5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【2013】21世紀枠の有力候補9【センバツ】

402 :名無しさん@実況は実況板で:2012/12/18(火) 22:23:20.21 ID:lHStDnZO0
東北:いわき海星(福島・県立)・学校創立:1934年 生徒数:383人(男子318,女子65)
・野球部創部:1960年 部員数:18人 甲子園出場:経験なし・秋季福島県大会ベスト16 
【推薦理由】
1934年設立の福島県水産講習所を前身とし、戦後の学制改革を経て、福島県立小名浜水産高等学校と改称。

1995年から現在の校名となった。福島県最大の港・小名浜湊を背景に創立以来一貫して「有為なる水産人の育成」の教育目標に掲げ、70年余の歴史と伝統を誇る県下唯一の水産・海洋系の高校である。

7千名余を数える卒業生は国内はもとより、世界の海上、陸上で活躍している。

野球部は1960年に軟式野球部として創部し、1986年に硬式野球に移行。

水産高校特有の年3回の約2ヵ月にも及ぶ遠洋航海実習で全員揃って活動することが思うように出来ないなどで低迷が続いていたが、
指導者として甲子園経験のある前監督と、それを引き継いだ現監督になり徐々に頭角を現し県大会にも出場できるようになってきた。

そんな中で東日本大震災が発生。小名浜地区にある当校は県内で唯一、津波による壊滅的な被害を受けた。

その後、福島第一原子力発電所の事故が発生し、原発に近いいわき市民の多くが県内外に避難。

放射性物質の海洋汚染を引き起こし、漁民に与えた影響は計り知れないものがある。

未だ県内、とりわけいわき地区の漁業再開の見通しは立っていないのが現状。

学校は震災後、4月中旬の授業再開へ向けて懸命な復旧工事が行われたが、ライフラインの復旧が見込めなかったため、
近くに県立高校の校舎を借り厳しい環境の中で授業は再開、
昨年12月、義捐金等で校舎の応急修繕がなされて元の校舎に戻れたが、
現在も1階は使用不能で、上下水道普通、グラウンド、堤防は未整備の状態が続いている。

また、海洋科の海を利用した漁業実習等は全く行えず、全国各地の水産高校の施設を借りて実習を行っている。

野球部も例外ではなく、練習再開は昨年4月末。野球道具のほとんどを津波によって流され、誰もが活動継続は困難と考えられていたが、
全国各地からの温かい支援のもと活動が可能になった。

昨年は使えなかったグラウンドも、各種団体のボランティアに助けを受け本年5月には一部が使用できるようになったものの、
瓦礫を含んだ砂浜状態のグラウンドを元に戻すにはまだまだ時間がかかるという。

このような厳しい状況の中でも、部員たちは野球が出来る環境を得たことに感謝し、被災して落ち込んだ気持ちを奮い立たせ真剣に取り組んできた。

昨年の秋季県大会では部員5名を遠洋航海実習で欠きながらベスト16に進出。

今秋の県大会も同様に4名を欠いていたが、2年連続のベスト16に進出して、

県内無敵の聖光学院と5回まで両チーム無得点という好ゲームを展開した。

地震、津波、原発事故という未曽有の大惨事に中でも夢をあきらめずに頑張っている姿こそ、

「21世紀枠」候補校に相応しいと判断するとともに、風評被害で苦しんでいる福島県民に夢と希望、そして元気を与えてくれることを確信し、推薦校とする。

396 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)