5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

いんちき五言絶句

1 :詠み人知らず:2001/01/12(金) 17:25
板違いだったらごめんなさい。
いんちき五言絶句はいかがでしょうか?
適当に漢字を並べて中国人もびっくりの絶句を作ってみましょう!

本日引落日 本日引き落とし日
我貯金無金 我が貯金に金無し
給料日程遠 給料日ほど遠く
請友冷反応 友に頼むが冷たい反応

韻も踏めたらいいんだけどー。。。

2 :天誅幸:2001/01/12(金) 18:31
なるほど、、、こっこん絶句とはこのようなものでありましたか。
少し思い出しました。どれ、、、

本日金曜日  本日金曜日
我台所無物  我が台所に物無し
行買超商店  スーパーへ買い物に行くが
外寒兮身凍  外寒く、身凍える

超てきとー(;´Д`)

3 :詠み人知らず:2001/01/12(金) 22:08
夜也身体熱 夜だからだが熱いぜ
我欲妻結合 おい、おまえやろうよ
妻言我生理 だめ私生理なの
茲欲情如何 この欲情どうしてくれよう

これも超てきとー!!

4 :苦売る:2001/01/12(金) 22:53
浅木夢見氏 あさきゆめみしを
遂全部読終 遂に読み終えました
我好光源氏 私は光源氏が好きです
可哀想紫死 紫の上の死は可哀想だと思いました

5 :もの想うOL:2001/01/13(土) 18:02
やってみて 恥ずかしくなり 取り消した、、、
すごい字を 持ってきそうで 怖くなり、、、。

6 :天誅幸:2001/01/13(土) 18:15
>>5
すごい字を 持ってきてみて 期待age

7 :をかめ:2001/01/13(土) 18:47
此板我超難関 然無頭捻阿呆哉 #見て字の如しです(´Д`;)

8 :光風:2001/01/13(土) 19:52
我聞人詠歌  歌を詠む人と聞いてきたが
実彼再作詩  じつは漢詩も作るという
驚天動地才  なんと魂消るその才能
我遁走巻舌  舌を巻いて逃げ出そうワイ

9 ::2001/01/13(土) 20:25
超混雑渋谷 めちゃめちゃ混んでるんスよ〜渋谷
夜尚溢若人 夜になったら更にひどくって
特売期間中? セール中だからかな〜?
怒髪天我也 も〜超ムカツクけど自分も行ってたし、ってか

10 :苦売る:2001/01/13(土) 20:35
此第二番組 ここ2ちゃんねるには
色々板存在 色々な板があります
五七五質素 五七五板は地味です
逆其処味噌 でもそこがミソなんです

>>9 参った。(笑)

11 :苦売る@:2001/01/13(土) 21:02
生徒女子高  女子高生に
其女強請我  おねだりされて
例買与口紅  なんでも買って
言成全部貢  貢ぐ我

12 :苦売る:2001/01/13(土) 21:05
#↑「苦売る@都々逸」って書こうと思ってたのに送信しちまった。
 漢詩と訳の間は全角スペース2個が見やすいかも。

13 :シンパんていのう:2001/01/21(日) 11:06
苦瓜奴蒼色 あんあやつなどどうでもいいが
漂流数多板 なぜかこんやもこんばんは
狂也都都逸 くうるといいつつ
笑許我寛大 おかしいな


14 :藍@かくの如くありたし:2001/01/22(月) 12:05
韻律似芳香 韻律は芳香に似て
言辞如色相 言辞は色相の如し
昧爽遊詩魂 昧爽に詩魂を遊ばせ
深更学歌道 深更に歌道を学ぶ

#中国語がわからないので、日本語の音読みで韻を踏んでみました。

15 :苦売る:2001/01/23(火) 00:49
#韻を踏むのは1、2、4句目か。1、3、4だと思ってた。(馬鹿)

我無学馬鹿  私は無学で馬鹿
韻不踏短足  足が短くて韻が踏めない
一二四正句  一二四句目に踏むのが正しいのに
一三四句目  一三四句目でした

#全部踏んでやる。

16 :暁に逝ってよし:2001/01/27(土) 21:14
我踏異物体 おっとしまった
我滑板激痛 すべってコロリン
我冷静観察 よくみてみたら
之非雲古也 うんこじゃなくって
之馬奈奈也 ラッキーでした


17 :無名武将:2001/02/12(月) 13:34
#七言律詩もどきなら最近作りました

莫嘆板於多荒事 嘆く莫れ板荒るる事多しと
素皆好語乱世耳 素より皆乱世を好み語る耳(のみ)ぞ
分事久即磨汰利 「分かれる事久しければ即ちマターリ」
君知演義冒頭辞 君よ知るや演義冒頭の辞

18 :無名慟哭 一:2001/06/10(日) 19:09
山川草木転荒涼  山川草木(さんせんそうもく)、転(うた)た荒涼
十里風腥大教大  十里、風腥(なまぐさ)し、大教大
柩車不前人哭泣  柩車前(すす)まず、人哭泣(こくきゅう)す
幼子八柱立墓標  幼子八柱(やつはしら)、墓標を立つ。

  山川草木転荒涼  山川草木、転た荒涼
  十里風腥新戦場  十里風腥し、新戦場
  征馬不前人不語  征馬前まず、人語らず
  金州城外立斜陽  金州城外、斜陽に立つ  乃木希典「金州城の賦」

19 :無名慟哭 二:2001/06/10(日) 19:30
狂気惨劇犯学舎  狂気、惨劇、学舎(まなびや)を犯す
凶刃狼藉屍作山  凶刃、狼藉、屍(しかばね)山を作(な)す
無恥何顔見父老  恥づることすら無し、何の顔(かんばせ)あってか父老に見(まみ)えん
取調無用宜逝焉  取調べなど無用、逝ってよし。

  王師百万征驕虜  王師百万、驕虜(きょうりょ)を征す
  攻城野戦屍作山  攻城、野戦、屍山を作す
  愧我何顔見父老  愧(は)づ、我、何の顔あってか父老に見えん
  凱歌今日幾人還  凱歌の今日(こんにち)、幾人(いくたり)か還(かへ)る。 乃木希典

20 :無名慟哭 三:2001/06/10(日) 19:59
爾霊山中冀安眠  爾(なんじ)らが霊、山中にて、冀(こいねが)ふ、安らかに眠れ
幼子天界爛漫遊  幼子、天界にて爛漫に遊ぶならん
鮮血覆地改容色  鮮血、地を覆(おほ)ひて、容色改まる
万人斉仰爾霊山  万人(ばんにん)、斉(ひと)しく仰ぐ、爾らが霊の山を。

  爾霊山険豈難攀  爾霊山(にれいざん)の険(けん)、豈(あ)に攀(よ)づるに難(かた)からんや
  男子功名期克艱  男子の功名、艱(かた)きに克(か)つを期す
  鉄血覆山山形改  鉄血、山を覆(おほ)ひて、山形改まる
  万人斉仰爾霊山  万人、斉しく仰ぐ、爾霊山(にれいざん)。  乃木希典「爾霊山の賦」

#眼曇りて開きあへず。原詩の細部はうろ覚えにて御免。合掌。 

21 :訂正1:2001/06/10(日) 22:24
>20 改容色を、容色改に訂正いたします。変わり果てての意。

22 :おやつ:2001/06/11(月) 09:06
>>18-20
凄いです〜。地下に置いておくのが勿体無いですね。
ぜひ上の階でも復活を。

23 :訂正2:2001/06/11(月) 22:05
>19 原詩・狂詩ともに、見父老を看父老に訂正します。
>22 おやつさんどうも有り難う。見つかるまでこのままにしておきましょう。


24 :まちだまちよ:2001/06/11(月) 22:26
地上でお会いしましょう。

25 :をとめ:2001/06/11(月) 23:05
んーーむ(絶句)!!
日の目をみないものにこそ価値あり、ですか。

26 :訂正3:2001/06/13(水) 23:48
>20 険 を 嶮 に訂正いたします。

27 :訂正4:2001/06/14(木) 00:18
>26 険 のこざとへんの部分を「山」に訂正したいだけなのですが。
  私のPCの知識が足りないのか、所詮機械・電気のやることには限界ありなのか。

#乃木大将は南山の戦いで長男勝典(かつすけ)、203高地攻撃戦のさなかに次男保典(やすすけ)と、
 二人きりの子供を共に亡くしているのですが、そのことへの思いがやはり、
 原詩のなかに脈々と流れているのでしょうね。狂詩を作っている間は、そのことを
 失念していたのですが。原詩のもつ詩情が、私に命じて作らせたものと感じています。

28 :狂詩編者より。:2001/06/14(木) 00:25
ちんととさん、おやつさん、まちだまちよさん、をとめさん、
巡礼感謝いたします。御名をともに経塚の銘に刻み、地下に手向けましょう。

29 :落花流水:2001/06/17(日) 12:21
#では気分一新して、爽やかな詩を一篇ご紹介。季節はちとずれまするが。
   服部南郭(はっとりなんかく)の作です。

 夜下墨水     夜 墨水(ぼくすい)を下(くだ)る   *隅田川の川下り
金龍山畔江月浮  金龍山畔(きんりゅうざんぱん) 江月(こうげつ)浮かぶ
江揺月湧金龍流  江(こう)揺らぎ月湧(わ)いて金龍流(なが)る
扁舟不住天如水  扁舟(へんしゅう)住(とど)まらず 天 水の如し
両岸秋風下二州  両岸の秋風(しゅうふう)、二州(にしゅう)を下(くだ)る

   『江戸詩人選集第三巻  服部南郭 祇園南海』 岩波書店刊行 52頁

30 :落花流水@解説:2001/06/17(日) 12:55
#服部南郭は、平仄(ひょうそく)などの音律を守らずに作詩していたそうです。
 よっていんちき漢詩スレに収録。ただ『江戸名所図会』にも採録された有名な詩です。
 詩情ストレートにてわかりよし。

金龍山待乳山聖天(まつちやましょうてん)のほとり、
隅田川は月光を浮かべ、流れ行く。
水面(みなも)さざめけば光湧きたち、黄金龍のように
川はあなたへと続いてゆく。
わが小舟は下りて停まらず、
空は清らにて、水面と分かちがたし
秋の風涼やかに、
武州総州の境を下る。

31 :かたつむり(旧落花流水):2001/07/05(木) 10:31
  自笑

蝸牛廃屋長独語
佐藤深層短密談
五七忽変大魔人
小人狼狽只平頭

#五絶は難しい。七絶も許してね。

32 :眉毛道:2001/07/05(木) 17:15
腹筋三百回
腕立三百回
逆立三十分
筋肉痛後悔

#スレを汚してすいません。書いてみたかったもので。

33 :かたつむり:2001/07/06(金) 00:29
>>32 #やった〜〜〜お仲間だ〜〜〜超ウレシー〜〜〜〜〜♪♪
     眉毛道さん、絶対また来てねん(はぁと

 伊能忠敬讃頌

五十知命初入門
刻苦勉励誉出藍
老骨不厭遍行脚
遺業踰年真価顕   *踰はこえる。

#ようやく1、2、4句に脚韻もどきを踏んでみました。でも、
 まだ真の脚韻ではない。いんちき漢詩人の珍道中は続く。

34 :眉毛道:2001/07/06(金) 11:09
東武百貨店
西武百貨店
池袋駅周辺
皆十時開店

>>33 かたつむりさん恐縮です。
こんなのしか書けない馬鹿ですが、よろしくお願いします。

35 :眉毛道:2001/07/06(金) 11:38
我真欲詩才 
冗談此板災 
我下手横好 
只開直此際 

#しがない(詩がない)ものしか書けず、
 駄洒落はスレを汚すだけなので恐縮なのですが
 下手の横好きを自覚しつつ
 この際開き直ってしまおうかな、と思います。

36 :かたつむり:2001/07/07(土) 00:36
>>32 >>34 >>35 すごい!全部1,2,4句目に脚韻を踏んでいる。私には
          出来ない芸当だ。先生!今後ともよろしくお願いします。

 >>35 唱和眉毛道氏御製

我皆無詩才
冗談過招災
寄思雨中花
追放牢窓際

#和韻のルールはご存じですか。五絶は2,4句、七絶は1,2、4句目の
 韻字を踏んで返します。五絶ですが(才、災、際)を踏んでみました。
 よければボチボチやってみませんか。マターリとね♪(出来たときだけ、ということで。)

37 :かたつむり:2001/07/07(土) 00:52
>>34
西口東武店
東口西武店
巨大写真機
唄宣伝於店  フシギナ フシギナ イケブクロ〜♪   

38 :かたつむり:2001/07/07(土) 01:29
  仄情    *仄 ほのかな

蝸牛慕紫花
踏外即落下
牢中無光陰
只識清雅香

39 :眉毛道:2001/07/07(土) 05:48
 では、そのまんま日本語七絶

某製薬会社社長
総売上五十億超
目標達成万々歳
税務申告漏追徴

40 :眉毛道:2001/07/07(土) 06:24
すみません、和韻を誤解してました。
改めて>>38

七夕雲無夜  雲無き七夕の夜
我独泣月下  月下で独り泣く
其光不乾涙  月明かりでは涙も乾かず
只酔月桂香  ただ月桂の香に酔うばかり

 ってなもんですか。超テキトー。
 私には難しすぎます。。。。

41 :かたつむり:2001/07/07(土) 18:33
>>40 いえいえ。あくまでいんちき漢詩ですから。あまり考え過ぎずお喜楽にいきましょ。
   >>32>>34のようなさりげなく可笑しい作品好きです。また聞かせて下さい。

>>39 これはムズかった。今後はたまたま出来た時だけ唱和することにしましょう。

売上好調発増長   *発はおこす、おこる
社長悶着十件超
世評顰蹙流言頻
信用失墜凋落徴   *徴(きざす) 徴は動詞によみました。

#こんな事にならなきゃいいですね。

42 :かたつむり:2001/07/07(土) 18:49
米軍乗勝狼藉頻  米軍 勝ちに乗じ 狼藉頻(ひん)なり
沖民忍従五十年  沖(縄)民(ちゅうみん) 忍従すること五十年
傲岸増長失人道  傲岸 増長 人道を失(しっ)す
不知虫有五分魂  知らざるか 虫にも有り 五分の魂

#この作も、結局いんちき脚韻か。なかなか難しいナ。

 >>40 けっこういいカンジです。ありがとう。

43 :詠み人知らず:2001/07/09(月) 12:02
.

44 :かたつむり:2001/07/09(月) 23:05
蝸牛逢孤影  蝸牛 孤影に逢う
彼欠而此盈  かしこに欠け そして ここに盈(み)つ
紫陽花作陰  紫陽花 陰(かげ)を作(な)せば
其下合歓営  其の下で ・・・・・を営む

#どうだ!ちゃんと脚韻も踏んだゾ。

45 :腐修身:2001/07/10(火) 19:58
今期夏如火
冷装置無備
苦肉開放窓
効果俄冷微

46 :眉毛道:2001/07/10(火) 21:27
>>44
米邪亜一郎
活躍如月盈
巨人禁脱漏
松井為経営

#2と4の韻をもらいつつ1と3の語感を合わせてみましたが、
ちと無理あり。反省

>>45
猛暑如隔岸観火  猛暑も対岸の火事の如き
社内冷暖房完備  冷房完備の社内にて
我全開放社会窓  我、社会の窓を全開するも
金冷法効果軽微  金冷法の効果は軽微なり

#五絶に七絶で返すという反則ですが、許してください。

47 :かたつむり:2001/07/11(水) 08:27
  白桃

薄皮循指離  薄皮 指に循(したが)いて離るれば
芳香鼻腔裡  芳香は鼻腔の裡(うち)に
水蜜流満掌  水蜜流れて掌(てのひら)に満つ
誉高甲州里  誉(ほまれ)高し 甲州の里に

48 :眉毛道:2001/07/30(月) 21:15
地下室隔離
待望暗暗裡
今宵我高唱
如渡辺美里

#お久しぶりです。

49 :かたつむり:2001/07/31(火) 17:20
>>48 いよう!相棒。待ってたホイ。

  西 瓜
為君選殊重  君がため、ことに重きを選べり
割分甘露汁  割(さ)き分かてば、甘露の汁
我戯噴黒粒  われ戯れて、黒粒を噴(ふ)かば
君抵面苦渋  君、面(おもて)に抵(あた)りて苦渋せり。(アタリマエ)

#で、残念ながら私は、明日から長野へ出かけてしまいます。
 週末には戻りますので、ひとつまた楽しみましょう。

50 :かたつむり:2001/07/31(火) 22:28
#あら〜〜上がっちまいましたね〜〜 サーバーの都合か何かで、
 下げカキコも書き込み順に並べ替えられちゃったようです。
 週末には少しは下がってるかな。それじゃ。

51 ::2001/08/01(水) 18:47
雷鳴満天轟   いかずち満天に轟き
降雨如永劫   降る雨は永劫の如し
夫子来夜半   夫子夜半に来たれば
賃乗車秋毫   賃乗車は秋毫ならん

#よく分からないので適当に作ってみました。
 大雨の深夜はタクシー待ちが大変だったなぁ
 とゆーことを言いたかっただけです。

52 :須礼立之壱:2001/08/02(木) 11:13
茲未不消滅....ここまだあったんだ
我非常嬉々....とってもうれしいな
皆様請以後....皆様どうぞこれからも
更沢山書込....がんがん沢山書いてって


#久しぶりに来て見たら、まだ細々と続いていて
ちょっとうれしいです(涙。
相変わらず韻を踏めないばかな1でした。

53 :詠み人知らず:2001/08/02(木) 11:24
夏天非常熱
毎天非常鬱
冷麺非常辣
味道非常好

♯中国語できるのに漢語はできない(恥)

54 :詠み人知らず:2001/08/02(木) 12:00
毎日禁酒中 毎日禁酒中
今日又禁酒 今日もまた禁酒す
無金而実行 金無くして実行す
冀来飲酒日 酒を飲む日の来るを冀う

#中国語も漢語も知らぬニセ学生。

55 :詠み人知らず:2001/08/02(木) 12:08
堕落堕落果 堕落し堕落の果て
底抜底無沼 底抜け底無し沼
我腰抜人間 我腰抜け人間なれば
被取足沈没 足を取られて沈没す

56 :詠み人知らず:2001/08/02(木) 12:17
夢終夢終也 夢は終に夢に終わるなり
汝不可見夢 汝夢を見るべからず
厳現実世界 現実世界は厳し
不可不知其 其れを知らざるべからず

57 :詠み人知らず:2001/08/02(木) 12:30
毎日楽朝寝 毎日朝寝を楽しみ
毎晩愉夜長 毎晩夜長を愉しむ
何我不幸也 何ぞ我不幸ならんや
極上身分也 極上の身分なり 

58 :無名氏@いんちき:2001/08/02(木) 15:14
食事制限腹幅減 食事制限すれば腹幅減ず
運動実施脂肪減 運動実施すれば脂肪減ず
大変生飽食之世 大変なり飽食の世を生きるは
少誤膨張無制限 少し誤れば膨張すること無制限

時々部屋中掃除 時々部屋中掃除す
通常雑然時来頭 通常雑然とするも時に頭に来る
一旦実施徹底的 一旦実施すれば徹底的なるも
効果持続三日間 効果持続すること三日間

朝起洗顔食朝飯 朝起き顔を洗い朝飯を食う
其後見新聞飲茶 其の後新聞を見、茶を飲む
毎日毎日同繰返 毎日毎日同じ繰り返し
目新事変事皆無 目新しいこと変わったこと皆無なり

59 :詠み人知らず@山と空:2001/08/03(金) 15:15
毎日独飲酒 毎日独り飲酒す
飲而独落涙 飲みて独り落涙す
故郷日々遠 故郷日々遠し
悲無帰手段 帰る手段無きを悲しむ

60 :詠み人知らず@山と空 :2001/08/04(土) 10:10
無山無海唯在川 山無く海無くただ川のみ在り
熱平原不堪徒歩 熱平原歩くに堪えず
尽孤独而遂仙人 孤独を尽くして遂に仙人
長年求海未発見 長年海を求むるも未だ発見せず

61 :詠み人知らず:2001/08/05(日) 03:36
山梨県多山 山梨県山多し
甲府者盆地 甲府は盆地なり
好武田信玄 武田信玄を好めば
訪問二十回 訪問すること二十回

62 :かたつむり:2001/08/05(日) 12:21
昔日一両人  昔日は一両人
近日衆多士  近日は衆多(あまた)の士
我喜歓相倶  我 喜歓(きかん)す、相倶(あいとも)に
創作偽漢詩  創作せん、偽(にせ)の漢詩

あなうれし! メンバー増えて にぎやかに

63 :かたつむり:2001/08/05(日) 12:33
和韻(わいん)をば やってみましょう 以下ルール

 #五言絶句は(1)・2・4句目、七言絶句は1・2・4句目の
  末尾の文字(韻字)を生かして、お返しの詩をつくります。

>>61
我帰還自山  われ、山より帰還す
彼風爽涼地  彼(か)は、風爽涼(そうりょう)の地
草木土壌香  草木と土壌の香り
訪問又次回  訪問せん、また次回も

64 :無名氏@いんちき:2001/08/05(日) 12:38
過日蝸牛独歩道 過日蝸牛の独歩道
近日諸人牛歩板 近日諸人の牛歩板
創作韻置奇漢詩 いんちき漢詩を創作し  
解消日常的不満 日常の不満を解消せん

65 :無名氏@いんちき:2001/08/05(日) 12:50
>>63

我好御嶽山  われ、御嶽山を好む
登至別天地  登りて別天地に至る
脱下界離人  下界を脱し人を離れ  
安堵息百回  安堵の息百回

#こんな感じですか。

66 :かたつむり:2001/08/05(日) 13:01
>>65 ナイスです!64のお返しは、しばしお待ちを。

67 :かたつむり:2001/08/05(日) 13:18
>>64          *唱和:和韻によって詩を贈ること。

唱和贈答倶同道  唱和(しょうわ)贈答、ともに同道(どうどう)し、
歓楽共有於此板  歓楽を共有せん、この板において
日常生活辛苦多  日常生活は、辛苦多し
笑而払拭共円満  笑いとばせば、ともに円満

68 :無名氏@いんちき:2001/08/05(日) 13:38
異目的地暫同道  目的地は異なるも暫く同道せむ
流流到着於同板  流れ流れて同じ板に到着す
辛苦必終安楽来  辛苦は必ず終わり安楽来たる 
毎日潮引而潮満  毎日潮引きまた潮満ちる

69 :かたつむり:2001/08/05(日) 22:19
>>68  #連携タイムなので下げて書きます。

異郷分里然同道  郷を異にし、里を分かつも、しかれども同道す
雖不相見在同板  相(あい)見ずといへども、同じ板にあり
詩歌交情触琴線  詩歌にて交情、琴線に触るるあらば
心裡蓄積如潮満  心のうちに蓄積せん、潮の満つるごとくに

70 :かたつむり:2001/08/05(日) 22:42
>>59 原詩 → 唱和飲酒賦   飲酒の賦に唱和す
(山と空さん)
毎日独飲酒   来日倶飲酒  いつか来る日、ともに飲もう
飲而独落涙   笑回顧落涙  笑って回顧、涙の日
故郷日々遠   邂逅日々新  出会いは日々これ新しく
悲無帰手段   恰如昇階段  あたかも階段昇るよに   

71 :無名氏@いんちき@山と空:2001/08/06(月) 11:14
望郷里深酒 郷里を望みて深酒すれば
全記憶変涙 全ての記憶涙に変ず
思為悪事多 思へば悪事為すこと多し  
深反省普段 普段を深く反省

#蝸牛さんとは、いろいろなところで一緒ですね。私は単なる物好きです(が、いんちき漢詩はかなりまじめに作っています)。

72 :無名氏@いんちき:2001/08/06(月) 20:22
下車於南木曾駅 南木曾駅にて下車し
登東方南木曾岳 東方、南木曾岳に登る
名山傾斜緩而長 名山傾斜緩かるも長し
至山頂日既傾西 山頂に至れば日既に西に傾く

73 :無名氏@いんちき:2001/08/06(月) 20:35
独泊於寧比曾岳 寧比曾岳に独り泊す

日没後光豊田街 日没後豊田の街光る
霧流後満天之星 霧流れし後満天の星
静也静黙殺全物 静かなり、静は全てのものを黙殺するも
朝日流込悉復活 朝日流れ込めば悉く復活

74 :かたつむり:2001/08/07(火) 00:57
>>72 今宵また 連携のため 下げて書く

小田急線開成駅  小田急線の開成駅にて
毎春拝礼富士岳  毎春 初富士を拝む
名山白銀神気憑  名山は白銀 神気すら憑(ただよ)い
使我低頭対於西  我をして、頭(こうべ)を低くして西のかたに対(むか)はしむ

>>71 袖触れ合うも他生の縁。まじめかつお喜楽に、続けていきましょう。 

75 :かたつむり:2001/08/07(火) 01:23
>>73
暫時離脱雑踏街  しばらく 雑踏の街を離れ、
寓居山林如孤星  寓居す 山林に 孤星のごとく
緑影円環郭公遊  緑影 ぐるりとりまき カッコウ遊ぶ
爽風生気再復活  爽風に われリフレッシュせり

76 :無名氏@いんちき@山キチ:2001/08/07(火) 02:45
>>74
蝸牛夜半独至駅  蝸牛夜半独り駅に至り
偶会我共赴御岳  我とたまたま会い共に山岳に赴く
夜行電車進行遅  夜行電車進行遅かるも     
明方到白馬之西  明方白馬の西に到る

>>75
在山中見遠方街  山中に在りて遠方の街を見る
数多電灯輝如星  数多の電灯星のごとく輝く
想町思家而懐人  町を想ひ家を思ひ人を懐かしむ
独楽閑寂的生活  閑寂の生活を独り楽しむ

#かたつむりさん、いんちき漢詩の和韻は結構おもしろいですね。

77 :無名氏@いんちき@山キチ:2001/08/07(火) 02:53
誤字訂正
>>76
偶会我共赴御岳→偶会我共赴山岳

御岳(みたけ)と白馬は別の山・・・。    

78 :詠み人知らず@山と空:2001/08/13(月) 11:48
夜更独飲酒 夜更け独り酒を飲む
其名前白鶴 その名前白鶴
思長日長夜 思ふに日長く夜長し
数不知終焉 数ふるも終はりを知らず

79 :詠み人知らず@山と空:2001/08/13(月) 11:52
我単酔人也 我単なる酔ひ人なり
非常好於酒 非常に酒を好む
酒飲被呑酒 酒飲み酒に呑まれ
沈無故人地 故人無き地に沈む

80 :詠み人知らず@山と空:2001/08/13(月) 11:58
夏御嶽山最良也 夏の御嶽山最も良きなり
東方在木曾山脈 東方木曽山脈あり
日出成影日沈輝 日出づれば影をなし日沈めば輝く
於人界最美場所 人界において最も美しき場所なり

81 :かたつむり:2001/08/16(木) 16:32
>>76の作品1 #遅レスでスマソです。結構楽しいでしょ。

早朝到着白馬駅  朝まだき 白馬の駅に 到着す
乗合乗車往山岳  バスに乗り換え いざ山岳へ
我不知到山頂道  我実は 山への道すじ 知らざれば
依頼貴君発向西  君を頼って 西へと発たん

82 :かたつむり:2001/08/16(木) 16:53
>>78
或夜又飲酒  ある晩やはり飲んでたら
眼前一白鶴  目の前一羽の白鶴が
為君我酌酒  「さあ君 お注ぎいたしましょう」
抓頬痛苦焉  ほほをつねれば痛かった・・・

#さあてその後の顛末は?

83 :山と空:2001/08/19(日) 11:52
鶴其後飲酒  鶴その後飲酒し
白鶴遂赤鶴  白鶴ついに赤鶴
目覚既日高  目覚めれば既に日高し    
思酔見夢焉  思ふに酔ひて見し夢

#こんな顛末でした。かたつむりさん、お久しぶりです。

84 :かたつむり:2001/08/20(月) 04:30
>>83 赤鶴にはワラタ。メーリヤシタ。

逍遙帯瓶酒  酒瓶下げてブラブラと
邂逅舞彼鶴  昨夜の鶴に行き逢へり
謝汝歓待我  あなたきのうは有難う
辞而飛翔焉  辞して彼方へ去りにけり

85 :山と空:2001/08/21(火) 10:34
深酒呼深酒  深酒は深酒を呼び
白鶴呼真鶴  白鶴はまことの鶴を呼ぶ
詩又呼詩也  詩もまた詩を呼ぶなり
世全呼応焉  世は全て呼応す

#どうも、かたつむりさん。次は何か新しいお題を・・・唱和しますので。

86 :かたつむり:2001/08/24(金) 03:41
#では新作です。通りかかりに見る光景。

  都立中央図書館愛犬会

書館前庭芝生園  広尾なる 図書館の庭 芝の園
諸人帯犬為団円  人ら犬つれ 環をなし集う
大小交雑相追尾  大小犬 交わり互いの 尾を慕う
飼主被牽喋延延  人も引かれて ながなが語る

87 :山と空:01/08/26 12:42
過日行広尾庭園  過日広尾庭園に行き
自転車破裂千円  自転車パンクし千円
嗚呼憎金属破片  ああ憎きかな金属破片
押行修理屋延延  修理屋に押していくこと延々

#どうも、かたつむりさん。昔広尾駅周辺に住んでいたので、懐かしいですねえ。その後4回も転居しているので記憶は薄れつつはあるのですが、でも懐かしいです。

88 :包継:01/08/26 22:30 ID:OVf3H6xQ
月落烏啼往石鹸 月落ち からすないて ソープにいく
店頭女人写真対 お店で嬢の写真を見る
岐阜城下金津園 岐阜城下の金津園
夜半鐘撞到百回 夜半の鐘つき 百回に到る

89 :かたつむり:01/08/26 22:58 ID:gwlcMcjk
>>88 熱烈歓迎!ようこそいんちきワールドへ包継さん!

泡沫攪拌泡石鹸  泡沫を 立てたバスへと かの男女
男女入湯好一対  入りて睦言 しっとり語る
室中深閑鳴何鳥  静かなる 部屋に響くは 何の鳥?
男客満足通幾回  美声ゆかしく いくたび通う

#和韻のルール。五言絶句は(1)・2・4句、七言絶句は1・2・4句の
 末尾の文字をそのまま使用して、お返しの詩を作ります。やってみましょう。

90 :包継:01/08/26 23:08 ID:OVf3H6xQ
>>88
「かたつむり」さん、はじめまして。
つかない替え歌にお返しをいただき、有難うございます。
おっしゃるように、挑戦してみます。でもむつかしいですね。
面白い詩が浮かびましたら、また書きます。

91 :かたつむり:01/08/26 23:13 ID:vtWFZ2u6
>>90よろしくね。待ってマース!

92 :573:01/08/27 00:08 ID:Q0PN91wE
気随悒悒好石鹸  ああシャボン 浮かぶがままに
心事事相成一対  映し出す
縁飾練冠有情偽  偽りを 身に纏いつつ
蓄鋭蒼蒼幾百回  期す明日

適当です、はじめましてー(WW  よろしくお願いしまーす。

93 :包継:01/08/27 00:49 ID:VCoKtkoI
性道極欲幾星霜 読んで字のまま
石鹸健康通知数 ソープ・ヘルス通いは数知れず
未覚援交淫行夢 読んで字のまま
経年陰茎已半立 読んで字のまま

なんでこんなに品のない詩ばかりなんだろう。名前のせいかな?

94 :573:01/08/27 00:52 ID:Q0PN91wE
そうかも でも いいかも

95 :かたつむり:01/08/27 00:53 ID:A4w3KsSU
>>92 #ウワー、ヤバイ。真打ち登場で、一気に敷居高くなりにけり。

真情匿在泡石鹸  ホントの本音は泡にて隠し
一時偽笑倶相対  ウソの笑いで 俄(にわ)か鴛鴦(おしどり)
男女同床描異夢  体は許せど心はやらぬ
固知認真須避回  マジになるのは やめとくれ

 #固:もとより。もちろん。 認真:現代中国語で「本気にする」

96 :573:01/08/27 01:04 ID:Q0PN91wE
いえいえ漢文はチンプンカンプンですから。
超適当で。
よろしくお願いします!

97 :@オ茶ケ:01/08/27 10:10 ID:Cu4OLkZ6
このところ
毎日覗くが
楽しみで

#勤務中にてコッソリ。。。ト

98 :かたつむり:01/08/27 10:55 ID:fUuzSo.A
#山と空さんへ。私もおよそ一年前まで広尾近在に住んでました。奇遇ですね。
 また、あの界隈の光景を詩に作ってみようと思います。

#@オ茶ケさん。今までご挨拶申し上げず失礼いたしました。いんちき電波人間の
 かたつむりです。どうぞよろしく。よければ一作いかが。お待ちしています。

>>87 一輪車

破裂修復征公園  パンク直して公園ゆけば
少年遊興作環円  今日も友らと輪をなし興ず
前進後退操自在  前進後退思うがままに
歓声殷殷響延延  さざめく歓声いつまでも

#この板に 来てから今日で 三ヶ月。

99 :包継:01/08/27 17:09 ID:QtXZ/UsE
経国済民已失時 国を治め人民を救う時期をすでに失ったのだろうか
日本離職到五分 失業率は5%になろうとしている
宰相小泉成救世 きっと小泉さんが乱れた世の中を良くしてくれる
輝来明日願万民 輝ける明日が来ることは、万民の願い

100 :包継:01/08/27 18:28 ID:YLwefTPc
百獲得万歳成我 100番ゲット!やったぜバンザイ

503 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★