5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【雑】珍獣観察287【談】

228 :名無し草:2012/07/05(木) 03:59:51.53
男はふと風の中に顔を上げた。まだかすかな、だがいずれ激しいものになる便意を感じ取ったからだ。
荷を下ろして急坂を駆けおり、せせらぎの岩場を目指した。

むらくものように膨れあがる便意に苛まれ、男はよちよち歩きをはじめた乳飲み子の速度で、しかし必死に急いでいた。
この国の男たちにとって、便を漏らすことは即ち人としての死であった。

草を払いのけつつベルトを外し、5歩のうちにずぼんを下げ切ってちょうど岩場に立っていた。
ぱんつを下ろすのに合わせて便が顔を覗かす、それが男が経験にもとづいて予測する未来だ。

男の左手がぱんつの布地を掴む、掴んだ布を引き下ろす。流れるような手つき。だが、男は強く引きすぎた。
ゴムの縫い目が裂け、脱げたのは手で掴んでいた左半分のみ。右半分はまだ尻たぶを覆ったままだったのだ。
軟便が降り注ぎ、男には予期しなかった未来が訪れていた。

だが男は下痢に敗れたのではない。敗れたのはぱんつである。その瞬間、ぱんつはぱんつたりえるものではなくなった。
ぱんつではないものが、どのような色やフレーバーに染まったとしても、それは「漏らした」ことにはなりえない。
男はそのように自己評価を下し、事を終えた。

―――そして、左手に便が付着していないか確かめるために、

149 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)