5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】21

1 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/05(火) 19:41:09.92 ID:NVn4qsPq
*悟りを開いた人には偉大な知恵があるらしいわ。
*生活のことなんでも聞いてみましょう。
*あるゆる悩みを聞いてみましょう。
*罵倒、批判だけのレスはスルーよ。

<前スレ >
【相談】悟りを開いた人に聞くスレ【仏教】20
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1354672005/

2 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/05(火) 19:42:06.81 ID:NVn4qsPq
前のをコピペしたらオカマ語になってる orz

3 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/05(火) 20:20:15.79 ID:CnRRlgGA
>>1 ご苦労さんじゃ。
 
前スレ992
 近付かないほうが良いじゃろう。

 離れられない状況ならば「自分は怒りっぽい性格だから、もし怒っていたら注意してほしい」とか言ってみると良かろう。
 話が通じるぐらいならば怒らなくなるじゃろう。

前スレ993 鬼和尚の仏教研究会で検索じゃ。

4 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/05(火) 22:57:42.90 ID:eCsUs0/9
>>3
他人の怒りの挙動に集中力を向かわせればまず先に自分の怒りを「注意」するだろうという目論見でしょうか。
面白い方法ですね。

5 :LD:2013/03/06(水) 12:01:32.28 ID:oTQEYBII
>>562
いつも面喰いって言ってたぐらいだからな

6 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/06(水) 20:57:15.79 ID:92xQcjGZ
>>4 そうじゃ、試してみるのじゃ。
 またおいでなさい。

7 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/06(水) 23:17:27.20 ID:YimId5gw
すべては幻というのが正解
人間はすべて実体と思い込んでるだけ
人間は思い込みが激しく根本から間違ってるのである

8 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/07(木) 00:52:34.16 ID:NPXhi4iU
鬼和尚さん、地頭ってのは何なのでしょうか?努力で良くなるものですか?

9 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/07(木) 08:43:56.67 ID:4xYBdten
>>7
すべてではないけどね
物質が幻ってだけ

10 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/07(木) 10:10:18.89 ID:L2RyOGfD
精神もまた
っていう思いもまた
ってのもまた
果て無く続く

ってのもそうだ
ってのも

11 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/07(木) 19:31:18.90 ID:ZHkNB4ZP
すべてが幻、という言い方は無責任を誘発したり助長するおそれがないだろうか。
幻のようなものではあっても現実は現実として責任感もって生きなきゃいかんのではないか。

12 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/07(木) 19:37:12.29 ID:ZHkNB4ZP
もちろん文学的表現としては認めるけども

13 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/07(木) 19:54:28.91 ID:9FTonHcd
>>8 地頭とはgoo辞書では

  1 大学などでの教育で与えられたのでない、その人本来の頭のよさ。
 一般に知識の多寡でなく、論理的思考力やコミュニケーション能力などをいう。
  と、書いてある。

 それもまた鍛えられるじゃろう。
 日頃から論理的思考やコミュニケーションの能力を意識して使っていれば、自然に鍛えられるのじゃ。
 人間は良く使う能力が発達するものであるからのう。
 

14 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/07(木) 20:01:28.50 ID:/vqAgszt
>>11
夢の中に居る限りはそれは現実だからな。手を抜くと悪夢になる。

幻の世界で幻の物を盗めば幻の警察に捕まって幻の裁判で幻の有罪判決が出て幻の牢屋に入れられてしまう。w
もちろん自分自身も幻だからそこから出られない。

15 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 13:24:17.57 ID:13ZiTLrl
>>11
その恐れはあるだろうね
生命や法則といったものは決して幻ではないということを
併記しておく必要があると思う

16 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 20:18:17.72 ID:hW/d4FhM
「ナメられる」とか「侮られる」と腹が立ちます。
腹が立つのは、人類の進化の過程において、
ナメられないようにする事にメリットがあったからなのではないかと思うのです。
何のメリットも無いし、勝手にナメさせておけば良いのでしょうか。

17 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/08(金) 20:35:36.79 ID:fhMqgO/n
>>16
多分縄張りを守るためだろうね。
体が「自分」で、その体を生かすためには獲物を捕ったりする領域が必要で、そこが奪われると死が近づくという認識になる。
だから防衛本能にスイッチが入って敵を威嚇する。

但し、人間の場合は、猿や犬と同じで群を作って生きるので群の単位でこれが起こる。
人間の場合は頭が良いので縄張りが巨大だ。人間の縄張りは国だ。

18 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 22:08:54.75 ID:13ZiTLrl
>>16
元は子孫を残すための動物的な本能だと思う
せっかく人間まで進化したのだから、動物的本能よりも理性を働かせよう

ちなみに腹が立つのは相手と自分が同レベルだということ
相手の人間性が自分より未熟なら、不憫に思うことはあっても腹は立たない
誰にも腹が立たないような人間を目指していこう

19 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 23:52:09.65 ID:D10Il4y/
 
 
 
        ,ー'゙゙ ̄ ゙゙゙̄ー_
     _‐'         、ノ
     /         /  ヽ
      ! :         i   ゙i      ← わたしのかかってるお医者さま
     !,     _   /  ;;;;i
     ゙i   ( ヽ/    ,゙!
      ゙!  ヽ_.ヽ   ,―'
        !ノ'   '!..,,___;'
         '     /

20 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 23:54:56.43 ID:D10Il4y/
 
きょう誕生日。63なったよ...   生まれたとき難産だった。だから脳が変わったみたい...

21 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 23:56:52.04 ID:D10Il4y/
 
あかちゃんとき、おっきな水辺あそびに行った...  まだちっちゃい、普通歩けないとしの
ころ。連れてってくれたの、まるいニコニコしたお坊さん。ボウヤみてなと、シュンッ、1びょう無く
向こう岸渡ってた。さ、ボウヤもやってごらん。ゆわれて先生、ちょくごに出来たんだって。

22 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 23:59:15.86 ID:D10Il4y/
 
 
       _,ィニノノレ'ミtュ
       ,i'ノ ソ| |ノト ::゙t,
      ノ ,i'ノ_j_ノノ! : ュュュ       ← こおゆう
      ノノ,i'ノi' '|i'テ : _ rァ
      ノ ,i゙:ノ゙|; :|゙ノ .;  '  |'ュ
      ノ:,i!゙ノ ノ'ァ'゙゙  ; ,ァノノ人
    ノ ,i',i゙ノノ     :; ,r ノ|ノ| ゙ト,
   ノ:,ノ'ノ'ノ   ゙'ー+L'| | ゙| ;|:,

23 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/08(金) 23:59:54.90 ID:D10Il4y/
 
ひげもじゃの教祖、けっこういる。3、40代、実年齢若いけど...  なんか抵抗あります。

24 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 00:32:27.55 ID:0niHcFeP
>>16
実際に腹をたてるとしたらそれは感情に支配された状態であって決していいこととは言えない。
でも相手がこちらを舐めて調子に乗って実害をもたらすなら何かしらの手立てを考えなければならない場合もあるだろうと思われる。
決して感情に支配されるべきではないけれど、腹を立ててみせるというのも時と場合によっては有効かもしれない。
ナメられかたの状況によってそのあたりは考えるべきだろうね。

25 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 00:54:44.07 ID:FZTb9t0+
謙虚に相手にも気を配って譲り合うというのが普通の大人だと思うんですが、縄張りを守るために
人を見下したり利用しても平気というエゴイストが人間の姿でもあるって事ですか。
人に心を開きたくなくなりますね。いい方を信じるより自分や他人のそういう部分ばかり信じるのは苦しい。

26 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 01:07:08.75 ID:0niHcFeP
善いほうを信じろとか善くないほうを信じろとかいうのが偏った見方で
物事はケースバイケースで対処しないと判断を誤るんじゃないかと思う。

27 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 01:11:47.59 ID:FZTb9t0+
それはそうですよね。
流れを読んでの自分の感想です。相手は自分でもあるから見下したりすればその時は良くても自分の心も痛むはず。
それなのに大人になってもそういうことをやり続けていて、またそういう人がのさばっていく弱肉強食の世界だとしたら
というのを信じると凄い怒りとかで苦しかったことがあるんです。自分の世界観、何を信じるか、という問題ですが。
どっちもあるので。

28 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 01:18:21.68 ID:uITfaY5S
>>19-23
超能力は悟りに関係ないぞ

29 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/09(土) 01:57:49.44 ID:idB6ssNE
>>25
>謙虚に相手にも気を配って譲り合うというのが普通の大人だと思うんですが、

そういう人も居るが、そうでない人も居る。但し、そういう人が特別ということはないし、そうでない
人が特別ということもない。特別な人は居ない。誰でもどちらにもなりうる。

映画のスクリーンにはどんな映像でも映し出せるのと同じようなものでね。特別に良いスクリーンや
悪いスクリーンというのはないし、映し出される内容によってスクリーンが変化することもない。
ある時はそこに謙虚で気配りをする人が映し出されるかも知れない。まあある時はそうでない人が
映し出されるかも知れない。しかしスクリーンは一切影響を受けず最初から最後まで変化しない。
映し出されているものは幻想であってそれに実体はなく変化し続ける。そこに映し出された人は
本当は存在していない。しかしそれを映し出すスクリーンは存在する。

30 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/09(土) 01:59:02.63 ID:idB6ssNE
訂正
> まあある時はそうでない人が
  ↓
> またある時はそうでない人が

31 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 01:59:54.16 ID:0niHcFeP
>>27
> 相手は自分でもあるから見下したりすればその時は良くても自分の心も痛むはず。

とは思ってもいつのことやら期待できないし痛まないのかもしれない。
自分の思うとおりに世界や世間が動かないと腹を立てても仕方ないよ。
あきらめて自分が変わるしかないんじゃない?

32 :泥団:2013/03/09(土) 05:08:26.34 ID:52UUay2P
やっと規制がとけたわ
>>1さん乙だわ
カマ語は直していいのよw

33 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 06:54:43.97 ID:5kNJ+M4x
既成概念、常識を壊す
人間の常識は勉強、仕事して食って飲んで恋愛してセックスだけど
その人間の当たり前の常識を壊すことだ

34 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 07:12:20.59 ID:+CeRIAR8
子孫を残すというのも自分だけを優先したいという欲望。
それがわかるので結婚しませんでした。
優秀な者が子孫を残すというのもウソですね。
恥知らずで極悪で無教養な者が残るんですね。

35 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 08:58:03.01 ID:5b1s1ip6
>恥知らずで極悪で無教養な者が残るんですね。

ある意味ではそうだよ
勉強すべきことがあるから地上に生まれてきている
あなたもそうだし、私もそう、人間はみんなそう

ただし、血のつながりは無関係
勉強しなきゃいけない人間はどの親を使ってでも生まれるし
しっかり学んだ人間は二度と地上に生まれない

36 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 09:21:46.33 ID:5b1s1ip6
肝心なことを書き忘れたw

つまり>>34が子孫を残そうと残すまいと
この世的にはどっちでもいいってこと

37 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 11:19:23.08 ID:GO6b7Kh8
生活保護は恥でも恩恵でもなく「権利」であるという主張がありますが、
どう思われますか?
人によっては、不正ではなく正当な受給資格があるなら、臆せずに堂々と胸を張って
受け取ればいいと仰います
個人的には、例え正当な受給資格があろうとも、胸を張るのじゃなく頭を下げて
受け取るべきじゃないのかなと感じますが、この考え方はどう思われますか?

38 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 11:21:39.73 ID:z4kmPpGB
>>16
ほっとけ
動じるな

>>19-23
お前が見えるよ
ゆっくりとな

>>25
標準の反応だな
だからこそ寛大になろう

>>34
そうでもない
自由だしな

39 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 11:43:56.67 ID:5b1s1ip6
>>37
本心に反して胸を張るフリ
本心に反して頭を下げるフリ
そういうのは虚しいね
あなたが頭を下げるのが正しいと思うなら、あなたはそうするのが正しいと思う

40 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 13:54:00.75 ID:z4kmPpGB
>>37
特にないな
法で与えられるモノ全てについて考えよう

41 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 19:17:41.35 ID:zWq4YJ2I
>>37
本来なら感謝して受けとるのが自然だね
日本は戦後、修身や道徳が一部勢力のせいで否定されたのが大きい
国や社会に対する感謝の念が希薄化されてしまった

42 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/09(土) 21:02:30.97 ID:MqqlZ6Sj
さみしい;;

43 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/09(土) 21:52:03.02 ID:YNYR6S1K
>>16 それはなめられたという自分のイメージによって腹が立つのじゃ。
 自分のイメージを保つ事は権力争いでは役に立つ事もあったじゃろう。
 今は役に立たないから放っておけば良いのじゃ。

>>19 いかす医者じゃ。

>>20 おめでとうさんじゃ。

>>21 まじかのう。

>>22>>23 形からはいるのは大抵ニセモノなのじゃ。
 近付かないのが良いのじゃ。

44 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/09(土) 21:55:17.40 ID:YNYR6S1K
>>37 そのように考えるのも、言うのも自由なのじゃ。
 おぬしが反対するのも自由なのじゃ。
 そのように考え、言える自由を味わえばよいのじゃ。
 間違った考えならば、いずれ明らかになるじゃろう。

45 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/10(日) 08:29:56.49 ID:5sLy5P1w
>>37
左翼が国を滅ぼす、の典型に見えるのじゃ
だいたいそういう事を言うのは左翼、共産系が多いのう

46 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/10(日) 09:00:37.04 ID:z6O0rhx/
私は世の中は全てが因果応報ですか。

47 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/10(日) 10:53:16.62 ID:aJmC0Wbm
>>45
左翼、共産主義の何がそんなに間違っているのか教えて欲しい

48 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/10(日) 21:35:37.66 ID:5sLy5P1w
>>47
義務はさておき、やたらと「権利」だけを叫ぶところ
理想論と現実論の間であまりにも理想論に偏っているところ

49 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/10(日) 22:56:28.32 ID:aJmC0Wbm
要するに思想としては間違ってないってことか
ありがとう

50 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 10:44:01.90 ID:0u4DDt8d
>>42
ここに来いよ

>>46
そうでもない

51 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 11:37:52.36 ID:rn9cFqF5
短気は損気という諺がありますが、短気は全て悪いもの?

当方イライラしやすい性格なので、身近な人に話しつつ改善を試みてますが、気が緩むと再発します

52 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 11:43:43.47 ID:2BOihALW
イライラは健康を害するだけだね
周りの人間にとっても迷惑だし

53 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 12:13:21.90 ID:rMFGTiA6
障害者を障碍者と言い換えるのはチャンチャラおかしいと思うのですがどうですか。
呼称というのは、そう呼ばれる客体の実際イメージに引っ張られると思うのです。
障害者そのものが尊く美しい存在であれば、
障害者という言葉そのものが尊く美しいイメージになると思います。
つまり障害者という実体へのイメージの悪さがあるのに、
私たちがそれを認めたくないがなために、「名前が良く無い(´・ω・`)」などと言い訳をしてイメージアップを図るのは障害者へのマイナスイメージを抱いている我々の本質から目を逸らそうとするマヤカシだと思うのです。

54 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 13:47:15.37 ID:2BOihALW
エスキモーと呼ぶとイメージが悪いからイヌイット
インディアンと呼ぶとイメージが悪いからネイティブ・アメリカン
呼ばれてる側より、呼んでる側の問題だね

55 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 14:54:57.07 ID:0u4DDt8d
>>51
そうでもない
短気は結果だ
ルートを辿ろう

怒りは効果的では無い場合が多い上に築いたモノを破壊する事が殆どだ
無駄だ
怒り発動時はその場を離れるか30秒を数えるかコップ一杯の水をゆっくり飲んだりするのが伝統的な解決だ

>>53
善悪どちらの観点から見てもダメだ
双方にとってな

56 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 15:14:17.13 ID:usdlcEPu
短気って大人気ない、というより子供っぽく、はたから見ると大したことでもないのに怒りをあらわにしたりイライラしたりする。
そういう意味で実にみっともなく、カッコ悪い人間であり、そういう人間であることが恥ずかしく、何より自分の損だと気付きだすと比較的短気でなくなる。
いや自分の話w

57 :泥団:2013/03/11(月) 18:23:39.44 ID:VrwK0AEz
若いうちに自分を客観視できる視点と余裕が持てれば、たいがいの癖は
そうひどくはならないわよね
「他人からみっともないと思われたくない」「恥ずかしい」って
かなり強烈な自意識だから

でも長年染み付いた癖って、ほんとむずかしいわ
わかっててもなかなか治らないわw
きっとその反応の仕方に体も精神もまるごと依存してるのよね

58 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/11(月) 19:58:16.80 ID:usdlcEPu
>>57
他人から見てよりは自分から見ても、よ。
自意識はもちろんあるけどさ。

59 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/11(月) 20:31:38.80 ID:jlAXhiEN
>>46 そう思えばそう見えるのじゃ。
 そう見えなくとも見えない所で因果応報が成立する事もあるじゃろう。
 人の縁によって成立する現象もあるのじゃ。
 良く観察して見極めるのじゃ。

>>51 怒るならば悪いのじゃ。
 怒ってよい事など無いものじゃ。
 ただ気が短くても何でも直ぐに怒るほどではないならば、悪くも無いのじゃ。
 気が短い故に出来る事もあるじゃろう。
 そのように気をつけていれば日常も良いのじゃ。
 
>>53 そうじゃ、無意味なのじゃ。
 言葉を変えても何も変わらないからのう。
 そのうち障碍者も差別用語となって変えようとか言い出すかも知れん。
 

60 :51:2013/03/12(火) 09:53:15.07 ID:ZfectY+N
>>59
ありがとうございました

61 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/12(火) 15:27:49.37 ID:95OYVbD8
音楽や芸術に触れて心を刺激するのは良いことでしょうか。
できれば何もせずに可能な限り心を平静に保つべきでしょうか。

62 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/12(火) 16:28:07.83 ID:xlbOWTPY
どっちも大事だと思う
バランスさ

63 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/12(火) 17:29:09.34 ID:tGKLVXd5
小野市の「生活保護者が生活に支障をきたすほどパチンコする事を禁止する
条例案」を巡って物議を醸しています
この条例案について皆さんはどう思われますか?

64 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/12(火) 18:35:07.75 ID:xlbOWTPY
人間にパチンコは必要ない

65 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/12(火) 20:54:08.89 ID:jV7PJTUf
>>60 どういたしまして、またおいでなさい。

>>61 おぬしが何を目標としているかで違うのじゃ。
 知識を得たり、感性を磨いたりしたいならばそれも良いものじゃ。

 自分の心を観察しようと思うならば、刺激は少ないほうが良いじゃろう。
 無用な刺激から間違った暗示を与えられる可能性もあるからのう。

 集中するだけならば静かな音楽や芸術も役に立つ事もあるのじゃ。
 
>>63 そんなに悪いものならばパチンコそのものを禁じたらよいと思うがのう。
 法律的には無いとされているものを、禁じるのもおかしな事じゃ。
 

66 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 12:45:17.75 ID:5wO7o2Iv
>>63
基本的人権と税金の性質、納税者感情などを考慮し、議論して世論を形成するべき
まあその結果、ほぼ間違いなくパチンコ禁止になると思うけど

67 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 13:24:19.93 ID:jWKioSg8
韓国はパチンコ全面禁止したらしいな。

68 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 16:22:46.48 ID:+cjxioQX
>>61
どちらも人生を豊かにする触媒としては鉄板だ
だがな
夜空の星も足元の泥も同様に輝く

>>63
何も

69 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 16:35:41.32 ID:A3kfAu9l
身内や親族との付き合い方は、どのような意識を持つと悟りに近い解釈となるでしょうか?

ブッダや仏教関連の書籍をいくつか読み比べてみると、
『“身内”という枠組みは執着に他ならない』と書かれてたり、『両親には感謝して終生敬え』などと書かれてたり。

自身は前者寄りの考えに近いと思いますが、世間的には敬遠される考えかな?と。

70 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 16:43:49.24 ID:+cjxioQX
血縁などに拘るな
慈悲は持とう

71 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 17:48:02.28 ID:YMPqWWmS
>>69
後者が発展した形が前者
両親を大切にというのは小学生向けの言葉
身内に拘るなというのは中学生向けの言葉だと思えばいい

72 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 18:07:15.13 ID:jWKioSg8
基本的にみな平等という意味で、身内・非身内って枠組みに執着するのは妄想を根拠に人間を区別する差別に近くなる。
でも現実の中で他とは一線を画す人間関係というのもありえるんじゃないのかと。
親子ってのはその一つなんじゃない?

73 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 18:20:33.42 ID:YMPqWWmS
>>72
この世が不完全だからその枠組みに囚われているだけ
もっと自由であって構わない

74 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 18:37:38.88 ID:jWKioSg8
たとえばそんじょそこらの人々よりも、親とか、先生とか、世話になった人々に感謝したり大切にすると言うのは
当然の区別なんじゃないでしょうか?
もちろんひどい人もいますのでケースによるとは思いますが。
で、普通のケースとして 「感謝して敬ったほううがいいよ」といってるんじゃないですかね?

75 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/13(水) 18:53:15.33 ID:YMPqWWmS
あまり枠を広げ過ぎると未熟な人間には理解が出来ない
だから人によってアドバイスする言葉がちがってくる
もっと上を目指したいのなら枠は取っ払うしかなくなる
でもその2つに矛盾はないということ

76 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/13(水) 21:20:45.35 ID:qVIN5U+x
>>69 全ての人を敬い、感謝して身内にも感謝して敬うが良かろう。
 身内だけを敬い感謝して大事にすると考えれば、他人よりも優先したり、他人と争ったりする考えに至る事も在るじゃろう。
 全ての人と平等に感謝し、敬ったらよいのじゃ。

77 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/14(木) 09:28:46.23 ID:BGzj9olq
昔は医学が発達して無くて死が身近にあったから
今より悟り易かったのかな?
医学が発達してくると希望も持てるけど、その分生への執著も増えるよね。

78 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/14(木) 10:42:22.10 ID:CG6OTQ0i
>>77
いや

79 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/14(木) 11:30:54.86 ID:VyUY8Xs+
>>69です。回答いただき有難うございました。
頭がスッキリ整理された感じですので、出来る事から精進していきます

80 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/14(木) 11:35:52.54 ID:LzEcdS0H
>>77
昔は日常生活の中で、自然に接する機会が多かったからね
夜も昼もない、季節もない、静寂もない生活では悟りから遠ざかるばかり
老化と死を否定し続ける西洋医学は、人々に驕りと絶望しかもたらさない
人間は自然に調和して生きるべし

81 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/14(木) 21:00:28.63 ID:l5fRgFhM
>>77 そうかもしれん。
 お釈迦様も城を出ると死人や病人が直ぐに見えたというからのう。
 老病死が身近にあれば考えることも多いじゃろう。

>>79 どういたしまして、おいでなさい。

82 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 10:22:18.37 ID:fa1zHmwa
悟りに近づいてくると物事に興味が無くなってくるのかな?
自我の観念が薄くなってくると、普段の生活自体が俯瞰の目から見た疑似体験のように
なって来るから、ドラマや映画や小説なんか観たり読んだりしても現実の世界と変わらないし
心の平穏さに比例して感動も少なくなって、つまらない人生に成ってるような気もする。

苦しみというネガティブな面にスポットを当てて、それを無くすために必死に修行を積んでも
快楽を追求して苦楽の振り幅の大きな人生を送っても、どうせいつかは死ぬ。
結局その死ぬという事だけしっかり意識出来ていれば、特別な修行なんか要らないと思うんだよね。

どんなに修行しても、死の恐怖を滅する事が出来る保証なんて無いし、
正直いつ死ぬかなんて誰にも分からない。
死に方だって人それぞれで、長患いするかポックリ死ぬかすら分からない。
だから修行をしたからって安らかに死ねる保証なんて無いし、逆にしなかったからって
泣きながら死んで行くなんて事も無い。
この論法だと修行の途中で死んだら、結局泣きながら死んで行くって事成るんだから
それが分かって鬼和尚も最近使わなく成ったのかな?

83 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 11:00:05.67 ID:T8Y617dY
>>82
個人的な意見だけど、悟りというものは
どこかに明確な線が引いてあるわけではないと思う
いろいろな分野において、さまざまな悟りの段階がある
悟りの階段を一段上っても、まだまだ先に階段があることを知る
だから興味は尽きないし、自我が薄くなるどころかどんどん個性が強くなる
ただ、一般の人が気にする割とどうでもいいことには関心がなくなるので
見方によっては、興味が無くなっていうように見えるのかもしれない

修行というのが何を意味しているのかわからない
自分でこうしたい、こうするのが正しいと思うことをするのは修行なんだろうか?
死に際がどうであるか知りたいなら、それに関連した書籍をたくさん読むといい
何も知らないでいるから怖い
死に際して、無用の苦痛を避ける方法があり、それは突きつめると
自然に任せることが一番というのが、自分がこれまでに知り得た知識
それを知らずに死ぬ(修行の途中で死ぬ)なら、泣きながら死ぬことになるのかもしれない

84 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 11:27:51.06 ID:fa1zHmwa
>>83
死ぬ事自体に対する恐怖とか特に無いけどね。
長患いで痛いのは勘弁して欲しいけど、実際にはその時に成らないと分からないでしょう。
だからいくら本を読もうが修行しようが、完全に悟り切らないと何の準備にも成らないと思うよ。
実際にはモルヒネとか打って貰うのが一番楽なんだろうし。

自分は悟ったと言ってた坊さんが自殺したって話も有るけど、あれだって悟ってたのが嘘だった
かも知れないし、今後の事を考えたら最良の道が自殺だったのかも知れない。

登山家が断崖絶壁で二人宙吊りになって、そのままだと二人共死ぬという状況になった時に
下の人が自らロープを切って笑顔で手を振りながら落ちて行った話とか読むと
自ら死を選ぶ行為も悪いとも思わないしさ。

だからいつ死んでもおかしくないという意識さえ持っていれば良いだけで
老病死を殊更強調して修行をしなければ成らないというのも何か違うような気がするってこと。

85 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 11:29:17.43 ID:fa1zHmwa
>>84
×自分は悟ったと言ってた坊さんが自殺したって話も有るけど、
○自分は悟ったと言ってた坊さんが癌を宣告されて自殺したって話も有るけど、

86 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 11:36:30.63 ID:LxE6r00L
怒りとは、図星を突かれた証拠でしょうか。

87 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 15:10:26.74 ID:tIm/gKDX
>>82
アプローチにもよるな

>>86
それも怒りになるな

88 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 15:10:50.85 ID:T8Y617dY
>完全に悟り切らないと何の準備にも成らないと思うよ。

完全に悟りきるという状態を知らないけれど、
心の準備はできているのはなぜだろう?

>実際にはモルヒネとか打って貰うのが一番楽なんだろうし。

そのへんはやはり知識を持っていると、価値観が変わると思う
あと修行については具体的に何のことなのかがわからない

89 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 15:39:25.23 ID:fa1zHmwa
>>88
>そのへんはやはり知識を持っていると、価値観が変わると思う

モルヒネより効果が有る知識とやらを教えてくれ

90 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 15:46:53.88 ID:T8Y617dY
>>89
アドレナリン、脳内麻薬など
それらを有効に利用するために避けるべきことなどもある
とにかく知っていれば役に立つ

91 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 16:03:38.98 ID:fa1zHmwa
>>90
それが君の言う知識なの?
君はアドレナリンとかβエンドルフィンを自分で調整出来るんだ。
そりゃあ凄いや。
俺は太極拳を20年位と站椿功や小周天なんかも最近やってるけど、
気を感じられる位で、それを自分の思うとおりに扱うなんてとても無理だよ。

ちなみに俺は岩波文庫の中村元の本は全部読んだし
法華経、維摩経、正法眼蔵、天台小止観、唯識論、龍樹、臨済録、六祖壇経、
密教、チベットの死者の書等、その辺の文庫レベルならほとんど読んでるし、
バガヴァッド・ギーターやヨーガスートラ、カルマ・ギャーナ・ラージャ・パクティー
のヨーガ四部作も読んでるし、マハラジ、エックハルト・トール、アジズにクリシュナムルティー
ユングにフロイト、デカルト、カント、ウィトゲンシュタインなんかも読んでるけどね。

92 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 16:12:39.43 ID:T8Y617dY
>>91
凄いだろw

93 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 16:35:40.90 ID:fa1zHmwa
生兵法は怪我の元 という言葉を君に送ろう

94 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 16:41:01.08 ID:T8Y617dY
人間生か死かというところまで追い込まれると
元々備わってる機能に自然にスイッチが入るから
焦らなくても大丈夫だよ

95 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 16:44:21.47 ID:fa1zHmwa
あんたは読解力も無いのか?

96 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 18:51:28.51 ID:67SWfV5c
「悟った」という言葉を自称しようと誰かが呼ぼうと苦があるなら意味ない。

97 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 19:07:09.42 ID:VLYhGVEh
相談乗って下さい
私の知り合いをAとします。私はAのネットによる詮索能力に恐怖を感じいます。
・私の友達(Aとは友達ではない)の交際相手をSNSで探し当てSNS内のメールにて「あんたの彼女風俗で働いてるよ」と嘘を送り翌日「あんな奴(私の友達)にあんな彼もったいないわ」と笑っていた
・ネットからプリクラをネット上にアップしている同級生や知り合いなどのプリクラ画像を探しSDに保存している。理由は男友達に彼女ができた際に過去のプリクラを見せる為だそうです。以前「素っぴんプリとか前の男とのプリを見せればたいがい別れる」と笑っていた
・会話や通話を録音している

98 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 19:08:36.53 ID:VLYhGVEh
続き
そんな一面を知り私はAのアドレスを消しました。ある日登録していない番号から電話来て出たらAでした。寝起きでうっかり同僚の愚痴と捉えられても仕方のないようなことを言ってしまいました。電話の最中も「ピッ」っと何度もボタンを押す音がしたのです。

99 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 19:09:51.59 ID:VLYhGVEh
続き
もしかして会話を録音されていたのかも…と電話を切ってから思いました。同僚をSNSから探し当て「悪口を言っていた」やデマを流されこの環境をAに壊されるのではないかと怯えています。

100 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 19:25:43.20 ID:VLYhGVEh
愚痴だと思われても仕方ない部分の誤解を解いてから着信拒否をしようと思うのですがAに会いたいと言われ空返事をし電話を切りました。私はAに会って誤解を解くべきですか?それとも電話などの方がいいですか?

101 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 19:27:16.49 ID:VLYhGVEh
話しをするほど裏目に出そうで怖いのですが…悪口の部分だけ訂正したらかえって詮索能力に火をつけそうだし…私はどうしたらいいですか?

102 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 19:30:22.82 ID:T8Y617dY
放っておけばいいよ
それからSNSもやめた方がいい
Aという人間に接触しないのが一番
あなたに飽きて去っていく時を待とう

103 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 19:48:03.34 ID:VLYhGVEh
>>102
レスありがとうございます
私自身はSNSなどはやっていませんが同僚はやっているので不安で
誤解だけ解きたいのですがどのような手法がいいですかね?

104 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 20:12:41.84 ID:T8Y617dY
>>103
まともじゃない人間を相手に何を言っても通用しない
誤解が解けるどころか、相手にあなたの弱みを握らせたことを確信させるだけ
もしその愚痴が同僚に漏れたら、その時に同僚に心から謝ればいいじゃないか
その時どう謝るか、そっちを考えておいた方が100倍マシだと思う

105 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/15(金) 21:06:01.65 ID:uDmCGc2q
>>82 無くなる者も居るじゃろう。
 人によって違うのじゃ。

>>86 そうである場合もあるじゃろう。
 全然見当違いのことを言われて怒る事もあるじゃろう。
 人によって違うのじゃ。

>>97>>98>>99>>99 会わない方が良かろう。
 そのような者とは交際を絶つのじゃ。
 会えば叉ずるずると交際が続いてしまうのじゃ。

 予め同僚等に頭のおかしい知り合いが居ると、全部話しておくと良かろう。
 それから同僚が教えられてもそのおかしい知り合いと判るから、平気なのじゃ。
 
 

106 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 22:04:07.20 ID:c5K6cG9r
【仏像窃盗】韓国僧侶「来る前に知らせたのに出迎えも無かった」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1363349821/
これは日本の僧侶と韓国の僧侶どちらが正しいのでしょうか?

107 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 22:54:56.41 ID:0KzkveQU
 現代人はどこに向かっているのでしょうか?崩壊それとも
連帯 ? 個人的には少数(2,3割)の人は頑張っているように
感じてます、しかしあまりにも多くの人がすさんだ生活を送っている
気がしてなりません。その結果どうなってしまうのやら。ちなみに
私は例えば東日本大震災をきっかけに弱肉強食の世風から、連帯感
が日本に満ちたように何かしら大きな災い(戦争、天災)がおきて
より多くの人がもっと目覚めるようなちょっとした終末思想をもっています。
アベノミクスも今後、日本が何とか耐えられるように景気を少し良くなって
戦争や天災に対応できるようにその準備段階な気がしてなりません。
和尚の明確な答えを聞きたいです。よろしくお願いします。

108 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/15(金) 23:05:10.95 ID:0KzkveQU
2ch もそうですが人は批判してされての繰り返しだと思います。
本当にいやになります。仏さまはそのような世の中に対して
どういう風に過ごしたら、心の安定があるというのでしょうか?

109 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 08:05:42.18 ID:8pAzw3SW
そんなことはないのじゃ。
みんな口ではそう言ってるだけなのじゃ。
実際の世の中はみんな寂しがり屋で優しい人ばかりなのじゃ。
交通マナーも良く、被災地でボランティアに精を出す人もたくさんおる。
悲惨な飢え方をしてる者などはほとんどいないのじゃ。
怖そうに見える人たちも、みんな己の弱い心と闘って必死で頑張ってるのじゃろう。
怖いニュースや掲示板を見過ぎかもしれん。
単なる時代の変化について行けない古い人間たちによって、
まるで変化の全てが暗黒時代への前兆のように語られ過ぎてるかもしれん。

110 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 09:21:46.17 ID:AFNuTMrx
もの事なんて見方でどうとでも取れるからね。
今の北朝鮮の暴走も米軍基地問題や領土問題とかに絡めて見ると
大国が後ろで糸引いてるんじゃ無いかと見れないことも無い。
陰謀論とかにあまり興味は無いが、あんな若干30歳の小僧一人が
国の方針を1人で決められる訳がないとは思う。

111 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 12:16:03.21 ID:bzIcY74r
>>97
ほっとけ
離れとけ

>>106
どちらも
商売道具に何をする
とも思わない
要るなら持っていけ

>>107
利益

>>108
ほっとけ
慈悲は広大無辺が論理的だ

112 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 12:50:47.08 ID:KB7dWo2I
>>106
僕もこの問題は気になってた。

おそらく多くのお坊様は、炎上を怖れて口を挟むまい。

しかしながら、仏像や憎悪に拘泥する対馬の坊様については志を同じくする者として、ちょっと・・・。

難しい問題ですが、鬼和尚様のご意見が欲しいです。

113 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 13:52:21.92 ID:v/CPfmnG
仏像なんて欲しけりゃあげればいい
そんなものに拘る人間が僧侶なんて名乗るなよ
いったい何を学んでるんだか

114 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 18:59:09.80 ID:G60mw/IP
この日本における「国家元首」とは誰になるのですか?

115 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 19:11:48.48 ID:hGwEXO6d
おれ。

116 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 20:40:47.20 ID:AFNuTMrx
夕方瞑想してたら乳首がビンビンに勃って快感が襲ってきた

117 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/16(土) 20:46:35.39 ID:Jrbp94VU
>>106 どちらも正しくないのじゃ。
 象を拝むのは仏教ではないのじゃ。
 盗まれたものならば返すが良かろう。
 欲しがるものならば呉れてやるとよかろう。
 僧が持つべきものは三枚の衣と鉢だけなのじゃ。

>>107 どこにも向かっていないのじゃ。
 社会は同じ事を繰り返しているだけなのじゃ。
 技術は進むがのう。
 それも善悪両方を含んでいるものじゃ。
 やがて社会も滅ぶものじゃ。
 永遠の幸福への道は人の心の中にのみあるのじゃ。

>>108 お釈迦様はこのように言っておる。

 50 他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。
  ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。

 この言葉通りに実践すれば心の安定があるじゃろう。
 他人が批判するのも他人の過失なのじゃ。
 それを一つ一つ見ていたら心に安定は無いのじゃ。
 他人の過失ではなく、自らの行いを観て省みれば心も安定するじゃろう。

118 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/16(土) 20:51:57.81 ID:Jrbp94VU
>>114 天皇のようじゃ。
 

119 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/16(土) 23:10:35.58 ID:BL8Zp5Vd
それは違うようじゃ

120 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/17(日) 14:33:50.48 ID:NIDU4VsD
>>107 >>108 >>117 ごめん ちょっと 鬼和尚を試していました 僕と同じ考えです
中庸が大事かと思っています。はじめから中庸という答えでした。

121 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/17(日) 19:30:11.89 ID:EcCwRCAH
>>117
誤字なのを解っていながらツッコミ。

「象を拝むのは」

ゾウさんを拝む宗教なんて無いでしょ〜
釈迦の話にゾウは出てきた事あるけどね。

122 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/17(日) 19:44:50.29 ID:kv+5FgYj
>>120と同じ考えのようでは鬼和尚はダメダメだの

123 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/17(日) 20:05:56.26 ID:nWvaZy6w
ガネーシャとか歓喜天とかおるやん

124 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/17(日) 20:23:16.05 ID:FNT9oDH3
>>120 それは儒教なのじゃ。

>>121 象を拝むのは仏教ではないのじゃ。
 合っているのじゃ。わっはっはっは。


 

125 :泥団:2013/03/17(日) 22:00:23.51 ID:CxhAYma7
歓喜天は神社仏閣板でも験が出る寺院として有名ね
その代わり粗相をすると怖いらしいわ〜
人のイメージってすごいわね

密教系は、お釈迦様の教えの実践というよりは、バラモン教とかタントリズム
とかの土着信仰の流れね
「仏の教えに導く方便」として病気を治したりする現世利益の効果があると
貴族や時の権力者に重宝されたから、それで勢力を増していった寺院が
今は伝統仏教の総本山として残ってるのね
だけど1000年たっても本来の目的の方は、僧侶もあまり言わないし
信者(っていうのかしら、檀家の方がより正しいかしら)も関心がないのねー
きっとお葬式やお墓の管理、学校経営なんかで精一杯なんだわ

126 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/18(月) 07:51:18.19 ID:TpzVbPTh
ニートやひきこもりの原因は発達障害、アスペルガーですが
仏教で発達障害、アスペルガーは治るのでしょうか?

127 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/18(月) 08:55:01.29 ID:UyCHvCBV
むしろ一部の人間だけが快適に過ごせる社会のあり方を見直す必要があるんじゃないか?
発達障害やアスペルガーを問題にするのは、この世界の不完全さの象徴のように思う

128 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/18(月) 09:32:54.25 ID:55cMeJyo
それでもほとんど餓死はしてないからね。
もちろんそれは日本や先進国だけだけど。
社会に問題が有るとか言っても、歴史的にはどんどん良くなっているしさ。
考えても見なよ。日本だってつい150年前位は内戦してたんだよ。
400年ちょっと前は隣の県同士で領土争いの戦争してたんだから。

129 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/18(月) 10:14:10.09 ID:CUv8g5uf
>>126
無理なのが多い

130 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/18(月) 10:18:21.84 ID:UyCHvCBV
餓死を基準に判断するのはあまりにも幼稚な気がする
外敵から守られ、何もしなくても食事は与えられる
そんなカゴの中の鳥みたいな生活は人間として正解だろうか?
私たちの世代はもっと上を目指していいと思う

131 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/18(月) 13:44:29.50 ID:55cMeJyo
なら完全な世界ってのを提示してみ

132 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/18(月) 20:43:22.72 ID:dXFPfAfH
>>126 治らないじゃろう。
 仏教は医療ではないからのう。
 しかし、瞑想をして心を落ち着かせる事は出来るじゃろう。
 それによっていろいろと出来る事も増えるじゃろう。

 アスペルガーなどのコミュニケーションの障害などは、訓練によって治るじゃろう。
 表情やボディランゲージなども言葉と同じく、記号とイメージによる伝達であるからのう。
 そのパターンを覚えて反復すれば普通の者と変わりなくなるじゃろう。

133 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/18(月) 20:51:21.06 ID:ot0K8DFo
前職を1年未満で退職。理由は体調不良。
最後は体調の理由で3日しか引継ぎできなかったが、一通り伝えた。

体調が治り、縁がありグループ会社に再就職したが
避けるべきだったんだろうか?情報伝わるかな・・・。

134 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/19(火) 02:20:02.22 ID:um3JRPvr
言っとくけどアスペルガーなのと日本語が不自由なのは全然違うからね

135 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/19(火) 08:53:34.12 ID:GAYfo1t1
治るっていうのは違うよな
根本的には変わらないけど、お互いの理解と努力で
ある程度までは折り合える

136 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/19(火) 09:50:42.43 ID:o50VjSca
マインドフルネスは瞑想とおなじですか?

137 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/19(火) 20:20:50.16 ID:GCtC6pE4
>>133 知り合いが居れば伝わる事もあるじゃろう。
 しかし、体調が悪かったという理由があるから説明すれば大丈夫なのじゃ。
 縁があって入社したならば良かったのじゃ。
 心配せずに働いたらよいのじゃ。

>>136 元々マインドフルネスは瞑想から作られたもののようじゃ。
 中には瞑想そのものを教える課程もあると言う。
 目的は違うが瞑想といえるじゃろう。
 

138 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/20(水) 19:55:38.94 ID:Mt25N/dj
>>105
全然見当違いのことを言われて怒る人はいないとも言える気がします。
私の体験上、全く100%身に覚えのない事を言われても「おや?」と呆気にとられるか、
「何か勘違いしているようだ」としか感じません。
怒るという事は無いと思います。
もし怒る時は、おそらくそれは、ほんの少し身に覚えがある場合だけだと思うのです。

139 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/20(水) 20:36:24.56 ID:byvqu+ds
>>138 例えば他人に馬鹿と言って怒るのは少しでも身に覚えがあるからじゃろうか?
 多くの者は自分が少しでも馬鹿であると思っている訳では無いじゃろう。
 身に覚えがあっても無くても、言葉とイメージに囚われている人間は、不本意な言葉とイメージを投射されると怒るのじゃ。
 

140 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/20(水) 21:47:08.55 ID:Mt25N/dj
ありがとうございます。
言葉とイメージに囚われないように務めたいです。

141 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/21(木) 00:25:58.52 ID:IcpDZVyw
偶像崇拝がある仏教やキリスト教、偶像崇拝がないイスラム教・・・
皆さんは偶像崇拝についてどう思われますか?

142 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/21(木) 08:22:15.79 ID:Ua6xi21t
金銭的な問題が解決しても尚、お金がないという感情に支配されてしまってます。
これは贅沢病なのでしょうか?

143 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/21(木) 10:12:49.13 ID:N7w010gh
>>141
必要なし
>>142
慣れ親しんだ思考回路が心地よくなってしまう人もいるんだってさ
常に何かを心配していないと不安になるらしい

144 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/21(木) 12:20:28.23 ID:vUSdr3BG
ないもんはないんだろ。
お金を普通の人以上に持ってる、という客観的なショウコがない限りは
ないんだ。

145 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/21(木) 12:34:23.64 ID:mrjCUV5n
>>141
偶像崇拝は善悪の問題ではなくて、偶像崇拝している状態から脱しないとそれを
している本人の苦しみがなくならないことの方が問題だろうね。一時凌ぎになる
ことはあるかも知れないが根本解決にならないから同じ事の繰り返しになる。
穴の開いた船の穴を塞がす水を掻き出しているだけみたいな感じ。幾らやっても
切りがない。

一応仏教にもキリスト教にもそれを防止するような教えはあるにはあるんだけどね。
ストレートに偶像崇拝をするなとか、釈迦に会ったら釈迦を殺せとかの言葉ね。
でも多分宗教関係に関わって来る人はそれまでに金とか地位とか所謂世間的な
ものを崇拝していて苦しんでいたような人なので、何かを「崇める」という心の
癖が中々抜けず、そのため(少なくとも最初の内は)その宗教で最も偉いとされている
人を崇めてしまうんだろうと思う。しかしそれは偶像崇拝なのでそのままなら
変化はない。金によって救われたり救われなかったりするのと同様に、その崇拝
している存在によって救われたり救われなかったりということが追加されるだけ。

146 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/21(木) 12:40:44.69 ID:mrjCUV5n
>>142
ただ癖になっているだけじゃないかな。でも生活を破綻させるぐらいの強烈なもの
(医者が神経症と診断するぐらいの強い症状)でない限りそれはそのままでも良いのでは?
あまり金を使わなくて済んで金が貯まるし。節約にもなるし。また貧乏になった
としても難なくそのまま過ごせるし。

147 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/21(木) 13:59:55.66 ID:r8TI1udY
>>141
無形にしがみ付ける人は少ないからな
それはそれでまずはよろしい

>>142
それでも金は無いからだな
物欲もプラスだ

148 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/21(木) 20:20:28.13 ID:2U2v82Vq
>>140 どういたしまして、またおいでなさい。

>>141 偶像崇拝は初期の仏教やキリスト教でも禁じられていたという。
 今は普通にしているがのう。
 イスラム教のように人の絵さえ禁じるというのも行き過ぎじゃろう。
 
 集中の対象として用いるならば、目覚めるための法として役立つ事もあるじゃろう。
 
>>142 ただの習慣なのじゃ。
 今はその心配も無いのならば少しずつ消えていくじゃろう。
 消えないならば滅していくと良かろう。

149 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/22(金) 10:26:29.77 ID:Cv7iAC70
>>143>>146->>148
自分でも情けなくなりました。こんなに執着してるのかと。

ありがとうございました。

150 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/22(金) 21:30:44.68 ID:CYVg6NNv
>>149 どういたしまして、またおいでなさい。

151 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 01:17:45.22 ID:zags4mA+
>>91
> 小周天なんかも最近やってる

重箱でスマッソ
小周天を「やっている」っておかしくないかな?
周天は自然に回りだすものだと思うよ
日本じゃ意念で回そうとする間違った教えが昔広まったらしいけど‥‥

152 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 10:32:52.36 ID:cpin8Wqn
小周天
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%91%A8%E5%A4%A9

153 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 11:03:14.01 ID:X7zRcDlR
受験資格が高卒限定などの場合、大卒は受験すら出来ません
これは「法の下の平等」に反しないのでしょうか?
逆ケースもありますが、大は小を兼ねるとか大卒は高卒でもあると言えます

154 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 11:17:33.31 ID:Ed/UOue1
大卒は大卒限定を受ければいいよ 4年余分に勉強してるのに高卒程度の
実力しかないyつなんていらない

155 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 11:30:05.43 ID:2ZpPTvPY
>>153
縁がないと思えばいいよ
高卒限定にしてるのは、年齢的に若い人を欲しがっているんだと思う
実際はどうでもその方が頭が柔らかく育てやすいとか、体力の問題、
社員の年齢構成のバランスとか、いろいろ理由があるんだろう

156 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 12:01:33.03 ID:nCO77fk9
>>153
高卒以上じゃなくて高卒限定なんてあるの?あんま見た事ないな
変な会社っぽいから、応募できなくて正解じゃね?
ブラックとか、募集みても変な引っかかる言葉とかあるから何となくわかるよ

157 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 12:18:33.17 ID:18w20ZdA
>>153
うん

158 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 12:29:17.47 ID:cpin8Wqn
受験って書いてあるんだから、会社の募集じゃ無くて
資格試験とかの事かと思ってたけど、会社の採用試験の事なのか

159 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 12:32:11.87 ID:cpin8Wqn
資格試験に高卒限定なんて有るのかと思って不思議だった
受験ってワードだけでそう決めつけてる視野の狭さを実感させられたわ

160 :◆C8utSR9LI6 :2013/03/23(土) 19:12:40.05 ID:20GEBanu
わしの新スレじゃwww

【エロ】さそりを開いた人に聞くスレ【雑談】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1364033290/

161 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 19:23:06.27 ID:2ZpPTvPY
公務員試験とか、大手企業の高卒枠のことだと思ったんだけど
違うんだろうか?

162 :◆C8utSR9LI6 :2013/03/23(土) 19:33:20.48 ID:20GEBanu
>>161
それは別スレで答えが出てるから回答しても無駄よ!

163 :◆C8utSR9LI6 :2013/03/23(土) 19:33:47.92 ID:20GEBanu
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1362988567/941

942 おさかなくわえた名無しさん sage 2013/03/23(土) 11:13:35.25 ID:i1DL6Q0N
>>941
高卒採用に大卒が来たら大卒をとる確率が高くなってしまうと思います。
ですがそこで大卒者NGにすることで高卒者にも均等に雇用機会を与えてるというふうには考えられませんか?
男女雇用機会均等法や障害者雇用促進法などでも万人にチャンスが巡ってくる用になっているはずです。
「うちの会社には大卒はいらない」と考えている企業もあるようですし、諦めましょう。

943 おさかなくわえた名無しさん sage 2013/03/23(土) 11:39:02.41 ID:X7zRcDlR
>>942
ありがとうございました
つまり、言い方は悪いですが、障害者枠や同和枠と同じような
弱者保護の観点による優遇措置ということですね

164 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 19:39:39.41 ID:Ed/UOue1
面白いコピペを貼るスレかとおもった

165 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/23(土) 21:16:59.10 ID:NjM1X/qb
>>153 高卒にチャンスを与えて平等にしようと思ったのじゃろう。
 平等にしようとおもって不平等にしたのじゃな。
 

166 :泥団:2013/03/23(土) 23:18:41.98 ID:VFIIMiw1
あら、蠍ちゃんがレギュラー入りしたのね
新スレおめでとう

167 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/23(土) 23:30:55.75 ID:Ed/UOue1
しかもあっちのスレでもアスペとかいわれてんのなw

168 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 13:56:22.23 ID:EPSu/y6X
同世代〜年下と上手くやれません。人が怖いです。
普段、仕事場と自宅の往復しかしていません。
平日は両親と会話し、たまの休日は、たった一人仲良くしている
友人とお茶をする程度です。
今度結婚することになりましたが、彼は私が対人関係が下手で、
交友範囲も狭い事を知りません。嫁ぎ先は、両親や友人からも
遠く離れた土地で、今から寂しくて仕方ないです。

彼はおおらかで優しい人ですが、私の本性を知ったら、嫌われてしまうのではと
結婚が具体的になってきた今、気がふさぐようになりました。

上手に人付き合いが出来るよう、強くなりたいです。
心構えを教えてくれませんでしょうか。

169 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 14:49:46.71 ID:E+BudSPx
>>168
受け身になるといいかもしれない
聞き上手な人は何も特別なことをしなくても
いい印象を持たれるよ
あまり考え過ぎず、流れに身を任せよう

170 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 16:53:56.72 ID:o1xcTliz
私は女です。
髪色や髪質やメイクが汚い、理解し難い服装(露出度の高い服やブランド物ばかり)、性格悪い、口調汚いなど同性の私から見てもとても付き合いたいと思えない女にはなぜ彼氏がとっかえひっかえ出来るのですか?
容姿も性格も良く、気の効く女性なのに彼氏が出来なかったり…
あれはなぜなんですか?
前者は大概ネットを通して知り合った人が彼氏です
前者のような汚い女に途切れることなく彼氏が出来て良い子に彼氏が出来ないなんて不公平じゃないですか?

171 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 17:04:05.88 ID:nCKSxfHY
ブランドだとかに群がって言った男が女の性格悪さにすぐに振ってるだけなんじゃ

172 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 17:05:39.45 ID:dWBfF8SU
>>168
夫に相談するのが先だ

素直でいればそれでいい
それだけでいいんだ

>>170
近寄り易いってのは大きい

不公平でもない

173 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 17:10:30.15 ID:pH2wnlEt
>>170
自分が性格が悪いと思っている人が、他人にとって性格が悪いとは限らないからね。
服装とかを含めた容姿の好みも人それぞれだし。
来るもの拒まずなら、彼氏くらい取っ替え引っ替え出来るのものだよ。
あとエッチさせてくれそうな女は、それ目的で男は寄ってくるよ。

174 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 18:45:43.34 ID:E+BudSPx
>>170
類は友を呼ぶ
性格が悪い人間には性格が悪い人間が寄ってくる
見栄張りには見栄張りが寄ってくる
ものすごく公平だと思うよ

175 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 19:59:59.10 ID:Rq9Cr8pk
>>168
人付き合いが上手になろうなどと思わなければ良いのじゃ。
おぬしが無口でつまらない人間でも誰も迷惑しないのじゃ。
無理に面白い事を言おうとせず、怒らず、、悲しまず、ただ素直に誠実に他人と接したらいいのじゃ。

176 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 20:34:35.14 ID:c28qnGi9
30代前半の男。彼女ができません。
勉強や仕事やお金や健康には不満ありません、バリバリ頑張ってそれなりに評価もされています。
恋愛だけがからきしダメです。

どうすれば彼女できるか、というよりも、心の平安とか、コンプレックスを感じない、
いてもいなくても構わない境地、みたいな情態を求めています。
アドバイスお願いします。

177 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/25(月) 20:47:38.48 ID:Rq9Cr8pk
>>176
そういう時代なのじゃろう。
お見合いをお節介する年輩もいなくなってしまったのじゃ。
童貞は遺伝しないから安心するのじゃ。
なるようになるだけなのじゃ。

178 :◆C8utSR9LI6 :2013/03/25(月) 20:57:12.49 ID:K2uPp5Rb
>>176
オナニーでも風俗でもいいけど、性欲の処理さえ出来てたらさ、誰だってわざわざ好きな人を作ろうとはしないものだから大丈夫だよ
彼女が欲しいと思えない自分に不安だったんでしょ?
安心して下さい

179 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/25(月) 21:03:10.43 ID:7EwerK0G
>>168 同世代や年下と仲良く出来ないという事はおぬしは保護者を求めるタイプのようじゃのう。
 人と人との付き合いは、家族関係が基本となって居る故に、保護者になるタイプとか、保護者を求めるタイプとかがあるものじゃ。
 自分のタイプを知り、それと合う者と付き合うようにするのじゃ。
 おぬしは保護者を求める者であるから、保護者になりたがる姉や兄タイプの人を探して付き合うと良かろう。
 
 旦那は人付き合いが狭いとかは気にしないじゃろう。
 逆に浮気されなくて良いとか思うかも知れん。
 特に嫌われるような欠点ではないのじゃ。

>>170 話が上手かったり、コミュニケーションの能力が高いと彼氏も出来易いのじゃ。
 水商売でも顔形や性格よりも、話が上手い者が売れると言う。
 男も女も異性の承認や肯定を必要としているものじゃ。
 誉めてもらいたいのじゃな。
 それ故に話が上手い、誉めてくれる者に魅力を感じるのじゃ。

>>176 それもコミュニケーションの問題じゃのう。
 今は話し方教室とか、人を動かす方法が書かれた本とかいろいろあるから学んで見るのじゃ。
 そのような事も学べば身につくのじゃ。
 それによって異性の友達を10人ぐらい作ったりするとコンプレックスも無くなるじゃろう。
 女子と仲良くする方法は女子に聞くのが一番なのじゃ。
 真面目に学ぼうとすれば女子も答えてくれるじゃろう。

180 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/26(火) 06:53:18.24 ID:5GqGnR48
>>172 お前のあだ名はこれから ま だ 

181 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/26(火) 10:02:51.86 ID:0O5XW+wO
毎日いつでもまだ起きてないことをマイナス方向に先読み不安感に陥っています
この性格はどうやったら直りますか?
また改善策などあったら教えて頂きたいです

182 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/26(火) 10:31:38.01 ID:/8BCxcPS
>>181
生活リズムを自然のリズムと合わせる。
短期でいいので計画を立てる訓練。
周りの人の言葉に流されず対立せず、自分の意思を
通して一貫した行動を取る訓練。

以上です。

183 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/26(火) 10:42:48.42 ID:3EqiupyR
>>181
不安に思っていることをすべて紙に書き出し、
事実でなく、想像が元になっている部分は2重線で消す作業なんてどうだろう?
何度も繰り返すうちにその馬鹿らしさに気がつくかもしれない

マイナス思考や不安を抱えた人間には、邪悪な者がわらわらと寄ってくる
一刻も早くその状態から抜け出そう

184 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/26(火) 10:47:12.86 ID:0O5XW+wO
>>182
それが出来ないから悩んでいるのです

>>183
それはいい方法ですね!早速試してみます

185 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/26(火) 11:11:21.51 ID:SzxzemKM
>>176
意識しすぎて上手くいかない場合は多いな

仕事が上手く行ってるなら同じメソードで恋愛にあたれ
とはいえがっつくな
女の身にもなろう

>>181
何かの目的を成功させる為には必要な思考だ

マイナス方向のついでにプラス方向と対抗手段も考えよう
制限時間はまずは10分だ
じょじょに時間を減らして行こう

186 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/26(火) 21:49:33.52 ID:TeWQVh1n
心と体を一致させる必要はない
体は法律に従って行動しなければならないが
心は大宇宙、涅槃にジャンプすべきなのである

187 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/26(火) 21:54:30.07 ID:H0DsG46j
>>181 それはおぬしだけでなく、多くの者が陥る不安の仕組みなのじゃ。
 過去に起こった事や記憶した事を未来にあてはめて、不安というものが起こるのじゃ。
 そのために全く記憶に無い事は、不安にならないのじゃ。
 例えばゴリラが空から降ってくるとか、そんな不安は起こらないのじや。
 それが起こる度に、これは記憶から起こるものであると、気づけば直ぐに消えるのじゃ。
 或いはもっと不安を大きくして、空から飛行機とか、ゴリラがふってくるかもしれないとか、おおげさに想像すると笑い話になって消えてしまうのじゃ
 そのように常に不安が起こる度に消していけば、それが習慣になり、性格になるじゃろう。

188 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 07:23:33.64 ID:M2//RIO0
会社から突然電話があり「新入社員を代表して作文を書いて読んで」と言われました。入社式は明日です。あまりにも急すぎるし私は人前に出ると声が震えるので読みたくないです。なんと言ってお断りすればいいですか?

189 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 07:30:41.66 ID:9hc7H7Zl
>>188
おぬしが優秀だから選ばれたのじゃろう。
優秀な者の宿命なのじゃ。
おぬしが立候補したわけでもなく頼まれたのなら、
ご要望にお答えしておぬしの美声を大いに「聞かせて」やったらよかろう。

190 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 08:38:08.85 ID:X3n8US6o
>>188
逃げることばかり考えてはいけない
精一杯努力して失敗したとしても人間的には必ず成長できる
何も恐れる必要はない
検討を祈る!

191 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 08:39:51.72 ID:X3n8US6o
○健闘 ×検討

192 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 09:01:50.89 ID:M2//RIO0
>>189-190
あまりにも声や身体が震えるのでそういう第一印象を持たれるのが怖くて…
なんとかして断りたいのですが

193 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 09:15:03.61 ID:7haXD1fk
俺も朝礼で前に出て話すだけで声が震えたりひっくり返ったりしてたから気持ちは分かる。
アル中か?とか言われたりしたしね。

正直に理由を話して断ることは出来ないの?
断ると今後仕事しにくく成るんじゃ無いかとか考える必要は無いと思うよ。
それでもやれと言われたら、もう開き直ってやるしか無いよね。

上手くやろうとか思うと余計震えたりするので、声の震える状態が自分の
普通の状態なんだと思ってやるしか無いと思う。
あと、他人はそれ程気にしないと思うよ。

194 :◆C8utSR9LI6 :2013/03/27(水) 09:21:29.34 ID:XcWjToC8
>>192
今回逃れることが出来ても、この先いつかバレるんだから諦めて、震えた声でスピーチしましょうよ
それに、入社して顔見知りが増えてからよりも、知り合いが少ない内に人前に立つ方がマシだよ!

先ずは、断り文句を考える前に作文を仕上げてみてはどうですか?

195 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 09:27:19.58 ID:X3n8US6o
>>192
そういうプロじゃないんだから、誰だって同じ状態になるよ
それでも断りたいなら理由くらいは自分で考えること
何事も自己責任
甘えるんじゃない

196 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 11:08:41.84 ID:mJaCFmVa
そういう時はむしろ甘えた方がいい。知り合いに相談すること。
やるにしろ、断るにしろ、まず相談して考えを整理すべし。

197 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/27(水) 11:36:32.91 ID:70fu8X7Z
>>192
大丈夫。心配するな。なんとかなる。

198 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 11:37:14.55 ID:VF8fa5bO
>>169さん>>172さん
>>175さん>>179鬼和尚さん

>保護者を求めるタイプ

自覚はないのですが、周りの人に良くお世話してもらったり
構われたりが多いので、そうかもしれません。 

ありがとうございます。色々と考えすぎていました。
彼には伏せておこうと思ったのですが、きちんと
打ち明けて、あとは無理せず自然体・聞き上手でいようとおもいます。
ありがとうございました。

199 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/27(水) 19:48:16.90 ID:XH39ugAT
>>188 そのまま正直に言えばよいのじゃ。
 あまりにも急すぎるし私は人前に出ると声が震えるので読みたくないです。と、言って断るのじゃ。
 正直が最高の戦略であると誰かが言っていたのじゃ。
 正直に言えば言葉にも力が篭って意志が通るのじゃ。
 
>>198 どういたしまして、またおいでなさい。

200 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 20:41:37.85 ID:kfqyA516
鬼和尚さん・・私はわけあって今、隠居生活みたいな生活をしています。
自分の悪いところをなおそうと、1年間ほど仏教の考え方を少し生活にとりいれてみたのです。
結果、悪いところは矯正されて、良かった点もあるのですが、
少しだけ考え方が「老けて」(あきらめに似た感情)しまったような気がします。

鬼和尚さん、最近私は、「若い」(野心をエネルギーにしたり、人に反抗したりすること)
ことは、たまに愚かなことをするであろうけれども「いいこと」なんだな、と思うようになりました。
そういう自分の「我」を出せる人を横目で見ていて、「いいな」とか「うらやましいな」と感じるようになりました。
むかしは、愚かだったころの私は、「我が強い」なんてよく言われたものです・・
でも、愚かさを消沈させたはいいけれど、「我」まで消沈してしまったのが今です。
最近の若者は「悟り世代」なんていって、なんか物欲とか性欲とか少ないようです。
色んな経験もまだしてないのにそんな欲がないなんて、とちょっと心配してしまいます。
なんかそれに似たようなものを、今自分の中で感じています・・

悟るということと、「なにくそ」と思う「若さ」がなくなることって、どう違うのでしょうか
若いうちから悟っていては、これほどつまらないことはないと思うようになりました・・

201 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 21:02:39.22 ID:h/aXajW6
そうです 一生バカのままがいいのです。

悟りは人生のわなです。
面白い人生をつまらないものにするのです。

202 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 21:11:35.03 ID:kfqyA516
>>201
いや、仏教はいい道だと何度もおもいます。
でも、私はもっと泥に汚れてから悟ったほうがいいのかと・・。

203 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 21:51:36.18 ID:auU0E01G
一生バカなままいられればいいけどたいがい自分のバカさに気付いてしまうんだよ。
そのために仏教ってあるんだろ?

204 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 21:53:36.66 ID:nIc0mlL4
はぁ?

205 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 22:05:03.89 ID:auU0E01G
きっと愚かでない我なんてないのだろうから心配しなくていいと思う。

206 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/27(水) 22:14:40.70 ID:HTOwMlk7
個人ってのはすべてバカなんだよ
真の知性は個人を超えたところにある

207 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 10:08:05.69 ID:p+Eo810D
結局何にもならんけどな

208 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/28(木) 12:00:23.91 ID:fM6PLpmI
>>202
つまらないと感じるということは今は色々と我慢しているだけだからでは?
それだと例えば人前で行儀良くできたとしてもストレスがたまってしまって
長続きしないし健康にも悪くあまり良い結果にならない。同じ行儀良くするので
あっても全く何の我慢もすることなく実現しない限り続けることは出来ない。

209 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 13:58:17.05 ID:D75KI/Mi
そりゃ偽は堪え性がないから早漏なんだろ

210 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 14:12:45.37 ID:M+8LjjJc
無気力と悟りは全く違うものなんだけどなぁ
物欲や性欲を抑え、そのエネルギーを別の形に変えて行くこと
をしてるんだろうか?
忘己ばかりを強調して、利他を実践しない(=喜びが得られない)
そりゃつまらなくもなるだろう

211 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 14:19:50.25 ID:KqonhGTV
いわゆる嫡出子と婚外子の相続差別などについてどう思われますか?
子どもには罪がないと思いますが、嫡出子と婚外子に全く差がなければ、
不倫や愛人を公式に認めたようになり、社会の秩序は低下すると思われます
どうあるべきでしょうか?

212 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 14:34:51.83 ID:Da1RxBcF
感情が溢れ出て暴れだしてしまいそうです。
どうすればいいのでしょうか?

213 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 14:36:40.90 ID:M+8LjjJc
まず結婚制度が要らない
家や血縁を重視するから、他の者に対して排他的になる
結婚制度がなければ不倫も愛人も問題にならない
惹かれあう2人が同じ時間を過ごし、離れる時がきたら離れるだけ

214 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 14:40:45.62 ID:M+8LjjJc
>>212
ストレスがたまってるのでは?
とりあえず、深呼吸・自然の中を散歩する・入浴などで気分転換を

215 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 15:01:27.17 ID:KqonhGTV
>>213
大人同士はそれでいいとして、子どもはどうするのですか?
親ではなく、国が育てるとか?

216 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 15:02:33.34 ID:M+8LjjJc
>>215
社会が育てる

217 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 15:47:38.78 ID:1w3p5+oK
>>208
たしかに「我慢」はしてると思います。
>>210
欲を押さえて別の形に、ですか・・
去年から、ボランティアを考えていたのですがまだ精神的なものがアンバランスで閉じこもっていました。

その生活も「つまらない」と感じたってことは元気も出てきたってことだと今思いつつあります
ですからその通りだと思います。
そのときが来てるようです

218 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/28(木) 18:58:08.19 ID:M+8LjjJc
>>217
堅いつぼみだったのがようやく開花目前というとこかなw
日常の些細なことからで構わないんだよ>利他
誰かの役に立つことで喜びを得る
それが精神的なバランスを回復するのに役立つと思う
軽い運動も忘れないで
あまり気負わず、体と相談しながらゆっくりね

219 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 12:02:39.88 ID:rh7bjQIx
>>210 「もう、こりた」が悟りの合言葉

220 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 12:08:26.06 ID:rh7bjQIx
>>211 子供には罪がある。正妻腹から出てこなかったという罪がある。
  胸張って本家筋の人間と言えない非がある。
  本来相続できる身分じゃない。
  それを、実の子だから…と惻隠の情で百分の一も恵めば十分なものを
  なにを考え思っているのか、まさに身の程もわきまえず
  相続の権利がある、半分よこせ、などと言う。
  これはもはや人間の所業ではない。非人である。
  そもそも不道徳の行動の結果として生まれてきた存在は不潔である。
  人の目にさらしてよいものではない。
  妾の腹から出てきた分際で、一人前、同等、という発想はきちがいである。

  百分の一ほど渡せば妥当である。
  
  

221 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 12:13:32.57 ID:rh7bjQIx
>>211 もっと本質に踏み込もう。そもそも正妻以外に他に子供をもうけるような
 ふざけた男の財産など、法的に守る意味があるのであろうか?
 そのような反社会的な存在を認めることはよくないことである。
 当然、財産没収が妥当で、財産がないのだから相続も起こらないとするのが
 明快論理解決である。

222 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 13:03:19.43 ID:awAAI/8w
アホか、民法上嫡出児の2分の1の相続権があるってのに何ぬかしてるんだよ。

223 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 13:33:05.80 ID:gQcKkFcK
結婚・財産

それらは元をたどれば単なる執着であり所有欲
動機が不純なのだから、そこから派生した問題だけに対処しても焼け石に水

224 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 13:46:41.08 ID:rh7bjQIx
222は少なくとも悟りの住人ではない

225 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/29(金) 14:07:14.87 ID:JbUPuXjU
>>211
それは時代によって変化するようなものなので何が正しいと固定的に考えることは出来ないと思う。
今の時代は結婚や家の考え方が緩んだり変化したりしてはいるが田舎ではまだ昔のままかも
知れないし、一律にどうすべきかとは本当は言えない筈。法律についてはしょうがないから保守的に
昔の状態を反映した形にしておけば田舎の方までカバー出来て丁度よくなるのかも知れない。
それと相続については遺言で変化させられる筈で、そこまで考えたら法は有って無いようなものだ。

226 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 14:07:44.23 ID:awAAI/8w
何だ悟りの住人って、ならお前は莫大な財産を相続する権利を得ても
放棄出来るんだな?

227 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 14:09:09.89 ID:awAAI/8w
>>225
アホか。遺言でも効力が及ばない遺留分が有るわ。

228 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 14:09:10.75 ID:gQcKkFcK
出来る

229 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/29(金) 14:09:57.68 ID:JbUPuXjU
>>227
そうか。じゃあ後の話は法律に詳しい君に任せよう。

230 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 14:13:03.53 ID:awAAI/8w
大体 ID:rh7bjQIx は、嫡出子と非嫡出子を差別してる時点で
悟りから程遠いだろう。
この社会で生きてるなら、社会のルールに沿って生きるのが当然の話だ。

231 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 14:29:17.07 ID:rh7bjQIx
>>230 >嫡出子と非嫡出子を差別してる時点で
     >悟りから程遠いだろう。

差別しないのが悟りなのか?
ほぅ・・・
それは、なぜ?

>この社会で生きてるなら、社会のルールに沿って生きるのが当然の話だ。
質問は、そのルールがおかしいんじゃないか?という問いなんだが…
君は、ルールに異を挟むな!といいたいわけかい?

ちなみに、君が悟りの住人でないのは、世俗の価値を絶対と決め付けて
その現実から離れる気配がひとかけらもないから。
悟りの住人がよいわけではない。
世間の規則に従って安楽なら、それがよいよ。

232 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 15:27:29.33 ID:VhKH1O9w
>>211
何も
自由にしろ
法の強制も考えてな

>>212
少しは純に我慢するんだ
その辺走れ

233 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 16:28:59.90 ID:awAAI/8w
>>231
アホか。なら差別するのが悟りの住人かよ

234 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/29(金) 16:39:48.22 ID:awAAI/8w
>>231
>質問は、そのルールがおかしいんじゃないか?という問いなんだが…

質問は嫡出子と非嫡出子の相続の差別をどう思うかって事だ。
それに対し君は、もっと差別すべきだと言ってる。
加えて法的にどうのこうのとか、反社会的な存在とか、どっぷりこの社会の中のルールに
当てはめて考えてるだろ。

俺はルールに異を唱えるなと言ってるんじゃ無くて
君がアホだと言ってるんだよ。

235 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/29(金) 20:31:54.29 ID:F/xLTNml
昨日は忘れていたのじゃ。すまんのう。

>>200 それは諦念とか呼ばれる諦めの境地のようじゃ。
 悟りではないのじゃ。
 何でも諦めずにやってみたら良いのじゃ。
 そのような諦念もまた心の習慣によるものに過ぎないのじゃ。
 野心を燃やし、我を張っていれば直ぐにそのような性格が戻るのじゃ。
 何でも試してみればよいのじゃ。

>>211 社会の秩序より子供の権利を優先させれば良いのじゃ。
 弱者を守るのが社会の存在理由なのじゃ。
 弱者を守れない社会は衰退していくしかないのじゃ。
 存在する理由が無いからのう。

>>212 その原因を探すのじゃ。
 原因が心にあるのか、体にあるのか探すのじゃ。
 心だけでなく、体も病気とかストレスで暴れたくなる事があるからのう。
 原因を探し出して、直してみるのじゃ。
 

236 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 09:19:43.78 ID:pjTSUvUf
私たちが悪い事をした人を悪人だと呼ぶのは、
私たちがその行為を自分の感性に擬似的に当てはめて、
自分がもし仮にそれをやる時の動機を想像した結果として、
その行為には悪意があるはずだと決めつけているからに過ぎないと思います。

つまり、他人の悪意が理解できるのは、
自分自身にもそれと同じ悪意があるということです。
例えばやたらと大金を稼ぐ人の人の事を「金の亡者」とか「汚い強欲者」
だと言うのは、
自分自身がそういう風にカネというものを捉えているという事を
他人に宣言してしまっていることになるんじゃないでしょうか。

ホリエモン仮釈放を観て、そんなことをふと考えました。

237 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 09:53:05.53 ID:mCN6e+lo
自分の良心と他人の良心は同じものではない
ある人には善だと思えることを、別の人は悪と判断することもある
良心に従って行動している限り、他人がどう言おうと気にすることはない

ちなみに労力に見合わない報酬を得ることは勧めない
ホリエモンもそうだと思うけれど、そういった報酬は誰かの犠牲がつきもの
必ずカルマを清算する時が来る

238 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 10:11:49.97 ID:h1z6kQVq
報酬を得るには何らかの犠牲がつきもの。
どんな仕事もある一面から見れば誰かの役には立っている。
ホリエモンの場合は、意図的に粉飾決算をして株主に被害を及ぼした。
労力云々の問題では無い。

239 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 10:35:57.75 ID:mCN6e+lo
誰かの犠牲(ここで言いたいのは、怨念)の上に成り立った報酬を受けるなということ
あとは個人で判断してくれ

240 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 10:41:52.40 ID:PklPcnfB
ホリエモンの粉飾決算って罪になるほどのことか?
あんなんで刑務所行きなら企業経営者全員
行かないと変じゃね?

241 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 10:42:52.21 ID:PklPcnfB
怨念の上に成り立たない経済活動なんかあるかよ。

242 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 10:49:25.06 ID:mCN6e+lo
私利私欲を追及している限り怨念だらけだろうね
それらを埋め合わせる善行をするしかない

243 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 10:53:12.19 ID:h1z6kQVq
連結で53億粉飾してたのに罪にならないとか、どんな感覚してるんだ?
上場企業が株主に開示する有価証券報告書を粉飾して作成するのと、
個人経営に毛が生えたような同族会社が銀行から融資を受けるために
申告とは別の決算書を粉飾して作成するのとでは罪の重さが違うのは当然。

244 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 11:01:04.05 ID:h1z6kQVq
>>242
私利私欲を追求しない経済活動なんか無い。
そういうのは国や公益公共法人が行うべき活動だ。

怨念云々言うなら、真っ当な競争に負けたとしても恨む人間は恨むものだし
正当な手段を使った競争と、違法なものを同列に語るものではない。

245 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 11:05:54.03 ID:h1z6kQVq
>>243
×上場企業が株主に開示する
○上場企業が一般に開示する

246 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 11:13:14.55 ID:mCN6e+lo
競争なんてする必要がない
経済活動も本当は必要ない
慈悲だけで成り立つ社会が理想

とはいっても、この不完全な世界ではお金がないと生きていけない
だからその判断基準の話をしたまで
違法かどうかを判断基準にすべきと思うなら、あなたはそれで構わない

247 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 11:39:30.89 ID:g6nROIPP
>>236
それは意とは呼ばん
定義にすぎんよ

248 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 11:44:20.22 ID:h1z6kQVq
>>246
ならその慈悲だけで成り立つ社会というのを具体的に提示してみなよ。

249 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 12:50:51.21 ID:3BZhRsBQ
2ちゃんねるも慈悲でできています

250 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 13:13:04.46 ID:pjTSUvUf
>>237
私もそう思うのです。
ホリエモンが想像を絶するほど純粋な心の持ち主で、
九州の田舎から東大に一発で受かる驚異的な勤勉性と集中力を持ち、
他人が窺い知れないほどの地のにじむ努力を重ね、
想像を絶するほど慈悲深く真面目な人間だという可能性は大いにあると思うわけです。

彼がお金を稼ぐ事は善であると心の底の底から信じ、
すべての愛する者や人類を幸せに導くと信じているのだとすれば、
どんな際どい金融取引をも純真な心で邁進できるのも納得がいくと思うのです。

もしそれが違法だったり、カルマのアンバランスを起こす行為であったとしても、
それを強欲とか亡者だと呼びたくなるのは飽くまで私たちの邪念に過ぎないのではないかと。

251 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 13:20:47.13 ID:0HSYkXSl
今、日本国内では、「戦争」が勃発している。その「戦争」とは、「女性」対「男性」の戦いである。

この「戦争」を仕掛けてきたのは女性であり、「女性は差別されてきた」あるいは「女性は差別されている」
などと称して、「聖戦」気取りで、際限のない「女権拡大」を目指している。
一方、男性にとって、この「戦争」は、自分たちの(当たり前の)権利を守る防衛戦である。

もし、あなたも、「今、内戦が起こっている」との認識をお持ちであれば、是非、私らの「戦い」に
参加していただきたい。この「戦い」は、むしろ、私ら(男性)にとっての「聖戦」である。
http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555

252 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/30(土) 16:14:57.80 ID:+OaFp9A4
>>236
人間は自分の欲望を満たす行為を妨害した人のことを「悪人」と呼んでるだけでは?
だから自分の欲望が大きければ大きいほど世の中は悪人だらけに見えてしまう。

自分のしたことに罪悪感を持つ場合もあるけど、これは自分の欲望を自覚できた場合だと思う。
自覚できた時は欲が既に消えているので罪悪感になり、やり過ぎたかなと反省することになる。
自覚できていない場合は欲望を正当化しているから反省はない。むしろやり方が足りなかった
のではないかと逆方向に「反省」してしまったりする。

253 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/30(土) 20:54:39.92 ID:p/oaQDgy
>>236 そのような事もあるじゃろう。
 ニュースなどはそのような共感でなりたってるようなものじゃ。
 罪の無い者だけが石を投げるられるとなれば、誰も石を投げられないのじゃ。

254 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/30(土) 21:45:20.58 ID:mCN6e+lo
>>250
邪念というより無知だね
カルマを受けるとしたら、それはそれを作った本人であって
その法則に同情も批判も必要ないということを理解していない
批判をする人間は、その行為が新たなカルマをせっせと作っているという自覚もない

255 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 05:46:55.74 ID:2ejaxl2R
なんにもしたくありません
目が覚めるのが嫌です
死にたいですが死神に嫌われてます
私の原動力は怒りと呪いです。

何か一言下さい

256 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 09:00:06.24 ID:+pUqCQd5
自分が放った怒りと呪いのせいだと思うよ

257 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/31(日) 09:59:29.12 ID:L/jDhQGg
>>255
何もしたくないのであれば、本当に何もしなければ良い。

しかし物理的に体をじっとさせていても心は動いてしまうだろうからそれも停止させないと完全に何もしていないことにはならない。
スポーツ関係ではイメージトレーニングというのがあるが、それと同じで心の動きは身体的なものにも少なからず影響を与えてしまうから、
単に物理的に体を動かさないだけでは「何もしていない状態」を実現することはできない(何もしていない筈なのに疲れてしまう事があるのはそのためだ)。

ということで、本当に何もしていない状態に一時的にでも移行させるために瞑想等をやってみると良いと思う。
他にも色々とリラックスするための方法はあるので探してみたら良い(自律訓練法とかね)。

258 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 10:04:24.67 ID:eAhlL+L2
何か変な奴が居ついたようだな。

259 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 15:29:20.33 ID:Oj1mG7bc
人にコントロールされている、と思ったとき、相手が本当にコントロールしていて自分側にも
コントロールの要素があって反応している場合、相手はコントロールしていないが、自分のコントロール
権を脅かされたように感じて自分で自分を縛ってコントロールされているように相手に責任転嫁している
場合、相手がコントロールしようとしていて自分側にはコントロールの要素が特にない場合、などあると
思います。
場合によって苦痛を感じたり感じなかったり、その場の解決方法が変わると思いますが、本当の解決方法は
悟りですか?つまりコントロールの全放棄、自我の明け渡しです。それって難しい事ですが。

260 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 15:34:04.27 ID:Oj1mG7bc
難しいようでやってしまえば簡単かもしれないけど・・。??

261 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/03/31(日) 16:06:06.23 ID:L/jDhQGg
>>259
悟れば完璧だと思うけど、悟らなくてもある程度はなんとかなると思う。要するに自分が何かを求めていると、
それに振り回されて結果的に供給者にコントロールされてしまうだけのことなので、自分が何を求めているかや
それを求める理由を把握しておけばかなり防止出来るんじゃないかな。この時「人間はこれを求めるものだから」
とか「本能だから」などと考えて常識的な所で追求を止めて思考停止させてしまわないことが大切だと思う。

262 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 17:07:30.64 ID:jV5B6GFF
ありきたりな質問で申し訳ないんですが、仕事を嫌う人が多いのは何故なんでしょう?
こう書いてる当方も良いイメージがあまり湧きません。

263 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 17:41:22.15 ID:s4ZACgPK
多くの人にとってしないで済むものならしないで済ませたい類のものだからじゃないか。

264 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 17:45:30.18 ID:GYVyXawf
偽和尚がどんな回答するのか興味深いな たぶんいちどもしたことがないはず

265 :◆C8utSR9LI6 :2013/03/31(日) 17:58:45.56 ID:/MDLgxvj
>>262
仕事は辛いものっていう定説が、そう言わせることに対しての罪悪感を緩和しているから
誰だって毎日歯を磨くのも本当は嫌いでしょう?
ただ、虫歯になったり不潔であったりするから人前では言えないのであって
その証拠に、人は時々「毎食後に歯磨きします!そうしないと気持ち悪いんです!」なんて、サラッと言ってる振りして
凄く誇らしげだったりするでしょう?

仕事も歯磨きも同じなんです
ただ、歯磨きは嫌いと言えば、総スカンを食らうけれど、仕事は嫌いと言っても叱られないってだけなんです
直属の上司以外にはねw

266 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 19:30:05.86 ID:GYVyXawf
おまえ歯磨きして給料もらってんの

267 :おさかなくわえた名無しさん:2013/03/31(日) 19:48:20.21 ID:HQJ2hmb0
人間なんて軽く見とけばいいんだよ
しょせん枝葉にすぎないんだから
大本、根本の真我を重視せよ

268 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/03/31(日) 21:05:01.06 ID:Wv8aP7L2
>>255 死ぬくらいならば怒りと呪いを捨ててみると良かろう。
 いきなり慈悲深くなれはしないが、せめて怒りと呪いが無いようにするのじゃ。
 その代わりに感謝できる事を探せば、世界も変わるじゃろう。

>>259 悟りを得ればコントロールされる己も、コントロールする他人も居なくなるじゃろう。
 自分と言うものがあり、自分を守らなければならないと思っていれば明渡しは難しいじゃろう。
 本当に明渡しが出来れば、悟りも訪れるじゃろう。
 
>>262 元々仕事とは苦しかったり、難しかったりする事を金を出して他人にやらせるものであるからのう。
 苦しかったり難しかったりする事を長時間やらなければならないから、嫌いな者も多いのじゃろう。
 楽しくやる方法もあるが、好きでなければ難しいのじゃ。

269 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/01(月) 02:42:10.09 ID:8CrQreoc
>>264
何を? 仕事を? しかし普通のサラリーマンなのだが。

270 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 04:09:59.26 ID:C3MzjJwk
>>262
やらされてる感が嫌とかじゃない?
昔先生に、もっと遡って親に、そして人生そのものに、「こうしなさい」と押し付けられているように感じたとかね
自分のやりたいようにやりたいのようというワガママが通らなかったなど、感情的に嫌なイメージが残ってると、それに連想されること(仕事とか)も、同じ嫌なイメージを持ちがちだよ
でも本当は無常だから、同じわけないんだよね
ただの勘違いですわ
嫌だなあってのは、自我に騙されてるのさ
もしくは、人々に言われた仕事のイメージや、人々の仕事に対する態度から、「仕事って嫌」という思い込みを作ったとかね

頭の中で「嫌」って、言葉で考えますよね
で、嫌って感情も出てくる
頭の中で言葉で考えてるのはあなたではなく、自我なので、「ハイハイ嫌なのね」ってよしよししてやれば楽になりますよ
自我を自分だと勘違いしなければ、嫌な感情も湧かないです
固定観念はハイハイって流しちゃえばいいですよ
考えを「自分の考えたもの」だと勘違いしなければ楽です
仏教の「執着すんなよ」って、覚えやすいし万能ですね
困ったら「執着しない」でたいていなおりますよ

271 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 07:20:49.64 ID:zrgPMWal
普通のサラリーマンは日中から2ちゃんねるにカキコしない

272 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 08:52:36.04 ID:Iu6DPNsc
そうでも無いと思うぞ
日中パチンコやってるサラリーマンがあれだけ居るんだからさ

273 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/01(月) 09:35:53.77 ID:8CrQreoc
>>271
平日の昼間の場合は空いた時間に携帯から書いたりすることがあるが、それが何か?

274 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 12:24:00.86 ID:DvaCSrO8
悟りを開けばブラック企業などで精神的なパワハラや陰湿なイジメにさらされ続けても
動じずに和やかに生きられますか

275 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 12:33:06.85 ID:G4ok33aY
>>255
生き方変えれ

>>259
いや
難しくない

処理に終始しよう

>>262
強制され
手に負えないからだ

>>274
悟らなくても大丈夫だ

276 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 12:55:35.73 ID:Aa/fYs5q
>>274
本当に悟ったのであれば、その状態からはやがて解放される
その体験を必要とする段階ではなくなるからね

277 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/01(月) 15:30:19.60 ID:UG45riID
>>274
そうなるとは思うが、そこに勤め続けようとしなくなるかも。執着心がなくなってるから。
但し、慈悲の心が起こって勤め先の人を哀れに思い悟りに導こうと思った場合は留まるかも知れない。

涅槃に行けるのに留まって教え続けた釈迦みたいなもの。

278 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 18:53:16.56 ID:zrgPMWal
おまえサラリーマンのくせにひますぎだろ どこのリストラ部屋だよ

279 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/01(月) 19:31:31.85 ID:8CrQreoc
>>278
仕事の忙しさは日によって違うんだが、それでは何かあなたにとって都合悪いことでもあるのかな?

280 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/01(月) 19:52:57.74 ID:zrgPMWal
今日が何の日だかしらんのか 年度初めにヒマしてるリーマンなんてろくなやつじゃねー 

281 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/01(月) 19:57:00.80 ID:4TVKo2a6
>>274 動じないじゃろう。
 その前にブラック企業などは辞めるじゃろう。
 自他の利益にならない企業に勤めても意味は無いのじゃ。

282 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:8) :2013/04/01(月) 20:22:22.80 ID:5lXd2xnT
tes

283 :274:2013/04/01(月) 22:23:31.15 ID:DvaCSrO8
みなさんありがとう。
なるほどブラック企業に勤め続ける方にも問題があるのかもしれませんね。

284 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/01(月) 23:24:28.46 ID:8CrQreoc
>>280
あなたは仕事には色々なものがあるということが想像できない人なのかな?

285 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/02(火) 07:49:29.61 ID:K6Tlmz2S
はいはい 前世でチベットの公務員だったり大学非常勤講師だったり色々だわな

286 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/02(火) 08:26:08.66 ID:W9FQYimT
長文で無ければ5分もあれば十分書き込める。
持ち場を離れられない工場とかで働いてたとしても、休憩時間は有るだろうし
仕事した事無い奴が偽に因縁つけてるとしか思えないな

287 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/02(火) 09:36:38.80 ID:xT2aehxC
>>285
大丈夫かい?

>>286
そんな感じするねえ。あるいはブラックな所にしか勤めたことがなくて休憩時間があることすら
想像出来ないのかも知れないね。

288 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/02(火) 10:05:20.54 ID:0Zg7bCYg
偽和尚って学生じゃなかったっけ
いつから社会人になったの

289 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/02(火) 10:07:27.42 ID:W9FQYimT
偽は38歳で童貞だが、社会人だ

290 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/02(火) 11:06:55.90 ID:VV2Oov/B
最近の偽和尚の書き込みには何ら問題はないよ。
変なのに絡まれて偽和尚も大変だな

291 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/02(火) 20:56:12.29 ID:VJWB/cnB
>>283 どういたしまして、またおいでなさい。

292 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/02(火) 21:37:31.43 ID:JW2XND1u
人間なんてどうでもいいよw
資産100億あろうが1兆あろうが神から見ればザコ同然だしwwwwwwww

293 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/03(水) 01:11:30.81 ID:I4BgiAZC
歌謡曲のジャンルで美空ひばりを超える存在、
アニメのジャンルで宮崎はやおを超える存在、
は今後出てくると思いますか?

294 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/03(水) 08:04:20.90 ID:tYQoAsBO
先読みに似た概念は、仏教にあるのでしょうか?
最近、自分にこの力の無さを痛感しておりまして。

295 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/03(水) 12:12:18.08 ID:t1WFiIwp
>>294
もう少し具体的に聞いてみたい
どういう状況で何を望んでいるのか

296 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/03(水) 13:41:12.75 ID:vepA5T+x
>>293
万人が認めてるのかどうかはともかく
そのうち出るだろな

>>294
因果応報がそうだろうな

誰しもが思った以上に無力だ
はげもう

297 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/03(水) 20:27:41.46 ID:vkxQXXyM
>>293 出てくるじゃろう。
 これからも多くの者が生まれ、努力するであろうからのう。
 人材の層が厚ければ才能を持ち、努力する者も多くなるのじゃ。

>>294 そのような知的能力を包含するものとして智慧があるのじゃ。
 多くの知識を集め、経験を積めば自然と先も読めるようになるものじゃ。
 歴史や社会の仕組みを学べば、人の生活が繰り返しばかりであるのがわかるじゃろう。
 過去を学べば未来がわかるのじゃ。

298 :龍昇:2013/04/03(水) 20:47:11.89 ID:8lVd81MW
当分ネットすらできなくなりそうだ
TVと冷蔵庫は自ら捨てたが、まさかネットができなくなるとは
もう世界に任せるしかなさそうだ

299 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/03(水) 21:16:09.73 ID:CIBP5uKG
悟りとは程遠い「世俗」のテーマですがぜひご意見をお聞かせ下さい。
下記のさまざまな名誉の中で、もし「名誉の序列」があるとすれば、
どういった序列になるのでしょうか?
結構難しいテーマだと思いますが、御教示下さい
・オリンピック金メダル
・東大主席
・人間国宝
・国民栄誉賞
・ノーベル賞
・紫綬褒章
・園遊会ご招待
・文化功労賞

300 :龍昇:2013/04/03(水) 21:20:54.52 ID:8lVd81MW
それ同じグループだから「人それぞれ」ってなるよ
マズローって人が欲求の階層について説いてるから、そっち調べたほうがいいと思う

301 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/04(木) 08:38:39.75 ID:ujNIQVLl
>>299
自分を認めるのは自分だよ

302 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/04(木) 10:31:28.67 ID:VTWtHDKi
>>299
神仏絡みの名誉はないんだな
人の物は人のモノにすぎん

303 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/04(木) 10:33:40.47 ID:Nvb3jO92
>>300
Mr も波瀾万丈のようだな

304 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/04(木) 11:05:03.95 ID:TTHkkrd9
>>299
一覧を見て思った事

金メダルと首席=絶対評価
それ以外=相対評価

305 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/04(木) 11:12:01.19 ID:ujNIQVLl
金メダルも相対評価なんじゃ?
他の人がいなけりゃ、金も銀もないわけだし

306 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/04(木) 20:17:12.19 ID:F87Ol6Dn
>>298 この機会に修行するト良かろう。
 
>>299 全て同じなのじゃ。
 名誉などは無であるからのう。
 全て0であれば上下は無いのじゃ。
 全て死ねば無くなる無意味なものなのじゃ。

307 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 07:06:08.51 ID:ZJVye5s6
ニート とレッテル貼りされてる人達は、仕事や金銭への執着が弱いから存在するのだろうか。
それとも、しない事に執着してるのだろうか。

逆に定年後も会社勤めをしたがる人達は、仕事に執着して、しない事への執着が弱いのだろうか。

308 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 10:38:27.38 ID:A4VGTWmu
経済的な問題とか他にやることが無いとか色々だろうよ

309 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 11:20:00.19 ID:IueiNGYE
どちらも自己肯定感の欠如が根っこにあるように思う

310 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 11:21:51.25 ID:IueiNGYE
欠如じゃないな
低さだね

311 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 12:25:20.41 ID:39tYGGkr
親が甘いから存在できる

312 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 12:33:15.63 ID:LpqzCTBb
>>307
面倒だから
やる事ないから

313 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/05(金) 15:15:31.39 ID:CDCTTIOM
>>307
執着心があってやってる人も居ればなくてやってる人も居るんじゃない?
違いは変化を怖れるか否か。

314 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 18:58:54.53 ID:PYW12kGw
国民栄誉賞
マラソン優勝で大きな大会で貰えた人と貰えない人がいるのは不公平だし

人間国宝は中身よりコネで選抜されてる気がする

こんなのに何億円と税金が投入されている

315 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 20:05:24.25 ID:A4VGTWmu
金貰えるのが羨ましいって話か?

316 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/05(金) 20:17:54.08 ID:C6g3zuxT
>>307 ニートは心に人が恐いなどの苦があるからそのように存在するしかないのじゃ。

 定年後の勤め人は心に孤独とか不安の苦があるからやらずにはおられないのじゃ。

317 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/05(金) 20:42:27.84 ID:A4VGTWmu
また恐怖を煽って修行しろですかw

318 :307:2013/04/05(金) 23:33:18.83 ID:ZJVye5s6
>>308-313>>316
多様なご意見ありがとう。

319 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/06(土) 05:32:10.52 ID:jcZqMK+e
>>315
話を歪曲する人

320 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/06(土) 10:41:46.78 ID:m04nahbr
最近起きてる時でも夢を見てるみたいに思考にもやがかかっています
睡眠は十分とれている筈なんですがなぜでしょうか

321 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/06(土) 12:18:41.50 ID:uKrh1PT4
バイオリズムと呼ばれるものは誰にでもあるんじゃない?

322 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/06(土) 13:17:15.89 ID:ICEU/c1m
>>320
炭水化物足りてる?
睡眠は長ければ良いもんでもないしな

323 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/06(土) 19:47:14.22 ID:f3Rszso4
>>318 どういたしまして、またおいでなさい。

>>320 疲れているのかも知れん。
 体に疲れは感じなくとも、ストレスが貯まっているのかも知れん。
 脳も使いすぎる疲労するという。
 その場合は少し休むと良かろう。
 或いはうつなのかもしれん。
 肉体の病気かも知れん。
 
 自分の心身をよく観察して原因を追求するのじゃ。
 原因が判れば治せるじゃろう。

 

324 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/06(土) 20:11:49.67 ID:f3Rszso4
ここでは就職に悩む者が多いようであるのう。
 仕事を選び、探すには先ずは自分を知ることから始めるのじゃ。
 それは回り道のようではあるが、実は一番近道なのじゃ。

 誰でも自分が関心の在ることならば、知識も在り、やる気も出て働くのが楽しくなるものじゃ。
 特に好きでもなく、関心もないことならば、知識も集まらず、やる気もなく、働く事も苦痛になるじゃろう。
 
 先ず自分が好きな事を知り、自分の能力を知ってから仕事を選び、探したりするのじゃ。
 それが本当にやる気があり、長く続けられる成功し易い仕事になるのじゃ。
 そのために観察は修行のためだけでなく、仕事を探す役にもたつじゃろう。
 自分を知るという事では、仕事を探すのも修行も同じなのじゃ。

 とは言え例えば誰もが野球が好きなら野球選手になれると言う訳ではない。
 野球選手になれなくとも、野球が好きならば道具を売るとか、いろいろ関連する仕事があるじやろう。
 好きな事に関連する仕事ならば、同じように楽しくやれるじゃろう。

 更に自分に計算の能力があると知ったならば、客はどんなものが梳きかとか、数字によって統計を取り、より多く儲ける事も出来るじゃろう。
 そのように自らの好みと、能力を知り、楽しくやれる仕事を探すのじゃ。
 それが自らを知り、自他の利益を図る道になるのじゃ。

325 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/06(土) 21:02:40.45 ID:y0L/eI/x
止を筋トレとするならば
観は筋肉の仕組みを知る

というような感じに解釈してるのですが、
イメージとしてはあってますか?

326 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/07(日) 00:56:00.35 ID:uY4Z4h4N
鬼和尚さんは病気がこわくないですか?

327 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/07(日) 07:47:44.96 ID:C3DrQCmD
病は気から

328 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/07(日) 20:16:20.69 ID:q4z51y0Z
>>325 少々違うようじゃ。
 観察は主な手段であり、苦を滅し、自我も滅する事の出来るものなのじゃ。
 観察が筋トレで、止はそれが出来るようにコントロールする事と言えるのじゃ。
 
>>326 恐くないのじゃ。
 死の恐れが無ければ病も恐くないのじゃ。
 何時でも死ねるからのう。

329 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/07(日) 23:19:46.38 ID:LAK19bgW
皆さんは日本における皇族の立場についてどういう見解をお持ちですか?
税金で一定以上の生活が保障される反面、職業選択の自由や選挙権、プライバシーなどの
制限があり、皇族を辞めたいと望んでも、本人の意志だけではなかなか通らないという現実。
これは相当に難しいテーマではないでしょうか?

330 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 00:41:34.04 ID:bQB1Zi5+
>>328
治療を観察としたら
治療を行いやすいように器具を取り揃えたりなど
環境を整える諸作業が止のようなものなのでしょうか。

331 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 08:24:00.48 ID:SQpXgliy
>>329
人間は基本的に自由であるべきだと思う
彼らが素晴らしい人間性を持っているなら
皇族でなくなっても人々のお手本になるはず

332 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 10:54:32.92 ID:R/RItEIM
>>325
そうでもない

>>329
特に無い
そうでもない

333 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 13:44:48.95 ID:GSK0s8Sp
>>324 悟りを開いたと自称するほどのものが
 自分探ししろとか、少し前に流行った陳腐なことは言わないでください。
 人が仕事に就くとき、そんな回りくどいことしている人はいません。
 好きなこと、などではなく、できること、採ってもらえること
 それだけです。
 

334 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 13:46:16.15 ID:GSK0s8Sp
>>328 怖くないならとりあえず東京タワーのてっぺんから飛び降りてみてください。

335 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/08(月) 20:53:10.57 ID:tP8Iofzf
>>329 そうじゃのう。一種の人身御供と言えるかもしれん。
 民族統一の象徴として生活は保障されるが、一生自由に暮らせないからのう。
 自分の意思で離脱できるようにするのも必要じゃろう。

>>330 そうじゃ、そのようなものと言えるじゃろう。 
 止によって心を止め、集中力をつけて心を見易くするのじゃ。
 素早い心の動きを観察するには、それが必要になるのじゃ。
 止観によってこそ速やかに悟りに導かれるのじゃ。

>>333 そのように選んだ仕事で苦しむ者に説いたのじゃ。
 おぬしがいつかそれで苦しんだならば、思い出すが良かろう。

>>334 おぬしは犬が恐くないからと言って、わざわざ犬の口の中に手を入れたりしているかのう?
 
 

336 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 22:18:31.85 ID:vhO18ASA
鬼和尚さんを否定するわけじゃないが>>333支援

できるのが当たり前で、自分では取るに足らないことだと感じているかもしれないこと
自分が今やっていることや仕事
が天職と言える

今の現実がベスト
今してることが天から与えられた職(こと)なんだから、とにかくやる
つまらんだの俺はこんなとこでくすぶっているようなやつじゃないだのあーだこーだ判断するのは自我、苦しみだ
今やったらいいことを心込めてしないことが、苦しみの原因だ
こうなったらいいなあと未来(時間、幻想)を考えそれに向かうのは、それはそれでいいけれど、仏教的には苦しみを作っていることだと書いておくのが適切だと思う
仏教と名のつくスレだし

関心のあることって、自我が関心持ってることかもしれない
自我の言う「好きなこと」を叶えることは、自我を強くすること
苦しみを強くすること

仏教的アドバイスをするとしたら
今やってる仕事や面接通った仕事に対し、まわりはどうあれ、自分はベストを尽くすこと
普段の生活でも何でもいいよ
掃除するなら掃除する
掃除しながらほかのことを考えないの
今を楽しむ
心込めてやる、それだけ
滅苦だよ
やることやってれば、好転してく
環境仕事など、変わるものは自然に変わる

337 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 22:23:01.78 ID:z9Wn5YKO
月200時間の残業をしてうつ病になったり自殺したりするひとに、そこでがんばれ
とはいいにくくないか

338 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 22:43:33.98 ID:vhO18ASA
>>337
そういう場合は、どうしてそこまで無理するのかという話になるね
不当だと分かっていながらも、どうして従うしかないと考えるのか
多分、従うしか方法がないと感じてるんだろう
自我は、過去に自分が生き残ったやり方をやろうとする
昔、黙って従うことで何かがうまくいったんだろう
でも昔と今は違う
無常だから、同じ手は二度と通用しない
似てる手を使うとしても、アレンジしないと使えない
同じ手を使おう使おうとごり押しした結果、病気になるのかもしれない
ストレス状態だと、恐怖を感じてるんだよね
生きるか死ぬかなんだよ
怖いから、確実な手を使いたくなる
従うことで生き残ったなら、また従うことで生き残ろうとする
でも、無常だから逆効果なんだ
無常という未知の中に飛び込むのが正解
黙って従うことがパターンなら、仕事を変えるとか、法的手段に出るとか、何か新しいことをすること

339 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 22:51:19.30 ID:z9Wn5YKO
それと心を込めてやる?はどう関係するんだ 結局どっちを選べと言いたいのか自分でも
わかってないんじゃないのか

340 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 23:12:04.03 ID:vhO18ASA
>>339
心を込めてやるってのは、今にいるってこと
掃除するなら掃除する
上の空で何となく掃除するんでなく、丁寧に心込めてやる
同じように部屋が汚れているように見えても、毎日ピッタリ同じところに汚れやホコリが固定されてあるわけじゃないし、気を付けてないと(今にいないと)汚れを見落とすかもしれない

上の空と、前に書いたストレス状態で従うしかないと考えてるってのは、今にいないという点で同じ
ぼやーんとしてるか、考えてることに従うしかないと勘違いしてるか

今、身体がしてることを心込めてやる
それと、
思考という過去の記憶、過去のパターンから出てくる
は、今にいるってので同じ

341 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 23:33:07.70 ID:z9Wn5YKO
たとえば、ひきこもりで社会にでることを恐れている30代半ばの就労経験のない
ニートにはどうアドバイスする?

342 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/08(月) 23:53:57.49 ID:vhO18ASA
>>341
人によって何で悩んでるかは違うからなあ
まあその年で仕事しなくて食べていけてるなら、親にも協力してもらわないとかもしれない
親は子供を守ってるつもりかもしれないけど、親はいつか死ぬし
というか今日これから死ぬかもしれないし
親死んだら子供どうなるの?と思う
親死んだら子供は子供なりにやるかもだけどさ、子供自立させてやるのが子育てだと思う
共依存でなく自立
どっちかが寄りかかってもアレよな

343 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 00:01:20.02 ID:z9Wn5YKO
俺だったらひとことハロワ行けというけどな

344 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 00:19:44.27 ID:fGVkodlA
>>343
いいなそれ
好きだ

345 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 00:38:16.17 ID:0FBIZyrm
>>342
心を込めるとかいまにいるとかはどうした。ひきこもりには通じないのか。

346 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 01:28:52.74 ID:gWJWocdp
舅との付き合いで将棋をやりだしたが、数多くの手筋を知る事で勝てるようになってきた。

人生にも、こういう手筋のようなものがあるのだろうか?

鬼さん宛でお願いします。

347 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 01:33:08.30 ID:A04P+oW0
手筋は経験知の集積だから 先輩にノウハウ学べば、将棋で言う定石を覚えたことになる。

348 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 07:26:53.58 ID:wPbadwDE
悟りは奥が深いから
浅い悟りで満足せずどんどん奥へ進んでいかねばならない

349 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 08:09:51.39 ID:+2/uCAl0
会社に入社して1週間。実際働きだしたら求人票や企業訪問で言われたことと大分違っていました。
私は事務課の求人に応募し採用されたはずなのに営業課に所属させられました。
仕事内容ももちろん大幅に違い先輩方はずっと座ってお喋りをしているのに対し私はお昼休憩以外は立ちっぱなしです。
私が今している仕事はデスクワークで本来座ってするはずなのに机を用意してくれず棚の上で書き物などをしている状況です。
中休憩が15分あるのですがなかなか指示が得られないので「休憩入っても宜しいですか?」と尋ねると「あなた達に休憩なんてないよ」と言われました。
就業時間も8時間のはずが10時間でした。
週休1日です。
先輩方(男女)は常に雑談をしていて正直うるさいレベルの環境なのに私が書類をめくる音を「うるさいんだけど…もう少し静かに出来ない?」と言われ極力静かに作業していたら「ペースアップして」と矛盾していることばかり言ってきます。
また習ってないことで怒られたり先輩方は金髪や茶髪のロングなのに私(黒髪)には髪を切ることを要求してきます。
このようなことを会社には匿名で訴え解決してくれる行政機関はありますか?

350 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 08:26:29.08 ID:fGVkodlA
>>345
おはよう
同じだよ
今にいないこと、無常無我を見ないで幻想の中に生きることが苦しみの原因だから、幻想から出てくればいい
引きこもって出てこないことを続けて同じ結果出してるんだから、引きこもる以外のことやれば結果が変わってくる
無常で無我なんだから、引きこもりの自己イメージは幻想、勘違いしてるだけ
自分は引きこもりで社会が怖い、親に守ってもらわないといけないなど、自我(思考)が言ってるだけ
無常無我だから変われるし、変わるのが普通
はじめの一歩はたいへんに感じるものだけど、だんだん楽になる
その一歩のときに親の理解があるといいなあと思う
子供も親も変わっていけたらいいなあと思う

351 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 08:48:57.99 ID:+T0TrfmH
>>349
訴えるなら労働基準監督署か弁護士へ
他人は鏡に映った自分だ
あなたの過去や未来像かもしれない
人の嫌な部分を見たら自分にも同じ要素がないか徹底的にチェックしよう

352 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/09(火) 11:52:46.43 ID:LlUpZFOg
>>349
早く辞めた方が良いような感じがするなあ。

353 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 12:24:33.48 ID:0FBIZyrm
>>350
うちから出てけと親がたたき出せばいいだけじゃん。なんで無常だの無我だの
理屈をつけないと解決できないとおもうの。親に無常だからひきこもりやめなさい
といわれて問題が解決すると本気でおもってる?

354 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 12:39:48.57 ID:+2/uCAl0
自分と同じ部分を嫌うとかそういう次元ではなくて言葉の暴力が凄いんです

355 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 12:41:08.94 ID:+2/uCAl0
>>351
辞めたいと思うけれどまだ1週間やそこらなのでもう少し頑張りたい気持ちもありますし何より求人がないので転職も厳しいですし…
自分と同じ部分を嫌うとかそういう次元ではなくて言葉の暴力が凄いんです

356 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 12:53:05.49 ID:+2/uCAl0
>>352
転職先が決まるまでは辞められないと頑張っている状況です

357 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 13:11:31.66 ID:+4vlSyD5
>>349
よくある理不尽さだな
スグにやめるのが標準だろな
転職先が決まってから辞めるのは合理的だ
ついでに何故そうするのか尋ねてから辞めるのは学びにはなるな

イヤな事ははっきりとイヤと言うのは一手だよ

358 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 14:48:41.82 ID:fGVkodlA
>>353
>うちから出てけと親がたたき出せばいいだけじゃん。
そうだねそう思うよ
生活費入れないなら家におかないとかさ

>なんで無常だの無我だの理屈をつけないと解決できないとおもうの。
思ってないよ
仏教と名前ついてるここのスレで説明するのに、仏教の言葉を使ってるだけ
仏教知らん人には無常無我だの使わないよ

359 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 18:07:16.83 ID:+2/uCAl0
そういうのが当たり前の企業で上司はみんな性格歪んでる人しかいないので「イヤ」と言ったら更に酷い目に合いそうで…「こいつうざい」とか思われそうで…
店長に相談する権利くらいはありますよね?

360 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/09(火) 20:31:32.84 ID:gyYdJUAZ
>>346 あるじゃろう。
 物を売るとか、健康でいるとか、目標を達成するとか様々な事に手筋はあるものじゃ。
 学べば知識として知り、身につけることも出来るのじゃ。
 特にいつも心身が健康で居る事は人生にとって重大事であるが、留意している者は少ないものじゃ。
 保険に入るより何か一つ瞑想や健康法でもやり続けた方がよほど役に立つのにのう。

>>349 労働基準監督署とかに訴えたらよかろう。
 レコーダーを持っていって録音し、言葉による暴力でDVの民事訴訟もしたらよかろう。
 そこまでやる気が無いのならば、早く辞めたら良かろう。
 元々やりたい仕事と違う所に配属されたのならば、続ける意味が無いのじゃ。

361 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 22:01:11.11 ID:BuQmf4dm
いろいろと物議を醸しているナマポパチンコ禁止条例ですが、
皆さんはどう思われますか?個人的にはパチンコ禁止は当然の措置だと思います

362 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/09(火) 22:59:41.34 ID:HLsqcM9S
ギャンブル性のないパチンコ場を作ってそこで存分にやらせればいい。

363 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/10(水) 00:22:43.18 ID:HPzYE7Z3
パチンコは禁止してチンコさせよう

364 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/10(水) 02:53:39.70 ID:MmcR624s
>>362
ギャンブル性の有無の問題なの?

365 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/10(水) 06:51:43.09 ID:HPzYE7Z3
そもそも
ナマポだろうが一般人だろうが
パチンコは禁止すべきか?

税金で賭博してるのなら
横領みたいなもんだろ

でも、金の運用、とかいって
公の機関もやってるんだけどな。

366 :346:2013/04/10(水) 10:14:17.81 ID:EdN9MZHX
>>360>>347
ありがとうございました。
言われてみれば、いくらでもありましたね。

367 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/10(水) 12:10:32.33 ID:sCIHDR1J
>>359
うん
それ以上も
お前の反応を見て行動が決まる一面について考えよう

>>361
かまわん
むしろ法を問題にするこった

368 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/10(水) 14:49:18.33 ID:FkMkGIVy
生活保護の話題に便乗するのですが、外国人に支給されていることについて
どう思われますか?人道的には素晴らしいことなんでしょうが、財源の問題や納税者の多くが疲弊していること、
その他いろいろと問題があります
困窮した外国人は速やかに祖国へ帰ってもらうのが一番ですかね

369 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/10(水) 15:22:20.51 ID:ksKqCDjD
中国・韓国の人間を外国人と呼ぶのに違和感を感じる

370 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/10(水) 15:58:11.52 ID:2NoSX9Yn
>>369
でも、日本人と呼ぶのはもっと違和感を感じる

371 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/10(水) 20:18:45.89 ID:8Mxm1PEa
>>368
同じように税金払ってたのなら良いのでは?

372 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/10(水) 20:53:10.67 ID:bibYTCay
>>361 生活保護を受けている者だけでなく、全ての者に禁じたら良いのじゃ。
 それが平等なのじゃ。
 
>>366 どういたしまして、またおいでなさい。

>>368 ただ金をやるのではなく、いろいろ仕事とか職業訓練とかを与えればよいのじゃ。
 外国人でも役に立つじゃろう。
 困っている者は助けてくれるものが国と思うものじゃ。

373 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/11(木) 12:18:34.22 ID:3LSYt6h7
>>368
外国における日本人の待遇はともかく
法で許されるなら問題はないだろう

なにかしろよ

374 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/11(木) 17:20:23.85 ID:FiIdxE7m
外国人も人である以上、生活保護を求める権利はある
ただし請求先が違うんだよな
在外日本人が日本政府に外国にいる俺らにも選挙に参加させろと請求するように
在日外国人も自分の国の政府に生活が保てるだけの金をよこせと請求するべきなんだ
今時金の振り込みなんて海を越えても出来るんだし

375 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/12(金) 12:35:00.79 ID:7hQIpEIn
考えを進めて見れ

376 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/12(金) 20:45:31.68 ID:slkntrIP
幻とは距離を置いたほうがいいですな
おっぱいとかマンコとか幻に近づきすぎるとトラブルが起きる

377 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/14(日) 13:13:05.03 ID:6nidZWXT
童貞の嘆きですな

378 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/14(日) 14:07:40.81 ID:L6Pu/TdI
童貞は努力せずにおっぱいとかまんことか手に入れようとするものぐさが多い
だから向こうの方から寄ってくるアニメに夢中になる

379 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/14(日) 20:57:20.31 ID:VrLg+DrD
 例えば人が山に登ったりする時、遠くの頂上ばかりを見て、未だあんなに遠くにあるとか想っていると、心も体も疲れてしまうものじゃ。
 目標は遠く、先は長いと想うからじゃ。

 むしろ目の前の道の景色を見たり、今まで登って来た道を振り返れば、こんなに遠くに来たと分かり、励みになるものじゃ。
 そして気がつけば頂上も近くにあるとわかったりするのじゃ。
 遠くの頂上ばかり想うより、目の前の楽しみを味わう方が、旅も楽に行く事が出来るのじゃ。

 修行の道も同じようなものじゃ。
 未だ悟道が来ないとか、いつになったら悟れるのかとか考えてばかりいると、疲れて辞めたくなってしまうじゃろう。
 それよりもむしろ今の境地を楽しみ、滅してきた苦の成果を見るのじゃ。

 修行が進んでいればかつては乱れていた心も静まり、多くの苦も滅しているじゃろう。
 苦を滅した安楽の境地を楽しみ、瞑想による喜びを味わうのじゃ。

 そのように楽しみながら行なえば、いつの間にか悟道も寄ってくるものじゃ。
 1日1日の瞑想を楽しみ、一つ一つの苦を滅して行けば、安楽が訪れ、自分の道が間違いではないと、知ることも出来るのじゃ。
 そのように修行が喜びであり、楽しみであれば、気がつかないうちに悟りへの準備も整うのじゃ。

 そのように遠くの目標を想うより、今出来る事を楽しみながらやる事が最も早く進歩する道なのじゃ。

380 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/15(月) 13:14:39.23 ID:PJX8nEPe
>>379
鬼和尚
事前の目標設定をする際はどうなんでしょう?
やはり自分の出来る範囲にした方が進歩しやすい?

381 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/15(月) 15:48:46.89 ID:FuWKOXET
鬼和尚さんはあと何年くらい生きる予定ですか?
それとも計画・予定なしでそのとき次第ですか?

382 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/15(月) 19:50:35.82 ID:yVFlDBvj
>>380 そうじゃ、自分に出来る範囲でナイト、いつまでも達成できずやる気もなくなってしまうかも知れんからのう。
 出来る事をやっていけば、出来ない事も少しずつ出来るようになってくるものじゃ。
 そのようにして進歩していくのじゃ。

>>381 そうじゃ、生きられるだけ生きるのじゃ。
 明日隕石が落ちて死ぬかも知れんからのう。
 予定は立てられないのじゃ。

383 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 00:42:38.96 ID:WXQvQ5wO
>>382
その書き方だともしかしたら誤解される方がいるかもしれないと思い、書き込みさせて頂きます

>>380
自分に出来る範囲とは
今まではやれていなかったが、がんばれば自分に出来るであろう範囲
といったことだと思われます
新しいこと、改善や工夫などに何のチャレンジもせず、本当に自分の出来ることのみしかやらないなら、やれないことはいつまでもやれないままですから

それでは。失礼しました

384 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 08:49:21.70 ID:QKVYrnM/
>>383
お前は頭おかしいのか?
鬼和尚への質問に鬼和尚が答えたのに、それについて誤解されるから補足ってw

385 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 09:14:48.04 ID:FAK7Dgrz
好きな女に告白したけど返事も貰えず流された
知り合って数年経ってて、お互い何回も二人で飲みに行ったり、遊んだりした仲なのですが
今回こそ告白するぞと決意をしたは良いけど
何を血迷ったか、レストランとバーで言えずに帰りの電車の中で
「○○さんのこと好きなんだよね」って言ってしまった

それに対して
え?そうなの?→そうなんです→そうなの?→うん
っていうようなやりとりになって、返事すらもらえなかった

一応、電車で急にすまん。ずっと言いだせなくて変な事になったんだけど
また改めてちゃんと話したいから会いたいとメールしておいたんだけど
返信を待っている状態です

これどうなんでしょうか
振られたんでしょうか

386 :380:2013/04/16(火) 09:24:21.52 ID:nv5+bGia
>>382
鬼和尚、ありがとうございました。

>>383
補足?ありがとう。
ただ、>何のチャレンジもせず っていう場合、目標自体を立てる必要がないと思うんだよね。

387 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 09:27:04.94 ID:nv5+bGia
>>384
まあまあ、良いじゃありませんか。この方が誤解された経験をお持ちなんでしょう。

388 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 09:44:32.37 ID:VnU0sYL4
>>385
とにかくメールは禁止な。真剣な内容ほどメールは禁止。とにかく一通も送るな。
直接言えない事なんて1μgの重みも無い。

389 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 10:03:38.20 ID:dCRf2Mti
>>385 ストレートに結婚してあげてもいいよといわないの?

390 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 12:24:15.16 ID:GgT5VXmC
そういうのを証拠が残るメールで送るってのがだめだね 回覧される可能性もあるのに

391 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 12:35:18.13 ID:QKVYrnM/
>また改めてちゃんと話したいから会いたいとメールしておいた

って書いてるのに、お前らちゃんと他人の書き込み読んでるのか?

392 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 13:03:55.43 ID:+wreMFei
>>385
恋愛板に行け

まだ振られたとは言えん
これまでどおりの間隔開けて遊びに誘ってみれ

393 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 15:22:06.60 ID:FAK7Dgrz
>>388
もうメール送ってしまいましたよ

>>389
いきなり結婚の話なんてするんですか?
そもそもが開いての女性が自分と結婚したがっているかどうかすら解らないのに

>>392
これまで通りと行きたいのですが
5月末に自分が遠方で生活をするようになり、半年に一度くらいしか会う事が出来なくなります
それまでに付き合う所まで行きたいのですが

ちなみにまだメール返ってきていません。メールは観ていると思いますが
夜も返ってこなかったらどうしたら良いものやら

394 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/16(火) 19:05:17.37 ID:VnU0sYL4
>>393
まあ一通くらいは仕方ない(´・ω・`)がんがれ

395 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/16(火) 20:15:08.26 ID:+P0W4/z3
>>385 それはいかんかもしれん。
 お互いに好きなら直ぐに返事をするであろうからのう。
 他に好きな人が居るとかそのような事かも知れん。
 しかし、女子に好かれる技もあるものじゃ。
 誠実さとか、真剣さとか、そのようなものがあれば女子も振り向くものじゃ。
 一度は駄目でも自分を磨いてみるのじゃ。

>>386 どういたしまして、またおいでなさい。

396 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/16(火) 21:04:26.31 ID:+P0W4/z3
 お釈迦様はこのように言っておる。

185 、たとえ貨幣の雨を降らすとも、欲望の満足されることはない。「快楽の味は短くて苦痛である」としるのが賢者である。

186 、 天上の快楽にさえもこころ楽しまない。正しく覚った人(仏)の弟子は妄執の消滅を楽しむ。

 真にその通りに人は様々な欲望を抱き、得られなければ苦しみ、得られても苦しむものじゃ。
 人がさまざまな欲望を抱き、それを叶えたとしても決して満足できないのは、実は何かを欲しているのではなく、不安や恐怖や孤独から気を逸らすために、それらを求めているだけだからなのじゃ。

 それらを追う事で一時的に不安や恐怖や孤独から気を逸らしても、叶えてしまえばもはや逃れられなくなるのじゃ。
 それ故に欲望は叶えられても、叶えられなくても苦は無くならないのじゃ。

 賢い者はそれを知り、むしろその執着を滅する事を楽しむのじゃ。
 欲するものを得ても、得られなくとも苦が生じると知り、完全な満足と安心への道はそれらを滅する事であると理解しているのじゃ。
 修行者はこの理を知り、完全な満足と安心の道を歩むのじゃ。

397 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/17(水) 20:47:32.39 ID:+Bmy5D1w
多重人格、という不安定な精神状態について、仏教的な目線での意見をお聞きしたいです。

あと、もし喜怒哀楽の起伏を小さくした場合、残るのは無反応という状態なのでしょうか?

398 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/18(木) 10:44:33.15 ID:s3jxAGlc
誰でも多かれ少なかれその資質を持つ
それぞれがそれぞれで良い

いや
形が変わる方が近い

399 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/18(木) 11:37:40.99 ID:jXHHkcV/
>>396
しかしある程度の欲求を満たせなければ苦しいですよね。
人並みの給料を得るとか、大好きな恋人を幸せにするとか。

400 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/18(木) 20:52:32.82 ID:RgjcsnEX
>>397 それは人格とか自我というものが、記憶によって作られるものであり、同時に消す事も出来る事を示しておる。
 先天的なものであり、無くてはならないものではないから、二つ在ったり無くなったりする人格や自我の性質が判るじゃろう。
 人格や自我は妄想の一つであり、己ではなく己のものでさえないのじや。

 喜怒哀楽が無くとも反応はあるじゃろう。
 刺激に対する反応は感覚によるものであるからのう。
 反応さえもなくなれば無為なのじゃ。

>>399 そうじゃ、必要による欲求と、不必要なものに対する執着は違うものなのじゃ。
 必要なものであるならば得るために努力するのも良いのじゃ。
 必要以上に何物かに執着する事が苦を生み出すのじゃ。

401 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/19(金) 00:29:34.10 ID:z0LiHSrC
2歳近い子がギャーギャー泣きます。
愛情は注いでいるつもりです。
しかし叶え難い欲求を叶えるのは不可能です。
例えば急用で子の元を一時的に去る場合など寂しがって全力で泣き散らします。
近所のじい様は「そんなに泣かせんなよ。発育に良い影響無いぞ」と言います。

いつ、いかなる時も可能な限り泣かせないべきでしょうか。
あるいは、ある程度は泣かせて「必ずしも希望は叶わない事がある」と本人に悟らせるべきでしょうか。

402 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/19(金) 11:46:43.73 ID:pwf/G3JL
>>401
2歳の標準だ

いや
そうだが放置は常に望みの結果にはならない

さあ
行け
他スレへ

403 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/19(金) 20:02:41.32 ID:wvd8j2Bk
>>401 子供は泣くのが仕事のようなものじゃ。
 近所の者に構わず泣かしたらよいのじゃ。
 近所の者などは自分の利害だけを考えて適当なことを言うものじゃ。
 自分では善意で言っているつもりかもしれんがのう。
 一々聞かないほうが良いのじゃ。

404 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/19(金) 20:13:48.46 ID:CFE/IBdt
>>402の返答、今までで一番最低だと思った。

405 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/19(金) 21:42:24.92 ID:z0LiHSrC
>>403
意外なお答えありがとうございます。
わりと批判的なお考えも述べられるのですね。
じい様の忠告は善意だとは思いますが誤解も持たれているとは思います。
別に育児研究の権威とかに言われたわけではないので深く考えないようにします。

406 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/19(金) 23:26:53.81 ID:MVnyZtoG
盗み、と言う悪行について教えてください。

他人が寝ている間にその人の持ち物を少しの時間だけ拝借して
その人が寝ている間に用を済ませて返す。
これは盗みですか?悪行にあたりますか?

また、盗み聞きは窃盗にあたりますか?
例えばマンションの隣の部屋の会話に聞き耳を立てる行為に夢中になるとか。

のぞきは犯罪でしょうが、これも盗みの一種ですか?

407 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/19(金) 23:39:22.80 ID:Lf4TwZ+h
その人の持ち物?ちんこか?
寝ている間にまたがって精子を盗んで子どもを産めば
罪というか、認知しろ、とかいっても困るやろな。

隣でアヘアヘいってるのをコップ耳に当てて聞く話か?

女が着替えてるの覗く話か?

盗みかどうか知らんが、全部下品。
下品であり、美なる行為ではない
よって大罪、生きてるだけで死刑。

408 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/20(土) 09:35:45.81 ID:QSWtd8kQ
この社会が幻のようなものだとしたら、人間が守るべきものや
継承すべきものって、一体なんなんでしょうね?
日本文化や伝統を伝えていく事は重要だと言われてますが、文化など無常の世界では
いずれ消え去っていくものですよね?

我々が後世に伝えていかなきゃならないことって何ですか?

409 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/20(土) 10:03:02.53 ID:ZlVojFPm
悟る方法

410 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/20(土) 11:09:42.22 ID:1q7hdte6
>>406
うんうん

うん

うん

>>408
たまにある相談だな

こだわりの様なもんだ
形を変えるだろな

なにも無い

411 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/20(土) 11:19:45.21 ID:M1tDrYKy
>>409
日本における大企業の待遇はともかく
法で許されるなら問題はないだろう

なにかしろよ
 

412 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/20(土) 20:57:43.26 ID:vjNIdNJL
原爆投下から68年経ちましたが、
次に戦争が起きるのはいつでしょうかね

413 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/20(土) 21:14:00.52 ID:kl1ljhRG
>>405 そうするのじゃ。
 またおいでなさい。

>>406 それは盗みでは無いのじゃ。
 無断拝借なのじゃ。
 人が不快に思い、嫌がることは悪なのじゃ。
 
 盗み聞きも盗みでは無いが、不快に思う者が居れば悪なのじゃ。
 覗きは盗みではなく、覗きなのじゃ。
 不快に思う者が居れば悪なのじゃ。

>>408  文化や伝統は消えて行くじゃろう。
 既に祀りの儀式の意味などは判らなくなっているからのう。

 人のためになることや、役に立つ知識や技が後世に伝えていくべきじゃろう。
  苦を滅する法とか、悟りを得る法もその一つじゃろう。
  これからも苦に悩み、悟りを得たいと思う者は居るであろうからのう。
 

414 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/20(土) 21:22:56.01 ID:kl1ljhRG
>>412 多くの人が起こしたくないと思って居るうちは起きないじゃろう。
 戦争を起こしたいと思う者が多くなれば起きるじゃろう。
 そのような者が多ければ明日にも起きるかも知れんのじゃ。

415 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/20(土) 22:22:15.50 ID:vjNIdNJL
>>414
そうすると、戦争をしたい場合は
国民をプロパガンダなどによく反応するように教育し、
戦争への意識や意欲を徐々に高めていけばいいわけですね
「必要悪だ」と思わせる
今の日本なら比較的かんたんそうですね

416 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/20(土) 23:21:20.12 ID:QSWtd8kQ
悟りの境地は静寂というより快楽の存在しない「無」ではないですか?
現世で快楽や色欲に溺れて楽しむことがなんでいけないのかわかりません。
それは苦悩からの逃避かもしれませんけど、逃避したまま快楽漬けで死ねば苦悩から逃げ切れたと解釈できませんか?
さらに解脱した世界を極楽浄土として、その世界が「無」であるなら地獄もまた「無」ではないですか?
結局、この現実世界だけが存在の全てであるような気がするんです。

417 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/21(日) 00:00:15.60 ID:Lv6iKHjY
> 避したまま快楽漬けで死ねば苦悩から逃げ切れたと解釈できませんか?
逃避してることにも気付かずにそれができるならいいのかも。
気付いてたら逃亡生活も苦しくなるんじゃないのかな。

418 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/21(日) 02:08:36.44 ID:fg863ejR
仏教では快楽や色欲も苦だとされているよ

無常無我とは、同じことが二度となく、常に新鮮で楽しいということ
恐いこともなくなる
たとえ恐い等と感じることがあってもすぐに気づくから、感情に焼かれることはなくなる

現実世界に起こることには何も意味はなくて、良い悪い好き嫌いだの我々が勝手に意味をつけている
仏教の本に、身体の中に心があるのではなく、身体のまわりに心がある絵があったよ
世界を自分の心を通して見て、自分の心に苦しんでいるだけなんだね
現実世界は悪いものじゃないよ

419 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/21(日) 09:59:00.83 ID:hRJDGuX+
過去に犯した罪や悪業を帳消しにする方法ってありますか?
またその方法があるとして、どの程度それを実行せねばならないのか。
悪業がそれで帳消しになるなら、多少の悪事くらい…などと考えたら
その考え自体が悪業になりますか?

420 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/21(日) 16:19:50.89 ID:GPRg0VHJ
>>416
いや
いや
いや

>>419
ない
うん

421 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/04/21(日) 16:54:14.22 ID:PLlxcVZW
>>419
罪というのは突き詰めれば心の問題なので時間と共に薄れたり解消して行くものだ。
怪我みたいなもので放っておいても自然に治ってしまう。
謝罪や改心はそれを助けて加速させるものだ。
絆創膏貼ったり包帯巻いたりして怪我を治療するのと同じだ。
だからその気があるのならやれる範囲でどんどんやった方が良い。

この時気をつけた方が良いことは、最終的には心の問題であることを忘れないことだ。
例えば誰かの物を壊したとして、その物を弁償して現状復帰しただけで解決すると考えてはいけない。
相手は物が壊れたことによって心に苦しみを負ったのだから、その苦が消えるまでは解決したことにならない。
そういう意味では物が現状復帰するか否かは無関係と言える。目に見えているものだけに囚われてはいけない。
逆に言うとどうやっても現状復帰不能でも相手の心を癒すことが本当に出来たならそれは解決したことになる。

> 悪業がそれで帳消しになるなら、多少の悪事くらい…などと考えたら
> その考え自体が悪業になりますか?

どんな怪我でも何れは治るのだからといって新たな傷を負わせるようなことは避けた方が良いだろうね。
人から恨まれ続けていつ殺されるかも知れない未来をわざわざ選択する必要はなかろう。

422 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/21(日) 19:49:33.17 ID:cAq3HCjB
>>419
そもそも罪の定義が、人によって地域によって民族によって時代によって組織によって
育ちや環境や経験で、バラバラじゃん
同じ人でもそのときの考え方しだいで変わる
ゆえにその代償行為(何をどこまでやったら帳消し、の線引き)もバラバラ

ここでなんか言われて「その程度ならやっちゃったほうが得だな」とか
逃げ切れる自信や言い訳作ったとしても、果たしてそれが真実その通りか
だれが決めるんだ?
罪の定義・範囲自体が常にぐにゃぐにゃ変形しているんだぞ

自分個人のみの「罪の意識」でいえば、良心の呵責度で暫定的に
おおざっぱに見積もりできるが、それとて多分に環境の影響を受けているからな

423 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/21(日) 20:55:59.68 ID:YYifwZPN
>>415 その通りじゃ。
 多くの戦争はそのようにして起きるものじゃ。
 気をつけねばならんのじゃ。

>>416 そのように考える者は昔も多く居たものじゃ。
 快楽派じゃな。
 しかし、快楽が大きいほど苦もまた大きいものじゃ。
 執着を生じ、得られなければ苦しく、得られても叉無くさないかと不安になるからのう。
 悟りを得れば心は自由であり、肉体は快楽が在っても執着しなくなるものじゃ。
 
 病や老いによって死ぬ時、果たしてそれが快楽のみに浸かって死ねたと言えるじゃろうか?
 激しい痛みや苦しみに、快楽さえも苦痛に感じる事さえあるじゃろう。
 快楽によって得られるのは、一時的な気を紛らわせる事だけでしかないのじゃ。
 本当に現実だけがあると思うならば、人が現実には快楽を得て本当に楽しむ事も、苦を忘れる事さえも出来ない現実を、見てみるのじゃ。
 
>>419 懺悔をすると良かろう。
 罪を告白し、二度としないと誓うのじゃ。
 自分が許されたと感じるまでやると良かろう。
 汚れた雑巾で顔を拭いても汚れは落ちないように、罪によって罪を贖うことは出来ないのじゃ。
 心から悔いて懺悔をすれば、何も無くとも罪は消えるのじゃ。 

424 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/21(日) 21:15:43.21 ID:aF+4evS7
悟っても、交通事故や病気にあった時の肉体の痛みが免除されるわけではないような?
強烈な痛みが続くときは薬や麻酔で誤魔化しますが、悟りの境地はそのようなときも続けられ超越し続けられるのでしょうか。

425 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/21(日) 22:01:32.62 ID:fg863ejR
>>419
悟って自分をなくしてしまえば過去もなくなりますから、心安らかにいられますよ
また、考えちゃ駄目だと思うと逆に考えてしまうものなので、考えること自体が悪業になるかどうかは必要以上に気にしなくていいように思います
考えがわいてきたら、仏教的によい考えなら「イエス」と言い、適切な状況なら実行
仏教的にわるい考えなら「ノー」と言い、考えを捨てます
考えたことを「自分の考え」だとして執着しなくていいです
不適切な考えなら捨ててしまえばいいだけです

>>424
痛いのは痛いです
痛みと感情は別です
自分が痛い、痛いのは嫌だと判断しなければ、ただ痛いだけです
痛みと感情が別だと覚えておくと痛みが軽減されるのでオススメです

426 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/22(月) 09:42:22.12 ID:4mhUPna0
アタマの良い人間で視野が広いのと狭いの
足りない人間で広い狭いがあるからな。

このなかで一番悪いのは
足りないで広いヤツだろう

垂れ流しでフタを開ければ何もしてない解らない。

427 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/22(月) 11:56:06.41 ID:a5NSSfNu
>>424
痛みはある
正常に機能している

それだけだ

428 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/22(月) 16:49:09.67 ID:LhePVKHf
お金はどのように使うのが適切だと思いますか?

スマナサーラというチベット仏教の老師は著書で、

「釈迦は在家の商人に対して、【収入のうち1/4を貯金して1/4を生活費とし、残りを(広い意味での)投資に回しなさい】と説いています。」

と書いてるのですが、自分なりに調べても見つからないんです。

429 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/22(月) 20:06:38.61 ID:r0BJcXAi
>>428
スマナサーラ師はテーラワーダ仏教だよ。
未確認だけど中村元さんの著書によれば長部経典DN(ディーガニカーヤ)3-188とある。

430 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/22(月) 20:26:02.65 ID:uFN5u2ZW
>>424 出来るのじゃ。
 それはただの体の警報に過ぎないものであるからのう。
 痛みももはや苦では無いのじゃ。
 ただ集中するだけでも痛みは感じなくすることも出来るのじゃ。
 ヨガ行者などが針を体に刺したりする芸もあるようにのう。
 痛みに囚われ、恐れる事は体に備わった警報を恐れる本末転倒なのじゃ。

>>428 わしも知らんのじゃ。
 普通に使って出来る限り貯金したらよいのじゃ。
 寄付などは余りの10分の1以下にしたらよかろう。
 
 

431 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/22(月) 22:24:17.05 ID:VjH6tdGk
>>428
応援したいことにお金を使うといいですよ
例えば、物を買う基準を、安いからではなく、心を込めて作っているものや自然にやさしいものかどうかを基準にして選ぶなど
身体にいいものか、ゴミになるときのこと、色々と考えられますね
お金は投票券みたいなものです
それを意識して「自分はこれがよいと思います」というものにお金を払います
イメージとしては、お金を払うところにエネルギーが注がれ強化される感じです
だから応援したいことにお金を使います
一瞬の間に、地球上でどれくらいの投票が行われているのでしょうね

寄付は収入の10分の1からはじめるといいと聴いたことがあります
自分のために使うお金は帰ってこないそうですが、自分以外のことに使えばお金は循環するようです
溜め込めば淀みます
お金を出すときは気持ちよく出しましょう
気持ちは大切です
誰か自分ではない他人のためにお金を使っているように感じても、本当には違います
気持ちよく使いましょう

何かあったときにパッと使えるため、貯金はした方がいいと思います

432 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/23(火) 09:33:48.17 ID:NKN9kce5
>>428
それ中村元氏の原始仏典あたりで読んだ気がする
年齢によってもお金の使い方は変わってくるね
若いころは何も考えず、貯めてはドカンと使うことをして
それなりに視野も広がり、多くの人と知り合えて楽しかったな

433 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/23(火) 10:19:33.84 ID:ZslWma+F
>>428
好きに使え
考えるんだ

434 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/24(水) 21:26:19.78 ID:n4pFnoxi
 悟りを得る事とは、何か超人のような者に変身したり、別人に変わってしまう事ではないのじゃ。
 むしろ自らの本来の在り方に戻る事なのじゃ。
 変化する事より、本来の在り方に回帰する事が不死の境地に至る事なのじゃ。

 人が記憶を持ち、言葉とイメージによって己と言うものを認識してしまえば、そこから様々な苦や囚われが生じてしまうものじゃ。
 観念である己が在ると想えば、世界から独立した己というものに孤独感や不安感が生じるじゃろう。

 それから逃れようとして、金や権力や名声等への欲が生じるのじや。
 そして欲が叶っても、叶わなくても苦が起きるのじゃ。

 誤謬から生じた己という観念から苦が生じ、それが更に様々な欲と苦を起こしていくのじゃ。
 このようにして欲と苦によって苛まれる人間が、本来の在り方に帰る時、一切の苦は滅し、智慧も生じるのじゃ。
 
 己という観念が無ければ、孤独や不安もなく、それから逃避しようとする欲もなく、次々に起こる苦も無いのじゃ。
 観念に囚われない事で真実を知り、今ここに適応する智慧も生じるのじゃ。
 それこそが悟りと言える状態なのじゃ。

 そのように修行者は自らの本来の在り方に戻るために修行するのじゃ。

435 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/25(木) 08:33:21.26 ID:kyZ5Wg7g
それが仏教の誤りだと思うんだよね
己という観念を無くすことなんて不可能
出来ないことを目標にするから不自然な生き方になる
観念の元を探り、己を理解する
それだけでいいような気がする今日この頃

436 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/25(木) 17:28:18.92 ID:FO0VuUjA
感情の生起が少し顕在化して来ました。
始まりの瞬間をつかめるまでには至ったのですが、それが取れたわけではなく、何回も湧いてきます。
もっと行を深めれば感情に揺るがされずに自然体の状態でいられるようになるのでしょうか。

437 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/25(木) 21:01:11.92 ID:iQzoF5s7
>>435 出来ないと想う者には出来ないのじゃ。
 そのようなことを思わずひたすらに追求した者はいつのまにか出来てしまったのじゃ。

>>436 そうじゃ、動揺しなくなるじゃろう。
 それが湧き水の如く次から次へと湧いては消えるが、止めようとせずにただ眺めるようにしていれば、影響はなくなるのじゃ。
 そしてそれが湧いてこなくなるようにさえなるじゃろう。
 その時にはもはや心は不動となっているじやろう。

438 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 03:23:30.37 ID:TdGLB7dz
>>435にも己という観念がないときもあるはずだよ
気づいているいないの違いはあるけど、みんなそうだよ

>観念の元を探り、己を理解する
>それだけでいいような気がする今日この頃
それでも苦はだいぶなくなるよね


>>436
個人差はあるかもしれないけど
436のような状態を経て、思考から感情が起こるまでの流れがスローになりました
感情を感じる頃には現実は変わっているから(無常)、感情が場違いというか、ものすごく今さら感を感じたよ
思考が起こってから感情を感じるまでに時間があるから、そのスキに何とかする
例えば、今の現実に起こっていること、無常を見るようにすると「この感情は今の現実にふさわしくないよなあ。もう過ぎたことだ」と冷静になれるよ
そのうちに、感情を感じる前に止められるようになると思います
あとは自分という重荷を下ろしてしまえば、感情を感じても振り回されることはなくなると思います

439 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 04:49:00.58 ID:PPT3Icna
御釈迦さんって大麻吸って悟り開いたんでしょ?
ここの人は大麻吸ったって事?

440 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 10:23:27.11 ID:lSucUFkd
>>436
スタート地点はもっと前だ

441 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 11:21:44.04 ID:41QdgDqt
感情を消すというのは、火を消さずに煙だけなんとかしようとしてるのと同じだと思う
ある観念があって、それに由来して感情が起きてくるんだから
そこに関連してる観念を変えない限り何も変わらないと思う

442 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 12:06:48.29 ID:41QdgDqt
>>437>>438d
己という観念がない状態があり得るとして
その状態を認識したのは一体何者なんだろうという疑問が残る
やはり自分であって己は消えてないのではないかと

443 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 16:47:53.60 ID:cs5I9ORl
>>442
無ですら無いってことだよね
無という印象もない状態
多分言葉の限界の先だよなあそのへんは

444 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 18:58:28.59 ID:TdGLB7dz
>>441
そうだよね

ネガティブとポジティブは対になってる
ネガティブな感情とポジティブな感情どちらを感じるかは、エネルギーがどちらに振れるかで決まる
同じエネルギーだから、ネガティブを感じられるならポジティブも選ぶことができる
ネガティブな面だけ、ポジティブな面だけというのはなくて、ネガティブな面があればポジティブな面があり、ポジティブな面があればネガティブな面もある
書き込みながら思い返してみれば、感情を消すというよりは、ネガティブとポジティブを両方見た上でふたつの間に意識が向かった感じかな
ネガティブもポジティブも、善し悪し好き嫌いなど、判断することで起こる感情なんだよね
観念によって判断しなければ分離感はなく、ひとつであり問題ない
観念を変える…物事にはよい面もわるい面もあると覚えておけば使えるかも

>>442
修業があるところまで行った方々は、自分が何なのか、自分のことを知らないと思う
法(自然)があるだけで、自分は見つからない
でも自分がないとも言えない
すべてが自分に見えることもあるんだけど、やっぱり自然は自然だし
自然と己はひとつというか、ふたつではない
別のものだと感じるけど、分離してはいない
己という観念がない状態とは、判断なく見ているだけ、気づいているだけ、みたいな感じ
うまく言えないわ…キリスト教の三位一体が個人的にはしっくりくる

445 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/26(金) 20:52:52.10 ID:sxCvi3Da
>>442 認識するものが自分であるという観念が在れば、認識の主体である自己があると思えるのじゃ。
 実は認識に因って自己はあるのじゃ。
 自分とは認識されたものなのじゃ。

 認識が無ければそこに自分は無いじゃろう。
 深い眠りの中で認識作用も無ければ、自分は無いのじゃ。
 認識は出来ないが自分はあるという事は無いのじゃ。

 記憶された観念が肉体や感情や思考や認識に投射されているから、肉体や認識があればその主体である自己があると想うのじゃ。
 実際には自己の無い認識もあり得るのじゃ。
 自我を無くしたサマーディや小悟の状態では、未だ認識はあるものじゃ。

 そして悟りを得て本来の認識を取戻した時も、自己は無く、認識はあるのじゃ。
 自己はそこで在るものではなく、必要なものではなく、己でもなく、己のものでもないと理解されるのじゃ。
 それは記憶によって認識された観念であり、確固とした存在でもなく、主体でもなかったとわかるのじゃ。

 観念である自己があると認識し、それが肉体や感覚や思考や認識の主体であると想う事が迷いなのじゃ。
 そのような見解を離れる事が我見を離れる事なのじゃ。

446 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 21:17:30.61 ID:41QdgDqt
自我があることが必ずしも苦であると思ってない場合
それでも仏教としては自己を消さなきゃいけないってこと?

447 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 21:24:38.51 ID:x1VeUEIA
無理強いはしないはず。したい人はすればいいってことで。

448 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/26(金) 22:12:53.27 ID:TdGLB7dz
仏教って滅苦を説いてると思うんだよ
苦しみはなくなるよって
だから苦しくないならいいんだよ

何かに執着したときに自己は生まれる
自己を消そうと思わなくてもいいと思う
そもそも、もしかしたら>>446がうまくやってるときには自己は生まれていないのかもしれないよ

449 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/27(土) 01:09:32.82 ID:KeTGnwS3
>>447>>448
ポジティブとネガティブが対になってる話とつながるんだけど
苦があるから楽がわかる
楽があるから苦がわかるってことだと思う
苦を無くせば楽も無くなるだろうけど、それは希望してないんだな

450 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/27(土) 10:24:42.33 ID:0osNvcEf
そうだね
あとはネガティブ/ポジティブどちらに意識を向けるかは選べるから、起こること起こることポジティブな観念をすすんで選ぶようにすればいいんじゃないかな
仏教はポジティブもよく見れば苦だよと言ってる(それらを越えたところにも楽しさはあるから試してみたら?と言うの)
そこが合わなければ仕方ないからね

仏教では、自分を拠り所とすること、法を拠り所にすることを説いている
自分を拠り所にするのが、法より前に言われているんだよね
十人十色、同じ人はいないと言われてる
似ている顔はあってもやっぱり違う
あなたがこうだと感じるようにする、その姿勢は正解だと思う
自分のことは自分が知ってるから
それに間違うというのは、本当にはないと思うんだよ
誰も法から逃れることはできないから←これってよい知らせなんだよね
お互い楽しんでいこう

451 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/27(土) 11:00:28.66 ID:8s7L06kQ
>>446
いや

452 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/27(土) 13:46:55.99 ID:7QWhOFNd
企業が「もっと壊れにくい丈夫なもの」を意識してもの作りし、
消費者が「もっとものを大事にし、ものをなくしたり、壊したり、
捨てたりする事」を減らしていけば、道徳上は素晴らしい事だと
思います。
一方で企業も消費者もその意識をどんどん推し進めていけば、
国内の経済活動は停滞し、ものが売れず、失業者が増え、税収があがらず、
国家は疲弊していくような気がします。
極端な事を言えば、食べきれないだけの食べ物を注文し、着ない服を買い、
飲み屋のねーちゃんにチップをはずむ生活の方が景気はよくなり、
国家は潤うような気がします。
この辺の清貧の思想と放蕩っぷりとの整合性はどう考えたら良いのでしょうか?

453 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/27(土) 16:32:21.21 ID:8s7L06kQ
>>452
単純すぎ
道は多いよ

454 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/27(土) 20:25:17.41 ID:55+Gj+qi
>>446 例えば昔ある地方で水に弱い毒が入っているのがわからなくて、住民はずうっと飲みつづけていたりした事があったのじゃ。
 長い間、飲んでいると病気になるが、井戸の水が原因とは判らなかったのじゃ。
 今、弱い毒も検出できるようになり、毒だと判るようになったから、医者や学者が警告して飲まないようになったのじゃ。

 同じように人々が自我を持ち、それを苦と感じて居なくとも、目覚めた者はそれが苦の因を作ると知っているから、人々にそれを手離すように教えるのじゃ。
 人々はむしろ自我は己を守るものであるとか、自我が無ければ精神病になるとか、無いと言う事はありえないとか想ってしまっているじゃろう。

 それは毒の水を飲んできた昔の住民が、生活用水が毒であると知らない故に、それが無ければ死ぬとか、生活できなくなるとか思うようなものなのじゃ。
 実際には自我は己を守って居らず、負担になり、執着による苦を作り出しているのじゃ。
 毒の水が病気を作り出すようにのう。

 肉体を守るのは知識や智慧であり、本当は自我とは関係無いのじゃ。
 ただ人はその知識や智慧に自我の観念を投射する故に、それが主体である自我であると認識してしまうのじや。
 それが自我を捨てる事に恐れを抱かせ、悟りを困難にしているのじゃ。

 自我とは言葉とイメージによる観念であり、負担でしかないのじゃ。
 自分の名前という言葉を守るために人は力を尽くし、怒りを生じ、無意味な消耗をしているじゃろう。
 自分のイメージを守るために殺し合いまでするじゃろう。
 
 そのような真実が観察できたならば、自我は不必要なものであり、負担であり、捨て去られるべきものと気づく事もできるじゃろう。 

455 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/27(土) 20:35:20.24 ID:55+Gj+qi
>>452 そうじゃ、清貧であれば経済は発展せず、経済を発展させようとすれば清貧ではいられないのじゃ。
 社会は人が創り上げたものである故に、欠陥のあるものであるからなのじゃ。
 国際社会や過去の制度の囚われを引き継いでおり、整合性はまるでないのじゃ。
 ただ修行の為の利便や時間を作り出してくれるものとして、社会を生きている間だけ利用したらよいのじゃ。
 

456 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/27(土) 22:03:57.82 ID:0osNvcEf
>>452
国という範囲を日本だけでなく世界、地球へと広げてみたらどうかな
人類、動植物、生きているものすべてが国民だと考えてみる
そうしたら何か新しいものが見えてくるかな

自分という枠組み(例えば自分とは身体/自分の国など)を考えると、自分ではないものも生まれる
自分ではないものは、味方かもしれないし敵かもしれないと考えてしまう
それはすごくストレスになります
守ろう、戦おう、逃げようとするように働くから
多分たくさんの人がそうだから、こういう社会が作られているのかなと思う
まずはあなたが、色々な枠組み(勘違い)から自由になるようにしたら、日本だけでなく地球、宇宙にまで貢献をすることになりますよ
社会の仕組みだけを変えたとしても…それを使う人々も変わらないと、です
例えば仏教を実行していくと、あるとき世界がどうであろうと何の問題もなくなります
まずは自分の見る世界を万事OKにするといいですよ
そういう方々が増えれば社会も大きく変わると思います
戦争や貧富の差が繰り返される輪廻から抜けるのだろうと思います

457 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/28(日) 21:30:39.04 ID:kpQ0dNuW
 今ここにいる自分に気づく事が行き詰まりを突破する英知であり、それを押さえて置けばいかなる状況にも対応できるものじゃ。
 
 例えば道に迷ったりした時、先ずは自分が迷ったという事に気づかなければならん。
 迷った事に気づかないでどんどん進めば、迷いはますます深くなってしまうじゃろう。
 迷ったという自分の今の状況に気づく事が、肝心なのじゃ。

 そして自分が迷っていると気づいたならば、次は自分が何処にいるのかを知らなければならん。
 地図を見たり人に聞いたりして自分の居場所に気づけば、何処に行けばよいかも判るのじゃ。
 そして正しい道を知り、正しい方向に進んでいく事が出来るのじゃ。

 この例のように、自分が行き詰まったり、何かの困難な状況に陥ったりしたならば、先ずは自分の状況に気づかなければならんのじゃ。
 そして今の自分の状況と、あるべき目的を知って為すべき事に気づき、対応する事が出来るのじゃ。

 気づく事によって人は進歩し、苦を滅し、悟りをも得られるのじゃ。
 止観の瞑想も全ては気づく事のためにあるのじゃ。
 常に自分を観察し、自分に気づくようにする事が、行き詰まりを突発し、全ての状況に対応する抑えておくべき英知なのじゃ。

458 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/28(日) 21:43:56.79 ID:hECy8LwV
最近法話のバーゲンセールですね。
そのまままとめてブログ記事にしちゃいましょう。
ブログ用に考えなくていいですよもう

459 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/29(月) 19:56:44.58 ID:nh/r6koP
↑そうかもしれん。
いろいろやってみるのじゃ。

460 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/29(月) 23:41:18.65 ID:eHYcgiCM
法話で飽和ってことか

461 :おさかなくわえた名無しさん:2013/04/30(火) 19:13:31.87 ID:TJ2phxJG
鬼和尚、読経の利点を教えてください

462 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/04/30(火) 20:55:05.93 ID:AbLiYj4/
>>461 意味がわかるように読めばお釈迦様の言葉を知る事が出来るのじゃ。
 意味がわからないのに読んでいるだけなら発声練習とおなじなのじゃ。
 

463 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/01(水) 11:11:38.10 ID:BU3YTPdg
>>450d
今までの人生を振り返ってみると、誰が何と言おうと世間からズレてても
自分の好きなこと、やりたいことを追及していた時期は
すべてがうまく行って、友人にも恵まれ、人生とても楽しんでいたように思う
自分の目標しか見てなかったから、相対的に苦難なんて感じる暇がなく
思考も感情も現実も圧倒的にポジティブな状態だった

社会人になって「これからは今までのような生き方は許されない」という観念が
自分の中に入るのを許してしまったんだよね
それが、それまであった「人生楽しみたい」という観念と対立するようになって
そのへんから迷路にはまってしまったような気がする
ずっと自分の感情が「進路が間違っているよ」と警告してくれていたのに

もう一度あの頃のように楽しいと思える方向へ進もうと思う
>仏教はポジティブもよく見れば苦だよ
この言葉が気になるけど、もしそれを実感したら
また仏教に戻ってくればいいしねw
あなたと話せてよかった

他にアドバイスくれたみなさんもどうもありがとう

464 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/01(水) 21:37:36.57 ID:7X8amQKq
>>463
こちらこそ、あなたと話せてよかった
こういう内容の対話ができるって貴重なことなんだ
どうもありがとう

465 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 10:01:33.14 ID:O6Msm0eR
君達のは自分に都合の良い観念をより強めてるようにも見えるけどね

466 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 10:43:49.97 ID:7mDvnoe3
そうだね

人間は自分に都合の悪い真実をまじめに向き合うことで成長する

467 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 11:57:12.48 ID:vFnQiiZH
そう思うのもまた自分に都合のよい観念かもしれない

468 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 12:35:03.97 ID:VVb2tG8h
真面目に仏教実行しますというのなら、違う話をしたかもしれないね

悟りには段階があって、一気に悟る方もいるらしいけど、自分が知ってる方はみんな段階を踏んでいるようだなあ。それが多数派?

自我という重荷を下ろす瞬間はある
でも背負いながらも、ある程度自我が問題にならないように生きることもできるんだ
無常苦無我、執着できるものはないよって聴いてピンとこないなら、必要なところまで自我も一緒に連れて行かなきゃなんだ
「駄目だ」「間違っている」と否定すると、否定されたもの(自我)が現れるというか強くなるというか…とにかく逆効果になることもある
自我という重荷を下ろす瞬間まで、自我は必要なんだと思うよ
なんでも役割が終わったら自然になくなるものだから

469 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 12:38:14.45 ID:O6Msm0eR
知り合いにそんなに悟った人がたくさん居るのかよw

470 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 12:52:02.62 ID:oBDQS+1f
自我について、あーだこーだ言ってるのが自我だよ

471 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 13:10:21.51 ID:xhpdXPl2
>>468
それこそ順当だ

>>470
他人に何か言われてそうかもって思う人間程自我が薄いって何かで読んだ事あるな

その正誤は別問題だ

472 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 14:02:37.87 ID:oBDQS+1f
>>471
>他人に何か言われてそうかもって思う人間程自我が薄い

そりゃ自我が薄いんじゃなくて、ただバカなんだよ

473 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/05/02(木) 14:29:05.65 ID:HU9LqlCs
そうかも。

474 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 14:40:33.97 ID:VVb2tG8h
>>469
悟りの段階、いくつかある分け方の中からこれで
預流向、預流果、一来向、一来果、不還向、不還果、阿羅漢向、阿羅漢果
預流果の段階でも悟ったとされるみたい
預流果の頃は聖者の自覚がなかったりもするよ
え、聖者? 誰が? みたいな感じ
そこから数えるなら、確実だと思う方だけ数えても両手指より多いよ

475 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 14:44:54.50 ID:7mDvnoe3
あと何度自分自身卒業すれば本当の自分にたどりつけますか?

476 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 14:46:44.55 ID:7mDvnoe3
聖者の自覚があったら悟った人かもね

聖者の自覚ってなんだろう。

477 :gw tero の話です。興味ない人はスルーしてね:2013/05/02(木) 15:00:17.43 ID:okI0++ox
http://www.youtube.com/watch?v=OoacVsoTxOw

478 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 15:03:51.99 ID:O6Msm0eR
>>474
あんた坊さんなのか?
じゃなきゃあそんな段階どうでも良いだろうw
仏教の講釈がしたいなら宗教板に行けよ

479 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 15:14:10.17 ID:O6Msm0eR
>>474が、その8つの段階を判定できるの?
誰々は預流果まで達してるって分かるってのか?
そこまで分かるなら、あんたは阿羅漢果なのかって話だよな

480 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 15:18:30.76 ID:oBDQS+1f
>>476
>聖者の自覚があったら悟った人かもね

「私は聖者だ」って言う人間は宗教板にたくさんいるよ

481 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 16:26:28.76 ID:xhpdXPl2
>>475,476
両者に接続はない

聖者の自覚もまた
それは偏見に似る

482 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/05/02(木) 19:46:03.38 ID:+G9FsDIo
>>475 しはいからそつぎょうするとよかろう。

>>476 自分という知覚がないことじゃ。

483 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 19:49:40.94 ID:VVb2tG8h
>>475
気にしないのオススメ
自分でいつと決めないで、自然にお任せすると、自然がうまく運んでくれますよ
ただしちゃんと努力はします

>>476
預流果の段階で聖者と呼ばれはじめるようだから聖者という言葉を使っただけなんだ
気にしないでいいですよ
阿羅漢果まで達するまでに、
仏道を歩んでいると無自覚→自覚して、聖者=自分だと執着→「俺すごい」と勘違い←課題になりがちだと思います

>>479
>>469で書いた「自覚がない」って書き手+数名のことなんだ
「だから守られているんだ」という内容のこともあわせて言われて、当時大きかった不安な気持ちがとても楽になった
自分を見つめる前よりは人生向上したけどまだまだだよなあ…↓ みたいに感じてたけど、そんな状態でもちゃんと守られていたみたいだよ
イタチスレチかもだけど、書いたことが誰かの何かのきっかけにでもなったらいい
自分+数名の他の人数は、そのときの自分より修業が進んでいた方々を数えただけの単純な計算
普段、あの人は何々で…とかいちいち判断はしないよ
それから、自分のことはよく知らないんだ

484 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 19:53:48.26 ID:VVb2tG8h
誤 >>469
正 >>474

485 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 21:46:24.94 ID:aerykAd3
風邪をひいて体が辛い時はどうしたら良いでしょうか。

486 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 21:54:42.43 ID:x8r19r1S
よく寝なさい

487 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/05/02(木) 22:29:29.58 ID:nZy6WMMR
>>485
1. 風邪薬を飲む。
2. 寝る。
3. まだ治ってなかったら医者に診て貰う。

488 :龍昇:2013/05/02(木) 22:42:11.81 ID:CACxQ1cA
http://www.j-theravada.net/sakhi/pali_sutta2.html

これでいいんじゃない

489 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/02(木) 23:34:35.99 ID:VVb2tG8h
>>485
「風邪をひいてもサボれないよw 風邪のときこそ動け働けw」と鍛えられたよ

風邪のときは休むもの、休みたいときには病気するのが都合いいという考えをなくす
ダルいのは身体であって私ではない
ダルさと嫌だという感情を別にすると、ただダルいだけでそんなに辛くない
といった感じで色々役に立ちました


>>488
分かりやすかったわ

490 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 08:34:04.77 ID:gFTrMl4i
風邪ひいて車の運転してたら
途中でとんでもなく具合悪くなって後悔した
猛烈な吐き気と血の気が引いて行く感じ
とりあえず安全な場所まで、祈るような気持ちで必死に運転したけど
身体の求める行動(休みたいなら休む)に従うことも大事だと学んだ
一昨日の話w

491 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 08:58:30.77 ID:gFTrMl4i
釈迦も下痢の時、弟子に羽織り物を敷いてくれとか言ってなかったっけ?
休みたい気持ちに従ったんじゃないだろうか?

492 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 09:39:22.17 ID:zgXRR+T4
病状によるだろ。
釈迦の場合は普通の下痢じゃ無くて死因になった食中毒の時の話。
風邪の場合も、薬を飲まないほうが治りが早いというのは
常識になりつつ有るが、かといって40度近い高熱が出た場合は
命に関わる事もあるので解熱剤を飲んだほうが良い。

493 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 10:38:22.31 ID:Ym+cRUVn
なぜ釈迦はなんとか智とかなんとか境地に達していたのに
釈迦自身の不摂生不注意で、下痢して死んだのですか?
おかしくないですか?

はっ 釈迦は悟っていなかったのでは?_?
そもそも悟ったら死ななくなるはず

どうしてこんな簡単なことに今まで気づかなかったんだろう?
ぼくらは、だまされていたんだー

494 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 10:43:00.29 ID:zgXRR+T4
不摂生じゃ無いよ
その辺は大パリニバーナ経に書いて有るから一読してみると良いよ

495 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 10:51:56.90 ID:gFTrMl4i
悟ってようと悟ってなかろうと肉体は滅びるし
魂(何と呼ぼうといいけどw)は死なない
下痢は旅立つきっかけにすぎなかったと思う
そもそも食事を提供した側も親切心からした行為だしね

>>492
ま、そうだよねw

496 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:07:55.33 ID:Ym+cRUVn
えらい人の割に、死に方がださいじゃないですか
十字架に張り付けにされて、ケツから口にやり付き刺されるとか、
なんか絵になる死に方はなかったのですか?

497 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:11:42.83 ID:gFTrMl4i
下痢が>>496のフィルターにかかると「ダサい」になるだけさ
>十字架に張り付けにされて、ケツから口にやり付き刺される
それが画になると思うのも>>496の観念のなせる業

498 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:13:03.06 ID:zgXRR+T4
絵になる必要など無いからね。
まあ死因なんて口伝で伝わったもので、創作の可能性だってあるんだし
君がどう思おうと君の勝手だけどね。

499 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:28:06.16 ID:gFTrMl4i
そういえば、菩提樹の下で横になる釈迦って
文字通り絵画になってなかった?
その時下痢だったかどうかは知らないけど

500 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:31:08.23 ID:gFTrMl4i
菩提樹じゃないな
マンゴーの木かなんか

501 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:31:23.25 ID:zgXRR+T4
そんな画は見たこと無いな

http://sky.geocities.jp/stokoji2ooo/nehann/nehann.html

これと間違ってない?

502 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:38:28.61 ID:gFTrMl4i
>>501
そういうのじゃなくて
インドあたりの細密画だったと思う
かなり記憶が薄くて不確かですまない

503 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:46:09.59 ID:zgXRR+T4
インドにそういう画があるかどうかは知らないから憶測になっちゃうけど
釈迦の寝ている画や像は、入滅時の状況を現したものがほとんどだから
菩提樹やマンゴーの木というのはおかしい気はするね。

504 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 11:52:00.67 ID:gFTrMl4i
何かの木の下で横になって死んだんじゃなかったっけ?
ということは、
木の下に横たわる絵→釈迦だと勝手に解釈した可能性あり
すまん

505 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/05/03(金) 20:50:39.37 ID:vbABMJXN
>>485 薬を飲んで寝るが良かろう。
 水が直ぐ飲めるように水差しとコップなどを枕もとにおいておくのじゃ。
 
>>490 そうじゃ、無理はいかんのじゃ。
 誰も肉体の限界以上は動けないのじゃ。
 限界以上に動かそうとすると死んだりするのじゃ。

>>491 そうじゃろう。
 無理をしないのが一番じゃ。

>>493 そろそろ死んで見るかと思ったのじゃろう。
 自分が死なないと無常と言う話が嘘になるからのう。

>>496 涅槃の絵になっているのじゃ。

506 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/03(金) 22:28:47.68 ID:re4QThTD
鬼和尚さんが限界の話をされているので…
身体の限界などは思考が決めている場合もあるから、自我の主張(思い込みや勘違い)を見てみると役に立つし、面白いよ
勘違いを正していくと顔つきやスタイルがよくなったりするし、人生も好転するものなんだ
思考と身体はリンクしてるから、身体の姿勢や立ち居振舞いを正すのでもいいよ
興味ある方、余裕あるときにでもよかったら試してみてください

>>485さん>>490さん、お大事に
>>490さん無事でよかったよ

507 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 07:15:17.34 ID:8iD8RZUO
どっちもわかるな>限界

インスピレーションみたいなものが突然閃くんだよね
不思議なのがそれより前に(数分だったり、数か月だったりもするけど)
「どうにかできる気がする」という前兆があること
そういう時は考え続けると必ず限界(と思っていたもの)が乗り越えられる
それ以外の時はがむしゃらにもがいても満足できる結果は得られなくて
そのまま流れに任せる方がよかったりする

508 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 10:03:16.14 ID:9NvuX2kI
肉体の限界というのは肉体が発してる警告だよ
ランナーズハイとかが危険なのは、その警告を感じなく成って限界以上に
やり過ぎるからなんだから、宗教カブレの言うことは鵜呑みにしては駄目だよ

509 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 10:52:50.52 ID:Ek136cm5
今回のケースの場合は身体的な話なのに能力開発における限界を持ち出す奴はアホ

510 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 10:55:21.72 ID:8iD8RZUO
命にかかわることはそのとおり警告だと思う
自分が経験したのは慢性蕁麻疹だったけど、医療費の明細見てて
「こんなのが一生続くのか?アホらしい。絶対自分で治せるはず」
と思って勝手に断薬してみた(決して他人に進めないけど)
すると1週間くらいで症状が出なくなった
こういう場合なんじゃないかな>思い込みの限界

511 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 11:00:05.98 ID:9NvuX2kI
>>506
君がその考え方を取り入れて肉体がどう変化したのか
画像でもUPしないと説得力はゼロだよ

512 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 11:11:10.63 ID:9NvuX2kI
>>510
他人に奨められないと言うのにここに書き込むのはのは何故?

例えば食物アレルギーの場合、死に至るケースもたくさん有るのは知ってるよね
私もアレルギーをいくつも持っていて、軽いものは自分で克服したものも有るが、
自分に当てはまるものが他人に当てはまるとは限らないよね

蕁麻疹だって気管や食道に出た場合は、気道が閉鎖されて死に至るケースだってある
ここのような悩みを抱えた人が見るようなスレで軽率な発言はしない方が良いと思うよ

513 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 11:23:26.67 ID:8iD8RZUO
>>512
ごめん、そうだね
私もアナフィラキシーになったことあるからわかるよ
もうやめとく

514 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/04(土) 22:27:49.55 ID:lPR4L4sW
>>510
一人称自分キモい

515 :龍昇:2013/05/05(日) 20:01:57.33 ID:p90Mms4Y
分かる人、教えていただきたい。

今の状況に気付くとビックリすることがある。
「わっ、いま夜だ」「わっ、いま部屋の中にいる」
つまり、その直前は自分がいなかったわけで...。
ただビックリする以上、自我が優勢なわけで。

そこで質問。
優勢の割合が逆転してくるとどうなるの?

516 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/05(日) 20:18:11.91 ID:/eAhl369
>>515
自我が劣勢ともいえる
実際自我を拡大しても無効化できるだろう
したがって優勢の程度はもはや意味を持たない

517 :龍昇:2013/05/05(日) 20:56:28.48 ID:p90Mms4Y
>>516
それは分かるよ。
トラックを右回りするか左回りするかの違いだから。
聞きたいのはその先さね。

518 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/05(日) 21:03:16.89 ID:JN/7zK7C
よかったら、気づく前の状態はどんな感じか教えてもらえますか?

519 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/05(日) 21:09:58.08 ID:/eAhl369
>>517
いや
トラックに例えるならこれから走るかもう走り終わったかの方が適当だ
そもそも走らない事は走った事と同等なので走らなくてもいいんだけどね
無論走ってもいいんだよ
人生が割りとそうだ

520 :龍昇:2013/05/05(日) 21:13:38.13 ID:p90Mms4Y
>>518
何もないよ。
言えるような「感じ」があったら、それは既に状態を把握し気づいている状態だから。
う〜ん、あえて言うなら、ごく一瞬の記憶喪失みたいなもんかな。

今回の疑問は、その状態が主であり得るかどうかってとこなのさ。

521 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/05(日) 21:36:48.77 ID:JN/7zK7C
>>520
書き込みありがとう
ごめんよ、記憶喪失の文字を見て?度が増した…
単刀直入に言うと、自我を手放しつつあるのか、ぼーっとしてたのか、どっちかなあと思ったんだ
こっちも自分なりに表現してみる
気づく前は、行為だけがある感じ?
起こっていることとの一体感というか
それとも記憶がないのかな?

522 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/05(日) 21:43:20.73 ID:p31oE7ah
3分でわかる偽和尚 
  「世界のどこかには、自分を最高に評価する人がいるはずだ、それこそが真実、世界のどこかにある会社は自分を年棒百億円で雇ってくれるはずだ」
  「奴隷社会で価値を認められなくても、いいんだよ。俺の真の人間の価値とは関係がない」
  「だから俺様はこのままで誰からも文句をつけられてはいけない」
  「誰でも自分と同じことを考えていないとおかしい」「この考えを否定するやつはバカだ」
  「全然根拠もないけど人生は短いから、なにをどう考え感じても絶対的な根拠にはなりえない、だから誰もこの俺の妄想を否定することはできないはずだ」
  「この俺を批判するやつは主観的にしかものを見ないやつだ」「この俺が本当に心底だめな奴だ言える絶対の客観証拠はない」
  「俺と俺の考えを否定する考えは、すべてトンデモ、妄想、思い込み、主観、だから反論するな」
  「俺は与えられた環境下で努力できないが、なにをやっても本当にすべてダメかは、証明されるはずがない」
  「自分の絶対肯定という真実を俺は追求し続ける」「それだけが本当のことだ」
  「お前らは否定という思い込みを、解消し続けろ」「それだけを許す」

523 :龍昇:2013/05/05(日) 22:02:11.13 ID:p90Mms4Y
>>521
もしボーっとしてたら、「おっ、いかんいかん。勉強勉強っと」って感じになるかな。俺の場合。
そうではないのさ。
例えば以前の記憶を全て消して、突然今の世界が現れたとする。

...? ...?

ってならない?
ちょっとだけ記憶の糸を切られたような。でもその糸はすぐに修復される。
「わっ、部屋だ。そうだ、飯食った後だ。暗い。夜だ」
ってな感じ。文章にするとゆっくりに思えるかな。もちろん一瞬で元に戻る。

俺は逆に「一体感」というものがよう分からんよ。
漫画的な妄想に発展しやすいから、あえてそういうのは避けてる。

どうなんだろ。
もしかしたら二人は同じ景色を語っているかもしれない。

524 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/05(日) 22:47:33.71 ID:JN/7zK7C
>>523
言いたいこと分かった気がする
自分が思っていたことは違うことでした
523のような状態は自分もあるよ
「突然今の世界が現れ」る直前のことは、今のところ???だわ

一体感の話
以下のような状態なのかなと思ったんだ
気づく前には、一定の時間自分がなかった
自分がなくても行為はあって、一体感があったというか、何も問題がなかった
そういうことが何度かあって、自分が行為していると思っていたけどそれは勘違いで、自分がない方が円満だと思い知ったんだ

525 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 09:28:49.43 ID:YzlqKp73
瞑想のときにお香を焚いているのですが、
匂いの刺激など無いほうがいいですか?

526 :オナ和尚:2013/05/06(月) 13:09:06.18 ID:uB/g9QNV
エロビデオを流しながらでも瞑想できるようになって一人前じゃ

527 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 18:10:03.46 ID:L1SZE4ei
人間に思考能力の差はあると思いますか。
もしあるなら、その差は悟りを得る能力の差を生みますか。

一生悟りを得られないほど思考能力が低い人はいるのでしょうか。
もしも明らかにそれと分かるほと低い思考能力の人が
悟りを得ようと四苦八苦している時は
「悟りを得るのは諦めなさい」とアドバイスすべきでしょうか。

528 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 18:26:25.57 ID:l8YVLmsY
俗にいう頭良いのと悟りを開くのは違うと思うよ
悟りを開くというのは所謂自我を滅して、執着とか苦るしみが無くなった状態でしょ

529 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 18:46:21.59 ID:SM8rhgo0
思考能力というものが悟りに不可欠だという話はあまり聞かない気がするが

530 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 18:49:07.59 ID:/iFkkQHB
思考能力は悟りには不要

531 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 19:28:22.38 ID:SM8rhgo0
不可欠なものってあるのかな。意志?

532 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 19:38:38.74 ID:/iFkkQHB
>>531
特に無いけど、しいて言うなら「きっかけ」

533 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/05/06(月) 20:15:42.75 ID:Ve3bucZ2
>>515 びっくりしなくなるじゃろう。
 何が起きても夜は夜じゃなとか、部屋の中じゃなと認識するだけなのじゃ。
 自分にとっての利害損得を考えなくなるからのう。 

>>525 落ち着いたり瞑想の助けになるならばあっても良いのじゃ。
 虫もこなくなるしのう。
 助けになるならば何でも使うが良いのじゃ。

>>527 思考能力の差はあるじゃろう。
 しかし、それも反復学習する事で発達するのじゃ。

 それが思考能力の差だけならば、悟りを得る能力の差にはならないじゃろう。
 明らかに集中力が無いとか、言葉も理解できないならば難しくなるじゃろう。

 集中力や観察力があり、意志を持続する能力があれば思考力は無くとも悟りを得られるじゃろう。
 むしろ考えてばかりで思考の囚われから抜けられない者より有利なのじゃ。
 なぜならば思考に囚われずに観察できるからのう。
 カルトなどに騙されるのでなければ続けさせたら良いのじゃ。 

534 :龍昇:2013/05/06(月) 20:30:53.01 ID:8XImxBVW
>>533
どうもありがとう

535 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/06(月) 21:17:54.76 ID:TArMoHVe
>>527
気づくかどうかだろうな

536 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/07(火) 01:49:37.33 ID:IMKIbEUb
>>525
焚くときは焚けばいいし、焚かないときは焚かなければいいですよ
あってもなくてもどっちでもOKになるといいと思いますよ

>>527
>「悟りを得るのは諦めなさい」とアドバイスすべきでしょうか。
これはしない方がいいと強く思います
「思考能力が低い」方のためにもそう思いますし、何より527さん、あなたのためにそう思います

仏教では、自分がどうあるかです
人のことが気になるときには、自分への注意がおろそかになっていないかに気をつけます
ですから、自分のしたこと、しなかったことに注意を向けるといいと思いますよ
その方への不必要な関心は捨ててしまうといいと思います
だって、いつ何がきっかけで悟るかなど、我々には分からないのではないでしょうか

537 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/07(火) 02:00:40.73 ID:IMKIbEUb
>>527
>>536の続きです
悟り、智恵とは、今ないものを新しく獲得することではありません
ですから、あまり気にしなくていいと思いますよ

538 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/07(火) 12:00:24.32 ID:OZa3I3ve
>>527
追い風にはなるな
踏み台だ

どのアドバイスもしなくて良い
対象に任せよう

539 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/07(火) 13:49:15.45 ID:8PLUUOZO
鬼和尚に質問です

海です 女の人が二人おぼれています
片方はよぼよぼのババァで
片方はAKBみたいなのです

鬼和尚はどちらを助けにいきますか?

540 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/05/07(火) 20:07:07.38 ID:Ns0Ga27X
>>534 どういたしまして、またおいでなさい。

>>539 先ずおばあさんを助けるじゃろう。
 間に合えばAKBも助けるじゃろう。
 特に礼はいらんのじゃ。
 

541 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/07(火) 21:12:28.59 ID:I6GleuCM
じいさんとAKBなら?

542 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/07(火) 21:16:44.38 ID:I6GleuCM
AKBと秋元康なら、どっちをたすける?

543 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/08(水) 10:51:00.69 ID:Bmjndnq8
>>540 若い女の方がずっと役に立つのになぜその順序で助けるのですか?

544 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/08(水) 17:20:47.47 ID:bUEAjVDt
>>529
めっさ必要だ
論理を突き詰めると必然的に空に至る
もちろん一足とびに気づく奴もいるだろうし、教えられたまま素直に飲み込める奴もいるが、
釈迦や弟子なんかはかなり理路整然としてるから、釈迦は論理により至ったかと

545 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/08(水) 17:26:44.40 ID:bUEAjVDt
和尚の発言見てみたら、仏教哲学の本質と、生活の中で使う仏教の方便が入り交じってるな
恐らくわかってやってるのが面白い

546 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/08(水) 19:38:47.82 ID:bUEAjVDt
といいつつ本質などに易々たどり着けるわけもなく迷いのなか

ということで鬼和尚様教えてください
縁起、あるいは縁そのものは色や空と言えるのでしょうか
「言葉にしたり思い浮かべる縁起という概念」が色であり空であるのはわかりますが、
如来とつながる路としての縁起は……あかん言葉にすると概念になる

私が積み重ねた論理からすれば、縁起を色や空とすべきでないのは明らかですが、
一方で縁起といえど概念化しないと語れないのも論理的に明らかです
仏教的に縁起は色や空と言えますか?

547 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/08(水) 21:20:03.18 ID:1AdMzlm/
鬼和尚、
公案ってのがありますが、修行僧ではない
一般人が、師匠なしでこの問題に取り組めますか?

548 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/05/08(水) 22:03:17.38 ID:kiOa/wzU
>>541 先にじいさんを助けるじゃろう。
 礼はいらんのじゃ。

>>542 うきわをなげるじゃろう。

>>543 若いものは体力もあり、少しは放って置いても大丈夫じゃろう。
 じいさんばあさんは直ぐに死ぬかもしれんから先に助けるのじゃ。

>>546 それはどちらの法を使うかで違うのじゃ。
 縁起は心を観察する方法なのじゃ。
 空は囚われや執着を論理的に離れ、己をも虚しくする方法なのじゃ。

 心を観察するならば縁起を空としてはいかんのじゃ。
 執着を離れようとするならば縁起の法も空とみなすのじゃ。
 人の性質が違う故に、人に合わせる様々な法があり、違いもあるのじゃ。
 自らの性質を知り、性質に合った法を選んで実践するのじゃ。

>>547 実践するのは自由なのじゃ。
 しかし、師匠がいなければ自分だけでわかったつもりになってしまう恐れがあるのじゃ。
 進境を見る者がいなければあまり意味は無いのじゃ。
 

549 :546:2013/05/08(水) 22:26:47.21 ID:tjMGUoRN
>>548
おお、これは素晴らしい
今、中論を読んでいるのですが、非常に理解の助けになります

質問の意味が通じるかどうかすら少し疑っていた自分が恥ずかしいorz

550 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/08(水) 23:02:16.13 ID:tjMGUoRN
>>53
亀で悪いけど、障碍者が言い換えだなんてとんでもない、真逆
元々「障碍者」が正しいんだけど、
常用漢字じゃないから使えなくて、新聞とかだと「障がい者」と記載される
そんなかで「障害者」という単なる当て字というか誤字が定着しちゃっただけ

「障害者を障碍者と言い換えてる!」なんてのは、
すでに基地がある近くに住宅作っておいて、
住宅の近くで危ないから基地でてけーって言ってるようなもん
……とは流石にちと違うけど、
あとから来たのに元からあったような顔して元のを追いだそうとしてる所が同じ

551 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/08(水) 23:31:29.87 ID:cmvMgVlg
焦りや緊張というのは何のためにあるんでしょうか。
そんなモノが無ければ「冷静な時は必ず上手くいく事」を肝心なところで失敗したりしないのに。
完全に無駄な心理メカニズムだと思うのです。

552 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/09(木) 02:34:37.29 ID:6lYtLTpl
>>548 なんで助けなくてもどうせすぐに寿命来て死ぬにきまってるじいさんやばあさんから助けるのですか?

553 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/09(木) 02:38:09.97 ID:6lYtLTpl
>>551 一刻を争う生死の事態が野生動物にはある 人間にはあまりない。 まずは一服するのじゃ。

554 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/09(木) 03:41:21.43 ID:zsG/f3h3
313:名無しさんの初恋 :2013/04/18(木) 00:25:36.46 ID:+U5HW2OP
好きな女性がいますが、状況的に面倒な事になっていまして、何か知恵を貸してください
自分 26歳男  
相手 29歳女

お互いに知り合って二人で食事したり、遊んだりするようになって3年になりますが
今まで勇気が出ずに、明確に好意を示すような事をしなかったため進展はありませんでした

今年の5月半ばから、1年半程海外で生活しなければならなくなり、半年に一度程度しか相手の女性と会う事が出来なくなります。
その事を伝えたら、お互いの人生設計の話にな
恋愛の悩みあれば相談にのるよ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/pure/1355140135/

555 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/09(木) 09:47:49.16 ID:rvQkOHnK
>>551
警告でもあるな
教訓にもなる

556 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/09(木) 19:28:34.73 ID:jPHJmuIq
ある苦を観察してなくしたいとき、その苦に関することを集中的に思い浮かべて観察するのですか
それとも自然に苦が発生してきたときのみ観察するのですか

557 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/05/09(木) 20:17:50.85 ID:8OZJx29T
>>549 縁起が心を観察するための法と知らん者も多いのじゃ。
 またおいでなさい。

>>551 それは危険な事があった場合に、身動きを少なくしたり、激しく動けるようにアドレナリンを放出するための体の反応なのじゃ。
 自然の状態で強い敵にあったら、身動きはしない方が良いから体が固まったように緊張するのじゃ。
 そして逃げたり戦ったりするために、アドレナリンが出て頭は空になり、体は激しく動きたくなるのじゃ。
 現代の社会では無用な反応であるがのう。
 瞑想を行えばそれも制御できるようになるのじゃ。

>>552 AKBもいずれ死ぬのじゃ。
 平等なのじゃ。

>>556 特定の苦を観察する時はその苦を様々に分析したり、原因を思い浮かべたりして観察するのじゃ。
 思い浮かべた原因が正しければ、苦は起こるじゃろう。
 本当は避けたい苦を観察するのは苦しいものであるが、それだけでも苦は軽くなるじゃろう。
 

558 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 12:24:06.77 ID:YBouIaAa
>>556
元から断とう
絡みも含めて

559 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 19:35:42.87 ID:VOFNZ/0v
>本当は避けたい苦を観察するのは苦しいものである

瞑想に熟練してる人はいいんだけど、
すでに心身のバランスが崩れてたり、あまりに苦しすぎて体が拒否反応起こす
ような大きいトラウマやPTSDは、我慢してひとりでやろうとせず
カウンセリングなど他人の補助があった方がいいと思う
錯乱したり、自・他傷にエネルギーが向いたりするようなひどい場合ね

560 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 22:00:03.15 ID:NEuyhczV
>>551
過去に生きているよと教えてくれます。

>>556
どちらでもいいと思います。
観察して感情が出るようなら、わざわざ感情に焼かれることはないと思いますし、
冷静に観察できるなら、自主的に向き合うのもいいと思います。

561 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 22:45:41.49 ID:bdMVfV6P
すみません。
教えてください。

我が家は、天台宗の檀家なのですが、このたび半袈裟が欲しいと思って、ネットで色々と探しております。
それで、色んな色の半袈裟があることがわかりました。紫色から茶色まで色んな色が・・・。

出家僧の袈裟は、色によって僧階が決まっており、紫衣が最も偉いと聞きました。
在家用の半袈裟でも、色によって階級があるのでしょうか?
私は紫が好きなので、紫色の半袈裟を・・・と考えているのですが、
単なる(檀家総代でもない)一般の檀家では、紫は良くないのでしょうか?

562 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 22:50:09.34 ID:ygr9cTNA
宗教板の天台宗スレで聞こうね

563 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 22:54:33.74 ID:bdMVfV6P
>>562
そうします。 m(_ _)m

564 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 23:34:01.76 ID:Scea+5am
常に酔っ払っている人間、常に薬でラリってる人間が、そのままで悟る事は可能でしょうか?

565 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/10(金) 23:40:34.37 ID:Scea+5am
>>559
いきなり根本を目指さずに、ちょっとイラッと来たときに試せば良いかと

ちなみに実践として、エフェドリンによる焦燥感をいとわないことは可能ですが、
JWH-15やJWH-18による多幸感や混乱は制御しづらいように思います
あと眠気はどうにもならん

566 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/11(土) 00:00:52.31 ID:UD6w8jCt
しかしJWHは全て違法になったので今は試せないのが残念の限り
ちなみにアルコールは五蘊のうち特に識を取り漏らす感じかな?
他の有機溶媒は文字通り脳が減るから流石に試せないわ

567 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/11(土) 11:23:35.32 ID:aSQpGe35
>>564
うん

568 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/12(日) 12:21:56.74 ID:qhGe8pnw
>>567
なるほど

薬の勘繰り効果なんかはおそらく猜疑心が増幅した状態だから、むしろ猜疑心を見つめやすいのかもしれない
猜疑心がなくなれば勘繰りせず薬の混乱だけをありのまま受け止められそうだ

569 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/12(日) 12:49:23.80 ID:9b7q38It
薬の量とかにもよるだろ
そいつとか鬼が偉そうな事言ったって、全身麻酔吸ったら
あっという間に意識ないわ

570 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/12(日) 14:32:58.39 ID:x5stlnS3
>>557 なぜ平等なのにおばあさんから先に助けるのですか
   先におばあさんから助ける自分に見られたいという欲望がないですか?
   良く観察してみるのじゃ?

571 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/12(日) 16:31:33.12 ID:fyBxVXye
心理学を究極まで進歩させると、仏教の正しさが科学的に証明される気がします。
人類がそこまで賢くなるのは遠い未来だと思いますが。

572 :◆C8utSR9LI6 :2013/05/12(日) 16:38:54.96 ID:qUCnHe7k
>>570
全く同じ状態で溺れていたらババアの方が危険度高いから先に助けないといけない
しかし、両方かなり危ういのであれば助かる可能性の高い若い方からという場合もある
その辺含めて、もっと詳しく設定しないとケースバイケースとしか答えようがない

573 :◆C8utSR9LI6 :2013/05/12(日) 16:49:42.12 ID:qUCnHe7k
ついでにいうと
どちらもより確実に助かる手順をとる
これでお終い

そういえば、こういうシチュエーションの話って
その昔、シティーボーイズのネタでもあったなw

574 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/12(日) 19:15:00.03 ID:MrAaw2Wz
価値の勝ちかよ

575 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/13(月) 00:45:55.37 ID:UA+tVXLB
お婆ちゃんとAKB、どっちを助けるか
自我を取っ払ってしまうと答えられない問いだと思う
色々なケースを考えることはできるけど、それらは自我の言うこと
実際そういう状況になってみないと、身体がどう動くかなんて知らないものだよ

576 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/13(月) 08:19:57.09 ID:0DZVxEqI
寝苦しい夢を観ない方法はありますか。
大学の単位が足りなくて中退する夢とか、
思春期にありがちな顔から火の出るような恥ずかしい記憶、
他人に土下座して謝りたくなるような遠い過去の記憶がフラッシュバックします。
客観的に見ても実際は私は大学を中退してもいないし、
特に風変わりで嫌われ者というわけではないのに、
早朝の明け方などにそんな夢を観てうなされる事が多いのです。

577 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/13(月) 10:12:01.21 ID:TNszeokt
それらはインテリの人に多いタイプの夢だと聞いた事があるな
失敗に向き合う傾向もある

運動でもしろよ

578 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/13(月) 11:07:17.28 ID:mMnczXyR
>>575って偽和尚っぽいな?

579 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/13(月) 11:11:42.94 ID:mMnczXyR
>>573 >昔シティーボーイズのネタ そうなんだ いい情報をありがとう

580 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/13(月) 14:55:56.44 ID:UA+tVXLB
>>578
575です。こんにちは
違うよ
言うなれば偽偽和尚?w

>>576
夢を見ない方法を知りたい、と
夢を見ることが確定されているかのような、未来が決まっているかのような表現をされていますね
過去を未来にぶん投げて、過去を繰り返さなくてもいいんですよ

581 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/13(月) 22:42:29.82 ID:m1pT1uRC
現実で苦しむ代わりに夢で苦しんでるのでよしとする。

582 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/05/14(火) 11:16:15.22 ID:limhR02A
>>578
呼んだ?
その書き込みは俺のじゃないけど。

583 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/14(火) 12:15:24.23 ID:xPVA5qgQ
このスレはもう機能しないかもしれないので
さそりを開いたスレに移動しようか

584 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/14(火) 12:22:34.88 ID:C7xE3NQC
あっちもとっくに機能してないし、鬼が規制中で機能しないなら
あっちにも鬼は来れないんだから一緒だろ

585 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/14(火) 13:37:44.29 ID:OnnKC1Xe
鬼は規制中か
自称悟り人も規制の前じゃ手も足も出ないか

586 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/14(火) 13:44:04.11 ID:C7xE3NQC
悟り人はエスパーじゃ無いだろう
しかも自称だし

587 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/14(火) 19:26:11.04 ID:xPVA5qgQ
自称悟りには何の意味もないということですね

588 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/14(火) 19:58:51.85 ID:IUOwkQXJ
意味を作るのはあなただからね

589 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/14(火) 22:10:19.74 ID:3dB6x92y
皆さんは仏教寄りの方が多いような気がしますが、
いわゆる伊勢や出雲の式年遷宮に対して
興味がありますか?
どういう見解、感想をお持ちですか?

590 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/15(水) 07:31:38.94 ID:qohOGD0P
自分の目的に自覚的でない行為は目的に適わない

591 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/15(水) 12:38:37.53 ID:U4sqYjwF
>>589
ないよ
特に

592 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/15(水) 20:33:50.21 ID:dlTY0oYS
出雲大社の本殿には何が安置されているのでしょうか?
また、それはどんな造形なのでしょうか?

593 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/15(水) 21:18:06.62 ID:HrPA2bxl
質問させて下さい。

将来もし子供ができたとして、悩みがちな自分の性格に似てしまったら人生が辛くて申し訳ないなあ。
タフな性格だったとしても老病死、悲しい分かれ、不安と恐怖の死が待っていることを考えると、
心から子供が欲しいと思えないのです。

仏教的にはどう考えたらよいのでしょうか?

594 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/16(木) 00:01:11.39 ID:CipQdMOr
生き物は心から子供が欲しくて作るわけではないのじゃ。
性欲や恋愛感情の目的は子育てじゃが、
本人達がそれを自覚している必要は無いのじゃ。
未来の行為に意味や目的を案じなくとも、成り行きに任せた方が上手くいく事も多いのじゃ。

595 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/16(木) 00:11:26.50 ID:mZ8vQAMo
語尾に「じゃ」と付ける奴はろくな奴が居ない

596 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/16(木) 00:17:26.45 ID:8FqGfRZ4
その通りじゃ

597 :マハラー・将侯:2013/05/16(木) 10:45:06.91 ID:MXvgW75p
最終解脱したのじゃ

598 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/16(木) 11:06:18.04 ID:mZ8vQAMo
踊るマハラジャ

599 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/16(木) 11:54:19.33 ID:WSPbOOPG
>>592
知らん

>>593
操作するな

600 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/17(金) 20:43:27.92 ID:2vWmm83C
>>599
安心しろ。

おまえのようなカスでも他力でなら成仏できる。よかったな。

601 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/17(金) 20:49:16.84 ID:Ow7+6i76
このスレに二人しか居ない自称悟り人に対して無礼な奴だなw

602 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/17(金) 20:58:36.63 ID:2vWmm83C
悟り人は「失礼」は受け取らないから、失礼にはならない

603 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/18(土) 11:33:05.09 ID:b+rCXPgo
いや
対象の受けとは別だ

安心も失礼もオレにあって力を持たない
既出だ

604 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/18(土) 11:34:28.10 ID:FzIMVeHU
既出だとか言っても、今日はじめてスレを見る人だって居るだろ
アホな自称悟り人さんw

605 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/18(土) 11:40:28.45 ID:b+rCXPgo
だからこそのだ

606 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/18(土) 11:44:07.38 ID:FzIMVeHU
それでいいのだw

607 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/18(土) 15:35:32.46 ID:kr4/Fhs/
それでいいのだはいいのだ
起きたことによくないのだと言うからおかしくなるのだ
無常で一瞬一瞬変わってるのだから、いちいちよくないのだと言って終わったことに執着しなくていいのだ
執着するのではなく変えればいいのだ
一瞬一瞬がそれでいいのだ

608 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/18(土) 15:50:06.68 ID:FzIMVeHU
賛成の反対なのだ

609 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/18(土) 17:53:32.79 ID:tl96RGFB
職場の上司と、人間関係が悪化して修復不可能です。
退職も視野に入れていますが、退職の理由を
上司の上司に告げておくべきでしょうか。
関係が悪化してる上司からは、パワハラや虐めをされていて
精神的にもかなり参っていますが
上司の上司には恩を感じており
長年雇ってもらった会社に多少なりともの愛社精神もあります。
でもどこかで吐き出して実態を知らしめたい気持ちもあります。
助言をお願いします。

610 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 08:40:47.16 ID:2EnhBOIq
まず退職してから考えよう。

611 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 08:59:15.60 ID:+vwsYLDX
ここに書いても書かなくてもいいですが、
本音を見てください
>>609さんはどうしたいのでしょう
退職するかしないかは置いておいて、まずどういう気持ちでいるのか見てください
上司の上司に感謝を伝えたいだけなのか
上司に復讐するために、上司の上司に告げ口したい気持ちがあるのか
どういう気持ちで上司の上司に話すかで、結果は変わってきます
感謝の種なら感謝の実を結びますし、復讐の種なら復讐の実を結びます
結んだ実はあなたが刈り取ることになります

612 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 09:13:52.82 ID:l+9RrDXu
感謝とか復讐とか受け取り側の判断で変わるよ。
そういう自分の願望に近いオカルトな返事はしないように。

613 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 09:20:13.32 ID:+vwsYLDX
>>609
>>611補足
パッと見>>610さんと反対の意見を書いていますが、否定したわけではないです
むしろ簡潔だし賢い手だと思ってます

614 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 09:22:38.01 ID:+vwsYLDX
>>612
そうだね
その通りだし、同時に、自分から発したものがまず自分に影響するのも本当だと思うよ

615 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 09:27:06.33 ID:l+9RrDXu
だから自分が発したものの影響がどう出るかは、相手次第だって言ってるんだろ
君の言ってることは自分に返ってくるから感謝しろって言ってると一緒で、
そんなものは感謝でもなんでもない。

616 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 09:33:00.77 ID:+3dX/l2G
>>609です。みなさんありがとう。
やっぱりきれいに辞めるのが賢いのかなと思います。
今までお世話になった感謝だけを伝えて、辞めます。
怨んでも上司が変わるわけでも、改心するわけでもないですもんね。

617 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 09:47:26.55 ID:+3dX/l2G
>>616追加ですが、理性ではわかったつもりでも
気持ちのモヤモヤがおさまらずキツイです。
それをどう納得させたらいいのか知りたい。

618 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 10:10:53.89 ID:+vwsYLDX
>>616
過去に執着して怨むと上司が敵に見えますし、いつか上司に似た人と出会ったとき、その人まで敵に見えたり苦手意識を持ったりすることもありえます
今という現実を、過去というフィルターを通して見るようになるからです
今という瞬間には何の意味もついていません、
執着し意味をつけるのは自分です
ネガティブもポジティブも自分で意味をつけています
意味をつけたとたん、フィルターがかかります
嫌な世界に見るのも良い世界に見るのも、瞬間で変わるし変えられます
執着を手放すと、今という瞬間瞬間だけ見るようになってきます
そうすると、安心していられます

616さん応援してます

619 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 10:13:55.16 ID:+vwsYLDX
>>617
追加ありましたね
618で足りるでしょうか…
必要であればまた来ますノシ

620 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 12:56:22.19 ID:fAl2XFWo
私は派遣社員です。自分なりに、早く仕事をしようと頑張っているんだけど、
ペアの先輩は、いろんな人に私のことを 「仕事が遅い 」って言ってる
みたいです。
この前、「あなたは帰るのだけは早い」と言われました。ちゃんと時間に
なってから帰ってるし、だいたいペアの人はいつまでも雑談してるだけ。
朝は、私は早く来て掃除や、道具の整理をしているのに(ペアの人は
私が整理し終わった頃にいつも来る)
辛いです・・・

621 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 14:02:39.55 ID:/mNbwgDQ
相談お願いします
女子社員が多い会社で働いています
一人の先輩に嫌がらせをされています
良くあるような大きい嫌がらせで無く、私以外誰にもわからないように小さい嫌がらせをされます
表だってやられるならまだ対処方法はありますが、皆や上司の前ではすごく優しいんです
なので、嫌われているのが気のせいかと思うんですが、忘れた頃にやられます
すごく仕事のできる人なので、気付いていないふりをするべきでしょうか?

622 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 15:30:48.93 ID:0twu3K2Y
>>621
どんな嫌がらせなのかわかりませんが、
   誰にもわからないようなものなら、やり返しましょう。
   我慢してるからやり続けられるのでは。

623 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/19(日) 15:56:07.88 ID:/mNbwgDQ
>622
彼女は先輩なので、私の名前を報告書に書かなかったりします
しかも、報告書は私は見れないので、ある時上司に頼まれて昔の書類を調べた時
彼女の作った書類には私がいなかった事になっていたのがいくつかありとてもびっくりしました

624 :◆C8utSR9LI6 :2013/05/19(日) 15:57:42.69 ID:q28edYi5
>>623
そのエピソードだけだと、嫌がらせではなく、利用されているだけにしか見えないのだが

625 :◆C8utSR9LI6 :2013/05/19(日) 15:59:27.66 ID:q28edYi5
ん?
企画書ではなく報告書か
まあいいやw
どっちにしろもうちょいkwsk欲しいところ

626 :623:2013/05/19(日) 16:46:36.37 ID:/mNbwgDQ
報告書の件で言うと、その仕事に私が参加していなかった事になります
他にも私が気をきかせて他部署と連携しようとしても止められます
他の人がリーダーだと同じ事をしても誉められます

627 :◆C8utSR9LI6 :2013/05/19(日) 16:49:05.19 ID:q28edYi5
>>626
つまり、あなたはその人にとって目の上のタンコブなのではないですか?
そういう感じじゃないの?

628 :623:2013/05/19(日) 17:12:25.97 ID:/mNbwgDQ
>>626
私自身は先輩を出し抜こうとは思っていないですけど、そういう一面もあるかもしれません
ただ、先輩は皆の前では普通に接して来て、仕事も出来て優しい感じなので
同僚にいじめられていると言っても気のせいだよって言われてしまいます
つらいです

629 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/20(月) 11:31:19.67 ID:AOAQEUqD
>>609,620,621
相手にそういうんだ
まずは互いに理解し合おう

630 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/20(月) 11:51:43.24 ID:Nip1pUxt
酒でも飲んで両方が本音さらけ出せば大概は片付く、飲みニケーションも役に立つ
ただ形だけでは全く意味がなくて、怖くてさらけ出せない上に相手を疑うなら悪化するだけ

631 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/20(月) 21:17:42.33 ID:pLE5dwkx
早起きより遥かに難しいのは、
アドレナリンでジュクジュクのサル脳が暴走する深夜に早く寝る事である。

632 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/21(火) 07:23:11.69 ID:Zo0Wr7+R
煩悩全肯定!人間大好き!セックスセックス!
煩悩はクズ!人間醜すぎ!自然最高!
みたいなのでなく、無常を理解しながらも煩悩という人間らしさも受け入れる
そんな歌が多い歌手は誰がいるでしょうか?

中島さだ谷村荒井以外で教えてください

633 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/21(火) 08:40:18.38 ID:cLt5RX4t
おぐらけい(小椋佳?)さんの逝くとき、祝うとき

634 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/21(火) 11:23:40.10 ID:Udcfcs+9
>>632
広義では歌う全員がそうだ

あるとき
ないとき
だな

635 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/21(火) 11:58:26.90 ID:Zo0Wr7+R
>>633
ありがとうございます

>>634
むろん狭義です

636 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/21(火) 12:01:04.55 ID:4PqZsrD7
寂しさを埋めてはいかんということだな つまりは

637 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/22(水) 14:08:44.03 ID:gMGqj/IU
鬼和尚さんも、2ちゃんにきて、コテのつけ方とか調べたとか考えると
感慨深いものがある

638 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/22(水) 14:31:34.40 ID:KluuJVUw
信者と結託した布教活動なんだから、信者が教えたんだろ

639 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/22(水) 20:27:01.38 ID:HbRsWJfy
>>637
意外と若いかもしれん。文章の雰囲気などいくらでも変えられるからのう。

640 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/22(水) 21:23:25.99 ID:KluuJVUw
ブログには昭和の半ばに生まれたと書いてるけどな

641 :泥団:2013/05/23(木) 13:12:29.66 ID:Px3g4Kzp
規制なのねー

>>639
もう定年超えてると思うわ
昭和の真ん中とって30年代だとすると、だいたいそのくらいよね
前に一回退職してらしたし

642 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/23(木) 17:56:33.27 ID:ntTsCiad
昭和39年ならまだ今年49歳だぞ

643 :泥団:2013/05/24(金) 05:25:27.69 ID:GuXwwKgw
>>642
そりゃ正解だけど、わざわざ該当範囲のギリギリで計算してみせる意味あるのかしら・・・

644 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/24(金) 21:17:20.54 ID:wY0xkJhc
昭和30年でも58歳なんだが?

645 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/24(金) 23:29:47.54 ID:7uC7ewoA
昭和は40年代に終わったんだ
悔しいだろうが仕方ないんだ

646 :泥団:2013/05/25(土) 07:22:56.52 ID:GrvXaYTf
ちょw
なんで鬼和尚さんの年齢をドンピシャで当てるスレになってるわけ?

>>644
丸2日かけて追求するほどの話題でもないと思うから
あなたの方が正しいってことなら、それでいいわよ?

647 :泥団:2013/05/25(土) 07:34:56.24 ID:GrvXaYTf
でもそういえば私、鬼和尚さんが戦中生まれなのかどうか聞いてみたい
と思ったことが前にあったわ
空襲や疎開、食糧難なんかの悲惨体験をしたことがあるのかしら?

でも死について恐怖するきっかけがプールでおぼれたときだったから、
やっぱり戦後なのかしらね

648 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/25(土) 07:38:34.32 ID:67Ox1oZI
なんかださいな

649 :泥団:2013/05/25(土) 07:54:13.76 ID:GrvXaYTf
あら、ほんとw

650 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/25(土) 09:09:48.76 ID:woHHt+Jh
自分の推測が的外れだったのが、それほど悔しかったのかよw

651 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/25(土) 09:12:01.03 ID:woHHt+Jh
大体てめえが
>昭和の真ん中とって30年代だとすると・・・
とか書いといてアホかよw

652 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/25(土) 09:38:07.01 ID:1Mf8zch0
>>647
邪推する前にブログくらい読めば良いだろ。

鬼和尚が出来るまで。
投稿日:2007-10-12 Fri
 昭和の中頃、東京に生まれるが如く生まれる。
 子供の頃、九死に一生を得て、死について考えるようになる。
 10代の頃から仏教の経典を読み、独学で修行する。
 20代の頃、悟りを得る。
 人々に教える為に、勉強と修行を続ける。

 2007年の春頃から2ちゃんねるで教える。
 最近、ブログで教え始める。

http://onioshyou.blog122.fc2.com/blog-category-5.html

653 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/28(火) 21:10:36.29 ID:o2NQ63vX
日本の近現代史についてなんですが、
2.26事件
一連の全共闘事件
一連のオウム真理教事件
の3つを考察した時、日本史上の重大事件として格付けするとどうなりますか?
それぞれの事件の発生理由、社会への影響、世界への影響、その後の歴史への影響等、論点は多いと思います

654 :蠍和尚 ◆C8utSR9LI6 :2013/05/28(火) 21:27:50.80 ID:BVrT6jKh
>>653
悟りが関係ないことはわかっておるなかね?なのじゃw

655 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/28(火) 23:02:53.93 ID:C26q/r8F
↑悟りの観点から格付け願います

656 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/29(水) 10:06:34.28 ID:wYr5m9OB
↑同じだ

657 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/29(水) 15:49:07.15 ID:mITKtCB0
鬼信者、避難所で鬼がえらい絡まれてるぞw

658 :◆C8utSR9LI6 :2013/05/29(水) 16:10:08.72 ID:QiNQtqTG
>>657
面白そうだから見に行きたいけど沢山スレあってどこか分からねー!

659 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/29(水) 16:28:50.60 ID:T0KuP1RO
>>658
ここだよ

悟りを開いた人のスレ の避難所 24
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8276/1367176022/

660 :◆C8utSR9LI6 :2013/05/29(水) 16:38:17.02 ID:ReGJT2EP
>>659
ありがとー(^з^)-☆Chu!!

661 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/31(金) 22:42:24.93 ID:FN9qmXGu
鬼和尚はいずこへ

662 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/01(土) 16:18:58.24 ID:9Hl7TK0A
鬼和尚は犠牲になったのだ…

663 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/06/02(日) 17:17:48.63 ID:oLhvaCBR
少し上の書き込み見れば分かることだと思うのだが・・・

664 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/02(日) 21:33:12.78 ID:9X6MyDSG
今、日本国内では、「戦争」が勃発している。その「戦争」とは、「女性」対「男性」の戦いである。

この「戦争」を仕掛けてきたのは女性であり、「女性は差別されてきた」あるいは「女性は差別されている」
などと称して、「聖戦」気取りで、際限のない「女権拡大」を目指している。
一方、男性にとって、この「戦争」は、自分たちの(当たり前の)権利を守る防衛戦である。

もし、あなたも、「今、内戦が起こっている」との認識をお持ちであれば、是非、私らの「戦い」に
参加していただきたい。この「戦い」は、むしろ、私ら(男性)にとっての「聖戦」である。
http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555/31617282.html

敗戦までは日本の女性も戦争を大いに喜んでいたことが知られていますが、そんなの、当たり前のことです。
そう、「戦争」で男性が死ぬことによって、女性たちは精神的にも経済的にも豊かになれるのですから。
http://ch.nicovideo.jp/hyodoshinji/blomaga/ar232371

●京王線「女性専用車」 女性の主張 PART1
男性なんかいらない 日本は滅びればいい
http://www.youtube.com/watch?v=NdOy35PU06c

●京王線「女性専用車」 女性の主張 PART2
男性なんかいらない 日本は滅びればいい
http://www.youtube.com/watch?v=VrZdXh6EClM

665 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/03(月) 01:04:59.14 ID:wQqIYVZ+
>>664
自分の不幸に他人を巻き込んじゃあ、いけねえよ
まあ、わかってやってるならよし、か
わかっておらずやってるなら、またそれもよし
すべてよし

666 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/03(月) 07:42:28.89 ID:zaIjaIET
それなら君が書き込む必要なし

667 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/03(月) 22:03:11.02 ID:tHi2d2Pt
自分の人生がうまくいかないのをこじらせて、
「早く消えたい」→「世界滅亡しろ」と、自分だけでなく外の世界をうらむようになってしまったひとは、どう対処すれば良いのでしょうか?

668 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 00:21:51.03 ID:q+QeDT32
おれは進化した

669 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 00:48:18.55 ID:hF4wG14N
>>667
言彦に真っ二つにされるよろし

670 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 08:07:32.59 ID:1XUYrVaa
あ、他人です
自分が傷つくのをいとわないというか、自分の身を滅ぼしてまでほかを恨む執念?を持ってしまった人に対して、
どんな言葉がかけられるでしょうかね・・

671 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 11:23:46.55 ID:Hz1zsvzX
>>667
ほっとくのが一番早い
管理下で思考を続けさせるのも手だ

672 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 12:16:18.99 ID:NksPoOMl
偽、暑さを和らげるような法話頼む

673 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/06/04(火) 14:19:30.78 ID:cShYGwxH
>>672
暑さを和らげるような? うーん。難しいなあ。

心頭滅却すれば火もまた涼し、なんて言葉があるが、これは涼しく感じても体は
死ぬかも知れないのであまりお勧めしない。w

変な荒行に挑戦しないで水分取ってエアコンも使った方が良い。無駄に苦しむ必要はない。
体調が変だと感じたらすぐ休め。

674 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 14:21:34.23 ID:ijJp+U3H
寒いギャグか、怪談でも書いてやれよ

675 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 15:15:54.72 ID:n5m/6C5N
偽にそもそも法話はできないだろ

676 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 15:40:42.23 ID:Hz1zsvzX
そもそも
悟ってるとは信じず悟って無いと信ずる理由を各々問えよ

偽が悟ってないと嘘を言ってるかもしれんよ

677 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/06/04(火) 15:42:30.05 ID:cShYGwxH
そんなばなな

678 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 15:43:23.40 ID:Hz1zsvzX
うそつき

679 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 15:52:03.26 ID:8dRtZQev
悟っても悟らなくても私は私のまま、悟りなど気にせず進めばよい

680 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 16:04:19.55 ID:hF4wG14N
汝ら、鎖たれ
自らの悟れば苦離となり
ただ在れば
いずれ腐りて
悟りのみ残る

681 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 16:05:29.07 ID:ijJp+U3H
偽も鬼も思い込みが激しいから悟ってないよ。
鬼に関しては自分に反論する奴はみんなカルト扱いだし。

682 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 18:26:24.61 ID:hF4wG14N
悟りなんて思い込みの極地やん

683 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 18:28:19.35 ID:ijJp+U3H
自我が無くなるのが悟りだとしたら、思い込みなんてあり得ないだろ

684 :あるがままなすがまま:2013/06/04(火) 19:55:05.46 ID:BK7zSFdx
人生は一切皆苦。
どのような傾向も苦を招く原因になりうる。
苦を招くような作為的な性格を観察し、捨てていけば、
苦の量が減っていくのじゃ。

685 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 20:11:19.87 ID:4siO7V9S
苦は思い通りにならないこと。
欲がなく、こうあってほしいという願いがなければ苦も消える。

686 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 21:28:44.04 ID:LtDcOkgE
>>683
自我がないという思い込みだよ
同時に自我があると気付くけど

687 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 21:31:30.53 ID:74Hsa2Wm
>>671
ありがとうございますです・・

688 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 21:35:22.44 ID:UFIozZ2u
>>686
まあ君にとってはそうなんだろう。

689 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/04(火) 22:47:38.43 ID:LtDcOkgE
>>688
誰にとってもそうなのさ
絶対無まで行ったら戻っちゃうからね

690 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 08:06:38.93 ID:0M4uQCsR
>>689
へえ、君はそこまで行って戻って来たんだ

691 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 10:42:01.40 ID:NxuxwDbI
>>690
まさかあ、俺はまだ>>686の段階だよ
その先は理論で理解しちゃったし、体感しようと思えばできる自信はある
この自信を、自身を無くせばいいだけだ

でも今は囚われを楽しみながら苦しみたいかな
半端な悟りは武道とか仕事とか創作が捗るよー
極めたくなったら、そんとき初めて自分バラして組み立て直すとするよ

692 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 11:00:08.41 ID:0M4uQCsR
結局妄想って事ね

693 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 11:26:06.09 ID:NxuxwDbI
>>692
だから最初に言ったじゃない、思い込みの極地だと

694 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 11:47:48.41 ID:0SEFlvje
フォーカスだ
笑点でも商店でも衝天でもどれでも

695 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 12:58:46.73 ID:5YjD5mdc
>>691
書けば書くほど墓穴を掘りそうだな

696 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 16:48:17.71 ID:NxuxwDbI
>>695
本来、縮れ毛みたいなもんだからな

697 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/05(水) 20:44:03.44 ID:5YjD5mdc
例えがサッパリわからないが

698 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 09:44:59.70 ID:Bkgc9ss2
武道とかで言うだろ

極意とは陰毛のごとし
結うに結われず
梳くに梳かれず

699 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 11:49:12.12 ID:bfGTnZTm
なんの武道がそう言ってるの?
剣道?柔道?合気道?どこの流派?

700 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 12:10:45.59 ID:Bkgc9ss2
教義じゃないよ一般論だ
高校の柔道で聞いたのはチン毛、社会人空手で聞いたのは縮れ髪だった
ググったら禿げ頭や寝乱れ髪ってバージョンもあるらしい
元々は仏教ジョークじゃないのこれ

701 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 12:50:24.72 ID:bfGTnZTm
そういうの一般論って言うか?
俺が「極意とは陰毛のごとし」とググっても武道関係は出て来なかったが、
まあ、そういう格言みたいなものがあるっていうのは勉強になったよ。

702 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 18:11:44.28 ID:+KeD2I/b
六波羅蜜を実践した上で、中々自力では悟れないもんですなあと言うならまだしも、
最初から修行もできない弱い凡夫ですから浄土で悟りますの他力・浄土真宗ってどうなの?

703 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/06(木) 19:54:41.19 ID:bfGTnZTm
そういうのは宗教板で質問しましょう

704 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/06/11(火) 12:51:27.67 ID:c3LXFwe5
>>702
良いんじゃない? 本当に他力信じれば自我を捨てることになるから。
キリスト教とかの神に委ねるっていうのと同じ。

705 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/11(火) 22:23:24.74 ID:5CnmO5LK
ふつは無理だよ。誰かのために命を投げ出してすら悟れるわけでもなし。
悟りの修行は人間の体でしかできないことになってるし。

706 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/14(金) 19:42:18.62 ID:/6LKW2UF
偽和尚さんはどうなの?
自我を捨てた状態?

707 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/06/15(土) 18:21:43.92 ID:gcK3nvYy
>>706
あったりなかったり。

ま、でも、寝ている時には誰もが自我休止状態になってる筈で、自我が消えたり現れたりは誰もが寝起きの時に体験していると思う。

708 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/15(土) 19:52:12.26 ID:LR1OjU8J
目覚めのときとかたいがい夢見てて不快なんだよな。
目を覚まさないわけにも行かんしw
夢ってのは自我の作りなす世界なんだろうな。だから不快なのかな
悟ると夢見ないとか聞いたことあるけど。

709 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/17(月) 10:54:12.47 ID:4Ilm9mi/
いや

710 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/17(月) 10:58:10.11 ID:9tlAshjm
>>709
どんな夢見るの?
エッチなのとか見る?

711 :LD:2013/06/18(火) 10:43:04.87 ID:F/VZu3sp
>>216
二日は持つよ

712 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/06/19(水) 20:10:11.75 ID:BWKGV6YG
書けたのじゃ。

713 :◆C8utSR9LI6 :2013/06/19(水) 20:11:39.62 ID:Adb4bXF3
>>712
もう和尚の時代は終わりました
引退して下さいwww

714 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/19(水) 20:22:56.88 ID:WgtxhdI+
>>713
お前が引退しろ

715 :◆C8utSR9LI6 :2013/06/19(水) 20:29:59.19 ID:Adb4bXF3
>>714
では、そうするのじゃwww

最後にそもさん!

人は何故、問い掛けに答えようとするのじゃ?

716 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/19(水) 20:37:19.09 ID:WgtxhdI+
知らん。バーイ

717 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/19(水) 22:50:23.06 ID:tEuyehs4
(円安)海運、精密、半導体、売られ過ぎ、トラック、損保
 (円高)昨年高値おぼえ、電鉄、石油元売り

■“質への逃避”が鮮明になってきた時の投資対象想定

■東京市場随一の出遅れセクター「**株」

■K氏の株銘柄 http://syoukenshinpou.blog13.fc2.com/

718 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/20(木) 01:43:34.65 ID:LQ0m/4g2
辛い時つらいといえたらいいのにな

719 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/20(木) 09:58:10.75 ID:Ryl/IIjB
>>715
答えたいからだ

>>718
言おう

720 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/06/20(木) 20:50:16.58 ID:mHsGz64J
>>713 これから始まるのじゃ。
 おぬしも相談したらよいのじゃ。
 大金を儲けるにはどうしたらよいかとかのう。

>>718 自分に言うと良かろう。
 苦を観察し、認識する事も大事なのじゃ。
 それが苦を滅するための最初の一歩なのじゃ。

721 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/22(土) 20:48:01.16 ID:0KhdfGgI
>>720
(横レスですが)私の様な者がさっさと幸せな大金持ちになるにはどうしたらよいか?

722 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/23(日) 13:52:58.97 ID:yMftJjvE
相手を厳しく否定したりすると、
例えそれがお互いにとっても、ひいては世界の平和のための信念の行為のつもりでも、
相手を誤解させて怒らせたり、落ち込ませたりする事もあり、それが辛いです。
どの程度までにすべきなのか、単なる攻撃欲との区別が難しいです。

723 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/23(日) 14:44:12.91 ID:ubbjQxzH
相手を否定するんじゃなく、その発言なり方法なりを否定する。人格は別。

724 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/23(日) 15:09:38.57 ID:SuW98uxj
人は、たとえばバイオリンが弾ける人に対して、
「バイオリンが弾けるなんてすごい」と言い、「私はバイオリンが弾けない」と言います。
しかし、考えてみればこれは少しおかしいです。

「私はバイオリンが弾けない」のは確かに事実ですが、正確に言えば、
「私はバイオリンを弾いた事がないので(興味がないので)、弾けない」という表現になるはずです。

つまり、実際にやってみればとても上手かもしれず、
もしかしたら誰よりも上手なのかもしれないのです。

「そんなの当たり前の事じゃないか」と思うでしょうが、どうにも理不尽な事実だと思うのです。

本当はすばらしい才能を持ってるかもしれないのに、それは一切考慮されず、
「興味がないのでやった事がない」という理由により、
「あの人はバイオリンが弾ける」「私は弾けない」と言わなければならない。
これは世の中のどんな事にも同じ事が言えますね。
この事が理不尽に思えて納得できません。

どのような解釈をすれば納得できるでしょうか?

725 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/23(日) 15:23:36.92 ID:ubbjQxzH
ああ ゆうちゃんはやればできる子みたいな

726 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/23(日) 15:31:39.99 ID:1RvvWHYp
バイオリンが弾けるという事実と弾けないという事実が有るだけ

727 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/23(日) 16:56:16.08 ID:Rn0Lzobp
>>724
「現時点において」彼は弾ける・私は弾けないと言えばいいだけのことだろ。

しかしなんか怒り新党みたいな相談だなw

728 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/06/23(日) 20:20:09.69 ID:GfuBhHfm
>>721 修行しながらお金の知識を集めると良かろう。
 それもまた道になるものじゃ。
 金に付いて知る事が金を集めるために一番早く確かな道なのじゃ。
 金持ち父さんの本とかを読んで見るのじゃ。
 併せて修行もすれば幸福になるのじゃ。

>>722 否定しないやり方を探すと良かろう。
 探せばあるものじゃ。
 無いと思う事が否定しない方法を探す道を閉ざす事になるのじゃ。
 ある筈だと思って探すのじゃ。

>>724 そのような思いは他人との比較から起こるものじゃ。
 他人を見なければ良いのじゃ。
 50 他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。
 ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。

729 :蠍和尚 ◆C8utSR9LI6 :2013/06/23(日) 21:45:23.85 ID:ZdLKfyJw
>>724
どの立位置で納得したいのじゃ?
もしも、端から見ている立場で全ての発言や思いに納得したいのであれば、それは無理であるのじゃ
何故ならそれは、それぞれのエゴと思い遣りによって成り立っている会話だからなのじゃ

730 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/24(月) 06:45:03.57 ID:thO0xXAE
>>724 興味なくてやったことない時点で無能なので、そんな言い訳は甘え

731 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/24(月) 06:47:25.25 ID:thO0xXAE
しっかし鬼和尚も相変わらずバカの一つ覚えのダンマ50だな
鬼は50は忘れろ。 他のアプローチ覚えてこい。

732 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/24(月) 07:53:41.69 ID:qWme4gti
修行は数息観だけすればいいのかな。数息観するとどうなりますか?
いきなり悟れるんでしょうか。それとも何か悟りに近づくのに必要な
能力が身につくんでしょうか。

733 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/24(月) 09:56:06.95 ID:thO0xXAE
息吸って吐くだけで悟れるわけないだろ 常識的に考えて…

734 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/24(月) 11:05:36.99 ID:BpNqIK+a
>>724
何かあったな
俺はまだ本気出してないだけ

735 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/06/24(月) 18:53:08.60 ID:wfbcmlBr
>>732
鬼和尚のブログに書いてあるよ。

736 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/06/24(月) 20:07:42.27 ID:RIloA7Vl
>>731 そのように考えるおぬしのためにお釈迦様の良い言葉があるのじゃ。

50 他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。
 ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。
 
 実践すると良かろう。

>>732 観察もすると良かろう。
 数息観をすると集中力がつくじゃろう。
 集中がサマーディに進み、さらにサマーディを極めれば悟る事は出来るじゃろう。
 しかし、それは才能や長時間の修行が必要なのじゃ。
 集中力を身につけ、観察をするのが悟りへの近道なのじゃ。
 詳しくはわしのブログを参考にするのじゃ。

737 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/25(火) 19:33:09.55 ID:YNHIFNW8
人は社会性の生き物で、一人では生きていけないそうですね。
一人でいる事が多く、共感や同意を味わえる仲間も近くにおらず、滅多に他人と会う事もない日々の中、
孤独感にさいなまれた時はどうしたら良いのでしょうか。

738 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/06/25(火) 21:18:13.72 ID:UeLla1fu
>>737 それが感じられた時、仏教では観察して滅するのじゃ。
 しかし、普通の者では難しかろう。
 それをきっかけにして何か習慣にすると良いのじゃ。
 孤独を感じたら今やっている英語の勉強をしてみるとか、なんぱに励むとかをすると良いのじゃ。
 きっかけから習慣は起こるものである故に、孤独を感じるたびに何か利益のある事をすれば、それが習慣になり、毎日励めば大きな進歩があるのじゃ。
 孤独感も紛れるじゃろう。
 試してみるのじゃ。

739 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/26(水) 00:58:30.85 ID:NWuBoA0Z
鬼和尚さんのいつも言う悟りの視点からすると、社会性の中での共感などは幻想で、孤独を埋めるというのも幻想ですよね。
紛らわすにはいいですが、皆悟りや修行など意識していなくても、自分の源に戻り、本当の安心というか満たされることを求めている。
それを外に求めても得られない、という究極の孤独感を通して内側に入っていくというきっかけというか過程もあると思います。

一人では生きていけないというのはそう思いますが。最低誰か一人は話す相手がいないと自分はおかしくなる気がします。

740 :鬼和尚:2013/06/26(水) 07:36:35.89 ID:W8+7Y53S
自分というものはないのじゃ
だからおかしくなりようがないのじゃ

741 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/26(水) 10:43:35.14 ID:v+Q63hHk
>>737
そうでもない

生き物をそばに置いたりテレビに名前を付けるのが良くある対処だ

孤独感はお前が定義した境界由来だ

742 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/27(木) 05:05:19.78 ID:G37KMhcI
鬼和尚さん、同年代が怖いです。なぜなんでしょうか。年配の人といると落ちつくんですが

743 :おさかなくわえた名無しさん:2013/06/27(木) 07:38:54.90 ID:DsWaX432
同年代への競争心があるからじゃろう。
普段より立派に見せようとせずに、ありのまま付き合えば緊張しないのじゃ。

744 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/06/27(木) 20:06:13.67 ID:IsDfCrS+
>>742 昔同年代の者に酷い目に会わされたのかも知れん。
 その恐れの原因を自分の心の中に探してみるのじゃ。
 心の中の原因からその恐れが起こり、原因が無ければ恐れも無いと観察してみるのじゃ。
 そうすれば恐れも消えるじゃろう。

745 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:2UCeIFWQ
お釈迦様はこのように言っておる。

133、荒々しいことばを言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。怒りを含んだことばは苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。

134、こわれた鐘のように、声をあらげないならば、汝は安らぎに達している。汝はもはや怒り罵ることがないからである。

 このように十善の中でも言葉に関する善がいくつもあるのじゃ。
 嘘をつくなとか、無意味なおしゃべりはしないとか、乱暴な言葉は言わないとか、他人同士を仲違いさせるようなことをいわないとかじゃな。
 人は生まれて来るとき口に剣をもつているとも言う。

 言葉による悪はやり易く、善は難しかったりするじゃろう。
 常に心掛けていてもつい感情的になって乱暴な言葉を口にする事もあるじゃろう。
 そのような事を制して優しい言葉を使う事こそ善事なのじゃ。
 お釈迦様の教えを守る者は常に心掛けて、この為し難い善を行うべきなのじゃ
 

746 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:X4TJUfks
>>742
年上だと年下に手加減するけど、同世代はそういうのがない。ただの甘え

747 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:qRfBPi4j
>>720
和尚さん、ありがとうございます。ぼくは>>200です。
あれから、色々なことがありました。とりあえず、これからアルバイトの面接です
友達にも会ってみようとおもいます。ボランティアは、まだ出来ません
色々やってみるって、思ったより大変ですね
長らく葛藤がありました。これからも葛藤し続けるでしょう。

748 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:OYP0ylXR
>>743 >>744 >>746
レス有難うございます。お礼が遅くなってすみません。
振り返ると、学生の頃に酷いいじめや無視にあった事が
あります。子供の頃は田舎でお年寄りばかりの
中で育ちました。

今は職場や家庭環境が年配のみ、の生活です。
手加減をしてもらって、甘えもあるのかもしれません。

もう少し同世代となじめるよう、色々やってみようと思います。
有難うございます。

749 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:7FFdTbfQ
イジメは、イジメられる側にも責任があると思いますか。

私は、人生は因果応報とでも言いますか、自分の態度次第でいくらでも変化していくと信じております。
人間は飽くまで本能的で直情的な動物ですから、理屈よりも、態度・オーラ・気迫・心構え・見た目、などが動物同士のパワーゲームすなわち人間関係を制する要因だと思っております。

イジメ被害者の人格を批評したいのではなくて、飽くまで被害者に「何かしらの原因」があるはずだと思うのです。
人は自分に非が言われると落ち込んでしまいますが、
今の恵まれない状況が不可抗力ではなく、自分自身を改革することによって改善可能だと知ればこそ、
絶望せずに前向きになれると思うのです。

750 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:j7KPTT5v
>>749
物事には原因と理由があるということでしょうか。

イジメは双方に原因があると思っています。
自分がなじめるよう努力が足らなかった、
もっと協調性を持てば良かった等、
色々考えて、行動しましたが、半年ほどで仲間に入ることを
諦めました。挨拶とお礼は欠かさずに、あとは刺激のない距離を
保って生活していました。

本音では、同年代が怖くて仕方なかったのに、
仲間に入れてもらおうとしていたので、
相手からしたら、気味が悪い・KY・距離無しだったと思います。

イジメや無視の経験は辛かったですが、相手は恨んでいません。

751 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:7FFdTbfQ
そうですね。何も自分を改革しなくとも、改革できなくとも、
「イジメられてるのは自分のせいなのだ」と思えばこそ、
逃げるなり、イジメっ子から見えないところへ行くなり、イジメっ子をやっつけるなりすれば良いと思うのです。
「不運だ」とか「なんで俺だけ」などと漠然と考えるのをやめて、具体的な解決策を冷静に探せるようになると思うのです。
それはイジメられっ子にとっては幸運で合理的なことです。

752 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:CIF+zmBJ
>>747 良いことじゃ。
 自らの心が清ければ福楽は常に向こうからやって来ると知っておくと良かろう。
 またおいでなさい。

>>748 そうじゃ、いろいろやってみるのじゃ。
 またおいでなさい。

>>749 責任は無いのじゃ。
 原因はあるじゃろう。
 いわゆる空気が読めなかったり、ただ単に体力が弱かったりと、粗暴な者の標的になる原因はあるのじゃ。
 そしていじめる者にも原因があるのじゃ。
 集団で気勢が上がったりストレスが多かったりするといじめも起こるのじゃ。

753 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:8nt7yeH3
全く宗教などに詳しくないけど、お釈迦様って仏教でしたっけ?
やはり日本人は仏教が、合ってる気がする。自分の考えですが…
もちろん、他の宗教を否定する気はありません。

754 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:moE0vD+0
仏教というのは、よいことしろ、わるいことするな
それを守るだけのこと。

755 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:AvW4oZeE
他人の欠点を批判するような発言はやめるべきですか?

例えばテレビを見ていて、顔の面白いところにホクロがついている人が映ったとして、
それを誰かとケラケラ面白がるのは良くないでしょうか。

関西のお笑い漫才などは他人の欠点や気に入らない点を徹底的に「ツッコミ」することで
文句をつけ、説き伏せ、否定し、相手を徹底的に攻撃しまくってるように思うのですが、アレは好ましくない文化なのでしょうか。

756 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:wrP1OH6i
>>755
漫才師やお笑い芸人のツッコミは芸風、手に職ですな。
お互いに理解して、普段からその芸を磨く努力をしている。

757 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:dHHlipMD
>>749
自他に求めよう

>>753,754,755
たぶん

>>755
目的によっては認められがちだ
あるいは対象を問わないなら
見聞きしていて気分を害するとの意見も最近増えてきた

758 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:7FdrbBch
>>755
やったら人が嫌がると思うようなことはなるべくならやめておいた方が良いんじゃないかな。トラブルの元になるし。

759 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:9mySXnOW
>>755
突っ込んでも許される場合とそうで無い場合とか険悪なムードになったりする場合がある。
きっと腕のある芸人さんというのはそういうところを見抜く才能が発達してるんじゃないかな。
いろんな要素を踏まえて笑いを作り出すのが芸人さんだと思う。

760 :◆C8utSR9LI6 :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:NS61ql7w
>>755
そこに愛があるかどうかなのじゃ

761 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:i7XEB//2
>>753 お釈迦様の教えが仏教とされているものじゃ。
 しかし、お釈迦様は仏教を創るという意識も無かったじゃろう。
 悟りを得る修行の為の戒律や行を教えたら、それを守る者が仏教徒になったのじゃ。
 
>>755 止めたほうが良いのじゃ。
 怨みを起こすものであるからのう。
 漫才などは禁じられた行為をあえてする事で、ストレスの発散の役ニたっておるのじゃ。
 日常とは違う祭りの空間を作って見せるのが芸能というものなのじゃ。
 ストレスがあるなら見たら良いのじゃ。

762 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:GOmG1cye
>大阪府三島郡島本町の小学校や中学校は、暴力イジメ学校や。
島本町の学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて、心も身体も壊されて廃人同様になってしもうた僕が言うんやから、
まちがいないで。精神病院へ行っても、ちっとも良うならへん。教師も校長も、暴力やいじめがあっても見て見ぬフリ。
そればかりか、イジメに加担する教師もおった。 誰かがイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメは
なかった」と言うて逃げるんやろうなあ。
島本町の学校の関係者は、僕を捜し出して口封じをするな

>島本町って町は、暴力といじめの町なんだな

 島本町は日本の迷惑!

763 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:A99B2v9J
他人を愚か者だと考えることで、自分の気持ちを安定させるのは良くないでしょうか

764 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:VRnx1scB
↑ 良い事ではないのじゃ。
そのようであればむしろ他人を徹底的に観察したらよかろう。
出っ歯であるとかハゲであるとか、真実が観られるのであればその方が良いのじゃ。
ついでに自分も観察すると良かろう。

765 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:N19tuWya
↑ 上のレスを読むことも良いことではないのじゃ。
出っパと禿のどこが真実か。悪口ではないか。
悪口を見て自分に益するところなど何もない。
ついでとは何か。求道がモノのついでになされるのか。
浅はかさがこのようなところで露見するのじゃ。

766 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:oE61lRMY
出っ歯は出っ歯だしハゲはハゲだ ハゲを見てフサフサだと思うのは妄想だ

767 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:VHcPkt2v
他人を愚か者だと決めつけるのは良くないという趣旨では、了解いたしました。

では、他人が愚か者であるという「事実」にある時から気づき、
自分の方が優れている事に気づき、
それ以来は他人を無知で失敗ばかりの子供達を慈しむが如くに慈しみ、
他人のどんな言動にも動じないというのは悪くないでしょうか。

768 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:Jbc0TvXv
そのような事実はないのじゃ
眼鏡を買うのじゃ

769 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:1GbZ6aRe
>>763
偏見だ

>>767
そもそも優劣を再考だ

770 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:UzgtXnzD
>>765
「出っ歯」や「禿」は本来状態を表すだけの言葉だからそれだけでは悪口ではないが、
出っ歯や禿をマイナス、そうでない状態をプラスとするような価値観を持ち、マイナス側を
悪だの避けるべきものだと考える者同士であれば悪口としても使える言葉になる。

つまり何らかの価値観が連動しない限り悪口にならない。だから言葉をを受け取る側も
悪口として機能したりしなかったりになる。例えば禿は格好良いという価値を持つ者が
人から「禿」と言われたら誉め言葉として受け取られるかも知れない。現実に禿で
格好良い映画スター等も存在するわけで、これは有り得ない話ではない。こうだったら
必ずこうだと言えるような絶望的な価値観はない。同じ価値観を持っていてもその度合いは
人によりけりで物凄く恥ずかしがる人からほとんど何とも思わない人まで居るだろう。

771 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:UzgtXnzD
あ、変換ミスしてた。絶望的ではなく絶対的だ。
携帯で書いてて候補選び間違えた。

772 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:GUpmF6Fk
>>767 それは悪くないのじゃ。
 明らかな事実であればそれもまた観察の対象なのじゃ。
 弱き者は慈しむが良いのじゃ。

773 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:7NbneMho
バカだからといって憎む必要は無いってことですね

774 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:yQhXmIdd
母に、何でもかんでも否定されます。
どれも些細なことなんですが、あまりにもいちいち否定されるので
嫌になります。
どう対処したらいいでしょうか?

775 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:jPdgHUrn
>>774
母のやることを何でもかんでも否定するのじゃ
自分のやっていたことが酷いことだと自覚させるのじゃ

776 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:4+i31qT+
馬鹿は憎むべきだ
害ある行動を取るから。

777 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:V3M6woHp
>>774
原因を自他に求めよう

778 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:BwcVRw9F
>>774
大半の返答を「そうだねえ」みたいに肯定にする。するとそれ以上話を続け辛くなって早めに話が終わる。

幾ら出鱈目なことを言っていても肯定して問題ない。言葉だけでは現実は何も変わらないから大丈夫だ。芝居をしているようなものと思うと良い。

779 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:BwcVRw9F
>>776
しかし、馬鹿でない存在などこの世に居るのか?
人間だけでなくあらゆる存在が最初から馬鹿だと思うのだが。

もちろん人間は他の生き物に比べて思考能力が高い分だけ馬鹿も桁違いに大きい。
山高ければ谷深しだ。とても高度な馬鹿をする珍しい動物と言える。

780 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:4+i31qT+
仏教を心得てないのは馬鹿で
俺は心得て悟っているから馬鹿ではない
ゆえに馬鹿でない存在はいる。

人に迷惑かける行為を平気で自覚もなくするのをバカと呼んでいる。
馬鹿は死んだほうがよのためだ。

781 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:BwcVRw9F
大丈夫。何れ必ず誰もが死ぬから。

782 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:ooWooHws
>>779
同感だな。
昨今人間よりも犬や猫のような動物を愛情の対象とする人が増えてるのは人間の作り出した好みだの価値観だのあれやこれやなど無くても、
否、むしろ無いほうが生き物同士愛し合えることを教えてくれるからじゃないだろうか?と思うよ

783 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:0yXUXDAx
>>773 そうじゃ、慈悲によって自他の利益を目指すのじゃ。
 
>>774 そのような人間はよくいるものじゃ。
 本気で相手をしていても疲れるだけなのじゃ。
 おぬしの言う事に反対し始めたらママンは美人とか、ママンは天才とか言ってやると良かろう。
 そこだけ反対しなかったらなぜ反対しないのかつっこんでやるといいのじゃ。

 
 

784 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:I2/eK9/e
>>774
おぬしが頼りなく見えるからじゃろう。
ママンは年を取って正常な判断力がなくなっているのじゃ。
おぬしはママンより賢く逞しい存在であるなら、毅然として慈悲の心で接すれば良いのじゃ。

785 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:1k9WGHy6
 統計的に判明していることだが、
 遠く離れた双子や血縁関係者の選択が似たりふいに感じる意思疎通が
 何の関係もない他人より確率が高いのは、意思が量子暗号通信に似ているからに他ならない。
 人間はまだ未知の領域の能力がふんだんにある。

↑以前鬼和尚は科学ではまだ解明されてない人間の仕組みがある
というようなニュアンスのことを言ってた記憶があるんですが、
こういうのはどうなんですかね?

786 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:4AVzI/x9
↑ そういう事もあるじゃろう。
 実験によっても確かめられたというからのう。
 科学も魔法と同じようになってきたのじゃ。
 人が認識する事が世界そのものなのじゃ。

787 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:U7GrWwKx
私は短気でせっかちです。
気長な行程を要する作業には決まってイライラして、
「あー!」などと独りで叫んでおります。
イライラしたくは無い。でも早く終わらせたい。早く。誰よりも上手く…!

どうしたらイライラしないのでしょう。

788 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:zLtws7L4
>>787
誰よりも? 人と比較しなきゃいいのでは?
早くやろうとすること自体は手抜きになりさえしなければ問題ないだろうし。

789 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:wKrOEAkU
>>787
それは良し悪しだ
コントロール下に置いて有効活用せんとな

余所にレスを求めるのがせっかち向けだ

スローライフ
未完で放置
が鉄板だ

790 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:gB5xSS6K
人間の体の中のどの部分に、心があるのですか

791 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:zLtws7L4
>>790
その質問は何となく「木魚の中のどの部分に音があるんですか」と同じような感じがする。

どこにもない。叩くまで音は出ない。音が出ても音なのでつかみ所がない。その音の発生源は叩いた場所ということは分かる。
音色はその時の形状や環境(湿度や気温や気圧など)によって変わる。

792 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:L4Ey0kUb
>>787 そのように誰よりも早く上手くと思っているからイライラするのではないかのう。
 一度、誰よりも遅く下手にやってみようと思ってやってみるのじゃ。
 それからまた元の通りにやってみて、どちらがイライラするか実験してみるのじゃ。
 そうすればイライラしないですむやり方に気づくじゃろう。

>>790 全部じゃ。
 全部心なのじゃ。
 髪や爪先にさえ心はあるものじゃ。
 肉体だけでなく存在する全ては心なのじゃ。

793 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:SwB0LCBd
完全犯罪をしても報いはありますか?

794 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:BTeE9XpQ
例えば、バレなくても盗んだことに変わりは無い

795 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:aCpm33OW
>>790
望むところだ

>>793
うん

796 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:wtvWlYoy
>>793 あるのじゃ。
 警察からは似けられても自分の心からは逃げられないからのう。
 心が自分を捕らえ、裁くのじゃ。
 
 

797 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:3hoJ9cKt
>>796
悟った人は、たとえ犯罪を犯したとしても、心が自分を捕らえ、裁くことはないですよね?

798 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:aTil2HgQ
それ以前の問題として犯罪を犯したがることがないと思うが・・・

799 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:BcfpofS5
親はしに、他人との関係もなく仕事もなく金もない人間は
どのように精神の安定をはかったらいいですか?

800 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:luW+2KQK
>>798
いや
誤解だ
なんで慈悲に乗ったと思ってんだ

801 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:Q99xRAmN
> 親はしに、他人との関係もなく仕事もなく金もない

ということで現状精神の安定を失ってる、ってことか?

802 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:aTil2HgQ
>>800
そう?

803 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:luW+2KQK
うん

804 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:luW+2KQK
あんたにはも少し
定義に次ぐ定義だぜ

805 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:YAIxTaTq
>>797 もはや行う事も無いのじゃ。
 行いが無い故に報いも無いのじゃ。
 あえて弟子に示すために自分を捕らえて裁くことは出来るのじゃ。

>>799 瞑想をすると良かろう。
 数息観をしてみるのじゃ。
 心が安定し、不動になるじゃろう。
 心をととのえれば、ととのえられた心が拠り所になるのじゃ。
 それは世間の毀誉褒貶にも左右されない最高の拠り所なのじゃ。
 わしのブログなどを参考に瞑想に励むのじゃ。
 

806 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:yhyKrpT4
>>799
それはそれでかなり安定してる
堂々と生きよう

807 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:IBcOfheT
今の世の中が許せません。消費税とか
金持ちばかりが得をするエコポイントとか
政治家が言う「金を使えば世の中が良くなる」とか金持ちが良い生活をする事しか打ち出さない

808 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:E6UPCCOz
↑ 見なければ良いのじゃ。
 お釈迦様はこのように言っておる。

 50 他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。
ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。

 悪事を重ねる者は死後や生きているうちにも地獄に行くじゃろう。
 そのような者に構わず、自分が善事を行えば死後は天に生まれ、生きているうちは福楽がよってくるじゃろう。
 他人の行いを見ず、自らが善事を行う事が幸福への道なのじゃ。

809 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:rP7C+GX9
>>808
>  50 他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。
> ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。

何度も読んで知ってる気になってましたが今日は腹立つことも自分の力に変える言葉のように感じました

810 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:tvDxhgAH
お盆でやす

何すればよいのか?
それはなぜなのか?

811 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:tvDxhgAH
お釈迦様が入滅して56億7000万年後の今、
お釈迦様は人間の体に戻ってきました。
しかし、それらしき人は見あたりません
大人物に囲まれて目立つ活動をされている筈だと思うのですが。
何故でしょうか?

812 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:+FX3Uo1z
>>810
なにも

>>811
いるかもな
探して聞こう

813 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:HnNugl/k
お釈迦さまが死んでから56億年もたってないだろ。

814 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:GJ5KvDDo
>>809 良い事じゃ。
 自分が幸福になることが最高なのじゃ。
 
>>810 善事をすると良かろう。
 後になって後悔せず、良い報いがあるからじゃ。

 瞑想もすると良かろう。
 心がととのえられ、動揺が少なくなるからじゃ。

>>811 まだそんなにたっていないのじゃ。

815 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:HnNugl/k
鬼和尚は背が低くて性愛異常者になる男を救えますか?

816 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:tvDxhgAH
>>814
善事は子供の頃からプレイしてますが
恩を仇で返される事が多いのは何故ですか?

瞑想もしていますが上手ではないようです。

817 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:HnNugl/k
>>816 前世の悪行がそなたに報いておるのじゃ
 すべておぬしの責任じゃ だまって泥をかぶれ。

818 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:myDjMlq5
善意だとしてもやってきたことが自分本位過ぎた可能性もある
善意を施したいがために善事を行なっていて相手のことをある意味ガン無視してる場合
「こんなにしてあげてるのに」っていう空気が常ににじみ出てて距離を置かれたり攻撃される場合

あとは頭の悪い子ばっかりに施していてそもそも認識されてない場合
この場合は「してあげたことに対しての返りがない」と勝手に気落ちする場合がある

819 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:HnNugl/k
相手の認識と善行は関係がない

820 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:h3LbMh63
善事ってのは邪魔をしないとか困っている時だけ助けてやるとかその程度でいいんだよ
恩着せがましいのはダメ

821 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:Q7agsvm5
善事=動くって勘違いがよくあるな
動かない選択もその人のためになるという判断も含めて善事

822 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:lSdmGIyY
>>808
報いについてですが、報いがあっても良心や神性のような部分が
行き過ぎたエゴや利己心で曇っていて報いと感じないから、欲や
悪のようなものがエスカレートしていく人や社会があるんじゃない
でしょうか?
逆に罪悪感が強い人だとなんでも自罰的に報いとして受け取ってしまったり。

823 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:jPfl1V1q
>>808
他人を見ないって事でしょうけど
制度とか自分の払う税金や保障にも関係してる事を無視する出来ないです

824 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:D+dPAuNR
>>823
他人が直接的にあなたに何かしてくるなら影響あるから防衛した方が良いかも知れないが、隣で鼻くそほじってるだとか、地面に座ってるだとか、何の影響もないどうでもいいことまで気にすることはないよな。

825 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:7I6HXECp
>>815 わしは誰も救わないのじゃ。
 お釈迦様でさえ道標になるだけであると言ったのじゃ。
 自分を救えるのは自分だけなのじゃ。
 自分を救おうと意志を奮い起こしたならば、そのための道を教えるのじゃ。

>>816 それは見返りを期待しているからじゃ。
 見返りを期待しなければ、恩を仇で返されたと思う事も無いのじゃ。
 善事を行なったならば、それを忘れると良いのじゃ。
 忘れた頃に良い報いが返って来るじゃろう。

 上手くなくても良いのじゃ。
 上手い瞑想よりひたすら己を求めればよいのじゃ。
 
>>822 そうかもしれん。
 
>>823 それも自由なのじゃ。
 制度が嫌ならば国を替えることも出来るのじゃ。
 いくら替えても満足できないならば、もしかすると自分の心に不満が在るからかもしれないと気づくかもしれん。

826 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:1WLSkSca
ワシの前世は天皇から臣平民に至るまで感謝と哀悼で礼される職業だわん
フクイチ作業員には頭が上がらぬがな。

たしかに善行には相手を選ばなく、そして仇で返品してくれるのは
奸計好きとか他人の不幸の話題が好きな者達ですた。

巡り巡って戻ってくる見返りにさえ期待するの辞めるわワハハ

827 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:4rfLgoWB
雑貨屋で、しゃべりかけるとオウム返しするぬいぐるみが売られてたが、妙に新鮮な気持ちになった。
「可愛いね」と言えば可愛いねと発し、「キモいんじゃボケ」と言えばキモいんじゃボケと発する。
そしてそれを聞いた本人の気持ちは、返ってきた言葉の内容によって変化した。

↑オウム返しだから当たり前の事だが、人間関係や自問自答の際も、このような事を意識したら、もっと大切に生きられるんじゃないか、と感じた。


鬼和尚さん、「欲しいものがあれば、まずそれを人に施しなさい」みたいな教え?がありますけど、これは上記のようなオウム返しっぽい感覚なんでしょうか?

828 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:pi8eh4oS
>>825 鬼和尚は誰も救わないのではなく 誰も救えないんでしょ
  言葉は正しく使いましょうね?
  救わないとか、まるで救う力があるかのような言い方はよしましょう

829 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:pi8eh4oS
女をほしいやつが他人に女施せるわけないだろう。
アホな教えだな。
施せるほどもっとればそもそも望まんわい

830 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:iJPMZ/Kw
>>827 そうかもしれん。
 与えた者が与えられるのじゃ。
 10倍になって返って来るともいうのう。

831 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:135X0pua
人が傷つくようなことをいう人は、本人も傷だらけなんでしょうが
関係のない人にまで言うのが許せない。しかも、ねちっこく悪意のあるかんじで。
そういうのって、返り討ちにあうことってあるんでしょうかね
そうでもならなきゃ気がおさまらない。

832 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:ENF4Bxm2
何かを勘違いしててそういう態度があなたに対してだけでないなら
いずれ当人が痛い目に合うだろうな

833 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:vux8rOqw
>>831 そうじゃろう。
 悪事をすれば報いがあるものじゃ。
 すでに地獄に居るからそのような言葉を吐くのかもしれんがのう。
 そのようなものは苦の上に苦を積み重ねて居るのじゃ。

834 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:135X0pua
>>832
>>833
ありがとう、気がちょとおさまった

835 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:1LCuVoM6
>>831
うん
世の中を押した力で押されるもんだ
論理的に考えてもそうなる

836 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:r2KhRZ4d
鬼和尚様、質問があります。
数々の聖者や一般人の中でこの人は悟ってるなと感じる人はいますか。
もしいるのならば例を挙げていただきたいのですが。

個人的にはラマナ・マハルシ氏は悟っていると感じております。
ラマナ氏は今まで見た中でも最も深く悟っている感じがしました。
といっても本の内容やそこに掲載されている表情を見ただけですが。

837 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:W32smbN6
>>836 そうじゃ、マハリシは悟っておる。
 クリシュナムルティやオショーやグルジェフも悟っておる。
 名前は忘れたがタバコ屋の親父も悟っておる。
 名前も知らない悟った者も何人か見たのじゃ。

838 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:DHVqRNcp
個人的にはマサルシも悟っていると思います

839 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:6sODTz3a
>>837
見るだけで分かるんですか?(霊視とか)

840 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:iG8MN/0V
悟りの階梯にも何段階かあるようですが、どうやって判定するんでしょうか?

841 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:esmH8vSX
鬼和尚はよるかに入ったばかりなのじゃ。
みればわかるのじゃ。

842 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:KIKQCvTS
鬼和尚様

収入の低い者は家庭を持つことを諦めて精進するべきですか?
それとも、妻子を得る努力をしながら善を積むべきでしょうか?

843 :鬼和尚:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:7Fda3GCV
収入の低いものについてくる女子などおらんのじゃ
べきもなにも できるできないで、できないというだけの話なのじゃ
収入の低いものは努力してこなかったから自業自得なのじゃ

844 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:PaklB9yQ
悟りを開いた人に聞きたいです。
過去、母親に虐待されていました。それが原因で精神やられて精神科送りになった過去があります。
犯罪とかは起こしてないです。約10年闘病生活を送り、体調のいいよいときは仕事したりもしていました。
そして今はほぼ元気になりました。
でも、過去のことは人には話したくないのです。そういう暗い過去があると思われたくないし、
そもそも人から引かれてしまうのが怖いです。
この頃、二人で遊びに行く仲の異性ができました。相手は私のことをあれこれ聞いてきます。
過去のこととかも聞いてきます。ごまかしきれません。結構、追求が厳しくてつらいです。
自分は相手の人ともっと親しくなりたい気持ちがありますが、この壁を乗り越えられる気がしません。
どうやったらこれを乗り越えられるのでしょうか。自分はどういう心持ちなればいいのでしょうか。
ご意見お願いします。

845 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:PaklB9yQ
844に、付けたしです。
過去を話したくないのは、相手に引かれるのが怖いというのと、自分自身そういう話をして動揺してしまうのが嫌です。
そういう話題に少しでも触れると、自分自身、過剰に反応したり、キツイことを言ったりしてしまうときがあります。
もっと動揺しないで、どっしり構えていられたらいいのですが、ちっぽけな人間なのでできません。

846 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:6SZkJ21o
今はまだ自分の整理がつかないから整理がついたら話すといえばいいよ

847 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:RbKUFtCX
>>838 誰じゃ?

>>839 心が動かない者は目や体も動かないのじゃ。
 僅かな肉体の動きによって悟った者同士はわかるのじゃ。
 妙観察智があるからのう。
 それが捻華微笑なのじゃ。

 語った言葉でもわかるのじゃ。
 自らの心の内に観るものが同じであるからのう。

>>840 無我でも未だ悟っていなければ認識があり行為があるのじゃ。
 悟れば認識は無く、行為も無いのじゃ。
 それが無為なのじゃ。
 無為にして智慧があれば真の悟りなのじゃ。

848 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:RbKUFtCX
>>842 おぬしが好きな方を選ぶが良かろう。
 収入が低くとも家庭は持てるものじゃ。
 嫁が稼いだり、子供が大きくなれば稼いでくれるかもしれんからのう。
 自ら後悔しない道を選ぶのじゃ。

>>844>>845 語るが良かろう。
 その女子は引いたりしないのじゃ。
 却って絆が深くなるじゃろう。
 語らなければ何か隠しているとか思って距離が出来たりするのじゃ。
 速やかに語って二人で乗り越えると良かろう。

849 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:1i9bCXSq
>>847
>>838
若乃花だろ

850 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:PaklB9yQ
>>844です。

>>846
レスありがとうございます。
自分の中で整理できたら話すというのがいいのかな。でも、一生整理がつかない気がするのです。

>>848
レスありがとうございます。書き忘れましたが、自分が女です。男の人は引くんじゃないかなと思うのです。
できるものなら、墓場まで持って行きたい秘密です。

851 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:PaklB9yQ
>>844です
>>846さん>>848鬼和尚さん
確かに話さないと何か隠していると思われ、距離ができるというのは分かります。
すでにそんな感じがあります。
全部をぶっちゃけるのではなく、「家族仲が悪くて・・・」くらいでも大丈夫でしょうか。

852 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:iG8MN/0V
悟っていれば無我だけど、無我だから悟ったとは限らないのですね

853 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:tBaXqacn
>>851
>>845通りの今の自分自身の素直な気持ちを伝えれば、過去の何もかもを話していなくても
自分を隠していることにはならないから、弱さを隠さずありのままの自分を出してしまえば
どうでしょう。

854 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:lYKGIFWc
>>840
ググれ

>>844
言っとけ
隠し事や嘘込みで関係を始めずに
全てを受け入れる相手と結ばれよう
最後まで気が楽でいられる
つまり
誰でもが堂々と生きて吉

>>845
ちっぽけっぷりを活用せんとな
つらい過去があって今はそれを話す勇気が無いとでも言えよ
高確率で予期される反応をきっかけに信頼を築く機会にするのが常套手段だ
つまり
頭を使うか心を使うかだな

855 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:m4hgvxQ+
鬼さん
お節介な人、例えば聞いてないのに教えたがる人が居ますが、彼ら・彼女らは何故お節介をしたがるのでしょうか?

自分にも少なからずある性質だと思うので、戒めとして伺いたいです

856 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:dyy/QjgR
>>851 話せる範囲でと断って、話せる事を話すが良かろう。
 劣等感やトラウマは本人にとっては大きな問題であるが、他人にはそれほどたいした問題ではないのじゃ。
 そのような事もあったかと思うぐらいなのじゃ。
 自分の心の中だけで悩まずに気軽に語れば治療にもなるのじゃ。
 
>>852 そうじゃ、無我だけでは小悟なのじゃ。
 そこで止まっている者も多いのじゃ。
 無為、無認識にまで至らなければ真の大悟徹底ではないのじゃ。
 
>>855 自分を偉く見せたいのじゃろう。
 自分の影響力を広げて他人に良いイメージを持ってもらいたいと思って居るのじゃ。
 それは自分のイメージが実は矮小である事を示しているのであるがのう。
 

857 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:0ur/70ft
鬼和尚のは自己紹介になっておるから困る

858 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:8gPSx8op
横から失礼します
855への回答、なんだか違和感があります
なんだろう
俗人の意見と、さほど変わりないように見えてしまいます
もう少し別の角度からの話を聞いてみたいです



  

859 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:iNn8j2Zc
鬼和尚は悟ってないからこれ以上のものは出てこない。

860 :◆C8utSR9LI6 :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:1OrH+2Qq
>>855
そんなもん、人それぞれ理由も違えば場合にもよるでしょ
>>856の回答も一つの理由として有りだし、他にもたとえば
自分が同じ事で行き詰まっていた時の事を思うと、同じように困っている(様に見える)人をほっておけないからって人もいるでしょう

だから、君が質問していることの本質的な部分を解決する為には
君がそういうお節介に苛ついている気持ち(そんなつもりは無いと否定するかも知れないが)を正直に書き込んでみなさいよ

861 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:8Nhu7coG
>>357 わしの書く事がおぬしの自己紹介になるとは不思議な事じゃ。

>>858 単なる寂しさや孤独に依るものもあるじゃろう。
 何かものを売ったり、カルトが布教の為にやるのもあるじゃろう。
 幾つも上げれば切りが無いのじゃ。

862 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:c5WvOpEK
相談にのってください。
この前、デートに行ったのですけど、なんだか自分♀が相手から査定されているように感じました。
観察されていたというか。わざと遅刻してきたり、わざと道に迷ったり、わざと見学予定していた催し物に遅れたり。
わざと、と書きましたが、あくまで私が、この人は「わざと」やっているのではないかと感じたのです。
行き当たりばったりにみせて実は計算ずくという感じがしたのです。そういったことをして、私が怒らないかとか
どんな反応を示すかとか見られてた気がして。とても腹がたったのです!そしてその計算ずくの対応に腹が立ち、
ちょっとイラっとした態度を取ってしまいました。
「わざと」じゃなかった可能性ももちろんありますが、わたしには「わざと」で、私の反応を見ていたように思えてなりません。
一応、相手の男性は「楽しかった」とか「また是非」とか言っていましたが・・・。
相手の男性のことは気になる反面、なんとも言えない気持ちになりました。何年ぶりかに誰かのことを好きになりかけたので、
この気持ちを大事にしたいという思いもありますが、どうしたらいいのか分かりません。
これはもう終了した方がいいのでしょうか。

863 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:iNn8j2Zc
木にいるかいらん科はファースト院スプレー初んが一番
そのあとの理屈再評価とかせんでええよ。

864 :◆C8utSR9LI6 :2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:1OrH+2Qq
>>862
偶々なのか査定なのか
それとも、実は嫌われようとしてやっているのかもね

865 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:c5WvOpEK
>>863
ファーストインスピレーションですか。大事ですね
>>864
実は嫌われようとしてとか、確かにそうなのかもしれないですね
こちらから次会うのはやめましょうと提案するのが優しさってものですかね?

866 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:X9U4UyQ/
>>862
そういうのって「そうそうわかれたほうがいいよ」って誰かに言ってほしいだけだろ
自分の気持はどうせ決まってるくせに

867 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:c5WvOpEK
いや、私は本当はまだまだ会いたいですよ。
でも相手はそうじゃない気がして。
このままだと、相手を苦しめてしまう気がしたんです。
多分、向こうから誘ってきた手前、いろいろと自分からは断りづらいのかなって。
それなら自分か終了しようというのがいいのかなとか考えてしまったんです。

868 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:X9U4UyQ/
そうそう 別れたほうがいいよ

869 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:tPCQTqaP
>>862です。
夢を見ました。
相手は別れたがっていて、言い出せない。という夢です。
正直、すごくリアルな夢でショックでした。
でもこれが相手がいえない本当の気持ちなのかなと。
失恋した気持ちです。相手が本心を夢に伝えていたのかに思えました。悲しいです。
私から言った方がいいのだろうなと夢をみて思えてきました。とてもつらいです。

870 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:jhd3pycA
>>862
「わざと」と感じたのは逆の立場だったらあなたがやるかも知れないことだからでは?
つまり、自分が相手にやりたいことだけど抑圧していたために投影されてしまって
相手から自分がやられているかのように感じてしまったのではないかということ。

遅刻したり道に迷ったりなどは全て偶然か、あるいは緊張していてうまくやろうと
力み過ぎたから失敗しただけかも知れない。

871 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:jhd3pycA
>>869
夢はあくまでも夢だよ。あなたの願望が映し出されているだけかも知れない。
まあしかしそれならあなたの方が別れたがっていることになるからこの場合同じことになるが。

しかしなんというか、あなたは全般的に物事を深読みし過ぎてないか?
そして自分で想像しただけのことに対して真実だと思い込み過ぎてないか?
最初から本当のことは何一つ分かっていないと思うんだが。
起こったこととそれに対する自分の思考による解釈は分けて考えた方が良いと思うぞ。

872 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:EOjslZH0
>>860
宛名をご覧になられましたか?

今回取り上げた“お節介”の本質は、まさに貴方のような方なんですよね。
聞いてない。

873 :◆C8utSR9LI6 :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:B+qaNV8q
>>872
ごめんなさい

874 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:EOjslZH0
>>856>>861
お返事ありがとうございました。

>>858さんも、補足の質問ありがとうございます。

875 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:AMIn4OD6
>>862
どちらにも転べる

お門違いだ
彼にそう言うんだ

876 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:PGjX3wua
鬼和尚様

暇なアラフォー独身自営業なのですが、暇な時間や暇な休日はどのように過ごすのが
仏道に適していますか? 
今は仏教の本を少しかじったり、たまに法座へ行ったりです。

877 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:kzBIq+VV
家の掃除でもしてろ。
終わったら道路の掃除とか公園の掃除しろ。

878 :龍昇:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:lsdj96LW
白紙の上にインクが一滴落ちる。(認識)
それに対してまたインクが一滴落ちる。
数ある認識のうち限られたものを自分としている。
教育と習慣による集中状態が自分というもののようだ。

最後には白紙がなくなるのか。
にわかには信じがたい。

879 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:Gp0lhX9c
ああしろこうしろと言われるのがすごく嫌いです
あまりにも嫌すぎて離婚もしたし、あまりにも親と合わず祖父母と暮らしていました
性格なんでしょうか?

880 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:4HCR1rFf
>>879
>>855さんと気が合いそうですね

881 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:p715UWvd
>>879 わがままなだけ。

882 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:p715UWvd
躾られず甘やかされて育った場合
感情のままに生きるようになる
それはそれで健康的、人間の動物的生命力を失わない生き方
なので
間違いともいえんところだ。

883 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:a81ghB3o

なんでもいいという事だ

884 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:MUU5/VyS
自分は祖父母にああしろこうしろといわない?
祖父母は何も言わずにがまんしてたんだろう
他人に要求するばかりで自分は義務を果たさない どこに行っても嫌われるタイプ

885 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:FSpKNrM9
>>879
うん

886 :おさかなくわえた名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:1nS4ko6i
偽、雄叫び頼む

887 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:G9ZCUeNs
ぱおーん

888 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:r/zXASr0
>>879 性格じゃろう。
 嫌ならばよく観察して変えると良かろう。
 自らの性格に気づけば変わるのじゃ。

889 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:OGHTHhIZ
http://www.youtube.com/watch?v=A7gCzeoPc9Q

890 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:ZZ4805R6
横からで悪いけどさ
>>872
あなた生きるの辛そね
それよりも、鬼和尚も只の人気取りキャラだと分かってガッカリ

891 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:QcWoYPzg
>>890
横からの割には、全く主題には触れないのね

892 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:PAgNEWGP
写真を撮られるのを嫌う人は、現実から目を逸らしたかったり、虚構の自己イメージにしがみついている証拠でしょうか。

893 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:orEFH3Cm
理由しだいだ

894 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:17JVO/oB
真中の人が早死にするとか思ってるに違いない

895 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:ol2IaAao
>>892 そうかもしれん。
 あるいは犯罪者とか、単に不細工とか他にも理由があるかもしれん。
 検証してみるのじゃ。

896 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:17JVO/oB
なにをどう検証するんや?答えんかい鬼和尚

897 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:6Rv+ZpYp
↑本人にいろいろ、聞いてみると良かろう。
 実践が全てじゃ。

898 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:ZBRGrxWT
お前犯罪者か? お前不細工か? と本人にいろいろ聞くわけだな?

899 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:d3O3TOdr
テレビで小倉が不倫をネットに書き込むニュースでちくるなと激怒してたけど
不倫についてはスルーかい

900 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:/KEWysf2
墓参りって必要ですか?
生きてる人用の一方的な儀式ですよね?
死んだ人にとってはどうでもいいように感じますが

901 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:7bI3cOfX
一方的だと思えば、一方的なのじゃ。
死者を喜ばせる事になると思える人がいるならば、その人にとってはそれが真実なのじゃ。
おぬしが一方的だと言い切ることに寂しさを感じるなら、一方的だと決めつけるのはやめた方が良いのじゃ。
おぬしが一番心地よいと思えるやり方で死者を供養したら良いのじゃ。

902 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:/KEWysf2
供養という作業自体は一方的ではないのですか?
既に学校を卒業した先輩のパーティを本人不在の学校でやったりするのと同じで、
供養するほうが逆にアホらしくて虚しいような感じに見えますが。

903 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:73JTgzcd
>>898 自分をそう思っているかと聞くが良いのじゃ。

>>900 必要ではないのじゃ。
 おぬしが必要と思った時にのみ必要となるのじゃ。
 
>>902 生きている者同士でも一方的な思いが通じたり、通じなかったりするじゃろう。
 親しい者同士ならば通じる事もあるじゃろう。
 

904 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:a4zQcLNY
>>900
お前次第だ
対象と意志疎通する機会があったらバツが悪いからとりあえずやっとこう
ってスタイルもある

905 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:R7UhMOQm
沖縄の狛犬ってどうですか
遊び程度でやるにはいいのですが
他人にまで狛犬が無いと不幸が起きると信じて呪う勢いの人がいますが
他の宗教でも他人に不幸になると言う奴ウザイ

906 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:KwikJsAo
>>905 ただの迷信なのじゃ。
 常に狛犬のある神社でも人は老病死や他の多くの苦に苛まれておるのじゃ。
 ただの石の犬に不幸を払う力などないのじゃ。

907 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:pIvpIY8T
>>905
最後の一文と同じ理屈が狛犬を成立させた
人の理解の度合に応じたワザだ
要注意

908 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:TpSIG8FR
耐えた方がいいのは分かっているけど
もう限界ってときはどうしたらいいのだろうか。喉がかわいたけどお茶買い行くために身を整えることができなくて、家族に頼みたいけど、
やってもらって当然って態度が身につきそうで怖い。自分の命を存続させるのが、これほど大変だとは思わなかった。
一般的に幸せと呼ばれることや、プレゼントを受け取っても、一時はよろこんでもわれに帰って虚しさだけが残る。

909 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:DSwYgTC1
>>908
お茶なら自分で作れば良いじゃん。冷たい麦茶とかなら作って冷蔵庫で冷やしておけば良い。
今飲みたい分は駄目でも次回からはわざわざ出かける必要がなくなる。
なんだったら自分専用にしないで家族にも飲みたいだけ飲ませてやれば良い。
それで少しはあなたの心苦しさも減るんじゃないか?

910 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:pIvpIY8T
わざとだよな
わざとだ

911 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:bqddW2m0
>>908
それは多分仏教と関係ない。君は病んでるだけで、いつか治る。俺がそうだったからわかる。

912 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:c4fh2qPP
お茶が飲めないなら水を飲めばいいじゃない

913 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:TpSIG8FR
>>909
そうだね・・そういえばお茶つくってペットボトルに保存すればいいだけの話だもんね
でも今はあのペットボトルの緑茶じゃなきゃだめとか思う
原因はわかっているんだ。ここ1ヶ月くらい緊張やプレッシャーで寝れないこと。神経がほぐれない
毎日寝れなくても夜は床についてたけど、自律神経の乱れによるストレスがわらわらと出てきてしまった。
ニートなのにね。いや、ニートだからか?でもバイトしてもどのみち対人緊張とかで寝れなくて穴あけるし、どうしたらいいかわからない
緊張が人生をこわした 

914 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:TpSIG8FR
「仕事」
自分だけのやることリストをつくって、それ何十個か消費できたらごほうびをやる形式にしてるんだけど、
進まないときがくるしい。
僕は自分を大切にしすぎているのか?もっと汚れたい

915 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:DSwYgTC1
>>913
自律訓練法でもやってみれば?

916 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:TpSIG8FR
>>915
うん・・

917 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:bqddW2m0
>>913
うむ、昔の俺だな。緊張は仕方ないよ。
自身が無い、しかし良く見せたい、その板挟み。
変な方法かもしれないけど、自分で自分の写真撮ってみるとか良いかも。鏡を見つめるとか。スマホなら動画撮るとか。緊張するほどダメなやつなのか、変な奴なのか、客観視する。
案外、自分で思うよりイイ男だったりするよ。

918 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:of01ver0
>>914 それだめよ。 うまくいかない。 やりたいからやる、じゃないと続かないよ。

919 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:TpSIG8FR
風呂入ったらすっきりした。今夜も寝れないだろうけどがんばりまする
>>917
ありがとう。緊張するほど変な野郎でしょうね・・。自分を鏡でうつすと確かに、まともなこと言いそうなのに頭のなかはびっくりするほどごちゃごちゃしてます。
>>918そう?

920 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:TpSIG8FR
鏡をみるとたしかに安定します。でも、鏡がなかったら元にもどります。
写メも同じく。キーワードは動画ですね。動いてるときの自分って、なかなかみたことない。動いてる自分の客観性にかけているのかもしれない

921 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:1vby/MSn
>>919 芸仕込まれてるサルじゃあるまいし、ご褒美で自分を釣るなんて自分を侮辱するようなもんだよ?
  やりたいと思うことを感じろ。シンプルにやりたいことだけやるんだ。
  そうすれば派生してつぎつぎやりたいことできて自然にたくさんのことができてる。
 

922 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:1vby/MSn
いろいろとまずい点を挙げる。
まずすべてのことを書き出すだけでも労力無駄。そんな暇あったら少しでも片づけろ。
後、やるべきことなんて10本の指で足りる。メモなんかいらん、もっと自分を信じろ。
それに、たくさんあると思ってしまうとそれだけでもうやる気なくなる。
わざわざたくさんあることを自覚しても得することは何もない。
問題は、中途半端なままで次にいく癖があること。必ずしまうんだ。それだけ守ればいいんだ。

923 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:XIxxReb8
お茶買いにいけました。
やりたいことがあって、それをやっても、虚しさしかのこらないから このような方法になったんです。
たとえば10のやることを片付けたらプリンをいただく、わかりやすい方法です。
猿みたいに自分を協調してる自覚はあります。でもそうしないと先延ばししてしまうので。

924 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:XIxxReb8
昨日は気が動転していました。スレ汚しすみませんです
とりあえず、僕は客観性に欠けているようです。
鬼和尚、スルーしてくだされ。。

925 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:KoxawW7v
>>919
自分で見た目が普通だと思うなら、うん、いまの自分が変だという事だよ。
多分いつか治るし、すぐ治るわけでもない。
きっともう少し楽な生き方が有るよ。ただし多少の犠牲は覚悟しないとだけど。例えば昔からの夢や理想を少しだけ捨てるとかね。

926 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:gYYMTSKQ
なんだかしらんがスルーじゃ。

927 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:Vg6LXxrT
鬼和尚。
最近、お寺で僧侶が音楽ライブを開催したり、お寺カフェとかネット寺とか
通俗的な方向にシフトしているようですが、仏教の布教活動としてはアリなんですか?
女性には座禅や写経がちょっとしたブーム?になってるとか。
仏教をオシャレ感覚で捉えている層には受けているみたいですが、
お寺がこんな事やってていいんですか?

928 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:N7Pw0on6
>>925
ありがとう、、

929 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:HUT0L8N7
鬼和尚さま

嘘、ねつ造、裏切り、窃盗、強欲、性犯罪と凶悪犯罪が異常に多い反仏教国家韓国のことを
冷静に観ることができません・・・かの国の人にも仏性あり?

930 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:lFfUyEdN
>>927 いかんのじゃ。
 もはや寺ではないのじゃ。
 一度寺も檀家制度も捨てたらよいのにのう。
 それが出来ないのは哀れな事じゃ。

>>929 今の政権を正当化するために、前の政権を批判しているのじゃ。
 歴史では良くある事なのじゃ。
 統一したり、今の政権が無くなれば批判も今の政権に移るじゃろう。
 放って置くが良いのじゃ。

931 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:2NNetLZh
>>929 ある。仏性とは清浄心。騒がず落ち着いて呼吸すれば誰だって真の心を得る。
 まぁ連中の素質が悪いというより、状況、本当のことをいうと殺されるような環境が狂わせている。

932 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:mvvaTU4I
殺人や強盗など凶悪な犯罪でなく、軽微な犯罪(万引きや覗きなど)を行った者も
望み通りの人生を生きる事は難しいですか?やはり報いがありますか?
このような小さな犯罪を犯す心を持っている者が幸福になれる方法を教えてください。

933 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:lBJoYAuk
>>932
ていうかそれをやっている時点で既に望み通りになってないんじゃないか?
なってりゃそんなことしないと思うんだが。

934 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:4Sx9ROvx
>>932 難しくなるじゃろう。
 報いはあるじゃろう。
 懺悔告白をして二度としないと誓えば許されるのじゃ。
 もはや悪事を成さず、善事をすれば幸福になるじゃろう。
 お釈迦様も前に悪事をしていた者も、反省して善事をすれば幸福になるといっておるのじゃ。
 

935 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:PHP4o6BZ
>>932
いや

うん

幸せになる為に励め
達成を阻む行為を排除しよう
いわゆる法全般は順守しよう

936 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:PSa+9Lls
覗きは病気らしいよ

937 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:sAiacl5N
善事ってなんなのか悩む
猛烈なお節介を受けてきたから、自分が助けよう!なんて思ってやることなんて
相手にとって良いことばかりじゃないのは身にしみてるし
一人だけでも出来たりするこなんてあるんですか

938 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:hFGgM9s2
善事ー北京

939 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:wYwlzcI6
>>937
あるよ

考えるこった

940 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:O9JvI6KK
なにをどう考えるんだ?

941 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:o42oEsJv
>>937
ペットボトルが落ちてたら拾ってゴミ箱にポイするとか・・?

942 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:pgBzA997
>>937
自分が一番気持ちの良い行為じゃ。
後で思い出して清々しい気持ちになれるなら何でも良いのじゃ。
仏教は己の心を健やかにすることが究極の目的なのじゃ。

943 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:7iEExQ55
付き合って1ヶ月くらいの人がいます。相手はそろそろセックスしたいみたいで
泊りで旅行に行きたいとぽろっと言っていました。私は、そのうちにとは思っていますが
まだセックスしたくありません。
彼に、今すぐは無理だけど、そのうち(セックスするような関係)になったらいいね。
と伝えようかと思っていますが、男性からするとこれはどんな気持ちになりますか。
私としては、あなたと全くする気はないということではなくて、今はまだ早いけどいつかは
そうなりたいというのを伝えたいと思っていますが、意図が伝わるでしょうか?
それと意図が伝わったとしても、そんなこと言われたら男性は嫌な気持ちになるものですか?

944 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:9rXTEwHl
出会って1ヶ月もセックスしないということは、多分相性が良く無いんだろう。
本当に好きな相手に巡り合った時の性欲は自分で冷静にコントロールできるようなもんじゃないよ。

945 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:YkT0Grix
>>943
他スレで聞け

何とかしようとイロイロ言うのが標準だ
いやならいやと言おう

946 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:MmfgJhB9
りゅうしゅつじゃな。

947 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:vsatCwBI
[名前の後ろに ◆GBl7rog7bM ってつけたらご利益ありますかね^ヮ^
2ch法違反で運勢ダウンですかね^^;

948 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:hCUUBJYe
鬼さん助けてください
何をしたいかわからず無為に過ごすことが多いです
何もしないのは苦痛なので、その場限りのお慰みに熱中しては虚無感を感じます
退屈をいかに紛らわすかに心を砕く人生に疲れました
幸福感を感じづらいのだと思います。チャクラが影響しているそうですが・・・
何もないことが幸せという人が羨ましいです
悟りたいと大それたことは言いませんが、もう少し輝いて生きたいです

949 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:EEJAcCBl
働けよ

950 :おな和尚:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:YzXBddv1
なにをすべきか
よいことをすべきじゃ
わかりきったことじゃ

951 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:I+9ilswR
>>947 無じゃ。
 何も無いのじゃ。
 行うならば良い事を行なうのじゃ。
 
>>948 苦を滅する修行をしたら良かろう。
 ただ一つの苦が滅しただけでも世の中が輝いて見えるのじゃ。
 人は心から世界を見ている故に、心が少しでも変われば世界も変わるのじゃ。
 

952 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:8F7/iYC1
>>951
ありがとうございました

953 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:NjK7gM7w
どうも自分は人を不幸にする人間のようです。
付き合った人がどんどん元気がなくなっていきます。
私が相手の精気や鋭気を吸い取ってしまっているのでしょうか。
付き合っているとき、ケンカとかはほぼしないし、傷つけるようなことは言わないよう気を付けている
つもりです。でも、どこかで私が相手を精神的に追い詰めているのかなとこの頃考えています。
ちなみに別れた後に相手がどんどん落ちぶれていくパターンもあります。

なぜ相手を不幸にする人間かと思うようになったかというと、
小さい頃から母親から「おまえは私を馬鹿にしている」とか「おまえは調子に乗っている」とか
「おまえはもっと痛い目に遭った方がいい」とかそんな感じのことを言われて育ったので、
やっぱり自分は人を不幸にしてしまう、いつの間にか精神的に追い詰めてしまう人間なのかと
思ったのです。

どうしたら人を幸せに・・・とまではいかなくても、相手が笑顔になってくれて、思ったことを好きなように気楽に
言えるようになってくれるようにするにはどうしたらいいですか?
相手の悲しい顔を見ると私も悲しくなります。でもどうしたらいいのか分かりません。

954 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:V1hqJOxu
>>953
> 私が相手の精気や鋭気を吸い取ってしまっているのでしょうか。

そんなことは現実には不可能だよ。そういう風になっているように見えることはあるかも知れないけどね。
仮に本当に元気がなくなっていたとしても理由は人それぞれだろう。で、たまたま連続してそれを見た
あなたが勝手に「自分が関係している」と思い込んだだけ。(こういうのを関係妄想と言う)。

> 小さい頃から母親から「おまえは私を馬鹿にしている」とか「おまえは調子に乗っている」とか
> 「おまえはもっと痛い目に遭った方がいい」とかそんな感じのことを言われて育ったので、
> やっぱり自分は人を不幸にしてしまう、いつの間にか精神的に追い詰めてしまう人間なのかと
> 思ったのです。

それはその時の母親はストレス溜まっていたとかで判断力や言動がおかしくなってただけじゃないかな?
親も同じ人間だから気分に波があったりおかしくなったりすることは起こり得るよ。

955 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:PlOBomC+
>>953
人助けは対象の成長を梳る
やり方を変えて結果をみよう

可愛い子には旅をさせろが過半数だろな

956 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:A1aPAaqz
>>952 どういたしまして、またおいでなさい。

>>953 おぬしは無意識の内に母親の言動を模倣して、人の鋭気を挫くような言葉を使っているのかも知れん。
 自分の言動を日頃から良く観察してみるのじゃ。

 人を誉めたらよかろう。
 もって生まれた才能とか顔形などではなく、努力を誉めるのじゃ。
 行いに対して称賛を与えれば人はやる気も出てくるものじゃ。
 自分は親などからそのように誉められなかったと反発があるかもしれんが、自らの意志で親と違う人生を歩むためにも行ってみるのじゃ。
 自由意志によって自らの主となるのじゃ。

957 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:NMHuVfP3
その自由意思がむずかしい
でも、努力を誉めることは大事だよね
相手をよく観察してみようと思う
ありがとう

958 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:jtA7XlAJ
ていうかそんなの相談しなくてちゃ分からないか?

959 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:kuS+vevi
鬼和尚はペッパーランチの事件についてどう思いますか?

960 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:hHu/FBKj
>>957 そうじゃ、やってみるのじゃ。 
 またおいでなさい。

>>959 愚かな事じゃ。
 自分では全て上手くいくつもりであったのであろうがのう。
 邪な心を持つ者は自らを滅ぼすのじゃ。
 
 被害者は哀れな事じゃ。
 無残な世を捨てて修行したらよいのじゃ。

961 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:NziMX2L6
鬼和尚さんはほとんどを家の中で過ごすんですか?

962 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:w031eAR+
 ↑ 毎日外に行くのじゃ。
 買い物や散歩をしたり仕事をしたりするのじゃ。
 

963 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:XYO9EJkU
子供のころからずっと虐められて、おっさんになった今でも寝てすごしてます
でも動こうと思えば動けるししゃべろうと思えば話せるのです
でもやっとと言うか、たぶん病院行っても正常と言われるだけだと思われますが
怠けてると思われるだけでしょうが、好きで人生も楽しみも捨てて何十年も寝てる奴なんか居るかよ
なんとか生活保護申請とか出来ないでしょうか?

964 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:6VKtD1rC
できるよ 役所行って相談すれば

965 :◆l2.NWrKO3. :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:1Hpr7Rl3
>>963
二十代?

966 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:/3gTgRs9
漠然とした質問ですみません
何で生きているのか分かりません
今の仕事(期間限定)終わったら死のうかなぁと考えています

967 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:r8a/V0Ku
お腹がすいても、忙しくても、上司がイライラして私に当たってきても、イライラしない方法を端的に教えて下さい。

968 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:8rUL4dYU
>>966 俺も親が死んだら死のうとおもってる
>>967 死ぬ

969 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:I31YXBY3
>>963
できる

>>966
自分で意味を作って良い
生きろよ

>>967
スルーしろよ
標準だ

970 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:HtUPBCoD
他人に言いずらい事でも我慢しないではっきり言えるようになりたいです。
別に嫌われたくないとかしがらみがなくても、のどのあたりにブロックがあるかのように呑み込んでしまいます。
今まではっきり言ったことがないので、動揺するかもしれないと恐れているのもあります。
一回思い切って吐き出してしまえば恐れやブロックが外れて言えるようになるのでしょうか。

971 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:yj+/Gd1y
何でもハッキリ言えば良いってもんでもない

972 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:3HDwJVCY
言いづらくても単なる感情の放出ではない言うべき・言わなきゃいけない事柄とそうでないものの区別だけはつけておいたほうがいいかと思われ。

973 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:HtUPBCoD
言いずらい事というのは迷惑だったり不快だと感じることです。
そこでこちらの感じ方なのだろうか、と考え過ぎてしまって言えないということもあります。

974 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:8rUL4dYU
たとえばどんなことよ

975 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:HtUPBCoD
この間ですが結構離れた場所の閑静な格式ある神社に一年ぶりに行ったのですが、その境内の拝殿の
裏に上がって何十分も大声で嬌声も交えながらずっと話しているおじさん、おばさん夫婦、神社の
ボランティアのような人がいたんです。
うるさいなあと思いながら、観光客気分でいるのだろうから仕方ない、しばらく待って
いればいなくなるだろうと思っていたのですが私やほかの参拝客の事など目に入っていないように、
ず〜っと神社にふさわしくない大声で話し続けていてもういらいらしてしまって。
結局言えないまま、その人たちがいなくなるまで一時間くらい我慢しました。
私は気軽な気持ちではなく、きちんと静かな空気の中で参拝するためにわざわざ行っている
わけだし、神社とはそういうものなので、静かにしてもらえますか、くらい言えてもよかったと
思うのですが、なぜか言えません。自分の弱さを感じました。

976 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:HtUPBCoD
目に入っていないようにと書きましたが実際に目に入っていないわけではありません。
アピールはしています。

977 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:3HDwJVCY
たしかに神社に大声などはふさわしくないとは思うけど神社の関係者でもないなら強制できるような事柄でもないのではないかと思う。
そうした分別がつかないまま言いたいことを言うならあまり良い結果は得られないように思われる。

978 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:HtUPBCoD
どういうことですか?
その分別とはどのような基準ですか?正しさの基準は絶対ではないし、何も言いたいことが言えなくなりますが。

979 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:HtUPBCoD
感情の赴くままに何でも言いたいことを言えるようになりたい、などとは言っていません。
必要な時に必要なことを言えるようになりたい、ということです。

980 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:3HDwJVCY
>>978
その大声があなたの感覚だけでなく誰にとっても迷惑であるようなものだと認められるなら言ってみるのもいいだろう。

あなたが言うように
> 正しさの基準は絶対ではないし、何も言いたいことが言えなくなりますが。
であればこそ何でも言えばいいというものではないし、その区別をつけたほうがいいと>>972で言った。

981 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:8rUL4dYU
神社なら管理者がいるんだから、周囲に迷惑なら管理者が注意したはず。
1時間も騒いでるんなら、うるさいんで注意してくださいといえばよかったかもね。

982 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:zKFbroJe
>>963 申請できるじゃろう。
 郵送でも良いと言う。
 やってみるのじゃ。

>>966 時間が来れば自然に人は死ぬのじゃ。
 どうせ死ぬ定めならば悟りを得るために修行したらよかろう。
 そうすれば死んでも後悔しないのじゃ。
 わしのブログを参考にするのじゃ。

>>967 数息観をするとよかろう。
 心が静まり、少しの事では動揺しなくなるのじゃ。
 不動心が得られるのじゃ。
 
>>970 そうかもしれん。
 何事も慣れが必要なのじゃ。
 やってみるとよかろう。

983 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:37RPGPZe
久し振りにスマホの規制解除になったのでスマホから書き込み。

>>963
多分可能だが、念のため医者にも症状を相談してみた方が良いかも。
というのは精神的な問題のように見えても実は身体的な病気が元になって出ている症状の場合があるから。

後は、動かないことが習慣化してしまって動き出し辛いのかも知れない。
その場合は部屋の片付けとかの小さな行動を続けて徐々に体を動かすことに慣れさせていけば良いと思う。
要するにリハビリだ。

>>966
なんで生きているか解明してから死ねば?

>>967
たまに深呼吸して肩の力を抜くなど、体をリラックスさせるのはどうかな。

>>975
神社とはそういうものというのはあなたが受けた教育なり躾なりでそう考えるようになっただけのことでは?
人によってそれがどういうものなのかは違っていて当然だと思うが。

同じ石を見ても漬け物石に使えそうだとか、庭石に使えそうだとか、砕いて道路工事の舗装に使えそうだとか、何にも使えないだとか、人によってどう思うかが変わってしまうのと同じ。
しかもどれが間違いということもなく全て正しいといえば正しい。こうでなければいけないってことはないからね。

984 :おさかなくわえた名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:CcsUCww1
鬼和尚さま

ヘビーな話題で申し訳ありません。たった今救急病院から戻ったところです。
親父がカリウム自己注射で自殺をはかりました。命に別状ありませんが、後遺症必至です。
今後、家族としてどう接していったらよいのでしょうか?

985 :◆l2.NWrKO3. :2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:k0eNc0v/
>>984
これまで親父をほったらかしてきたのかよ?

986 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/01(日) 00:18:09.86 ID:Amf7qoZw
いやああ〜蠍、ひっさしぶり。
およよよお、あくきん解除されてんじゃん。
しばらく2ちゃんねる見てない間に閉鎖危機だって?いろいろあるねえ。


つっても誰だかわかんねえよな。
おれのことなんざコテ付けても思い出せないくらいだから、コテ付けないw
近いうちに新コテでまた来るからよお。
また面白い板やスレおせえてくれよ。
遊びに行くのさ。

987 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/01(日) 03:32:19.77 ID:E+dQW3Kh
>>980
なんであなたはそんなに偉そうなんですか。
最初から分かっていることを、さもこちらが分かっていないかのように決めつけて。
上から目線のアドバイスなんて求めていません。

988 :963:2013/09/01(日) 05:30:46.69 ID:b4NJ7Ad8
ありがとうございます
なんて言えばいいのか?
でも金の無い時に断られたら本当に死ぬしかない

989 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/01(日) 09:24:39.29 ID:kjNBCGt8
まあいいじゃない 死のうが生きようが 仏教的にはたいしてちがわない

990 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/01(日) 18:41:57.05 ID:9K7Hef+P
苦労して他人に尽くしても、残念ながらその苦労が他人に伝わらない事がありますが、
その時に「なぜ俺に感謝しないのだ!こんなに頑張っているのに…!」と泣きながら怒り散らす人がいますよね。

私は、他人に伝わらないような利他行動は恐らくそれが実際には利他行動になっていないからだと思うし、
他人に感謝を要求するのはもってのほかだと思うのですがどうでしょうか。

991 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/01(日) 18:52:21.16 ID:SK2kbwv9
>>990
要求してもいいししなくてもいい
要求してはならないと思うならそれは執着である

992 :鬼和尚 ◆GBl7rog7bM :2013/09/01(日) 20:19:51.51 ID:csgSZ25/
>>984 普通に接したらよかろう。
 おぬしが動揺しなければ家族も不安が少なくなるじゃろう。
 家族にも数息観を勧めると良かろう。
 生きている限り悟りを得るチャンスはある事を説教してやると良かろう。

>>988 今のうちにやっておくと良かろう。
 先のことを考えて行動するのじゃ。
 貯金もすると良かろう。

>>990 そうじゃ、見返りを求めるなら善事ではないのじゃ。
 ただの取引なのじゃ。
 金の代わりに感謝を求めているだけであるからのう。

993 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/02(月) 10:16:05.45 ID:TDEzZsT/
>>970
慣れでもいいが
言えよ
言わないのが既にそうだ

>>990
そうでもない
影響をも含めて行動するほうが動作に無駄がない
当然だ

994 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/02(月) 18:21:27.48 ID:I/4YtECa
感謝見返りは無くてもいいが
行為を全部否定されるのはつらい

2ちゃんで親身に相談のってあげたら全スルーとか

995 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/02(月) 18:29:06.43 ID:CGUNeDJi
スルーされるような内容だったのでは?

996 :おさかなくわえた名無しさん:2013/09/02(月) 18:30:24.18 ID:CGUNeDJi
あとは相談者が相談した後アク禁に成って返事が出来なかったとかも有り得る

327 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★