5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

**あさきゆめみし第七十帖**

1 :愛蔵版名無しさん:2013/12/24(火) 23:33:42.10 ID:O2TnnB01
いづれの御時にか、駄スレ、良スレあまたさぶらひたまひけるなかに、
いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふスレありけり。

語りませう。

この板は全年齢対板なのでエロ話がしたい人はpink板へ
ここは漫画あさきスレなので専門的な史実ネタや原文ネタはほどほどに
史実ネタは日本史板へ、原文ネタは古文・漢文板へ

『あさきゆめみし』には沢山の登場人物がいてそれぞれ贔屓キャラは違って当然
特定キャラを過度に叩き他人を不快にさせるような書き込みは攻撃されて当然
それ以外はレスした人への攻撃は固く禁止
マタ〜リ楽しく共存し合う事が出来なければ《荒らし》
【常時age進行厳守】
次スレは>>980なる方が立てる定めとなりにけり桜人

前スレ
**あさきゆめみし第六十九帖**
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1383926495/

前々スレ
**あさきゆめみし第六十八帖**
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1373207859/

797 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 10:04:58.58 ID:???
朱雀は朧も源氏も好きだったからね
わざわざ最愛の娘を源氏にやるぐらい
桐壺院の霊が睨みつけなかったら朱雀の治世もどうなっていたか

798 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 10:09:19.84 ID:???
>>795
源氏は最愛の藤壺の代わりに女三宮を引き取ったのに愛そうともせず
自分が女三宮にとって親子ほど年の離れた似つかわしくない相手であるにもかかわらず
相手を責めてばっかりだったね。

>>796
朱雀は朧月夜が女官で正式な妃ではなかったこともあるのだろうね
一応発覚した後は朧月夜は源氏と別れさせられ
朱雀出家まで朧月夜と源氏の間に交渉はなかったし

799 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 10:19:43.05 ID:???
>>795
桐壺帝や朱雀帝のもとへ入内してくる姫君たちは皆政略結婚で
気が合わない相手もいれば帝に恋焦がれて入内してくる相手でもない
皆実家を背負って政治の舞台に乗り込んでくるから
帝にはどんな相手とでも合わせて相応の扱いをする力量が求められる

一方、源氏は惚れたはれたの恋ばかりで
若い頃に死んだ葵を除けば女三宮の降嫁まですべて恋愛結婚
源氏に恋焦がれて源氏をちやほやしている妻たちばかりだから
そういう力量はないかもね

800 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:02:32.99 ID:???
>>797
朱雀にその気はないけど女三宮降嫁は源氏への復讐にも見えた
あのまま平穏で終わったかもしれない源氏の人生が乱れたよね

801 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:08:29.87 ID:???
>>707
朧月夜 略しすぎじゃね
好きな人たちに裏切られるのはとても辛いものだよ

802 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:11:09.05 ID:???
801は>>797です すいません
源氏はやり手だが、それゆえか上から目線で狭量なところがある

803 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:22:16.31 ID:???
>>800
復讐ではないでしょ
女三宮は高貴で源氏の女たちに嫉妬して何か嫌がらせをするわけでもないおっとりした姫
源氏だって女三宮の若い肉体を楽しんでたんだし
朱雀は降嫁させれば源氏も喜ぶと思っていたと思うよ
六条院にとってはまたとない身分の高い正室だし
娘を今上に嫁がせている源氏にとっては今上と仲良くなるチャンスでもあったし

804 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:37:52.64 ID:???
>>803
結果としてそう見えたって思ったんだよ
何もそこまで決め付けて否定しなくてもいいと思うんだけどね

805 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:39:44.08 ID:???
>>803
過去スレにも復讐みたいな書き込みあったよ
その時は「あーそうも取れるよねー」って感じで賛同者もいた記憶
まあいろいろ解釈はあるんじゃね?

紫がちい姫を明石に返したのも邪魔者を六条院から追い出したかったって説も過去にはあったし

806 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:43:29.68 ID:???
>>805
紫は明石に嫉妬してたから追い出すのは分からんでもないが…

朱雀院は誰に対する復讐なの?
源氏に対するなら好色男に若い娘を与えてとても復讐になるとは思えないし
紫に対してという意見もあったけど別に朱雀院は紫と面識もないし興味もないよね

807 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:46:03.22 ID:???
>>805
どのスレだったか忘れたけど過去ログ見てきなよ
それはそれであーそうかって思ったよ
まあそういう話も過去にあったよ

808 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:46:33.77 ID:???
あーごめん807は>>806宛だ

809 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:48:36.44 ID:???
いろんな解釈あっていいんじゃね?
なんでこれはダメ、そうじゃないってなるんだろ

復讐も結果として紫はいろいろ心理的に弱ってまだ若いのに亡くなってしまうし
源氏は思いもよらぬ結果とはいえ柏木のような若造に妻を寝取られるし

810 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:49:21.37 ID:???
>>807
具体的に内容覚えているわけじゃないけど
そういうこと書いてた人が過去にいたかもしれないって説を
紹介しただけってことねw

811 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:52:58.16 ID:???
>>809
意見を言い合うのは自由でしょ

自分の意見を否定されたら
肯定意見以外いわなくていいじゃんって

812 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:54:03.10 ID:???
最近持論から離れたことを言うと意地悪いう人増えたね
過去スレで確かに「結果として復讐」説はあったよ

具体的に内容書けとかググレカスだわ

813 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 11:54:47.62 ID:???
>>811
意見を言い合う自由を認めてないのはあなたに見える

814 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 12:20:01.20 ID:???
桐壺もだけど朱雀もあまり帝としての一面って書かれてないよね
冷泉は源氏に帝に次ぐ地位を与えたり公私混合な一面が見られたけど他の二人は帝としてはどうなんだろね

815 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 13:59:23.98 ID:???
朱雀は当時の帝のように、外戚が権力握ってお飾りって感じか
桐壺は外戚の影ないから、まだ自分で政治やってたんだろか
更衣に入れ込んだのは、評価下げてるんだろうが

816 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 14:42:02.78 ID:???
>>795
桐壺帝が藤壺を責めなかったのは藤壺を責めれば
源氏が苦しむからだったような気がする

桐壺帝は藤壺を愛してはいたんだろうが
やはり源氏への愛が一番のような気がするから

817 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 19:37:16.72 ID:???
更衣そっくりの人をそばに置きたいってだけで
藤壺には申し訳ないって気持ちもあったんじゃない
入内させたことで藤壺も源氏も苦しませることになってしまったし
2人が心底愛し合ってると思ったから黙認したんだと思うわ

818 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 20:06:24.04 ID:???
>>817
黙認するなら藤壺を立后させなければ良かったのに。
女御のままなら桐壺院の死後、藤壺は源氏と再婚することもできた。
冷泉帝は即位できなかったかもしれないけれども、そのほうが2人にとっては幸せだったかもしれない。

藤壺立后は桐壺帝の一種の束縛でもあったと思っている。
源氏は若い女三宮を出家させることで、未来永劫柏木との再婚を禁じた。
藤壺も立后によって、未来永劫源氏との再婚は禁じられてしまった。

819 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 21:35:31.83 ID:???
>>818
冷泉のためでもあるでしょ
冷泉は源氏の息子だから即位させたい、でも自分の死後は源氏の強力な後見がいない
せめて藤壺を中宮とすることで粗略な扱いをさせない(これについては出家を理由にいろいろあったけど)

820 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 21:41:10.98 ID:???
>>818
簡単に言わないでよw
女御が再婚で廃太子にになんてなったら冷泉は即出家になるよ
親子三人仲良く暮らすなんてできるはずがない

821 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 21:50:21.98 ID:???
女御の再婚自体は珍しくないが、親王がいるとなると、おいそれとは再婚出来ないよね。

822 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 21:51:04.98 ID:???
うーん、源氏の罪は許すだけで十分じゃない
どういう経緯で入内させて、二人が愛し合っていようと
妃を寝取る、不義密通なんて、断罪される行為だし

それに何より藤壺と結婚出来たら、源氏物語じゃなくなるwww
藤壺追い求める事なくなるわけだからw

823 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 21:59:57.09 ID:???
>>820
女御が再婚したって廃太子にはならないでしょ。
ただ、藤壺が女御のままだったら第十皇子である冷泉が立太子できなかった可能性はあるだけで。
源氏も藤壺も結婚できなくていいから息子を即位させたがっているというのも桐壺帝の思い込みだし。

まあ、不義の子が即位するから源氏物語なんだけどね。

824 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:02:15.69 ID:???
こうすればよかったのに〜
こうすべきだった〜

よく見るけど物語が成立しなくなるよね
そんなこと話して何がしたいんだか

825 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:07:04.69 ID:???
桐壺帝は臨終の時に愛する更衣に迎えに来てもらえたけど
源氏はどうだろう?

臨終のとき藤壷に迎えられたりしたらそのまま「ともに罪を償いましょう」と地獄に連れて行かれそうだし
六条御息所に来られたりしたらもっと怖いし
死んでやっと自由になれた紫は源氏を迎えになんか来そうもないし
明石や花散里は宇治の時点でまだ生きてるし
…葵くらいか?来てくれそうなのは

826 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:07:52.38 ID:???
>>825
源の典侍・・・

827 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:10:10.52 ID:???
>>825
母の桐壺更衣

828 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:11:06.30 ID:???
源氏物語に源氏の死は描かれないからね。
勿論あさきでも。
仏弟子となった源氏は女たちとの色恋は昇華しきったのだよ。

829 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:14:24.73 ID:???
あさきでは紫の雲が源氏のこもる山にかかって終わりだったね
紫の上がきたってことでいいんじゃない?

830 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:31:33.20 ID:???
死後も源氏の呪縛から逃れてられない紫カワイソス

831 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:32:36.36 ID:???
先に死んだ女しか迎えに来れないってこと?

832 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 22:46:53.48 ID:???
>>831
今生きてる人・・・例えば明石の君のところに源氏がお別れに来るならありそうだけど
今生きてる人が源氏を迎えに来るのは不可能かと・・・・・
一緒に亡くなってしまう


>>830
紫を愛してた気づいた描写もあったのでそこは上手くいくんでないんだろうか

833 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 23:17:36.41 ID:???
>>829
解らんよ、本来は紫=藤壺で、紫(藤壺)ゆかりの人=紫上という意味だから。
てことは…迎えに来たのは藤壺サマですか

834 :愛蔵版名無しさん:2014/01/31(金) 23:25:28.94 ID:???
雲を明石が発見するんだよね。
源氏は嵯峨で自分が死んだことを宮中にいる明石に知らせに来たのかと思った。

835 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 00:32:34.23 ID:???
そもそも桐壺帝が二人の仲を黙認してたって・・・
桐壺院の遺言からそう解釈も出来なくはないけど、真実は藪の中

>>834
発見したのは女房だろ

836 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 00:52:31.06 ID:???
紫の上が迎えに雲となって迎えにきた至上の源氏の女人なら、
先に亡くなって子まで成した藤壺の立場は……
亡くなっても、源氏と共に居られないのね。本来なら初志貫徹なんだろうに。

837 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 01:33:02.87 ID:???
>>833
地獄に落ちた人が世にも美しい紫の雲に乗ってこれると思う?

あんな美しい雲は見たことがないと女房が言うような雲だし極楽からの使いっぽい。
仏や菩薩が勢揃いして天女や迦陵頻伽を引き連れて美しい楽の音とともにやってきたのかもしれん。

838 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 01:46:59.91 ID:???
紫の上と源氏は極楽浄土行けたってことなのかね
全然罪の享有じゃないわ

839 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 08:17:45.01 ID:???
藤壺がまだ源氏との罪の共有を求めてるかわからないしなー
案外紫・藤壺・六条・葵・夕顔あたりで話し合った結果紫が来ることになったかもしれないw

840 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 09:17:23.31 ID:???
藤壺は臨終で永遠に花びらの降り止まない源氏と幸せだったあの夢に入りたいと
願っちゃったから開き直ってる源氏と同罪ちゃ同罪
結局地獄におちて源氏の夢に助けてくれって怨んで出てきたけど
その後出てこないから源氏の念仏で納得して成仏したっぽい

841 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 09:41:32.26 ID:???
源氏が極楽浄土へ行けたことを表しているだけで
そこに紫が来たとかあまりにも俗世すぎ
源氏は最後に仏門に入り自分の行いを悔い改めことで
一人で極楽浄土へ行く権利を手にしたんだよ

842 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 10:20:34.52 ID:7Ca1qhWK
女三宮の降嫁がなければ紫も早死にしなかったかもね。
血のつながりのない我が子を抱くこともなかった。

まあ、でもすべて源氏の蒔いた種ってことだよね。

843 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 11:46:55.58 ID:???
源氏が準太政天皇にならなければ、女三宮降嫁も無かったかもしれないんだよね
太政大臣なら臣下だし、受領の娘が正妻でも問題無かった

844 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 12:48:16.64 ID:???
でも内親王を降嫁させられる所は限られてて、准太上天皇待遇ならなくても
臣下で第一の人なら降嫁させようとするんじゃないかな

それと夕霧なんて相応の北の方いたのにそれでも候補だったんだし、新婚でやめたけど
紫は押しのけてもおkって見られたのがね

845 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 12:50:15.24 ID:???
>>841
仏教思想よく知らないが
あさきとしてはあの世で懐かしい人にまた会えるという発想なんじゃない?
男女の関係みたいなのは超えた存在として

浮舟も最後そんなことを言ってるから、それが理想の再会なのかなと

846 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 13:46:33.83 ID:???
>>844
何となく
1、源氏が未だに色好みで、身分高い奥方を求めている噂を聞いて
2、朱雀自身が源氏に惚れ込んでいて、自分の代わりに愛娘を源氏に添わせてみたい、もしくは息子の夕霧に
3、源氏の妻達は人間が出来ている人ばかりだから、許してくれるだろう

こんな感じで、源氏が第一候補かと。勿論、朱雀の頭には源氏以外考えて無かった感じ(最悪でも夕霧)

847 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 15:58:09.20 ID:???
雲居の実家はしっかりした権勢家なのに、それでも三宮降嫁を考えたんだから
源氏の妻達が軽く見られるのは、仕方ないね

848 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 16:38:46.33 ID:???
>>844
「源氏には葵さまのような正室はいらっしゃらない」と朱雀に女房が言っている通り
正室がいない源氏がしっかりした正室を娶るべきというのは世間の総意だったし
源氏が朝顔に求婚していたことは朱雀の耳にも届いており
今いる妻たちでは不満でもっと良い妻を求めているというのは世間に知られていた

側室程度の妻妾たちが何人いようが押しのけるとかいう問題ではないのだと思うよ
あえて言うなら葵が生きているか死の直後に源氏は朧月夜か六条と再婚していれば
紫は最初から日陰の女として生きていくすべを身に着けたかもしれないってだけ

849 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 17:56:35.46 ID:???
>>851
紫が見たことがそんなに気に入らないんだろうか?
紫の雲が出たのは描写にあるじゃない

850 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 18:06:41.09 ID:???
>>849
紫のイメージカラーは衣装でも赤じゃないの?
(紫のイメージカラーだったのは明石)

紫の雲=紫が来たってことにしないと気にいらない人がいるの?

851 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 18:24:08.15 ID:???
>>850
あーそうだよね
ただ証が紫の美しい雲見てるから単純に私も紫の上だと思ったわ

紫の色だけで考えると紫の上か明石なんだよね
明石が生きていて目撃してるからなー

852 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 18:28:18.64 ID:???
紫贔屓もいるけど極端な紫嫌いもいてワロタwwwww

853 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 18:30:56.31 ID:???
>>852
向こう追い出されたからってこっちまで荒らすな
あんたが一番迷惑だよ

854 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 18:43:13.82 ID:???
若紫って名前も、元々は「藤」壺=紫から来てるから、紫上一人とは
限らないんだな

855 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 18:44:15.43 ID:???
仲良くしないと桐壺院に枕元で睨まれるよ

856 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 20:38:21.56 ID:???
紫雲

紫色の雲。念仏行者が臨終のとき、仏が乗って来迎(らいごう)する雲。吉兆とされる。


誰とかじゃなく、これかも

857 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 21:14:14.57 ID:???
>856
御仏がお迎えに来るほど修行したので宇治編では浮舟を導くことができたのかもね

858 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 21:32:33.66 ID:???
紫雲は源氏が臨終して、仏様が極楽浄土へとお迎えにきた、って事なんでしょう

859 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 21:35:17.74 ID:???
>>858
既に出てる意見をさも自分の意見のように言われても・・・

860 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 21:39:28.84 ID:???
>>856
なんかしっくりきた
紫雲なんてあるんだねありがとう

861 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 21:40:57.21 ID:???
>>859
まぁそれはまだあの紫は紫の上だ、とか言う人に言って頂戴

862 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 21:52:21.51 ID:???
あさきなら紫雲=紫上って解釈もありかと思うけど
絶対とは言わないわ

863 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 22:20:46.32 ID:???
御仏のお迎え来るほどなんだから源氏にはぜひ六条の成仏と藤壺の救済に手をかしてほしい

864 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 22:48:13.70 ID:???
上のレス見て思ったこと
何も知らない紫は生きてる間は明石に嫉妬しまくりだったけど
死後は嫉妬すべき対象は藤壷と分かって余計苦しんでる気がする

865 :愛蔵版名無しさん:2014/02/01(土) 23:39:31.77 ID:???
紫は、死ぬ前は源氏を母性に近い愛で包んでたから、嫉妬とかの感情もも無くなってそうだ

866 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 00:02:13.49 ID:???
>>861
無知で他人の意見に乗っかるだけのくせにw

867 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 00:29:08.75 ID:???
>>866
返す言葉が「紫だってことにしないと気に入らない人がいるの?」だから仕方ない
ボキャが貧困で煽り返すしかできないんだもん

868 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 00:57:46.39 ID:???
>>862
あさきではそういう解釈もアリと思うよ。
源氏の死に気づいて倒れた明石が泣きながらそんな独白してたもの。
「あの方は…紫の上様にお逢いなされたのであろうか…あの美しい雲の中で…」って。
紫の雲→紫の上という意見の人は
この場面が頭にあったからそんなイメージを持ったんじゃないかな。
この「紫の上様にお逢いなされたのであろうか…」の後
雲に包まれた山々を背景に「色は匂えど」の歌が出て「完」となるんだよね。
雲の中で紫に逢えたのか逢えなかったのか、わからないままの余韻を残したラスト。
仏の来迎でもいいし紫のお迎えでもどちらでもいいわ。
読者が好きに想像できる余白のある終わり方だったと思う。

869 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 11:35:33.46 ID:???
>>867
>紫が見たことがそんなに気に入らないんだろうか?
の返しだからそれでいいんじゃないの?
>>849 の不自由な日本語を(言ってることがかなり意味不明)
あえてつかないでいてあげてるのに

870 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 13:04:10.88 ID:???
>>868
そうだね
余白があってそれぞれの考え方ができるラストだね
それでいいと思うな
どうしてこうじゃないととかそれはおかしいとか決め付けるんだろうね

871 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 13:05:49.27 ID:???
紫雲とか瑞兆の基本だろ・・・

>>868
手元にあさきがあって書いてるよね?

872 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 13:19:15.57 ID:???
>>869
傍から見てると誰彼なく噛み付いてるように見えるよ
上から目線で相手を攻撃してるけどあなたも相当痛い人だ

873 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 13:20:34.08 ID:???
面白いからもっと喧嘩しろw

874 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 13:21:24.26 ID:???
ここも終わりだね
穏やかにあさきを語りたい人は別の板にスレ立てしたのでそっちに来てください

875 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 13:53:20.30 ID:hoCMUHxb
>>874
え?何その仕切り。

876 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 17:06:01.03 ID:???
>>871
あなたが源氏は仏に導かれてひとり旅立ったんだと解釈したならそれでいいし
紫の上が迎えに来たのかもと解釈してる人がいるならそれでもいいんだよ。
いろんな解釈が成り立つ描き方だったと思うよ。

877 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 17:17:50.38 ID:hoCMUHxb
>>871
同意。
臨終を直接描かなかったのも巻名だけ残して本文がない源氏物語を尊重してのことじゃない?
あさきで源氏の臨終が直接的に描かれていて、
紫とか藤壺とかが冥界から迎えになどという描写があったら幻滅してた。

>紫雲とか瑞兆の基本
一般人にそんな「基本」はない。

878 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 17:20:45.98 ID:hoCMUHxb
アンカー間違えた
>>877>>876に同意。

>一般人にそんな「基本」はない
訂正:一般人の認識にそんな「基本」はない。

879 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 18:07:28.13 ID:???
基本つーか教養だろうな・・・

880 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 18:18:03.35 ID:???
>>879
老若男女相手がわからないのに教養とか言い出してもねぇ
若い方なら知らないこともあるでしょ

881 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 18:26:57.24 ID:???
別に教養がないと言ったわけではないいんだからいちいち噛み付きなさんな

882 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 18:52:44.80 ID:hoCMUHxb
日本語をまともに書けない人に教養と言われてもねえ。

>紫雲とか瑞兆の基本だろ・・・

「とか」「基本」の使い方が変だと思わないの?

883 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 18:59:04.40 ID:???
教養の深い明石があの紫の雲見て
「あの方は紫の上様にお逢いなされたのだろうか…」て思ったんだが。

884 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 19:46:45.41 ID:???
間をとって桐壺にしよう

885 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 20:29:24.19 ID:???
>>882
教養と基本の人って同一人物なの?
なんか勝手に決め付けてるけど・・・

886 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 20:29:42.89 ID:???
>>884
いい案だw 賛成しとく

887 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 20:31:55.50 ID:???
>>883
あさきの明石に教養がない、ってことじゃないのw
あの時代の貴族なら紫雲みてそんな連想しないもの

888 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 20:34:28.35 ID:???
>>885
普通に別人だと思っていた
教養の人は「基本じゃないでしょw」って感じだし

889 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 20:36:57.80 ID:???
>>888
だよねぇ
ここ最近勝手な思い込みですごく攻撃的なひといるけどもう少し穏やかにやれないものだろうか


>>884
私も同意しておく

890 :愛蔵版名無しさん:2014/02/02(日) 23:36:22.94 ID:???
>>769
遅レスだけど紫の死後明石を訪問したとき
「なぜたったひとりの最愛の人さえ…幸福なまま逝かせることができなかったのか…」
と源氏は紫を思って嘆いている。
晩年の源氏の「たったひとりの最愛の人」は紫だよ。

891 :愛蔵版名無しさん:2014/02/03(月) 00:50:16.52 ID:???
桐壺なら父ちゃん母ちゃんどっちだろ

892 :愛蔵版名無しさん:2014/02/03(月) 00:54:32.48 ID:???
>>890
明石の前ではそう言うだろw
源氏は昔から、明石相手に紫のこと惚気てるし

893 :愛蔵版名無しさん:2014/02/03(月) 05:25:46.30 ID:???
また出たw文句だけの人w
紫が大嫌いなんだね

894 :愛蔵版名無しさん:2014/02/03(月) 06:14:04.68 ID:???
あさきの中に書かれてたことまで否定するならもうこのスレに来なきゃいいのにね。

895 :愛蔵版名無しさん:2014/02/03(月) 16:15:05.21 ID:???
節分になると匂宮と薫が鬼やらいをすると騒いでた姿を思い出す
あの頃の2人とっても可愛かった
まさか宇治編でオタクをこじらせたような俗聖と源氏の劣化版のように育つとは・・・

896 :愛蔵版名無しさん:2014/02/03(月) 22:00:14.95 ID:???
>>892
あれモノローグじゃね?
明石に言ったのでなく心の中での独白のように見えるが。

897 :愛蔵版名無しさん:2014/02/04(火) 06:37:35.85 ID:???
>>890
明石への女人語り、源氏は結構本心語ってるね。
藤壺について、紫へはばれないよう気をつけていただろうが、
明石へは率直に想いの深さを語っている。

あさき通して、源氏と明石の関係は普通というかまともな大人の恋愛で
ちょっぴり距離感もあって、落ち着いて見ていられるから好き。

295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)