5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀魂の愚痴スレ57

6 :マロン名無しさん:2012/02/06(月) 12:17:42.80 ID:???
それでも、押え付けられた両の手首を自由にしようと、銀時の身体の下で身体

をよじる。
だがベッドのスプリングが軋むだけで、銀時から逃れられよう筈も無い。
「なぁ、お願いだ・・・これ、外してくれ」
キスの合間の桂の抗議の声が懇願に変わる。
「そんなに嫌?」
「だって、・・・こんなの変だ。なんだか恥かしいし」
「けど、何時もよりずっと感じるでしょお?
――――ほら」
「あんっ!」
突然、乳首を指で摘まれて、桂の身体はびくりと跳ねた。
自分の上げた思いがけないほど大きな声に、桂は真っ赤になった。
「もうっ・・・やだっ・・」

先程銀時によって付けられたアイマスクで視界を遮られた桂の全身は、
本能的に視覚以外の神経を張り詰めさせ、些細な刺激にも敏感に反応する。
恥らう桂を楽しそうに見下ろしながら、銀時はその手を進めてゆく。

243 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)