) 11:24:47.61 ID:CYxMZbOB0
それからも六人の活躍は続いた。
織莉子の予知に基づいて移動した先々で、天を衝く程の巨大魔獣をほむらがRPG−7で吹き飛ばし、地平線までを埋め尽くす大群をマミの数多のマスケット銃がなぎ払い、あるいはキリカの爪が、さやかの剣が、杏子の槍が蹴散らす。
そうして得たグリーフシードの大半は、現地の少女達に渡された。その量は、三人が普通に暮らすだけなら生涯分をはるかに超えていた。
「あの、こんなに戴いてよろしいんでしょうか?」
おずおずと一人が尋ねた。
「ええ、これからはこの国の魔獣も減るでしょうから、ストックは必要です。それに、今後はあなた方の仲間も増えますから、彼女達に分け与える分も必要でしょ」
織莉子の目には、既に大勢の魔法少女を率いる三人の姿が見えていた。
「みんなの分、預けたわよ」
天駆ける天使ほむらの言葉に、三人が応える。
「はい。天使様」

以来、現地の魔法少女の伝説にはこうある。
圧政と無法によって苦しめられたこの地に、少女達の祈りを聞き届けて天使が舞い降りた。
天使はその地に居合わせた少女達に啓示を残し、この国の悪しき者達を一掃したという。
それゆえに、その降臨の地は聖地として末永く魔法少女達の敬意を集めたという。

817 :Fate☆マギカ:2012/05/13(日) 11:26:30.96 ID:CYxMZbOB0
地平線の向こうに沈もうとする夕日。その熱に揺らぐ荒野から、陽炎そのもののように揺らぐ、燐光を放つひょろ長い人影が現れる。
その数、計測不能。今夜はおおよそ十年振りの大規模なハロウィン――魔獣の大量発生の日――、即ち魔法少女にとっての厄日。
圧倒的な魔獣の群れに立ち向かうのは、十数人の魔法少女。それを率いるのは既に中年となった三人。即ち水を操る井戸の巫女、植物を操る畑の巫女、そして癒しの巫女。
全員は村の裏の聖なる丘に集う。
この地に天使様が降臨されてから、既に三十年近くが経つ。政治が変わり治安がよくなり、当時に比べて村は格段に広がって人々の暮らしぶりもよくなった。
その間、自分達は結婚して幾人もの子を持ち、不思議な力を持つ巫女として、或いは魔法少女のリーダーとして人々の為に尽くしてきた。
天使様達によってもたらされたもの、それらはとても尊い絶対に守るべきもの。
そのほむら達は、十年前のハロウィンで矢の雨を降らせるために犠牲となって円環の理に導かれてしまったという。
彼女達亡き後、自分達がこの国の魔法少女を導き、助けなければならない。天使様達がそうしたように、例えこの命に代えても。
悲壮な覚悟を胸にしつつも、三人は巴マミから教わったリーダーとしての心得通りに自信に満ちた微笑みを浮かべる。
「皆さん。この丘は天使様の加護があります。落ち着いて、怯えや蛮勇に惑わされること無く戦えば、この悪夢の夜を切り抜けられます」
井戸の巫女は、娘程の歳の魔法少女達――中には、本当の娘もいる――に力強く宣言する。
実際は、未だ残る多量のグリーフシードのストックと防衛戦に適した地形がある程度だ。いざとなったら、予め準備しておいた地下水脈や植物を利用した大規模トラップを発動させるしかない、二人の全魔力を代償にして。
「ほむら様、どうか我らにご加護を」
三人は天を見上げて祈った。

818 :歴史の闇:2012/05/13(日) 11:47:11.21 ID:CYxMZbOB0
ある日、織莉子とほむらは極秘でキュゥべえを問いただす。
北アフリカ某国の独裁政権崩壊を元に立てた二人の仮説に対し、キュゥべえは同意を返した。
「そうだね、その可能性はあるね。
 契約時の願いがどういう過程を経て叶うかは、願いの際に具体的に指定しない限り、起こしやすい事を起こす形で叶うだろうね。
 実際、君達が言ったように、そういった願いは複数人から出たけど、魔力不足なのかすぐには叶わなかったよ。
 あと、複数の祈りによって叶う場合は、より巧妙で自然な形で叶うのかもしれない」
「では、まさか人類史の幾多の悲劇は……」
織莉子は明らかにショックを受けていた。
「……今の話、決して他の人に言わないように」
ほむらが釘を刺す。
「そうだね。こんな事を言えば、契約は減るだろうし、魔法少女の絶望も早まるだろうね。僕らにとっても損になるだろうから黙ってるよ」


かつて、とある植民地の少女達は祈った。自国を植民地支配から抜け出させて欲しいと、或いは、横暴な宗主国の人間を追い出して欲しいと。
やがて世界規模の大戦が起き、侵攻を受けたその国からは宗主国の人間は撤退した。終戦後、再び宗主国の支配下に置かれたものの、宗主国恐れるに値せずと独立の機運が高まり、やがて独立はなされた。
だが、その過程において、一体どれだけの血が流された事だろう。

かつて、とある迫害されていた民族の少女達は祈った。自らの民族が住める約束の地が欲しいと。
やがて、各国に散らばっていたその民族は集められ、やがては一族の祖先の土地が与えられ、一つの国家が形成された。
だが、その民族が集ったのは国を作るためではない。迫害する側によって集められ、数多くの者達が処刑された。そして独立国家形成後も、現地の先住民族との間に激しい対立が起き、未だ戦火は途絶えない。

かつて、戦火の下の少女達は祈った。早くこの戦争が終わるようにと。
やがて、それから程なくして戦争は終結をした。
だが、それは新兵器の開発とそれによる多数の死者、それに基づく無条件降伏という形であった。

かつて、戦火の焼け跡の中で少女達は祈った。この焦土から国を復興して欲しいと。
それから莫大な需要が発生し、その産業のみならず波及効果によって多くの国民が恩恵を受けて奇跡的な経済成長を果たした。
だが、その需要は外国の戦争によってもたらされたものであり、その為にまた多くの血が流された。

「どんな希望も条理にそぐわないものである限り、必ず何らかの歪みをもたらす。やがてそこから災厄が生じるのは当然の節理だ。
 それを裏切りだというのなら、そもそも願い事なんてする方が間違いなのさ」

819 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/13(日) 12:02:44.33 ID:OyQ9r7M70
おりこって、変身すると眼の色変わるのかな?

820 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/13(日) 12:18:26.47 ID:CYxMZbOB0
2巻のカラーイラストで見る限り、
変身前:緑、変身後:青、だけどな。

821 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/13(日) 13:21:55.80 ID:0z5Wk8ai0
乙です

祈りが叶うということは、大小や善悪に関係なく周囲になんらかの歪みが生じてしまう事になるか…

822 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/13(日) 21:17:38.77 ID:jcPkMLKy0

二人のをもっと読みたいってのはわがままかな
ワガママですねごめんなさい

823 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/13(日) 21:36:27.49 ID:6SawhB2J0
このスレと関わり合ったヤツにゃ悪いが腹ァくくってもらう!みたいな前置きが見えたが気のせいだった

824 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/14(月) 08:29:51.19 ID:OcW4HQDoO
キリカ「最近は蒸し暑いなぁ」

まどか「キリカちゃんの汗ぺろぺろしたいお!」

キリカ「毒の汗をとばそうか」

まどか「それで死ねるなら本望だよ!」

キリカ「そこは『ブラッキーかよ』って突っ込まないと」

まどか「毒汗はよ、はよ」

キリカ「」(ペシッ

まどか「手のひら味ゲット」(ペロペロペロ

キリカ「っちょ!やめないか!汚い!」

まどか「キリカちゃんのは例えレバーでも美味しく頂けるから大丈夫」キリッ

キリカ「」ヒキッ

まどか「さ、流石にジョークだよキリカちゃん!」

キリカ「ちょっとゆまが心配なんだが」

まどか「私みたいになるように育てていくつもりだよ!」キリッ

キリカ「」(ゴッ

まどか「ちょ、キリカちゃんグーはダメだよ、あっでも気持ちいいk(ゴッ)ウェヒィ♪」



ゆま「……」ジーッ

825 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 10:48:24.24 ID:+XpIn2EH0
丸一日動きがないとは……
おりキリに間違った性知識を植え付けるなら今のうちのようだな!

826 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 10:49:10.77 ID:b/rSPrui0
その必要はないわ

827 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 10:54:27.05 ID:Udu+u+8Q0
すでに俺が植え付けてあるからね

828 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 12:25:16.12 ID:+XpIn2EH0
>>826
ぐぬぬ
純粋培養のお嬢様と不登校児童(保健体育に疎い)に、あれこれ吹き込む好機だったのに

>>827
そんなの、俺が認めない

829 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 13:17:58.28 ID:mT/7Rq1qO
キリカちゃんかわゆす

830 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 13:22:02.74 ID:mT/7Rq1qO
こっちでも言っとこうね織莉子ちゃんキリカちゃんゆまちゃん

例のフレーズ使っていただいてありがとうございました

831 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 14:59:53.45 ID:+XpIn2EH0
考えてみれば、織莉子ちゃんもキリカちゃんも中学生・児童に分類されるんだなぁ
織莉子ちゃんは大人びてるし、キリカちゃんは言動がアレだしで、ついつい忘れてしまう

おりキリと相合い傘して帰りたい
俺が傘を掲げ二人に雨粒が掛からないようにして、くだらない事で笑い合いながら帰りたい

832 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 15:27:59.64 ID:mT/7Rq1qO
存命なら今年から高校生なんだけどね

833 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 18:07:28.87 ID:rb+mCu5GO
>>830
どういうこと?

834 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/15(火) 21:25:47.65 ID:mT/7Rq1qO
しきおりおりきりきりまいのコト

835 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/16(水) 07:02:48.98 ID:wux7fdrwO
織莉ーブオイルか…

836 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/16(水) 12:23:32.32 ID:Gl4Coq250
>>835
何の、そしてどのように作られるオイルなんだ、それはww
どうもやらしい方向にしか考えられない自分は、どうやら相当頭が腐っているらしいorz

織莉子ちゃんをお姫様抱っこしたい
いつも(体格的に)キリカちゃんを抱っこする側でいる織莉子ちゃんだから、きっとそれは良い反応をするに違いない

キリカちゃんにぶぅぶぅ言われて結局キリカちゃんの方もお姫様抱っこする事に

837 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/16(水) 15:43:51.12 ID:Gl4Coq250
織莉子ちゃんに眼鏡を掛けさせたらとっても似合いそうだ
細い銀のメタルフレームに、卵を横にしたような形のレンズ
中指でくいっと押し上げれば、宣伝に使われてもおかしくないような眼鏡美人の出来上がりだ!

キリカちゃんは赤いセルロイドとか似合いそうだな
角ばった可愛らしいのが

838 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/16(水) 17:17:52.46 ID:6GhntHox0
かわいい子はどんな眼鏡でも似合う、つまりおりキリかわいい

839 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/17(木) 00:47:00.66 ID:sRif1jXM0
そういえばムラさんツイッターで仕事1.5倍フラグとか言ってたが、きららマギカの方かな…

840 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/17(木) 13:41:23.66 ID:7KgkSEE/0
>>839
本当だ
東方の同人誌はもう粗方片付いたみたいだし、やっぱりきららマギカのほうなのかな
おりこ☆マギカ・サニーデイとかだったら泣いて喜ぶんだけど、かずみスピンオフとかだったら笑えねぇ、いや嬉しいことは嬉しいんだが
もっと可愛いおりキリの可愛いいちゃこらを見たいのう

841 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/17(木) 18:05:49.51 ID:+2psyB65O
ムラ絵のプレイアデス、ハノカゲの外伝組が見れたら東大離散受験するわ

842 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/17(木) 19:49:14.60 ID:RljMCI2qO
おりこ読み直したけど2巻の12ページでキリカちゃんがさりげなくパンチラしてたのね

843 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/17(木) 20:49:56.35 ID:+bnY4zm50
うん、でも、ま その、あれだ
ささいだ

844 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 11:18:11.25 ID:3Zbi9Mv20
>>841
天杉センセのおりキリゆまも見たいなぁ
織莉子ちゃんはまだ普通だけど、キリカちゃんはぴっちりしたエロティシズム溢れる格好になるな、主にヒップ周りが

845 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 16:44:14.22 ID:HYNv66Ia0
またアンチテーゼがどうのこうのと自称ファンの変なのがくっついてくるから
おりキリはこのままひっそり二人の世界作ってフェードアウトして行ってもいいかなって気もする
どうせ新作があったとしても「おりこ」当時ほど自由にはやれないんだろうし

846 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 18:07:08.29 ID:3Zbi9Mv20
>>845
また変なの沸いてるのか
織莉子ちゃんの行動原理を突き詰めていくと、むしろほむらとは無関係な(あの世界の一般的な)魔法少女としての足掻きまくりな姿が浮き彫りになるんだけどな
たまたままどか☆魔女化絡みでほむらに絡んでるけど、実際織莉子ちゃんはほむほむのアンチテーゼでも対照的存在でもなんでもないわな

荒れるのも嫌だけど、俺としちゃ織莉子ちゃんの可愛さをもっと多くの人に知って欲しいって思いもある
このままフェードアウトさせるには、織莉子ちゃんキリカちゃんはもったいないくらい良い子なんだから

847 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 18:39:24.39 ID:+s622NNf0
>>846
君の方が変なのに見える。
レスする前にちゃんと読んだら?

848 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 18:51:11.33 ID:q2bG8LKx0
何だかわからんが、ほむらの対照的存在は自分としてはキリカだと思う
両方ヒロインだし

849 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 19:07:20.81 ID:nX2b5SnA0
織莉子さんもほむらも
他者を犠牲にしてる時点でアンチテーゼじゃないと思ふ
>>848
だな

850 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 21:59:55.39 ID:xZ9B1q6v0
本編も好きな自分としては「数の暴力で悪役に仕立て上げられる外伝組」の構図が嫌
共闘してこそだと思ってる

851 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 22:36:43.37 ID:F5FgprFiO
織莉子もキリカも契約してから間もないのに長年やってる本編3人とほぼ互角にやりあってたなぁ

本編の3人を努力とするならおりキリの二人は才能なのかね…

852 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/18(金) 22:38:38.96 ID:VPWkTSY70
才能と言うか時間関連の能力はやっぱり強い
未来予知と速度低下って相性もいいし

853 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/20(日) 22:46:56.22 ID:ejlh4M2b0
ほしゅ

854 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 00:07:38.26 ID:85a005hZ0
そういえば、ここってどれくらい書き込みなかったら落ちるんだっけ

855 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 00:26:28.01 ID:hrp782Ff0
1週間ぐらいだったような
レスが足りなくてdatもあるらしい

856 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 00:49:21.18 ID:tKwmmf6s0
なるほど、ありがとう

857 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 00:53:30.74 ID:73UpYyzJ0
落ちたなら…立てればいい!

858 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 01:26:06.68 ID:tKwmmf6s0
バッカーモン…完走――900目前まできたら目標完走ッ!みたいな感じで

859 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 01:41:38.07 ID:6ARRfv3GQ
きららマギカでちらっとで良いから出番あってくれ
出来ればムラ氏で幸せそうなワンカットを

860 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 13:26:59.12 ID:r+01Sf9f0
>>845らしいので、出なくても良いんじゃないか
その分、好きな人だけで愛でれば

ほむらとは関係なく、単一のキャラクターとして愛でたいだけなのに変な人扱いされるって事は、それがスレの総意なんだろうし

861 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 15:04:55.72 ID:r+01Sf9f0
こちとら金環日蝕を見ようと一つのサングラスを代わりばんこに使ってキャーキャーはしゃぐおりキリとか、そういう可愛さをもっと多くの人と共有したいのに
このまま新規ファンも無く消えていくのがお好みらしいしね

ここ数日めっきりレスも減ったし、落ちても次スレいらないんじゃない
フェードアウトってそういう事だろうし

862 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 15:08:01.15 ID:+O0l0upZ0
俺の場合は共有と言うか画像の少なさが悲しい
某スレで結構いい役だったから終わってしまったのは残念

863 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 15:28:55.54 ID:r+01Sf9f0
人が増えれば絵師さんだって増えるだろうし、二人がメインの同人誌だって増えるかもしれない
俺は二人をそれぞれ一個のキャラとして見てくれる人が増えたらそれは凄く嬉しく思うわけで
もちろん、分母的に変な分子が増えるのも承知の上での話

きららマギカに、かずみ含む外伝組をメインにしたお話が一話で良いから載らないかなぁ
コメディタッチでも良いから、ほのぼのしたやつを

このまま消えていって欲しい人もいるみたいだけどね

864 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 15:54:14.97 ID:6ARRfv3GQ
消える前にせめて1コマでいいからムラ氏による二人の幸せな絵が欲しい
それで俺は成仏出来るから
1年間に及ぶネットでのおりキリ追跡劇に終止符を打てるのだ

865 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 15:59:38.57 ID:tKwmmf6s0
ケーキ絵じゃダメだっていうんですか!

866 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 16:08:29.72 ID:6ARRfv3GQ
ケーキ絵も良かったんだが
あの絵の織莉子さんはケーキだから・・・キリカちゃんが可愛いかったから
もちろんいい絵なんですけど・・・ゴニョゴニョ

867 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 17:06:37.82 ID:fAZ60viO0
「一個のキャラとして」ってのがそもそも難しいんだよなぁ
変な奴が「ほむらのアンチテーゼ」って形で持ち上げちゃったもんで
「所詮ほむらの付属物」ってイメージが色濃く付いちゃって…

おまけにあっちにはさやかっていうより強力な「対局にいるキャラ」がいるから
そりゃ影が薄くなるのも致し方ないっていうか

868 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 18:02:51.67 ID:v+krm6aM0
ケーキ絵って?

869 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 19:11:10.58 ID:6ARRfv3GQ
ほむらの付属品とかさやかの劣化版とか酷過ぎるだろ
一個のキャラとして愛でてる俺や>>863の気持ちとか
書き込む前に考えなかったのか?
荒らしのレスの方がまだ綺麗だわ
>>868
ムラ氏のツイッターのクリスマス付近のイラスト

870 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 20:02:35.00 ID:hrp782Ff0
>>845
「変なのがついてくるのが嫌だからおりキリの新作出なくてもいい」
変なののご機嫌の方が大事なのね…面白いwww

871 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 20:05:30.10 ID:+O0l0upZ0
まあおりキリのお茶会風景でも想像して落ち着けよお前ら

872 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 22:43:33.59 ID:tKwmmf6s0
あんまァ―――ィ!

873 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/21(月) 22:53:24.84 ID:cXYiTguZ0
SS一週間くらい前のおりキリゆまを境にぱったり無くなったな
忙しいのだろうか

874 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 02:22:04.12 ID:aAOrBNC00
「ねーおにーさん」
「なんだー」
「ホットケーキの生地をだね、うすーく伸ばしたらクレープにならないかな」
「配分が違うからならないかな
生地を薄くのばしてクレープにしてみようと試みた薄平べったいホットケーキが出来上がるだけだろう」
「そっかー……なかなか焼けないね」
「熱い視線をおくっても早く焼きあがるってことはないからな…向こうで待ってろ」みたいのを想像した

どうも食べ物絡みの内容に偏るのはキリカっちがJCだからに違いない!

875 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 07:44:02.31 ID:iJALItVBO
おはおりキリゆま

みんな渋チェックしてる?

876 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 08:06:53.93 ID:7gGPI5+9O
>>875
見てるけどおりキリは絵よりSSで見ることが多い

ふと思ったがおりことキリカはどっちがおっぱいが大きいのかな?

877 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 10:29:25.14 ID:G8UzB2CX0
やっぱり織莉子じゃないかな
身長高いしナイスバディなイメージあるし

878 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 11:50:24.77 ID:iJALItVBO
ぶっちゃけいい勝負だと思う

879 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 14:54:41.34 ID:Xa/9aoJz0
身長との比率的にカップは両方同じだけど、数値としての差はそこそこあると思う

880 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 14:55:00.92 ID:Xa/9aoJz0
 美国織莉子は歩く。左手には鞄を、右手には最愛の人の手。すっかり高いお天道様の下、二人そろって足並みを揃え、意気揚々と家へと歩く。
 二人が出会った春はとうの昔に去りゆき、今は新しい春が彼女らを包んでいる。
既に中学3年生だった二人は、幸いにして同じ高校へと進学することが出来た。だがそこに至る道のりと言うのは、決して平坦なものではなかった。


***

「高校?私はキリカと同じところに行く積もりよ?」
 発端はこの織莉子の発言だった。彼女としてみれば至極まっとうな発言だろう、愛し合う二人が丸一日離れ離れになるのはあまり宜しい事ではない。
だから織莉子は当然のように、キリカと同じ高校へ行くことを選択していた。この辺りの少女の大部分が通う、一般的な長所も短所も無いような高校に。
 だが、キリカはそれに猛反対した。
「だめ、だめだめだめだっ!」
「どうして!?私はキリカとずっと一緒にいたいの!キリカだってそうでしょう!?なのにどうして反対しようと言うの!」
「だって、だって織莉子は私なんかよりずっと頭が良いじゃないか!そんな織莉子が良い高校に行かないなんておかしいよ!私は、織莉子の未来の足かせにはなりたくない!」
「私は貴女さえいれば何もいらないのよ!高校なんてどこでも良いわ!」
「織莉子には輝く未来がある!私はキミに無限に有限に尽くすんだ、織莉子自身の可能性を潰すような真似に賛同できるわけがないだろう!」
 要は、お互いがお互いを想い合うあまりすれ違ってしまっていたのだ。

881 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 14:55:53.02 ID:Xa/9aoJz0
 織莉子はキリカがどれだけ自分を愛しているかを知っている、識っている。だからこそキリカと一緒の時間を過ごすのが最良であると考えるのだ。
一方、キリカは常に織莉子の助けになるよう、織莉子がより良い存在へと至れるように尽くし続ける。
キリカとしては、既にして原石とは呼べないくらいに研磨されさらに磨きをかける余地が有り余っている織莉子が、その可能性を開花させるのが最良だと思っているのだ。
もちろん逢瀬の時間が減るのは寂しい、それに織莉子の方もかなりしんどく感じる事だろう。だが、それで織莉子が社会的に価値ある存在として周知されるなら、それに越した事はない。
 かつてその存在の一切を否定され自らの価値を渇望した、あの織莉子の凄惨な姿を目の当たりにしているキリカは、最愛の人が再び価値を確立できるのなら、それを逃すべきではないと考えている。
「だったらどうすれば良いというの!?私は貴女と一緒の高校に行きたいの!一番大切な人と一緒にいたいという事の、何が悪いというの!」
「っ、でも、でもだめだよ!私の志望校じゃ、織莉子にはそぐわない!」
「……だめ、なの?」
「うん、……私は、織莉子の邪魔にはなりたくない、それに、たとえ進学先が違ったって、私たちの絆はそのままだと思うから……」
「それでも一緒にいたいのよ、私は……」
「織莉子、そんな風に泣かないで……今生の別れになるわけじゃないんだし、さ」
「……」
「違う学校に行っても、いの一番に帰ってくるから、ね?だからそんな悲しそうな顔に――」

882 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 14:56:19.17 ID:Xa/9aoJz0
「……ねぇ、キリカ」
 説得のさなか、織莉子の眼の色が変わった。
 キリカはその眼の色をよく知っている。それは決意の色、自らが何事かを成し遂げようとする時に必ずそうなる、底冷えするようながの宿る深緑の瞳だった(巴マミ指導の菓子作りの時もこうなる)。
「貴女の愛って、無限に有限なのよね……?」
「え、ああ、うん。私の愛は無限に有限さ。私の、織莉子への無限の愛の前では、他の一切など有限な瑣事に過ぎないのさ――って、なんで今それを?」
「……ちょっと待ってなさい」
 美国織莉子と言う人間は意志が固い。例えば勉学でも、スポーツでもダイエットでも、織莉子は生まれと育ちの相乗作用による強固な意志で大抵のことを成し遂げてきた。
それは殆どは良い場面で発揮され良い結果を招くのだが、時折間違ったベクトルへとカッ飛んで行くことがある。それと言うのも織莉子は意志も固いが頭も固いので、急な方向・方針転換が出来ないからだ。
 そこはかとなく、という閾値を優に超えた嫌な予感を感じつつ、キリカはそれに応じる。さっきまで織莉子が座っていたベッドの部分に、顔を押し付けて臭いを嗅ぎたくなるという衝動を押さえつけながらのことだった。

 数分して、織莉子は大量の本の群れを携えて帰ってきた。そのまま縄で束ねれば立派な凶器の仲間入りが出来るだろう量と分厚さだった。キリカは欲望と自制との折衷案として、織莉子の座っていた場所に尻の位置を移動させていた。
「状況を整理しましょう」
 織莉子は言った。さも当然のように、キリカがさっきまでいたはずのまだ温もりの残る部分に腰を下ろしながら。

883 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 14:56:42.24 ID:Xa/9aoJz0
「私は、キリカ――貴女と一緒の高校に行きたい。でも貴女はそれを認めず、私に高いレベルの高校へと進学してほしいと考えている。そうね?」
「うん」
「だったら、貴女が私のレベルにまで到達すれば良いのではないかしら?」
「……へ?」
 キリカは素っ頓狂な声を挙げた。
 この時のキリカの学業成績は、だいたい中の上から中の中程度だった。それでも、不登校時代が長かった児童としては驚異的なものだ。
それは名門の白女中学で常にトップの成績を維持し、見滝原中学転入後も学力が天元突破し続けている織莉子とは比べるべくもない。だからこそ、進学校ひとつでこれほどまでに口論している訳なのだが、
「二人の意見の一致を図るにはこれが一番よね、なんで今まで気が付かなかったのかしら」
「へ、いや、ちょっ、ちょっ、ちょっと待って、待ってよ!じゃあ、この本の山は……」
「ええ、そう、私が使っている参考書よ。と言っても、これは2年次に使っていた基本書なのだけれど。
でも、基礎ができなくちゃ何もできないわけだし、受験の内容も基礎的なものが多いから十分よね。これを使ってこれから毎日、貴女に勉強を教える事にするわ」
「今から!?」
「ええ、もちろん。何事も遅すぎると言う事は……あまり無いわ、それが起こってしまうまでは。あと受験まで2か月、死ぬ気で頑張るわよ!」
「いや、でも私は頭がそんなに良くはないし……」
「……無限に有限な愛を私に注いでくれる貴女が、まさか勉強程度で音を上げる事はない、わよね?」
「……はい」
 これにはキリカも首を縦に振るしかなかった。基本的に二言を嫌うキリカであり、また織莉子への愛を裏切ることなどできようはずもない。
これから毎日、この難解な分厚い本たちを使って勉強会が開かれるのだ、織莉子の手によって。マンツーマンで、手取り足取り。
 あれ、これって案外良くないか?

884 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 14:58:38.34 ID:Xa/9aoJz0
「よし、やろう!」
「っ、いきなりやる気になったわね……でも、今日は――」
 つ、と織莉子の細い指がキリカの首筋をなぞる。それだけでキリカは、あっ、と吐息を漏らした。背筋が震える。
「――しましょ?」
「……おりこのえっち」
「貴女も、好きでしょ?」
 織莉子はキリカの口を自らの口で塞いだ。
 キリカは重ねられた唇の感覚と秘所へと伸びる手の感覚にその身を委ねながら、明日からの事を想っていた。

 キリカは頑張った。腱鞘炎の治療に魔力を使用するほどに勉強し、シャープペンの芯の箱を幾つも空にした。消しゴムはあっという間に汚く丸まったカスに成り果て、ノートは丸っこい字でいっぱいになった。
 織莉子の教え方が巧いと言うのもあった。だが一番の原動力は、やはりその勉強会が織莉子の手によるものだという事だった。
伊達眼鏡を掛け、黒い礼服で身を包んだ女教師風の格好になった織莉子は、キリカにとっての何よりの励みとなった。所謂「萌えパワー」という奴だ。
 知恵熱を出すほどの勉強の後の、ご褒美としての夜の愛撫も、それはそれは格別なものだった。
 結果、二人は見事に合格した。織莉子はトップで、キリカはギリギリで。織莉子が当初――白女にいた時に目指していた進学校に、二人は進む事ができた。
 そうして今、彼女らはこうして入学式を終え、帰り道を駅に向かって歩いているのだった。

885 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 15:01:33.09 ID:Xa/9aoJz0
以上、前半でした
NIPでSS書きはじめたらいろいろと時間がきつくなった
ぐぬぬ

だが俺のおりキリへの愛はまだまだ止まらないぜ!

886 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 15:36:27.21 ID:iJALItVBO
乙ん

887 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 20:20:52.62 ID:xZO0LfuR0
乙乙

888 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 22:50:25.66 ID:aAOrBNC00
ヒャッハー!新鮮なJKだァ――ッ!みたいな品のない感想は置いておいて、楽しみにしてます

889 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/22(火) 23:06:21.33 ID:iJALItVBO
えっちのときには母乳とか吹きそうだよね織莉子ちゃん

890 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/23(水) 21:41:11.19 ID:hwpfWsAzO
キスの日なので、こちらにもSS投下してみるます。
すみません。ケータイからなので、改行やら滅茶苦茶かもしれません。

891 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/23(水) 21:54:33.93 ID:hwpfWsAzO
すいません。 ケータイからは難しいかもです。 SS投下出来そうにないかも……。

892 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/23(水) 23:13:18.72 ID:2lSMD7H40
まどマギオンラインでおりキリに似せた子を作りたいな

893 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/24(木) 09:48:03.58 ID:RygA5WwKO
アバター制なのかアレ

894 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/24(木) 12:34:49.55 ID:cZ7WvfjR0
>>891
ドンマイ
そうか、キスの日だったか
知ってたら書いたんだがな……

今からじゃ遅いし、織莉子ちゃんがキリカちゃんの首筋をちゅうちゅうすするお話でも書くか

895 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/26(土) 21:52:52.36 ID:eYYhb0H20
ようやく規制解除。約二週間か、長かった。

ノルン
過去に戻るほむら
現在を延ばすキリカ
未来を見る織莉子

いや、ふと思いついたネタなんだけどね。

896 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/27(日) 08:01:20.23 ID:ma+t5ijGO
スレが後退してる…?

マミちゃんはデブデブいじられるけど、織莉子ちゃんはそんなことないね

897 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/27(日) 10:33:58.59 ID:wd8Rm9SkO
おりこちゃんの魔女姿が気になるこの頃

898 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/27(日) 11:25:47.22 ID:dXSMIOJS0
(談義スレを)貴様ら見ているなッ――

899 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/27(日) 13:27:52.39 ID:ma+t5ijGO
共通の話題で話せる方々がいらっしゃらないんですもの

900 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/29(火) 00:04:26.27 ID:AcbviVh10
呉0

901 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 10:01:37.02 ID:907eU5Ma0
織莉子ちゃんペロペロ
キリカちゃんペロペロ

902 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 13:26:47.29 ID:BejjXuVX0
織莉子ちゃんってまどマギシリーズに出てくる子の中で一番まともで可愛いよね

903 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 13:33:11.59 ID:FedXXa440
一番まともかどうかはともかく、一番可哀そうな人だとは思う
可哀そう度では次点でかずみとゆまとキョーコが並ぶね

904 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 19:21:52.65 ID:dWxsbBi2O
おりこちゃんも自分の思いをパバに裏切られても
その理想は引き継いでるあたり
ファザコンなのかねぇ

905 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 23:16:38.45 ID:iKrFOQ200
「もー なんだいお兄さん、せっかく買ってきてあげたってのに全然減ってないじゃないか」
「確かにこう頻繁に入り浸って飯を食っていくなら、何か食料を持ってきてくれると助かるとは言ったけどな
こういう焼き菓子やらチョコ菓子とかは思春期頃の女に子ならイケるんだろうが
俺みたいな成年男子はこういうのじゃ腹は膨れないんだわ」
「でも海苔巻きしょうゆせんべいは食べたんだ?」
「原材料が米なら大丈夫だ、問題ない」
「カロリーメイトは…?」
「何を言ってるんだあれは立派な主食だろう」
「…むー?」みたいのを想像した


速報のほうでいくつかワクワクして待てるのを見つけたのでしばらくは戦える…っ

906 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 23:28:33.63 ID:fRCJO3TdQ
速報だとパンツ狩りが個人的にお気に入り
俺はおりキリのパンツを狩りたい!ちゅっちゅ

907 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 23:36:11.85 ID:ZgTqXozD0
「パンツを狩りたい」…そんな言葉は使う必要がねーんだ
なぜならオレはその言葉を頭に思い浮かべた時には!
実際に相手に狩っちまってもうすでに終わってるからだッ!
だから使った事がねェーッ!
「パンツを狩った」なら使ってもいいッ!

というわけで俺は既におりキリのパンツは入手済みだ

908 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/30(水) 23:56:20.89 ID:dGxclbL40
あれは狩られる方じゃなくて狩るほうだろ!いい加減にしろ!

909 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 13:09:53.86 ID:iiJJGLAD0
>>909(キリカ)げと

キリカちゃんを着せ替えて遊びたい
執事服とか、織莉子ちゃんの魔法少女衣装とか、うふふ

910 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 13:18:48.29 ID:7JHjk8ob0
「こういうフリフリな服はだね、私なんかが着るよりかだね、織莉子が着たほうが適切かつ有意義だと思うんだがね」
「素敵よ(ニコニコ)」
「似合ってるぞ(ニヤリ)」
「むー…」みたいのは想像してた

キリカのキリ番getッ なんと聞こえのいい言葉かァ――――ッ

911 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 16:40:18.73 ID:iiJJGLAD0
キリカちゃん、絶対にふりふりひらひらな服が似合うよね
ていうか何を着せてもかわいくなると思う

エロかっこかわいいキリカちゃんを見て、馬子にも衣装というワードが浮かんだ家主なのであった

912 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 17:31:41.15 ID:dCszQoYj0
もし、子守をしなければならなくなったら、キリカちゃんはちゃんと出来るのかな

913 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 18:42:48.47 ID:zmaY3dFU0
まどポでの「ワルプルは普通に倒し得ること」「この世界には予知能力者や
速度低下能力者が存在し得ること」は暗におりこ肯定だと思ってたんだけど
不満スレで愚痴ってる自称おりこファンは何が不満なんだろうか…

914 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 19:17:44.90 ID:BQr7QBEFQ
「存在しうる」っていうか、ほむらさんが普通に速度低下してたような?
時間停止+十八番の速度低下のコンボ食らって
涙目キリカちゃんの八重歯ペロペロ!ペロペロ!

915 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 21:03:25.53 ID:3EcnvOqj0
逆に考えるんだジョジョ。
キリカの速度低下に苦戦したほむらがその実戦データから似た系統の技を作り出した。
そう考えるんだよ。

916 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 22:59:56.88 ID:4NkNgaZ00
悪いなのび太、不満スレや愚痴スレや強さ議論スレは見ないことにしてるんだ

時間停止+クロックアップ+速度低下で20ターンオーヴァードライブだッ!みたいな事になるのだろうか

917 :名無しかわいいよ名無し:2012/05/31(木) 23:14:38.35 ID:3g3sePLQ0
人間どころか魔法少女までもやめてやがるっ

918 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/01(金) 00:54:41.14 ID:N7PBXyiS0
ゲーム的に言うならほむらとキリカはスキルツリーが似通ってて
別の魔法を優先して取っただけのような気がする

919 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/01(金) 10:55:25.00 ID:y0959IBr0
魔法の種類、似てるかな?
行動様式は似たようなものだとは言え、願いは全く別ものだと思うんだけどなぁ

次スレ立てるかは別として、案を出してみるテスト
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは四回目のお茶会可愛い

920 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/01(金) 13:01:46.94 ID:r/efQTKa0
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは薔薇4本目可愛い

921 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/01(金) 23:16:19.14 ID:euGUhehmO
おりキリは絶対一線を越えてるね

922 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/01(金) 23:18:18.86 ID:In445gTf0
いいえ

923 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/02(土) 00:03:54.37 ID:6Y/q3Pn4Q
織莉子さんはノンケだけど
キリカちゃんは織莉子さんにだけガチレズになる

924 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/02(土) 00:13:31.60 ID:9mBHAMbb0
織莉子の股間にゼロ距離深呼吸したい
そのまま死んでもいいや

925 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/02(土) 14:10:07.71 ID:fdaFrBCH0
共依存百合
そしてほぼ恋愛と変わらない感情を感じてはいるが一線は越えてない

これが自分のベスト距離感

926 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/02(土) 17:51:13.54 ID:BeUiVJwzQ
織莉子さんはノンケ
これだけは譲れない

927 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/03(日) 10:18:03.21 ID:E3kwQR6r0
織莉子の胸に挟まれたい
そしてprpr

928 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/03(日) 11:25:45.75 ID:bJYZn1Ud0
「あの…お兄様、平気ですか…?」
「すこし息苦しさというか、圧迫感はあるものの
そういう感覚がより一層実感を与えてくれるというか、そんな感じだ」

みたいな感じで、どういう体位での接触かは想像にお任せします

>>925
イチャツキの度合いが高いほどネタ幅は増えるけど
自分もそれくらいの触れ愛ですねぇ

929 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/03(日) 15:57:39.98 ID:1I5AmSAWO
おりキリのガチレズ18禁本とか読みたい

930 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/03(日) 16:55:59.74 ID:JIbS1SmIQ
電車内でオッサン達に○されながらも
百合百合してる18禁欲しい

931 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/03(日) 19:18:29.98 ID:bJYZn1Ud0
やっとおりキリメイン本が1つ出ただけというのに、そんなニッチな内容の18禁が通るかっ…!
それはともかく、もうすぐきららマギカ発売ですね

932 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/04(月) 13:23:42.42 ID:j4doyDw10
絶対数が少ないだけに、二人が平穏にいちゃいちゃしてる同人誌が見たいです
究極的にはどんなのでもcome on! なんなんだけどね

>>931
出たら良いなぁ〜(チラッチラッくらいのノリなので、出なくとも精神的にはそれほどではない
が、やっぱり出てくれたら嬉しいなぁ

933 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/04(月) 14:02:35.47 ID:j4doyDw10
織莉子ちゃん、普段はサイドテールだけどやっぱり長い髪は邪魔なんかね
普通にファッションでお気に入りの髪型なのか
魔法少女姿だと下ろしてるしなぁ
カジュアルなオシャレに目覚めたりしたら、ばっさりいったりするのかね

934 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/05(火) 13:15:34.63 ID:hiDCr8ZK0
おりキリには荒木絵とヒラコー絵もマッチしそうだな、と思う今日この頃
ヒラコーのケレン味溢れる絵柄で愛を叫ぶキリカちゃんとか、是非見たい

935 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/05(火) 19:20:47.98 ID:vHbNQR+Q0
ここだけの話まどさや仁マミは好きだけどほむ杏はあんまり好きじゃないんですよね
それを理由に荒らそうとは全く思わないけど黒赤が絡んでくるだけでちょっと不愉快になる
おりキリスレだから言える暴露話


936 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/05(火) 19:28:24.82 ID:Wrt6GEeL0
おりキリと微塵も関係のない話はしかるべきスレへどうぞ

937 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/05(火) 23:03:24.90 ID:deJYj0P1O
おりこちゃんて魔女退治や魔法少女狩りはキリカにまかせっきりだから
いざ自分だけで魔女と戦うことになったら大変だろうな

938 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/05(火) 23:14:44.41 ID:7lHE3GaJ0
おりキリがバンダナになっちゃった話
ポケットて、ナニの位置が近いよな
これはエロい予感

939 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/05(火) 23:36:07.89 ID:BalgiMUI0
まどかMADムービーとか見てると、おりマギの素材の少なさにもどかしく感じることがよくあって困る
コミックでMAD作ってた人には感服するわ…

940 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 00:10:35.51 ID:mNxCfcQr0
はぁ、おりキリとまったりゆったり、一日中のんびりしてたいなあ
いちゃいちゃ、だるだる
かわいい。ぎゅむぅー

941 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 07:15:59.96 ID:Rdi8jsq+O
二人と一緒に風呂に入りたい

942 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 12:17:24.40 ID:3JEaLVxR0
>>941
急な雨に、たまたま家が近かったので家主の家に雨宿りするおりキリ
冷えた身体を温めるために風呂を借り、何故か一緒の入浴を勧められる家主を受信した

織莉子ちゃんはいつも泡風呂に入ってるイメージ
大事な所は泡が隠してくれるよ!

943 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 20:21:50.54 ID:nUBbYXLA0
>>937

まあ、元々支援型だから単独だとあまり強くないからね
逆に組んでこそ力を発揮できるタイプだしね

ほむほむと組むと攻撃手段の弱さをけせるんだけどねえ…



944 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 22:04:51.06 ID:8GvOimNX0
このスレてほむらのステマとか勘弁してくれないかな

945 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 22:17:39.44 ID:nUBbYXLA0
ステマじゃなくて純粋にキリカの能力に近く武器を渡せるからって思って書いたんだが

ちょっとでも自分の気に食わないからってすぐステマっていうのはどうかと思うぞ

946 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 22:54:26.26 ID:I2xXsJNv0
うちの脳内の織莉子さんは多彩だから大丈夫だ、問題ない

947 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 23:01:54.11 ID:s/NYUOYJ0
玉に乗ったり、玉を大きくしたり
玉でバリア作ったりする織莉子さん

948 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 23:06:22.96 ID:Rdi8jsq+O
勇者王のアイツかいなw

OROCHIの官兵衛に近い感じじゃないかな

949 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/06(水) 23:10:27.39 ID:I2xXsJNv0
玉を連呼されるとスクライドの橘あすかを思い出してしまうが、だいたいあんな感じ
まどポ関連眺めてると空想癖が刺激されて困るなまじで

950 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 00:23:59.22 ID:v1SEUUSa0
>>949
織莉子さんの大事な玉か…

951 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 08:09:36.20 ID:BERnqCf60
単独スレないのか
http://i.imgur.com/K7yzz.jpg
なんか新しかった
親愛棒がごにょごにょ…

952 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 08:59:20.97 ID:neLijlnK0
ほむらの火力は盾に仕込んだ近代兵器ありきのもの
同じように、キリカだって副次的武装として爆弾やピストル使っても良い筈
まぁ盾が無いから、さすがにミサイルどかどか降らすのは無理だけどw

某SSだと隠し球としてレールガン義手使ってたし、手法次第でいくらでもやりようは有ると思うけどな
「範囲限定の時間遅延」とか、かなり応用の効きそうな能力なわけだし

953 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 09:00:02.31 ID:neLijlnK0
>>943
ほむらの火力は盾に仕込んだ近代兵器ありきのもの
同じように、キリカだって副次的武装として爆弾やピストル使っても良い筈
まぁ盾が無いから、さすがにミサイルどかどか降らすのは無理だけどw

某SSだと隠し球としてレールガン義手使ってたし、手法次第でいくらでもやりようは有ると思うけどな
「範囲限定の時間遅延」とか、かなり応用の効きそうな能力なわけだし

954 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 09:00:41.08 ID:neLijlnK0
……連投申し訳ない

955 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 13:24:50.92 ID:yCuq9K8V0
アレの話をするのは不愉快だからやめてくれないかな

956 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 15:58:39.34 ID:91CTba1KQ
>>951
ゆっくり実況以来の杏キリだな・・・
八重歯コンビ可愛い

957 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 16:46:27.28 ID:3LVA27C30
おりマギ番外編ですって?やったー!

958 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 16:47:56.37 ID:2yKxWi2Z0
>>957
もう今から震えが止まらんわww

959 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 17:36:17.81 ID:Iv3yD+yl0
>>951
prprprprprprprprprprpr

960 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 17:40:18.71 ID:Iv3yD+yl0
http://i.imgur.com/Xa6Nz.jpg
で、これが件のソースかな
明日発売だっけ?

961 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 18:24:00.08 ID:91CTba1KQ
>>960
な ん と い う こ と で し ょ う

962 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 22:21:53.92 ID:bgj6Pz150
次号だから明日のはスルーしよう…

963 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 22:36:12.73 ID:n4paYciH0
しかしだね、次号といってもきららマギカは隔月発売だ
一週間くらいしたらほらあれだ…買ってみようかなって気になるぞ、きっと


何度も一挙放送されてる本編と反比例してなになに外伝なんてあったの?な現状
誰得俺得度が低い企画だだと正直思ってしまうが嬉しいじゃねぇかコンチクショウ!

964 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 22:40:02.05 ID:3LVA27C30
ゆまは今回既に出てたらしい
このまま知名度上がってくれればうれしい

965 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 22:44:45.42 ID:n4paYciH0
ゆまっちはアラサーマミさんの佐倉ゆまなんじゃないの?明日買うから予想でだけど

966 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/07(木) 23:03:40.40 ID:TvFa6vu1O
これってイラストとか投稿できるのかな…

967 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 00:16:08.47 ID:ln8l8hyc0
>>960
これは楽しみ

968 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 10:56:32.45 ID:Eaz1Umg/0
きららマギカ、アンケート用紙とかつくのかな
だったらおりこ番外編がすげー楽しみです、みたいな感想書いて送るために今月号も買うんだけど

969 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 13:05:54.66 ID:JA6rZ7+n0
次スレ案

【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは無限に有限可愛い薔薇4本目


            ,.彳::::::/:::::/::::::i::::i::::::::::::ハ::::i::::::゙、::::::::::::::i:::゙、       .,.--- 、     |       / イ   |      | l    、      l  |
   ,.--- .、. _ ´, /:::::::/::::::/::::/:|::::l::::::::::::|―‐+女::::::::::::::::|::::l     /   / \   |      /イ/   _/,.     | |__、   \    |  !
  /        //:i::::::/:|:::斗弋´|::::l:::::::::::| | ヽiヘ\:゙、::::::::::|::::|  /  / /     i   |    / / イ/ ハ {       j リハ、   } `\   | /
 /     ヽ ヘ   /',l::::::i::::|::/i::::斗 |ヾ:|ヘ:::::::| ,二ニニ、、ヾ ::::::::l:::::|/   / //     |   ゙.      /  /イ _∨    /l / __l } l !      /l /
 i       ヽ ゙、´ /|::::l::::::l:i,斗代氏` ヽ、\i ´ 代刈 ゙リ::::` 、l::::::|マ   /´       !   ヽ     / ,/rィテ心 } 、  / /圷/}/,リ VI.    / l/
 ゙、        ヽi. l |::::l::::::::|:、ヽゞ斗’  \ ヽ  ゙゙゙̄ l:::::::::::i:::/i| マ  /         /     }  /´  {、弋z(ソ   、i / / ゞ' /´  } l/   /
  ゙、        ヽ  l:::ハ::::::::iハ ´、、、、. '       ./i::::::::::i:::j .|゙、マi/          /    ,/ イ {    ヽ、      /  、  /  / }   イ{
   ゙、        ヽ ∨ i::::::::::::i        _.._   ´l:::::::::/:::l .i  >´         /    /イ\ l       }          /  ,ハ/     ! \
    ゙、        ヾ  i:::::::::::ゝ    ヽ´  `'ノ  /i:::::::::i:|:::i /         /         ` } 、__ ト,!     -  ,.イ ハ/ /    |  \
    .゙、         ゙>|::::::::::::::\   `  ´   /i:::::::/ !:'<          /.          ,..|  VI  `ヽ、    / >、リ       |    \
     ゙、           l:::::::::i:::::|.>、 _ ,..  ,´!=l:::::r '´   ヽ、        /         // j       /`¨´:::::::l l|:::::::::`ヽ、    ヽ     `ヽ、
      ゙、   /      l:::::::|と´  |;;;;.-‐ '´ , .i::::∧\     ト、     /        // }       {、:::::::::::::::l l!:::::::::::::::::}     、       ` 、
       .゙、/        l::::::|、`二´. -‐ ' ´  l:::::|   \   .i へ_  /       /:::/           ∨::::::::::l l!:::::::::::::::::l              \
        ゙、        i:::::| .i _r-、_レi   , /i::/|           /        /:::/、           / ∨::::::, ,:|::::::::::::::::::l
         ゙、/    >;;';;;´;;;/;;/;;;;/;`;;<´/.‖ .|          /        ,::::::::::::\―――--    /∨:::j j:l、::::::::::::::::l



『魔法少女まどか☆マギカ』のスピンアウト作品『魔法少女おりこ☆マギカ』に登場する主人公の白い魔法少女美国織莉子と愛棒の黒い魔法少女呉キリカ

「私の世界を守るため よ」

「だって 愛は無限に有限だよ」

>>950を踏んだ人が次スレを建ててください
無理ならすぐに代役を指名すること

関連スレ
【かずみ】 魔法少女まどか☆マギカ シリーズ統合スレッド34 【おりこ】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/comic/1338691349/
魔法少女まどか☆マギカ 第3087話
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1339082634/
【おりこ☆マギカ】千歳ゆまは猫耳可愛い4匹目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1325490621/
まとめwiki
http://www22.atwiki.jp/madoka-magica/

過去スレ
【おりこ☆マギカ】美国織莉子は無限に有限可愛いに1呉キリカ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1315090743/
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは身長差可愛い2
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1322307171/
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは角砂糖3個目可愛い
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1329876532/

970 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 13:06:37.16 ID:JA6rZ7+n0
自分は立てれなかったんで、誰か立てれる人、お願いします

971 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 13:09:00.26 ID:+QY6kcgv0
んじゃちょっと試してくる

972 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 13:12:06.94 ID:+QY6kcgv0
スレタイが長すぎて無理
どっか一文字削って

973 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 13:17:51.71 ID:JA6rZ7+n0
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは無限に有限可愛い薔薇4本目
 ↓
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは薔薇4本目可愛い

で、お願いします

974 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 13:19:43.46 ID:+QY6kcgv0
よし、立った
【おりこ☆マギカ】美国織莉子と呉キリカは薔薇4本目可愛い
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1339129146/

975 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 13:22:29.25 ID:JA6rZ7+n0
>>974
乙←織莉子ちゃんのサイドテール

976 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 14:59:03.57 ID:7oM5ApOwO
>>968
つきます。

977 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 15:08:31.86 ID:JA6rZ7+n0
>>976
おk、買ってくる
引かれない程度におりこ編への思いの丈を書き連ねてくる
うふふ

978 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/08(金) 23:08:05.01 ID:qpYajdI60
長い戦いだった…雑誌の雰囲気だとガチバトルよりほんわり系な内容になりそうかな、これは

979 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/09(土) 09:13:16.10 ID:UtRlfOaJO
ムラには空気をよんで欲しくないから鬱系で…



980 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/09(土) 12:38:36.36 ID:Goh1Rz8p0
やだ!そんなの小生やだ!

981 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/10(日) 14:27:00.65 ID:p6SBXpFN0
酸素補給きた!とは思ったけれど隔月発売は遠く感じるな…

982 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/10(日) 21:38:26.34 ID:p6SBXpFN0
カラオケでTOUGH-BOYをデュエットするおりキリを想像しながら気長に待つか…

>>974
乙です

983 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/10(日) 21:47:10.05 ID:MRuwuzV/0
90 名前: メロンさんex@ご利用は紳士的に [sage] 投稿日: 2012/06/10(日) 21:23:15.31 ID:rUR5sS/+0
あれはムラ黒江の良心だろ
予知のできるおりこならほむらのザルガードなんて関係無く暗殺できるだろうけど
本編組を完全な悪役にしない為に学校襲撃させたんだよ

91 名前: メロンさんex@ご利用は紳士的に [sage] 投稿日: 2012/06/10(日) 21:27:42.26 ID:7kyszK4B0
おりこの駄目なとこはなのがおりキリがした魔法少女狩りや学校襲撃のようなほむらを悪者にしないためとマミ杏子を絡ませるための無駄行動だな
目的と手段が全く噛み合ってない、無駄な殺戮でしかなかった

984 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/10(日) 22:26:53.80 ID:p6SBXpFN0
ふむ、続けて

985 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 07:42:11.43 ID:P4oPsBGbO
織莉子さんはふわとろおっぱい という言葉を一目視た時から堪らな過ぎて頭から離れなくてヤバい……。

986 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 07:59:15.83 ID:LDKM7trYO
デリヘルマギカで外伝組が出るのを祈っている

987 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 09:15:14.00 ID:BhTXGhl/0
サンドウィッチされて洗われる状況しか想像できないですね

988 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 13:11:10.55 ID:LDKM7trYO
オ○ホールっていう伏せ字を見ると無意識に「リ」を補っちゃって変な罪悪感に苛まれる

989 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 13:18:03.13 ID:BhTXGhl/0
その発想は完全になかった、Hentaiめ…ッ

990 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 13:33:25.25 ID:xie3ciIy0
オリホール……
政敵のグループに拉致られ、廃ビルの一室で監禁調教される織莉子ちゃんか
何というエロ漫画的展開

991 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 15:22:04.29 ID:BhTXGhl/0
壁に穴があいていてそこに性器をいれると…なシチュの方がいいですね、個人的に

992 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 15:26:03.83 ID:6BSmhlwg0
生まれてきた意味を〜って子だからこうすればみんなの役に立てますよって上手いこと言えばそこまで持って行けそうだな

993 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 15:36:15.50 ID:xie3ciIy0
「貴女の役割は、その恵まれた身体で男の人を悦ばせることです。さぁ、さぁ、服を脱いで、みなさんお待ちかねですよ」
「は、はい……私なんかが、それでお役にたてるなら……」
みたいな?

でも織莉子ちゃんの願いって、「教えて」ではなく「知りたい」だったから
意味を与えられるよりも、自分で得にいきそうな性格なんじゃないかと思う

994 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 15:41:31.00 ID:BhTXGhl/0
まぁえちぃ織莉子さんにも興味はあるけど、基本おりキリがきゃっきゃしてるのを眺めてる方が好きなんですよね

995 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 16:39:42.22 ID:LDKM7trYO
>>990
性的なグループに空目した
そして勝手に思い浮かんだプレイアデス聖団を性団と二度空目して
あすなろドームでプレイアデスにトッコされてズッポされる織莉子ちゃん達が思い浮かんだだろうがふざけんな
上半身に風見野ドーム×2ってやかましいわコラ

ニコちゃんの生成した生バイブを嬉々としておいしそうにしゃぶる織莉子ちゃんキリカちゃんゆまちゃんはまだですかね

996 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 17:36:02.57 ID:xie3ciIy0
「悪いけれど、キリカ以外に責められるのは好きではないの」
「織莉子以外に、以下同文!」
て、プレイアデス相手に女王様するおりキリだって良いと思います!
ていうか、あんなに受け臭いサキさんがいる時点で、プレイアデスが総攻めというのはあり得ないと思う

なんでスレのラストにエロ話で盛り上がっているんだろう、てことでSS↓
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1133853

997 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 23:14:57.49 ID:Z8jLML890
トッコされてズッポされるで吹いた

>>996
乙!
やっぱり同じ高校ネタって考えちゃうよなあ

998 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 23:22:48.88 ID:BhTXGhl/0
俺は百合が好きなんじゃない、おりキリが好きなんだ!という理論は
たまたま好きになった子がゆま(幼女)だっただけだ理論な気がしてきた今日この頃みなさんいかがお過ごしでしょう

>>996
乙です
最後の埋めくらいちょっとやらしいこと言ってもいいよね…って思ってしまっただけなんだ

次号のきららマギカを楽しみにしつつ、俺は喜んで踏み台になるぜ…

999 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 23:55:00.47 ID:98yif+Yu0
百合も幼女もスキです
もちろんおりキリゆまも大好きです
セクハラ好きなゆまちゃんがスキです

1000 :名無しかわいいよ名無し:2012/06/11(月) 23:59:32.05 ID:1kBKxQTf0
>>990-993みたいなSS書いてくれる人いないかな〜

織莉子ちゃんキリカちゃんprpr

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

398 KB
俺はラーメンスープを盛大に噴き出しそうになった。折り悪くレンゲからスープを口に運んでいた俺にもう少しこらえ性が無ければ、炬燵板の上は間違いなく惨憺たる有り様に成り果てていただろう。
見れば、織莉子ちゃんも絶句していた。口からは麺が半分ばかり垂れ下がっていたが、そこは良家のお嬢様、はっと気が付くとちゅるちゅる啜り、何事も無かったかのようにティッシュで口元を拭っていた。
「こんなでかい娘を貰った覚えはない!」
当たり前だ。こっちはまだ20歳を過ぎたばかりの若造なのだ。それが、こんな14ないし15歳ほどの娘を儲けてなんとする。
キリカは顔を真っ赤にしてあたふたしている。 直宏品田直宏品田直宏
Jり広げる不思議な恋愛物語 d.cgi/cat/1014772196/6769" target="_blank">>>6769
u!>>1842>>1207>>9287j>>1879>>8650_\>>8586>&g Z/test/read.cgi/cchara/1329876532/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★