5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【君に届け】椎名軽穂70

1 :花と名無しさん:2012/07/10(火) 18:46:30.18 ID:???0
別冊マーガレットにて現在『君に届け』連載中の椎名軽穂さんの作品について語りましょう。
※基本はsage進行です。メール欄にsageと書き込んで発言してください。
※荒らし・煽り・厨房は完全スルーでお願いします。相手をするのも荒らしです。

********************************************
現在スレに荒らしが粘着中です
作品の話がしたい時は以下を利用しましょう
荒らしを構うのはやめてください

【2ch少女漫画板】君に届け【避難所】
http://jbbs.livedoor.jp/comic/6326/
********************************************

『君に届け』1〜15巻絶賛発売中!
アニメのBD-BOXも発売中!

※ネタバレは雑誌公式発売日0時以降解禁
それまでは↓
君に届け ネタバレ専用スレ10(難民板)
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1322056819/
アニメに関する話題
君に届け 総合 episode:48
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1310737646/

映画に関する話題
【多部 未華子】 君に届け 【三浦 春馬】その11(映画作品・人板)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1319803666/

前スレ
【君に届け】椎名軽穂69
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1333425598/

752 :花と名無しさん:2012/08/15(水) 09:54:49.96 ID:???0
校門から、部活を終えたらしい生徒たちがぞろぞろと出てくる。
あたしも数年前は、あの制服を着て、ここに通っていた。
ちづや、爽子たちと一緒に。
北幌の桜は咲くのが少し遅いから、ゴールデンウィーク前の今頃が、ちょうど満開。
校門から少し離れたこの場所に車を停めたのは、校庭脇の桜の木が、ここからだとよく見えるから。
あたしは、窓を少し開けるとタバコに火をつけた。
夕暮れの中、桜が散っていく。
高校生のころの自分は、自意識とか劣等感で、がんじがらめの、ぐちゃぐちゃだったと思う。
でも、振り返ってみると、切なさで胸が痛くなる。
決してあの頃の自分に戻りたいわけじゃないけど、時々堪らないほど、懐かしい。
煙をくゆらしながらそんなことを考えていると、校門からあいつが出てくるのが見えた。
「悪りい!待たせたな」
あいかわらず、デカい声。
助手席に乗り込むと、ぽんぽんと頭をたたかれた。
「何すんのよっ」
「挨拶だ! 運転、代わるか?」
「別に、近くだし、いいわよ」
「まだ始まるまで少し時間あるだろうが。そのへん少し走って、時間つぶそうぜ」
今日は、ちづと龍の結婚の簡単な前祝い。
あたしはなぜか、ピンをピックアップして、約束の店に行くことになっていた。
ピンは半ば強引に運転席を奪い、あたしたちは、短いドライブをすることになった。

753 :花と名無しさん:2012/08/15(水) 09:55:38.29 ID:???0
「お前、大学行ってから、こっち帰ってくるの久しぶりなんじゃねーの」
「・・・それほどでも、ないけど。実家にはたまに、戻ってるし」
「ふーん。たまに帰ってんなら、連絡くらいよこせよな」
「は?なんであたしがあんたに連絡するのよ」
強く言い返した。でもなぜか、少し顔が赤くなる。
「懐かしい恩師に会いたくねーのかよ。あんなに世話してやったのに」
ピンは前方を見たまま、ガハガハ笑ってる。
よかった、気づかれてない。
いつのまにか、車は、海沿いに出た。
「あー この辺、懐かしい」
いつか、ちづがずる休みして、埠頭に来てたことがあったっけ。
爽子と二人で、様子を見に来たことを、思い出した。
ふと、エンジン音が、停まった。
ピンがこっちを見てる。
「な・・・・なによ」
「何があったのかしらねーけどよ。おめーはもうちっと人に頼ることを学ぶべきだな」
「は?」
「ひでー顔してんだよ」
「!!」
「ぶさいくとかそいういうことじゃなくってなー。ツライことがありましたって顔に描いてあんの」
「何テキトーなこと言ってんの!」
「おめえ、教師なめんなよ。俺様が何年お前の面見てきたと思ってんだよ」
「そんなの、もう何年も前のことでしょ」
「関係ねーよ。お前はいつまでも俺の生徒だ」
「・・・・・・・」

754 :花と名無しさん:2012/08/15(水) 09:56:22.13 ID:???0
ばかじゃないの。
ピンのバカ。
でも、当たってる。
正直、今、ある出来事のせいで、つらくてしょうがない。
でも、誰のせいでもない、自分のせいなんだからと、胸のうちを誰にも打ち明けずにいた。
ちづや爽子が側にいたら、違ったのかもしれないけど、意外と人見知りのあたしは、札幌での新生活で、心を打ち明けられるほど親しいひとをまだ見つけられていない。
「うん・・・・」
いつになく、素直な気持ちで、答えた。
「そろそろ時間だな。戻るか」
車はUターンして、もと来た道を戻っていく。
いつの間にか日は沈んでいて、ヘッドライトが、懐かしい故郷の道を照らしている。
約束の店まであと15分くらいだから、そのころには涙も乾いてるに違いない。
あたしは化粧を直すために、ハンドバックからコンパクトを取り出した。

160 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)