5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

萩尾 望都(49)

1 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 08:45:00.54 ID:???0
■萩尾望都さんの作品群について、ファンも普通の読者も 忌憚の無い意見・感想をどうぞ。
ただし根拠のない批判・中傷はアンチスレでやってください。


■前スレ
萩尾 望都(48)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1338200555/

次スレは>>980がたててください。
■過去ログ等は>>2-10あたりに

■関連スレ
-懐かし漫画板-
【萩尾望都】 ポーの一族・13 【永遠の名作】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1292167152/
【萩尾望都】残酷な神が支配する-4
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1326835995/
【萩尾望都】トーマの心臓・2【ギムナジウム】
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1315306463/

2 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 08:45:11.55 ID:???0
■過去ログ 1-25

http://salad.2ch.net/gcomic/kako/943/943459796.html
http://salad.2ch.net/gcomic/kako/980/980342609.html
http://choco.2ch.net/gcomic/kako/996/996629760.html
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1004442612/
http://comic.2ch.net/gcomic/kako/1018/10181/1018111053.html
http://comic.2ch.net/gcomic/kako/1031/10313/1031395977.html
http://comic.2ch.net/gcomic/kako/1038/10389/1038921666.html
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1048415386/
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1064331328/
10 http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1073708464/
11 http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1081594401/
12 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1088607811/
13 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1097860642/
14 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1102227907/
15 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1108086732/
16 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1116612564/
17 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1124828648/
18 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1129152799/
19 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1133430576/
20 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1140100660/
21 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1146486041/
22 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1153146751/
23 http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1159371657/
24 http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1167009487/
25 http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1177345153/

3 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 08:45:32.07 ID:???0
■過去ログ 26-

26 http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1183034312/
27 http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1190047150/
28 http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1190047150/
30 http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1194662221/
31 http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1200104252/
32 http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1200104252/
33 http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1206873181/
34 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1213588116/
35 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1224333767/
36 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1236749861/
37 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1247886173/
38 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1259498237/
39 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1265740240/
40 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1265740240/
41 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1286092486/
42 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1289811176/
43 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1295862859/
44 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1304552689/
45 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1310990616/
46 http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1320291236/
47 http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1331312542/
48 http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1338200555/

4 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 08:45:43.33 ID:???0
                     ,.-‐=ー-−、
                , -{〃´r  `ヽ. 丶
                /, イ い ー-、    `、
                ノ ゝ  `下ヽい  j ぃ.ヽ
               〃 い ぃ_ノ八ー' 、_,小 ヽ.い
                 八ゝィ(、_冫ィrくヘ(__,〃 ミヽYリ
             { ゝいン‐-廴いゝン-いゝ川 {
             }Yハ 涎nヾ代愆シ`〉Yィ'リ
             ヾゝい    j    / ノリ´
                `込  __,,__   /イ^′, -<¨¨ ‐、
                 r_、  ̄  イ^´ /       \
                    }ニヽ.`¨´〆´{ /            ハ
                ノ廷込Y'{rI巧∨    r  _     ',
          , -‐、 -‐'´  ̄`ゝ孑乍ミ7     ノ⌒ ヽ {.   i
          〃シ/兮、  _/匁/}ドI父f (、ノ_,∠._   __い、_ノ |
        /乏yiWrfヘ ヽゞタ/'ノ}!t},ネ{ 小 r符ミ  ' r符ミtり} |
      /'爻〃 リ' }j'りハ.  Vイタ{{カt,ハ{ {ぃ ^¨´ h `¨^ rラ′!
     /〃朮/x〃ォリ〕}ルiヘ. hホ;!}价}  いヾ、   '   ,{(.ノ/ヽ\
   /ッ厶 ル'衣/ゞ/仞{刔ハ !仔}.{弁{ / 弋タ\` ̄´ イ心./   `、ヽ
   '^^^/ ty'r片/r_/r〃えl爿ヘ.l込{ }戈j./ /´`フ'| ` ー ´ {ヘ‐'^ヽ.     ',
.    / ん幺イ7方ソ,!余;朷j tj|爻} {父j′ / ヘ   / \  ヽ.   ! i
    '  ⌒´h伐ルくj弐ネくリ,{f|戈{i }_込_イ戈ぇ癸,ゝにユtュ.--―‐、  l |
   /    亅ゝ'´l }iゞlゞ{小!tゞ'卞冖示テ=会テ示冖'j|「 ̄`歹矛ヽ、 | |
   /      !    l {爻j〃}jtぐく必込X述シx伐ゞム圦.v!l込シx'イ來弐込!
  '      |i   | ヽハ爿刈ネYヘ弐ソハ.Xイ夾ac^込7l|lXx代恍迄al.′
 /        l !   l    Et{r{/`込ぃ.來ネa |  `7 j;||來朮a ヽ._, |
/      h|    i    t予/   ヾ沙宀'   l   /.h!|込a  ! `ー-l

5 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 08:45:50.88 ID:???0
       ,. ‐'"´ ̄ ー- .
      , ‐ '  _       ヽ ._
     /  rく'´  ヽ        `ー 、
    / /  ノ }   ノ             ヽ
  、_ノ   !  /  , '      }     i }
   〃  ノ /   '´  ノ  ノ  ノ j  } リ ト
   {  ,/ {/   .  '´ / / ,〃 / イ! ,ハ
    、イ{ 人. /  , '´ ,∠__, -' //ノ〃 }
   } ヾ_ト、 {  /{   /,.=、7 / ,r_⌒/ _,ノ
   ヽ. {、_) ゝ{ ハ_ 小tツ{,.イし i{t;リ7 (
     )ヽーr{ `7 ` ^`  `   |`^ !ノ^
    `ーr ヽ.),イし'       ,! /
        !{ l ^ー'´     __´ /
      `` l   \    ー‐ /
         /!     ` - .__,.イ
      /  ,l       ノ  ヽ     _,,. 、
    _,. /   ! !      /    }ー ‐''7-‐' `ヽ
 __,.-'´:.:,'   {|     / __   !:.:.:.:./`ー‐'   ',
´ ,!:.:.:.:.:/    、   // ./ /:ヽ l:.:.:./         i
/!:.:.:.:/ ,.イ⌒ヾ、 /.//./:.:.:.:.丶!:./ !         !
  |:.:../:.:.:.| _,.--、ヽ'-‐'-、/:.:.:.:.:.:.:.:.`:!|      |
  !:.:.:.:.:.:_,.-':,r'⌒}_::}、‐-、::冫:.:.:.:.:.:.:.:.:| l        l
  ,!:.:.:.:.:.ヽ_イ_,// !::| ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.! !   /    |
 /,!:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::/ /::::! ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!l. //    |
/ /ヽ:.:.:.:.:.:.:/:::/ /:::::! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} / , '      !
./  l:.:.:.:.:./:::/ヽ/:::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ '      l

6 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 08:46:01.33 ID:???0
               _  -ー--―- .._
             ノ´          ヽ
            〃               `ーく
          , '´                 \
         /            /,      ヽ、 ヽ
          i 、           (   `、ヽ   }リ il
        (jり     ノ  ,     ヽ   ヽノ Y' , リ
        ノ    / , イ   、、  }li  il ! リ }((,イ
       〃   ,  /   { {{ r(_ノノ ノ人_ノノ〃_,イリ` }!
       t  {、 い.ヽ.__トこ._'⌒ー-,r_ニ.´^tフ,.イt 彳
        /〃 {{下、.‐'フfrrヘ`   i '{kタk {{ ヽ',.イ
        いヽ_ハ. いヾ:ェタ.    l ^'宀'´ !ラく小{
        `爪_ ゝくヘ  ´^    |     ,ハ.ノノノ
         ``ヽ._ゝベ、      _´_     /、(し´
            `いr、\   ´ー ` ,.イゝー'´
              ゞ-ク{ `丶 .__ _,/l!ト、
               /:::l  \   / l:::ヽ
            ,.イ::::::::::!   /r:く_  l::::::l`ー- ._
         _,.-'´:::::|::::::::::::!_,.-‐''_}::{_ ̄`ヽ:::!::::::::::::`ヽ、
       ,.-'´、::::::::::::::!:::::::r'´::,r'´イ ´ト. ̄ヽ::/〉:::::::::|::::::ハ
      ,::::::::::::i::::::::::::`フ´ヽ'r'7:::l  |::| 「`"、::::::::::::!:::/ /:i
       l::::::::::::::!::::::::::/:::::::::::::l.l::::|   !:| |::::::::::ヽ::::::!:/:/:::::|
        l::::::::::::::::!:::::::::ヽ::::::::::::l:::::ト、  ,!::|.l::::::::::/:::::::!〃::::::::!

7 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 09:00:44.96 ID:CDxDkugx0
>>1-6 乙です!!!

8 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 10:22:34.49 ID:???0
>>1
>萩尾 望都(49)

ずいぶんサバ読んでるだろw

9 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 10:30:53.35 ID:???0
萩尾 望都(63)

これが正解だ!

10 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 20:28:48.26 ID:???0
気になって初代スレの日付を見たら1999年だった
年に4スレ位のペースと考えれば
4年後辺りにスレ番と年齢が揃う時がやって来るよ

11 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 21:23:34.99 ID:???0
>>10
そんな昔から2ちゃんねるがありましたか
パソコン通信ですか

12 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 21:38:48.95 ID:???0
>>11
2chは1998-1999あたりにあめぞうから分離・独立してできたもんだよ
まだインターネットが完全に普及してるわけじゃなかったけど、パソ通よりは
もうちょっとあと
夜11時〜朝8時までの「テレホーダイ」の時間帯が利用者のピークだったりとか、
まあ時代ネタはいろいろある

13 :花と名無しさん:2012/08/31(金) 22:08:04.86 ID:???0
なつかしいなおい

14 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 00:17:05.31 ID:???0
前スレ1000に不覚にも吹いたぜ…っと>>1乙です!

テレホ懐かしいなw

15 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 07:34:18.01 ID:???O
ついでにあめぞうが潰されたのは、関西のバスの運転手には部落が多いと言う書き込みに
ヤクザがクレームを付けて管理人を脅したから
それ以降あめぞうは2ちゃんになり、鯖は国内から外国になった
2ちゃんが一躍有名になったのが例のバスジャック事件なのは皮肉な話
とりあえず>>1

16 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 08:16:17.67 ID:???O
歴史の語り部だね。

17 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 09:06:39.51 ID:???0
あめぞうが2ちゃんになったわけじゃなく、
あめぞうの混乱期にどさくさにまぎれてひろゆきが2ちゃん作って
その後2ちゃんがメインストリームになったんでは

18 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 17:55:50.00 ID:???0
そうそう

あめぞうに2ちゃんの宣伝コピペをしてうざかったとか
読んだことがある記憶がw>ひろゆき

19 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 18:11:45.00 ID:???0
>>14
落ちてて読めない。
どんなレスだったか教えてください。

20 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 18:14:12.91 ID:???0
>>19
1000 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/31(金) 12:07:40.31 ID:???0
そんなムエタイな

21 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 18:38:26.96 ID:???0
>>20
ありがとうございました。

22 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 18:46:06.95 ID:???0
ほんの10年前までは、ネットをつなげるときには、
ぴ〜〜ひょろひょろ〜〜うんげうんげ〜〜ぐがが〜〜〜とPCが鳴っていたんだよなあ

23 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 19:59:45.56 ID:???0
懐古そろそろ終わろう

24 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 20:51:46.94 ID:???0
いや、懐古ネタは自分には新鮮なので無理に中断させなくてもいいのでは?
スレチってことは知ってるけどw

25 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 22:18:49.95 ID:???0
>>22
ワロタw
なんか宇宙人と交信してるような謎めいた音だったな〜

26 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 22:21:07.02 ID:???0
ダイヤルアップ、だったっけ?

27 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 22:34:24.08 ID:???0
そりゃ、データ信号を音声に変えてたわけだからしょうがないよ。
カセットテープをデータ媒体に使ってた頃だって、データ入りテープを
普通に再生したらピギャーとかそんな感じなわけだし。
PCやってたかどうかは別として、ここの住民は世代的にそれくらいだと思うんだが

28 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 22:35:21.55 ID:???0
>>27
>しょうがないよ。

そういうハナシじゃないんだがw

29 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 22:43:42.64 ID:???0
完全にスレチだからチラ裏へどうぞ

30 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 22:44:49.95 ID:???0
いやなら来るな

31 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 23:08:57.09 ID:???0
ホント完全にスレチ
でも懐かしくて楽しいから私はオケw

32 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 23:09:08.39 ID:???0
すべて>>11のせいだ。

33 :花と名無しさん:2012/09/01(土) 23:15:53.57 ID:???0
ブラボー>>11!!!

34 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 00:09:34.46 ID:???0
ギシスレ化も近いな

35 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 00:27:41.03 ID:???0
それは勘弁

36 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 06:13:32.81 ID:???O
>>22
初めてPC買ってネット始めたのが丁度10年前だけど、そんな音しなかったよw
しょっちゅうフリーズはしてたけど

37 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 07:02:32.85 ID:???0
>>36
接続法が違うんだよあんたのはw

38 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 10:00:14.84 ID:???0
キャベツ畑の遺産相続人に出てきた宇宙人がしゃべってるのかと思ったぜ。

39 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 10:14:34.15 ID:???0
ちなみにこんな音ね

ダイヤルアップ接続音
ttp://www.youtube.com/watch?v=WflkFUY9pHI&feature=related

まあスレ違いになってるし、そろそろ萩尾話に戻ろうよ

40 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 10:40:05.00 ID:???O
海のアリアではもうノートパソコンが出ていた
萩尾さんはネット繋ぐの結構早かったのかな?

41 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 15:27:07.79 ID:???0
単に、近未来設定のような。

42 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 19:14:00.48 ID:???0
ファッションを見てると当時の時代とリンクしてる気がするが。
初代98NOTEが1989年11月に出てるからそれ買ってた可能性もあるね。
↓こんなの
ttp://dbnst.nii.ac.jp/junior/detail/641
でも当時は30〜40万ぐらいしたはずだけど萩尾さんなら楽勝で購入出来たろう。

43 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 22:18:44.30 ID:???O
プッツンなんて言葉がいつ流行ったのかも、プッツン女優が誰だったのかも忘れた

44 :花と名無しさん:2012/09/02(日) 23:00:29.18 ID:???O
>>43元祖プッツン女優が藤谷美和子で2000年頭頃の一時期の広末もプッツン女優扱いだったような記憶が。

45 :花と名無しさん:2012/09/03(月) 15:16:51.25 ID:???0
プッツン女優とゆーと石原何たらのイメージが強いな

46 :花と名無しさん:2012/09/04(火) 11:59:34.70 ID:???0
すごく久しぶりにこの人の作品を読みたくなって「なのはな」と「春の小川」を買ってみた
やっぱり萩尾望都は別次元の漫画家だね
漫画で泣いたのなんていつぶりだろう


47 :花と名無しさん:2012/09/04(火) 19:17:30.72 ID:???0
>>40
ノーパソの前に
ラップトップというのがあってだな

48 :花と名無しさん:2012/09/04(火) 20:05:23.24 ID:???0
>>47
その名の通りにラップトップにするとただの拷問石になるヤツだねw
流石にあれは萩尾さんでも手を出して無いのでは。

49 :花と名無しさん:2012/09/04(火) 21:41:19.40 ID:???0
>>46
春の小川自分もボロボロ泣いた
お父さんの相手の女性が、ちゃんと主人公の気持ちをわかってたのにまた泣く
主人公の誰にも伝えきれない切なさにも、お母さんの気持ちにも、
そういうサブキャラ描写の細やかさにも打たれる

でも一番感情移入するのがおばさん(お母さんのお姉ちゃん)な自分は
大人になっちゃったのな……

50 :花と名無しさん:2012/09/04(火) 22:04:50.08 ID:???0
春の小川もだけど萩尾作品のラストの余韻が好きだ
海のアリアも文庫の解説か何かで「もう少し見たい気持ちもある」みたいなこと書かれてたけど
あそこで終わってるのが結局しっくりくるというか 
これ以上続くと蛇足的になりそうな手前できちっとピリオド打つのが毎作品すごいなと思う。
メッシュのラストシーンも好き

51 :花と名無しさん:2012/09/04(火) 23:18:30.44 ID:???0
>>49-50
レスありがとう
春の小川、おばさんにも共感だけど母の気持ちを思うと泣けてしまう
銀河鉄道も一人で乗ってる幼子の両親を現実の震災に重ねて涙が・・・
終わり方も余韻があって心に残るよね
割と淡々と描いてあるようなのに引き込まれる力がさすがと思った 長文ごめん

52 :花と名無しさん:2012/09/04(火) 23:45:53.39 ID:???0
>>48
拷問石wwww

53 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 00:07:08.30 ID:???0
>>51
>長文ごめん

その程度の長さは「長文」とは言わないけど、
なぜにわざわざ「長文ごめん」と書くのだろう。

とても不思議。

どうせなら「駄文ごめん」の方が理解できるな。
(51が駄文という意味ではなく)

54 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 00:21:32.13 ID:???0
>>53
普通に感じわるいよ君

55 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 00:29:47.40 ID:???0
>>53
ここ数年、2ちゃんでは3行以上は長文という流れがあるからじゃないかな?
(おそらく発祥はVIP)

56 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 00:48:40.60 ID:???0
普通にスルー対象


57 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 01:11:27.77 ID:???0
ラストといえばA-A'、君は美しい瞳などのラストシーンはすごく印象的だし好きだな
君は美しい瞳の方は半神の時同様「たったこれだけのページ数で…」と思った

58 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 01:57:46.29 ID:???0
A-A' 言葉にならないくらい好き

59 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 07:00:34.20 ID:???0
51だけど、自分でも後から見たら別に長文じゃなくて、あれ?と思ってたw
だから53のツッコミに吹いたし、その後のフォローにも感謝です。ありがとう。
これだけではなんなので、ラストシーンといえばマージナルも良かったな

60 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 08:02:15.04 ID:???O
過去スレで少佐の初体験は14歳だと青池先生がおっしゃっていた、と書き込みを
以前見たんだが、それは雑誌での発言?
それともインタビューではなくファンの集いか何かで言ったのかな

61 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 08:07:29.36 ID:???0
>>54
もっと心に余裕を持て(>>59のようにな)w

62 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 11:02:31.48 ID:???0
>>61
普通に感じわるいよ君

63 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 13:35:46.23 ID:???0
過去スレで既出かもしれんが、小学館文庫から「ルルとミミ」「10月の少女たち」
が出るようだが、収録作品がわからん。
ttp://www.hanmoto.com/jpokinkan/card/card.php?isbn=9784091913500
山岸さんの解説が読みたいから買ってもいいんだけど…またダブリばかりになるかなぁ

64 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 13:38:46.97 ID:???0
ttp://wanderer.way-nifty.com/poet/2012/09/post-5d25.html
美術が萩尾ちっく

65 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 17:59:35.94 ID:???0
>>62
もっと心に余裕を持て(>>59のようにな)w

66 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 18:05:04.75 ID:???0
>>65
普通に感じわるいよ君

67 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 19:34:06.22 ID:???0
>>64
「オカマのクリングゾル」が萩尾絵で脳内変換されましたw

68 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 21:34:58.73 ID:???0
>>66
もっと心に余裕を持て(>>59のようにな)w

以下ループ↓

69 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 21:46:12.87 ID:???0

「もうじき宙港です」


70 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 21:56:08.31 ID:???0
>>69
うまい!
つ◇(座布団)

71 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 22:02:40.65 ID:???0
>>69
これは吹いたwww

72 :花と名無しさん:2012/09/05(水) 23:50:30.14 ID:???0
>>64
個人のブログ晒すなよ…常識なさすぎる

73 :花と名無しさん:2012/09/06(木) 00:07:04.63 ID:???0
前からだけどこのスレたまにやらかす人いるね。


74 :花と名無しさん:2012/09/06(木) 00:21:39.11 ID:???0
どこのスレにもいるよw

75 :花と名無しさん:2012/09/06(木) 00:43:23.75 ID:???0
わざと荒らす人もねw


76 :花と名無しさん:2012/09/06(木) 01:22:05.10 ID:???0
>>69
やるなあwww

77 :花と名無しさん:2012/09/07(金) 16:06:44.99 ID:???O
久し振りに銀の三角一気読み
惑星一つ丸ごと破壊して8万人も大量虐殺したラグトーリン
他の漫画だったら極悪非道な悪役になる所だけど
ちっともそうならないキャラなのは凄い

78 :花と名無しさん:2012/09/07(金) 20:28:31.41 ID:???0
ヤマトの諸君も似たような事したけど地球じゃ英雄

79 :花と名無しさん:2012/09/07(金) 21:09:59.20 ID:???0
銀英伝でも似た様なことしたな

80 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 00:41:24.72 ID:???0
銀の三角好きだ
チグリスとユーフラテス川行きたい

81 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 01:10:02.08 ID:???O
ラップンコ!!

82 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 09:56:17.93 ID:???0
>>77
だってそうしなければ世界が破滅してたんだろう
結果的に惑星サーザでは成功しなかったが、しかたない

>>80
4大文明のうち2つだけど、
今じゃ当時は数十もの文明があったらしいんで、
若い世代にはありがたみがうすいかもw

83 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 15:45:23.04 ID:???0
>>63
もう解決済みかもしれないけど
ルルとミミのほうは今月号のフラワーズに広告載ってた
ルルとミミ/すてきな魔法/クールキャット/爆発会社/ポーチで少女が小犬と/モードリン/
かたっぽのふるぐつ/花嫁をひろった男/小夜の縫うゆかた/ケネスおじさんとふたご/
ごめんあそばせ!/毛糸玉にじゃれないで

10月の少女たちのほうは
http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091914057
に若干収録作が書いてある

それにしても収録作のタイトル載せない意味がわからないわw

84 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 16:49:54.66 ID:???0
>>77
本編その後
ラグトーリンの気まぐれでエロキュスのいる川辺に飛ばされてズンドコになるマーリー3

85 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 17:29:37.21 ID:???0
>>83
わーありがとう。フラワーズに広告載ってましたか。
出版社サイトにも収録作が書いてないのって、どうしてでしょうね。
う〜ん、フラワーコミックスと全集赤と文庫でだぶるけどどうしよう。

86 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 18:29:28.10 ID:???P
メソポタミアと言わずに、チグリスとユーフラテスの岸辺という表現がイイね
永遠に生き続けているのか、感慨深いなあ

87 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 21:33:20.76 ID:???O
>>84
エロキュスの身体はマーリーだからそれはマズイ
自分が自分を相手に(r

88 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 21:53:53.89 ID:???0
>>83
なんか、赤全集のこととか、全部なかったことにするような文庫化だなあ。

89 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 22:32:00.67 ID:???O
エロキュスの死体に話し掛けていた再生センターのスタッフは
何故あんなツートンカラーの変な繋ぎを着ていたのか
どうして普通の白衣では駄目だったんだろう

90 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 22:54:54.61 ID:???0
>>88
赤全集持って無い人の為に出してるんでない?

91 :花と名無しさん:2012/09/08(土) 23:39:46.23 ID:???0
>>89
まあそれを言ったらマーリーの上司の
モヒカンのが自分は気になったわw
SF仕様では

92 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 00:23:40.27 ID:???0
>>88
赤全集だっていまや古本屋さんで(それもたまに)しか目にしないから
小学館では「なかったこと」になってるんだよ。

赤全集の判型で新たに「選集」出せばいいのに。

93 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 03:50:53.53 ID:???0
赤本再発行だと、もう持ってる人は買わないだろうから
絶版にして、判型変えて文庫で出すんだと思う
すると新規読者の他に、私のようなマニアがまんまと釣られて買うからかな

初期ものより、全集第3期を出してほしいと思う…

94 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 09:11:49.72 ID:???0
>>88
赤全集はもう在庫切れで、とっく廃刊でしょう
それならば新しいラインナップで全集組むのは当然かな、と

95 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 09:44:50.86 ID:???0
でもな、文庫で出すのはやめていただきたい。
文字が小さくて読みにくいのよ(老眼とか、いろいろあるじゃんよw)

96 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 10:08:42.26 ID:???0
気持ちはすごーくよくわかるよ
でも、文庫のほうが利益率が高いのよ
出版社もボランティアじゃないし、大型本でも儲かるめどがあれば出すでしょう

97 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 10:16:00.07 ID:???0
>>95
メガネ買えよばーさんw

98 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 11:52:51.48 ID:???0
文庫は紙質が良いのとあとがきが読めるしな

99 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 12:40:18.40 ID:???0
ところが、赤全集にもあとがきはあるし、カラー口絵もあったんや。
文庫化で商売するくらいなら、赤全集を再販せえよって話。

100 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 12:45:35.57 ID:???0
>>87
マーリー3「私たちの性的機能は調整されていないから問題はない(キリッ)」
エロキュス「私は貴方とそのような行為をする気は無い」
マーリー3「.................」

101 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 12:48:34.59 ID:???0
>>87>>100
マーリー3「(私だって私だってする気は無いのに先に言われてしまった......)」
ジェイク「おーマーリー、エロキュスとヤる気満々だな(w)」
マーリー3「(...............;;orz)」

102 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 17:06:23.52 ID:???0
赤全集完全限定再発セット価格3万円とかだといやだな。

103 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 17:13:08.13 ID:???P
>>101
楽しんでるとこヤボだがね
マーリーは、多種の致死因子の保持者で
中央の遺伝安定法により生殖機能を停止させてある


104 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 20:44:21.00 ID:???O
単に玉を抜いただけなんじゃね
竿まで取ってはいないと思う
カストラートみたいなもんかと

105 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 21:04:19.25 ID:???P
>>104
赤砂地のリザリゾ王がマーリー2の裸を見る場面で、
生殖器が退化しているみたいだとあるから多分竿も小さいだろうね

106 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 21:04:53.65 ID:???0
>>95
萩尾さんのマンガってすこし大きいサイズのほうが読み安いよね
自分はポーやトーマも文庫よりフラワーコミックス版のほうが断然いい

107 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 21:16:25.45 ID:???0
>>106
いやどの漫画家さんでも普通に大きい画面の方が読み易いと思う。
そもそも殆どが雑誌用に描かれた物なんだから。

108 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 21:33:12.45 ID:???0
>>99
だから、文庫本のほうが効率がいいんだってば

本も旬のものだから、ほしいときに買わなかったらおしまい
買ったあとは大切に保管する
以上!

109 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 21:42:16.08 ID:???O
>>107横レスですけどまあどの漫画家さんでもそうですよねwでも先生がお若い時の絵の繊細さはやっぱり大きいほうが堪能出来て感動したなぁ。
私も文庫本でイグアナの娘や半神を持ってたけどパーフェクトセレクション9巻を手にとったら天使の擬態、偽王、温室あたりの絵の美麗さで購入しちゃいました。



110 :花と名無しさん:2012/09/09(日) 23:39:31.07 ID:???0
>>108
テオ久しぶり!

111 :花と名無しさん:2012/09/10(月) 16:24:50.60 ID:050Oy3ok0
とりあえず漫画の単行本はすべてカラー原稿を再現してほしい。

112 :花と名無しさん:2012/09/10(月) 16:51:34.01 ID:???0
2期全集はカラー原稿は2色部分含めて再現してるんだっけ
1期もそうしてほしかったと思ったわ

113 :花と名無しさん:2012/09/10(月) 17:41:04.72 ID:???0
>>108
そんなこと知ってるよ。
知ってる上で言ってんの。

もう、バカって始末に終えないわw

114 :花と名無しさん:2012/09/11(火) 08:42:43.75 ID:???0
グダグダ文句垂れたあげく逆切れか
厨房と変わらんな


115 :花と名無しさん:2012/09/11(火) 08:44:58.82 ID:???0
逆切れされちゃったーw

116 :花と名無しさん:2012/09/11(火) 10:21:58.38 ID:5gKxlwFw0
「なのはな」なんて、ハードカバーで上質紙使ってるのにカラーページないものね。

117 :花と名無しさん:2012/09/11(火) 14:42:56.92 ID:???0
>>93 同意
残神入れると全集全部埋まっちゃうから 残神以外で第3期作って欲しい
マージナル バレエもの あぶない丘の家 海のアリア フェアリー 
第1期第2期に重ならず 取りこぼしなく 作ってくれるなら3万円出してもいい

118 :花と名無しさん:2012/09/11(火) 16:49:12.29 ID:???0
3万円?
売れないよそんなの。

119 :花と名無しさん:2012/09/11(火) 17:13:46.37 ID:5gKxlwFw0
『10月の少女たち』には「精霊狩り」シリーズ全部入れてくれるのかな?

120 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(-1+0:5) :2012/09/12(水) 00:17:14.74 ID:???0
>>117
残神以降は第4期とか
残神・バルバラ・ここではないどこか・原発関連
分量大杉かな

121 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 01:18:12.20 ID:???0
豪華本はバブルのあだ花だったんだよね・・・
でも当時高校生だったんで、お金なくて購入できなかった思い出がw
あとでかすぎておき場所がなかったし。
23年組の昔の漫画は、文庫本になってから集めたよ。

122 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 06:00:52.59 ID:???0
24!24!

123 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 10:26:15.73 ID:???0
過去スレにもあったけど
手になじまないので表紙はハードタイプじゃなくていいから
劣化が比較的少ない最新の大判の上質紙で愛蔵本出して欲しいです

なにしろ黄色くない銀三やマージナルが読みたいですよ
あのべっぴんパントーもメイヤードも黄ばんでシミっぽいのツラい…

124 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 10:50:04.73 ID:???0
>>121
竹宮さんや大島さんの作品集で
でかいサイズの豪華なハードカバー本が出たの覚えてる
朝日ソノラマだったかな?「愛蔵本」シリーズがいろいろ出てた
もう大きい版型の単行本って無理なのかな
あの時代にダブリを恐れず買っておけばよかったと後悔。

125 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 11:09:50.36 ID:???0
>>124
大きい版型の単行本(A5)は作家買いの多いベテランの作家さんの単行本に多いよ
利益率が高いんじゃなかったかな
なのはな・パーフェクトセレクションも大きい版型

無理なのかも?と思うのは全集と画集
萩尾さんの、付録や予告カットに使ったこまごまとしたイラストやエッセイ(1Pに満たないようなもの)を
余すことなく収録したマニア本出してくれたら、1万円超でも買うのに

126 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 12:08:24.68 ID:???0
そう言う時の為の復刊ドットコム。
萩尾作品って意外と投票数少ないね。
関係無いが昨日のNHKで富裕層をターゲットにした商品販売が成功してると言うからいっその事ダイアモンド埋め込んだ大全集出して貰うとかw

127 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 12:58:58.60 ID:???0
火星に雪というNASAのニュースを見てスターレッドを思い出した
自分にとってはいつまでも色あせない超名作

128 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 13:05:22.93 ID:y9mN3rOBO
番組表見てたら今日の徹子の部屋に池田理代子さんが登場ですって。
萩尾先生も出て欲しいなあ。萩尾ファンの大先輩に昔いいともに出てタモリの頭叩いてた話は聞いたことあるんですがw

129 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 14:33:00.24 ID:???0
マルゴやっと読んだ


・・・・・・・大人気ないコンテ公萌えww
萩尾初強姦でないイクイクw(1コマ)

130 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 16:26:44.49 ID:???0
12月にだけど短編アンソロジー「愛の宝石」なんていうのも出るんだね
ハードカバーで2,730円か…

131 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 16:52:35.47 ID:???0
>>130
オタク向けお布施商品ですな。

132 :花と名無しさん:2012/09/13(木) 21:00:39.86 ID:???0
>>130
自分へのクリスマスプレゼントですよ

133 :花と名無しさん:2012/09/14(金) 12:03:52.15 ID:ePL/lOSB0
以前、小学館叢書として「A-A'(SF傑作選)」というのが出ていたけれど、
その内容に「ハーバル・ビューティー」を加えてA5版にして、
カラーページも再現して出してくれたら嬉しいなあ(妄想)。

134 :花と名無しさん:2012/09/14(金) 22:42:30.12 ID:???0
青池さんのメモリアル本に萩尾さんの寄稿
伯爵のイラストと、「青池保子のひみつ」というエッセイマンガ1p

135 :花と名無しさん:2012/09/14(金) 23:02:41.90 ID:???0
徹子の部屋、池田理代子さん面白かった。

萩尾望都さんも出て欲しいなあ。

136 :花と名無しさん:2012/09/14(金) 23:37:59.22 ID:???0
笑っていいとも出演の記憶が蘇る

137 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 11:39:35.69 ID:???0
笑っていいともはナマだが徹子は収録だから編集してもらるんじゃないか?
無理か?w

138 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 12:12:27.95 ID:???0
徹子の部屋が出演者から絶大な支持を得ているのは完全無編集、意図しない編集をされることがないから。
収録時間は放送時間と同じで、CMの間もCM流すのと同じ時間だけ間を取っている。

139 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 12:37:04.73 ID:???0
萩尾さん、まだすごく若いころだったと思うけど
NHKの少女まんが特集に他のゲストと一緒に出た時は
ああいう場でしゃべるのがとにかく慣れてない様子で見てるほうが胃が痛くなった
司会の言葉にかぶせちゃったり、何か言おうと口を開いた途端に司会が他のゲストに話ふっちゃって
その後ダンマリで終わっちゃった。
笑っていいともの時はずいぶん慣れてきたんだなと思ったが、そりゃそうだよね。

140 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 13:01:43.67 ID:???0
あれ慣れてたのかぁ
バラエティのりに合わせようとして、あらぬ方向にぶっ飛んだ感じだった

141 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 13:03:06.46 ID:???0
池田理代子は声楽家()だから本人が露出しても良いけどしゃべるのが得意でない人は露出しない方が良い気が。
トーク出演するより漫画描いて欲しい。

142 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 13:34:25.01 ID:???0
>>141
同意
手塚特集の時のように他の漫画家もいる場ならまだしも
マンツーマンのトークゲストはいたいたしくて何とも
徹子の部屋にしても生い立ちや漫画家になるきっかけあたりは言わされるだろうから
今更感強いしな



143 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 21:50:28.98 ID:???0
痛々しくて自分がきついのなら、見なければいいじゃん

まー無編集というのが本当なら、
「徹子の部屋」は芸能人以外の人にはきつい場所だろうね
そんなの当たり前じゃん

個人的には、トーク番組なら土曜朝の阿川さんの番組を希望

144 :花と名無しさん:2012/09/15(土) 22:48:26.81 ID:9s5flEPn0
文庫版「ルルとミミ」買ったよ。
40年以上前の、二十歳そこそこの頃の作品群だけれど、完成度高いなー。

145 :花と名無しさん:2012/09/16(日) 11:20:50.66 ID:???O
>>143土曜朝の阿川さんの番組いいですね〜。
阿川さん、対談は場数踏んでるし天然なとこでも対談相手を和ませるのが上手い人だから。思い出の一曲コーナーとかもあるならリラックスして臨みやすいかも。

146 :花と名無しさん:2012/09/16(日) 13:23:51.61 ID:???0
萩尾先生、35年くらい前に
ラジオ番組の生放送に出たことがあるんだけど、
自分のハナシに自分で笑ってて、
相手の人(パーソナリティだっけ、当時)が
どうフォローしていいのか戸惑う様子がアリアリと伺えた。

声はソフトだけど滑舌が良くなくて
ヘロヘロへロロ〜ン、というのか
ちょっとレロレロした喋り方でさ、
基本的にトークに向かない人だという印象を受けた。

講演とかならいいかもしれないけれど
公共の電波に乗せていいタイプの喋りではないと思った。

147 :花と名無しさん:2012/09/16(日) 17:04:14.57 ID:???0
>>144
山岸さんの解説はどんなでしたか?

>>140
テレビであれだけしゃべれるだけ随分慣れたんだなと思ったよー
人前でしゃべる機会もずっと増えたんだろうけど
初めてテレビで見た時は、ヒキでコミュニケーション不能の人を
むりやり連れてきたみたいで見ていてつらかった。いい杉すまん

148 :花と名無しさん:2012/09/16(日) 17:47:45.53 ID:???0
>>147
>山岸さんの解説

買って読めよ

149 :花と名無しさん:2012/09/16(日) 23:33:45.33 ID:7TSmkfBt0
>>147
3ページだけの短いものですね。
作品そのものに対する解説は別にないです。
萩尾さんの駆け出し時代のとある1エピソード(私はほかでも読んだ記憶がありますが)と、
それを当時のマンガ界の状況も合わせて、山岸さんがどうとらえたかというようなお話。

150 :花と名無しさん:2012/09/17(月) 00:06:31.76 ID:???0
>>146
トークに向いてなくてもいいんですよ
それが本業というわけじゃないし

それ35年も前の話で萩尾さんも多少は場をつかめるようになったろうし、
何よりトークが下手な人から話を引き出すのが、
インタビュアーや司会者の仕事だし

151 :花と名無しさん:2012/09/17(月) 04:19:08.83 ID:???0
ベルばらムック本の池田理代子さんと木原敏江さんの対談がすごく面白かったんで
萩尾さんと同時代のマンガ家さん数名で座談会とか楽しそう。
内輪ウケな話も今なら貴重な証言になるかも

152 :花と名無しさん:2012/09/17(月) 08:39:26.55 ID:???0
インタビューアーが当時や今の少女漫画やそのムーブメント、今の状況に詳しい人ならいいと思うけど
詳しくない人だとすべての状況を望都さんが説明しないといけないから表面的な話で終わりそう

153 :花と名無しさん:2012/09/17(月) 10:12:52.46 ID:???0
別に少女漫画の世界の話じゃなくても全然かまわないと思うが
むしろ他の話のほうがいいや
ビーズとかネコとか

154 :花と名無しさん:2012/09/17(月) 16:44:47.04 ID:???0
>>144に触発されて久しぶりに再読したら
ドタバタのテンポがよくて小気味よくて面白かった
本数少ないけど萩尾さんのコメディタッチな作品はリズム感があって好きだ
特にメッシュのブラン
いい年した大人たちが単純で何度読んでも楽しい

どちらの作品もケーキやらカラメルプディングやらが出てきて食べたくなるなあ

155 :花と名無しさん:2012/09/17(月) 20:03:18.10 ID:???0
自分も今日ルルとミミ買ってきた
これから読むんだけど楽しみw

156 :花と名無しさん:2012/09/17(月) 21:46:10.79 ID:???0
ルルとミミってタイトルは夢野久作の童話なんだね
童話と言うには悲劇な内容で、萩尾絵でコッチのストーリーも読みたい気もする。

157 :花と名無しさん:2012/09/18(火) 10:10:53.23 ID:???0
1行目だけを読むと、
原作:夢野久作なのかと勘違いしそうだ

158 :花と名無しさん:2012/09/18(火) 14:13:10.30 ID:???0
タイトルっていうと、題名だけじゃなくて作品自体を指す事も多々あるからな。

159 :花と名無しさん:2012/09/18(火) 18:09:53.44 ID:???0
作品に出てくる料理や手作り菓子がおいしそうで

メッシュでエトゥーのモデル終えて帰宅した時にミロンが作ってたパスタ
あのテンテンはバジルだろうかとか
訪問者の白いチョコレートケーキやうずら焼き
上にあるルルとミミのママお得意のナッツケーキも
きっと甘めでコーヒーとよく合いそうだとか
特にダイエット中に読むとそこばかりに集中してしまう

そういえばミロンはプディングおかわりしてたな
初めて訪ねた客先で

160 :花と名無しさん:2012/09/18(火) 19:18:04.42 ID:???0
ルルとミミ買ってよかった
自分の好きな萩尾さんワールドに思いっきり浸れた

161 :花と名無しさん:2012/09/18(火) 22:44:54.82 ID:???0
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68320872&tr=s
萩尾望都 ‐愛の宝石‐

出版社: 小学館
頁数: 416 頁
ISBN: 9784091791382
ジャンル: コミック
配送時期: 2012/12/上旬

在庫数: 36 個

※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございますのでご了承ください。

価格:予価 2,730 円 (税込)

◇収録作のカラー扉を雑誌掲載時と同様カラーで再現しているばかりでなく、「ポーの一族」をはじめ
数々の傑作連載のカラー扉を集めたイラストギャラリーも収録。幻のエッセイコミック「まんがABC
『ゴールデンライラック』ができるまで」を単行本初掲載!
◇別冊付録『モーさま 世界を行く!』
若き日の珍道中から最新の未発表レポまで、これまでに世界各地を旅したトラベルエッセイコミックを
まとめた1冊。作品からは垣間見ることのできない意外な素顔が発見できるはず!?
◇収録作品「ママレードちゃん」「妖精の子もり」「秋の旅」「6月の声」「ゴールデンライラック」「オーマイ
ケ セィラ セラ」「ゴールデンライラック」「きみは美しい瞳」「ジュリエットの恋人」

162 :花と名無しさん:2012/09/19(水) 02:51:29.20 ID:???0
文庫ルルとミミのカバーイラストって、ララについた付録のイラストだっけ?
見た瞬間「なつかしー」と思ってしまったんだが。自分が一番好きだったころの絵だ。

>>161
まんがabc懐かしい!たしかゴールデン〜と同時期に別コミ連載だったよね。
ネコの白ケムシが助手だった。
ゴールデンライラックはヴィーがタライで水あびして小奇麗になって
ホテルに就職してバターや卵をお母さんに持って帰るところがなぜか一番好きww

163 :花と名無しさん:2012/09/19(水) 05:54:09.80 ID:???0
>>162
カバーイラストはストロベリーフィールズの表紙絵だよ。
ルルとミミなのに何故にこれって感じだが。

164 :花と名無しさん:2012/09/19(水) 08:58:01.85 ID:???0
ああ、ストロベリーフィールズの表紙か!ありがとう。

165 :花と名無しさん:2012/09/19(水) 12:02:05.69 ID:???0
ルルとミミってポーチで少女が子犬とが入ってる?
あれだけ読んだことなくて読みたいんだ〜

166 :花と名無しさん:2012/09/19(水) 12:08:50.63 ID:HBP4Kvq80
ルルとミミ届いた
表紙キレイだ…とうっとりした後>>163-164の書き込み読んだがw
それでもうつくしい
絵は時代感は仕方ないとしても無駄なコマが少なくて読みやすかった

次はまんがABC読んでみたい
早く12月になれ

167 :花と名無しさん:2012/09/19(水) 19:01:17.15 ID:yrSkQdMf0
>>165
「犬はいい」ね。
入ってるよ。

168 :花と名無しさん:2012/09/20(木) 13:53:07.61 ID:???0
初読が小学校の1年か2年の時だった>ポーチで少女が〜
指から光線の出るあの人たちは宇宙人で、少女が地球人なのかなと思った。
今思うと別に指から光線の出る直接のシーンはなかったような

なんかラストが殺伐とした感じの漫画が流行してた時代だったかも
同じ雑誌に載っていた記憶なんだが
主人公が赤ん坊の弟を川に投げ捨てる話とかあった
佐伯かよのさんの地球最後の男の話とかもこの頃読んだ気がする。

169 :花と名無しさん:2012/09/21(金) 09:09:18.18 ID:???O
殺伐としたラストが流行っていたのは学生運動の時期と関係あるのかな
ハレンチ学園なんか酷い最終回だったし

170 :花と名無しさん:2012/09/21(金) 21:04:44.72 ID:XXR4wRCV0

2人の子供を持つ平凡な会社員、実は10人に性的暴行を加えたレイプ魔だった  韓国


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/21/2012092101208.html




171 :花と名無しさん:2012/09/21(金) 23:18:56.45 ID:???0
チョンはちょっと…

172 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 01:37:32.40 ID:???O
マルゴの二話め。
母親のマリー・ド・メディシスが妙な
色気がある七歳のマルゴが処女かどうか
修道女に調べさせるシーンとかもあり。
プロテスタント1000人の処刑があるかと
思えば、
子ども同士の無邪気さとカオスが混じった
世界や、宮廷の世界もあって面白い。


173 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 01:57:32.06 ID:???0
2話目もまだ、ちびマルゴちゃんなのか…

174 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 02:21:38.09 ID:YvvVxb1Z0
誰が上手い事を言えと・・・

175 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 04:10:30.35 ID:???0
ルルとミミの山岸さんの解説、結構凄いことかいてるな

176 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 09:35:06.66 ID:???0
どんな?

177 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 14:05:04.76 ID:???0
サドの「悪徳の栄え」で修道院に預けられたジュリエットが
シスターに処女膜修復の技術を教わる場面があったような覚えがある
シスターが膜修復してくれるんだったかな
とにかく中世の修道女にはそういう役割があったのか

178 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 14:37:45.20 ID:???O
結婚前に姦通した娘を裁判にかける時に、
処女でないか調べるのがシスターだったと思う。

映画でそういう場面があったよ。

修道院には医療的な役割もあったからじゃない?

179 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 14:42:50.24 ID:???O
マルゴちゃんは今のところ、ちょっと
おしゃまなだけの普通の子供。

絵的には背景描くスタッフがいないのか、
せっかく歴史ものなのに惜しいなあ。


180 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 17:20:11.25 ID:???0
しかし処女膜などという個体差の激しいものを、
視診や触診だけで判別できるのだろうか?

……絶対無理じゃね?

181 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 17:32:15.62 ID:???O
マルゴちゃんは母の王妃から、お尻をぶたれて、
王族の結婚には国益が絡むので、気軽に
結婚だの恋愛だの口にすべきではないと
叩きこまれる。

しかしその教えは多分、裏切られるのだろうな。
すでに兄弟が彼女に夢中という描写もあるし。



182 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 18:24:59.24 ID:???0
やっぱり兄ちゃん達にヤられちゃうのか…。

183 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 18:39:58.14 ID:???0
YOUのサイトでマルゴの第一話が読めるね。
初めて読んだけどまだ本当に子供時代の話なんだ。

184 :花と名無しさん:2012/09/22(土) 19:17:00.10 ID:???0
>>173
>ちびマルゴちゃん

ツボりましたw

185 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 00:39:05.19 ID:???O
>>178そーいえばリュック・ベッソン監督のジャンヌ・ダルクでも修道女がジャンヌが処女かどうか調べてましたわ。

>>180産婦人科でも処女だと内診は避けるそうだし触診ならハッキリ分かるんじゃないかな。激しいスポーツをしている女性だと知らないうちに破けたりするそうだけどお姫様とかそれなりの身分ならまずそんなことはあるまい。

186 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 00:40:54.85 ID:???0
>>185
別に処女でも内診避けないよ。
そもそも病気見つける方が優先だし、
最近は栄養状態も良く皮膚もよく伸びるから多少のことでは裂けない。
出産でも裂けない人もいる

187 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 01:33:49.25 ID:???0
>>185
内診用の器具はサイズがいろいろあるから…
事前の問診で男性経験がない、とわかってる人に対しては
それなりの対応をする

…ひどい医者に当たって、問診もなしに経産婦用の器具使われて
えらいことになった漫画家さんもいたけど…(そんでそれを自分で
ネタにしてたけど)

188 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 09:11:09.36 ID:???0
しかし処女喪失した時は痛かったな(遠い目)w

189 :そもそも女かもねw:2012/09/23(日) 10:29:08.45 ID:???0
>>186
栄養状態がいいと処女膜がよく伸びるとは初耳だ
出典を教えてください

自分は産婦人科医から、
「正直、処女かどうかの判定はよくわからん」と聞いたことあるけど。
処女膜といっても穴を塞いでいるものではないし、とにかく個体差が大きいので

190 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 11:50:19.37 ID:???0
聖母マリアがイエス出産の時に処女膜が裂けたかどうか?
が一部のキリスト信者の論争の的になっとるそうだが
伸びるという手があったのか。

191 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 16:21:39.85 ID:???0
そろそろスレチだと思うが
全年齢板で延々書き込むのにふさわしい内容とは思えなくなってるし
医学的、宗教的、時代考証云々などというなら専用板で

192 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 17:14:34.52 ID:???0
作品内容の描写が時代考証的に正しいか否かならスレチではないと思うがな
蛇足を書くからスレチになるわけで
歴史作品だと「史実では〜」「当時の技術的に〜」とか多いよ

193 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 17:32:22.64 ID:???O
>>172
白雪姫も原作では7歳で実父と近親相姦だったっけ
あの時代では7、8歳で処女喪失は珍しくなかったのだろうか

194 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 18:35:00.49 ID:???0
>>193
ググったけど原作の日本語訳初版では近親関係の描写は無いとか言う話だが…どっちが正しいか分からんな>白雪姫
イスラム教のムハンマドは9歳の子と結婚したんだっけ。
今でも5100万人の子が結婚強制されてるみたいだね。
ttp://www.cnn.co.jp/world/35020169.html
マルゴの時代は政略結婚が普通の時代だけどやっぱり形だけどは言いながら性関係強要されてた可能性は高いな。

195 :花と名無しさん:2012/09/23(日) 23:51:56.15 ID:???O
子を生むことが妃の発言力を高めることに
なるので、女性の方が積極的にということも
あるようです。

というか、今回王妃メアリ・スチュワート
がそれを実践してました。裸で16歳の国王を誘惑。
直後に国王が病気で死んじゃうんだけどね。



196 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 16:37:54.21 ID:???0
>>191
今どきの中高生の保健体育では体位や挿入の仕方を教えていると聞いたけどw

197 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 16:39:01.83 ID:???0
>>196
どこ情報よ
2chまとめサイトとかか?

198 :花と名無しさん :2012/09/24(月) 17:42:37.00 ID:???0
うわぁ
男日照りな喪女とvvsmの応戦連投かぁ
こわい…

199 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 18:25:07.41 ID:???0
お前がキモいわ喪女とか2chハマりすぎだろ

200 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 20:09:45.81 ID:???O
マルゴ2話目を読んできたけどやっぱり駆け足な内容で人物相関図と時代背景解説とか欲しいっす。

>>194初潮もきていない子が性交強要されるのは痛ましいな…政略結婚させられるような身分の娘でも強要されてたんですかね。

201 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 20:45:24.40 ID:???0
>>193-194
白雪姫が実父と云々いうのは桐生操の本じゃないのかな…?
原典初版では白雪姫を殺せと命じたのは継母ではなく実母っだったらしいけど。

202 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 22:15:11.97 ID:???O
幼すぎる場合は、それ相応の年齢まで
待ったらしいけど。

もっと前の時代だと、青池さんの
カスティリア王の話で、結婚式のあと、
床入り、初交接まで貴族に見せていたって
エピソードあったな
(上からかぶる寝間着
を着た上で交接)。
王の結婚は国と国の契約みたいなもの
だったかららしい。
子の出産見せるのは、マリー・アントワネット
の時代まであったよね。

203 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 22:17:25.13 ID:???0
>>200
単行本になったらあるかもね>人物相関図と時代背景解説
>>201
そう、実母だよ

204 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 22:33:15.14 ID:???0
白雪姫が実父と云々は、他の民話と混じってるんじゃないかな

愛する王妃を亡くした王が、妻に生き写しの娘(王女)を後添いに望み、
娘の方は恐れて逃げて…みたいな話はけっこうあるよ
(逃げた先で出会った魔女に、自分の姿を醜く変える魔法をかけてもらったり、
着るとみすぼらしくなる服をもらったりして、王女の身分を隠して下働き→
真面目な姿が王子の目にとまって、やがて王女も真実を明かして…とか)

205 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 22:38:53.34 ID:???0
文化の相対性に耐えられない人が読むと、こういうネタはつらいか。

206 :花と名無しさん:2012/09/24(月) 23:08:15.76 ID:???i
マージナルのキラが妊娠するのがよくわからん。
XXYっつーことは、肛門とは別穴があるってこと?
で、アシジンはいつもは肛門だが、そこにたまたま挿入したってこと?
キラがレイプされるシーンもあるけど、あれも別穴に挿入してるのかね?
だいたい、イワンは自分の夢の子供を生ませる為に女じゃなくて、何で半陰陽の人間を作ったの?
エゼキュラ因子のせいで半陰陽になってしまったってこと?

207 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 00:29:18.00 ID:???0
>>197
数年前のニュース

>>206
XXYでもふつうは膣はないよ
まぁ、漫画なのでキラは両性具有(しかも通常は男性、ときに女性に変化)
という特異体質ということでいいのでは?

208 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 00:33:30.74 ID:???0
>>206
もし意図的だとすれば、
ただの女性では、あの時代の地球では生殖機能を失うらしいから、
わざとy染色体を付随させたのでは?
(男性には生殖機能がある。体外受精とはいえ、地球外の女性の卵に受精能力あるからね)

209 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 18:35:15.23 ID:???0
>>186
出産で避けないのは会陰切開とか、そういう話じゃないの?

210 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 18:50:14.73 ID:???0
>>107
漫画は絵が命だからサイズが大きいのはいいよね。

雑誌は大きいけど紙と印刷が悪い。
単行本は小さいけど紙と印刷がきれい。

むかし、花とゆめコミックスの紙がひどくて愕然としたことがあった。

211 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 19:21:25.47 ID:???0
>>210
花とゆめコミックスの紙質の悪さは有名だね。
花とゆめと言うと初めて萩尾作品が掲載されたのがアロイスだったんだよね。
リアルタイムで読んでたけどあの作品で描かれたネムノキのピンクの花が印象的だった。
あの花が咲くとアロイスを思い出す。

212 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 20:30:22.30 ID:???0
一番ひどいのは昭和40年代発行の講談社フレンドコミックス
製本が甘いのか、ページがバラバラに剥がれ落ち悲惨。
集英社の初期マーガレットコミックスの紙質製本は上質。
当時の少女漫画家が「上がりはマーガレット」と思っていた、というのが
こんな所からもうかがえるような気がする。

213 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 21:11:36.19 ID:???0
「上がりはマーガレット」

へー
当時の少女漫画雑誌というと
週マ 別マ
少コミ 別コミ
少フレ 別フレ
セブンティーン
昭和50年代になってから
花とゆめ LALA

こんな感じ?

214 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 21:13:06.14 ID:???0
>>207
>>208
レスありがとう。
うーんなるほどねー
妊娠させるために完全女体ではないように、敢えてそうしたっていうのは納得。
それにしても、ここまで理由づけしてあるのにやおい穴みたいなファンタジーがあるのが違和感。

215 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 21:41:35.55 ID:???0
>>210-211
花とゆめコミックスも初期の頃は紙質が良かったんだよ…
1980年代頃に悪くなっていった気がする

216 :花と名無しさん:2012/09/25(火) 21:54:53.06 ID:???0
そうね。
初期の単行本は普通にいい紙だった。
いきなりひどい紙を使うようになって
こんなところで再生紙使わないでと思った。

217 :花と名無しさん :2012/09/25(火) 22:54:46.73 ID:???0
>>199
さすがにこれはwww
2ちゃんのスレで何言ってんのwww
思い切りブーメラン刺さってるよ

218 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 01:16:33.60 ID:???0
日のあたらない場所に保管しててもページをめくると
茶色のフレームが出来てて日焼けしてるのがなー。。
ヴィンテージ漫画の切ないところだ

219 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 10:14:55.36 ID:???0
>>214
「特定の相手にしか反応しない
(外部生殖器は一時的にしか女性形にならない)」
という設定は確かに「妙ちきりん」だ。一気に胡散臭くなるw

220 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 10:34:38.67 ID:???0
いつもは一本線があるだけできっちりと閉じていて指すら入らない
かろうじてクレジットカードが差し込めるくらいなんだけど、
反応するとそこがオープンセサミなんだよ。

221 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 11:25:24.74 ID:???0
>>183
レス遠いけど試し読み教えてくれてありがと
まとめて読むの楽しみだわ
何話構成なのかなー
その気になれば何倍にも膨らませそうな時代背景だ

222 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 12:21:02.82 ID:???0
>>221
史実ではっきり資料が残ってそうなキャラも多いしマルゴも短命だった訳でも無いから本当に引っ張れば長期連載になる可能性もあるね。
第二話でもまだ子供時代みたいだからもしかすると単行本一巻分だけで幼少編として第一部完結、その後読者の反応を見ながら継続とか?

223 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 14:37:08.36 ID:???0
46ページ全部読めるなんて太っ腹だね集英社
http://you.shueisha.co.jp/reading/index.html?title_name=margot

224 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 15:11:28.86 ID:???0
>>218
カバーの上にラシャ紙でさらにカバーかけて保管してるのに
背表紙部分が日焼けしてるのはなぜ…直射日光の当たらない部屋なのに…紫外線おそろしす

225 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 15:52:30.37 ID:???0
自分はどうしても大事にしたい本だけ厳選して
クローゼットの中の扉付き本棚と
北向き納戸の中の扉付き本棚に仕舞ってある
どちらも扉は不透明
この中の本だけは日焼けや湿気を免れてる
クロゼットも納戸も、扉のない本棚の本はうっすら変色してる

226 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 20:33:28.55 ID:???O
>>225
つ カーテンと画鋲

227 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 20:43:47.55 ID:???0
大切なコミックスがどんどん劣化してくのは悲しい…

228 :花と名無しさん:2012/09/26(水) 23:12:50.20 ID:???0
マージナル読み終わったんだけど
最初の頃からマージナルの住人が言ってた
子供がもらえない、子供の数が少ない原因って
メイヤードがそう調整してたからでOK?

最終巻で言ってたけど
プロジェクトに使ってる無駄金をアルファケンタウリの鉱山開発に使いたい
だから中止を惑星委員会に証明するために、子供が生まれないってことにしたかったから
センターではもう子供を作ってなかったってことかな?

229 :花と名無しさん:2012/09/27(木) 00:12:28.89 ID:Ng2LAyH30
両方合ってると思われます。

230 :花と名無しさん:2012/09/27(木) 15:27:38.41 ID:???0
そういう話だったのか

231 :花と名無しさん:2012/09/27(木) 15:35:41.82 ID:???0
おいおいw

232 :花と名無しさん:2012/09/28(金) 20:33:15.62 ID:???0
イザベル・アジャーニの王妃マルゴ綺麗だったな

233 :花と名無しさん:2012/09/28(金) 21:44:06.08 ID:???0
あの映画は名作
俳優陣もよかった

234 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 10:28:20.41 ID:???0
おいおいw

235 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 11:51:25.43 ID:???0
マルゴちゃんはあのへんの歴史に興味のある人だと面白く読めるのかな
自分は2回目まで読んでどうもハマれないのでコミックス待ちにします。
なんかマルゴ始め登場人物の誰にも関心がわかない…
衣装や背景を楽しむというほどのものでないのも退屈の一因
ドレスを堪能する時代というのでもないのでしょうが。

236 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 14:42:41.18 ID:???0
>>235
あのへんの歴史に興味があるので今後の展開を楽しみにしてるよ

佐藤賢一のフランス王朝史シリーズがヴァロワ朝まで続いてればいい副読本になるんだけど
一巻目のカペー朝で止まっちゃってるんだよなあ
新書だし読みやすいので、ヴァロワ朝前史として読むのにはおすすめ

237 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 14:46:36.36 ID:???0
>>235
あの辺の歴史に興味は無いけど一応伝記は読んだ事あるのでそれとどう違うか検証しながら読もうと思ってる。
まあどのみち単行本待ちだけど。

238 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 16:33:45.23 ID:???0
エロ方面に期待して読んでます。
フラワーズでは読めないようなエロをお願いします。

239 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 16:59:10.45 ID:???0
YOUってエロ路線漫画多いの?
読んで無いから分からん。

240 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 17:12:24.20 ID:???0
レディスコミックだから

241 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 17:57:19.77 ID:???O
育児系漫画やデカワンコやトッカンが載ってる雑誌はレディコミじゃないと思います…


242 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 18:02:11.52 ID:???0
レディスコミックとエロ漫画は違います

243 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 21:19:36.99 ID:???0
レディスコミックは女性向け、
エロ漫画は男性向けです

244 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 23:02:18.51 ID:???0
レディスコミックは女性向けエロ(マンガ)です

245 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 23:05:51.74 ID:???0
エロマンガ島は太平洋に浮かぶ島です

246 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 23:29:32.87 ID:???0
>>244
あぁもう、野暮ったいなぁ。それは243の行間でわかるんだよね

247 :花と名無しさん:2012/09/29(土) 23:53:06.56 ID:???0
だってここ野暮ったいのが売りじゃんw

248 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 07:01:36.44 ID:???0
レオくんの同人誌フランスで大量に作って罪庫の山っていったい…

249 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 07:14:06.36 ID:???0
売れると思ったのが不思議

250 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 07:39:46.03 ID:???0
作るんならポーかトーマだな。

251 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 07:45:25.50 ID:???0
15ユーロってぼったくり価格だろ

252 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 08:00:02.44 ID:???0
日本だって昔は同人誌つくるのすごいお金かかってたよ
今みたいに、初めて作る人がカラー表紙とかありえなかった
それと同じようなもんじゃないだろうか

253 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 08:30:22.43 ID:???0
三巻1500冊
一巻500冊にしたのは印刷費を安くあげるためかな
500部だと100部の2倍くらいの値段で刷れるから。

結果は、各50部くらいでよかったのに。
レア本だから、20年くらい寝かせれば高騰したはず。

254 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 09:03:58.55 ID:???0
レオくんは萩尾望都の黒歴史

255 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 09:49:25.26 ID:???0
>>253
マニア価格っていうのは需要と供給で成り立つんだよ
どんなにレアでも欲しがる人がいなければ高騰なんかするわけがない
あと20年もしたら、そこまでして萩尾作品欲しがる年齢層はいなくなってるんじゃないか

256 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 09:50:44.72 ID:???0
まさかさあ…その売れ残りを持って年末のコミケとかはないだろうよね

257 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 10:04:38.27 ID:???0
>>256
エキスポ限定

258 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 10:10:31.01 ID:???0
>>247
自分がそうだからといって
周囲も同じと思うのはやめたほうがよい

259 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 12:17:59.65 ID:???0
萩尾さんのエロってエロくないよな
良くも悪くも生々しさが一切ない

260 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 12:30:10.87 ID:???0
うん、エロくない

261 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 15:10:58.79 ID:???0
>>256
海外限定ってことで小学館に許可もらったぽい

262 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 17:17:12.57 ID:???0
じゃあ、その売れ残りどうするんだろうね。

263 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 17:26:31.59 ID:???O
SEXシーンでさえ何と言うかスクリーン越しに観ているイメージ

264 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 18:03:11.42 ID:???0
flowers読んだ。
エキスポレポに出て来る女の子の方がマルゴよりコスプレ度が高くて可愛い。
ページ数の違いがあるとは言え何故こっちの方が…と思った。

265 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 21:14:46.57 ID:???0
>>262
寝かせておいて、20年後に出品します。

266 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 23:09:55.44 ID:???0
男x男、男x女を問わず
健全というか植物の交配みたいなイメージだエロシーン
トラウマになりにくいであろうとポジティブに受け止めている
竹宮さんもまるでフィギュアの絡み合いのようでエロさはないな
山岸さんは澱んだような何とも言えない生々しさを感じる

267 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 23:40:35.47 ID:???0
エロを求める漫画じゃないし
エロっぽくなくていいよ

268 :花と名無しさん:2012/09/30(日) 23:59:10.12 ID:???0
>>259
エロい関係性が成立した相手に、いままで巡り会えなかったのであろう。

269 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 07:47:49.13 ID:???O
恋人や配偶者が出来た途端、男女の描写が生々しくなる人もいるし
あんまり変わらない人もいるから何とも言えない
ただ萩尾さんの性格から飯も喉を通らなくなるほど一人の異性にのめり込む…と
言うのはいまいち想像しにくい
片思いから昇格しなさそうだと思ったらさっさと諦めそうだ

270 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 09:46:39.93 ID:???0
>>266
その3人の中で「エロい」ということでは竹宮さんが一番だな〜
山岸さんは生々しすぎてエロくない
萩尾さんは完全実用外w

271 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 10:14:00.36 ID:???0
竹宮さんはシャープな絵柄に反して内容はウェットで
エロシーンもなんだか汁っぽい。
萩尾さんや大島弓子さんは絵柄は抒情的っぽいけどめっちゃドライだと思う。
萩尾マンガで個人的に一番エロいと思うのはトーマの心臓の、オスカーの口移し場面
エロ場面じゃないのにあの場面はなんだかエロい。

272 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 20:44:47.76 ID:???0
山岸さんには、伝説の擬音「ギシッ」があるからな。

273 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 21:03:09.31 ID:???0
じゃあ萩尾さんも頑張って伝説の擬音作って頂くかw

274 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 21:05:28.80 ID:???0
ハギッ

275 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 21:09:06.47 ID:???0
服を破る音?w

276 :花と名無しさん:2012/10/01(月) 21:46:57.75 ID:???0
わろす

277 :花と名無しさん:2012/10/02(火) 09:45:42.05 ID:???0
>>271
ユーリに薬飲ませるところ?
あれって指で口に入れるほうが簡単だと思うんだが、
なぜに口移し? と当時不思議に思った

萩尾さんなりのサービスカットだったのかね?w

278 :花と名無しさん:2012/10/02(火) 10:43:13.60 ID:???0
オスカーとエドガーのキスシーンはエロいですな
その2人は萩尾さんのお気に入りだし

ところでユーリに薬は飲ませてないと思う、人工呼吸では?
ユーリがエーリクに薬を口移しするシーンと混ざってる?

279 :花と名無しさん:2012/10/02(火) 11:24:04.47 ID:???0
人工呼吸だよ

280 :花と名無しさん:2012/10/02(火) 17:43:41.97 ID:???O
>>272

大島さんが綿の国星のCDで作詞した曲の中に

「ギシギシ眠れない夜」ってフレーズがあって、
山岸さんのギシを聞くと、思い出しちゃう。

大島さんのギシギシは植物のギシギシのことで
エロさ0の内容なんだけど。

281 :花と名無しさん:2012/10/02(火) 17:51:54.69 ID:???0
ギシアン 知ってる?

282 :447:2012/10/02(火) 21:37:44.42 ID:???0
>>278
あ〜、
ユーリとエーリクとオスカーのトライアングルでいろいろ間違えたw
ごめーん

なんにせよ、薬を飲ませるのに口移しの必要はないスな
あと口移しにせよコップにせよ、
意識がもうろうとしている相手にあんなことしたら普通はむせるw

283 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 17:19:48.58 ID:???0
「彼はオクターブ家の継承権も財産権もカンパニーも私にくれた
 アルファ・ケンタウリもくれると言った、それなら私は全部もらうわ!愛のほかは全部くれるといった」

マージナルの泣けるシーンだけど、ちょっと分からないことが
オクターブ家の継承権、財産権云々は
メイヤードがオクターブ家の人間だからってことなんだろうけど
ナースタースに家の継承権をってところが分からん
ナースタースは元はオクターブ家の人間ではなかったってこと?

メイヤード、ナースタース、アドの関係って親戚同士か何か?

284 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 18:28:13.18 ID:???0
>>283
(日本で言うところの)本家とか分家とか、あと「○○家の何番目」みたいな
優先順位の問題じゃないかな

メイヤードはたぶん家柄的に継承権に関する順位が高くて、ナースタースの方は
順位が低かった、ってことなんじゃないかと

285 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 18:33:29.42 ID:???0
>>284
なるほど
ありがとう、分かりやすかった

286 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 18:54:19.62 ID:???0
茄子足す…

287 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 19:28:36.67 ID:???0
子供の頃一緒に遊んだとかいってたもんね>親戚


288 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 21:52:20.30 ID:???0
> 愛のほかは全部くれるといった

メイヤード・・・

289 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 21:58:21.48 ID:???0
>>272
グリーンカーネーションだっけ

290 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 23:13:59.92 ID:???O
バルバラですが本物のキリヤは幼い頃になくなってるってことであってますか?
こんがらがって訳がわからなくなりました


291 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 23:26:04.93 ID:???0
>>290
元々の世界の本物のキリヤ(太眉)=時夫と明美の子=2歳の時死亡
前の世界の本物のキリヤ(細眉)=エズラと明美の子=高校生で祭の時の事故で死亡
リセット後の元の世界の本物のキリヤ(太眉)=時夫と明美の子=生存
リセット後の元の世界における「タカ」(=細眉)=誰の子として生まれるかわからない


間違ってるかもしれない


292 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 23:39:45.96 ID:???O
レス有り難うございます
バルバラ最後が好きじゃなくて読み返せないんです
目の前にいる太眉より未来にいるであろう細眉を想ってるあたりが辛くて…


293 :花と名無しさん:2012/10/03(水) 23:43:21.45 ID:???0
バルバラのラストは狡いよなと思った。
結局パラレルワールドで夢オチだし…萩尾さんじゃ無かったら思い切り叩かれる展開だろと思った。

294 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 00:03:38.56 ID:???0
夢オチにしても主人公たちが動いた結果取り戻したものがあり、
さらに失われたものへの痛みと悲しみは無くしてないしね。
そのあたり銀の三角とも似てるな。


295 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 00:11:41.83 ID:???0
>>291だけど2行目違った
元々の世界の偽物のキリヤ(細眉)=エズラと明美の子「タカ」=高校生で祭の時の事故で死亡
が正しい

ただし細眉のキリヤが「偽物」だと知っているのはエズラ明美サイドのみ
他のキャラすべておよび読者にとっては彼が本物のキリヤ
細眉のキリヤ自身は「キリヤが死なない未来」が選択された瞬間に誕生しなかったことになるので
彼自身が「自分は偽物だ」と知ることはない
彼は遠い未来に何も知らず誰かの子供として生まれ、その「誰か」は東京から彼にプレゼントを贈ってくる


>>292
あのラストの展開、
存在しなかったものを懐かしむ描写は『銀の三角』ラストと同じなんだけど
エロキュスと時夫が決定的に違うのは、エロキュスがリアルな記憶のただ一人の所有者なのにたいして
時夫は記憶自体を自分で塗り替えてしまった点
塗り替えた後で、細眉の「タカ」をあんなにハッキリとリアルに懐かしく切なく思い返すのは確かにちょっと違和感ある
でもあのラストエピソードでは時夫は彼を「息子」として思い出してないんだよね

296 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 00:30:18.29 ID:???0
>>295
リセット後の元の世界に細眉のキリヤはいなくて細眉のタカなんだよね
元の世界で死亡した事にされた頃に亡くなってる

297 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 01:01:09.70 ID:???0
皆がその他の言葉で言い分けられなくて太眉細眉で区別してるのがなんかおかしいw

でも一番せつないのはキリヤでもタカでもなくて、最期に目覚めた時にもチャナだったアオバに思える
自分の人生を生きて死ねばいいのよっておばあちゃんの言葉を貰えなくてかわいそうだった

298 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 01:15:50.25 ID:???0
>>289
ホモを題材にした作品だっけ?

299 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 01:20:59.88 ID:???0
>>298
そうそう
花言葉が「ソドミー」なんだよ

300 :300:2012/10/04(木) 02:02:53.61 ID:SfpbB7Xz0
300

301 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 07:27:11.02 ID:???0
グリーンカーネーションの花言葉って山岸さんの創作説もあるんだってね
バラがホモ レズが百合ってのも日本限定でおk?

漫画の「ごくせん」読んでたらトーマ・ユーリ・エーリクのイラストが出てきてびっくり
オネエな先生がエリート男子校を作りたいと妄想を語るシーンww
こんなところにも萩尾チルドレンが

302 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 07:49:23.92 ID:???0
萩チルw

303 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 08:02:43.35 ID:???0
マージナルラストで、アシジンとグリンジャと新しいキラとまた三人揃ったわけだけど
(妙に虚無感や寂しさが湧いてくるラストだった)

これから三人で岩屋で暮らすのかな?
新しい暮らしも見てみたかったな

グリンジャが豆剥きしてアシジンが洗濯してるシーン好きだったから

304 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 09:48:18.48 ID:???0
>>301
そもそも「バラがゲイ」「ユリはレズ」というのは花言葉ではなく、
隠語、暗喩あるいは記号では?

305 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 09:49:40.47 ID:???0
>>303
3人で暮らすんだろうな
短い人生で、アシジンなどはそろそろ老境って感じだし、
穏やかな暮らしになるんじゃね?

306 :詫び訂:2012/10/04(木) 09:50:20.22 ID:???0
アシジン→グリンジャ

307 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 09:57:40.08 ID:???O
今度のキラはどちらを好きになるんだろね
色子扱いしなければ恋は芽生えないのかな


308 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 10:04:01.05 ID:???0
マージナルの人間は30歳過ぎると急速に老化が進んで、35歳が平均寿命ってあったから
グリンジャ21歳、アシジン19歳ってことを考えると
三人が暮らせるのも経った15年足らずなんだよな、長いような短いような気がするけど…
キラの寿命はどれくらいなのやら

あの3人新しい暮らしをはじめたとして、夜の営みの方はどうすんだろ?
蛇使いの人が三角関係は、もう一人が死ねば丸く収まるって言ってたけど
もうそういうわけにもいかんしねw

309 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 10:08:44.58 ID:???0
キラ´は子供生めるのか
増えたら新生児の子育てでそれどころじゃなさそう

310 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 12:07:16.55 ID:???0
子育ては大変だよまったくw

311 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 13:28:44.98 ID:???0
キラ'はボーっとしてるから子育てなんか出来なさそう。
グリンジャやアシジンは早々に他界しそうだから産んでも結局育てられず滅亡でマージナル。

312 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 14:22:20.33 ID:???0
>>304
「バラがゲイ」は、昔「薔薇族」というホモ雑誌があったことに由来してる
で、ホモが薔薇ならレズは百合だろう…というのを、その「薔薇族」の
編集長自身が提唱した、という説もあるっぽい

だからまあ、一応日本限定のイメージだろうね

薔薇の花自体は花言葉とかいろいろあるから、恋愛表現の小道具としては
海外でもホモレズ関係なくいろいろ使われてるようだけど
(他の漫画家さんが描いてたエピで、ホモレ○プした相手のケツに薔薇の花を
差して去っていく変態…ってのがあったとかw)

313 :312:2012/10/04(木) 14:54:54.82 ID:???0
あ、最後の二行はその漫画家さんがそういう内容の海外映画かドラマを
見たことがあると描いてた、ってことで

314 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 14:59:21.15 ID:???0
薔薇族のグラビアには青葡萄もよく使われていた…

315 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 15:38:59.36 ID:???0
>>303
あー、そのシーン私も好きだー!
アシジンの長い髪があんなにコンパクトにまとまるだろうかと思いつつw
穏やかないい場面だよね

316 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 17:07:52.83 ID:???0
思ったんだけどアシジン、グリンジャ、キラの三角関係って
アシジンとグリンジャがセックスすれば丸く収まるんじゃない?
ほらボノボって動物も関係が不安定になると、同性間で性行為に似たことして
緊張を飽和するって言うじゃん、それと同じでさ
お互いがキラを取り合うより、一発寝ちゃえばそれなりに仲良くなるんじゃないかな
アシジンかグリンジャのどっちかが

    /⌒ヽ
        ( ^ω^ ) <とりあえず一緒に寝て親睦を深めようZE!
   パンパン /  _ノ⌒⌒⌒`〜、_
    ε( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
    ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃

って誘えばOK

317 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 17:28:42.02 ID:???O
二人とも攻めだから無理だよー
キラは懐妊したらセンターにつれてかれて身体調べられそう
なんとなくだけどやっぱりグリンと恋仲になりそう


318 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 17:34:45.65 ID:???0
って言うか普通にあの星に女を移住させろよ。
人権侵害だろ。

319 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 17:41:22.17 ID:???0
>>318
マージナルもう一回読み直しなされ
D因子とやらのせいで、女性は地球に行くと不妊になっちゃうんだよ
男性でも遺伝子に傷がつくらしい

320 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 18:24:59.87 ID:???0
マージナルはラジオドラマがけっこうまとまっててよかった。
メイヤードの声はもう塩沢さんしか考えられない。
ニコ動で探せばたぶんまだある。

321 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 18:31:37.83 ID:???0
>>320
マージナルアニメ化されないかな
ちょうど1クール13話で収まりそうだし、内容も十分面白いのにもったいない
洪水後のアシジンとメイヤードの会話をアニメで見たいよう…

322 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 18:42:58.42 ID:???0
女が殆ど出て来ないホモ路線のアニメなんて誰が観るんだ。
無理矢理萌えキャラっ子でも投入しないと無理だろ。
頑張ってもOVAだろ。

323 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 18:51:15.14 ID:???0
>>321
ナンバーシックスとか
新世界からとか
今時のラノベっぽいふいんきもあるから
古さを感じない。

>>322
たしかに、円盤が売れないな

324 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 18:58:13.23 ID:???0
>>322
>女が殆ど出て来ないホモ路線のアニメなんて誰が観るんだ。

腐女子やマージナルファン、あとネタ的な意味で見る男性も
人はどんなものにも萌えを見出すものですわ
記号やテンプレで出来たキャラだけが人気になるわけじゃないし
その気になればエメラダやミカルにだって

まぁ…うん、頑張ってもOVAって部分には同意

325 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 19:15:31.83 ID:???O
ニコか何かで聞いたこてこてあるけどグリンが石田純一だっけ?
えらいソフトなグリンだった印象


326 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 19:24:35.95 ID:???0
グリンがフリン…

327 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 19:29:05.06 ID:???O
ヘタリアだの咎狗の血だの黒執事だのは、ホモだけど
円盤は売れてるんじゃないの

328 :花と名無しさん:2012/10/04(木) 20:11:46.54 ID:???0
マージナルよりバルバラ異界のほうが青羽たんハァハァで
大きいお友達のファンがつきそうな気もするが,時間ループはきっと
まどマギのパクリだとか言われちゃうんだろうな。
そういえばニコの腐女子研究会とかいう番組でバルバラを絶賛してた。
食べ物アレルギーの考察がすばらしいって。

329 :花と名無しさん :2012/10/04(木) 20:35:39.46 ID:???0
マージナルを仮にアニメ化するとしたらターゲットどこだww
ホモ部分でも今時の若い二次腐が好むのは
少女漫画のキラキライケメン<<<<<<<ガタイのいい高校バスケ部ノンケ男子だし

やっぱりいいとこOVAに一票w

330 :花と名無しさん:2012/10/05(金) 09:58:03.25 ID:???0
普通にハードSF系(エコ含むw)でいいと思うけど

まぁ、売れ線ではないw

331 :花と名無しさん:2012/10/05(金) 16:08:38.53 ID:???0
>OVA

オリジナル・ビデオ・アニメーションのことか。
勉強になった。

332 :花と名無しさん:2012/10/05(金) 22:59:03.10 ID:???0
「池田理代子の世界」に萩尾さんのことがいくつか書かれてるんだけど
ある連載作品の一話掲載後に、萩尾さんから褒められてすごく嬉しかったって
才能ある漫画家として名前も挙げてたけど、横のつながりがちゃんとあるんだね

333 :花と名無しさん:2012/10/05(金) 23:08:44.00 ID:???0
ベルばら宝塚初演を理代子先生と一緒に観劇してるよね
ストロベリーフィールズに書いてあったっけ

334 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 00:06:37.65 ID:???0
まあ漫画家としては
せっかくのベルばらの功績も吹き飛ぶほどの最低最悪なことやらかした人だからなあ
萩尾さんなんかは許せないだろうなって思ったわ

335 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 00:14:25.89 ID:???O
池田さん何やらかしたの?
スレチだけど気になりました

336 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 00:31:36.27 ID:???0
フルネームでググるとトップの方に出てくる

337 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 00:35:36.25 ID:???0
>>335
このあたりではないかと…
http://www40.atwiki.jp/ikeda_cribbed/

338 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 00:40:07.62 ID:???0
当時話題になったよ
2ちゃんでも検証スレあったし
それが理由かは不明だけど萩尾さんよくマンガ史の解説やってるけど
2000年代からの記事では池田さんに触れること殆ど無いんで
この事件が理由なのかと思ってる

339 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 01:39:36.79 ID:???0
池田さん こんなことしでかしてたのか シラナンダー
オルフェウスの窓は、トーマ、ポーと同じくらいハマりにハマったから残念だ
残念といえば、オル窓の最後は残念の極み

340 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 03:28:53.20 ID:???O
久々に見たけどひどいパクリだね

341 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 03:36:49.58 ID:???0
まとめサイトにもあったけど、山岸先生の作品が大好き!って公言しときゃよかったのにね

342 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 04:55:04.50 ID:???0
>>317
リバもこなせるんじゃない?二人とも
グリンジャは村で一番年下だから、村の年長に掘られたことはあるだろうし
というかマージナルの人間は少年の時は、みんな大人に抱かれた経験あって
更にその大人も若いときは…

あらためてとんでもない設定だな、マージナル
地球に存在する男の大半が尻穴開通済みだなんてw

343 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 05:19:53.98 ID:3o9TfA2g0
>>あらためてとんでもない設定だな、マージナル
どうしたってアニメ化は無理だとw
万が一いや億万が一実現化されちゃった日には映倫のこれまでがかわいそう過ぎる…

しかし池田さんも
山岸さんに正面からケンカ売っといて全力でパクリって…kzだろw
よくいう、作品が優れていれば作家の人間性なんて気にしないというアレは
理解はできても感情的にはアウトだ自分



344 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 05:20:34.82 ID:???0
ageちまってすみません

345 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 10:29:16.09 ID:???0
アニメ化は別に無理じゃないと思うけどね
別に露骨に描写する必要はないのだし、
そのへんは演出等でどうにでもなるでしょう

ただ、アニメでは売れ線じゃないってことは言えるw

346 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 10:30:50.51 ID:???0
そんな無理してまでアニメにしなくてもいいよね

347 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 10:47:32.39 ID:???0
攻め、リバって何?

348 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 13:17:39.19 ID:???O
グリンが攻めでアシジンが受けなら…いややっぱりピンとこない!
二人は特別な体験を共有した同志を貫いてほしい!
アシジンは長がマザと契って授かった子だっけ?
色々あって変人呼ばわりの叔父さんにあずけられるけどアシジンの尻は無事なのでは?
なんとなくだけどそんな気がする

349 :花と名無しさん :2012/10/06(土) 13:34:44.97 ID:???0
数字板行けよ
全年齢スレで昼間からホモネタ流すな

350 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 13:54:04.53 ID:???0
>>343
>よくいう、作品が優れていれば作家の人間性なんて気にしないというアレは
>理解はできても感情的にはアウトだ自分
自分はモーツァルトは平気で聴けるしうっとりできるけどw
今回の場合は作品も優れてないよね、パクリだし

2000年代からの池田さんに触れることがないって、
実生活での交流もなくなったのかなぁ、萩尾先生
まあ嫌だからしなくていいんだけどさ

351 :花と名無しさん :2012/10/06(土) 14:50:10.97 ID:???0
>>350
どう見ても池田さんが完全アウトだもんなぁ
ギシさんの立場考えると実情はどうでもお触り厳禁しかないよね
せっかくよしながさんとの対談では
ベルばら連載当時はみんなで楽しんで盛り上がったって言ってたのにね

>>自分はモーツァルトは平気で聴けるしうっとりできるけどw
www
ふとモーツァルト本人が現代社会に生きてツイッターやブログで発言流しまくったら
どんな評価になるのか興味持ったww

352 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 14:57:59.64 ID:???0
>>351
天才だけに、何か痛い発言しまくりって気がするw>モーツァルト


353 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 15:06:23.68 ID:???0
>>349
萩尾漫画でホモネタ外すって逆に難しい気が。

354 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 15:14:29.75 ID:???0
>>352
痛い発言しかしない挙句に目も当てられないほど叩かれて
ヲチ対象になること間違いなさそうだよねw

355 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 20:51:05.28 ID:???0
別のスレで347の言葉の意味知ってドン引いたんだが
萩尾さんのはホモかも知れないがその言葉自体は同人用語だろ
ちょっとは考えてくれ、腐おばさんども

356 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 21:11:04.88 ID:???O
萩尾さんの作品はホモネタ妄想で時には盛り上ることがあってもしゃーないよ
いちいちつっかかってたら雰囲気悪くなるからスルーした方がいいよ


357 :花と名無しさん:2012/10/06(土) 21:29:44.24 ID:???0
妄想はともかく腐用語は板違いなのはわかるな?

358 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 00:39:14.74 ID:???0
繰り返し同じテーマで書く作家の心理ってなんだろ
萩尾はなんでホモがデフォなんだろ
腐のメンタルとは違うような気がするし
ホモには萌えてないよね?

359 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 00:42:52.16 ID:???0
ジェンダー、性の問題を描きたいのじゃないのかね、単に。
性的に虐待される存在は色んな話で出てくるな。少年でも少女でも。

360 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 01:43:29.16 ID:???0
>>359
概ね同意
異性、同性、生殖、性愛など多面的に性をテーマにしてはいるが
カプ設定や萌えを書いてるわけじゃない
そこが萌えありきのBLとの線引きだと思う

だからと言って萌えや腐を差別、否定してるわけじゃないよ
ただここはロコツな腐向け表現でオープン腐話するスレではない
専用板が存在してるという事は住み分けすべきという話
同性愛≠BL

361 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 03:36:43.53 ID:???0
>>359
自分はもっと広義に「他者との関係性」と思ってる
ジェンダーやセクシュアリティというよりも諸々の規範に目を向けよみたいな

362 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 09:25:04.18 ID:???0
萩尾作品ってホモやゲイがデフォか?
しばしば出てくるのは少女漫画家だからって気もするし、
男色は純文にもよくあるんでそれほど気にはならない

むしろ生殖や性、そこからジェンダーについての興味が強いように思えるな
特にSF作品だと性転換や生殖について設定をつくりやすいから
顕著だと思う。『マージナル』や『X+Y』、『銀の三角』など。しかも面白い


363 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 15:52:17.55 ID:???0
カトレア養老院

364 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 18:16:09.86 ID:???0
>>362
デフォではないよな
・種の保存、存続のための生物学的なシンプルな性
・性別の垣根を越えた人類特有の性愛
・親子関係における父性、母性

こんな感じで性を大きく分けてる印象だわ
男の同性愛については女性が読みやすいように設定したんじゃないかな
自分は女性同士設定は正直キツイが男カップルなら読める

365 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 19:37:55.35 ID:???O
残神のジェルミが女の子だったらとてもじゃないけど読めなかったな。

366 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 20:10:08.25 ID:???0
あれは男子設定だったからこその話だよね

367 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 20:16:23.33 ID:???0
女版でやってるのはギシさんか。
あれは生々しくてキツいよね。

368 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 21:34:23.84 ID:???0
>>364
それは364さんの考えであって、
作者本人は、そんなふうに分けているかなぁ?

最後の2行はよく聞く理由だし、
同じ女性としてわからんでもないが、
それが上3つの理由とは特につながりはないと思う

369 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 22:08:42.52 ID:???0
どんな読み方しようとファンの自由で誤読の権利だってある
重層的な作品が多いのに「性(愛)」特化で作品を語るのは残念
釣られ過ぎにもほどがあるよ


370 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 22:12:07.42 ID:???0
1行目はわかる
2行目は、だからこそ余計なお世話
2行目は誰に言ってるのかさっぱりわからん

371 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 22:21:49.73 ID:???0
萩尾さんの描くキャラは同じ美形設定でも
女性より男性の方が美しいと思う なぜだろう



372 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 22:46:19.08 ID:???0
本人が美少年描くのが好きだからとか?

373 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 23:12:32.72 ID:???0
そーかな。女性もきれいな人たくさんいると思うが
X+Yのエスニックでお笑い夫婦の片割れ学者とかw

374 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 23:22:37.27 ID:???0
古くは阿修羅、そのあとラグトーリン・メーリン
最近では若返った菜々実さんが自分の美女基準にどんぴしゃすぎるので
美少年ばっかり美しいという意見には同意できないな…

375 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 23:24:53.99 ID:???0
金曜の夜の集会のお姉さんやメリーウェザーも美人だと思う。

376 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 23:28:45.18 ID:+pF/DpI60
>>それは364さんの考えであって、
>>作者本人は、そんなふうに分けているかなぁ?

えっ
364さんじゃないけども、作家本人から具体的な公式見解が語られない限り
ファンサイトやこのスレで読者が交わす議論はどれも憶測なのが当然では?

377 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 23:52:55.37 ID:???0
男の美形キャラも実は女顔だったりするんで、何とも言いがたいかも…
城の先生の若い奥さんキレイだし
トリルもあの腹這いになってるシーンの美形っぷりに夢中になって当時模写しまくった

てか、あの時期の画力とタッチは自分にとっての至高

378 :花と名無しさん:2012/10/07(日) 23:56:56.61 ID:???0
んでも美少女が主人公の作品が殆ど無い気が。

379 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 00:05:10.58 ID:???0
自分もスターレッドしか思いつかないかも
A-A'のアディは美少女設定だったかどうかも忘れたし…
半神は微妙だし

380 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 00:21:50.80 ID:???O
ラグトーリンが一番美人
他は、ダリダンの妹の初登場シーン、
モノクロなのに赤に見えた、コンタクトを取られたセイ。


381 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 00:24:02.94 ID:???0
ポーのマドンナが自分の至上だ
造形以上に演出で透明感が凄すぎるメリーベルとか

近年になると絵がかっきりしてきて、
雰囲気じゃなくて本当に顔の輪郭だけで美人不美人を見なくちゃいけないから、
萩尾先生の絵が好み(自分的美人に見えるか)か否かって話になってくるなぁ

382 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 00:25:26.53 ID:???0
プランタンは?

エプロンつけて手には泡だて器の姿よりも、
だんぜん男装の麗人の時のほうが好きだけどね

383 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 00:25:57.11 ID:???0
ゴールデンライラックは?

384 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 00:43:23.17 ID:???0
カティを選んだミロンはいいオトコだ

385 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 07:24:44.19 ID:???0
>>382
ドミパパが作った肩幅広いドレス着たプランタンが一番美人〜〜

386 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 10:24:19.07 ID:???0
萩尾さんのイラスト集って 今まで出てるの3冊?


387 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 10:32:52.02 ID:???0
>>378
確かに「美女」は少ないかもしれない
・スターレッド
・ゴールデンライラック
・百億(阿修羅を主役と考えれば) くらい?

プランタンやラグトーリン、マドンナは主役ではないし

388 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 11:06:10.62 ID:???0
王妃マルゴがあった

389 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 11:48:44.50 ID:???0
http://www.shogakukan.co.jp/comics/detail/_isbn_9784091914057
コミック文庫
10月の少女たち著/萩尾望都
発売日: 2012/10/13

390 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 14:20:06.99 ID:???O
狼と結婚してしまう月蝕の名無しのヒロインはかなりの美人だった
あのオッドアイの息子の行く末が気になる

391 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 15:50:57.90 ID:???0
イラスト集持ってないなあ

392 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 17:03:31.90 ID:???0
自分は萩尾さんの特徴である
淡いグレーや淡いブルーを基調にした色使いがとにかく好きで
イラスト集もステキなんだけどやっぱり生原画の美しさと迫力が忘れられない

せめて五年に一回くらいのスパンで原画展で開催されないものかな…コスト考えると難しいか
でも萩尾さんはもちろんのこと
良い作品の生原稿を見られる機会をどんどん作って欲しいと心底思う

393 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 17:28:29.36 ID:???0
いいなああ
生原画見てみたい

394 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 18:00:04.08 ID:???0
「半神」の生原稿だけ見たことがあるけど、
あんまりホワイト修正の跡とかがないタイプの原稿で
きれいだったなあ

395 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 18:07:04.11 ID:???0
イラスト集は買う価値あり?
次の原画展はいつどこで開催されるのだろう

396 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 20:01:20.42 ID:???0
漫画のみならずイラストレーションの技術も高いと思うもんな
積極的にファンの目に触れるようにしてくれるといいのに


397 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 20:38:21.12 ID:???O
数字板に専用スレ作った方がいいよ
このままだと誰かが801妄想始めてもどこにも誘導出来ない
不快に思う人もいるんだし住み分けは必要だよ

398 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 20:42:56.02 ID:???0
は?

399 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 21:09:50.15 ID:???0
>>395
イラスト集関連は「少年よ」 、「Cherish Gallery 萩尾望都 自選複製原画集」、「金銀砂岸」を持ってるけど印刷技術考えると最近の原画展で売られてた図録買ったほうが良いかも。

400 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 21:13:30.17 ID:???0
図録なんて売ってるんだね、ありがとう。

401 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 21:15:54.16 ID:???0
古本屋さんで金銀砂岸を見つけて衝動買いしたけど、買ってよかったよ
最近の図録ももちろん欲しいけど…

402 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 21:20:03.73 ID:???0
>>396
去年原画展も見て来たけど悪いけど萩尾さんのカラーはそんなに上手いとは思った事は無い。
一応絵が上手いと評価の高い漫画家さんの原画も見てるけどその辺りだと本当にどうやって描いたんだろうと感嘆するレベル。
萩尾さんの場合は萩尾ファンフィルターが入って無い人から見ると評価は高く無いと思う。
ただ印刷より原画の方が綺麗ですね。

403 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 21:31:09.03 ID:???0
>>402
>一応絵が上手いと評価の高い漫画家さん
誰?

404 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 21:42:26.22 ID:???O
>>397
必要だと思う
ただ私にはレベルが足りなくて立てられない……

405 :花と名無しさん:2012/10/08(月) 21:59:34.84 ID:???0
>>397
前スレでも同様の提案してた人だよね
前も言われてたけど他板スレ立てについてはそれこそスレチ
必要と思うなら相談は該当板で
立ててから誘導すればいい

406 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 05:35:41.90 ID:???O
数字板ではある程度需要がないとスレ立てできないので
語りたい人は801板の少女まんが@801スレに行ってくれればと思う

407 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 07:17:20.72 ID:???0
とりあえず、読みたくないと思ったレスはスルーしたり
あぼ〜んするとか対策とってみたら?

408 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 08:26:56.61 ID:???0
>>402
萩尾さんのカラー作品では
ペニー・レインの扉絵がすごくいいと思う でもそれぐらいかな
個人的な感想だけど、萩尾さんってカラー絵に渾身って感じじゃないよね。
本人もカラー苦手か、色塗るのあんまり関心ないんじゃないかと思わないでもない。
竹宮さんは、着色は専門のアシがいた記憶。(リリカで名前が併記されてた)

409 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 08:50:48.58 ID:???0
ある時期の絵柄がすごく好きっていうのはある
変化するのは仕方ないんだけどちと寂しい

410 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 08:55:51.34 ID:???0
カラーで人目をひくという画風ではないよね
マンガ自体の画力はシロートがみても凄いなと思うけど

411 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 09:47:18.60 ID:???0
>>402
1行目に同意。あんまり好きじゃないなーカラー絵
なんでかなー、あのフワッとした色使いがダメなのか?

むしろモノクロ絵でも色を感じさせるド迫力が好き(セイとかエドガーとかね)

412 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 12:50:00.17 ID:???0
>>408
>>411
自分は「週刊少女コミック増刊号・フラワーデラックス」の表紙絵
ttp://plaza.rakuten.co.jp/esperanza2/diary/200611210000/
が綺麗だなと思ったぐらいで後は…。
何か萩尾さんのカラーって配色のセンスが悪くて色を多用すればするほど何かゴチャゴチャして汚く見える。
カラーの上手い人は多色でも綺麗に見えるんだけどね。
あとどうしても時間を掛けて彩色してる様に見えないので雑に見える。
やっぱりカラーに拘り無いのかも。
漫画作品としては、おおっこれは凄いと思わせる構図のコマとかあるんだけどね。
萩尾さんはやっぱり漫画作品だと言うバックグラウンドが無いとイラスト単品では評価し難い。

413 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 12:53:59.01 ID:???0
銀の三角の扉絵は好きだなぁどれも美しい
カラーじゃないけどw
あとラグトーリンがマーリーの額を軽く蹴って空中で回転するシーンも

414 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 12:59:04.12 ID:???0
何故萩尾さんは絵が劣化しないのか
天才だからなのか

415 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 13:00:51.13 ID:???0
劣化してるだろう…

416 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 13:27:36.18 ID:???0
異論反論沢山あるだろうけど、最近の絵も好きだよ。
まあ、レオくんはちょっとあれ気味の線だとは思うけど。

417 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 13:55:09.72 ID:???0
同世代の作家さんと比べるとバランスの崩れなどは驚異的に少ない方と思う
それよりも自分が一番好きだった頃のタッチからは激変したのは正直寂しい
それを劣化ととる人もいるけれど
絵は常に変化する生き物なので
萩尾さんに限る事ではないからと言うしかないんだけど

レオ君はそれ以前にキャラデザの問題みたいな…

418 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 14:34:27.69 ID:???0
うん、同世代漫画家さんは9割以上劣化してるけどその中でまだ劣化してると言うほどでは無いレベルを維持してると思うよ。
ただここ数年の描線の極太さが気になる。
ギシさんと足して二で割って欲しい。

419 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 14:42:22.39 ID:???0
山岸さん今ひどいことになってるから。話も絵も。

420 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 14:48:41.22 ID:???0
ギシさんは確かに線は細いままだけど
・バストショットの2人を横に並べて右手人差し指立てる会話シーン
・両手を顔横に上げてキャーの喜び・驚きシーン
・ひとりごとで自分の感情や今までの行動やその理由を誰にともなく説明するキャラ
・絵と会話の乏しい情報量を補うために縦横に行き交う矢印と手書きの説明
という漫画としての魅力が涸れ切った現状なので足して割ったりしなくて結構です


421 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 15:21:22.72 ID:???0
どの時期の絵柄が一番好き?

422 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 15:27:17.38 ID:???0
自分はトーマ後半の頃かな。
でも作品として一番好きなのはスター・レッドだけど。
作風とマッチしてたから違和感無いのかな。

423 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 15:30:25.93 ID:???0
>>412
>配色のセンスが悪い

何かのコメントでピンクと水色のカップリングが好きって書いてた
わりとファンシーな色使いがお好みなのかしら
フラワーコミックスの表紙(カバー絵)はどれもいまひとつで残念
たしかに白黒画が一番美しいよね。
ポーやトーマのFCも白黒画のカバー絵で良かったかも。

424 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 15:50:02.61 ID:???0
>>421
「ハワードさんの新聞広告」とか「キャベツ畑の遺産相続人」あたりの絵柄が一番好きだわ
と調べたら1973年から1974年・・・40年前という

425 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 15:55:59.58 ID:???0
>>421
単純に絵柄だけの好みなら
読み始めた80年代中盤〜後半にかけて
メッシュのクライマックス、X+Y、マージナルの頃だな
422さんと同じく、作品として好きなのは他にもたくさんあるけど

426 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 16:01:52.47 ID:???0
残神の後半 ものすごく美しいと思った
コマ割りのせいかなー 映画みたいで

427 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 16:48:18.81 ID:???O
銀の三角は凄く好きな描写が沢山ある
ミューパントーが歌う「さながら何千人もの合唱のように響いていたと言う」の見開きとか
ラグトーリンの「貴方がエロキュスを殺しさえしなければね」の緊迫したシーンとか
ルルゴーモアが崖で初めてラグトーリンに会うシーンとか、音楽絡みの描写が凄く上手い

428 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 19:27:54.90 ID:???0
外国が舞台の話が絵としっくりくる気がするな
「感謝知らずの男」のあたりが好き

429 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 20:43:13.19 ID:???0
海のアリアのカラーは好きだ

430 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 21:28:22.52 ID:???0
>>429
ブルーをメインにしたカラーは割と綺麗かも。
マージナルとか。

431 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 21:38:23.28 ID:???0
1976年から1983年あたりの絵が好き

432 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 22:26:49.80 ID:???0
ネコと王妃にまったく興味がわかず悶々……w

433 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 22:43:58.81 ID:???0
それが普通の感性だと思いますが

434 :花と名無しさん:2012/10/09(火) 22:47:20.37 ID:???O
>>427
モザイク・ラセンも海のアリアも音楽だね。

銀の三角はマイベストオブ萩尾望都

435 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 16:42:44.67 ID:???0
>>432
王妃には興味があるけど猫は要らない・・・。

436 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 18:37:38.80 ID:???0
じゃあさ 萩尾さんのどんな漫画を読みたいか



437 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 18:42:17.91 ID:???0
SF!SF!
スター・レッドのような強い女の子が主人公のハードSF!

438 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 18:56:25.65 ID:???0
美しい少年が人生に悩む話がいいでーす

439 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 19:50:17.04 ID:???0
ここではないどこかシリーズ面白かったよ
昔の萩尾さんの作品とは違う親子関係があったり、
全てを包み込むような大きな優しさで描かれててとてもよかった

440 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 19:56:01.17 ID:???0
「柳の木」はグッときた

441 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 19:59:55.70 ID:???0
残神の「スペース ストリート」

442 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 20:15:37.36 ID:???0
サスペンスものとか


443 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 20:54:37.55 ID:???0
>残神の「スペース ストリート」
いいねえ

444 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 21:05:05.52 ID:???0
他のブラッドベリ作品もみたいなあ

445 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 21:11:33.52 ID:???0
ホラー読んでみたいと思ってる
ただし和製の心霊モノはギシさんや美内さんで
シャレにならないほど恐がらせてもらったので
ちょっと切ない系でアザーズやシックスセンスのような外国設定がいいな
そうなるとポーの要素が含まれてるような感じになるのかな

反論や否定レスは覚悟しております

446 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 21:19:59.03 ID:???0
シックスセンス良いなあ。
あれ何回観てもエエっ!?って思う。
あんな風に最初からひねったストーリー物読みたいな。

447 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 22:00:15.01 ID:???0
萩尾さんでホラーって綺麗かも
やっぱ外国設定だよね

448 :花と名無しさん:2012/10/10(水) 23:52:25.66 ID:???0
うーん、すごく読みたくなった>外国設定ホラー
ここではないどこかもとても好きだ
だが外国設定ホラーを萩尾絵で読みたい!とても!

449 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 01:41:31.12 ID:???0
モードリンみたいな雰囲気のサスペンスフルなのが読みたいなあ
少女の心理と物語の展開がシンクロしていくようなの

450 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 03:07:31.77 ID:???0
モードリン好きだわ
たしか昔は持ってたのに、今手元にないのよね
ポーチで少女が子犬と・・・も欲しいし、ルルとミミを買おうと思う

451 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 07:21:52.04 ID:???0
モードリンがどうして「レナちゃん」と呼ばれるのか当時はわからなかった。
モードリンの綴りがマグダレーナだからなんだね。
大きくなってからわかることいろいろ

452 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 07:59:07.73 ID:???O
塔のある家に憧れたなあ
屋根裏のある家にも

453 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 08:47:48.58 ID:???0
人物のみならず背景・風景もすてきなんだけど
アシさんが全部描いてるのかな

454 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 10:39:53.56 ID:???0
はるかな国の花や小鳥
この作品の頃の絵が好きだった。
萩尾さんは一番好きな漫画家さんではないけれど
今でも、これが自分の理想の少女漫画かも。

455 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 14:18:31.60 ID:???0
自分は萩尾作品は絵そのものよりもストーリーとか作品内容だなー
コマ割とか構図とか心象シーンのカットとか、素直に「凄い」と思う

456 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 16:16:07.45 ID:???O
萩尾さんの絵で指輪物語をコミカライズしていただきたいなぁ

457 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 16:49:02.73 ID:???0
ビジョルドスレでマイルズシリーズのイラスト描いてくれみたいな話は出てた気がする
マジで描いてくれると嬉しいが…

458 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 19:10:47.20 ID:???P
私は原作つきなら‥
萩尾望都が好きな人って小川洋子なんか
も読んでる人少なくない気がするけど。
彼女の「凍りついた香り」読んだ時
萩尾さんが漫画にすると合いそうだと思った。
ただ、自殺した恋人(元数学の天才児、
フィギュアスケートの好きな調香師)の
メンヘラな母に焦点を
合わせるとギシ先生かな?

459 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 19:39:06.08 ID:???0
>>456
映画ロードオブザリングを薦めてくれた友人が
「登場人物が萩尾マンガのキャラにそっくり」と
確かに・・・

460 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 20:02:56.18 ID:???0
やっぱり巻き毛のせいなのか……

461 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 21:09:21.24 ID:???0
萩尾絵のロード・オブ・ザ・リング、脳内で容易に想像できるw

>>454
私もその頃の絵柄好きだな〜75年ごろ?
特に「ホームズの帽子」の絵と時代と作風と登場人物の雰囲気が
これ以上ないほどマッチしてて、あの時代の怪奇幻想話をもっと読みたかったと思う。
アランはよくあの書庫から目当ての本を首尾よく盗んでこれたよなぁ〜

はるかな国〜では、草むらで寝転がって眠ってるアラン、寝顔に薔薇の花を近づけるエド、
の場面がめちゃくちゃ好きだ。自分の初萌えかもしれん。

462 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 21:40:42.90 ID:???0
フロドとゴラムは
萩尾さんの二次元デザキャラをハリウッド最先端のCG処理で三次元化したのかと思った


463 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 22:05:07.02 ID:???0
>>446
>あれ何回観てもエエっ!?って思う。

わたしもだ。
内容よく知っているのに、だw

464 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 22:40:28.06 ID:???0
>>454>>461
私もその頃の絵と雰囲気が好き
寝顔に薔薇の花を近づける場面、ステキだよね

あと、ペニーレインの中に出てくる
「だって、父さんがそうしろって」が口癖の村娘とか
綺麗でもないのに、とても味のある脇役が多彩なところも萩尾作品の魅力ね


465 :花と名無しさん:2012/10/11(木) 23:48:38.01 ID:???0
>>462
死にかけの明美さんがまんまゴラムだったなぁ…

466 :花と名無しさん:2012/10/12(金) 00:13:31.51 ID:???0
ジェルミがフロドに見えて仕方なかった
半神で死んでゆく妹がゴラムかなあ

467 :花と名無しさん:2012/10/12(金) 00:33:43.07 ID:???0
>>462
ユーシスがいたような気がしてならない

468 :花と名無しさん:2012/10/12(金) 19:11:56.50 ID:???0
絵は「アロイス」とか「ペニーレイン」の頃が一番好き。
すごく色気を感じる。
「ゴールデンライラック」あたりからなんか丸っちくなっていった
ような記憶がある。

469 :花と名無しさん:2012/10/12(金) 22:17:51.24 ID:???0
「温室」はホラーに入るのかな?

470 :花と名無しさん:2012/10/12(金) 22:20:22.69 ID:???0
ホラーだと思う。
あれ原作付きだったよね?

471 :花と名無しさん:2012/10/12(金) 23:30:15.14 ID:???0
あったっけ
なかったような気もするが定かではない

472 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 01:38:15.66 ID:jzDp2cxf0
トロくてすみませんが何の話でしたっけ?

473 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 07:08:19.80 ID:???O
>>472
コブ付きのヤモメと未亡人が再婚する話
温室の薔薇が義弟を喰っちまうやつ

474 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 10:04:25.04 ID:???0
「温室」は「ハワードさんの新聞広告」と同じくイケダイクミさん原作です。
イケダさんも大泉サロンの常連さんで、99年に亡くなられたようです。

475 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 11:22:37.24 ID:???0
おおお…さすが
萩尾さんのホラーっぽいのというと 「温室」と
あとあぶない丘の家の第一話?くらいしか思い浮かばないけど
他に何かありましたっけ

476 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 11:43:12.19 ID:???0
あぶな坂HOTEL?

477 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 12:12:21.06 ID:???O
アロイス!?

478 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 12:15:53.26 ID:???0
本気で描いたらかなり怖くて美しい話ができそう…

479 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 13:27:15.08 ID:???0
>>477
アロイスは当時の花ゆめの怪奇とロマンゴシックシリーズの一つだったから間違いなくホラーの一つだね。
スレチだけどあのシリーズに参加した作品、作家さんってみんな凄かったな。

480 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 13:28:44.38 ID:???0
アロイスはリアルタイムで読んだけど
先に妹に読まれてネタバレされたのを今でも何かの折に持ち出すほど怨んでいる

481 :個人的な感覚だと……:2012/10/13(土) 14:55:08.57 ID:???0
「あぶな坂」がホラーにカテゴライズされるなら、
「モザイクラセン」や「ポー」もホラーになりそうだw

「アロイス」は今のままだとホラーじゃないが、
演出等を変えればホラーになりそう


482 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 15:33:12.70 ID:???0
いやポーは最初からホラーじゃないの?
吸血鬼の話だし何人も人殺してるし。
エドガーなんか吸血以外でも殺人犯してるしw

483 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 16:04:34.91 ID:???0
ポーの一族は「怪奇モノ」として当時紹介されていたと思うけど

484 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 16:32:27.26 ID:???0
確かに怪奇ロマンシリーズだったみたいだね
ttp://kiritani.blog4.fc2.com/blog-entry-1265.html

485 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 16:36:49.45 ID:???O
ブラックジャックは最初は「怪奇コミックス」と書かれてた。

486 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 17:20:35.52 ID:???0
ブラックジャックの幽霊手術したり宇宙人(?)手術したりは
今思い出しても充分怪奇だと思うw

487 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 17:27:26.99 ID:???0
ブラックジャックは脳が無い赤ん坊が怖かった。
まんまカエルだったから…。

488 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 17:53:16.12 ID:???0
奇形と怪奇いっしょにすんな

489 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 18:15:50.91 ID:jzDp2cxf0
奇形を聞けい。

490 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 18:28:42.17 ID:???0
これだ
ttp://newstrendno1.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_6e9/newstrendno1/img_1750054_38341510_0.jpg

491 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 18:39:34.31 ID:???0
久遠寺医院

492 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 19:54:05.01 ID:???0
>>479
忠津陽子さんの「ロザリンドの肖像」もこのシリーズだったかな。

493 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 20:08:14.32 ID:???0
>>492
うん、そう。

第1回 呪われた城 山田ミネコ 75年1号
第2回 氷のロゼッタ ゆき・ひろ 75年2・3号
第3回 ジョーカー輪舞曲 泉左京 75年4号
第4回 ロザリンドの肖像 忠津陽子 75年5号
第5回 Qの字塔 竹宮恵子 75年6号
第6回 祈りの鐘がひびくとも・・・ 三原順 75年7号
第7回 白い森 木原としえ 75年8号
第8回 高い城の少女 山田ミネコ 75年9号
第9回 アロイス 萩尾望都 75年10・11号、12号
第10回 左の眼の悪霊 和田慎二 75年13号、14号
第11回 ローヌ・ジュレエの庭 水野英子 75年18号、19号、20号
第12回 二頭だての黒い馬車 ささやななえ 75年20号、21号

だね。
自分はケーコたんや三原さんの作品が印象に残ってる。
勿論アロイスも。

494 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 22:03:23.05 ID:???O
>>490
小学校低学年で2巻まで読み進めたブラックジャック、
中学になるまでその絵がトラウマで読めなかった。
>>487>>490見ちゃダメだよ

495 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 22:24:22.38 ID:???0
>>482
あ〜そういえばホラーなのか
全然そんなふうに見てなかった
だって山岸さんや摩耶さんの漫画と違って全然怖くはなかったので


496 :花と名無しさん:2012/10/13(土) 23:14:20.38 ID:???0
忠津陽子

なつかしい。
大好きだった。

497 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 00:37:28.40 ID:???0
コミックナタリー
萩尾望都短編集「10月の少女たち」巻末に吾妻ひでお寄稿
http://natalie.mu/comic/news/78187

498 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 11:31:46.68 ID:???0
>>496
忠津さんって萩尾さんと交友関係あったのかな。
あの頃だとあった感じだが。

499 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 11:37:17.40 ID:???0
どうだろう。

作品の方向性が違うし、
掲載誌も違っていたから・・・

昔はそれぞれの雑誌で作家を囲い込んでいたみたいだから
ヨコ(?)の交流は難しかったイメージがあるけど・・・

500 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 12:00:20.65 ID:???0
え?週マ時代の木原敏江作品に萩尾さんがアシしてたり別コミの大島弓子作品に大矢ちきさんがアシしてたりしてむしろ横の繋がりが強い時代だったはずだよ。
忠津さんは池田理代子のオル窓にアシしてたな。

501 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 13:24:12.74 ID:???O
萩尾望都801萌え総合スレ
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/pinknanmin/1350174213/

出来ました。よろしければどうぞ

502 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 15:41:42.14 ID:???0
>>497
あそび玉はやっぱりゲラ刷りにホワイト使いまくって修正かけまくったあれ使った
んかな?それともデジタルでやり直したんかな?

503 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 17:10:43.60 ID:???0
>>499
70年代にはマンガ家同士は結構交流あったみたいだけどね
アシがいなくて一人で描いてた時期にマンガ家同士で手伝いに行ってたらしい
木原敏江さんは今でも交流あって養老院の話したとか

504 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 18:51:58.90 ID:???0
>>503
養老院の話って、その昔テレフォンショッキングで聞いたなぁ。
当時、遊びに行きたいと思ったw

505 :504:2012/10/14(日) 18:59:21.59 ID:???0
訂正スマソ。
×遊びに → ○訪ねて

506 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 19:25:41.08 ID:???0
「カトレア養老院」かぁ……
SF作家の養老院「ならやま」より居心地が良さそうだ

507 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 21:44:22.31 ID:???0
木原さんの「銀河荘なの!」に萩尾さんと忠津さんが描いてるし
交流はあったかもね。忠津さんて山岸さんの「ゆうれい談」にも出て来るね。

そういや「あそび玉」って続編の構想があったんだよね、
たしか第三部まで話を考えてあったとか…あらすじだけでも知りたいなぁ。

508 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 21:51:28.41 ID:???0
>>507
そうそう最近やっと「あそび玉」読んだんだけど続編構想があったと知った。
実際え?これで終わり?って感じだったよね。
構想に付いては萩尾さん自身がもう忘れてしまったとか。
何だったら今から続編描いて欲しい。

509 :花と名無しさん:2012/10/14(日) 22:20:41.60 ID:???0
SFロマンサスペンスホラー「あそび玉2012」

510 :花と名無しさん:2012/10/15(月) 10:17:32.20 ID:???0
>>507-508
あの結末だと、
もし続編があったとしてもなんかつまらなさそうだけどなー。
あるいは、超能力者だけの世界は争いごとが絶えず、実は破綻寸前のひどい状況だったとかかね
そのへんは萩尾さんだから、何ひねりもあったのかもしれない

511 :花と名無しさん:2012/10/15(月) 13:42:37.94 ID:???0
「地球へ…」とか、たらさわみちさんの「メルヘン」シリーズみたいな筋立てを想像する。
当時の構想だと今読んだら古く感じるかも、時代の流行みたいのもあるし。

512 :花と名無しさん:2012/10/15(月) 15:19:32.84 ID:???0
当時ささやななえさんが続編の構想を聞いたけど彼女のおぼろげな記憶では
地球へ行ってみたら荒廃した土地になっていて細々とエスパー達が暮らす様子を見てティモシーがこれではいけない、エスパーも普通の人間も一緒に生きていかなければならないと言うのが第二部で第三部はそれから何世紀か経ってティモシー達が存在しない未来の話だったとか。
今だとまた構想が変わるのかもしれないけどね。

513 :花と名無しさん:2012/10/15(月) 22:46:09.57 ID:???0
>>511
話がちょっと逸れるけど、地球へ…をリアルタイムで読んでいたSF好きの母が
同時でも古臭い話だと思ったと言っていたのを思い出した

萩尾先生は読まない人だったから分からない

514 :花と名無しさん:2012/10/15(月) 23:18:27.84 ID:???0
>>513
元ネタとなったと思われる「新しい人類スラン」が1956年に出てるからSF好きの人には確かに古かったのかも。

515 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 08:48:32.69 ID:???0
迫害されるミュータントというネタはお約束というか、古典というか

516 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 09:44:29.83 ID:???0
そうそう
旧人類vs新人類(エスパー、ミュータント)というのは定番設定だったからね
そこだけ指して「古臭い」というのも手厳しいw
それを補って余りある魅力もあったからヒットしたんじゃないかね

517 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 10:14:14.17 ID:???0
おっかさんの感想ではなく、
「あそび玉」と「地球へ…」を読んで、
513さん自身はどう思ったのか聞きたいなぁ

518 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 10:29:22.64 ID:???0
>>516
少年漫画とか読んで無かったから知らなかったけど当時では定番設定だったの?

519 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 10:37:10.70 ID:???0
ヴォクトのスランの影響受けた小説や漫画は多かったんじゃないかな
超越した力を持つミュータントが人類に迫害されるというパターン

520 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 10:50:20.05 ID:???0
>>518
漫画に限らない。SFやファンタジー小説とかね

521 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 10:53:08.32 ID:???0
古い古典SFの場合、
当時はまだまだ人種や階級による差別がまだ色濃く残っていたから、
それを新・旧の人類になぞらえた暗喩的作品もあったかと

522 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 11:07:25.02 ID:???0
なるほどね 昔の文学はなんだかんだと深いね

523 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 11:11:17.69 ID:???0
>>519
>>520
ググったら漫画だと「超人ロック」「幻魔大戦」、
小説だと「七瀬ふたたび」とか?
>>521
エスパーでは無いけど「猿の惑星」の猿が実は日本人がモチーフってのがあるねw

SF扱いじゃ無いけど異端者と言う意味では「ポーの一族」もそんな感じか。

524 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 14:11:20.03 ID:???O
最近でも世界的人気のアメコミ・映画のX-MENシリーズがまんま旧人類VSミュータントだったりしますね。
第一作の監督やその後の続編で製作をやってるブライアン・シンガーは自身がゲイだからマイノリティの話であるこのシリーズに思い入れがあるとか。

古臭いとしても、いつの時代も異端者の物語の需要は尽きないのかも。

525 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 17:10:21.51 ID:???0
>>523
海外の古典SFもぐぐりなされ

526 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 17:45:03.60 ID:???0
>>525
海外のSFはそれこそ70年代のSF漫画の影響であんまり長く無い物ならそこそこ読んだつもりだけどエスパーvs普通人みたいなのが記憶に無いんだなー。
近年になってやっと「スラン」読んで小説としては新鮮に思ったw

527 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 17:45:24.39 ID:???P
萩尾先生は、超人ロックのファンじゃなかったかな?
同人誌から少年キングに連載された頃にそんな話しを聞いた覚えがある

528 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 17:48:06.78 ID:???0
超人ロックって絵が綺麗だから読めるかなと思ったけどチラ見した感じでは自分の守備範囲じゃなさそうなんでパスした。
でも萩尾さんが影響されたと言うなら読んでみようかなw

529 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 17:51:26.50 ID:???P
あっ、ご本人からじゃなくて予告編に書いてあったような

530 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 18:11:36.41 ID:83mr+axs0
池袋ジュンクで萩尾書店やってた時、意外な趣味の本があって面白かった

531 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 18:55:26.68 ID:c1dx8iZ20
「「超人ロック」の甘い歌声」は
「超人ロック」16(ビブロスコミック文庫)と、
エッセイ集「一瞬と永遠と」に収録されています。

532 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 19:53:12.31 ID:???O
ねぇ山岸涼子スレと統合しない?さらなるパワーをひきだせるよ

533 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 19:53:48.69 ID:???0
何でやねん。

534 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 19:56:51.11 ID:???0
電話の人って…

535 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 21:46:44.13 ID:???O
超人ロックの劇場版パンフに竹宮先生が寄稿してるんだけど
ロックの肉筆回覧誌時代、皆で回し読みしていたらしい
ロックが女性になったり少年になったり、大人の男性から心配される中性的キャラで
多分当時から腐受けする要素があったんだと思う

536 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 21:49:11.41 ID:???0
なるほど!
自分が一番最初にハマったアニメが超人ロックだったのもわかる


537 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 22:08:01.56 ID:???0
「超人ロック」


わたしはノレなかったw

538 :花と名無しさん:2012/10/16(火) 22:21:54.08 ID:???0
ロック…  休刊 廃刊雑誌のイメージしかないわぁ

539 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 00:37:28.61 ID:???O
私は手塚治虫のロック思い出した
それしか思い付かなかった

540 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 02:11:10.70 ID:???0
全くわからない…>ロック

541 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 03:23:23.68 ID:???O
ロックといえばメイヤード

542 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 06:42:49.29 ID:???O
初期のロックは矢尾一樹だったっけ

543 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 09:57:37.47 ID:???0
旧人類vs新人類、というのは、石森章太郎がたびたび取り上げたテーマだよ。
石森ファンだった萩尾さんや竹宮さんが最初に触れたのは石森章太郎の
漫画だったと考えるほうが自然だと思う。
「ミュータントサブ」とか「猿とびエッちゃん」(だったかな)とか。
「龍神沼」のすぐあとくらいのSF掌編がいくつもある。
その後、そのネタ本となったSFに手を出したんではないかな。


544 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 10:14:51.31 ID:???0
>>539
自分も同じだ!
『火の鳥〜未来編』のロックと『バンパイヤ』の間久部禄郎(感じうろ覚え)
あとはBJのナダレの飼い主w



545 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 13:00:21.12 ID:???O
ウォビットのロックもかっこいい

546 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 20:40:20.66 ID:H/YNsk+P0
アラバスターのロックも悪くないな(行動はアレだが)

547 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 21:29:47.57 ID:???0
トロ子さんとか・・


548 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 21:52:23.12 ID:???0
突然すみません
萩尾さんでグッとくる恋愛ものってありますか?
それがメインテーマでなくとも、この話のこの場面っていうのがあったら
ぜひ教えてください

549 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 21:57:43.42 ID:???0
>>548
泣けるのなら「A-A’ 」かな。

550 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 21:57:59.97 ID:???0
メイナードの最期を聞いたナースタースとか角を壊すエルグ

551 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 22:18:02.73 ID:???0
>>549-550
良いよねぇ…


552 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 22:34:08.95 ID:???0
原作付きだけど「マリーン」とか。

553 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 22:58:06.18 ID:???0
>>548
>グッとくる恋愛もの
グッとくる感性は人それぞれだしな〜
あなたは今まで読んだ萩尾作品の中でどれがグッときたの?


554 :花と名無しさん:2012/10/17(水) 23:27:22.66 ID:???0
「恋愛」になるかわからないけどスターレッドの最後は切なかったなあ

555 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 00:11:32.38 ID:???0
「あおむけて死ぬだろう」ってやつかなあ
タイトルなんていうんだっけ

556 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 00:12:57.81 ID:???0
酔夢

557 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 06:40:41.16 ID:???O
神様神様 御手はあまりに遠い
今時の少女漫画でこれ程ストイックな台詞が似合う男性キャラはそう居ないだろう
台詞だけじゃ駄目だ、物語・演出・容姿・雰囲気全てにおいてストイックで無いと
他人が上辺だけ真似ても噴飯物のシーンになってしまう

558 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 09:15:11.03 ID:f42e7OKx0
>>549
ラストの1ページね。
まるで魔法のよう。

559 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 09:24:36.97 ID:???0
一番好きなエンディングはメッシュ

560 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 09:29:30.63 ID:???0
>>553
最近文庫になっているものを読んで おおおおおっ!!となって今読み進めているところで
非常に読書歴浅いんですが…
「残酷な神〜」の後半、義兄のなかなか報われない愛情とか
「メッシュ」でかわいくなくて家族内で浮いてる妹とメッシュが関係を持つ流れとか←これは恋愛っていうのとはまた違うかな

みなさんのあげてくださったやつまだ読んでないので探してみます


561 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 09:34:02.74 ID:???0
>>548
「ゴールデンライラック」には何か所もあった

562 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 09:53:39.01 ID:???0
オスカーの父母

563 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 09:55:31.97 ID:???0
エッグスタンドのトラックに連れ去られて道路に血のついた雪をかき抱く所は泣ける

564 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 10:57:06.93 ID:???0
>>561
ゴールデンライラック、打算で結婚したはずのヴィクトーリアが
泣きながら夫と会話するシーンで自分も泣いた……
主軸の恋よりこっちに惹かれてしかたない

565 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:01:23.68 ID:???0
「カタルシス」だっけ?
ちょっと気になるだけだったはずの女の子の葬儀に行けなかったのがいつまでも苦しいっていう
マージナルといい、萩尾さんは「恋だと思わなかった恋」を描くのうまいと思う

566 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:12:32.78 ID:???0
ゴールデンライラック 、ストーリー的にはかなり好きなんだけど
絵柄がどうにも一番苦手な時期だorz まん丸すぎるよ

567 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:22:33.94 ID:???0
金色ライラックの話になるとすかさず絵が嫌い、あのころが一番大嫌い、って人が来るのが面白いw

568 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:26:29.59 ID:???0
ふうん同じことを考える人がここには多くてなんか安心したw

569 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:33:16.22 ID:???0
そう
必ず即座にレスあるよねw
あの頃の絵が一番苦手、あの頃の絵がまるくて苦手

570 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:35:19.03 ID:???0
逆にさ丸くて嫌いってゴールデン・ライラックの感想でしか見なくない?
多作だから他にもたくさん丸顔の作品ありそうだけどな

571 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:37:58.97 ID:???0
レオ君に比べたらあなた

572 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:38:17.90 ID:???0
自分もゴールデンライラックの絵はダメだ。
久々に読んで見たけどやっぱり今でもダメだ。
同時期でも他の作品はそれほど違和感感じないのにあれだけ違和感感じる。
あの時が一番丸っこかったのか?

573 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:41:43.24 ID:???0
違和感感じるという日本語に違和感を覚える

574 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:41:53.44 ID:???0
単にゴールデンライラックが嫌いなんだと思う

レオ君は面白くない
…のは、漫画としてどーよじゃなくて彼が一般社会に適応できないのに
何も対策されず茫然としてる子供みたいにしか読めなくて切なくなるからなんだけど

同じ変な猫作品でも「菱川さんと猫」は大好き

575 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 11:47:10.14 ID:???0
頼むから画力対決には出ないで欲しいわ
ここまで来たら何とか逃げ切って下さい

576 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 12:37:04.02 ID:???O
>>565
手元にないんでウロだけど

雪の降る榊の…

ぼくはまだ正田にさよならも言ってない

あのシーンいいな

577 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 17:19:49.03 ID:???0
>>575
サイバラが電話して直談判しようとしたが取り次いでも貰えないと著書で嘆いていた
あと高橋留美子先生も鉄壁の取り巻き軍団に阻まれたそうだ

578 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 17:37:59.13 ID:???0
良かった。取り次がなくていいよ。

579 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 17:38:24.06 ID:???0
>>565「恋だと思わなかった恋」
それですそれです
まさにそこのところがたぶんおおおおおおっとなるんだと思います

580 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 20:23:38.36 ID:???0
丸っこくて嫌いの人はゴールデンライラックと訪問者が嫌い
ヘラやユーリがトーマの時とは別人だって怒る



581 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 20:31:15.60 ID:???0
訪問者も同時期なのか
絵柄は気にならないなあ

582 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 20:42:40.01 ID:???0
調べてみると1979年はゴールデンライラック、ウは宇宙船のウシリーズ、
スター・レッド、左ききのイザンが執筆されてる。
訪問者は1981年、ラーギニーや金曜の夜の集会、銀の三角等と同じ年

583 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 21:18:03.91 ID:???0
ウは〜やスター・レッドは何とも思わないし訪問者も何とも思わないけどゴールデンライラックだけダメだ…。
作品としては嫌いと言う訳じゃなくてどうでもいいって感じ。
あれで絵柄が違ってたら自分の中では好印象の作品だったかも。

584 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 22:16:29.44 ID:???0
ゴールデンライラックは連載中ずっと
「ぱふ」のワースト漫画のダントツ1位だった
ひだのぶこを抑えて1位ってすごいことだったような

正直ストーリーも萩尾さんが描かなくてもいいような話だと思う

585 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 22:19:03.29 ID:???0
熱心なアンチがいるもんだ

586 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 23:00:39.30 ID:???0
アンチはファンの裏返しだから

587 :花と名無しさん:2012/10/18(木) 23:30:26.16 ID:???0
う〜んリアルタイムで読んでいた当時は
つまらないし絵柄も劣化とか生意気に思っていたけど
最近読み返したら良作の映画みたいな一編だったよゴールデンライラック

588 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 01:21:44.23 ID:???0
>>566
>まん丸すぎるよ

ハゲドウだわ〜!!!!!!!!

589 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 01:23:19.56 ID:???0
>>573
馬から落馬した
腹痛が痛い

と同じような印象を受けるよね

590 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 01:34:15.22 ID:???0
>>577
双方とも取り巻きGJ
わざわざ黒歴史作ることない

591 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 08:42:41.57 ID:???O
20年近く前に初めて文庫で読んだ時は、ヒロインに
正直あんまり魅力を感じなかった>ゴールデンライラック
久し振りに読み返して見るとそんなでもなかった
ただ15、6でダンサーやったり貴族との結婚を金目当てと言い切ったりする主人公は
恋愛に夢見る小中学生に受け入れられるのは難しいだろうなと
少女漫画誌じゃなく、もっと年齢層高めの雑誌の方が良かったんじゃないかと

592 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 08:43:41.87 ID:???0
取り巻きというか、番頭というかマネージャーがしっかりしている人がついているのね。


593 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 09:03:26.29 ID:???O
竹宮さんが画力対決に出た時に御本人には丁寧に接してても作品にはやっぱり毒吐いてたからマネージャーさんとしては考えちゃうよな。

594 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 09:04:55.66 ID:???0
ゴールデンライラック話自体は外国の名作みたいな感じで好きだったよ
ふと思ったけど、あれが74-75年の絵柄で、話の流れは同じだが、
ビリーとヴィーの立場が逆でヴィーが引き取られた貧しいしかし綺麗な少女。
ビリーはヴィーが好きだが、独身で跡継ぎない金持ちの男爵に気に入られる‥
みたいな話だともっと人気が出ただろうか



595 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 10:18:20.46 ID:???0
>>584
へ〜、すごく意外だ
自分は単行本であとから読んだが、
「萩尾望都はこんな作品も描けるのか!素晴らしい!」と思ったなぁ
(もともとは萩尾SFファン)

雑誌の読者層と合わなかったか、「私のモト先生」的な読者が多かったのかな

596 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 10:45:37.98 ID:???0
>>595
当時の萩尾読者はやっぱり
バンパネラやギムナジウムやSFを求めてたんじゃないかな
読者の読みたいものと作者の描きたい物にズレがあったのかも

ゴールデンライラックはマンガ教室と同時連載だったんだよね
マンガ教室でストーリーの組み立て方の例として取り上げた回もあったし
教材用というわけじゃなくても、あえてオーソドックスな物語にこだわったのでは
という気がする。

自分はゴールデンより11人いる続編(東の地平〜)にがっかりしたなぁ
ヒロインが可愛くないし、フォース死なすのはあんまりだ。

597 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 10:46:35.23 ID:???0
だと思う。

ファンというかヲタ的な人が
「あたしの好み以外のものを描くのは許せん!」
と怒ったんじゃないかねw

598 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 10:49:43.08 ID:???0
自分は続編大好きだったな(今でもだけど)

599 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 11:03:06.08 ID:???0
>>595
だと思う。

ファンというかヲタ的な人が
「あたしの好み以外のものを描くのは許せん!」
と怒ったんじゃないかねw

600 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 11:07:46.26 ID:???0
私も11人いる!の続編大好きだった
「10人全員大学生になれましためでたしめでたし」のくくりに収まりきれない個々人のドラマ
密室のドラマから一国一城の主達のドラマへ
11人いる!でのちょっとコミカルな高慢ちきな王様が背負うものには圧倒された
先行作のキャラの背景をまったく別作品として描くってのはそういうものだと思うな
あの擬古典調SFって、それこそ萩尾望都の本領発揮ジャンルだし

あと惑星系の図が載ってたよね?
あれ後になって理科の授業を納得するのにすごく役に立った

601 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 11:08:56.56 ID:???0
>>600
>高慢ちき

大矢ちき、どこへ行った?

602 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 11:13:01.52 ID:???0
王様の腰ぎんちゃく扱いだった四世が続ではえらい男前で惚れたら死んでしもーた

603 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 11:13:42.79 ID:???0
>>601
他のスレ

604 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 12:03:26.50 ID:???0
11人いると続編は4世と王様のキャラが違い過ぎて違和感あったw


605 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 12:09:42.99 ID:T1HguWJYO
ゴールデンライラックは百億〜の直後だったから少女ものに!という反動というか思い入れがあったのでは?と勝手に解釈しているw

606 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 12:12:31.84 ID:???0
ゴールデンライラック、大好きかといわれるとそうでもないが嫌いではない。
あの長い話をさらりとまとめる手腕はさすがだし。
さらりとしすぎててとっかかりもない感じではあるがw

607 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 12:21:35.77 ID:???0
>>589
意味的には問題無いとここにはある
http://jp.blogs.com/2010/02/iwakan.html

608 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 12:49:55.65 ID:???0
>>601
大矢ちきさんはイラストレーターになってるよ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4063761754/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books
萩尾作品も収録された「好きです、この少女まんが。」シリーズの表紙も手掛けてる。

609 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 14:14:30.97 ID:???0
11にんいる!を描くときも編集に「ラブコメが描きたい」と言ったが「SFにしてください」と言われて描いたとかどこかの巻末で読んだ気がする
本人はファンタジーやSFじゃないものもやりたかったけど受けるのが全部その手のものだったから

610 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 14:18:16.94 ID:???0
>>608
こんなものが出ていたとは・・・たまには書店ものぞくべきかな

611 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 15:39:30.62 ID:???0
>>610
自分はリアル書店じゃなくてネットでたまたま見つけたけど…。
気になる作家さんとかググってるとこう言うのが引っ掛かる。

612 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 15:55:28.27 ID:???0
>>609
良い時代だったな…。
今なら「女の子がSFなんか読む訳無いでしょう、恋愛漫画にして下さい」だろう。

613 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 16:02:24.99 ID:???0
>>606
「ゴールデンライラック」がサラリとしている、という感想には少々驚いた
自分にとっては、
何度読んでも涙が滲んでくるような濃い内容なんだよね

614 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 16:05:15.66 ID:???0
>>608
半分くらいしか読んだことないw

615 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 16:11:12.47 ID:???0
>>613
というかあれだけ濃い内容をさらりと短くまとめてみせた、っていうかね。
ポーの一族のグレンスミスの日記もそうだけど

616 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 18:05:30.86 ID:???O
20代後半の時に読者とのズレを感じたらしいからその頃かな?

617 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 18:23:26.61 ID:???0
萩尾望都の作品で物凄く濃いのに見事に短編にまとめたというとそりゃ「半神」以外ないだろうが
何もこういう短編集にわざわざ入れることもないよね 周りと雰囲気違いすぎ

618 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 18:50:51.49 ID:???0
それじゃ作家や作品の個性なんて必要ないってことになる
どのページめくっても似たり寄ったりのアンソロなんてわざわざ誰も買わんわ
バラッバラなのを集めて一度に読めるからこそ価値がある

619 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 21:53:11.88 ID:???0
短編に纏める筆力がありながら
残神では虐待シーンをこれでもかと延々と描く萩尾先生
コミックスで完読したけど連載時だったら挫折したかもしれん・・・

620 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 23:06:02.65 ID:???O
私はコミックスの途中で挫折したよ…

621 :花と名無しさん:2012/10/19(金) 23:43:12.50 ID:???0
増量キャンペーン中(当社比)時代のゴールデンライラックにはなじめなかったが、
吾妻ひでおが、泣ける、傑作と絶賛していたので読み直したら、
連載時よりは、読めた。

622 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 01:03:03.86 ID:???0
>>616
ポーの一族もトーマの心臓も、リアル連載中は反応がなくて
コミックスが出てかなり経ってからブレイクしたんだっけ。
「吸血鬼の兄妹の話を描きたくてたまらないのです」とコメントつけてた頃に
萩尾ブームが来ていたら、読者との蜜月状態だったかもしれないねえ。

623 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 02:32:04.17 ID:???0
自分は
連載真っ最中で、次号を毎回楽しみに出来る作家さんと
コミックス一気読みで楽しむ作家さんの2タイプがある

萩尾さんは後者だな
インターバルおくとテンションが下がってしまう
ここぞという時に集中読みしてMAXで堪能したいんだと思ってる
作品毎だけどバナナフィッシュやスラダンなんかも同カテゴリだ


624 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 07:42:32.34 ID:???0
>>622
コミックスが3日で売れ切れたんじゃなかった?

625 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 09:43:15.22 ID:???0
>>620
同じく。萩尾作品で完読してないのは、残神だけかもしれない

626 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 09:44:26.14 ID:???0
>>623
同意同意同意

627 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 09:45:50.10 ID:???0
ポーの一族は平積みでも何でもなく棚に押し込まれていたのを
ミステリー好きだったので気になってちょっと立ち読みしたらあっという間に
レジに既刊全巻抱えて立っていた
なんで連載当初は人気でなかったんだろう 

628 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 09:51:41.49 ID:???0
>>620
そうなのー。虐待シーンはつらいけど、かなり力の入ったものすごい作品だと思ったよ。
心の余裕のあるときにもう一回挑戦してみてほしいけど…

629 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 10:35:34.13 ID:???0
>>623
自分も基本的には後者
ただ「残神」連載中は初回のインパクトもあって、
毎回雑誌の発売を心待ちにしてたよ
が、途中で飽きた(残虐シーンは平気)w

630 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 10:53:28.95 ID:???0
虐待シーンよりも義父の顔がホラーだった

631 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 12:49:40.92 ID:???0
>>600
私はむしろ「11人いる!」はあのまま全員無事に大学生になりましためでたし、で完結でよかったな。
王様の苦悩とかの話は別のキャラで別の話でやってほしかった。
「11人いる!」はあれでコンパクトに完結した物語と思うんで、どんな続編も蛇足に感じたと思う。
スペースストリートはお遊びみたいなもんだからいいけど
続編じゃなく、テラ系サバ系の成り立ちとか冒頭見開き2ページの話のほうが読みたかったかも。

632 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 14:24:30.08 ID:???O
前編を超える、又は匹敵する程の魅力的な新キャラがいなかったからね

633 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 17:49:29.84 ID:???0
東京大学見聞伝の萩尾さんのインタビュー面白かった
東大生はいいなぁ

634 :花と名無しさん:2012/10/20(土) 18:15:51.55 ID:???0
タダがちょっとチートじみてたよね
試験は石頭が押さえてて丁度よかった

635 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 00:28:10.32 ID:???O
続編は続編で本当に面白かったからよかった。

636 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 10:11:04.62 ID:???0
>>632
司祭の養女やアマン伯、火消しあたりは魅力的だったけどね
最も期待されるべき位置のフォースの妹がイマイチ
「うっせー小娘だな」という感想w

637 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 11:40:18.66 ID:???0
あの髪型もイヤだったわw

638 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 12:55:53.83 ID:???O
黒羽みたいな強い女戦士タイプか
メリーベルみたいな容姿で、大人しい性格だったら人気出たかも知れないのに
外見も行動も中途半端だったからねw>チュチュ姫

639 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 13:01:52.49 ID:???0
司祭の養女がロングストレートヘアだったからチュチュ姫はあれにするしか選択肢が無かったのかも。
自分もあのクルクルショートが嫌だった。

640 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 15:58:52.50 ID:???0
タダとフロルがやたらイチャついてるのがすごく嫌だった
話自体は面白かったけど、11人いるの登場人物を使わなくても良かった。
チュチュ姫の造形はたしかに可愛くなかった…ていうか、自分はこの頃の萩尾さんの絵があんまり好みじゃないかも。

641 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 17:05:05.47 ID:???0
イチャつきシーンは単行本化の際に加筆までされてたよね。
余程ラブラブシーンが描きたかったのか…w
この頃も顔が丸いんだよねー。
だから違和感あったな。

642 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 18:03:01.49 ID:???O
>>641
それは知らなかった
何処のシーン?

643 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 20:15:40.49 ID:???0
>>640
自分もそう思った
もはや両性具有体である意味がないっていうか

644 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 20:32:13.85 ID:???0
>11人いるの登場人物を使わなくても良かった
ストーリー自体は凄く好きなんだがなんだかなあ・・・と続11人いる!にモヤモヤしたものを感じていた理由はまさにそれだ

645 :花と名無しさん:2012/10/21(日) 22:19:22.98 ID:???0
>>642
ちょっと単行本を探すのがめんどいのでググったら一つ該当するコマがあった。
ttp://d.hatena.ne.jp/hiyakkoikiton/20100109
「ハネムーンみたい」と言ってるコマが加筆だったはず。
他にもあったと思うけど「続11人いる!」は「メリーベルと銀のばら」並に切り貼り多いよね。

646 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 01:07:10.43 ID:???0
続の最大の難点はフォース殺したこと
死なせずいけたと思うけど
にしても誰にも相談せず一人で悩んであげく…って
タダともその他の大学生たちとも仲良かったみたいなのに
どうせなら最後のドンデン替しで小父様じゃなくて
フォースを生きてたことにした方がと何度思ったことか

647 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 08:37:54.81 ID:???0
フォースが生きていたら続続11人いる!もあったかもしれない

648 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 09:11:28.22 ID:???0
SFは設定を理解するのが難しいとつらい
11人はまだよかったけど
マージナルは途中から苦しくなって
バルバラは最後理解するのを放棄した

649 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 09:43:53.43 ID:???0
>>646
自殺が未遂で終わったってことでもよかったかもな
ラストも甘い感じだったから、
確かに無理に殺す必要はなかった。殺すならラストをもうひとひねりしてほしかった

650 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 09:45:00.24 ID:???0
>>648
マージナルはそれほどややこしい設定ではないよ
気楽に再読してみることをオススメ

バルバラは確かにワケわからんw

651 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 10:15:41.74 ID:???0
SFは3〜40年前と比べて比較にならない程の情報やツールが溢れてる現代では
どんな些細な設定にも重箱のスミ突っつくように高精度な考証を求められるだろうから
新たに世に出るのは難しい気がする
情報もガンガン更新されてるから一歩でも手元狂うとものすごく古臭くなりそうだし
作家も嫌がりそうだな

本当に今って萩尾さんの描くようなふわっとしたSF作品って見ないもんな

652 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 11:08:39.21 ID:???0
ジュブナイルっぽいSF少女マンガは確かに見なくなった
志賀公江さんが描いてたようなの

653 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 12:48:00.16 ID:xlJagu6n0
>>650
銀の三角は1回で理解できる人は凄いと思う・・・

>>651
一昔前は、ロボット、宇宙船、その他もろもろの動力は、全部原子力だったからね。
フクイチ以後のだと、動力源からしてどう設定していいか分からなくなってしまう。


654 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 12:48:24.45 ID:???O
松本アニメ全盛期の頃は、宇宙船のコンピューターなんて
用途不明の黒いパネルと丸いメーターだけで良かったもんねw
あれでも充分ミステリアスでSFチックだった

655 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 13:06:50.69 ID:???0
>>653
銀の三角は何回か読み直したが正直なとこ今でも完璧に理解して無いやw

宇宙船の動力源については別に問題無いと思うが。
地球上での使用と宇宙での利用は違うし実際の所今の科学力で使えるのは原子力しかないはず。
まあ今でも地球上では原子力潜水艦もあるしね。

656 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 17:12:44.35 ID:???0
銀▲はイラスト集だと思ってる。
絵を見てるだけで嬉しいw

657 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 18:07:43.14 ID:???0
皆さん銀△はおすすめなんだね
明日の昼休みに書店行って買ってくる

658 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 18:20:52.15 ID:???0
自分はお薦めじゃ無いなあ。
単純に読み易い漫画じゃ無いからあの世界に浸れる人でないと受け付け無い気がする。
まあ感想は人それぞれと言う事で。

659 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 19:56:27.27 ID:???O
銀の三角は初読で訳が分からず、ちょうど休みだったから思わずもう一度読み直し、難解さに読んだ人の感想と解釈をググりにいった。ネット時代バンザイw


660 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 20:26:14.47 ID:???0
ええっそうなんだ…
ちょっと腰が引けてきた 読んでわかんなかったらここで聞くわ…




661 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 20:44:26.21 ID:???O
中弛みの無い完成度の高い作品だよ私は一番好きだ>銀△
3回読んでやっと理解したけどw

662 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 20:48:41.90 ID:???0
私も最近銀の三角読んだんだけど、一度読んだだけじゃ何がわからないのかもわからないって感じだ。
それにしても絵は本当に綺麗だね。このスレで言われてたとおり、ラグトーリン美しい。

663 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 21:12:58.73 ID:???0
まどマギのぱくり

664 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 21:22:03.62 ID:+l2XMJNZ0
それはお前の夢だね?

665 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 21:24:22.09 ID:???0
>>664
つ◇(座布団)

666 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 21:27:19.95 ID:???P
銀の三角はSFマガジン読んでた友達が、ストーリーが分からない
と言ってたので単行本を覚悟して読んだ
2回読んで理解した
静かに進むのが好きだ
バルバラも静かに進んでほしかった

667 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 21:46:46.66 ID:???0
銀三は話短い中に色んなもの詰め込んでいるから難しいのかと
だけどあの短さが計算されてていい感じだし

668 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 21:53:20.34 ID:???0
銀の三角はよく判らないから、何度も何度も読めてお徳だよ。
判らない→読むの面倒 な漫画もあるけど、
これは読む度に「そうだったのか!」みたいな発見があってすごく面白い。

669 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 21:53:45.52 ID:???0
時間ものSF読んだことあればわかるよ
バックトゥザフューチャー理解できれば大丈夫

670 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 22:40:36.70 ID:ViIlJL5MO
ips細胞のニュースで真っ先に浮かんだのが銀△

671 :花と名無しさん:2012/10/22(月) 23:28:24.61 ID:???0
表記は「iPS」だよ

672 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 09:48:19.19 ID:???0
>>651
小手先の知識や技術で描く人が多いだけじゃないかなぁと思う

優れた表現力や作品を構築する骨格がしっかりしていれば、
現実との多少のギャップがあったとしてもねじ伏せられるものじゃないでしょうか

むしろケータイやスマホ、パソコンの普及で普通の小説のほうが書きづらい気もw

673 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 09:51:38.59 ID:???0
>>656
銀三角はSFというより、
ファンタジー(あるいは一種の哲学漫画)と自分は思う
「この世界(宇宙)とは何か?」「時間とは?」、
そして最も陳腐だけど切実な疑問「個人とは何か?」ということを自分は考えさせられた

674 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 12:13:43.00 ID:???0
銀の三角は理解するより感じることができればOKだと思ってる。
萩尾作品全般がそうかもしれないけど。考えるより感じろ的な。


675 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 13:49:21.61 ID:???0
対談集3が出ますね。90年代だそうです。

676 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 14:19:46.17 ID:???0
まぁ萩尾作品に限らず、
普通にSFは現実の科学知識や技術にあんまり左右されないもんだと思うが
科学的に正しい云々あるいは説明がつくつかないなんて言い出したら、
ほとんどのSF作品が成り立たなくなっちまう

677 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 16:04:29.56 ID:???O
まあそうだけどある程度裏打ちされた知識があった方が
漫画でも小説でも説得力が出る

678 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 17:31:36.41 ID:???0
マンガでも小説でもプロはかなり資料を読み込んでるから>>677は杞憂w

679 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 17:42:16.02 ID:???O
一流作家はそうだろうけど、三流どころはそうでも無いんだな実は
ファンのレベルって作家の知性に結構見合っている
当たり前だけど読者って自分より頭の悪い作家の描いた本は読まないからね

680 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 18:04:01.27 ID:???0
>>676
エエっ!?
何ちゃってSFやファンタジーもどきなら適当かも知れないけどハードSFは科学的事実に基づいてのフィクションだと思うけど。
だから作家さんも勉強してるよ。

681 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 18:12:50.78 ID:???0
>>678
カール・セーガンやアシモフは科学者だしね。
本業の傍ら執筆活動してる感じだ。

682 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 18:12:52.43 ID:???0
海外のSF作家は理系院卒とか増えてるしな
そうじゃなくても昔からSFは大きなハッタリ+整合性の取れる設定、ってのが普通だろう
タイムトラベルという大きなハッタリ+それにより生じるパラドックス、みたいな感じで

683 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 18:21:58.48 ID:???0
>>679
確かにライトなSFしか読まない層には科学的考証とか解説されてもチンプンカンプンだしな

684 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 18:23:45.87 ID:???0
>>681
アシモフはシルヴァーバーグの間違い(自然界でありえない分子)にツッコミ入れて、
「そんな細かいことどうでもいいじゃないか」と言われたのにキレて、その「ありえない分子」が
存在する異世界の話書いてたっけなw

…でも、凡人にはその問題になった「プルトニウム186」というものがこの世界では存在できない
物質だ、と言われてもピンとこなかったりするんだけどね…orz エエジブンノコトデス

685 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 18:24:29.24 ID:???0
SFは壮大なホラ話
ヨタに読者をまんまと巻き込めれば成功だけど
隙があるとただのヨタ話になってしまう 面白いヨタ話ならそれもありだけど

686 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 18:27:28.82 ID:???0
>>679
二行目同意。
色んな作家のスレ見ても、より専門的知識の必要な作品描いてる作家さんのスレだと
はー、みんな博学〜と思ってしまうがただのミーハー作品だと途端にレスのレベルが落ちると感じる。

687 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 21:21:24.80 ID:???0
銀英伝は面白かったが、科学的には相当なヨタ話だったのを思い出した。

688 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 22:15:03.64 ID:???0
ここで教えてもらったのか忘れたけど「ディアスポラ」という超本格的(らしい)SF、
全然理解できなくてリタイアしたよ恥ずかしい

689 :花と名無しさん:2012/10/23(火) 23:23:05.11 ID:???0
銀の三角で赤ちゃんを描くのが上手いなぁと思った。
パントーが可愛くてたまらなかった。
だからあんな悲惨な生涯は嫌だ。

690 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 06:43:43.17 ID:???0
>>688
イーガンはSFヲタでも脱落する人がいるので別にかまわんw
短編ならわかりやすいからおすすめ

691 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 08:05:21.43 ID:???O
ル・パントーはもし全うに育てられていたら、普通に喋ったり出来たのだろうか
それとも生れつきヘレン・ケラーだったのか

692 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 10:00:17.55 ID:???0
生まれたての姿からは異常があったようには見えない
なので、普通に育てられれば普通に育った可能性のほうが圧倒的に高いだろうね


693 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 10:39:34.24 ID:???0
あの何も見ていないうつろな瞳が哀しかったな>ル・パントー

ルルゴー・マーリーとル・パントーの
独りぼっち同士の寄る辺ない切なさがただもう可哀想で哀しくて
もはや何も持たないマーリーから彼だけは奪わないであげてと
毎回子供泣きしながら読んでたな

今でも気力が充実してないとつらくて読めない、銀△
ルルゴー・マーリーはその後あの絶望の中でどうやって生きていったんだろう


694 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 13:53:52.16 ID:???0
>>679
資料を読み込んでるかどうかを判断するのは結局読者(の知識レベル)ってこと
やっぱり杞憂w






695 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 14:02:17.53 ID:???0
タイムトラベルの話はもう書けないな
ついこの間しっかり否定されたから

696 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 14:43:48.70 ID:???0
科学的にありえない話は書いちゃダメというルールはないよw
大きなハッタリの上に緻密な世界を組み上げるのがSF
そうじゃないSFも沢山あるがw

697 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 14:46:35.45 ID:???0
楽しい妄想、大きな妄想、人を煙に巻く妄想


それらを提供できる人は良い作品を産む

698 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 21:36:04.93 ID:???0
>>690
そうなの?じゃ、短編を今度読んでみるw

無理矢理搾り出した妄想よりは、
設定がしっかりしていてそれを全部出さずに面白いとこだけ抽出したような話って
何度読んでも面白いよね。
むしろ一度で全世界が読めちゃうような設定だと奥深さがもの足りない。
(でもディアスポラは脱落w)

699 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 22:49:48.81 ID:???0
>>695
物質転送機とか、いつ科学的に肯定されたんだ?

700 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 23:17:03.69 ID:???0
空中元素固定装置が欲しい
心底欲しい

701 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 23:24:58.31 ID:???0
>>699
子供の頃、ファクスというものを説明されて「物質転送機」を想定してしまった事がある‥。

702 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 23:30:45.30 ID:???0
チョコレート工場の秘密でチョコレートの転送とかしてたけど
ワクワクしたよなぁ

703 :花と名無しさん:2012/10/24(水) 23:44:26.34 ID:???0
>>702
チョコレート工場の秘密はデブがチョコレートの川に落ちて流されていくところが強烈すぎて

704 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 00:02:35.38 ID:???0
転送と言えば「ハエ男の恐怖」だろう。
異論は認めない。

705 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 00:06:06.26 ID:???0
頭がハエのハエ博士と頭が博士の博士バエに分かれちゃうんだよなw
ハエ博士が大暴れしてみんなに迷惑かけてる間に
博士バエは蜘蛛の巣にひっかかって「タスケテー」ってwかわいいw

706 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 00:10:15.35 ID:???0
>>703
デブって言うなw

707 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 01:07:24.57 ID:???0
センザイマスターが流れて…

708 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 01:31:59.04 ID:???0
>>701
いまだに、ナチュラルにそう思ってる人いるよw
「何度送っても戻って来ちゃうのよ〜」つって、同一faxを
何度も送っちゃう人

709 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 09:25:43.53 ID:???0
真っ白のファクスをえんえん送ってしまったことならある。
それも最近だorz 送信面を表にする機械があるのを知らなかったんだよ…

バルバラに出てきた3次元のメールボックスは楽しそうだ。

710 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 09:32:20.21 ID:???0
>>704
それは見たことないが、
リメイクの『ザ・フライ』は終了後、なかなか席を立てず足腰がガクガクしてた
主人公が死を決意するシーンでは泣いたぜ……

>>708
うそつけw

711 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 10:23:32.94 ID:???0
>>710
そのファックスネタは30年くらい前から存在してる

712 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 16:37:11.35 ID:???0
30年ほど前はネタやジョークではなく、
事実そういう人が結構いたよ


713 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 20:33:12.44 ID:???0
>>710
ザ.フライ2で泣いた。
某漫画化があれをパクってた。

714 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 22:51:55.10 ID:???0
だれ?

715 :花と名無しさん:2012/10/25(木) 23:45:29.38 ID:???0
銀△買ってきた買ってきた 
これから読むよ わくわく
とりあえず絵がすてきね 

716 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 01:30:23.10 ID:vIavZgPb0
715さんは果たして読んだ後でもわくわくしてるだろうか・・・

717 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 01:38:12.42 ID:???0
ラグトーリンや扉絵の美しさだけでもうっとりできるよ
話わかればもっとうっとりできるけど
いやほんとマジでバックトゥザフューチャーがわかる人なら大丈夫だからw

718 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 01:55:12.30 ID:???0
バックトゥザフューチャーは分かるが銀△は分からん

719 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 02:02:41.99 ID:???0
時間旅行の仕掛けはBTTFと大して変わらないと思うが。
ラグトーリンが途中でちゃんと解説してくれるし。
しかし長々と解説してくれてるのに
いかにも「解説してます!」って感じにはなってないところはやっぱり凄いね

720 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 05:27:11.67 ID:???0
ラグトーリンをキュウベエに置き換えると分かりやすい

721 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 06:24:01.12 ID:???0
>>720
>キュウベエ

表記が違うよ「キュゥべえ」だよ!

722 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 08:20:35.44 ID:???0
すまん

723 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 09:30:23.91 ID:???0
>>719
そうかなぁ。いかにも説明してますって感じだったぞ

ただ、ああいった作品において科学的な見解や統合性を求めるのは無粋だし、
たいした意味もないと思う

724 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 09:53:36.89 ID:???0
>>723
同意
何より面白い事が最優先
面白いの定義は十人十色ってことで
敢えて言うなら銀河系外の星あたりの未体験ゾーンに連れて行ってくれる
ワクワクな娯楽作品であって欲しいかな

725 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 19:31:35.48 ID:???0
桑名さん逝去か…
萩尾さんはショックだったろうか

726 :花と名無しさん:2012/10/26(金) 20:23:53.90 ID:???0
715だけどいま読み終わったよ
途中から理解がおっつかなくなったけど面白かった
解説にあったように「理解よりも了解が大事」なのかなと
でも理解もしたいからあと何回か読まないと ここで質問もできん

727 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 09:33:41.61 ID:???0
710だが、「ザ・フライ2」は続編にしてはいいセンいってたが、
正直なところ個人的には蛇足感が満載だったよ
「1」は大泣きしたけど「2」はそういう感動はなかった

>>713
どの作品のこと?

728 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 17:04:33.90 ID:???0
>>726
壮大な夢オチ とか思わなかった?

729 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 17:06:50.73 ID:???0
銀△が分からないって人はどのあたりがわからないんだろう

730 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 17:19:08.71 ID:???0
ちゃんと理解しようとする人には難解
しかしモノ考えない人には別にわからないとかない話

731 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 17:58:28.73 ID:???0
えーとじゃあ基本から 怒らないで聞いてくれ
マーリーが中央の人で 安定指数うんぬんのためにお仕事する人
ラグトーリンが短命種の人で 時間を行き来できる人
パントーが銀の三角の人 でおk?



732 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 18:04:32.28 ID:???0
>>730
読み流せばふ〜んで終わるもんね

733 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 18:16:49.73 ID:???0
>>731
マーリーは当たり

ラグトーリンの人種や生まれた場所や時代全部不明
(「銀の三角」はなかったことになっても彼女は存在してるので、銀の三角人ではない)
時間を行き来というより全時間を俯瞰してる立ち位置

パントーってどのパントーだっけ?
ル・パントー(殺されても死ぬ前の身体を持ってくる子)は赤砂地人、王様の子、
銀の三角人としては隔世遺伝?
赤砂地の人達は短命種だから、この子も短命かもしれない

ミューパントー(「博士」の交配実験につきあってたけど果たせず死んだ最後の銀の三角人)が
短命種かどうかも、純粋な銀の三角人が短命かも不明
ただ18歳で子供を持てるのは「まだ若い」と明言されてるのと
「年寄りが6〜12歳の子供達を育てる(生殖期が終わってもそれなりに安定した期間生きる)」
という描写があるので、基本的に地球人とほぼ同じライフサイクルなんじゃないかと

734 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 18:28:36.95 ID:???0
>>サンクス
ラグトーリン、出だしの短命種のお話のところで
「彼らは子供をつくったのよ その子どもがわたしなの」って言ってたけどそれは?
ル・とミューは別々のものなんだっけ 混同して読んでたゴメン
エロキュスは地球の人でル・パントーが殺されるのを防ぐためにラグトーリンが連れてきた?


735 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 18:41:44.13 ID:???0
>>734
「我は海の子」とか
「我々は女王陛下の子だ」とか
そういう「自分の選んだおはなし」じゃないかな

銀の三角という星も存在したことなく、銀の三角人も存在したことなく、
銀の三角という物語は遠い過去のチグリスとユーフラテスの岸辺で詩人が歌う物語の中にだけある

…のにラグトーリンが銀の三角人ではあり得ない

736 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 18:52:12.07 ID:???0
>>734
中央で100年間歌ってた歌手エロキュスは地球人じゃないんじゃない?
ラグトーリンが「転生させた」と言ってる、つまりリアルタイムで生まれたのは中央星系
前世がはるか彼方はるか昔の地球人
その強烈な回帰願望が時空を歪め編み直す力を産むのではないかと

737 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 19:17:52.50 ID:???0
>>735>>736そうかぁ…なるほどなるほどなるほどー



738 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 20:00:52.73 ID:???0
>>727
吉田秋生の「夜叉」

739 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 20:34:43.13 ID:???0
ラグトーリンがル・パントーを救おうとしたのは時空の歪みをなおすためで
時空の歪みがなおったらミューパントーも銀の三角もなかったことになった んだよね?
ラストあたりが特に美しかった
が、ラグトーリンとタカオの恋愛にはどんな意味があったんだろう?
そこだけラグトーリンが人間くさいんだけど

740 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 20:54:44.90 ID:???O
>>733
実験に付き合っていたのは最後の銀の三角人じゃなくディディンだよ
それと冒頭で楽士が少年達に説明しているのは2周期目に入った少年達だから
楽士が6歳の子持ちの18歳、少年達が12歳、年寄りに引き取られた子供達が6歳

741 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 21:15:53.69 ID:???0
>>739
あそこでマーリーを待つ必要があったんだろう
(一時的に)殺して、再生のときにエロキュスを憑依させるために

でまあ、ああいうところで(見た目が)若い女の姿をしていれば、
一人で暮らすのは何かと面倒だろうし、無難そうな若い男のものに
なっていれば…という計算ずくじゃないかと(だからといって情が
ないわけではなかったろうし)

742 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 21:21:49.30 ID:???0
銀の△ってSFマガジンに連載されてたんだよね


743 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 21:42:14.11 ID:???O
>>741
ラグトーリンは4年後の未来に飛んだマーリーが会いに来るまで、エロキュスの事を知らなかった
時系列ではマーリーを殺してから過去に飛んで6千年前のエロキュスを発見
マーリーの星を破壊し、エロキュスを未来に転生させ、ルルゴーモアに歌を聴かせ
現代に戻ってマーリー2にエロキュスの記憶を入れる、かな?
自分を殺しに来たマーリーを待っていた訳では無いよ

744 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 22:06:26.94 ID:???0
ふおおおおお。複雑だ
年表を作成します

745 :花と名無しさん:2012/10/27(土) 23:35:07.02 ID:???0
年表待ってる。
私も何度も読み返してるけど、結び目がほどけない。

746 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 00:00:19.70 ID:???0
そんなに難しい?ラグトーリン視線で考えると簡単だよ。

747 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 00:41:36.24 ID:???0
穿って難しく読まなくても素直に読んでいいんじゃね?

748 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 00:53:24.99 ID:???0
ラグトーリンは宇宙の歪みをなおすために原因であるル・パントーを何とかしたいが結び目が固すぎて無理、
エロキュスを使おうとするとマーリーがエロキュス殺して邪魔するんで、
クローンのマーリー2にエロキュスの記憶入れてエロキュスゲット。
そこにさらにクローンのマーリー3を加えたパターンを試してやっと結び目ほどけて歪みも直っておしまい

749 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 08:54:13.34 ID:???0
>>738
さすがにそれはこじつけだ……というか、
どこを指して「パクリ」といっているのかすらわからん

750 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 11:32:16.88 ID:???0
>>748
お、これはいいまとめだ。あらすじがクリアになった
登場人物と星の名前の名前が多くて、途中でこんがらがっちゃうんだよね

751 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 13:46:56.59 ID:???O
リザリゾ王を独身時代に殺してしまう訳にはいかなかったのだろうか
そうすればル・パントーも生まれない

752 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 15:53:30.72 ID:???0
>>751
一理ある
ところでリザリゾ王はマーリーをなぐさみものにしてたけど
奥さんていつ死んでたっけ
ル・パントーと一緒に殺したんだっけ

753 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 16:03:46.69 ID:???0
>>752
ル・パントーを見た者たちは全員焼き殺されたんじゃなかったかな

754 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 16:06:44.24 ID:???0
>>751
ラグトーリンも何らかのルールには縛られていて、
ル・パントーを赤砂地に結び付けている固い結び目を直接ほどけないので
こういう回りくどいやり方をしなければいけなかった。
つまりル・パントーの存在をなかったことにすることはラグトーリンにも出来ないはず。

755 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 16:13:09.25 ID:???0
おお…みんな頼りがいがあるな
分かりやすい

756 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 18:31:07.90 ID:???0
なんだか菱沼さんのやってた細菌培養思い出すな
クララの為にラッシーを培養すると、
どこからともなくQPファージが現れて、
菱沼さん大困り、みたいな話

757 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 18:57:32.99 ID:???0
>>750自分はスターレッドですら誰が誰だかわからなくなった
話の内容はさすがにわかったけどさあ


758 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 22:06:09.47 ID:???0
>>756
「人間の身体でやったら増えるんだろうな」

759 :花と名無しさん:2012/10/28(日) 22:10:30.50 ID:???O
父親を殺された上に幼くして親の仇に嫁がされ子供を産まされた揚句に病で亡くなった
第九夫人でガルガ城主の娘が可哀相だった
まあ全部なかった事にされたけど
リザリゾ王の第三夫人はルパントーの代わりに普通の目の赤ん坊を産んだのかな

760 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 06:27:48.92 ID:???0
リザリゾさんは若い時かっこよかったけどな
冷たそうで

761 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 09:56:41.61 ID:???0
生まれたのが忌むべきものではなかったら、
けっこう良い王になった気がする


762 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 11:17:29.53 ID:???0
リズリサってブランド名を見るとリザリゾを思い出すぞ

萩尾さんのネーミングは好きだ。
ネコの名前がオランジュ・ペーシュ・フレーズとか
海のアリアの音羽アベルにアリアド先生も好き

763 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 13:12:22.35 ID:???O
近衛九十九(つくも)ってオリキャラのイケメン主人公を作り
たまたま海のアリアをブックオフで見たら、近衛さんと九十九(つづら)さんが出て来て
のけ反った記憶が

764 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 15:25:34.24 ID:???0
海のアリアのときの絵柄は好きなんだけどなあ
最初に出てきた女のひと関係が途中からきれいさっぱり消失してしまったのはなぜかしら
けっこうたくさん人が出てきたのに
出てきただけで終わっちゃってた



765 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 15:55:26.60 ID:???O
アンケートで人気出るか様子見してたとか?
長く続けるなら、やっぱり舞台は学校で絡む相手も同級生メインの方が話が作り易いだろうし

766 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 16:38:42.00 ID:???0
海のアリア最近読んだけど主人公が美少年で絡んでくるのも男だったのでいつモーホー話になるかとヒヤヒヤしながら読んでた。
いちおう表面上はホモ話じゃ無いんだろうけど暗にそれを示してる気もするが。

767 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 16:49:11.08 ID:???0
>>ラストはちょっとそれっぽかったね
でもむしろ思いきってそっち系に流れても面白かったんじゃないかとも思うけど
音楽・芸術系の話か?→いやSFのようだ→学園もの?→あらあら、ちょっと最後にこのお二人…
みたいな感じで ちょっとテーマがわかんなかった…
統一されたらもっとグッときたかな

768 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 18:15:01.59 ID:???0
まあホモ話といっても薄汚くはならないからなあ

769 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 18:18:26.06 ID:???0
……久しぶりな予感w

770 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 18:52:11.62 ID:???0
>>743
ルルゴーモアとエロキュスが同一人物…だったのか…?
いま気付いた

771 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 20:15:08.32 ID:???O
2話かそこらでマーリーが小舟の上でエロキュスを
「ルルゴー・モア」と呼んでたやんけ

772 :花と名無しさん:2012/10/29(月) 22:25:05.87 ID:???0
>>770
それはさすがに読者側の問題

773 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 05:20:55.97 ID:???0
えっ?
ルルゴー・モアとして古典的な?歌を歌っている時に
たまたまパントーの幻を見て別の表現に目覚めて
エロキュスとして再出発…
じゃないんだっけ

774 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 06:22:28.21 ID:???0
なんか茶色くなってたな

775 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 09:11:54.76 ID:???0
>>770
まあカタカナは頭に入ってきにくいから…

776 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 09:21:46.99 ID:???0
いくらなんでもエロキュスとルルゴーモアが別人だと思ってたって
それもうちょっと常軌を逸するレベルではw

777 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 09:29:29.39 ID:???O
ラグトーリンの回想シーンの6千年前のエロキュスが
肌トーン貼られていれば分かりやすかったかも

778 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 09:32:52.96 ID:???0
わかりやすいもなにも全部セリフでがっちり説明してあるし
「エロキュス・ルルゴーモア」って名前も書いてあったろう…

779 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 09:44:31.05 ID:???0
コアな部分以外忘れちゃうもんだよ
逆に全てをかっきり覚えられているほうがすごい

780 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 09:46:40.86 ID:???0
その作品が超好きで何十回と読み返していたら長くても複雑でも全部頭に入るよね

781 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 10:00:56.22 ID:???0
むしろタカオがなぜ花魁言葉を話しているのかが知りたい

782 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 10:17:57.69 ID:???0
>>773
だから、「芸名」やスタイルを変えただけ
同じ人だよ

783 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 11:14:24.87 ID:???0
そう言ってるじゃん
同じ人だって

784 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 14:48:27.50 ID:???O
タカオの一人称のわっしって花魁言葉だったのか

785 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 16:46:11.45 ID:???0
有名どころで高尾大夫ってのがいるけど
それからとったのかしらん

786 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 17:59:27.10 ID:???0
タカオが吸っているのは水たばこだね?
煙管ではないよね

787 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 21:45:56.54 ID:???0
皆さんについていこうと三角読み直していますが
細かいところをひとつ

マーリー2がリザリゾ王にとらえられてなぐさみうんぬんのところで
3が「そうはいっても同じ体のコピーだ あんまり好みの型とは思えない」というセリフがあるんだけど
これどういう意味?

788 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 21:50:50.16 ID:???0
人に教えを乞う態度とは思えん

789 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 22:10:33.06 ID:???0
>>787
マーリー3から見て、リザリゾ王は友人や恋人にしたいタイプには思えない、ってことでしょ
エロキュスの記憶が混ざってるとは言っても、基本的にマーリー2はマーリー3とほぼ同一の
人間なんだから、人に対する好みもだいたい同じなんじゃないか、という推測

一卵性双生児の片方が性的虐待されてるのを、もう一方が見てるような気持ちなんじゃないかと

790 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 22:52:39.04 ID:???0
>>788
どういう態度ならいいのかと

791 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 23:01:09.86 ID:???0
>>787
そこね 少し前にマーリー2がモヒカンのおじちゃんに
「君はそういう型(タイプ)じゃないぞ」って言われる場面があったでしょ
だから なぐさみものにされるようにはつくられてない… と言いたいのかと自分は思ってたけど
考えてみるとよくわからん


792 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 23:17:01.12 ID:???0
>>788
なんという姑根性w

793 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 23:19:08.83 ID:???0
>>788
2ちゃんでどんだけえらそうなんだよ
>>792
ウケタ

794 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 23:39:39.00 ID:???0
マーリー3がエロキュスを撃ち殺すことによって何らかのエネルギーが爆発し
ラグトーリンが銀の三角の存在をなかったことにする起爆剤になったって解釈でいいのかな
そのくらい回りくどい時間軸のいじりをしないとほどけなかったル・パントーの運命を
やっとマーリーを3体使って可能にした、と
細かいやり方はラグトーリンにしか分かんないってことで
「銀の三角」本編の記憶はラグトーリンとエロキュスだけが知っている
ただしマーリー3やジェイフなどの例外あり、みたいな
BTTFみたく、関わった人たちだけが全部の時間軸のことを覚えているんだね

余談だけど楽師の「雑な家だが妻はいいと言ったよ」とか
ジェイフの彼女の「早いとこ再生してもらって若いあんたと仲良くやるわ」とか
ミー・コンの「マーリーなんですって?」マーリー「できなきゃクビだ」「……」とか
本筋に関係ないちょっとした台詞がほんと上手いと思うなぁ
ギャグというよりちょっとしたユーモアだよね

795 :花と名無しさん:2012/10/30(火) 23:59:14.60 ID:???0
マーリー1、エロキュスに会う→
ラグトーリンが気になって赤砂地に行く→
ルパントーが生まれるところに居合わせる→
音の老サに会いに行く事にする→
高原に移動中に自分も知らない内にルパントーが生まれたときから4年後にワープ→
ラグトーリンに会う→
ラグトーリンを殺すことを急に思い出す→
逆に殺される、
で合ってる??

高原に来た4年前のマーリーはマーリー2なんだよね。

マーリー1の死体の生体反応が無くなったのはラグトーリンが時空の彼方においやったから?

796 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 00:16:15.44 ID:???0
>>794
エロキュスはミューパントー(ディディン)の歌を聴き、その歌でル・パントーを救った。
ル・パントーは救われ、彼を赤砂地の運命に結び付けていた結び目はほどけ、
結び目自身であったル・パントーの存在は消えた。
ル・パントーの存在を消すことは銀の三角自体の存在を消すことだった。
銀の三角は存在せず、よってル・パントーも生まれなかったことになった。
それらは夢となり、エロキュスの中に入ってしまった。
(もしエロキュスが死ねばその夢はまた散ってしまい、銀の三角とル・パントーの存在も実在となり、宇宙が歪むことになる。)

>>795
マーリーは最初からラグトーリンを殺す気で赤砂地に来た(不安定な要素なので)。
いったんはラグトーリンを殺したが、ラグトーリンは時間を巻き戻し逆にマーリーを殺した。
生体板はマーリーが4年後に移動したのでその時点で信号が途切れた。


797 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 09:05:34.23 ID:???0
再生の権利があるといっても全然うれしくないなぁ

周囲から見て同じ人間が再生されてるだけであって、
本人にとってはマーリー1も2も3も別人で、1も2も死んだときに彼らの意識はオシマイだ……

798 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 13:25:07.81 ID:???O
半分女の記憶が入ったと言っても肉体は同じなのに
顔つきまでが女っぽくなるのは何でだ
それともオリジナルマーリーは元々女っぽい顔立ちだったのか
髪伸ばしてたし

799 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 18:31:37.42 ID:???0
ホルモン注射で男がほぼ女になったりその逆になったりするのはよく知られている
ホルモンなんて適当に分泌するからどうにもでなりそう

800 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 19:44:09.48 ID:???O
複数の致死性の遺伝子って何だろうな
しかし子供を作れない様に去勢されるって、本人の希望で無いならかなり人権侵害な気が

801 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 20:36:01.01 ID:???0
マーリー本人は中央の存続に害をなす要素を消す(殺害する)仕事をしていたし
自分の去勢に対してもためらいはなかったのかもしれない
けど中央の存続のために去勢とか恐ろしい世の中だよなw

802 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 23:00:54.78 ID:???0
>>798
ヒトの表情は、内面の心理が大きく左右する
自意識に半分女が入れば、多少は変わると思うよ

>>799
「適当」が「いい加減」という意味なら、まったく間違う

803 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 23:03:03.73 ID:???0
「ほっとけばテキトーに分化するよ、男か女か」
byフロル

804 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 23:03:09.27 ID:???0
>>801
中央の存続のために去勢されてたわけではない、と思うぞ
それとも自分の勘違いかな。
どっかにそんな描写があった?

805 :花と名無しさん:2012/10/31(水) 23:12:26.22 ID:???0
>>803
それはフロルが自分たちの性転換システムをよく知らないか、
または個々の事情について関心がないだけのことだよ

806 :補足:2012/10/31(水) 23:15:43.31 ID:???0
性転換する種は、きちんと「それぞれの法則」に従って性転換している
よく誤解されてますが、自分の好き勝手にはならないよ

もし自分の好きな性を選びたいなら、
それこそフロルの種族もやってるように人為的な干渉が必要
(フロルの種族もそうだったけど、例えばホルモン投与とかね。
 ヒトの場合は外科手術も必要だし、それも外見だけのことで本質的に性転換は無理)

807 :補足2:2012/10/31(水) 23:18:37.03 ID:???0
地球の生物では魚類がよく研究されている
クマノミやホンソメワケベラのように「社会的地位」で性転換するもの、
クロダイのように年齢によるものなどがあるが、なんにしても「個体」が性を選んでるわけじゃない

808 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 09:43:47.18 ID:???0
44 :名無しさん@恐縮です:2012/05/12(土) 21:01:38.67 ID:WuKlS8L60
BBCもアメリカの3大ネットワークも多民族の社員がいるが、全て自国の国籍を取得していることが正採用の条件になっている。

当然である。公共の電波を流す放送局に外国籍の社員を採用するバカな国はない。
しかし、NHKを筆頭に日本の放送局は日本国籍を有さない在日朝鮮人を大量に正採用している。
日本だけである。
NHKは朝鮮・韓国籍の在日朝鮮人を毎年大勢、正採用し、局内で「在日朝鮮人派閥」を形成している。
日本国籍ではない在日朝鮮人が、番組編成・ニュース制作やドラマ・ドキュメンタリー制作などを行っている。

公共の電波を流す放送局には外国のプロパガンダにならないように放送法・電波法で外国資本の出資制限はあるが、
法の趣旨からは社員の「日本国籍」こそ諸外国のように放送局に義務付けるべきだ。
最も重要なのは公共の電波を使う放送局は日本国籍を有する国民だけを採用する、という法規制を設けることだ。

在日朝鮮人は日本国民ではない非国民の外国人である。

809 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 10:52:17.37 ID:???0
11人いる のなめくじ風の人も両性具有だっけ

810 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 17:48:40.04 ID:???O
鱗はいたけどナメクジなんていたっけ

811 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 18:17:04.49 ID:???0
809さんが誰のことを言ってるのか興味津々

812 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 18:24:42.62 ID:???0
ナメクジの交尾はとても官能的、伊藤潤二のうずまき

813 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 19:11:26.83 ID:???0
>>811
鱗の人でしたか
自分の記憶ではなめくじとして処理してしまっていたので…

814 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 19:46:56.73 ID:???0
ナメック星人と混同しちゃってないかい

815 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 19:55:17.14 ID:???0
爬虫類のイメージだった 鱗の人
性格イケメンだよね

816 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 21:35:42.37 ID:???0
>>813
すまんがそれ、火の鳥未来編と記憶がごっちゃになってないか?

817 :花と名無しさん:2012/11/01(木) 22:39:04.23 ID:???0
>>813
しかもアンカー先
正しくは810さん向けではないのかww

818 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 00:39:52.22 ID:???0
性格イケメンどころか外見も端正な美青年だったではないか
タダよりあの人と結婚したい 無理だけど

819 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 06:46:15.90 ID:???O
華奢だと思っていたが意外と力持ちだよね
フロルを持ち上げたり
インテリで温厚で鱗が剥がれたら確かに良い男になりそうだ
女になっても良い女になりそう

820 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 08:38:11.12 ID:???0
鱗がある限り不老不死だったっけ

821 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 09:15:34.74 ID:???0
>>818
結婚はできるんじゃないの?
子供はつくれないだろうが

822 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 16:03:13.86 ID:???0
性的に未分化だから僧侶になるんじゃなかったか

823 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 16:05:32.34 ID:???0
今ならiPS細胞使って子供作れそうだな。

824 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 16:15:17.53 ID:???O
不老不死ではなく、冬になると死ぬ短命な種族の中では
冬を越せるから長生き出来るとかそう言う設定だった気がする
でも暗くて長い冬を親族も無く孤独に生き続けるってかなり寂しそう

825 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 16:21:39.79 ID:???0
冬になると死んでしまうけど鱗がある限り何年(地球基準とは違うだろうけど)でも生きられるとかなんとかじゃなかったっけ


826 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 16:21:59.79 ID:???0
それを達観スルー為にも僧侶になるのかも

827 :826:2012/11/02(金) 16:22:31.30 ID:???0
スルー

する


828 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 16:22:46.57 ID:???0
ガンガだっけ血液が緑色の自分は実験体っていう人
あの人も孤独な運命だよなあ

829 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 17:16:30.84 ID:???O
角(エルグ)・銀髪(メリーベル)・鱗・緑の血で実写の妖怪人間ベムを思い出した
監督だかプロデューサーだかが、ポーの一族を参考にしたと言ってたな

830 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 20:38:21.46 ID:???0
短命な人種は本能で動く動物のような一生をおくる。
秋に子を産んで親は死ぬ、子は不死身で強く動物のように冬を生き延びる。
春になると脱皮して恋、出産、死ぬ。
ウロコ人種だけが文化を継承していく、て感じじゃなかったっけ。

831 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 21:15:28.38 ID:???0
それってもう別種の生き物みたいだよな…

832 :花と名無しさん:2012/11/02(金) 23:30:30.39 ID:???O
脱皮とかあるしもはや人型昆虫だよねw
ハーバル・ビューティーの夜来香星の人種も考えだしたら謎が深まる。

833 :花と名無しさん:2012/11/03(土) 00:08:37.22 ID:???0
>>822
まぁ性的に未分化であっても、
精神的には成熟しているのだから結婚はしても問題ないでしょ

性的に問題があるからといって結婚できない、
というのは何かと人権問題に発展しますよ
まぁ、男でも女でもない人との結婚は認めない、という制度ならダメだが

834 :花と名無しさん:2012/11/03(土) 00:16:55.63 ID:???0
>>831
でも、ヌーのようなタイプの者は自分で子孫を残せない。
必ず「正常」な個体からしか生じてこないので、
やっぱり同種としかいいようがないな

それにしてもヌーのような「異常」個体が多数出てこないと、
彼らの文化・科学的発展はあり得ないのかと思うと、大変興味深い

835 :花と名無しさん:2012/11/03(土) 08:04:33.66 ID:???O
芋虫のまま成虫になってしまった様なものだな

836 :花と名無しさん:2012/11/03(土) 10:01:26.62 ID:???0
それは似てまったく非なるものでしょう
芋虫のまま成長が止まっても、
何もなし得ない。ヌーたちは僧になって何らかの文化発展に貢献してるのだから

837 :花と名無しさん:2012/11/03(土) 22:13:25.25 ID:???0
子供の頃は誤解してたが、
昆虫の羽化は大人になるのじゃなくて、卵産んで死ぬための羽化だものね。
羽化後は餌をとらない昆虫もいるし。
充実してるのは幼虫時代じゃないかなあ。
だから>835に同意だ。

838 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 09:36:00.57 ID:???0
性成熟することを「大人(成虫、成体)」というのが動物では一般的だから、
幼虫はやはり「子供」で成虫は「大人」でしょう

単に、大人の期間のほうが短いケースが目につくってだけじゃないかな
だからやっぱり835には違和感あり

ヌーはある種の「奇形」で性成熟できないだけなので「子供」とはいえない

839 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 09:57:43.72 ID:???0
幼形成熟(ネオテニー)という概念がありまして

840 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 10:06:38.49 ID:???0
ものの例えとして>>835は合ってると思うけど

841 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 21:35:21.62 ID:???0
>>839
この場合は関係ないでしょ
ヌーがあの姿で性的に成熟しているのならネオテニーだが

842 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 22:32:47.55 ID:???0
>>832
ハーバル・ビューティー好きだ。あの頃の萩尾さんのコメディセンスが好きなのかも。
シリーズでもっと読みたかった。

843 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 22:53:05.79 ID:???0
あんまり覚えてないのだけれども
それも両性具有の美貌の異星人が出る話だよね?

844 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 23:20:16.18 ID:???0
ハーバル・ビューティの眉の太いヒロイン好き
彼っていうか彼女っていうかあの子は実はごく普通に普通の…なんだよね?環境のせいでちょっとアレだけど

845 :花と名無しさん:2012/11/04(日) 23:23:55.81 ID:???0
>>843
実に惜しい

846 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 00:00:20.70 ID:???O
女の子なのに根が無いから子供は作れないと母親が言ってたけど
人間相手なら出来るのかな

847 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 02:41:29.46 ID:???0
集団の中の異質な個って立場描くの多いよね、萩尾さん
ルゥもだし、メリーベルとかセイも

848 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 08:15:57.47 ID:???0
黒い羊?

849 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 08:29:54.45 ID:???O
あの星では男に根が無く、女にだけ根がある
どうやって子供を作るんだろう?
半植物人だとしても普通は雌花の方が授粉すると思うけど、男女の役割が逆なのか?
それにしてはルゥを産んだのは母親の方だし

850 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 09:27:36.39 ID:???O
夜来香星の住人は地球人から見て皆美形って設定だけどストレートが結ばれるには色々ハードル高いよねw


851 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 09:34:07.15 ID:???0
>>843
両性具有ではなく、「女性(♀)」だよ
異星人とのハーフなのだが、その子には地球人の特性が強く出ているという設定
(これは最後にわかる)
そのため、本人は男として育ってしまった。しかし、あれじゃ今さら性自認を女性に戻せない気もするw

852 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 09:50:45.40 ID:???0
>>849
「根」は生殖器官ではなく、
大地に張って栄養分を摂取するためのものでは?(女性が子供を産むから)
具体的な繁殖行為については描写はなかったのでわからない

853 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 10:05:46.74 ID:???O
>>851
両親はルゥを女の子だと分かっていたんだよね
それなのに周囲がルゥを男だと思っていたのが変だな
ルゥ本人が両親から女だと聞かされていないと言う事は、物心付く前に死に別れた様だから
誰かに預けられていた筈
両親がルゥの性別を誰にも言わず死ぬまで隠していたのか

854 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 10:10:44.62 ID:???0
母親は半信半疑だったんじゃなかった?
また、あの星の人々は外見で当然「ルゥは男の子」と思うでしょう

まぁ異星人との間に子供がつくれることじたいが大いなる謎なので、
細かいこと追及しなくてもいいでしょ。話の本筋はソコじゃないし

855 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 11:11:59.27 ID:???0
>>849
女性(メス)とは「子供(卵等を含む)を生む側の性」が定義なのだから、
ルゥを生んだのは母親だよ

856 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 12:39:03.74 ID:???0
>>853
地球人としては生物学的に女性なんだけど
あの星の定義では、ヌードwはビジュアル的に男性の肉体なので
少なくとも子供の時分は便宜上周囲に合わせた方がスムーズだからと
男の子として育てたんじゃないかと思ってる

で、そうこうしてる内に生みの親も育ての親も土にかえってしまい
真実を知らされないまま過ごしてきたんじゃないか



857 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 13:23:44.06 ID:???0
夜来香星人にとってのハーバルビューティの効能は何なのだろう
幻覚作用は免疫があるから効果ないんだよね

858 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 14:42:20.54 ID:???O
高額で裏取引される位だから麻薬系か
痩せて肌が綺麗になるダイエット系か
若返って毛髪が増えるとか、精力剤とか

859 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 15:46:59.42 ID:???0
何かどれも当てはまりそうだな
いずれにしても品名とはウラハラにロクなもんじゃなさそうな予感w

860 :花と名無しさん:2012/11/05(月) 16:57:36.18 ID:???0
>>857
あの星の生物にとっては特別なものではないのでは?
繁殖と関連しているようだから、
生殖器を整えたりするホルモンとか何かそのあたり

861 :花と名無しさん:2012/11/09(金) 08:20:34.49 ID:???0
<腐女子生成公式>

怠け者+自尊心が強い+性欲過多+精神が未熟+小心者+(漫画オタク)+女=腐女子

862 :花と名無しさん:2012/11/09(金) 20:09:03.82 ID:???0
小鳥の巣のグロフ先生の妻と娘だけど
長年事故だと思ってたんだけど…もしかして心中?
余所見運転で崖から落ちたのか、グロフ先生の言葉からすると
妻が相当追い詰められてたっぽいから、そういう解釈も可能なのかな
だとしたらアンナニーナカワイソス

863 :花と名無しさん:2012/11/09(金) 21:09:00.66 ID:???O
道路にブレーキ跡が無かったのなら自殺だろうけど、真実は誰も知らない
あの母子の車内の会話もグロフ先生の想像だろうし
もし妻が助かって娘だけ死んでいたら、旦那は妻を一生許さなかっただろうから
あの結末はあれで良いのかも
遺された方はたまらんけど

864 :花と名無しさん:2012/11/09(金) 21:13:17.41 ID:???0
いや事故じゃなくて奥さんが精神的におかしくなって
可愛い娘をとられるくらいならいっそこのまま、って
崖からダイビングしたんだと普通に読んだ
会話は先生の想像というより再現シーンを背景にしてるのかと
先生が「娘を譲ればよかった」と後悔する台詞からして事故じゃなくて自殺と確信してるだろう

865 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 14:50:51.37 ID:???0
自分と語り合う吾妻センセの図が浮かんだ

866 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 15:04:29.48 ID:???0
吾妻先生は自分が出て行ったんじゃ…

867 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 15:35:27.53 ID:???0
そういうことじゃないでしょw

868 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 19:09:54.89 ID:???0
萩尾さんのバレエ関係の作品にまだ手を出していないのだけど
面白い?あ、でも感謝知らずの男は読んだ

869 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 19:12:18.51 ID:???0
>>868
他作家さんのバレエ作品と比較しなければ面白いと思う。

870 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 19:16:39.09 ID:???T
感じ方は個人差があるから何とも言えないけれど、フラワーフェスティバルは
結構好き

871 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 20:38:57.60 ID:???0
日本人女子が主人公のお話だよね
ローマへの道 のほうはどうだい

872 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 22:08:26.69 ID:???0
フラワー・フェスティバルはバレエものとしてなかなかいい
ヒロインがちゃんとヒロインとしててかわいいし応援したくなるし家庭のドラマや恋の悩みもいい味出してる

他のバレエものは、バレエをモチーフに持ってきたいつもの萩尾作品
子を愛せない親と親を愛せない子の葛藤、自己肯定への長い道のり、愛とは何か生死とは何か
個人的にローマへの道のヒロインは(やや女神すぎるけど)とてもかわいい
「感謝知らずの男」シリーズに出てきた女性カメラマンはとてもカッコイイ と思う

873 :花と名無しさん:2012/11/10(土) 23:37:49.93 ID:???0
>>868
努力・友情・勝利を期待しなきゃいいんじゃないか。

874 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 00:43:24.57 ID:???0
萩尾先生がとち狂ってジャンプでの連載作家目指さなくて本当に良かった

875 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 01:40:41.06 ID:???0
チャンピオンで連載できたのすごいよねー
ていうか今調べれば当時のあの雑誌すんごいカオスだけど

876 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 03:21:38.93 ID:???0
当時のジャンプは書き手読み手ともに野郎祭り真っ最中で
とてもじゃないが女性の担ぎ手を受け入れる空気じゃなかったしな
万が一チャンスがあったとしても相当傷つけられるだろうと思ってしまう

877 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 07:21:15.73 ID:???0
>>875
えーっ!?し、知らなかった
いまさらだけどすんごいびっくり

878 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 08:02:45.50 ID:???0
>>875
コレか。
ttp://pyuupa.flop.jp/keisai/1977y.html
百億目当てで連載開始号だけ買ったけど他の作品は殆ど覚えて無いや。

879 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 08:32:12.44 ID:???0
横山光輝の「マーズ」が終わったので本格SF成分が減ったところ
それを補うように「百億」が始まってるんだ<チャンピオン

880 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 08:46:23.33 ID:???O
エコエコアザラクは、割と少女漫画でもイケた気がする

881 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 09:11:58.64 ID:???0
萩尾さんの作品は百億が初めてだったな。
チャンピオンは通ってた病院でブラックジャック目当てで読んでて
予告で(ちょうどトリトンを見てアトランティスが頭にあったせいで)
プラトンとかアトランティスとかあるのにwktkしてたw
通院は終わっても話が気になって単行本買ったけど、小学生には難しかったw

882 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 12:13:03.09 ID:???0
百億の鶴と千億の亀

883 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 13:31:27.49 ID:???O
阿修羅が両性だとは知らなかった頃、美少年だと信じていた
後半の表紙で阿修羅に胸の膨らみがある事に気付いた時の衝撃と言ったら

884 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 15:21:04.96 ID:???0
百億は少年誌でも違和感ない絵柄だったしね
うる星やつらも間違いなく女性絵だったけど見事に溶け込んでたな
どちらも少女マンガチックじゃない一筆書き的な描線だから
男の子にに容認されたんだろうな

仮にトーマの繊細な線だったら
どれだけ萩尾さんに知名度や実績があっても採用されなかったよね
自分的には読んでみたいんだけどさw

885 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 15:31:18.76 ID:???0
その後の阿修羅像萌えを見るに 時代がようやく追いついたと

886 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 15:56:04.30 ID:???0
>>882
佐々木倫子を思い出すタイトルだw

887 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 18:12:55.90 ID:???0
鶴が死ぬのを亀が見ていたw

フラワーフェスティバルは、みどりの継母の描写がなんか冷たく感じて
いまいち好きになれなかった
「ママバレエ嫌い」とか言ってコンクールにもノータッチだし
実子のるーちゃんと比べて温度差感じた 個人の感想ですが
最後のみどりの舞台で、客席で夫婦でハラハラドキドキしてたのはほっとした。

888 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 18:44:34.82 ID:???0
前スレで萩尾望都が描いた加藤とテリーの似顔絵が
壊滅的に似ていないとか話題になったけど
冨樫義博が「いい人は似顔絵を描けない」といってたな

889 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 18:53:29.45 ID:???O
>>888
ああ確かに似顔絵って、特徴のある部分を極端にデフォルメして大袈裟に描くから
ある種意地悪な性格で無いと描けないかもw

890 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 19:21:19.86 ID:???0
萩尾さん、ナイーブな性格が裏目に出て
人の顔を見られないって城さんが言ってたな
だから似顔絵描けないんだろうなって思う

891 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 20:40:48.09 ID:???O
平日休みの時にスッキリ見るといい位置に萩尾先生の似顔絵が飾ってあってどうしても目についちゃうんだよなw

892 :花と名無しさん:2012/11/11(日) 20:59:24.54 ID:???P
>>884
少年誌連載だから線を太くした、ということらしい
他にも目の力強さなどあると思う

893 :花と名無しさん:2012/11/12(月) 09:44:32.16 ID:???0
>>883
経典等の阿修羅は男性でしょうし、
「百億」の阿修羅は少女ですよ

894 :花と名無しさん:2012/11/12(月) 10:44:41.35 ID:e7JjBvCt0
私も途中まで少年だと思ってた。
と言うか今でもあまり少女には見えない。

895 :花と名無しさん:2012/11/12(月) 10:57:25.93 ID:???0
原作も並行して読んでたんで、
最初から少女とわかってた。ちょっと残念

896 :花と名無しさん:2012/11/12(月) 13:21:11.96 ID:???O
帝釈天と会って涙流すところが好き

897 :花と名無しさん:2012/11/12(月) 15:54:46.64 ID:e7JjBvCt0
>>895
いや別に少年だと思わせようとしてたわけじゃないから。

898 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 01:23:06.42 ID:???0
かといって少年ぽくもないんだよなあ

原典では娘を嫁がせようと思ってた帝釈天に
先に強姦されて無理矢理さらわれて父親として
怒り狂っての戦闘だからどう見ても帝釈天がDQNなんだけど
戦いのやめない思想が仏教的に悪にされている

899 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 01:27:48.83 ID:???0
>>889
桂正和が超絶上手いんですが…

900 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 01:29:01.87 ID:???O
>>899
鳥山明も素晴らしい。

901 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 01:32:35.83 ID:???0
>>899-900
二人プライベートで仲が良いよね

902 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 01:42:23.51 ID:???0
似顔絵の上手い下手に人間性なんて関係ないよ
ただ単に萩尾先生が下手だっただけ

903 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 07:16:41.27 ID:???0
それどっちでも救いようがないんじゃ

904 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 08:21:06.20 ID:???0
映画コラムのジャッキー・チェンとかバックトゥザフューチャーはうまく萩尾絵に落とし込みつつ結構似てたけどなぁ

905 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 08:44:46.28 ID:???0
日本人が下手なんじゃ…

906 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 08:50:56.35 ID:???T
頼まれて乗り気じゃないけどやる仕事と
自分から意欲的に描いてる仕事の差だったりして

907 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 09:02:15.33 ID:???0
>>897
そんなこと誰もどこにも書いてない

阿修羅は男性なんだから、
最初は誰でも少年と思って読み始めるはずじゃん
「途中で気づくから意外性があって楽しかったのに残念」ってことでしょ

908 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 09:05:12.74 ID:???0
>>902
まぁそういうこと
ただ漫画家だから、
似顔絵がうまかろうが下手くそだろうがたいして問題はない
風刺漫画を描くなら話は別だが

909 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 11:52:33.78 ID:???0
>>904
あれは「西洋人」ってのが萩尾絵とうまく融合する一番のファクターだとは思うけどw
「ストーリーの中のキャラ」だってのも要因じゃないかな
なんていうかこう
「このシーン、こんな服、こういう表情だった、これかっこよかったよなー」
ていう萩尾先生自身のパッションが加味されてる

俳優が素の状態で、なんの役柄もストーリーもない流行りの服来て
自分の方向いてるのって、特別鼻がデカいとか相当タレ目だとかシワシワだとかの
特徴を笑うような風刺画的な方向に流れないとすれば(そういうの嫌いみたいだし)
何を強調していいかわかんないでしょ

910 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 12:25:06.18 ID:???0
883はなんで「阿修羅は両性」と思ってたんだろう?
むしろそっちのほうが謎
そういう漫画とかゲームがあるのかな

911 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 12:36:01.38 ID:5HsxxNzS0
>>907
はじめから胸のふくらみ描いてあったよ。

912 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 14:18:12.13 ID:???O
初登場は微妙なんだよw
二本のラインは乳房の谷間にも見えるし、見ようによっては胸筋に見えなくも無い

913 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 15:37:32.87 ID:???0
>>911
そりゃそうだろ。光瀬&萩尾の阿修羅は少女なんだから

それでも最初は少女と気づかなかった人もいる
それも当たり前、本来の阿修羅は男性なんだから
途中で「お、少女だったのか!」と気づいて新鮮な驚きで楽しめたってことでしょーが

914 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 16:09:18.32 ID:???0
阿修羅王が女の子として出てきたところにセンス・オブ・ワンダーと萌えを感じたぜ(ぉぃ

915 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 16:16:44.39 ID:???0
897と911って同じ人なのかな?

>>914
萌えは感じないが、意外性でインパクト強いね
さすが光瀬龍、と思った

916 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 16:23:13.89 ID:5HsxxNzS0
>>913
897と911ですが、本来的には初登場シーンで少女だと分かるように描いているから、
別に知っていて残念ってほどではないよって言っただけなんだけど。

917 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 16:25:50.77 ID:???0
>>916
だから、「残念」というのは、
「男と思って読み進めて、途中で気づいて驚きたかった」
って意見ってだけのことでしょうに。どうしてそんなに否定したいのかな

最近は阿修羅を中性にしたり少女にしたりする漫画や小説があるらしいが、
当時は「阿修羅王は男性神」が常識(今も常識だがw)だったので。

918 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 16:45:22.58 ID:5HsxxNzS0
>>917
(916)阿修羅王を途中まで少年だと思ってたのは私のようなうっかりものだけかと思ってたんだけど、けっこういるのかな?
あれっと思って見直したらはじめからちゃんと胸があったので、みんなはすぐに少女だと分かったんだろうと思ってた。

919 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 16:51:46.83 ID:???0
どっちでもいい

920 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 17:29:52.48 ID:???O
私は昔友人から、漫画で無い方の阿修羅は男女の性別が未だ分かっていないと聞かされた
原典を知らないからそう言うもんかと思っていた

921 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 18:16:02.42 ID:???0
男であり女でもある
そして男でも女でもないことが真の巫女(シャーマン)って設定がギシさん作品にあったな
ある意味ユニセックスな印象の阿修羅は穢れなき、といったイメージで萩尾さんらしいと思う

もし365日脳内ピンクでラテンのノリなギリシャ神話の神々をモチーフにするとしたら
萩尾さん作品ではイメージ湧かん

922 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 20:49:37.94 ID:???0
少女の姿している中身すげぇ男らしい男なんだがなw

923 :花と名無しさん:2012/11/13(火) 21:06:32.81 ID:???0
THE漢w

924 :花と名無しさん:2012/11/14(水) 10:15:14.34 ID:wGcVJ5Kf0
>>920
萩尾作品を読んでないの?

原作の光瀬小説には「少女」と明記してあるが、
萩尾マンガは文字では何も書かれていない
ただ、胸のふくらみはあるので普通は少女と判断するでしょう
(屁理屈をこねれば、XXYとかホルモン異常とかの可能性だってあるだろうがw)

なお、原典は自分も読んでないが、男性神とされてます

925 :花と名無しさん:2012/11/14(水) 10:41:35.81 ID:???0
>>920
失礼しました。勘違いした

原典って原作の光瀬小説のことなのね
小説のほうには「少女」と記した箇所があるよ(ただし1〜2回程度)

また、萩尾さんが漫画化するとき、光瀬さんが「ぼくの阿修羅は男女、どっちでした?(大意)」
と聞いたらしい(どっかのインタビューで読んだ記憶がある)

926 :花と名無しさん:2012/11/14(水) 13:37:44.34 ID:???0
牧村ジュンがOUTだったかに阿修羅王のカラーイラスト載せてたけど
羽衣はおった天女風の少女阿修羅だった
あれも本来の阿修羅像じゃなく、萩尾阿修羅のオマージュなんだろうなぁ

927 :花と名無しさん:2012/11/14(水) 15:04:49.62 ID:???O
百億のヒットラーおじさんと千億のヒットラーおばさんを思い出してしまった

928 :花と名無しさん:2012/11/14(水) 15:41:53.24 ID:???0
解散キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:* *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

929 :花と名無しさん:2012/11/14(水) 20:56:01.52 ID:???0
     /::::::::::::::::::ノ、ヽ                    _, r '" ⌒ヽ-、
    /:::::::;;;-‐‐''"´  |:::|        ノ´⌒ヽ,,     / / ⌒`´⌒\ヽ
    |:::::::|    。  .|:::|     r⌒´      ヽ,   { /:.  /  \ l )
    |::::/  ⌒  ⌒ ヽ:|    // ""⌒⌒\  ) レ゙::::::. -‐・' '・‐- !/
    |:::|:: -・‐  ‐・- ||    i /::::  ⌒  ⌒ ヽ )  |::::::::::. ー'  'ー  ヽ
    |´::::::ー'._ ヽ'ー  |    !゙:::::: (・ )` ´( ・) i/  .|::::::::::::. (__人_)  `、 お世話になりました
    .|::::::: (__人_) |     |::::::::   (__人_)  |   {::::::::::::::::. `⌒´    .}
/ ̄ ̄ ̄ ̄\`ー'  / / ̄ ̄ ̄ ̄\ `ー'_/ / ̄ ̄ ̄ ̄\::::.    __ノ
|復興予算 / ̄ヽ   |官邸備品/ ̄ヽ    |内閣機密費/ ̄ヽ
\____/::  、__)  \____/:::  、__)   \____/::  、__)
   |::::::::::    |      |::::::::::    |         |::::::::::   |
   \:::〉:::: ノ       \:::〉:::: ノ          \:::〉:::: ノ
     〈:::::_/          〈:::::_/             〈:::::_/

930 :花と名無しさん:2012/11/14(水) 23:00:04.78 ID:???0
>>926
牧村さんのイラスト、載るたび肌の露出が多くなっていった記憶がw

>>927
なつかしいw
ヒットラーおじさんが通るもあったな

931 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 09:26:33.76 ID:???0
>>926
萩尾さんの阿修羅に影響されたんだろうけど、
ホントの元は光瀬さんだけどね

932 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 12:37:30.54 ID:???0
ほんとのほんとの元は興福寺の。仏典には阿修羅王が少女のようだとは書いてないはず。

933 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 13:47:49.90 ID:w0Ve9bKd0
今は何でも美少女キャラにしちゃうけど、原点はここにあったのか?

934 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 16:33:48.06 ID:???O
性別不詳の、或いは両性具有の萌えキャラの元祖と言ったら
私にとってはデビルマンの飛鳥了だなあ

935 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 16:52:49.98 ID:???T
阿修羅つながりで、あしゅら男爵なんてどうだいw

936 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 16:53:12.18 ID:???0
うーん?
もともとあの阿修羅像は「少女めいた」とか「中性的な」とか言われてた男性像で
そこを逆手にとって「少年めいた」「中性的な」少女に転換したのが光瀬
(いくさ神だから男、と短絡的に伝承されてたのであって、実は少女だった…的に)
結果として人の世を救えない=下卑たイエスと同じような発想の転換
それをビジュアル化したのが萩尾

現在の、受けるからと乱発されるなんでもかんでも萌え美少女化とは違う気がする
敢えて言うなら夏目雅子を玄奘三蔵役に起用したのと近い発想じゃないか

937 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 18:14:16.57 ID:???0
>>936
え、あの像って中性的かな?
端正な顔の若者(♂)には見えるけれど

938 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 18:44:04.84 ID:???0
>>937
個人の感じ方だからどっちと断言できるもんじゃないけど
中性的だという感想は良く見た気がする

939 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 20:14:04.48 ID:???0
たべちゃんにそっくり

940 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 22:28:20.51 ID:???O
少年誌だからおっぱいサービス。

941 :花と名無しさん:2012/11/15(木) 23:14:39.24 ID:???0
実際のとこキャラが男ばっかりだからせめて阿修羅ぐらい見た目女でないと読者受けしなかったのかも。
美少年で喜ぶのは腐女子だけだし。

942 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 01:18:32.96 ID:???0
>>少女の姿している中身すげぇ男らしい男なんだがなw

メッシュも見かけはマルシェだけど中身は男丸出しな悪ガキだよね
何だかんだ悩んでるように見えて
実は非常に単純でわかりやすいオチのメッシュが好きだ
ミロンとの漫才シーンはほっとする

943 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 09:39:11.33 ID:???O
マレイとヨーは良いキャラだった
あっさり死なせてしまったのはショックだった

944 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 09:53:11.57 ID:???0
>>941
ハードSFの原作(小説)からして阿修羅は少女なので、
キャラだの読者受けだのは関係ない

945 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 10:02:59.03 ID:???0
>>944
いやでも原作者と電話で話した時に阿修羅は男か女かと聞かれたんだよね?
実際他のキャラも細かいところ設定変えてるからその辺は萩尾さんの方で改変自由だったんでない?

946 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 10:08:34.66 ID:???0
>>945
それは光瀬さんが忘れただけのことで、小説には「少女」と書かれている

まぁ光瀬さんも設定段階で少女にするのかしないのか迷って、
完成後はもう忘れちゃったってことかもしれんが

947 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 10:26:04.87 ID:???0
>>945
もちろん漫画化する時点で、
萩尾流の解釈・改変ということは光瀬さん了解済みだったよ
ただ、阿修羅が少女という設定は光瀬さんのときから。

948 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 10:28:10.12 ID:???0
>>941
百億が始まる前には男しか出てこないマーズが連載されていたのをお忘れなく

949 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 12:16:59.06 ID:???0
マージナルのキラの胎内に宿った子供(父親がアシジンかグリンジャか忘れたけど)
読んでる途中じゃ
ラストでキラが産むとか作品における重要な象徴や、役割を果たすと思ってたから
キラ死亡で一緒に存在抹消とは思わなかったわ

950 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 13:30:41.39 ID:???0
>>949
父親はグリンジャ(アシジンには反応しなかった)

え存在抹消どころか「その子を受胎してるキラ」だから意味があるんだと思ってた

951 :花と名無しさん:2012/11/16(金) 21:12:04.41 ID:Uq32qJ4Q0
マーズも最初の方にはちょっと女の子は出ますがね

スレ違い失礼しました。

952 :花と名無しさん:2012/11/17(土) 10:12:43.28 ID:???0
>>949
キラと胎児こそが地球再生の引き金、
という重要な役割を果たしたんだよ
誰かがわかりやすく台詞で説明してくれてたと思うが(センザイマスターだったかな)

953 :花と名無しさん:2012/11/17(土) 10:23:11.26 ID:???0
洗剤マスターだね、説明してくれのは
「受胎したイワンの作品は、病んだ地球のカンフル剤となって〜」ってあった
母なる地球と同じ夢を見た、受胎していたこと自体に意味があったんだと思う

954 :花と名無しさん:2012/11/17(土) 20:59:27.64 ID:???0
洗うなよ

955 :花と名無しさん:2012/11/17(土) 21:04:24.92 ID:???0
水に洗われて小さくなったんだな

956 :花と名無しさん:2012/11/17(土) 21:35:01.30 ID:???0
…あの「キラが溶けていった」海水の中に、センザイマスターの脂肪も
混じってるのかw

957 :花と名無しさん:2012/11/17(土) 22:06:57.04 ID:???0
栄養分ってことなのかw

958 :花と名無しさん:2012/11/17(土) 23:14:42.44 ID:???O
病んだ地球の養分となった

959 :花と名無しさん:2012/11/18(日) 00:29:39.34 ID:???0
あ、そうだったね
957はセンザイマスターの脂肪もなんだなあと思ってさw

960 :花と名無しさん:2012/11/18(日) 08:07:47.50 ID:???0
マージナルっさ、男性が男性を抱くってシーンが多いけど
汗の匂いっていうか、事が終わった後も生々しい感じがないよね
いや、あってもなんか嫌なんだけどさw
誰かが言ってたけど、確かに植物的って感じ

961 :花と名無しさん:2012/11/18(日) 11:04:39.79 ID:???0
「どうどど どどうど」
「どどうど どどう」

962 :花と名無しさん:2012/11/18(日) 22:47:59.80 ID:???0
大島弓子の四月怪談で、主人公がもう霊なんだからホモ映画見てみたいって
ロマンチックなのを想像しつつ映画館に入ったら、
野獣のようなものすごい凄まじさ
(コマはゴーーーッ!!とか怒涛の効果音だけ)にショックを受けて出てきたシーンがあったな
女子の考える男同士とガチホモの違いがよく表れてたわ

963 :花と名無しさん:2012/11/18(日) 23:08:13.72 ID:???O
>>960生々しいセックスを描けないのはSF要素が強いマージナルではプラスに働いてると思う。
BL苦手だけど読みやすかったし、男女の恋は対照的に遠く離れて触れあうことさえ出来ない悲恋にしたことで終盤でのナースタースの台詞が際立って大好きな作品になった。

964 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 00:08:12.14 ID:???0
マージナルはBLではないけどな
あれは少女マンガのカテゴリーだし
で生々しいセックス描写の必要性も感じない

965 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 01:07:00.16 ID:???O
>>964あ、すみません。私もあの作品をBLだとは思ってませんが設定が男性には薦めにくくて…
>>963×BL→〇BL要素もある作品と書いたほうが良かったですね。

966 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 02:43:16.67 ID:???0
生々しくないけど先生の描写は全部痛そうなんだよなあ

967 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 09:06:28.13 ID:???0
>>965
なぜ男性には勧めにくい設定なのかわからん
普通に良質のSFマンガじゃん

同性愛描写が気になるなら、
それは女性・男性に関係ないと思うんだが

968 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 10:27:58.61 ID:???0
いわゆるBL作品とは描く側も読む側も目的が違うし 雲泥の差が…
「はからずも」ときめく場合はあるだろうけど 萩尾先生のは同性愛描写もやっぱ美しいよ

969 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 10:39:58.13 ID:???0
キラは女の子だからと言って読ませる手もある

970 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 11:26:50.44 ID:???0
>>967
いや男性の中には♂×♂と言うだけで敬遠する人居るからそう言う点では気をつけないとって事でしょ。

971 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 11:56:12.86 ID:???0
SFを(漫画・小説問わず)読み慣れてる人だとあんまり抵抗ないだろうけど、
主に読んでるのがジャンプあたりの少年漫画だったりすると拒否感大きいかもね
>マージナルを男性に

世界的な異変で一方の性が全滅(or希少存在化)したとか、子供が
生まれなくなってしまったとかは、SFではわりと定番のテーマだし

972 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 21:06:51.85 ID:???0
SF好きの野郎ですまないが、高校生の時にマージナルを読みかけて挫折した。
トーマの心臓や風と木の詩は大丈夫だったのになぜだろう。
今読むと傑作だとわかる<マージナル

973 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 21:24:27.53 ID:???0
TBSニュースバードに出てますね。

974 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 21:26:50.38 ID:???0
>>972
トーマや風木は美少年同士だけどマージナルはオサーン×美少年って感じだからかなあ…。
自分は女で最近マージナル読んだ人間だけど高校生ぐらいの時にマージナル読んでたら挫折してたかも。

975 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 21:38:06.79 ID:???0
キラが一度アシジンのもとから離れて、他の男たちから
色子として扱われてたあたりはキツかったな
ほとんどレ○プ同然だったし…

976 :花と名無しさん:2012/11/19(月) 22:19:24.66 ID:???0
マージナル、中学の時に初読みだったが、
初心だったので セックス関係の所はよく判らず読み飛ばしてた。
それでも私にとって、十分心に残る名作だった。

977 :花と名無しさん:2012/11/20(火) 09:16:27.64 ID:???0
>>970
それ、女も同じ
マンガ好きにもいろいろいる

978 :花と名無しさん:2012/11/20(火) 09:55:39.93 ID:???0
昨日の流れも>>961だったのかな

979 :花と名無しさん:2012/11/20(火) 23:31:15.11 ID:???0
流れ切ってすまない

マルゴ3回目で巻末掲載で「やっぱり読者ついてけないのか」オモタ
一応人物相関図が表紙の前ページにあったけど
ますます分からない仕様

秘密の学校=姫のベッドで侍女がアンアンやってるという…
これも侍女のお役目なのかな

ノストラダムスも大変だな
下手に××年○月などと日時指定したら王家に暗殺されかねないので
ぼかし予言で乗り越えていたのかな
権力者は死とともに近づいてくるのか コワー

980 :花と名無しさん:2012/11/21(水) 09:33:16.13 ID:???0
流れなんて切れてたから気にする必要なし

マルゴ連載はまだ一度も読んでない
萩尾ファンではあるが、まったく興味がわかない
まぁ、しょうがないか。単行本になったら見てみるか、という感じ

981 :花と名無しさん:2012/11/21(水) 11:04:24.32 ID:???0
先行作品にも好きなものあるし萩尾版も興味しんしんなんだけど単行本待ちなんだよ……

982 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 00:19:03.56 ID:???0
同じく単行本待ち
時代的には好きだから楽しみにはしてるんだけど、雑誌買わなきゃ打切りの危険とかあるのかな…

983 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 06:57:25.20 ID:???0
あの時代を漫画化すると、自分の頭の中でははなぜか名香智子さんや
木原敏江さんの絵で再生されてしまうw
同じく単行本派

984 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 08:31:46.90 ID:???T
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1353540630/
次スレ

スレNo.を()でくくると年齢のようだという意見が毎回出てきているようなので
【】でくくりました。不評でしたら次回から戻せば良いと思います。

985 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 08:54:04.26 ID:???0
>>984
乙です
(49)は確かに年齢みたいだ
スレ住民のリアル年齢っぽいあたりがまた

986 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 09:19:21.95 ID:???0
>>979
早くも巻末掲載か。
やっぱり雑誌に合わないのかな。
単行本は売れるとは思うけどね。
いっその事YOUでは第一部完結で続きはflowersでやって欲しい。

987 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 10:48:44.16 ID:???0
「後ろのほう」は不人気なんだろうが、
巻末というのはそこそこ人気がある(または編集が押したい)作品だと思ってた
青年マンガ誌とかそうじゃないかなぁ?

988 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 11:03:46.58 ID:???0
単行本待ち派なのだが

>>979
>秘密の学校=姫のベッドで侍女がアンアンやってるという…

それはレズシーンということ?

989 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 11:11:29.58 ID:???0
>>988
「王妃マルゴ」って映画おすすめ

990 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 11:16:40.81 ID:8L5EuR4T0
マルゴ、4回目にして「第一部クライマックス」で「次回掲載は2013年」だそうな 
掲載月の予告はない ・・・え? まさか打ち切り?
やっとマルゴが主人公らしくなってきたとこで?

991 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 11:32:57.88 ID:???0
>>990
ちょうど単行本一巻になるから取り敢えず単行本の売り上げ次第で継続か否か決定とか?

992 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 11:52:07.61 ID:???0
>>990
その4回目というのが11月発売号(2012年12月号)で、
12月発売号(2013年1月号)は休載ってこと?

993 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 12:15:24.45 ID:???0
11月15日に発売された12月号が、連載4回目掲載 
単行本の売れ行き次第 って、あるかも・・・ 

994 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 12:27:40.96 ID:???0
毎月45ページというのが体にキツイので休息 とか?
いや、45ページ連載ってすごいなあと思ってたもんで

995 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 12:42:59.81 ID:???0
元々様子を見ながらの予定だったんでない?
YOUで長期連載経験も無いしゲスト作家扱いでは。

996 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 14:09:56.83 ID:???0
>>988
侍女が自分の恋人を引っ張り込んでました
あとで同僚の恋人も連れてきて姫の前で実演付き性教育します

>>994
確かに毎月45ページはすごい
連載前に書きためておいたのかとも思った

997 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 17:13:06.69 ID:???0
>>984


998 :花と名無しさん:2012/11/22(木) 19:19:42.47 ID:???0
>>984
乙華麗〜

999 :花と名無しさん:2012/11/23(金) 09:18:52.23 ID:???0
>>994
岩明均(1960年生まれ)に見習わせたい……

1000 :花と名無しさん:2012/11/23(金) 09:56:11.54 ID:???0
1000なら、
次回連載から岩明の『ヒストリエ』が毎回24頁以上掲載される

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

230 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)