5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

司法試験2000位答案のレベル

1 :氏名黙秘:2013/03/09(土) 23:13:52.83 ID:???
1000番答案や上位答案は辰巳の書籍等で見ることができますが、2000位
答案はあまり見ることができません。2000位前後の答案というのは、ど
の程度のレベルなのでしょうか?

できれば、試験終了後の再現ではなく、制限時間内に、手書きで書いた実
際の2000位答案のレベルを知りたいです。

730 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 12:39:53.95 ID:???
http://polylogos.org/fou28.html
http://www5.ocn.ne.jp/~yasuda/publication.html

731 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 14:35:48.83 ID:???
本日の自作自演

84 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 12:32:34.30 ID:???
フーコーと近代経済学って、どうなんでしょうね。
言葉と物では当然扱われていたけど、
監獄本と近代経済学って、結び付くんでしょうか。
それを言っている論文がなくて、しかも、説得的に
それを示せるのであれば、業績になるレベルですよね。
ただ、怪しいと思うけど…。
普通に読めば、告白やらパノプティコンやらといった
装置を摘出しているのが中期の著作でしょうし
(ただ、監獄は失敗するのであるが…)

85 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 13:39:09.87 ID:???
>>84
柄谷はフーコーを断片的にディスって
狂気は扱っても恐慌という現象をなぜ扱わないのか、みたいに言ってたな
うろ覚えだが

732 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 16:11:21.41 ID:???
659 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 13:32:40.58 0上がってきたからといっても
受験勉強で生徒同士を競わせてさらに副教科でふるいにかける公立とはちがって楽そう

660 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 13:35:19.10 0宇野さんがゼログラ評で全然懲りてない件

 あまちゃんは鉄道、AKB(チーム8)は自動車。「ばらばらになった日本をいかにして結び直すのか」その方法論の違いが、
 タイアップする交通インフラの違いになってよく表れている。

 僕の考えでは「あまちゃん」は後半で、「車」的なもの(言い換えればAKB≒GMT、現代的ライブアイドル)の可能性の探求は捨て、
 「鉄道」的なもの(戦後的テレビアイドル)の側に傾注していったのだと思う。

733 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 16:38:51.57 ID:???
本日の自作自演2回目

86 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 14:52:44.07 ID:???
浦安鉄筋家族ってアニメ化はしていないよね?

87 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 16:09:45.36 ID:???
>>86
OVAになっていた(と思う)。

734 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 19:40:47.47 ID:???
624 :地震雷火事名無し(庭):2014/01/24(金) 19:19:21.20 ID:/nvLY4p20北丸雄二 @quitamarco
昨日のダヴォス発言でツイッターのTLですでに大騒ぎになっていたことが官房長官の釈明で今ごろ日本の新聞で取り上げられてること自体、日本社会がいかに日本語の防御壁によって世界と遮断されているかって証左。
そして「通訳が(勝手に)付け足した」という官房長官の釈明自体がまた火種になってる。

735 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 19:45:14.82 ID:???
624 :地震雷火事名無し(庭):2014/01/24(金) 19:19:21.20 ID:/nvLY4p20北丸雄二 @quitamarco
昨日のダヴォス発言でツイッターのTLですでに大騒ぎになっていたことが官房長官の釈明で今ごろ日本の新聞で取り上げられてること自体、日本社会がいかに日本語の防御壁によって世界と遮断されているかって証左。
そして「通訳が(勝手に)付け足した」という官房長官の釈明自体がまた火種になってる。

736 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 21:57:29.33 ID:???
307 :名無しさん@社会人:2013/12/08(日) 11:47:26.86 佐々木敦が朝日新聞に千葉の書評を書いている。
ドゥルーズなんかまったくわかっていないくせに
よく書くよな。厚かましいにも程がある。
文章をよく読むとわかるが、千葉の本の内容については
佐々木は一切触れていない。
これは、絵を見ずに額縁だけを見て、絵を批評する
「額縁批評」である。
ある意味、名人芸だ。
佐々木はこれを「ニッポンの思想」で体得した。
同書を詳しく読むとわかるが、
佐々木は思想など何も理解していない。
額縁だけを見ている。
中身を理解する学力がないという弱点を逆手にとって、
額縁だけを論じるという奇手を編み出した。
額縁評論家、佐々木敦、49歳。
大阪芸大、偏差値40の浅知恵である。
310 :名無しさん@社会人:2013/12/09(月) 21:41:56.54 佐々木敦「額縁批評」の方法。

千葉の書評を例題にする。
まず、書評の最初に、思想は2通りあるとか、
使い古されたつまらない理屈を述べる。
これは誰にも否定しがたい一般論がいい。
そういう一般論を枕において、話を引っ張る。
その後は、出版社が用意した宣伝文句やネットで探した資料をアレンジして挿入する。
そして、最後に中身を読まなくてもいえる社会的な意義、
あるいは論壇上の位置づけなどを
お世辞フレーズに仕立て上げ、名文調で絶賛ヨイショして締める。

こうして千葉の本をまったく理解できなくても、太鼓持ち書評が出来上がる。
この額縁批評は、本など読まなくても書評が量産できる方法論である。
これは、マジックですか?
いや、ただの詐欺でしょ。

737 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 22:01:17.55 ID:???
335 :名無しさん@社会人:2014/01/04(土) 18:03:20.13 >>333
覚えてないかもだけど>>265と同じひとかな
『行為の代数学』が数理社会学でない(と強調する)ことは
大澤が数理社会学を専攻していたこととどう関係するのだろう
そのとおりそれは数理社会学ではないと思うよ
そしてそのことこそまさに大澤の大澤たるゆえんだと思う
12 :名無しさん@社会人:2012/09/15(土) 09:37:03.38 〈われわれ〉は、〈われわれ〉に欠けているものを〈他者〉から与えられなくてはならな
い。それは、〈われわれ〉が自己自身であるためにどうしても必要なものだからである。
〈他者〉からの贈与を通じて〈われわれ〉が受け取るのは、この「欠けているもの」であ
る。贈与を駆動するカ、つまり〈われわれ〉をして〈他者〉からの贈与を受け入れさせる
力は、〈われわれ〉や〈私〉の本来的な自己疎外の構造に由来している。自己自身である
ために不可欠な何かが最初から〈他者〉に握られている――ように感じられる――という
構造に、である。

〈われわれ〉は、〈他者〉から、自分に欠如しているもの、それによって自分自身が完成
すると感じられるものを与えられる。贈与は、だから、〈他者〉の〈われわれ〉に対する
承認の表現である。〈われわれ〉の方は、〈他者〉から贈与されることによって、まさに〈わ
れわれ〉になることができた、と感じるからである。愛する〈他者〉からの贈り物が、い
かに深い喜びをもたらすかを、思い起こしてみればよい。

(大澤真幸『〈世界史〉の哲学』第42回 贈与の謎を解く、『群像』2012年9月号、346
−347ページ)

738 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 22:06:05.74 ID:???
176 :名無しさん@社会人:2012/10/01(月) 01:17:43.99 アチキさん、今年論文書いたんだね
博士号とったのか??退学はしてるよね

177 :名無しさん@社会人:2012/10/01(月) 01:32:58.97 >>176
京大の雑誌に三島の論文あがってるね
所属は京大人間環境になってるよ また研究生とかで復学したってことかな??
pdfエラーで見れないけど、これが博士論文ってこと?

アチキブログも消えてるみたいだし近況知りたいな

210 :名無しさん@社会人:2012/10/30(火) 02:43:38.79 >>207
それちょっと的外れすぎなんだよな。
いや、歪みすぎなのか。
記事中で述べている通り、在特会の「敵」は在日朝鮮人だけじゃないのだから。
ここが肝なのにあっさりスルー。バカかと。
在日米軍は良くて在日朝鮮人がダメな理由なんて悩んで考えるほどのものではない。
単に「サヨク」が嫌悪されているということ。
「サヨク」とは、歴史問題において、捏造・歪曲によって日本および日本国民をディスる「歴史修正主義者」。
在特会の行動原理は、基本的には「サヨクによる日本(国民)ディス」、名誉毀損や侮辱、冤罪への対抗というわかりやすいもの。
問題は日本や日本国民がディスられてなぜ怒るのかということであって、
つまり情報環境の変化とナショナル・アイデンティティの形成の関連こそが語るべきテーマ。

207 :名無しさん@社会人:2012/10/27(土) 21:58:46.13 ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて [著]安田浩一 - 大澤真幸(社会学者) - 本の達人 | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
http://book.asahi.com/ebook/master/2012102400001.html
■「反在日」は国に愛されたい証しなのか

739 :氏名黙秘:2014/01/24(金) NY:AN:NY.AN ID:???
243 :名無しさん@社会人:2013/06/10(月) NY:AN:NY.AN 三島由紀夫“表面”の思想 [単行本]
川上 陽子

単行本: 273ページ
出版社: 水声社 (2013/03)

247 :名無しさん@社会人:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN 金太郎飴だけどな
どんなエッセイ書いても第三者の審級、書かれざる囲い、身体性、不可能性が出てくるからねw
251 :名無しさん@社会人:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN >>247
大澤読んでてそのレスはどうだろ
批判にも皮肉にも冗談にもなってない・・・なら草まで生やしてあとどんな意図が

大澤自身そんなこと分かってるということを
大澤の文章から読み取れないかな

もちろん分かりきってやってる的な「アイロニカルな没入」ではない
ただ真摯に誠実におのれの論を展開しているだけ

そこが大澤や見田と、東や宮台やあるいは上野との大きな違い

252 :名無しさん@社会人:2013/09/10(火) NY:AN:NY.AN 大澤真幸は問題設定は的確だし、理路はスリリング、筆致も丁寧だから個々の著作は好きなんだけど
あくまで「分析」にとどまっていて、「大澤思想」みたいなものが積極的に提示されないのが読み手としてはもどかしい

740 :氏名黙秘:2014/01/24(金) 22:49:39.77 ID:???
ファリック・マザー幻想―学校では決して教えない永井俊哉の“性の哲学” [単行本]
永井 俊哉 (著)

741 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 00:32:02.47 ID:???
129 :地震雷火事名無し(千葉県):2014/01/25(土) 00:21:44.77 ID:aTssC+K40豪、日本産の農水産品の輸入規制解除
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS24033_U4A120C1EE8000/
農林水産省は24日、東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けてオーストラリア
政府が実施していた日本産の農水産品の輸入規制が23日付で解除されたと発表した。
豪州は自国内で1400回以上の放射性物質の検査をしたが、全ての日本産品で問題は
見つからなかった。輸入規制の解除は豪州で13カ国目となる。

ブーメラン・・ブーメラン・・きっと〜帰ってくるだろう♪

152 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2014/01/25(土) 00:29:50.78 ID:Xe8zHLEP0まあ、フランス現代思想はもう浅田あたりで消費され尽くしてるので、
フーコーなど意味がないのである。

フランスは哲学よりも思想よりも原子力で食っているつまらない国になった。

それよりもドイツのほうがなんぼかまし。

これがわからないのが奈良クオリティ。

浅田はちゃっかり教授になってたけしの番組に出てたりする。
まあ、そこが2chにしか書けない奈良との大きな差だよなあ。

もはやフランスに学ぶべきものはない。

742 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 11:46:28.45 ID:???
497 :地震雷火事名無し(東日本):2014/01/25(土) 11:41:23.23 ID:bB0XETG40藤原直哉 ‏@naoyafujiwara · 2時間
カナダ太平洋岸のブリティッシュ・コロンビア州で、福島からの放射能に対する不安から、住民がパニック的にヨウ化カリウムを買い求めている。
北カリフォルニアの住民らが、当局の「心配ない」という説明を信じず、ガイガー・カウンターで自主的に放射能を測定している。


734 :考える名無しさん:2014/01/25(土) 09:46:33.37 0Tony、べっかんこう、とかいいんだけどな
この辺りから急速にエロゲ絵の質が上がってきた

狗神煌、いとうのいぢはきれいだけどエロさはないラノベ絵
こげどんぼはレトロ


736 :考える名無しさん:2014/01/25(土) 10:27:19.24 0>>734
やはり
ヒロキお墨付きの東山翔先生、クジラックス先生でしょう

743 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 11:47:47.77 ID:???
703 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 23:09:08.26 0日本思想から翻訳思想を抜いたらどれだけ残るの

704 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 23:28:42.64 0もののあはれだけ残る
本居宣長の一人勝ち


721 :考える名無しさん:2014/01/25(土) 03:32:39.91 0『児童相談所の怖い話』
http://www.amazon.co.jp/dp/488320572X
児童相談所の怖い話〜あなたの子供を狩りに来る1
http://www.youtube.com/watch?v=ioRpR_rXZyY
http://www.youtube.com/watch?v=xRtwIVSPmVU#t=102m40s


590 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 19:37:05.92 0佐々木中さんの「永遠と夜戦」を持っているのですが
あまりに分厚すぎて、読む気が起こりません。
第三部のフーコーのところだけでも、読んだら
分かりますか?

591 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 19:54:17.83 0あれは厚いけど、漫画を読む速度で読めますw

592 :┏( ^o^)┛ ◆kU3ChdD08M :2014/01/24(金) 21:08:42.00 O>>590
入門書みたいになってるのでわかるよ。

744 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 11:50:21.18 ID:???
703 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 23:09:08.26 0日本思想から翻訳思想を抜いたらどれだけ残るの

704 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 23:28:42.64 0もののあはれだけ残る
本居宣長の一人勝ち


721 :考える名無しさん:2014/01/25(土) 03:32:39.91 0『児童相談所の怖い話』
http://www.amazon.co.jp/dp/488320572X
児童相談所の怖い話〜あなたの子供を狩りに来る1
http://www.youtube.com/watch?v=ioRpR_rXZyY
http://www.youtube.com/watch?v=xRtwIVSPmVU#t=102m40s


590 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 19:37:05.92 0佐々木中さんの「永遠と夜戦」を持っているのですが
あまりに分厚すぎて、読む気が起こりません。
第三部のフーコーのところだけでも、読んだら
分かりますか?

591 :考える名無しさん:2014/01/24(金) 19:54:17.83 0あれは厚いけど、漫画を読む速度で読めますw

592 :┏( ^o^)┛ ◆kU3ChdD08M :2014/01/24(金) 21:08:42.00 O>>590
入門書みたいになってるのでわかるよ。

745 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 14:15:35.60 ID:???
535 :地震雷火事名無し(禿):2014/01/22(水) 00:18:06.24 ID:JV2TMQd/0
福島第一地下水汚染の記録
2013年11月11日 55万ベクレル
2013年11月25日 91万ベクレル
2013年12月 4日 130万ベクレル
2013年12月12日 180万ベクレル
2013年12月19日 190万ベクレル
2013年12月26日 210万ベクレル
2014年 1月 9日 220万ベクレル
2014年 1月13日 240万ベクレル
2014年 1月16日 270万ベクレル

477 :本当にあった怖い名無し:2014/01/24(金) 23:48:54.46 ID:gT+6GPaA0
最近、UFOが地球人に分かるように露骨に現れているのは、地球の近々危ない状態になることを
伝えてきている。今のままいけば確実に人類の大量死が待っているということだ。
人間は地球という宇宙船でしか生きれない。そしてその宇宙船を人類自ら破壊しようとしている。
そしてそれが目の前まで迫ってきている。まあこれは人類のカルマだからそれを回避する
ことはできないだろうが、それを真摯に受け止め今後は真理に沿った世界を形成する事を誓う
事くらいは可能だろう。まあ誓ってもこの文明はそんなに長くないが。

746 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 14:22:00.41 ID:???
新司法試験合格者名簿
 2008年新司法試験の合格者2065人

▽大阪市(444人)

中本裕之
http://uu-life.com/Essay/photo/law-school-20_3.txt


2009年12月16日
新62期リスト
※平成21年12月16日をもって裁判所法第67条第1項による司法修習生の修習を終えた者。

中本 裕之

http://saibankan-jinji.seesaa.net/category/10604271-1.html

747 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 14:22:53.61 ID:???
弁護士登録番号 41908
弁護士氏名 中本 裕之 (男性)
ふりがな なかもと ひろゆき
所属弁護士会 大阪
性別 男性

弁護士の登録番号と修習期の早見表
60期 35165〜
61期 37429〜
62期 39704〜
63期 41985〜
64期 44085〜

748 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 14:23:43.44 ID:???
本人の書き込みから推定されるプロファイル
(大学4年から勉強を開始し、ロー既習に入学したとする)

19歳 平成8年(1996年)大学入学(京大卒を僭称、本人談:微分・積分がわかる)
22歳 平成11年(1999年)大学4年、勉強開始(本人談:合格まで10年)
23歳 平成12年(2000年)大学卒業
27歳 平成16年(2004年)ロースクール開校
28歳 平成17年(2005年)ロー既習入学(同志社ロー? 本人談:下位ローは暗かった)
30歳 平成19年(2007年)ロー修了、第2回新司法試験不合格
31歳 平成20年(2008年)第3回新司法試験合格(大阪)
32歳 平成21年(2009年)司法修習 新62期 終了(大阪)
中塚法律事務所(大阪市北区)に就職
37歳 平成26年(2014年)現在 弁護士登録は抹消中

749 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 14:24:17.29 ID:???
本人の書き込みから推定される現況

現職: 答案添削、母親が探してきた中学・高校生の家庭教師 
年収: 100万円程度(本人談:年金掛金と健康保険料が払えるくらい)
奨学金: 毎月1万円返済中
生活: 奈良県在住、英語教師の母親と同居、山での散歩が日課
日常: 役場に頻繁に苦情、窓口で論破されて創価学会の弁護士に相談
交友: 高校の同級生からは年賀状が一切来ない
国籍: 帰化した在日韓国・朝鮮人の疑い
自作自演: 自宅1Fと2Fにパソコンを設置(複数回線使用か)
服用中の薬: セルシン

主な生息地  

緊急自然災害@超臨時板: 【原発】原発情報【放射能】スレ
法律相談板: 弁護士本音talkスレ 
声優板: 伊藤かな恵スレ、井上麻里奈スレ

750 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 14:24:59.10 ID:???
14 :氏名黙秘:2014/01/20(月) 00:33:38.35 ID:???
中本スレが二つ立っているけど、中本スレは
一人の人が9割くらい書いていたと思う。
だから、同じ人が二つスレを立てたということだと思うんだけど、
どういう意味合いがあるんだろう。
中本スレには、初代スレ立て人以外にも書き込んでいる人がいて、
その「穏健派」が長文スレを立てたってことなんですか。
それはあり得ないと思うけど。
悪意がひどすぎて、ちょっと開けることもできないページですね。

【長文】新62期(大阪)中本裕之【奈良県在住】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1390065829/

中本裕之処刑スレ2【在日の長文基地害】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1390065829/

751 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 17:12:11.44 ID:???
921: 氏名黙秘 [sage] 2013/06/17(月) 18:46:03.99 ID:???
そう、ここでは長文と呼ばれている住民。
長文は2008年に二回目の受験で新司法試験に受かっている。
当初は祝賀ムードだったけど、就職活動不調の長文を
修習生スレとアニメスレに書き込んでいた住民。
他にも声優スレにも出入りしていたけど水遁を連発されて
司法試験板に戻ってきたらしい。

752 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 17:42:16.07 ID:???
タイトル東日本大震災と社会学 : 大災害を生み出した社会

著者
田中重好, 舩橋晴俊, 正村俊之 編著
著者標目田中, 重好, 1951-
著者標目船橋, 晴俊, 1948-
著者標目正村, 俊之, 1953-
出版社ミネルヴァ書房
大きさ、容量等348p ; 22cm

大震災が突きつけた問い / 田中重好, 正村俊之, 舩橋晴俊 執筆
広域システム災害と主体性への問い / 山下祐介 執筆
地域コミュニティの虚と実 / 吉原直樹 執筆
東日本大震災における市民の力と復興 / 関嘉寛 執筆
千年災禍の所有とコントロール / 金菱清 執筆
福島原発震災の制度的・政策的欠陥 / 舩橋晴俊 執筆
何が「デモのある社会」をつくるのか / 平林祐子 執筆
フクシマは世界を救えるか / 長谷川公一 執筆
リスク社会論の視点からみた東日本大震災 / 正村俊之 執筆
不透明な未来への不確実な対応の持続と増幅 / 加藤眞義 執筆
「想定外」の社会学 / 田中重好 執筆

753 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 20:11:31.10 ID:???
大震災後の社会学 (講談社現代新書) 遠藤 薫、高原 基彰、西田 亮介、 新 雅史 (2011/12/16)

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 3.0 開かれた社会が必要では? 2013/9/14

By kuma


今まで役立たずとボロかすに言われていた「社会学」の研究者達が大震災では役に立つのだぞ!と大見得をきったような本。
ただ、いかんせん内輪の論議で、昔の人が○○といったとか、定義もしないでカタカナ用語を連発するところも散見される。
おそらく今、社会学に必要なのは、他の分野(どうも毛嫌いしているらしい理系も含めて)との真剣な議論なのだろう。
そうすれば、いかに自分達が社会と離れたところで机上の空論をこねくり回しているだけの存在なのかが痛感されるのではないか?

754 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 20:13:55.74 ID:???
19 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 4.0 大震災を契機として 2012/1/13

By 梵太


「未曾有」の大震災は多大な損害を生み、人々に悲しみ
と絶望を引き起こした。その大震災と震災後についていく
つかの論点から述べている。
あくまでも「大震災後を社会学する」という主旨で書か
れており、「大震災後の社会学はどうあるべきか」といっ
た話ではない。勘違いがないよう注意してほしい。

まず第1章では、大震災が損害を生むだけでなく、社会や
個人への影響という点から、社会変動を生じさせる契機に
なっていることを歴史的前例を引き合いに出しながら指摘
する。その際、種々の社会的勢力の結合・対立のパターン
によって社会変動の性格が決まるというような分析および
考察を加えている。
第2章は、日本の大震災に対するグローバルな反応について
まとめている。様々な国と地域から支援が日本にもたらさ
れた。一方で、福島原発問題は原発のリスクについて世界
へ喧伝することとなり、複数の国のエネルギー政策へ影響
を与えている。

第3章では、震災後に顕わになった日本型システム(「自民
党型分配システム」「日本的経営」「日本型福祉社会」)
の脆弱性について述べている。市民なき市民社会とも言え
る日本型システムの負の側面を指摘する。

755 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 20:16:34.65 ID:???
第4章においては、地域経済の復興・復旧のためにはどの
ような枠組みで行なうべきか問題提起をしている。セーフ
ティネットとしての支援策だけでなく先導型支援との両立
をはかるべきだと主張する。
第5章は、ボランティア活動への評価と今後の課題について
まとめている。幾度の災害を体験したことで、日本の災害
ボランティアは「成熟」したと評価する一方で、表舞台に
あらわれづらい関連セクター間の「連携」に焦点をあてて
課題を指摘する。
第6章は、防災設備・防災活動がもたらした結果を吟味して、
あるべき防災のあり方を提言している。平等主義によって
プライオリティなき防災対策に陥っていると述べている。
第7章では、マスメディアやソーシャル・メディア、WEBサ
イトが果たした機能について振り返っている。

大震災は、冒頭にもあるように社会変動をもたらす(程度
はあれど)。それは従来の社会システムの矛盾や課題が大
災害を契機として顕わになるためであるという。本書の著
者らはこれを共通認識にして大震災後の検討を通して現代
日本社会を問おうとしている。
東日本大震災以降の様子をまとめた社会学分野の書籍とし
てはもっとも早いものだろう。本書のあとも大震災後は続
いているわけで、中間報告として読むべきかもしれない。

756 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 20:18:55.32 ID:???
By 星影清か

東日本大震災は、その被害の激甚ぶりや被災態様の特異性から、発生以降数多くの識者らによる多様な論考を生ぜしめたが、
本書は、高原のようなそれなりに知名度を得ている気鋭を執筆陣に加えながら、世間一般には全くといっていいほど耳目を集めず、
従って、実務上役立たないばかりか発展的議論の呼び水ともならず、こんなに重要なテーマを扱っているのに本欄のレビューも拙稿に先行するものはわずかに2つだ。何故そうなったか。
現実世界は、あるいは震災とそこから派生した諸事象は、社会学とやらの概念操作の対象(オモチャ、とも言う)にされるために存在するわけではない、ということに尽きる。

評者は、第5章を書いている新の論考が気になって、震災後2年半、刊行後2年弱を経過したこの時期に敢えて図書館で本書を借りてみた。新の『商店街はなぜ滅びるのか』はよく売れているようで、
確かに実直な人が身近な話柄について比較的平易に書いていて、新書という手を伸ばしやすい形式も相まって、書店で手に取られやすいのは理解できる。しかしながら、その中身は過剰にポエティックでエモーショナル、
また多少ナイーブで、何より実業、商業の観点からの分析が弱い点、とても褒められたものではなかった。阿部真大よりはだいぶましだが、40歳にならんとする学者が、まとまりを欠き、実務に役立たず、
かつ随所で稚拙さの滲む文章を発表することが、社会学(笑)の世界では違和感なく受け入れられている。例えば、新と同年生まれの池内恵あたりの文章に目を通してみれば、分野こそ違え、恥ずかしくなっては来ないだろうか。

さて、本書における新の文章だが、取材対象である石巻やピースボートとの間合いに、強い違和感(これでも相当に婉曲な表現だ)を禁じ得なかった。ピースボートの言い分を100%垂れ流している訳ではないが、
96%垂れ流している。辻元氏の記者会見の主催が自由報道協会と言う話(p.202)は笑うところなのか(同協会の内実その他はググってみればいろいろ分かります)、何より、取材や研究の対象に対してここまで無防備
、無邪気に接せられるものなのかと不思議に思って調べてみると、新はもともとピースボートに直接関わっていたのですね(「新潮45」13年9月号)。本書p.194でこのことを明記していないのは、いかなる理由で正当化されうるのか、

757 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 20:21:40.28 ID:???
評者には全く理解できない。あの頼りない古市憲寿でさえ、取材対象は突き放して観察しなければならないという程度のことは当然に弁えていた。「社会学」界というのは、こういうことを相互に注意してあげる風習はないんですかね。
見田宗介あたりまではまだまともだったと思うんですが、宮台真司以降の斯界では個々人がやりたい放題、何でもアリになっちゃったあげくが、この荒涼たる風景なのだとすれば、そろそろ「『社会学』不要論」が公然と語り始められるのではないか、
などとつらつら考えながら、巻頭に戻って遠藤の「序章」を読んで、まあ驚いたのなんの。この章を精読しても、そこには独自の事実摘示も独自の着眼もなく、あるのはポエムだ。p.16の「泥濘」にはじまり、
「小公女セーラ」(p.21)、「生身の身体性」(p.24)とまあ、書きたい放題。

もっとも、ポエム云々はご愛嬌ということで目をつぶることも不可能ではない(被災者がそれで納得するかどうかは別だが、政治学の重鎮2名すなわちいお何とかさんとみく何とかさんも同じことをやっていたので
、社会学や遠藤に限った話ではなく、時代の気分だったということにしておきましょう)として、不正確な理解や誤りとなると、これは書き手の責任が問われることは、東工大大学院理工学研究科博士課程を修了している遠藤には言うまでもないことだろう。
「免震構造のため、地震のときはかえって恐ろしいくらい揺れた」という記述(pp.24-25)は、誤りとは必ずしも即断できぬまでも、補足説明を添えなければ一般読者には正しく伝わるまい(というかさ、制震や耐震との区別をきちんとしてないでしょ遠藤さんッ)。
理工系とか学際的研究とかが肌に合わなくて法学部で社会学の先生になったのかな、と思ってpp.29-32の「混乱する日本政治」を読んでみた。

758 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 21:11:23.18 ID:???
http://www.ads.fukushima-u.ac.jp/article/katou_masayoshi

759 :氏名黙秘:2014/01/25(土) 21:13:50.16 ID:???
http://www.fukkou-daigaku-jinzai.jp/syllabus/sociology/
http://ameblo.jp/ohjing/entry-11569607376.html

http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/14352/1/L1H090050.pdf

760 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 00:21:57.17 ID:???
東日本大震災の人類学: 津波、原発事故と被災者たちの「その後」 [単行本(ソフトカバー)]
トム・ギル(著)

761 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 00:23:23.54 ID:???
116 :電力関係者α(大分県):2014/01/26(日) 00:21:48.85 ID:VYzttBeR0CATVの日本の今年の運勢の占いは
これだったな。

本卦:水雷屯
互卦:山地剥
裏卦:火風鼎
賓卦:山水蒙

これからしたら、屯は悪い卦ではない、難卦とされているが四徳を備えているから。
守りを固めればいいんだけど、強硬策に出れば悪い。
国に対して立てたといっても、実際に国策を推し進めるのは自民党だから
ほぼ自民党の運勢といってもいい。

こちらは干支は政治というより天災を見る。
自分の運勢としては比較的いい年。
1894年は記録的な猛暑・干ばつ、1954年は豪雨、大冷夏だった。
どちらか両極端だろうな。5月くらいの気象状況でどちらに転ぶか注意のしどころ。

762 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 00:28:43.87 ID:???
個と行為と表象の社会学―マルクス社会理論の研究 [単行本]
加藤真義 (著)

763 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 00:33:10.86 ID:???
822 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 00:32:12.66 0東によると彼の仕事はすべてつながっているらしいけど、
動物本以後は分かるけど、
郵便本と動物本ってどうつながっているの?

764 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 03:23:54.00 ID:???
139 :地震雷火事名無し(catv?【緊急地震:三陸沖M3.9最大震度1】):2014/01/26(日) 01:00:29.34 ID:MbH1OVWc0>>116
しかし、自民党は原発再稼動も憲法改正もやめる気配が無い…
…再稼動→ぽぽぽぽーん
…憲法改正→即戦争
も十分ありえる…
147 :地震雷火事名無し(大分県):2014/01/26(日) 01:18:26.64 ID:VYzttBeR0>>139
鼎の四爻の爻辞が顕現するというわけか。
本卦としてはどっしりとしていい運勢の卦なんだが、
その中でも四爻はインパクトがあるね。
154 :地震雷火事名無し(禿):2014/01/26(日) 01:35:45.29 ID:O5aV7Kom0福島は先ほど坎の卦が出ました。
155 :地震雷火事名無し(catv?):2014/01/26(日) 01:39:08.94 ID:MbH1OVWc0>>147
裏卦の火風鼎がヤバイ。
せめて今年くらいはおとなしくして欲しいものだが、
正月早々波乱含みだ…
細川が勝てば脱原発には成功するが、
急ぎすぎてマズイことになりそうな卦でもある。
一方で舛添が勝てば、
再稼動&憲法改正。
どっちに転んでも災いありで、
敵(中国?)が大喜びすると。
…甲午と言えば120年前はちょうど日清戦争だ…
156 :電力関係者α(大分県):2014/01/26(日) 01:48:10.79 ID:VYzttBeR0いくら高田先生や田母神先生が大丈夫だといっても、現実問題として
福一とその付近の状況が、シチュエーションとして坎為水の上爻なのかねぇ。
未だ占うまでもなしってことで。
難卦中でも最難爻、それが福一の中かもしれない。
飛び散った放射能は心配ないとしても、片づける終わるまでとするとまさに福一こそ坎為水の上爻であろう。

765 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 03:31:18.66 ID:???
【原発】原発情報3535【放射能】
167 :地震雷火事名無し(大阪府):2014/01/26(日) 02:26:17.56 ID:NhHZo5ai0今回の都知事選挙で脱原発は完全に行き詰ってしまったな。
救いようの無い惨状。

766 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 03:32:50.87 ID:???
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 5.0 虚妄の中で生きる私たち 2011/5/14

By 某地方議員

形式:単行本


おそらく、大熊信行の名を知る人はほとんど今ではいないだろう。もちろん、私とてこの著を読むまでは知らなかったのだが。もっと、再評価されるべき思想家のひとりだと確信した。

単純に、大熊の言説を<左派>か<右派>かと切り分けることは意味がない。むしろ、大熊は左派にも右派にも耳の痛いことを言う。このあたりが左派にも右派にも嫌われて、言論界から黙殺された理由なのかもしれない。

大熊の主張は次のようなものだ。

日本は、昭和20年で終わったのだ。そこから先は日本ではなくなった。敗戦に続く軍事占領下で、アメリカは
 ・日本国憲法
 ・日米安保条約
という2本の杭を打ち込んでいった。
<左派>は日本国憲法という杭にしがみつき、憲法は日本人が作ったという虚妄の中に生きている。<右派>は日米安保条約という杭にしがみつき、日本と米国は対等だという虚妄の中に生きている。

実に正鵠を射た論だ。詰まるところ、右も左も保守も革新もアメリカの作った箱庭の中で意気顕揚としているだけのことなのだ。

767 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 11:06:48.74 ID:???
339 :地震雷火事名無し(やわらか銀行):2014/01/26(日) 10:56:52.64 ID:cS8iFST10堀 潤 JUN HORI &amp;#8207;@8bit_HORIJUN
公共放送にとってもっとも悲しむべき人物が会長になったのか。
NHK籾井新会長「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」」

このまま暫く現会長の体制でいくのなら、
いっそのこと国営放送一個つくってそちらで好きにやって頂き本当に市民のドネーションで成り立つ米国型PBSを沢山つくった方がいいんじゃないかと。
僕らの公共放送を奪わないで。内部からも疑問の声−毎日新聞

340 :地震雷火事名無し(西日本):2014/01/26(日) 11:03:54.80 ID:aKb2flq30      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|  
    / ⌒ヽ     }  |  |  
   /  へ  \   }__/ /   あ な た と と も に 公 共 放 送
 / / |      ノ   ノ       .,,_            _,,_
( _ ノ    |      \´      ., '~  ~.''.,,r'~⌒''-,,.  ,.-''"  "'
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ̄゛''―---└'´ ̄`ヽ l
       .|                   _______ ノ ./ バーソ!!!
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ.,,_,,.-''  "'-.,,,. '"

768 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 11:09:37.16 ID:???
829 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 05:39:10.13 0>>827
すっかり老人の国になったな
30代は入家だけか

ヒロキスレ的には誰に入れるんだ?
40歳以下は入家一択か?

836 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 10:39:30.01 0これからシナチョンピーナを自民党が大量に入れるからな、20代で技術や知識・経験を蓄え、
30代で花開いて金を回収、40代までに後からくる者に対して参入障壁を作れなければ、
40代半ばでリストラされて時給900円コースだぞ。俺なら在特会に入るかナマポ民になるけどな。
ルネサスの転職スレとか見てみな。
特に会社の名前以外に自分に売りがない、転職しても大幅に給料ダウンするような人は要注意な。

769 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 11:17:54.97 ID:???
【原発】原発情報3535【放射能】
331 :地震雷火事名無し(大阪府):2014/01/26(日) 10:39:03.21 ID:vu++/OyR0
最近、放射脳のこと忘れてた
全然ニュースにならないから
周りの人も食べ物の産地気にしなくなってる

770 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 11:23:21.82 ID:???
23 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 5.0 古さと新しさのあいだで 2012/4/28

By トロップマン


  これを結局いまとなっては流行の去った思想の反復だとして、酷評する方もおられるだろうが、最後のフーコー論だけ単独に読めばそう思うのも無理ないことだろう。
 しかしその場合、ルジャンドルについてはどうなるのだろうか? ルジャンドルについて日本語で読めるものに、これ以外に概説となる入門書を知らない。この本はルジャンドルを媒介することで成り立っており、そこからフーコーを読むことに新しさがあった。

 もし私に疑問があるとすればラカン論である。ラカンを読むには己が己ならざることへの徹底した自覚が欠かせないからだ。そういったメタ・フィクショナルな自我の不安定さは著者とは無縁(あるいは、あえてそこから逃れようとしている)であり、
フーコーとルジャンドル、また何より最後に現れるドゥルーズ=ガタリに接続されることによって、捨象されざるをえない。

 だが終わりなき夜の戦いの始まりを告げる最後のメッセージが届けられるために、ラカンは本書において、対象aから大他者の享楽へ向かい、それゆえに最後にドゥルーズ=ガタリが招かれるのであろう。著者の主張をさらに説得あるもの足らしめるには、
ドゥルーズ=ガタリに関するさらに詳しい読みなおしが欠かせないのではないだろうか。その点これからの著者の活躍に期待したい。

 どのみち私はまだそこには行けない。だが、本書が導いている道の近いところで、歩みを進めてゆきたいと思える。

771 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 11:26:21.65 ID:???
40 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


5つ星のうち 5.0 『女性の享楽。大他者の享楽。社会が創出されていく享楽へ』 2010/1/16

By seer78

形式:単行本


この分野にまったく興味がない人にはムズカシイ。でも、この分野に興味があって、扱われている三人について何らかの予備知識があれば楽しめる一冊。
僕の場合、ラカン、フーコーについて通り一遍のことは知っていた。ラカンには斎藤環『生き延びるためのラカン 』という良書があって、
僕はこれを読んでいた。ラカンについての予備知識はほぼこれだけ。フーコーの『言葉と物―人文科学の考古学』
、『監獄の誕生―監視と処罰』、『知への意志 (性の歴史)』等は目を通して、まったく理解出来ていない状態のまま。ルジャンドルはまったくの初見。
超難解で知られるラカンをざっと横切って、唯一存命のルジャンドルを足がかりとして、分量のほぼ半分を占めるフーコーという本丸に斬り込むという構成。
初お目見えとあって、ルジャンドル部分の情報量にめまいがしそうになる。おもしろそうな言葉、たくさんありました。

「中世解釈者革命」「ネオ封建制」「マネージメント原理主義」

これらの言葉の内ひとつでも引っかかるものがあったら、どうぞお買いなさい。
価格もボリュームもスゴイが、内容はつまっている。紹介された概念がツールとして使えるかどうかは読む人しだい。僕は二度通読したが、
フーコー部分の冗長さには閉口した。フーコーについて詳しく知りたい人が読むと、謎がよけい深まるだろう。
が、フーコーをもっと読みたくもなる。
文章にはクセがある。内容には合っているが、好き嫌いがわかれる文体。

772 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 11:28:18.52 ID:???
ラカンとルジャンドルについて 2010/8/29

By ヤニスkm

1部:ラカン総括かつ葬送ともいうべき論述。著者のいうラカン理論のほつれ、想像界・象徴界の問題と<鏡>の問題、ファルスの曖昧な象徴性・想像性と、精神分析の臨界点としての大他者の享楽=女性の享楽=世界を生み出すこと
(マリア的享楽、神の子としての世界を宿すことconception)の指摘は興味深い。しかし著者が言うように、想像界=象徴界とまで言えるか。ラカンにおいて、確かにこれらの概念相互間の浸透というか浸食というかがあって、
それが理解を困難にしているという指摘は一理あると思うが。
2部:ルジャンドルの理論構築をたどりつつ、ラカン理論のほつれを再検討する。
ルジャンドルにおいては<鏡>は当初から、主体に同一化と疎隔を与えるもの、つまり想像的かつ象徴的な装置である(イメージかつテクスト)。また<鏡>の機能は現実の鏡に限定されず、
共同体がドグマや理性原理について上演する場をすべてカバーする。(そう言われると明快すぎる気もするが…。)
「語る動物の再生産」という観点からの親子関係の検討、系譜原理。父は子としての自らの立場を放棄し、子に場を譲らなければならないこと。また「語る動物の制定」に必要なものとしての<準拠>、
根拠律(理性原理principe de la Raison「なぜ」への答え)の必要性といった論旨は説得力十分。そして西欧的世俗化は「輸出不能」であること、暴力的な強制・改宗としてしか輸出されない。
ドグマ人類学とは、西欧自体を対象とした人類学なのだ。(CF、アッラーには性別はなく、死もない。イスラームにはキリスト教的世俗化は移植されえない。)
 父の立場の危うさ、また準拠・根拠律の危うさの指摘は興味深い。でもそれはつまり、象徴界の危機ということでは?
ルジャンドル自身、来日時のインタヴューで現代の状況を「準拠のモンタージュの機能が弱まり、崩壊しつつある」と見ている。だがあくまで準拠のフィクションは必要だとする立場をとっている。
これは社会の機能の必要条件を述べているわけであって、反動だとはいえないだろう。
…本書は徹底的なテクストの読み込みと敷衍であり、論述は明快。特にルジャンドル理論への入門には良いと思う。ラカンについては、著者のうんざりした態度が鼻につく向きにはお勧めしない。

773 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 12:46:38.72 ID:???
377 :地震雷火事名無し(庭):2014/01/26(日) 12:18:42.96 ID:W+41uor/0@michinoku_corgi
今年のB-1グランプリ、郡山でやるのか…

成功に向け郡山で決起大会 今秋開催のB―1グランプリ | 県内ニュース | 福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2014012613511

東京ガールズコレクションも郡山だし…
人口も東北で2位になったし、純粋に転入者が増えたし…
どうなってるんだ?
366 :地震雷火事名無し(北海道):2014/01/26(日) 11:49:53.35 ID:UX32zNif0福岡はまず何を言いたいのかわからない。
文章を読んでると話の内容が途中で切れたり
飛んでるからわからない。だから見向きもされない。

catvみたいになりたければもっとがんばらないと。

358 :地震雷火事名無し(北海道):2014/01/26(日) 11:31:27.95 ID:UX32zNif0世に倦む日日 &#8207;@yoniumuhibi 7 分
そうだ。瀬戸内寂聴に選挙カーの上で演説してもらえばいい。吉原毅も、池澤夏樹も、
全員が勢揃いすればいい。劣勢の挽回のためには、
仲間が総動員で助けないといけない。細川・小泉だけではだめだ。
話題を作り、マスコミに撮らせ、関心を盛り上げないと。

359 :地震雷火事名無し(茸):2014/01/26(日) 11:31:38.34 ID

368 :電力関係者ξ(福岡県):2014/01/26(日) 11:56:47.43 ID:d90yo0HF0お前らみたいな下等工作員にウダウダ言われる筋合いはねぇよ
ワンレス1000円も貰えない糞カスだろ

369 :地震雷火事名無し(北海道):2014/01/26(日) 11:57:52.69 ID:UX32zNif0おお 初めて筋の通った文章になったな。
やればできるじゃないかw

774 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 15:53:15.05 ID:???
『ラカン、フーコー、ルジャンドルにおける宗教と主体の形成をめぐる探究』
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/postgraduate/database/2007/543.html

775 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 16:04:01.24 ID:???
849 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 13:12:00.86 0これから移民を受け入れるようになればこんな仕事もなくなる
外国人は最低賃金以下でも喜んで働くだろう
そうなれば大量の恨みを抱えた日本人失業者が街中に溢れ、
その矛先は無計画な親ではなく持てる者に向かう
一台数億の機械なんてざらだからいくつか再起不能にすればいいのに
ジャップの底辺のテロは同じような底辺しか潰さない感じだな

850 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 13:46:17.56 0【拡散】舛添要一の汚職報道は禁止。マスコミ、記者クラブにおふれが出ているpic.twitter.com/evELZ28IXY

851 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 14:45:21.09 0>>850
舛添ブラックすぎるなw
ヒロキも舛添のようなブラックさを身につけるべきだな

852 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 15:11:53.45 0>>841
アマゾンレビューで、判断するとか頭悪すぎるだろ。

そんなに高い本じゃないんだし、自分で買って判断しろよ、
糞貧乏人。

それもできないなら、立ち読みでもしろよ。
地方の本屋でも文春新書くらいは、どこでもあるだろ、
糞ニートの田舎モン。

776 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 17:22:10.81 ID:???
856 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 16:30:03.71 0>>855
>>深夜のお散歩も欠かせません。
実に平和ですね
パーフェクトワールドの住人ですね

857 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 16:50:46.75 0アクリ程度でブラックとかw
日本の中小食品工場はこんなもんじゃねーぞ
身バレするから怖くて書けん
明日は我が身
怖い怖い
これ下手こいたらイングリッシュマフィンも自分でつくれと?

777 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 17:26:57.76 ID:???
856 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 16:30:03.71 0>>855
>>深夜のお散歩も欠かせません。
実に平和ですね
パーフェクトワールドの住人ですね

857 :考える名無しさん:2014/01/26(日) 16:50:46.75 0アクリ程度でブラックとかw
日本の中小食品工場はこんなもんじゃねーぞ
身バレするから怖くて書けん
明日は我が身
怖い怖い
これ下手こいたらイングリッシュマフィンも自分でつくれと?

778 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 17:27:51.37 ID:???
623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/25(土) 19:29:33.62 ID:8Fur40xrOMariIroトークショー着弾
とらのあなとゲーマーズ

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/26(日) 05:25:39.65 ID:TTTl2SJo0長文キチガイが消えたら違うキチガイが沸いたでござる

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/26(日) 11:02:46.70 ID:H5zt3ZtC0前は「IT革命終われ」だけで、3スレくらい埋めたキチガイもいたよね。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/26(日) 16:42:58.62 ID:Bjz/DBIF0なんでキチガイに好かれてるの?

779 :氏名黙秘:2014/01/26(日) 19:31:45.87 ID:???
288 :考える名無しさん:2014/01/14(火) 23:03:14.55 0enruche386b &#8207;@enruche386b 1月11日
大澤信亮対談ゲスト山城むつみ@日本映画大学。東浩紀杉田俊介中島岳志に続き
第4回。予定の2時間超え。山城の大澤批判が主。批判の是非はいまは措くも今回
初出席で気づかされるは大澤の対談能力の余りの低さ。東や中島でもこうだった
のか?来週は大澤真幸。対談の手練れ。山城より優しい分残酷だぞ。
enruche386b &#8207;@enruche386b 1月11日
承前。山城むつみは大澤信亮の批評をいわば形式論と批判。引用論から説き大
澤「宮澤賢治の暴力」に山城『ドストエフスキー』を絡めつつ隣人愛の不可能
性を方法論的理論的に乗り越えようとしてはいけないと。また魯山人や小林秀
雄を論ずる大澤に切実なる理由を感じないとも。「神的交換」はほぼ全否定。
enruche386b &#8207;@enruche386b 1月11日
承前。山城むつみはキルケゴールにも時間を多く割いた。ドストエフスキーと
共通する「真理(イエス)と不可能性(自己)とのはざま」。このはざまでの
ねじれに文学や哲学がある。それは方法論的技術論的理論では超克できないし
またしてはならないと繰り返す山城。大澤信亮も反論を試みるが心もとなし。
enruche386b &#8207;@enruche386b 1月11日
承前。事前に準備した問いであろう大澤信亮が小出しに訊く柄谷行人やNAMの件
など山城むつみの話の後では些末。対談開始時の思い出語りも空しい。大澤は
いまイエスに関心があるという。来週のゲスト大澤真幸には『〈世界史〉の哲学
』があるが信亮と真幸の関心が発展的に重なり論じられる期待は少ない
enruche386b &#8207;@enruche386b 1月11日
承前。対談はトークは苦手と切り出した山城むつみが多く語りまた内容でも大
澤信亮を圧倒した。その上でなお山城への不安をつぶやくなら山城の説く個人
に固有の問題としての文学という論がかえって現代に文学を無意味しからしめ
ているのではと。他者と通ずる文学は。来週の大澤真幸に繋がる問題。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★