5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★【手代木】聖闘士星矢 冥王神話 164【LC】★

1 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 00:32:23.88 ID:YTDMwFL70
週刊少年チャンピオンから別冊少年チャンピオンに移籍した
手代木史織『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』及びその外伝専用スレッドです。

ネタバレと手代木史織関係の話には制限は無いので注意。

注意事項として、
作家アンチ同士の千日戦争は程々に。聖闘士同士の私闘は禁止です。
アニメ星矢、エピソードG、リンかけ等、他作品の話題は原則スレ違い。
強さ議論・LCに関係無い原作の話題は、格付け板と懐かし漫画板の専用スレへ。
あと、エロスは己の良心に訊ねた上で、程々に。

週刊少年チャンピオンで不定期連載中の
車田正美『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』とは分離しているので専用スレへ。

新スレ立ては>>950に託す。立てられない時は早めに申告を。

前スレ
★【手代木】聖闘士星矢 冥王神話 163【LC】★
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1357021746/

2 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 00:32:58.90 ID:YTDMwFL70
外部リンク一覧

《車田正美 公式》
http://kurumadapro.com/

《手代木史織 公式》
http://kuronekostoicism.oops.jp/

《原作 公式》 音が鳴るので注意
http://www.st-seiya.net/

《秋田書店 公式》
http://www.akitashoten.co.jp/index2.html

《過去ログ庫》
http://minagi.cc/ss/

《OVA公式》
http://loscan.jp/index.html

3 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 00:44:08.20 ID:YTDMwFL70
関連スレ一覧

アンチの方はこちらへ
聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話アンチスレ12
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1357295498/

NDの話題はこちらへ
【車田】聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話59
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1362443645/

全星矢シリーズを総合的に語りたい方はこちらへ
【原作アニメ小説】星矢総合スレ10【NDLCGΩ】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1359994670/l50

【投票所】 - 聖闘士 冥王神話(LC)人気キャラ投票2
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/vote/1350201061/

LCのOVA話題はこちらへ
聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話 その5
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1304747153/

強さ議論をしたい方はこちらへ
★聖闘士星矢(強さ議論スレッド)十二万三千日戦争★
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1362134843/

4 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 06:29:12.57 ID:RmtZhs2b0
>>3に追加

手代木作品全般スレ
【手代木史織】聖闘士星矢冥王神話LC&他作品1
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/comic/1361618109/

5 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 06:35:00.26 ID:RmtZhs2b0
LCが代表作だが手代木作品には少女向け作品が多く
LC外伝もユズリハ外伝は少女漫画雑誌に掲載された

少年漫画板ルールをふまえると
>>1の手代木関係の話題に制限つけないのは違反になる
テンプレについて考え直す必要あるよ

6 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 07:01:39.48 ID:YTDMwFL70
手代木史織関係の話をサイン会とか作者そのものの話と解釈すればいいんじゃね

7 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 19:14:28.78 ID:AjJbbSibO
つか星座にちなんだ料理を食べてみたなんつー
個人blogにでも書いておけよな話題でも、普通に話していたんだから
今更、あれ話しちゃダメこれだけ話せなんて制限かけてもしゃあないじゃん?

8 :作者の都合により名無しです:2013/03/06(水) 19:25:34.04 ID:SI34cLu30
そうだよ。
変に拘ってる人が約一名いるだけ。

9 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 15:47:18.36 ID:H/TAzdg10
質問です、ペガサスとアンドロメダとフェニックスの前世はすぐにわかりますが、
ドラゴンの前世にあたりそうな人物が見当たらないです。
キグナスはユニティと言われればわからなくもないけど、ドラゴンはそれらしいの登場してないよね?

10 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 16:06:39.83 ID:Anw8r3vA0
前世確定はテンマ→星矢、サーシャ→沙織さんだけ
後は単なるオマージュ(輝火の最期は「映像はイメージです」的なアレ)

どうしても納得いかなけりゃ
何故か脱いじゃうバイオレート(本名はバイオレットらしい)か
龍の化身(力の一部が人間の姿になった)だった流星ということにしとけ

11 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 16:37:46.51 ID:39AvPnXEO
性格的にはテネオが1番紫龍っぽいな

12 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 19:37:25.27 ID:14lPfElV0
オマージュなら青銅二軍を忘れないで…

13 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 21:54:18.10 ID:6NAo6SP+0
>>9
老師(童虎)の若い頃がそのまんまだろうが
「すぐ死にたがる不肖の弟子」だと思っていたら
割とまともな弟子が師匠のアレな部分まで継承しちゃったんだな、紫龍

14 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 22:41:18.50 ID:BfNVu+ANO
君たち、先に前スレを埋めたまえ

15 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 22:58:31.97 ID:S1WLlY/R0
まだ残ってたんだ

16 :作者の都合により名無しです:2013/03/07(木) 23:19:43.86 ID:dgMjaE7m0
>>12
船大工でみんな出てきたじゃん

17 :作者の都合により名無しです:2013/03/08(金) 00:15:42.33 ID:pIJDl5e60
ありがとうございました。
まさかベヌウも確定してなかったとは思いませんでした。
そういえば、テネオで思い出したけど、コミックスでタウラスがタラウスと誤字になってましたね。

18 :作者の都合により名無しです:2013/03/08(金) 06:05:34.15 ID:F5ABFr1j0
そもそも聖矢世界で「前世」「転生」がありふれた出来事なのか
一部の特別な存在だけの出来事なのかも不明だしな

大量にいる白銀もそうだけど
明言されたキャラ以外は「よく似た姿であるだけ」と考えた方が自然

19 :作者の都合により名無しです:2013/03/08(金) 12:29:03.91 ID:jevU3jaJ0
漫画的にわかりやすくしてるだけで
テンマとサーシャ以外は、多分「なんとなく似た印象の人」程度のもんだろう

20 :作者の都合により名無しです:2013/03/08(金) 22:07:26.21 ID:F5ABFr1j0
考えてみると、モブ白銀が星座名で呼ばれるのも
「同一人物の転生とかって訳じゃないよ」という事なのかもな

同じ顔の蜥蜴座だけど「ミスティ」であるとは限らない。

21 :作者の都合により名無しです:2013/03/08(金) 23:47:33.92 ID:ZMrvXSh60
前世と思いたければ別にそれでも問題ないんじゃないの
絶対に誤解されたくなければそんな類似デザインは避けたはずだし

そもそもNDがある以上正史ではLCは原作に繋がらないんだから
LCに繋がる原作は原作´として
その原作´のキャラの前世はLCキャラだ、てことで独自で解釈してしまって構わないはず

22 :作者の都合により名無しです:2013/03/09(土) 08:42:19.51 ID:ASDHMmIF0
どっちにしろLCの後って、原作に限りなく一緒の物語へつながっていく気がするな
出てくる登場人物も話の展開も限りなく一緒な
逆にLCの後に原作と離れた世界が展開されるとも思えんし

23 :作者の都合により名無しです:2013/03/09(土) 20:05:08.61 ID:OhEkl45s0
分家に載ってたピッコロが確かになんともいえない気持ち悪さで笑った

24 :作者の都合により名無しです:2013/03/09(土) 21:02:23.40 ID:Sea9B3bH0
>>20
リザド似てたかな?
絶対「神よ私は美しい」なんて言いそうにない真面目そうな人という印象だった

25 :作者の都合により名無しです:2013/03/12(火) 10:57:51.93 ID:G0Cu8XZxO
>>9
単行本では削除されていますがドラゴンのクロスを着ていた人物はいるんだチョー

26 :作者の都合により名無しです:2013/03/12(火) 18:35:31.43 ID:3m8emWmN0
アタバク・荒野鬼神は大元帥明王・アータヴァカのことか。

ユズリハがやたら冥王軍を憎む様子からすると、ユズリハ外伝の後の話のようだな。

27 :作者の都合により名無しです:2013/03/12(火) 23:50:40.37 ID:iU2MPsEMO
ユズリハが戦士してるって事はトクサの件が有った後って事だしな

28 :作者の都合により名無しです:2013/03/13(水) 03:09:21.72 ID:Fteimdbk0
顔立ちの幼さよりもお胸の成長具合で何となくの時期が察せるのが嬉しい>ユズリハ

29 :作者の都合により名無しです:2013/03/13(水) 06:45:52.17 ID:QSmsZRNX0
あのいつもの服+申し訳程度の防寒具では意味がないくらい寒そうなんだが

30 :作者の都合により名無しです:2013/03/13(水) 09:21:04.76 ID:n41EUwyv0
小宇宙があればなんでもできる

31 :作者の都合により名無しです:2013/03/13(水) 13:51:59.09 ID:i4pnCuItO
まあノースリーブでシベリア在住な人達がいる業界だからな

32 :作者の都合により名無しです:2013/03/13(水) 14:20:44.97 ID:LwcYHqrT0
>>9
氷原の奇行師といえどもあそこまで浅慮じゃない
前世ともオマージュとも思わなかった
しいてあげればユニティはアレクサーのオマージュでは?

33 :作者の都合により名無しです:2013/03/13(水) 16:51:16.73 ID:++wCVNwi0
血統的にはそうだろうが、デザイン的にはアニメオリジナルの
神闘士ハーゲンに近いセラフィナはフレアはもろにフレアだしな

34 :作者の都合により名無しです:2013/03/13(水) 21:17:38.62 ID:yHKcL1Yk0
ヒルダ様じゃなくて?

35 :作者の都合により名無しです:2013/03/14(木) 01:15:39.68 ID:urbZkaiN0
予想外のユズリハ登場にちょっとワクワクした
しかしサーシャ・セージ・ハクレイ・シジフォスの聖域首脳部は流石に外伝登場率高いけど
同じく時期教皇有力候補だったアス兄は今のところ影も形も見えないな(アスミタ外伝時にはすでに故人だとは思うが)

きっちり猫はかぶっていたんだろうけどあんまり他の黄金と親しく付き合ってはいなかったんだろうなあ
立場からするとむしろ2、3人は自分の派閥に取り込んで子飼いにしたりしててもよさそうなもんだけど
あの人のことだから自分と弟がいれば十二分とか考えてたんだろうか

36 :作者の都合により名無しです:2013/03/14(木) 08:03:47.54 ID:vun6oCNl0
雑兵が、時期教皇はきっとアスプロスだ!みたいなこと言ってたから
黄金の中でもアスプロス派はかなりいたんだろうけど
じゃあ具体的に誰がアスプロス派っぽいんだと言われたら一人も浮かばんw
エルシドとレグルスは明確にシジフォス派だろうし牛もどっちかっつーとシジフォスっぽい

37 :作者の都合により名無しです:2013/03/14(木) 08:20:20.05 ID:+Nr3Fb/PO
あんまりシジフォス派っぽくないというだけなら蠍水瓶コンビあたりなんだが
シジフォス派っぽくないだけでアスプロ派っぽくもない
羊や天秤も中立ややシジフォス寄りっぽいし

蟹はジジイ長生きしろ派

38 :作者の都合により名無しです:2013/03/14(木) 09:31:47.93 ID:sUILl6fN0
>>36-37
纏めると…。

シジフォス派:獅子、山羊、雄牛
中立;蠍、水瓶、魚、牡羊、天秤
その他:蟹、乙女

しかし、その他で蟹と乙女が並んでるのを見ると色々感慨深いw

39 :作者の都合により名無しです:2013/03/14(木) 21:38:56.78 ID:KusH4eqD0
>>36
アスプロスは黄金内での人望はあまりなかったけど
雑兵や白銀、事務方のウケはよかったとか

40 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 01:07:55.74 ID:kqdvMZqd0
>>36
当のシジフォスがアスプロス教皇支持

41 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 01:08:37.79 ID:eEV3yU1I0
シジフォスはリーダーというより補佐役の方が適正あるような雰囲気
風格もあり皆を引っ張っていく気持ちがあるアス兄の方に雑魚が惹かれるのは
自然な流れかと


なんかもうただのやさぐれ坊やの輝火の最低一回は黄金と対戦させたくなってきたw

42 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 01:10:00.71 ID:kqdvMZqd0
あ、違うか
シジフォスは教皇を辞退しただけか
教皇にはアルデバランこそ相応しいって思ってたかもしれない

連投ごめん

43 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 01:22:30.71 ID:l0wYJbvI0
上に出てた瞬の前世って誰?
ベタにアローンの事?

44 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 02:37:21.09 ID:we5+rt/E0
>>43
輝火の弟の翠

45 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 04:53:16.48 ID:IErMa0Ui0
アホw
 ↓

46 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 10:04:52.10 ID:eEV3yU1I0
病弱だった弟が来世じゃ最凶の男とはなw

47 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 10:29:09.68 ID:evRg0Tq50
輝火が一輝の前世というのはファンが勝手に想像してるだけじゃなかったか?
一輝かND水鏡の設定をモチーフにして輝火を設定しただけだと思ってたが

48 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 11:26:19.17 ID:qUsJj4Os0
何度も言われているが明確に前世なのは女神と天馬星座だけで、後は確定していない。
前世かも知れないし、単なるオマージュかも知れないし、ファンサービスかも知れない。

翠だって名前の元はエスメラルダだしな。

49 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 11:36:20.08 ID:0FMZiAFF0
>>48
翠玉=エメラルド、エスメラルダ=スペイン語でエメラルド だっけ?

50 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 12:43:23.05 ID:l0wYJbvI0
>>44
サンキュー
>>49
じゃね
翡翠だとジェイドだと思うけど

51 :作者の都合により名無しです:2013/03/15(金) 18:41:39.59 ID:F0a+LD4E0
>>40
あー、なんかすごい納得した
他の誰が気付いてても、シジフォスだけはアス兄さんの裏の顔に感づかなさそう

52 :作者の都合により名無しです:2013/03/16(土) 19:08:36.09 ID:UDpOzDR00
セージ「アスプロスは得体の知れない部分が有るので、次期教皇として強く推しづらい」
シジフォス「何をおっしゃるのですか。アスプロス程教皇に相応しい人物はおりません。私などより適任です」
サーシャ「アスプロスさんは何だか怖いです…。シジフォスさんが次期教皇になって下さい…」
シジフォス「教皇!アスプロスをアテナに近付けるのは危険です!ましてや次期教皇などもってのほか!是非私を次期教皇に」
セージ(アスプロスは不安だが、シジフォスはもっと不安だ…)

53 :作者の都合により名無しです:2013/03/16(土) 19:21:25.25 ID:hDoquowb0
>>40の人は勘違いだったみたいだけど
シジフォスってアスプロス推しだったの?

54 :作者の都合により名無しです:2013/03/16(土) 20:50:12.72 ID:+rcyKc1F0
辞退したという話の後にセージの「私もそれ(アスプロスが教皇になるの)が自然だと思っていた」という台詞が入るから、
「私よりもアスプロスが適任だと思います」ぐらいは言ったんじゃないかと思う

55 :作者の都合により名無しです:2013/03/17(日) 10:49:57.15 ID:hhAmACNQ0
実際応時の黄金二巨頭として少なくとも表面上双子と射手は仲良かったと思う
友達ではないが尊敬できる同級生的に

56 :作者の都合により名無しです:2013/03/17(日) 11:24:01.24 ID:xKzMuToX0
何となくのイメージなんだが、こんな感じ。

・人柄がよく周囲から推挙される、好かれるまとめ役タイプのシジフォス
・意欲とビジョンが明確で自ら立候補する、率いるリーダータイプのアスプロス

近藤勇と土方歳三のように後者が前者を上手く立てて両輪となれば組織としては盤石だけど
席を争う事になった場合は前者は後者を認められるが、後者は前者が自分の対立候補である事自体が不快。

57 :作者の都合により名無しです:2013/03/17(日) 14:43:23.12 ID:7EglaomrO
アスプロスってちびまる子ちゃんの丸尾くんみたいだな

誰も学級委員長なんて面倒でやりたいとは思ってないんだが
勝手にライバル視して盛り上がったりするあたり

58 :作者の都合により名無しです:2013/03/17(日) 17:33:22.50 ID:mNFdmUrE0
教皇の位はめんどうな学級委員とは全く違うだろ
それに実際シジフォスとは時期教皇候補という意味ではライバルだっただろうし

それに、シジフォスをライバル視して盛り上がる描写なんてあったか?
相手が誰なのかより「俺が認められなかった」がアス兄にとっては大事なんじゃ

59 :作者の都合により名無しです:2013/03/17(日) 18:28:36.45 ID:xKzMuToX0
>>58
その辺も含めて
「なりたい」アスプロスと「なってほしい」シジフォスでは温度差があったんだろうな。

60 :作者の都合により名無しです:2013/03/17(日) 20:32:35.47 ID:xKzMuToX0
前にもちょっと書いたけど
教皇:アスプロス 補佐役(祭壇座):アヴィド 黄金筆頭:シジフォス
この組み合わせは上手くハマれば最強だったんじゃないだろうか。

旧弊を改める明確なビジョンを持った精力的なトップと、
野心家ながらトップに実力がある限り従うしかない実務能力・組織力に長けたサブ、
そしてこの両者が暴走しそうな時はブレーキをかける保守的で良識派の権威代表。

半歩間違えると、聖域が地球を征服する事になっていただろうがw

61 :作者の都合により名無しです:2013/03/17(日) 20:34:42.58 ID:XMOvRLAm0
>>57
丸尾くん=本家星矢の教皇様なわけだがw

62 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 00:58:55.79 ID:JHbe7KXI0
>>60
>教皇:アスプロス 補佐役(祭壇座):アヴィド 黄金筆頭:シジフォス

さらに後任双子座に教皇と同レベルの弟デフテロスが収まる
麻呂ジジィ二人も健在な上に教皇兼務しなくていいので双子神専門に動ける、と

いやぁ妄想のしがいのある、かつ夢のある布陣ですなぁ

63 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 18:53:53.43 ID:oDWnDLrJ0
なんか初手からイチかバチかな布陣だなw
うまく機能すればハーデス軍も圧倒できそうだが、内部崩壊しそう

64 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 20:58:46.22 ID:gj1yqHsUP
ハーデスと戦う為には黄金十二人揃ってるか、女神の単騎特攻しかないのが悲しいところ

65 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 22:07:35.25 ID:14SsgMn6P
読んでて疑問だったんだがデフテロスはなんで凶星だったの?
そもそも凶星ってなんだ? 聖域の風習?
けどなんら落ち度ない理不尽な迫害を知りつつ
教皇は放置してたんか? 謎だ

66 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 23:10:00.57 ID:SUlfqHQG0
その理不尽さでいじめ同然の扱いを受け兄弟関係が歪んでウンヌン…って所も含めて
結果としては確かに凶兆であった

67 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 23:44:34.59 ID:14SsgMn6P
それって招くべくして招いた本末転倒の人災じゃん
やっぱ作者も習わしや理由書かなかったんだよな

68 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 23:52:16.78 ID:SUlfqHQG0
どっちかって言ったらアス兄の方がよっぽど厄ネタであるんだがな
一滴落とされなかたら歪んだなりに仲良し兄弟続けてた可能性もあるが

69 :作者の都合により名無しです:2013/03/18(月) 23:59:04.19 ID:0BNvyvBI0
リンかけとか「双子は不吉」ネタはありふれているんで、そういうモンだと納得していた
聖域は別に科学的に合理的な訳でも平等やら人権やらを尊重してる訳でもない
昔からの宗教組織だしな。

70 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 00:12:07.38 ID:aBkRIBpNP
「双子は不吉」は明言されてないし
あんな仮面をつけなきゃならず影となる理由も定かではない
原作だってそんなことは一言も触れてないし
LC世界だって蟹座双子が平然と地位確立してるだろ?
だからわかんない
そのよくわからん慣習を知りつつ長年放置してた
星見かつ教皇かつ双子の片割れであるセージ自身も謎なんだが

71 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 00:14:37.63 ID:JozTZRQa0
良くも悪くも勢い重視な車田無印版の属性ごと引き継いだ作品>LC
その煽りを食らったな

72 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 00:14:44.06 ID:GnSufkfh0
きっと双子座が双子の場合は絶対やらかすってどっかに書いてあるんだよ

73 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 00:43:28.10 ID:aBkRIBpNP
双子が何かやらかすならアスプロスの言うように二人纏めての処遇でなかったのは何故だ
もっともその「双子が何かやらかす」自体本編では何ら言及されてないが
片割れを冷遇する事が好対策と教皇が判断したのか?
「見てはおれんな」「すまなかったなデフテロス…」て
故意か黙認か、長年放置した末に攻め入ることまでしっかり読んでいて
何を今更言ってるんだ、と思ってしまった
双子周りさっぱり理解不能…

74 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 01:09:33.41 ID:OByIiZf00
選ばれたほうが実は替え玉で、冷遇されてるほうが本当は正式な双子座だった
正式な双子座を失わないための保険制度的処遇じゃないかと妄想したことはある
BASARAのタタラ的な

まあ妥当なところ、たとえ教皇といえど、すべてがすべて独裁政権みたいに口出せるわけじゃない悪しき慣習だったんじゃないか?

75 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 01:43:56.07 ID:CKvp6Tg90
双子近辺、よくわからない
悪魔の一滴で人生狂わされたって、人のせいにするのはどうかと思ってしまった…
火の無いところに煙は立たず

76 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 01:46:11.36 ID:wfVT2J5Q0
単純にカノンのオマージュじゃね?
サガとカノンが双子なのは教皇すら知らない極秘情報だったが、なぜかの説明は一切なかった
聖域が宗教組織だということを考えると双子座の聖闘士が双子として生まれると
片方は殺されても文句が言えん掟みたいなのがあるんだろうな
現在でも海外にはそういう因習があるらしいし

77 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 02:55:31.66 ID:KO+qwKm60
あるんだろうな、じゃなくて漫画内でそれを明示すべきでないか?
殺されてもしょうがないなら殺しとけばいいって話になるし
だいたい双子が不吉なのか双子座に限るのか肌や目の色が問題なのか、てことすら説明なしでわからない。

原作の「存在を知られてない」程度ならそんなもんか?ぐらいで済むが
あんだけ堂々と迫害されてる制度としての「理由」、教皇は管理下のそれを憂いていて何もしてない「理由」、この重要箇所LCはダブルで不明。
星が凶だというのは星読みの第一人者である教皇が一番良くわかる。憂いているならば根拠はないはず、なのに放置。
「貴方が謝ることなど何一つない」じゃねーわ、とは読んでて思ったな。

先代にも後代にも残ってないここだけの謎迫害。
設定先にありきで深く考えず「理不尽に虐げられる弟」を作者はやりたかっただけなんだろうなーと。

78 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 08:58:44.81 ID:fiMBW6kr0
肌の色って説もあったな、初めからそういう人種(褐色の肌)の子供ならまだしも
兄貴とか見る限り突然変異っぽいし
もしかしたら八重歯が目立ってたのも生まれつき(歯が生えた辺りから)だったら
西洋では、目立つ八重歯=悪魔の牙みたいな扱いをされていたらしいから
白人系の家系で褐色の肌+発達した八重歯なら凶星扱いされても不思議じゃない
ただ、教皇は東洋人だからその辺(外見絡みの迷信)は馴染みがないが、口出しもできなかったとか

79 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 21:12:37.36 ID:m3dVENk60
車田漫画に「双子はなんか不吉だから殺すか捨てよう」設定が多いせいで混乱するが
あくまでも凶星なのはあの時点のデフテロス。そして禍をもたらす原因を消せば凶星は消える(変わる)
だがデフテロスが禍を起こすのか、デフテロスが原因で禍が起こるのかまでは星読みでは判らないから観察状態だった

まぁ本来は殺すべきだったが、「悪いことするかも知れないから殺そう」という決断が出来なかったんだろう
どっちかといえばアスプロスが常に庇ってたが正しいか

80 :作者の都合により名無しです:2013/03/19(火) 22:59:15.78 ID:VMDcXYZiO
RED買ったらまおゆう小冊子に手代木さんが8P描いてたわ
LCがシリアスだからコメディはなんか新鮮だ

81 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 00:50:30.48 ID:MiILG3Hb0
>>77
説明不足なのはその通りだが妄想するのも楽しいじゃないか
双子座が過去に何かやらかしたのは容易に想像できるし、それはおそらく聖域にとって重大なこと
なにしろ教皇であるセージでさえ黙認せざるを得ないような状況を生むような何か

それでも身内の迫害程度で済むのは、人望&実力で教皇候補になれるほどの突出した人材が周期的に表れるから
とか、いろいろ妄想するの楽しいじゃない?

82 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 01:18:04.81 ID:XjiE11rIO
その逞しい妄想力で
水瓶座外伝も補完説明してやってくれ

83 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 12:59:27.45 ID:5Hi7H6uH0
双子座候補が双子だったら用心せい
という言い伝えが後付けされても全く驚かない

84 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 16:55:10.75 ID:Pp6bfn2Z0
水瓶外伝はマジで読んでて分からなかった

85 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 16:56:14.98 ID:/XOTUrsd0
フローライトは絶対聖域の侍女になる予定だったと思うんだよなあ

86 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 16:59:00.82 ID:HGBR623L0
水瓶座外伝は
長く生き過ぎて疲れた老人vs若く青臭いけど未来やら希望やらを信じる若者
というシンプルなテーマだろう

87 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 17:02:31.97 ID:Pp6bfn2Z0
ボケジジイの長く生きて争い嫌はまだわかるが
クズ女になびく理由が1つもないわ
争いの種を自分で増やして何してるんだと

88 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 17:29:52.12 ID:owiX7fzu0
ガーネットの国は50年間、隣国との戦が無かった
後は、聖域と冥王軍の抗争で黄金1〜2人が生き残る状態だったら、数百年は平和になる

89 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 17:36:35.52 ID:05A26VeK0
うざいメイドとその親父はいなくて全然困らない存在だったな
ラストの眼鏡のエピもわざとらしくて蛇足

90 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 18:22:10.81 ID:sIxgy24b0
永遠を生き、美貌と歌声で平和をもたらすことが出来るガーネットのために
多少の犠牲を出しても構わないだろうってのがガーネット自身の考え
爺も一応理解はしている

だけどどんなに儚く一時しか生きることのできない人間でも
夢をつないでいくことに意味がある、んでその人々を守るのが聖闘士の役目
その考えを結局捨てきれなかった爺がガーネットの誘いに乗って
「永遠の平和派ガーネット&爺VS儚い人間かつ聖闘士のデジェル」の図式をつくり
物理的に答えを出そうとした

五百数十年生きてこのざまだよ!

91 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 18:26:27.61 ID:qOA+NlN+0
水瓶外伝の妄想で補完ってちょっと自分には無理ゲーだな
カルディアの看病をするためにサーシャがカルディアにつきっきりになっている事に
ぴきぴきしているシジフォスぐらいは脳内補完余裕だったけどさw

92 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 19:40:39.81 ID:XoztRc8R0
ガーネットとか劣化ハーデスだしな
うざいメイドの父親が死んでる元凶だし、序盤で旦那が行方不明だと騒いで来たおばさんの扱いとかから
平和語りだしてポカーンとなった記憶( ゚д゚)

もうデジェルは他の話で絡んでこないのかね蠍は終わってるし牛に微かな期待を

93 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 20:04:09.06 ID:/XOTUrsd0
双子編で、エルシドとともに出てこないか期待してる

94 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 20:11:55.92 ID:GnV2SKQX0
メイド親子よりも没案だったブルーインパルスを放つセラフィナ様を見てみたかった

95 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 21:18:37.11 ID:05A26VeK0
>>94
どう考えてもセラフィナ様スピンで押した方針だったら
ジジババコンビがいくらアフォなままでもずっと応援されたと思うわ

96 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 21:35:19.90 ID:OynnlKeM0
RED付録のまおゆうアンソロ漫画に描いてたぞ
ゆるいギャグで新鮮だったけど元のキャラデザと絵柄との親和性が高くてそれにもビックリ

97 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 21:37:04.46 ID:OynnlKeM0
しまった!こっちはLCのスレだった申し訳ない

98 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:03:20.90 ID:rInYKBhYP
なんで一般人でブルーインパルス放つのよ
ただでさえ非ソロ家で女で死体で
なのに海王の力が体よく憑依しちゃうなんて謎事態起こしてるのに
ムチャクチャすぎや

99 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:12:06.21 ID:X9G0Hd520
あれ憑依したんじゃなくて、死体保存のために海皇の力を封印したオリハルコンと一緒に置いてたら
パンドラ様が、ハーデスの邪魔になる!と破壊しようとして一部を欠けさせた
結果、オリハルコンが制御不能になり力を浴び続けたセラフィナ様の死体を軸に暴走させただけだろ
ブルーインパルスに関しては、ブルーグラード領主の家系=氷闘士の元締めだし
多少の護身程度の嗜みはあったかもしれん

しかし、あの頃のパンドラ様の体を張った芸人魂には敬意すら抱いてしまうな

100 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:15:58.22 ID:NsDcSPzo0
>>98
外伝の時はセラフィナ様まだ生きてるぞ、勝手に殺すなw

101 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:16:35.08 ID:Hk2p0k/ii
戦うセラフィナ様見たかったわ〜

102 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:22:09.76 ID:rInYKBhYP
たまたまな死体を軸に暴走するのも都合がいいが
そうでなくたって弟は憑依させる気だったでしょうが
非ソロ家で女で死体なのに
ムチャクチャすぎや

103 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:25:27.44 ID:Hk2p0k/ii
>>まあまあ
ソロ家はセラフィナ様んちの分家かもしれないし、パラレルだから目くじらたてんでも

104 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:26:17.51 ID:Hk2p0k/ii
>>103>>102あてアンカーつけ忘れました

105 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 22:33:55.96 ID:Mi9A4kihP
>>102
ポセイドンの力に当てられて変化したみたいな事言っていただろ

106 :作者の都合により名無しです:2013/03/20(水) 23:33:48.73 ID:GERP7Zbu0
まーこれも手代木さんが
「ヒルダ+フレアオマージュやりたい!」
「女体描きたい!」
「それにポセイドン鱗衣纏わせたい!」
で深く考えずやっちゃったことだろうな

107 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 00:06:56.04 ID:KwXczNVd0
ファビョるな

108 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 01:10:51.71 ID:a2pTHExC0
ブルーグラードも水瓶座周りか…
その外伝もちと難なのは、たまたま?

いろいろ謎だがメイドさん一人取っただけでも
デジェルはガーネットの魔性の歌声に耐えきったとの語りだが、この子はなんで耐えられたんだ?
でこのナレーションは突如消えてそのまんま終わるが、一体いつ視点でのナレーションだったんだ
んで何故この子が屋敷での自由行動が許されてたのか理由がわからん
さらに父親捜しに潜り込んだはずが冒頭でパーティー楽しみにしてたとかワケわからんぞ

109 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 01:33:02.20 ID:mlyDSKDe0
駄メイドがさりげなくイラッと来るのは
あのはしゃいでるドジっ子っぷりが父親捜索なんて実は口実なんじゃね?と思わせるところだと思う

110 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 11:32:56.38 ID:/AXxwbtX0
>この子はなんで耐えられたんだ?

他の楽器を演奏していた連中も耐えていたわけだろ
つまり、ガーネットの歌声は任意で魅惑対象を選べる能力ってこと

>何故この子が屋敷での自由行動が許されてた

何か探っているらしいから、わざと泳がせていた

111 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 13:35:42.02 ID:qV9shsqX0
耐えられた理由、微弱な小宇宙を持ってるから…とかかと思ってた
そのつてで聖域で働くことになり、
12巻だったかで「デジェル様は知の戦士だもの」とか言ってる侍女になると

112 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 13:45:30.22 ID:/AXxwbtX0
つーか、なんで歌声は無差別に誰でも効くと思うんだか
ハーデス城の結界みたく、聖闘士=敵にだけ効果ありの場合だってあり得るだろ

113 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 14:17:04.79 ID:gLTN2D0H0
まあ自分とこの使用人をいちいち魅惑してたら支障が出そうだしな。

114 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 17:05:57.99 ID:YHKi2QCaP
>>112
自分の領地だけじゃなく周辺国(=ゾーン)の住民をも歌で魅了してるからでしょう
そしてピンポイントで施す技?ではなく一回で大量に施す技というのも見せてるから
更に技の効く条件が「歌声を聞いた者」だから
作品内での描写から、対個人への技ではなく汎用技と捕らえる方が普通かと

115 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 17:11:31.68 ID:/AXxwbtX0
>>114
・晩餐会の場面でクレストが指揮者をしてたオーケストラには効き目が無かった
・デジェルVSクレスト戦では、歌声にデジェルだけが反応していた

116 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 21:37:56.26 ID:a2pTHExC0
>>110
つまり魅惑対象を選べるとメイドは知っていたってことか?
なら「お気を付けください」も「何と耐えてしまわれた」もおかしいだろ
目の前の男が対象者か自分みたく非対象者か、どうやってそれがわかるんだ
それに自分が歌の魔力を知らない身なら、それに耐える事が凄い事かどうかもわからんじゃん

>何か探っているらしいから、わざと泳がせていた

わざと泳がせて、それで? のビジョンが見えないんだが
弱みや決定的な証拠を掴む必要があるほど重要人物なのか
自身に嫌疑を向ける者、メイド父やフライユ夫人との対応の差はなんだろう

それと
ナレーションの件とパーティー楽しみの件は何でスルーなんだ

117 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 22:22:40.65 ID:maErzOWQ0
水瓶は途中で話の構想を変えたとしか思えなかったからな
他のは山羊がラカーユをせっかく出したのに空気状態だったりがあったけど概ね良かったんだけどな

118 :作者の都合により名無しです:2013/03/21(木) 23:52:34.21 ID:vdKbXMiZP
つうか夫人も歌で魅了しちゃえば良かったのに
もしそれができなかったのなら
水瓶だけがすごいってわけでもない
ついでにセラフィナも魅了されて感涙した様子とかなさげだよね

119 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 00:00:06.85 ID:KaOnOuagO
>>117
「途中で変えた」が一度や二度でなく
各回ごと各キャラごと何度も何度も変わってて
なんでここまでちぐはぐなんだろうと不思議だった
そのフローライトにしてもクレストにしてもガーネットにしても

120 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 00:36:06.86 ID:9ZolUbDW0
>>116
>魅惑対象を選べるとメイドは知っていた

それは知らないだろう
ただ、似たような宴で感涙するほどハマる奴を今まで見てきたから「お気を付けください」と
注意したわけ

>わざと泳がせて、それで?

火打石のように、イザとなったら(黄金相手の)人質にでもする気だったのでは?
表向き慈悲深い名君という体裁だったから問答無用で殺すのも憚られた

>>118
>夫人も歌で魅了しちゃえば良かったのに

歌を一曲終えた後だったからな
少し喉を休めたんだろw

>ナレーションの件
>パーティー楽しみの件

ナレーションは流石に不明瞭だな
「パーティー楽しみ」は言葉通りだろう
父親の件も気にかかるが、庶民の出には華やかなパーティにも興味があるのだろう

121 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 00:51:39.48 ID:G16zxuxLP
すんごい贔屓読みだなw

喉休ませるとかでなくて
そもそも反目されないように
知り合った当初から魅了しちゃえば済んだ話でないのか、ってこと
表向き慈悲深いなら火種放置もなかろうに

放置する者、泳がせる者、吸い取る者
それらの違いってどこから来てるんだ
しかもそれ、敵国やら罪人やらでなく、すべて無辜の「領民」だし
それで謳う「平和」って、何処の誰に対してのもの?

122 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 01:02:15.31 ID:9ZolUbDW0
>>121
>知り合った当初から魅了

上にも書いたが、ガーネットの歌声が無差別に誰でも魅了するとは限らない
フライユ夫人はノーマークだったんだろ
それと、フライユ夫人の夫は自殺だったから水晶の養分にはなっていないぞ
ガーネット自身が「自分の方からは何も要求していない」と述べているように、世間的には
それで済むはずだったんだろ

>放置する者、泳がせる者、吸い取る者
>敵国やら罪人やらでなく、すべて無辜の「領民」だし

領民の中から最小限の犠牲者を出すことで、(歌声・宝石児などで)敵国を上手いこと懐柔するってのが、あの二人の
目指した「平和」なんだろうな

123 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 01:35:03.93 ID:G16zxuxLP
>>122
> フライユ夫人はノーマークだったんだろ

アナタついさっき「喉休ませてた」言ってたじゃないですか…

平和を維持すべき領地で、そこに暮らす人々に
対象者も対象者じゃないもあるの?
歌声を轟かせ皆自分に平伏させれば争いも起こらないのに
洗脳下に置けば夫が夢中になろうと夫人は疑問すら抱かないのに

> 領民の中から最小限の犠牲者

だからその、犠牲者の選別基準が謎ってことよ
なんで領民?敵対者じゃなく?フローライトの父親は罪人か何か?
夫人やフローライトは何故外された?

たとえば上記にあるように、全土に歌声での支配を目論んだけど
たまに特異体質で効かなかった輩も出てくる、それらを吸い殺し対象にした
ってんならわからんでもないが

124 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 09:18:45.94 ID:9ZolUbDW0
>>123
>喉休ませてた
晩餐会の最中は「喉休ませてた」わけ
で、晩餐会以前は「わざわざ魅了するほどの相手ではなかった」

>犠牲者の選別基準
敵軍とかは宝石児が普通に蹴散らして終わり
領民の犠牲者はガーネットの屋敷の近くの者が優先される
歌声で遠隔操作できる範囲の問題なのだろう

125 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 12:39:40.22 ID:sdsDjLVA0
せまっ

126 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 15:20:39.64 ID:u9ULqsfz0
ガーネットの歌に耳を向ける(興味を持つ)のが洗脳のトリガーになってんじゃないの

127 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 15:48:49.71 ID:gSpY/LaG0
実際、歌うだけで全てコントロールできるなら宝石児とかいらない訳でね
しかし水瓶話は評判悪いな

俺はガーネットとクレストの思想やそこに至るまでの過程は共感できる部分あるけどな
特にクレストは五百年も努力して聖戦が終わる兆しすら見えないんだから、おかしくならない方がおかしい

128 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 18:02:03.44 ID:TtjaVKrY0
ブレブレで意味わからんもん
評判よくなるはずがない

129 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 18:14:26.85 ID:qyTZ9pmT0
自分は地味にガーネット「婦人」という書き方が気に入らない
婦人てのは戦人女性を表す言葉で普通は名前につけて呼称にしない
既婚者なんだしガーネット夫人とかマダム・ガーネットでいいだろうに

130 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 18:15:31.66 ID:qyTZ9pmT0
>>129
戦人女性ってなんだよ・・・成人女性です。ごめん

131 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 18:24:48.73 ID:ySWRhBQ50
そんなにぶれてるかなー
ガーネット一派の言う
「優れた人間が不死となって賢明に統治する。その力を保つためなら多少の犠牲は仕方ない」という考え方は
共感も納得も出来ないけど彼らなりに筋は通ってると思う
かつて力不足から自分の領地を滅ぼした彼女にとっては切実な願いでもあったろうし

なんで無辜の民を、という意見は当然あり得るだろうけど彼らにしてみればすでに割り切ってることなので
そこを気にしないのは(悪役の描写としては)別におかしなことではない

一方でそういう大義名分を掲げて長年そういうことを続けてきた結果、
「美しく力のある自分」を保つという手段が目的になりつつある辺りも悪役としてはよくあるパターンではある
おそらく自分でもそういう欺瞞に気が付いてるからデジェルに手紙を出したんだろう

132 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 18:43:16.51 ID:Ju7l0xu50
手紙出して反応なければ仕方ないって継続してたのかよと
まあ反応してもらうような書き方をしたんだろうが、ありえない御長寿で技ありの支配者の癖して
挑発した相手に決着つけてもらうってのがもう何だかな…

って言うのも野暮な話で、要は広げ過ぎの風呂敷の始末を敵の阿呆さで帳尻合わせたって事だろ

133 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 19:01:22.05 ID:qyTZ9pmT0
そんなご長寿二人にはるばる駆り出されて戦闘までする羽目になるデジェルは苦労性だと思う

134 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 19:27:59.24 ID:+kMdiNiz0
まぁ眼鏡だけが良かったな(でもあれは正直読めるw)
ところで、作者が一番好きな黄金はデジェルでFA?

135 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 19:47:53.86 ID:qyTZ9pmT0
デジェルは閃光?で目がやられて「霞む・・・?」みたいになったと思ったんだけど
それは眼鏡かけて矯正できるものなのかな
それとも普段、本を読み耽っていてすっかり近眼になってるから有難く貰ったのか
ド近眼だと戦闘中に的を外しそうだし星読みもできそうにないけど
既出とは思うが、その辺はどうなんだろう?

136 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 20:29:47.03 ID:moY2Czlq0
>>135
読書中にかけてて、遠くの様子を見るときに外してるから遠視
つまり牛乳瓶の底眼鏡なんだよあれ

137 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 20:44:48.20 ID:+kMdiNiz0
wwwww

138 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 23:43:50.28 ID:D7JDAWQFO
そもそも他人の眼鏡で矯正される視力なんぞあるわけ無い

139 :作者の都合により名無しです:2013/03/22(金) 23:56:29.12 ID:s3WUcgq/0
>>132
手紙出したのさえ女発案だしな

皆の意見を見ると
・洗脳できるかどうかは相手次第
・有効範囲は狭い
・喉休める必要がある

あまりに脆弱なこの能力のどこに
「永遠の平和」たる魅力を見出したんだ
五百超の爺さんは

五十年かそこらに永遠を感じるぐらいなら
何故にもっと早くハーデス軍に魅了され仕えなかったんだ
実際はその五十年でデジェルの育成も同時に行なっていたと…
さっぱり不可解な時間軸

140 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 00:41:23.37 ID:2K7qz6OC0
>>139
歌声と同時に宝石児も産み出せる便利能力もある

で、聖域と冥王軍で近々聖戦が起きるから、聖戦後の聖域が黄金1〜2人生き残った状態に
なれば事実上、ガーネット組の天下だろう
(実際にはアヴィド組やテスカトリポカなどの他勢力もあるが)

何か勘違いしてるようだが、クレストとしては別に聖域の全滅or冥王軍の勝利を望んでいる
わけではないよ

141 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 00:53:42.22 ID:fPogPLIA0
> 何か勘違いしてるようだが、クレストとしては別に聖域の全滅or冥王軍の勝利を望んでいる
> わけではないよ

BBAとしっぽり小さな国を維持していくのが本懐ではあったろうと
だったら運営や国防からもうちょい根本見直せ、と言ったらマンガにならんかね
アーデスといい、なんでこのマンガの悪役は
思い通りにいかないとこう破壊願望に極端に振り切れるんだか
こんなんじゃパンドラさんでなくても大概つきあいきれないわ

142 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 01:04:45.84 ID:DkprU2fSO
>>140
その宝石児だって黄金一人にやられちゃうレベルなんだぜ?
その実力のほどを見抜けない聖域の重鎮でもあるまいに
脆弱には変わらんべ

143 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 01:14:44.47 ID:Gf7sYLVD0
>>140
>で、聖域と冥王軍で近々聖戦が起きるから、聖戦後の聖域が黄金1〜2人生き残った状態に
>なれば事実上、ガーネット組の天下だろう
なにこの皮算用・・・
てか歌声統制計画が初っ端から反乱起こされたりで争いの火種になってるし全く説得力無いわ

144 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 02:34:48.70 ID:dEvaV7yPP
>>139
レスを読むと、皆の意見じゃなく一人の妄想にしか見えんが
その妄想に対して反論が付いてるだけっていう

145 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 10:39:37.77 ID:jd6NiWEO0
デジェル外伝の人気に嫉妬

146 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 10:50:08.21 ID:/fuVu1Kf0
そういうぶれたり迷ったりすることも含めて
いかに二人が長命であろうと人でしかありえなかったってことだろう

それよりデジェル外伝のセラフィナ様や、エルシド外伝のラカーユは
結末が判ってしまってるだけに切ないものがあったな

147 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 10:59:04.74 ID:2K7qz6OC0
>>142
黄金相手ならクレストが担当
それ以下の連中は宝石児が相手するんだろ

>>143
>争いの火種になってる
表向き50年間は平和だったろが

148 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 12:01:33.90 ID:IRH0hyW+0
つうか、悪さする連中をベチコンするのが聖域勢しかいないのかってあの世界w

149 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 14:45:03.93 ID:xQoc6hjD0
>>146
この場合
ブレたり迷ったりはキャラの個性じゃなくて
明らかに作者の力量に起因する問題だろう

150 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 19:56:58.68 ID:iueW931x0
明らか、かなあ
そういう弱さも抱えた人間だったってことでいいんじゃないの
キャラの好き嫌いはともかく、描写としておかしいようには見えない

よく他の漫画でも「キャラがぶれた」って批判する人はいるけど、
それって要は「自分が最初思ってたのと違う」ってことに文句言ってるだけじゃないのかと思う

151 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 21:09:01.22 ID:LPpQ+Gpg0
>>150
それは苦しい言い訳じゃないかな?
デジェル外伝の頃は、設定の詰め込み過ぎや展開の破綻について
けっこう書き込みあったと思う
それだけおかしいと感じるファンがいたということだから
デジェル外伝についてはてよぎんが迷走してしまったんだと思うよ
このスレの中で批判が目立たなければ150の意見が正しいのかもしれない
でも当時は他の黄金外伝より批判意見が目立ってから150のは見当違いで
デジェル外伝は盛り込みすぎて失敗した作品だと思う

152 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 21:45:17.00 ID:dEvaV7yPP
>>151
そうやって押し付けるのはどうかと思うけどね
>>150の言ってることには一理ある
「話が進むにつれ、特に後半に入って批判意見が相当目立ってたから
LCは盛り込みすぎて失敗した作品だと思う」とは思わないんだろう?
しかもそう言い切られたら気分を悪くするんだろう?

153 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 21:47:33.91 ID:2K7qz6OC0
>>151
いや批判が目立つからダメってのは流石にどうかと…

クレストの変心が納得できないってんなら蟹外伝・山羊外伝の主敵だって
聖戦を一度も体験してないのに聖域を裏切るのは、読者的には納得できな
いはずなんだが何故か誰も指摘しないだけだろ

だいたい水瓶に関しちゃあ、『真の冷静さ』がどーたらこーたらホザく書
き込みが多かったが、山羊外伝でのエルシドの無様さにや誰もバッシング
しないだろ

154 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 21:59:12.02 ID:M0vGNjIu0
>>151はあとから多数派に乗っかるだけのダメな奴

155 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 22:06:31.49 ID:DkprU2fSO
謎なのは爺の変心だけじゃあないんだが

156 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 22:24:44.77 ID:LPpQ+Gpg0
>>153
読者が満足する出来なら批判は少ない
満足できない出来なら批判は多くなる
ようするにデジェル外伝だけは他の外伝に比べて
あまりにも出来がよくなかったんだよ
読者から指摘があまり出ない外伝の出来はまずくない
指摘が出たデジェル外伝は出来がまずかった
それだけのことだと思うよ

157 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 22:41:57.39 ID:2K7qz6OC0
>>156
いやだから、水瓶外伝の不満点って他エピソードでも指摘できる点ばっかだろ
何か知らんが妙に水瓶に関してはイチャモンを付けたがる輩が多い
それだけのことだと思うよ

158 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:19:55.87 ID:fPogPLIA0
結局、読了後にジジババの隠された理念や願いが響いてこないんだよ
設定のブレとか現実的な理由はあんだろうが
結果としては裏技で弱い箇所を補完してた領主がもうやんなっちゃたんで
試しに弟子を煽ってそれで負けたら終了でいいや、っていうgdgd
長生きで培った知恵や歌の魔力を持つものとしての矜持も責任感も感じない

他の話での詰めの甘さって本筋にさほど悪影響を及ぼしてはいないけど
これは設定を煮詰めなかった事で話の背骨が浮いた事は明確だわ

159 :139:2013/03/23(土) 23:25:39.19 ID:qTfuxoTq0
>>140
> 何か勘違いしてるようだが

してないよ?
そんな明確なビジョン、あの爺が持ってると勘違いしてるだなんてとんでもない

「平和に必要なのは死なぬ人間でなければ」、て発想は
五十年程度のガーネットより、確実に不死軍団を量産できる
年数も実力も桁違いのハーデス軍で叶えられると、何故に着目・魅了されなかったのか
その発想自体は非常ーーにハーデス軍寄りだってこと

いややはりハーデス軍による平和はない、憎いし倒したい、とアテナ軍でいる
けれど、よりによって憎いはずのハーデス軍と同類の、もっと脆弱なシステムのガーネットに希望を見出す
アテナ軍には失望、いやけれど…と同時に次代の育成は引き受ける
育成終わった後ガーネットの元で暗躍しても「心は聖闘士のまま」

なんか発想も言動も態度も、この三勢力でフラフラと、
バラバラすぎるだろこの爺さん
何を望んでいたかなんてわかるはずもない、教えてもらいたいマジで

>>144
そうかもしれん
けど推す意見もあったように見えたから汲んだ次第

160 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:30:07.86 ID:Gf7sYLVD0
ガーネットとの出会いとデジェル育成の時間軸がよく分からない
50年程度で綻びが出てる歌声統治であの戦力で聖戦前の戦力万全のアテナ勢が居る時にあの真似を・・・
理想主義で守りたいだの綺麗事を言ってるけど地下の悪趣味な宝石の人像とか
何トチ狂ってんのアホなのと最後までクレストとガーネットはツッコミどころが満載だった

161 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:32:46.87 ID:2K7qz6OC0
>>159
>何を望んでいたか

神々の聖戦に翻弄されるくらいなら、元は人間のガーネットとの間でアテナ軍とハー
デス軍、どちらとも別の第三勢力になりたかったんでしょ

162 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:39:12.03 ID:iueW931x0
>>159
いやシステム的にハーデス軍が理想に近くても
人間皆殺しを掲げてる冥王軍にクレストが惹かれる理由は何もないだろう

あくまで人間と地上の平和を守るってのが大前提の目的で、
常命の戦士たちが全滅覚悟で闘って束の間の平和を何とか守る、ということを繰り返してるアテナ軍よりも、
不死の支配者による統治を実現できるガーネットの方に可能性を感じたってことでは

念のため断っとくとそれが正しいかどうかを論じてる訳じゃなくて、クレストがそれが正しい、と考えたってことだけど

163 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:42:30.05 ID:qTfuxoTq0
>>161
ならなぜ弟子育成および「心は聖闘士のまま」?
一般人殺めてるのに加担しといて何十年もどっちつかず?
しかもその途轍もない優柔不断を断ち切るのも人任せ、断ち切り方も女任せ
一体どこに真意がある

164 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:42:35.23 ID:H2sbW8US0
とりあえずセラフィナ様はマジで女神
そういう馬鹿な話もうしないのおまえらは?

165 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:45:59.45 ID:Gf7sYLVD0
>>162
お前さんは歌声で洗脳、反抗されたら宝石児でブッコロ、宝石化、精力抜き取りする奴とハーデスにどんな違いを感じる?

166 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:46:01.00 ID:IfnmLC+nP
>>131
>彼らなりに筋は通ってると思う
>かつて力不足から自分の領地を滅ぼした彼女にとっては切実な願いでもあったろうし
>なんで無辜の民を、という意見は当然あり得るだろうけど彼らにしてみればすでに割り切ってることなので

ここで既に筋は通ってないんだな、
「自分の力不足で領地を滅ぼした」無念があるのなら
なぜ滅ぼした対象でなく「領民を」対象にするのが、既に割り切ってることになるんだ。
宝石児使って敵半殺しにして確保、吸い取りでええやん。

やがて「己の美と力を保つこと」が目的に刷り変わっていき
そこで遂に大事なはずの領民にまで手を下すようになった、てならわかるけど
ハナから無辜の領民を吸い殺し対象に選んでいては刷り変わりもへったくれもない。
最初から真意としては領地の、まして世界の平和実現じゃなくて「己の美と力のため」だったってことだ。

なのに「慈愛を感じた」とか「孤独な日々」とか
それに永遠の平和を見出す爺だとか
なんで急に「手段は間違ってたが平和に尽力しようとした人」の悲劇や美談みたいになってんだオイオイ、てことになるわけで。

167 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:49:13.41 ID:2K7qz6OC0
>>163
聖域と冥王軍はいずれ聖戦が起きるから、黄金の弟子育成は必要

クレストが完全にガーネット側に着いたのは一年程前
ガーネットの存在を知ったのが50年前

168 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:52:46.49 ID:DkprU2fSO
>>147
>平和

あの社交の場に於いてだけでも
カチコミ未亡人やら流血沙汰起こす輩放置とか
酷いもんだがねえ

169 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:55:55.04 ID:2K7qz6OC0
>>166
敵軍が攻めてきたら、宝石児が迎え撃って倒すんじゃないの?

それと、ガーネットの夫が病死→隣国が侵攻→民が暴徒化の流れなんだから
まず自分自身が健在であることが目的化したのであろう

170 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:56:36.62 ID:iueW931x0
>>166
そもそも「領地を平和に治める」という感覚が現代日本とは違う
「領民一人一人が大事」というのではなくて「領地全体として見ておおむね平和に運営されてればオッケー」なんだろう
大多数の領民が平和に暮らすために、ごく一部の人を生贄にするのは割り切る、というのは
(我々の目からは到底共感できないが)考え方としてはそれはそれで筋が通ってる

歌声の力で数十年戦火なくきてるらしいので、敵だけで生贄を調達するのは難しい、というのもあるかもしれないが

171 :作者の都合により名無しです:2013/03/23(土) 23:59:18.30 ID:Gf7sYLVD0
たかが田舎の領地の戦火を減らした程度で夢見たボケ老人って一体・・・

172 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:06:28.77 ID:1fa6T2ay0
要はそんな異常な力や寿命を持つものとしてジジババコンビが
キャラクターとして力不足だったって事
歌声支配イイ!→やってみたら色々難しかった→死ななきゃいいじゃん!→でもそれっていいの?
こいつら悪役の資格も謎のカリスマ領主の資格も無いわ
馬鹿だったり人柄悪かったりの勢いで無理目なミッション全うしたどっかの人を見習え

173 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:11:38.63 ID:WZhu7ayi0
>>172
そこまでいくと、個人レベルの感想だな

そんだったら屋敷霊を除霊されたり、刀と鎧を砕かれたくらいでヤル気を
無くしたアヴィド・フェルサーあたりも悪役の資格は皆無だな

174 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:18:46.27 ID:1fa6T2ay0
>>173
ジジババコンビは手紙出した時点ですでにやる気が無いんだがな
技を撃破されて手詰まりになるどころの話ではない
なんだかいけない事してる様な気がしたので弟子に判断を委ねただけ

175 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:22:35.27 ID:Sd/LQmhT0
>>157
それだけ内容にほころびがあったんだよ
どの外伝も作者同じでLCファンが読んでるのも同じ
でも他外伝との反応の違いがあったんだろ?
マイナス反応が多い方の外伝に問題あったことになる

176 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:23:57.67 ID:bSw9CYH+P
構成や設定の問題は、本編から指摘されている
海外ではもっと強く言われてたし、各外伝で毎回繰り返されるのが
何より決定的と、こうなるともう作風なんだろうと割り切られてる

だから前々からそう思ってる人達にとっては水瓶編は「いつも通り」
見方によっては、ブレの無い安定した出来であり、安定した状態
出来に関して、取り立てて言うサプライズは無かった
承知の上で読んでるんだから

これは普通に楽しんだ人達も同様でしょう

本編もどの外伝も、同じように楽しんでる人がいるのも事実
このスレでは、何故か水瓶編「だけ」気になったり
気に入らなかったりする人が多いのも事実
なんで急に「手段は間違ってたが自分の信念や正義を
貫こうとした人」の悲劇や美談みたいになってんだオイオイ、
てことになるのは初めてじゃない
マジで気づいてない人もいるかもしれないが、LCではむしろよくあることで王道w

177 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:24:16.47 ID:WZhu7ayi0
>>174
…いやだからな
聖域を丸ごと相手にできる戦力の無いアヴィドがわざわざ教皇の間まで挨拶
に行ったのも「やる気が無い」態度なんじゃないの?

178 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:32:00.44 ID:lxYGhQoP0
>>172
まあ長く生きてるが故の迷い、というのもあるだろう

上の方でもアローンと似てるみたいなことが言われてるけど、
正しいと思ってやってきた、手も汚した、でも本当は正しいと思いたいだけじゃないのか、ねえ間違ってると言うなら止めて見せてよ、
みたいな悪役として描かれてるという意味では確かに同種だね

個人的に好きか嫌いかで言ったらアス兄やアヴィドさんみたいな「俺は俺の思うように生きたぞ!」みたいな悪役の方が好みではあるけど、
最初っからそういうキャラクターとして描写されていると思えば別に描写がぶれている、という訳ではないと思う

179 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:32:52.22 ID:1fa6T2ay0
>>177
別にアヴィドの敵対勢力としての評価はいいんだよ
わざわざ挨拶に行ったのは銭ゲバチンピラがしんきくさくてムカつく相手に喧嘩売りに行ったんだろう
力量があるないでなくて、物語の中で悪役としての主張で機能てるかって話で
アヴィドが己の力をわきまえた、大きな信念の人だったらどうだって話ではないんだよ

180 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:35:42.33 ID:XwvzLavkO
そうだ、弟子への仕掛けすらガーネット発案だったしね
だいたい「愚かな願いと認識」しているなら答えを出してもらう必要なくないか?
なんか言ってること無茶苦茶で

ここまで一冊中に「??」が多く出る漫画もそう読んだことなかったな
ナレーションのメイドが書いた話、てことにすれば「アイツの文章が稚拙だった」っつー反則逃げも出来たんだがw
単行本で追記の描き下ろしや注釈も何もなかったでござる…
すなわち作者本人は何ら問題なく描ききったと思ってるんだろうなと…(ーー;)

181 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:36:36.17 ID:Sd/LQmhT0
>>176
だから水瓶外伝だけ特に粗がひどいんだよ
水瓶ファンは認めたくないんだろうけどな

182 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:37:51.34 ID:/wEb5Kds0
実は悩んでましたとか平和を望んでましたとか散り際に告白するも
今までの行動からしてとてもじゃないケド悩んで目指した理想の行動には見えなかったし
他の悪役は目標に対する意思は合ったけど水瓶はお前ら無計画にも程があるって感じ

迷惑を被った領民やフローライトはガン無視でデジェルにツラツラ語ってるのも
まずお前らが語るのはデジェルより迷惑かけた人達に土下座しろよとか

183 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:40:48.63 ID:WZhu7ayi0
>>179
>>178の人の「間違ってると言うなら止めて見せてよ」みたいなタイプなんだろ、クレ
ストは
シリーズ本編だったらテンマにわざわざ喧嘩売ったアスミタみたいな感じの

アスミタの場合、聖戦に迷いが生じたとて所詮は青銅のテンマにサーシャ惨
死の幻覚とか見せて挑発してたけど、アレをお互い死ぬまで勝負したのがデ
ジェルとクレストなんだろ

184 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:41:51.02 ID:1fa6T2ay0
追加だが、徹底した悪役でないのならそれでいいと思うんだ
むしろ当初の方針は、そういった迷いや判断が自滅する結論に至る姿を見せる所にあったんだと思う
最初は知のヒトが解決ってあおりだったし
でも少年漫画だしそれでもつんだろうか、って作者の迷いが物語の迷いになっていったんだと思う
編集者もおそらく煽ったんじゃないか?
この失敗が月刊に移った原因の一つじゃないかと思ってる

185 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:55:08.97 ID:bSw9CYH+P
>>181
だから水瓶外伝だけ特に酷いと思わない人達もいるんだよ
それは認めてくれな
あれを粗と呼ぶなら、他にも同程度のが繰り返されてると思う人もいる
そもそも取り立てて粗があると思ってない人もいる
そういう人達には水瓶ファンが「自分の思ってたのと違う」
と暴れてるように見えるんだよ

186 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 00:59:28.54 ID:WZhu7ayi0
「酷いと思わない」なら、わざわざ何度もスレに書き込まないだけだしな

187 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 01:05:43.35 ID:BSZuBcI90
とりあえず
普通のオバさんがよくあんな物騒な宝石を偶然手に入れられたなと…
でそんなすっごいアイテムも自分の美と延命のためだけに使っちゃったんだけどねー

188 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 01:42:00.32 ID:93uPm0W70
魚外伝だけだな、今のところ評価できるの…(単行本派)

189 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 02:04:16.39 ID:Rx4n5flo0
>>170
受け取り手の読者側が
現代人感覚と違うとかそういった面も深読み考慮して
あの演出を成功とみなしてると思う?
ここだけでなく各サイトレビューでも悪役が突然??キャラ変わりすぎ!!て意見本当多い
それは同情の余地もない単なる「悪役」だと手代木氏が描写してきたから
それは見事に成功してるんよ

が それを他ならぬ自分自身が否定した
悪役としてみっともなく死ぬんじゃなくて
あぁいう単なる悪役ではないキレイキレイな演出は、それなりの
読者に共感や同情得られる下地を積み重ねてきた末に展開されるもの
読者の想像力を過剰にアテにした作家としての甘えか
下地を描いたつもりになってた思い込みかわからんが
現実はそんな兆候もなく、唐突な路線変更に多くの読者を悩ませた
ただの作者の独りよがりとなってしまった訳だ

190 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 02:13:55.96 ID:93uPm0W70
じゃあ、試みにここの連中で1ページずつ読み解いていこうぜ
どの地点で破綻したか共有できる
今日はもう寝るけど

191 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 06:28:08.39 ID:Sd/LQmhT0
>>185
> だから水瓶外伝だけ特に酷いと思わない人達もいるんだよ
> それは認めてくれな

だから水瓶外伝だけ特に酷いと思う人達もいるんだよ
それは認めてくれな

認めたくないから見苦しく反論してるようにしか見えないよ

192 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 06:45:58.17 ID:XXEkRG6/i
何だか大変なスレだね…

193 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 06:50:56.04 ID:XXEkRG6/i
はじめの方に、アローンがテンマの生首持ったサーシャの夢、CLAMPのXの封真が小鳥の生首持った神威の夢に似てるなーと思ったのは私だけ?

194 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 07:02:00.69 ID:bSw9CYH+P
>>191
絡む前にレスはきちんと読もうぜ
すごい思い込みと勘違いから絡んできてるんじゃない??
これは酷いな。。。

195 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 11:48:23.82 ID:WZhu7ayi0
>悪役としてみっともなく死ぬんじゃなくて
>あぁいう単なる悪役ではないキレイキレイな演出

それだと、本編最終回で生き残ったガルーダ水鏡・パンドラ・猫は全員
一般庶民の前で土下座してみっともなく死ぬべきだろ
山羊外伝のフェルサーもな

ガーネット・クレストらの死に様は許せなくて、生き残り組が許容範囲
な理由があるの?

196 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 12:14:27.76 ID:fhBAqJqe0
>>190
冒頭の語りから。
回収されなかったと言う人いるけど
初回以外一切出てこないんだから
むしろ存在そのものが破綻っしょ
これがあるからお前何者だ、どんぐらいのほほん使用人やってた、
お前の目的はなんだ、等々ムチャな人格変化と不整合も発生するし

197 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 13:00:17.68 ID:Sd/LQmhT0
>>195
水瓶外伝のまずい点が話題で他外伝や本編に話題そらしてどうする

アイアコスはNDを真似て本名を水鏡にして失敗した
そんなもんより人間としての死亡描写すべきだった

パンドラはてよぎんが思い入れ強くなって失敗した
敵幹部女には変わりないからタカピーでもカッコイイ死に様見せてもよかった

猫はあくまでも普通の冥闘士だから死亡封印が筋だったから甘すぎる

198 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 13:07:04.71 ID:WZhu7ayi0
>>197
他エピソードと比較して水瓶外伝を特に酷いと思う理由は?
>>175によると、『他と比較して』粗が多いんだろ

死に損ないの悪役連中と比較するなら、自分らの始末を付けただけクレスト・
ガーネットのがまだマシな部類だろうが

199 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 13:20:06.51 ID:Sd/LQmhT0
>>198
設定盛りすぎで上っ面だけの浅い話の内容になってる
登場人物が多すぎて描ききれてないのも設定盛りすぎが原因かもな

200 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 13:25:37.56 ID:WZhu7ayi0
>>199
>上っ面だけの浅い話
それは逆だ
設定紹介に尺を割くよりかは、あくまで子弟対決をメインにすえたのが正解

>登場人物が多すぎて描ききれてない
蟹外伝で瞬殺された敵キャラの方が扱いヒデーだろ

201 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 15:50:28.49 ID:q2SSg4uq0
>>196
ガキなんだから楽しそうなことあればワクワクすんだろ
それ以上でも以下でもない単純な話じゃないか?

202 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 16:16:38.69 ID:F/nbT5Q80
水瓶外伝もどうかと思うが山羊外伝もどうかと思うわ

203 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 16:37:20.42 ID:3IZZcvjY0
最近の今更水瓶外伝叩きの流れは一体どうしたんだ?w
重箱の隅というか…粗や矛盾を探して持ってきて並べて
水瓶外伝は糞だと周知させたい&自分だけではなく皆に水瓶外伝を糞だと言って叩いてもらいたい
そんな人が必死に頑張っているように見える

204 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 16:51:10.86 ID:WZhu7ayi0
何か知らんが、水瓶に関してはLC本編の頃からクレーム多かったんだよ

単純にバトル漫画としてなら、アルバフィカを途中参戦させておいて大食い野郎
との戦闘をダイジェストにした蟹外伝は『上っ面だけの浅い話』ってことだし

ガーネット・クレストが敵キャラとして微妙なら、他にも死んで当然の悪役が何
故か生き残ってるのがLC世界だしな

205 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 16:54:46.19 ID:xQ9fv2/+0
デジェルが身内とばかり戦うのは氷河へのオマージュなんかな

206 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 16:56:11.73 ID:lxYGhQoP0
>>189
最初から「同情の余地のない悪役」としては描かれていない
たとえ共感できなくても、彼らなりの理屈と正義で動いている、というのはもともとちゃんと書かれている

「大多数の人間の幸福を守るために少数の人間(たとえ無辜の民であっても)の犠牲をいとわない」
という考え方をする人は実際の歴史をひも解いても沢山いるし、漫画の世界でも珍しくないのに共感できないから理解できない、というのもどうか

別に彼らの理屈を肯定しろと言っている訳ではなく、「そういう考え方のキャラ」として受け入れればいいだけなのに、
「彼らの考え方はおかしい、共感できない。従って作者の描写は間違っている」というのは乱暴だろう
まさか「漫画のキャラは全員読者が共感できる考え方をしなくてはならない」と思ってるわけじゃあるまいし
「共感できないけど、まあそういう考え方をするキャラもいるよね」で済ませられる話だと思うのに、どうして作者の力量不足とかに話が飛ぶのか

結局のところ「私が共感できないキャラなんか描くなよ」とごねてるだけに見えてくる

207 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 17:23:35.55 ID:AwPcU1Gt0
なんかもう今と同じ流れ5回くらい見た気がする
なんて言ったら気が済むの?

208 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 17:29:05.64 ID:q2SSg4uq0
クレスト「目にする墓の数は少ない方がいいのだよ」

思想としては実にはっきりとしてる。犠牲が出ることは避けられない前提とする考え方
しかし、論理的に正しいことはわかっていても倫理的に受け入れられない部分もある

だからクレストは聖域に手紙出したんだろう。何もおかしくない、単純な話じゃないか?

209 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 17:31:58.21 ID:Sd/LQmhT0
>>206
外伝が黄金半分終わってるが水瓶だけ失敗に見えるんだよ
設定を盛りすぎて取捨選択しないまま開始して登場キャラも多人数で消化不良だ
連載回数限られるから焦点を師弟に絞るか眼鏡に絞るかの選択をすれば済んだ
師弟選択ならメイドや未亡人を削って宝石児も削るか半数に減らせばよかった
眼鏡選択なら宝石児や師匠、未亡人を削ってメイドとのエピに集中でよかった

210 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 17:36:48.10 ID:9wSGo/e30
しかし人間死んだらほとんど例外なく地獄に落ちて永遠に苦しまねばならないとか
この漫画の世界観は酷すぎると思わんかね

211 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 17:42:58.13 ID:WZhu7ayi0
>>209
>登場キャラも多人数で消化不良
>宝石児も削るか半数に減らせば

いやだから、蟹外伝の大食いルマルゴス君が最大の消化不良でしょ
蟹魚コンビが主役なら、セージ・ハクレイの出番を減らせば良いだけ

212 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 18:23:55.50 ID:1fa6T2ay0
消化不良なのはジジババだけだよ

宝石児:戦闘シーンの見せ場要員として持ってきた
メイド:語り手視点としての役割(当初は)

賑やかし&別の視点の切り口として持ってきたこれらは物語の上ではサブ要素だからそれ程罪は無い
メインはあくまでジジババの努力・理想・破滅の経緯とそれにいかにしてデジェルが介入するかという点
メインの見せ方に説得力が無いのが問題だから、活躍出来なかった脇役とかはあまり関係無い

ババアは魅惑を武器に「よろしくてよウフッ」な魔女的存在として登場して
力の源は案の定バイパイアだったと判明
その間ジジイは何だか理由は分からんがババアにひたすら盲従
そして何かをワープしていきなり「理想と夢があったんです!」

その「何か」を描写しなかったから枝葉をいくら賑やかしたって駄目だって事で
最初からこういうキャラだと思えば筋の通った話だと言う人がいるけど
そんな言い訳付きな挫折前提の敵役の話に果たしてカルタシスはあるんだろうか?
納得してる人にはごちそうなんだろうかね?

213 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 18:29:10.89 ID:WZhu7ayi0
>>212
>その「何か」を描写

だから>>208がその「何か」だろ
カタルシス云々が問題なら>>195

214 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 18:42:20.06 ID:q2SSg4uq0
>>212
「何か」と言われても、目にする墓の数は少ない方がよくて、ガーネットがいないとそれは実現できない
そう書いてあるじゃないか。何が理解できないんだ?

215 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 18:42:58.21 ID:1fa6T2ay0
>>213
だから>>208の部分が伝わってこないと感じるんだが?
それとカタルシス云々は君には死に方の問題なようだが
要点は生き方の問題だと思うぞ

他の外伝と比べたくて仕方が無い君のために脇にそれてみると
山羊外伝も敵役の内的理由って点では弱いんだが
剣での勝負の話って範囲内で修まった事が破綻しなかった原因だろう

他の外伝の矛盾点を語りたいのならその旨をちゃんと提議したらどうかね?
あっちの矛盾はどうなんだよずるいブチブチとかもういい加減にしてもらえんかい?

216 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:19:26.17 ID:WZhu7ayi0
>>215
>>175によると、『他と比較して』粗が多いらしいから比べたまで

> >>208の部分が伝わってこない
500年長生きして、聖戦を何度も経験してきた上での諦観だろうな
ただ、全面的に正しいわけでもないからデジェルと戦った

何度もそう指摘してんのに、なんで理解できんのかがわからん

217 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:25:49.88 ID:bSw9CYH+P
水瓶編に一言ある人達はものすごい勘違いをしているよ
表現の仕方
しかもこんだけ長々と繰り広げてるんだ
今後他の外伝ないしはLCのことを「失敗した作品」「作者の独りよがり」
「上っ面だけの浅い話」「粗がある」「カタルシスに欠ける」「出来が悪い」
「理解不能」「明らかに作者の力量に起因する問題」「設定を盛りすぎて
取捨選択しないまま開始して登場キャラも多人数で消化不良 」
と長々と続ける人がいても、同様に200レス程度は続けさせてあげなよ?
その時になって今度は突然アンチスレ行けなんて追い出さないでね
それは恥ずかしすぎるから

218 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:34:52.89 ID:Gf7vYVdq0
水瓶には熱烈なファンがいて外伝の反応に批判が多かったのが辛いんだろうな
強さ議論スレにも強烈な水瓶ファンがいたがたちの悪いファンがついてるのか

他の外伝は関係なくて水瓶外伝のことが話題なのに
一生懸命他の外伝を引きずり込もうとして水瓶外伝の不備指摘をなくそうとしてるように見える
出来について良くないと挙げられるのは水瓶外伝という事実は消えないよ

219 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:39:23.38 ID:WZhu7ayi0
>>209みたく「水瓶だけ失敗に見える」とか言い出す輩がいるからだろ

だいたいスレ上の疑問点にも概ね解答は出てるのに、何が不服なのはさっぱり
わからんよ

220 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:42:41.59 ID:bSw9CYH+P
>>218
逆じゃない?
熱烈なファンがあの外伝は認めないってパターン

221 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:49:09.28 ID:lxYGhQoP0
>>215
横レスだけど、>>208の部分が伝わってこないというのは流石に読み直した方がいいレベルだと思うよ

222 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:50:14.62 ID:1fa6T2ay0
もう水瓶外伝は

歌声支配が不安になって不死結論に達したけどいまいち自信が無いんで
弟子が戦闘力で自分に勝ったらご破算にすると言うギャンブルに打って出た
でも夢と理想と慈愛があった事は認めて欲しい

と言う人の話という事でもういいかもな
それに疑問を感じないと言う事ならば

223 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 19:57:53.92 ID:WZhu7ayi0
>>222
>夢と理想と慈愛があった事は認めて欲しい

デジェル(&読者)が認めないなら認めないで構わんだろ
長生きし過ぎて発狂したと解釈したなら、それもよかろう

仲の良い子弟と言えど、500年の年齢差があるなら理解の断絶はあって当然
200〜500年も生きたが、神にもなれず人にも戻れなくなった連中の末路だろ

224 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 21:45:17.60 ID:4Es2rFlQO
とにかく結論は
水瓶外伝には突っ込むなと言う事か
この尺で続編がある訳でなし、まとまりとして?があったとしても
そういうものとして受け取るべし、と言う事か
どういう宗教だよ

225 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 21:52:28.14 ID:ffUa6R3T0
随分スレが伸びてるけど
現在連載中の乙女座の話題でなくてワロタ・・

226 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 21:53:44.41 ID:Iu27kpxe0
自分なんてガーネット様は翼竜繋がりで課長の師匠か前任者かと勘ぐっちゃったよ・・・
二人とも長生きしすぎて疲れちゃったのはわかるが
いかんせん無関係の人を巻き込みすぎてただの人食い鬼じゃん

227 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 21:53:45.45 ID:WZhu7ayi0
>>224
要するに、ID:1fa6T2ay0あたりはクレスト・ガーネットが「夢と理想と慈愛があ
った」ように見えないことを問題にしているわけだろ
…つーかな、見える見えないをそもそも問題にしているから話の筋が理解できな
いんだよ

単純な話、ガーネットの国は50年間平和で名君の評判を得ている
つまり、ガーネットの国以外で50年間平和を保てた国は希少なわけだろう
ガーネットの歌声やら宝石児以外の手段で50年間平和を保つ手が特に無いなら、
クレストがそれに賛同しても不自然ではないってことだ

実際、LC本編のセラフィナが急逝してユニティが狂乱したから「国を統治するに
は長生きが必要」というガーネットの理屈は、それなりに正しかったわけ

228 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 21:53:59.87 ID:ijmiqlTd0
「俺はこう思う」「いや俺はこう思う」でいいと思うが
無理に相手に納得させようとすんなよ

とりあえずブルーインパルス撃つセラフィナ見たかった

229 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 22:04:05.43 ID:/wEb5Kds0
せっかく掘り下げできるセラフィナ様が居たのに要らんキャラばっかりだったからな

230 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 22:26:14.65 ID:Gf7vYVdq0
>>229
あの姉と弟にソロ家の血が流れてるかどうか知りたかった

231 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 22:30:16.59 ID:4Es2rFlQO
>>227
ごめん、色々わからない
歌声と宝石児で行き詰まったんだから、長生きしても問題先送りなだけなんじゃないの?
普通に対外軍備強化とか、外国にコンサートツアーとかやった方が
なんぼかマシだったんじゃないか…

232 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 22:38:08.35 ID:WZhu7ayi0
>>231
いやだから50年間、平和だったんだろ
フライユ夫人とか個人レベルの諍いはあったが、国家レベルの紛争は回避できたわけだ

で、クレストの「墓の数は少ない方が良い」て考えに合致したわけだろ

233 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 22:59:27.53 ID:/wEb5Kds0
>>232
国家レベルも何もこの世界は神様が喧嘩する世界で
聖戦控えて年齢500歳のクレストが惹かれるには説得力無さすぎなんだよ

読者的に魔人ブウが控えてるのにフリーザーのとこ行って仲間にしてくださいとベジータが言ってる感じ

234 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 23:01:35.00 ID:WZhu7ayi0
>>233
冥王軍との聖戦なら、聖域にまかせときゃいいだろ

235 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 23:07:13.15 ID:/wEb5Kds0
>>234
え?聖闘士を捨てきれなかったクレストさんの設定どうするの?

236 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 23:10:02.40 ID:WZhu7ayi0
>>234
冥王軍と聖域の間で聖戦が始まった、と仮定しよう

で、聖域側が敗色濃厚ならクレストが途中参戦して三巨頭1〜2人倒せば負けは
ないだろ

237 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 23:29:09.19 ID:1fa6T2ay0
何だかもうすべて脳内補完した仮定ばっかだな

>クレストが途中参戦して三巨頭1〜2人倒せば負けは
ないだろ

クレスト的に仮に当時そう見込んでたとして、その後デジェルを呼び寄せて
撃破してもらうプロジェクトが進行するわけだが
クレスト<デジェル、三巨頭1〜2人<クレスト は想定の内だったのかな?

238 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 23:34:57.77 ID:WZhu7ayi0
>>237
クレストとデジェルが戦ってFCを体得して、自分らが負けたなら自分らは退場
デジェルが戦って敗北したなら、聖域・冥王軍とは別の第三勢力として行動開始

要するに、クレスト対デジェルが分水嶺だったのだろう

239 :作者の都合により名無しです:2013/03/24(日) 23:58:25.35 ID:lWLaqUzEP
>>236
敗色濃厚「なら」?

随分な「心は聖闘士のまま」な御仁だな…

240 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 00:00:17.91 ID:/wEb5Kds0
>>238
随分見積り甘い聖戦経験者の爺さんだな

241 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 00:07:57.86 ID:X6JU1O690
>>240
LC以前の聖戦は冥王軍が十二宮に攻める→撃退して終了のパターンだったんだろ
アローンが冥王の能力を私情で使用したのはパンドラ・双子神も予想外だったからな

242 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 00:23:16.78 ID:0BmBYRoj0
ぶっちゃけハーデスよりも双子神の方が強そうに見えたな
ベジータとナッパみたいだが

243 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 02:03:19.47 ID:+aphJj4PO
>>186
てか君自身がここんとこ一番書いてる人だが
酷いと思ってるのか?

「話が酷いと思う」「酷いと思わない」
どれだけ根拠を並べても説得しても
幾ら言っても並行線で
どこまでもわかりあえないのだから
もう感性の問題ってことで不毛だと思うが

そもそもそこまで必死になる君の主張が良くわからない
他も同じように粗あるんだから他も指摘しろよ!なのか
粗ある他は指摘しないんだから水瓶外伝も黙っとけよ!なのか

結局何が言いたい
そこまで異常な連投繰り広げてまで訴えたいことはなんだ

244 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 11:45:45.92 ID:FlPelvs60
クレストが長生きして永遠の統治をと望むのは分かるけど
肝心のガーネットが雑魚、平和な統治が出来てない、
生気を吸い取ってるのが無差別と墓の数だけ語る前に選別もしないのかと
他だって改心が酷いキャラがぶれてると言われてもこのキャラ達は何がしたいねんと思ったよ
個人的にはなというのはある

245 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 12:27:19.22 ID:X6JU1O690
>平和な統治が出来てない

50年間は平和だった
ガーネット以外の地方領主じゃ、それは簡単ではない
そこらへんがガーネット推しの理由だろ

246 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 13:02:09.46 ID:MbkNoLPf0
>>245
平和ってのはガーネット達の一人よがりでしかない認識だよ
ガーネットの統治方法は不要な犠牲者を踏み付けて成り立つ砂上の楼閣だ

247 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 13:05:57.30 ID:FlPelvs60
>50年間は平和だった
これ言い続けてる人さ・・・
読んでる読者として全然平和に見えないし
たかだか50年でほころび出てる統治に500歳のクレストが期待するのが
物凄い違和感を醸し出しってるってばよ

248 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 13:13:25.70 ID:X6JU1O690
>>247
>たかだか50年
ガーネットの国以外だと、「たかが50年」が簡単にはいかないんだろ

>>246
デジェルはそう考えてクレストと戦ったわけ
で、ストーリーのどこらへんが理解できないんだ?

249 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 13:14:54.81 ID:Rwqy3kZN0
クレストは考え過ぎて迷走してしまうタイプだと思った
仮初の平和を謳うガーネットの人間ゆえの弱さや愚かさに
長く生きて色々迷うことの多い自分の影の部分を重ね放っておけず
加担するというよりは、彼女の狂乱にただ寄り添いたかった
自分では彼女の始末をつけるのは忍びないから、信頼している弟子に委ねた
…とまあ、こんな感じに解釈して読んでたけどな

250 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 13:28:22.16 ID:MbkNoLPf0
>>248
はあ?
ガーネットの統治は平和じゃないと言っただけだ

理解も何もデジェル外伝はネタを盛り込みすぎてキャラも設定展開も絞りきれてない
そういう意味では失敗した外伝と思ってる
詳しくは連載当時の過去ログで批判的感想レスが参考になると思う

251 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 13:33:21.15 ID:X6JU1O690
>>250
つーか、クレスト自身が「戦争になれば何百倍もの不要な犠牲者が出る」と
言っているわけだろ
で、「墓の数は少ない方が良い」と思い至ったわけだ

そこまで了解してて、なんで「設定展開も絞りきれてない」という感想にな
るんだ?

252 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 14:19:01.46 ID:MbkNoLPf0
>>251
メイドナレーションで開始…終了ナレーションは?
デジェルのサスペンス謎解きミステリーで知性をいかすか?…そんなことないよ
宝石児は使い捨て…個性的で面白そうなのにもったいない
師匠とデジェル…カミュ氷河+老師紫龍がイメージ元か?でも尺不足で浅い甘い
新技続々…本編未使用になるから本編デジェルの情けなさに一役買ったか
500年生きて老いらくの恋?…晩節汚したな
いろんな人間を犠牲にして慈愛も可哀相な過去もあるかよ…
未亡人の役回り…メイドかセラフィナでやれたんじゃね?
眼鏡…メイドからのなら尚さら終わりナレーションはメイドでよかったな

師弟話に絞ればじっくり描かれたんじゃないかと思うよ

253 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 14:23:50.79 ID:Bv1j+Kya0
墓が少なくて声無きマイノリティだったらなんとかスルー出来たものを
領民に噂が広がってパーティにガチコミ発生するわで、収集つかなくなった
今その状態で50年平和が続いたとはちょっと考えにくいな
本当に平和だったのは平定した当初で、残りは破綻を隠す為に
さらに破綻が広がる、の繰り返しだったと思われる

クレストもガーネットの意図に賛同したと言うより
同調依存で一緒に倒れる事に抵抗が無かったのだろう(領民の行く末は知ったこっちゃない)

持ってるスペックに比べ、あまりに気の毒な、あるいは駄目な器だったと言わざるをえない

254 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 14:31:47.02 ID:X6JU1O690
…つーか、そこまでいくと無理矢理マイナスイメージ探してるよなぁw

>デジェルのサスペンス謎解きミステリー
いや別にそんなモンは期待してないってば
親しい身内相手に自分のペースで戦えるから『クール』なんだろ

>宝石児は使い捨て
黄金以下の敵キャラなんだから、こんなもんだろ

>新技続々…本編未使用になるから本編デジェルの情けなさ
いや本編デジェルを情けないと思ったことはないが
先代水瓶、海皇軍の宸Pと宸Qに連戦
戦績はかなり優遇されている方だろ

>500年生きて老いらくの恋?…晩節汚したな
>いろんな人間を犠牲にして慈愛も可哀相な過去もあるかよ…
それは他エピソードの敵キャラの事情も同じ
で、何度も語っているが表向き領主としては優秀だった
その点は、作中で誰も否定できない

それ以外の指摘に関しては、なんでこだわるのかワカラン点ばかり

255 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 15:26:11.32 ID:4AZ3TP7N0
一人一巻って制約があるからなぁ
話がぶつ切りっぽくなるのはしょうがないかも

前もってわかってるんだからそれで綺麗に収まる話作れと言われればそれまでだが

256 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 15:33:30.18 ID:X6JU1O690
とりあえずLC世界の欧州だと、50年間平和を保てた国は極めて希少だっ
てこと
実際、アスミタやアローンが「悲しみに満ちた世界」と何度も述べてい
るからな
それは作品世界の「事実」なわけね

その点を無視してアンチ意見を述べるから、話が噛み合わんのだ

257 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 15:47:48.51 ID:FlPelvs60
作中での綻び具合と持ってる戦力じゃ絵空事過ぎて
永遠の平和への説得力が超薄いんだよ
カルピスってラベルの貼ってある水道水みたいだなって当時思った

誰もがキャラが言った言ったで鵜呑みにしてくれなんかしないよ

258 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 16:18:48.11 ID:X6JU1O690
>>257
>>233>>241読めよ
ガーネットの国とその周辺を安定維持するなら、別に不可能ではないだろ

259 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 16:37:36.05 ID:MbkNoLPf0
平和じゃなくて犠牲者出してる血生臭いのを隠してるだけだろう

260 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 16:39:33.91 ID:Bv1j+Kya0
> とりあえずLC世界の欧州だと、50年間平和を保てた国は極めて希少だっ
> てこと
> 実際、アスミタやアローンが「悲しみに満ちた世界」と何度も述べてい
> るからな

とりわけ世界観の歪んでるメンツを出してきたな
それと、LC世界の欧州は別のパラレルな地球だったのか?

50年平和だった点にこだわってるが、逆に言えば50年の引き延ばしが限界で
その後はそのままの体制では立ち行かない段階に入っていったという事である
クレストはガーネットの方針に希望を見て賛同したのではなく
迷った挙げ句、心中する可能性に賭けたという事ならばそれで筋は通るのだが
どのみち不死での平和の継続は無理だったと言う事

261 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 16:45:10.65 ID:X6JU1O690
>>259
だから>>251
国家レベルの争いは、ともかく回避できた
他の国は出来なかった
それがクレストがガーネット推しの理由


つーか、何度も論破されてんのに何故おなじ問答を繰り返すのかな

262 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 17:04:36.82 ID:X6JU1O690
>>260
>LC世界の欧州は別のパラレルな地球
まーその可能性はあるな
天空にロストキャンバスなんて堂々と出現したんだから、実在の歴史の陰で
聖戦が行われたわけじゃあないのだろう

>50年の引き延ばしが限界で
>その後はそのままの体制では立ち行かない段階に入っていった
具体的にどんな事態かな?
フレイユ夫人とかが稀なケースなら、国家間の争いは回避できるだろ

263 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 17:45:47.15 ID:8v9bi3A/i
まだ続いてたの?水瓶論争

264 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 17:49:32.97 ID:8v9bi3A/i
どっちの意見もあっていいじゃないか

265 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 17:50:10.37 ID:X6JU1O690
そろそろ水かけ論争になってきたけどな

…まーなんつーのか、微妙派の人たちはガーネットみたく50年間平和を維持で
きた領主・国家が他にもワンサカあって、わざわざクレストが妙な反則技を使
うガーネットだけを選んで忠誠を誓った、と

そんな風な前提で論を立てているから、話が噛み合わんのだとは理解できた

266 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 17:52:06.72 ID:8v9bi3A/i
シオン外伝、サガとかムウとか出てくるかな〜

267 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:18:42.67 ID:MbkNoLPf0
>>261
論破されてないから反論されるのが理解できないんだな
デジェル外伝だけは失敗作というのを認めたくないんだろうな

268 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:22:55.73 ID:zEOWR2r90
>>266
出てきてほしいけど、サガ出て来たらバッドエンドしか思い浮かばない
最終巻書き足しの手代木ムウよかったね

269 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:27:02.25 ID:vrIbYtHL0
麻呂眉の意味くらいは描いてくれるだろう
サガ描くと…どうしても「シオンは同じく教皇後継問題を引き起こしたマヌケ」という印象になっちゃう気がするなw

270 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:32:32.95 ID:Aji6/3kh0
作中の事実としてクレストがガーネットに希望を見いだしたんだから
彼が生きてきた500年の中で、ガーネットがもたらした50年の平和が
例外的に貴重な成功例だったって事だろ。

読者視点で「それは見通しが甘い」という批判は可能かも知れないけど
「現に500年生きたクレスト」がそう判断したという事実を受け入れないのはなんか変だ。

「俺基準の合理的判断を、キャラがしないのは間違ってる」って主張みたい。

271 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:38:55.10 ID:Bv1j+Kya0
確定要素が出てなくて論破しようもないんだけどな
ちょっと読み返してみたんだけど、さすがのクレスト先生も
「戦い以外に民を統べるその歌声」と言ってるだけだし

反証できないから正しいって言い張ってるだけで誰も納得してないんだよな

まあ色ボケだったけど弟子の前だから格好つけてみた、でいいんだけど
急に格好つけるから読者はびっくりだよ

272 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:43:40.44 ID:2FiFptul0
描かれているのが「事実」であって、まずはそれを前提として受け入れた上で読まないと話が始まらないわな。
「前提がおかしい」とか読者が言ったってな。

273 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:46:19.87 ID:8v9bi3A/i
>>268-269 サガ見てみたいけどシオンが黒サガの「死ね!教皇!」の手刀でやられちゃうのも悲しいか。
子供黄金達も見てみたいなあ

274 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 18:57:40.73 ID:FlPelvs60
神様が定期で戦争起こす星矢世界で実際に体験してるクレストが
あの程度の戦力とちっぽけな領地で50年程度の愚かな平和になびく
聖闘士の心を忘れなかったクレスト
過去の無力なあまリ旦那も領地を無くしたガーネットが
領民を無差別に吸い殺し宝石化とか言うのが微妙なんだよ

不満を言う読み手の前提は星矢の世界が前提で水瓶外伝の単発の世界が前提じゃないんだよね

275 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 20:56:35.15 ID:HdqofwFn0
アンチも擁護も気持ち悪いなぁ。

276 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 21:20:23.55 ID:2vW8K/8G0
>>270
> 「現に500年生きたクレスト」がそう判断したという事実を受け入れないのはなんか変だ。

そのへんについてはクレストはダメ師匠ってことでいいと思う
こんな奴に延命することになった先々代アテナが気の毒ってことでさ

連載回数が限られてるからガーネットとクレストというデジェルの外伝での敵二人に
焦点をあててもっと描写できてたらよかったと思う
メイドや未亡人は設定から切り捨てて、宝石児もただの名もない部下程度に格下げにして
じいさんばあさん描写に絞って連載すすめたらよかったんじゃないか?

277 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 21:24:41.06 ID:+sLdBQYe0
>領民を無差別に吸い殺し宝石化

戦争中だったら敵の捕虜を、犯罪者が多発してたら死刑囚を優先してたかもな
ただ、外伝のストーリー中は晩餐会の真っ最中だったんで現行のストーリーに
なったのだろう

278 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 21:27:04.03 ID:C+2euJhli
>>275 スルーするんだ千日戦争は

279 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 22:58:37.66 ID:Ukj78G+N0
>>274
>あの程度の戦力とちっぽけな領地で50年程度の愚かな平和になびく

たったの4人で通常の軍隊レベルならある程度何とかできて、クレストが加わってる状態では、
あの世界では人類最強の黄金聖闘士が全開まで小宇宙燃やさないと勝てない戦力が「あの程度」とは思えないんだが?

>聖闘士の心を忘れなかったクレスト

忘れて吹っ切ってたら聖域に手紙なんぞ出さず、宝石児を補充してコツコツ戦力を高めてただろう

>過去の無力なあまリ旦那も領地を無くしたガーネットが

だから無力じゃなくなるために領民を定期的に供物に捧げる必要があるんだろう?

あんたがクレストとガーネットに感情移入できないのは勝手だが、何で書いてあること、簡単に推測できることを無視するんだ?
それがわからないんだよ

280 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:02:11.93 ID:wmQp2yQ1P
>>277
晩餐会のさなかでも
流血沙汰起こす悪党かつイキの良さそうな吸い殺し候補いたじゃない
わざわざあんなの呼んだのもいい汚名だが
慈愛を謳う者が自身の敷地内・管理内での騒動になんで放置?
他の来賓への心遣いもなってない

281 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:14:16.93 ID:viv1JIpL0
>>279
あの世界では神々が戦争する世界だぞ・・・
空はゼウス、海はポセイドン、冥界から無限コンティニューのハーデスが居る世界じゃ”あの程度”だろうよ
簡単に推測できることを無視しすぎじゃね?

282 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:28:24.91 ID:+sLdBQYe0
>>280
先に粗相をしでかしたのはフローライト
デジェルが何もしなければ、宝石児が対処したのだろうな

>>281
それらの脅威に対処するのは聖域
別にガーネット組だけが戦うわけじゃない

283 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:39:17.98 ID:wmQp2yQ1P
>>282
ん だから
吸い殺し対象にしなかったのは?
結局他力本願の上に後始末まで放置でしょ
華々しい晩餐会、敷地内での醜態に
先に粗相をしたのがメイドという落ち目を感じるなら
懲罰兼ねてそれも吸い殺し対象にしたっていいよね

284 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:48:14.89 ID:+sLdBQYe0
>>283
…なんつーのか、根本的に勘違いしているようだがな

ガーネットの歌声は人間同士の戦争を回避するのが最優先課題なんだよ
件の侯爵家のバカ息子とかフライユ夫人とか個人レベルの諍いを未然に防げなかった
としても他の地方領主よりかは統治がマシなら、クレストがガーネットに仕える理由
はあるだろ

侯爵家のバカ息子とかフライユ夫人とか、社交界でそれなりに有名な奴を吸い殺し対
象にするなら日を改めて実行するだろ
その日の内に死んだら、流石に怪しまれる

285 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:51:50.95 ID:viv1JIpL0
>>282
え?聖域にぶん投げて永遠の平和願ってるの?
狭い領地を永遠に守り続けるの問題山積み歌声で?
その内に聖闘士派遣でぶっ壊されエンドが目に見えてるじゃん

286 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:53:35.76 ID:lUap+T+f0
長く生きれば知識も積み重なるが、それを正しく使いこなせるかどうかとは別問題
むしろ独り善がりになりがちなんだってことだろ、あの二人は

水瓶外伝では設定の矛盾より
サーシャが涙目になってつきっきりでカルディアの看病してたとか
回復したカルディアがサーシャをベッドに乗せて「むに〜」してたことの方が大問題と言う人もいるだろう

287 :作者の都合により名無しです:2013/03/25(月) 23:59:19.22 ID:+sLdBQYe0
>>285
聖域が冥王軍(などの敵勢力)に負けそうならば、途中参戦してクレストが強敵撃破
してフォロー
冥王軍との聖戦後に黄金が1〜2人だけ残った状態なら、数百年は聖闘士派遣はない
だろ
LCの聖闘士は基本一対一のルールなら、クレストに完勝できる黄金はそうは現れない
だろうからな

288 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:00:05.45 ID:TPr9FWGw0
ガーネットの統治は虚構でしかないからちっとも平和じゃない
クレストは500歳以上の爺だが老いらくの恋に血迷って正しい判断力なくしただけ
おかげで犠牲者はどんどん出る始末でガーネットの統治の欺瞞が明らかになる
それでもガーネット様ーのクレストは老いて正しい判断ができなくなってたな

289 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:06:16.08 ID:TPr9FWGw0
>>287
アテナの聖闘士の誇りなくした失格者は黄金やテンマ達には勝てないよ

290 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:20:04.35 ID:XLQ4GhYy0
クレストがガーネットに惚れ過ぎてM下僕化して
もう自分は道を誤ったけど女王様と一緒に殺してくれ!で
最後は愛欲ドロドロ心中、をデジェルが理解出来ないがそんな幸せもあるんだな、とすれば
すっきりしたんだけどな
色と欲を驀進しといて急ブレーキかけて、実は夢があったんだとか言われても
読者はハァン?としか返せないって
なんつうか、黒の舞台セットでドロドロ音楽が、突如真っ白に変わって音楽もキラキラしちゃうみたいな
無理矢理感
インド映画じゃないんだから

291 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:22:39.35 ID:ztc/JpCw0
>>288
再三、同じことを述べているがそれでも他国よりかは平和だったわけ
単純に比較優位の問題

>>289
…で、実際デジェルがクレストに勝った結果になった
ただクレスト側は、デジェル敗北後は聖域はしばらく様子見になると踏んだのだろうな

292 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:23:54.09 ID:S3sRladgP
>>284
自分はクレストの動機なんて一言も言ってない
吸い取り対象の話をしてるんだが

で 誰に怪しまれて困ることがあるっていうの
実際怪しまれてカチコミかけられてる現状で
屋敷内メイドに好き勝手にさせてる人物がそんな警戒心旺盛だと?
神の勢力相手にしようって輩が一般人の嫌疑を恐れると?
そんな反乱分子根こそぎ成敗し吸い取り対象にしてけばいいだけ
何故かよくわからん一作家吸い取るより余程手軽で大義名分も得られる
ついでにその作家吸い取った際にもあんな子供にさえ尻尾掴まれるような堂々っぷりだが

だいたい怪しまれようが歌でも洗脳可能でしょうよ
何を怪しまれて困るっていうの、たかが一般人に
徹底した隠蔽工作してる描写でもある?

293 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:30:51.90 ID:ztc/JpCw0
>>292
>神の勢力相手にしようって輩が一般人の嫌疑を恐れると?
>そんな反乱分子根こそぎ成敗し吸い取り対象にしてけばいいだけ
>何を怪しまれて困る
表向き“名君”として評判が良いのだろ
そのアドバンテージを、わざわざ自分で捨てる必要がないだろ

>屋敷内メイドに好き勝手にさせてる人物
警戒心があるから、あえて自由行動させてんだろ
デジェルがパーティに出席しなかった場合、フローライトは何をどうやっても地下室までは自力で
たどりつけなかったのだろうからな

294 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:33:30.99 ID:YtHqiZ/B0
クレストは魔性の力に手を染めてでも夫が守ろうとした国を存続させようとする
ガーネットを支えようとしたんじゃないの?

295 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:34:16.43 ID:tuZzJ3JW0
死体の数は少ないほうが良い→隠蔽処理杜撰過ぎて戦争バンバンしそうっすね
ほかと比べて平和!歌声洗脳統治で平和→でも洗脳しないで宝石児で蹴散らすんでしょ戦争で死体増えるね神様が喧嘩売ってきたら?
聖域の仕事だから→もう小さな領地での戦死者減らすより世界を守ってるアテナに統治してもらえばんいいんじゃないかな・・・

上見た感じこんな風に思いました

296 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:37:14.62 ID:S3sRladgP
警戒心があるならなぜカチコミかけられた?
警戒心があるならなぜ子供に殺害の尻尾を掴まれるような真似をした?

下3行に答えてくれ

297 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:40:23.77 ID:ztc/JpCw0
>>295
>隠蔽処理杜撰過ぎて戦争バンバンしそう
→実際、50年間平和だった 他国はそうではなかった

宝石児で蹴散らすんでしょ戦争で死体増えるね
→フライユ夫人は放逐 兵隊も殺してはいない

世界を守ってるアテナに統治
→聖域は人間世界には不干渉 アテナは聖戦後は消息不明がいつものパターン


…いい加減、作品を素直に読めば解ることを質問されても時間の無駄なんだが

298 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:44:40.07 ID:tuZzJ3JW0
>>297
擁護は脳内補完が酷くてね
聖域は人間世界にもちゃんと干渉と言うか影からサポートと言うか
怪しい事件には対処するよ外伝の何読んできたの?

299 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:50:14.73 ID:ztc/JpCw0
>>296
まずフライユ夫人の夫は『自殺』
歌声で操って殺したわけではない
(地下の水晶の養分にはなっていない)

フローライト父が失踪して歌声が響いていたから、フローライトは屋敷に勤め始めた
それだけを根拠に屋敷に勤め始めるとは予想外だったのだろうな

300 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 00:56:42.22 ID:ztc/JpCw0
>>298
アテナは二百数十年周期で生まれ変わる設定
つまり、何時かの時点で姿を消すわけだろ

で、クレスト側は神々の都合に左右されない国を作りたいんだろ

301 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 01:07:53.59 ID:JplNPhpo0
>>296
>警戒心があるならなぜカチコミかけられた?

そういう状態になったときのために宝石児がいるんでしょ?

>警戒心があるならなぜ子供に殺害の尻尾を掴まれるような真似をした?

フローライトはあくまでも「父の失踪はガーネットに関係があるだろう」と推測しただけ
証拠は一切掴んでいない。デジェルが来なければ真相にたどり着くことなくメイドしてただろう

302 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 01:14:18.59 ID:S3sRladgP
>>299
旦那は自殺で殺してないとか問題はそんなことじゃない
そんだけの私兵雇われてカチコミかけられる動きすら掴めなかった
事前調査及び警備の杜撰さ
多くの要人・来賓が訪れる晩餐会に何たる失態、醜聞
それで「名君としてのアドバンテージを守る」?

歌声の痕跡を迂闊にも残しといて、素性の知れない少女が突如やってくるとは「予想外だった」?
しかもそのメイド経験もない無能な子供を雇った?
どんだけ杜撰なんだ
どこが警戒心旺盛だと言える
バレても全然意に介さないほど堂々とした態度じゃないか

つ >だいたい怪しまれようが歌でも洗脳可能でしょうよ
  >何を怪しまれて困るっていうの、たかが一般人に
  >徹底した隠蔽工作してる描写でもある?

で これにはどう思うのよ

303 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 01:27:16.61 ID:ztc/JpCw0
>>302
>そんだけの私兵雇われてカチコミかけられる動きすら掴めなかった
>事前調査及び警備の杜撰さ
実際、即座に宝石児が取り押さえて宴は普通に続行したわけだ


>歌声の痕跡を迂闊にも残しといて
フローライトは「父の失踪はガーネットに関係がある」と思った
「ガーネットが殺した」とまでは疑ってない
デジェルが出席しない場合、何をどうやっても地下室には行けないよ

>だいたい怪しまれようが歌でも洗脳可能
逆に考えるなら、追いつめられたわけでもないのに何でそこまで形振り構わない行動取るの?
今回のエピソードでデジェルが出席しない場合、特に何事もなく名君のままでいられるわけでしょ

304 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 01:37:54.97 ID:XLQ4GhYy0
ガーネットの歌声支配を整理して見ると

歌声の効力は「魅了」で目的は「吸う」事
宝石児はガーネットが「吸う」ごはんを集めてくる蜜蜂で
その役割での行動範囲は不明

対外的には「魅了」による外敵侵入の防止
具体的手段については不明
クレストによると軍隊に匹敵する宝石児は国防に使われていない
(戦争による殺傷は無し)
国内向け秘密警察のようなものか(フライユ夫人の件以前の働きは不明)

歌声の効力を考察してみると

メイドには効かず→一定の疑いを持つ者には効かないと思われる
真ん中にいるメイドのみ避けて発動させる理由は見当たらない
国政に置いてはおそらく反対意見を持つ者を「魅了」する力
跪く以外の誘導・催眠・コントロールの効力は不明
フライユ夫のようなカモは拒まず貢がせる

305 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 07:48:44.89 ID:u2GunFps0
一生懸命水瓶外伝の内容設定について擁護してるのが
何つーか連投してる奴だけというところに
水瓶外伝の内容設定には問題があったことを示してる
複数住人があげる指摘をたった一人で擁護ということは
そういうことなんだよ

水瓶外伝は黄金外伝の中では出来がよくない

306 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 09:59:42.22 ID:ztc/JpCw0
>>304
>メイドには効かず
>真ん中にいるメイドのみ避けて発動させる理由
クレストが指揮してた音楽隊の連中には効いていない
歌声の効く範囲はある程度調整可能なはずだ

>フライユ夫のようなカモは拒まず貢がせる
フライユ夫は操られていたかは不明
最初から最後まで本人の意志の可能性もあり

>>305
その「複数住人があげる指摘」て何度も問答がループしてんだよ
何度も反論されてんのにアーアーキコエナイ状態なだけだろ

307 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 10:43:43.71 ID:CJSWFP620
反論に説得力がないと考えないんだろうか
50年片田舎の領地を平和に守った程度でゼウス、ポセイドン、ハーデスが
喧嘩売ってくる世界で夢見るには500歳の聖闘士が入れ込むには違和感しか感じられないんだよ

308 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 12:11:29.28 ID:oSR6xg4y0
忘我レベルで即魅了にならない条件、読んでて思ったのは
・最初から猜疑心持って構えて聴いてる(フローライト、フライユ?)
・他の事に集中力MAXのプロ(オーケストラ)
・小宇宙の自力燃焼可能(クレストやデジェル)
っぽいので、要は歌声に臨むに際しての無防備度じゃね?
逆にカモられやすいのは
・最初から聴く気満々とかの好意的姿勢(招待客)
・物語書けるくらいには豊かな感性(フローライト父)
みたいな、既に麻薬レベルに複数回トランス経験してるか、歌声の波長と合致しちゃった高い感受性の持ち主?
フローライト父ってもろに歌で誘い出されて餌になってるし

309 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 12:12:43.27 ID:YtHqiZ/B0
これが千年戦争か・・・・・・

310 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 12:47:09.81 ID:oSR6xg4y0
>307
クレストは約500年聖闘士やってきた結果、まさにその神々の感覚で平和維持スパン図られるのに我慢ならなくなったんじゃないか?
聖戦が3桁年に1〜数度の定例行事扱いじゃ、人間側の払う人的リソースに見合った地上の平和の維持時間になってないと思ったんだろう
あれだけ「人間の」と強調したのは、神の時間感覚で平和維持されたんでは500年経とうと1000年経とうと観測系が広すぎていつまでも「定期的にちょっと揉めるけどおおむね安定してるよね」にされてしまう
けど人の生気を吸う魔物状態だろうと時間感覚が「人間の」ガーネットなら、常命の人間の感覚で実感できる平和維持期間が得られると思ったの(それを見定めるのに最初の出会いから50年かけた可能性)では

311 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 12:57:15.93 ID:Z4zDshg00
>>309
自分もさっきここきて同じこと思ったわ
2ちゃんでの千日戦争って1000スレ消費するまで続くんだろうか

312 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 13:12:30.00 ID:ztc/JpCw0
>>308
>フローライト、オーケストラ
宴の最中の使用人は標的から外してあるのでは?

>フライユ夫人
夫が自殺したのも、急に乗り込んでくるのも予想外だったとかかな
一曲歌い終えた後だから宝石児に任せたのだろう

>小宇宙の自力燃焼可能(クレストやデジェル)
コイツらはそれでOKかな

313 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 13:15:49.82 ID:S3sRladgP
>>303
事前調査の杜撰さは否定しないんだな
武器装備の暴君を容易に踏みいらせるザル警備で
多くの来賓の前で醜態を晒したことは
出処不明の使えないメイドを雇ったことは
そこには警戒心の欠片も伺えない
名を落とす可能性を考慮もせず堂々と門戸を広げている態度な訳だ
戦乱を事前に防ぐためのスタンスの歌声戦法とは真逆の
「発生したら対処する」事後対応

「怪しまれると困る」と言ったそちらの意見だが
「徹底した隠蔽工作してる描写でもあるの?」になぜ答えない

314 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 13:22:31.64 ID:TPr9FWGw0
>>311
水瓶座の本編や外伝への疑問批判を絶対にしないで
デジェルとクレストは強くて偉いから誰もかなわないと
スレ住人が水瓶座擁護住人にかしづいたら即終了

315 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 13:34:33.79 ID:oSR6xg4y0
>>313
出所不明の小娘を使用人にするのもザル警備も、宝石児で余人に被害を出さず対処可能なのを大前提とした生気吸い上げ対象の無難な確保の手段だと思ってた
怪しい挙動のメイドが消えてもそれこそ素行不良で解雇が通るし、傍目では逆恨みで自分を襲ってきたやつはある種温情にすら見える放逐措置
そういった「領地や身辺から姿を消しててもおかしくない」人間をぽつぽつ作って、そいつらをメインに食事賄ってれば一般人襲うよりかは目立たない

316 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 13:38:52.19 ID:xsHPPNgs0
外伝って魚座、山羊座、水瓶座、蠍座、蟹座、天秤座、獅子座、乙女座の順だったような…。残りは牡羊座、牡牛座、双子座か。
双子座外伝は2人のお話だろう。2人で一冊でいいよ。牡羊座は天秤座と同じように聖戦後にしてほしい。できれば弟子との修行シーンが。

317 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 14:06:15.72 ID:mtxnY0pLi
まだ続いてるの、そうかだから千日戦争か

318 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 15:02:35.81 ID:24/JnwL4O
いつまで続くか分からないけど…議論はあっていいと思うよ
ただ、作中人物は神の視点を持たないし、作者の代弁者でもないということは大前提で押さえるべき

ロミオとジュリエットでいえば、ジュリエットは仮死状態なのになんでロミオは自殺するの?とか
2人が死んで両家が和解するなら最初から争わなければいいのに、他にも死んでる人がいるのに
ってのは作中人物への批判だし、彼らは神の視点を持たないのに何を責めているんだってことになる

でも仮に、ロミオをパーティーに連れて行った友人の視点で物語が始まったのに、あとはその友人の出番がなかったり
ジュリエットを好きになる前のロザリンへの恋ばなしを延々としていたりしたら、
視点がぶれているし、話の焦点を見失っているっていうよね
こっちは構成の問題

この2つは別々に論じないと

319 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 15:33:57.83 ID:ztc/JpCw0
>>314
下らんことを言うなよ
LC本スレなんだから、内容の考察・議論はあって当然
水瓶外伝の場合、あまりにも批判側が常軌を逸しているだけw

>>313
戦乱を事前に防ぐためのスタンスの歌声戦法
屋敷内の警備は宝石児が担当するってことでしょ

つーか上で何度も答えているが、デジェルが出席しなかった場合、フローライト
もフライユ夫人もガーネットを社会的に追い詰める手段は無いってばよ

フライユ夫人の急襲でガーネットの名声に傷付いたって、社交界は基本ガーネッ
トを全員味方するわけだし、フローライトはあまりにドジなら何時でも解雇でき
るわけでしょ

50年の“平和な統治”で最初の綻びがその程度なら、一般人がどんなに足掻いて
もガーネットの基盤は揺るがないってことだ

320 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 15:45:07.90 ID:mtxnY0pLi
>>319 正直、擁護派も批判派と同じくらい逸脱しているように見えるよ。気付かぬは当事者達だけ

321 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 15:50:45.29 ID:HBzcml/+0
>>315
実際には吸い上げ対象にしてないじゃないですか
一般人の作家は襲ってるけど

322 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 15:51:33.88 ID:XLQ4GhYy0
もうガーネットの領地の内政の問題ってどうでもいいんじゃね?
運営管理として謎だらけではあるけどこれ以上検討出来る材料がないのは確定なんだし
クレストが全面賛同してたって事でフィックスするしかないし

こんなに批判が絶えない理由ってのは物語の構成が無理矢理過ぎだったからで
その上で物語の世界設定なんていくらほじくり返しても無駄だわ

323 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 16:01:55.16 ID:ztc/JpCw0
>>321
フローライトが邪魔なら、解雇すれば良し
(黄金と戦う際は)火打石みたく人質にするも良し
エネルギー補充が必要なら、養分にするも良し

ガーネット側にとってフローライトの存在が“邪魔にならない”なら
側においておく理由は厳密に決める必要はないだろ

>>322
批判意見が無理筋過ぎるんだよ
「メイドになぜ歌声が効かないか?」なんて、逆に考えれば使用人が
行動不可能になる魅了技を使って社交界デビューする敵キャラなんて
いるわけないだろ

324 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 16:43:29.94 ID:TPr9FWGw0
>>323
読者の感想は正直だから面白ければ多少の設定破綻は見逃してくれる
結果的に批判指摘よりプラス感想が多くなってスレもいい雰囲気で盛り上がる
でも水瓶外伝は連載進むにつれて疑問や批判のレスが増えた
読者には設定や展開の破綻が目についた…面白さでカバーできなかった

満足者<不満足者だと思うから作品の仕上がりとしては良くなかったんだ
不満足者の指摘が悪いようなことを言っても仕方ないと思うよ

325 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 16:52:22.91 ID:ztc/JpCw0
>>324
満足者ってのは別に何度もスレに書き込まないだけだよ
不満を持つか満足するかは、その読者次第
ストーリー中で不明瞭な点があったら議論すれば良いだけだ

不満点と疑問点をごっちゃにするなよ

326 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 16:59:08.46 ID:2L/Y2ZdM0
何で「俺にとっては不満の残る出来だった」じゃなくて
「みんなが駄作だと判定している」って主張したがるんだろうね。

俺も水瓶外伝はとっちらかっててまとまりに欠けると見るが
あれを評価する人間に翻意させたいとは思わない。

327 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 17:17:45.32 ID:ztc/JpCw0
このスレの住人て、もしかして精神年齢低い奴が多いのかねぇ

ストーリーの疑問点を考察・議論することと
水瓶外伝が好きか嫌いか
スレの多数派になって勝つか負けるか

…ゴッチャにして考えてる奴が混じってそうだが

328 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 17:36:36.08 ID:S3sRladgP
>>319
> フライユ夫人の急襲でガーネットの名声に傷付いたって、社交界は基本ガーネッ
> トを全員味方するわけだし

余裕があるって自分でも認めてるんじゃん
何故か穴だらけの振る舞いをしたって皆に信用されると

実際の描写としてそれなのに
評判など意に介さないザル警備、大胆不敵さなのに
「名声捨てたくない」「流石に怪しまれる」と言った根拠は?

だから、「徹底した隠蔽工作してる描写でもあるの?」

329 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 17:49:06.88 ID:TPr9FWGw0
>>327
疑問や批判するとアンチ行けと言う奴がいるんだよ
水瓶外伝に疑問ダメ批判もダメになってる

330 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 17:49:55.90 ID:ztc/JpCw0
>>328
ぶっちゃけ、フレイユ夫人の急襲で多少は名声が落ちたとして、な

世間一般ではフライユ夫が勝手に自殺して、夫人の方が勝手に逆恨みし
てガーネットのパーティをブチ壊した、みたいな風説になるわけだろ

フライユ夫人は放置して被害者ヅラしてるのが一番メリット大きいのでは?

331 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 18:24:18.30 ID:CJSWFP620
>>330
歌声が響くと人が消える”事実”があるのでどうでしょうね
火のないとこに煙は立ちませんし多数の人が吸い殺される現実があるので
永遠の平和にはならないでしょうし化け物と迫害秒読みが人間の世界だと思いますよ

332 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 18:29:59.40 ID:ztc/JpCw0
>>331
ガーネットの国以外は戦乱の危険性があって、50年間平和だったのはガーネット
の国が唯一例(?)らしい
単純に、その点で他国より信用度が異なる

333 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 18:36:02.20 ID:AQJO3yme0
>>308
つまりは課長みたいに風流を解する耳を持たない者には効きが甘いと。

334 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 18:42:08.83 ID:XLQ4GhYy0
クレストが色ボケして聖闘士としての倫理に添わないプロジェクトに加担してた
で大概は説明はつくんだよ
そこをクレストが最後にちゃんと釈明しなかったから
ガーネット体制が正か誤かとかに問題を求めちゃうんじゃないかね?
メイドの存在だけはどう解釈してもてよぎんの練り込み不足だけど

335 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 18:46:26.94 ID:TPr9FWGw0
実際は偽りの平和でガーネットには若さを保つための餌になる家畜=国民で
家畜=国民の飼育小屋が国だっただけのことなんだよな
それを人間による平和のためにと考えてガーネットについたクレストは
聖闘士としても人間としても失格者になってしまったと思う

336 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 18:48:04.01 ID:0MK5Alzf0
>>323
一般人の作家が選ばれた理由はスルー?
こっちは邪魔だったの?

337 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 19:08:42.79 ID:CJSWFP620
>>332
なんか私にはもう貴方がBOTにしか見えないんですが

50年の平和が続いたといっても不自然な平和は戦争への引き金になるでしょう
平和な村ですが領主が定期的に村人を食い殺しますなんて村で永久の平和をとか
どこのお伽話、小説、ゲーム、でもバットエンドですよ

人の強さを信じられなくった時点で正当な聖闘士としては落第でしょうし
星矢好きな人からはそんなんで聖闘士を名乗りたいとか舐めるなと言うのが率直な意見ですね

338 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 19:42:18.56 ID:X/etq3qm0
水瓶編の気に入らないところはBBAの入浴シーンがあるところ

水瓶編の気に入っているところはショタ化ジジイの絶対領域があるところ

339 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:11:33.75 ID:5qt9UIUq0
スゲェ!まだグチグチやってる
熱心なファンに恵まれて幸せな作品だね!

340 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:13:50.15 ID:Vx3XBC7Z0
キモい作品にはキモい奴しか寄り付かんのだろ

341 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:17:14.76 ID:teTnsopH0
その理屈だと>>340もキモ〜いのかw

342 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:24:09.68 ID:mtxnY0pLi
>>339 千日戦争を初めて見たよ…

343 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:24:29.14 ID:mtxnY0pLi
リアルタイムでね

344 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:45:48.94 ID:ztc/JpCw0
>>337
まー貴方がどのキャラを好きか嫌いかはどーでもいいけどね

>不自然な平和は戦争への引き金
LCの作品世界では50年平和が続いた国は極めて稀らしい
現実の歴史とそっくり同じわけではないのだから、ガーネットの国が続いたと仮定しても
あまり意味はないかと思うがな

>>336
ガーネットの屋敷に近かったから、標的にされたのかと

345 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:50:14.46 ID:u2GunFps0
>>339
デジェルは迷惑な顔してそうな気がする

>>344
いいかげんにしなよ
全然論破もできてない反論をgdgdと・・・

346 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 20:57:24.52 ID:ztc/JpCw0
>>345
単純に疑問点に答えているだけだよ

何か知らんが、別にクレストが善人だとは一言も言っていないぞ
特定のキャラを好き荷なれとも言っていない

347 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:08:31.57 ID:XLQ4GhYy0
>>346
お前も歌声支配の重箱の角を一つずつ論じてるからいけないんだよ
クレストが最後まで勝手な理屈こねてるから
じゃあその忠誠の対象のガーネットはどうだったんだって流れでこの有様だよ
カルト国家なんだから仕方が無いでさっさと切り上げろや

348 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:15:36.25 ID:ztc/JpCw0
>>347
…いやだからな

クレストとかガーネットとかが狂人でも悪人でも、LC世界の人間社会の中
ではトップクラスに平和だったんだろ
“狂人or悪人の支配する国が何故か他より平和な時期があったよ”てアイ
ロニーの話なんだよ

皮肉な状況を意図的に描いているんだから、人間の自然な歴史がどーたら
こーたら大上段に語りたがる奴の気がしれないんだが

349 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:22:10.98 ID:u2GunFps0
>>348
> 皮肉な状況を意図的に描いているんだから、人間の自然な歴史がどーたら
> こーたら大上段に語りたがる奴の気がしれないんだが

これってID:ztc/JpCw0のことじゃないか・・・
自分が今日だけでも夜中から何回書き込んでるか気づいてるのか?
冷静さ失ってムキになってレスを続けてるよ

350 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:23:07.25 ID:7lYmjB8G0
もういいから乙女座外伝の話しようぜ……

351 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:28:40.49 ID:ztc/JpCw0
>>349
「なんで☆×□なのかワカラン」て書き込みが多いから、解答を書いたんだよ
「このエピソードのテーマは何だ?」なんて誰も質問してないだろ

352 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:36:35.63 ID:u2GunFps0
>>351
解答じゃなくてID:ztc/JpCw0個人の見解だよ
それを理解して自分のレス回数を見返してみるといい
本人は気づかなくても周囲で見てるとムキになってるのと同じ状態だからさ

353 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:39:15.82 ID:hXQw+Ea90
乙女座外伝な、アタバクは間違いなく三田さんに粉砕されると思うが
輝火見逃しをどう綺麗に料理するか、気になるな
実力考えるとわざと見逃すでもないと逃げられん気がするけど
輝火=冥闘士は死なない、を強調して本編の展開につなげてくるかね
アヒンサーのオチはなんとなく予想つかんでもないけど

354 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:43:18.16 ID:ztc/JpCw0
>>352
漫画を読めば明記してあること、推測可能なことを書いたつもりだがな

355 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:45:41.95 ID:mtxnY0pLi
アスミタそもそも何がきっかけで聖闘士になったのか

356 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:47:21.17 ID:XLQ4GhYy0
>>348
アイロニーは無いだろアイロニーは
そんな落ち着いた見解を導く筈のメイドは(作家の娘って点でも)調子こいてるばかりだったし
師匠は終止かぶれっぱなしで土壇場で言い訳、デジェルは立つ瀬無し
読者は爺さんの誤解を許さないと話を締められない

鼻面ふりまわされて放り出された読者を納得させるに、アイロニーは無いわ
望むところはわかるが贅沢ってもんだ

357 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:50:15.76 ID:u2GunFps0
>>355
コミックス派だから雑誌連載のは見てないが
OVAの裏話か設定でアスミタはハクレイに導かれたというのがなかったか?
そのへんはまだ描かれてない?

358 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:51:24.64 ID:mtxnY0pLi
>>357 へーありがとう。冥界でかな?

359 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:55:31.09 ID:7lYmjB8G0
>>358
「チベットに修行に行ったのか」ってセリフがあるから、そのチベットでじゃないかな

360 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 21:56:36.53 ID:ztc/JpCw0
>>356
LCの作品世界では、何故だかガーネットの国は平和だったんだろ

同じ領主のセラフィナはLC本編で急逝、ユニティは発狂したわけだからガーネッ
ト・クレストの「死なない人間が統治に必要」てのが皮肉な形で証明されたわけ
だろ

361 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 22:08:47.97 ID:u2GunFps0
>>359
それのことかな?

記憶が曖昧で申し訳ないがハクレイがアスミタとエルシドを聖域に連れてきたってのが
スレの中でOVAのてよぎん設定ノートか何かにあったとレスがついてた気がするんだ
違ってたらすまない

362 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 22:49:46.60 ID:tuAGF+2u0
俺は水瓶編擁護派で ID:ztc/JpCw0の方が筋が通ってると思う

>人の強さを信じられなくった時点で正当な聖闘士としては落第でしょうし
>星矢好きな人からはそんなんで聖闘士を名乗りたいとか舐めるなと言うのが率直な意見ですね

で、ID:CJSWFP620の根本に上記の思いがあるなら絶対に分かり合えないなとも思う
俺や ID:ztc/JpCw0はクレストとガーネットを星矢キャラとして許容できている
その点で理解し合うのは不可能だ。もうやめようぜ

363 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:03:24.31 ID:tuZzJ3JW0
俺はID:CJSWFP620 コッチ派、星矢の聖闘士を名乗るならこういう風に見るし

364 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:06:24.68 ID:S3sRladgP
>>330
だから。

なんでさっきからそんなズレたことしか言わんの
この漫画のどこに、ガーネットの姿勢及び言動のどこから
「名声捨てたくない」「怪しまれると警戒」なんてのが汲み取れる
貴方がそう言った根拠は、そんなキャラ描写はどこにあるんだと聞いてるの

365 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:12:39.86 ID:u2GunFps0
水瓶外伝擁護派はしつこいというのが千日戦争の結果FAだな

366 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:19:51.39 ID:ztc/JpCw0
>>364
フライユ夫人を放逐だけで済ませたこと
その騒動の後も晩餐会は続けられたこと
セラフィナに「民を魅了し君臨する」と告げたこと

367 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:34:36.02 ID:2L/Y2ZdM0
もうお互いに半分以上意地になってるように見える
同じような発言のリピートになってるし

相手の考えが翻らないのは明白なんだし、
最後が自分サイドの主張で終わらなきゃヤダってほどの子供でないなら
「自分とは相容れない感想をもった人もいるのだ。
どっちが正しい星矢ファンだとか多数派だとか、考えても無意味」と
納得するなり諦めるなりしてくれよ

368 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:39:40.51 ID:ztc/JpCw0
>>367
自分は最初からそのつもりだよ

別に水瓶外伝を面白がれとか、誰々を好きになれとか、そんなことは一言も
述べてないんだが、失敗派はクレストが善か悪かとか枝葉ばかり論じたがる
からな

369 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:42:05.45 ID:79DUemch0
戦争が無くならない訳だよ・・・

370 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:46:35.02 ID:mtxnY0pLi
ポセイドンやハーデスやアルテミス姉様の気持ちが少しわかる

371 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:52:01.42 ID:1REca+Xs0
>>367
作品の是非や感想でなくて、
もし本人が神や作者本人でないのなら
余りに偏執的で独善的な妄想を吐露しまくってるに過ぎん人物一人に
皆が反論している構図にしか見えないが

372 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:52:27.15 ID:TPr9FWGw0
>>368
本当にそのつもりなら
> 失敗派はクレストが善か悪かとか枝葉ばかり論じたがるからな
こんな言い訳しないだろう

ほぼ24時間スレに張り付いてたお前さんは頭を冷やした方がいい

373 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:52:29.41 ID:79DUemch0
アテナも悲しんでおられる
もうやめたまえ

374 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:54:24.70 ID:mtxnY0pLi
人間など最早滅ぼす時期にきているのです

375 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:54:55.26 ID:2KTtpw570
アローンの言い分も解るというもの

376 :作者の都合により名無しです:2013/03/26(火) 23:57:18.45 ID:mtxnY0pLi
>>373 シャカ!

377 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 00:12:02.87 ID:8ZZ/f4FQ0
300から読み飛ばしたが、問題無さそうだな

378 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 07:10:05.19 ID:lG37Etee0
てか近隣諸国で唯一
50年間平和ってどこから出てきたんだ?

回想では200年前に領主の妻だった自分は戦乱で亡命したと
で石榴石手に入れて
クレストに出会ったのが50年前だと
(則ちその空白の150年間はどうしてたんだか不明)
で18世紀フランス
フローライト「数年前から人がいなくなる」
フライユ夫人「あの女が来てからこの土地ではロクなことがない」
このことから元の屋敷に舞い戻ったのは
どんなに古くても10年前程度
(則ちクレストとの出会い後、約40年間はどうしてたんだか不明)
そして1年前にクレストをスカウト

領地を平和に治めてたのは長くても精々10年程度
定命の普通の人間でだって出来る期間だ
しかもその僅かな期間で既に偽りの平和であることを見抜く一般人も出てきている
よしんば言い逃れできても更に10年も経ればその変わらない外見にひとところに留まっては居られまい
近隣諸国から間違いなく人外扱いされ狩られる

屋敷周辺という小さな範囲ですら万物を魅了できるほどの能力でないのは二人の女キャラが証明済み
なのに「この地上は彼女の歌声によって変わる!!」

…まったく信頼性のある実績でもスペックでもないんだが

379 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 07:27:04.43 ID:P/QN2vWV0
>>378
LC水瓶ファンにだけ見える外伝設定が存在したんだ
デジェルやクレストは聖域だから2人が登場する外伝に
批判点や疑問点は一切存在しちゃいけないんだよ
それがLC水瓶ファンのモットーなんだろうな

380 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 09:40:22.48 ID:dVAEDFkp0
>>378
クレスト「50年前、彼女は今も変わらず強く美しかった
     戦い以外で民を統べるその歌声と共にな」

台詞から推すに、50年前から似たような真似が出来たと思われ

それと、読者視点でガーネットの能力がショボイかどうかを論じても
意味がないぞ
作品世界では、名君として定評があるって前提でストーリーが進んで
いるんだから

381 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 09:49:19.86 ID:/zaf1Ol90
悪意で煽ってる>>379みたいなのが一番タチ悪い

382 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 09:58:43.24 ID:pcLqFDnp0
>>337
まさしく正当な聖闘士としては落第、聖闘士じゃない、それが理由で作中のクレストは「コー・イー・ヌールの」クレストって名乗ってるわけだが
本人は別に元アクエリアスのクレストとか名乗ってないぞ、だって自分は聖闘士にあらずと自覚したからこそ失踪して脱皮したんだから
けど古い忠誠を捨てて聖闘士でもなくなって仰ぐ主君も思想も違えて古巣に背を向けてなお、芯の所に聖闘士メンタルがまだあったから手紙になったんだろうよ
理想を持ってた人間ガーネットは200年の中で唯一の理解者である人間のその残る芯の正しさにかけて手紙を勧めた
魔性たるヴィーヴルのガーネットは手に入れるのに50年かけた筆頭手駒の心に残留する物を疎んで本人の手で断たせようと手紙を勧めた

擁護もしたくなるわこんな水瓶外伝だけはスレの総意で話題に出たら好む側全否定の評価箇所なしフルボッコ扱いとか

383 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 10:38:46.95 ID:P/QN2vWV0
>>380
その定評は盤石じゃないわけで
実際にあれの被害を受けた身内がいる連中いて
こそこそ噂されてたんだろ「あいつが来てから変」ってさ
つまり、クレストは老いて判断力にぶってるから
表向きのガーネット治世にだまされて
実情に気づかなかったんだよ

384 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 10:56:18.70 ID:dVAEDFkp0
>>383
LCの人間社会の中では、対外戦争がなくて平和だったわけ

クレスト「戦争になれば、この何百倍もの犠牲者が出る」

385 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 10:58:28.81 ID:8qqqkE6K0
>>382
最後の最後で彼は聖闘士の心をうんたらとか言われちゃね・・・
聖域から部外者のガーネットが語るのも違和感あるだろう

てかフルボッコになるのって脳内補正入りまくりの感想言ってたらどこでもだろうよ

386 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 11:46:37.72 ID:FpuSp3Iii
千日戦争何日目?

387 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 12:25:43.98 ID:hbgafV2/0
クレストは神に左右されない人間中心の世界を希望してなかったか?
でも選んだガーネットのは人外のやり方で人間の統治じゃない
人間を超えた存在による支配を賛美してるも同然のクレストは矛盾してて変だ

でも擁護派はガーネット統治を平和と言い、クレストが賛美してるのに似てる
批判派は例えるならデジェルで、それはおかしいだろうと言ってる

ガーネットやクレストがデジェルを認めたようにならないと千日戦争は続くな

388 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 12:28:53.18 ID:GRQlQ0PQ0
もうすぐ獅子座外伝発売か
書き下ろしエピソードとかあるかな

389 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 13:10:00.96 ID:dVAEDFkp0
>>387
>神に左右されない人間中心の世界

そりゃ単純にアテナ・ハーデスらの都合に巻き込まれたくないって意味かと

クレストが「平和に必要なのは死なない人間」と述べているから
ガーネット=死なない人間ってカテゴリーなんだろ

390 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 14:02:09.07 ID:hbgafV2/0
>>389
普通の人間は不死でもないし500年も生きないからクレストの勝手な認識だよな
結局はガーネットやクレストの思考は上から目線になってる
この2人には人間として人間社会の統治者になる資格はなかったんだろうな

391 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 14:26:24.69 ID:qEL/aM9J0
>>380
歌声で誑かすのは恐らくやっていたんだろうが、それ以上の事はどの程度だったのかは不明
問題は、名君の証言はクレストソースだって事
繰り返す戦争で厭世的になってたアラ5000の評価で
現在のクレストを見ても、戦乱さえ無ければ他の事は目を瞑っていたと考える方が自然

ガーネット・反戦マンセーのクレストには理想境であったろうって事は確かなんだろう
一人の超常力を持った女に厭世家が見た夢の話だったと言う事

392 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 14:26:42.04 ID:dVAEDFkp0
>>390
人間社会の統治者になる資格の無い連中が国家運営したら、何故か他国より
対外戦争の不安の無い国家運営が出来たって話でしょ

悪人が支配する国が悲惨とは限らない
善人が統治する国が天下太平とは限らない


そこまで話の内容が理解できてんなら、何か釈然としない点があるのかね

393 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 14:28:27.63 ID:qEL/aM9J0
5000だってww訂正500スマネ

394 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 14:44:42.16 ID:qEL/aM9J0
恐らくデジェルが来なければ歌声支配はまだまだ続いていたんだろうな
歌声でだまされない分子は吸って処分すれば問題無し
理想郷を見つけて手が付けられない状態のクレストを見て
ガーネットの方が先に危機感を憶えたのだろう

395 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 14:55:33.62 ID:lG37Etee0
>>380
「思われ」、
妄想じゃん

絶対的事実として教えとく
描写>>>>>(越えられない壁)>>>>>妄想

歌声は“統治しきれぬ”能力・宝石児は“戦う”私兵
「戦い以外」も「統べる」も誤った評価なうえに
まっったく客観性を伴っていない爺ひとりの
“台詞一つだけ”を根拠に
それを覆す数多な客観的事実には目を背け
「近隣諸国で唯一50年間平和に領地を治めた」
「ガーネットの領地は50年間磐石」
と断言しまくってた
己の誤解、読みの浅さは認めないのか?

396 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 15:00:31.61 ID:dVAEDFkp0
>>395
>まっったく客観性を伴っていない爺ひとりの“台詞一つだけ”を根拠

仮に全てがクレストの一人の妄言なら、流石にデジェルやセラフィナあたりが
「ガーネットの国より、もっと穏当な手段で平和を保ってる国があります」と
か言い出すわけだろ

397 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 15:05:00.68 ID:hbgafV2/0
>>391
だから2人には人間として人間を統治する資格ないな
領地も平和じゃなくて胡散臭い状態が続いてた
未亡人やメイドのような家族が他にもいたのは確かだ

398 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 15:12:20.43 ID:lG37Etee0
>>396
「ガーネットの領地」が「50年平和」と結び付けた
己の発言から逃げるな
都合のいいとこだけ誇大解釈の誤解で読み進めといて
「普通に読めばわかること」「このスレって平均年齢低い」とか
恥ずかしげもなく他住人を見下し講釈垂れてた輩の「妄想」が
説得力を持って他所に受け入れられるはずがないんだよ

399 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 15:17:06.01 ID:dVAEDFkp0
>>398
いやだからな

仮にガーネット以外の領主や国で平和を保てるとこがゴロゴロおるなら、
クレストが人間界に厭世感を抱くストーリー展開事態が有り得んでしょ

400 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 15:54:26.64 ID:qEL/aM9J0
>>396
> 仮に全てがクレストの一人の妄言なら、流石にデジェルやセラフィナあたりが
> 「ガーネットの国より、もっと穏当な手段で平和を保ってる国があります」と
> か言い出すわけだろ

その記載はメイドの台詞への応答と思われるが

その会話にセラフィナは参加していない
デジェルは一介のメイドから情報収集してる状態で、その当時は真相は知らない状態
そもそも疑いを持って乗り込んだ国に噂ごときでそんな断定評価は出来ないだろう

401 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:07:14.24 ID:qEL/aM9J0
>>399
> 仮にガーネット以外の領主や国で平和を保てるとこがゴロゴロおるなら、
> クレストが人間界に厭世感を抱くストーリー展開事態が有り得んでしょ

クレストが厭世観を持ってたのは繰り返す戦争に関してだろう
墓の数の差で選んだ道のようだし、それ以外の手段には抵抗は無かったんじゃないか?
パラレルの地球としたらヨーロッパで唯一の平和な国だった可能性ももちろんあるが
そういった記述は無い

402 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:07:57.64 ID:dVAEDFkp0
>>400
要するに、今回のエピソードの基本設定として作品世界の欧州事情は『平和』なのかってことだよ
仮にガーネット国以外で平穏な地がいくらでもあるのなら、最初のクレストの懊悩自体が無かった
ことになってしまう

403 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:11:24.17 ID:qEL/aM9J0
>>402
だからこの話は設定と構成が甘いって言われてるんだぜ
説得力の弱いファクターで強引に話を転がしてしまったと言う事

404 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:20:09.27 ID:dVAEDFkp0
>>403
じゃあ、こうしよう

水瓶外伝肯定派はパラレル地球の設定を推しているでFA
ブルーグラードだとかの架空の国が出てくる時点で、現実の歴史を模しているとは露ほども
考えなかったわ
クレストによると敵勢力との聖戦が続いているから、国家間のパワーバランスも現実とはか
わっていて当然だしな

でまぁ微妙派はパラレル地球説を認めないってことで議論終了にしよう

405 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:22:31.50 ID:lG37Etee0
>>399
いやだからな、と言いたいのはこっちの方だ
何度言えばわかる

「ガーネットの領地が50年間平和」てのは誤解でしょ? それは認めないのか?
本当都合の悪いとこスルーなのな
他住人に対しての不遜な態度も


こんなのが水瓶外伝肯定派代表みたいに思われたら
むしろ他の肯定派が可哀想だわ

406 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:25:45.06 ID:dVAEDFkp0
>>405
「誤解だとしたら、根本のストーリーが成り立たない」が答えだな
で、>>406

407 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:27:32.05 ID:qEL/aM9J0
>>404
LCの世界観の設定だが

18世紀の世界で、弱小国家のねつ造はOK、時代風俗は緩くとらえる
聖闘士は超人軍団なのでフライングな知識や技術もありえぬ事ではない

俺はこんな感じでとらえていたよ

408 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:33:54.29 ID:qEL/aM9J0
>>406
分かってるんじゃん
だから成り立ってないんだよ
肝心要の悪役の理念に瑕があるのに、それを物語の柱に据えてしまった
ミステリーや愛の話にすれば逃げ道はあったのにね
最後で強引にまとめたけど柱はぐらぐらなお家

409 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:39:29.46 ID:dVAEDFkp0
>>408
だから>>404だろ
お互い持論を引く気がないのだから、これ以上はスレの無駄遣い

410 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:44:12.08 ID:qEL/aM9J0
>>409
俺の考えでは世界観の設定は>>407前提だったんでね
今更そんな振って湧いた勝手設定を提案されてもねえ

411 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:48:40.25 ID:dVAEDFkp0
>>410
>聖闘士は超人軍団なのでフライングな知識や技術もありえぬ事

山羊外伝に登場した人形師とかは、明らかにフライングな知識
LCだと別に聖闘士以外でもオーバーテクノロジーはあるってことだ

で、>>367を読み返してみなよ

412 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:51:52.96 ID:oQ2tn+z/P
>>409
お前が言うなw

だとしたら、でなくて普通に誤解
50年前からあの領地にて平和統治してた記述はどこにも無い

413 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 16:54:31.44 ID:K+VUmuZz0
クレストには童虎が250年近く仮死状態で過ごせた五老峰は理想郷なんだろうな
てか人の世の戦争で出る戦死者なんぞアテナの聖闘士が負ければ
世界破滅なのに死体の数が〜50年の平和がと言われて
随分スケールダウンの目標で化け物支配で目指して最後が聖闘士の心をとか
駄目な意味でのどっちつかずなキャラにしたのがな

割りきって聖闘士なんぞじゃ平和無理、ハーデス共々ぶっ殺してやるとか言ってたらまた違ったかもしれん

414 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 17:22:32.75 ID:Lu8mPGKT0
>>399
ボケてたんでしょ

て解釈がなぜ「一切」できないの?
作中描写はそれを後押しするものばかりだぞ

415 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 17:24:42.24 ID:dVAEDFkp0
>>414
>>404

416 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 18:05:52.17 ID:qEL/aM9J0
>>411
ごめん
あり得る事でした

417 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 18:12:02.80 ID:gu4j6fWqO
水瓶外伝は雰囲気を楽しむ漫画
セラフィナ様に萌えていればいいのだ

418 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 18:18:17.72 ID:qEL/aM9J0
50年平和統治の信憑性があやうい中
それを支持する理由が「そうでないと話は成り立たない」ってあんまりマッチポンプ過ぎませんかぁ?
それに俺が極端な例で引き出した「パラレル世界」に乗っかって勝手に設定されても困るんですけど

あと他レスの意見に賛意も示さないで、今更そこに逃げ込むのはいかがなものか

419 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 18:29:50.77 ID:CvQQA5QG0
セラフィナ様はフリルひらひらリボンたっぷりな感じより
もっと洗練されたデザインのドレスの方が似合いそうなのにな
当時の服飾の流行から仕方ないのかあとがきによれば
手作り(らしい)からああなったのか
そしてデジェルの舞踏会衣装は聖域で支給されてるのか?

420 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 18:58:07.30 ID:P4uKLAFY0
>>419
手作りドレスをバカにされるっていうプロットがあったそうだから
そのせいで微妙に洗練されてないんだろうな
デジェルのはブルーグラードで借りたのかと思ってた
聖域にあんな衣装がある光景が思い浮かばんw

421 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 20:38:00.29 ID:ymHVLb1M0
>>413
「デジェルが我々に勝てないようなら(聖域討滅)少し考えますか」
くらいのつもりで呼んでたろ?

>>418
逆に「戦乱の絶えない荒廃した国土」であんな華麗な舞踏会や美人領主への
貢物の山とかある方がおかしくないか?

422 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 21:08:32.20 ID:P/QN2vWV0
>>421
ガーネットが餌にしてた人間は上流階級者じゃない一般民衆だったのかもな
そうだとしたらやっぱり領主としては好評価できないキャラになってしまうが

423 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 21:13:08.81 ID:qEL/aM9J0
>>421はジャック抜いてクールになった ID:dVAEDFkp0なのかな?

聖域討滅とか言ってる記述ってあったっけ?

「戦乱の絶えない荒廃した国土」ってまたパラレル?
戦乱を避けるために歌声洗脳、不満分子は吸っちゃう方式だったんだから
戦乱はなかったんじゃないのか?
クレストは墓を少なくキャンペーン続行中だったんだろ
多少の目障りなのがうろちょろしてる位なら
権威の発露としてそういった事は派手に披露するのはよくある事だし

424 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 21:17:00.29 ID:ymHVLb1M0
>>422
少なくとも晩餐会の用意だけでも城下は潤ったろうしそんなに税金高いとも思えない
そうなると領民10人戦死か餓死させるか1人食われるか(旅人でも代用可)の選択としては
そこまでひどくないだろう
あの眼鏡っ娘も父親が『行方不明』になったらちゃんと雇って最低限の食い扶持は保証してくれたしな

425 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 21:26:01.54 ID:P/QN2vWV0
>>424
そういうガーネットやクレストのような考え方に賛同できないよ
ガーネットが若くあるための餌確保のために犠牲にしてる領民がいて
その非道な行為を無理やり自己正当化してるだけだからさ

426 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 21:38:01.11 ID:qEL/aM9J0
>>424
吸われるご飯要員はどの位のスパンで調達してたのかが分からないから
経済効率については何とも論じられないな
問題点は領民から吸った場合、家族や周辺の人物から噂が発生すると言う事
無論、発言力の小さい庶民を選んでたんだろうとは想像つく
モグラ叩きを50年続けてりゃ疲れて魔が差す(手紙)のも仕方ないだろうな

あと上で言ってる人がいたけど、50年同じ土地で統治していたかというのも疑問ではある

427 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 21:52:26.89 ID:ymHVLb1M0
>>423
>>421はジャック抜いてクールになった ID:dVAEDFkp0なのかな?

悪い、ここ良くわからんが>>411>>415は俺ではないよ

>聖域討滅とか言ってる記述ってあったっけ?

単行本P176で、聖闘士の心を捨てきれないクレストにガーネットが
「では私達の道をどう見るか、貴方(クレスト)の愛弟子(デジェル)の
判断と勝敗に委ねましょう」と言ってる
デジェルが負けてガーネット達の統治が続いた場合、聖域の判断は大体見当つくだろう。

>「戦乱の絶えない荒廃した国土」ってまたパラレル?

それで納得いくならそれで良いし、俺はガーネットが割と燃費良くて周囲の国や領地と
ドレイン大戦して自領の平和だけ賄うような派手な真似する必要がないだけだと思うし
自然だろ、聖域がクレスト自ら「助けてくれ」という手紙書くまで特に怪しんでもいなかったんだし

>>424
それは自然だと思う
ただ誤解が一点、ガーネットの補給はアンチエイジングだけじゃなく最大範囲までわからないが
舞踏会に出たお歴々が「ああ、ここと悶着おこすのやめよう」という戦意喪失&人心掌握ソングの
エネルギー源でもあるからあれがないと『平和な統治』ができない
その上で何が非難されて仕方ないかというと、「最初から最小限の犠牲で済ます」つもりな事で
多分人としては「全力で犠牲を出さないよう努めて結果半分死んだ」方が正しいんだろう
ガーネットの統治で最小限の犠牲は永遠に出続けるが、犠牲を出さない努力がいつか報われたら
誰も死なずに平和になるからな

428 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 22:37:32.57 ID:8ZZ/f4FQ0
したらばかどっか借りて、そっちでやって

429 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 22:45:28.95 ID:UTvPEHiW0
50年間ガーネット領が平和だったという記述は確かにないな
これは認めざるを得ない。擁護派の失態だ

俺は擁護派だけど

430 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 22:50:38.95 ID:dVAEDFkp0
平和じゃなかったら、わざわざガーネットに仕えないと思うがな

431 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 22:57:24.25 ID:ymHVLb1M0
>>429
五十年前から最古の聖闘士が統治に協力し始めたというのは
立派に保証になると思うが
マニゴルドの時なんかグレた白銀候補と数合わせ四人で禁断の
封印の島デスクイーン島を壊滅してるくらいだから古の黄金が
護る立場ならもっと凄い事が出来ても不思議じゃない

432 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:12:11.71 ID:oQ2tn+z/P
>>431
> 五十年前から最古の聖闘士が統治に協力し始めたというのは

いやそもそもそんな記述、無いから

433 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:15:08.68 ID:dVAEDFkp0
>>432
ガーネットと会ったのが50年前

「それから私の思いは確信に変わった」と述べているから、ガーネットの動向に
は気を配っていたのだろうな

434 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:21:37.59 ID:oQ2tn+z/P
>>433
かもね
でも仕えたのはあくまで一年前

つかアナタもうスレの無駄遣いだって去ったんじゃなかったのw

435 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:22:09.60 ID:UTvPEHiW0
>>430
そう。で、俺の妄想では、50年前にガーネットは一度クレストをスカウトしてると思うんだよね
揺れてたとはいえまだ聖域のために働いてたクレストがその時点でガーネットを一度見逃してる
つまり、50年前の時点ですでに何らかの結果、少なくともガーネットが悪即斬されない程度に重要牲のある結果が出ていた

ある程度の扶養住民がおり、かつそれがある程度の時間継続できていたと考えられるのではないか?
ガーネットが表に出ていたかどうか(代替を立てていた可能性もある)と現在の領地との関連性は不明だが。

悪の要素があるものを聖闘士が見逃してよいのか?という疑問もあるかもしれないが、シャカがサガを見逃していた例もある
少なくとも迷い、結論を先送りにしたと考えればよい

そして、今回のスカウトの時点で聖域を捨てるほどのインパクトを持つ結果をガーネットが持ってきた訳だ
つまり、直接的にしろ間接的にしろ、ガーネットが50年間平和を保てていた、かつ50年前以上の規模で、という結果を。

そう考えてみたらどうだろう?

436 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:37:02.71 ID:Oml3x+Zq0
そう考えてデジェルにダメ出しされましたな

437 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:48:07.53 ID:dVAEDFkp0
うむ
異なる考えの両者が激突して、結果的にデジェルが勝った

そんだけの話なのに、何故か理解に苦しむ人がいるよね

438 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:53:33.39 ID:ymHVLb1M0
>>436
クレストの出仕時期間違えたのは悪かったが(考えたら五十年前に宝石児に
なったらカルディアにミソペタ=メノス出来なかったな)だから呼びつけた
時からデジェルに自分たちの是非を問う気だったのは確かだろ
この点についてのループは流石に飽きた(>>436のせいじゃないが)

439 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:54:41.29 ID:024dt5+w0
そろそろ次のコミックスのおまけとか
アスミタ編について語らないかね?

440 :作者の都合により名無しです:2013/03/27(水) 23:59:38.50 ID:CMj9W1oVO
>>408
それはわかるわ

> 一人の超常力を持った女に厭世家が見た夢の話だったと言う事

まさにこれ。この一言。
というか現実こういった側面からのアプローチも甚だ不足だから
「こう解釈してあげる」しか好意的に受け取る道がないんだよな

441 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 00:22:05.38 ID:OBlJ/bpc0
擁護派はガーネットに込めたクレストの理想の正当性が大切みたいだけど
聖闘士のについてゆけなくなった老人の死に場所探しの話って自分は解釈したんだよね
理想の女とフリージングだから良い死に方だったじゃないかと

デジェルへの世代交代&本編のデジェルの最後へのオマージュと見たら
なんとかまとめたな、と感心したよ

442 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 01:33:50.72 ID:3Hrnh1llO
本当に不死軍団が欲しいなら
蠍にしたみたく自分の血ばら撒いて
「メソ仲間作りましょうやアテナさん?」て
打診してみればよかったんじゃねあの爺さん

443 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 07:27:24.17 ID:hau2ZfKH0
クレスト個人としては満足だろうが端から見てたら
デジェルが気の毒なほど駄目師匠ぶりをさらして死んだな
いろんな星矢でいろんな師匠が登場してるが
クレストは駄目師匠クラスにランクインだよ

444 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 09:13:18.17 ID:0D6ugFm50
>>443
アヴィドを弟子にしたハクレイが駄目師匠の今現在のトップランクだな

クレスト個人はカルディア・デジェルと弟子選びは間違えていない

445 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 09:29:26.81 ID:PuNEKSuI0
アヴィドさんだって無邪気な少年だったころがあったかもしれないだろ!
何しろ師匠大嫌いと言いつつ外見そっくり真似しちゃうようなツンデレっ子だぞ

446 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 09:46:39.12 ID:/z8pUUYu0
アヴィドは戦士として強いだけじゃなく組織人として有能だから
祭壇座というのは実は適任なんだよな。

問題は(聖闘士の制度上やむを得ないとはいえ)
「次期社長は未定だけど、お前は生涯副社長な」という任命手順な訳で。

毒を制する猛毒アスプロスの下で、寝首を狙いながらバリバリ働くという可能性も
シジフォスの人柄と実力を認めて
「奴の人望は聖域を正しく導くだろう。だからあいつが傷つかぬよう
裏の汚れ仕事を密かに片付けるのが俺の領分だ」となる可能性もあったと思う。

447 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 11:13:26.49 ID:rrK8AxOj0
少しでも自分より上に置いて良しとできない相手に対して、隙あらば下克上前提ですら雌伏できるようならそもそも破門されてないんじゃ
「もし兄が黄金で教皇だったら」をアヴィドが自分で見た目似せてまで仮託実演した対象であるハクレイが、破門前後変わらず唯一自分の上位認定
その次のかろうじて我慢できる(しかも呼び捨てしてるあたり後に忍耐ラインを割った)渋々認めてるのが師の双子の弟な現教皇ってんじゃなあ
とてもアヴィドが適材適所だから自分が補佐してやろうとなるラインを精神的弱点を抱えた年下後輩黄金がクリアできるとは思えない
私的に弱者の庇護してる物好きじゃなかったり闇の一滴がなかったりアテナ関係で悩み続けてる弟が候補じゃなかったらとは思うけど、弱さと瑕疵の内包の時点でアウト

448 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 11:29:03.98 ID:XSytBw4e0
>>444
ハクレイがいつ堕落して聖闘士失格キャラになった?
堕落した弟子を叱責したり諭したりできる位置にいるハクレイと
師匠本人が堕落してまっとうな弟子に退治される位置にいるクレストじゃ
クレストが下位・・・LCの中じゃ断トツで師匠評価は最下位だよ

449 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 11:36:39.58 ID:0D6ugFm50
>>448
その理屈なら、アヴィド退治はハクレイ自身がやれってことだよ

本来は赤の他人のマニゴルド・アルバフィカに任せっきりな時点で「他人を諭す」
資格なんか無いんじゃないの?

450 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 12:53:15.01 ID:XSytBw4e0
>>449
クレストのダメっぷり指摘されるのがそんなに悔しいか?
ハクレイに難癖つけるよりてよぎんに描き直しを要望したらいい

マニゴルドへの任務になんでハクレイがわざわざ駆け付ける必要がある?
それにアヴィドは既にハクレイの元弟子で現弟子じゃないんだ
でもデジェルとクレストの師弟関係は切れてないしデジェルへの任務だった

クレストが聖闘士として相応しくない道を選び堕落してれ以上は
聖闘士長老格として生き続けたハクレイはクレストより上位師匠だよ

451 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 13:18:56.73 ID:0D6ugFm50
>>450
そもそもの話、

ハクレイがアヴィドを弟子にしたこと
(性格を更正できなかった)
半殺しにしただけで追放したこと

ハクレイ自身の過失で事件が起きたわけだろう
「元弟子で現弟子じゃない(から不介入)」て理屈なら、理想的な
師匠ではあるまい

452 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 13:29:59.18 ID:hau2ZfKH0
でもクレストと比べたらハクレイ>クレストになるよ
資質として聖闘士らしい生き様を貫いたハクレイと
裏切ってガーネットに仕えることに選んだクレストじゃ
人間的にも聖闘士的にもハクレイ>クレストだ

453 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 13:31:19.21 ID:hau2ZfKH0
つまり、クレスト=アヴィドなんだよな
どっちも聖闘士失格者だからさ

454 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 13:31:39.67 ID:1Zvb+oY90
まだ続いてたのか…
既に言われてることだが、両者とも議論に熱中しすぎて本質からどんどんずれたことを論じ合ってる気がするぞ

この議論で「クレストが正しいか間違ってるか」を言い合ってもあんまり意味がない
クレストがたとえ間違っていたとしても、自分なりの理屈に基づいて行動しているならキャラクターとしては成立しているからだ
ずいぶん上で言われているように、
>「共感できないけど、まあそういう考え方をするキャラもいるよね」で済ませられる話
でいいんじゃないかと思う

でもこうやって2人(だけではないのかもしれないがとにかく少人数)の人間が議論を繰り返してどんどん脱線していってるのを目にすると、
500年もの間一人で延々と考え続けてたクレストがややとっぴな方向に暴走して独善的な正義に傾倒していったのは何となく分かる気はする

そうやって考えすぎて破滅への道に踏み込んでいったクレストと、
同じく考えすぎる性質のデジェルがそれを目の当たりにして何が正しいのかやや自信を失っていたところを、
物を深く考えない(でもいわゆるEQは高いタイプだと思う)カルディアが
「だってそんなのつまんないじゃん」と一刀両断してデジェルの迷いが晴れる、というラストはなかなか面白い風に持ってきたなと思った

455 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 13:34:24.68 ID:0D6ugFm50
ハクレイは200年聖闘士らしい生き様をした
クレストは500年聖闘士らしい生き様をした

ハクレイはアヴィドの弟子育成に失敗
     シオンの弟子育成に成功

クレストはデジェル・カルディアの弟子育成に成功

聖闘士としての貢献度ならクレスト>ハクレイ

456 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 13:40:49.10 ID:hau2ZfKH0
>>455
貢献度については、勘違い入ってるから違うよ
それとカルディアはクレストの弟子ではないからさ

聖闘士として裏切って裏切ったまま死んだ時点でクレストは最下位決定だよ
クレストはアテナの聖闘士じゃなくてガーネットの部下として死んだことを忘れるな

457 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 13:47:09.19 ID:0D6ugFm50
>>456
>ハクレイは200年聖闘士らしい生き様をした
>クレストは500年聖闘士らしい生き様をした

はい、読み直してね
年数が違うモンを何で比較すんのかね?

458 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 14:00:55.89 ID:OBlJ/bpc0
また50年平和統治はどうだったかみたいな事やってんのか

何年貢献してても最終面でチャラにする道を選んだんだからもう仕方ないんじゃないかと
だから聖闘士としての存在価値で比べるのはナンセンス

聖域を捨てて新たな恭順対象と殉じた人ってワクでいいじゃん

459 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 14:08:33.00 ID:0D6ugFm50
>>458
いや何か知らんが、師匠として最下位かどーかに何時の間にか話が移ってい
るらしい

弟子の育成なら、クレストに目立った失点は無いし
一個人としてなら>>457

460 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 16:28:49.45 ID:PuNEKSuI0
本気で>>454が含蓄深く思えてきた

461 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 16:35:36.79 ID:/Ga/MswGi
とにかくセラフィナ様の活躍が見たかった

462 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 17:53:09.37 ID:dAfOjDpAO
とりあえずカルディア最高

463 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 17:55:03.81 ID:V8xvmhFsO
>>454
なるほどそれで最後がカルディアなのか
ラストはすっきりと終わった印象だったが、こう説明されると何故そういう印象だったのかよく分かったよ

464 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 19:13:28.91 ID:XSytBw4e0
>>457
200年を修復師として生きたハクレイは必要不可欠な存在だった
冥闘士封印の数珠作成についてハクレイは関与している

クレストは何のために延命されたんだっけ?
老師みたいな理由描写があったかどうかまで覚えてないよ

465 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 20:45:24.88 ID:7ITiZ9HZ0
そいや、LCの年長キャラって次世代に想いを託すパターン多いね

466 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 21:03:50.34 ID:Oit3VZi50
>>464
特にない
アテナに何か託された老双子パターンか童虎みたいな事故パターンか
まあどっちかだるう

>>465
「悔いはないけど心配は無限」な方々が多いからな

467 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 21:07:24.77 ID:hau2ZfKH0
>>466
童虎のあのシーンは事故描写だったのか・・・w

468 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 21:21:36.58 ID:0D6ugFm50
>>464
>>446->>447読んでね

「アスプロスやアヴィドが聖域を裏切らなかったら〜」て前提で組織人として
どれほど優秀か、って話だろ
ならば同様に「クレストが聖域を裏切らなかったら〜」て前提で組織人として
の優秀さの話 

469 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 21:50:38.56 ID:Oit3VZi50
>>467
アテナや教皇、長老や本人の意志でなく「俺兄貴殺す用事があるんで
後腐れは引けない。それにまあお前『イイ奴』の部類だと思うしちょっと
『女神の血』で心臓オーバーロードさせて『アテナの聖衣』取ってこい。
聖衣とったら記憶抜いて目的地までは直行で送ってやるから」というのを
「事故」と呼ばずに何と呼ぶ

470 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 21:52:11.46 ID:wPP36R500
>>469
デ、デフさんの良いように利用された、とか

471 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 22:00:31.58 ID:hau2ZfKH0
>>469
そっちの方かw
サーシャが処置してくれた方が頭にあったよ

472 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 23:31:29.48 ID:uf1n4M8uP
クレストさんってなんで水瓶と「教皇宛」に手紙出したの?
あ いやクレストじゃないね、ガーネットか

「一年前ある地に赴いたまま消息を絶った」ってことは
裏切る気だったのに外出場所は教皇に伝えてたってことかな?
その辺からしてクレストさんの人となりがわからんのよ
どう「重要人物」なのか、なんで延命されたんだかも謎だし

473 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 23:50:38.23 ID:0D6ugFm50
>>472
>どう「重要人物」なのか、なんで延命されたんだかも謎

水瓶系列の後継者を育成できること
(蠍の素質が有りそうな者も見つけられる?)
冥王以外の敵勢力との聖戦の知識があること

単純にこれくらいの利点が有れば、延命されても不自然ではないかと
LCの欧州では割と怪事件が起こりやすいから、察知したら小宇宙のテレパシーで
聖域に通信できるしな

LCだと蟹が冥王軍に優位で、水瓶が海皇軍に優位な設定だと思われ

474 :作者の都合により名無しです:2013/03/28(木) 23:59:23.42 ID:Oit3VZi50
>>472
手紙出したのはクレストで合ってる
クレストが「ガーネットは正しいと思うのだがアテナの教えが間違いとも思えない。
そして二つは両立しない。どうしたものか」と懊悩しているのでガーネットが
「それではクレスト、貴方の全てを受け継いだ愛弟子をお呼びなさい。その
聖闘士の力と心の出す決断に貴方だけでなく私の運命も委ねましょう」という顛末
為人はともかく「五百年アテナの元地上の平和に尽力した男」で「無限の可能性を
持つ病気の子供(カルディア)を放っておけなかった老人」なのは確か
「重要人物」についてはハクレイやルゴニスやイリアスお重要人物だったんだから
教皇兄弟以上の長老という点で察しろよ

475 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:13:52.10 ID:VyWsnbaBP
>>474
発案ガーネットだから
ガーネットが出したんでしょ?
クレストが書いたかどうかって問題でなく
それになんで「教皇宛」でもあったのかってこと

単に長老だから重要人物なのか
重要人物だから長老(延命された)んだか
明かされてなく謎だってこと

476 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:25:09.21 ID:r/QWP0tw0
>>475
1.聖域に手紙を出す場合、「教皇宛」にしないと届かないから
2.デジェル宛よりも教皇宛にした方が切羽詰まった感が出るから
どちらかだろうな

>単に長老だから重要人物なのか
>重要人物だから長老
聖戦を複数回体験して生き残れた時点で、重要人物認定されるのが普通だと思
うしかないな

477 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:28:15.67 ID:NXCkxZ220
500年といってもセージハクレイが現役時代の聖戦は傍観してたんじゃないか?セージハクレイがLC聖戦で動いてたのと比べても
無印童虎が聖戦始まりで動いたのと比べても
役立つ動きしてないよ・・・
知識だけは豊富だが頭でっかちなだけでアテナよりガーネットに下った愚かな老人
デジェルも知識豊富なだけでラダマン戦は頭に血がのぼって仲間の足ひっぱり
水瓶座二人は知識豊富で賢いがメンタルがかなり弱いんだろうな
師匠は敵に寝返り、弟子は敵を前にカッとなって上位技出さないし既存技は効かないし

478 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:34:33.63 ID:r/QWP0tw0
>>477
>セージハクレイが現役時代の聖戦は傍観してた

その当時の教皇やパルティータも参戦してたが、具体的に何をしてたかは不明だから
「役立つ動きが無い」とは断言できないな

つーか、「何もしていない」なら重要人物認定はされないだろう


「頭に血がのぼった」とか「技は効かない」とかは他の黄金にも見られる弱点だな

479 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:35:42.92 ID:4B5Q9k+o0
>>475
ガーネットが書いてもクレストの迷いの答えは出ないよ
聖闘士呼ぶために大事件起こせばそれは反応あるだろうけどそれは本末転倒だから
教皇宛にしてクレストの手紙なら間違いなくデジェルが派遣されるから
間違ってもその案件にマニゴルドやレグルス送る管理職いないから

で「重要人物の謎」についてだが、そこまで付き合わない
一応教えておくとそれは「人間に普通出来ない事が出来る聖闘士は宇宙人の末裔だ間違い」
という主張と大して変わらない疑問だからだよ
テンマの染色体数きっちり真面目に論拠つけて出して来たらどっか別の場所で
「何故クレストが重要人物なのか」に付き合ってもいいけどね

480 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:51:15.31 ID:4B5Q9k+o0
>>478
つ頭に血が登って技が効かない状態だとタイマン最強のアルバフィカさん

481 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:56:39.64 ID:QKeUseXy0
鉄拳バフィカさんは強かったなw

482 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 00:59:26.16 ID:r/QWP0tw0
デジェルも海龍ユニティに顔面パンチ喰らわしたから、それくらいならば

483 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 01:00:43.37 ID:VyWsnbaBP
>>476
> 聖戦を複数回体験して

その時点でメソペタ施されてる訳じゃないですか…
LC界じゃそんなんなくても長寿なんだっけ?
でもクレストは対象者だったよね
大勢の実力者揃いの中でどんな特異性で選ばれたのか
折角の「最古の戦士」を扱っといて掘り下げ無く残念だと思ってる
手代木さんも「多用していい設定じゃない」とその重要性述べててたからには背景を…

教皇に行き先告げてた?のも不思議
教皇宛の手紙とか
本当は教皇に何らかのサイン出してたんじゃとか止めて欲しかったのかとか
けどそれじゃこれから裏切ろうって人がどこまで優柔不断ってことになるし
だからクレストの人となりがわからんのだ…本当に謎のお人で終わってしまった

484 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 01:05:31.55 ID:4B5Q9k+o0
>>481-482
「いいのだな?ここでは毒気にしないで全力でボコって(wktk)」と
「君と約束したからだ」は相手を泣かす方向が違う気がするが間違いなく
どっちに殴られても泣く

485 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 01:10:25.20 ID:zsr3L4NC0
烏「薔薇も血も使えませんwwwもうお前終わったわwwww」

アルバ「は?拳があるだろ?」

当然のことなのにこのインパクトときたら・・・

486 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 01:10:30.76 ID:r/QWP0tw0
>>483
優柔不断じゃないから、手紙を出したと考えるべきなのでは?
ホントに優柔不断ならばデジェルに少年形態の自分の姿を見せたいとは
思わないだろうしな

>その時点でメソペタ施されてる
聖戦はハーデス戦にもポセイドン戦やアレス戦もあったらしい
無印原作の星矢みたく短期間で連戦した可能性も有り

487 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 01:24:20.49 ID:4B5Q9k+o0
>>485
黒烏「くらえ美形め、顔面パーンチ!」
アル「顔面防御、それからワンツー光速拳でローキック5発、倒れてSTSかけて引き起こして顔面パンチ」

アルバフィカさん、パネェす、日頃の鬱屈が……

488 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 07:31:14.13 ID:/R7Vzf7g0
>>478
デジェルのラダマン戦は失態の挽回ないままだから仕方ないよ
カルディアがいなかったらあそこでラダマンにもてあそばれてアウトだった

もうすぐレグルス外伝の発売来るな
コミック派だからここでバレや感想見てて楽しみにしてた
他の黄金と違ってテンマや耶人と同年代の少年黄金だから
まだ成長途上で未熟なとこあるっていう描写が本編は面白い試みと思ってた
神ラダマン戦のライトニングボルトで〆ってのはマジ興奮したよ

489 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 08:08:52.22 ID:Bqbgz9jd0
雑誌掲載時の最初のプラズマがボルトってミスがなかったらあそこは文句なしだった

490 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 08:51:57.48 ID:40gtK+nQ0
>>472
>>475
>>483
クレストが延命措置に足る重要性って、卵鶏な話になるかもだけど「アテナの血の保存予備」が一番だと思ってた
スターヒルの館にもこれ見よがしに小瓶は残っててちゃんと本物だったけど、むき出しの小瓶な以上破損の危険は免れない
けどLCの前々聖戦を生き残った=LC前聖戦時点じゃ当代最強の一角だったろう人間の心臓に予備が隠されてるんじゃ強奪は不可能
そして心臓に隠された一滴でもアテナ軍必須アイテムのアテナの聖衣が復活できる以上、絶対死守の最後の一滴を保持そして使用権持ちの価値は高い
要するにデフテロスが本編の童虎にやった二重の仕込み(意図か幸運かは論議だろうけど)と同じ活用法があるからこその重要人物扱い
もちろん回想見る限りアレス戦をちゃんと知識で持っている、もしくは自分がハーデスポセイドンアレス戦を乗り越えた猛者なのも情報的に価値がある
……現役時代がvs他陣営連続だったら監視対象も増えただろうし、LC前聖戦ではブルグラの封印からのアトランティスが健在でそれだけでも抑えで動かせなかったか?
というか基本任務が見守り監視な以上、聖域が絡んでない外出は行き先や滞在期間や目的などを逐一教皇に報告しないと動けないのかもしれん。アテナの血が出歩くとか危険すぎる

491 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 09:14:19.37 ID:r/QWP0tw0
>>488
>デジェルのラダマン戦

最後の最後まで戦えば、FCとかで倒せるんじゃねーの?
デフテロスの回想シーンのセージもアス兄に倒される寸前だったが、セージは
最弱キャラって評価じゃないんだろ

492 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 09:18:04.16 ID:dVsEvaF/0
セージさんわりと表情は落ち着いてたからなー。時間稼ぎに徹してたんじゃないの

でもデジェルも一人だったら一人だったで何とかしてたような気はする

493 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 09:21:46.33 ID:/R7Vzf7g0
>>489
へー・・・そうだったのか?
レグルスがめちゃくちゃな攻撃しててぼーぜんだったが
最後のボルト一撃に全部もってかれたよ
シオンじゃないがまだほんの子供だったのに頑張ったと思う

494 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 09:47:37.42 ID:nknNCmPR0
ママンは参戦してたのかなぁ?
アテナが通常の降臨ではなく、人間(=サーシャ)として生まれてくる事を決意した時
「ならば私も人として生まれます」と申し出たくらいだから
天界での側近(馳せ参じる際、梟の姿になったりしてるあたり人外っぽい)だったママンが
地上に関わることは異例だったように思える

495 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 11:11:47.80 ID:qv8kGOul0
>>488
同じAEでも跳ね返されて「うわああああ」ってなったり、フリージングシールド破ったり威力に大幅なブレがあるからな
課長の戦闘力的にボコボコにされるだろうけど最終的には倒せると思ってる

>カルディアがいなかったらあそこでラダマンにもてあそばれてアウトだった
これは過小評価にすぎるだろう。黄金聖闘士を舐めちゃいけないぜ?

496 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 14:06:41.05 ID:cEgXLjaz0
そら勝つかもしれんがカルディアいなけりゃユニディ、ポセイドンが大暴れでアボーン
船も修理できずに・・・と思ったけど双子が居れば冥界へのカチコミは異次元でいけてしまう
双子便利だな・・・

497 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 14:09:33.91 ID:dVsEvaF/0
流石に大量輸送はできんのじゃないかな>双子のAD

498 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 14:45:10.21 ID:NpmUC3kD0
大量輸送する必要ないと思う。船で大勢で行っても青銅、白銀は戦力外になったし
戦力として機能していたのはテンマと黄金、双子の爺さんくらいだから
アス兄とデフテロスがそれぞれ二人づつ運べば数回で冥界に行けたんだと思う
あと、黄泉比良坂経由でマニゴルドや爺さん達もショートカット出来そうに思う
・・・オヤジが双子にちょっかい出して、聖戦初期に蟹座師弟を倒したのは冥王軍にしてみれば正しかったな
戦争ものでワープなんかチートすぎる

499 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 14:49:42.67 ID:r/QWP0tw0
基本的に三巨頭を相手にした黄金は相討ちか満身創痍で辛勝のパターンだからな
デジェルにだけストレート一本勝ちを「できて当然」みたいに要求すんのも酷と
思うんだが

500 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 14:57:07.19 ID:4B5Q9k+o0
戦力外が頑張って勝利への道つけるのがこの話だと思ったが
狼星座以下青銅四人とか最終決戦で挫けかけたテンマの心を
もう一度繋いだ耶人ユズリハ以下青銅白銀雑兵の皆さんとか
他にも命懸けでLC偵察して報告した烏星座さんとかエルシド
の部下の皆さんとかシジフォスじゃないけど犬死いないわ聖域

501 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 15:10:45.84 ID:NXCkxZ220
>>500
船の青銅カルテットはいい話だった
船を浮上させられたのはあいつらがいたからで
ほんと、あいつらマジかっこよかった

502 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 16:20:29.67 ID:Hb7iA9D80
>>486
君、よっぽどあの爺のことが好きなんだなぁ…

503 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 19:01:17.35 ID:nxx+v5hH0
海底神殿でカルディアがいなかったら、
聖闘士にポセイドンの封印を解かせたい=ラダに殺されちゃ困る、
なユニティが海龍として参戦して、
聖闘士vs冥闘士vs海闘士の三つ巴戦が見れた気がする

504 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 22:40:14.40 ID:Ok8y2tC/0
>>502
君もよっぽどあの爺が嫌いなんだな・・・
だけど自分が嫌いだから「あんな奴メソポタする価値ないじゃん」ってのも違うだろう

君にとって「聖闘士の資格がないクズ」であっても、教皇が重要人物と呼び、デジェルが師と呼び、
カルディアを救い、数百年間弟子を育成し、かつては黄金聖闘士として聖戦を闘い、
何らかの理由でメソポタを施されたという事実は変わらない

505 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 22:50:22.26 ID:s2sP9TnY0
>>504
502の一言だけでよくそこまで連々と妄想できるね

506 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 22:54:38.70 ID:r/QWP0tw0
ユズリハの弟トクサは結果的に姉(とシオン)と殺し合いをした
テンマの母パルティータは結果的に息子と殺し合いをした
双子のアス兄とデフは結果的に兄弟で殺し合いをした
山羊のエルシドは兄弟子フェルサーと結果的に殺し合いをした

無印原作もNDもLCもアニメ版も、TPOによって親子・兄弟・師弟・修行仲間で幾らでも争う世界
観なのに何で特定キャラだけ感情過多になってんだか

507 :作者の都合により名無しです:2013/03/29(金) 23:01:50.46 ID:4B5Q9k+o0
>>505
まあ>>502的主張が大概しつこいレベルになってるからね
もう「ファンだからこその批判」じゃなく単なるクレストヘイト
本当にファンならそろそろ空気読むべきだし、まだ言い足りないなら
ヘイトらしくアンチスレで思う存分やれば良いと思う
>>505がウザイと思ってるのわかっててお前も煽ったろ?
一緒に巣に失せろ

508 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 00:05:36.80 ID:/R7Vzf7g0
デジェルファンもクレストファンもやりすぎ
水瓶座ファンうぜーというLCファンを増やすことになる
荒れる元になる外伝イメージ作ってるから黙ってほしい
あんまりしつこく食い下がると
かえってデジェルファンや水瓶座ファンを減らすからやめてほしい

509 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 00:09:20.02 ID:B00y7E0n0
巣に失せろ、ってよく目にする文句だけど、

それがどこかを決めるのは誰なんだ?
各人にとって違うのでは?
巣が無い〜必要無いのかもしれないじゃん?
ここが当人にとっての巣なのかもしれないじゃん?
言う側にとって迷惑な存在に対しての罵倒なだけじゃん?

と、結局いかようにも解釈可能で、決定打にも欠ける言葉なので、使う意味が無いと思う

510 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 00:35:58.68 ID:Vdt5uw000
アスミタ「私のターンだと思って見に来たら私の話題がほとんどない。これはどういうことですか?」

511 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 00:47:39.22 ID:rzm5+ISY0
単行本派のそれがしは
アスミタ様の話題を振りたくても振れませぬ
単行本発売までお待ちくだされ・・・

512 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 03:06:12.05 ID:QK9cGz110
クレスト擁護派はちょっとおかしい
クレストの信念に欠陥があるのはそういう設定なので筋は通ってると主張しながら
その欠陥信念を無理な理詰めで正当化しようとしている
50年の平和のあたりとか見苦しくて見るに耐えなかった

513 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 06:45:48.91 ID:U4mV7Dqu0
そりゃ、いろんなひとが書き込んでて自分の意見を言ってるんだから
信念に欠陥があるという人も理詰めで説明できるという人もいて当然でないかい

つかまだやってたのか
これだけたくさんの人がほかの話題振ってるっつーのに

514 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 08:22:43.57 ID:xrcnVNoy0
クレスタとチェイサーとマーク2、どれが一番好きだったか語ろうず

515 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 10:35:40.80 ID:+xtjbV4s0
今回、アニメイトとか特典ないのかな…
ないんだったら自分の職場の売り上げに貢献するけど…

516 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 10:39:14.57 ID:RE6u1A82i
千日戦争!

517 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 11:50:29.68 ID:B0SlrYeC0
>>510
涙拭けよ

518 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 15:15:27.02 ID:/atErR7K0
>>508
まったくですな
もはやその名を出すことすら荒れる元で憚られるような…
今後新規で読む人が知らずに疑問点書くこともあるかもだし
その度に「またかよ失せろ」てな対応されちゃ…
新規の人びっくりだよね、ファンこえーって悪印象しか持たれない
疑問や論争産みがちな作りなんだから、テンプレにでも残しておきたいような気分だ…

519 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 16:19:32.51 ID:JTlXF9Dn0
>>509
じゃあ「アンチスレに戻れ、来るな」とはっきり言うか

>>508>>518
他人はどう思ってるか知らんが次のスレで再燃くらいはいいんじゃない?
ここ一週間くらいの水瓶座関連は異常だと思うわ、シンパの過剰反応入れても

>>511
既出だったら済まないが、アスミタが八巻=第八感=エイトセンシズなのはわざとだろうか

520 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 17:16:36.91 ID:36jakC1I0
基本的に特定キャラへのヘイトスピーチは荒らし認定だろうな
実際、スレ上で挙げられている欠点は他キャラにも該当する物ばっかなようだし

521 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 17:26:39.23 ID:ST1fbjTW0
>>520
ヘイトだと認定することが過剰反応なんだよ

522 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 17:34:20.17 ID:JTlXF9Dn0
>>521
やりたい放題だな
お前んちに無断で土足で上がってきた奴が「水飲みにきただけだ」とでも言ったら
通報すんじゃねえぞ

523 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 17:47:00.96 ID:ZyeIOgGc0
>>522
そう言う口調してる人が荒らしがどうとか言っても説得力全くないよ

524 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 18:02:09.12 ID:36jakC1I0
>>519
>アスミタが八巻

NDのストーリーが処女宮まで消化したから、乙女座もそれに合わせたのだ
ろうな
蟹・獅子・乙女はNDとLCで時期を合わせてあるのだろう

525 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 19:22:13.58 ID:U4mV7Dqu0
このキャラのここは好きになれんとか、ストーリーのここは納得できんとか言うのは仕方ないと思う
LCのすべて絶賛しろってのもおかしな話だし

でも、「ここにいる全員が俺と同じ意見じゃなきゃおかしい」とばかりに他の奴にかみついたり、
さんざんもうやめろと言われてるのに自分の主張を繰り返すのはなしだと思う
これは「○○が好き」という意見でも同じだけど

>>519 八巻=八感
その発想はなかった

526 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 19:48:28.18 ID:IMCmrz0O0
六感までは何とか想像できるが、七感とかと八感って何なんだろうな?
超能力や人間の潜在能力は六感までらしいから七感以上はまさに人外の力と言える

でも実際、何を感じてるの?

527 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 19:50:44.73 ID:CYTgr7ds0
無を感じているのだよ

528 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 19:53:15.87 ID:Oju9uuCS0
【星座の神話元ネタ】

神そのもの 乙女座
神の化身 牡牛座・山羊座・魚座
神獣 牡羊座
神のアイテム 天秤座

英雄的存在 双子座・射手座
英雄を倒した動物 蠍座
英雄に倒された動物 獅子座
人間の美少年     水瓶座

英雄が他の怪獣と戦っている時に知らないうちに踏みつぶされていた動物 蟹座


車田は神話ネタを忠実に再現してるだけ

529 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 20:44:54.05 ID:JTlXF9Dn0
七感=人智を超越した世界の感覚
八感=もう形容しようもなくとにかく第七感を超越した知覚

>>528
射手座のモデルのケイローンは人馬族の神だよ
ヘラクレス狂乱の巻き添えで毒矢を食らって悶絶しながらも神だから死ねないので
プロメテウスに不死を譲って死んで天に祀られたいわば「亜神」

>>523
テメエみたいのはどう言ったってテメエのやりたい様にしかやらねえよ
きく耳の代わりに痰壷頭にくくりつけてる野郎に痰吐きかけて何が悪いかボケナス

530 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 20:59:21.31 ID:ST1fbjTW0
>>529
> テメエみたいのはどう言ったってテメエのやりたい様にしかやらねえよ

ネット弁慶かもしれないが自己紹介してるようなもんだ

531 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 21:15:31.30 ID:IygbZ6Gq0
そういえばケイローンは馬に化けたクロノスとオケアノスの娘ピリュラの間の子だから
ゼウスやポセイドンの異母兄弟になるんだよな…。

532 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 21:54:15.18 ID:ZyeIOgGc0
>>529
自治気取る割に口汚いレスしか出来ないならROMって下さい争いのもとなんで

533 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 23:58:29.20 ID:ykRbxl/Q0
うわあクレストファンってこわいひとばっかだなあ

534 :作者の都合により名無しです:2013/03/30(土) 23:58:51.86 ID:LamxAeJOO
LCの八感は原作と扱いが違うからなあ…

535 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 00:04:54.10 ID:vgOurNMv0
>>531
ちなみにちょっとややこしいのだが時の神でゼウス達の父のクロノスじゃなく
農耕神の方のクロノスがケイローンの父

536 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 00:25:50.24 ID:qXdIbDfQ0
>>534
冥界で行動できるのがエイトセンシズだった気がするが
LCはただのパワーアップって感じだったな

537 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 01:46:01.99 ID:+HEKSMhL0
いや、生きたままあの世へ行けるのがエイトセンシズね
喩えて言うなら棺桶に入れられて火葬にされて
あの世に着いたら生きた肉体でピンピンして内側から棺桶の蓋開けて出てくる感じ?
で、冥界に行けたなら今度は神と対等に戦える小宇宙にギアチェンジ

538 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 01:55:21.88 ID:vgOurNMv0
>>537
そうかNDのデスカールさんは既にエイトセンシズに目覚めておられたか>棺桶から生還
やはり黄金聖闘士は侮れない

539 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 12:48:39.29 ID:N12VndY/0
おお千日戦争が終わってる!人は斯くも気高く争いや無理解を乗り越えられることの証左だ!(棒)

540 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 18:06:47.94 ID:Zxbr1kDA0
ところで折角平和になったので訊きたいんだが、アスミタ外伝のボスであろうアタバクさんって
「天〇星 アタバクの××××」なのか「天〇星 △△△のアタバク」なのかどっちなんだろう
元ネタのアータヴァカからすると前者っぽいんだけど、この先名前出てくるのかな
あるいは「元の名など捨てた。今の私は大元帥明王アタバクの化身よ」とか言い出すんだろうか

地鎮星の影法師さんといい、名乗りが今までと違うので気になった

541 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 18:15:13.23 ID:zoDwYltm0
>>540
その辺はこれからの展開とか、単行本の分解装着図を楽しみに待とう

既に出ている説だけど「天○星ヘカトンケイルのアタバク」かも知れないし

542 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 18:39:00.35 ID:vgOurNMv0
アスミタ自身「独覚者(自身だけが悟り導かぬ者=仏道の底辺者)」の意味だし
アラバクが「大元帥明王」として人名でもおかしくないな
しかしできればヘカトンケイルはやめてほしい、玄武がいるんだから今回も
まんま「天○星(天威星なんか似合うと思う)大元帥明王のアラバク」でいってほしい

543 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 19:16:40.09 ID:8eFR9x0W0
あの描くの超面倒くさそうな大量の腕はちゃんと戦闘で使われるんだろうか

544 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 23:15:09.65 ID:DLrD/2n/0
誰も触れないけど輝火が予想通り片手で捻られてるな
片手で捻って説教しながら別の場所にも干渉して説教するという圧倒的チートっぷり

乙女座だけチートすぎだろ

545 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 23:22:03.60 ID:Ki3Mf4VZ0
たぶん八識を求めて修行してると人の身のまま人外の領域に到達できるんだよ

546 :作者の都合により名無しです:2013/03/31(日) 23:24:26.11 ID:eB9LHypF0
初期の輝火は雑魚ですから・・・
どうせ牛と戦ったときよりも弱いんだろうし

547 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 14:11:47.66 ID:JnBoTWZj0
>>544
アローンが覚醒してないからね

548 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 16:12:53.37 ID:NQCGsxg20
そう言えばジャイアンって6月15日生まれの双子座なんだってな

のび太が獅子座・・・いじめられっこ
ドラえもんが乙女座・・・チート乙
ジャイアンが双子座・・・悪の親玉
しずかちゃんが牡牛座・・・地味な善人
出来杉が牡羊座・・・インテリ秀才
スネ夫が魚座・・・嫌味な悪役
ドラミが射手座・・・正義感強い人

もしかして車田御大、藤子さんの星座設定パクった?

549 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 16:28:27.25 ID:ZV/uZq6K0
>>548
君最高に頭悪そうだねw

550 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 19:00:52.84 ID:r4peHYuX0
輝火が「惰弱惰弱」言いすぎて萎えた
一輝兄さんはただの一度しか言ってないのに
だからこそ重みがあるしあのインパクトなのに
無駄な連呼させりゃいいって台詞じゃない

551 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 19:37:01.07 ID:LoMj9vaS0
輝火は兄さんのオマージュキャラだけど、兄さんに比べて未完成度が高いというか、
兄さんのあの重厚さを身につけてない感じだな
だから、兄さんならシャカに一矢報いて相打ちまで持ち込めるけど
輝火のほうはアスミタに張り合える図が思い浮かばない

552 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 19:54:42.93 ID:lSSExDuL0
無駄や貧弱に比べ、惰弱は連呼させてもあんま格好良くないもんなw

553 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 20:06:04.56 ID:v2Y248vc0
ジョジョかw

554 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 20:33:47.06 ID:B8ZL218X0
察してやれよ
あれだけ繰り返して結論は「惰弱は俺か?」なんだから自虐ギャグに決まってる

555 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 21:59:57.64 ID:gNVB1Zz30
輝火は一匹狼キャラってより牛戦でチンピラ属性をスパークさせてた方が強烈でなー

556 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 22:02:10.28 ID:ax+fBwhKO
兄さんのオマージュだから「惰弱」言わせるけど
言わせすぎて逆に兄さんからは離れるという
近づけたいんだか離れさせたいんだかよくわからんことに
いちキャラとしてもダラダラ締まらなくてかっちょ悪いし
「輝火自体が惰弱なんだよ」と敢えて狙ってやってるというか単に手代木氏が他に一輝要素を拾えてないのかと

似せたいなら他にも拾うべきだしあくまでも「別人」ってことなら
オリジナリティある口癖や決めゼリフを与えてやればいいのになとは思う

557 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 23:14:09.90 ID:JnBoTWZj0
輝火って一輝でいえば暗黒聖闘士の統領やってた頃の卑屈さを前面に
出してるだけじゃないの?

558 :作者の都合により名無しです:2013/04/01(月) 23:19:41.51 ID:3yZalxGT0
>>551
兄さんは弟と仲間(血は繋がってるが)がいて、ある意味鍛えてくれたシャカみたいな先輩もいる
それがなかった初期にはシャカに何もできずに瞬殺された時代もあって、その頃の兄さんが輝火と重なる

輝火は正確には捻くれたままが星矢達と出会わなかった場合の兄さんのオマージュキャラじゃないかな

559 :作者の都合により名無しです:2013/04/02(火) 00:03:20.35 ID:iI0oMXIH0
あえて未完成に仕上げてるのではなかろうか。

560 :作者の都合により名無しです:2013/04/02(火) 02:48:33.08 ID:jNSt7hH90
敢えて未完成に描いてるだろうことは勿論だが
それと「惰弱」連呼はまた別の話と思う
それで未完成を表現してるとはとても思えないし

つっても「敢えて」じゃない完成形も描こうと思えば描けたのか、と言われたらそれは酷な話
未完成でなく自然な、完成兄さんのオマージュ描いても台詞回しに関しては似たようなものになっただろう

561 :作者の都合により名無しです:2013/04/02(火) 10:17:42.67 ID:PPwxj1sJ0
惰弱が情弱に見えて困る

562 :作者の都合により名無しです:2013/04/02(火) 20:22:11.29 ID:M43RlYs50
「情弱な!!」
ただのねらーじゃねえか

でもなんとなく冥闘士はIT機器使いこなしてそうなのに聖闘士はまるで使えなさそう

563 :作者の都合により名無しです:2013/04/02(火) 22:11:21.62 ID:7m68Iqs60
>>562
こ……鋼鉄聖闘士

564 :作者の都合により名無しです:2013/04/02(火) 22:38:53.50 ID:4aBnziiR0
>>562
アイアコスの部署は超ブラックだな・・・
似たようなところが実際あるのが怖いところ

565 :作者の都合により名無しです:2013/04/02(火) 23:10:09.37 ID:ezJNl4Is0
ところでさ、デフが童虎の記憶消したのなんで?イマイチ理由がわからんかった

566 :作者の都合により名無しです:2013/04/03(水) 17:31:05.95 ID:6qmLrTfG0
本来は教皇しか知ってるものがいない機密だからでしょ
教皇の勅命を受けてるデフテロス自身が取りにいけよという感じだが

567 :作者の都合により名無しです:2013/04/03(水) 20:00:19.98 ID:/zX7E9h90
デフはアス兄の動きを警戒してたのかねえ

568 :作者の都合により名無しです:2013/04/03(水) 21:01:06.19 ID:Nd0N3BaJ0
>>567
そうだろうな
デフテロスが動いた途端アスプロスが動いて双子対決になったよ

569 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 11:34:43.42 ID:rGLCxV95P
>>566
あの役目はシオンにしとけば良かったのにね(´・ω・`)

570 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 11:38:03.36 ID:axQnKVuM0
LC時代のシオンがどうして教皇しか知らない機密情報を教えてもらえるんだ?
デフテロスが知ったのは暴走アスプロスを止めにスターヒルへ行ったのがきっかけだ
アスプロスが復讐心持ち続けて死んだからデフテロス自身が動けなかっただけで
童虎がカノン島で傷癒やしして復帰したのは渡りに船だったんだよ

571 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 13:21:03.87 ID:zPQWqAIU0
>>569は結果オーライだったのにね、くらいの意味だと思うが

572 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 13:44:49.15 ID:ZGZc4aX70
無印つーかハーデス編OVAのオマージュがあるだろうから
シオンよりは童虎がデフテロスという双子弟と因縁あるのがいいな
そういう意味ではアスプロスという双子兄に助けられたシオンも因縁あった

573 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 13:50:28.91 ID:v8BjeoK50
OVAで童虎とカノンに繋がりあったっけ?と思ったら
13話の「行くか…カノンよ」「御供仕ります」ってやつか

574 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 15:31:56.91 ID:sFzzrbgs0
そもそもなんで童虎生きてるの?
あんとき童虎が命懸けで皆を避難させ
ああハーデス自らに殺されたーーと思いきや
なんか結局ちょっと生きてて?部下に助けられカノン島に置いてくるって
ガチ殺す気満々じゃなかったかあれ
刺した後も完全に殺して墓標にしてやる発言だし
あの場に登場前からアテナの聖衣の件を聞いていたにしても
普通にハクレイ瞬殺してるし「童虎だけ」助ける? ギリギリ死なないよう加減して心臓に剣刺した?
殺す気あったんだか無いんだか直前でコロコロ変わりすぎてアローンの行動理念がわかりません

575 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 17:53:14.00 ID:3M93vFmv0
輝火「滅茶苦茶キビシー人たちが不意に見せた優しさの所為だったりするんだろうね」

576 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 17:54:31.30 ID:G1EtgNof0
ありがとうございます

577 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 18:04:12.72 ID:hx5KBhCT0
最後に「!」がほしい

578 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 18:35:09.78 ID:ZGZc4aX70
>>574
童虎をカノン島まで運んだのは輝火だからアローンが殺すのやめたんだろうな
テンマの兄貴分だからちょっと情けをかけたのかもしれない
輝火が童虎とはきっちり決着つけたいと直談判したのかもしれない

579 :作者の都合により名無しです:2013/04/04(木) 19:51:34.63 ID:UDbJGH5r0
>>562
冥衣装着したまま猫背でPCに向かって煽りレスしてる輝火w

580 :作者の都合により名無しです:2013/04/05(金) 01:21:35.29 ID:sr3PcrLu0
輝火がオレがアテナの聖衣のために助けてやったんだバーカみたいな事言ってるから
童虎をわざと見逃して聖衣を取りに行かせる案は輝火アイデアかな
アローンは殺す気満々だったのかもしれん。あの頃はハーデスの影響が前面に出てたっぽいし

581 :作者の都合により名無しです:2013/04/05(金) 02:34:01.36 ID:gYWeha3D0
双子座…独裁、レイプ、集団リンチ、屍姦、バラバラ殺人、人肉食などの猟奇殺人

【ポル・ポト】…カンボジアで狂気の独裁。200万人を虐殺
【佐川一政】…「パリ人喰い事件」犯人
【萩原克彦】…栃木リンチ殺人主犯格
【伊藤玲雄】…架空請求詐欺.リンチ殺人の主犯格
【広瀬健一】…地下鉄オウムサリン事件.実行犯
【杉本繁郎】…地下鉄オウムサリン事件.実行犯
【武藤勇貴】…妹バラバラ殺人。アスペルガー症候群
【阿部定】…猟奇殺人犯。性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取る。
【大道寺将司】…9件の爆破テロリスト死刑囚 「連続企業爆破事件」。大量虐殺犯
【元ヒスブル.ナオキ】…レイプ、強制猥褻、建造物侵入
【元ドリカム.西川】…義姉を暴行、覚せい剤
【里谷多英】…公然わいせつ、泥酔し公然で男性を騎乗位レイプ
【川島茉樹代】…台湾タクシー運転手 暴行殺害事件 2011年
【内柴正人】…不倫レイプ。五輪金メダリストだが、県民栄誉賞剥奪
【森内尚志】…iPS細胞臨床実験捏造。世界の恥となる
【姉歯秀次】…構造計算書の偽造を重ね豪遊

海外のシリアルキラー数はダントツ1位(人肉食とサイコパスが異常に多い)
…アーサー・ショウクロス、ジェフリー・ダーマー、リチャード・チェイス、メアリー・ベル、
デビッド・バーコウィッツ、ピーター・サトクリフ、ペーター・キュルテン、マリー・ヒーリー

双子座…内柴正人、森内尚志、小沢一郎、亀田史郎、グッドウィル折口、
姉歯一級建築士、カイヤ、ヘリョン、山田邦子、ポル・ポト、カダフィ大佐

582 :作者の都合により名無しです:2013/04/05(金) 10:40:46.89 ID:iYlOYHeh0
アス兄貴からアテナの聖衣の情報を仕入れてたんで
「あ、こいつ今殺さずに先代アテナの血を隠してる奴のところに送り込んだら
そいつがアテナの血で助けて、そのまま聖衣復活に向かわせるんじゃね?
ならこのまま泳がせれば面倒なアテナの聖衣も壊せるし、殺すのそれからでいいじゃん」
くらいの発想だったと思われる
ハーデスの性質が色濃く出た状況だったが、アローンの人格も影響してる状態なので
腹心の輝火にしかそれを説明してはいなかったようだが

ところでテヨギン、今度はフランスのマンガ&アニメ関連イベントででサイン会なのか
一緒に古谷さんや荒木氏のご子息も参加するそうだ、ってことは星矢関連は一まとめ?
原作(旧アニメ&Ω)とLCは製作が違うから意外だ〜

583 :作者の都合により名無しです:2013/04/06(土) 14:20:08.35 ID:BELBDxjgP
Twitterでサーシャのフィギュアの画像が流れてたけど何で今更

584 :作者の都合により名無しです:2013/04/06(土) 14:24:37.45 ID:6YXisZje0
逆に言えばアスプロスの方も「女神の聖衣の情報の真偽が確認とれるまで復活保留」みたいな扱いだった可能性も?
自分を一度殺したデフテロスが戦線に登場したタイミングで対抗して出てきた印象になってるけど、
それまでハーデス側に無条件で信用されてた訳ではなく、情報が本当→アスプロスは女神を裏切った、と判断して本格的に復活させた
それまでは仮の復活とか何かで制限が有って、AD経由での介入も出来なかった、みたいな?

585 :作者の都合により名無しです:2013/04/06(土) 14:28:30.94 ID:V612idAD0
>>583
サーシャのフィギュアが発売されるってこと?
そしたらOVA3期確定じゃないか

586 :作者の都合により名無しです:2013/04/06(土) 15:06:30.82 ID:MAsjGQe10
>>583
検索したけど、シジフォスさんから射殺されそうな抱き枕と
15日からのキッステ再放送しかなかったぞ

587 :作者の都合により名無しです:2013/04/06(土) 20:15:12.63 ID:yGjJhnne0
>>586
よっしゃキッステktkr

588 :作者の都合により名無しです:2013/04/06(土) 22:58:00.38 ID:/MY6osmh0
>>586
抱き枕必死でググったけどサーシャっぽさが無さすぎる・・・
星矢ファンとして木に吊られる覚悟で言うが手代木バージョンが欲しい

589 :作者の都合により名無しです:2013/04/06(土) 23:51:57.83 ID:V612idAD0
木につられたところをシジフォスが向こうから射ってくれるんですねわかります

590 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 00:35:56.26 ID:/B+ZXKfE0
自分の娘に近づく奴を追い払う父親のごとく

591 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 00:38:03.01 ID:nlEpNJfH0
いや、スニオン岬行きだな
そういえばまだLCでは出てないなあ

592 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 17:25:35.19 ID:xXIvSNB+i
明日新刊発売なの?

593 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 18:51:19.97 ID:ap0Tp43o0
明日だね
アニメイトとかでメッセージペーパーがつくとてよぎん言ってるけど
アニメイトのサイトのどこにもその情報がない…
ネット販売だけの特典だったりするのかな
アニメイト以外の店は新幹線乗らなきゃたどり着けないんだが

594 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 20:34:50.14 ID:AhZNESFb0
Ωの神殺しの天馬座って台詞でテンマを思い出した

595 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 21:42:56.25 ID:93BoSViaP
それ不思議だ
なんでこの漫画ではペガサスは「神殺し」と言われているの
原作でハーデスを倒した事で天界の大罪人になるのでは
いやもっと正確にいうなればハーデス殺害は沙織+青銅4人
ペガサス単独犯の「神殺し」はタナトスが該当するわけだが

596 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 21:43:54.87 ID:tuA2ASoz0
今日のΩの射手座見てシジさん思い出した

597 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 22:09:13.41 ID:QFtlJU1f0
>>596
シジフォスさんは甥っ子と年の近いサーシャを兄というか叔父というかという視点で見てた
星矢は元から女には手を出せない+アニメじゃ孤児院の子供に慕われるくらい幼い子への面倒見がいい

どっちの射手座もロリコンではない!断じて違う!

598 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 22:47:15.19 ID:EhJ8VW/y0
いい奴で、実力も申し分なく、人望も厚く、イケメンで、社会的立場も高い

もうケチの付けようがないハイスペックキャラだからな
ロリっていうスキャンダルくらいしか叩ける要素がない

599 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:02:35.96 ID:ap0Tp43o0
叩いてるんじゃないだろ
単なるお約束のいじりネタだろ

600 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:07:15.71 ID:ouYuERJt0
それでもしっかり地味なのが無印リスペクトだな

601 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:08:53.85 ID:xXIvSNB+i
>>598 でもなんか地味…聖衣は派手なのに

602 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:21:46.01 ID:oO9dcxrY0
アイアコスと戦ってる時は輝いてたよ

603 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:27:14.13 ID:xXIvSNB+i
>>602 そうかなあ…外伝に期待

604 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:38:01.88 ID:xXIvSNB+i
disっているわけじゃないんだけど全般的に台詞からもっと知性が感じられたら良かったなーと。知的なキャラが多かったし。
特に「2番目」とか知性が感じられない言い回しで何だか残念だった。私だけかな、そう感じたのは。

605 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:47:25.18 ID:ouYuERJt0
デジェルやアスミタあたりを知的にしなくちゃいけなかったからなぁ
難しいバランスだったと思う
正直そんなに語彙豊富な作家でない気がするし
最後の方、語尾がどのキャラクターも「〜な!」ばっかりで引いたよ

606 :作者の都合により名無しです:2013/04/07(日) 23:55:27.62 ID:xXIvSNB+i
>>605 良かった1人でなくて。双子兄も教皇になるためガリ勉した設定なのだから、もっと知的な口調で良かったのになあ…。

607 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 01:13:13.99 ID:+P81t07C0
>>606
猫かぶってガリ勉した末にキレてしまった設定上、物語の時点で知的&理性的なキャラではおかしくない?>アス兄
知牲&理性で圧迫してた部分が噴出してヒャッハー!の表現としては適切だったと思う。それがウケた訳だし

異論は認める

608 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 01:22:06.94 ID:rgKJi6N3i
>>607 言い回しが幼くて、興醒めだったという話

609 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 01:29:41.83 ID:rgKJi6N3i
>>607 ガリ勉した設定なのに台詞の語彙が貧困で、あったはずの知性を表現できてない、寧ろアホで幼いのか、という印象を受けた。残念だったという話。キャラ設定の話ではない。

610 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 01:39:19.00 ID:c/2ZwkT70
そもそも台詞の語彙が豊富なキャラなんて誰一人としていないしな
強いて言えばパルママの言葉攻めが一番効いてたんじゃないかと

611 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 01:39:58.75 ID:rgKJi6N3i
さらに言わせて頂くと、台詞の件は作者だけの語彙力の問題ではなく担当者の責任も大きいかと。言葉に関してはプロなんだから、もっとアドバイスするべきでしょう…。

612 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 01:43:08.15 ID:IlNTip540
白サガは知的に見えたしなぁ

613 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 01:45:37.59 ID:rgKJi6N3i
>>612 台詞って大切ね

614 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 22:16:51.31 ID:+FKen7q30
だれか7巻アニメイトで買った人はいないか
店頭でもペーパーついてたかおしえてくれ

615 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 22:24:35.59 ID:54WAVv5u0
喜久屋書店で買ったのにペーパー付いてなかった・・・
小さい店舗だったからなんだろうか?
明日、大きい方の店舗に行ってみようかと考えている

616 :作者の都合により名無しです:2013/04/08(月) 22:53:12.20 ID:IlNTip540
>>613
あとやっぱり、ストーリー進行の文脈でどう振舞わさせるか
キャラクターのその都度の顔の表情なんかも重要だなぁ
御大は顔の表情で細かい感情のニュアンス出すの上手いよ
他にも知的に見せれただろう理由を挙げたらキリが無いんだが…

617 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 00:19:18.36 ID:gSRgASXRi
>>616 みんな落ち着いているし、御大の目を閉じてフッは、いい表現方法で好き。
LCは若いキャラは大体年相応で違和感ないんだよね、御大の兄さんは15に見えないが、太平洋戦争時の日本の若者も、きっと皆このくらい大人びていたのかなと思う。

618 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 03:13:27.94 ID:+7CMXYCvO
>>614
ついてたよ
飛び跳ねてるレグルスに、コナーが抱き着こうと後ろから飛び込んだ構図かな

619 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 06:28:20.08 ID:HA/NoH+X0
>>618
おお、ありがとう
杏林堂のサンプル見たけど、やっぱ絵は違うんだな

620 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 10:03:59.86 ID:KsG2QcXS0
現代人はイイ歳でも幼いのに較べ
昔の人は若くして大人びていたというけれど。
こっちの方が時代もぐっと古いし
軒並み原作より皆年上なのに
何故か皆揃って思春期みたいな精神構造な不思議。
これならむしろ原作より若い年齢設定にしなかったのは何故だろう。
いやそれともわざと真逆のギャップある世界構築狙ったのかな。

621 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 13:33:04.06 ID:fiWG4mdJ0
ゲーマーズに注文してた7巻届いた!
オマケのカードのレグルスが可愛い
ファリニシュの髪色は無印アニメのシオンみたいな感じだな
冒頭のコナーのモノローグが少し変わっていて行儀見習いに預けられた先が
「遠い親戚の家」→「死んだ母親の友人の家」になってる

オマケマンガによると、アスミタとの初対面はレグルスが獅子座に任命された直後
アスミタと父さんは雰囲気が似ているらしい(…電波か?電波ということなのか?)
アスミタには「間抜け」という評価をいただいたwww

622 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 14:36:57.13 ID:6Dukh0zmP
>>620
ぶっちゃけ表現力の問題、難がある
「美形」「知的」「病気」始め、基本的に説明台詞がないと分からない
だから説明連呼してるし、「美形」「知的」「病気」程度すら
台詞頼りで設定上狙ってても悪いが描けてないw 世界構築なんてもっと
スケールがデカくて抽象的なことは手代木さんには狙っても出来る事ではない…

623 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 15:51:05.42 ID:mRp85PVQ0
今回分解装着図なしか
また次の巻のカバー下とか可能性がないでもないが

624 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 16:16:22.17 ID:F3fNKFmS0
単行本派だから初めて見るけど、レグルスのショタ成分全開だな。
笑顔が無駄に眩しすぎるwさすがてよぎんのお気に入り。
何となくだが牡牛座編と射手座編は作るの苦労しそう。

625 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 17:47:53.60 ID:NVVCFFk10
アルデバランはお気に入りだとインタビューで答えてたくらいだから
外伝は確かに作るの大変だろうな

626 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 18:04:21.58 ID:oQpeLo8kP
>>622
しかし「大人である」的な説明セリフも無いぞ
なのに何で原作より概ね年上設定にしたのか?て疑問が
別段、大人びたキャラを描くつもりがないなら
年齢揃えたり年下設定でも良さそうなもんだがな
なんか意味があったのかね

627 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 18:22:16.27 ID:p7Wk5q9p0
>>625
良材料が多過ぎてどれを取るかで悩みそうだな
射手座編は逆に間口が狭いので掘り下げ技術に依りそうだ
賑やかしで入れる要素が宙に浮くのが心配か

628 :sage:2013/04/09(火) 18:34:09.01 ID:RHS8sBds0
外伝7巻、EXTRA TRACKって中途半端に終わってない?

629 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 18:55:13.48 ID:Z5imLFUW0
>>627
同期のアス兄さんがいるからネタには困らなそう
出ればだけど

630 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 19:13:39.47 ID:p7Wk5q9p0
>>629
アス兄がお局様なテンプレいじめっ子で出てくれたら
このスレ的にはお祭りだなw

631 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 19:16:24.13 ID:HA/NoH+X0
>>622
「美形」「病気」ともよく伝わってきたけどなあ
「知的」も伝わってきたと思ってるが、眼鏡+読書のコンボでそう思わされてるだけかもw

>>625
ミュー厨としては、イリアスを迎えに行った時の冥王軍戦で
ミューと戦って撃破してた描写を心から望む

632 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 21:38:24.71 ID:ZATZkzD5P
>>622
「美形」連呼より「美人」連呼の方が目に付くが…
男が男にそう言うのってあんまり他では見ない表現だから。

自分としては
原作他派生では滅多に見ないLCだけの特徴、「戦女神」連呼が悲しい…
そんな描写ほぼ無いのに虚しくて。

ついでに「惰弱」連呼もそういうノリなのか。
こちらは説明でも何でもないのが更なる難だが。

633 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 21:46:48.22 ID:0GqNpcjci
>>632 わかる
美人、と、戦女神嫌だった
まだ「戦神アテナ」の方がいいな…

634 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 21:47:12.18 ID:HA/NoH+X0
なんか末尾Pの人だけが同じ主張続けてるね

635 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 21:49:17.81 ID:0GqNpcjci
>>634 あたいもまぜて

636 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 21:52:14.25 ID:iV8/GrRh0
>>622
アルバフィカに対し、作品中何度『美しい』『美人』『綺麗』と言われたか、
数えてみたい

637 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 22:04:59.25 ID:P/77gzP00
俺なんかは最近の漫画読んでないからか、余計に性質描写の下手さが目に付くのかもしれない
アルバフィカが美形だというのだけはハッキリと絵だけで伝わるが、
他は「テンマとヤトとマニゴルドとカルディアはとりあえず熱血系」「エルシドは落ち着いてるな」程度にしかわからなかった
絵自体は(特に背景)上手かったり精緻なのに、顔の描き分けは下手で、なんでも説明したがる傾向がある
(これは出来るだけ連載を長く引き延ばしたいのと連動してる問題だと思う)

638 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 22:05:49.23 ID:P/77gzP00
※4行目あたまに、最近の漫画家は、追加

639 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 22:07:33.70 ID:0GqNpcjci
>>638 下から四行目?

640 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 22:20:54.74 ID:P/77gzP00
>>639
意味がわからない
普通に上から(つまり「絵自体」の前)

641 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 22:31:49.51 ID:dzwcVs4Ii
ところで赤子アルバフィカを毒薔薇の園に捨てたのは誰なんでしょ?
園が双魚宮の裏に有るとしたら入り込むだけでも大変そうですが?
一般人なら毒にやられて近くで死んでそうな物だ/アスミタ編は「第八巻」
なのかな?(^ω^;)

642 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 22:57:23.50 ID:P/77gzP00
そして、デフテロスは悪い数字の第十三巻かw

643 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 23:01:36.26 ID:0GqNpcjci
>>640 ああ、見ている媒体が違うから。私のは下から4行目が「絵自体」

上から4行目は「絵だけで伝わるが、」

644 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 23:02:30.15 ID:0GqNpcjci
>>641 コウノトリさん

645 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 23:06:38.44 ID:P/77gzP00
>>643
了解っす

646 :作者の都合により名無しです:2013/04/09(火) 23:58:01.38 ID:uxgVEByA0
レグルスに対しても「天才」連呼だな
そんなに言わなくても伝わるけど
ついでに1人A!とかZ!とか荒唐無稽な無茶やらんでも伝わったと思うけど
アルバの「美人」も同様
んなくどいぐらい強調する必要ないのに

デジェルは何が「知的」かサッパリわからんぞ

647 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 00:04:20.23 ID:DuNU/Vh50
正直、連呼ウザい連呼ウザいを連呼する方がウザい
手代木さんの表現力に疑問があるのはわかったから、んなくどいぐらい強調する必要ないよ

648 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 01:51:23.31 ID:FMIC5Nw/0
821 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2013/04/09(火) 09:14:01.44 発信元:210.135.98.43
お世話になります。
どうぞよろしくお願い致します。
【URL】http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1362497543/
【名前欄】
【メール欄】 sage
【本文】↓
現代人はイイ歳でも幼いのに較べ
昔の人は若くして大人びていたというけれど。
こっちの方が時代もぐっと古いし
軒並み原作より皆年上なのに
何故か皆揃って思春期みたいな精神構造な不思議。
これならむしろ原作より若い年齢設定にしなかったのは何故だろう。
いやそれともわざと真逆のギャップある世界構築狙ったのかな。

922 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2013/04/09(火) 18:01:36.84 発信元:210.135.98.43
お世話になります。
どうぞよろしくお願い致します。
【URL】http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1362497543/
【名前欄】
【メール欄】 sage
【本文】↓
>>622
しかし「大人である」的な説明セリフも無いぞ
なのに何で原作より概ね年上設定にしたのか?て疑問が
別段、大人びたキャラを描くつもりがないなら
年齢揃えたり年下設定でも良さそうなもんだがな
なんか意味があったのかね

649 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 02:42:11.24 ID:IwD0X4A40
年上設定は普通に不思議だぞ
自分で「原作より未完成」言うてるのに
主人公だけはチャンピオンの年齢層?

650 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 03:20:52.77 ID:DPRngQ9Q0
原作より未完成なのは、黄金のことじゃなかった?
他のキャラも全員そうだっけ?

651 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 05:31:56.11 ID:ADD0Z58yP
>>622を書いた者だけど
ただの作品感想の代行頼むならともかく、議論参加や人に絡んだりするなら
その日最初のレス番を名前欄に毎回入れるとか、荒らしじゃないなら
スレの人に同一人物だと知らせる配慮ぐらいはして欲しいな
小馬鹿にされてる感じがするわー

652 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 05:43:35.28 ID:XQgzq/L1i
正直、数ある代行スレから見つけてくる方も怖い…
あんまり見つけてくる人いないよね…
探しに行ったってこと…?

653 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 11:49:58.02 ID:yU1oNOgkO
>>628
次のページがあるかと思ったら普通に奥付になってたな

654 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 18:19:18.95 ID:1kr21Qir0
もしかして
アルバフィカが捨てられていた場所が
毒薔薇の所だと思ってる人ってまだいるのか?
外伝4巻読んでないのか?

655 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 19:17:58.53 ID:X/IXkyvf0
そりゃいるだろ
双魚宮のところじゃなくて、十二宮から離れた場所だけど
毒バラの園ではあるし

656 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 19:52:38.31 ID:6USgJJhc0
おまけで作者が書いてるんで確実ではあるが
本編読んだ限りでは何とも言えない描写だし
おまけを読まないと判らないというのもどうかと思うわ

657 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 21:32:49.90 ID:fNcru88yO
早売り買った
ネタバレを見たくない方は避難して下さい

658 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 21:36:43.96 ID:OdF0leAN0
避難勧告からは一定時間を置いてからレスするように

659 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 21:48:15.81 ID:UQj8zBib0
あのおまけの書き方だとアルバフィカが捨てられたの
双魚宮と教皇の間の間ではないけど別の毒薔薇の園ってことだよな?
ルゴニスが毒の園で死ななかったみたいなこと言ってたし

660 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 22:47:35.91 ID:NHrNJQlAi
>>657 わくわく

661 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 22:54:22.62 ID:fNcru88yO
では23時過ぎにネタバレ書きます

662 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 22:55:27.13 ID:NHrNJQlAi
>>661 ありがとう!

663 :作者の都合により名無しです:2013/04/10(水) 23:54:55.78 ID:fNcru88yO
ではつたない文章ですがお付き合い下さい
アスミタ編 第3話「涅槃の理(ことわり)」
母を救うために永遠の命を得ようとしたアヒンサーだがそれはアタバグが彼を取り込むための罠だった
アタバグはいずれ冥界中の魂を喰らい意識を宇宙と同化させ永遠に辿りつこうとしていたのだ
自らが生き神、宇宙の真理となりハーデスら神々をも束ねると語るアタバグをアスミタは否定する
そんな二人の会話に割り込んだ輝火とアスミタが再び激突
必殺技「クラシファイアンク」でアスミタは炎に包まれる
戦いに勝利したと思われた輝火だが彼の心中はアヒンサーにかつての自分を重ねてしまい虚しさで溢れていた
そんな輝火の前に翠(すい)の幻が現れ彼の生き方を非難する
それはアスミタが見せた輝火の中の「痛み」のビジョンだった
動揺した輝火にアスミタの「天魔降伏」が炸裂し戦いはアスミタの勝利で決着する
再びアタバグと対峙したアスミタは怒りの「天舞宝輪」で第一感を剥奪する

巻末コメント
TLC(ザロストキャンバス)外伝F巻発売中です!
よろしくお願い致します!(手代木)
てっきり108星になるかと思われたアヒンサーくんはアタバグに魂を取り込まれてしまいましたな
兄ちゃんが僕を傷付けていた!と翠に言わせたあたりでアスミタがデフテロスに酷い説法をしたのを思い出しました

664 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 00:08:23.74 ID:K7/7SZmfi
>>663 ありがとう!

665 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 00:58:05.32 ID:JvRqvq4M0
>>663
サンクス!
乙女座の数少ない直接攻撃技が久々登場か。まぁ天舞宝輪は敵にとどめを刺すシーンが想像つかんしな
しかし死人に非難させるとはアスミタは相変わらずドSだなぁ

666 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 01:44:38.99 ID:UsNMsO5b0
>>663乙!

天舞宝輪の剥奪大会が始まったか
でもキャラ的に6感まで剥奪しても通用しなさそうだしな
これは無茶技の7感以降の剥奪来る?

667 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 06:51:15.62 ID:Us/T2DLJ0
それ以前に冥界で五感剥奪って意味あるのか
原作では紫龍の目が見えるようになったり、五感を超えた場所だったが

668 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 06:58:55.97 ID:ZuffTGP20
無印とパラレル世界だからLC世界では意味あるんだよ

669 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 11:19:13.52 ID:SSJxoZDAO
紫龍は魂だけだが輝火は生身なんで…

670 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 14:48:33.04 ID:UsNMsO5b0
>>667
仮説@肉体を持って冥界に行っている人には肉体感覚があるので効く
仮説A魂上の五感に相当する部分が破壊されるので霊体にも効く

そういえばデスマスクが「魂状態で冥界波受けたら消滅すんぜヒャッハー!」とか言ってたけど、
あれって鬼蒼炎とコンセプト同じだよね?あの辺が元ネタなのだろうか

671 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 16:22:25.82 ID:QdL4wEIfP
2ならばシャカ含めて鬼畜だね
冥界に向かう死者と居る人全員にかけてあげれば
6感剥奪すれば感覚が無くなり冥界にいることが苦痛にならなかったろうに

672 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 20:19:59.63 ID:7e/I8bbH0
>>663
>母を救うために永遠の命を得ようとしたアヒンサーだがそれはアタバグが彼を取り込むための罠だった

…だ、駄目だ…クリムゾンコミックスジェネレーターを真っ先に連想してしまった。
「アヒンサーの生魂ゲ〜ット」

673 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 20:25:41.40 ID:dcaFdiA+i
ファリニシュが十二国記の李斎に見えた(-_-;)脳内で同じ声優で再生。

674 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 23:16:29.05 ID:EBuZHn0ii
話変わるけど、サーシャって前の時代のアテナとしての記憶戻っていたのかな?
シオンに若かりし日のハクレイと被るって言っていたけど…

675 :作者の都合により名無しです:2013/04/11(木) 23:59:55.49 ID:O/jmZkBWO
>>669
冥界編じゃ肉体ごと行ってるぞ

冥闘士に冥界波が効く効かないで
既に別物の両者なんだから
参考にすること自体不毛だが

676 :作者の都合により名無しです:2013/04/12(金) 18:09:02.15 ID:84sPzHG10
>>670
冥界でアスミタにやられた時のテンマがAじゃなかったっけ?

677 :作者の都合により名無しです:2013/04/12(金) 20:23:16.40 ID:nJdtu2nB0
天舞宝輪は結局最後に逆転されるネオバイブルのような技
最強技なのに敵を倒せる気がしない…

678 :作者の都合により名無しです:2013/04/12(金) 21:50:00.31 ID:6/PXbFuG0
久しぶりにパンドラ様が見れてうれしかったわ
REDでいいからパンドラ外伝でもやってほしいな

679 :作者の都合により名無しです:2013/04/12(金) 23:39:48.48 ID:DeGttlj40
三巨頭外伝が見たい

680 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 06:26:12.57 ID:A+/+3Vlh0
三巨頭外伝見たいよなあ

681 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 08:34:10.05 ID:OInYJmTp0
>>678
拘束されたパンドラ様エロかったな

682 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 09:27:55.77 ID:+PL1nEJb0
レグルス外伝の単行本出たけどさ


巻末のレグルス任命の時のレグルスの格好がギリギリすぎじゃね?主に腰布

683 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 11:24:20.11 ID:BN0qHYcb0
輝火のブラコンが絶好調

684 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 11:57:27.31 ID:+p4D2GHA0
>>682
ズボン穿いてるからあのくらいの長さは問題ないだろう

685 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 14:18:21.70 ID:yUJAoIhw0
>>681
完全にサービスシーン要員に成り下がってて嬉しいやら悲しいやらw

686 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 18:54:43.59 ID:A+/+3Vlh0
>>683
乙女座はやっぱり超サドだと思った

687 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 21:01:35.06 ID:gNgUct20O
>>682
ラダマンティス貫いた時の腰周りの方がもっとエロかったし

つうかカラーで全裸披露したキャラに対して何いってんの今更

688 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 21:35:27.04 ID:A+/+3Vlh0
よそでやって

それにしてもラスト付近の中くらいサーシャかわいいわ

689 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 22:24:57.57 ID:gNgUct20O
よそってどこよ

690 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 22:33:56.80 ID:QWtI8AEnO
しかし念願の父に会えた時はもうレグルス死んじゃうんだよなあ・・・
外伝は本編と合わせて読むと切ない構成になってるのは狙ってるのか?
狂言回し的なキャラと黄金は再会することもなく今生の別れになってるかもしくは聖戦で死亡は悲しい

691 :作者の都合により名無しです:2013/04/13(土) 22:41:39.83 ID:AummVl/F0
ペフコたん (*´д`*)ハァハァ

692 :作者の都合により名無しです:2013/04/14(日) 02:41:28.39 ID:XPel09L+i
ハリーポッターも指輪物語もナルニアも全然面白いと感じない俺には
7巻は今一だった

693 :作者の都合により名無しです:2013/04/14(日) 13:03:59.97 ID:D2E8AR9EO
今日のΩにブリューナク出たね

694 :作者の都合により名無しです:2013/04/14(日) 13:45:37.08 ID:BPKW9mk40
>>686
あれって幻魔拳のオマージュなんだろうか

695 :作者の都合により名無しです:2013/04/14(日) 14:06:55.02 ID:rJpnrv7KO
どっちかというと、一輝戦でやった塞の河原巡り幻覚のオマージュかと

696 :作者の都合により名無しです:2013/04/15(月) 17:13:31.79 ID:CwOn7/Il0
アタバクはブリーチの虚(ホロウ)みたいなヤツだな。

697 :作者の都合により名無しです:2013/04/15(月) 20:28:45.69 ID:vFhlmMn60
アタバクも乙女座と戦えるほどの相手なんだし、天舞宝輪は破られるとして、
決着はどうすんのかね
最終的にアスミタが勝つことは決まってるわけだし

新しい奥義でも出すのか、あるいはアヒンサーが何らかの手助けをするのか

698 :作者の都合により名無しです:2013/04/15(月) 21:37:10.21 ID:G4D9JwHT0
天舞宝輪破るにしても七感一輝の自爆やA!みたいなチート技ばっかだったから、
アタバク単体にあっさり破られたりしたら萎えるんだがなぁ。

でも開幕いきなり天舞じゃ先行き見えちゃってるしなぁ。

699 :作者の都合により名無しです:2013/04/15(月) 23:51:38.34 ID:tZ5J3oEy0
つか、天舞ってどうやって敵を葬るんだ?
感覚剥奪して廃人にするのはわかるんだが、それで相手を倒した描写がないから
イマイチイメージが湧かないんだよね

700 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 01:31:53.30 ID:m5UxdwdI0
>>699
通常なら五感が無くなったっらどう考えても戦闘不能
そもそも一感剥奪の時点で「もはや動くことも、拳を振るうこともできない!」だし・・・
しかし、問題はこれが聖闘士星矢の世界だということ

六感まで剥奪されても心臓が動いてたり、一つの感覚しか残ってないサガ達が会話したり移動したりする
倒しきった状態ってのが想像しにくい技ではあるな

701 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 02:01:28.50 ID:hpwZbS/M0
初期テンマにも破られてるしな・・・
当の乙女座本人が五感の一つを絶って小宇宙を高めてるって話なんだし
単に相手がパワーアップするフラグにしか見えん

702 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 04:13:28.17 ID:W2p2jQIt0
サガ達の冥衣が亀裂走ったりしてるしダメージも与えようと思えばできるかもしれん

703 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 09:17:39.94 ID:to9WrpSv0
>五感剥奪
とりあえずデスブリングをエイトセンシズで破ったシジフォスなら攻略可能
なのは確定

704 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 11:34:12.90 ID:m5UxdwdI0
水瓶が最高に調子いいときに絶対零度に達することができるように、
最高に調子いいときの天舞宝輪は七感以降にも干渉できるのではないだろうか?

話は変わるが小宇宙って何感なのかな?

705 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 17:00:03.21 ID:eB29PWtG0
>>704
>小宇宙って何感なのかな?
えっ?

706 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 17:40:47.31 ID:GVlg1GiOP
小宇宙=セブンセンシズ

707 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:10:55.97 ID:9LqCMnfn0
小宇宙って第六感に相当するんじゃないの?
普通の人間は五感までしかない
聖闘士と普通の人間とを分けるのは小宇宙が発露してるか否かだし

708 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:13:17.83 ID:m//vGRpT0
第六感
第七感=セブンセンシズ=小宇宙
第八感=エイトセンシズ=八識=阿頼耶識

第十感ぐらい?=神々の意志=ビッグウィル

709 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:16:53.66 ID:4Z0jkHUN0
あ、LCだと説明無かったのかな
まぁ無印でも、小宇宙は七感とあったり、
はたまた小宇宙の真髄が七感とあったりで厳密にわからんのだけど
とりあえず小宇宙=6.999999999…感みたいな感じで捉えている

710 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:23:35.34 ID:eB29PWtG0
小宇宙の実体・正体が第七感セブンセンシズであるということ。
黄金聖闘士はそれを理解し実感しているから究極レベルまで小宇宙を燃やせる。

自動車を自分で組み立てられるくらい理解しているから特性を踏まえて性能を
全部引き出した走りが出来る、みたいなw

711 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:32:09.47 ID:4Z0jkHUN0
なるほど!
ただし車の性能自体にはやっぱり差はある、的なw

712 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:35:24.96 ID:eB29PWtG0
>>707
「星矢」の第六感に当たるのはいわゆる超能力。
第七感に目覚める過程で第六感に目覚める者も多い、という説明がある。
仏教では「意識」と呼ばれるもので「星矢」でも頭脳を指したこともある。
(一輝はシャカの天舞宝輪で第六感の頭脳まで断たれたことがある)

>>708
仏教の唯識思想では第七感は未那識と呼ばれ、通常は阿頼耶識までの八識だが、
宗派によっては阿摩羅識を加えた九識、更に乾栗陀耶識を加えた十識まで存在する。

713 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:44:44.58 ID:4Z0jkHUN0
そういう薀蓄はむしろ星矢世界を壊したり
外枠を固めてしまう可能性があるから要らないw
星矢での六感は、よくゲームでいう精神みたいなもんかな
魔法の威力とか規定するやつ(肉弾系でも一応ステータスとしては設定してある)

714 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:55:22.42 ID:eB29PWtG0
>>709
冥界でテンマとアスミタが会った辺り(4巻)を読み返してみたら普通に説明されてた。
「残るは精神・思考の第六感のみ」とか、「第六感を超える感覚こそが小宇宙の真髄、
第七感セブンセンシズ」とか。

715 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 18:59:39.53 ID:6yfl0u8Qi
>>713 エイトセンシズ=阿頼耶識だから>>712が書いてくれた内容はただの薀蓄ではないかと
阿頼耶識を理解するのは難しいからね

716 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:00:02.36 ID:4Z0jkHUN0
小宇宙の真髄と(真髄でない通常の)小宇宙の違いについてはあったかな?
今確認が取れん

717 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:01:04.59 ID:6yfl0u8Qi
>>713 >>712のいう通り、原作で第六感は超能力、サイコキネシスだと説明されているよ

718 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:02:13.00 ID:4Z0jkHUN0
>>715
コミックス派だから今進行してるものはわからんのだけど
(該当レスは何とか読み飛ばしてる〜記憶しないようにしてるw)、
漫画だけで言えば難しいとは思わないんだなぁ

719 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:03:31.16 ID:eB29PWtG0
>>716
だから、「真髄」というのは別物じゃなくて小宇宙というものをどれだけ理解して
第七感であることを実感・体得しているかってことだろ。

720 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:04:20.05 ID:6yfl0u8Qi
>>716 真髄とは、そのものの本質、最も肝心な事。本質とはそのものの正体。

つまり、小宇宙の真髄=小宇宙の正体=セブンセンシズ

721 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:05:03.02 ID:4Z0jkHUN0
無印では六感が頭脳精神超能力サイコキネシスだったのは覚えてるけど、
今は七感八感の話題なのでスルーしていた

722 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:09:43.89 ID:4Z0jkHUN0
>>719>>720
真髄というものの内実を、正中線とか絶対音感とかにした方がわかりやすいかと今ふと思った
これらが無くても人体を描けたり作曲出来たり原曲キーと違うとわかる人はいるから
もちろん車の例えも含む

723 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:12:33.74 ID:6yfl0u8Qi
小宇宙の正体=セブンセンシズ

それがわからなかった時は偶然、何だかよくわからない感じで小宇宙を燃やせていたのでしょう、無我夢中だから、結果燃やせました、みたいな感じ?

小宇宙の正体を知った後は、セブンセンシズとやらに直接働きかければよいからコツさえ掴めばコントロールしやすくなったのではなかろうか

724 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:15:06.67 ID:eB29PWtG0
>>722
青銅や白銀がそういうことだなw
第七感だと解ってなくてもとりあえず小宇宙を燃やすことは出来る。

原作のムウも星矢達に「君らは小宇宙とは心や精神力 生命や器量などから
生み出されるものと漠然と考えているでしょう」と言ってるしな。

で、この後「小宇宙の『正体』とはセブンセンシズ」だと言ってる。

725 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:16:40.02 ID:6yfl0u8Qi
何回か偶然燃やせているから感覚が真髄を聞いただけでわかったのでは?
誰から教わる事なく、何度となく感覚的に偶然できたものを、成分を教わって作る
後者の方が確実性も完成度も前者より増す

726 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:23:00.34 ID:4Z0jkHUN0
うむ、まとまったd
レシピに頼らない方が安定して美味しく作れる人もいるし、
セブンセンシズについて聞いてしまって悩んでかえって弱くなる奴いたりしてw
カシオス辺りはそういうタイプと見込んでシャイナさんは教えなかったのだろうかw

727 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 19:27:47.12 ID:6yfl0u8Qi
簡単に言えば所謂究極の「火事場のバカ力」を100%自由自在にコントロールできるのが黄金ではなかろうか。

728 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 20:18:55.25 ID:SADPYK0e0
>火事場のバカ力
やたらアルバフィカに似合う言葉だな

729 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 23:38:28.75 ID:oTDmzzoZO
巻末書き足しでアスミタさんが格闘したこと無いとかサラリと問題発言してる件
あれか、聖闘士の修行初期からカーンやオーム的な法撃のようなの使えてたって事か・・・?w

730 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 23:48:27.93 ID:jlYiFo0V0
というかそもそも代々の乙女座って誰がどうやって見出したんだろうな
自分から聖闘士を目指したとも思えないし

731 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 23:48:45.53 ID:eB29PWtG0
原作のシャカはアイオリアと千日戦争になった時にいくらか肉弾格闘してたな。
教皇にけしかけられてシャカが珍しくパンチを繰り出してるw

732 :作者の都合により名無しです:2013/04/16(火) 23:55:14.31 ID:eB29PWtG0
>>729
修行といえば、痛みを知らないミスティがどんな修行をしていたのか気になるw
黄金みたいに天才的な能力で痛みを知ることなく速攻で聖闘士になれたのだろうか?w

>>730
シャカなんかはある日突然天啓を受けたとか言い出して家を飛び出したようなイメージw

733 :作者の都合により名無しです:2013/04/17(水) 00:10:16.74 ID:nGgg9cgr0
>>729
聖闘士の修行をしてない昔のアスミタでも異常な貫禄があったからな
拳とかを苦労して鍛えなくてもやり方がわかればすぐ原子砕きとかできそう。一歩進めてオームも
防御もコツがわかればカーン使えるようになったんだろうし、ここまで一人で練習できる
で、組手必要な時期になったとして、もう既に相手できる奴がいないっていう・・・

任務も三巨頭クラスとかじゃないと説教しまくりで相手は何一つできず一方的に終わるから確かに「格闘」する必要はないな

瞑想ばっかしてる訳だよ。もうどうやって勝つかとかどうやって強くなろうとか考えるレベルにいない
それは既に達成されている・・・

734 :作者の都合により名無しです:2013/04/17(水) 00:12:22.35 ID:4jNPKsj00
護神完成!

735 :作者の都合により名無しです:2013/04/17(水) 00:18:45.59 ID:nGgg9cgr0
>護神完成!

神の闘士として理想的だなw

736 :作者の都合により名無しです:2013/04/17(水) 07:46:47.12 ID:NpvQzCMnO
乙女座って、瞑想していたらいつのまにかなっていたという感じ

737 :作者の都合により名無しです:2013/04/18(木) 08:58:40.26 ID:w4a5oP0B0
結局あの吸収たれた男って何にもならずに終わりなのか?
てっきり新たな冥闘士になるのかとばかりおもてたわ

738 :作者の都合により名無しです:2013/04/18(木) 20:25:27.09 ID:iXa2FX7TO
アタバクさんの背景の、曼陀羅だか壁だかが死面だらけのデス様仕様だな

739 :作者の都合により名無しです:2013/04/18(木) 23:30:02.48 ID:R097taXuP
どうせならついでにアタバクさんが
デストールさんっぽかったら面白かったのに…

740 :作者の都合により名無しです:2013/04/18(木) 23:42:22.13 ID:s2IZ7fnB0
ネタバレしたくないからレスを読み返さずに聞きたいんだけど、
今は誰編やってるの?

741 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 01:08:11.47 ID:E6jltSPc0
>>740
仏教

742 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 04:00:05.47 ID:LcjFihqt0
>>741
サンクス
おれのアルデバランは随分ととっておきなんだな

743 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 14:16:38.91 ID:FFD4rGNkO
シジフォスもまだだな。
どんな話になるか楽しみ

レグルスは黄金聖闘士の全員の技見た事があるの?

744 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 15:28:18.76 ID:LkRO7tLh0
〆はシジフォスになるのかね

…まさかまたロリコンをカミングアウトしたりしないだろうなw

745 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 17:04:06.68 ID:wwPqPLJsi
しめはシオンじゃない?

746 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 19:58:29.12 ID:64gTAQTX0
>>743
見て知ってる=シジフォス、アルデバラン
頼んだら教えてくれた=エルシド(きっと師匠は同じ)、デジェル、シオン、童虎
頼んだら説教された=アスミタ
頼んだら技かけてくれた=マニゴルド、カルディア
話だけ知ってる=アルバフィカ
まずマグマを掬え=デフテロス

747 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 20:08:46.86 ID:FFD4rGNkO
ゾディアッククラメーションて黄金聖闘士全員の技を繰り出すじゃなかったの?。

748 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 20:10:34.55 ID:FFD4rGNkO
シジフォス、アルデバラン アスミタ エルシドの師匠は出てないよな

749 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 20:16:35.02 ID:Vjxtwyoq0
〆は双子の可能性も。

750 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 20:36:54.70 ID:+qskuSCS0
>>749
それはないな

751 :作者の都合により名無しです:2013/04/19(金) 23:50:30.71 ID:G/ROeA5gO
というか人気が続けば、デフテロス編とアスプロス編がでそう。

752 :作者の都合により名無しです:2013/04/20(土) 02:34:00.71 ID:1dyZD6vk0
大人コナーは結局出なかったか…
どれぐらい美人になってるか楽しみだったのに

753 :作者の都合により名無しです:2013/04/20(土) 07:00:54.40 ID:Yko4wDYK0
>>744
デフやん→ハスガード→待機→シオンかねぇ?
ハスガード編はテネオのその後(=黄金聖闘士)もセットだろうし

754 :作者の都合により名無しです:2013/04/20(土) 18:40:58.89 ID:IzoqL/P30
>>753
テネオを使ってハスガードとシオンの連作とかどうだろう?

ハスガード現役時代でテネオ入門編を描いて、
そのテネオがシオン教皇と一緒に再建途中の聖域を襲う敵と戦うとか。

755 :作者の都合により名無しです:2013/04/21(日) 02:28:15.38 ID:kYBmY9tSi
その後、若き日のハクレイ編突入?(^_^;)

756 :作者の都合により名無しです:2013/04/21(日) 11:34:37.57 ID:bVoyV6z/0
それはもう前々聖戦だし別の作品でいいんじゃない

757 :作者の都合により名無しです:2013/04/21(日) 12:02:54.00 ID:JiGTVuVLP
えんえん聖矢スピンオフを書けと言うのも酷な話

758 :作者の都合により名無しです:2013/04/21(日) 17:25:02.35 ID:jJeB4CiK0
人面曼荼羅が巨蟹宮名物のアレに見えるよォォォ
あの見開きページの右上角の顔がすごく怖い。

759 :作者の都合により名無しです:2013/04/21(日) 23:55:15.26 ID:khNQgHcm0
>>757
別に酷でもないだろう
懐も確実に温まるうえ本人は延々と描いていたいだろうし

てこのスレでも言われてたじゃん

760 :作者の都合により名無しです:2013/04/21(日) 23:59:34.01 ID:bVoyV6z/0
星矢のアニメで睡眠学習までしてた人だからなw

だからこそこれだけのスピンオフ描けたんだろうし

761 :作者の都合により名無しです:2013/04/22(月) 06:46:57.13 ID:TYw+CZQJ0
てよぎん、無事フランスついたみたいだな
外国でも読まれてるってうれしいね

762 :作者の都合により名無しです:2013/04/22(月) 09:58:08.27 ID:XjlaFF/n0
>>759
LC以外の仕事始めてるみたいだから
黄金外伝終わったら星矢から離れると思う
変なファンもついてるから離れて
てよぎんファンを作る機会があればどんどんやればいい

フランスイベントみたいに呼ばれる時は戻ってくればいいだけだ

763 :作者の都合により名無しです:2013/04/22(月) 14:15:53.18 ID:33RnvHiG0
しかし、生きてるうちに苦労して、死んでも苦しむとか酷すぎるだろう
アローン様、ちょっとお願いしますよ

764 :作者の都合により名無しです:2013/04/22(月) 19:16:19.13 ID:TYw+CZQJ0
>>763
冥闘士も地上に人として生まれる以上、親兄弟もたくさんいるだろうし
その人らが未来永劫苦しむことを知ってたらアローン派につくやつも出るわなあ

765 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 12:32:29.43 ID:8QXEk6eWO
ロスキャンって無印星矢のキャラ設定のいかし方が上手いと思う
キャラつながりとかちょっと同人的だけど

海神セラフィナ&海龍ユニティの時に水瓶&蠍だけではなくパンドラ&翼龍も出したのは成程と思った
ユニティが蠍の爪を拾ってに救われる場面とかはカノンがミロに贖罪されるエピソードから来てるんだよな、あれ

個人的には気になったのが射手座と双子座
無印星矢は同期生で繋がりあるけどロスキャンではまだ絡みが無いよね
外伝辺りで何か来る気もしそうだが

766 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 16:38:26.35 ID:L8029N1K0
教皇候補ってとこしか無かったな>双子&射手
LCの双子はホントろくに功績残さず終わったな
しかも、自分には強いのか弱いのかさえわからなかった

767 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 17:37:15.41 ID:nwhdzVjP0
いや杳馬倒せるような奴は冥闘士のアス兄ぐらいだろ
神以外ならどんな相手でも神の道開いて相打ち狙えるしな

768 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 18:25:59.93 ID:uYOJa/Tp0
>>766
アテナの聖衣がサーシャに届いたのは
童虎の心臓にアテナの血を入れて聖域に行かせて
LCまで童虎を運んだデフテロスの功績だ
カノン島の鬼としても聖闘士のレベルアップに役立ってたと思う

769 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 18:54:44.25 ID:pnTZHAkP0
カイロス撃破を功績とみとめない766に驚いた

770 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 19:20:34.78 ID:WpXWr+uKO
>>766
デフテロスはいっぱい働いたよ
テンマに修業つけてやっただけでも結構な功績

771 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 19:32:42.71 ID:r4tDeIuj0
おまえら・・・・アス兄が闇落ちして髪の毛黒くなるだろw

772 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 20:55:35.00 ID:VlcG0OuvO
>>768
結局デフさえいればLCまで行けたから
デジェルもカルディアも死なずに済んだのに…
オリハルコンとはなんだったのか

773 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 21:10:58.35 ID:uYOJa/Tp0
>>772
デフテロスが双子座として動いてAD一度しただけで
アスプロスがデフテロスにロックオンしたじゃないか・・・
ADが船に乗ってた連中全員を移動させられる保証はないよ
デフテロスよりアトラのテレポート超能力は無理だったのかね

774 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 21:38:16.52 ID:VlcG0OuvO
>>773
一度じゃないべ
テンマを送り届けてるだろ?
カノン島からサーシャの前に出現してるのあれ
テンマ自身のテレポート能力じゃないだろ
普通のテレポートは聖域で使えんはずだし

775 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 21:54:32.63 ID:ffApZ8i10
デフテロスが技発動するとアス兄が察知してチェイスする流れなら
アテナの聖衣入手してからはほんとに時間とタイミング勝負だったな
アス兄はデフテロスが血を持ってるのは知ってたから
おみやげのフィギュア狙いでこの機会を手ぐすね待ってたんじゃないかと

776 :作者の都合により名無しです:2013/04/23(火) 23:18:19.21 ID:SARKW1jN0
>>774
何十人も一度に送るのはADじゃ無理ってことだな
結局その何十人は戦力にはならなかった訳だが組織としてオリハルコン取りに行ったのは無駄じゃないだろう

777 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 00:39:36.03 ID:nRiA/Pjk0
別に何十人も行かなくてもテレポ黄金数人で片付いたんじゃね?

778 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 00:51:09.49 ID:D3ZNETkF0
最後盾になってくれただろ!

779 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 00:53:19.66 ID:PsSbxKuQP
セルフでLCスタート地点に行けるどころか
ADはショートカットまで出来ちゃうくらいなんだから
サーシャとテンマだけ最奥のアローン眼前に送りこめば事足りた、なんて思ったりw
サーシャなんか最初から「私たち三人でしか決着つけられない」なんつってんだし
それが可能と知れば望みそうな

この漫画は他にも
大規模転送・回収したアトラとか積尸気使いの面々とか
聖域やLCにも干渉できるチートなテレポート手段多過ぎるから
方舟の有り難みがどうにも薄くてなあ

780 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 06:29:02.48 ID:YUxhBnhx0
アス兄がシオン助けなければ未来の教皇いなくなってたんだから
それだけでもアス兄大金星じゃないかと

781 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 11:46:21.43 ID:FzNz5y560
それだけでもというかカイロス撃破がカウントされないのは何故なのか?

782 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 15:52:14.59 ID:WJDlHggR0
カイロスほど息子と関わらない「主人公の親父」って珍しいよな
大抵親父が敵だと主人公と戦って和解後、死亡するか、和解せずにとどめ刺されるっていうパターンなのに
主人公とはまともに戦わず、素性もわからず、いつの間にか死んでました。っていうのは新しい

783 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 16:29:43.39 ID:GF+oH4pu0
でも、漫画表現として新しいんじゃなくて、
そうやって文章に表せる新しさなんだよなぁ

784 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 16:35:27.38 ID:HuoH4dbO0
あのころはすでに黄金中心連載になってたから
アスプロス用の敵としてカイロスを描いてた
描いてた一部にテンマ関係があっただけじゃないか?
新しいっていうのは変だよ
カイロスがテンマ父ならもっとテンマと激突させてもよかった

785 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 18:02:58.72 ID:+IayVwSg0
うーむ何回読んでもエルシド編の世界観が謎だ
あの北斗の拳のZみたいな奴らはどこから湧いて出たのか?

786 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 19:33:24.81 ID:q4CnzzN80
>>781
766は杳馬の書き込み
780は夫にケチをつけないようにしつつ双子にも気を使ったパルティータの書き込み

787 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 22:22:47.27 ID:gyk1seZK0
>>775
つうかさ…
アテナはもう成長してて既に聖戦も始まってたのに
なんで教皇はとっととアテナの聖衣を復活させてサーシャに託さなかったん
ついでに言うならスターヒルが荒らされてるのも知ってるだろうに何で放置なん
デフがアテナの血の小瓶持ち去ったの知ったら「何をする気だ」て当然詰問するよね
教皇しか知りえない重要機密が漏れてるとなれば尚の事
悪用される前に早いこと封印解いてアテナに纏わせとくのが万全だろうに
いつ解く気だったんだ
結局ほったらかしのまま死地に向かうしハーデスと戦うアテナのこと考えてないし
「神の一手先を読む教皇」って、一体

788 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 22:32:30.29 ID:GF+oH4pu0
羽生さんの将棋みたいだ
一番頭良いんだろうけど、謎の一手やっちまう

789 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 23:16:24.85 ID:0zii9+vA0
>>787
だってアレ超危険物でしょ?そんなもんを普段から纏わせてパクられたらどうするんだ?
ギリギリまで温存してて、自分が封印解けない状況も想定してデフに情報渡したんだろう
勿論、自分が解ける状況で必要になったら封印解いただろう、セージが直接さ
本当にほったらかしにしてたら何も情報残さずに死んでただろ・・・

790 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 23:21:42.69 ID:nxZdXz3P0
聖衣は切り札なんで最後までとっておきたかったのと、
小瓶を持ち去ったことに何も言わなかったのは、もしものときのためにデフに任せる気だったんじゃないの?

それと少し前のレスの流れで気になったんだけど
ADとかテレポって行ったことも無い場所に正確に着けるの?
団体を移動させようとして壁の中やロストキャンパスと融合なんてことないのかな

791 :作者の都合により名無しです:2013/04/24(水) 23:27:10.24 ID:nxZdXz3P0
>>789と被ったな

ついでに質問
レグルス編での敵キャラの着装図あるの?
単行本買い損ねて気になってしまった

792 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 04:06:20.40 ID:PmmflM1bO
セージがデフテロスと結託…?
「お前のことは知ってる」程度で超重要機密を託した描写なんてあったっけ
アテナの聖衣が超危険物ってのもわからん 、何が危険?
それに戦女神からパクるって、一体何をどうやって、いかなる存在がw;
そんな万が一すぎる可能性を危惧するなら、碌に知らん男が血を持ち去ることの方が
よほど危険視しそうもんだが
兄や女神自身に教えといた方がよほど安全

それとADで行ったこと無い場所=LCに行けてるよー

793 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 07:45:55.49 ID:+y5XY6FZ0
>>792
デフテロスに双子座を授けて二年経ってる
二年もありゃセージなら充分デフテロスがまともというのはわかるだろう
我のために動いても聖域乗っ取りや教皇アテナ殺害に動くヤツじゃない
それに聖闘士最高位の黄金で唯一聖域外住まいだから
万が一のことを考えてセージが情報と血を託してたのはありえる

LCには双子兄のアスプロスがいるから気配感じられたら
目測でAD使ってLCまで行けたのかもしれないな

794 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 13:36:28.30 ID:sghkvgDh0
アナザーディメンションと積尸気は本当に便利だなぁw
それでいいのかよ
いや、一輝兄さんみたいな意味不明なワープもあるけど

795 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 14:42:20.72 ID:6iKTga0pP
>>793
血持ち去った時点じゃあまり知らん男だろうに
てか何で自主的に返却しないのかもわからんが
その結果「いや、それはお前が」とか一言だけでもあれば違うが
結局重要箇所なのに推測ばっかで少しも描写がないんだよな

もう戦える状態のアテナに聖衣を纏わせてないのは確かに謎だ
すでに何度もアローン自身と対峙してるしこれ以上待つ「ギリギリまでの切り札」てのは…
戦死者続出で敗色濃厚になってから? ヒドス

796 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 15:08:03.18 ID:KjZmG/gZT
>>789
> 勿論、自分が解ける状況で必要になったら

だから、今まさにその「必要になったら」の時じゃないのかえ?
もう開戦してるんやで

今やらないでいつやるの!てCMあったな

797 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 18:11:26.04 ID:xjM6lB620
いつ纏うか?

今でしょ!

798 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 18:25:35.55 ID:Xvs14znI0
デフかwww

799 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 19:39:31.29 ID:H/QxJJHlO
レグルス外伝読んでて思ったんだけど
黄金聖闘士って、全員が精霊みたいな非実在系の敵に干渉できる訳でもないのかな?

800 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 19:52:30.05 ID:BSNNexMm0
>>795
デフがアテナの血を持ち去ったのか、教皇に預けられたのか不明だからな
性格を考えればすぐに返却すると思うんだが
教皇の隠し玉だったことを考えれば後者か

>>799
獅子座は物理担当だからな
羊、蟹、双子、乙女、原作限定で天秤あたりは得意そう

801 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 22:54:37.54 ID:NlqYMS7z0
死ぬ前にデフに頼んだセージはまだマシな方だと思うよ
13年前に童虎にすら知らせずに死亡したシオンさんの例もある
こっちは聖戦が始まってから同胞を危険にさらしてまで冥闘士として蘇って教えにきた始末・・・
あれ、ハーデス様が「やだ」って言ったら聖域側は完全に詰んでた状況

原作の綱渡り度に比べたらLC世界は少なくとも脳で思考してる感はあるじゃないか

802 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 23:15:00.03 ID:rL2IRn1X0
いや、だってシオンじゃんw
てのはともかく古き良きジャンプは行き当たりばったりで作品の8割が成り立ってたから後付けは仕方なし
LCも結局その流れを引き継いでる気がしないでもない

803 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 23:35:37.48 ID:JhMuaxeK0
>>795
ぶっちゃけると「ギリギリまでの切り札」てのは
教皇の都合でなくて手代木さんの都合なだけ
クライマックスにアテナの聖衣を取っておきたいという

そういう作り手の都合を作品内に自然に反映させる力量が不足してるから
教皇の行動が矛盾や批判に満ちたものになってしまうんだな
「後付け」がいかにも「後付け」のまま基盤と融合できてない

前も話題に上がってた「教皇はデフの不遇を知りながらなぜ放置?」とか
「行き帰りも童虎にAD使えば…」「いや自分でADにて女神聖衣回収できるのでは」とかの謎の回答然り
今回の「デフに頼んだ」とて作中での説明は一切ない読み手の好意的解釈
どうにも双子周りは設定先にありきでシナリオに弊害が出る唐突感が目立つ

804 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 23:37:44.42 ID:zv0f8QKr0
>>802
わざと継いだ様に感じた

805 :作者の都合により名無しです:2013/04/25(木) 23:57:21.01 ID:PmmflM1bO
>>801
逆に言うならそんだけサガの闇が深く巧みで読みきれんかったってことっしょ
自身が暗殺されるなど考えなかったという迂闊さは否めないが不慮かつ非業の死
まだ聖戦は始まっておらず女神も赤子だった

対して全てを知る磐石のセージは戦時下の成長アテナに何故聖衣を与えなかったって話で
双子神相手に死をも覚悟で望んだはず、最低でもその前にはアテナに聖衣残さない理由が無い
そして「デフテロスに頼んだ」描写すらない上に、自身の務めとしなかった理由も無い訳で

原作は「女神降誕直後に口封じられたんで仕方ない」てな
情けないながらの理由は確立してる、この違い

806 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 00:01:06.56 ID:A7QEuQB90
あーこれ水瓶の時と同じ流れだわ
この話題はもう終わり

また千日戦争始まっちゃうぞ

807 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 00:26:06.98 ID:3EubNHeW0
スタンド・バイ・ミーーーッ!!

808 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 07:01:24.28 ID:H8v9Y+R10
スウィート・ショコラーテッッ!!

809 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 08:40:27.14 ID:coAJZEbE0
>>801
無印sageLCageに見える

810 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 11:02:44.37 ID:Kcxccy8u0
ツッコミどころを指摘するのはいいけど、まなじり決して糾弾するよりは、
四コマギャグのネタにするくらいのほうが愛あるツッコミになって読んで楽しいのにな。

811 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 11:17:06.21 ID:Kcxccy8u0
文句だけいうのはなんなので自分で書いてみる。あんまりオチてないけど。

ペルセウスがカノン島にきてたのは修行志願でなくてADで聖域軍のロストキャンバス移送を頼みにきたためで、
聖衣かじっちゃうほど全力で拒否したんで、以後デフへの依頼は沙汰やみとか。
デフが童虎にAD使ったら、間違えてパルティータのところに落ちてハイレグママンに赤面とか。
セージ教皇がアテナの聖衣のことを教皇のマスクの裏に血文字で書いておいたのに、
シオンが気をきかせたつもりでハクレイに渡す前にきれいに洗ってしまったとか。

812 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 18:45:12.17 ID:7uwB81ta0
この漫画を読むには
二次創作もできちゃうくらいの妄想力が
読者に必要だというのか
作者はその補完を当てにしていると

813 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 19:24:47.92 ID:H8v9Y+R10
この話題本当にやめよう
千日戦争のスタメンがアップを始めてる気がする

来月でアスミタ編終わりだけど、次は満を持して牡牛かね

814 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 21:09:40.31 ID:SGl15njdi
NDの牡牛座さんは瞬殺でしたからなあ…

815 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 21:28:32.33 ID:KZCc2aAW0
え?乙女編もう終わりなの?
なんかアスミタ自身の内面というか本編における言動との接点にあまり近付けないまま終わった気がする

816 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 22:18:58.66 ID:+W9mZmJ30
今日某アメコミ映画に行った
パワードスーツの装着シーンが、聖衣の自動装着っぽかった
呼べば飛んでくるし

817 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 23:00:11.86 ID:5LXNYCaP0
LCの黄金はデスマスクと同等かそれ以下の奴一人もいねえな
みんなサガやシャカ級かムウやアイオリア級だわ

818 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 23:10:01.44 ID:+Ni8+8Dg0
相対的にカルディアさんが微妙になる模様

819 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 23:26:52.83 ID:9gKbYVYb0
>>817
いや、それ以上だろ

820 :作者の都合により名無しです:2013/04/26(金) 23:39:55.91 ID:z5N24cRWi
カーン!書き込み実験

821 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 01:34:37.29 ID:2G1PJHOU0
>>815
それこそ逞しい妄想力にて補完

…いや最終話に期待しようぜ

822 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 01:37:43.47 ID:v2B8JaWr0
多分おまけで補完

823 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 02:24:37.53 ID:0w0g4EZR0
>>817
そこが車田と違うところだよ
てよぎんは話の作り方が上手いし、丁寧
正直、もうオリジナルをとうに超えてるよ

824 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 02:48:01.89 ID:G3SENQVn0
そういうのはやめろ
LC好きな俺たちがLC貶されたら腹立つだろ?
原作sageにはデメリットしかない

つーか原作が好きだからLCもすきなんだろ?
違うのか?

825 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 03:00:58.00 ID:fwNkLRyXO
>>793
> LCには双子兄のアスプロスがいるから気配感じられたら
> 目測でAD使ってLCまで行けたのかもしれないな

なんでそんなまったく描写もないことに思いを巡らせとんのだ?
普通にADでLCまで行けた、童虎も送り届けた、
アテナ神殿にも出没した、テンマも送り届けた、てことで
普通に「ADなら自由にどこでも行けんだなー」じゃだめなのか
ちなみにそのADを積尸気に変えても問題ないようだが

826 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 05:39:22.79 ID:ux1hlq0N0
便利技にしたのなら>>823の正反対で話作りが苦手だから
作者が都合よく展開できる楽な方法をとっただけだろうな

827 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 07:54:12.52 ID:idLOh1MS0
LC叩きに繋げたい荒らし>>823に釣られすぎ

828 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 11:38:33.25 ID:490iHj7d0
LC叩きに繋げられる&LCオタは痛いとアピールできる
一粒で二度美味しい

829 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 13:42:29.45 ID:0w0g4EZR0
うむ。
ここのスレは簡単に釣れるし、くだらない事でグダグダだらだら続けたりするので、ちょっと暇つぶしに荒らしたりするのに向いているのだ
なんでだろう?女が多いからかな?

830 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 14:01:28.93 ID:wSFg8eEm0
>>829
お前が生物の屑というだけ

831 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 16:26:02.52 ID:5JErBwhVi
>>829 種明かし早過ぎでしょ!いい人過ぎるわ

832 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 20:16:30.06 ID:QtXpJ18S0
>>782
遅レスだけど、ヨウマは「テンマの父親」より
「パルティータの夫」と「双子の仇」の役割の方が強かったな

833 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 21:47:58.40 ID:zGNjvJJ20
セージ教皇はダメダメ過ぎる
これはガチ

834 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 21:52:03.54 ID:nwJMk47e0
>>831
はっきり言ってウブなんだろう
叩きたい奴はどんな手でも自由な2chだと割が合わないレベル

835 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 22:27:59.40 ID:YZ0zpwlGP
けど御大と較べるのはともかく
実際に「てよぎんは話作りが上手すぎる」て意見は
レビューサイトとかで割と見るよね

836 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 22:34:48.37 ID:5JErBwhVi
話…あまり上手いとは思わなんだ…

837 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 22:49:35.72 ID:ux1hlq0N0
>>835
レビューはNDsageと抱き合わせも多いからあてにならない
話作りがうまいというのは無印の二次創作としての見方だと思うよ
本当に話作りがうまいならLC連載前ので完全オリジナルの好評作が一つはあるんじゃないか?
この作者は原作つきコミカライズで原作をうまく料理するタイプだろうな

838 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 22:52:04.03 ID:cz6YIcEfP
ぶっちゃけ「待機だ!」以降はなんか迷走してた気がするんだ(´・ω・`)

839 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:06:10.67 ID:YZ0zpwlGP
>>837
>本当に話作りがうまいならLC連載前ので完全オリジナルの好評作が一つはあるんじゃないか?

それは…元からデビューしてまだ浅い新人だったから酷な話じゃ…
売れた漫画がすべて話作り上手いって訳じゃないし
また、話作りが上手ければ必ずしも売れるって訳じゃないし

それに、ぶっちゃければ外伝なんて
「原作をうまく料理した結果」生まれたもんと思わない
まるで元の「星矢」の世界観してないし
あれこそ女史自らが産み出したオリジナルの世界観じゃないか?
キャラさえすげ替えれば完全オリジナルファンタジーの作品と変わらないと思うよ

840 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:10:29.19 ID:5JErBwhVi
本当に上手い人はデビュー作や新人時代の話から面白いからなあ…

841 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:20:23.73 ID:DfG9ZLohP
原作付きばかりで、オリジナルほとんどやらせてもらってなく
それでも読者置いてけぼりな展開が多々あって、
話がよく分からないという定評が毎作ある作家さんだよ>話作りが上手い

842 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:27:16.84 ID:QtXpJ18S0
>>827の予言の通りになりましたね

843 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:29:46.93 ID:3JgTv2zF0
個人的に話作りの巧拙についてはあまり気にしてないんだが、
ラダマンティスが復活したのだけは勘弁してほしかった

原作でもエピGでも(悪い扱いではないにせよ)中途半端だった
我が星座がやっと良い感じに描かれたと思ったのに…orz

844 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:36:30.27 ID:YzbaXJl00
>>843
ラダマンティスは死に場所間違えた気がするんだが
連載延長の犠牲になったか?
バトル的にはカルディア戦での主張が一番かっこよかった

845 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:45:28.32 ID:szFvZMJA0
>>844
自分もカルディア戦がベストだったと思うけどアローン戦での彼も悪くはなかったので最終的に納得はした
アローンとの戦いの時に自分に楔を打ち込んでいったカルディアやレグルスについて一言ぐらい回想があったら良かったなとは思う

846 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:51:29.07 ID:C66Ri/Sc0
>>833
別にダメでもいいんだが、誰もそのダメさを指摘せずマンセーな上
あろうことか自ら「神の一手先を(ry」なんてドヤ顔やらかすから印象悪すぎる

ついでに双子周りの謎といえば。

影として隠れ生き
教皇ですら「お前のことは知ってるよ」程度の認識で
そのままカノン島に隠居したデフテロスが
デジェルや童虎、それにシジフォスとも面識あるようなのは何でなんだ
アスミタだってあの場で初めて逢った風だったのに

847 :作者の都合により名無しです:2013/04/27(土) 23:58:27.89 ID:43JLugs80
てよぎんの最大の特徴である設定拾いの巧みさは、ファンにとっては「話づくりがうまい」でも、
アンチにとっては「原作に擦り寄っている」「しょせん同人」になるんだよなあ。
まあそれは個人の好みの問題でしかないから、嫌いならよまなきゃいいだけ。

>>843
蠍座聖闘士は敵を仕留めるだけが役目ではないっ!
悩めるサーシャを力づけ、ナワルピリを改心させ、ウェスダを焼き尽くし、デジェルの迷いを晴らして、
最後の力でユニティを救助している。
これだけの働きは功績といっていいかと。

848 :作者の都合により名無しです:2013/04/28(日) 00:04:27.69 ID:YzbaXJl00
>>847
> てよぎんの最大の特徴である設定拾いの巧みさ

これは元になる原作がないとできないことだからな・・・
自分で設定考えて話作って自分のオリジナル漫画で勝負してる漫画家とは違う
ファンでもアンチでもそこを特徴として挙げるのは一長一短あるぞ

巧みといってもデジェル外伝は設定入れまくって失敗してるからな

849 :作者の都合により名無しです:2013/04/28(日) 00:12:20.87 ID:JtoqRE2wO
>>844
「この翼の前は 猛 嵐 だ!」

…なんですかモウアラシって…ておもた(´・ω・`)

850 :作者の都合により名無しです:2013/04/28(日) 01:41:59.37 ID:QoQ14CyR0
>>848
ブルーウォリアーを出した事は評価したい。
あとアイツラの役目。なるほど知識を蓄えるのね・・・
本とか凍りつきそうだけど

851 :作者の都合により名無しです:2013/04/28(日) 10:16:33.68 ID:hnhGWJzs0
>>850
きのうNHKでやってた番組でシベリア内陸のことをやってたんだけど
雪が降って極寒の地なのに盆地で乾燥しているから
洗濯物を外に干しておいてもきれいに乾くらしい
本も乾燥しているほうがいいから蔵書には適地といえるのでは

852 :作者の都合により名無しです:2013/04/28(日) 12:17:50.42 ID:A1SEGa5E0
>>851
日照が少ないのも書物の保存にはプラスだな。

ついでに、下手に豊かな土地だと資源や食料目当ての敵が押し寄せて
余波で本題じゃない書物が焼かれたりする事もあるだろうから
代々知識の守護を目的にするなら、厳しい極北地帯の隠れ里というのは間違ってないのかも。

853 :作者の都合により名無しです:2013/04/28(日) 18:48:20.79 ID:tcNiNlebP
>>846
デジェルはまあ、「あの島に居ると聞いたことがある」レベルで
テンマを案内しただけで知り合いじゃないかもしれんが
(しかしよくわからん輩に預けるのも無責任でどうかとは思うが…)

童虎は明らかに旧知の仲だよな、タメ口…
原作同様18歳という設定の童虎がいつ知り合ったのか、もとい黄金になったのいつだ
少なくともデジェルと違いカノン島に居ることは知らなかったわけで
則ち日陰の身であったときに知り合った??

で更にこちら「逝ったのかシジフォス…」なんて台詞からはかなりの親しさが伺えるが
一体いつ交流を持ったのだろうか…うーん

854 :作者の都合により名無しです:2013/04/28(日) 19:00:54.53 ID:ypcg3V7d0
シジフォスに関しては単純に実力と人柄を評価してたからじゃないかね
一見完璧なアス兄ではなく次期教皇に選ばれるぐらいだし

855 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 00:00:59.88 ID:9F0Y6gWM0
>>849
たまに首を傾げるネームあるよな、うん…
「俺はいらないものを捨てただけだよ」とか
「雲海のド真ん中」だとか…
そこはサーシャ、「真っ只中」とかでいこうよ…
女神以前に女の子として…

856 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 08:41:35.22 ID:N3KhCQ3tP
>>855
ど真ん中はさすがに編集仕事しろと思ったけど
編集は素敵な煽りを作ってたから許した

857 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 09:42:44.39 ID:+aXdCYjVi
残酷だけど、台詞って作者自身の知性や品格の限界がでてしまうからなあ…編集助けてあげないと…

858 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 11:00:09.05 ID:3lLfgyMH0
最近何かに付けてすぐに作者の知性や能力の限界につなげて語る人って多分同じ人なんだろうけど、
荒らしでないのなら言葉は選んだ方がいいと思う

859 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 11:26:59.30 ID:LgIvxeT10
>>858
> 知性や能力の限界につなげて語る
貶し言葉は自己紹介という法則がある…後は解るな?

860 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 11:38:21.41 ID:nVh6yDF40
人格批判にまで走ってる奴らは畜生道にでも落ちればいい

861 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 11:57:50.14 ID:9kBlWBVO0
>>860
「このスレ住人は〜」とかやっている奴とかもなあ。
作者叩きもそうだけど。マジで嫌になるな。

862 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 17:12:39.35 ID:Af5mFcYT0
何かを議論・論争・批判する時、そこに感情論や人格否定が入ってないわけが無い
むしろ、後者が先立っていて、そちらこそ本質で、これあってようやく議論が発生できる
後者無しで出来ると思ってる人こそ欺瞞

863 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 17:29:56.05 ID:3lLfgyMH0
罵詈雑言を議論だと勘違いしてる人の意見だね

敬意を持った上での批評というのは普通にある、というかいわゆるプロの評論家と呼ばれる人は最低限これを持っていないと許されない

864 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 17:43:40.28 ID:6P1G4q6W0
罵詈雑言って言うか、普通にここがアレだからおかしいって指摘でも
長引いて荒れるのがこのスレクオリティなんだよ
脳内補完する派vsしない派の千日戦争になるのが関の山

865 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 17:50:21.15 ID:Af5mFcYT0
>>863
単に事実を言ったまでなんだが、深読みしてしまったか?
批評家は興味が無いものしか上手く書けない
興味があるってのは、好きであるか嫌いであるか、どちらかだ

866 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 18:03:51.09 ID:3lLfgyMH0
いやいや矛盾してるよ
仮に>>865が正しいとして
批評家は興味がない(=感情論も人格否定もない)物しか上手く書けない(=議論できない)というなら
それは>>862の真向からの否定だ

867 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 18:10:05.40 ID:Af5mFcYT0
>>866
???
引っ掛かるものがあるからこそ言いたくなるし言える、ということなんだが?

868 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 18:27:24.47 ID:3DP602Jp0
>>864
>長引いて荒れるのがこのスレクオリティなんだよ
そうだよ
何度も同じ話題ひっぱて、わざと荒れる方向に仕向けて長引せする奴もいるしなあ

>脳内補完する派vsしない派の千日戦争になるのが関の山
脳内補完による擁護も行き過ぎてキモイのもあるけど、
これまた脳内補完による妙に偏った見方して叩くというのもあるしなあ
しない派にしても、自分の考えより相手の揚げ足を取ってばかり
挙句の果てには好意的な意見すら叩くという毎度のパターンだしなあ

>>867
言いたいことがあるにしても、どんな言い方をしても良いと言う訳じゃないってことだろ

869 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 18:44:47.62 ID:Af5mFcYT0
>>868
それはそうだが、>>863>>866は明らかに
こちらの論理的不備を付く姿勢だが、失敗してるので指摘したまで

自分は、
・作者と作品をつなげて考える(作品の問題点は作者の問題点として出ている)
・作品から作者を考える(テキストは作者を読み解く鍵に過ぎない)
・純粋に作品のみで考える(テキストは作者と別個の存在であり、作者がどんな人間であろうとも関係が無い)
・作品から予想できる裏の何かを読み取る(都合の悪いものは妄想と片付けられがち)
etc…
これら全部出来て理想だと考えてるが、ただ、いきなり論理的に作品を読み始めることは不可能という立場

870 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 18:47:44.43 ID:YytOF+dK0
>>864
>>862のようなのが荒れる原因を生み出すのかと

>>862
もし君が自分の言動に対して自覚があるなら言い返されても当然だと思ってるよね?

871 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 18:52:25.98 ID:YytOF+dK0
>>869
横から失礼するけど
要するに色んな観点で作品を考察したいってことだよね?
純粋にそうであれば構わないしOKだよ

けど叩き行為に取れるリスクはちゃんと考えるべき
それだけ

872 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 19:04:31.55 ID:YytOF+dK0
>>869
それと君の言動が本気なら>>870で失礼なことを書いてしまったことは謝る

873 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 19:07:38.70 ID:Af5mFcYT0
>>871
どこからどこまでを批判(=分析)で、どこからどこまでを荒らし・叩きとするか、
そしてそんなのそもそも同根だ(=感情論から出発してるんだ)、
と言ってるんだけど?あなたは図らずも最初の話に戻してしまっているね、どうぞ

874 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 19:08:59.49 ID:Af5mFcYT0
更新中で読み飛ばしにつき連投失礼
>>872
いや謝らなくていいし、謝る必要性が無いです

875 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 19:10:30.86 ID:3lLfgyMH0
>>867
引っかかる物がある=好きにせよ嫌いにせよ興味がある、ってことだろうに
「批評家は興味のないことしか上手く書けない」という一文とはどうしても矛盾しているようにしか見えないんだけど

876 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 19:17:51.30 ID:Af5mFcYT0
>>875
ああ、興味のあることしか、に訂正です
完全に書き間違いでした
みっともないことをしてすみません

877 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 19:28:20.49 ID:LGZ/RNVhP
気に入らない意見はアンチや荒らし扱いで、何かあるとすぐに伝家の
宝刀みたいに「荒らしでないのなら」とかで脅して押さえようとするじゃん?
その一言が荒らしだと気づいてない人も多いんじゃない?

例えば>>857の言いたいことは、流れからも自分はよく分かったけど
そう思わないなら、投稿者を荒らし扱いしての攻撃や
話を切ろうとするんじゃなく、手代木さんの引き出しの多さ、
国語力の高さや語彙の豊富さを示す具体例を挙げた方が、
そういう反論の方が早いしスマートだし建設的だと思うよ

レス内容は同意で書き方が気に入らないってなら、
それを伝える書き方が悪いよ…

878 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 20:04:23.55 ID:xM3dv7200
>>877
伝家の宝刀というなら、叩きを指摘されると「すぐアンチと決め付ける・・・」というのもあるけどな
そして、「アンチスレに行けとか言うな」とか予防線張ったり、自覚してるなら荒れないように気をつけろと

>それを伝える書き方が悪いよ…
それなら、>>857にも問題があるよ

それに反論するとそれに対して否定するでなく別のことで叩くのも毎度のこと

879 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 20:07:42.28 ID:7fQZIEEJ0
>>877
>そう思わないなら、投稿者を荒らし扱いしての攻撃
そうは言っても、どう言っても、何としても叩こうとしてる奴がいるおかげでグダグダになるんだけどなあ

今回にしても言い回しが好きじゃないってだけなのに作者のこと叩く方向に言ってる時点でなあ・・・

880 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 20:12:38.58 ID:3lLfgyMH0
>>876
こちらこそむきになって申し訳ない

>>877
議論に引っ張られてだいぶ脱線したけど、私が言いたかったのは
「作者の知性や品格の限界」とか言っちゃうのは流石に人格攻撃に当たるので、
(たとえ思っていたとしても)言っちゃいけないことに入るだろう、ということ

別に内容に同意した訳じゃないけどレス自体は書き方に対する注意なので
>>858はそれが伝わるように書いたつもりだけど、書き方悪いかな?

881 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 21:04:44.04 ID:z7DtKH7I0
>>877
元は、おかしなセリフを使うときあるようねって程度の話だろ?

それなのに、
>国語力の高さや語彙の豊富さを示す具体例を挙げた方が
なんで、ここまで遥かに反論のハードルが上がるんだ?

こんなの作者の学力知らないんだから反論しようもないだし、「神の一手先を行く」とかのような名文句とか挙げろと言われた方が・・・

882 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 21:12:03.73 ID:DLyrXpc20
>>880
>別に内容に同意した訳じゃないけどレス自体は書き方に対する注意なので
見た感じ、ここ初めてみたいだけど
妙に荒れたりするからね、馴染めなさそうなら引いた方がいいよ

883 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 22:11:30.63 ID:vwcPDDY10
本編連載中はアス兄のドヤ顔とか「待機だーっ」とか、ツッコミ所も恰好のネタだったのに、
最近はそういうところを欠点としてつるしあげるような風潮はなんか残念。

ところでアスミタ。
電波っぷりではおとめ座としてはやや不足かと思ってたけど、レグルスから見たら
イリアス父さんと同レベルの電波だったのは可笑しい。
てかちびっこレグルス、電波なキャラ見たら誰でも「父さーん!」とかけよりそうだw

884 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 22:17:43.09 ID:kIUjAITj0
本性のアス兄さんにも意外になついたんじゃないかと思えてくるな

885 :作者の都合により名無しです:2013/04/29(月) 23:42:38.94 ID:9F0Y6gWM0
>>877
> 手代木さんの引き出しの多さ

引き出しは…多いと思うよ
外伝なんてよくここまで世界観違うものを次々と提供するなと感心するし

ただそれが起承転結纏まってるかと言われれば頷き難いし
星矢キャラでなくオリジナルキャラが繰り広げる話だったらここまで読まれるかどうか
疑問符は付くけれど

設定思いつきだけはピカイチだな
それに構成とかネームとかが甚だ追い付かないのが無念
物凄く良い食材は用意するけど、さしすせそ無視とか下拵えすっ飛ばすとか生焼けとか
調理法が残念、てな感

886 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 01:39:48.66 ID:VQf5QcOd0
>>885
おお、これは納得できる
「引き出し」って単語にこめる意味によって人により齟齬が生まれるだろうけど
(自分なら別の言葉使うと思う…それこそそのまま「設定思いつき」)

自分はこの作者の作品をこれしか知らないんだけれども、
>>857がそのように言いたくなるのは強くわかるな
だって、あまりに巻頭コメが痛くて、しかし内容とも一致してるからw
まぁ、そこまでの人じゃないと設定思いつきが豊かにならないし、漫画家にもならなかっただろうと感じた

887 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 03:08:31.18 ID:kAKAoF2S0
「着想力」は高いけど「精密さ」には難ありってあたりかな。

まあ80〜90年代ジャンプ全盛期だと前後矛盾があっても
来週分を読みたくさせれば勝ちだったんだけど
今は両立させなければならなくなってるってのはあるだるうな、

888 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 08:06:27.26 ID:Hz2wPkqx0
>>885
引き出しが多ければオリジナルでまず勝負できると思う・・・

良い食材を用意する力は不足してるが
誰かが用意してくれたらそれに味付けして料理する力は優れてる
良い食材を用意してもらえるかどうかが鍵の作家かな

ただ時々、味付けが濃すぎたり今はいらない調味料が混ざることもある
そんな印象かな

889 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 09:02:54.80 ID:VQf5QcOd0
引き出し多ければオリジナリティあるってのは間違いだ
例えば、インテリは一般人の数百から数千倍の知識量があるが、
別にオリジナリティがあるかと言えば…そうでもない
その他は言葉違えど、>>885ととても似たことを言っている

890 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 09:18:30.11 ID:Hz2wPkqx0
>>889
原作付きじゃないオリジナル作家として描いてる人達は
引き出しが多いからいろんな見せ方をして売れる作品を生み出してる
手代木さんの作品で人気あるのは原作ありのLCとキーリだから
そういう主張があてはまると思えないな
手代木さんの引き出しが多いというのはオリジナル作家の引き出しと違って
他者の引き出し=原作があって初めて出現する引き出しじゃないかな

891 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 09:51:36.19 ID:VQf5QcOd0
>>889
話ズレまくってるね
引き出しが“そのまま”オリジナリティにはならないよ、
他は同意だ、って言ってるんだけど

892 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 09:52:06.55 ID:VQf5QcOd0
おっとアンカミス、>>890

893 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 19:56:27.00 ID:PyOnIbg00
そもそもオリジナル作品もまだ数えるほどしか書いてないからなー
外伝終わったらオリジナル描いて欲しいなと思う
LC・LC外伝の経験は漫画家としてはかなりのレベルアップにつながったと思うし

894 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 23:27:09.43 ID:PcFIkpny0
>>886
> だって、あまりに巻頭コメが痛くて、しかし内容とも一致

すげえわかる…
要領を得ず気の向くままに書き連ねた感、人に見せる文章じゃなくて
女子特有の脈絡のない会話、話し言葉に近い。
連載と違って推敲する時間ない訳じゃないだろうに一貫してこれだから…

「実はここ書くの苦手だったりします」とかって
えっ、今まで気付かれてないとでも思ってたんかい!みたいな
なんつーか、天然だと思う。
自分を客観視できてないから読者との齟齬も生まれる。
天然はいい方向に左右することも多いけど
編集やアシスタントが適宜「これ、変じゃないですか?」とか一言
教えてあげればいいのになー、と思う。

895 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 23:27:33.31 ID:obO3IZ+3P
>>893
でもここじゃ黄金の次は
三巨頭外伝とかパンドラ外伝とか見たいって意見のが大多数のような
このスレ=世間のニーズと見なしていいか知らんけど

外伝見てればオリジナルファンタジーできんじゃないかなー?と思うけど
どのみちやっぱり読者の想像に委ねない丁寧な話作りが必要だぬ

896 :作者の都合により名無しです:2013/04/30(火) 23:56:58.27 ID:axYyxp1/0
まあ本来なら車田御大のサポートとしてちょっとだけのはずが
いつの間にか外伝の外伝まで描かされるはめになったわけで、
長編の経験もなく不慣れな中で無印星矢への愛だけ拠り所に
よく挫けずにやったと思うけどね

自分も不満はまあそれなりにあるがそれを差し引いたとしても
十分楽しませてもらったしな
かつて蟹座として少年時代を過ごした身としてはw

897 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 00:01:18.97 ID:/SRwSOHz0
>このスレ=世間のニーズと見なしていいか知らんけど

じゃあ、LC以外の話をするために立てた総合スレって何?
まあ、強引なスレ立てたっだしなあ
単行本の数だったそう出てないし、そう話題にも挙がらないのに問題だとか訳にわからんこと抜かしてたしなあ
あれって今思うと荒らしたかっただけかねえ

898 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 00:08:47.16 ID:FyINIIvt0
>>895
>どのみちやっぱり読者の想像に委ねない丁寧な話作りが必要だぬ
でも、ここでよくある何でも説明不足派の意見取り入れたら一から十まで説明文だらけになってマンガの体裁すら取れなさそう

899 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 00:19:35.58 ID:HZz67PDF0
>>898
いや何も説明文だらけにしろってわけではなく

例えば最期にラダマンが見せたパンドラに対する忠誠心とは別の感情

あれは無印星矢の裏設定だけど、何の前振りもなくいきなり出されると
裏設定について何も知らない人は戸惑ってしまうだろう

同じ読者の想像に委ねるにしても、「ああ、そういうことだったのかな」と
思わず頷くような構成を取れるようになってほしいところ

900 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 00:54:59.45 ID:JKhrOChQO
なんでそう極端なこと言うんだろうか?
一から十まで説明しろだなんて誰も言ってないのに

たとえば上であった例一つとってみても。
隠れ住んでる筈のデフテロスの交友関係とか
血を持ったまま去った訳、セージがそれを認めた(かどうかすらわからん)訳も
何一つ説明なんてなされてない

いうなれば
Aがあるアイテムを持ってる→Bがそのアイテムを持ってる
これしか描かれてなくて
どういう経緯か、どう譲渡したのか、奪ったのか?諸々は
全て読者の想像、否、妄想で補完するしかない
敢えて描かない、想像に任せますって姿勢でなくて
自己解決してる感が強すぎるんだ

読者が理解と同時に読み進めていけなくて
後々「ん?じゃああれはこういう事だったのかな?」と振り返らされる機会が多い
これはテンポも悪くなる上しかも確証も持てない脳内補完頼りで安定感に欠ける
それはやはりひとつの作品として無視できない欠点だろう

901 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 00:57:22.35 ID:FyINIIvt0
>>899
裏設定があるとは知らなかった

あれって、
ラダマンが死ぬ直前になってパンドラの回想で「どうせラダマンは自分のことをハーデスの姉程度に思っていない」と狙ったように描いてたから、
ああなるほどって思ったけどね

これをもっと明確にすると乙女心丸出しのパンドラとそっけないラダマンのストーリーが一話分必要になりそう、マジ止めて欲しいけど

やっぱ一から十になるんじゃないかねえ

902 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 01:21:08.80 ID:FyINIIvt0
>>900
やっぱ一から十まで説明しろと言ってる事に変わらんよ

本当、どうとでも取れるこことで論争してたんだな
他がデフテロスを知ってるのにも「ああ何かで知ったんだろうねえ」でいいし、
血に付いても「隠居中で秘密隠せそうだから後で託したのかねえ、でも描写が欲しかったねえ」で終わりそうだし
本当にこの程度のことをずっとやってたの?

まあ、説明されてないという点は批判材料とはなるにしても、
でも、この論法だとどんな作品だって叩けちゃうよ、やれば当然荒れるけど

>後々「ん?じゃああれはこういう事だったのかな?」
振り返る機会があっていいじゃないか
そんなの他のマンガにないと?

903 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 01:30:59.05 ID:FyINIIvt0
>>901のは
「どうせラダマンは自分のことをハーデスの姉程度に思っていない」
「どうせラダマンは自分のことをハーデスの姉程度にしか思っていない」
の間違い

904 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 01:39:05.09 ID:DS0ahZYt0
>>902
>本当、どうとでも取れるこことで論争してたんだな
それだと作品について議論する意味もないんだが・・・
まあ、説明不足な点をどう解釈したか受け止めたかを書いただけで脳内補完だとか妄想だとか言われるときもあるけど

>振り返る機会があっていいじゃないか
それに、そういう疑問や批判があるから振り返る機会もある訳だし・・・

905 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 01:54:20.85 ID:FyINIIvt0
>>904
それはわかる
ただ、マジになって難しく考え過ぎておかしな方向になってないかなあと

906 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 02:41:54.34 ID:CR/SjRgP0
まったく予想がつかない双子座編だが
あそこの火口から何か現れて、デフテロスが倒してその時マブロスなんちゃら完成!
とかが最ギャフンな予想かな

907 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 03:52:39.80 ID:JKhrOChQO
>>902
・テンポ乱すほど振り返る機会が多い
・一も説明されてない

てな要項なのに
なんで「一から十までと変わらない」なんて断言してしまえるんだ
そこまで漫画に対しておおらかに汲み取れる人が
言われてもいないことを

「この人あの時は何してたんだろう?」程度の横道だったら
描写がなくても幾らでも想像補完してもいいが
シナリオの骨子に関わる部分まで割愛されるのはさすがに問題

重要箇所が「どうとでも取れる」で
その「どうとでも取れる」部分が他漫画に較べて多過ぎるからこそ
事実こういった声が多く上がってるんじゃないのかね?
作者が有耶無耶な点を多々残してるからこそ議論が絶えない、至極当然なわけで

>>906
せめてそもそもの謎
なにゆえ凶星か、そのいわれとか
教皇が知りながら放置した理由とか触れて欲しいと思ってる

908 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 04:31:44.85 ID:o/hsc6A30
そいや弟が数珠持ってた理由ってなんだっけ

909 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 05:05:48.47 ID:PuGVlGsk0
>>851
世界中の種子を保存する倉庫も地球最北の村があるノルウェーの
スピッツベルゲン島にあるんだっけか。

>>852
古代に失われたアレキサンドリア図書館は間違ってたということだなw

910 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 05:20:53.56 ID:DliyclVB0
>>894
文章上手いなー
一字一句同意だ

911 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 05:33:25.29 ID:PuGVlGsk0
>>897
案の定、全然伸びてないな。
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/comic/1361618109/l50

912 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 05:49:08.16 ID:5OXkq7+j0
>>899
原作にはそんな裏設定ないぞ?
アニメの話じゃないか?

913 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 06:57:51.57 ID:ytUtwKmD0
>>911
ここも議論でスレ伸ばししてるようにしか見えんのだが・・・
昔のにぎわいから比べると住人がごっそり減ったよ
外伝の連載だから好きな黄金が終わったら抜ける住人いるな

>>912
アニメだろうな
アニメスタッフってのはすぐ恋愛をはさみたがるからさ
LCは昔から元ネタは原作よりアニメってのは言われてる

914 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 07:07:21.40 ID:PuGVlGsk0
>>913
>ここも議論でスレ伸ばししてるようにしか見えんのだが・・・
>昔のにぎわいから比べると住人がごっそり減ったよ
だから尚更分ける必要なんか無かった、ってこと。
週刊から月刊になって掲載頻度が減った上に、人の多い週漫板から
過疎気味の少漫板へ移動だからな。そりゃスレ住人も減るだろうよ。

>アニメスタッフってのはすぐ恋愛をはさみたがるからさ
アイオリアも原作だと東洋人差別をしなかったってだけなのに、アニメだと
深読みして「魔鈴を愛しているらしい」なんて裏設定を付けられてたっけなw

915 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 07:20:33.77 ID:3affswMp0
>>895
2chが世間のニーズとか代表とかステルスマーケティングやってる
ソニーや角川の言い分みたいに見えるからやめろ

916 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 08:49:09.96 ID:ikvetcuC0
巻末コメで手代木が何書こうが本人の勝手だろうにね
本当に手代木嫌いな奴がいるな一部に

作者叩きたくて作品の矛盾点書き連ねたいならアンチスレに行けっての
こう書くと「だからこのスレは排他的で〜」「このスレの住人は〜」ってなんだろ?
あまりにも目に余るから言ってるんだよ
だって好きだからこその批判や議論じゃなく明らかに嫌いなのがわかるレスなんだもの

917 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 09:44:22.28 ID:ytUtwKmD0
>>916
個人の主観で排他的レスしても意味ないよ
このスレはちょっとでも批判意見出るとアンチ行けってなるのは本当
外伝が月一連載で話題が途切れるから
今までは流れてた批判や疑問の話題が目立つだけじゃないか?

918 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 11:39:22.16 ID:p4ZSeTCL0
まあこの時期は良くも悪くも粘着力の高い人しか残ってないんだろうねえ(自虐)
とはいえあまりぐちぐちとした話題が続くのも気分が良くないので、アタバクさんの宿星予想など振ってみる
重鎮にふさわしく天?星か、あるいは天富星とか天空星あたりじゃないかと踏んでるんだけど

919 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 11:40:21.08 ID:p4ZSeTCL0
あ、化けた(当たり前か)
最初のは天コウ星ね

920 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 15:44:58.28 ID:DliyclVB0
>>916
否定と批判の違いもわからんの?

921 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 16:40:38.08 ID:DliyclVB0
レグルス巻読んだ
これまたツッコミどころ多いな〜
まさに設定いろいろ持ってきたけど、上手く料理し切れてない、って感じだ
言葉選びも相変わらず…最初の1ページ目だけで何回語尾が「〜よ」の台詞があるんだw
ネームもそうだが、勿体無いと強く思うわ
ただ、最後のオマケはなかなか得意だね、今回も良かった

922 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 18:09:52.05 ID:O8rr2eU10
双子座はショタ時代でいい。
シオンは童虎と同じく未来がいいなぁ……。

923 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 18:34:16.49 ID:roFN7RzGP
>>916
ただのダブルスタンダードにしか見えないよ
「失敗した作品」「作者の独りよがり」「上っ面だけの浅い話」
「粗がある」「カタルシスに欠ける」「出来が悪い」
「理解不能」「明らかに作者の力量に起因する問題」「設定を盛りすぎて
取捨選択しないまま開始して登場キャラも多人数で消化不良 」

水瓶の時には上記の書き込みが長期に渡って繰り広げられる中
注意されることも無く、楽しめる人がおかしいとまでなる流れ
こんだけ直球な発言が出ても、長いやり取りの中アンチ行けとは一言も言われなかったはず

厨ちゃんの気にならない物には一切文句言わせないけど
厨ちゃんがおかしいと思う物への肯定的意見は聞きたくない
綺麗ごと言ってるだけでこれが本音の人達が多いだけ
水瓶のアレを流せるんだから他も流せばいいじゃん、それで済む話

924 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 19:19:19.31 ID:ckoeCWcA0
>>923
千日戦争ええかげんにせえと何度も言われてただろ

>>918に完全同意
普通に楽しくLCの話がしたい人は
注意してもやめない人たちの辟易して去ってったか
楽しくない話が終わるまで黙り込むかになってしまってると思う

あと、アタバクは天殺星とかどうだろう

925 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 21:10:18.69 ID:roFN7RzGP
>>924
話がずれてるっていうか、絡むならレスをまず読んでというか…
千日戦争は両者にやめろっていう話だよね
そのことについては一切触れてないんだけど
>>923で書かれてるようなレスが書かれても絡まれずスルーされ、
長期・数度に渡り書かれても咎められず認められてたって話だよ

しかもバッサリ言い切られてることって、水瓶編だけじゃなく
LC全体の弱点としても通じる物で、今までもオブラートに包んで
指摘されてたことだった
書き方がどうの、指摘がどうのって水瓶とつけば許されるんだよ
それこそ脳内補完で、気に入らないレスは「あ、これは水瓶編の
ことを言ってるに違いない!」とすればいいんじゃないかと思うよ

926 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 22:30:09.40 ID:CR/SjRgP0
蒸し返すようだが、水瓶編は粗のグレードが違うんだよな
他作品の粗がジッパー開けたまま歩き回ってた位としたら
人前でズボンずり下がっちゃったくらいの感じ

927 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 22:33:16.20 ID:Dk8hyC6U0
>>925
だからもうそういう話題はうんざりってことでしょ
飲み屋でも行ってやってなさいってこった

928 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 23:00:12.57 ID:ikvetcuC0
>>925
もう手代木アンチブログでも立ち上げな
長文書くの得意そうだしそっちの方がいい

929 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 23:09:55.15 ID:4f78EKgt0
まーLC本編、他外伝でも見受けられる点を特筆大書するのは御法度にしとくが
無難かなぁ

930 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 23:35:43.98 ID:CdFvnXGc0
ΩもLCもそうなんだが、声高に「こんなの正しい星矢じゃない!所詮は同人!」と叫ぶ人に限って
「お前は原作を読み返したほうがいい」というタイプが大半を占めている気がする

黒子は興味ないけど斬は好きとかいう感じで好みなんて人それぞれだし
面白いと思えば読み続ければいいし、粗にしか目が行かないようなら読まない方が精神衛生上いいと思う

931 :作者の都合により名無しです:2013/05/01(水) 23:49:16.55 ID:roFN7RzGP
>>928
水瓶編の話の時に総攻撃の中注意をしたのは唯一自分に思えたけど
行き過ぎに一石を投じる=スレに同意しないもの=アンチ
ってのは凄い考え方だね

932 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 00:04:08.28 ID:2gpgHuic0
ID:roFN7RzGPは無茶苦茶だなあ

水瓶でのこと引き合いに出してるけど
あれだってアンチスレで書いた方がいいのまであって、それを指摘されたことがあったのに
無いこと扱いにしたり

>気に入らないレスは「あ、これは水瓶編のことを言ってるに違いない!」とすればいいんじゃないかと思うよ
とか何で無理矢理解釈しなきゃいけないんだよ

前からそうだけど、過去にあった叩きや荒れたときのレスまで都合よく解釈して、「こういう書き込みが多かった」
とか言い出す奴ってなんなんだろう
それだけ、スレを荒らす奴がいたという実績なのに

>>929
こんなの色んな漫画家を叩くのに使えるテンプレ中傷

933 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 00:26:46.09 ID:CKSnUpK20
自分はアンチじゃないと否定する人はスレ住人なの違うのどっち?

934 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 00:29:02.97 ID:CKSnUpK20
失礼、
>>933のは、
このスレ全体的によくある「普段から自分はアンチじゃないと否定したがる人達」はスレ住人なの違うのどっち?
という意味ね。

935 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 00:54:07.19 ID:3KCfOMW40
こうやってGWはID変えながら延々と話題引っ張って荒らすつもりなんだろうな
暇な荒らしはなんとも迷惑だ

936 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 05:07:55.09 ID:/n0D6Vld0
>>924
>楽しくない話が終わるまで黙り込む
俺はまさにコレ。
千日戦争の長文レスは目が滑ってる。

937 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 07:15:27.67 ID:mO7UJAbB0
>>936
同じく
やめろと言ってもやめないし
楽しい話題振っても長文に埋もれて消えるし

938 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 13:51:11.72 ID:CGjTbTHI0
やっぱこのスレはちょっと種ばら撒くと勝手に炎上するから面白いや
暇つぶしにちょっと荒らしてみようかな?って思うと予想以上に荒れるから暇つぶしにもってこい
最高だ。これからもよろしく

939 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 14:08:46.05 ID:dQXxjkOk0
総合スレでLC信者叩きに誘導してるのもお前か?

940 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 14:25:06.32 ID:mO7UJAbB0
>>938は皮肉を言ってるだけだろ
議論スレでも立ててそっちでやってくれんもんかね

941 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 15:05:02.69 ID:tFmg82Y+0
>>940
無理だろう
どうせ荒らしたい奴は結局常駐するだけだ

942 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 17:16:51.25 ID:18PFzTMcP
でもさあ
新規で読み始めた人もここ最近結構いると思うよ
自分(ちなみに>>853)もΩ始まってからLCもNDも知って読み始めたし
そしたら「これはなんで○○なんだ?」って疑問が生まれてスレに投下してみるってこともある
それがこのスレでは散々既出のことだったりして
スルーされるだけならまだしも「だからこの作者は構成なってないと」「また叩きかよ」なんて荒れ出したり
新参者は面食らってこのスレ怖えーってなる
そういう現実もあるわけで

素朴な疑問をすべて荒らしの種だと断罪するのはやめて欲しいなと
「疑問には悪意がなくてもそれに食いつき荒らす愉快犯が常駐してるため、疑問質問は受け付けません!」
とでもテンプレに書いてあるならまあ…しょうがないけど

943 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 17:23:07.62 ID:nEQmvNW40
>>942
無理矢理過ぎるな
Ω以前から、悪意による叩きはあったけどなあ

>「疑問には悪意がなくてもそれに食いつき荒らす愉快犯が常駐してるため、疑問質問は受け付けません!」
これも、どんなキャラ設定だよ

944 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 18:28:24.96 ID:JAUeUawV0
>>942
遡って確認してみたけど直接>>853を責めてるコメは見当たらないし、
別に素朴な疑問なら書けばいいと思うけど。誰も荒らしの種とか断罪してないよ

それに絡んで「だから作者は〜」とか言い出す手合いがいるのは確かだけど、
荒らしは結局どんな書き込みにだって食いついてくるんだから、いちいち元の書き込みが批判されるいわれはない

945 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 20:55:18.62 ID:18PFzTMcP
いやこれまで自分のレスが責められたことはないけどね
他の人の質問が「何度も同じ話題引っ張る」とか言われてたり
むろん故意でやってる人もいるかもしれないけど
本当に新規で疑問に思ってのカキコだったりする可能性もあるだろうと
>>938の言う「ちょっと種蒔くと」と同じだと見なされては気の毒だと思った次第

無論むこう100レスぐらいは読んでからカキコすべきだけどさ
「前もこうだった」等言われても、そんな時からスレに居なかったからわからんわけ

ほぼROMってて(罵詈雑言さえなければ)議論は何でも興味深く読ませてもらってるけど
>>940とかなんかも「議論はよそで」て言うし嫌われてるのかと
こちらが悪意ない議論と受け取っていても、そう思わない人だっているし
楽しい話題がしたいとうんざりしてる人は多い様子
だから議論の引き金になる質問自体が忌み嫌われそうだ、そう思ってね

長文すいませんでした

946 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 21:23:18.40 ID:mO7UJAbB0
>>940だけどそういう意味で言ったんじゃないから
あなたの心配は全く不要

ところでさんざん言われてるけど三巨頭外伝やってくれんかね
アイアコスがバイオレートと終始イチャイチャしてても我慢するから

947 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 22:49:54.08 ID:DgyYn97F0
サクッと退場なさってしまったミーノス様をもう一度見たい気はする
全員が黄金をフルボッコにしたLC三巨頭の中でもインパクトでかかったし

クリムゾンソーンが翼で防がれた時の絶望感と言ったらもう・・・

948 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 23:07:15.03 ID:+rV6O6SIO
個人的には、
「地上からの女神覚醒の小宇宙を感じ、氷地獄から蘇った恐ろしき伝説の聖闘士たちに、
魔星に導かれ、冥王の下に集った若き冥闘士が立ち向かう!」みたいな
逆冥界編とかなら是非読みたいな

949 :作者の都合により名無しです:2013/05/02(木) 23:40:33.58 ID:tF5u+MDZ0
乙女座dis荒らしのLCおばさんという人はアスミタはおkなのですか…?

950 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 02:37:19.64 ID:0U+DO4Ad0
脳筋聖闘士対ミーノスは見てみたい
どうやって糸防ぐのやら

951 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 02:51:51.16 ID:0U+DO4Ad0
なんでか次スレ立てれんかった…

勇気ある980よ…次スレを託す…

952 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 06:16:01.33 ID:ZXGHyOCZ0
次スレ
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1367528890/

953 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 09:29:08.97 ID:+rcxnYMA0
>>946
あそこのカップルはぱっと見DV以外の何物でもなさそうだが大丈夫か?

954 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 12:16:54.61 ID:UoduD9xv0
>>952
ありがと、乙!

955 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 14:29:13.15 ID:j89bsRl+0
>>953
>DV
Dカップのバイオレート?

ドメスティックバイオレンスって車田漫画の必殺技名っぽいよねw

956 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 19:21:27.07 ID:vj1WFwTm0
冥闘士外伝ならバレンタインのが見たい
バレンタインとシルフィードでラダマンティス様の二槍!とか言ってたけど、
シルフィードはラダマンに降る際の話があったがバレンタインはなかったよな?
そこんとこ知りたい
ダメならスウィート・ショコラーテができるまでの話でも別にかまわない

957 :作者の都合により名無しです:2013/05/03(金) 20:13:22.77 ID:UTuOdXpT0
SM臭はするけどDVか?と思ってたら>>955GJ

>>950
既にアルバフィカという脳筋と…

958 :作者の都合により名無しです:2013/05/04(土) 01:18:12.30 ID:TAn7nnow0
>>956
バレンタインなら冥界に来る前からラダマンティスと主従みたいな
回想があったぞ。多分親がラダマン家の使用人だったんじゃないかって
想像できるような感じで。
むしろチラっと出てきてたラダマンティスvsシルフィードの
冥闘士同士のガチバトルの詳細が見たい。
つーか、シルフィードって冥闘士なのになんで味方に喧嘩売ってたんだろな。
魔星に目覚めた時点でハーデス様に支えねば!とか思わないのか?

959 :作者の都合により名無しです:2013/05/04(土) 04:54:38.93 ID:qqQFIHy+O
>>883
ちょっと倒錯してるキャラを生み出すのは得意かと思ったけど
やっぱ電波となると、違うか
アスミタはやたら説教好きなドSキャラってだけで、至ってマトモ
シャカのように「電波っぽく、車田っぽく」てのは本人ハードル高すぎたかと思う
全然違うオリジナル色出したキャラにした方がよかったかも

Ωの乙女座なんかワケわからん電波で美形顔芸が良かったが
手代木氏は己に課したんだか読者からの声を気にしてだか知らんが
「カッコよく」なきゃいけないという思い込みがまんま枷、檻になっとるな

960 :作者の都合により名無しです:2013/05/04(土) 05:02:53.57 ID:h8Yd1g490
>>958
この作品のキャラはみんな私情優先とはよく言われてるし…
野郎同士の掘り下げはまたホ○っぽくなりそうでやってほしくない…
てか掲載順位大丈夫か…
別冊もそんな基準あるのかどうか知らんけど

961 :作者の都合により名無しです:2013/05/04(土) 06:31:14.82 ID:o6PpuEXI0
てよぎんブログみたら
>Facebookに私のニセモノがいるようです
って書いてあった。てよぎんはフェイスブックしてないとのこと。
そんな人いるんだな…

962 :作者の都合により名無しです:2013/05/04(土) 13:11:30.70 ID:GCFJYMYQ0
>>958,>>960
LCの冥闘士は魔星に目覚める前の人間としての自我が残ってるヤツが多すぎるなw

963 :作者の都合により名無しです:2013/05/04(土) 20:41:31.98 ID:hPlEwV5/0
>>962
そもそも頭目であるアローンがその状態だしw

964 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 05:11:14.44 ID:b3GkJr0V0
そういや無印の頃ラダマンたちがハーデスだと思ってたカーテンの奥にいたのってなんだったんだ?
ハーデスは瞬に憑依してたわけだから違うだろうし、オルフェのセリフからかなり以前からいるっぽいんだよなぁ
パンドラが冥闘士の団結力を高めるために作ってた替え玉か?

965 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 07:38:51.47 ID:SA2Jbe3s0
>>964
それは無印スレの話題じゃないか

>>958
ハーデスの命令しか聞かねえ!状態で、
冥界の会社組織的縦社会には組み込まれねえぞという感じだったのかも

966 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 10:16:29.78 ID:oBlvt/t1i
>>964 ハーデス様が瞬の肉体を気に入って、瞬の肉体に入る日を心待ちにして、入れ前から瞬の肉体の幻影を冥王軍に見せていた、とパンドラが言っていたよ

967 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 10:21:18.34 ID:oBlvt/t1i
>>964 瞬を依代にしたのは、オルフェが攻撃して、ハーデスが幻影だと知った直後。

968 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 11:17:28.25 ID:rnGD1rTg0
>>965
アタバクといいシルフィードといい
冥界はなんかゆるいというか、フリーダム?

969 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 12:51:51.24 ID:VYoQKTs00
フリーダム冥闘士の究極系が輝火というわけか

970 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 14:51:59.91 ID:pIR59/2o0
アタバクさんはここで潰されてある意味幸せだったのかもな
そこそこ強くなって「よっしゃ冥界制覇すんぜ!」ってなったときにタナトス辺りが出張ってきたら・・・

瞬殺どころかめっちゃ苦しめられるだろうぜ

971 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 16:07:25.36 ID:xJqwU5xg0
>>963
原作の時代より更にイレギュラーだなw

でも、ハーデスがそういう状態だったからこそ、冥闘士達の自我の
拘束が緩かったのかもな。

>>964
三巨頭が疑問に思ったまま伏線放置されて、一巻分ほど後に>>966
説明があったのは一輝相手にだったからなw
結構覚えてない人がいるのも無理はない。

972 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 23:40:38.60 ID:041mHc7d0
つかハーデスがヘタレすぎるよ…
「余の思惑より外れゆく」て呑気に長々と
まんまと一般人如きに力ごっそり利用され
すげ変わられてんじゃねーっての
それでも一級神か

973 :作者の都合により名無しです:2013/05/05(日) 23:45:59.57 ID:JHsVNufrO
原作=冥界というホームでの試合
LC=アウェーの洗礼

974 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 05:43:25.46 ID:XkNNARkV0
原作の時点で思惑から外れまくってたような…w

975 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 07:56:51.88 ID:Ipz535FQ0
>>973
逆。普段は地上のどこで戦おうが依り代使い捨てで
ホームの冥界に肉体温存という安全状態だったのが、
原作で初めて冥界が戦場という洗礼浴びてる。

976 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 09:32:29.47 ID:6U5tiyqUP
原作がホームならLCもホームでしょ
自分達でLCを用意して冥闘士も位置してお客さん呼んでんだから
依り代で戦うのがアウェーなら、原作もエリシオンでの
最終決戦までアウェー、会場が冥界だとしても

977 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 10:00:26.17 ID:yAqn2LW50
>>975の言うとおり、これまでずっと敵の本陣に攻め込んできた人たちが、
急に自軍本陣にカチコミかけられて壊滅ってのが正しい
ホームかアウェイかってくくると実情にあわなくなるよ

あとアローンに対しては、「なんか余の考えと違うことやってるけどおもろいからいいや」つって
うとうとしながら見てた感じじゃね?
本気になればいつでも主導権奪還できたんだと

978 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 13:02:18.42 ID:0D1/l5KR0
ポセイドンも何より寝たいだし総じてやる気ないよな神様

979 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 13:02:55.27 ID:ziFX0uQdP
神の力を一般人が利用できるなんて有り得ないこと
だから「利用される」ではなくて自主的に「利用させてた」、理屈として正しい
がその動機が依然として「愉快だから好きなようにさせてる」も厳しいがなあ
双子神や三巨頭まで配下壊滅させられても面白がってるって
ハーデスにとって宿敵アテナとの聖戦ってそんなもん?

作中での描写は現に、最後は忌々しいって怒りの表情してたし
配下もそこまで軽んじられていたら来期の忠誠も何もあったもんじゃないし

980 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 13:14:04.40 ID:yAqn2LW50
>神の力を一般人が利用できるなんて有り得ないこと
そうか?ギリシャの神ってそんなもんじゃね?

タナトスも「シジフォス」に騙されまくった逸話があるんだよな
それにしても『射手座のシジフォス!』つって見開きで登場したとき
なんて不吉な名前かと思ったわ

981 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 13:49:17.94 ID:U5gL5e0z0
タナトスを騙したあげく、簀巻きにして放置してたんだっけw

982 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 13:57:52.37 ID:mYzOhGcz0
アローンの行為を看過してたのはある意味、余裕のあらわれだったんだろう
神を演じる人間なんて神にしてみれば滑稽なんで、そりゃ面白く見えるだろう

それに双子神や三巨頭は時間が経てば復活できし、
アローンの計画で人類を滅ぼすことはできるしなあ

983 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 13:59:17.69 ID:KsN06OOZ0
>>979
>双子神や三巨頭まで配下壊滅させられても面白がってるって

冥闘士は全滅しようが何しようがチェスの駒がとられてちょっと悔しいくらいの感想しかないと思う・・・
双子神に対してはもう少し人間扱い(神様扱い)した感情あるだろうけど
でも、配下の前では圧倒的なカリスマとして振る舞っているから忠誠度が落ちることはない

自分が出張りさえすれば即戦局を引っくり返せるという圧倒的な自信があったんだろう
これは実力に基づいていて、実際あっさりアテナ&ペガサスを吐血状態でぶっ倒れさせてる
シオンの機転がなければあそこでゲームオーバーだった

984 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 14:03:41.98 ID:lRHPBFTl0
おかげで死ぬ予定の人間が死ねなくなって冥界大混乱
ハーデスがゼウスに「あいつ何とかしろ!」と直訴
その後も一悶着あって、冥界で岩を運ぶ苦行を受けさせられる事に…

ついでに言うと、こっちのシジフォスはテッサリア王『アイオロス』の息子である

985 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 17:45:13.65 ID:ziFX0uQdP
>>980
原作の神はそんなことないっしょ
絶対的な壁がある

>>983
じゃあ結局ラダマンティスの行動って余計なことだよね
せっかく「面白がってる」主の意志に反して主に弓引いてる
そして敵勢力に塩を送るなんて言語道断

そもそも「我が主ともあろう方が人間如きに好きにさせる訳がない、何かお考えがあるはずだ」
とも思わないのが不可思議だが
一般人如きに屈服させられてると信じるとは主神の力侮りすぎ
そんな脆弱な神と思っててあそこまで忠節尽くす理由が謎だ
で、実像としては遊ばれてるわけだし。その「忠義による行動」も余計なことだし
何一つ通じあってはいない

986 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 18:08:44.76 ID:Yx0P8LWN0
>>985
ラダさんとハーデスの間に理解の齟齬というか温度差があるのは事実だと思うけど
あれでラダさんを責めるのは酷というか、事実だけ見れば「器の人間が神の力を使って好き勝手やってる」としか映らないのは仕方がない

「それもまた一興」って余裕こいてる冥王様の方が器が無駄にでかすぎるだけで、
聖戦史上前例のない事態なんだし、下の人間が混乱してアローン派とパンドラ派に割れたりするのは無理からぬことだったと思う

あとあくまでアローンがハーデスを抑え込めてたのはアテナの花輪の力あってのことだったはず

987 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 20:35:12.39 ID:AbzSZdSj0
また千日戦争がはじまりそうな気配になってきたなあ。
こんなとき、ツッコミどころはネタに変換しとけば荒れなくてすむw
原作→にーさんだから仕方ない 旧アニメ→師の師といえばわが師も同然 Ω→NINJAだから仕方ない
だからLCも、
「カノン島の鬼だから仕方ないww」 「ラダマンだから仕方ないww」「ハーデス様どんだけーw」
で流すのが楽しいじゃないかと個人的には思う。

神の血ラダマンティス→穴が開いても生きてて「穴マンティス」→まっぷたつになっても生きてて「ラダ」「マンティス」
って呼ぶ書き込みを、連載当時このスレで読んで爆笑したもんだ。

988 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 21:19:02.93 ID:LGXCjuOJO
そもそもパンドラとラダマンティスはなぜハーデスにあれほどまでに忠誠を尽くすのか
読んでて良くわからんかった

パンドラは幼い頃に失った弟として愛情を注ぐためだとしても
ラダマンティスほどの男がなぜ、冥闘士のことなどその辺の石ぐらいにしか思っていないであろうハーデスに仕えるのかが解らない
「情も理屈もない」と言いつつハーデスの攻撃から「俺のために」て情でパンドラ助けるし
バレンタインの言う「どうか最期まで冥闘士として君臨を」は叶わなかった

結局ラダマンティスは
忠節誓った主のことを何も理解しておらず
あくまで「自分の理想の上司」を投影したに過ぎなかったってわけかな
(しかしあんな暴挙に及ばれて、ハーデスもよく転生許すもんだと思う…)

989 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 21:20:12.87 ID:E65zPsQ80
LCの神は原作に較べてへっぽこすぎる
LCの人間は原作に較べてチートすぎる

そんだけ。

990 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 21:48:45.51 ID:pN7obR5G0
ラダの思想(理想化した主君に絶対の忠誠)は現代人からしたら支離滅裂だが
封建時代に生きる騎士や武士の思考だtとしたらそんな希少なものでもない

991 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 21:52:54.07 ID:AbzSZdSj0
LCは神たくさん出てくる分へっぽこ多いんだよな。
三流神なんかボベトール入れたら5人もいるw だからお気楽ハーデス様でも「遥かに神!」w
いままで出てきたなかではウェスダのおっさんが面白かった。

992 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 22:12:40.42 ID:V2SF8fbZ0
>>990
全くその通り

993 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 22:23:43.77 ID:Ipz535FQ0
いやリアル封建時代でいうのならあの時代の騎士は
主君に絶対の忠誠なんてないぞ
むしろあの時代こそ力のない領主に対してはクールだぞ

994 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 22:46:41.52 ID:V2SF8fbZ0
まぁ、中世ファンタジーは近代からの観点なので

995 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 23:07:11.94 ID:KsN06OOZ0
>>985
すぐスレは落ちるけど別にラダの行動は無駄ではない。ラダマンティス本人にとっては命を懸けた意味が十分ある
ハーデスと通じ合ってる必要もない。忠誠を尽くすのはラダマンティスの都合であってそういう生き方の人である、というだけのこと
報われたという結果が残る必要もない。目的のために一生懸命に命を懸けてまで行ったという過程が本人にとって重要なんだよ

996 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 23:10:44.32 ID:AbzSZdSj0
レグルス外伝のファリニシュも主君コナーに絶対の忠誠を誓ってるんだから、ラダマンだってそれでいいのだ。
ただし仕える主人としてはパンドラよりコナーというのはもはや常識!アスプロスがドヤ顔かますレベル。

997 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 23:14:29.30 ID:yAqn2LW50
アス兄さんロリ説急浮上ですねわかります

998 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 23:22:16.59 ID:E65zPsQ80
>>990
> 封建時代に生きる騎士や武士の思考

…にしちゃ精神年齢幼いんだが、この漫画のキャラ皆…

999 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 23:29:27.52 ID:AbzSZdSj0
ケルトの可憐な乙女>>>>>(越えられない壁)>>>>>男子屈辱の調教タイム

1000 :作者の都合により名無しです:2013/05/06(月) 23:30:41.93 ID:Yx0P8LWN0
>>1000なら次スレは平和進行で

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★