5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

肴6400

724 :名無し草:2012/05/13(日) 17:55:06.02
「ッ!何言ってんだ椙田!」
口を塞いでた両手を外して、中邑がかみついてきた。
お、ラッキー! 素早くその両手を捕まえて、頭上で一まとめにする。
しまった、って顔しても遅い。
振りほどこうとしてるけど…腕力はオレのが上回ってるから。
「これでもう、声押さえられないね。恥ずかしがらないで、声聞かせて?」
焦りと快感が混じった焦げ茶色の瞳を覗き込んでおねだりしつつ、
邪魔な服を緩めた右手を直に滑りこませた。
「ひゃあん!っやあ!」
キスした時よりも色っぽい声が、月明かりの下で響く。
うわすっげ、もう濡れてる!
わざとぐちゃぐちゃ水音立てて、中邑のを扱きたてる。
「あんっ、やっ杉田、杉田ぇ!」
ひっきりなしに声をあげて、過ぎた快楽から逃れるように首を振ってる。
扱きたてる程、中邑の汗ばんだ肢体はくたりと力を抜いて。
あんなにじたばたしてた両腕も、すっかりおとなしくなってる。
…これなら、もういいか。
そう一人ごちて、離した左手で中邑の下半身からブリーフを引きずり落とす。

178 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)