5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(124)

241 :おさかなくわえた名無しさん:2014/02/24(月) 14:29:30.14 ID:N6dn3bFC
仮に A 氏としておく。
A 氏は 50 歳。
営業畑で二十数年、出世とは縁遠かったが、それなりに会社に尽くして来た。
少なくとも彼はそう思っていた。

最近「キャリア開発室」へ異動になった。
そこでの仕事は、何と「次の自分の雇用先」を探す事だと言う。
デスクにパソコン一台を割り当てられ、毎朝「頑張って、キャリアアップ!アップ!」と全員で声を合わせるらしい。
仕事を探す他に、仕事はない。

A 氏には妻子がある。
それが故に大人しく仕事を探す。
エン・ジャパンとかマイナビとか。
しかし 50 歳の、しかも特筆すべきスキルも資格もない男である。
おいそれと仕事など見つかる筈もない。

解雇はされない。
会社側も訴えられる様な下手は打たない。
真綿で首を締める様にジワジワと追い詰めて行く。
A 氏は「妻子がなければ死にたい」と漏らす。

更に驚くべき事に、会社は「キャリア開発室」に異動になったと同時に、任意ではあるが生命保険に加入させたと言う。
この意味がお分かりになるだろうか。
僕はあまりに事に暫く意味が分からなかった。
遠慮なく書くが、こうしておけば「万が一」本人が自死した時、遺族への手当が出来、後から腹を探られる事もないのだ。
最低である。

会社の実名を晒してやろうか、と思った。
これは A 氏の希望から止めておく。
義憤に駆られるとはこういう事なのか、とも思った。
久し振りに心の底から腹を立てている。
全く他人事とは思えない。

293 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)