5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(107)

304 :おさかなくわえた名無しさん:2012/02/26(日) 02:09:17.03 ID:aL+YHvV5
ちょい前の話。 
俺とムカつく嘱託(以下ばばあ)とでちょっと口論になった。 
ことの起こりはソイツがあまりにも見下し目線でものを言うから。()内は俺の心の声。 
 
ばばあ「上司に向かってそんな口聞いていいと思ってるの?」 
俺「上司って、いつから嘱託が正社員様の上司になったんっすか?」 
ばばあ「…職場の先輩に向かって何その言い方」(オイ、ちょっとグレードが落ちたぞw) 
俺「先輩って話ならAさん(65歳嘱託)は俺より勤続年数少ないんで下っすね。オイA、コーヒー入れてこい」 
本当にコーヒー入れてくるノリの良いAさん。もちろん後で謝った。 
ばばあ「ちょっ?! 何それ?! 私を誰だと思ってるの? 私の後ろには社長がいるのよ。社長は私の言うことなら何でも聞いてくれるんだから」(血縁あるのは知ってるけどそりゃねーわ) 
俺「へー、そりゃすごいっすね。」(ここで何故か勝ったと思い込んだらしい) 
ばばあ「すごいでしょ。私の言葉は社長の言葉なのよ」 
俺「じゃ、俺の親父が総理大臣になったら俺も総理大臣ってことですから、アンタはその日から俺にヘーコラ頭下げるんですか? しないでしょ?」 
ここまで言ったら周りで聞いてた同僚が「いや、するっしょw」 「間違いなくするよ、この人w」 「恥とかそういう概念無いだろw」と続き、ばばあ絶句。 
ばばあ「覚えときなさいよ、アンタ達。社長に言いつけてやるんだから!」 
そのまま職場を飛び出してその日は帰って来ず。 
 
昨日付けでばばあ退職記念カキコ

336 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)