5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポケモンカードSS

1 :名無しさん、君に決めた!:2011/08/23(火) 00:19:00.94 ID:NFonH/2T0
代理

2 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/23(火) 00:25:44.91 ID:Av3DeXs+O
>>1さん スレ立てありがとうございます! これから張り切って投下していきます!

プロローグ投下します!!

3 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/23(火) 00:30:57.08 ID:Av3DeXs+O
 目覚めると、そこは闇の中だった。

 視界はあるはずなのに、映し出されるのは無彩色を背景にした青の線だ。

 無彩色を切り裂く青と白の組み合わせ。

 これは電気の流れだろうか。

 脳に流れ込み、この体を蝕んでいる。

 全身を包むのは電気の熱ではなく、落雷後の冷気。

 この冷たさは何だろうか。外的な冷たさではない。

 まるで……。

 孤独。

 そう、孤独だ。

 まるで自分の実体がなく、意思だけがそこにある。

 叫んでも声にならない。

 代わりに自分のものでない自分の笑い声が響く。

4 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/23(火) 00:35:01.43 ID:Av3DeXs+O
 ……止まれ!

 枕を握りしめ、壁に叩きつける。

 布が裂け、羽毛が周りに飛び散る。

 今すぐ窓に向かって飛び込みたい気分だ。

 心の衰えにも関わらず、肉体は気力に溢れ、まるで疲れない。

 まるで自分の体ではないかのように。

 もしくは自分の体ではないのかもしれない。

 この肉体は……。

 ふいに心がぼやけ、意思が薄れていくように感じた。

 そして、青い光の中でそれは姿を見せた。

 漆黒の両翼。

 鋭く輝く眼。

 獲物を前にした獣のような息づかい。

 青一色の背景からゆっくりと滲み出てくる。

5 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/23(火) 00:59:41.48 ID:Av3DeXs+O
 神々しく、禍々しい姿。

 悪魔の叫びような鳴き声。

 その全てを認識する間もなく、私の意識は散らばった。


       ※


 ……突如、この国を襲った嵐。

 雷鳴と豪雨が人々の心を恐怖に駆り立てた。

 轟然と震えてやまぬ森。

 激流に削られる大地。

 街を行き交う鉄は、火花を散らして雨の道をかけぬけていく。

 そして悲鳴のような音を立てる風。

 多くの災いの中−−。

 強大な一つの災いは形を持ってそのうぶ声をあげたのである。

6 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/23(火) 01:13:44.07 ID:Av3DeXs+O


       ※


 ポケモンカード。

 その組みあわせから生まれる数々の力。

 災い。そして救い。

 この嵐は大いなる災いとそれに立ち向かうプレイヤーとの戦いの序曲にすぎなかった。






  第1話に続く


7 :名無しさん、君に決めた!:2011/08/24(水) 18:25:13.71 ID:???0


8 :age:2011/08/27(土) 00:19:33.64 ID:???0
age

9 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/29(月) 22:39:53.18 ID:nuN2oU6m0
>>7さん プロローグが終わり、ついに話が始まります!

第一話を投下します!

10 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/29(月) 23:36:08.09 ID:nuN2oU6m0
「ヒヒダルマのほのおのキバで攻撃!」

 田村ヨモギが攻撃を宣言すると、対戦相手のキムタク似の少年はうめき声をあげた。

 HPが0になったナゲキは気絶し、ヨモギが左手にある一枚のサイドカードをとる。

「やったぜ、優勝だ」 

 ヨモギがガッツポーズを作り歓喜の声をあげると、周りから感嘆の声があがった。

「やったじゃん、ヨモギ」

 丸眼鏡の少年宍戸冬馬が親友に賞賛の声をかけると、ヨモギが得意気に笑い、

「オレとこいつらが簡単にやられるかっての、中盤はちょいやばかったけどな」

 でっぷりとした体型をした店長が賞品のプロモカードをのせたカゴを先ほどまで勝負が行われていたテーブルにおいた。

「では、優勝の田村カズマさんには四枚のプロモカードが贈呈されます」

 「サンキュー」といいながら、ヨモギがカゴから四枚のプロモカードが入ったバックをとっていった。

 その他の参加者もプロモカードを受け取り、その場で開封しながらその内容に一喜一憂していた。

「ヨモギは何が入ってた?」

「オレは帰ったら開封するぜ、家に来るか?」

「そうさせて貰おうかな、ちなみにボクは七枚目のミネズミね」

11 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 00:13:59.46 ID:MJbtT7+Z0
「またかよー」

 談笑しながら二人は店を出ていった。

 田村宅に向かう途中……。

「あれ」

 突如、宍戸が足を止める。

「どした、シシトウ」

 ヨモギがあだ名で宍戸に問いかけた。

「なんか、誰かの悲鳴が聞こえなかった?」

「悲鳴?」

 その時、路地裏から鈍く少年の声がこだました。

「聞こえた、間違えないよ」

「オレにも聞こえた。行ってみようぜ」

 ヨモギとシシトウは来た道をバックし、声のもとへと向かった。

 何があったのだろう。誰かが怪我でもしたのだろうか?

12 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 01:11:04.93 ID:jZeg/95LO
          ※

「ふざけてんのかてめぇ!」

 巨体の男が大きく振りかぶって痩せ型の少年の顔面をはたくと辺りに破裂音がこだました。

「すい、ません……勘弁してく」

 少年がかすれ声で懇願する。鼻から首まで血が垂れていた。

「お前、約束したよなぁ。勝ったほうが相手のデッキを頂くと」

「それはそっちが無理やり……」

 バキョ!

 ローキックをくらい、少年が悲痛な声をあげながら地面に倒れこんだ。

「お前もジャパニーズなら約束は守りな」

 男はニヤリと笑いながら、少年のデッキをに手を伸ばす。

「そこまでだ!」

 しかし、それを止めるように声がこだました。

 路地裏に現れたヨモギは男に怒りの視線を向ける。

「お前、なんてことしてんだ」

13 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 01:39:18.35 ID:jZeg/95LO
「僕のデッキ……とられ……」

 血まみれで寝転がった少年がうめく。

「惨すぎる……」

 シシトウが少年の痛々しい姿に思わず声を漏らした。

「こいつのデッキをとったのか」

「奪ったわけじゃないぜ」

 男が不敵な笑みを浮かべながら、少年のデッキをジャケットの懐に収めた。

「そいつとポケモンカードで勝負をしただけさ。勝ったほうが相手のデッキを手に入れるというルールでな」

「普通に勝負してこんなになるかよ!」

 ボロ雑巾と化した少年を見ながらヨモギは声をふるわせた。

「デッキを返してやれ!」

「うるさい!」

 男が足下のゴキブリを踏み潰して吠える。

14 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 02:05:41.02 ID:jZeg/95LO
「うっ……」

 血走った目で威圧する男を見てヨモギは一歩退いた。

「無償で人のものを手に入れることができると思うなよ、小僧」

「やばいよ、ヨモギ」
 シシトウがヨモギの肩を小突いて震えた声をあげた。

「たぶんこの人、能条っていう町内でカードのカツアゲしてるチームの人だよ」

「チーム?」

 ヨモギも以前、聞いたことがある。無理やりポケモンカードで勝負を挑んで奪っていく集団が最近出没していると。

「下手にちょっかいを出したら、あの子みたいにされる。早く謝って逃げたほうがいい」

「……」

 言葉を失い、ヨモギはうつむいた。

「聡明な友を持っているようだな」

 すっかり脅えた様子の二人を見て能条が勝ち誇った顔を浮かべる。

「今から詫びれば一人あたり500円で見逃してやるぜ」

「……できねえ」

 ヨモギが顔を呟いた。

15 :名無しさん、君に決めた!:2011/08/30(火) 05:05:04.39 ID:???0
ここは小説投稿板じゃないんだが

16 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 12:33:24.32 ID:jZeg/95LO
「何だと?」

 予想外の返答に能条が怪訝な顔をする。

「引き下がれるかよ、ここでオレが逃げたらアイツのデッキは戻ってこない」

「ヨモギ……」

 シシトウが不安気な顔でヨモギを見る。

「悪りぃシシトウ、でもコレだけは譲れねえ。デッキはプレイヤーにとって親友も同然だからさ」

 ヨモギが雑巾を見ながら神妙に云う。

「それはオレたちもアイツも同じなんだ」

「……」

 ガチャン!

 空気を遮るように能条が転がっていたビンを叩き割った。

「ならどうする。素手で俺様に立ち向かうのか?」

 いくらニ対一とはいえ、小柄な少年二人と身長190cmほどの能条では生身の喧嘩をしたところで話にならない。

 まさに絶対絶命の状況。

「ちくしょう……」

 ヨモギが悔しそうに呟く。

17 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 12:59:48.62 ID:jZeg/95LO
「ここまで俺様をコケにしてただで済むと思うなよ」

 能条が指と首をゴキゴキと鳴らしながら、一歩前に出る。

「待って!」

 その時、シシトウの声が割って入った。

「あなたもポケカのプレイヤーなんだ。勝負はカードで付けたらどうですか」

「カードでだと?」

 能条が話に引かれたように。威嚇の動作を止める。

「そうだ! 暴力を使ってカードを取るのも対戦の腕がへぼいからなんじゃないのか」

 ヨモギが強気で挑発する。

 状況を打開する策が見つかったかも知れない。

「まさかこの俺がそんな言葉を投げかけられるとはな」

 能条が地面に散らばった紺色のビンの破片を足で砕く。

「そこまでいうのは俺様と戦う覚悟があってのことだろうな」

 問いかけに対してヨモギは自信にあふれた笑みを浮かべながら、

「当たり前だろ!」

18 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 13:47:57.86 ID:jZeg/95LO
「オレが勝ったら、あいつのデッキを返せよ」

「いいだろう、俺様が勝ったらお前のデッキを……そして」

 能条がシシトウを指差す。

「そこの眼鏡小僧のデッキを頂く」

「なっ、2:1賭けなんて不公平じゃねえか」

「なら俺様は自分のデッキを賭ける。これで対等だろう」

 負けたら、自分だけでなく友のデッキまでとられる……。

「いいよ、ヨモギ」

 シシトウは頷き、笑みを見せた。

「シシトウ……。ああ、任せとけ!」

 能条が背後のボロ雑巾少年が倒れた辺りにテーブルに目を向ける。テーブルの上にはプレイマットが雑にかけられ、能条のものらしきカードとダメージカウンターが散らばっていた。

 能条がテーブルの椅子に座る。ヨモギも向かいあうようにテーブルについた。

 ヨモギがケースから取り出した自分のデッキを見つめる。

「大丈夫だ。お前らがついてるからな」

 ヨモギと能条は互いに自分のデッキをシャッフルし始めた。

19 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 17:24:47.25 ID:jZeg/95LO
 互いにデッキを切り終わると、デッキからカードを7枚ドローする。

 まずはこの7枚中から、必ず一枚はたねポケモンをバトル場に裏側でセットしなければならない。

「よし、オレはこの2匹だ」

 ヨモギはバトル場とベンチに一枚ずつカードを置いた。

「俺様はこのカードだ」

 能条がかバトル場にカードを一枚置き、ニヤリと笑う。

「小僧、サイドカードは三枚でいいな」

「好きにしな、速攻でぶっ倒してやるからな」

 能条とヨモギは山札から三枚引き、左手のスペースに置く

 サイドカードは相手のポケモンを気絶させる度に手札に加えることができ、先に全てのサイドカードをとったプレイヤーは勝利することができる。

 ジャンケンに勝利した能条が先攻となった。

「さあ、バトルスタートだぜ!」

 ヨモギの声と共に伏せられたカードが表になる。

20 :名無しさん、君に決めた!:2011/08/30(火) 17:56:15.45 ID:???O
ハラハラしますな

21 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 17:58:26.00 ID:jZeg/95LO
 ヨモギのバトル場にはクイタラン90/90、ベンチにはオドシシ70/70。

 対して能条はバトル場にケンタロス90/90一匹。持ち主に似て獰猛そうなポケモンだ。

「俺様の番だな、デッキからカードをドロー」

 引いたカードを確認し、能条はふてぶてしく笑う。

 何かいいカードでも引いたのか……?

 乱暴でありかつ、掴みどころのない能条の性格はただならぬ威圧感を放っている。

 下手に取り込まれないようしなければならない。

「俺様はグッズ、『エネルギー交換装置』を発動する」

「いきなりエネルギーのサーチか」

 手札のエネルギーとデッキのエネルギーを入れ替えるグッズ。ポケモンがワザを使うにはそれに応じたタイプのエネルギーをつけなければならないため、三種以上のタイプを扱うデッキならば重宝するカードだ。

 しかし、能条の場のケンタロスは基本的にどんな種類のエネルギーでもワザを扱うことができる無色タイプのポケモン。エネルギーを交換する利点は恐らくアレだろう。

「手札の闘エネルギーを山札に戻し、デッキからダブル無色エネルギーを手札に加える」

 やはり。ヨモギの予想は当たっていたダブル無色エネルギーだ。

 能条はデッキをきり、使用したグッズカードをトラッシュに置いた。

「ケンタロスにダブル無色エネルギーをつけさせてもらう」

22 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 18:36:53.43 ID:jZeg/95LO
「ダブル無色エネルギーはその名の通り、1枚で無色エネルギー2枚ぶんとしつ扱う」

「そんなこと知ってるっての!」

 能条の言った通りダブル無色エネルギーを使えば、1ターン目からエネルギー2つぶんの強力なワザを使うことができる。

 初手から痛手を負いたくないところだが……。

「それではケンタロスのワザ、レッドブルを食らうがいい!」

無無 レッドブル 30×
コインを3回投げ、オモテ×30ダメージ。このポケモンをこんらんにする。

「3回コインを投げ、オモテの数かける30ダメージを与える」

「何だって!?」

 シシトウがいささかオーバーなアクションで驚く。しかし無理もないだろう、初手で相手に与えられるダメージは10〜30であるのに対してケンタロスは最高90ダメージの打点を出せるのだ。

 しかし、それは……

「一回目、オモテだ」
 オモテが全てが出たときであり……

「二回目もオモテだ!」

「そんなに都合よくコインがオモテになるわけが」

「三回目、オモテ!」

「えっ」

23 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 19:00:20.32 ID:jZeg/95LO
 ヨモギが絶句する。なんとこんな時に限って三回連続のオモテを出されてしまった。

「90のダメージ! これでクイタランは気絶だ」

 90のダメージをくらったクイタランはHPを0にされ、気絶してしまった。

 これに能条はサイドカードをとり、残りのサイドは2枚となる。

「レッドブルの効果でケンタロスはこんらんし、俺様の番は終了だ」

 能条はケンタロスのカードを逆さにした。

「よ、ヨモギ……」

 さっきまで勝ちを信じると云ったシシトウも顔をひきつらせていた。初手からいきなり苦しい状況だ。

「先手を取られちまったか……」

 しかし、ため息をつきながらもヨモギは笑みを浮かべていた。

 強力な先制攻撃。とんでもないリスクがかかった勝負。

 ……面白い。

「この状況をひっくり返してやるぜ! ドロー!」

24 :かずたか中田雄二:2011/08/30(火) 19:54:58.39 ID:jZeg/95LO
 ヨモギは勢い良くデッキからカードを引いた。


第1話 終わり

25 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 20:00:43.96 ID:jZeg/95LO
閲覧してくれた皆さん。本当にありがとうございます!

>>15さん ここはポケモン板です!

>>20さん 白熱の戦いは二話に続きます!

26 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 21:17:23.64 ID:jZeg/95LO
続いて第2話投下です!

27 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 21:39:15.64 ID:jZeg/95LO
 互いのデッキか賭けたヨモギと能条のポケモンカードバトル。

 開始してすぐにヨモギは自分のポケモンを一匹気絶させられてしまうが、まだまだ勝機はある。一気に逆転をしたいところだが……。

「オレはオドシシに炎エネルギーをつけて、なかまをよぶを使う」

なかまをよぶ 無
自分の山札のたねポケモンを2枚まで、ベンチに出す。 そして山札を切る。

「デッキから、ダルマッカとポカブをベンチに出すぜ!」

 山札からダルマッカ70/70とポカブ70/70をベンチに出すと、ヨモギはデッキをシャッフルした。

「一気にたねポケモンを揃えたやがったか」

 炎ポケモン……特にヨモギのデッキのポケモンは比較的HPが高い。

 ケンタロスの火力がいくら高くとも攻撃を受けきれば反撃のチャンスは必ずある。

「では俺様の番だ」

 能条はドローしたカードを見て不敵な微笑を浮かべた。

「ベンチにゴビットを出す」

 能条のベンチに闘タイプのポケモン、ゴビットが出された。HPは80とたねポケモンにしては中々の数値だ。

28 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 22:13:36.84 ID:jZeg/95LO
「ゴビットに闘エネルギーをつけ、俺はグッズカード『プラスパワー』を使用! この番の間、ケンタロスのワザの威力は+10される」

「ちっ……!」

 ヨモギが舌打ちした。このカードゲームを知っているものなら、威力が10増えることがどれほど大きいかはわかるだろう。

 特にオドシシの体力のことを考えれば……。

「これでレッドブルのコイントスが二回成功しても、オドシシは倒れるぜ」

「だけどお前のケンタロスはこんらんしてるぜ」

 こんらん状態のポケモンは攻撃時にコイントスをし、オモテを出さなければ攻撃に成功しない。もしもウラが出れば自身に30ダメージを受けてしまう。

「残念だったな小僧。手札のなんでもなおしを発動し、ケンタロスの状態異常を回復させてもらう」

 能条が逆さになったケンタロスを正しい向きに直す。

「そして、ケンタロスのレッドブル!」

 能条のコイントスを固唾を飲んで凝視する。

 1回目、オモテ。

「くそ……」

 思わず声が出る。あと一度オモテが出ればオドシシは気絶してしまう。

29 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 22:29:53.48 ID:jZeg/95LO
 2回目……ウラ。

「よしっ」

 ヨモギが小さくガッツポーズをつくる。これで結果は3回目のコイントスに委ねられた。

 そして3回目、能条の指から弾かれたコインは回転しながら緑色のプレイマットに落ちる。

 コインの向きは……。

「くそ、ウラか!」

 能条が悔しそうな声を上げた。

「よし、これでレッドブルの威力は40だ!」

 オドシシのHPは30まで削られたが、このターンはしのげた。次の番に巻き返せる。

「ドロー!」

 引いたカードを見る……それはこの場を巻き返すことが出来る、まさに逆転のカードだった。

「俺はサポートカード『ウツギ博士の育てかた』を使用するぜ!」

 ヨモギが使用したカードをプレイマットのサポートのスペースに置いた。

30 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 23:00:44.55 ID:jZeg/95LO
 サポートは自分の番に一度しか使用できない代わりにいずれも強力な効果を持っている。たとえば、デッキから手札にカードを加えるようなカードはサポートであることが多い。

 ウツギ博士の育てかたは強力なカードサーチの力を持っている。サイドカードになっていない限りは、この場を打開できるカードをデッキから持ってくることができるはずだ。

「このカードの効果でデッキの進化ポケモン一枚をもってくることができる」

 山札の中を見る。必要なカードは……見つかった。

「オレは手札にヒヒダルマを加え、ベンチのダルマッカを進化させる!」

 ベンチのダルマッカの上にヒヒダルマをのせる。HPは120。たねポケモンとは比べものにならない力をもったカードだ。

「さらにグッズのポケモンいれかえでバトル場のオドシシとベンチのヒヒダルマを入れ替えるぜ」

 傷ついたオドシシをベンチに戻し、ヒヒダルマをバトル場に立たせる……これで準備はできた。

「進化ポケモンとはいえ、エネルギーがついていないポケモンをバトル場に出すとはな」

 「壁にするつもりか」と能条がせせら笑う。

「どうかな。オレは手札のダブル無色エネルギーをヒヒダルマにつけ、エネルギーつけかえを発動!」

「何っ!?」

 能条が初めて驚きの顔を見せた。

「オドシシについた炎エネルギーをヒヒダルマに付け替える」

 これでヒヒダルマにはエネルギーが3つ。高威力のワザを使うことが出来る。

31 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 23:17:54.32 ID:jZeg/95LO
「ヒヒダルマのワザ、あばれるを使う!」

炎無無 あばれる 70+
コインを1回投げオモテなら、20ダメージを追加。ウラなら、このポケモンにも20ダメージ。

 ヨモギが弾いたコインは……オモテとなった。

「吹き飛べ! ケンタロスに90ダメージだ」

 ヒヒダルマの強力な一撃により一気にケンタロスは気絶する。

 ヨモギがサイドカードを手札に加え……残り二枚。能条に並んだ。

「やった、状況が逆転した」

 シシトウが歓喜の声を上げると、

「黙れ!」

 能条の一喝にシシトウは口を塞ぐ。

「小僧と思ってなめすぎたか……だが、勝負はまだついていない」

「ああ、次はお前の番だぜ」

 ヨモギが平静に言い放つ。

 勝負は波に乗り始めた。能条の威圧におびえてはいられない。

32 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/30(火) 23:37:47.08 ID:jZeg/95LO
「俺様の番だ、ドロー!」

 劣勢に逆らうかのように能条は力強くドローする。

「踏み潰す……。ゴビットに闘エネルギーを装着」

 ケンタロスに代わってバトル場に現れたゴビットに二枚目の闘エネルギーがつけられた。

「そして、ばくれつパンチを使用する!」

闘無 ばくれつパンチ 20+
コインを1回投げオモテなら、20ダメージを追加し、相手のバトルポケモンを
こんらんにする。

「コイントスだ!」

 今回のバトルで既に何回も行われたコイントス。

 能条の意地に応えたかのようにオモテがでた。

「狂え狂え! ヒヒダルマは40ダメージと共にこんらん状態になる」

「くそ……」

 逆転の要であるヒヒダルマがこんらんで動きにくくなってしまった。

 しかし、HP80のゴビットを倒せば能条のポケモンはいなくなり、自分の勝利だ。

 依然、こちらが優勢であることには変わりない。

33 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 00:04:40.05 ID:/pDyabKgO
「ドロー!」

 引いたカードは……プラスパワー。これを使えばヒヒダルマのあばれるでゴビットを確実に気絶させることが出来る。

 だがヒヒダルマはこんらんしているため、ワザが必ず通るとは限らない。ここは一度ヒヒダルマをベンチに逃がすのも手だろうか? いや……

「オレはプラスパワーを発動する!」

 ここは引いてはいけない。もし能条が次の手をうってくれば勝負に出なかったことを引きずるだろう。

「小僧め……厄介なカードを」

 能条が歯をきしませる。

「だが、ヒヒダルマはこんらんしている。なんでもなおしでも使わなければ攻撃が必ず通るとは限らんぜ」

「そんなもんはオレのデッキに入ってねえ」

 ヨモギがコインを手に持った。

「確率50%に賭ける! ヒヒダルマのあばれる攻撃だ!」

 ヨモギの指からコインが放たれる。

 オモテなら勝ちだ。

 コインはプレイマットの上に着地し……。

「あっ!」

 ウラとなっていた。

34 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 00:28:46.84 ID:/pDyabKgO
「そんな……」

 シシトウが声を落とす。勝ちのチャンスがおじゃんになってしまった。

 ヒヒダルマは30ダメージを受け、残りHPは50/120となってしまう。

「今のチャンスをものにできなかったようだな」

「別にお前が優勢になったわけでもないだろ」

「いや、勝利の最高神は俺様を選んでいる。ドローだ」

 先ほどとうってかわった冷静なドロー。能条はもはや自分の勝利が決まったかのような余裕ある表情になっている。

「俺はポケモン通信を使用する。手札のドンファンをデッキに戻し、デッキからゴルーグを手札へ加え……ゴビットを進化!」

 能条が手札に加えたゴルーグ130/130をゴビットの上に重ねる。

 ゴーレムを模した巨大なその姿はヨモギの勝利を阻む壁のように見えた。

「闘エネルギーをゴルーグにつけ、ヒヒダルマにアームハンマーだ!」

闘闘無 アームハンマー 60
相手の山札を上から1枚トラッシュする。

「くそ……ヒヒダルマが」

 残りHP50のヒヒダルマは気絶し、能条の残りサイドは一枚。ヒヒダルマの代わりにバトル場にでるポカブはエネルギーのついてない貧弱なたねポケモンでとてもゴルーグにはかないそうにない。

 先ほど以上に絶望的状況だ。

35 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 00:48:03.25 ID:/pDyabKgO
「小僧、もう勝ちの目はない。降参したらどうだ」

 勝ちを確信したのか、能条が挑発の声を投げかけた。

「降参? なにふざけたこと言ってるんだ」

 この勝負には自分、親友、そしてどこの誰かも知らない少年の大事なデッキが賭けられている。

 それに……。

「こんなワクワクする勝負を途中で投げだせるかよ!」

 逆境を楽しむようにヨモギが笑みを浮かべながらドローする。

 周りに静寂が走り、ヨモギが引いたカードをゆっくり確認する。

「……来たぜ」

 引いたカードは自分の信用する切り札。

「オレは手札から、ふしぎなアメを使用する!」

「ふしぎなアメだと」
 能条が一気に顔色を変えた。

 ポケモンカードのプレイヤーなら誰もが知る強力なグッズ。そして同時に強力なポケモンが現れることを示唆するカードでもある。

36 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 02:10:02.95 ID:/pDyabKgO
「ふしぎなアメの効果で、自分の場のポケモンを一進化飛ばして進化させる」

 瞬時にたねポケモンをニ進化ポケモンに変化させる効果。これがヨモギが掴んだ逆転の糸口だった。

「最終進化、エンブオー!」

 ヨモギは手札のエンブオー150/150をポカブの上に重ねる。

「ヨモギの切り札だ!」

 シシトウが歓喜の声を上げた。

「おのれ……」

 高いパワーと強力な特性を持ったニ進化ポケモンが突如現れたことに能条も怯んだ様子を見せる。

「だがエンブオーが攻撃するには4枚の炎エネルギーが要る。残り三枚のお前の手札でどう逆転しようというんだ」

「なら、手札に加えればいいだけさ」

「何?」

「サポート、インタビュアーの質問! 山札を上から8枚を見て、その中のエネルギーを好きなだけ手札に加える」

 デッキからカードを8枚引く。デッキがヨモギの気持ちにこたえるように中には炎エネルギーが4つ混ざっていた。

「4枚のエネルギーを手札に加え、エンブオーの特性を発動!」

 ヨモギが4枚の炎エネルギーを全てエンブオーに装着した。

「れっからんぶ。自分の番に何度でも炎エネルギーをつけることができる……さあ、いくぜ」

37 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 20:42:44.69 ID:/pDyabKgO
「ヒートスタンプでゴルーグに攻撃!」

炎炎無無 ヒートスタンプ 80

 ゴルーグのHPは80減らされ、残り50。あと一度の攻撃で倒すことができる。

「くっ……」

 能条が苦い顔でドローした。

「貴様のような小僧にここまで俺が追いつめられるとはな……だが勝つのは俺様だ。ジャッジマンを発動!」

 サポートのスペースに能条がカードを叩きつける。

「互いのプレイヤーは手札を全てデッキに戻し、カードを4枚ドローする」

 能条とヨモギは手札をデッキに戻して、山札を切ると、カードを4枚引いた。

「俺はモーモーミルクを発動する。二回コイントスをし、オモテが出た数の30倍ゴルーグの体力を回復させる」

「ここに来て回復グッズか……」

 ゴルーグの残り体力は50。二回オモテが出ればヒートスタンプでゴルーグを倒すことが倒すことができなくなってしまう。

 ……そしてコインが放たれ、

 ウラを向いた。

38 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 21:05:38.78 ID:/pDyabKgO
 二回目はオモテだったものの、ゴルーグの残り体力は80。ヒートスタンプで倒せる範囲だ。

 しかし能条は焦りつつも落胆した様子がない。

「まだだ! 俺は2枚目のモーモーミルクを使用!」

「なにい!?」

 再び、コイントスがはじまり……結果は2連続のオモテとなる。

「これで、ゴルーグは完全回復する」

 全てのダメージカウンターが取り除かれ、ゴルーグのHPは130となった。

「闘エネルギーをつけ、ゴルーグの技ハリケーンパンチを使用する!」

闘闘無無 ハリケーンパンチ 50×
コインを4回投げオモテの数×50ダメージ。

「エンブオーのHPは150……オモテが3回出れば俺の勝ちだ!」

 能条がコイントスをしていく。

 1回目ウラ。2回目オモテ。

 3回目、オモテ。

「くそ……!」

 そして命運を決める四回目のコイントス。

39 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 21:41:04.21 ID:/pDyabKgO
 結果は……ウラ。

「よし、耐えた」

「しかしエンブオー残りHPは50。次の番のアームハンマーで勝負は決まりだ」

「ヨモギ、デッキに回復系のグッズは手札にある?」

 シシトウが恐る恐る聞く。

「デッキに入れてさえない」

「ええっ!?」

「まじでヤバい状況だ」

 今の手札ではゴルーグを倒すことは到底できない。

 何にせよ、次のドローで勝負が決まるだろう。

「いくぜ、これが最後のドローだ!」

 ヨモギがデッキの上に手をかける。

 一枚……この状況をひっくり返すカードがデッキに眠っているはずだ。

 先ほどデッキの中で確認することができたため、サイドカードにないことは間違いない。残りデッキ枚数が30枚程度という考えると次ドロー出来る確率は3%あたり……。

40 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 22:11:25.55 ID:/pDyabKgO
 100人に3人……。

 あまりに現実的すぎる数値だ。

「ドロー!」

 ヨモギは勢いよくドローし、カードを確認する。

「……来たぜ、逆転のカードがな」

「なに……?」

「サポートカード『からておう』。自分のサイドが相手より少ないとき、この番のワザの威力を40上昇させる」

「この局面でからておうを引いたか、だがそれではゴルーグはHPを10残し、耐えきるぞ」

「ああ、でも……。
 だからポケモンカードで10ダメージは重要だ」

 ヨモギがニヤリと笑う。

 劣勢を楽しむ笑いでなく……勝利の笑みだ。

「まさか……」

「そのまさかだ。グッズカード『ジャンクアーム』!」

41 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 22:49:15.38 ID:/pDyabKgO
「手札を二枚捨てて、トラッシュのプラスパワーを手札に戻す」

「くっ……」

「くらえ! プラスパワーを発動し、エンブオーのヒートスタンプを使う!」

 からておうとプラスパワーにより威力が130に達したヒートスタンプでゴルーグは一撃で気絶する。能条のポケモンが全て気絶したことによりヨモギの勝利が決まった。

「よっしゃあ!」

 ヨモギがガッツポーズを作り、歓喜の声を上げるとシシトウが胸をなで下ろした。

 倒れた少年は既に気を失っていたようだったが、ホッとした表情のように見える。

「くそが!」

 バキャッ!

 能条がテーブルを拳で叩き割り、体を震わせる。

「……約束は守る。もってけ」

 能条は少年のデッキが入ったケースをテーブルの残骸の上に投げ置いた。

 そして、その場を避けるように路地裏を去っていく。

42 : ◆egg..sPea. :2011/08/31(水) 23:14:00.07 ID:???0
カード取り戻せたみたいでよかったです!

http://yy33.kakiko.com/test/read.cgi/pokedun/1130064589/l50
ここにSS仲間?がいます
よければ来てください

43 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/08/31(水) 23:30:27.64 ID:/pDyabKgO
「待てよ、能条」

 ヨモギが能条のもとに駆け寄る。

「なんだうっとうしい」

「忘れ物だぜ」

 ヨモギがカードの束を能条に手渡した。

「……こいつは」

 能条が言葉を失う。束の先頭に見えるのはゴビットのカード。

「お前、強ぇよ。また楽しい勝負をしようぜ」

 苦戦したものの、面白い戦いだった。

 この気持ちに偽りはない。

「ふん、バカな奴め」
 能条は一瞥するとデッキを懐にしまい、その場を後にした。

「あいつのデッキを返して良かったの?」

 去り行く能条を見届けるとシシトウが問いかけた。

「まあ、いいじゃねえか。勝負で奪ったデッキなんてどうせ使う気しないしさ。それよか、あいつをオレん家まで担いでってやろうぜ」

 ヨモギはずっと倒れっぱなしの少年に目を配る。

44 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/09/01(木) 01:07:35.18 ID:Et5T4wDqO
          ※


 ――田村ヨモギの勝負を見届けると、双眼鏡から目を離した。

 ビルの屋上に吹き抜ける風が目に染みる。

 あの大男の凶行を止めようとした矢先にヨモギが現れ、勝負を見せてくれるとは全く幸運としかいいようがなかった。

 連中の目がある可能性もないとは言えないためそうそう明るみに動きたくはない。それに恐らく、あの男は奴らにどこかしら関係があるようだ。

 ……そう、自分の居場所は出来るだけ隠さねばならない。

 この役目を果たすために。




 第2話 終わり

45 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/09/01(木) 01:17:09.11 ID:Et5T4wDqO
◆今日の最強カードはこれだ!

エンブオー HP:150 炎 二進化

特性
れっからんぶ
自分の手札から炎エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。この特性は、自分の番に何回でも使える。

炎炎無無 ヒートスタンプ 80

弱点:水×2 抵抗:− 逃げる:無無無無

46 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/09/01(木) 01:21:02.47 ID:Et5T4wDqO
>>42さん 素晴らしい廃墟掲示板ですね!気に入りました!!

47 :チキンボーイ:2011/09/11(日) 21:57:35.78 ID:???0
糞小説終了

48 :名無しさん、君に決めた!:2011/09/17(土) 00:42:07.51 ID:???O
あげぽよ

49 :名無しさん、君に決めた!:2011/09/19(月) 12:06:37.36 ID:???0
からの

50 :名無しさん、君に決めた!:2011/10/13(木) 20:54:02.36 ID:???O
大団円

51 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/19(水) 21:53:36.61 ID:pOetz7wKO
>>47さん 終了が終わり、開始がはじまります!

>>49さん 物語はまだ序章です!


三話投下です!

52 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/19(水) 22:34:16.10 ID:pOetz7wKO
 秋半ばの土曜日。

 ヨモギとシシトウはいつもの店で対戦していた。

「よし、クイタランのやきつくす! モロバレル気絶気絶!」

「ああ……、せっかく立てたのに」

 シシトウが口をとがらせる。

 場はヨモギの優勢。しかし、シシトウの手札は10枚近くで勝負はまだまだ分からない。

 緊迫の一瞬……。

 チャリーン

 それを遮るように入店の鐘がなった。

「いらっしゃ……い、ませ」

 店に入ってきた客の姿を見た途端、店長の声のトーンが落ちていった。

 ――2m前後ありそうな身の丈。肩まで出た服から露出したはちきれんばかりの筋肉。

 そして目の周りを覆い隠す金属製の仮面。

 明らかに怪しい風貌の男だ。

「なんだ、ありゃ」

 ヨモギが思わず声をもらす。

53 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/19(水) 23:03:30.43 ID:pOetz7wKO
 その言葉が聞こえたのか、仮面男はヨモギに目を合わせてきた。

 無言でヨモギとシシトウのテーブルまで歩いてくる。

「げ、来た……」

 シシトウが露骨に嫌そうに囁く。

「よう、オレらに用か」

「……田村ヨモギ」

 仮面の男が低い澄んだ声で、

「アゲインスターズの能条に勝利したようだな」

 能条……一週間ほど路地裏で戦ったやり手のプレイヤーの姿が頭をよぎった。

「おう、まあな」

 ヨモギが素っ気なく答えると、男は仮面から露出した口で小さく笑う。

「手合わせ願いたい」
「なーんだ、オレと戦いにきたのか」

 ヨモギは仮面男を警戒するような姿勢をといた。

「じゃあ、この勝負が終わるまで待っててくれよ」

 ヨモギがテーブルの下から、自分の右隣に椅子を引き出した。

54 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/20(木) 17:46:39.05 ID:ubkaP0liO
 仮面の下からスルドい目をギラらせ、男が店内を見渡す。そのまま口をつぐませテーブルから離れた。

「おい、勝負は?」

 返事はなく、男は逞しい背を見せながら店を後にした。

「時間がおしてたなら言えばいいのになあ」

 眉をひそめて男を見送るヨモギ。リラックスするように椅子にもたれかかった。

「そういえば能条がヨモギと戦ったって知ってたよ」

 ドローしたカードと手札を確認しながら、シシトウが呟く。

「ああ。ベイスターがどうとか変なこと言ってな」

「もしかしたら能条の関係者かもしれない……ね」

「つまり、あいつの仲間で、弔い勝負をオレに仕掛けようってわけか。上等だ!」

 ヨモギが意気揚々とカードを引いた。

「まだこっちの番だよ」

「あ、わりい」

55 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/20(木) 18:38:33.33 ID:ubkaP0liO

          ※


 シシトウが親の買い出しに付き添わねばならないため、今日は早めに勝負に区切りがついた。

 時刻はまだ2時過ぎ。せっかくの暇にヨモギは自宅でデッキの点検をしていた。

(やっぱり、パンチが足りないよなあ)

 ポケモンの展開力や、エネルギー加速に優れているものの、ヨモギ自身もデッキのパワー力に悩んでいた。

(いっそのこと、空手王は四枚入れるか?)

「あらー?」

 そんなヨモギの思考を野太い声が遮った。

「ヨモギ、帰ってたならいやーええじゃない」

「おう、母ちゃん」

 ……母だ。ちょうど今年40で、いつもはパートをやっている。

 息子が思うのも何だが、パグに激似だ。

「さっき、あんたの友達がきとったよ」

「友達? どんな奴だった?」

「体が電柱ぐらい大きくて、変なお面つけてる子だけど……」

56 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/20(木) 20:39:01.80 ID:ubkaP0liO
 電柱はいきすぎな表現だが、仮面を付けた知り合いは一人しかいない。

「あいつか……家まで調べあげるなんて気合い入ってるなあ」

「これをあんたに渡せってさ」

 そういいながら、母はエプロンのポケットから茶封筒を取り出す。

「封筒……って、万札でも入ってんのかな」

 母が部屋を出た後、封筒の中身を取り出したところ、ボールペンで丁寧に書かれた手紙が出てきた。


 今日23時、最強
 のデッキと白陽神
 社に参られたし
   〜Kの男より〜


「これは、挑戦状って奴か?」

 最強のデッキと……相手が自分と全力で戦いたがっているのは間違いないようだ。

「よーし、いっちょ受けてやるか」

 手紙を引き裂いてゴミ箱に捨てると、ヨモギはデッキ調整を再開し始めた。

57 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/20(木) 21:33:29.56 ID:ubkaP0liO

          ※


 私はあたりを見渡して、人の姿がないことを確認した。

 しばし当然といえる。以前からこの神社の堀には溺死した幼児の霊が出ると言われ、夜はおろか昼も人が寄り付かない。

 それを踏まえた上で、ここを対戦の舞台に選んだのだ。

 風が目に差し込む。秋の夜風は冷たさと共に気持ち良さがある。ざわめく木々も心に安らぎを与えてくれる。

 彼……田村ヨモギはやってくるだろうか。

 喧嘩は売られずとも必ず買うような男だ。特別な理由がない限り、挑戦を受けないことはないだろう。

 あるとすれば、母に手紙を読まれて咎められるか。

 もしくは家を抜け出すところを捕らえられるといったところか。

 今日来なかった場合は手数だがまた同じ手順を踏まなくてはならない……。

 できるだけ、表だった行動は好かないが、ある程度の危険
を犯してでも、直接勝負して語りたいと思うのがポケカプレイヤーの信念という奴だろう。

 ポケカプレイヤーの信念。

 我ながら気取ったような馬鹿馬鹿しい言葉に笑みがこぼれる。

58 :名無しさん、君に決めた!:2011/10/20(木) 22:06:12.38 ID:???0
ts

59 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/21(金) 18:30:27.53 ID:KMot60PAO
 信念など関係なく、田村ヨモギが本当にあのカードを持つに相応しいかを見極めるためにも直接の対戦は必要だろう。

 「奴」を倒すほどのプレイヤーに成長してもらわねばならない人物なのだから。

 ……そうは思えど。

 やはりポケモンカードゲームバトルの前は血が騒ぐのは否定できない。

 気づけば風が止み、神社は静寂に包まれた。

 そしてここまで続く石の階段を踏む音が聞こえた。



          ※



 迷惑な挑戦者もいたものだと、ヨモギは神社への階段を上がりながら感じた。

 結果的に何とか誰にも気づかれず家を出ることができたのは良かったが、少々手間取ってしまった。

 約束の11時丁度はオーバーしている。あのKの男が帰っていたら、とんだ無駄足だ。

 さらにここは悪霊が出ると有名な神社。現れないという保証はない。

 少々恐ろしくなり、階段を駆け上がっていく。

60 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/21(金) 19:02:41.99 ID:KMot60PAO
(呪い殺されたら、あいつを呪ってやる!)

 そもそも、こんな夜中に呼び出すなど青少年の健康をまるで度外視している。

 こんな危険な場所に呼び出しておいて、来ていないなんてことは許されない。

 しかし、そんな不安も無駄に終わった。

 長い階段を登り終わったすぐ先にあの仮面の男は確かにいた。

 神社の電灯に照らされ、仮面は不気味に輝いている。

「来たか……臆病風にふかれたかとでも思ったぞ」

 口元でニヤリと笑いながら、仮面の男が低い声で言う。

「馬鹿いうな。お前を倒す最強のデッキを調整してたんだ」

「早速、勝負に移るとしよう」

 仮面の男が賽銭箱の上にプレイマットを敷く。少々バチあたりではないか。

 対戦テーブルと化した賽銭箱を挟んで二人は向かいあった。

「対戦はサイド三枚のスタンダードデッキでの勝負。異存はないな?」

「ああ、さっさとおっぱじめようぜ」

61 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/21(金) 23:25:46.16 ID:KMot60PAO
 仮面の男がベルトにつけたケースからデッキをとりだすと、ヨモギも右ポケットから山札を出してシャッフルを始める。

 能条との関係。夜中に自分と闘う理由。奇妙な仮面。聞きたいことは沢山あったが、まずは対戦をすることにした。

 ポケカプレイヤーは闘うことで互いを知っていくものだ。バトルの中で聞き出していけばいい。

 互いに7枚ずつ引いたカードから、ヨモギは2体、仮面の男は1体、場にポケモンを裏側でセットした。

 じゃんけんによって先攻は仮面の男に決まり、

「バトルスタートだぜ!」

 ヨモギの声と共に裏側のポケモンがオープンされる。

 ヨモギのバトル場にはダルマッカ、ベンチにポカブ。対する仮面の男はバトル場には……。

「ボルトロス!」

 雷神の姿を模した電気ポケモン、ボルトロス。強力だが、かなりのレアカードでヨモギも実物は過去に一度しか見たことがなかった。

「こいつは面白くなって来たぜ……」

 男は特に返答せず、カードをドローした。

62 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 00:24:32.34 ID:Xk5E+XnEO
 手札とドローカードを凝視すると、

「ボルトロスに雷エネルギーをつけ、じゅうでんを使用する」


無 じゅうでん
自分の山札から雷エネルギーを1枚選び、このポケモンにつける。そして山札を切る。


 2枚目の雷エネルギーをボルトロスに装着すると、仮面の男はデッキをきった。

(1ターン目からエネルギー加速か……)

 自身のエネルギーを増やして威力の高いワザを素早く繰り出すのがボルトロスの恐ろしさだ。

 単純な殴り合いではこちらのポケモンは一気に片付けられてしまうだろう。

「オレの番だ。いくぜ」

 引いたカードを見て、ヨモギはよしと呟く。

「ダルマッカ80/80にダブル無色エネをつけて、ぶちかますだ!」


無無 ぶちかます 20


 110のボルトロスのHPは90まで減る。致命傷には程遠いが、ヒヒダルマで倒せる範囲にすることができた。


63 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 00:58:33.57 ID:Xk5E+XnEO
 しかし、今一番に繰り出すべきポケモンはヒヒダルマではない……。

 ヨモギは手札の一枚のカードをふと見た。

「その仮面がぶっ飛ぶほど驚くことになるぜ」

「それは楽しみだ」

 仮面の男は薄く笑いながらカードを引く。

「では、手札からサポーターカード『ポケモンコレクター』を使用させてもらう」

 山札もたねポケモンを3枚までサーチするカードだ。一気に場を固めるつもりだろうか。

「サンダー、シェイミ……」

 男は山札を探り、手札に加えるカードを選び出していく。

「そして、トルネロスを手札を加える」

(トルネロスまで持ってんのかよ……)

 風神を模した、ボルトロスと対をなす。これまたかなりのレアカードだ。

「ベンチにトルネロスとサンダーを出す」

 強力な大型たねポケモンがさらに2体並べられた。

 どれも姿だけでも、かなりの貫禄を持っている。

64 :名無しさん、君に決めた!:2011/10/22(土) 13:45:50.44 ID:???0
バトル強化デッキレシゼクW無色入っててTUEEEEE

65 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 19:54:05.90 ID:Xk5E+XnEO
「へん、大型ポケモンを並べてもエネルギーを貼れなきゃ、ただの壁だぜ?」

 見かけで怯んではいけないとヨモギが挑発する。

「……攻撃の策はできあがっているということか」

「ああ、もろちんな」
 手札のうち一枚のカード。そう、これを使って一気に畳みかけられるはずだ。

「では、私はポケモンキャッチャーを発動する」

「なに!」

 グッズによって、ベンチのポカブとバトル場のダルマッカが強制的に入れ替えられる。

「ボルトロスに雷エネルギーとディフェンダーを装着し、ディザスターボルトで攻撃する!」



雷雷無 ディザスターボルト 80
このポケモンについているエネルギーを1個選び、トラッシュする。


 70あったポカブの体力は全て削られ、仮面の男が最初のサイドカードをとった。

66 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 20:26:14.18 ID:Xk5E+XnEO
(くそ、作戦を見抜かれてたか)

 グッズでエンブオーを山札から探り出し、ふしぎなアメで一気にポカブを進化させてゴリ押しする。

 頭に描いた筋書きを一気に潰されてしまった。

「エネルギー加速ができなければ、貴様のデッキは機能しないだろう」

 仮面の男が言う。やはり戦法を見抜いていたようだ。

「ちぇ、オレの戦法知ってたのかよ」

 「でも」とヨモギが言葉を続ける。

「やっぱ筋書き通りに行っちゃあ、バトルは面白くないよな」

 夜中にここまで出てきた後悔はなくなっていた。

 好奇心をそそられるカードと相手とバトルが目の前にある。

「オレの番だ!」

 ドローし、引いたカードを確認する。

 よし……この状況を打開してみせる。

「チェレン使うぜ」

 サポーターゾーンにカードをおき、山札からカードを3枚ドローする。

67 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 21:10:54.36 ID:Xk5E+XnEO
「ベンチにガーディを出して、こいつにどうぐカード『がくしゅうそうち』を持たせる」

 がくしゅうそうちの効果で、バトル場で気絶したポケモンの基本エネルギーを持たせたポケモンに一つ引き継げる。後続のポケモンはこれで確保できた。

「ダルマッカをヒヒダルマに進化させて、炎エネルギーをつけるぜ」

 貧弱なダルマッカ80/80が高火力高耐久力のヒヒダルマ120/120に変貌する。

 ガーディが育つまでは、ヒヒダルマに「文字通り」大暴れして相手に大きなダメージを与えてもらわねばならない。

「いけっ、あばれるだ!」


炎炎無 あばれる 70+
コインを1回投げオモテなら、20ダメージを追加。ウラなら、このポケモンにも20ダメージ。


 ヨモギが弾いたコインは、オモテを向けてプレイマットに落ちた。

「ボルトロスに90ダメージ!」

「だが、ディフェンダーの効果でダメージは20軽減される」

 ボルトロスはHPを20残して何とか場にとどまった。

68 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 21:32:43.04 ID:Xk5E+XnEO
「よし、次の攻撃でボルトロスにトドメだ」

「それはどうかな」

 仮面の男がニヤリと笑う。

「どういうことだ?」
「その程度の攻撃では俺のサイドは削れんということだ。田村ヨモギ!」

 今までになく張り上げた声をあげて、仮面の男がカードを引く。

「ボルトロスをベンチに逃がし、トルネロスを出陣させる」

 傷ついたボルトロスがベンチに帰り、ボルトロスと並ぶ大型ポケモン、トルネロスがバトル場に現れた。

「次はトルネロスか……面白え」

 再び風が吹き始め神社の木々がざわめく。

 新たな敵にヨモギは笑みを浮かべた。



第3話 終わり


69 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 22:32:42.97 ID:Xk5E+XnEO
◆今日の最強カードはこれだ!

ボルトロス HP:110 雷 たね

無 じゅうでん
自分の山札から雷エネルギーを1枚選び、このポケモンにつける。 そして山札を切る。


雷雷無 ディザスターボルト 80
このポケモンについているエネルギーを1個選び、トラッシュする。

弱点:闘×2 抵抗:− 逃げる:無

70 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/22(土) 23:16:23.41 ID:Xk5E+XnEO
支援をくれた皆さんに感謝です!

>>58 tajiri
satoshi ポケモン界の神ですね!

>>64 N、アララギ博士、ニコタマ 絶賛暴落中です!


>>68
誤記訂正

×その程度の攻撃では俺のサイドは削れん〜

○その程度の攻撃では俺からサイドは奪えん〜

相手から削るカードゲームの多いこと……

71 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/23(日) 19:22:58.08 ID:loeKRBWxO
第4話投下します!

72 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/23(日) 20:59:33.19 ID:loeKRBWxO
 新たに仮面の男のバトル場に現れた大型ポケモン、トルネロス110/110。

 そしてこのポケモンが呼んだかのように真夜中の神社に風が吹きぬけはじめた。

 状況的には攻撃の準備が整い、ポケモンの体力に余力があるヨモギが有利だろうか。

 しかしサイドはあちらの方が一枚少なく、強力なポケモンが並んでいるため油断はできない。

「エネルギーつけかえをつかい、ボルトロスの雷エネルギーを1つトルネロスに移す」

 これでついているエネルギーが全て無くなりボルトロスはワザを使うことはできなくなったが、トルネロスにエネルギー加速がなされた。

 さらに仮面の男はサポートカード「ベル」で手札を6枚に増やす。

「そして手札を2枚トラッシュし、ジャンクアームを使用する」

「くそ、まさか……」

 ヨモギの表情が歪む。

「私はトラッシュのポケモンキャッチャーを再び使用」

 ベンチで後続として待機していたガーディがバトル場まで引きずりだされた。

「ダブル無色エネルギーをトルネロスに装着し、ガーディにぼうふうで攻撃だ!」


無無無 ぼうふう 80
このポケモンについている基本エネルギーを1個選び、ベンチポケモンにつけ替える。



73 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/23(日) 22:02:28.30 ID:loeKRBWxO
 ガーディも先ほどポカブと同じく一撃でダウンし、仮面の男のサイドは一枚を残すのみとなった。

「ぼうふうの追加効果で雷エネルギー1枚をトルネロスからボルトロスへ移す」

 相手に高い威力の攻撃を与えつつ、後続をたてていく。それだけでなく相手の後続を潰していくことで相手に容赦ない攻撃を与える。

 この男はバトル場のポケモン同士で殴りあわせるようなことをしない。これでは強力なカードでぶつかり合うことなく、やられてしまうでないか。

「逃げの戦いかただな。バトル場のポケモンにぶつかってこいよ」

「これが私の戦いかただ。貴様に都合のいいバトルをする気はない」

「へん、こんなスゴいポケモン使ってる癖に。拍子抜けだぜ」

「……フッ」

 男が笑う。

 今までの奇妙な笑いとは違う呆れたような感情が入り混じった笑いだ。

「こちらこそ、貴様には失望したぞ。ヨモギ」

「なんだと!」

「自分が不利なれば相手の戦法に不平をいうのが貴様のバトルか?
 どんな相手にも全力で尽くすのが、お前だと俺は聞いたのだがな」

「……一体、オレの何を知ってやがる」

74 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/23(日) 22:49:34.46 ID:loeKRBWxO
「お前のバトルを見せてみろ。どんな窮地も、わずかな可能性に無謀に挑む姿をな」

「こっちの質問を無視してペラペラと当てずっぽうなこと言うな。オレはいつだって全力だぜ!」

 ヨモギが山札の上のカードを勢いよく引く。

「そこまでいうなら、オレの果敢な勝負を見せてやるさ。ベンチにヒトモシを出し……プラスパワーを発動!」

「プラスパワーだと?」

 仮面の男は驚いたような声をあげる。

 当然だろう。ほとんど意味がない行いなのだ……これだけでは。

「ベルで手札が6枚になるようドローする」

 あらたにドローした4枚のカードを見る。狙ったカードは……あった。

「ヘビーボールとチャオブーをトラッシュして、ジャンクアームを使う!」

 ベルからジャンクアームの使用。先ほど仮面の男がした動作と全く同じだ。だが……

「てめーが2連続の逃げなら、オレは二乗の攻めだ。トラッシュのプラスパワーを回収!」

「ほう、なるほどな」
 仮面の男が感心したように言う。

75 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/28(金) 21:24:47.89 ID:+3svh3EjO
「そして二回目のプラスパワーを使う!」

 これでこの番の間、ポケモンのワザダメージは20アップ。

 ヒヒダルマのあばれるが成功すれば110ダメージでトルネロスは一撃でダウンする。

「しかし、そう都合良くオモテが出るとは限らんぞ」

「二分の一でビビってられるかよ! ここで行かなきゃ勝てやしねえぜ!」

 ヨモギの気迫こもった言葉をうけると仮面の男はニヤリと笑った。

「ならば、来るがいい」

「お言葉に甘えて行かせてもらうぜ。あばれるだ!」

 手のひらから放たれたコインは夜空を背景に舞い上がる。

 高速回転しながら点滅するように電灯の光を反射し、プレイマットに着地した。

「……失敗、か」

 コインはウラを向いていた。ヨモギが舌をうつ。

 トルネロスは体力を20残して場にとどまる。かたやヒヒダルマは反動で残りHP100/120となった。

76 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/28(金) 22:41:03.95 ID:+3svh3EjO
「まあいいや。簡単に倒せても張り合いないからな」

 ヨモギが意気揚々と言う。

「まだ勝負を捨てていない。か」

 仮面の男はカードを引くと、

「サポートカード『オーキド博士の新理論』!」

 残り二枚の手札をデッキに加えてシャッフルした。

(ここで手札増強か。やべえかもな)

 2枚目のポケモンキャッチャーを使われればヒトモシがやられて自分の敗北となる。だがこのターンさえ乗り切れば勝利は見えてくるはずだ。

「トルネロスに雷エネルギーを装着。ワザ、ぼうふうで攻撃する!」

 ヒヒダルマの残りHPは20。次の攻撃には耐えられそうにない。

「さらにぼうふうの効果を使用。雷エネルギーをボルトロスに付け替える」

 さらにベンチのボルトロスの攻撃準備が整った。ほのおのキバでトルネロスを倒しても、ヒヒダルマはディザスターボルトの餌食となるだろう。

「この番で決めるしかないってことか。いくぜ!」

 ヨモギは力強くカードを引いた。

77 :名無しさん、君に決めた!:2011/10/28(金) 22:49:45.00 ID:???0
>>75
プラスパワーって自分ポケモンへのダメージも追加するから、ヒヒダルマ反動で残り80になってトルネのぼうふうで終了じゃね

78 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/29(土) 14:35:59.60 ID:NwLm4LKxO
「……よし」

 引いたカードを見てヨモギが不適な笑みを浮かべる。

「『ウツギはかせの育てかた』で1進化または2進化ポケモンを一枚手札に加える」

 トルネロスとボルトロスを倒せる必殺の切り札。

 そのカードは山札の中で眠っていた。

「オレが選ぶのはシャンデラ120/120!」

「この場でニ進化ポケモンをサーチだと? もしや……」

「そのまさかだ! グッズカードふしぎなアメ!」

 ヒトモシは1進化とばし、一気に最終進化系のシャンデラとなる。

「ダブル無色エネをトラッシュしてヒヒダルマをベンチに逃がすぜ」

 ヒヒダルマはベンチに引き戻され、入れ替わりにシャンデラがバトル場に現れた。

「シャンデラに炎エネルギーをつけ、はじけるほのおで攻撃!


炎 はじけるほのお 30
相手のベンチポケモンを2匹選び、そのポケモンにも、それぞれ30ダメージ。 [ベンチへのダメージは弱点・抵抗力の計算をしない。]


79 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/29(土) 18:12:14.51 ID:NwLm4LKxO
 トルネロスは残りわずかな体力を削られ気絶する。

「加えて相手へのベンチポケモンニ体に30ずつダメージ……か」

 男が仮面押さえながら呻いた。

「ああ、これでボルトロスも気絶だ!」

 HP20のボルトロスは拡散ダメージで体力を失い、サンダーの残り体力は90/120となる。

 ヨモギは一気にニ枚のサイドを得た。

「これでサイドは一対一。勝負はまだ分からないぜ」

「……よもやここまで追い詰められるとはな」

 仮面の男は力強く山札のカードを引いた。「だが勝つのは私だ!」

 男は引いたカードを仮面の下の鋭い目で凝視する。

「サポートカード、『デント』を使用!」

 雷エネルギー三枚が男の山札から手札へ加えられる。

80 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/29(土) 21:46:02.14 ID:NwLm4LKxO
(ここでエネルギー補給か)

 他に手札を稼ぐサポートがないなら特に不思議ではない。

 だが、何やら嫌な予感がする。

「パチリスをベンチに出す」

 屈強な仮面の男に似合わぬリス型のポケモンが新たに現れる。

「そしてパチリスのポケパワーじこはつでん!」

ポケパワー じこはつでん
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。 自分の手札のエネルギーを2枚まで、このポケモンにつける。

「パチリスに手札の雷エネルギーを二枚、装着」

「今更そんな小さいポケモンを出してどうするつもりだ」

「この勝負をこの番で終わらせるということだ」

「なんだと!?」

 シャンデラのHPは残り100以上ある。これをエネルギーがろくにない状況から一気に減らそうというのか。

81 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/30(日) 00:53:04.35 ID:bca7z0axO
「『レベルボール』で山札からHP90以下のポケモンを手札に加える」

 仮面の男はデッキから一枚のカードを探り出した。

「私はHP70のシェイミを選択!」

「……まさか」

 ヨモギが顔をしかめる。

「ベンチへ出すと共にポケパワーが発動する」

ポケパワー しゅくふくのかぜ
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。 自分のポケモンについているエネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつけ替える。

「サンダーに移し替えるのはパチリスについた二枚の雷エネルギーだ」

 パチリスについた二枚の雷エネルギーが移され、さらに手札からもう一枚雷エネルギーがサンダーにつけられる。

「くそ……」

「これで終わりだ。でんじスパークでベンチのヒヒダルマに攻撃!」

雷無無 でんじスパーク
相手のポケモンを1匹選び、50ダメージ。 [ベンチへのダメージは弱点・抵抗力の計算をしない。]

82 :名無しさん、君に決めた!:2011/10/30(日) 01:08:28.09 ID:???0
パチシェイミwww

83 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/30(日) 10:53:09.30 ID:bca7z0axO
 ベンチのヒヒダルマが気絶したことにより仮面の男は最後のサイドを手に入れた。

「ぐおお、負けたぜ!」

 ヨモギが声をあげる。

「しかし想像以上に楽しませてもらった」

「ああ。すげえ燃える勝負だったぜ」

 「で」とヨモギが言葉を続けた。

「結局、お前は何者なんだ? こんな夜中に呼び出したり色々おかしいぜ」

「……理由はいずれ分かる」

 男はポケットから一枚のカードを差し出した。

「このカードを受けとれ」

「ん……?」

 差し出されたカードは炎タイプのポケモンだった。

 青い瞳をもった白い姿。そして高い威力の技を持っている。

84 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/30(日) 16:31:14.41 ID:bca7z0axO
 仮面の男はデッキをしまうと、

「一週間後の17時に羽堂ビルでポケモンカードゲームの大会がある。強敵に会いたくばそこへ向かうがいい」

「羽堂ビル?」

 港付近のビルがそのような名前だった覚えがある。しかしあそこはヨモギが物心つくころには廃墟となっていたはずだ。

「私はキプロス。いずれまた会うことになるだろう」

 そう告げると、仮面の男はヨモギの引き止める声にも応じず、神社近くの森へと消えていった。

「まったく、おかしな野郎だ」

 ヨモギは口をとがらせながら、先ほどキプロスから渡されたカードに目をやった。

 ――レシラム。

 聞いたこともなかったが強力な能力を持ったカードだ。

 なぜあの男が自分にこのカードを渡したか。

 一週間後に開かれるらしい大会は何かの手がかりになりそうだ。

(羽堂ビルか……よし)

 神社に吹いていた風がやみ、周りは静寂に包まれる。

 しかし先ほどの恐怖心は既にヨモギの頭の中になかった。


第4話 終わり

85 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/30(日) 16:50:07.15 ID:bca7z0axO
◆今日の最強カードはこれだ!

シェイミ HP:70 草 たね

ポケパワー
しゅくふくのかぜ
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。 自分のポケモンについているエネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつけ替える。

草無 エナジーブルーム 30
エネルギーがついている自分のポケモン全員のHPを、それぞれ
「30」ずつ回復する。

弱点:炎×2 抵抗:闘−20 逃げる:無

86 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/10/30(日) 17:03:17.73 ID:bca7z0axO
>>77さん oh..こっそりディフェンダーを使ってたことにしておきます!

>>82さん 強敵はいつだって外道戦法なのです!

87 :名無しさん、君に決めた!:2011/10/30(日) 21:05:28.13 ID:???0
かずたかさん
お疲れ様です
これは第何話ぐらいまで予定してますか
長編ですかね?

88 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/01(火) 20:04:41.37 ID:D1LT1+mDO
>>87さん 長編です! 話数は決めてません、頭の中に書かれた大まかな筋書きに沿って執筆しています!

第5話投下します!

89 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/01(火) 20:50:52.00 ID:D1LT1+mDO
「羽堂ビルで大会?」

 シシトウが目を丸くして言う。

「おう、来週の土曜日にあるらしい」

 ……キプロスとの勝負から一夜明けた日曜日。

 ヨモギの提案で、二人は気分転換に隣町のカード店へと向かって歩いていた。

「でも、あのビル今は使われないよね。たとえ非公式大会でもあんな所を選ぶかな」

「きっと人には知られちゃいけないような秘密の大会だぜ」

 「楽しみだ」と、ヨモギが笑う。

「秘密の大会なのに、ボクにバラしてるしゃん……」

「おう、ついたぜ」

 シシトウの指摘をスルーし、ヨモギが店の看板を指差した。




90 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/01(火) 23:03:00.51 ID:D1LT1+mDO
「おう、やってるやってる」

 広い店内には10卓以上のテーブルが置かれており、元気溢れる少年から脂ぎった大人まで、様々な人々がカードゲームを楽しんでいた。

「すごいなー。こんな店があったなんて」

 棚に並んだレアカードを見ながらシシトウが感心したように言う。

「いつもの店とは比べものにならないだろ? いろんなポケカプレイヤーがいて面白いんだよなあ」

「へぇ……」

「早速、誰かと勝負するとするか」

 ヨモギが辺りのテーブルを見回すと、一人の少年が目についた。

 ほとんどの客がテーブルで対戦していた中、ただぼんやりと立ちながらポケカの対戦を眺めている。

 ヨモギが「おーい」と声をかけ、少年に近付いていく。

 ふいに気づいたように少年は顔をあげた。

「ポケカプレイヤーかい?」

「ああ、そうだ……。君らは?」

 ヨモギとシシトウは軽く自己紹介を済ませた。

91 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/01(火) 23:47:34.51 ID:D1LT1+mDO
「田村と宍戸か。僕は櫂雪村」

 雪村はさわやかに笑む。色が白く、目鼻立ちも整った、なかなかの美少年だ。

「で、雪村。相手がいないならオレたちとバトらない?」

「悪いな。対戦はあまり得意じゃない」

 あっさりとした切り返しにヨモギは不服そうな様子で、

「何言ってんだよ。得意じゃなきゃ、たくさん勝負して強くなるのさ!」

「ヨモギ。やらないって人を無理やりやらせるのは良くないんじゃない?」

 シシトウが呆れたようにヨモギをなだめる。

「でも、せっかく隣町まできたんだから、普段合わないような奴とも戦いたいじゃねーか」

 ヨモギは口をとがらせた。

「なら、あっちのテーブルになかなか強そうな奴がいるぜ」

 雪村が指差した先では、ギャラリーの中で二人の男が対戦していた。

 キムタク似の少年と、やせ型のキツネ面をした男がテーブルごしに向かい合っている。

92 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/02(水) 22:18:57.69 ID:GOQVklWwO
「ホイーガのベノムショック!」

 男の攻撃宣言と共にキムタク少年の狼狽が響き渡った。

「この俺が……負けた」

「この店の優勝者も大したことないねえ」

 呆然とするキムタク少年を尻目に男はつんざく声で笑い始める。

「へえ、あの糸みたいな目した奴やるなあ」

 ヨモギが感心したように呟く。

「さあ、この脛木骨男と次に戦うのは誰だい?」

 脛木がニヤニヤしながら首を動かす。

「よし、オレだ!」

 ヨモギが手をあげてわめくと、周りの目が一気に集まった。

「それは、この僕がアゲインスターズだと知っての挑戦だね」

「ベイスターズだろうが、ジャイアンツだろうが、強い奴と会ったら挑むっきゃないぜ」

 堂々としたヨモギの態度に脛木が眉をひそめた。

93 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/02(水) 23:19:22.72 ID:GOQVklWwO
「生意気なヤツめ……ギャラリーの前でボコボコにして、大恥かかせてやる」

「やれるもんならやってみろ!」

 いまだに呆然としているキムタク少年を押しのけ、ヨモギがイスにつく。

 互いにデッキを用意し、シャッフルし
始めた。



「自信満々だけど、田村の実力の程はどーなんだ」

「強いんじゃ、ないかな?」

 雪村の問いかけにシシトウはあいまいに答えた。

「ねえ櫂くん、あの脛木が言ってたアゲインスターズって何なの?」

 雪村はシシトウからの質問に少し驚いた様子で、

「アゲインスターズは最近このあたりに出まわってる、ポケモンカードゲームのプレイヤーたちのことだ。知らなかったのか?」

「うーん、聞いたことはあるような気がする。あんまり良くないイメージだけど」

「ああ、奴らはただ対戦するだけじゃない。特別な条件の下で戦うからな」

「特別な条件?」

94 :名無しさん、君に決めた!:2011/11/03(木) 06:57:23.66 ID:???0
脛木で検索するとスネ夫が出るwww

95 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/03(木) 13:04:17.76 ID:C2uvk3C3O
「勝敗に互いのカードを賭けんだよ」

 シシトウが顔をハッとさせる。

「どうかしたか?」

「え……いや。そんなことをしていたら戦っているうちにカードが無くなっていくと思うんだけど」

「負けてもカードの一枚や二枚はすぐに補えるさ。
 何より、アゲインスターズは少数精鋭でメンバー全員の実力が高い。そこらのボンクラじゃまず勝てないだろうね」

「そんな相手にヨモギは大丈夫かな」

「んー……。まあ、まずはお手並み拝見とさせてもらうか」

 雪村は気楽そうに、カードをカットするヨモギたちを見つめた。



 デッキを切り終えると両者は山札から7枚ドローした。

 ヨモギと脛木は互いに一枚ずつ、たねポケモンをセットする。

「よーし、じゃんけんだ」

「必要ないね。先攻は君に譲ってあげよう」

「えー……。まあ、お言葉に甘えさせてもらうか」

 ヨモギが不満げに手を引っ込めた。

96 :和孝 ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/03(木) 20:30:12.45 ID:C2uvk3C3O
「いくぜ、バトルスタートだ!」

 ヨモギの声と共に、伏せられたポケモンがその姿を見せる。

 ヨモギはメラルバ70/70。対する脛木は草タイプのマスキッパ80/80。互いにポケモンはバトル場に一匹のみだ。

(草タイプか。相性的にはこっちが有利だな)

 サイドカードは3枚。なるべく相手の体制が整う前にたたみかけたい。

 ヨモギがカードをドローする。

「ポカブを出すぜ」

 ベンチにヨモギの愛用カードの一つポカブ70/70が置かれる。

「炎デッキか。パワーと体力しか見ていないような構成だな」

 脛木がヨモギの場を見ながら、半笑いで挑発した。

「いまのうちに笑ってきな!」

 メラルバに炎エネルギーがつけられ、攻撃体制に入る。

「ひのこで攻撃!」

炎 ひのこ 20
コインを1回投げウラなら、このポケモンについているエネルギーを1個選び、トラッシュする。

97 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/03(木) 21:19:04.26 ID:C2uvk3C3O
 ヨモギが投げたコインはオモテを向き、メラルバのエネルギーはキープされた。

「炎はマスキッパの弱点だ。二倍の40ダメージを受けてもらうぜ!」

 ダメカンを4つ乗せられ、マスキッパの体力は一気に半分まで削られる。

「さてと、お前の番だぜ」

「へん。図にあがるなよ」

 カードを引くと、脛木は舌を打った。

「たねが足りないなあ。チェレンを使うよ」

 サポートで山札から新たに三枚ひき、「よし」と脛木がニヤける。

「ロゼリアとフシデを繰り出す」

 両手に大きな赤と青の花を持つロゼリアと超タイプのムカデポケモンフシデがベンチに置かれた。

「おう、一気に2匹きたか」

 そうこなくては面白くないとヨモギが笑みを浮かべる。

「ムカつく笑い方だね。マスキッパのはきだす攻撃!」

 草エネルギーをつけられたマスキッパの攻撃でメラルバの体力が20削られ、残り体力50/70となった。

98 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/03(木) 22:08:59.70 ID:C2uvk3C3O
「この程度、痛くもかゆくもねえぜ!」

 ヨモギは素早くカードを引き、手札を確認する。

 ……攻める手立ては整った。

 脛木の枝のような体を焼き尽くすカードがきたのだ。

「サポート『エンジニアの調整』! 手札の炎エネルギーを捨てて4枚カードを引くぜ」

 手札が補充され、戦いの手が潤う。しかしエンジニアの調整の使用理由はこれだけではない。

「ベンチにダルマッカを出して、こいつに炎エネルギーをつける」

「出したばかりのたねにエネルギー……。メラルバはマスキッパを倒した後、置物にするつもりか?」

「ところがどっこいだぜ。メラルバをウルガモス90/110に進化させる!」

 脛木が「何」と声を漏らす。

 ウルガモスが立った。ここからは速攻で脛木を追い詰めていける。

「脛木、オレのデッキはただパワーが強いポケモンを入れただけデッキじゃねえぜ! カード同士の繋がりでさらなるパワーを引き出すデッキだ」

「ちっ……」

「ウルガモスの攻撃! ほのおのまい!」

炎 ほのおのまい 30
自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

99 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/03(木) 23:19:42.48 ID:C2uvk3C3O
 60ダメージをうけたマスキッパは気絶し、ヨモギが最初のサイドカードをとった。

「ほのおのまいの効果! トラッシュの炎エネルギーをダルマッカにつける」

 ダルマッカに二つ目のエネルギーがつけられると、ギャラリーからどよめきが起こり始めた。

「やった。先制した!」

 シシトウがヨモギの優勢に嬉しがる。

「やるじゃねえか、田村」

 と、雪村もヨモギへの見方を見直したようだ。

「脛木の場にはエネルギーがないたね二匹。このまま行けば、ヨモギの勝ちだ」

「しかしアイツもアゲインスターズを自称している以上、一方的に負けるわけにはいかないさ」

 脛木の様子を見つめながら、「ここで切り返してくるな」と雪村が呟いた。

「くそ、僕にかかせやがって!」

 脛木はフシデをバトル場に出すと叫ぶようにドローした。

「くく、君の優勢など。所詮はまやかしさ」

「なんだと?」

 追い詰められているはずなのに、妙に余裕のある脛木の声。

100 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/03(木) 23:26:23.96 ID:C2uvk3C3O
>>99

×「くそ、僕にかかせやがって!」

○「くそ、僕に恥かかせやがって!」


脛木が論文の課題に不満を述べる訳ではありません!!

101 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/03(木) 23:56:38.43 ID:C2uvk3C3O
 苦し紛れにそう見せているだけかもしれないが、妙にひっかかる。

「ベンチのロゼリアを進化!」

 ロゼリアの上にロズレイド90/90が重ねられると、周りが再びざわつき始めた。

 「俺もあれにやられた!」とキムタクにそっくりの野次馬がわめく。

「ベンチのポケモンが進化したぐらいで何でみんな騒ぐんだ」

 不可解な周りの反応に、ヨモギはクビを傾げた。

「理由はこれさ。超エネルギーをつけて、ロズレイドのエナジーシグナルを発動!」

ポケパワー エナジーシグナル
自分の番に、手札の[草]または[超]エネルギーをこのポケモンに1枚つけるたび、1回使える。 相手のバトルポケモンを、[草]をつけたならこんらんに、[超]をつけたならどくにする。 このパワーは、このポケモンが特殊状態なら使えない。

「これで君のウルガモスは毒状態だ」

 ウルガモスに毒マーカーを載せ、脛木はニタリと笑う。

 毒にかかったポケモンは番と番の間のポケモンチェックごとに10ダメージ受ける。

 ベンチに戻して治さなければ蓄積して大きなダメージとなるのは言うまでもない。

「少しずつ攻めてくるってわけか」

「いや、一気に行くよ。『ヘビーボール』だ」

102 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/04(金) 20:50:06.48 ID:7gHo4aoFO
 逃げるに要するコストが3の「ホイーガ90/90」が脛木の手に加えられた。

「そしてバトル場のフシデをこのホイーガに進化させる!」

 地を這う小さなフシデが、重量感あふれるマユムカデポケモンへと変貌する。

「なかなか倒しがいありそうなポケモンだな」

 ヨモギがホイーガの姿を見ながら呟く。

「その余裕に満ちた顔が一気に凍りつくよ、『エネルギーつけかえ』で超エネルギーをロズレイドからホイーガにつけかえる」

 エネルギーの移動でホイーガはこのターンから攻撃可能になった。

 しかしウルガモスの残り体力は90ある。一進化の、一エネルギーの攻撃程度は一撃程度耐えることができるだろう。

「プラスパワーを使用し、ホイーガのワザ、ベノムショック! この攻撃は相手ポケモンが毒を受けている場合、威力が70となる」

「なんだと!」

超 ベノムショック 10+
相手のバトルポケモンがどくなら、60ダメージを追加。

 ウルガモスは残り体力10で踏みとどまるが、ポケモンチェックの毒ダメージで気絶してしまう。

「なんつうパワーだよ」

 ポカブをバトル場に出し、ヨモギが声を漏らす。


103 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/05(土) 00:04:52.04 ID:cvAIcmbRO
「ホイーガの力に恐怖したろう?」

 脛木が顔を接近させて囁いた。

「ああ……。怖いぐらい面白くなってきやがる!」

 力強くドローされるカード。

 その絵柄を確認すると、ヨモギは笑んだ。

「オレは『ふしぎなアメ』を使用!」

 使用カードが宣言されると同時に周りに緊張が走った。

 まさしく強力なポケモンが呼び出される予兆にふさわしい。

「ちっ……ここでアメだと」

 脛木が息をのむ。

「相棒を紹介するぜ、ポカブをエンブオーに跳躍進化!」

 ヨモギのフェイバリットカードがポカブの上に重ねられた。

 ギャラリーから声があがる。

 ――同時に、ある人物の鋭い視線がヨモギを捉えていた。



第5話 終わり

104 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/05(土) 00:32:55.29 ID:cvAIcmbRO
◆今日の最強カードはこれだ!

ウルガモス HP:110 炎 一進化

炎 ほのおのまい 30
自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

炎無無 ねっぷう 60
相手のバトルポケモンをやけどにする。


弱点:水×2 抵抗:− 逃げる:無

105 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/05(土) 00:35:08.86 ID:cvAIcmbRO
>>94さん キツネににた男は親の脛をかじるのが定説です!

106 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/05(土) 17:23:12.90 ID:cvAIcmbRO
第6話投下です!!

107 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/05(土) 21:14:24.82 ID:cvAIcmbRO
 ふしぎなアメでエンブオーが繰り出されたことにより、脛木のホイーガには十分対応できるようになった。

 しかし、一番厄介なのはベンチに控えるロズレイド。

 エナジーシグナルによって状況を逆転される可能性もままある。

「エンブオーにダブル無色エネをつけて、『アララギ博士』を使うぜ」

 ヨモギは残りの手札をトラッシュにおき、カードを7枚引いた。

「よっしゃ、そして今引いた『ポケモンキャッチャー』を使用!」

「なにっ」

 ホイーガと入れ替えにロズレイドがバトル場に引っ張ってこられる。

 脛木が歯ぎしりをした。

「さらにエンブオーの特性れっからんぶで、手札の炎エネを2枚エンブオーにつける!」

特性 れっからんぶ
自分の手札からエネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。この特性は、自分の番に何回でも使える。

「ヒートスタンプでロズレイドに攻撃!」

炎炎無無 ヒートスタンプ 80

 弱点により威力160となったヒートスタンプにロズレイドは一撃で気絶させられた。

 ヨモギは2枚目のサイドカードを取り、勝利に王手をかける。

108 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/05(土) 23:59:33.92 ID:cvAIcmbRO
「あの脛木を後少しまでおいつめたぞ」

 ギャラリーのささやく声。

 気づけば店中のポケカプレイヤーが対戦を見物していた。

「エンブオーの体力は150。打点80でダメージはまだ無し……か」

 雪村の呟きを聞いてシシトウは、

「でもホイーガにはまだ一進化残ってる。まだまだ安心はできないね」

「そうだな。でも田村のデッキはカード同士の繋がりが高い爆発力を生んでる。残り一体だけを強化するやり方じゃ、脛木に勝ちの目はないさ」

 脛木は荒い息をしながら、カードを引く。

 すでに細い目は大きく開いていた。

「僕をここまで追い込むとはな。だが、ホイーガを残したことに後悔するがいい」

 「進化!」と叫び、脛木がホイーガの上にカードを重ねる。

「これが僕の切り札、ペンドラーだ」

「またデカいのが出てきやがったな」

 ヨモギの言葉通り、ホイーガがさらに巨大化したような特大サイズのムカデポケモン。

 体力はエンブオーと同じ150。コストが重く、耐久とパワーが高い。典型的重戦車タイプのポケモンだ。

109 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/06(日) 20:18:38.99 ID:5eYdIcsXO
「ダブル無色エネルギーを張って攻撃、ハードローラー!」

無無無 ハードローラー 60

 エンブオーの体力は90/150まで減らされる。

 が、そこまで大きな損傷ではない。もう一度、ハードローラーを耐えることができるだろう。

「まだまだエンブオーは倒れないぜ」

「だけどペンドラーには強力な4エネルギー技『どくのツメ』がある。エンブオーは次の番で終わりだ」

「いや、お前に次の番は来ねえ!」

 ヨモギはカードを引くとニヤリと笑った。

「エンブオーを逃がしてダルマッカをバトル場に出す」

「にがすだと」

 進化ポケモンのエネルギーを犠牲にして無進化ポケモンを場を入れ替える。脛木も納得できないと目をパチクリさせた。

「ダルマッカをヒヒダルマに進化させる!」

 現れたのはエンブオーと共にヨモギのアタッカーとして貢献するヒヒダルマ。
しかし今日はいつもとポーズが違う。

 そして何より……。

110 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/06(日) 21:21:02.00 ID:5eYdIcsXO
「超タイプのヒヒダルマだと!?」

 超タイプカードを示す紫のカード色を見て、脛木がおののいた。

 ダルマモードとなり、超タイプへ移り変わったヒヒダルマならばペンドラーの弱点をつくことができるはずだ。

 ――この一撃でトドメをさす。

「『デント』でデッキから炎エネルギーをサーチし、れっからんぶで全てヒヒダルマに装着!」

 山札から引き抜かれた3枚が加えられ、ヒヒダルマには合計5枚の炎エネルギーがとりけられた。

「ヒヒダルマの攻撃! ヒヒダルMAX!」

無無 ヒヒダルMAX 50×
このポケモンについているエネルギーの数ぶんコインを投げ、オモテの数×50ダメージ。

「オモテが二回以上出れば勝ちだ!」

 ヨモギはダメカンケースからコイン4枚を取り出し、先ほど使ったものと合わせて計5枚のコインを上空へ放り投げた。

「くそう……」

 脛木とギャラリーも見守る中、5枚のコインがそれぞれ、ほぼ同時にプレイマット上に着地する。

 オモテのコインは……3枚。

111 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/08(火) 23:19:15.04 ID:PNyFe4oHO
「50かける3で150ダメージ。さらに弱点で二倍になって300ダメージだぜ!」

 ペンドラーの上に六個赤いダメカンを置いて、ヨモギが最後のサイドカードをとる。

「よっしゃあ、勝ちだ!」

 ガッツポーズをかかげてヨモギが声を張あげた。

 一気に周りが騒ぎ始める中、脛木がうなだれて呻く。

「き……き……負け……き」

 眉毛を八の字にし細い目を見開いて、今にも金切り声をあげそうだ。

「どうだ、これがオレの実力だ」

 ヨモギが人差し指指を突きつけはしゃぐと、脛木がさらに声を大きくする。

「田村。見応えある勝負だったぜ」

 と、呻き声などお構いなしに雪村がヨモギに声をかける。

「おう、サンキュー」

「これだけ大勢の前でうち負かされちゃ、脛木も当分は大人しくなるさ」

 雪村が目を向けると、脛木は顔をこわばらせた。

 かき集めたデッキを手にしてヨロヨロと店を出て行く。

112 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/12(土) 21:07:14.25 ID:Fb8D/yzVO
「へへん。オレにビビって逃げやがったな」

 力を失ったような脛木を見届けて、ヨモギが調子づく。

「本当にそうかなあ?」

 脛木の行動にスッキリしない様子のシシトウが呟く。

「さてと。そんじゃあ、続けて勝負するかな」

「話聞いてよ……」

 しかしシシトウの話を遮るように、「次は俺が行く」とギャラリーからキムタクそっくりの少年がデッキ片手に現れた。

「よーし、来い。どんどん来い!」

 ヨモギがデッキを素早く切り、目の前に置いた。


            ※


「僕が負けるなんて……、くそっ」

 店から何分か歩いた先の公園で、脛木はベンチに腰掛ける。

113 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/12(土) 22:27:18.10 ID:Fb8D/yzVO
 アゲインスターズの名をかかげ、どこの馬の骨かも知らぬ少年に敗北。

 さらに不運にもあの店のギャラリーの中には「奴」の姿があった。

 他のメンバーにこの話が伝わり、自分は何らかの処罰がされるだろう。

 特にあの男に知られたら……。

「奇遇だな。脛木」

 ふいに声が聞こえ、振り向く。

 その主は今もっとも会いたくなかった人物だった。

「……の、能条さん」

 鋭い眼光。白いTシャツからのぞかせる筋肉質の両腕。

 そして2メートル近い背。

 アゲインスターズでもっとも気性の荒い男、能条原光。

「こんなところで何をやってる」

「いや、少々、色々と」

「色々……か」

114 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/12(土) 22:51:18.00 ID:Fb8D/yzVO
 能条が一瞬、薄く笑う。

 ――次の瞬間、腰に焼けるような激痛が走った。

 木が砕ける音とともに視界が宙を舞う。

 ドスンと頭が揺れ、気づくと自分は地面の上で倒れていた。

「ざけんじゃねえ、クズが!」

 能条は吠えながら、真っ二つに割れたベンチの片方を鋭い蹴りでコナゴナにする。

「てめぇがアゲインスターズの名を使って、そこらの店で騒いでいたことは知ってんだよ」

「も、申し訳あり、ませ」

 脛木はかすれた声で、力なく返事をした。

「価値がありそうなカードは奪えたんだろうな」

「それが、作業に入る前に、対戦で負けてしまいまし、て」

「負けただと?」

 能条が驚いたような声を漏らす。

 頭を蹴られるか、踏みつけられるか。

 脛木は自分の仕打ちへの恐怖に震えた。

115 :名無しさん、君に決めた!:2011/11/13(日) 16:25:25.51 ID:Xf98ARVSO
和孝兄ちゃん無敵無双伝説バシャーモはどうなったの?

116 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/13(日) 18:04:48.42 ID:khaC2WLkO
「その相手はどんな奴だ」

 しかし降りかかってきたのは足ではなく、問いかけだった。

「え、あ、子供でした。まだ小学生ぐらいの」

「子供……!?」

 能条が目を見開いく。

 とっさに脛木は顔を伏せ固まった。

「その小僧。まさかヨモギとかいう名前じゃないだろうな?」

 蹴りはこず再び問いかけられ、脛木が
顔を上げる。

「え、はい。そうでした」

「……そうか」

 能条は続けて「そうか」と繰り返し、クックックと鳩のように笑いはじめた。

「よくやったぞ、脛木」

「は、ありがとうございます」

 理由はよくわからないが、機嫌をとれたようだ。

 助かった。――ガンガン痛む全身を奮い起こして立ち上がろうとする。


117 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/13(日) 21:35:29.87 ID:khaC2WLkO
 バキョンッ!

 すると頭上に何か重たいものが落ちた。

 地に顔面が激突し視界が真っ暗になる

(あれ?)

 結局、その正体がわからぬまま脛木の意識は耐えた。


             ※


「んー、今日はたくさんバトったな」

「みんなヨモギにばっか挑んでたよね」

 帰り道。背伸びしながら満足そうな笑みを浮かべるヨモギに、シシトウは口をとがらす。

 あの後、次から次へとヨモギに挑戦者が現れ、相手をしているとあっという間に夕暮れ時になってしまった。

 シシトウも店内のプレイヤーと何回か対戦したものの、実力のある相手はヨモギに戦いを挑んでいたようで、あまり手応えのある勝負はできなかった。

「しかし、十何人相手に連勝するとはおみそれいったな」

 歩道の信号を待つ途中、雪村が関心したような呆れたような感じでヨモギに言う。

118 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/13(日) 22:37:47.41 ID:khaC2WLkO
「今日は運が良かっただけだよ。ヨモギって結構ボクに負けてるしね」

「なんでお前が謙遜すんだよ」

 と、ヨモギがシシトウの頭をたたく。

 その滑稽の掛け合いを見てか、雪村が笑った。

「お前らはずいぶん仲がいいな」

「まあシシトウはずっと昔からの付き合いで、一番最初のポケカ仲間だからな」

「うん。まあ、そうだね」

 ヨモギとポケモンカードゲームをはじめた頃のことは、よく覚えている。

 あのころ近くに住んでいた青年が自分たちにポケモンカードゲームを教え、毎日のように対戦してくれたこと。

 大会初勝利のデッキが草タイプ中心で、今でも草タイプを使い続けていること。

(ヨモギのデッキが炎カード中心なのはボクに勝つためなのが初まりなんだよね)

 過去のことを思い出し、シシトウが小さく笑う。

 気づくと信号は青になっており、三人は横断歩道を渡りはじめた。




119 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/14(月) 22:23:16.73 ID:VvcxHDQJO
「それじゃ、僕はこっちだから」

 信号を越えると、右脇の道を指して雪村が言う。

「おう。次こそは勝負やろうぜ!」

 ヨモギが懲りずに対戦の催促をし、雪村が「持っていればな」と苦笑いする。

「あと、聞き忘れるところだった」

 と雪村は続けて、

「お前らはEXカードって知ってるか」

「いえっくすカード?」

 よく意味が分からないようにヨモギが首をかしげる。

 確かに聞いたことのない言葉だ。印刷ミスだとか、何か特別な状態のカードの俗称だろうか。

「ごめん。知らないよ」

「んー、そうか」

 シシトウが首を横に振ると、悲しそうに、または失望したように雪村が眉をしかめた。

120 :名無しさん、君に決めた!:2011/11/15(火) 00:07:53.55 ID:???0
まってたぜwwwwwwww乙wwwwwwwwwwwwwwwwwww

121 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/18(金) 20:22:02.33 ID:YLE5i0cjO
「それってどういうのなの?」

「ちょっとしたレアカードだけど……まあ、大したもんじゃないから気にするな」

 「またな」と小さく手をあげ、雪村は自分に帰路に入っていく。

 二人は歩きながら、その姿を見送った。

「さてと」

 雪村の姿が見えなくなると、シシトウが神妙な顔でヨモギを見る。

「ん。どしたシシトウ」

 キョトンとしてシシトウを見返すヨモギ。

「ちょっと気にかかることがあるんだ」

「なんだよ。怖い顔して」

 先ほど、店内でアゲインスターズの話を聞いてから気にかかっていたこと。

 他の人物がいなくなり、ヨモギに話せる機会がやってきた。


122 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/18(金) 20:58:10.77 ID:YLE5i0cjO
「ヨモギはアゲインスターズって連中を知ってる?」

「ああ、スターズどうとか脛木が言ってたな」

 シシトウが歩きがてら、先ほど雪村から聞いたアゲインスターズについてのことを話す。

 ヨモギは特に驚いた様子もなく、

「脛木って案外あくどい野郎だったんだな」

 と、頷いた。

「実はこの前出会った能条もこのメンバーだと思うんだ」

「能条が?」

 カードを賭けた戦いに凶暴な性格。そして高いPCGの実力と、能条はアゲインスターズの特徴に当てはまっている。

「ヨモギはそんなトンでも奴らを2人も倒したんだ。そろそろ目をつけられてもおかしくないよ」

「目をつけられる? こっちからつけてくれて頼みたいぐらいさ」

 ヨモギが楽しげに笑みながら、指を鳴らす。

「強い奴らが戦いを挑んでくるなら大歓迎だぜ」

「……まあ。ヨモギに心配するだけ無駄って感じてたけど」

 シシトウはため息をついた。

123 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/18(金) 21:48:58.17 ID:YLE5i0cjO
 何事にも恐れず楽しんでぶつかっていくヨモギの性分。

 どんな苦難にも立ち向かっていける活力があるが、ときに自分からトラブルに飛び込んでしまうこともある。

 友の最も尊敬できる点と同時に困った部分だ。

「んなことわざわざ気にかけてたら寿命減るだろ。堂々と構えてようぜ」

「それがいいかもね」

 確かに敵は来るときは来るものだ。いつくるかと脅えていては仕方がない。

 しかし、何かがまだ頭の中で引っかかっている。

 ……そう。

 脛木とヨモギとの対戦中、雪村が見せた「あの目」だ。

 ヨモギがエンブオーを出したとき、雪村の温厚な目つきが一瞬だけとても冷たく鋭いようになった気がした。

 あれは見間違いだったのだろうか?

 あの一瞬はいまだに頭を離れない。

 シシトウが空を見上げると、夕空を背景に紅葉が散っていったのが見えた。


第6話 終わり

124 :名無しさん、君に決めた!:2011/11/18(金) 21:51:23.15 ID:???0
長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にありがとうごさいました!
パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆さんのおかげです(正直ぎりぎりでした(汗)
今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーンにおける表現等、これまでの自分の作品の中では一番の出来だったと感じています。
皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、どのような感情に浸れたのか、それは人それぞれだと思います。
少しでもこのSSを読んで「自分もがんばろう!」という気持ちになってくれた方がいれば嬉しいです。
長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き本当に本当にありがとうございました。
またいつかスレを立てることがあれば、その時はまたよろしくお願いします!ではこれにて。
皆さんお疲れ様でした!

125 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/18(金) 21:57:05.03 ID:YLE5i0cjO
◆今日の最強カードはこれだ!

ヒヒダルマ HP:110 超 ダルマッカから進化

超 シンクロドロー
自分の手札をすべて山札にもどし、山札を切る。 その後、相手の手札の枚数ぶん、自分の山札を引く。

無無 ヒヒダルMAX
このポケモンについているエネルギーの数ぶんコインを投げ、オモテの数×50ダメージ。

弱点:超×2 抵抗:− 逃げる:無無無

126 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/18(金) 22:02:22.81 ID:YLE5i0cjO
たくさんの支援に感謝です!

>>115さん 機会があれば完結編まで含めたリメイク版を書くつもりです!

>>120さん 大変長らくお待たせしました!!

>>124さん 長い間お疲れ様でした!! 私の執筆するポケモンカードゲームSSはこれからも続くので応援よろしこ!!


127 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/19(土) 14:18:44.13 ID:KhpSR6wHO
波乱の第7話投下です!

128 :名無しさん、君に決めた!:2011/11/20(日) 17:21:23.42 ID:NprlMx2t0
波乱の第7話完!

129 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/22(火) 20:52:16.55 ID:Mrf5971WO
「ここ。だよな?」

 目の前の建造物を見ながらヨモギは不安げに言った。

 その小さなビルは何年も使われていないようで、側面にはツタが生えており、曇り空も相まって不気味な雰囲気を醸し出していた。

 横につけられた『羽堂ビル』の看板には焦茶色の錆がついている。

(こんなところで本当に勝負やれんのかよ)

 太陽も沈み始めた土曜日の午後。

 一週間前に神社で戦った仮面の男キプロスの話を追い、ヨモギは港近くの羽堂ビルまできていた。

 ――大会。強敵。

 好奇心を刺激する言葉につられてやってきたが、いざついてみると本当のことか疑わしくなってくる。

 しかし自分に嘘をつく理由など見当たらない。

 やはり、一度入っみるのがいいだろうか。

 あれこれ思いめぐらしていると、不意に足音が聞こえた。

 気づけばすぐ近くで、ビルを見上げて何やら声をもらす男の姿があった。

「ごっつボロいとこやなあ」

 ボサボサな茶髪をかきながらおかしな喋り方で呟く。

130 :ブレッキー ◆lZIHLGp9N2 :2011/11/22(火) 21:53:26.96 ID:???0
ヒロジ「こんな感じで弄んだのだよ。フェラフェラフェラ。」

ふじやまは甘噛みされた。

ふじやま「くっ…汚いぞヒロジ!」

レブン「みんな!目を覚まして。」

ヒロジ「フェラフェラフェラ。無我じゃよ。逝け!」

遊ばれた漢たちがおそってきた。

ふじやま「レブンちゃん!早く逃げて!」

ソウセキ「でも…」

そうこうしているうちに、松葉崩し、獅子舞、菊一文字…48手の技が放たれた。

ふじやま「レブンちゃん!危ない!」

ふじやまがレブンをかばう。と、その時!

131 :ブレッキー ◆lZIHLGp9N2 :2011/11/22(火) 21:53:39.97 ID:???0
0:00:00ぃん!

全てのタンパク質が飲み込まれた。

ヒロジ「だ…誰だぁ」

ソウセキ「Tバック将軍『ヒロジ』。ようやく尻に出してくれましたね。」

ヒロジ「お…お前はぁ///」

ソウセキ「ヲチスレの時報兼レオタードのソウセキだ。お前と乱舞する!」

そう、あの時報ソウセキはダンスでしごきもしているのだ。

ヒロジ「い…往け!お前達!」

ネンドール先生「見破る!…なるほど、ここがいいのか!定期略!」

むきゅきゅきゅきゅ

無数のレスがヒロジを襲った。が、その狙いは…

ソウセキ「雪国もやしだ!イっけぇ」

ヒロジ「ギャアァン(笑)w」

132 :和孝 ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/22(火) 23:11:56.91 ID:Mrf5971WO
 目があうと茶髪の男は笑みを浮かべながら、

「おう、見ない顔やな」

 軽く手をあげてヨモギに近づいてきた。

「お前も裏ジムか」

「裏ジムって? ポケモンカードゲームの大会があるんじゃないのか」

 それを聞くと茶髪は驚いた様子で、

「裏ジム知らんでここまできたん?」

「変な奴にここで強い奴がいる大会がある聞いたんだよ」

「ってことは初参加やな。まあええわ、まずは行こうや」

 茶髪が開きっぱなしになっているビルのドアを入っていくと、ヨモギもその後を追った。

 暗い廊下を男の背を追いながら進む。

 そこそこ歩くと、エレベーターと黒服の男が見えてきた。

「ようこそおいでくださいました」

 黒服が深々と頭を下げると、「ご苦労さん」と茶髪が返す。

133 :和孝 ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/27(日) 10:39:47.74 ID:TPVA0umBO
 チンと音がし、扉が開く。

 不信感を覚えながらも、ヨモギは男に続いてエレベーターに乗り込んだ。

「このビルに地下があったなんてなあ」

 エレベーターが下へと進む中、ヨモギが呟く。

「厳密にはこのビルの地下やないけどな」

 男は続けて、

「羽堂ビルはサイプレス社が作った地下要塞の一部にすぎねんで」

「地下要塞……」

「ワイは難波。よろしゅうな」

 エレベーターはゆっくりと減速していき、動きを止める。

「おう。ついたみたいや」

 扉が開かれると、羽堂ビルの外装とはまったく違う景色が飛び込んできた。

134 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/27(日) 11:07:45.50 ID:TPVA0umBO
 赤い大理石の床。白い壁紙。並べられた多くの長テーブル。

 そしてテーブルにかけられた青いプレイマットに、そこで対戦するプレイヤーたち。

 クリーンで対戦に相応しいスペースだ。

「大会参加希望のかたですね?」

 先ほどと同じような黒服を着た男が、二人の元に歩み寄る。

「おう、二人ともや」

「こちらのナンバーカードをどうぞ」

 黒服がプラスチックのカードを二枚ずつ差し出す。

 難波のカードには10、ヨモギのカードには11と文字が印刷されている。

「ワイらがおらんかったら今回は1桁かもしれんかったんやな」

 難波がナンバーカードを見ながらニヤニヤ笑う。

「なあ、さっき言ってた裏ジムってのはこの大会のことか」

 ヨモギの問いかけに「せやな」と難波がうなづく。

135 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/27(日) 11:41:53.83 ID:TPVA0umBO
「秘密の大会……裏のジムチャレンジ。略して裏ジムとワイは呼んどる」

「なるほどな、でも、なんでわざわざ秘密の大会なんか開かれてんだ」

「この大会の存在は一部の腕が立つポケカプレイヤーにしか知らされとらん。せやから、参加者みんな高い実力を持ったハイレベルの大会にできるってわけや」

「そういうことか……あいつの言う通り、楽しみになってきたぜ」

 キプロスの顔を思い浮かべながら、ヨモギが楽しげに笑む。

「で、大会はいつ始まるんだ?」

「多分あと一分もせんうちに始まるで。予定開始時間はちょいすぎとる」

「よし、わかった」

 ヨモギが礼の言葉をあげようとした矢先、

「皆さん!」

 と大きく低い男の声が響いた。

 声の方向を見ると、黒いスーツを着た長身の男が立っていた。

 オールバックの髪と彫りの深い顔。

 明らかに周りの黒服たちとは別種の雰囲気を放っている。

136 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/27(日) 12:27:15.20 ID:TPVA0umBO
「さて、始まるな」

 難波がささやいた。

「本日は我らがサイプレス社が主催するPCG大会に足を運んでいただき、有り難く存じます」

 注目する周りに長身の男は一礼する。

「あのオッサンはどういう奴なんだ?」

「サイプレス社の幹部のトベラって奴や。この地区の大会はだいたい奴が運営をまかされとる」

 二人の会話を気にとめる様子もなくトベラは、

「総勢11名の参加者が集まりました。
 前大会同様、トーナメント戦でこの中から一人優勝者が決定されます。
 皆さん、白熱した勝負をお楽しみください」

 再び頭を下げると、黒服の一人が前に出て、ホワイトボードを掲げた。

 ボードにはナンバーカードの番号とテーブルのアルファベットが記されたトーナメント表がかかれている。

「それではこの表の通りのテーブルについてください」

 トベラがそういうと、参加者一同はボードのそばに集まり、自分の対戦相手を確認する。

「オレのテーブルはD席で……」

 ボードを見ると、ヨモギのナンバー11と結ばれていたのは1番だった。

137 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/27(日) 23:25:19.56 ID:TPVA0umBO
「ひゃあ、お前1番と当たったんか」

「1がどうかしたのか?」

「前大会の優勝者は必ず1のナンバーカードもらうんや」

「じゃあ、すげえ強い奴ってことじゃねえか。楽しみだぜ!」

 ヨモギは指を鳴らし笑う。

「お前の実力はよう知らんが、1番の樋栄っちゅう奴はホンマに強敵や。気を入れんとイチコロにされるで」

「おう、わかった!」

 ヨモギが自分のテーブルに向かってかけだそうとすると、

「ちょい待ちない」

 と、難波が呼び止めた。

「そういや、お前の名前なんちゅうんや?」

「田村ヨモギ。覚えておけよ」

「田村……か。よっしゃ、がんばってな」

 「おう」と返し、ヨモギはテーブルまで足を運ぶ。

 D席のテーブルにつくと、向かい側には既に対戦相手と思しき少年が座っていた。

138 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/30(水) 20:38:34.78 ID:A27ld59wO
 齢はヨモギと同じか少し上といったところで釣った目から少々冷たい感じを受ける。

「お前が樋栄だな。オレは11の田村ヨモギ」

「……知らないな」

 樋栄が関心がないように素っ気ない返事をするとヨモギは口をとがらせ、

「まあ! 勝負でオレの実力を見てくれりゃあいいよ。見てくれりゃあな」

 樋栄が山札をカットするのを見てヨモギもベルトのケースからデッキを取り出す。

 互いに山札を切り終わるとバトル場とベンチにたねポケモンをセットした。

 ヨモギが2匹。対する樋栄が3匹。

 サイドカードを3枚セットし相手の場を凝視しながら、試合開始の宣言を待つ。

「皆さん。勝負は整いましたね?」

 トベラは返答がないことを確認し、

「それでは対戦を始めてください」

 その声とともに会場中のプレイヤーたちが場のポケモンをオープンする。

139 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/30(水) 21:10:31.89 ID:A27ld59wO
ヨモギ
バトル場:ダルマッカ80/80
ベンチ:メラルバ70/70

樋栄
バトル場:リオル70/70
ベンチ:ワンリキー60/60、ドッコラー60/60

(闘タイプデッキだな……!)

 基本闘タイプは体力とパワーに秀でているがエネルギーのコストが重い。早い段階から一気に攻めていくのが得策だろう。

 じゃんけんに勝利した樋栄がまず山札からカードを加える。

「闘エネルギーをリオルにつけ、さらにどうぐカード『ゴツゴツメット』を装着する」

「どうぐカードか。起動の遅さを小細工で隠そうとしてもバレバレだぜ」

「リオルのワザ、パンチだ」

 闘 パンチ 10

 先制攻撃をくらうもののダルマッカ残り体力は70。大したダメージではない。

「攻撃が軽いな、オレの番だ!」

 ヨモギは引いたカードを見て「よし」とうなづく。


140 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/30(水) 21:30:41.13 ID:A27ld59wO
「オレはベンチにポカブ出す!」

 ポカブ70/70。エンブオーからの速攻攻撃を狙うためにも早くからたてる必要がある。

「ダルマッカにダブル無色エネルギーを張って、ぶちかますだ!」

無無 ぶちかます 20

 ダメカンが2つの乗せられリオルの体力は50まで削られる。

 タフなリオルを倒すにはまだまだ足りないがダメージではリードしている。

「リオルにつけられたゴツゴツメットの能力。
ワザのダメージを受けたとき、その相手ポケモンに20ダメージを与える」

「何っ!?」

 攻撃をした側であるダルマッカがダメカン2つを受け残りHP50/80となる。

「ちえっ、うざったい道具だぜ」

 ヨモギの言葉を気にもせずに樋栄は山札から引く。

「サポート『アララギ博士』を使用する」

 手札を全てトラッシュに置き新たにカードを7枚手札に加えた。

「リオルを進化!」

141 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/30(水) 21:54:28.55 ID:A27ld59wO
 リオル50/70の上にルカリオ80/100が重ねられる。

「闘エネルギーをつけ、はどうだんでアタックだ」

闘闘 はどうだん 50
相手のベンチポケモンを1匹選び、そのポケモンにも20ダメージ。

 ダルマッカは気絶させられベンチのメラルバにも20ダメージが与えられる。樋栄は静かに一枚目のサイドカードを手札に加えた。

「いきなり1進化ポケモンか。まずいぜ」

 こちらの次のバトルポケモンはすでに20ダメージを与えられたメラルバ。

 残りHP80に加えて反射ダメージを与えるゴツゴツメットを持ったルカリオは大きな壁となる。

 ……強い。

 今まで戦った相手でも上位の腕を持っているだろう。

「確かに強え……けど勝負はこれからだぜ!」

 ヨモギは力強くドローする。

「チェレン」

「」

「」

142 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/30(水) 21:57:04.86 ID:A27ld59wO
 リオル50/70の上にルカリオ80/100が重ねられる。

「闘エネルギーをつけ、はどうだんでアタックだ」

闘闘 はどうだん 50
相手のベンチポケモンを1匹選び、そのポケモンにも20ダメージ。

 ダルマッカは気絶させられベンチのメラルバにも20ダメージが与えられる。樋栄は静かに一枚目のサイドカードを手札に加えた。

「いきなり1進化ポケモンか。まずいぜ」

 こちらの次のバトルポケモンはすでに20ダメージを与えられたメラルバ。

 残りHP80に加えて反射ダメージを与えるゴツゴツメットを持ったルカリオは大きな壁となる。

 ……強い。

 今まで戦った相手でも上位の腕を持っているだろう。

「確かに強え……けど勝負はこれからだぜ!」

 ヨモギは力強くドローする。

「チェレンを使う!」

 山札から新たに加えられた3枚のカード。

 その中に大きな手応えがある。

143 :誤爆かもだと!? ◆Mk7zjh6zL. :2011/11/30(水) 22:18:53.91 ID:A27ld59wO
「メラルバをウルガモスに進化させるぜ!」

 引き当てられた1進化ポケモン。ウルガモス90/110。このカードならば十分ルカリオの攻撃に耐えて抑え込むができるはずだ。

「ウルガモスに炎エネルギーを貼って、ほのおのまいで攻撃!」

炎 ほのおのまい 30

 ルカリオの体力は50にまで減りウルガモスの「ねっぷう」で倒させる範囲内となった。

「ゴツゴツメットの効果を使用」

「たかが20ダメージなんて痛くもなんともねえさ」

「加えてルカリオの特性ストライクバックを発動する」

特性 ストライクバック
このポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき、ワザを使ったポケモンにダメカンを2個のせる。

「2つの効果の併発によってウルガモスに40ダメージを与える」

「なに……」

 ヨモギが苦悶の表情を見せた。

 こちらが与えたダメージよりさらに多いダメージがこちらに戻ってきてしまう。

144 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/01(木) 00:49:00.87 ID:VEeFzW1d0
実写版キャスト

オーキド…渡瀬恒彦
ジンダイ…舘ひろし
クロツグ…仲村トオル
マツバ…小塚崇彦
ミクリ…沢村一樹
マキシ…高見盛
ワタル…
シロナ…真矢みき
ヒース…IKKO



145 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/04(日) 09:59:15.78 ID:xYGjda80O
 ウルガモスの残り体力は50。はどうだん一撃でやられてしまう範囲内だ。

「俺の番だ」

 樋栄はベンチのドッコラー60/60をドテッコツ80/80に進化させて後続を整える。

「ルカリオのはどうだんでアタックする」

 ウルガモスは気絶してポカブに追加の20ダメージが与えられた。

 樋栄は淡々と2枚目のサイドカードをとる。

「オレの……番」

 手も足も出ないまま樋栄に押し切られた。自分が勝つ可能性はほとんどないだろう。

(いや、まだ勝負は終わってない)

 そう言い聞かせ力いっぱいにカードを引く。

「ポカブ50/70をチャオブー80/100に進化させるぜ」

 さらに続けて、

「サポート『からておう』! この番オレのポケモンのワザダメージは40加算!」

「からておう……」

 ヨモギのサポートに樋栄はわずかに意識を動かす。

146 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/04(日) 10:14:50.04 ID:xYGjda80O
「チャオブーにダブル無色エネルギーをつけて、ころがる攻撃!」

無無 ころがる 20

 からておうによって60ダメージとなったころがるはルカリオを仕留め、ようやくヨモギは樋栄からサイドをとる。

 しかしゴツゴツメットとストライクバックによってチャオブーは体力が40に減ってしまった。

(だけど厄介なルカリオは落ちた。次の番を耐えれば十分逆転できるぜ)

 続いて樋栄の場に現れたドテッコツはエネルギーが一つもついていない。エネルギー加速がほとんどない闘デッキなら耐えきれる。

 樋栄は何も言わずカードを引く。

「ドテッコツ80/80をローブシン140/140に進化させる」

「二進化ポケモン……だと」

「ローブシンに闘エネルギーをつけ、なしくずしでチャオブーにトドメの一撃だ」

闘 なしくずし 40
このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果の計算をしない。

 チャオブーが体力を全て失い、樋栄が最後のサイドを手にした。

「ぐう……」

 ヨモギが呻き声をあげてテーブルに伏せる。

147 :和孝 ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/04(日) 11:04:06.46 ID:xYGjda80O
 樋栄は何も言わず席をたった。ヨモギのことを気にもせずその場を去っていく。

 ……まったく手も足も出なかった。

 完全なる敗北だ。


           ※


 その後、樋栄は決勝戦で難波を下して優勝した。

 見たところ難波もかなりの実力者であったが、雷デッキでは闘デッキの樋栄には相性の面でも圧倒されてようだ。

「いやあ、樋栄が手札事故っとれば勝ちも見えてたで」

 ほとんど日が沈んだ帰り道の歩道。難波は楽しげにヨモギに語りかける。

「でもすげえな難波。雷デッキで闘デッキの樋栄といい勝負するなんてさ」

「ワイもあいつに勝とうと色々策を練っとんで。まあ雷使うってのは譲れへんけど」

「オレも負けてばっかじゃ格好がつかねえ。次こそはオレが勝ってやるぜ」

 ヨモギは拳を握りしめて笑う。

「ボコボコにされて意気消沈しとるとでも思っとったが……なかなか見所あるやないか!」

 難波が手のひらで背中をバンと叩くとヨモギは声をあげた。

148 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/04(日) 12:25:38.56 ID:xYGjda80O
「何にせよ樋栄を倒そう思ってるならワイと同じやな。互いに次の大会も頑張って行こうや」

「そういや、次の大会っていつだっけ?」

「ありゃ、大会終了時にトベラが言っとたやろ? 11月22日」

「丁度1ヶ月ぐらい後かあ。長いぜ」

 ヨモギは待ちきれないといいたげに口をとがらせた。

「それだけ策を練る時間もあるいうこっちゃ。気長にいこうで」

 難波は気楽そうに言う。

 確かに自分より長く大会に参加しているだろう難波は何度もその1ヶ月を待っているはずだ。それでも勝てないのだからより多くの時間を要しているだろう。

 さらに自分が強くなっている間に相手はさらに強く……。

 やはり勝つためには時間をかけるだけではダメだ。どんどん強い相手と戦い実力をあげなければ。

 ヨモギは秋空にうかぶ月を見ながら決意を新たにした。


第7話 終わり

149 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/04(日) 12:36:21.47 ID:xYGjda80O
◆今日の最強カードはこれだ!

ルカリオ HP:100 闘 リオルから進化

特性 ストライクバック
このポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき、ワザを使ったポケモンにダメカンを2個のせる。

闘闘 はどうだん 50
相手のベンチポケモンを1匹選び、そのポケモンにも20ダメージ。

弱点:超×2 抵抗:− 逃げる:無

150 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/04(日) 12:56:44.98 ID:xYGjda80O
たくさんの支援感謝
です!

>>128さん 戦いは始まったばかりです!
>>130-131さん Tバック螺旋撃です!
>>144さん タケシは草なぎ剛がいいと思います!!

151 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/05(月) 16:28:47.26 ID:???O
支援

152 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/11(日) 10:29:07.65 ID:aNRo0AVeO
>>151さん 支援感謝です!

最強のカード覚醒!
第8話投下です!

153 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/11(日) 10:56:04.34 ID:aNRo0AVeO
「……うーん。ないなあ」

 午前0時を過ぎた深夜。

 小さな電灯が光をともす中、ヨモギはカードの収納箱をあさりながらため息をつく。

 樋栄の使用するルカリオはとにかく反射ダメージが厄介。その被害を最小限にするには一撃で100以上のダメージを与えるポケモンでの攻撃が望ましい。

 ……そこまでは理解できるのだが100ダメージのワザを与えるポケモンなどそうそうない。

 いまのデッキでもっともパワーがあるヒヒダルマのあばれるでさえ90ダメージだ。

(からておう4枚投入しかないかなあ)

 しかしサポートな上に発動条件のある「からておう」を4枚投入すればデッキの回りは悪くなるだろう。

 エンブオーとのシナジーを考えてもサポートは手札増強系が優先……。

「あん。頭がとぼけるな」

 ケータイで時刻を見ると0時をすぎている。どうりで寝ぼけて頭の回転が悪い。

(明日考えればいいか)

 カード箱を枕元に置くと電灯を消しヨモギはベッドにつく。

 どうも仰向けだと落ち着かないのでベッドに顔を沈める形で寝ることにした。

154 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/11(日) 11:23:16.71 ID:aNRo0AVeO

          ※


 気がつけば周りは白いもやに囲まれていた。

 煙というよりは湯気に近い。心地良く温かい感触が体を包んでいる。

 なんとなく地が隆起するほうに歩いていく。しばらく坂を登るように歩き続けると大阪ドーム程の大きな穴を見つけた。

 穴の中ではマグマのような赤い液体がグツグツ煮えている。

 じっとそのグツグツを見つめる。

 そして一瞬マグマのかさが減ったかと思うと、それは轟音と共に吹き出してきた。

 辺りの景色が炎の赤一色になり、

『モエルーワ!』

 何かの生き物の鳴き声が穴の底からこだます。

 その声の主はマグマを飛び散らせ勢い良く穴から飛び出してきた。

 巨大な翼で白い全身を黒い大空へはばたかせる。

 あの白い竜は……。

 あのポケモンは……。

155 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/16(金) 08:40:58.42 ID:???0
モ w エ w ル w ー w ワ w

156 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/19(月) 00:06:58.56 ID:mknbfTy8O


 突如として頭がスッとした。鳥のさえずりとともに光が目に染み込んでくる。

(おかしな夢だったな)

 おかしくない夢など殆どないだろうが、印象深い夢ではあった。

 夢の中で火山から出てきた白いドラゴン……あれは間違いなく「レシラム」だ。

 昨日強力な炎カードのことを考えながら寝たためか頭の奥底でこのポケモンの姿が見えたのだろう。

 強力な炎ポケモンが……。強力な……炎カード?

「そうだ。レシラムがいたぜ」

 ベッドから飛び起きてタンスの中を探る。

 コ○○ロコミック10月号の中にそのカードは挟まっていた。

 『レシラム130』。キプロスが以前自分に渡した炎ポケモン最強クラスのカード。

 超威力のワザをもち、ルカリオを一撃で倒せる力を所有している。

「こいつだ……これでアイツに対抗できる」

 パジャマを着たままヨモギはデッキを新たに組み始めた。




157 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/20(火) 23:27:54.54 ID:???0
普通に面白いよ

158 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/22(木) 00:34:12.45 ID:???0
続きマダー

159 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/23(金) 00:38:57.88 ID:???0
支援

160 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/23(金) 02:05:12.21 ID:???0
続きプリーズ

161 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/23(金) 22:03:56.45 ID:f08ggMBxO
「もう、遅いよヨモギ」

 シシトウが眉をしかめると、「わりーわりー」とヨモギが軽く頭を下げた。

 先週、脛木と戦った藻倉町のカード屋。

 ヨモギは色々な実戦を積むべくシシトウと今日ここに来ることを約束していた。

「まあ来ないよりはマシじゃねーか」

 シシトウと向かい合った席から、櫂雪村は気にしたようすもなく言う。

 どうもヨモギが店につく少し前から雪村はシシトウとポケモンカードゲームで戦っていたようだ。

 サイドは互いに既に2枚。シシトウのバトルポケモンはマスキッパ、対する雪村のバトルポケモンはフリーザー……。

「へえ、お前は水カード使うのか」

 雪村の手札を見ながら楽しげにヨモギがつぶやく。

「ああ。水ポケモンの中でも麻痺や眠りの効果を持ったのが好きなんでな」

「よし、その勝負が終わったらオレと勝負な! 新デッキの初陣相手にしてやるぜ」

「新デッキ……?」

 雪村がキョトンとしてヨモギを見る。

162 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/23(金) 22:47:25.09 ID:???0
おお!来た!
楽しみにしてたよ

163 :名無しさん、君に決めた!:2011/12/28(水) 23:22:50.96 ID:???0
ヒヒダルMAXでのコイン一気投げいいな
今度やってみよう

164 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2011/12/29(木) 01:20:25.46 ID:OnVwVW0yO
「最強クラスの炎ポケモンを投入したオレの新デッキ。今朝作ってきたんだ」

 ヨモギが黒いナップサックからデッキケースを取り出す。

「それのせいで遅れたわけだ」

 シシトウは呆れ顔でぼやいた。

 その様子に笑みを浮かべながら雪村は、

「まあ一度はお前と戦いと思ってたんだ。相手するよ」

「サンキュー! んじゃあちゃちゃっと勝負にケリつけてくれ」

「まったく、自分本位なんだから」

 毒づきながらも、シシトウは雪村との対戦を再開し始めた。


 勝負の経過を見たところ、終始シシトウが優位にたっていた。

 雪村は水タイプ中心のデッキでシシトウはそれに強い草デッキであるからタイプ相性の問題もあるが、起動が遅い雪村のデッキではどうしてもシシトウの手堅い戦術に狂わさてしまうらしい。

 状態異常やバウンス(相手のポケモンを強制的に手札に戻すこと)を得意とするシシトウのデッキは、相手のポケモンを一撃で倒せるような高威力のワザを連発して一気にケリをつけるのがベストだろう。

165 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/01/02(月) 20:23:20.77 ID:s8xDTx1eO
「ん……負けたな」

 雪村が苦い顔で頭を掻くとシシトウは「やった」と飛び跳ねた。

「宍戸の戦略は穴がないぜ。参った」

「お前も対戦が苦手って言うわりにはそこそこ強かったぜ」

 手でテーブルに乗りながらヨモギが言う。

「まあ、褒め言葉と受け取っておくか」

 雪村とシシトウがそれぞれカードを片付け終わると、

「じゃあヨモギの番だね」


「おう、新デッキの御披露目だ!」

 シシトウが空けた席にヨモギがドッと座る。

「それじゃあ、その新デッキを見せてもらうか」

「戦ってるうちにジワジワな」

 ヨモギはデッキケースから山札を取り出すと素早くカットを始めた。

166 :名無しさん、君に決めた!:2012/01/03(火) 00:43:28.99 ID:???0
内容は凄く面白くて本当にいいと思っているのですが
やはりペースが気になります
IDが赤くなる勢いで書いてくれると嬉しいです
勿論私は支援しています

167 :名無しさん、君に決めた!:2012/01/08(日) 14:27:14.86 ID:???0
ネタ切れ

168 :名無しさん、君に決めた!:2012/01/09(月) 22:07:15.81 ID:???O
あげぽよ

169 :名無しさん、君に決めた!:2012/01/15(日) 21:41:26.42 ID:???0
じゃあ俺がこの一話だけ書いていい?

170 :名無しさん、君に決めた!:2012/01/21(土) 10:52:36.57 ID:???0
                            ,z'='ゝ、__,ィ!
               _      __,,.、/ミミミミミミヲ'__
          、___,,ィイミミミ>‐'`'‐v':::::::::`:,'´``ヽミミミミミミミニ=-_,,.ィ!
    ヽ,、____\ミミミミ>:::::<    'z::::::::;:ィ'   ,i゙ミミミミミミミヾ砂炒′
   ミッ、__\ミミミミミ`ミミ〉:::::::`:ッ.._,.ノ `ー^゙ `'ーー'ヾミミミミミミ三=ヌ彳ッ、
    兮兌來W=ミミミミミミミ>‐-'゙´          ヾミミミミx自慰或゙´
    ,>安為益ミミミミミミ'!            ,.,,.、,ィ i弌冦圦早ゞ''´
   ;=弌生理域圧ェェェッミ! _ゝォ;ェ、      ,姉欹ヽ、 ̄`゙`
      `゙ヾ冬/変>'゙'y !::傚   s   ゙恩てノ  1
           /゙´   ,゙ 'つ汐′ ;一'l  `~´  ,y′
                ,-'、、      ヽ_ノ     ,ィr〈
        ,, -―==-!  `゙ーャ、___、___,,.ィ<‐'´ 丿
       /_      ヾ、_    ゙Yjor、o0゙´_/
      '"´ ``‐、-   _  `>   r' ' !、 |
           ヽ、   ! ヽ'´     ゝ゚.r'′/
             `ー-ヘ `      ゙ー'′ ヽ
                  ゙t'__         l
                  ``ー ..,,__    く
                      `ー―‐′

171 :名無しさん、君に決めた!:2012/01/23(月) 00:00:31.53 ID:???O
age

172 :名無しさん、君に決めた!:2012/02/02(木) 19:48:44.42 ID:39gpu4V10 ?2BP(0)
アスペウスは神

173 :名無しさん、君に決めた!:2012/02/07(火) 15:13:52.22 ID:???0


174 :名無しさん、君に決めた!:2012/02/13(月) 13:08:10.48 ID:???0
あげ

175 :名無しさん、君に決めた!:2012/02/13(月) 21:41:54.80 ID:zRsyZcZH0
マダー?

176 :名無しさん、君に決めた!:2012/02/18(土) 13:04:16.80 ID:???0
マダ

177 :名無しさん、君に決めた!:2012/02/25(土) 16:31:26.67 ID:ZUpAgufy0 ?2BP(0)
ポケモン板の王者「休カ無限」こと、北星学園大学経済学部経営情報学科の千葉敦將(チバタイスケ)と申します。以後よろしくお願いします。

178 :名無しさん、君に決めた!:2012/02/27(月) 18:30:52.36 ID:???0
                        |  |
                        |  |    ,z'='ゝ、__,ィ!
               _      __|  |,,.、/ミミミミミミヲ'__
          、___,,ィイミミミ>‐'`'‐v'::::|  |:::::`:,'´``ヽミミミミミミミニ=-_,,.ィ!
    ヽ,、____\ミミミミ>:::::<    'z:::|  |:::::;:ィ'   ,i゙ミミミミミミミヾ砂炒′
   ミッ、__\ミミミミミ`ミミ〉:::::::`:ッ.._,.ノ `|  |ー^゙ `'ーー'ヾミミミミミミ三=ヌ彳ッ、
    兮兌來W=ミミミミミミミ>‐-'゙´    |  |      ヾミミミミx自慰或゙´
    ,>安為益ミミミミミミ'!       |  |    ,.,,.、,ィ i弌冦圦早ゞ''´
   ;=弌生理域圧ェェェッミ! _ゝ=;=、   |  |   ,三三Yヽ、 ̄`゙`
      `゙ヾ冬/変>'゙'y !::三三   |  |s   ゙三三ノ  1
           /゙´   ,゙ '三三′ ;|  |一'l  `~´  ,y′   <キャアアアアアアアアアアアアアア!!!
                ,-'、、      `|  |_ノ     ,ィr〈
        ,, -―==-!  `゙ーャ、___、_|  |__,,.ィ<‐'´ 丿
       /_      ヾ、_    ゙Yjor|  |、o0゙´_/
      '"´ ``‐、-   _  `>   r' |  |' !、 |
           ヽ、   ! ヽ'´     ゝ|  |゚.r'′/   ←>>170
             `ー-ヘ `      ゙ー|  |'′ ヽ
                  ゙t'__      |  |   l
                  ``ー ..,,__ |  |   く
                      `|  |ー―‐′
                        |  |

179 :名無しさん、君に決めた!:2012/03/07(水) 01:41:34.49 ID:???0


180 :名無しさん、君に決めた!:2012/03/14(水) 14:20:31.17 ID:???O
あげ

181 :名無しさん、君に決めた!:2012/03/21(水) 16:15:22.48 ID:???0


182 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/24(土) 21:47:33.48 ID:YfrSxXgSO
 山札を切り終わると、形式どおり雪村とヨモギはカードを引いた。

(お前だけか、ちょいピンチだ)

 ヨモギは7枚の中にあった、ただ1匹のたねポケモンを、バトル場に伏せる。

 対する雪村の中が伏せたたねは2枚。このままワザの打ち合いになればやや不利だ。……いままでのデッキなら。

「準備はいいか?」

 雪村が問いかける。

「おう、どっからでもこい」ヨモギはそう返しながら、

「バトルスタートだぜ!」

 バトル場のたねポケモンを表にした。

 互いの場のポケモンが明らかになる。

183 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/24(土) 22:10:04.90 ID:YfrSxXgSO
田村ヨモギ
バトル場:クイタラン90/90
ベンチ:なし

櫂雪村
バトル場:ブイゼル70/70
ベンチ:コイキング30/30


「先攻はオレがもらうぜ!」

 ヨモギが勢いよくがカードを引く。

(……たねポケモンじゃないか)

 引いたカードは『ジャンクアーム』。この場では役に立たないカードだ。

 相手ポケモンはいずれもクイタランが弱点とする水タイプで、控えのポケモンがいない状況はかなり危ない。

「クイタランに炎エネを貼って、あついベロ攻撃だ!」

無 あついベロ 10

ブイゼル70/70→ブイゼル60/70

184 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/24(土) 22:28:29.35 ID:YfrSxXgSO
「控えにたねポケモンを出さなかったけど、大丈夫なの?」

 シシトウが少し笑いながら云う。

「オレにはオレなりの考えがあるのさ」

 デッキを構築しなすおすのにあたって、手札増強サポートを増やした。

 以前のデッキほど手札事故にハラハラする必要ない。……はずだ。

「僕の番だ、引かせてもらうぜ」

 雪村がカード引く。

「どうぐカード、学習装置をコイキングに装着だ」

 ベンチの貧弱そうなポケモンに学習装置がとりつけられる。

(と、するとあのポケモンを進化させて暴れさせるつもりだな)
 となると早めに倒したほうがいい。ふとヨモギは手札を確認する。

(反撃の算段ありだぜ)

 ヨモギが思考する間に、雪村は水エネルギーをブイゼルにつけ、チェレンで手札を増やした。

185 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/24(土) 22:47:34.57 ID:YfrSxXgSO
「ブイゼルのスプラッシュ!」

無 スプラッシュ 10

クイタラン90/90→クイタラン70/90

 弱点によりクイタランは通常の倍のダメージを受けるが、もとの威力が10では大した痛手にはならない。

「オレの番だ!」

 ……よし! 引いたカードを確認すると、そのままサポートゾーンにおく。

「チェレンで、カードを3枚引くぜ!」

 ここできた手札増強サポート。

 そして運よく引いた3枚の中にたねはあった。

「ベンチにポカブ70/70を出す」

「来たか」

 雪村がポカブを見て楽しそうに呟く。

「そして、ポケモンキャッチャー! 雪村のバトル場のブイゼルとベンチのコイキングを入れ替える」

「……ここでキャッチャーか!」

186 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/24(土) 23:04:20.20 ID:YfrSxXgSO
 ブイゼルに代わってバトル場に引きずりだされたのは、HPわずか30のコイキング。

「クイタランにダブル無色エネをつけて、ひをふく!」

炎無無 ひをふく 50

 コイキングは一撃で気絶し、ヨモギが最初のサイドカードをとる。

田村ヨモギ 残りサイド:2

「よっしゃあ、コイの丸焼きだぜ!」

 ヨモギがサイドカードを取りながら声をあげる。

「……次はラッコの丸焼きか?」

 雪村がふっと笑ってカードを引く。

「ベンチにミジュマルを出す」

 ベンチに新たな水ポケモン、ミジュマル70/70が出される。
「さらにサポート。アララギ博士だ」

 手札をまとめてトラッシュに置き、雪村はカードを7枚引いた。

187 :名無しさん、君に決めた!:2012/03/25(日) 00:11:51.15 ID:???0
続きキター!!
楽しみにしてました!

188 :名無しさん、君に決めた!:2012/03/25(日) 00:12:17.03 ID:???0
おおっ!
ついに続き来たのか

189 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 00:45:38.80 ID:pP4/lvkRO
 ――そして新しい手札を見ながら笑む。

「ブイゼルをフローゼルに進化だ!」

 ブイゼル60/70→フローゼル80/90

「そいつがエースか」

 フローゼルのカードにヨモギが目を輝かせる。

「フローゼルに水エネルギーをつけ、たきのぼりだ!」

水水 たきのぼり 60

 弱点により120ダメージをうけ、クイタランは一撃ダウンする。

櫂雪村 残りサイド:2

 ベンチにただ1匹いたポカブが続いてヨモギのバトル場に放たれた。

「むぐう……水のアタッカーがこられたら、炎ポケモンには対処できないな」

 ヨモギがカードを引きながら、うなり声を上げる。

190 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 01:15:46.75 ID:pP4/lvkRO
「絶対絶命。って奴か?」

 雪村が透き通った声で問いかける。

「いーや―? まだまだいけるな」

 ヨモギが声をにごらせて、ベンチにポケモンをおく。

 それを見た瞬間に雪村は目を見開いた。

「ヤンヤンマ……草系のポケモンか」

 ヨモギのベンチに置かれたのはヤンヤンマ70/70。ヨモギの得意とする炎タイプと対照的な草タイプのポケモンだ。

「ヨモギが炎ポケモン以外を使うなんて……なんかあったの?」

 シシトウも目を丸くしてヨモギを見た。

「オレも炎タイプだけじゃないってことさ」

 ポケモンいれかえでポカブとヤンヤンマを入れ替えると、ヨモギはダブル無色エネルギーをヤンヤンマにつけた。

「ヤンヤンマの攻撃、ふきとばし!」

無無 ふきとばし 20
相手のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える。 [バトル場に出すポケモンは相手が選ぶ。]

191 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 01:44:46.99 ID:pP4/lvkRO
フローゼル80/90→フローゼル60/90

「ふきとばしの効果でバトル場のフローゼルとベンチのミジュマルを入れ替える!」

 フローゼルに代わってバトル場に引きずりだされたミジュマル60/60は、エネルギーがついていない貧弱なたねポケモン。

 ……これで流れをこちらに持って行ける。

 ヨモギはニヤリと笑った。

「ミジュマルが前にだされたか。仕方ないな」

 雪村はミジュマルに水エネルギーをつけて番を終了した。

「よし、どんどこいくぜ!」

 ヨモギが楽しげにカードを引く。

「進化しろヤンヤンマ!」

 ヤンヤンマの上にメガヤンマ100/100がぴたりと重ねられた。

192 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 02:09:06.26 ID:pP4/lvkRO
ヤンヤンマ70/70→メガヤンマ100/100

「トンボが目を極めたみたいだな」

 雪村がメガヤンマの容姿に声をもらす。

「手札を2枚捨て、ジャンクアームを使うぜ」

「グッズ回収カード……まさか……?」

「そのまさか! トラッシュのジャンクアームを回収使用!」

 ミジュマルとフローゼルは再び入れ替わり、またフローゼルがバトル場に姿を現した。

「メガヤンマに炎エネルギーを貼って、カッターウインドだ!」

無無無 カッターウインド 70

 残り体力60のフローゼルはきぜつし、ヨモギのサイドはあと1枚となる。

田村ヨモギ 残りサイド:1

「追い詰めたぜ!」

 雪村の残すポケモンはミジュマルただ一匹。勝利は限りなく近い。

193 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 10:10:24.33 ID:pP4/lvkRO
「さすがに、このままやられたら面白くないな」

 雪村が静かにカードを引く。

「ミジュマルをフタチマルに進化させる」

ミジュマル60/60→フタチマル80/80

 HP80。1進化にしては貧弱なステータスだ。

(ってことはあと1回進化しそうだな)

 水タイプの2進化ポケモンがこられると状況をひっくり返される可能性もある。その前に素早く倒してしまいたい。

 幸い、手札にあるプラスパワーでカッターウインドを強化すればフタチマルを一撃で倒せるが……。

「大きなマントをフタチマルにつける。持ったポケモンの最大体力20増やす道具だ」

フタチマル80/80→フタチマル100/100

「あっ、くそ」

 ヨモギが声をあげる。

 体力が増えたことにより、カッターウインドでフタチマルを一撃で倒すことはできなくなった。ころでは次の番でフィニッシュにできない。

194 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 11:01:18.73 ID:pP4/lvkRO
 フタチマルに2枚目の水エネルギーをつけると、雪村はコインを手にとった。

「いくぞ、アクアテールを使う」

無無 アクアテール 30+
このポケモンについている水エネルギーの数ぶんコインを投げ、オモテの数×10ダメージを追加。

 放たれたコインの判定は……2枚ともウラ。

メガヤンマ100/100→メガヤンマ70/100

「よし、大したダメージじゃないぜ」

 ヨモギが拳を握ると、雪村が「いまいちだな」と額に手を当てた。

 この番でトドメはさせないが、次の番までメガヤンマが生き延びれば自分が勝利するだろう。

 だが油断は禁物。そう自分に言い聞かせながらヨモギはカードを引いた。

「よし、プラスパワーを発動して……アララギ博士だ」

 手札を全てトラッシュにおき、山札の上からカードを7枚引く。

(ん……?)

 新しく加えた7枚のうちのあるカードに目が止まった。

195 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 14:26:03.87 ID:pP4/lvkRO
 HP130の炎タイプ。そして白い竜の絵柄。

 手札に舞い降りた最強のカード。

「オレはベンチにレシラムを出す!」

 宣言と共にベンチにレシラム130/130がおかれると、雪村が瞳孔を開いた。

「レシラム、だと?」

「こいつがオレの新しい切り札だぜ」

 ヨモギが得意げに指を鳴らす。

 「すごくレア度高そうじゃん」とシシトウもレシラムのカードに関心を示していた。

「さあ、いくぜ! ベンチのポカブをチャオブーに進化させる」

ポカブ70/70→チャオブー100/100

「そしてメガヤンマでフタチマルに攻撃! カッターウインド!」

 プラスパワーで威力を10増した風の剣がフタチマルに襲う。

フタチマル100/100→フタチマル20/100


196 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 14:53:41.62 ID:pP4/lvkRO
 カードを引いて手札を整えると、雪村は「追い込まれたな」とつぶやいた。

「とかいって逆転の策があるんだろ」

「まあ、ないことも……ない。フタチマルを進化だ!」

 そういいながら、雪村はフタチマルの上にさらにカードを重ねた。

フタチマル20/100→ダイケンキ80/160

「水タイプの2進化ポケモンか!」

 貝殻の鎧にたくわえた長い髭。ダイケンキは、まさに武者のような雄々しい外見だった。

 雪村はダイケンキに水エネルギーをつけ、

「ハイドロポンプで攻撃!」

無無無 ハイドロポンプ 70+
このポケモンについている水エネルギーの数×10ダメージを追加。

 威力100の大技に耐えきれず、メガヤンマは力尽きる。雪村が2枚目のサイドカードをとり、互いのサイドは残り1つで並んだ。

櫂雪村 残りサイド:1

「レシラムをバトル場に出すぜ!」

 ヨモギはベンチのレシラムを空いたバトル場に移動させる。


197 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 15:24:35.27 ID:pP4/lvkRO
「レシラムにはエネルギーが1枚もついていないが、この番でダイケンキを倒せるのか?」

 雪村が云う。

「ったりめーだ、 算段ありだぜ」

 ヨモギはカードを引くと手札を2枚手にとり、

「ハイパーボールを使う!」

ハイパーボール グッズ
このカードは、自分の手札を2枚トラッシュしなければ使えない。
自分の山札からポケモンを1枚選び、相手に見せてから、手札に加える。 そして山札を切る。

 手札2枚をトラッシュし、ヨモギは山札を手にとる。

 山札の中を探り、やがて1枚のカードをそこから抜き取った。

「こい、オレの相棒! ベンチのチャオブーをエンブオーに進化だ!」

チャオブー100/100→エンブオー150/150

「出た、ヨモギのエースカードだ」

 シシトウが声をあげる。

198 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/25(日) 15:43:45.14 ID:pP4/lvkRO
「サポートのデントで山札から炎エネルギーを3枚手札に加え、エンブオーの特性発動!」

特性 れっからんぶ
自分の手札からエネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。 この特性は、自分の番に何回でも使える。

「手札の炎エネルギー3枚をレシラムに貼る」

「一度にエネルギーを3枚……」

 雪村が声をもらした。

「トドメだ、レシラムのあおいほのお!」

炎炎無 あおいほのお 120
このポケモンについているエネルギーを2個選び、トラッシュする。

 レシラムの口から勢いよく吐き出された青く輝く炎にダイケンキは飲みこまれ消えていった。

 最後のサイドカードをとるとヨモギは笑みをうかべながら、

「よっしゃ、最高だぜ!」

 とガッツポーズした。

199 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/29(木) 00:39:49.02 ID:XYOXAnVMO
「強いな、田村」

 雪村が感心したように云う。

「ヨモギでいいぜ。雪村だって結構強いじゃんか」

「それにしても、ヨモギ」

 雪村は少し目を泳がせると続けて、

「レシラムのカードを一体どこで手に入れたんだ」

「ん、レシラムか?」

 仮面の男と夜中に神社にポケモンカードバトルをした帰りにもらった。

 ……ちょっと意味がわからないかもしれない。分かりやすいように話を作り変えておくべきか。

「この前、たまたまポケモンカードバトルした相手にもらったんだ」

「もらった……?」

 美少年は神妙な顔つきで硬直する。どうもこちらの話に納得がいかないという様子だ。

200 :和孝 ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/29(木) 01:02:08.95 ID:XYOXAnVMO
「その、レシラム、っていうのはスゴいカードなの?」

 シシトウがおずおずと聞く。

 雪村はハッとして沈黙を解き、

「ああ、レシラムはなかなかのレアカードだ。普通は相手に渡すことなんか有り得ない」

 その言葉を聞くと、ヨモギは感嘆の声を上げながらレシラムを手にとった。

「そんなにスゴいカードなのかお前は……」

 謎の仮面プレイヤー。

 そしてその男が自分に渡したレアカード。

 面白い……! その裏に潜む謎。そしてある種の運命性。

 気づけば思わず笑い声を漏らしていた。

「よっしゃあ! オレはこのレシラムと一緒に世界一のポケモンカードプレイヤーになってやるぜ!」

201 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/03/29(木) 01:59:42.78 ID:XYOXAnVMO
          ※

 ――サイプレス本部の一室。

「良い……」

 トベラ・ハドロンは電話帳のように分厚い作品集を見ながら呟いた。

 古典文学には、その作品の時代の人間。すなわちその作者の眼が映し出されている。

 そして作者は、その時代の、その身分の人間共通の眼。それを通して時を移動し、過去のまったく違う世界が目の前に広がる。

 過去世界への憧れは日々増すばかりだ。

 ピピッ

 その世界を押しつぶすように響く機械音。目前のパソコン画面に表示された連絡相手に目を通す。

(アゲインスターズ……)

 キーボードを操作し、連絡許可をとらせると、パソコン画面全体に少年の顔が映し出された。

『ミスター・トベラ。緊急のご連絡を申し上げます』

 少年はテレビ電話ごしに一礼し、言葉を述べる。

202 :名無しさん、君に決めた!:2012/03/29(木) 02:20:00.71 ID:???0
>>203するw

203 :名無しさん、君に決めた!:2012/03/29(木) 09:38:56.43 ID:???0
・ω・

204 :名無しさん、君に決めた!:2012/04/04(水) 13:07:34.79 ID:???0
きも

205 :名無しさん、君に決めた!:2012/04/05(木) 04:46:16.87 ID:???O
あげ

206 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/05(木) 16:29:21.20 ID:v3nFsHNNO
「どうぞ」

『レシラムのカードを発見しました』

「ほう」

 トベラがニヤリと笑みを浮かべる。

「すなわち、カードは持ち主から離れた。というわけですね」

『はい。所有者は田村ヨモギという少年……サイプレス主催の大会にも参加記録があります』

「なるほど」

『明日、彼からカードの確保を……』

 トベラが「必要ありません」といい、少年の言葉をさえぎる。

「しばらく泳がせておきなさい。彼がカードを手に入れた以上、何かしらの形であの男と接触したのは間違いない」

『すなわち、再び接触があると?』

「彼さえ発見できれば、最終的に2枚のドラゴンはこちらのものになる」

 トベラがその他に報告はないかと問うと、少年はクビを横にふった。

207 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/05(木) 16:48:08.77 ID:v3nFsHNNO
「では……。有栖川君、君の働きには期待していますよ」

『努力します』

 有栖川が再び一礼すると、ライブ映像は閉じ、デスクトップに切り替わった。

 トベラは再び作品集を開いて目を通し始める。

(そう、カードも、世界も……)




第8話 終わり

208 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/05(木) 16:53:58.21 ID:v3nFsHNNO
◆今日の最強カードはこれだ!

レシラム HP:130 炎 たね

無無 げきりん 20+
このポケモンにのっているダメカンの数×10ダメージを追加。

炎炎無 あおいほのお 120
このポケモンについているエネルギーを2個選び、トラッシュする。

弱点:水×2 抵抗:− 逃げる:無無

209 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/05(木) 17:00:35.15 ID:v3nFsHNNO
4ヶ月に及ぶ支援感謝です!!

>>155さん モエモエッシュ!
>>157さん ありがとうございます! やる気がでます!
>>158さん 今きました!
>>160さん プリーズ!(どうぞ!)
>>162さん これからも期待してください
>>163さん 決まればクール!
>>166さん これからはやくなります!
>>167さん ネタ切れの向こうに境地があります!

210 :名無しさん、君に決めた!:2012/04/05(木) 17:07:35.88 ID:g0ucEKTP0
確かにレシラム強いなwwwww

211 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/05(木) 17:07:40.76 ID:v3nFsHNNO
>>169さん 番外編大歓迎です!
>>170さん AAが見えずらいです(ノ△T)
>>172さん 人間は神になりえません! しかし近づくことはできるはず!
>>175-176さん オレも高みに行くよ!
>>177さん よろしこ!!
>>178さん 見えないです!
>>187 またせたな!!
>>188さん かえってきました!
>>202-203さん !(b^ー°)
>>204 私の進化は日々加速します!!

212 :名無しさん、君に決めた!:2012/04/05(木) 17:34:50.17 ID:???0
1行明けるの見づらい。

213 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/06(金) 18:56:08.34 ID:PueO1rt1O
>>210さん だから伝説のカードなのです!
>>212さん 今回から一行空けがなくなります!


214 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/06(金) 19:26:40.14 ID:PueO1rt1O
 11月8日。とうとう裏ジムまで2週間となった日の昼下がり。

「うおっしゃあ、エンブオーのヒートスタンプだ!」

「おほほおぅ!」

 ワザの宣言と共に、向かいテーブルのキムタクが髪を振り乱す。

 ヨモギは最後のサイドをとり、ガッツポーズを決めた。

「またまたヨモギの勝ちだ」

 隣で勝負を見ていたシシトウが感嘆の声をあげる。

 新デッキを安定させるため、ここ最近は対戦を頻繁にするようになった。

 炎一色のプレイスタイルをやめ、超や闘抵抗のタイプもデッキに搭載されている。……すべては闘使いの樋栄に勝つため。

「2週間後がますます楽しみになってきたぜ」

 意気揚々としてシシトウにいう

「いい気になるなよ……」

 突如、敗北に打ちひしがれていたかに見えたキムタクがつぶやいた。

215 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/06(金) 19:35:44.16 ID:PueO1rt1O
「俺はお前の何倍も強いプレイヤーを知ってんだぞ」

 その強張った形相にヨモギは軽く笑いながら、

「へえ。どこでそいつと戦えんだよ」

「もうじき……この店にやってくる!」

 キムタクは目を大きく見開き、「俺が呼んでおいた」と付け加えた。

「そんな凄まじい顔をするほど強い相手なんて……」

 シシトウも顔を悩ませる。どんな相手か全く想像つかない。

 そう考えた直後、入店のベルがなった。

「おお、来たでキムちゃん」

 特徴のある訛りの声。

 茶髪に長身の決まった姿……。

「あ、難波じゃん」

 ヨモギが思わず声をもらす。

 以前、羽堂ビルでの裏ジムで最初に出会った関西弁風の男だ。

216 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/06(金) 23:38:00.49 ID:PueO1rt1O
「おっ、田村か。奇遇やな」

 難波もヨモギに気づき返答すると、キムタクは「あれっ」と声を漏らした。

「この人は?」

 シシトウが目を丸くして聞く。

「こいつ難波ってんだ。この前にあった羽堂ビルの大会で知り合ったんだぜ」

「こんな年上の人にもタメ口ってのは」

「ええて、まだワイ中学生やから」

 難波が笑顔でシシトウの説教をなだめる。

「んで、キムちゃん。自分のいうた生意気な小僧っちゅうのはどこ?」

「ああ、そいつ」

 キムタクがヨモギを指差す。

 少し間をおき、難波は驚きの声をあげた。

「田村、自分か!」

217 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/04/06(金) 23:54:41.38 ID:PueO1rt1O
「おいおい、まさかお前のいってた強い奴って、難波なのか?」

 ヨモギの問いにキムタクがうなづく。

「難波君は群馬県内の数多くの大会で優勝する実力者なのさ」

「へえ……そりゃ面白ぇ」

 まるで自分のことかのように鼻高々と語るキムタクを尻目に、ヨモギは難波に目を向けた。

 実力者。

 勝っても負けても自分に大きな利益のある勝負になるのは間違いない。

「だったら勝負だ。難波!」

「おっ、一丁やろか」

 キムタクが譲った席にドッと座ると、難波はケースから山札を取り出した。

 ヨモギも手元の山札をとると、互いにそれを切りはじめる。

「んじゃ手加減抜きでいくで」

 「来い」と返答しがてら、ヨモギはサイドとたねポケモンをセットした。

218 :名無しさん、君に決めた!:2012/04/07(土) 15:34:31.30 ID:???0
>>220するw

219 :名無しさん、君に決めた!:2012/04/14(土) 18:51:51.61 ID:???0
あげ

220 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/02(水) 23:02:01.90 ID:yshJ+JxpO
「さあ、バトルスタートだぜ!」

 かけ声と共に場のポケモンがオープンされる。

田村ヨモギ
バトル場:ダルマッカ80/80
ベンチ:ポカブ70/70

難波桜
バトル場:ピカチュウ60/60
ベンチ:シビシラス40/40

「先、いこか」

 難波が颯爽とカードを引く。

「出始めにチェレンを使わせてもらうで」

 難波はサポートの効果で三枚引き、ピカチュウに雷エネルギーをつけた。

221 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/03(木) 09:22:11.51 ID:tatNzjQ/O
「メリープをベンチに出して番を終わるで」

 三体目のポケモンとしてメリープ60/60が置かれ、早くも難波は番を終える。

 体力の低い電気ポケモンを並べて何をたくらんでいるのだろうか。

「まずは下準備からやな」

「オレはしょっぱなから、せめるぜ!」

 ヨモギがそういいながらカードを引く。

「ダブル無色エネルギーをダルマッカにつけて、ぶちかますだ!」

無無 ぶちかます 20

 ダルマッカはピカチュウに向かって疾走し、重いタックルをピカチュウに炸裂させた。

222 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 02:48:11.94 ID:VJ9KuoU4O
ピカチュウ60/60→ピカチュウ40/60

「ウホッ。今の攻撃、ええやないか」

「おう、オレのデッキはなんたってパワー命!」

「パワーなら負けへん、ハイパーボールいかせてもらうで」

 難波が雷エネルギーとシビルドンをトラッシュし、山札からポケモンを加える。

「そんで、ピカチュウを進化や」

223 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 02:54:14.11 ID:VJ9KuoU4O
ピカチュウ40/60→ライチュウ70/90

「パワータイプの電気ネズミか」

 ライチュウは1進化ポケモンながら、かなり高いパワーを持っている。序盤から押されるとこちらが不利だ。

「大事なんはパワー、せやけど、もう一ついるもんがあるやろ?」

 ニッと笑むと難波は続けて、

「サポート、探究者! 互いのプレイヤーはベンチのポケモンを一匹手札に戻す」

224 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 03:02:03.90 ID:VJ9KuoU4O
「なにぃ!?」

 ヨモギが思わず声をあげる。

 ベンチのポカブは、たねポケモンである上にエネルギーがついていない。それを手札に戻す理由はただ一つだ。

 意気揚々と難波がメリープを手札に戻す。続いてヨモギもほぼ強制的にポカブを手札に加えさせられた。

「この番で終わりっちゅう話や!」

 力強くライチュウに雷エネルギーがつけられる。

225 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 11:06:49.23 ID:VJ9KuoU4O
「10まんボルトでダルマッカに攻撃!」

雷雷 10まんボルト 100
このポケモンについているエネルギーをすべてトラッシュ

 大きな光がダルマッカをつつみ、眩しさのあまり一同が目を覆う。

 刹那、耳を裂くような激しい轟音が響き渡った。

「……くっ」

 視界を取り戻したヨモギが最初にとらえたもの。それは黒こげのダルマッカだった。

226 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 11:16:51.69 ID:VJ9KuoU4O
「なかなかいい戦い方やけど、遅すぎるでえ」

 難波が指を鳴らし、勝利の余韻に浸る。

 2順目での敗北。

 これでは戦い方もなにもあったものではない。

「は、早い……」

 ヨモギが拳を握って震える。

227 :名無しさん、君に決めた!:2012/05/04(金) 11:17:39.18 ID:???0
黒wwwwwこwwwげwwww

228 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 11:30:40.71 ID:VJ9KuoU4O
「よっしゃあ! ピィイイス!」

 喜びのあまりかキ奇声を上げながら店内を側転で周り始めるキムタク。

「油断したな」

 それを尻目に難波が云う。

「ぐう、不意をつかれたぜ」

 ヨモギは唸りながら、デッキをまとめた。

229 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 11:54:09.40 ID:VJ9KuoU4O
「よし、それじゃあ2セット目だ。さっきに2勝したほうの勝ちな」

「……ええ!?」

 シシトウが驚きつつ呆れた顔で、

「まったく。変に負けずらいだなあ」

「やっぱオモロいわ、自分」

 難波が声を出して笑いながらデッキを切り始める。

230 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 12:13:01.21 ID:VJ9KuoU4O
「ぼちぼちやろか、2戦目」

 切り終わったデッキを置いて余裕の笑みを見せる難波。

「さっきは油断したけど今度はそうはいかないぜ」

「そいつは楽しみやな」

「余裕ぶりやがって、ぜってービビらせる!」

 7枚の手札を強く握り、ヨモギはたねポケモンを2枚置いた。

231 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 20:54:13.79 ID:VJ9KuoU4O
「ほな、バトルスタートちゅう話や!」

 さらっと難波が宣言し、場のポケモンが露わになった。

田村ヨモギ
バトル場:ズバット50/50
ベンチ:ダルマッカ80/80

難波桜
バトル場:エモンガ70/70
ベンチ:ピカチュウ60/60 ラクライ60/60
「超タイプのポケモンか。意外やな」

 バトル場のズバットを興味深そうに難波が見つめる。

232 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 21:02:36.74 ID:VJ9KuoU4O
「強い奴に勝つためには新しい戦術を取り入れていかなきゃなんねーんだ」

「樋栄の闘デッキ対策ちゅうわけかい」

「まあ、そういうことだ。先攻は貰うぜ」

 ヨモギが素早くカードを引く。

「どうぐカード学習装置をダルマッカにもたせる!」

 そして、引いたカードをそのままベンチのダルマッカの裏に滑り込ませた。

233 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 21:27:06.12 ID:VJ9KuoU4O
「さらにハイパーボールを使って、山札からポカブを手札に加えるぜ!」

 炎エネルギー2枚をトラッシュし、ヨモギは手札に加えたポカブをそのままベンチに出した。

「アララギ博士で手札を全てトラッシュし、カードを7枚ドロー!」

 そして、引いたカードの中から超エネルギーをズバットにつける。

234 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 21:33:35.08 ID:VJ9KuoU4O
「ズバッと、ダブルショットだ!」

超 ダブルショット
相手のベンチポケモン2匹に、それぞれ10ダメージ。

 ズバットが翼を振り上げ、難波のベンチポケモンたちに衝撃波をくらわせた。

ピカチュウ60/60→ピカチュウ50/60
ラクライ60/60→ラクライ50/60

「ウホッ! 速うなっとるやないか」

 難波が間髪入れずカードを引く。

235 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 21:58:24.86 ID:VJ9KuoU4O
「レベルボールで山札からHP90以下のポケモンを手札に呼ぶっちゅう話や!」

 難波はさっと広げた山札からシビシラス40/40を取り出し、ベンチに置く。

「エモンガに雷エネルギーつけて、プラスパワー使用!」

 ヨモギが舌打ちをする。

 雷が弱点のズバットでは威力があがったエモンガのワザに耐えきれない。

「ドーヒャッヒャッ!」

 側転をしながらキムタクが上げる奇声に場の臨場感も上がる。

「ほな、バチバチいこか!」

236 :名無しさん、君に決めた!:2012/05/04(金) 22:06:32.44 ID:???0
真に小さな国が開化期を迎えようとしていた。

237 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 22:52:26.27 ID:VJ9KuoU4O
雷 バチバチ 20

 エモンガが発した電撃を浴びると、ズバットは断末魔の叫びと共に地に落ちた。

難波桜 残りサイド:2

「どや、ワイのスピードは!」

「確かに速いな。けど、どや顔はここまでだぜ」

「自分、笑いのセンスあるな……」

 難波が感心したように頷く。

238 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 22:58:05.52 ID:VJ9KuoU4O
「学習装置の能力でズバットの超エネルギーをダルマッカに移す」

 エネルギーを付け替えながら、ヨモギはダルマッカをバトル場に出した。

「ダルマッカがバトル場に……もしかして」

 シシトウが声を漏らす。

「そのもしかしてだぜ! 進化!」

 ヨモギがダルマッカの上にカードを重ねると、ダルマッカは発光してその姿を変えていった。

ダルマッカ80/80→ヒヒダルマ110/110

239 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 23:16:25.68 ID:VJ9KuoU4O
「ダルマモードヒヒダルマ……またまた超タイプかい」

 難波が率直な感想を云う。

 ヨモギはベンチのポカブをチャオブーに進化させて後続を整えると、

「ヒヒダルマに炎エネルギーをつけて、ヒヒダルMAXだ!」

無無 ヒヒダルMAX 50×
このポケモンについているエネルギーの数ぶんコインを投げ、オモテの数×50ダメージ。

240 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/04(金) 23:26:36.19 ID:VJ9KuoU4O
 二枚同時にコイントスをすると、表と裏が一枚ずつ出た。

 ヒヒダルマの念で吹きあがった火柱がエモンガを焼き尽くす。

エモンガ70/70→エモンガ20/70

「超タイプ、超手強いちゅうわけかい」

 難波はカードを引いて笑む。

「ほな、いっちょ勝ちに行ったろかな。プラスパワーを使って、んでもって、アララギ博士いかせてもらう!」

241 :名無しさん、君に決めた!:2012/05/04(金) 23:37:42.70 ID:???0
なんかこの小説さー、うんち^^

242 :名無しさん、君に決めた!:2012/05/05(土) 00:34:09.06 ID:???i
いや、結構面白いわ
支援

243 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 10:59:50.83 ID:WgOPZ4d0O
 さきほどのように手札を全てトラッシュに置き、カードを7枚引く。

「ジャンクアームでレベルボールを回収するで」

 雷エネルギーを2枚を捨て、トラッシュから戻されたレベルボールを再び難波は使用する。

「シビシラスをデッキから呼んだシビビールに進化させてもらう」

シビシラス40/40→シビビール90/90

「気味悪いポケモンだな……」

 ヌルヌルした細長い体で宙を舞うシビビールを見て、ヨモギが声を漏らす。

244 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 11:12:46.99 ID:WgOPZ4d0O
「せやけど、こいつの特性はヌルかへんで。エレキダイナモ発動!」

特性 エレキダイナモ
自分のトラッシュから雷エネルギーを1枚選び、自分のベンチポケモンにつける。 この特性は、自分の番に1回使える。

 トラッシュの雷エネルギーがピカチュウにつけられる。

「トラッシュからのエネルギー加速かよ! やべえかも……」

「こっからは一瞬や、ピカチュウに雷エネルギーつけて進化!」

ピカチュウ50/60→ライチュウ80/90

245 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 11:18:59.01 ID:WgOPZ4d0O
「またそいつか」

 ヨモギが唇を噛む。

「加速加速! エモンガをにがして、場にライチュウを出す!」

 ヒヒダルマの体力は110。先ほどのプラスパワーが加われば……。

「10ボルトいくでえぇ!」

雷雷 10まんボルト 100
このポケモンについているエネルギーをすべてトラッシュ

 一瞬でヒヒダルマを光が包み、次の瞬間には爆発が起こっていた。

246 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 16:12:06.57 ID:WgOPZ4d0O
難波桜 残りサイド:1

「あっという間に残り1枚やな」

「ああ、やっと盛り上がってきた」

「盛り上がっ……て。自分まだ勝とうって気でおるんかい!」

「当たり前だ! なんたってオレのバトル場にはチャオブーがいるんだぜ!」

 ヨモギがカードを引いて、ニヤリと笑う。

「進化!」

 チャオブーが発光し、その形を大きくしていく。

247 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 16:30:43.84 ID:WgOPZ4d0O
チャオブー100/100→エンブオー150/150

 エンブオーが咆哮をあげて、ライチュウをドッシリと見据えた。

「出た。エンブオー!」

 シシトウが声を上げる。

「サポートのデントで山札から基本エネルギーを3つ加える!」

 デントをサポートゾーンに置くと、ヨモギは山札から素早く炎エネルギー3枚 を選びだした。

「さらに、れっからんぶを使う!」

特性 れっからんぶ
自分の手札から炎エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。 この特性は、自分の番に何回でも使える。

248 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 16:41:36.68 ID:WgOPZ4d0O
「手札の炎エネルギー1枚とデッキから加えた3枚。合わせて4枚をエンブオーにつける!」

「一気に4枚のエネルギー装着……」

 難波が目を見開き、口元をゆるませた。

「エンブオー、ヒートスタンプ!」

炎炎無無 ヒートスタンプ 80

 エンブオーが宙に大きく跳ね、炎を纏いつつライチュウのもとへ降下する。

 地をえぐるような衝撃に巻き込まれライチュウは爆風と共に吹き飛んだ。

ライチュウ80/90→ライチュウ0/90

「うおっし!」

 ヨモギがガッツポーズをし、やっと最初のサイドをとる。

249 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 17:15:31.87 ID:WgOPZ4d0O
「あかんなー。体力高すぎやでぇ」

 難波がラクライをバトル場に出し、頭をかく。

「重い速い強い! これがオレの相棒だ」

「ほな、一気に突き刺したろかな」

 難波がカードを引く。

「エレキダイナモでシビビールに雷エネルギーをつける。でもって、ラクライを進化!」

ラクライ50/60→ライボルト80/90

「ライボルトに雷エネルギーをつけて、エナジークラッシュ!」

250 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/05(土) 18:23:06.54 ID:WgOPZ4d0O
雷 エナジークラッシュ 20×
相手の場のポケモンについているエネルギーの合計×20ダメージ。

 エンブオーにとりつけられた4枚のエネルギーが爆発し、破裂音と共に苦痛の叫びが上がった。

エンブオー150/150→エンブオー70/150

「負けるか! ヒートスタンプだ!」

 返すように、再びエンブオーが飛翔し、ライボルトを押しつぶす。

ライボルト80/90→ライボルト0/90

田村ヨモギ 残りサイド:1

「一気に追いつかれてもうたか。せやけど殴り合いでもこっちが上や!」

 難波はエモンガをバトル場に出しカードを引く。

251 :かずたか中田雄二:2012/05/05(土) 19:04:04.78 ID:WgOPZ4d0O
「エレキダイナモでシビビールに雷エネルギーを1枚、手札からさらに1枚!」

「一気にエネルギー加速かよ」

「エモンガを逃がして、シビビールをバトル場に出す」

 「そして……進化や!」と難波が云うと、宙を舞うシビビールが発光し姿を変えていった。

シビビール90/90→シビルドン140/140

 進化前にはなかった脚を生やし、シビルドンはドスンと地に降り立った。

「2進化ポケモン……!」

「シビルドンの攻撃! ワイルトボルト!」

雷雷無 ワイルドボルト 90
このポケモンにも10ダメージ。

 電気を帯びシビルドンが浮遊する。そしてそのまま高速でエンブオーに突撃をした。

252 :名無しさん、君に決めた!:2012/05/09(水) 10:00:07.28 ID:???i
シビルドン入れてたのか

253 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/13(日) 09:23:34.53 ID:LCQqwcMfO
エンブオー70/150→エンブオー0/150

 接触の衝撃に踏ん張るが、エンブオーは耐えきれずに大きな音を立てて倒れた。

「ウホッ……来たでビビッと!」

 光悦とした表情をして、難病は最後のサイドを取る。

「ま、負けた」

 濁った声をあげてヨモギはクッと息を吐いた。

「ええマッチやったわ。田村」

「ぐう、ナイスバトル」

 悔しさの余韻を残したままヨモギは難波と手を交わす。

「ヨモギにあっさり勝つなんて……」

 唖然と勝負を見ていたシシトウは、ようやく声を出した。

「いや、田村は伸びる。ますますそう感じたわ」

 難波は右ポケットから彩色で印刷された広告を取り出すと、ヨモギに手渡した。

「何だコレ。吉野家のチラシか?」

 「違う違う」と難波が笑って受け答える。

254 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/13(日) 10:08:29.01 ID:LCQqwcMfO
「それは来週の日曜に開かれるフリー大会の広告や」

「へえ、峠山公園でやるんだ」

 ヨモギは広告についた写真を凝視した。そこでは2人の少年がポケモンカードで戦いながら笑っている。

「この大会に何かあるんですか?」

 シシトウはかしこまった口調で聞いた。

「いや、親父が主催側の関係者やからワイも宣伝してんねや」

「んじゃあ、特別強い奴が集まる大会ってわけじゃねーんだな」

「来るで、とびきり強い奴が」

 難波が意味ありげに微笑む。

「来るって、どんな奴がだよ」

「言うたやん。あちこちに宣伝したて」

「まさか……」

 ヨモギの頭を1人の男の姿が掠める。

255 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/13(日) 10:38:10.83 ID:LCQqwcMfO
「せや、それが誰か知りたいなら来週は峠山公園にきや」

 デッキをケースにしまい、バッグを持って難波は席をたった。

「ほんじゃ、そろそろ帰るわ。田村、腕あげとき」

 笑って手を振りながら難波は店を去った。

 入り口付近では息を切らしたキムタクがぐてっと倒れていた。

「ヨモギ。さっきボロ負けだっけど、あの難波さんって一体何者なの?」

 シシトウが問う。

「ああ、まだ詳しく話してなかったっけ」

 ヨモギはシシトウに羽堂ビルでの出来事を話した。

 難波に出会ったこと、秘密の大会があること、そして樋栄と戦い敗北したこと。 

 シシトウは興味深そう話に聞き入った。

「じゃあ、ヨモギがデッキを変えたり、超タイプを使うようになったのは……」

「おう、樋栄って奴を倒すためだ」

256 :和孝 ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/13(日) 20:14:12.18 ID:LCQqwcMfO
「ヨモギのことだし、一度負けたら絶対に勝ちたいと思うんだよね」

「ああ、樋栄だけじゃねえ、難波もすぐに倒してやるさ」

 ヨモギは先ほどの勝負のままにしてある場を見た。

 何かに導かれるようにそのまま手を伸ばし、デッキからカードを1枚引く。

「ちえっ、もう少しだったなあ」

 そのカードを確認して息を吐く。

 次の番で引くはずのカード。それはレシラムだった。



第9話 終わり

257 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/13(日) 20:21:48.05 ID:LCQqwcMfO
◆今日の最強カードはこれだ!

ライボルト HP:90 雷 一進化

雷 エナジークラッシュ 20×
相手の場のポケモンについているエネルギーの合計×20ダメージ。

雷無無 フラッシュインパクト 80
自分のポケモンを1匹選び、そのポケモンにも20ダメージ。

258 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/13(日) 20:27:24.27 ID:LCQqwcMfO
>>227さん 温度にもランクがあるのです!!
>>236さん ポケモンカードゲームは戦争だああああ
>>241さん 雨と埃を食べて辛うじて生きてください!
>>242さん これからはさらにどんどんどどどんと面白くなります!
>>252さん 状態以上回復、退化スプレーとエレキダイナモのコンボなど有用です!

259 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/28(月) 21:49:16.79 ID:5xoMJk+nO
とうとう、アゲインスターズのリーダーが動き出す!
第10話投下です!!

260 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/28(月) 22:38:54.95 ID:5xoMJk+nO
 整えたきらびやかな髪、10代の青年に似合わぬ形式的な服。

 首までボタンをしめた有栖芸葉はモニターを凝視していた。

 目の前に広がるのは電子の粒は色彩と音声を伴い、その光景を思いおこさせる。

 カードを手に向かい合う二人の少年を映した動画……。

「また、そんなつまんねえのを見てんのか」

 背後から聞こえた低い声が有栖の集中を遮る。

261 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/28(月) 22:43:05.40 ID:5xoMJk+nO
 その声の主が荒々しい目と巨大な体躯の持ち主であることは耳で覚えていた。

 有栖は笑みを作って振り返ると、

「実力あるプレイヤーの対戦は刺激になります。適度に目を通すべきですよ」

 巨体の男は不機嫌そうにモニターを睨む。

「実際に戦わない奴らの勝負なんて見てもつまんねーだろ」

「ただ、イメージの戦いに参加することはできます」

262 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/28(月) 22:48:55.89 ID:5xoMJk+nO
「くだらんスポーツの中継に見いる奴らと同類ってことだな」

「能条君、君は本当に主体的というか……」

 有栖は開きかけた口を閉じ、息で笑った。

「確かに君は実践が向いていますね。今からこの動画の彼らと戦いに行ってはどうです?」

 有栖がモニター内の茶髪の男を手で指した。

「どういう意味だ?」

263 :名無しさん、君に決めた!:2012/05/28(月) 22:51:44.37 ID:???0
これをみてポケモンカード始めました!

264 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/28(月) 22:57:57.11 ID:5xoMJk+nO
「僕の情報に狂いがなければ、彼らは両者とも明日峠山公園で開かれる大会に出場する予定……」

「腕は確かか?」

「裏ジムの優勝者と準優勝者。実力は君より上でしょう」

「なるほどな」

「良かったら、脛木君も連れて行ってください。彼も実践をつみ腕を向上させるべきです」

「そいつは俺様が決めることだ。てめえの指図は受けねえよ」

265 :名無しさん、君に決めた!:2012/05/28(月) 23:01:49.28 ID:???0
確かにカードゲームって戦争だな
相手が降参=降伏するか相手の息の根を止める=首都を占領するまで戦いが続くからな

266 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/05/30(水) 21:22:44.84 ID:1nuvagxPO
 能条は唇を舐め、不適な笑みを浮かべた。


       ※



 冬が近づいてきたからか、空気はやけに冷たい。

 人気のない公園。吹き抜ける風には枯れ葉が舞う音が伴い一層寒さを引き立ててる。

「どうなってんだ。これ」

 ヨモギは耐えきれず共に歩くシシトウに呟いた。

 本日、この峠山公園に来たのは、ここでポケモンカードの大会が開かれると聞いたからだ。

 しかし、この公園にはポケカプレイヤーはおろか鳩すら見当たらない。

267 :名無しさん、君に決めた!:2012/06/07(木) 21:13:43.12 ID:???O
あげぽよ

268 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 ◆poke4B74LU :2012/06/17(日) 04:05:04.78 ID:sUBJpD9b0
これはひどい

269 :名無しさん、君に決めた!:2012/06/23(土) 11:48:44.57 ID:???O
あげぽよ

270 :名無しさん、君に決めた!:2012/06/23(土) 21:46:25.09 ID:???0
P906i

271 :名無しさん、君に決めた!:2012/06/27(水) 02:51:26.06 ID:???O
あげ

272 :名無しさん、君に決めた!:2012/07/07(土) 16:54:36.73 ID:???O
あげ

273 :名無しさん、君に決めた!:2012/07/18(水) 01:57:09.16 ID:???0
ふと上を見ると大きな鳩が…!

鳩がバトルをしかけてきた。

274 :名無しさん、君に決めた!:2012/07/25(水) 11:25:34.70 ID:???O
あげ

275 :名無しさん、君に決めた!:2012/08/07(火) 00:03:54.31 ID:???O
あげ

276 :名無しさん、君に決めた!:2012/08/08(水) 07:42:36.22 ID:???0
またこれでまた1つ、糞スレがdat落ちするのが遅くなった…

ポケモンカード信者の和孝さん、糞スレあげ荒らしについてどう思う?

277 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/08/12(日) 22:46:43.64 ID:KNXq2Tj6O
「本当にここであってるの?」

 シシトウが鼻をすすりながら云う。

「おう、この峠山公園がメイン会場のはすだぜ」

 ヨモギが辺りを見渡す。……やはり、人気はない。

「どうなってんだ?」

 ヨモギはため息をついた。

278 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/08/12(日) 23:07:18.35 ID:KNXq2Tj6O
「おーい」

 不意に遠くから、声が聞こえた。やや低いが、調子のいい声だ。

「あれは、難波さんじゃない?」

 声の聞こえたほうを見ると、手を振りながら、走ってくる茶髪のロン毛男が走ってきていた。

 間違いない。自分たちをここに誘った男、難波桜だ。

279 :名無しさん、君に決めた!:2012/08/15(水) 00:55:00.51 ID:???0
ちょw悪魔で今北だが>>280-290するはw

280 :名無しさん、君に決めた!:2012/08/22(水) 13:21:20.42 ID:???0
だが断る

281 :名無しさん、君に決めた!:2012/08/30(木) 20:54:48.64 ID:???0
最初から読んでたがもう耐えられねぇwww
何で敵キャラがキプロスなんだよキプロスって国の名前じゃんw

ただ文章力は評価する

支援

282 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2012/08/31(金) 13:27:11.30 ID:???0
あげ

283 :名無しさん、君に決めた!:2012/09/10(月) 20:20:07.81 ID:???O
あげ

284 :名無しさん、君に決めた!:2012/09/21(金) 11:25:49.38 ID:???O
保守

285 :名無しさん、君に決めた!:2012/10/04(木) 01:10:58.26 ID:???O
保守

286 :名無しさん、君に決めた!:2012/10/17(水) 23:11:42.94 ID:???O
保守

287 :名無しさん、君に決めた!:2012/10/28(日) 03:06:43.36 ID:???O
保守

288 :名無しさん、君に決めた!:2012/11/09(金) 07:49:50.95 ID:???0
sage

289 :名無しさん、君に決めた!:2012/11/12(月) 22:19:16.95 ID:???O
保守

290 :名無しさん、君に決めた!:2012/11/19(月) 15:56:25.16 ID:???P
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3639316.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3639317.jpg
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3639318.jpg
一応ポケファンのフラゲ

291 :名無しさん、君に決めた!:2012/12/13(木) 18:07:54.19 ID:GFC3Ged20


292 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 20:35:09.94 ID:rHikJ5c7O
「どうしたんだよ。難波、誰も来てないぞ」

 息をきらす難波に文句をたれる。

「大変や! 大会荒らしに出場者がやられた!」

「ぬぁにぃ!?」

 【メイン会場】

「おらぁ!」

 ドグチュア

「くぺゃあ!?」

 腹にドロップキックをくらい、キムタク似の少年はぶっとんだ。

「おえええ」ゲロゲロ
「弱すぎるんだよ、カスが」

 胃の中のものをReバーストするキムタクに能条が嘲笑する。

「俺様とやろうって奴は他にいねえか?」

 能条があたりをみても、倒れている少年の姿しかない。

「全滅だな」

293 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 20:43:18.01 ID:rHikJ5c7O
 能条がその場を去ろうとすると……。

「待ちやがれ! 大会荒らし!」

 聞き覚えのある声がした。

「貴様は――」

「能条。てめぇが犯人だったか」

 ヨモギ。以前、通りで能条と戦い消えない屈辱を与えた少年。

 そしてその隣のロン毛は有栖がみていた大会の映像に出ていた実力者。

「ほう、強い奴らが勢ぞろいだな」

「自分、大会をよくも滅茶苦茶にしてくれたな!」

 荒れ果てた現場を見て難波が怒鳴る。

294 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 20:46:00.34 ID:rHikJ5c7O
「だまらっしゃい!!」

 ゴキャアッ!!

「ごふっ」

 能条の回し蹴りを肋にくらい、難波が 吐血した。

「文句があるなら、ポケモンカードで決着だ」

 能条が懐からデッキを取り出す。

「望むとこ……ぐぅ」

 難波が血を滴らせながら呻く。

「シシトウ! 救急車だ!」

「わ、わかった!」

 シシトウは携帯を取り出しすぐさま110番を入力した。

295 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 20:50:34.48 ID:rHikJ5c7O
「能条! お前の相手はオレだ」

 デッキを取り出しヨモギが吠える。

「ククク、アゲインスターズをこれ以上なめてもらっては困るんでな。本気でいくぞ」

 二人の男がにらみ合い、

「「ポケモンカードバトルスタート!!」」

 バトルが始まった。

(小僧、俺様の威力を増した闘デッキが貴様を死に追い込む)

「能条! 今日こそ、てめぇの腐った根性を叩きなおしてやるぜ」

「抜かせえッ!!」

 熱いやりとりの中場がセットされる。

296 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 21:13:44.86 ID:rHikJ5c7O
田村ヨモギ
バトル場:ブーバー80/80
ベンチ:ポカブ70/70
能条原光
バトル場:ゴビット80/80
ベンチ:ダンゴロ70/70

「俺様の番! ゴビットに闘エネルギーをつけて終了だ」

「悪いがすぐに終わらせてもらうぜ、オレの攻撃!」

 ヨモギが勢いよくカードを引く。

「ブーバーに炎エネルギーをつけて攻撃!」

無 たたく 10

 ブーバーの鉄拳をくらい、ゴビットが呻く。

「蚊ほどにも利かねえんだよ!」

 能条が高笑いする。

297 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 21:21:37.14 ID:rHikJ5c7O
「俺様はダンゴロをガントルに進化!」
「さらに学習装置を持たせる」

「へっ、稗栄の戦いを思いだすぜ」

 学習装置を見てヨモギが呟いた。

「すぐにヘラヘラできなくしてやるよ!」

 ゴビットに二枚目に闘エネルギーがとり付けられる。

「ぶち殺せ! 爆裂殺しぃいい!」

闘無 ばくれつパンチ 20+
コインを1回投げオモテなら、20ダメージを追加し、相手のバトルポケモンをこんらんにする。

「はあああああっ!」

 能条の動作に合わせてゴビットが拳を振るう。

 ドグァアアア!

298 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 21:26:50.03 ID:rHikJ5c7O
 ブーバーが白目をむく。

ブーバー80/80→ブーバー40/80

「よっしゃあ、クリーンヒットオ!」

「大丈夫か、ブーバー!」

 ヨモギの言葉にブーバーがうなづく。

「やりやがったなあ! だから、やり返させてもらうぜ!」

 ヨモギが手札から二枚カードをトラッシュした。

「ハイパーボールを使ってサーチしたチャオブーにポカブを進化させる」

「こい……」

 能条が目を鋭くする。

299 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 21:32:40.16 ID:rHikJ5c7O
「ベンチにヤンヤンマ70/70を出す!」

「草タイプだと!?」

 ベンチに出されたポケモンに能条が驚愕する。

「オレは日々に成長してるってことさ、ダブル無色エネルギーをつけておりアララギ博士を使用!」

 ヨモギが手札をトラッシュし、7枚ドローする。

「ブーバーを進化!」

ブーバー40/80→ブーバーン80/120

「なにぃい、たった二順目で大型ポケモンを……」

「かえんほうしゃあああああ!!」

300 :かずたか ◆Mk7zjh6zL. :2012/12/29(土) 21:38:43.19 ID:rHikJ5c7O
炎無無 かえんほうしゃ 90
このポケモンについているエネルギーを1個選び、トラッシュする。

「ぬおおおおっ!」

 ブーバーンから離れた炎に焼かれ、能条が叫ぶ。

ゴビット70/80→ゴビット0/80

 真っ黒になったゴビットはその場に倒れる。

ヨモギ 残りサイド:2

「調子に乗るなよ、学習装置でゴビットの闘エネルギーを一枚、ガントルに移し替える」

「そして進化ァ!」

301 :名無しさん、君に決めた!:2013/03/11(月) 11:18:40.18 ID:???0


302 :名無しさん、君に決めた!:2013/03/16(土) 22:23:36.80 ID:???0


303 :名無しさん、君に決めた!:2013/05/21(火) 11:14:45.31 ID:???0
,

169 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)