5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

LET`S GOケネディについて

1 :和田芳樹:2014/02/14(金) 23:34:07.48 ID:jAOKc4vO
1969年〜1970年の間少年マガジンに連載された
同作品について語りましょう
先日「J.F.ケネディ」と改題されてコンビニ用コミックが発売されました

2 :愛蔵版名無しさん:2014/02/15(土) 09:51:09.08 ID:???
おお、懐かしい!
ラストの「もし、ケネディが生きていたら・・・」というフレーズが記憶に残ってる。
ベトナム戦争泥沼化や冷戦悪化が阻止できたはずだって問いかけっただけど、
今にして思えばそれ程単純でもなかった気がする。昨年末のオリバー・ストーンの
アメリカ現代史のドキュメント観てからは尚更。

3 :和田芳樹:2014/02/16(日) 11:47:01.48 ID:9GcK5X+3
>>2
レスサンクス
子供の頃は正直理解できない所があったけど
あらためて読むと当時の社会情勢やケネディの哲学などが興味深い
若い頃のケネディがアメリカ人に見えないのは昔から気になっていたが・・・
実在の偉人の長編伝記として意欲作なのは間違いない

4 :愛蔵版名無しさん:2014/02/17(月) 08:13:04.61 ID:???
>>3
どうもです。
連載当時はベトナム戦争が激化していた時期だけに、ケネディへの憧憬が
強かった時代だったように思います。当時のマガジンは圧倒的な人気があり、
私も定期購読してました。小学生だった自分には大人っぽい印象がありました。
この作品の後に連載があった豊田喜一郎の話も記憶に残ってます。

旭丘光志さんは本作以外にも原爆投下の話や若者の自殺を扱った作品を
マガジンに発表されていました。子供だった自分には衝撃的でした。

今回の刊行の版元が講談社ではなく少年画報社なのは何故なんでしょうか?
ちょっと意外でした。

5 :和田芳樹:2014/02/17(月) 09:30:31.61 ID:BwqUB/vj
>>4
それは私も思いました
タイトル変更の件も含めて大人の事情がありそうですね
豊田氏の伝記は影丸譲也氏ですね
「ワル」「ゼロレーサー」を読んでました
旭丘氏の作品はどちらかと言うと成人誌でよく見た印象
彼の絵もヘヴィーなストーリーも好きでした
影丸氏は他界されましたが旭丘氏は健在
ただ劇画は辞めて作家に転身されたようです

6 :愛蔵版名無しさん:2014/02/17(月) 18:50:54.49 ID:???
>>5
影丸氏は後につのだ氏に替わって「空手バカ一代」の作画もやってましたね。旭丘氏の自殺の漫画は、
一話完結の夏休みの読み切りでしたが凄く印象に残っています。当時は他にも村上氏など青年漫画向けの作家が
描いてましたね。一番好きだったのは真崎守氏でした。

7 :愛蔵版名無しさん:2014/02/18(火) 07:52:27.21 ID:???
>>5
現実のケネディ家を考えると、父親ジョセフが善人に描かれているのが気になります。
実際には権力欲が強くマフィアなどとの裏社会との関係も深く、
禁酒法時代は密造酒で財を成した人物です。当時はあまり問題にならなかったのか、
(でも、私は当時学校の図書館で『ケネディ家の栄光と悲劇』という本を読んでいて、
多少胡散臭い人物だとは感じていました)息子のJKFの夢を全力で支援する父親という
印象には違和感がありました。兄が戦死して父親の期待が自分に回ってきたという
描写があったことは憶えています。また、全力で兄夫婦を支えた弟のボブのことは
あまり描かれていませんでしたね。

8 :和田芳樹:2014/02/18(火) 10:22:58.70 ID:ooffIQWU
>>7
父親の裏の顔については全く知らなかったのですが
なるほど一代で莫大な財を築いたのはそうした事情もあったと

ボブ(ロバート)については68年に暗殺された事だけですね

真崎守氏も懐かしい作家ですね
どの雑誌に描かれていたかは忘れましたが
あと当時の劇画家でまた作品を読みたいのは宮谷一彦氏ですね

9 :愛蔵版名無しさん:2014/02/18(火) 12:54:11.88 ID:???
>>8
宮谷一彦氏は知りませんでした。実は私は当時漫画家を目指していて、描いたものを
見てもらっていたプロの方が真崎氏と懇意にされていたという関係もあって、
真崎氏の作品に対してはとりわけ関心を持って読んでました。
あの人の凄いところはスクリーントーンを使わずに万線をかける画力にありました。

ケネディが暗殺されたとき、マフィア殺害説というのがあったんですが、
それも父親との関係によるものでした。ケネディ兄弟はマフィアとの関係を断ち切ろうとして
公聴会を開いて追い詰めたりしてます。その場面は映画『ゴッドファーザー』でも
モデルにしたといわれています。

10 :和田芳樹:2014/02/20(木) 09:58:54.45 ID:oPy0ulfV
>>9
名無しさんは漫画をお描きでしたか
やはりサスペンス物とかでしょうか?
昔の人って道具に頼らず
全部を手書きで根気良く描かれていて
正に職人芸でしたね
今の漫画家はコピーとかトーンなどに頼り過ぎと思います
父親の件については在命の人物であったために
無難な描写をせざるを得なかったと言うのが実情かも

11 :愛蔵版名無しさん:2014/02/20(木) 11:32:44.43 ID:???
>>10
すいません。書き方が悪かったですね。今はグラフィック・デザイナーです。
漫画家を目指していましたが、横尾忠則氏に影響を受けて変わっちゃいました。
横尾氏はマガジンの表紙を手がけていましたね。取っておけばプレミアついたかも。
作風で影響を受けたのは真崎守氏、松森正氏、川崎のぼる氏です。特に松森正氏は
デッサン力が卓越していて細密描写も抜群に上手かったのでお手本にしました。
川崎氏はディテール描写は上手なんですが、「絵に動きがない」のが難点で、
苦手なスポーツマンがでは苦労されたのだろうと推察します。

それから、巻頭カラーの記事ページで挿絵を描き、プラモデルのパッケージの
絵も手がけておられた小松崎茂氏も大好きでした。

当該漫画の世界に戻りますが、一番面白かったのはフルシチョフとのやり取りの場面。
あの描写の緊迫感はリアリティがあって大好きでした。

12 :愛蔵版名無しさん:2014/02/21(金) 19:13:21.04 ID:???
そういやWWEにミスターケネディというのがいたが
彼は頑張ってるのかな

13 :韓国ってどんな国?:2014/02/23(日) 19:59:49.56 ID:NUJifhbs
娘馬鹿過ぎ、かわいそうなJFケネディ。皆、リメンバー広島・長崎
に走り始めたよ。イルカTWITTERとか、諸々の馬鹿さ加減を全部国務省が
支持するから。潜水艦のソナーがイルカを大量死ってこいつのTWITTERも
国務省は支持してんのか?国防省が左遷させたのか?

14 :和田芳樹:2014/03/13(木) 11:51:11.21 ID:dWSlA1Lb
フルシチョフとのバトルから東西ドイツ、黒人問題
そしてキューバ危機と様々な事象に取り組む様が作品のクライマックス
そして運命のダラスで幕

15 :和田芳樹:2014/03/13(木) 12:01:29.82 ID:dWSlA1Lb
大戦中のエピソードもなかなか面白かった
日本の駆逐艦に体当たりされてから長時間泳いだ末
一週間も島々で生き抜いた話は感動した
PT109のプラモデルを買おうと思った

16 :愛蔵版名無しさん:2014/03/14(金) 09:00:33.68 ID:???
当時はプラモデルというと戦車や軍艦が多かったな。
自分は大和に憧れたが高くて買えなかった。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)